2014年09月17日

硝酸銀(I)…silver(I)nitrate AgNO3

Image~026.jpgImage~028.jpg200px-Silver-nitrate-2Dsvg.png
#ккк #ррр #阿片 #戦争 #ロマ #マロ #山羊 #芥子 #硝酸銀液 #VX #内膜症


#硝酸銀(I) - Wikipedia
http://p202.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0917vIvfeA7RRRuW/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E7%25A1%259D%25E9%2585%25B8%25E9%258A%2580%28I%29&_jig_keyword_=%8F%C9%8E_%8B%E2&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%2Findex%3Fp%3D%258F%25C9%258E_%258B%25E2%26sbox%3DSBB%26squery%3D%25E7%25A1%259D%25E9%2585%25B8%2B%25E9%258A%2580&_jig_source_=srch&guid=on



硝酸銀(I)


IUPAC名

硝酸銀(I)
silver(I) nitrate
識別情報

CAS登録番号 7761-88-8
特性

化学式 AgNO3
モル質量 169.8731 g mol−1
外観 無色結晶
密度 4.352 g cm−3, (19°C)
融点 212 °C, 485 K, 414 °F(159.6°Cで六方晶系へ転移)
沸点 444 °C, 717 K, 831 °F(分解)
水への溶解度 219 g/100 cm3(20°C)
構造

結晶構造 斜方晶系
熱化学

標準生成熱ΔfHo −124.39 kJ mol−1[1]
標準モルエントロピー So 140.92 J mol−1K−1
標準定圧モル比熱,Cpo 93.05 J mol−1K−1
危険性

EU分類 腐食性 (C)
環境への危険性 (N)
NFPA 704
0 2 2 OX
Rフレーズ R8 R34 R50/53
Sフレーズ S1/2 S26 S45 S60 S61
引火点 不燃性
関連する物質

関連物質 硫酸銀(I)
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa) におけるものである。


硝酸銀(I)(しょうさんぎん いち、英:silver(I) nitrate)は組成式AgNO3、式量169.89 の銀の硝酸塩である。

日本の法令では毒物及び劇物取締法により劇物に指定される。

銀を硝酸に溶かすと得られる。


合成[編集]

純銀を少量の純粋な硝酸に溶解させ、蒸発・乾燥させて得られる。

この際、二酸化窒素などが発生する[2]。

Ag + 2 HNO3→ AgNO3+ NO2+ H2O

工業的にもこの方法で製造している。

ただし、これは濃硝酸との反応であり、希硝酸との場合は式が違ってくる。

3Ag + 4 HNO3→ 3AgNO3+ NO + 2H2O

となる。


性質[編集]

硝酸銀により黒変した皮膚

強電解質であり水によく溶けるが、非極性溶媒には溶けにくい。

メタノールやアセトンにも少量溶解するが、ベンゼンには難溶である。

水溶液はほぼ中性を示す[3]。

手につくと還元されて銀の微粒子が沈着し黒色に染まりしばらく取れない。

また酸化作用による腐食性を有する。

無色の結晶性固体で、不純物、特に有機物を含む場合、太陽光の下で有機物に触れると還元され、黒色を呈する。

高純度の場合は比較的光に対して安定である。

銀鏡反応の試薬としてめっきに用いられることがある。

また、塩化物と反応し白色の塩化銀(I)(AgCl) を生じるため、塩化物イオンの検出に利用されることもある。

その他、殺菌剤・写真感光剤・分析試薬・電気通信機器用・魔法瓶用・医薬品の原料などの用途がある。

光で化学反応を起こすため茶色い瓶に保存する。

硝酸銀(I)は液体アンモニア(液安)またはアンモニア水と反応して徐々に雷銀(Ag3N と AgNH2の混合物)と呼ばれる黒色の結晶を生成することがある。

これは非常に敏感な化合物であり、水溶液中でも少しの摩擦・熱でも爆発する。

またナトリウムイオンの存在下でこの化合物の生成が促進されるので、これらの化合物を誤って作った場合、硝酸銀(I)とアンモニアを混合した廃液、銀鏡反応を行ったあとの廃液は食塩水(塩化ナトリウム水溶液)または塩酸で分解してから処分する必要がある。


