2014年08月17日

#ккк ミネラル‐セレン、セレニウム 欠乏

M-Se.gif300px-SeBlackRed.jpg
#ккк #セレン #セレニウム

#ミネラル - Wikipedia
http://p209.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0817WYb7aTwj61LK/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2583%259F%25E3%2583%258D%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25AB&_jig_keyword_=%83%7E%83l%83%89%83%8B&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2583%257E%2583l%2583%2589%2583%258B%26sbox%3DSBB%26squery%3D%25E3%2583%259F%25E3%2583%258D%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25AB%2B%25E3%2582%25BB%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25B3%26trans%3D0&_jig_source_=srch&guid=on

http://www.me-ta-bo.com/mineral-
http://p214.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/08172xc516kU0xbr/V?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.me-ta-bo.com%2Fmineral-Se.html&_jig_keyword_=%D0%C8%D7%D9%20%BE%DA%DD&guid=on&_jig_xargs_=R


ミネラル

ミネラル(mineral) は、一般的な有機物に含まれる4元素(炭素・水素・窒素・酸素)以外に、生体にとって欠かせない元素である[疑問点 ノート]。

無機質、灰分(かいぶん)ともいう。

糖質、脂質、蛋白質、ビタミンと並び五大栄養素の1つとして数えられる。

日本では13元素(亜鉛・カリウム・カルシウム・クロム・セレン・鉄・銅・ナトリウム・マグネシウム・マンガン・モリブデン・ヨウ素・リン)が健康増進法に基づく食事摂取基準の対象として厚生労働省により定められている[1]。

生物の種類や性別、成長段階によって必要な種類や量は異なる。

すべての要素は適度な量を摂る事が良く、欠乏症だけでなく過剰摂取も病気の原因ともなる。

ミネラルは人の体内で作ることは出来ないため、毎日の食事からとる必要がある。


必須ミネラル[編集]

以下の元素がヒトにとっての必須ミネラルである。

ナトリウム

マグネシウム

リン

硫黄-必須アミノ酸のメチオニン、非必須アミノ酸のシステイン、ビタミンB1、ビオチンに使われる。

塩素

カリウム

カルシウム

クロム

マンガン



コバルト-ビタミンB12に使われる。



亜鉛

セレン

モリブデン

ヨウ素


脚注[編集]

^ 健康増進法施行規則(平成十五年四月三十日厚生労働省令第八十六号)第十一条[1]


関連項目[編集]

日本食品標準成分表


外部リンク[編集]

ミネラルについて -「健康食品」の安全性・有効性情報(国立健康・栄養研究所)

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ミネラル&oldid=50939758」から取得

カテゴリ:
栄養素
元素



セレン - Wikipedia
http://p207.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0817uOvjXfur7m5M/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2582%25BB%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25B3&_jig_keyword_=%83Z%83%8C%83%93%20%83Z%83%8C%83j%83E%83%80&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%2Findex%3Fp%3D%2583Z%2583%258C%2583%2593%2B%2583Z%2583%258C%2583j%2583E%2583%2580%26sbox%3DSBB%26squery%3D%25E3%2582%25BB%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25B3&_jig_source_=srch&guid=on



セレン

Se セレンは過酸化脂質を分解するグルタチオンパーオキターゼの構成成分として、酵素の働きの中心的な役目をする微量元素です。

又、セレンはビタミンEの働きを助ける働きもしています。


生理作用

◎抗酸化作用
◎たんぱくの合成
◎免疫機能を上げる
◎ATP生成に関与
◎抗ガン作用
◎含硫アミノ酸代謝の促進
◎精子形成に関与
◎ユビキノンの合成を通じて生体酸化を調節

薬理作用

◎ビタミンEと共に活性酸素からの害を防ぐ
◎白内障、目の老化予防
◎ガンの予防、治療
◎ヘルペス
◎紫外線から皮膚を守る
◎DNAの修復
◎アルコールの解毒
◎血栓を防ぐ
◎免疫低下を改善
◎狭心症、心筋梗塞
◎前立腺ガンを防ぐ


