2013年09月30日

ккк コカールを解説文に含む検索結果…Go orenge.

1141007F1071_000.jpg1132S.jpgImage~004.jpg
#ккк #terrorism #xxx #pyongyang. #Apache #XXXXX #暗殺 #Go_orenge. #drag #Drug #朝鮮ドラッグ #工作員 #Filipino

コカールを解説文に含む用語の検索結果
http://p219.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0930itermwrDi3Zf/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fcontent_find%2Ftext%2F0%2F%25E3%2582%25B3%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AB&_jig_keyword_=%83R%83J%81%5B%83%8B%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E3%2582%25B3%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AB%2B%25E4%25BE%258B%25E6%2596%2587%26p%3D%2583R%2583J%2581%255B%2583%258B%2Bweblio%26trans%3D0&_jig_source_=srch&guid=on


併用禁忌00(薬の飲み合せ)
http://p200.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0930iF3SAmtNzFmP/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.okusuri110.com%2Fkinki%2Fheiyokin%2Fheiyokin_00top.html&_jig_keyword_=%83R%83J%81%5B%83%8B%20%97%E1%95%B6&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2583R%2583J%2581%255B%2583%258B%2B%2597%25E1%2595%25B6%26b%3D23%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on



アセトアミノフェン
?アセトアミノフェン
ピリナジン散、コカール錠(200r)

・国内でも国際的な標準用量が投不可能となった
1回300〜1,000mg、投不間隔:4〜6時間以上、1日総量として4,000mgまで

・アラキドン酸からプロスタグランジンを産生する経路の律速酵素であるCOXを阻害することにより解熱鎮痛作用を生じる(抗炎症作用はない)

・投不後、ほぼ完全に吸収され血漿濃度は30〜60分でピークに達する

・治療上有効な血中濃度:5〜20μg/ml

・過剰量となり活性代謝産物(NAPQI)の解毒にかかわるグルタチオン抱合能力が限界に達すると、NAPQIが蓄積し、肝細胞構成蛋白と共有結合して肝細胞障害が惹起される (NAPQI:N-アセチル-p-ベンゾキノンイミン)

・服用後の血中濃度4時間値:200μg/ml、12時間値:50μg/mlを越すと約60%に高度の肝障害を生じる

臨床緩和医療薬学:真興交易(株)医書出版部,106〜110,2008 一部改変.


http://www.keio-palliative-care-
http://p216.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0930Al9XztDi3Zgo/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.keio-palliative-care-team.org%2Fmedical%2Fmedical%2Fhandbook_pdf%2Fmanual02_02.pdf&_jig_keyword_=%83R%83J%81%5B%83%8B%20%97%E1%95%B6&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2583R%2583J%2581%255B%2583%258B%2B%2597%25E1%2595%25B6%26b%3D33%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on

【非オピオイド鎮痛薬】

非ステロイド性鎮痛薬(NSAIDs)
アセトアミノフェン

(細胞膜) リン脂質
アラキドン酸
プロスタグランジン(PG)G2
プロスタグランジン(PG)H2
PGE2 PGA2 PGF2α トロンボキサンA2 PGI2
ホスホリパーゼA2(PLA2)
シクロオキシゲナーゼ(COX-1,COX-2)
血管拡張
紅斑 発熱
炎症性疼痛
発赤
血小板凝集 痛覚過敏 血管拡張
腎血流維持
抗血栓作用
腎細胞保護

細川豊史:ペインクリニック, 23(12), 1619 ,2002 一部改変

非ステロイド性鎮痛薬(NSAIDs)の作用点

NSAIDsはシクロオキシゲナーゼ(アラキドン酸に作用して疼痛誘発物質のプロスタグランジンを産生させる酵素)の働きを阻害する
NSAIDs

プロスタグランジン合成

生体の恒常性維持
腎血流維持
胃粘膜保護
血管拡張
血小板凝集
抗炎症作用

プロスタグランジン合成

痛み 浮腫
発熱 発赤
抑制 抑制
消化管障害
腎機能障害
抗凝固作用

がん疼痛治療にはCOX-2を選択的に
阻害する作用の強い
NSAIDsが推奨される
COX-1、COX-2の薬理作用

細川豊史:ペインクリニック, 23(12), 1619,2002 一部改変

COX-1 (構成型酵素) COX-2 (誘導型酵素)
炎症刺激によって発現

臨床緩和医療薬学:真興交易(株)医書出版部,96,2008 一部改変.

