2014年08月31日

毒の歴史…ккк→アヘン(阿片)、砒素、水銀…凹ハクチー団

Image~069.jpgImage~068.jpg
#ккк #アヘン #阿片 #砒素 #水銀 #凹ハクチー団→


毒の歴史 - Wikipedia
http://p225.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0831WXFFo5NEnLpf/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E6%25AF%2592%25E3%2581%25AE%25E6%25AD%25B4%25E5%258F%25B2&_jig_keyword_=%83A%83w%83%93%20%E1%E5%91f&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2583A%2583w%2583%2593%2B%25E1%25E5%2591f%26sbox%3DSBB%26squery%3D%25E3%2582%25A2%25E3%2583%2598%25E3%2583%25B3%2B%25E4%25B8%25AD%25E6%25AF%2592%2B%25E5%2585%2588%25E5%25A4%25A9%25E6%2580%25A7%26trans%3D0&_jig_source_=srch&guid=on



毒の歴史


毒の歴史では、毒[1]に関連する歴史を記述する。今日から紀元前4500年にまで遡ることができる。


概要[編集]

毒は武器や、毒そのものの解毒、そして薬など様々な目的で用いられ、毒性学(トキシコロジー)やその他さまざまの学問において飛躍的な進化を遂げてきた。

発見されたのは太古の昔であり、原始においても文明化ののちにも獲物や敵を素早く確実に倒すための道具として使用された。

毒の用法は洗練されていき、古代人たちは武器としての威力を高めるため毒と関わりつづけてきた。

歴史が下り、特にローマ帝国の時代がくると、暗殺というさらに今日的な使い方が現れるようになる。

すでに紀元前331年ごろにはディナーテーブルの飲み物にしのばされた毒がその役目を果たしたことが記録されているし、同様の試みはすでに広くなされるようになっていた。

この致死性の物質を使うことは、あらゆる社会階層においてみられる。

身分の高い人々であっても、目障りな政敵や商売敵を亡き者にするため、しばしば毒を用いてきたのである。

中世ヨーロッパで毒は、殺人術の一つとしてさらに一般的になっていった。

一方でよく知られた毒の多くに解毒の方法が見つかるようになるが、これは毒の有用性がさらに高まったことを受けてのものである。

アポセカリーとして知られる商家では毒だけでなく様々な医薬品を扱っていて、表通りに店を構えているのが普通だった。

伝統的に薬としても使われていたこの物質は、しかしより陰惨な目的も持ち始めていたのだ。

おそらく同時期に、世界の他の地域でも暗殺をより不透明なものにし、検出されないようにする毒物が求められていた。

この「毒の叙事詩」はアジアの一部でもやはり隆盛をきわめていたのである。

世紀が変わっても、人の道を外れたような、誰かに危害を加えるための毒の使用は広まる一方だった。

これらの解毒方法もまた進化していたのだが、新たな毒物の発見は止まらず、犯罪に常用されていくのである。

今日では有害物質による毒殺はその数を減らしてはいるが、工業製品に囲まれた日々のなかで毒による事故という新たな危険が生まれている。

いってみれば毒を使うことそれ自体は累乗的に広まったということだ。

農薬や消毒薬、洗剤、保存剤などの形で毒はどこにでも存在している。

他方、発展途上国ではいまもなお毒が狩猟の道具という最初期の使われ方をしている。

例えば、アフリカや南アメリカ、アジアなどの一部である。


毒の起源[編集]

