2014年10月09日

森羅万象…あらゆる現象、宇宙に存在する一切のもの…∽

517Olsu-B2L.jpg
#ккк #伊勢白山道 #宗教 #スピリチュアル…∽


#森羅万象 - Wikipedia
http://p212.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1009ZMN8lnzMUFpI/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E6%25A3%25AE%25E7%25BE%2585%25E4%25B8%2587%25E8%25B1%25A1&_jig_keyword_=%90X%97%85%96%9C%8F%DB&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3D%2590X%2597%2585%2596%259C%258F%25DB%26fr%3Dm_top_y&_jig_source_=srch&guid=on



森羅万象


森羅万象(しんらばんしょう、しんらばんぞう、しんらまんぞう)は、あらゆる現象[1]、宇宙に存在する一切のもの[2]。

「森羅」は樹木が限りなく茂り並ぶことであり、「万象」は万物やあらゆる現象[1]。

なお、「宇宙」はあらゆる存在物を包容する無限の空間と時間の広がり、および宇宙空間を指す[3]。

キリスト教徒であるイエズス会は、「御主デウス森羅万象ヲツクリタマウ」と『日葡辞書』で記した[4](デウスは神、創造主の意)。


四字熟語に由来するもの[編集]

森羅万象 - 作画カメによるリネージュIIの漫画。ケイ、チョコ、エルフ盟主などによる連載ショートストーリー。

森羅万象 -江戸時代の狂歌師、戯作者の森島中良(1754年-1810年)の号の一つ。


脚注[編集]

^a b TABEI Fumio & Taishukan 『大修館 四字熟語辞典』大修館書店、2008年。

^ Shogakukan Inc. 『大辞泉』 しんら‐ばんしょう〔‐バンシヤウ〕【森羅万象】。

^ Shogakukan Inc. 『大辞泉』 う‐ちゅう〔‐チウ〕【宇宙】。

^ Shogakukan Inc. 『大辞泉』 しんら‐まんぞう〔‐マンザウ〕【森羅万象】

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=森羅万象&oldid=50744946」から取得

カテゴリ:
日本語の成句


森羅万象 6:Amazon.co.jp:本
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4766785150/377-8161971-1842413


森羅万象 6((単行本))

伊勢白山道 (著)

商品の説明

内容紹介


あとがきより

今の日本人には、自分に自信をなくしている人が多いのを感じています。

自信がない原因は、他人(外在)との比較を絶えず無意識にしているからです。

しかし、他人を見て基準にする間は、その人はいつまで経っても安心することはないでしょう。

なぜならば、知らないうちに目標にされている他人も、実は安心も満足もしていないからです。

目標とする他人と並び、自分が求めていると思っていた生活を得たところで、そこにはゴールはないのです。

人間が本当に求めるモノは自分の心に在り、今すでに手に入れていることに気づくことが真のゴールです。

そして、どんな環境に在っても自分が 生かされている という崇高な事実に気づくことで、本当の安心に近づくことになります。

人間が死ぬ時は、たった一人で死んでいくのに、なぜか生きている間は他人ばかりを見て気にします。

そして、死ぬ時になって初めて、自分自身に向き「会う」ことになります。

これは心の外に神仏を求める外在神の信仰とも似ています。

とにかく人間は、自分自身を見つめることを避けています。

ここに、すべてのカギが存在します。

自分自身を見つめることは、運気を高める最高の習慣になり得ます。

自分の弱点、嫌なところ、注意するべきこと……などを自分で静観して認識していれば、克服することが可能になるのです。

人間は、自分が認識していないことを改められません。

自分の弱点を静観することができれば、それは弱点ではなくなっていきます。

他人との比較ではなく、自分で自分を納得させていくことが人生の目的だと感じます。

人類が向き「会う」べき相手は、自分自身だったのです。

数千年間の文明の熟成を待って、やっとこの二〇一二年に人類が自分自身と向き会い、内在する神を感じだすことが広がり始めるでしょう。

自然界の変化も、この出会いを促進させるために過去にない現象が起こり始めていると感じます。

今年は、楽しみな記念するべき年となる予感が日々強まっています。

人間は、本当の自分と出会うことで、神人合一のカンナガラとなり、本当の幸福を知ります。

この言葉と共に、自分自身と向き「合って」生きましょう。

生かして頂いて ありがとう御座位ます


平成二四年 節分の前に記す 伊勢 白山道


出版社からのコメント

日常のアタリマエな物事のありがたさに、ただ涙することが人々に起こり始めます

アタリマエな日常は、元の神様からの命懸けのプレゼントだからです


神霊からの「四つの告知」

1アタリマエな日常のことへの感謝を、意識的におこなう人間を増やすこと

2神様を便利屋扱いにせず、願い事よりも、神様に感謝を捧げる人間を増やすこと

3人間は心の外の神様よりも、自分が預かる心にいる神を大事に育てることが最重要であること

4現実界にいる間は、自身に縁ある先祖と、「縁ある」諸霊を感謝の気持ちで供養すべきであり、そうすれば123を深めやすくなる守護が得られること

生かして頂いて ありがとう御座位ます



著者について

昭和3?年の4月8日午前11時11分に母体の産道から意識を有したままの状態で誕生する。

幾多の過去生、神界、その他の次元での記憶を保持したままでいるという。

古今東西のあらゆる世紀の宗教的秘儀に精通する。

現在、中部地方のある都市において夜勤をしながら、毎日かかさず悩める人々にインターネットを介して無償で生きる勇気を与え、霊的サポートを実践している。

ほぼ毎日更新される斬新なブログ記事は、その内容と霊的知識、実践性において多くの専門家にも衝撃を与え続けている。

ブログ・単行本読者が実際に体験することで、人生に良い変化が起こり、結果的に日々読者を増やしている。

日々のアクセス数は、現在18万件以上。

数多くある精神世界サイトの中で、ブログランキング圧倒的第1位の支持を数年間にわたり継続中である。

著書に『内在神への道』(ナチュラルスピリット刊)、『神々の故郷、白山』『太陽と大自然の神々の地、伊勢』『伊勢神宮から白山へ、その聖なる軌跡』(以上、写真集。武田ランダムハウスジャパン)、『あなたにも「幸せの神様」がついている』『だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる』『生かしていただいて ありがとうございます』(主婦と生活社)、

『内在神と共に』『森羅万象 第1巻』『森羅万象 第2巻』『森羅万象 第3巻』『森羅万象 第4巻』『森羅万象 第5巻』(以上、単行本)『与えれば、与えられる』『読むだけで人生が変わるたった一つの方法~伊勢白山道Q&A事典~』(以上、新書判。すべて弊社刊)がある。

著者のブログ:http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou
posted by arena8order at 20:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。