2015年02月26日

バラッド(英語:ballad)

Image.jpg

バラッド - Wikipedia
http://p215.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0226eDp7fK5x6QxA/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2583%2590%25E3%2583%25A9%25E3%2583%2583%25E3%2583%2589&_jig_keyword_=%83o%83%89%83b%83g&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3D%2583o%2583%2589%2583b%2583g%26fr%3Dm_top_y&_jig_source_=srch&guid=on



バラッド


バラッド「2羽のカラス」(アーサー・ラッカムのイラスト)


バラッド(英語:ballad)は、物語や寓意のある歌のことであり、通常は詩の語りや、語るような曲調を含む。

過去の出来事についての韻文による歴史物語であり、武勇伝やロマンス・社会諷刺・政治がテーマとなるが、バラッドの内容はほとんど必然的に破局が訪れる。

バラッドを、14〜15世紀フランスの詩形と、それに由来する音楽形式である「バラード」と混同したり、取り違えたりしてはならない。

本来は、旋律つきか、旋律を交えて語られる口承説話がバラッドと呼ばれるべきであるのだが、時代が下るにつれて、その構成に倣って作られた悲劇的(あるいは悲喜劇的)な内容を含んだ物語詩や、それに語るような旋律を当てはめた歌曲をバラッドと呼ぶようになった。

この意味においては、バラッドをバラードと混用する例も珍しくない。

代表的な例として、ゲーテ原作・シューベルト作曲の《魔王》や、ビートルズの《ロッキー・ラクーン》が挙げられる。

ただし、ドイツ語やフランス語ではバラッドもバラードも同じ"Ballade"という単語で表されるなど、英語以外の印欧語では単語上区別されていないことが多いので、シューベルトの歌曲のような英語圏以外の作品については一概に「混用」とは言い切れない。


特徴など[編集]

バラッドには、以下のようないくつかの特徴がある。

物語が詠み込まれている。物語の語り手として、第三者が登場する(主人公の独白ということもある)。

登場人物の性格や独白よりも、動作や会話が強調される。

押韻も構文も単純である。

反復句(リピート、リフレイン)が使われ、民謡や伝統音楽に近い。

歌われる旋律は調的というより旋法的である。

基本的に口承文化である。そのため、作者不詳であり、時代ごとや伝播した地域ごとに、寓話の内容や旋律に違いが生じる。

テーマは、口頭によっては示されない。

事実や史実に基づく例も少なくない。

詩の結びに、倫理的なオチがつくことがある。


バラッドには、以下のような種類がある。

ブロードサイド・バラッズ:

かわら版と同じ判型に出版されて流行したバラッドのこと。

17世紀イングランドに源流があり、アメリカ民謡の祖型になったと見なされている。

トマス・レイヴンズクロフトが作曲・編集した曲集が有名。


人殺しのバラッド(マーダー・バラッズ):

ブロードサイド・バラッズのうち、殺人者がおのが罪をひとりごちるという体裁をとったもの。

最後に主人公が収監されたり、処刑されておしまいになる。


境界地方のバラッド(ボーダー・バラッズ):

民謡に由来するバラッドの1つで、イングランドとスコットランドの国境地方に伝わる。

略奪者やならず者、国境地方の歴史が題材になる。


文学的バラッド:

ロマン主義の時代に民謡や民族という概念が再発見される中から成立した物語詩。

ショパンやブラームスらによる器楽曲の「バラード」は、語るような抑揚をもつ曲調や、並列的な楽曲構成において、バラッドの構成が意識されている。

ワーグナーの《さまよえるオランダ人》における「ゼンタのバラード」やヴェルディの《オテロ》における「デズデモナの古い歌」の歌詞も、文学的バラッドの一種である。


バラッド・オペラ:

大衆的な諷刺詩に民謡を当てはめ、ことさら卑近な題材を扱い、当時の社交界におけるオペラの隆盛を茶化したもの(17〜18世紀のオペラは、古代の神話や悲劇に曲付けするのが普通で、そうでないものは幕間劇と呼ばれた)。