Strychnos toxiferaはマチン科の植物。

抽出される毒はしばしば矢じりに塗られた


考古学の成果によれば、原始人たちは斧や棍棒、すこし時代が下って剣を武器にするとともに、それらをより強力にし容易く命を奪うことができるようにする方法を求めていた。

その答えが毒であった[2]。

ツボクラリン(ツヅラフジ科の植物の浸出液で、毒性を含んでいる)を蓄えもっておくような賢い人間たちはそれを狩りの道具として活用していた。

初期のヒトが様々な効果をもつ毒を発見し、それを武器としていたことは明らかである[2]。

この奇妙なる毒物の存在とその使用法は部族や氏族の長老たちによって秘蔵され、偉大な力の象徴とみなされていたという考え方もある[誰によって?]。

それは典型的な「呪医」(medicine man) や「魔女」(witch doctor) という概念の誕生でもあった[2]。

毒の危険性とその扱い方が理解されるようになったのは、その危うさを味わった人間がいるからでもある。

ポントス[3]に君臨したミトリダテス4世は毒による暗殺に怯えながら一生を過ごした。

彼は解毒の方法を求めて奔走した先駆者でもある[2]。

在位中のミトリダテス4世は死刑囚に毒を盛りつつ解毒薬の治験を行い、自分があらゆる毒への耐性をえることができるよう、なかば偏執的なまでに毎日いくつもの毒を試みた[2]。

ついに彼はわずかな量のハーブをいくつも調合することでこの時代もっとも有名になった治療薬を発見しており、ミトリダティウム (Mithridatium) と名づけられた[2]。

それは彼の王国がローマのグナエウス・ポンペイウスによって征服されるまで極秘の扱いを受けていた。

ポンペイウスが勝利すると、ミトリダテス王の解毒薬の製法、および薬草の研究書はローマ人のものとなった[4]。

小プリニウスは7000以上もの毒について記述している。彼によれば、「ポントスの一地方で毒入りの餌を与えられていたとおぼしきアヒルの血、それが後にミトリダティウムの調製に用いられた。

なぜならそのアヒルは毒入りの餌を食んでも、まったく健康であったのだ」[2]。

インドの外科医ススルタは遅効性の毒のまわり方とその治療薬について書き残しているが、やはり毒を返すための伝統的な素材を用いたこの解毒薬について語っている[5]。


インド[編集]

毒を塗った武器は古代インドで用いられ、戦術にも取り入れられた[6]。

サンスクリット語の詩行にこんなものがある。

「井戸には毒が流され、汚されたJalam visravayet sarmavamavisravyam ca dusayet」[6] カウティリヤ(紀元前350年-283年頃)は、マウリヤ朝初代チャンドラグプタ王(紀元前340年-293年頃)の相談役であり首相でもあった[7]。

カウティリヤは国益を得るために秘密の武器、すなわち毒をつかうよう王に誘いかけた[8]。

一方で彼は暗殺への警戒も怠ることなく、毒見役の設置を急ぎ、毒を検出するための方法も洗練させた[9]。

さらに王命に逆らったものへもしばしば毒をもって死刑とした[10]。


狩りにもちいられた石剣や石槍


エジプト[編集]

