2014年08月31日

ユダヤ哲学…アレクサンドリアのフィロン

Image~068.jpg
#アレクサンドリアのフィロン


#ユダヤ哲学 - Wikipedia
http://p209.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0831nhTUrovGLJjE/15?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2583%25A6%25E3%2583%2580%25E3%2583%25A4%25E5%2593%25B2%25E5%25AD%25A6&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=%93N%8Aw%8E%D2&_jig_xargs_=R&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3D%2593N%258Aw%258E%25D2%26fr%3Dm_top_y&guid=on



ユダヤ哲学


ユダヤ哲学とは、ユダヤ人とユダヤ教によって行われた全ての哲学的活動を意味する。


概要[編集]

ユダヤ哲学は、ユダヤ教の成立からユダヤの解放まで、一貫してラビ的ユダヤ教の伝統の中で新しい思想を取り入れる試みであった。

つまり、ユダヤ特有の学問体系と世界観において、必ずしもユダヤ思想と相容れない新興の思想を体系付ける試みであった。

シュテットル(ユダヤ人コミュニティー) 生活において、非宗教的教育を受けたユダヤ人は、現代的要求との出会いによって常に新しい思想を受容し、また自ら開発した。

東欧のユダヤ人におけるシュテットル生活の終了は敬虔なユダヤ教徒の思想へのあり方を改めることになった。

アラブ出身のユダヤ人についても同様であった。

そのいくつかの共同体は、正当性の有無に関わらず非宗教的教育を認めなかった。

他の共同体においては非ユダヤ教的哲学、音楽、芸術、文学そして倫理を学ぶことは奨励された。

しかし普遍的事実とは認められなかった。


古代ユダヤ哲学[編集]

聖書哲学[編集]

タルムード編集者はアブラハムはメルキゼデクから学び、その哲学を伝えたと主張している[1]。

このためセーフェル・イェツィラー(形成の書)の著者をアブラハムであるとする場合もある[2]。

タルムードはアブラハムが世界を神の計画の下にある「神の光と共にある家」とし、創造主と監督者を持っていると理解した経緯を描いている[3]。

多くの学者がメルキゼデクがアブラハムの思想に影響を与えていると認めている。

しかしその範囲とセーフェル・イェツィラーの起源についてはなお議論がある。

詩篇は「アブラハムの言葉を通して神の知恵を愛すること」へと招待している。

この事実により一部の学者は、ユダヤ教には哲学的基礎が存在していると示唆している。


アレクサンドリアのフィロン[編集]

フィロン(紀元前20年- 紀元50年) はギリシャ哲学とユダヤ教を、ユダヤ釈義学とストア哲学による比喩的解釈によって融合し、調和しようとした。

フィロンはユダヤ教の真理の保護と弁明のためにその哲学を生み出した。

これらの真理は確固とした物であり、確定した物であると彼は認めていた。

この中で哲学は真理への援助として用いられ、これに到る手段として用いられた。

このためフィロンはギリシャ哲学を選別した。

つまり、アリストテレスの世界の永遠性、不滅性などのユダヤ教と一致しない思想を排除した。

ベルナルド・レベル博士は、10世紀のカライ派の著作を伝える「カライ・ハラハー」についての論文の中で、ヤコブ・キルキサニによるフィロンの引用を通し、カライ派の発展の中でフィロンの著作がどのように用いられていたのかを論じている。

フィロンの著作は中世のキリスト教神学者にとって重要になった。

彼らは「ユダヤ教には信仰が存在する」と中世ヨーロッパにあって主張するカライ派の著作に信用を与えた。

しかし技術面への信用であり、偽りの物であるとした。


第二神殿崩壊後のユダヤの学問[編集]

