2014年08月26日

フランス革命…ккк‐ノルアドレナリン,セロトニン…凹凸…

Image~066.jpg
#ккк #δ波 #REM #θ波 #ノルアドレナリン #セロトニン #イメルダ #凹凸 #ヘコ #ネアンデルタール人

#フランス革命 - Wikipedia
http://p210.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/08263LRpjIAfZses/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2583%2595%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B9%25E9%259D%25A9%25E5%2591%25BD&_jig_keyword_=%83t%83%89%83%93%83X%8Av%96%BD&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3D%2583t%2583%2589%2583%2593%2583X%258Av%2596%25BD%26fr%3Dm_top_y&_jig_source_=srch&guid=on



フランス革命


フランス革命(フランスかくめい、仏:R volution fran aise,英:French Revolution)は、18世紀にフランスで起きた市民革命。



種類 市民革命

目的 自由・平等・友愛

対象 旧体制(アンシャン・レジーム)

結果 王政と旧体制が崩壊、封建的諸特権は撤廃され、近代的所有権が確立。

革命の結果による国有財産の所有者の移動が追認された

発生現場 フランス

指導者 フランス革命関連人物一覧

関連事象 ハイチ革命
フランス7月革命
フランス2月革命
奴隷制廃止運動

フランスの歴史


先史時代(フランス語版)

ガリア

フランク王国

メロヴィング朝 (481 751)

カロリング朝 (751 987)

カペー朝 (987 1328)

ヴァロワ朝 (1328 1589)

ブルボン朝 (1589 1792)

フランス立憲王国 (1791 1792)

フランス革命

第一共和政 (1792 1804)

国民公会 (1792 1795)

公安委員会 (1793 1794)

総裁政府 (1795 1799)

執政政府 (1799 1804)

第一帝政 (1804 1814)

ブルボン第一復古王政 (1814 1815)

百日天下 (1815)

ブルボン第二復古王政 (1815 1830)

七月王政 (1830 1848)

第二共和政 (1848 1852)

第二帝政 (1852 1870)

第三共和政 (1870 1940)

自由フランス (1940 1944)

ヴィシー政権 (1940 1944)

共和国臨時政府(1944 1946)

第四共和政 (1946 1958)

第五共和政 (1958 )

分野別

歴史的州

植民地の歴史

フランス文化

フランス史年表(フランス語版)

パリの歴史


1787年に王権に対する貴族の反抗に始まった擾乱は、1789年から全社会層を巻き込む本格的な革命となり、絶対王政が倒れたのち、フランスは立憲王政から共和制へと展開する。
さらに1794年のテルミドール反動ののち退潮へ向かい、1799年にナポレオン・ボナパルトによる政権掌握と帝制樹立に至る(1799年11月9日のブリュメール18日のクーデター[1])。

この1787年の貴族の反抗からナポレオンによるクーデターまでが、一般に革命期とされている。

革命によりフランスの王政と旧体制(アンシャン・レジーム)が崩壊する過程で、封建的諸特権が撤廃され、近代的所有権が確立されるなど、全社会層が大変革へ向かった。

前近代的な社会体制を変革して近代ブルジョア社会を樹立した革命として、 世界史上において市民革命の代表的なものとされる。


概要[編集]

アンシャンレジームを風刺した画
(第三身分者が聖職者と貴族を背負う)

当時、フランスでは啓蒙思想家であるルソーや百科全書派であるヴォルテールにより、社会契約説が多くの知識人に影響を与え、それに国民が共感したことで、当時の社会体制(アンシャン・レジーム)に対する反発が鬱積した。

ブルボン朝政府、特に国王ルイ16世はこれを緩和するために漸進的な改革を目指したが、特権階級と国民との乖離を埋めることはできなかった。

1789年7月14日のバスティーユ襲撃を契機としてフランス全土に騒乱が発生し、第三身分(平民)による国民議会(憲法制定国民議会)が発足、革命の進展とともに王政と封建制度は崩壊した。

革命の波及を恐れるヨーロッパ各国の君主たちはこれに干渉して、反発した革命政府との間でフランス革命戦争が勃発した。

フランス国内でも、カトリック教会制度の破壊などキリスト教の迫害、ルイ16世の処刑をはじめとするギロチンの嵐、ヴァンデの反乱を始めとする内乱、ジャコバン派による恐怖政治、繰り返されるクーデター、そしてそれに伴う大量殺戮などによって混乱を極めた。

革命は1794年のテルミドールのクーデターによるジャコバン派の粛清によって転換点を迎えたが、不安定な状況は1799年のブリュメールのクーデター、あるいは1801年にフランス政府がローマ教皇とコンコルダートを結んで和解するまで継続した。

革命に端を発するこうした混乱の最終的な決着は、第三共和政の成立を待たねばならず、革命勃発より80数年を要した。

フランス革命が掲げた自由、平等、友愛の近代市民主義の諸原理は、その後市民社会や民主主義の土台となった。

一方で、理性を絶対視し、理性に基づけばあらゆる社会の改造や暴力も正当化しうるとした点で、その後の共産主義、社会主義、全体主義の母体ともなった[要出典]。

また、教会への略奪や破壊などのキリスト教の弾圧・迫害と「理性」の神の信仰や「最高存在の祭典」などから、宗教戦争としての側面もあったといえる。

今日、日本を含む世界中の多くの国家がフランス革命時に掲げられた理念を取り入れているが、各国の歴史や伝統に照らして穏やかなものとなっている。

他にも民法、メートル法など、フランス革命が生み出した制度や思想で、世界史上に大きな影響を残したものもある。


革命前夜[編集]

時代背景[編集]