主なNSAIDsのCOX-2選択性


COX-2選択性
セレコキシブ
エトドラク
メロキシカム
ジクロフェナクナトリウム
ロキソプロフェンナトリウム
スリンダク
イブプロフェン
ナプロキセン
インドメタシン
フルルビプロフェン
ケトプロフェン

一般名 (例)商品名 血中半減期
(時間)

用法
短時間型 ジクロフェナクナトリウム
ロキソプロフェンナトリウム
イブプロフェン
ロルノキシカム
ボルタレン?
ロキソニン?
ブルフェン?
ロルカム?
1.3
1.3
2
2.5
1日3回
1日3回
1日3回
1日3回
中間型 セレコキシブ
エトドラク
ザルトプロフェン
スリンダク
セレコックス?
ハイペン?
ソレトン?
クリノリル?
7
7
9
18
1日2回
1日2回
1日2回
1日2回
長時間型 ナブメトン
メロキシカム
レリフェン?
モービック?
21
28
1日1回
1日1回

NSAIDsの血中半減期による分類
NSAIDsの剤型と特徴

剤型 特徴 (例)商品名
経口剤

?放剤 効果持続 ボルタレンSR?カプセルなど
プロドラック 胃腸障害軽減 ロキソニン?錠
クリノリル?錠など
坐剤 即効性、胃腸障害軽減 ボルタレン?坐剤
インドメタシン?坐剤など
注射剤 病変部位での作用増強 ロピオン?注など

経皮吸収剤
軟膏剤(クリーム、ゲル剤含む)

全身性の副作用軽減
マッサージ効果
ボルタレン?ゲル
インテバン?クリームなど
貼付剤 全身性の副作用軽減
皮膚のかぶれ、光線過敏症
モーラス?テープ
アドフィード?など
外用液剤 全身性の副作用軽減 インテバン?外用液など
NSAIDs

臨床緩和医療薬学:真興交易(株)医書出版部,94-105,2008 一部改変

的場元弘:がん疼痛治療のレシピ, 2007, pp.20-31,春秋社 一部改変

? アリール酢酸系(インドール酢酸系)
? インテバンSPカプセル25mg、坐剤25、50mg(インドメタシン)
・インドメタシンは作用が強いが、COX1阻害作用が強く胃腸障害が多いといわれている

・インテバンSPは吸収の個体差が?なく、安定した薬効が期待できる

・ボルタレン坐剤に比べるとインテバン坐剤は作用時間が長い。直腸刺激作用が?なく、室温でも安定

? ポンタールカプセル250mg 、シロップ32.5mg/ml (メフェナム酸)

・比較的強い鎮痛作用を有する

・シロップ剤は適度の甘味とレモン味で飲みやすい(D-ソルビトール0.21g/ml、白糖0.1g/ml含有)

? アントラニル酢酸系
? ボルタレン錠25mg、SRカプセル37.5mg、坐剤25、50mg (ジクロフェナクナトリウム)
・他のNASAIDsと比べて強力な消炎、鎮痛、解熱作用を期待できる

・胃部?快感や消化管出血の頻度が比較的高い

? アリール酢酸系(フェニル酢酸系)
? クリノリル錠100mg(スリンダク)

