2014年05月30日

2. 神経ガスは、神経伝達を阻害する作用を持つ化合物の総称

200px-GHS-pictogram-skullsvg.jpgdee9a38f450a70e48c24857ec2afe807.jpgImage~012.jpg
#ккк #ナチスドイツ #兵器 #オウム真理教 #VXガス #マスタードガス #神経ガス


海洋投棄問題[編集]

1972年、アメリカ合衆国連邦議会は化学兵器の海洋投棄を禁止した。

しかしながらそれまでに32,000トンの神経ガスやマスタードガスがアメリカ合衆国軍により海洋投棄されてきた。

海洋投棄の代表担当者代理を務めたウィリアム・ブランコビッツ (William Brankowitz) によって作成された1998年の報告書では、アメリカ合衆国の軍用化学物質管理局が最低でも26の化学兵器を、最低でも11の地点に海洋投棄したということが明かされた。

しかし記録が残っていないため、現在のところ海洋投棄が行われた場所は、その半数がおぼろげに明らかになっているだけであり、正確な地点は確認されていない。

これらの化学兵器が海洋環境にどのような影響を与えるかは2006年現在のところ不明である。

近年の漁獲量が落ちた原因であると考える者もいるが、海洋投棄と漁獲量減少とを結びつける証拠は示されていない。

化学兵器の入った鋼鉄製容器の耐久性や、鋼鉄容器がどの地点のどの程度深いところに存在しているかといった事実はもう誰も知ることができない。

万一神経ガスが海洋に漏れ出した場合、タブン、ソマン、サリン、マスタードガスなどは水によって分解される性質を持つためさほど深刻な問題は起きないと予想されているが、VXガスは分解されないためもしもVXガスが海洋投棄されていた場合は極めて危険な環境破壊を引き起こす可能性が高い。


大衆文化[編集]

一般人の持つ恐れと恐怖のイメージのため、神経ガスはテレビや映画、ビデオゲームの定番となっている。

この場合闇のテロ組織が大量の神経ガスを保持し、人口密集地で神経ガスを散布するという内容で脅す、というものが多い。

1972年にマイケル・クライトンがジョン・ラング (John Lange) 名義で出版した小説『バイナリー』では架空の神経ガス ZV が登場し、小説のストーリーに不可欠な要素として登場する。

ZV はG剤や VX とほぼ同様の毒性を持たせた形で描かれているが、小説内では実在の神経ガスについて触れられてはいない。

1986年の映画『エイリアン2』では、架空の神経ガスであるCN-20が登場する。

その後は1996年のアクション映画『ザ・ロック』でVXが登場し、同年の『エグゼクティブ・デシジョン』では架空の神経ガス DZ-5 が登場した。

2002年の『トリプルX』では水に触れると無毒化する Silent Night が架空の神経ガスとして登場した。

2005年の『ソウ2』では神経ガスが「ゲーム」に用いられた。

同様の手法はビデオゲームにも用いられている。

例を1つ挙げると、アメリカ合衆国や欧州諸国で発売された『Tom Clancy's Rainbow Six 3: Raven Shield』では、テロリストが食料に VX を混入させようとするストーリーであった。

やがて、神経ガスはテレビにも登場するようになった。

イギリスのテレビ番組「Spooks」では、VX でロンドンの中央部を攻撃するというシミュレーション場面が登場する。

近年ではFOX製作のテレビドラマ「24 -TWENTY FOUR-」のシーズン5で、神経ガスが登場するエピソードがある。

ポスト・グランジ系バンドのシーザー(Seether) は、改名前は "Saron Gas" という名だった。


関連項目[編集]

化学兵器

毒ガス


参考文献[編集]

Borkin, Joseph (1978).The Crime and Punishment of IG Farben. Nw York: Free Press. 1978.ISBN 0-02-904630-0, available for download inAustralia(as it is out-of-print) seethis link.

Clarke, Robin (1969).We all fall down: the prospects of biological and chemical warfare. Penguin.ISBN 0-14-021121-7.

E-Medicine. (June 29, 2004).CBRNE - Nerve Agents, V-series: Ve, Vg, Vm, Vx. Retrieved Oct. 23, 2004.

E-Medicine. (June 30, 2004).CBRNE - Nerve Agents, G-series: Tabun, Sarin, Soman. Retrieved Oct. 23, 2004.

Mitretek Systems. (May 2004).Short History of the Development of Nerve Gases. Retrieved Oct. 23, 2004.

Paxman, J.; Harris, R. (2002).A Higher Form of Killing: The Secret History of Chemical and Biological Warfare(2002 Rando edition). Random House Press.ISBN 0-8129-6653-8.

United States Senate, 103d Congress, 2d Session. (May 25, 1994).The Riegle Report. Retrieved Nov. 6, 2004.

Organization for the Prohibition of Chemical Weapons - Nerve Agents[1]

History of fluorophosphates as related to the development of nerve agents in Germany, Great Britain and the U.S.A.

C. H. Gunderson, C. R. Lehmann, F. R. Sidell, B. Jabbari (1992).“Nerve agents: a review”.Neurology 42: 946-950.

^a b History of Nerve Agents, Frederick Sidell


外部リンク[編集]

Nervegas: America's Fifteen-year Struggle for Modern Chemical WeaponsArmy Chemical Review

History Note: The CWS Effort to Obtain German Chemical Weapons for Retaliation Against JapanCBIAC Newsletter

化学兵器の毒作用と治療 アンソニ・トゥー

遺棄化学兵器の安全な廃棄技術に向けて 日本学術会議 平成13年7月23日


化学兵器関連の記事

血液剤
シアン化塩素(CK) -シアン化水素(AC)


びらん剤
ルイサイト(L) -サルファマスタード(HD, H, HT, HL, HQ) -ナイトロジェンマスタード(HN1, HN2, HN3) -ホスゲンオキシム(CX) -エチルジクロロアルシン(ED)


神経ガス

G剤

タブン(GA) -サリン(GB) -ソマン(GD) -エチルサリン(GE) -シクロサリン(GF) -GVガス


V剤

VEガス-VGガス-VMガス-VXガス


窒息剤
塩素ガス-クロロピクリン(PS) -ホスゲン(CG) -ジホスゲン(DP)


無力化ガス
Agent 15(BZ) -KOLOKOL-1


嘔吐剤
アダムサイト-ジフェニルクロロアルシン-ジフェニルシアノアルシン


催涙剤
トウガラシスプレー(OC) -CSガス-CNガス(mace) -CRガス


焼夷剤
三フッ化塩素


対物剤
パイロフォリック-機動阻止システム


化学兵器規制
ジュネーヴ議定書-化学兵器禁止条約(CWC) -化学兵器禁止機関(OPCW) -遺棄化学兵器問題

(補足:関連項目)
催涙スプレー-防犯装備-スカンク

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=神経ガス&oldid=47214251」から取得

カテゴリ:
有毒ガス
化学兵器
有機リン化合物
posted by arena8order at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。