2014年10月01日

家畜ヤギ(Capra hircus)ゲノムの配列解読…

img90eb9c5dzik4zj.jpg2.jpgImage~008~001.jpg
#ккк #ррр #XXX #山羊


家畜ヤギ(Capra hircus)ゲノムの配列解読および全ゲノ
http://p213.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/09125lCRhx1VRqwY/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.nature.com%2Fnbt%2Fjournal%2Fv31%2Fn2%2Fabs%2Fnbt.2478_ja.html%3Flang%3Dja&_jig_keyword_=%90%F5%90F%91%CC%20%8ER%97r&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2590%25F5%2590F%2591%25CC%2B%258ER%2597r%26b%3D31%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on


Article abstract
Nature Biotechnology 31, 135 - 141 (2013)
doi:10.1038/nbt.2478Subject terms:Computational biology|Biotechnology|Animal biotechnology|Databases
家畜ヤギ(Capra hircus)ゲノムの配列解読および全ゲノム自動光学マッピング
Yang Dong1,2,12, Min Xie3,12, Yu Jiang1,5,12, Nianqing Xiao10,12, Xiaoyong Du4,12, Wenguang Zhang1,6,12, Gwenola Tosser-Klopp7, Jinhuan Wang1, Shuang Yang3, Jie Liang3, Wenbin Chen3, Jing Chen3, Peng Zeng3, Yong Hou3, Chao Bian3, Shengkai Pan3, Yuxiang Li3, Xin Liu3, Wenliang Wang3, Bertrand Servin7, Brian Sayre11, Bin Zhu10, Deacon Sweeney10, Rich Moore10, Wenhui Nie1, Yongyi Shen1,2, Ruoping Zhao1, Guojie Zhang3, Jinquan Li6, Thomas Faraut7, James Womack9, Yaping Zhang1, James Kijas5, Noelle Cockett8, Xun Xu1,2,3, Shuhong Zhao4, Jun Wang3& Wen Wang1This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-Share Alike 3.0 Unported License. To view a copy of this license, visit http://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/3.0/

Abstract
本論文では雌の雲南黒ヤギのゲノム配列約2.66 Gbを示す。この配列は短いリードの配列解読データと高処理能全ゲノムマッピング装置による光学マッピングデータとを組み合わせて得られたものである。この全ゲノムマッピングデータは、フォスミド末端配列解読で増強したスキャフォールドとの比較でN50値が5倍以上長い超スキャフォールドの組み立てに有用である(スキャフォールド N50=3.06 Mb、超スキャフォールド N50=16.3 Mb)。超スキャフォールドはウシとの保存シンテニーに基づいて染色体との対応付けを行い、その組み立ては1番染色体の2種類の放射線ハイブリッド地図によって十分に裏付けられた。タンパク質をコードする遺伝子2万2,175個のアノテーションを行ったところ、その多くは10種類の組織のRNA配列解読データでも確認された。カシミヤヤギの1次および2次毛包の比較トランスクリプトーム解析からは、この2種類の毛包で差次的に発現する遺伝子51個が明らかになった。本研究の結果はヤギのゲノミクスに有用であり、全ゲノムマッピング技術が大きな
ゲノムの新規組み立てに利用可能であることを示している。
Topof page

State Key Laboratory of Genetic Resources and Evolution, Kunming Institute of Zoology, Chinese Academy of Sciences, Kunming, China.
University of Chinese Academy of Sciences, Beijing, China.
BGI-Shenzhen, Shenzhen, China.
Huazhong Agricultural University, Wuhan, China.
CSIRO Livestock Industries, St. Lucia, Australia.
Inner Mongolia Agricultural University, Hohhot, China.
INRA Laboratoire de Gntique Cellulaire, Castanet-Tolosan, France.
Utah State University, Logan, Utah, USA.
Texas A&M University, College Station, Texas, USA.
OpGen, Inc., Gaithersburg, Maryland, USA.
Virginia State University, Petersburg, Virginia, USA.
These authors contributed equally to this work.
Correspondence to: Wen Wang1e-mail: wwang@mail.kiz.ac.cn Correspondence to: Jun Wang3e-mail: wangj@genomics.cn Correspondence to: Shuhong Zhao4e-mail: shzhao@mail.hzau.edu.cn Correspondence to: Xun Xu1,2,3e-mail: xuxun@genomics.cn