他の文明と異なり、エジプトでは毒の使用およびその知識についてほとんど記録がされておらず、紀元前300年ごろと推定される史料までしか遡ることができない。

しかし最初期の有名なエジプトのファラオ、メネス王が毒性のある植物や毒液の分析を進めていたと考えられる記録もある[2]。

紀元前350年ごろの王ナクタネボ2世の治世の時代に、神官エサトゥムが彫ったといわれている石碑が現存している。

メッテルニヒ碑文もしくは魔術碑文といわれている。人々が病気の治癒の相談にやってくる神殿に石碑を建てたといわれている。

この聖なる石碑に刻まれた呪文を読みながら、石碑に注がれる聖水を飲み治療したと推測される。

しかしその後のプトレマイオス朝エジプトでは毒に関する知見が存在したという証拠が、古代の錬金術師アガトダイモン(おそらく紀元前100年ごろ)の著作にみつかる。

彼はある種の鉱物とナトロン(ソーダ石)が混ざると「猛毒」が生み出される、と語っているのだ。

この毒は、すっきりした解決を与えてくれる「水没 (disappearing in water)」と表現されている[11]。

エムズレーはこの「猛毒」が三酸化砒素ではないかとし、この正体不明の鉱物が鶏冠石か石黄と結びついたためだと推測している[11]。

エジプト人には、アンチモン、銅、鉛、天然の砒素、アヘン、さらにはマンドレイクといった素材への知識も継承されていたと考えられている。

他にもこのような秘密がパピルスには蔵されている。はじめて毒を高度に抽出し、巧みに操ったのはエジプト人だといまでは考えられている。

それは桃の種から取り出されたものだった[2]。

そしてついにクレオパトラの時代が訪れる。

彼女はアントニウスの訃報を耳にし、エジプトコブラの毒で死ぬことを選んだといわれている。

その死に先立って、彼女はまるでハツカネズミのように何人もの下女たちにベラドンナやヒヨス、ストリキニーネの木の種などいくつもの毒を試したと伝えられている[12]。


ローマ[編集]

ローマの皇帝ネロの胸像。

彼は気に入らない人間を排除するために青酸カリをもちいていた

ローマでの毒殺は晩餐の席や公共の飲食スペースなどで実行され、紀元前331年にはすでに確認されている[2]。

こういった毒殺は、社会のあらゆる階層で私利私欲のためにひろく行われた。

リウィウスはローマの上流階級や貴族たちのうちで毒殺された人間を記録している。

ローマの皇帝ネロも側近に毒を与えるのを好んでいたことで有名で、私設の毒殺者さえ置いていたという。

お気に入りの毒はシアン化物だったといわれている[2]。

ネロの先帝であるクラウデイゥスは毒キノコかそれに代わる毒草で暗殺されたという説があり、その死因については議論がわかれている[13]。

彼の毒見役であったハロタス、侍医であったクセノフォン、悪名高い毒殺者ロクスタ、この3人全員が暗殺につかわれた死の薬に関わったといわれている。

しかしクラウディウスの最後の妻であったアグリッピナこそが疑惑の中心人物とされており、おそらくは彼女自身が毒を調製したのだという。

一説では、夕食を一口啜ったクラウディウスは延々と苦しんだのちに死んだ。

またその場では何とか一命を取りとめたという者もいる。

それによれば、毒を吐き出そうとするのを助ける風を装うアグリッピナに、毒に浸された羽毛を喉に押し込まれて殺されたのだという[14]。

また毒を盛られたのは、夕餉の皿だとも浣腸器だともいわれている or by poisoned gruel or an enema.[13]。

ネロを寵愛していたアグリッピナは息子を帝位につかせようという野心を抱いており、クラウディウスにその陰謀を疑われたために彼を毒殺したと考えられている[15]。


中世[編集]

時代が下った中世ヨーロッパでは毒の性質が知られ、それが単なる魔法や奇跡ではないことが理解されるようになると、薬と毒を販売し供給するアポセカリーと呼ばれる商店が現れた[16]。

毒のもつ医学的な側面はほとんど知られていなかったのだが、そのあまり実用的ではなく合法的でもない目的から人々は公然と毒を買い求めたのだった。

それらアポセカリーで働く錬金術師たちは直に毒を扱わざるをえず、いつ健康を損なうかもしれない危うさのなかで仕事をしていた。

この頃には世界中で毒を扱う技術が進んでおり、たとえばアラブ世界では飲み物に入れた砒素を透明化し無味無臭にすることに成功しており、この手法を用いた暗殺者たちの毒は、発見する側の科学の未発達もあり、少なくとも100年間は検出されないままだったとされている[17]。

チョーサーの「カンタベリー物語」は14世紀から15世紀に書かれたとされるテクストだが、このアポセカリーから害獣駆除だといって毒を買い求める殺人者の話がでてくる。

And forth he goes no longer he would tarry

Into the town unto a ‘pothecary

And prayed him that he woulde sell

Some poison, that he might his rattes quell…

The ‘pothecary answered: "And thou shalt have

A thing that, all so God my soule save,

In all this world there is no creature

That ate or drunk has of this confiture

Not but the montance of a corn of wheat

That he ne shall his life anon forlete.