・強力な消炎、鎮痛、解熱作用である

・プロドラックのため胃腸障害が?なく、重症の肝障害では効果が減弱するといわれている

・腎組織において再度非活性型に変換されるため、腎機能障害が?ないとされている

・腸肝循環を有するため、小腸潰瘍に注意が必要である
NSAIDs
? ロピオン注50mg(フルルビプロフェンアキセチル)

・プロドラックでリポ化製剤

・鎮痛効果の発現は平均20分と速やかである
? プロピオン酸系
? ソレトン錠80mg(ザルトプロフェン)

・消化管障害が?ないといわれている
? ロキソニン錠60mg(ロキソプロフェン)

・プロドラックのため胃腸障害が?なく、重症の肝障害では効果が減弱するといわれている

・血中濃度の立ち上がりが早いとされている
? ブルフェン錠100mg(イブプロフェン)

・スイッチOTC薬

・常用量では鎮痛作用のみで、抗炎症作用は弱い
? ハイペン錠200mg(エトドラク)

・消炎、鎮痛、解熱作用のバランスが良い

・COX2選択性が高い

・がん疼痛に十分な効果を得るために投不量の調節が必要(海外での常用量は日本の1.5〜2倍以上)

・胃腸障害や腎機能障害は一般的なNSAIDsより?ない。継続投不の場合には、定期的な注意が必要
? アリール酢酸系(ピラノ酢酸系)

臨床緩和医療薬学:真興交易(株)医書出版部,94-105,2008 一部改変

的場元弘:がん疼痛治療のレシピ, 2007, pp.20-31,春秋社 一部改変
NSAIDs
? モービック錠10mg(メロキシカム)

・消炎、鎮痛、解熱作用の強力である

・半減期が28時間と長いため、高齢者や腎・肝機能障害患者の投不には注意が必要

・胃腸障害や腎機能障害は一般的なNSAIDsより?ない。継続投不の場合には、定期的な注意が必要
? オキシカム系
? ロルカム錠4r(ロルノキシカム)

・他のオキシカム系と比べて血中濃度の速やかな立ち上がり、代謝が早いため蓄積性が?ない
(Tmax:0.5時間、 T1/2:2.5時間)
? 塩基性
? セレコックス錠100mg(セレコキシブ)

・COX2選択的阻害薬。 外国においてCOX2選択的阻害薬の投不により、心血管系血栓塞栓性事象のリスク増大させる可能性があるといわれている

・空腹時:吸収30%低下
? ソランタール錠100r(チアラミド)

・塩基性消炎鎮痛剤

・プロスタグランジン系には作用しないため、作用は弱いが副作用も?ない
? コキシブ系

臨床緩和医療薬学:真興交易(株)医書出版部,94-105,2008 一部改変

的場元弘:がん疼痛治療のレシピ, 2007, pp.20-31,春秋社 一部改変


アセトアミノフェン
?アセトアミノフェン
ピリナジン散、コカール錠(200r)

・国内でも国際的な標準用量が投不可能となった
1回300〜1,000mg、投不間隔:4〜6時間以上、1日総量として4,000mgまで

・アラキドン酸からプロスタグランジンを産生する経路の律速酵素であるCOXを阻害することにより解熱鎮痛作用を生じる(抗炎症作用はない)

・投不後、ほぼ完全に吸収され血漿濃度は30〜60分でピークに達する

・治療上有効な血中濃度:5〜20μg/ml

・過剰量となり活性代謝産物(NAPQI)の解毒にかかわるグルタチオン抱合能力が限界に達すると、NAPQIが蓄積し、肝細胞構成蛋白と共有結合して肝細胞障害が惹起される (NAPQI:N-アセチル-p-ベンゾキノンイミン)

・服用後の血中濃度4時間値:200μg/ml、12時間値:50μg/mlを越すと約60%に高度の肝障害を生じる

臨床緩和医療薬学:真興交易(株)医書出版部,106〜110,2008 一部改変.
posted by arena8order at 02:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。