この分野の代表作に《]ジキオペラ》が挙げられる。


20世紀にブレヒトによって(《三文オペラ》を端緒として)再創造され、ワーグナーの楽劇への当てこすりとされた。

バラッドに由来する有名な英語圏の民謡に、以下のものがある。

スカボロー・フェア

バーバラ・アレン

シェナンドー

三羽のカラス

The Ballad of Chevy Chase

歌詞がロビンフッドに関係するもの

朝日のあたる家(1930年代〜40年代に民俗音楽学者によって再発見されて有名になった)

イーグルスのヒット曲「ホテル・カリフォルニア」の歌詞は、バラッドの体裁をとっている。

レッド・ツェッペリンの天国への階段など、英国のロックバンドの曲には、バラッドの伝統を踏まえたと思われるものが多く見られる。

ジェネシスやキング・クリムゾンなどにもその影響が見て取れる。


関連項目[編集]

フランシス・ジェームズ・チャイルド

チャイルド・バラッド Child Ballads


外部リンク[編集]

http://www.childballads.com/

日本バラッド協会

英国バラッド詩アーカイブ

魅惑の物語世界 -やまなか・みつよしのバラッド・トーク-

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=バラッド&oldid=52571904」から取得

カテゴリ:
詩のジャンル
物語詩
口承
音楽のジャンル
歌曲
民謡
posted by arena8order at 15:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

胃拡張…げっぷが出たり、頭痛、眩暈、身体がだるい、腰痛…

stepb_2.jpg

胃拡張 - Wikipedia
http://p202.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/02134wu7yoEmhzeS/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E8%2583%2583%25E6%258B%25A1%25E5%25BC%25B5&_jig_keyword_=%88%DD%8Ag%92%A3&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2588%25DD%258Ag%2592%25A3%26b%3D21%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on

急性胃拡張 | ピロリ菌事典
http://p219.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0213jD8saw3OEMwA/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.pirorikin.com%2Fcat1%2Fpost_12.html&_jig_keyword_=%88%DD%8Ag%92%A3&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2588%25DD%258Ag%2592%25A3%26b%3D1%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on



胃拡張


胃拡張(いかくちょう)とは、癌や潰瘍の瘢痕などのために幽門部が狭窄して、胃の内容部が先に進まないために起こってくる病気である。

胃拡張とは一般的には大食の事を言うが、大食したからと言って別に胃拡張になるわけではない[1]。


症状[編集]

胃拡張の自覚症状として腹部が張ったり、げっぷが出たり、軽い頭痛、眩暈、身体がだるくなる、腰痛などがある[2]。

特に嘔吐が自覚症状としては顕著で、嘔吐物の量も大量で前日あるいはそれ以前に食べたものが混じっている場合もある[1]。


診断・治療[編集]

胃拡張の診断はレントゲン検査によって確実な診断を下す事になる。

機能的な幽門痙攣などによって起こる胃拡張は、薬物で治療する事ができる。

しかし器質的な癌や瘢痕などによる幽門狭窄が原因になっているものは、手術をする事により治癒を目指す事になる。

また、胃筋肉の突然の麻痺によって起こる急性胃拡張が開腹手術や麻酔後に起こる事があり、この場合には外科医の診察を受ける必要がある[1]。


脚注[編集]

註釈[編集]

出典[編集]

^a b c 『ホーム・ドクター、家庭の医学』小学館、1964年、p.433

^ 『ホーム・ドクター、家庭の医学』小学館、1964年、p.129


参考文献[編集]

