2013年11月30日

5. マルス(MARS)…日本国有鉄道・JRのシステム

Image~015.jpgImage~003~001.png
#ккк #発電所 #UHF #電磁波 #朝鮮工作員 #電気兵器 #プラズマ波兵器 #マイクロ波 #レーダービーム #RedIndian #yl. #Apache #polphotoXX #terrorismΡΧΚ



類似システム[編集]

JR北海道では自社内完結の乗車券、自由席券、定期券、特別企画乗車券、イベント券などの商品を発券する際は原則「総販」というローカルシステムで管理・発券している。

東京モノレール券なども発券することができる。

MR端末を用い、MR端末のシステムの一部として組み込まれている。

このシステムで発券した切符には「総販」というマークが印字されるほか、連番などの印字方法もマルスシステムとは異なる券面での発行となる。

また、総販システムでは、発券ごとに国分寺のマルスホストと通信する必要がなく、通信費などの削減に効果をあげている。

もちろん、座席指定を伴う新幹線・在来線特急券、指定席券のほか、JR他社にまたがる乗車券については、マルス端末機能を使用した発行となる。

JRバスグループでは、列車とは異なるバス特有の事情や、マルスがコンビニエンスストアのマルチメディアステーションやインターネットなどと接続されていないなどの理由から、マルスとは別にジェイアールバス関東、ジェイアール東海バス、西日本ジェイアールバス、JRシステムによって「高速バスネット」が開発され、2006年から稼動しており、「ドリーム号」などの「高速バスネット」での予約や購入には、路線や条件によって運賃を割り引くなどの特典を実施している。

私鉄でも、有料座席指定特急を運行する事業者では、同様の座席予約システムを構築していることが多い。

一例として、近畿日本鉄道は「ASKA (All-round Services by Kintetsu and its Agency) システム」を開発・運用しており、主要旅行会社のシステムとも結合されている。

小田急電鉄では、2003年に「MFITTシステム」を導入している。

航空会社の座席予約システムは総称として、CRS(Computer reservations system) と呼ばれる。


マルス端末発行の乗車券類に記載される発行旅行会社記号[編集]

JRグループの「乗車券類委託販売基準規程」により、以下のように表記される。

大手旅行会社

交…ジェイティービー(旧・日本交通公社)・JTBトラベランド(一部の店舗)

ラ…JTBトラベランド…順次(交)に変更中

JH…JTB北海道

リ→Jト…JTB東北

ジ…JTBツアーズ

近…近畿日本ツーリスト

S…ツーリストサービス→KNTツーリスト→近畿日本ツーリスト個人旅行販売

CT…クラブツーリズム

阪…阪急交通社

日…日本旅行

サ…日旅サービス

OM…日本旅行OMCトラベル

NH…日本旅行北海道

私鉄系

ト…東武鉄道・東武トラベル

名…名古屋鉄道・名鉄観光サービス

京…京王観光

ケ…京阪交通社

西…西鉄旅行

小…小田急トラベル

武…西武鉄道・西武観光・西武トラベル

遠…遠鉄トラベル

伊…伊豆箱根鉄道・伊豆箱根トラベル

相…相鉄観光(2005年以降委託から外れている)

静…静鉄観光サービス

南…南海国際旅行

広…広電観光→ひろでん中国新聞旅行

陽…山陽観光サービス(山陽電気鉄道)

T…東急観光サービス(東京急行電鉄テコプラザ、2010年現在は取扱中止→東急トラベルサロン)

JR・第三セクター系列

JP…JR西日本Jプリント端末

KT…北近畿タンゴ鉄道

JT…ジェイアール東海ツアーズ

V…びゅうトラベルサービス

貨…日本貨物鉄道(JR貨物、エフ・ツーリスト)

HB…ジェイアールバス東北

KB…ジェイアールバス関東

TB…ジェイアール東海バス

NB…西日本ジェイアールバス

CB…中国ジェイアールバス

SB…ジェイアール四国バス

MR…松浦鉄道

高…高千穂鉄道(廃止されたため、2010年現在は委託から外されている)

土…土佐くろしお鉄道

の…のと鉄道

環…愛知環状鉄道

組合・新聞系
農…農協観光

読…読売旅行

朝…朝日旅行

大…全国大学生活協同組合連合会

毎…毎日企画サービス

鉄…日本鉄道旅行社

新…新潟日報旅行社

青…青学サービス→アイビー・シー・エス

国…中国新聞トラベルサービス→広電観光と合併により(広)ひろでん中国新聞旅行になり、使用されていない。

温…東北ツアーズ協同組合

ア…朝日旅行会(大阪)