ヴォルテール

18世紀のヨーロッパ各国では、自然権や平等[要曖昧さ回避]、社会契約説、人民主権論など理性による人間の解放を唱える啓蒙思想が広まっていた。

責任内閣制を成立させ産業革命が起こりつつあったイギリス、自由平等を掲げ独立を達成したアメリカ合衆国は、他国に先駆けて近代国家への道を歩んでいた。

プロイセンやロシアでも、絶対君主制の枠を超えるものではなかったものの、政治に啓蒙思想を実践しようとした啓蒙専制君主が現れた。

しかしフランスでは18世紀後半に至っても、君主主権が唱えられブルボン朝による絶対君主制の支配(アンシャン・レジーム)が続いていた。

アンシャン・レジーム下では、国民は三つの身分に分けられており、第一身分である聖職者が14万人、第二身分である貴族が40万人、第三身分である平民が2600万人いた。

第一身分と第二身分には年金支給と免税特権が認められていた。

一方でアンシャン・レジームに対する批判も、ヴォルテールやルソーといった啓蒙思想家を中心に高まっていた。

自由と平等を謳ったアメリカ独立宣言もアンシャン・レジーム批判に大きな影響を与えた。


全国三部会の召集[編集]

ルイ16世

ジャック・ネッケル

1780年代、フランスでは45億リーブルにもおよぶ財政赤字が大きな問題になっていた。

赤字が膨らんだ主な原因は、ルイ14世時代以来続いた対外戦争の出費と宮廷の浪費[2]、ルイ15世時代の財務総監ジョン・ローの開発バブル崩壊など、先代、先々代からの累積債務がかさんでいたことで、それに加えて新王ルイ16世が後述の財政改革の途中にアメリカ独立戦争への援助などを行い、放漫財政を踏襲したことで破産に近づいた。

当時の国家財政の歳入は5億リーブルほどであり、実に歳入の9倍の赤字を抱えていた事になる。

また大きな背景要因として、遠くアイスランドの地で起きていたラキ火山噴火噴煙によるヨーロッパ全域での日照量激減によってもたらされた農作物不作が上げられ、これは収穫量減少と飢饉を引き起こした[3]。

これにより都市部への穀物供給は滞り、食糧事情を悪化させただけでなく、小麦の価格が前年に比べて4割も高騰し[4]パンの価格の上昇による貧困を生み出した。

国庫収入も激減し、債務償還も暗礁に乗り上げる。

詳細は「ラキ火山#ヨーロッパへの影響」を参照

そこで当時の国王ルイ16世はテュルゴーを財務長官に任命し、財政改革を行おうとした。

第三身分からはすでにこれ以上増税しようがないほどの税を徴収していたので、テュルゴーは聖職層と貴族階級の特権を制限して財政改革を行おうとした。

しかし貴族達は猛反発し、テュルゴーは十分な改革を行えないまま財務長官を辞任する。

ルイ16世は次に銀行家ネッケルを財務長官に任命した。

ネッケルは反対の大きい税制改革よりも構造改革によるリストラと募債によって財務の改善をめざしたが、失敗して赤字幅を逆に増やし、続いて免税特権の廃止によって税務の改善を図ったが、特権身分の反対にあってやはり挫折した。

パリ高等法院[5]は、全国三部会[6]のみが課税の賛否を決める権利があると主張して、第三身分の広い範囲から支持を受けた[7]。

国王は1788年7月に全国三部会の開催を約束した。

翌1789年に各地で選挙が行われて議員が選出され、5月5日、ヴェルサイユで開会式が行われた。

国王は三部会を主導しての問題解決を目論んでいた。

しかし税の不平等負担への第三身分の鬱積はすでに頂点に達しており、複雑化・多様化した国内事情ゆえ、従来の身分制では問題を解決できなかった。

三部会が始まるとすぐに議決方法で議論が紛糾した。

特権階級である第一、第二身分は利害を同じにするのでほぼ同じ意見を持っており、身分ごとに議決を行う方法を主張した。

つまり第一、第二身分の部会が同じ議決を行えば、第三身分の部会が否決しても、2対1で可決されるという方式である。

これに対し第三身分は全ての議員1人が1票を持つ、三部会合同の議決を主張した。

第三身分の議員の人数(621名)が、第一(308名)・二身分(285名)の合計よりも多かったことから、第三身分の総意が議決を決めるというわけである。

議決方法をめぐる討議は40日間も堂々巡りを続けた。


球戯場の誓い[編集]

詳細は「球戯場の誓い」を参照

ダヴィッドによる『球戯場の誓い』。

議論が進まない事に愛想をつかした第三身分の代表達は、三部会に見切りをつけ、自分達だけの議会「国民議会」を発足させる。

そしてヴェルサイユ宮殿の室内球戯場に集り、憲法を制定する事と国王が国民議会を正式な議会と認めるまで解散しない事を誓った(球戯場の誓い・テニスコートの誓い)。

ただし、ミラボーや一部の議員の中には、国王の承認なしに議会をフランスの代表とする事に懸念を示す者もいた。

第一身分、第二身分代表中にも、アンシャン・レジームに無理がある事を理解している者がおり、そうした者たちも国民議会に参加した。

国民議会との軋轢を避けたいルイ16世は、国民議会を正式な議会として承認し、王の説得により他の第一身分・第二身分の議員も合流した。

承認を得た国民議会は憲法制定国民議会と改称して憲法制定に着手する。

内心では議会を承服しかねるルイ16世ではあったが、事態を収拾し、改革の芽を残すには止むを得ない手段であった。

しかし特権貴族や王族はこれに反対し、第三身分に圧力をかけるため、軍隊をヴェルサイユとパリに集結させる事を国王に強要した。
posted by arena8order at 06:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。