『ホーム・ドクター、家庭の医学』小学館、1964年

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=胃拡張&oldid=54315864」から取得

カテゴリ:
病気
消化器



急性胃拡張


胃が拡張して食べ物が消化できない

急性胃拡張は胃に内容物が停滞して、急性的に胃の容積が拡大する病気です。

食事後にお腹が張る膨満感にも用いられることがありますが、膨満感は正式な急性胃拡張とは言えません。

通常、私たちの体内では口から肛門に食べ物を送り出すように動いていますが、急性胃拡張になると胃の筋肉の動きが麻痺してしまい、胃が膨らんだ状態になります。

その結果、胃の中の食べ物を腸に押し出すことができずに、胃の中に食べ物が溜まってしまう極めて危険な状態です。

腸に流れていたものが胃に逆流してくることさえあります。

症状は「腹部膨満感、嘔吐、脱水によるショック症状」です。

うまく消化と吸収ができず、体内に残留するため、嘔吐も頻発に少しずつ溢れるようになり、容易には止まりません。

緑褐色の液体を大量に吐き出し、時間が経つと黒褐色のものを吐きます。

このように色が変わるほどに達すると、水分と電解質を大量に失っているために、無欲状態や痙攣などが起こります。

急性胃拡張を放置するとさらに胃が巨大化して、他の臓器を圧迫したり、呼吸ができなくなったりします。

ちなみにピロリ菌の感染が原因で、急性胃拡張になる報告はありません。

ピロリ菌は主に胃壁が損傷して、一定レベルの吐き気や炎症が起こるので、急性胃拡張のような激しさはないです。


過去は死亡率が高かった急性胃拡張

腹部のレントゲン検査をすることで、拡張した胃のガス像を簡単に確認することができますし、負担が少ない腹部超音波検査でも拡張した胃がわかります。

急性胃拡張は原因を見つけることが治療につながるため、血液検査、尿検査、胃内視鏡検査も実施されます。

急性胃拡張は胃癌などのために食物やガスの停留が起こることが多いですし、肺炎や急性伝染病などの重症感染症、脊髄損傷や腹部外傷、腹部のギプス包帯固定後でも発症します。

急性胃拡張の症状が激しい場合は、即時に胃の中に溜まっている内容物をチューブで吸引し、外に出してあげます。

さらに体内で不足してしまった電解質の補整、タンパク質の補給、血糖のコントロールも同時に行います。

処置後は禁食で胃腸を安静にして、点滴で経過を見ます。

以前は急性胃拡張による死亡率が60〜70%に達していましたが、現在では病気の発見が早く、適切な治療が行われるとほとんど治癒します。

いずれの場合でも急性胃拡張の治療ではなく、原因疾患に対しての治療を優先とします。
posted by arena8order at 07:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

パンチドランカー Dementia Pugilistica

Image~009.jpg

パンチドランカー - Wikipedia
http://p201.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0212JBPUzJEBDHUK/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2583%2591%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2581%25E3%2583%2589%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25BC&_jig_keyword_=%83p%83%93%83%60%83h%83%89%83%93%83J%81%5B&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3D%2583p%2583%2593%2583%2560%2583h%2583%2589%2583%2593%2583J%2581%255B%26fr%3Dm_top_y&_jig_source_=srch&guid=on



パンチドランカー(Dementia Pugilistica、DPと略す)とは頭部への衝撃から生じる脳震盪を起因とする神経変性疾患及び認知症に似た症状を持つ進行性の脳障害疾患のこと。

また、そのような状態にある人間を指す。

ボクサーに多く見られる疾患であること、最初に見つかった発症者がボクサーだったことから、慢性ボクサー脳症(chronic boxer's encephalopathy)、外傷性ボクサー脳症(traumatic boxer’s encephalopathy)、拳闘家痴呆(boxer's dementia)、慢性ボクシング外傷性脳損傷(chronic traumatic brain injury associated with boxing 、CTBI-Bと略す)、パンチドランク症候群(punch-drunk syndrome)などの別称がある。

最近の研究でボクサーだけでなくアメリカンフットボールやアイスホッケー、プロレスリングなど繰り返し頭部へ衝撃を受けることのあるコンタクトスポーツのアスリートにも発症することが分かり、慢性外傷性脳症(Chronic traumatic encephalopathy、CTEと略す)と呼ばれるのが一般的になっている。

認知症や神経変性疾患とは脳内で実際に起こるメカニズムが違い、頭部(脳)への衝撃による外傷が発症の起因となるなど異なる疾患であるが、症状が似ている事に加え、死後に脳を解剖することによってしか最終的な診断ができないことから、これらの疾患と混同されることが非常に多い。

