2014年11月14日

統合失調症…schizophrenia

Image~001.jpgImage.jpg220px-Chlorpromazine-3D-vdW.png
#ккк #統合失調症 #Schizophrenie #schizophrenia


統合失調症 - Wikipedia
http://p226.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1113uE8a9CXXSgIR/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E7%25B5%25B1%25E5%2590%2588%25E5%25A4%25B1%25E8%25AA%25BF%25E7%2597%2587&_jig_keyword_=%93%9D%8D%87%8E%B8%92%B2%8F%C7&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3D%2593%259D%258D%2587%258E%25B8%2592%25B2%258F%25C7%26fr%3Dm_top_y&_jig_source_=srch&guid=on



統合失調症


統合失調症(とうごうしっちょうしょう、ドイツ語:Schizophrenie、英語:schizophrenia)とは、「連想分裂」を中核とする類似の症状の集合から構成される精神病理学あるいは臨床単位上の診断・統計カテゴリーの一つである。

疾患あるいは障害単位の存在自体がいまだ不明であり、疾患としては単一のものであるとは考えられておらず、多数の発症原因を持つ多数の疾患であると予測されている。

かつては「精神機能の著しい分裂」を基礎障害とするという意味で意訳され「精神分裂病(せいしんぶんれつびょう)と呼ばれていた。

この症状の担当診療科は精神科であり、精神科医が診察に当たる。

19世紀の脳病学者エミール・クレペリンが複数の脳疾患を統一的な脳疾患カテゴリーとして取りまとめた「早発性痴呆症」をスイスの精神科医オイゲン・ブロイラーが、その症状群の形容から1911年の著書『"Dementia Praecox oder Gruppe der Schizophrenien" (E. BLEULER 1911):早発性痴呆症あるいは精神分裂病群の集団』の中で定義・呼称した。

ブロイラーは当該症候群の特徴は「精神機能の特徴的な分裂[注 1]」を基本的症状として有するとしてSchizo(分裂)、Phrenia(精神病)と呼んだ。

ここで「精神機能」とは、当時流行した連合主義心理学の概念で、「精神機能の分裂」とは主に「連合機能の緩み」及び「自閉症状」を意味する。

主要な症状は、基礎症状として「連合障害(認知障害)」「自閉(自生思考等)」であり、副次的に「精神病状態(幻覚妄想)」など多様な症状を示し、罹患者個々人によって症状のスペクトラムも多様である。

クレペリン、ブロイラー、シュナイダーが共通して挙げている特徴的で頻発の症状は「思考途絶(連合障害)」と「思考化声(自生思考)」である。

日本国政府には独自の診断・統計基準は無く、行政においてWHO国際疾病分類第10版 (ICD-10) を用いて診断・分類しており、当該マニュアルではF20になる。

発病率は全人口の約1%程度と推計されている[1]。


概要

上記のとおり当該疾患群は、精神障害の診断・統計カテゴリーの一つで、自閉症状と連合障害(認知障害)を基礎障害とする複数の脳代謝疾患群と考えられている。

この精神疾患群に属する各症状が同根の神経生物学的基礎を有するか否かは、現在のところ全く不明である。

クレペリンは死後脳解剖から前頭葉に類似の細胞変性を観察しているため早発性痴呆群を一つの統計カテゴリーとしたが、ブロイラーは相当多数の疾患群の寄せ集めであろうと予測しており、現在まで決着はついていない。

クレペリンおよびブロイラーが例示した疾患群は以下のとおり。

ただし、ここでいう痴呆とは当時、精神の不調全般に使われていた用語で、いわゆる認知症の痴呆とは全く異なる。


単純型痴呆

破瓜病

緊張病

妄想性痴呆


当該疾患群に共通する症状は精神分裂症(精神機能の分裂症)と呼ばれる状態で、思考や感情がまとまりにくくなり、罹患者が本来有している知的水準や身体能力から期待される役割遂行能力が顕著に障害され、回復のために治療や社会的な援助が必要となる。

本来当該疾患は疾患概念であるが回復の困難性・長期性から保健福祉行政上は(自己申告により)障害者概念が適用され得る。

根本的な原因は不明であるが、神経伝達物質のインバランス等の脳の代謝異常と心理社会的なストレスなど環境因子の相互作用が臨床的な発症の発端になると推測されている。

心理社会的な因子としては「分裂病者の母親(ダブルバインド)」や「HEE(高い感情表出家族)」などが注目されている。

発症率は約1%弱と推計され、日本全国では約79.5万人が罹患していると予測されている。

自閉や連合障害、あるいは易疲労性からくる脳の疲弊によって、一部の患者では特徴的な幻覚や妄想を発症する頻度が少なくない。

この妄想および幻覚症状は脳内の伝達物質のインバランスの可能性が強く主にドーパミン遮断剤の適量の投与によって高い確率で症状の抑制が可能であるとされる。

近年では遮断剤(抑制剤)のみでなくドーパミン安定剤も開発され認知障害や陰性症状などの基礎障害への効果も期待されている。


名称

元々ドイツ語のSchizophrenieに対する訳語として、日本では明治時代に精神分裂病と訳された。Schizophrenieはギリシャ語のσχιζο+φρεν(分裂+横隔膜) から。

