2014年10月22日

咒裂隠死禿性生物兵器《ゾウリムシρ #単細胞 #鼻藻毛蠡》

Image~003.jpg220px-Paramecium_Anatomysvg.pngImage~002.jpg
#WHO #KKKKK #щщщщщ #天使の囀り #猿脳 #瑪瑙 #鼈甲 #甲羅 #甲蟹 #カブトガニ #寄生虫 #宇宙回畴孥帑弩堵駑怒奴努呶!!! #牙嬰h #ккк #メデューサ #フジツボ #イソギンチャク #ллллл #頭部裂隠し特殊性生物兵器《#鼻藻毛蠡(#ゾウリムシ )ρ》 #単細胞
#ξξξξξ
ΤΑΚΓΑΝΚΕΑΖΙΚΥΘΦ¶◯θσοφОоддд


#鼻藻毛蠡(#ゾウリムシ )ρ- Wikipedia
http://p227.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1022ZS86KFUjPFwW/j?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2582%25BE%25E3%2582%25A6%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25A0%25E3%2582%25B7&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=%92P%8D%D7%96E&_jig_xargs_=R&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3D%2592P%258D%25D7%2596E%26fr%3Dm_top_y&guid=on



ゾウリムシ


ゾウリムシの一種Paramecium aurelia

分類

ドメイン : 真核生物 Eukaryota
界 : アルベオラータ Alveolata
門 : 繊毛虫門 Ciliophora
綱 : 貧膜口綱 Oligohymenophorea
目 : ゾウリムシ目 Peniculida
科 : ゾウリムシ科 Parameciidae
属 : ゾウリムシ属 Paramecium

学名

Paramecium M ller, 1773

英名

slipper animalcule

下位分類(種)

P. aureliaヒメゾウリムシ

P. bursariaミドリゾウリムシ

P. caudatumゾウリムシ

P. tetraureliaヨツヒメゾウリムシ


ゾウリムシは、顕微鏡下では草履(ぞうり)のような形に見える繊毛虫の1種Paramecium caudatumの和名、広義にはゾウリムシ属(Paramecium) に属する種を指す。

単細胞生物としてはよく名を知られている。

微生物自体の発見者であるオランダのレーウェンフックによって17世紀末に発見された。

日本語名は、動物学者の川村多実二が1930年につけたものであり、英語名の「slipper animalcule」の「slipper」を「草履」と意訳したことに由来している。


特徴[編集]

分類表内の写真は、Paramecium aureliaの位相差顕微鏡像である。

色は位相差の光学系に依るものであり、細胞本来の色ではない。楕円形の細胞周囲を取り囲み薄紫色に写っている部分が移動に用いる繊毛である。

右下と右上に白くわずかに星型の輪郭が見える目立つ構造は浸透圧を調整するための収縮胞。

中央やや下に見えるのっぺりした灰色の部分が栄養核として知られる大核。

多数の食胞も見える。

細胞口、細胞肛門、生殖用の小核などはこの写真では見えない。

1:食胞、2:小核、3:細胞口、4:細胞咽頭、5:細胞肛門、6:収縮胞、7:大核、8:繊毛


細胞の長さは 90-150μm、幅は 40μm 程度である。

名前は平たい印象を与えるが実際には円筒形に近く、中腹には細胞口というくぼみがややねじれるように入っている。

細胞表面には約3500本の繊毛を持っており、その繊毛を使って泳ぐ。

繊毛は体表の繊毛列にそって生えている。

繊毛は細胞全体にほぼ均一に生えているが、細胞口の奥の部分では細胞咽頭に向けて特殊な配置と動きが見られる。

細胞口の奥には細胞内へ餌を取り込む細胞咽口があり、餌はここを通って食胞に取り込まれる。

食胞内で消化が行われ、有用な成分は細胞内へ吸収されながら、食胞は細胞内をぐるっと回るように移動する。

排泄物は細胞後方の細胞肛門から放出される。

細胞の前後には、大きな星形もしくは花に見える放射状の細胞器官がある。

これを収縮胞と言い、細胞内の浸透圧調節を担っている。

収縮胞は中央の円形の部分と、周囲に花びらのように並ぶ涙滴型の部分からなる。

水の排出時にはまず涙滴型の部分に水が集まり、ここから中央の円形の部分に水が移され、細胞外に水が放出される。

細胞内には大小2つの細胞核があり、それぞれ大核と小核と呼ばれる。

大核は普段の活動に関わる。

小核は生殖核とも呼ばれ、有性生殖に関して働くとされる。

細胞内に機能的に分化した核を持つのは繊毛虫類の特徴である。

メディアを再生する

Parameciumsp. の動画。

細胞口がよく分かる


生殖[編集]