一日の摂取量

■ セレン・一日の摂取量 ■

厚生労働省「日本人の食事摂取基準」2010年版

欠乏すると

◎疲れやすい
◎血圧が高くなりやすい
◎心臓障害を起こしやすい
◎心筋梗塞を起こしやすい
◎アルコールの解毒力の低下
◎筋肉が弱る
◎抗酸化力の低下
◎脳卒中のリスクが高まる
◎ガンのリスクが高まる
◎免疫力の低下
◎脱毛症
◎肺が弱る
◎インポテンツ


多く摂りすぎると

日本人は魚介類、穀類から十分にとっている為、不足する心配はありません。

セレンは毒性が強く、必要量と中毒量の差が小さいため、サンプリメントからの摂取には注意が必要です。

◎吐き気
◎ツメの変形
◎脱毛症
◎筋力低下
◎胃腸障害
◎下痢
◎疲労感
◎末梢神経障害


セレンが多く含まれる食品

■ セレンが多く含まれる食品 ■

(推奨量35μg/日を一つの食品から摂る場合の必要量)

多く含まれる食品名
必要量
多く含まれる食品名
必要量

マカロニ・スパゲッティ
166.7g

焼きふ
291.6g

オートミール
205.9g

そば・生
194.4g

そら豆
233.3g

凍り豆腐
291.7g

湯葉・干し
350.0g

アーモンド
269.2g

ごま
83.3g

えだまめ
583.3g

からしな
1166.6g

あんず
1166.6g

あおのり
74.5g

まこんぶ
233.3g

てんぐさ
233.3g

わかめ
71.4g

まあじ
46.1g

あなご
61.4g

あゆ
56.5g

かつお
26.9g

まだい
53.0g

あさり
40.7g

かき
57.4g

牛肝臓
61.4g

豚・肩
152.2g

うづら卵
61.4g

鶏卵・卵黄
37.6g

プロセスチーズ
205.9g

玉露
269.2g

抹茶
218.8g

からし・粉
120.7g

わさび・粉
134.6g
posted by arena8order at 22:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダムダム弾….303Britishの、特殊な弾薬の俗称。

330px-Express_bullets_1870.gif
#ккк


#ダムダム弾….303Britishの中でも、殺傷力を高めた特殊な弾薬の俗称。


Expanding bullet - Wikipedia, th
http://en.m.wikipedia.org/wiki/Expanding_bullet


http://mgdb.himitsukichi.com/puk
http://p227.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0817T75u99UFvuJe/R?_jig_=http%3A%2F%2Fmgdb.himitsukichi.com%2Fpukiwiki%2F%3F%25A5%25C0%25A5%25E0%25A5%25C0%25A5%25E0%25C3%25C6&_jig_keyword_=%C0%DE%D1%C0%DE%D1%92e&guid=on&_jig_xargs_=R



もともとは旧英領だったインド・コルカタ(カルカッタ)近郊のダムダム工廠で造られた、.303Britishの中でも、殺傷力を高めた特殊な弾薬の俗称。

ライフル銃が発明されて銃弾の速度が音速を上回るようになって以来、鉛がむき出しの銃弾の殺傷力が高いのは経験的に知られていた。

高速で撃ちだされる軟らかい鉛の弾丸は、目標に命中すると大きくつぶれるように変形したり、砕けてバラバラになったりして、傷の程度を酷くした。

こうした軟頭弾は、ダムダム工廠で製造される前から、実際に狩猟用として使われていたのである。

こういった経験を元に、ダムダム工廠で作られたのが MK.II .303British だった。

これは通常の .303British の先端から1mmほど銅合金の覆いを取っ払って、先端だけ鉛をむき出しにしたものだった。

しかしこのMk.IIは、発射の際にコアの鉛だけが発射され、周囲のジャケットが銃身内に取り残されるという事故を起こすことがあった。

Mk.II はインド駐留軍が使用していたが、イギリス軍の制式弾薬ではなかった。  

その後にイギリス軍の制式となってMK.IIIとなり、さらに先端に窪みを設け、より銃弾が変形したり、砕け散りやすく改良した Mk.IV、弾丸の底部もジャケットで覆い、コアだけが飛び出す問題を解決したMk.V が開発された。