Main navigation

Journal content

Journal home
Advance online publication
Current issue

Archive
Conferences
Focuses and Supplements
Press releases
Nature Biotechnologypodcast
Multimedia

Journal information

Guide to authors
Online submission
Permissions

For referees

Contact the journal

Subscribe

About this site

NPGservices

Authors & Referees

Advertising

work@npg

nature reprints

For librarians

NPGresources

Protocol Exchange

SciBX

Bioentrepreneur

Nature Biopharma Dealmakers

Clinical Pharmacology & Therapeutics

Nature

Nature Chemical Biology

Nature Communications

Nature Conferences

Nature Genetics

Nature Medicine

Nature Methods

Nature News

Nature Reviews Drug Discovery

Nature Reviews Genetics

Polymer Journal

Scientific Data

Scitable by Nature Education

NPGJournals

by Subject Area

Chemistry

Chemistry

Drug discovery

Biotechnology

Materials

Methods & Protocols

Clinical Practice & Research

Cancer

Cardiovascular medicine

Endocrinology

Gastroenterology & Hepatology

Methods & Protocols

Pathology & Pathobiology

Urology

Earth & Environment

Earth sciences

Evolution & Ecology

Life sciences

Biotechnology

Cancer

Development

Drug discovery

Evolution & Ecology

Genetics

Immunology

Medical research

Methods & Protocols

Microbiology

Molecular cell biology

Neuroscience

Pharmacology

Systems biology

Physical sciences

Physics

Materials

by A - Z Index

Extra navigation

Language selector

English abstract for this article
ARTICLE NAVIGATION -This issue
Table of contentsfor this issue

Article tools

Full text
Download PDF
Send to a friend

CrossRef lists 21 articles citing this article
Scopus lists 22 articles citing this article
Export citation
Rights and permissions
Order commercial reprints

Article navigation
Abstract
Supplementary info
Search PubMed for
Yang Dong
Min Xie
Yu Jiang
Nianqing Xiao
Xiaoyong Du
Wenguang Zhang
more authors of this article

Open Innovation Challenges

AstraZeneca Challenge: Novel Biomarkers for Neuropathic Pain

Deadline: Sep 27 2014

Reward:$25,000 USD

Neuropathic pain is a complication of nerve injury that results from metabolic, infectious, chemica…
NIH Single Cell Analysis Challenge: Follow That Cell

Deadline: Dec 15 2014

Reward:$100,000 USD
Many biological experiments are performed under the assumption that all cells of a particular “type…
More Challenges

Powered by:

nature jobs

Assistant Principal Investigator, Translational Laboratory in Genetic Medicine

TLGM

Group Leader Positions at the IMP

Research Institute of Molecular Pathology (IMP)

More science jobs

Post a job for free

nature events

SANJEEVITA-2014-Extending and Enhancing Life

29 October 2014 31 October 2014
Pillaiyarkuppam, Puducherry, India

How Drugs Are Developed

01 December 2014 01 December 2014
United Kingdom

More science events

ADVERTISEMENT
Top
Nature Biotechnology

ISSN:1087-0156

EISSN:1546-1696

AboutNPG

ContactNPG

Accessibility statement

Help

Privacy policy

Use of cookies

Legal notice

Terms

Nature jobs

Nature Asia

Nature Education

RSSweb feeds

Search:
2014 Macmillan Publishers Limited. All Rights Reserved.

partner ofAGORA, HINARI, OARE, INASP, ORCID, CrossRef and COUNTER
posted by arena8order at 17:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲノムの多重遺伝子群による多様情報…匂いとフェロモン

