2014年06月15日

思考盗聴の技術…戦犯ナチス 朝鮮ニスガモンゴルウラン民族

10088996960_s.jpg300px-Mt_Kurahashi_Kudan.jpgImage~026~004.jpg
#ккк #テロリスト #戦犯 #ナチス #WW123 #ニスガ #モンゴル #電磁波 #マイクロ波

「#思考盗聴」の技術
http://p226.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/06157euDa4hoPpVk/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.geocities.jp%2Ftappingtech%2F&_jig_keyword_=%8Ev%8Dl%93%90%92%AE&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%258Ev%258Dl%2593%2590%2592%25AE&_jig_source_=srch&guid=on



思考盗聴の技術

≪ 関連サイトリンク ≫

加害者への公開質問状

音声被害、思考盗聴などの電磁波犯罪を科学的に測定、分析研究されています

音声攻撃を妨害し、思考盗聴も妨害できている可能性のある装置も開発されたようで、その回路図もありますので、思考盗聴、音声被害がある人はぜひ参考にされると良いと思います


4つの目で世の中を考える

電磁波犯罪は存在する

「秘密の人体実験」をやめさせよう

見えない敵との戦い

思考盗聴についてのメモ

おさーんのひとりごと


≪ 最新記事 ≫

2013年8月7日

思考盗聴装置などの最適な設置場所はその人物の真上の人工衛星等

2012年9月22日

脳内神経活動検出装置、脳機能診断装置、思考映像表示装置

高い時間分解能と空間分解能、リアルタイム分析可能、遠隔から測定可能

という特徴を持つ遠隔からの思考盗聴の測定機器に関しての特許情報で、変調原理などの測定原理について詳細に紹介されています。

現在のところこの特許情報が遠隔からの思考盗聴の測定機器についての最も確かで具体的な情報です。

2011年10月11日

変調原理に基づいた思考盗聴の遠隔測定方法の分類

思考盗聴できる情報による遠隔測定方法の分類

思考盗聴に使用している電磁波

思考盗聴の防御には水が効果的か?

2011年9月29日

脳内イメージの映像化に成功!

2008年12月14日

視覚情報の画像化に成功

2008年3月18日

神経細胞・シナプス電位・活動電位・化学信号

思考盗聴を理解する上で絶対に欠かすことのできない脳内の信号処理と伝達に関係する脳科学の基礎(神経細胞・シナプス電位・活動電位・化学信号について)を一般の人にもわかるようにできるだけ、数式と回路を用いないで説明しています


≪ 思考盗聴(脳内電気信号測定方法) ≫

思考盗聴技術のまとめ

近赤外線による思考盗聴

脳波による思考盗聴

記憶の盗聴は不可能

生体埋め込みICチップによる思考盗聴

電波、マイクロ波による思考盗聴

思考盗聴関係の多くの間違い情報

マイクロバイブレーションによる思考盗聴


≪ 思考盗聴の妨害、シールド ≫

思考盗聴の妨害装置について

テスラコイルによる思考盗聴妨害

電磁シールドについて


≪ 思考盗聴における各種問題 ≫

暗号解読の個体差問題

思考盗聴における雑音問題


≪ 思考盗聴関連記事 ≫

シリウスの原理

レーザー盗聴器の原理

NASAが思考を読み取るソフトを開発

ディジカメで取れる電磁波について

脳内の電気信号と活動電位(電気パルス)

レーザーによる遠隔電気信号計測


≪ 位置特定と電磁波攻撃記事 ≫

位置情報を特定する方法

思考盗聴されかつ位置情報も取得

電磁波で人を操作する技術 特定人物だけに攻撃ができる理由

電子機器の誤動作、故障被害


≪ 思考盗聴に関係する重要な特許、論文、科学技術情報記事 ≫

遠隔制御脳センサー

2chの近赤外線による思考盗聴説

テレパシーシステムの防御装置

猫の視界映像をコンピュータで見る

脳波を遠隔地からモニター&脳波操作

超音波を悪用した組織犯罪


≪ 統合失調症&精神病記事 ≫

統合失調症&精神病 存在しない病気


≪ 間違い訂正報告:2月26日 ≫

1、妨害電磁波の周波数は、100Hz〜1MHz以下ではなく

数Hz〜約数十kHzまで

脳内の電気信号の最大周波数:約数十kHz

脳内の電気信号の最低周波数:数Hz

なお、上記の低周波帯域の妨害電磁波を脳付近に照射すると、理論上思考盗聴を妨害できるだろうが、同時に身体に悪影響を与えることが予想されていますのでご注意ください


2、思考盗聴は、複数の電気信号の和である電気信号(脳波など)を測定できても思考盗聴はできず、非常に高い空間分解能で、個々の電気信号をそれぞれ個別に測定できなければ思考盗聴できない