エ…エフコープ生活協同組合

バス・陸運・航空系
山…山新観光

観…東日観光

立…共立観光

中…ニューワールドツーリスト中国観光

SD…サンデン交通

通…日本通運(日通旅行)

J…ジャパンツアーシステム→JALセールス

Jホ…JALセールス北海道

JW…JALトラベル西日本

奈…奈良交通観光社→奈良交通

ヤ…ヤマコー→山交観光

内…内外航空サービス

羽…羽後交通観光

BH…ビッグホリデー

空…日本空港ビルデング→羽田旅客サービス

HP…羽田旅客サービス

宮…宮城交通トラベル→宮交観光サービス

芙…芙蓉航空サービス

M…エムオーエアシステム→エムオーツーリスト

その他
タ…タビックスジャパン

東…東急観光→トップツアー

P…PTS

本…トラベル日本

防…防長トラベル

A…ジャパンアメニティトラベル

ツ…京阪津ツーリスト

北…北海道ツアーシステム

NK…エヌケーエフ

インハウス系
富…富士通トラベランス

Y…ヤマハトラベルサービス

FJ…フジトラベルサービス

FE…JFEライフ

G…グリーンポート・エージェンシー

芝…東芝ツーリスト

キ…中部キャラバン

H…日立トラベルビューロー

N…NECツーリスト

その他[編集]

同一の駅名がある場合は、(路線名)+駅名の順で登録されている。例:和歌山線:橋本駅(横浜線にも橋本駅が存在する)など

機能上の制約から、普通車・グリーン車しか登録が出来ないため、特別な設備がある場合は、列車名+特別な設備の名称で登録されている。【例】マリンライナーパノラマ

同様に1階席と2階席が区別されている列車では、列車名+階数で登録される。【例】Maxやまびこ××号2階

機能上、文字数の制約から列車名が長い場合は省略される。【例】エクスプローラーなど(正式名称:タンゴ・エクスプローラー)

端末機種によって機種名が分かるように発行箇所名の後ろに「#」・「@」「MV」・「US」・「MR」「ER」など記号が印刷されている。

一例:○○駅#1発行や○○駅@1発行など

脚注[編集]

[ヘルプ]
^ (日本語)交通新聞(交通新聞社). (2008年10月22日)

^ 「情報処理技術遺産および分散コンピュータ博物館認定制度を開始」情報処理学会、2009年2月23日

^ “マルスシステムの概要とその高信頼性技術について”.京都大学学術情報リポジトリ.2013年11月8日閲覧。

^ 国鉄時代は、一部の旅行会社で定期券を扱っていたが、民営化後に段階的に廃止された

^ 各社共通して臨時列車、寝台列車は一部を除き購入できない。

^ 払戻申出証明をした切符の画像

^ 模倣から創造へ:国鉄座席予約システムMARS-1における技術革新 (PDF)

^ この当時は上下列車とも1、2の順で番号が割り当てられていた。

^ 穂坂衛『コンピュータ・グラフィックス』(1974)p. 7

^ http://museum.ipsj.or.jp/computer/dawn/0065.html

^ 東京都区内発→東海道本線経由→大阪市内経由→紀伊勝浦・新宮経由→伊勢鉄道経由→東海道本線経由→東京都区内行、という片道切符を発券することが可能であった。経路中に重複区間を含む場合、本来は片道乗車券として発券しようとしたらエラー処理を行い、連続乗車券として発券しなければならないが、経路中にJR以外の路線を挟むとエラー対象外となってしまう。

^ 新型感熱磁気乗車券の開発:2色マルス券(王子製紙グループ)

参考文献[編集]

金子則彦 『旅人をつなぐ“マルスシステム”開発ストーリー』 アイテック、2005年2月。ISBN 4-87268-474-5。

杉浦一機 『みどりの窓口を支える「マルス」の謎 -世界最大の座席予約システムの誕生と進化-』 草思社、2005年10月。ISBN 4-7942-1433-2。

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、マルス (システム)に関連するカテゴリがあります。
フレンズ (FRENS)-日本貨物鉄道(JR貨物)のシステム。旅客のマルスに相当する。

外部リンク[編集]

旅客販売総合システム「MARS(マルス)」(JRシステム)

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=マルス_(システム)&oldid=49672932」から取得

カテゴリ:
日本の鉄道
情報システム
コンピュータ史
JR
鉄道情報システム
鉄道とIT
隠しカテゴリ:
情報の更新が必要とされている項目/2013年
posted by arena8order at 19:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。