2014年05月05日

情報戦 Information war XXXXXNisga

517QBZHQEGL_SL500_AA300_~001.jpgAS20140228000251_comm.jpgImage~001.jpg

「#情報戦争」に関連した英語例文の一覧
http://p219.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0505QMRNUG8XLVpM/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E6%2583%2585%25E5%25A0%25B1%25E6%2588%25A6%25E4%25BA%2589&_jig_keyword_=%8F%EE%95%F1%20%90%ED%91%88%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%258F%25EE%2595%25F1%2B%2590%25ED%2591%2588%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26b%3D1%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on


#ккк #XXXXX #ww123 #Nisga #terrorist #yl #ill #terrorism#global terrorism#weapon#electric wave


#情報戦-Wikipedia → Information war-Wikipedia
http://p203.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0505L5RK6Wu0cIPR/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E6%2583%2585%25E5%25A0%25B1%25E6%2588%25A6&_jig_keyword_=%8F%EE%95%F1%20%90%ED%91%88&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%258F%25EE%2595%25F1%2B%2590%25ED%2591%2588&_jig_source_=srch&guid=on


情報戦 → Information war

情報戦(InformationWarfare,IW)は、味方の情報及び情報システムを防護し、かつ敵のそれを攻撃・攪乱・妨害する敵味方相互の情報活動をいう。 → Saytheinformation activity of ally and enemy aspect each other who information war (Information Warfare, IW) protectstheinformation ofthefriend and information system andanattack disturbs it oftheenemy,and interferes.

ただし軍隊や研究機関によって情報戦という用語の定義には若干の差異が認められる。 → But some differences are recognized forthedefinition oftheterm information war bythearmed forces andaresearch organization.

ここでは上記の定義で用いる。 → Use it bythedefinition mentioned above here.


概要[編集] → Summary[editing]

情報戦とは平時及び戦時おいて情報優勢(InformationSuperiority)を獲得するために行われる一連の情報活動によって遂行されるものであり、米空軍の定義によれば防勢的な対情報活動は戦略的防空作戦と同様に常に実施されており、その意味で常に情報戦は遂行されている、としている。 → It is accomplished by a series of information activity that are performed to put it withtheinformation war inatime of peace andthewartime,and to acquire information superiority (Information Superiority),and,according tothedefinition oftheU.S. air force, theanti-information activity that is 防勢的 is always carried out likeastrategic air defense strategy and does it when information round is always accomplished in this sense.

その一方で攻勢的な対情報活動は電子戦、心理戦、軍事的欺瞞など様々な活動を総合したものである。 → On the other hand, theoffensive-like anti-information activity synthesized electronic warfare,psychological warfare,various activity includingthemilitary deception.

段階的に発展するものと考えられており、底度のものから順に挙げれば、まず偽情報やプロパガンダの流布、指揮統制中枢や情報発信源の物理的な破壊、コンピュータ・ウイルスの投入、ハッカーによる不法アクセス、ハッカー・コンピュータ・ウイルスによるデータに対する改竄・破壊もしくは電磁パルスによる物理的破壊、と考えられている。 → If it is thought and gives it fromthething ofthebottom degree sequentially,at first it is thought that it develops progressively withthephysical destruction ofthespread of disinformation andthepropaganda, theconduct control center andtheinformation dispatch source, theinjection ofthecomputer virus, theillegality access bythehacker,manipulation, thedestruction forthedata due tothehacker computer virus or physical destruction bytheelectromagnetic pulse.


歴史[編集] → Thehistory[editing]

湾岸戦争でCIAがイラク側に納入されるコンピュータを割り出しウィルスを仕掛けたことが情報戦争の元祖であるとされる。 → It is said that it isanancestor oftheinfowar CIA calculatesacomputer delivered totheIraqi side intheGulf War,and to have setavirus.

ただしイラク側が使い始める前に多国籍軍の砲撃でコンピュータ諸共破壊してしまっているので結局不発に終わっている。 → But misfire becauseIdestroy it together withthecomputer by bombardment ofthemultinational force beforeanIraqi side begins to use it after all.


