2014年10月11日

膀胱炎(cystitis)は、膀胱に起こる炎症である。

p01.jpgcystitis_002.jpg
#ккк #ррр #磁歪素子 #添加物 #咳 #喘息 #肺炎 #呼吸困難 #不全 #電解質代謝


#膀胱炎 - Wikipedia
http://p215.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1011uJFHlKZpxDMO/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E8%2586%2580%25E8%2583%25B1%25E7%2582%258E&_jig_keyword_=%E4N%E3%F7%89%8A&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%25E4N%25E3%25F7%2589%258A%26b%3D1%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on



膀胱炎


分類及び外部参照情報
ICD-10 N30
ICD-9 595
DiseasesDB 29445
MeSH D003556


膀胱炎(ぼうこうえん,英 cystitis)は、膀胱に起こる炎症である。

急性膀胱炎と慢性膀胱炎がある。

急性膀胱炎は細菌性の感染症である。

慢性膀胱炎は、急性膀胱炎の慢性化のほか、非細菌性慢性膀胱炎もある(間質性膀胱炎も最近話題となっている)。

なお、糖尿病などの合併症に膀胱炎を起こすこともあるが、それらは主に細菌性である。


診断[編集]

女性に多く、男性では比較的少ない。

発熱を伴わないことが多い。

発熱を伴っているときには、実質臓器の炎症、特に腎盂腎炎まで感染が拡がっている可能性がある。

排尿時痛、頻尿、肉眼的血尿のいずれかがあれば、ほぼ50%の確率で急性尿路感染症と診断される[1]。


検査としては

検尿

尿沈渣

尿培養

などがある。


治療[編集]

多くは細菌感染症である。

原因となる細菌がはっきりしていれば、感受性や薬剤の組織移行性を考え処方を行う。

原因菌がはっきりしない段階で処方を行う際には

ST合剤

ニューキノロン系

セフェム系

などを用いる。


性感染症も合併が疑われるときには

テトラサイクリン系

マクロライド系

も使われることが多い。


引用[編集]

^ Bent et al. JAMA 287:2701-2710,2002


関連項目[編集]

出血性膀胱炎


腎・泌尿器系の疾患

疾患


糸球体病変

急性糸球体腎炎|IgA腎症|急速進行性糸球体腎炎|慢性糸球体腎炎


ネフローゼ症候群


原発性

微小変化群|巣状糸球体硬化症|膜性腎症|膜性増殖性糸球体腎炎


遺伝性腎炎

アルポート症候群|良性家族性血尿


尿細管機能障害

ファンコニ症候群|バーター症候群|ギッテルマン症候群|リドル症候群|尿細管性アシドーシス|腎性糖尿|尿細管間質性腎炎


続発性腎障害


膠原病

全身性エリテマトーデス|全身性強皮症|シェーグレン症候群


糖尿病性腎症|痛風腎|クリオグロブリン血症|アミロイドーシス|溶血性尿毒症症候群


腎循環障害

腎血管性高血圧症|腎梗塞|クルミ割り現象


泌尿器疾患


機能障害

膀胱尿管逆流|神経因性膀胱|水腎症|


先天異常

多発性嚢胞腎(常染色体優性多発性嚢胞腎|常染色体劣性多発性嚢胞腎) |尿管異所開口|重複腎盂尿管|ポッター症候群


感染症

腎盂腎炎|腎膿瘍|膀胱炎|腎結核


尿路結石

膀胱結石


腫瘍

腎細胞癌|腎盂腫瘍|尿管腫瘍|前立腺肥大症|前立腺癌|精巣腫瘍|陰茎癌|腎芽腫


病態・症状


腎不全

急性腎不全

急性尿細管壊死


慢性腎臓病

慢性腎不全|尿毒症


尿所見異常

乏尿|無尿|多尿|頻尿|血尿|タンパク尿|尿円柱


尿閉|陰嚢腫大


検査


腎機能検査

糸球体濾過量|クレアチニンクリアランス|ナトリウムクリアランス|尿中ナトリウム排泄率|腎不全指数


腹部X線写真|腎盂造影|レノグラム|腎生検


腎・泌尿器系の正常構造・生理

腎臓

肉眼解剖


尿細管

近位尿細管-ヘンレのループ(下行脚-細い上行脚-太い上行脚) -遠位尿細管-集合管-腎盤( -尿管)


腎循環

腎動脈-傍尿細管毛細血管-輸入細動脈- (糸球体) -輸出細動脈-直細動脈-腎静脈


ゲロタ筋膜


顕微解剖


ネフロン


腎小体


糸球体

毛細血管|糸球体内メサンギウム細胞|ボーマン嚢


傍糸球体装置

緻密斑|傍糸球体細胞|糸球体外メサンギウム細胞


尿細管


生理学

アシドーシスとアルカローシス|膠質浸透圧|糸球体濾過量|腎血漿流量|クレアチニンクリアランス


生化学

バソプレッシン|アルドステロン|心房性ナトリウム利尿ペプチド|エリスロポエチン|レニン-アンジオテンシン系


尿路

肉眼解剖

尿管-膀胱-尿道


顕微解剖

移行上皮


http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=膀胱炎&oldid=49135426」から取得

カテゴリ:
腎泌尿器疾患
posted by arena8order at 07:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。