金属アレルギー…#ккк #兵器 アマルガム 水銀 周波数

636722f9.jpg180px-WMD_world_mapsvg.pngImage~007.jpg
#ккк #兵器 #ミネラル #セレン #セレニウム #パラジウム #アマルガム #水銀 #周波数 #アレルギー


#金属アレルギー
http://p216.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0818ZZTckf2EbAPH/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.hirazawa-dc.com%2Fnonmetal.html&_jig_keyword_=%8B%E0%91%AE%83A%83%8C%83%8B%83M%81%5B&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%258B%25E0%2591%25AE%2583A%2583%258C%2583%258B%2583M%2581%255B%26b%3D1%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on



1.診断と測定

・共鳴(レゾナンス)装置を使い、歯の金属や歯科材料が全身に及ぼしている影響(滞り)を丁寧に測定して診断します。

患者様には、ソファーに座っていただくだけで測定できます。

・金属の歯に溜まっている電気の量(帯電量)をゼロテクターで測定します。


2.金属除去

・少しでも早く患者様の健康を回復させる為に、帯電量の多い歯の金属から順番に取り除きます。

・咬み合わせにも考慮しながら、一日でも早く患者様の身体から金属を除去する様に配慮します。


3.身体に優しい歯の詰め物やクラウン・インプラント・歯科材料を使用

・当院では、レゾナンスド・セラミックという独自のセラミックを使用しています。

レゾナンスド・セラミックは最も天然歯に近く、化学物質の周波数も除去していますので、自己免疫力も回復してきます。

インプラントはスイス製のジルコニアインプラントで、当然金属は使いません。

歯科材料は、共鳴(レゾナンス)装置を使い、患者様に最も適切な歯科材料を見極め、使用します。


4.レゾナンス療法と漢方薬でお口と身体を治療します。

・今までダメージを受けていたお口の中の粘膜や皮膚、細胞の修復を行います。

・長年にわたって身体に蓄積された金属や環境ホルモンをレゾナンス療法と漢方薬で解毒(デトックス)します。


歯科金属アレルギーについて

近年、アトピー(アレルギー性皮膚炎)の患者さんは、年々増加傾向にあります。

その原因には様々なアレルゲンがありますが、意外と知られていないのが歯の詰め物の金属や、歯の治療に使われる歯科材料が原因となってアトピーを 発症している場合があると言う事です。

特にアマルガムという歯科用金属は水銀や銀、スズなどの重金属を含んでおり、 神経毒性が強く、アレルギー、不眠、イライラ、頭痛、めまい、肩こり等、様々な症状を引き起こします。

重金属が内臓に蓄積すると、ホルモンバランスが乱れ、免疫力が低下します。

また、溶け出した重金属は皮膚の真皮層に蓄積し、肌の老化を進めてしまいます。

ノンメタル治療(メタルフリー治療)とは、お口の中に入っている金属を、体にやさしい材質で再修復する治療法です。

アンチエイジングを目指されている方や、内科・皮膚科で治らない症状(頭痛、めまい、不眠、アレルギー、アトピー性皮膚炎など)がある方は、この治療法をお勧め致します。

例えば、色々な治療を試しても治らなかったアトピーの患者さんが、歯の金属を除去し、バイオレゾナンスセラピーや漢方などの適切な処置によって、身体の自己免疫力が上がり、劇的に改善された方が実際に多くいらっしゃいます。