無性生殖は分裂による。

他の繊毛虫同様、体軸方向の前後の部分に分かれるようにして分裂する。

有性生殖としては細胞の接合が行われるが、その方法はやや特殊である。

接合に先立ち、大核が消失するとともに生殖核である小核が減数分裂を行い、4つの核に分かれる。

この内3つは消失し、残った一つがさらに2つに分裂し、この内の1つの核を互いに交換する。

その後それぞれの細胞内の2核が融合することで接合は完了する。

この間、2個体のゾウリムシは互いに同一方向を向いて寄り添うが、細胞間に連絡を持つだけで細胞そのものの融合は行われない。

なお接合後、大核は小核を元にして改めて形成される。


生態[編集]

水田や沼や池など淡水の止水域に分布する。

細胞表面の繊毛により遊泳するため、単細胞生物としては移動力が大きい。

障害物などに接触すると、繊毛逆転により遊泳方向を反転する(後退遊泳)。

ゾウリムシは主に真正細菌を餌とする。

ただし近似種のミドリゾウリムシ(Paramecium bursaria)は、体内に緑藻であるクロレラを共生させており、光合成産物の還流を受けて生活することも可能である。

逆にゾウリムシの捕食者は大型のアメーバや、ディディニウム(Didinium、シオカメウズムシ)といった他の繊毛虫である。

ディディニウムは細胞前端の口吻部にエクストルソーム(extrusome)と呼ばれる射出器官を持ち、これをゾウリムシに打ち込んで動きを止め、飲み込んで消化する。


培養[編集]

ゾウリムシは浸透栄養ではなく捕食性であるため、培養に際しては細菌や酵母などを餌として用意する必要がある。

一般的には藁やレタスなどを煮出し、その液を培地として枯草菌を増やして餌とする。

枯草菌の培養が困難な場合には、市販の乾燥酵母などを利用する方法がある。


外部リンク[編集]

“Paramecium in Protist Information Server”.2012年11月10日閲覧。


http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ゾウリムシ&oldid=53161984」から取得

カテゴリ:
繊毛虫
隠しカテゴリ:
posted by arena8order at 16:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

5.発光ダイオード… LED DEW イエローパウダー

Image~023.jpgimg14523ae7zikazj.jpg180px-WMD_world_mapsvg.png
#KKKKK #WHO #LED #DEW #指向性エネルギー #ξξξξξ #ккк #蛍光 #夜行性 #イエローパウダー

#発光ダイオード


電子写真式プリンター内部の感光用光源[編集]

電子写真式プリンターとして一般的なレーザープリンターは、レーザー光の出力を直接変化させたり、液晶シャッターで強度を変調した光を、回転するポリゴンミラー(多角形鏡)に反射させて走査したりして、感光ドラム上に走査線を作り出している。

光学系には高い精度が要求され、構造上どうしてもある程度以上の走光路距離を確保せねばならず、プリンターの小型化、低価格化は困難だった。

これを解決したのが、LEDアレイヘッドを使用したLEDプリンターである。

微細加工したLEDを直線上に数千 - 数万個並べ[23]、感光ドラム上の潜像の1ドット1ドットに対応するLEDで感光書き込みを行う。

機械的駆動系(ポリゴンミラー)は不要になり、光学系は単純な収束レンズのみで済み信頼性向上とコスト削減、機器の小型化を実現している。

ただし、主走査解像度がヘッドの集積度によって制限される、素子間のばらつき補正が必要、ドラムとLEDアレイが非常に近いために飛散したトナーが付着して出力物のクオリティ安定性に欠けるなどの欠点も持つ。