Yea, starve (die) he shall, and that in lesse while

Than thou wilt go a pace but not a mile

The poison is so strong and violent

カンタベリー物語 免罪符売りの話. Lines 565 581.

この引用は毒に言及した文学作品の例である。

毒と薬はフィクションのなかでは非常に普遍的なテーマであって、例えばシェイクスピアにもそれは当てはまる。

また学術的テクストでもこのテーマを論じたものがある。

フィクション、ノンフィクションに関わらず、その多くは僧侶によって書かれたものだった。

当時の僧侶は一流の知識人でもあり、このテーマで出版されたものの大部分が彼らの手による[16]。

ノンフィクションの著作の一例として、「毒の本The Book of Venoms」がある。

これは当時有名だった毒の効能と使用法について記したもので、1424年にMagister Santes de Ardoynisによって書かれた。

この本はその毒について最も知られるところとなる処方を記したものとも評されていた。

とはいえこの実際的な本は出版されることがなく、研究のためにとあるサークル内に留めおかれていたと推測されている[16]。


大衆の反応[編集]

真理が大衆から遠ざけられたままであれば、眼をそむけたくなるような毒の使い方についての民話や噂が広まることは防ぎようがない。

当時、イギリスをはじめとしたヨーロッパには毒への妄想症が蔓延した[16]。

適量をひそかに調製したなら致死性をもつであろうその「薬効」が周知の事実となったことにも後押しされ、毒への関心はうねりとなってひろがったのである。

毒をつかえばたやすく殺人が行える上、痕跡が残りにくく人目につかないため、大抵その犯罪は気づかれずに済む[16]。

おそらくこの妄想症の大波は巷の話題を独占したのだが、大衆が毒素に対する対策を求めても、それに関する本は不安を煽るだけか完全に間違っていたりしたことも背景にはあるのだろう[16]。

当然ながら冴えた書店員はこの問題を本を売るための「手」にし、人々がありもしない安全策をもとめて本を買うために危険を誇張した。

宝石商なども毒素を弱めるアミュレットを販売し、傷薬を扱う医師は当時この疑惑によって大きな利益を得た。

大衆が待ち焦がれていた情報は結局学徒と科学者だけのものであり、一般人はその妄想を確かめることができないままだったのである[16]。


中世ペルシア・インド[編集]

ペルシア生まれのアル・ラーズィー(ラゼス)の著した「秘中の秘Secret of Secrets」に塩化水銀(II)(corrosive sublimate 和訳は昇汞水)を発見する糸口をつかんでもいる。

これに由来する軟膏は、現在では疥癬と呼ばれるところの「痒み」とアル・ラーズィーが表現した症状を緩和するために用いられた。

この軟膏は効果的であった。

水銀の毒は肌に浸透し、痛みと痒みを消し去ることができたからである[18]。

インドでは14世紀から15世紀にかけてラージャスターンに内乱を抱えていた。

そこはラージプートの本拠地であったのである。

そしてラージプートの女性たちは、息子、兄弟、夫が戦死したならば、自ら毒によってjauhar(文字通りに「命を奪う」)を行う習わしを持っていた。

jauharはクシャトリヤという武人階級の間で行われていたもので、侵略者のもとでの従属や隷従、強姦、殺人という不幸を拒むためのものであった[19]。


ルネサンス期[編集]

ルネサンス期ごろには、違法かつ卑劣な目的で毒をもちいることが隆盛を極めていた。

それが人殺しや暗殺者に必須の道具となっていたことは間違いない[20]。

犯罪結社などで毒がそれだけの人気を得たのは、毒そのものに新たな発見がされ続けていたことにも理由がある[20]。

14世紀から15世紀に生きたイタリアのある錬金術師は、毒性をもった物質をかけ合わせることで同じものを増量するよりもはるかに強い効果を生みだすことに気づいていた[20]。