理由は、複数の情報が混ざり合わさりまくっていると思考情報などの電気信号だけを取り出すことができないから

つまり信号を分離できないから脳波を読み取っても思考盗聴できないであり低周波だから脳波を読み取っても思考盗聴できないではない

ただし、複数の信号が混ざりあった電気信号に思考情報などが含まれていると信号を分離できないので正確には解読できないが、ある程度ならわかることができる


3、波の干渉現象利用の低周波による思考盗聴説は間違い

波の干渉現象の理論を間違って把握していました。

なので、波の干渉現象を利用した低周波による思考盗聴説は間違いです

電磁波の送受信などにおいて、干渉などによって電波妨害、混信が起こる理由は、受信アンテナで同一周波数の雑音電波を受信したり、受信機の回路に同一周波数の雑音が混信することにより生じる現象です

周波数が同じだと、フィルターで除去できないので信号の復調において、どうしても雑音がのったまま復調されてしまうので、信号が乱されることになります

これが電波妨害、混信の原理、原因です

電磁波の送信経路で雑音があっても電磁波に雑音がのることはないようです

>電波が「混信」するとか「干渉」するとかいう表現は、何か空中で電波が混じるような印象を与えるが、>実際に干渉が起こるのは受信機の中の信号処理の過程である。
ttp://www.rieti.go.jp/jp/papers/journal/0301/rr01.html

いろいろ忙しいため、全ての記事において上記間違いを訂正しきれておらず、間違ったまま記載されています

なので、上記の間違い箇所があれば、それは間違いであると思って読んでください

時間があれば随時、全ての記事でも間違いを訂正していく予定です


≪ 3月18日近況 ≫

*レポート進行状況*

レポート第一段が完成しましたのでアップしました

かなりの分量になってますが、脳内の信号処理と伝達を理解する上で必要不可欠な情報だけを集めただけでもどうしてもあれぐらいは必要となります

予定では、

1、神経細胞・シナプス電位・活動電位・化学信号(完成)

2、神経細胞、シナプスの等価回路(回路と数式ばっかりです)

3、脳内の信号処理と伝達(主に脳内のディジタル信号処理理論です)

4、聴覚の音声信号処理(音声信号の電気信号への暗号化方法と復号方法です)

5、網膜の映像信号処理(映像信号の電気信号への暗号化方法と復号方法です)

というようにレポートを作成していくつもりです



≪ サイト紹介 ≫

まずはじめに当サイトは、リンクフリーです
ご自由にリンクしていただいて結構です

また、掲示板やブログ、HPでの引用、転載はリンクさえしていただければご自由にしていただいて結構です

信用していただいて価値ある情報だと思っていただければどんどん引用、転載してください

当サイトは思考盗聴の技術、原理や、その妨害方法について、できるだけ誰にでもわかりやすいように詳細にかつ科学的に解説しています

この技術に関して、各種関連情報がたくさんありいったいどれが正しいのか

科学に関してしっかりとした知識がないと、非常に難しくてわからないように思います。

実際に、大量の論文、特許、科学技術情報などを調べましたが、科学的な根拠がない間違ったものが多かったり、あるいは正しそうな情報でも重要な部分に関しては、情報が伏せられたりしています

それで、被害者のために有益で、できるだけ科学的に確かな情報をわかりやすく詳細に解説し、少しでもお役に立てればと思っております。

私はいままで各種掲示板で、自分で考え調査した情報を提供してきましたが、妨害方法を初めて考え出して書いたときには、そのサイトが突然消えました

他のサイト様に書き込んだときでも、不自然で妙な妨害が何度も発生しました

私が書き込むサイトの多くが、おかしなことが頻繁に起こっています。

おそらくは、それだけ私の書いている内容がかなり確かなものであり、ある種の人にとっては知られたくない情報が含まれているからだと推測しています

それだけ、この技術に関しての情報はかなり危険なものであり、それがわかっていたので、私は意図的に自分のサイトを持たずに他の管理人様の掲示板上だけで情報を提供してきました。