光通信用光源[編集]

駆動電流の変化に対し、光出力が高速応答するという特性を生かし家電製品等の赤外線リモコンやTOSリンクを始めとする光ファイバー通信の信号送信機、またフォトカプラ内部の光源に赤外発光LEDが広く使われている。


模型製作・改造用光源として[編集]

模型用点灯光源としても、価格低減と共にかつて使用されていた小型電球の代替として使用されるようになってきた。

光色の制限から、かつては赤色光への使用が主だったが黄色、白色LEDの開発により前照灯や室内蛍光灯の白色光の再現も可能となった。

さらに白熱灯の再現については電球色(淡橙色)LEDの開発により、実際の電球ではサイズや発熱などの理由で難しかった箇所も実感的な光色の再現が可能となった。

特に、点灯機構を組み込むスペースが限られ、また部材がABSやポリスチレン樹脂などで作られているなど電球の発熱の面でも不利な場合があったNゲージを中心とした鉄道模型の場合、通常のレンズタイプからチップタイプへの移行により構造の小型化により実感の再現に大きく寄与し、これにより従来は実車のヘッドライト構造の関係で製品化が困難だった車種の製品化が実現した。

コスト的には従来の電球使用より割高となっても実感的な模型の実現からユーザーに歓迎された面があり、分野としての消費量は少ないながらも実用照明器具での利用に先行して採用されている。

また模型用途としては他にカーモデル用ディティールアップパーツやミニ四駆用のタミヤ純正カスタムパーツなど、改造用LEDキットが存在する。


ツェナーダイオードの代用品として[編集]

電子回路内の基準電圧源として一般に使われるツェナーダイオードはアバランシェ降伏現象を利用しているため、出力電圧にわずかながらノイズを発生させてしまう。

通常はフィルタ回路によってノイズを十分に減衰させる設計を取るが、オペアンプをディスクリートで組む場合等、「そもそもノイズが発生しない基準電圧源」を追求して定電流駆動したLEDが使われる事例がある。


小信号ダイオードの代用品として[編集]

ディストーションやオーバードライブのクリッピング素子として、シリコンダイオードやゲルマニウムダイオードの代わりに使われる場合がある。


脚注[編集]

[ヘルプ]

^ エジソンに続く物語:GEのエンジニア、ニック・ホロニアックのLED発明から50年(GE imagination at work/ 原文(英語):2012年8月15日公開)

^ 英:organic light-emitting diodes

^ White LEDs CSM-360- Luminus Devices, Inc.

^ White LEDs SST-90- Luminus Devices, Inc.

^ 日亜化学工業 LEDテクニカルデータ『GaN系LEDの並列接続回路について』 (PDF)

^ Z-Power LED P7 Series- Seoul Semiconductor Co., Ltd.

^ 豊田合成社との和解の件- 日亜化学工業

^ “「腐った司法に怒り心頭」 中村教授、帰国し批判会見”. 共同通信 (2005年1月12日).2012年1月2日閲覧。

^ 財団法人日本色彩研究所『照明用光源(LEDを含む)の演色性評価方法に関する調査研究』

^ “豊田合成/ニュース/プレスリリース「高演色性 ハイパワー白色LEDランプの開発・販売」”. 豊田合成株式会社 (2003年10月7日).2012年1月1日閲覧。

^ 製品例

^ 混在する“3色LED”

^ 液晶ディスプレイの構造と作り方

^ “世界初、1.1インチQVGA高輝度LEDディスプレイの開発に成功|2009年|ニュースリリース情報|OKIデータ”. 株式会社沖データ (2009年11月26日).2012年1月1日閲覧。

^ 大画面・高画質に優れた次世代ディスプレイ“Crystal LED Display”を開発 〜2012 International CESに55型フルHD試作機を出展〜

^ 例 パナソニック社のLED電球

^ 12社の概要 (PDF)

^ LED電球販売業者12社に対する景品表示法に基づく措置命令文 (PDF)

^ 光量=全光束ルーメン対比表 (PDF)

^ 世界初 LEDヘッドランプの開発、実用化 株式会社小糸製作所 (PDF)