これはギリシャ時代の医者が魂は横隔膜(和名:サガリ)にあると考えていたことに由来する。

本来、精神分裂病の「精神 (phrenie)」は心理学的意味合いで用いられた単語であり、「知性」や「理性」を現す一般的な意味での精神とは意味が異なる。

ところが、「精神分裂病」という名称が日本では「精神が分裂する病気」→「理性が崩壊する病気」と誤って解釈されてしまうケース(統合失調症患者であっても、理性が崩壊するとは限らない)が見られた。

患者・家族団体等から病名に対する偏見が著しく強いという苦情が多かった。

そこで、2002年(平成14年)に日本精神神経学会総会によって英語のschizophreniaに対する訳語を「統合失調症」にするという変更がなされた[2]。

名称変更でかかった費用の一部は治療に使われる抗精神病薬を販売している外資系企業から提供されたという[3]。

詳細は全国精神障害者家族会連合会の項を参照。


歴史

スキゾフレニア (schizophrenia) という用語を創設したオイゲン・ブロイラー(1857 1939)

クロルプロマジン(商品名コントミン)の分子モデル、1950年代に統合失調症治療に革新をもたらした。

古代ギリシャから似たような病の存在が知られていた。

1852年、フランスの精神科医ベネディクト・モレルによって統合失調症は初めて公式に記述され、D mence pr coce(「早発性痴呆」)と呼ばれた。

1871年、ドイツのエヴァルト・ヘッカー[注 2]が「破瓜病」[注 3]を著す。

1874年、ドイツのカール・カールバウム[注 4]が「緊張病」[注 5]を著す。

1899年、ドイツのエミール・クレペリンがDementia Praecox(「早発性痴呆」)を著し、破瓜病、緊張病に妄想病を加えてまとめる。

1911年、スイスの精神科医オイゲン・ブロイラーは、必ずしも若年時に発症するとは限らず、又、必ずしも痴呆に到るとは限らず、この病気の本性は観念連合の弛緩にあるとしてDementia Praecox(「早発性痴呆」)をSchizophrenie(旧称「精神分裂病」)と改名し疾患概念をかえた。

1935年以降、日本では公式には1975年まで多くの人がロボトミー(脳の外科手術)を受ける。

1937年、日本精神神経学会の精神病学用語統一委員会が、Schizophrenieの日本語訳を「(精神)分裂病」とする試案を提出した。

それ以前は、日本国内では、「精神内界失調疾患」「精神解離症」「精神分離症」「精神分裂症」など、様々な訳語が使用されていた。

1939年以降、ナチス・ドイツで統合失調症患者等をユダヤ人と同等に見なし虐殺した。

T4作戦を参照。

1952年、フランスの精神科医ジャン・ドレー(フランス語版)とピエール・ドニカー(英語版)がクロルプロマジンの統合失調症に対する治療効果を初めて正しく評価し、精神病に対する精神科薬物療法の時代が幕を開けた。

1957年、ベルギーの薬理学者パウル・ヤンセン(英語版)がクロルプロマジンより優れた抗精神病薬ハロペリドールを開発。

1967年、イギリスの精神科医デヴィッド・クーパーは反精神医学を唱え、精神分裂病は存在しないと主張。

その理論は大方の承認を得るまでには至っていない[4]。

1984年、非定型抗精神病薬のリスペリドンが開発される。

1990年、中安信夫が初期分裂病(現・初期統合失調症)という臨床単位を提唱。

1993年、「精神分裂病」という名称が、精神そのものが分裂しているというイメージを与え、患者の人格の否定や誤解、差別を生み出してきた経緯があることから、精神障害者の家族の全国連合組織全国精神障害者家族会連合会(全家連)が日本精神神経学会に対し改名の要望を出す。

2002年8月、日本精神神経学会の決議により統合失調症と改名された。同月、厚生労働省が新名称の使用を認め全国に通知した。

2005年5月、文部科学省科学技術政策研究所の第8回デルファイ調査報告書によると2022年迄に統合失調症の原因が分子レベルで解明されると予測している。
posted by arena8order at 17:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。