ボクシングをはじめてから平均して15年後ぐらいに発症する選手が多く、ボクサーの約20%が患っていると言われている[1]。

要因[編集]

頭部に強い衝撃を繰り返し受けることがパンチドランカーの危険因子になると一般的には考えられているが、頭部に衝撃を繰り返し受けている全てのアスリートが発症しているわけでは無く、2005年ごろから本格的な研究が始まったばかりの疾患ということもあり詳しいことはまだ判明しておらず、遺伝の可能性や被曝の程度など様々な研究調査が続けられている。

格闘技におけるダウンは、いわゆる脳震盪が最大の要因である。

「震盪」とは、激しく揺り動かす・激しく揺れ動く、という意味で、脳震盪とは脳が頭蓋内で強く揺さぶられることを指す。

脳震盪により、大脳表面と大脳辺縁系および脳幹部を結ぶ神経の軸が広い範囲で切断などの損傷を受けることで、ダウンが起こる。

ボクシングは他の格闘技と比べて頭部へダメージが集中するためパンチドランカーに陥り易いと言われていおり、データでもその傾向が見られる。

ボクシングは攻撃が許されている範囲が頭部と胴体に限定されており、ルール的に頭部へダメージが集中しやすい構造となっている。

また特にプロボクシングは勝利のために相手をノックアウトすることを狙う格闘技であり、興行という観点からも派手なノックアウト勝利を至上とする風潮が根強いため、ノックアウトを奪いやすい頭部への打撃が多くなり、頭部のダメージの蓄積が他の格闘技よりも多くなっている。

ボクシング、空手、キックボクシング(K-1)、総合格闘技、プロレスなどの格闘技選手に限らず、競技中に激しい衝突が起きるラグビー、アメリカンフットボールなどの選手、落馬事故によって頭部への受傷を経験した競馬の騎手、またスポーツ選手以外にも、爆風で飛ばされた兵士、家庭内暴力の被害者、ヘッドバンギングの経験者などにもパンチドランカーの症状が見られることがある。


症状[編集]

具体的な症状は以下の通りであるが、同様に脳の器質的障害に起因する認知症の症状などにも類似した各種障害や人格変化が現れることが往々にある。

頭痛・痺れ・身体の震え・どもり・バランス感覚の喪失

認知障害(記憶障害・集中力障害・認識障害・遂行機能障害・判断力低下・混乱等)

人格変化(感情易変、暴力・暴言、攻撃性、幼稚、性的羞恥心の低下、多弁性・自発性・活動性の低下、病的嫉妬、被害妄想等)


ボストン医学大学は4段階のステージを設定している[1]。

ステージ1 頭痛

ステージ2 鬱、攻撃性、怒り、短期間の記憶障害

ステージ3 認知障害

ステージ4 本格的な認知症、パーキンソン病(体の震え、歩行障害)

脳内で起こる症状

前頭皮質、側頭皮質及び側頭葉の萎縮から来る、脳重量の減少。

側脳室と第三脳室の膨張がしばしばあり、稀な事例として第四脳室膨張が見られることもある。

青斑核及び黒質の蒼白。

嗅球、視床、乳頭体、脳幹、小脳の萎縮。

さらに病状が進んだ場合海馬、内嗅皮質、扁桃体の著しい萎縮が見られることがある。

選手生活を引退した後、数年経過して発症することが多い。

これらの症状が悪化することによって社会生活だけでなく、日常の生活でさえ著しく困難になる場合もある。


対処法[編集]

パンチドランカーとその症状を避けるためには、周囲の証言を聞き出すことや定期的な脳の検査(脳室拡大および白質の瀰漫性萎縮)を続けることが必要不可欠である。

どんな小さなサインも見過ごさないようにすることが、悪化させない最良の手段である。

近年では、多くの格闘技団体で試合前後の脳の検査を義務付けている。


予防法[編集]