学問としての体系も整えられ、今日毒性学として知られるものに近づいていく。

こうして人を殺すための手段として毒は社会に根付いていき、夜会に訪れる人間は、主賓あるいは客の誰かが食事に毒を盛りはしないかと恐れるようになったのである[20]。
posted by arena8order at 10:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

ニホンマムシ Gloydius blomhoffii…赤まむし

mamushi2.jpg455.jpg
#ккк #兵器 #レーザー #電磁波 #DEW #条約 #ユダヤ #黙示録666 #指向性エネルギー兵器 #Unix #マムシ #蝮 #朝鮮ドラッグ


ニホンマムシ - Wikipedia
http://p218.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0830l7AnCByggdUi/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2583%258B%25E3%2583%259B%25E3%2583%25B3%25E3%2583%259E%25E3%2583%25A0%25E3%2582%25B7&_jig_keyword_=%90%D4%83%7D%83%80%83V&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3D%2590%25D4%2583%257D%2583%2580%2583V%26rkf%3D1&_jig_source_=srch&guid=on



ニホンマムシ


ニホンマムシ Gloydius blomhoffii

分類

界 : 動物界 Animalia
門 : 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
綱 : 爬虫綱 Reptilia
目 : 有鱗目 Squamata
亜目 : ヘビ亜目 Serpentes
科 : クサリヘビ科 Viperidae
亜科 : マムシ亜科 Crotalinae
属 : マムシ属 Gloydius
種 : ニホンマムシ G. blomhoffii

学名

Gloydius blomhoffii
(Boie,1826)

和名

ニホンマムシ

英名

Japanese copperhead
Mamushi pit-viper
Nihon-mamushi


ニホンマムシ(日本蝮、学名:Gloydius blomhoffii)は、クサリヘビ科マムシ属に分類されるヘビの1種。

単にマムシとも呼ばれる。

特定動物。

毒蛇。


解説[編集]

形態[編集]

全長45-80センチメートル。

まれに体長が1メートル近くになる。

北海道産の個体は大型で、60センチメートルを越える個体が多い。

伊豆大島には「赤まむし」の別名を持つ体色が赤い個体が多いと言われる。

全長に比して胴が太く、体形は太短い。

頭は三角形で、瞳が縦に長い大きな目とピット(熱感知器官)を持つ。

舌は暗褐色。

体色は淡褐色で、眼線がかなりはっきりしており、20対前後の中央に黒い斑点のある俗に銭型とも呼ばれる楕円形の斑紋が入る。

胴体中央部の斜めに列になった背面の鱗の数(体列鱗数)は21列。尾は短い。

幼蛇の場合は尾の先端が黄色になっている。


生態[編集]

食性は動物食で、小型哺乳類、小型爬虫類、両生類等を食べる。

平地から山地の森林、藪に棲む。

水場周辺に多く出現し、山間部の水田や小さな川周辺で見かけることも多い。

時に田畑にも現れる。

夜行性だが、冬眠直前や直後の個体、妊娠中のメスは日光浴のため昼間に活動することもある。

繁殖形態は卵胎生で、夏に交尾し翌年の 8-10月に1回に5-15匹の幼蛇を2-3年に1度産む。

性質は臆病で、よほど接近しすぎない限りはマムシの方から人を咬みに来ることはない。

また、危険を感じると尾を寝かせた状態で細かく振るわせ、地面などを叩いて音を出して威嚇するが、これは他のヘビにも見られる行動である。

野外で出会って威嚇を受けても、それ以上近寄らずに無視して遠巻きに通り過ぎればほとんど害はない。


毒[編集]

咬傷による死亡率は高くないが、年間約3,000人が被害を受け、死者は5 - 10名程度とされる。

これは小型であるため毒液量が少ないことや、基本的に出血毒であり神経毒が少ないため、効果が局所的に留まり身体全体を冒さないためである。

しかし、量は少ないが毒性そのものではハブよりもはるかに強く、ハブの2 - 3倍はあるので、充分な注意が必要である[1]。

ニホンマムシの毒は出血毒が主成分で、マウス腹腔内投与による致死量(LD50値)は1.22±0.40mg/kgとされる[2]が、コブラと同様な神経毒も含有している[3]。