20111103_1.jpg20111103_2.jpg20111103_3.jpg
#ккк #ррр #XXX #山羊 #ゲノム

ゲノムの多重遺伝子群による多様情報の識別と行動制御:匂いとフェロモン
http://togotv.dbcls.jp/20111103.html


* [presentation] ゲノムの多重遺伝子群による多様情報の識別と行動制御:匂いとフェロモンII


本日の統合TVは、2011年度夏学期(4〜7月)に開講された、東京大学グローバルCOEプログラム「ゲノム情報ビッグバンから読み解く生命圏」新領域創成科学特別講義IIから、東京大学大学院農学生命科学研究科 応用生命化学専攻 生物化学研究室 東原和成 先生による「ゲノムの多重遺伝子群による多様情報の識別と行動制御:匂いとフェロモンII」をお送りします。

YouTube版はこちらです。



Generated by Final Cut Studio 2
この動画は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CC)表示 2.1 日本 のもとでライセンスされていますThis video distributed by Creative Commons Attribution license 2.1 Japan.
原著作者はライフサイエンス統合データベースセンターですCopyright holder is Database Center for Life Science. 
posted by arena8order at 16:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山羊関節炎・脳脊髄炎…XXX

Image~034.jpgImage~041.jpgImage~042.jpg
#ккк #ррр #XXX #山羊

動衛研:家畜の監視伝染病 届出伝染病−42 山羊関節炎・脳脊髄炎
http://p204.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1001GEVP2D4jz05V/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.naro.affrc.go.jp%2Forg%2Fniah%2Fdisease_fact%2Ft42.html&_jig_keyword_=%8ER%97r%20%95a&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3D%258ER%2597r%2B%2595a%26fr%3Dm_top_y&_jig_source_=srch&guid=on



山羊関節炎・脳脊髄炎(caprine arthritis-encephalomyelitis)


対象家畜:山羊


1.原因

レトロウイルス科(Retroviridae)、レンチウイルス属(lentivirus)、山羊関節炎・脳脊髄炎(CAE)ウイルス。

ゲノムは同一の単鎖の-RNAが2本で、二量体を形成している。

逆転写酵素を有し、自らのゲノムRNAを宿主細胞質内で逆転写し、合成されたウイルスDNA(プロウイルス)を核内の宿主細胞のDNAへ組み込むことで増殖する。


2.疫学

主な伝播経路は初乳・常乳を介した垂直感染であるが、呼吸器飛沫による水平感染や、まれではあるが、胎内感染もある。

1974年の最初の報告以来、世界各国で発生が報告されている。

日本では、2002年に初めて本病の存在が確認された。


3.臨床症状

発症率は10%程度とされ、多くが臨床症状を示さないまま終生ウイルスを保持する。

発症時には、生後数ヶ月以内の幼若山羊では非化膿性脳脊髄炎による運動失調、起立不能といった症状が認められる。

成獣では間質性肺炎による呼吸器症状や、非化膿性乳腺炎による乳房の硬結が主に認められる。


4.病理学的変化

関節炎発症個体では、関節の腫脹及び腫脹部の皮下に嚢水腫形成が認められ、組織学的には同部位に非化膿性関節滑膜炎が観察される。

肺炎発症個体では肺の肥厚、硬化、組織学的には肺胞中隔の肥厚や炎症細胞の浸潤といった非化膿性間質性肺炎が認められる。

脳脊髄炎では、肉眼的変化はほとんどみられないが、組織学的に中枢神経系における囲管性細胞浸潤や脱髄が観察される。


5.病原学的検査

感染個体の白血球、関節液などを山羊の初代培養細胞(関節滑膜細胞、肺細胞など)に接種することでウイルスを分離できる。

ウイルスの存在は、感染細胞が形成する多核巨細胞の有無で確認する。

しかし、このウイルスの分離には数週間から数ヶ月を要し、効率が悪いため、一般的には血清学的検査(寒天ゲル内沈降試験、ELISA等)を用いて診断する。

補助診断法としてPCRによるウイルス遺伝子検出も用いられる。


6.抗体検査

現在各国で確立されているのは寒天ゲル内沈降試験、ELISA法、CF法である。

欧米ではELISAキットが市販されている。

日本では寒天ゲル内沈降試験による検査が可能である。


7.予防・治療

予防法及び治療法はなく、摘発淘汰を基本とする。

経乳感染を防ぐことで、群における伝播の9割以上が阻止できるとさる。


8.発生情報

監視伝染病の発生状況(農林水産省) 山羊関節炎・脳脊髄炎・発生情報(2004年以前、2007年)