金属アレルギーは個人差が大きく、その病態も多種多様です。

患者様の多様な症状に適切に対応しながら、一日も早く快方に向かわれるように対応させていただきます。


お口の中の金属について

お口の中の金属は老化に深くかかわっています。

特にアマルガムという歯科用金属は水銀や銀、スズを含んでおります。

水銀やスズは重金属と呼ばれ、神経毒性が強く、不眠、イライラ、頭痛、めまい、アレルギー、肩こりなどさまざまな原因不明の痛みなどを引き起こします。

重金属が、内臓への蓄積やホルモンバランスの乱れを起こすことによって、免疫力の低下が起こります。

免疫が正常に働くことによって、リウマチなどの膠原病(自己免疫疾患といって、自分の体を免疫細胞が攻撃する病気)が治った方もたくさんおられます。

また、溶け出した重金属は皮膚の真皮層に蓄積し、肌の老化を進めてしまいます。

さらに、体に蓄積された重金属は活性酸素をどんどんと発生させ、確実に細胞にダメージを与え、細胞の老化はスピードアップされます。

また活性酸素によりDNAが傷つけられると、それががんの原因にもなります。


バイオレゾナンスセラピーの観点から見た歯科金属

振動医学的データから診ると、保険適用金属であるパラジウムは44.00、アマルガムは44.23の周波数を持っています。

この44.00という周波数はどういうことかというと、心臓の冠状血管の病気の周波数44.00と一致しています。

つまり、44.00のパラジウムが口の中にあるということは、心臓の冠状血管の病気が共鳴して顕れてくる可能性があるということです。

さらに周波数の波形のピークが44.00ということから考えれば、プラスマイナス1前後も影響を及ぼす可能性があります。

ちなみに、‐1の43.00の周波数は何かというと、右心室のコントロール、心不全、腎臓結石、落ち着きのなさ、狭心症、心筋梗塞、ストレスが顕れる可能性があります。

また、+1の45.00の周波数でいうと、血液の希薄化、血栓症、脚の水腫、歩行障害、慢性の脱毛症、毛根へのダメージ、筋萎縮、筋肉組織への負担、根チャクラ(エネルギーを体内に取り入れる基本的な場所)のダメージ、運動中枢への障害などに何らかの影響が考えられます。


アマルガムの中に含まれる水銀の影響

以上、パラジウムとアマルガムについての影響を挙げてみたのですが、さらにアマルガムに含まれる水銀について言うと、水銀は94.25の周波数を持っています。

この94.25のプラスマイナス1もみていくと、-1の93の周波数には、骨髄機能不全、精神分裂、切歯炎、毛髪の色喪失、顎の炎症、傷の治りの悪さ、自律神経失調症が顕れる可能性があります。

一方の+1の94の周波数には、腰部リュウマチ、静脈、動脈、膀胱の腫瘍、赤血球過少、視神経の刺激性炎症が顕れる可能性があります。

このうち特に、94.00の静脈と94.50の動脈のちょうど中間が94.25の水銀の周波数に当たることから、水銀が血管系にいかに悪影響を与えやすいかがお分かりになるでしょう。

以上のように、ただ単に、お口の中の金属を除去することは、審美的に良い状態にするだけではなく、身体への潜在的・顕在的なマイナスの影響を、共鳴させて顕在化させないことに繋がるのです。

患者様の声のページを見ていただければ分かるとおり、ノンメタル化をすることによって、肩こりや不整脈、耳鳴り、基礎体温の向上、花粉症などのアレルギーの改善、白板症の解消など、驚くような成果を報告いただいていますが、振動医学的観点から言えば、十分に考えられる成果です。

以上、ご参考いただければ幸いです。

金属を外した次の問題として化学物質の問題があります

「ノンメタル」と称して金属を外す治療をしている歯科医院は、インターネットで検索してもいくつか見受けられますが、金属を外せばそれで健康が手に入るかというと、そういうわけではありません。

化学物質の問題があるのです。

保険適用材料には、ほぼ高い確率で問題となる化学物質が入っています。

例えば、環境ホルモン物質(内分泌撹乱物質)として、ビスフェノールAとノニルフェノールがありますが、一般的な「ノンメタル治療」においても歯科金属を外した後に装着されるセラミックやレジン(プラスチック)の中にもその危険性が潜んでいます。

当院のセラミックにおいては、歯科技工士と振動医学会との試行錯誤を繰り返すことによって、これら(内分泌撹乱物質)の周波数の共鳴さえも認められないレベルのセラミックを作り上げることができました。