^ 次世代ヘッドライトはLEDに! All About

^ 新型「レクサスIS」のLEDヘッドランプは第4世代、消費電力は第1世代の半分以下

^ 通常の半導体加工のように、1回の加工で数千から数万個ならべる。

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、LEDに関連するメディアがあります。

西澤潤一

中村修二

ダブルヘテロ接合

半導体レーザー(レーザーダイオード)

バンド理論

pn接合

エレクトロルミネセンス

有機エレクトロルミネッセンス(有機EL)

光起電力効果

電光掲示板

フルカラー

LED照明

LED標識灯

高エネルギー可視光線,青色光網膜傷害



表・話・編・歴
映像出力機器


発光体
ニキシー管

EL

LED



静止画
電子ペーパー



動画
VFD

CRT

PDP

OLED

ILED

レーザーTV

LCD

プロジェクタ

DLP

LCOS

SED

FED

Crystal LED Display

NED

映写機

自由空間映像



3D
ステレオスコープ

ホログラフィー


http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=発光ダイオード&oldid=53243798」から取得

カテゴリ:
ダイオード
光学
電子工学
光学機器
照明器具
日本の科学技術
posted by arena8order at 18:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4.発光ダイオード… LED DEW イエローパウダー

Image~025.jpgImage~018.jpgImage~024.jpg
#KKKKK #WHO #LED #DEW #指向性エネルギー #ξξξξξ #ккк #蛍光 #夜行性 #イエローパウダー

#発光ダイオード


電光掲示板・大型映像装置[編集]

交通関連[編集]

駅の発車案内表示板や空港の発車案内板などには従来の反転フラップ式や字幕式に代わり、鉄道車両やバスの行先表示などには従来の幕式に代わり普及が進んだ。現在でもLED方向幕と呼ばれることがある。

最初に登場したLED表示機は赤色・黄緑色・橙色の3色(橙色は赤色と黄緑色LEDによる)表示方式だった。赤色LEDと黄緑色LEDにより3色目の橙色が表現されているもので、俗に「3色LED方式」とも呼ばれる。ただし、実際は2色のLEDを用いているため、工業製品などでは「2色LED」(2C-LED) とも呼称される[12]。また、白色LEDでの赤色、青色、緑色の3色のLEDを用いた「3色LED方式」とは異なる。

その後、白色LEDを搭載したものや、単色で赤・青・緑、二色混色で黄・シアン・マゼンタ、三色混色での白の計7色を表示するマルチカラーLEDとされるもの、さらに高輝度の赤色・青色・緑色LEDによりあらゆる色を表示可能にしたフルカラーLEDのものも登場した。フルカラーLEDは、近年主流となりつつある。ただし、バスの行先表示機では、交通信号機等との兼ね合いもありフルカラー式が認可されておらず、またバスは鉄道ほど種別も多くなく、あまり多くの色を必要としないため、赤色・黄緑色・橙色の「3色LED方式」が主流である。

大型ビジョン[編集]

従来、大型ビジョンの発光素子にはCRTやVFDの光の三原色素子が利用されていたが、青色LEDの進歩によりこれらに変わってLEDが使用されるようになった。他方式に比べコストや輝度が優れており普及が進んでいる。

看板など[編集]

店頭看板などでも、従来のFL蛍光管等に代わりLEDモジュールなどのLED製品の普及が進んでいる。看板・サインのサイズの大小化や軽量化とともに故障が少なくコストに優れている。

ディスプレイのバックライト[編集]

冷陰極管が発する白色光をカラーフィルタで透過して得られる色(赤・緑・青)に比べ、RGB3色発光ダイオードが放つ光は色純度が高い。そのため、液晶ディスプレイのバックライトの光源を冷陰極管から発光ダイオードに置き換えることによって色の再現範囲を大きく広げることができる。ただし最近ではコストが安くて効率の高い擬似白色LEDが用いられることが多く、この場合は色の再現範囲は冷陰極管と変わらず、広色域タイプの冷陰極管と比べると劣る。また、LEDは点光源のため広い面積を照射しようとするとムラを生じやすく、バックライト用としては携帯機器用の小型ディスプレイに用いられることが主だったが、次第に12インチサイズ前後のノート型パソコンまで採用されるところまで来ている。