しかし、こうも頻繁に妨害が発生するようでは、管理人様にご迷惑がかかると判断したので、ついに自分でサイトを作ることにしました

いつ何時、このサイトが消されたり、妨害されたり、あるいは私自身に身の危険が及ぶ可能性も十分考えられます

それでも、この危険な技術に関して、私にしか提供できない情報がたくさんあり、多くの被害者が私の情報を有益なものとして読んでいただいております。

なので、少しでも被害者にとってためになればと願って当サイトを開設いたします

管理者:名もなき者
メール


≪ 思考盗聴被害にあっている疑いのある人 ≫

建物の中、外とか関係なくどこにいたとしても何をしている、話している、見ている、考えているなどについて、周囲の人間からまるで知っているかのように話されたりする。

また、全く無関係の自分のことを知るはずのない人から、自分のことを知っているかのように話されたりすることがある。

それなのに、いくら探しても決して盗聴盗撮機器が見つからない。

このような事態に直面している人は、思考盗聴被害にあっている可能性が高いと思います

ただし、必ずしも上記のようなことがあったとしても被害者だとは限りません

あくまで一つの判断指標です


≪ 物理的に、技術的にかなり確かな思考盗聴技術のまとめ ≫

1、思考情報や、視覚情報、聴覚情報、夢やイメージ映像などは全て電気信号であること

2、思考盗聴とは、脳内で活発に活動している思考情報などの電気信号を測定し、解読している測定技術であること

3、脳内の電気信号を測定する技術は、直接その電気信号を測定するには、かなりの近距離でないと不可能なため、加害者が用いているのはキャリアを使用して遠隔から測定している技術であること

また、脳内にRFIDタグのようなICチップを埋め込んで思考盗聴している可能性は

内蔵電源型のRFID:常時電波を発信し続けるには電池の寿命が短すぎる(一般に電池型盗聴器の寿命は3日程度なので、内蔵電源型のRFIDもせいぜい3日ぐらいしかもたない)

外部電源型のRFID:電波の届く距離が最大でも数mと短すぎる

という問題があり、限りなくありえない

( 参考:脳波の到達距離について )

携帯電話の最小の受信電力 :10*{10**(−14)}W

脳波の電圧 :約10 uV
> ttp://www.ne.jp/asahi/shiga/home/MyRoom/brainwave.htm より

体内抵抗 約100Ω
> ttp://www2.oninet.ne.jp/ts0905/safety/safe021.htm より

脳波の電流 :約10^(-7) A

脳波の送信電力 :約10^(-12) W と仮定

脳波の最小受信電力:10*{10^(−14)}W

 =携帯電話と同じと仮定

脳からの送信される脳波は、等方性アンテナ(どの方向にも一様に電力を放射できる理想のアンテナ)を仮定すると、球状に脳波は放射されるので、脳からの距離:r地点での単位面積あたりの受信電力:Sは、

S=送信電力/(球面積)= 送信電力/(4πr*r)

より、S=10*{10^(−14)}W
送信電力=10^(-12) W
を代入して計算すると、
約 2.87m になる。

したがって、人体から半径約3m以内までしか脳波を受信できないだろうと推測される。

事実上、遠隔から脳波を直接受信することは不可能となる。

生体埋め込みICチップによる思考盗聴について

このICチップは、一般に”RFIDタグ”と呼びますが、大まかに分類して内蔵電源型RFIDタグ と 外部からの電磁波を電源として利用する外部電源型RFIDタグの2種類があります

内蔵電源型は、電波を遠くまで飛ばせるメリットと情報を自ら発信できる特徴があるので脳内に埋め込んで思考盗聴する場合を考えれば、この内蔵電源型のRFIDを利用すると思われます。

しかし、思考盗聴のために常時電波を発信していればすぐに電池が切れるので、(一般に電池型盗聴器の寿命は3日程度なので、内蔵電源型のRFIDもせいぜい3日ぐらいしかもたない)

これで思考盗聴し続けるは不可能

一方、外部電源型は、外部からの電磁波エネルギーを電源として利用しているので電源に関しては問題ないが、電磁波から受け取れるエネルギーは極めて微弱なため、飛ばせる電波の距離は最大でも数m程度と一般的に極めて短い

到底、これで遠隔から思考盗聴するのは不可能

4、脳内の電気信号を測定するのに利用しているキャリアは、音波では、電気信号によって変調されないので不可能

磁気光学効果によって変調されて頭蓋骨を貫通する近赤外線、マイクロ波、電波か波の干渉現象によって変調されて頭蓋骨を貫通する低周波の電磁波によって思考盗聴が可能である

5、盗聴できる情報は、脳内で活発に活動している電気信号であるため、思考情報、視覚情報、聴覚情報、その他五感情報、夢やイメージ映像などの、リアルタイムに今現在、見聞きなどしている情報の電気信号だけを盗聴することができる

したがって、記憶に関しては、脳内で活発に活動している電気信号でないため、盗聴することはできない


≪ 注意:私が使用している言葉の定義 ≫

1、「脳波」=最大でも100HZ程度の脳内の電気信号

2、「脳内の電気信号」=100HZ以上の脳内の電気信号

つまり、同じ脳内の電気信号でも100Hz程度までなら脳波。

それ以上なら、脳波という言葉が分類していない周波数の電気信号のため、そのまま正確な表現として「脳内の電気信号」という単語を使用しています。(分類されているのかもしれませんが、少なくとも私はあまり知りません。また、脳波というと、どうしても数Hz〜数十Hz程度の脳内の電気信号というイメージが強すぎるのであえて、正確な表現を使用しています)