9.参考情報

獣医感染症カラーアトラス第2版(文永堂)、動物の感染症第3版(近代出版) OIE: Manual of Diagnostic Tests and Vaccines for Terrestrial Animals 2013 OIE: Terrestrial Animal Health Code (2013)  

山羊関節炎・脳脊髄炎の調査及び診断法の確立:動物衛生研究所 研究報告、第113号、23-30 (2007)

写真1:手根関節腫脹により起立困難なシバ山羊

写真2:非化膿性関節炎(HE染色、40倍)

写真3:顕著なリンパ球浸潤を伴った間質性肺炎(HE染色)


編集:動物衛生研究所動物疾病対策センター疫学情報室、文責:ウイルス病・疫学研究領域 小西美佐子 (平成24年9月3日 更新)
posted by arena8order at 15:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨードチンキJoodtinctuur・Iodtinktur

Image~014.png118.jpgseikoktusui.jpg

#ヨードチンキ - Wikipedia
http://p215.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1001v64MrJGx8hEY/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2583%25A8%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2589%25E3%2583%2581%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25AD&_jig_keyword_=%83%88%83E%83h%83%60%83%93%83L%20%90%AC%95%AA&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2583%2588%2583E%2583h%2583%2560%2583%2593%2583L%2B%2590%25AC%2595%25AA&_jig_source_=srch&guid=on



ヨードチンキ

ヨードチンキ(蘭語 Joodtinctuur・独語 Iodtinktur)は、ヨウ素(ヨード)の殺菌作用を利用した殺菌薬・消毒薬のことである。

組成と特性[編集]

赤褐色の液体で劇薬である。

通常、消毒に用いられるのは2倍に希釈した希ヨードチンキ(こちらは劇薬ではない)であるが、一般にはこれもヨードチンキと呼ばれている。

ヨウ素は水にはほとんど溶けないが、有機溶媒の一種であるアルコールに対しては比較的溶ける。

ヨードチンキもヨウ素をエタノールに溶かしたもので、添加物としてヨウ化カリウム(KI) が含まれる。

という反応でヨウ素を三ヨウ化物イオンとしてイオン化させてさらに水溶性を増すのが目的である。

ヨードチンキ100ml中には6g、希ヨードチンキには3gのヨウ素が含まれる。

本来チンキ剤の意味は「生薬をエタノールに浸したもの」なのでヨードチンキはチンキ剤ではない。

しかし、慣例でヨードチンキが正式な名前になっている。

ヨードチンキの処方の応用としてルゴール液(一般名:複方ヨード・グリセリン)がある。

ルゴール液はエタノールの代わりに三価アルコールのグリセリンを使用する。

グリセリンを使用することで、液に甘みと粘性が加えられ、咽頭に塗布して消毒するのに適した剤形になる。

ルゴール液は耳鼻咽喉科ではよく使用される。

歯科では歯科用ヨード・グリセリン(一般名であり商品名でもある。)が根管消毒(歯の神経を抜いた後の消毒)に利用される。

(なお、複方ヨード・グリセリンと歯科用ヨード・グリセリンは類似した薬品であるが少し成分が異なっている。)

ヨードチンキによって着いた色はヨウ素自身の色に由来することが多く、ヨウ素の蒸発につれて徐々に褪色する。

急ぐ場合はハイポエタノールによって脱色する事ができる。


歴史[編集]

1970年代以前、ヨードチンキはマーキュロクロム液とともに家庭用消毒剤として広く流布していた。

特に学童を中心に一般家庭でも、マーキュロクロム液が赤色なので「赤チン」、ヨードチンキを「ヨーチン」と呼び表した。

現在では、ヨードチンキよりも高分子ポリビニルピロリドンにヨウ素を吸着させたポビドンヨード液(商品名イソジン)の方が多用される。

またヨウ素は局所刺激性があるので、1970年代以降は商品名マキロンで代表される、「色がつかず、しみない消毒薬」である塩化ベンザルコニウム系消毒薬やグルクロン酸クロルヘキシジン系消毒薬に取って代わられた。