これらはダムダム工廠ではなく、イギリス本国で生産されていたが、この頃にはすでにこういった弾薬を、総じてダムダム弾と呼ぶようになっていた。

後に1898年、ドイツから、ダムダム弾は不必要な苦痛を与える兵器でハーグ陸戦条約に抵触している、という抗議が出された。

この抗議は世界的に受け入れられ、ダムダム弾は戦争においては使用禁止となった。

イギリスは弾薬を全てジャケットで覆ったMk.VI に更新し、その後さらに現代の弾薬と同じ形である、先端が尖ったスピッツァー弾頭のMk.VII へと更新した。

保有していた残りのダムダム弾は、射撃訓練などで消費した。

だがイギリスはしたたかなもので、このMk.VIIにも見た目では分からないように、殺傷力を高める工夫が施されていた。

Mk.VIIの弾頭尖端には鉛ではなくアルミニウムが挿入され、その後に鉛のコアが仕込まれていた。

これによって弾頭の重心が後部に偏ることになり、人体に命中すると著しく倒弾現象を起こしやすくしており、殺傷力はダムダム弾と引けは取らなかった。

しかし、このMk.VIIは最後までハーグ陸戦条約に抵触していると、糾弾されることはなかった。

ドイツからは不必要な苦痛を与えるとして抗議を受けたダムダム弾だが、確かに同じ.303Britishの普通弾(フルメタルジャケット)に比べれば傷の程度は酷くなった。

しかしイギリス軍がダムダム弾を使用できるリー・エンフィールドライフルの前に制式使用していた、マルティーニ・ヘンリーライフルの方が、傷の程度は酷かったりする。

マルティーニ・ヘンリーライフルの方が単発銃ながら、リー・エンフィールドライフルよりも大口径で、最初からジャケットで覆われていない、鉛がむき出しの弾薬であったためである。

ドイツの抗議は別に明確な根拠があったわけではなく、戦争におけるプロパガンダ合戦の一角であったと言える。

ダムダム弾はいろいろな思惑から使用禁止になったが、規制は無くとも近い将来には使用されなくなっていっただろうと思われる。

後年は機関銃が発達し、単位時間当たりの銃弾の発射数は飛躍的に上昇した。

そのため、発射熱による銃身の加熱も飛躍的に上昇し、鉛のコアが外部に露出している弾丸では、熱によって鉛が溶け出してしまい、銃身を損なうようになってきてしまった(レッディング現象)。

大量の弾薬を消費する近代戦では、どちらにしろ弾丸全てをジャケットで覆った、いわゆるフルメタルジャケットを使用せざるをなかったのである。

また、現代のライフル弾は発射薬の改良などとともに、弾丸を小さくして速度を増すよう作ってあるため、あまりの高速度により、命中すると容易にジャケットと弾芯が分離したり、弾丸が砕け散ってしまう。

現代のライフル弾はダムダム弾のような形状はしていないが、対人威力に関しては、まったくダムダム弾に遅れはとっていない。

ダムダム弾は現在でいうところの、ジャケッティド・ソフトポイント弾にあたる。

もちろん狩猟用ライフルの弾薬としては、現在でも使用されている。


議題がページテーマと異なってきた場合や雑談等は掲示板をご利用ください。

最新の10件を表示しています。

コメントページを参照


ルパンに限らず、1970〜80年代のコミックやメディア作品には、「十字の切れ込み」とかいった情報はあふれていましたよ。

ちなみに、ワタシが初めてダムダム弾の(間違った)知識を眼にしたのは、『冒険王』の某マンガ(タイトル失念)だったような。

以来、ずっと誤解していました(^^;。いったい、どこから流れたガセなんでしょうね。

2010-05-23 (日) 19:26:54


新情報追加 2010-10-11 (月) 04:12:19

海外でもこの手の表記はかなり浸透してるみたいなんでおそらく向こうのパルプフィクション物辺りが出典の可能性が高いですね>

2012-07-07 (土) 10:31:11


2000年頃の漫画「マーダーライセンス牙&ブラックエンジェルズ」でも切り込みを入れる描写ありました

2013-04-18 (木) 21:26:37


十字の切れ込みは(恐ろしいことに)今でもメディアではたびたび見掛ける表現なので、『メディアではこのようにしてダムダム弾を作っているが実際には〜』といった形の記述もあった方がいいんじゃないでしょうか。

しかし誰が最初にやったんだろうなぁこれ・・・

2013-04-20 (土) 09:49:38


今思い出したのですが、自分の記憶のみで不確かなのですが、ダムダム弾に十字の切込みがあることは小・中学校いずれかの社会の教科書にその記述があって初めて知った覚えがあります。

それだけ当時は誤解が広かったということですかね。

2013-04-20 (土) 09:53:19


どうでもいい話ですが、(構造には触れていないものの)夏目漱石の『吾輩は猫である』にダムダム弾という単語が出ていました。

2013-04-20 (土) 11:06:22


タクシードライバーでもあったような・・

2013-07-18 (木) 22:08:50


突然アクセスが急増したようですが何があったのでしょうか?