おもな成分と作用は、

ブラジキニンを遊離する酵素:末梢血管の血管拡張を行い血圧を降下させる。

ホスホリパーゼA2:溶血作用に関与する。

トロンビン様酵素:細胞膜を溶解する酵素や血液凝固系に作用する。

アリルアシダーゼ、エンドペプチダーゼ:タンパク質分解酵素で、咬傷部の骨格筋変性に作用する。

出血因子:毛細血管に作用し、強力に体内出血を誘発する。

希に、眼瞼下垂、外斜視、四肢の筋力低下、換気障害などの筋無力症状を呈する[3]。

などである。


分布[編集]

日本(北海道、本州、四国、九州、大隅諸島)、伊豆大島、八丈島 参考:中国、朝鮮半島などに亜種が生息する。

対馬に住むツシママムシ(Gloydius tsushimaensis) は本種とは別種(亜種ではない)とされる。[4]


咬傷の症状と処置[編集]

症状[編集]

咬傷を受けて20 - 30分後、激しい疼痛、出血、腫脹がおきる。

1 - 2時間後、皮下出血、水泡形成、リンパ節の腫脹と圧痛。

発熱、めまい、意識混濁など。

1時間以上経過しても、疼痛・腫脹がおきない場合は、毒素が注入されなかった可能性がある。

重症な場合、体液減少性ショック、血圧低下、眼筋麻痺による霧視・複視・視力低下。

腫脹部に筋壊死を生じることもある。

死亡例の多くは受傷後、3 - 4日後に集中する。

重篤な場合は、呼吸不全[5]。

3 - 9日後、急性腎不全による乏尿、無尿、蛋白尿、血尿。


処置[編集]

咬傷を受けた場合安静にする。

身体を激しく動かすと体液の循環が促進され、その分毒のまわりが早くなる。

牙跡は通常2ヶ所(1 - 4ヶ所である場合もある)で、現場で可能な処置は、咬傷部より心臓側で軽く緊縛(緊縛も後述の乱切や吸引同様、問題視されつつあり、するのであれば軽く緊縛するのが無難である)。

毒蛇に咬まれた時の応急措置として「口で毒を吸い出す」と言われているが、『素人による切開・毒素の吸引は行わない』こと。

咬まれた時間や状況が説明出来るように覚えておく。

速やかに処置可能な医療機関でマムシ抗毒素血清投与などの治療を受ける。

6時間以内の血清投与が推奨されており、少なくとも24時間は経過観察が必要。

血清投与に際しては、アナフィラキシー・ショックに十分注意[6]し投与する(また、医療機関における乱切や吸引も問題視されつつある)。

血清投与後、7 - 10日して2 - 10パーセントで遅延型アレルギーを起こした場合は、ステロイド剤や抗ヒスタミン剤を投与する。

血清投与に関わる諸問題を回避するため、台湾に自生するタマサキツヅラフジ(Stephaniecepharantha) から抽出されたアルカロイド系のセファランチン(Cepharanthin) が使用される場合がある[2]。


人との関係[編集]

薬用[編集]