病院の主な使用先であった手術野の消毒に使われたヨードチンキはポビドンヨード液に取って代わられた。

1990年代になると、のど飴ブームが去り、商品名「のどぬーるスプレー」など携帯式のポビドンヨード液噴霧器が一般医薬品として爆発的に普及した(ヨウ素の過剰摂取で甲状腺障害がでたほどである)。

現在ではルゴール液をベースにした携帯式噴霧器も発売されており、違った意味で復興している。


関連項目[編集]

ヨウ素

ヨード

ポビドンヨード

ルゴール液

殺菌薬/消毒薬

医学/歯学/薬学/化学

衛生兵


この項目は、医学に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:医学/Portal:医学と医療)。
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ヨードチンキ&oldid=46579156」から取得

カテゴリ:
殺菌消毒薬
ヨウ素



ヨウド液体製剤
http://p227.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1001ZGQ3iWNKy40h/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.ekouhou.net%2F%25E3%2583%25A8%25E3%2582%25A6%25E3%2583%2589%25E6%25B6%25B2%25E4%25BD%2593%25E8%25A3%25BD%25E5%2589%25A4%2Fdisp-A%2C2010-265209.html&_jig_keyword_=%83%88%83E%83h&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2583%2588%2583E%2583h&_jig_source_=srch&guid=on


ヨウド液体製剤

【課題】抗癌剤あるいは抗ウイルス剤として優れた人ガン細胞成長抑制効果を有するヨウド液体製剤を提供する。

【解決手段】 ヨウ化カリウム及び/またはヨウ化水素換算で有機ヨウ素0.1重量%〜4重量%のヨウ素分を含む水溶液に対し1000ppm以上のリキリチゲニンを添加する。

ヨウ素分には、グリセリン、ポリビニルアルコール、ポビドン、レシチン、タラ肝油、竜脳、又はクレオソートからなる群のうちの1以上から誘導された有機ヨウ素を含むことができる。

株式会社国際メディカル研究所 (1)

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、抗癌剤あるいは抗ウイルス剤として優れた人ガン細胞成長抑制効果を有するヨウド液体製剤に関する。

