2015年02月13日

胃拡張…げっぷが出たり、頭痛、眩暈、身体がだるい、腰痛…

stepb_2.jpg

胃拡張 - Wikipedia
http://p202.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/02134wu7yoEmhzeS/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E8%2583%2583%25E6%258B%25A1%25E5%25BC%25B5&_jig_keyword_=%88%DD%8Ag%92%A3&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2588%25DD%258Ag%2592%25A3%26b%3D21%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on

急性胃拡張 | ピロリ菌事典
http://p219.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0213jD8saw3OEMwA/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.pirorikin.com%2Fcat1%2Fpost_12.html&_jig_keyword_=%88%DD%8Ag%92%A3&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2588%25DD%258Ag%2592%25A3%26b%3D1%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on



胃拡張


胃拡張(いかくちょう)とは、癌や潰瘍の瘢痕などのために幽門部が狭窄して、胃の内容部が先に進まないために起こってくる病気である。

胃拡張とは一般的には大食の事を言うが、大食したからと言って別に胃拡張になるわけではない[1]。


症状[編集]

胃拡張の自覚症状として腹部が張ったり、げっぷが出たり、軽い頭痛、眩暈、身体がだるくなる、腰痛などがある[2]。

特に嘔吐が自覚症状としては顕著で、嘔吐物の量も大量で前日あるいはそれ以前に食べたものが混じっている場合もある[1]。


診断・治療[編集]

胃拡張の診断はレントゲン検査によって確実な診断を下す事になる。

機能的な幽門痙攣などによって起こる胃拡張は、薬物で治療する事ができる。

しかし器質的な癌や瘢痕などによる幽門狭窄が原因になっているものは、手術をする事により治癒を目指す事になる。

また、胃筋肉の突然の麻痺によって起こる急性胃拡張が開腹手術や麻酔後に起こる事があり、この場合には外科医の診察を受ける必要がある[1]。


脚注[編集]

註釈[編集]

出典[編集]

^a b c 『ホーム・ドクター、家庭の医学』小学館、1964年、p.433

^ 『ホーム・ドクター、家庭の医学』小学館、1964年、p.129


参考文献[編集]

『ホーム・ドクター、家庭の医学』小学館、1964年

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=胃拡張&oldid=54315864」から取得

カテゴリ:
病気
消化器



急性胃拡張


胃が拡張して食べ物が消化できない

急性胃拡張は胃に内容物が停滞して、急性的に胃の容積が拡大する病気です。

食事後にお腹が張る膨満感にも用いられることがありますが、膨満感は正式な急性胃拡張とは言えません。

通常、私たちの体内では口から肛門に食べ物を送り出すように動いていますが、急性胃拡張になると胃の筋肉の動きが麻痺してしまい、胃が膨らんだ状態になります。

その結果、胃の中の食べ物を腸に押し出すことができずに、胃の中に食べ物が溜まってしまう極めて危険な状態です。

腸に流れていたものが胃に逆流してくることさえあります。

症状は「腹部膨満感、嘔吐、脱水によるショック症状」です。

うまく消化と吸収ができず、体内に残留するため、嘔吐も頻発に少しずつ溢れるようになり、容易には止まりません。

緑褐色の液体を大量に吐き出し、時間が経つと黒褐色のものを吐きます。

このように色が変わるほどに達すると、水分と電解質を大量に失っているために、無欲状態や痙攣などが起こります。

急性胃拡張を放置するとさらに胃が巨大化して、他の臓器を圧迫したり、呼吸ができなくなったりします。

ちなみにピロリ菌の感染が原因で、急性胃拡張になる報告はありません。

ピロリ菌は主に胃壁が損傷して、一定レベルの吐き気や炎症が起こるので、急性胃拡張のような激しさはないです。


過去は死亡率が高かった急性胃拡張

腹部のレントゲン検査をすることで、拡張した胃のガス像を簡単に確認することができますし、負担が少ない腹部超音波検査でも拡張した胃がわかります。

急性胃拡張は原因を見つけることが治療につながるため、血液検査、尿検査、胃内視鏡検査も実施されます。

急性胃拡張は胃癌などのために食物やガスの停留が起こることが多いですし、肺炎や急性伝染病などの重症感染症、脊髄損傷や腹部外傷、腹部のギプス包帯固定後でも発症します。

急性胃拡張の症状が激しい場合は、即時に胃の中に溜まっている内容物をチューブで吸引し、外に出してあげます。

さらに体内で不足してしまった電解質の補整、タンパク質の補給、血糖のコントロールも同時に行います。

処置後は禁食で胃腸を安静にして、点滴で経過を見ます。

以前は急性胃拡張による死亡率が60〜70%に達していましたが、現在では病気の発見が早く、適切な治療が行われるとほとんど治癒します。

いずれの場合でも急性胃拡張の治療ではなく、原因疾患に対しての治療を優先とします。
posted by arena8order at 07:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。