概念[編集] → Concept[editing]

情報戦については1994年ごろから米国防総省や米軍において重要性が認識されるようになってきた。 → Importance came to be recognized abouttheinformation war intheU.S. Department of Defense andtheUnited States Armed Forces from about 1994.

その基本的な概念として、情報が必要な時に、必要な人へ、必要な内容で与えられることをめぐる戦いの一局面である。 → When information is necessary asthebasic concept,it isaone station side ofthefight overanecessary person being given it by necessary contents.

米空軍においては、敵の情報活動の効果や機能を停止・低下させ、同時に敵の同種の行動に対して味方を防護し、味方の情報活動を有利にするためのあらゆる活動と定義している。 → IntheU.S. air force, astop reducesaneffect andafunction oftheinformation activity oftheenemy and protectsafriend for similar action oftheenemy at the same time and defines it as every activity to dotheinformation activity ofthefriend profitably.

また米海軍においては、安全保障において味方の情報を敵から防護しつつ、敵の情報システムを利用し、敵の情報システムを停止させ、また敵を陽動などによって誘出することによって決定的な優勢を獲得・維持するために情報を活用する活動と定義している。 → In addition,in US Navy, Istoptheinformation system oftheenemy usingtheinformation system oftheenemy while protectingtheinformation ofthefriend fromanenemy in security and define it as activity to utilize information because acquisition maintainsthesuperiority that is decisive by elicitinganenemy by feint operations again.

一方で米陸軍は通信スペクトルを支配し、指揮官に敵行動を予測可能なものとし、味方部隊が敵の位置を速やかに把握して、戦車、火砲、航空機火力を整合的・統合的に運用する方法によって、その戦闘力を高める活動と考えている。 → On the other hand, theU.S. army influencesacommunication spectrum,andacommander shall be able to predictanenemy action,andafriend corps graspstheposition oftheenemy immediately and thinks about tank,cannon,plane heat with activity to raisethefighting power byaconformal method to apply it in a gross.

米国のランド研究所は情報戦の特徴として、コストが安価なことや、伝統的な境界線があいまいになっていること、心理戦の重要性、攻撃判定の困難性、同盟・協力関係が内在する惰弱性などを挙げた。 → American Rand Corp. raisedtheindecision characteristics that cost being cheap andatraditional boundary line becoming vague,importance ofthepsychological warfare, thedifficulty oftheattack judgment, analliance, acollaborative relationship were inherent in asacharacteristic oftheinformation war.

米国防大学においては情報戦を七形態に分類し、さらに行為を防御・操作・低下・拒絶として整理している。 → Classify information wars in seven forms in U.S. National Defense University and arrangeanact as defense,operation, adrop,refusal more.


分類[編集] → Classification[editing]

ここでは米国防大学の分類を用いる。 → Useaclassification of U.S. National Defense University here.

心理戦、指揮統制戦、電子戦は従来の戦争でも行われた形態である。 → Psychological warfare, aconduct control war, theelectronic warfare are conventional fought forms.

ただしこれらの分類は個別的なものではなく、実際にはそれぞれの要素が相互に関連しており、重複する分野も多い。 → But each element is really related to these classifications notanindividual thing mutually,and there are many repeating fields.


指揮統制戦[編集] → Conduct control war[editing]

指揮統制戦(CommandandControlWarfare)とは指揮系統を破壊・妨害・攪乱することによって戦力の統制を乱し、敵部隊を分断する戦いを指す。 → Disturbthecontrol oftheforce by destruction,interference disturbingachain of command with conduct control war (Command and Control Warfare) and point tothefight to divideanenemy corps.

組織的な活動には統一的な指揮統制が不可欠でありそのために古来から敵の指揮官や本部を狙って攻撃することは基本的な戦法であった。 → Unified conduct control was indispensable for organized activity,and therefore it wasthebasic tactics to attack atacommander andtheheadquarters oftheenemy from ancient times.

また伝令の殺傷、指揮統制システムが依存している発電所や送電施設の破壊などの手段が用いられる。 → In addition,means such asthedestruction ofapower station andthetransmission facilities wherethecasualties ofthemessage, aconduct control system depend on is used.