【背景技術】
【0002】
ヨウ素あるいはヨウ化カリウム、ヨウ化ナトリウム等を含有するヨウ素製剤は、周知のように、古くから皮膚表面の一般消毒、創傷、潰瘍の殺菌・消毒等に広く用いられており、特にヨウ素の有機複合化合物であるヨードグリセリン、ポリビニルアルコールヨウ素あるいはポビドンヨードなどを含有するヨウ素製剤は、皮膚表面の一般消毒のほか、咽頭炎、扁桃炎等の口腔創傷の感染予防、口腔内消毒に或いは角膜ヘルペス、洗眼殺菌などの予防・治療剤として市販され、最近では、ヨウ素成分として、ポビドンヨードを含有せしめたヨウ素製剤の開発が多くなされ、ゼラチン及び糖類等にポビドンヨードを含有せしめた外用剤も提案されている(例えば、特許文献1、2参照)。
また、殺ウイルス効果に着目して、ヨウ素分として0.6〜0.01重量%のヨウ素及び/又はヨウ素のアルカリ金属塩を含有する膣又は口腔粘膜用水性消毒液が提案されている(例えば、特許文献3参照)。
【0003】
一方、医師による治療に用いられるヨウ素剤としてはヨウ素カリウム丸(ヨウ素分38mg/錠)、ヨウ化カリウム液(KI液ヨウ素分10mg)、ヨウ素レシチン(50〜100μg/錠)等があり、甲状腺機能亢進症を伴う甲状腺腫瘍(ヨウ化カリウム1日5〜50mg)、気管支炎及び喘息に伴う喀痰喀出困難症・第三期梅毒(ヨウ化カリウム1日0.3〜2.0g)等に使用されている。また、アイソトープ131I放射性ヨード治療剤として甲状腺治療に活用され、更に原子力災害時における安定ヨウ素剤(放射線の内部被爆による甲状腺癌の予防:1日服用量ヨウ化カリウム100mg−ヨウ化カリウム丸2丸、ヨウ素分76mg−WHOは100mg)として推奨されている。
【0004】
他方、1920年頃から1935年頃にかけての研究成果として、タラ肝油、竜脳、クレオソート及びヨウ素から製造されたヨウ素製剤、通称「マキノヨード若しくはネオ・マキス」は、高血圧症、血管硬化症から結核、喘息、胃潰瘍、白血病等の他、癌・エイズ等多岐に渡る薬剤効果があると報告されている。ヨードの癌(乳癌)増殖抑制効果も期待されるとの報告もある(例えば、非特許文献1参照)。
【0005】
しかし、ヨウ素の摂取基準は所要量150μg/日、許容上限摂取量3mg/日(第6次日本人の栄養所要量の食事摂取基準)であり、服用ヨウ素薬剤の一日有効ヨウ素量はその利益と不利益(ヨウ素中毒症)を考慮して微量使用であり、最大で100mg(WHOや多くの諸外国における奨励服用量−安定ヨウ素剤の場合)とされている。ヨウ素は反応性が高く、人体に対して非常に強い毒性を示すことから劇薬に指定されており、従来の消毒薬或いは止血薬(ヨードチンキ等)用のヨウ素製剤においても1%以下の含有量のものとして使用され、また服用或いは注射用としても大量投与・長期運用による副作用の可能性のため慎重投与すべきとし、1日摂取量最大100mg以下で使用されている。
【0006】
しかしながら、抗ウィルス及び癌治療効果を発揮させるには、上記基準量以上の投与摂取を必要としており、特許文献4では副作用がなく、注射液あるいは経口投与の可能な液状ヨウ素製剤として、ヨウ素分として1.0重量%〜1.5重量%相当量のヨウ化ナトリウムを含有する弱アルカリ性溶液から成るヨウ化ナトリウム含有製剤が提案されたが、ヨウ素がナトリウムと結合した状態で存在すると、ヨウ素自体の持つ疾病に対しての治療、予防作用が、ナトリウムが持つ作用に拘束され、必ずしも効率良く体内で吸収されず、治療効果を発揮するとはいえないので、これに代えて特許文献5ではヨウ化水素分として3.0〜5.0重量%相当量の有機ヨウ素を含有する、pHが7〜8の弱アルカリ性であるコロイド溶液である液体製剤が提案されているに至っている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0007】
【特許文献1】特開平9−40563号公報
【特許文献2】特開2001−122790号公報
【特許文献3】特開平6−172192号公報
【特許文献4】特開2004−315470号公報
【特許文献5】特開2008−143808号公報
【非特許文献1】日本癌治療学会誌、1994年3月号
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0008】
本発明の目的は、ヨード中毒等の副作用が極めて低い癌あるいはエイズの予防及び治療効果を有する、安全で、経口投与が可能で、服用することもできる高濃度のヨウ素を含有する液体製剤を開発することにある。