大型ディスプレイ用のLEDバックライトとしては、2004年11月にソニーより液晶テレビ「QUALIA」で実用化された。より一般的に普及が進んだのは2008年からで、各メーカーが上位機種を中心に採用するようになった。LEDテレビとは一般的に、LEDバックライトを搭載した液晶テレビのことである。2011年現在は、低価格化が進み、下位機種でも採用されることがある。エリア駆動対応機種では、映像が暗い部分のみLEDバックライトを消灯するエリア駆動により、液晶ディスプレイの弱点であるコントラストを大幅に拡大できるメリットがある。また超薄型と呼ばれる厚さを抑えた液晶テレビや、ノートパソコンの薄型化でもLEDバックライトが重要な要素となっている。また、LEDバックライトを搭載したエッジ型のディスプレイは、LEDの特性上、CCFL(蛍光管)テレビに比べて消費電力が少ない。

なお、上述の「LEDテレビ」やLEDバックライトを搭載した液晶ディスプレイ全般を指す場合に使われる「LEDディスプレイ」という呼称は、正確には誤用である。液晶テレビのバックライトは発光するための物であり、映像を表示するものではない[13]ためである。発光素子にLEDを採用した「LEDディスプレイ」については下記を参照。

LEDディスプレイ[編集]

有機発光ダイオードを採用したディスプレイについては「有機エレクトロルミネッセンス」を参照

発光素子にLEDを採用したディスプレイ。前述の大型ビジョンや街頭広告などではよく見かける。一般家庭用途などのディスプレイには、現状ではあまり開発が進んでいない。

沖データは2009年11月26日に、1.1インチQVGAの高輝度LEDディスプレイの開発に世界で初めて成功したと発表した[14]。

また、ソニーが、「Crystal LED Display」を開発中で、2012年のCESで55型フルHDディスプレイの試作機を参考出展している[15]。

各種照明用[編集]

省エネ、高輝度で長寿命を実現できる白色LEDの開発に伴い発熱によるエネルギー消費の大きい電球に代わり新しい屋内・屋外照明材料として期待されている(LED照明)。デザインや光色なども調節できるため自由度の高い照明が可能になる。現在は既存の照明に置き換わる性能をもった製品が発売されており、懐中電灯、乗用車用ランプ、電球型照明、スポットライト、常夜灯、サイド照明、街路灯、道路照明灯などLEDを使用した製品が次々登場している。

E26型、E17型を中心とした白熱電球のソケットに装着可能な「LED電球」は企業間競争などにより大幅に価格が下落した。製品寿命や消費電力を考慮すれば「LED電球」の方が、白熱電球や電球形蛍光灯より低コストであると謳われているが、発売されてからまだ日が浅い商品であり、公称寿命として、各メーカーが謳う40000時間[16]に達した例がほとんど無く、頻繁な点灯・消灯の繰り返しや連続点灯が、寿命に関わる劣化にどう影響を与えるかは未だ検証可能な個体が少なく、未知数である。

明るさや照射範囲などは「LED電球」の型番によって違いがある。より電球に近づけたと謳うものや、広配光を謳うもの、下方向のみのものなど多種多様である。中でも明るさについては、実際の明るさよりも明るいと不適切な表示(優良誤認)を行ったとして、メーカー12社[17]に対して、2012年6月、消費者庁が景品表示法に基づく措置命令[18]を行った。これにより、「LED電球」の明るさ基準を作る動きが生まれ、業界団体である一般社団法人日本電球工業会により、電球と置き換えた場合、電球の何ワット相当に該当するかを、全光束(ルーメン)が明るさ表示の基準として統一され出された[19]。これにより、加盟会社の電球製品はそれぞれ電球何ワット相当と表示できる基準ルーメンと実際のルーメンに合わせる必要があり、不適切な表示はなくなった。ただし、非加盟会社の製品は、インターネットを通じて販売されることが多く、未だに不適切な表示を継続する例が後を絶たない。