紀元70年の第二神殿崩壊と共にユダヤ人社会は混乱した[4]。

ディアスポラ・ユダヤ人の指導者たちはパルティアの都市ネヘルデアに避難した。

国内の戦争はユダヤ人社会を分断し、ローマによるジェノサイド、奴隷化、エルサレムからの追放はユダヤ人社会とそのリーダーたちへの残酷な一撃となった。

ラビ・ヨハナン=ベン=ザッカイはそつのない作戦により、サンヘドリンを守り、ヤブネへと移転させた。

その後間もなくヤブネの宗教会議はラビ・ユダヤ教の保護、正典の編纂、教義の改正に応じた。

詳細は「ユダヤ人#歴史」および「古代イスラエル#ユダヤ戦争」を参照


脚注[編集]

Daniel H. Frank and Oliver Leaman (eds.),History of Jewish Philosophy. London: Routledge, 1997.ISBN 0415080649

Colette Sirat,A History of Jewish Philosophy in the Middle Ages. Cambridge University Press, 1990.ISBN 0521397278

[ヘルプ]
^ "The Melchizedek Tradition: A Critical Examination of the Sources to the Fifth Century ad and in the Epistle to the Hebrews", by Fred L. Horton, Jr., Pg. 54, Cambridge University Press, 2005,ISBN 0521018714

^ "Sefer Yetzirah", By Aryeh Kaplan, xii, Red Wheel, 1997,ISBN 0877288550

^ Bereishit Rabba (39,1)

^ "Christianity, Judaism and other Greco-Roman cults: studies for Morton Smith at sixty", Volume 12,Part 1, Pg 110, Volume 12 of Studies in Judaism in late antiquity, by Jacob Neusner ann Morton Smith, Brill 1975,ISBN 90-04-04215-6



哲学

西洋哲学-東洋哲学


歴史

古代哲学

インド哲学(ヒンドゥー哲学-ジャイナ哲学) -仏教哲学-中国哲学-ギリシア哲学-ヘレニズム哲学-ペルシア哲学


中世哲学

キリスト教哲学(英語版)(スコラ学) -イスラーム哲学(初期イスラーム哲学(英語版)) -ユダヤ哲学(ユダヤ=イスラム伝統哲学(英語版))


近世哲学

経験論-合理主義哲学


現代哲学

大陸哲学-分析哲学


一覧

概要-一覧(英語版)-学派(英語版)-用語(英語版)-哲学者-運動(英語版)

分野

形而上学-存在論-認識論-論理学-倫理学-美学-自然哲学


テーマ別

行動(英語版)-芸術-生物学-化学-映画(英語版)-教育-経済学-環境-地理-情報(英語版)-医療(英語版)-歴史-人類学-ユーモア(英語版)-言語-法-文学(英語版)-数学-心-音楽-存在-哲学-物理学-政治-心理学(英語版)-宗教-科学-社会科学-テクノロジー(英語版)-戦争


学派(英語版)

プレソクラティック-プラトニズム-イデア論-アカデメイア派-ネオプラトニズム-アリストテレス哲学(英語版)-逍遙学派-ストア派-キュニコス派-懐疑主義-エピクロス主義-アヴェロエス主義(英語版)-アビシニズム(英語版)-スコラ学-トマス主義-ユマニスム-義務論-快楽主義-功利主義-倫理的利己主義-個別主義-ニヒリズム-実存主義-ヒューマニズム(博愛主義)-フェミニズム哲学(英語版)(フェミニズム) -一元論-二元論-独我論-実在論-理神論-唯物論-ヘーゲル学派-現象学-解釈学-新カント主義-京都学派-法実証主義-論理実証主義-古典的自由主義-マルクス主義-唯物弁証法-アナキズム-新哲学者-批判理論-モダニズム-自然主義(英語版)-精神分析学-日常言語学派-ポストヒューマニズム(英語版)- プラグマティズム-プロセス(英語版)-相
対主義-脱構築主義-ポストモダニズム-構造主義-ポスト構造主義-随伴現象説-機能主義-スコットランド常識学派-アメリカ合衆国の哲学-アフリカ系哲学(英語版)-一覧(英語版)


ポータル-カテゴリ-関係記事履歴

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ユダヤ哲学&oldid=47240837」から取得

カテゴリ:
ユダヤ哲学
ユダヤ教神学
ユダヤ教
哲学の分野
宗教学
posted by arena8order at 20:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。