【課題を解決するための手段】
【0009】
本発明者らは、上記課題を解決するため鋭意研究を進めた結果、0.1重量%以上4重量%の高濃度のヨードの液体製剤であっても所要量のリキリチゲニン(以下L−ジェニンという)と併用すると、ヨード中毒等の副作用が極めて低く、ヨード単独の場合より癌あるいはウイルス感染の予防及び治療に高い相乗効果を有することを見出し、本発明を完成した。即ち、本発明は、ヨウ化カリウムまたはヨウ化水素換算で有機ヨウ素0.1重量%〜4重量%のヨウ素分と、0.1重量%以上のリキリチゲニンとを含むことを特徴とする人ガン細胞成長抑制液体製剤にあり、ヨウ素分はヨウ素をヨウ化カリウム溶液に溶解して形成されるヨウ化カリウム水溶液及び/またはグリセリン、ポリビニルアルコール、ポビドン、レシチン、タラ肝油、竜脳、又はクレオソートからなる群のうちの1以上から誘導された有機ヨウ素を含むコロイド水溶液が使用される。
【0010】
本発明によれば、ヨウ素がヨウ化カリウム水溶液またはコロイド状の安定した有機ヨウ素として存在し、L−ジェニンの作用により、ヨウ素の持つヨード中毒等の毒性を排除できるので、服用、飲用として安全に使用することができる。また、L−ジェニンは上記ヨード中毒の傾向を排除するだけでなく、それ自身も人ガン細胞の成長を抑制する効果を有するのでヨウ素とともに、体内に良好に吸収され、ホルモン系を活性化し、免疫系や内分泌系の恒常性を維持させることができ、患部の細胞や病原菌には速やかに作用し、放射線療法においては、細胞核を被爆させて死滅させることができるヨウ素の持つ薬効を増強する。
したがって、本発明のL−ジェニンを併用したヨウ素液体製剤は、安全性が高く、癌及びウイルス感染の予防及び治療に大きな効果が期待される。
以下、本発明を詳細に説明する。
【0011】
本発明の液体製剤に使用する高濃度のヨウド液は、一旦ヨウ化カリウムの水溶液を調整し、これにヨードを溶解して0.1から4重量%の高濃度のヨウ化カリウム液とするか、有機ヨウ素をコロイド状に分散させた、弱アルカリ性のコロイド溶液とするのがよい。コロイド溶液の製造方法としては、微量の過酸化水素を含有するアルカリイオン水に適量の水酸化ナトリウムを添加し、溶解した後、有機ヨウ素を添加し、混合・撹拌する。適正なpHに調整すると、長時間安定なコロイド溶液を得ることができる。
【0012】
有機ヨウ素としては、グリセリン、ポリビニルアルコール、ポビドン、レシチン、タラ肝油、竜脳、又はクレオソートからなる群の1以上から誘導された有機ヨウ素に限らず、毒性のないものであれば使用可能であるが、ヨウ素の含有率の大きい誘導体が好ましい。
【0013】
L−ジェニンは特に、人肝臓ガン細胞(SMMC7721)、人肺ガン細胞(A549)、人胃ガン細胞(SGC7901)、人低分化胃腺ガン細胞(BGC−823)、人結腸ガン細胞(LOVO)及び人早幼粒細胞白血病細胞(HL−60)に対し以下の成長抑制効果が得られている(WO2009031195)。
【0014】
なお、本発明に係る有機ヨウ素を含有する液体製剤には、その作用を損なわない範囲で、液体製剤に一般的に添加される成分であるブドウ糖や各種アミノ酸、ビタミン剤等の高カロリー化剤、安定剤、無痛化剤、着色剤などを添加しても良い。
【0015】
以下に製造例及び試験例を示し、本発明の高濃度のヨウ化カリウムを含有するL−ジェニン併用液体製剤が動物毒性試験で毒性がないことを説明する。
【0016】
製造例1:ヨウ素をヨウ化カリウム水溶液中に溶解させた0.1重量%、1重量%、4重量%を含有する水溶液を製造し、これに0.1重量%となるリキリチゲニンを添加して液体製剤とする。
【0017】
実験例1:動物毒性試験
次の条件により、ラットにおける毒性試験を行なった。
1)被験物質:液体製剤(投与量 5ml/Kg×体重)、対照物質:精製水
2)使用動物:SPFラット10匹
3)観察期間:14日
4)測定法:一般状態観察と体重値‐Bartlett検定法、危険率10%以下
その結果は、(1)いずれの動物も死亡せず、一般状態にも異常は認められない、(2)一元配置分散分析法による被験および対照物質の比較分析では体重推移に有意差は認められない。
以上の結果から、本発明の液体製剤の毒性は極めて低く、そのLD50値(急性毒性)は2000mg/Kgを超えると判断された。