指揮系統の切断は敵が広範囲にわたって部隊を指揮統制する場合、指揮官・司令部の破壊・無力化と同程度の効果が得られる。 → Whenanenemy commandsamilitary unit as forthecutting ofthechain of command over a wide area and controls it, aneffect at the same level as destruction,neutralization ofacommander, theheadquarters is provided.

特に敵が各部隊の権限が極めて惰弱であり、各部隊の現場指揮官が独自行動できない軍隊組織である場合、自衛的な戦闘活動すらも封じ込めることが可能となる。 → Anenemy in particular can be full oftheauthority of each military unit and becomes able to confine eventheself-defense-like battle activity when it is effete,andthespot commander of each military unit isthearmed forces organization which cannot act originally.

指揮系統の切断には物理的に司令部を破壊するハード的手法がある。 → Thecutting ofthechain of command includes technique of hardware destroyingtheheadquarters physically.

これは司令部と部隊を結ぶ後方連絡線・通信回線・中継分配施設またはその機能を維持する施設(発電所・衛星通信所・送電線など)に対する物理的攻撃であり、これに対抗するためには通信網を冗長化する必要性がある。 → This isaphysical attack for rear connecting line, acommunication line, thebroadcast distribution facilities which linkthemilitary unit totheheadquarters or facilities(power station,satellite communications place,power transmission line)maintainingthefunction,and there istheneed to makeacommunications network redundancy to be opposed to this.

反対に指揮統制システムを混乱・停止させるソフト的手法がある。 → Conversely,there is soft technique to letaconduct control system stop confusion.

これは電子戦、ハッカー戦、諜報基盤戦、経済情報戦などと一部内容が重複する。 → As for this,electronic warfare, ahacker war, aninformation gathering base war, aneconomic information war and some contents repeat.


電子戦[編集] → Electronic warfare[editing]

詳細は「電子戦」を参照 電子戦とは情報戦においては通信・電波妨害を指す場合がほとんどである。 → As forthedetails, thecases thatthereference electronic warfare refers to communication,jamming intheinformation war by "electronic warfare" are often found.

また強力な電磁パルスを用いた破壊活動などの手段も含める。 → In addition, includethemeans such asthesubversive activity using strong electromagnetic pulse.


心理戦[編集] → Psychological warfare[editing]

詳細は「心理戦」を参照 心理戦とは特定の民族に対してある特定の行動や反応へと誘導することを目的にした情報の流布などの手段を用いる戦い。 → Afight to use means such asthespread for oftheinformation forthedetails deriving "psychological warfare" to a particular action and reaction withthereference psychological warfare foraspecific race.


ハッカー戦[編集] → Hacker war[editing]

ハッカー戦(HackerWarfare)とはハッキング、及び、クラッキングだけでなくコンピュータ・ウイルスの手段が用いられる情報および情報システムの侵入と防護をめぐる戦いをいう。 → Sayafight overaninvasion andtheprotection oftheinformation thatthemeans ofthecomputer virus is used for as well as hacking and cracking andtheinformation system with hacker war (Hacker Warfare).

(ハッキング、クラッキング、コンピュータウイルス兵器、サイバー戦争、サイバーテロ、サイバー犯罪を参照) → (Irefer to hacking,cracking, acomputer virus weapon,cyberwar,cyberterrorism,cybercrime)


諜報基盤戦[編集] → Information gathering base war[editing]

諜報基盤戦(Intelligence-basedWarfare,IBW)諜報活動の基礎となる各種センサーを用いた情報収集・偵察・監視活動と、敵のそれに対する対抗の活動をいう。 → Call activity oftheopposition for it oftheenemy intelligence,reconnaissance, themonitoring activity using various sensors becoming basic oftheinformation gathering base war (Intelligence-based Warfare, IBW) espionage.

古来より原始的なセンサーの妨害として煙幕や闇夜が用いられてきた。 → Asmoke screen andadark night have been used as interference ofthesensors which was more primitive than ancient times.

これは敵にこちらの現在位置や状態の情報を与えないという基本的な諜報基盤戦の属性を現している。 → This showstheattribute ofthebasic information gathering base war not to giveaposition andtheinformation that are inastate as of one of this toanenemy.