参考文献[編集]

^ Wagman, D. D.; Evans, W. H.; Parker, V. B.; Schumm, R. H.; Halow, I.; Bailey, S. M.; Churney, K. L.; Nuttal, R. I.; Churney, K. L.; Nuttal, R. I. (1982). “The NBS tables of chemical thermodynamics properties”.J. Phys. Chem.Ref. Data 11 Suppl. 2.

^ 日本化学会編 『新実験化学講座 無機化合物の合成II』 丸善、1977年

^ 『化学大辞典』 共立出版、1993年


外部リンク[編集]

ICSC


銀の化合物

二元化合物
Ag3As AgBr Ag2C2 AgCl AgF AgF2 AgF3 Ag2F AgI AgN3 Ag3N AgO Ag2O Ag2O3 Ag2S Ag2Se Ag2Te AgH


多元化合物
AgBF4 AgBrO3 AgClO AgClO2 AgClO3 AgClO4 AgCN Ag2CO3 Ag2C2O4 Ag2CrO4 AgIO3 AgIO4 AgMnO4 Ag2MoO4 AgNCO AgNO2 AgNO3 AgOH AgONC AgPF6 Ag3PO4 AgSCN Ag2SeO3 Ag2SeO4 Ag2SO3 Ag2SO4 AgHSO4 CH3COOAg HCOOAg Ag5IO6

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=硝酸銀(I)&oldid=47760266」から取得

カテゴリ:
硝酸塩
銀の化合物
劇物



富士フイルム社員を逮捕 硝酸銀液2億相当窃盗か

2014.2.24 18:50 [窃盗・ひったくり]

神奈川県警は24日、富士フイルム子会社からフィルムなどの原材料として使われる硝酸銀の水溶液約32リットルを盗んだとして窃盗の疑いで、同県小田原市飯田岡、富士フイルム社員、内田順清容疑者(51)を逮捕した。

硝酸銀の水溶液は銀を含み高価で取引される。

平成23年夏から昨年末にかけて、少量ずつ抜き取って計約4千リットル(約2億円相当)を盗み、貴金属売買業者に売却していた疑いがあり、県警は詳しい状況を調べる。

逮捕容疑は昨年12月13〜16日、神奈川県南足柄市の子会社「富士フイルムフォトマニュファクチャリング」の貯蔵タンクなどから硝酸銀の水溶液約32リットル(約130万円相当)を盗んだ疑い。

県警によると「海外旅行やブランド品購入などで金が必要だった」との趣旨の供述をしている。

富士フイルムは「逮捕は遺憾。従業員教育の徹底を図る」と話している。


関連ニュース

家政婦は盗った? 1300万円相当宝石窃盗容疑で逮捕 神奈川

窃盗容疑で5回目の逮捕 宮城の逃走ドイツ人

パリで拘束の中国出身男、銀座の指輪窃盗に関与か 仏報道

横浜銀ATMデータ取得しカード偽造容疑 保守の男、48口座から2400万円窃…
300万円窃盗容疑、元店長を逮捕


富士フイルム社員を逮捕 硝酸銀液2億相当窃盗か - MSN産経ニ
http://p206.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0917f51Zz1y05XBh/0?_jig_=http%3A%2F%2Fsankei.jp.msn.com%2Faffairs%2Fnews%2F140224%2Fcrm14022418510018-n1.htm&_jig_keyword_=%8F%C9%8E_%20%8B%E2&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3D%258F%25C9%258E_%2B%258B%25E2%26fr%3Dm_top_y&_jig_source_=srch&guid=on
posted by arena8order at 18:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。