脳への影響は打撃による累計的な損傷量、つまりダメージの蓄積がもっとも警戒すべき点であるとされている。

それゆえ選手・競技者としてのキャリアが豊富かつ長期に渡る者や、激しいファイトを特徴とした選手ほど細心の注意が求められることになる。

最大の予防法は、脳にダメージを与えないことである。

とは言っても、格闘技を行う以上、頭部へ打撃を全く貰わないというのは難しい。

ディフェンス能力を徹底して高めたり、スパーリングでは、全力で顔面を殴らない。

ヘッドギアを必ず着用する。

キャリアが長期になるほど危険であるので、引退の時期を誤らないように注意することも重要である。


研究[編集]

数多くのNFLスター選手を筆頭に、NHL選手、プロレスラー、MLS選手、ボクサーのミッキー・ウォードなどが死後、CTE研究のために脳を提供することを表明している。


CTEと診断された事例[編集]

現在のところ、技術的側面から生きている間の診断は不可能で、死後に脳を解剖することでしか最終的な診断ができない。


アメリカンフットボール[編集]

2005年にはじめてアメリカンフットボール選手の脳からCTEが発見される。

CTEと診断された最も若いアメリカンフットボール経験者は17歳[2]。

2013年1月までにアマチュアを含むアメリカンフットボール経験者50人の脳からCTEが確認されており、そのうち33人が元NFL選手[3]。

2013年4月9日には約4200人の元NFL選手が脳震盪の危険性を隠していたとしてNFLを告訴している[4]。


アイスホッケー[編集]

2009年にはじめてアイスホッケーの選手の脳からCTEが発見される。

他に有名選手を含んだ数人のNHL選手がCTEと診断されている。


プロレスリング[編集]

2007年、妻と子供を殺して自殺したWWEのプロレスラー、クリス・ベノワの脳からCTEが発見される。

2009年、アンドリュー・マーチンの脳からCTEが発見される。


疾患の疑いがある選手[編集]

モハメド・アリ(ボクシング) パーキンソン症候群、体の震えや筋硬直、喋りと動作の緩慢を特徴とする神経変性疾患[5]。

シュガー・レイ・ロビンソン(ボクシング) アルツハイマー病[6]。

高橋ナオト(ボクシング) 著書「ボクシング中毒者」で告白。自転車で真っ直ぐ進むことが出来ず電柱にぶつかる、手の震えを抑えきれずにラーメンの汁をこぼしてしまう。

たこ八郎(ボクシング) 引退の原因となった。一時期二桁以上の文字すら記憶できなかった程の記憶障害や寝小便等の排泄障害にも悩まされたという。

佐竹雅昭(空手) - 著書「まっすぐに蹴る」で、日常生活も困難になっていたことを告白した。

前田宏行(ボクシング) 自らのブログで告白し、引退することを明言。

フロイド・パターソン(ボクシング) アルツハイマー病、妻の名前を覚えられないほどの記憶障害が原因でアスレチックコミッションを辞任[7]。

ゲーリー・グッドリッジ(K-1) - 告白し、引退。自身の発言によると軽い認知障害があるとしている。

ウィルフレド・ベニテス(ボクシング) 心神喪失状態。

ジェリー・クォーリー(ボクシング) アルツハイマー病、認知症、1983年にCTスキャン撮影で脳萎縮を確認、引退後、食事と着替えに介護者が必要となる。

マイク・クォーリー(ボクシング)

ジミー・エリス(ボクシング) アルツハイマー病、晩年は既に亡くなっていた妻をまだ生きていると思い込んでいた。

エミール・グリフィス(ボクシング) 晩年は全面的な介護が必要となった。

メルドリック・テーラー(ボクシング) テレビのインタビューで酷く吃った喋り方で話す。医学的理由でボクシングライセンスの交付を拒否される[8]。

ジミー・ヤング(ボクシング) 麻薬関連の裁判で慢性外傷性脳損傷であると弁護士が弁明した。

ボウ・ジャック(ボクシング) 重度の認知症。椅子に座りなにもない空中にひたすらパンチを繰り出していた。

アーニー・テレル(ボクシング) 認知症。

ウィリー・ペップ(ボクシング)

ボビー・チャコン(ボクシング)

レオン・スピンクス(ボクシング) 認知症。

フレディ・ローチ(ボクシング) パーキンソン病。


フィクションでの使用例[編集]