直管蛍光灯(FL40W形等)と同形状・同口金 (T8:G13) の物も発売され、LEDチップ価格の下落に伴いややコストメリットが出つつある。しかし、急速に価格が下落し、電球との消費電力の差も大きい「LED電球」と違い、直管蛍光灯型LEDは、もともと低消費電力の蛍光灯との競争のため、消費電力の差が少なく、価格も高い。カバーに透明と乳白色の2種類があり、直下の照度を重視するなら透明、広い照射角(最大310度のものもある)を求めるなら乳白色のものを選ぶのが妥当である。照明機器としてLED素子1個では充分な光束が得られないため、使用目的に合わせてLED素子を複数個使用して照度を確保している。100個以上のLED素子を使用した製品も珍しくない。ただし、蛍光灯に比べ重量が増すためにソケットが重みに耐えられず落下する危険性があるほか、蛍光灯器具の安定器を取り除く必要があるタイプのものも多い。そのため、日本の大手メーカーなどは器具そのものをLEDユニットにしたものを開発している。

丸形蛍光灯型LEDを使用するシーリングライト等についても、直管蛍光灯と同じく、もともと低消費電力の蛍光灯との競争のため、消費電力の差が少なく、価格も高い。

表面実装(SMD) タイプのLEDを使用した照明器具を、「SMDライト」等と称して差別化して販売している例もあるが、本質的にLEDと何ら変わりがない。

乗用車のランプ[編集]

テールランプは、後続車両へのブレーキ作動の警告として使われる。そのため使用頻度が高く、急激な電力供給と発熱のため寿命が短いが、ランプ切れは事故につながりやすいため、長寿命のLEDが適している。また白熱型照明は発熱に時間がかかりそれがブレーキ作動から点灯までの時間差を生み事故の原因の一つになりうるが、LEDは時間差がきわめて少ない。

乗用車への利用も拡大しており、テールランプに加えアフターパーツとして室内灯やポジションランプ(スモールランプ)などが多く販売されている。光量が足りないためヘッドライトにLEDを採用例はなかったが、2007年5月発売のトヨタ自動車「LS600h」には小糸製作所が日亜化学工業と共同開発した(鉄道以外の用途として)世界初のLEDヘッドランプが搭載されている[20]。LS600hのLEDヘッドランプは1つのLEDランプでは光量は足りず3つのLEDランプをロービームとして使用していたが[21]、その後LEDランプ1つあたりの光量が増え、2013年発売の3代目レクサスISでは1つのLEDランプでロービームとして使用できるようになった。LEDヘッドランプは消費電力が少なく光量はHIDより上回っており[22]、各自動車メーカーが採用しつつある。

バイクなどのランプ[編集]

オートバイへの利用ではko-zaru仔猿(CKデザイン製)が、ウィンカーとテールランプ、ストップランプに平成15年(2003年)から採用している。小型バイクのためバッテリーの積載容量に制限があり、電力消費の点から採用した。日本では初めてのケースとなる。近年のLEDの性能向上を検証しつつ、ヘッドライトへのLEDの適用を研究している[誰?]。

自転車のランプ[編集]

自転車へのLEDの普及率は、自動車のそれに比べて非常に高い。発電機を動かすためペダルをこぐ力が乗り心地に直結するため、消費電力の少ないLEDの使用により軽快な乗り心地になる。また使用電力が低いため、非接触型の発電機を使用することにより、照明による負荷が非常に少なくなる。廉価な軽快車などでは相変わらず電球が主流であるが、ハブダイナモ式のオートライトには多く採用されている。この他、前照灯としての役目より、他の自転車や自動車からの被視認性を意識した認識灯や尾灯への応用も多い。

舞台演出用の照明器具として[編集]

高輝度LEDを搭載した舞台用照明器具がMARTIN社から発売されている。赤・青・緑(一部製品は白色)の高輝度LEDを搭載することにより一般的なフィラメントを用いた舞台照明と比較して次の利点が挙げられる。

消費電力が圧倒的に低い。

一つの照明につき多くの色を表現できる。シームレスな切り替えでグラデーションも可能である。

これらは一般的なフィラメント式のフレネル舞台照明よりも高価だが、舞台を始めコンサート・ライブ等で多く採用されている事例がある。
posted by arena8order at 18:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。