【特許請求の範囲】
【請求項1】

ヨウ化カリウム及び/またはヨウ化水素換算で有機ヨウ素0.1重量%〜4重量%のヨウ素分を含む水溶液に対し1000ppm以上のリキリチゲニンを添加してなることを特徴とするヨウド液体製剤。
【請求項2】
ヨウ素分が、グリセリン、ポリビニルアルコール、ポビドン、レシチン、タラ肝油、竜脳、又はクレオソートからなる群のうちの1以上から誘導された有機ヨウ素を含む請求項1記載のヨウド液体製剤。

【公開番号】特開2010−265209(P2010−265209A)
【公開日】平成22年11月25日(2010.11.25)
【国際特許分類】


生活必需品 (1,298,239)
医学または獣医学;衛生学 (968,742)
医薬用,歯科用又は化粧用製剤 (353,426)
無機活性成分を含有する医薬品製剤 (3,688)
沃素;その化合物 (97)

有機活性成分を含有する医薬品製剤 (141,195)
複素環式化合物 (96,934)
環異種原子として酸素のみを持つもの,例.フンギクロミン (7,635)
異種原子として1個の酸素のみを有する6員環を持つもの (2,796)
炭素環と縮合したもの,例.カンナビノール,メタンテリン (2,292)
3,4−ジヒドロベンゾピラン,例.クロマン,カテキン (1,371)

使用する不活性成分,例.担体,不活性添加剤,に特徴のある医薬品... (49,695)
有機物質 (20,779)
酸素を含有するもの (9,870)
アルコール;フェノール;それらの塩 (4,059)

炭素,水素,ハロゲン,酸素,窒素または硫黄以外の原子を含有する... (1,498)

高分子化合物 (19,814)
炭素−炭素不飽和結合のみが関与する反応によって得られる高分子化合物 (3,786)

特別な物理的形態によって特徴づけられた医薬品の製剤 (28,085)
溶液剤 (3,787)

化合物または医薬製剤の特殊な治療活性 (398,143)
抗腫瘍剤 (29,230)

抗感染剤,例.抗菌剤,消毒剤,化学療法剤 (26,408)
抗ウィルス剤 (13,521)

【出願番号】特願2009−117436(P2009−117436)
【出願日】平成21年5月14日(2009.5.14)
【出願人】(508250361)株式会社国際メディカル研究所 (1)
【Fターム(参考)】


医薬品製剤 (235,616)
形態 (41,630)
溶液剤 (5,485)
水溶液剤 (3,085)

医療活性成分 (34,383)
組織細胞の機能に作用 (3,384)
抗ガン剤 (2,961)

病原生物に作用 (3,874)
抗ウィルス剤 (1,182)

不活性成分 (45,888)
有機化合物 (32,622)
酸素含有炭化水素 (17,388)
アルコール、フェノール (6,687)
多価アルコール (3,975)

C、H、ハロ、O、N、S以外の元素を含有する化合物 (1,815)
P含有 (1,613)

不活性成分 (42,538)
高分子 (36,764)
C=Cのみが関与する反応により得られるもの (9,280)
アルコール基で停止したもの(例;PVA,PVB) (1,175)

複素環含有(例;PVP) (2,218)

油、脂肪、ワックス (2,402)
油性原料 (1,601)
動物油 (240)

目的、機能 (37,076)
主薬安定化剤 (3,122)

他の有機化合物及び無機化合物含有医薬 (742,487)
発明の種類 (106,798)
医薬の用途 (42,030)

医薬用途、薬理作用機序等の試験データあり (37,204)

環構成に酸素原子のみ含有単式複素環化合物 (7,031)
O1含有環 (5,129)
O1含有6員環 (2,592)
炭素環と縮合した (2,164)

無機活性成分の化学構造 (5,400)
周期律表第1族の元素 (594)
アルカリ金属 (258)

周期律表第7族の元素 (234)

酸又は酸残基(有機酸自身を除く) (641)
無機酸又は無機酸残基 (541)

ハロゲン化物(ハロゲン化水素酸を含む) (314)

配合剤、剤型、適用部位 (151,083)
配合成分が2成分のもの (13,045)

配合成分が3以上のもの (6,981)

クレームに薬効成分と不活性成分を記載 (9,078)

BA〜HAの範囲以外の成分を含むもの (3,520)
アルコール、エーテル、ケトン (526)

剤型 (29,353)
液体状 (9,795)
溶液剤(水溶液、非水溶液) (3,799)

化合物自体又は配合、製剤化の目的、効果 (55,511)
新薬効の発現 (33,094)

医薬用途、生体防御 (64,822)
組織細胞の機能に作用する医薬 (22,493)
腫瘍用薬 (18,308)

病原生物に作用する医薬 (13,965)
病原微生物用薬 (11,582)
抗ウィルス剤 (4,908)
posted by arena8order at 11:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。