2014-01-30 (木) 19:55:14


まとめサイトに載ったみたいね

2014-01-30 (木) 20:38:48


Site admin:KOU2 PukiWiki 1.4.7Copyright 2001-2006PukiWiki Developers Team. License isGPL.

Based on "PukiWiki" 1.3 byyu-ji. Powered by PHP 4.4.9. HTML convert time: 0.017 sec.
posted by arena8order at 19:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Henna…キュプロス-kuvproV、指甲花-シコウカ

Image~069.jpgImage~005.pngImage~061.jpg
#ккк #ユダヤ #パキスタン系フィリピン #蔗 #上脳 #.pingshang #XXX #ベニヤミン族


#Henna(ヘンナ染料)
http://p203.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0817PbGal32crceM/0?_jig_=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Ftiakio%2FantiGM%2Fhenna.html&_jig_keyword_=%90%F5%97%BF%20%92%DC%20%89%D4&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3D%2590%25F5%2597%25BF%2B%2592%25DC%2B%2589%25D4%26fr%3Dm_top_y&_jig_source_=srch&guid=on



Henna(ヘンナ染料) 〔Gr.kuvproV〕

女性の手のひらや足のうらを女神の聖なる色に染めるために、インドやエジプトで広く使用され、ギリシアではへカテーの崇拝者たちの間で用いられた。

へンナ染料は、女神への供犠の儀式において重要視された。

死を与える女神アナテ Anathの像は、人間が生贄として捧げられる前に、へンナ染料で赤く塗られた[1]。

ジプシー伝説では、へンナ染料とマリ-アナテのための供犠儀礼との間に、一定の関連があることが示されていた。

それによると、マリアがへンナ染料で髪を赤く染める準備をしていたちょうどそのとき、彼女の息子が十字架にかけられた。

そのためマリアは、以前は神聖とされていたこの赤い染料に今度は呪いをかけたという[2]。

ユダヤ人の聖典には、「カインの娘たち」(すなわち、ヤハウェを崇めなかった女たち)についての記述があるが、彼女たちの手足は東洋の流儀にならって「赤く染められていた」[3]。

母権制宗教で用いられた装飾用品の例にもれず、へンナ染料も中世には魔術に関連づけられた。

スペインの異端審問官が、女たちを異端の罪で逮捕したときの罪状の1つは、彼女らが皮膚や爪を赤く染めるのにへンナ染料を使ったということだった[4]。

ヴィクトリア女王の時代になってもエセックス州のある女性は、自宅から「赤いオークル(絵の具の原料)」、すなわちへンナ染料が発見されたというそれだけの理由で、魔女にされ、告発された[5]。


[1]Hooke, M. E. M., 83.
[2]Esty, 17.
[3]Forgotten Books, 78.
[4]H. Smith, 259.
[5]Maple, 132.

Barbara G. Walker :The Woman's Encyclopedia of Myths and Secrets(Harper & Row, 1983)


ヘンナは、3-4メートルに達する潅木で、学名はLausonia ienmis〔画像〕。

その白い花房からは、バラのような香りが匂う。

葉からは爪や髪を染めるためのオレンジ色の染料が採れる。

古代エジプト以来、中東世界で化粧品として広く用いられている。

旧約聖書では、『雅歌』に2度、ヘブライ語「コーフェル」で出てくる。

愛する人は、私にとって、エン・ゲゲディの葡萄園のヘンナの花房。(1, 14)

私の愛する人よ、さあ、野原に出て行きましょう。

ヘンナの中で夜を過ごしましょう。(7, 12)

ギリシア語ではキュプロス(kuvproV)〔Dsc. I-124〕。

和名「指甲花(シコウカ)」。


[画像出典]
Wikipedia"Henna"
posted by arena8order at 12:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。