これはおそらく世界的に見ても現段階での最高に安全性の高いセラミックと自負しています。

人は誰でも自然治癒力を持っています。

それは、大自然が調和するのと 同じくらい自然の摂理です。

患者様が本来の自然治癒力を取り戻し、回復される方向へと全力でサポートいたします。


金属アレルギー - Wikipedia
http://p223.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0818i21IGVM0teG0/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E9%2587%2591%25E5%25B1%259E%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25AB%25E3%2582%25AE%25E3%2583%25BC&_jig_keyword_=%8B%E0%91%AE%83A%83%8C%83%8B%83M%81%5B&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3D%258B%25E0%2591%25AE%2583A%2583%258C%2583%258B%2583M%2581%255B%26fr%3Dm_top_y&_jig_source_=srch&guid=on


金属アレルギー


金属アレルギー(きんぞくアレルギー)は、金属が原因で起こるアレルギーである。

主にW型アレルギーである。


メカニズム[編集]

アレルギーはタンパク質に対し起こるものなので、金属が直接にアレルギーを起こすわけではない。

つまり、金属はアレルゲンではない。

金属から溶出した金属イオンが、人体が本来持つタンパク質と結合し、アレルゲンとなるタンパク質に変質させる。


症状[編集]

金属との接触部に起こる接触皮膚炎(部位によっては粘膜炎)が代表的である。

金属イオンが血流によって全身に運ばれると全身性皮膚炎を起こすこともある。


金属の種類[編集]

金属アレルギーを起こしやすい金属としてはニッケル、コバルト、クロムがある。

一方で金・銀・白金はアレルギーを起こしにくい。

最近、インプラントで多用されるチタンや宝飾品に用いられるタンタルやジルコニウムもアレルギーを起こしにくい。

それは化学的に安定な不動態を形成するからである。

アレルギーを起こしやすい金属は、合金になっていたりメッキされていることもあるので注意が必要である。

また、チョコレート(ニッケルを含む)等の様に、食べ物に含まれている場合もある。


原因物質[編集]

ピアス- 皮下組織と直接接触するため金属アレルギーを起こしやすい。

装身具、腕時計、眼鏡など -表皮のみに接する器具は金属アレルギーを起こしにくいが、逆に金属アレルギーに対する配慮が少なく、器具の使用者も多いため発症者は少なくない。


歯科用金属[編集]

歯科用金属による金属アレルギーの報告が近年増加してきている[1]。

この場合、掌蹠膿疱症や扁平苔癬、ついで接触性皮膚炎が多い[1]。

症状や検査結果により、歯科用金属が原因であると判断された場合、外用薬や内服薬の使用では治癒しない[2]ため、金属抗原除去などの治療が行われることも有る[3]。


検査[編集]

パッチテストが有名。

皮膚に金属をしばらく密着させてアレルギーが生じるか、調べる検査である。

ただし、パッチテストでは判明しない(陰性である)ことも多いので、あまり当てにはならない。

これは上記のメカニズムの項で述べたように、金属そのものがアレルギーを起こすのではなく、金属とタンパク質との化合物が原因物質であるため、パッチテストでは判明しにくいからである。


治療[編集]

医学的療法としては、皮膚・粘膜の炎症に対してはステロイド外用剤を外用する。

その他、痒みが強い場合には抗アレルギー剤を使用する。

歯科金属アレルギーの場合には、原因となる口腔内の金属を除去し、別種の金属や陶材などにすることによって症状が軽快することがある。


脚注[編集]

^a b 樋口ら p.173

^ 坂下 p.140

^ 樋口ら p.176


参考文献[編集]

坂下英明「第3章疾患別のチェックポイント Iアレルギー疾患」『有病者歯科医療』 編集白川正順・伊東隆利・河村博、医歯薬出版、2000年8月10日、第1版、pp. 135-144。ISBN 4-263-45483-9。

樋口繁仁・小松正志「歯科用金属アレルギーの診断法,治療法の現在」、『ザ・クインテッセンス』第24巻第11号、クインテッセンス出版、2005年11月、 173-180頁。


関連項目[編集]

湿疹

接触皮膚炎

チョコレート

チョコレートアレルギー


外部リンク[編集]

金属アレルギー対策の宝飾品

金属アレルギー対応ベルト

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=金属アレルギー&oldid=51762590」から取得

カテゴリ:
アレルギー疾患
皮膚疾患
金属
posted by arena8order at 01:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。