ロッキー5- シルヴェスター・スタローン

あしたのジョー-矢吹丈、カーロス・リベラ

はじめの一歩-猫田銀八、ラクーン・ボーイ

がんばれ元気- 海道卓

ボーイズ・オン・ザ・ラン- 鈴木

喧嘩商売- マイルズ・バンバー

仮面ライダーオーズ/OOO- 岡村一樹

あいくるしい- 中川竜一

天上天下唯我独尊- 安岡条二


脚注[編集]

^a b “Chronic Traumatic Encephalopathy (Brain Damage)”. BOXING.com (2013年2月17日).2013年6月26日閲覧。

^ “Brain bank examines athletes' hard hits”. CNN.com (2012年1月27日).2013年6月26日閲覧。

^ “故ジュニア・セーアウの脳に慢性外傷性脳症確認”. アメフトNewsJapan (2013年1月10日).2013年6月26日閲覧。

^ “引退選手4,000人超参加の脳震とう訴訟、聴聞会開催”. アメフトNewsJapan (2013年4月9日).2013年6月26日閲覧。

^ “He is simply ... The Greatest”. ESPN.com (2013--).2013年6月26日閲覧。

^ “Bittersweet Twilight For Sugar”. SI.com (1987年7月13日).2013年6月26日閲覧。

^ “Can medical technology save boxers from brain death?”. SALON.com (1999年5月1日).2013年6月26日閲覧。

^ “Quitting Time”. SI.com (2002年6月3日).2013年6月26日閲覧。


関連項目[編集]

ボクシング

リング禍

マニュエル・ベラスケス

認知症

アルツハイマー型認知症

パーキンソン病-モハメド・アリやフレディ・ローチが罹患しているが、脳のダメージ蓄積が発症の直接の原因であるのかは不明。


スポーツ障害

頭・脳の障害
脳挫傷-脳震盪-パンチドランカー

首の障害
外傷性頸部症候群-バーナー症候群

肩の障害
ベネット損傷-SLAP損傷-野球肩(三角筋炎-腱板炎-リトルリーガーズショルダー) -水泳肩-テニス肩-ゴルフ肩-バレーボール肩-バドミントン肩-投擲肩

上腕の障害
上腕二頭筋長頭腱炎

肘の障害
離断性骨軟骨炎-野球肘-テニス肘-ゴルフ肘-水泳肘-岩登り肘-バドミントン肘-卓球肘-投擲肘

前腕の障害
コーレス骨折-ボウリング腕

手の障害
腱鞘炎(ド・ケルバン病) -キーンベック病-TFCC損傷

腰の障害
腰椎分離症-腰椎すべり症-椎間板ヘルニア-梨状筋症候群-筋筋膜性腰痛-卓球腰-サーフィン腰-スノーボード腰-サイクリング腰-スキー腰

大腿の障害
大腿骨頭すべり症-筋断裂-肉離れ

膝の障害
離断性骨軟骨炎-ランナー膝(オスグッド・シュラッター病-腸脛靭帯炎-棚障害-鵞足炎) -ジャンパー膝-サッカー膝-平泳ぎ膝-バレーボール膝-バスケットボール膝-テニス膝-ジョギング膝-ウォーキング膝-サーフィン膝-スノーボード膝-卓球膝-スキー膝-膝蓋骨脱臼-半月板損傷-靭帯損傷(外側側副靭帯損傷-内側側副靭帯損傷-前十字靭帯損傷-後十字靭帯損傷) -関節軟骨損傷

下腿の障害
シンスプリント-コンパートメント症候群-アキレス腱炎(アキレス腱周囲炎-アキレス腱滑液包炎) -アキレス腱断裂

足の障害
フットボール足-サッカー足-フットサル足-サイクリング足-スケート足-テニス足-足底筋膜炎-踵骨骨端症-捻挫-モートン病

その他の障害
疲労骨折-筋痙攣-イップス-ハンガーノック

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=パンチドランカー&oldid=53919357」から取得

カテゴリ:
脳神経疾患
神経変性疾患
ボクシング用語
スポーツ障害
パーキンソン病
posted by arena8order at 15:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。