現代では煙幕に対抗して赤外線センサーなどが用いられており、湾岸戦争で多国籍軍の勝利に貢献し、現代の軍隊の必需品の一つと認識されている。 → Infrared sensors are used againstasmoke screen inthepresent age and contribute to victory ofthemultinational force intheGulf War and are recognized to be one ofthenecessities ofthemodern armed forces.

また電磁パルスを用いたコンピュータの破壊活動とその防護も諜報基盤戦に含まれる。 → In addition, thesubversive activity ofthecomputer usingtheelectromagnetic pulse andtheprotection are included inaninformation gathering base war,too.


経済情報戦[編集] → Economic information war[editing]

経済情報戦(EconomicInformationWarfare)金融機関・交通機関・通信機関・エネルギー供給機関などのコンピュータ・システムに対する攻撃や防御の活動をいう。 → Say activity ofanattack andthedefense forthecomputing systems such as economic information war (Economic Information Warfare) financial institution,means of transportation,communications media,energy supply organizations.

現代の経済活動はインターネット等の情報インフラに高度に依存している。 → Themodern economic activities depend ontheinformation infrastructure such astheInternet highly.

しかしインターネットはコンピュータの相互依存のネットワークに過ぎず、機密保護や防犯機能が内在されているわけではない。 → However, theInternet is onlyanetwork oftheinterdependence ofthecomputer and is not inherent security andasecurity function.

そのために利便性と同時に軍事的攻撃・犯罪行為に対する保安性が求められている。 → Therefore preservation characteristics forthemilitary attack,criminal act are demanded with convenience.

1995年に米国防大学は米国の通信・金融ネットワークが攻撃に対して惰弱であり、もし攻撃を受けた場合は経済活動が停止し、最悪の場合では国家的機能に決定的な損害を負う危険性があると述べ、米議会に調査研究の必要性を主張している。 → It is effete,and economic activities stop it foranattack whenIreceiveanattack,and,in U.S. National Defense University,American communication,finance network statesanational function that there istherisk to carrythedecisive damage on its back in 1995 when it is the worst and insists ontheneed oftheresearch intheU.S. assembly.

但し、完全に全てのシステムが停止することは考え難く、あくまで最悪の可能性に基づく必要性である。 → But it is hard to think,and it istheneed based ontheworst possibility to the last that all systems completely stop.


サイバー戦[編集] → Cyber war[editing]

サイバー戦(CyberWarfare)コンピュータ間におけるサイバー空間でのデジタル化された情報の伝達を巡る戦いをいう。 → Sayafight overthetransmission of digitized information intheCyberspace betweenthecyber war (Cyber Warfare) computer.

(サイバー戦争、サイバーテロ、サイバー犯罪も参照。) → (Refer to cyberwar,cyberterrorism, thecybercrime.)


参考文献[編集] → References[editing]

FieldManualNo.100-6(FM100-6)"INFORMATIONOPERATIONS"(DepartmentoftheArmy,27August1996) → Field Manual No 100-6(FM 100-6). 27 "INFORMATION OPERATIONS" (Department of the Army, August 1996)

江畑謙介『インフォメーション・ウォー 狙われる情報インフラ』(東洋経済新報社、1997年)→ Kensuke Ehata "information infrastructure(Toyo Keizai Shinposha,1997)-aimed ataninformation war"


関連項目[編集] → affiliated item[editing]

情報活動 → Information activity

諜報活動 → Espionage

情報機関 → Secret service

防諜 → Counterespionage

広報 → Public information

軍事における革命 → Revolution in military affairs

偵察衛星(情報収集衛星) → Reconnaissance satellite(information-gathering satellite)

偵察機 → Spy plane

情報収集艦 → Intelligence warship

ビザンチン将軍問題 → Theissue of Byzantine general

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=情報戦&oldid=47542052」から取得カテゴリ: → It isanacquisition category from "http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title= information war &oldid=47542052":
軍事学 → Military affairs studies

戦闘 → Battle

ミリタリー・インテリジェンス → Military intelligence
posted by arena8order at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。