2014年10月15日

株式会社 千秋庵総本家は、北海道函館市にある和菓子店。

20140216_2020965.jpgImage~001.jpg
#山親爺

千秋庵総本家 - Wikipedia
http://p218.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1015p10Vk7yC59sS/x?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E5%258D%2583%25E7%25A7%258B%25E5%25BA%25B5%25E7%25B7%258F%25E6%259C%25AC%25E5%25AE%25B6&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=%90%E7%8FH%88%C1%20%8ER%90e%96%EA&_jig_xargs_=SKeywords%3Djmobv%2520%2590%25E7%258FH%2588%25C1%2520%258ER%2590e%2596%25EA&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3D%2590%25E7%258FH%2588%25C1%2B%258ER%2590e%2596%25EA%26fr%3Dm_top_y&guid=on


♪出てきた出てきた山親爺、笹の葉かついで鮭しょって、スキーにのった山親爺

千秋庵の山親爺、今日のおやつは山親爺、千秋庵の山親爺♪



千秋庵総本家


株式会社千秋庵総本家(せんしゅうあんそうほんけ)は、北海道函館市にある和菓子店。

1860年創業。


概要[編集]

屋号の由来は、創業者の故郷が秋田県の出身からという説が有力である。

函館市内に数店舗を構える地元密着型の和菓子店である。

この店からのれん分けしたいくつかの和菓子店は、その後、著名になったため、函館の千秋庵は「総本家」を名乗っている。

北海道の製菓メーカー札幌千秋庵製菓・六花亭も、歴史を辿ると千秋庵総本家にたどり着く。


千秋庵系和菓子店の系譜[編集]

千秋庵(現:千秋庵総本家) - 1860年創業。

小樽千秋庵 -1894年創業⇒1995年に廃業。

札幌千秋庵 -1921年創業。小樽からの分店。現在の千秋庵製菓。

帯広千秋庵 -1933年創業。札幌からの分店。現在の六花亭。

旭川千秋庵 -1919年創業⇒2008年9月に廃業。

釧路千秋庵 -1934年創業⇒1990年に札幌千秋庵と合併して廃業。


関連項目[編集]

札幌千秋庵製菓

六花亭


外部リンク[編集]

千秋庵総本家

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=千秋庵総本家&oldid=35757786」から取得

カテゴリ:
日本の製菓業者
函館市の企業
老舗企業 (江戸時代創業)



札幌千秋庵製菓 - Wikipedia
http://p218.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1015p10Vk7yC59sS/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E6%259C%25AD%25E5%25B9%258C%25E5%258D%2583%25E7%25A7%258B%25E5%25BA%25B5%25E8%25A3%25BD%25E8%258F%2593&_jig_keyword_=%90%E7%8FH%88%C1%20%8ER%90e%96%EA&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3D%2590%25E7%258FH%2588%25C1%2B%258ER%2590e%2596%25EA%26fr%3Dm_top_y&_jig_source_=srch&guid=on



札幌千秋庵製菓


千秋庵製菓株式会社
Sapporo Senshuan Inc.

種類 株式会社
本社所在地 日本
〒060-0063
北海道札幌市中央区南3条西3丁目17番地
設立 1921年
業種 食料品
事業内容 和菓子、洋菓子、冷菓類の製造・販売ほか
代表者 岡部卓司(代表取締役会長)
岡部一衛(代表取締役社長)
資本金 1億1600万円

外部リンク 千秋庵製菓株式会社

千秋庵あけぼの店(北海道札幌市手稲区)

千秋庵製菓株式会社(せんしゅうあんせいか)は、北海道札幌市中央区に本社を置く菓子メーカー。

通称名は、札幌千秋庵(さっぽろせんしゅうあん)、千秋庵。


概要[編集]

菓子店の屋号は、「千秋庵」。

主力商品は、山親爺、ノースマンであり、札幌の銘菓でもある。

現在、北海道内で47店舗(チェーン店、デパート店、売店を含む)を有する。

また、インターネット通販も行う。

また、本店内には水が湧いており、無料で飲むことができるようになっている。


歴史[編集]

創業は1921年(大正10年)、札幌で最も繁華な駅前通りと狸小路の交差点に開店、年間400余種類の和洋菓子を製造している。

千秋庵という由来は、当初、1860年に函館で開店した現在の千秋庵総本家が源流。

名称は、初代の故郷が秋田県秋田市という説が有力である。ここから数店の支店が出た。

1894年出店の小樽千秋庵(1995年廃業)で修行した岡部式二が1921年に開業したものが札幌千秋庵である。

つまり、札幌千秋庵は暖簾分けの暖簾分けということになる。

本舗である函館市の「千秋庵総本家」、以前あった「帯広千秋庵」(現在の六花亭)、「小樽千秋庵」、「釧路千秋庵」(1990年頃に札幌千秋庵と合併)、「旭川千秋庵」(2008年廃業)と区別するため、当初の屋号である「札幌千秋庵」のほうが通りがよい。

なお、道内主要都市の店舗は帯広市と函館市以外に出店。

以前は本社のほかに札幌市厚別区にも工場があったが、リストラで2005年に廃止、敷地もマンション道内大手のクリーンリバーに売却されている。


社員教育[編集]

同社は製造部所属の社員を対象とした全国初のパン・菓子科の認定職業訓練による職業能力開発短期大学校を開設している。

千秋庵製菓高等職業訓練校 1970年(昭和45年)開設

千秋庵製菓短期大学校 1987年(昭和62年)開校

この短期大学校では、和菓子の伝統的技術の継承、諸外国との技術交流、コンピューター、バイオテクノロジーといった最先端技術の学習を目標としており、定員10名、修業年限2年で製造原理からデザイン、販売基礎知識を学び、修業後は技能照査に合格すれば技能士補が得られ、技能検定2級(菓子製造職種)の受検資格が付与される。


主な製品[編集]

山親爺(やまおやじ)

北海道産の素材を使用し、香ばしく焼きあげたバター風味の煎餅。

山親爺にはキャラクターがあり、スキーに乗り、笹にサケを刺したものを担いだヒグマが描かれる。

また、同社の看板テレビCMでもあった。

2014年現在、毎週土曜午前9時25分のHBC天気予報枠で放映されている。


ノースマン

道産の小豆餡をパイ生地に包んで焼きあげたもの。


メダルチョコ(金、銀、銅)

メダル型に成型し、各色のアルミ箔で包んだミルクチョコレート。

当時のオリンピックメダル(札幌オリンピック)がモチーフ。

など


店舗がある市町村[編集]

札幌市

岩見沢市(ダイエー岩見沢店内他1店)

小樽市(マックスバリュ手宮店内)

旭川市(旭川西武内)

室蘭市(ホテルサンルート内)

苫小牧市

新ひだか町(イオン北海道ポスフール静内店内)

北見市(イオン北海道ポスフール北見店内)

釧路市(イオン北海道ジャスコ釧路店内他1店)


関連項目[編集]

千秋庵総本家

六花亭


外部リンク[編集]

千秋庵製菓株式会社

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=札幌千秋庵製菓&oldid=51597010」から取得

カテゴリ:
日本の製菓業者
札幌市中央区の企業
1921年設立の企業
posted by arena8order at 20:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。