したがって、「思考盗聴は脳波を読み取ってもできない」という表現があるときは、「思考盗聴は、最大でも100HZ程度の脳内の電気信号を読み取ってもできない」という意味で、「思考盗聴は、数百HZや数KHZ以上ある音声信号や映像信号の脳内の電気信号を読み取らないとできない」ということを言いたいから、脳波を読み取っても思考盗聴はできないと述べています

なお私がここで述べている思考盗聴とは、思考などを正確に音声や文字、映像としてわかるものを思考盗聴と言っています


≪ 思考盗聴の技術的に有効な対策方法 ≫

思考盗聴は、磁気光学効果によって変調される近赤外線、マイクロ波、電波か波の干渉現象によって変調される低周波の電磁波によって脳内の低周波の電気信号を読み取る技術であると推測される

したがって、低周波の電磁波を利用して思考盗聴している場合、電磁シールドなどで防ぐことは極めて難しいが脳内の低周波の電気信号と同じ周波数の低周波の電磁波をあらかじめ脳内の付近に妨害電波として出していれば波の干渉現象が起こり、電気信号がかく乱され思考盗聴を妨害することが可能となる

これは思考盗聴が近赤外線、マイクロ波、電波を利用していたとしても思考盗聴を妨害することが可能となる

この原理は、携帯電話の電波を妨害するのに同じ周波数の電磁波を発生させて妨害しているのと同じ原理である

よって、思考盗聴対策として技術的に有効な対策は、電磁波を防ぐ電磁シールド系よりも脳内の低周波の電気信号と同じ周波数の電磁波を脳内の周囲に、脳内の電気信号の信号強度より強い強度で妨害電波を出す方法である

補足:電磁シールド

電磁シールドの原理は、マックスウェルの方程式を解いて導いた電磁波の波動方程式において導電項(=物質を伝わる伝導電流の項)があると、減衰する方程式が得られる

これを物理的に言えば、電磁波の電磁界成分によって伝導物質内に電流が流れたりして電流や熱に電磁波エネルギーが変換させられて電磁波が減衰するということである

つまり、電磁シールドは、導電性の高い物質でより電磁波を減衰させることができるということである

だから、銅やアルミなどの導電性の高い(=電気抵抗が低い)

金属物質でより電磁波を減衰させやすい

導電電流が流れることによる電磁シールド以外にも(導電率が高い=電気抵抗が低いほど減衰しやすい)誘電損失材料、磁性損失材料によるものがある(こちらは複素比誘電率、複素比透磁率というものが関与しているが、正直、私には実数でない複素数のそれらが物理的に何を意味するのか、どのような物理的な理由で減衰するのか理解できてない電磁波のエネルギーに関する数式であるポインティングベクトルを計算すると出てくる項なのだが、計算はできるが物理的な意味は私にはわからない)

また、超伝導物質(=電気抵抗が0の物質)で周囲を覆えば理論的には完全に電磁波をシャットアウトできるはずである

実際に電磁雑音などを完全にシャットアウトしたい精密測定では、超伝導物質で覆われた空間で測定する

水は、高くはないが導電性があるから、電磁波が減衰していくために水の中を電磁波があまり伝播しづらいと言われるのである。

とはいっても水の導電性は金属ほど高くないので、水の中を電磁波が全く伝播しないわけではない。

水の中を電磁波が全く伝播しないと述べていたら完全に物理的に間違い

このことから、電磁波をシールドするなら水よりも銅やアルミなどの金属物質を使用する方がはるかに良い

また、低周波の電磁波であればあるほど減衰しづらく、逆に高周波の電磁波であればあるほど減衰しやすい

なので、電磁シールドで思考盗聴に使用されているだろう

透過性の高い低周波の電磁波を完全に防ぐには、超伝導物質で周囲を覆う必要があり、到底一般人には実現不可能な話である。

したがって、波の干渉現象を利用した思考盗聴の電磁波を妨害する

妨害電波によって妨害するしかないというということである。
posted by arena8order at 22:29| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
加害者への公開質問状の管理人さんと一緒に研究をしていた福島俊明という者です.

ハイテク犯罪被害を被るようになり,犯罪に使用されている装置について構造などを推定すべく研究を行うようになりました.

ホームページを持っていますので時間がある時に見て頂ければと思います.
http://fprogram.bake-neko.net/index.html
Posted by 福島俊明 at 2017年01月24日 19:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。