マムシの皮を取り去り乾燥させたものを、反鼻(はんぴ)と呼び、漢方薬として滋養強壮などの目的で用いる。

また、胆嚢を乾燥したものは蛇胆(じゃたん(通称じゃったん))と呼ばれ、反鼻よりも滋養強壮効果が高いとされる[7]。

反鼻や蛇胆は、栄養ドリンクなどによく使用されている。

「マムシドリンク」・「赤まむし」といえば、動物生薬を使った栄養ドリンクの代表格でもある。

民間療法では強精効果を目的に乾燥させた身や生の身を焼酎漬けにして飲用する場合があり、マムシ酒(まむしざけ)と呼ばれる。

また、目玉は生で飲用することもある。

生の身をマムシ酒にする際は、1か月ほど餌を与えずに飼ってその間に体内の排泄物を全て出させるのだが、その状態でもまだ生きている。

そのため、一般にはかなり生命力のある生物と思われる事が多いが、1か月の絶食でも生きているのは変温動物であるがゆえにエネルギー消費が小さいのが原因である。

ただし、この方法でマムシ酒を造る場合、アルコール濃度が低いと腐敗してしまう可能性が高い。

特に体色が赤めのものは赤マムシと呼ばれ薬効が高いとされるが、成分は他の個体と変わらない。

マムシ酒は薬用酒として飲用されるだけでなく打撲傷に使用される。

科学的な根拠は確認されていない。


渾名[編集]

日本人にとって最も身近な毒蛇であることから、渾名(あだな)に使われる場合がある。

毒蛇としての印象から、クセのある、どちらかといえば粗暴もしくは陰険な人物の渾名とされることも多い(例:斎藤道三・鳥居耀蔵・栃錦清隆など)。

また、たとえば毒蝮三太夫のように奇抜な芸名として用いられる場合もある。

植物の名にはマムシグサがある。

これは茎のまだら模様がマムシに似ていることが由来である。

また、関西では料理において鰻丼のことを「まむし」、あるいはウナギの釜飯をまむし釜飯と言うことがあるが、呼び名の由来は本種とは無関係である。


脚注[編集]

[ヘルプ]
^ ただしマムシ毒は、一説には捕食対象である小動物に特異的に効き、対人効果は数値に現れる程ではないともされる。イヌ・ネコはマムシ毒に対する耐性が強く、成体であれば咬まれても死ぬことはほとんどない。

^a b ニホンマムシ毒(Agkistyodon halys blomhoffii)毒による致死および循環器系障害に対するCepharanthinの作用日本薬理学雑誌 Vol.98 , No.5(1991)pp.327-336。なお、標題中の Agkistyodon halys blomhoffii は本種の古いシノニム Agkistrodon halys blomhoffii の誤りと思われる。

^a b 筋無力症状を呈したマムシ咬傷の1例日本救急医学会雑誌 Vol.4 (1993) No.4 P350-353

^ 多数のマムシがいることで有名な中国旅順沖の蛇島にいる蛇もGloydius shedaoensisという別種の蛇である。

^ マムシ咬傷により急性腎不全および呼吸不全を呈したが救命しえた1例日本救急医学会雑誌 Vol. 21 (2010) No. 10 P 843-848

^ 「原著」まむしウマ抗毒素によるアナフィラキシーの1例日本小児アレルギー学会誌 Vol.22 (2008) No.3 P357-362

^ 蛇胆は、ハブやコブラの場合もある。


参考文献[編集]

『原色ワイド図鑑3 動物』、1984年、学習研究社、146頁。

『爬虫類・両生類800図鑑 第3版』、2002年、ピーシーズ、327頁。

『小学館の図鑑NEO 両生類はちゅう類』、2004年、小学館、134頁。


関連項目[編集]

クサリヘビ科

ツシママムシ


外部リンク[編集]

マムシ(咬傷) (PDF)財団法人日本中毒情報センター

マムシ咬傷35例の検討重田 匡利, 久我 貴之, 工藤 淳一, 山下 晃正, 藤井 康宏. マムシ咬傷35例の検討 . 日本農村医学会雑誌 2007; 56: 61-67

マムシの毒性 2007/8/17医薬品情報21

マムシ(咬傷) pit viper (bite) (PDF)新潟県立六日町病院

(財)日本蛇族学術研究所公式ホームページ(咬傷の診断)

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ニホンマムシ&oldid=52328448」から取得

カテゴリ:
クサリヘビ科
特定動物



ジャワヤスリヘビ

【学 名】

Acrochordus javanicus

【分 布】

タイ、マレーシア、インドネシア

【飼育レベル】

普通

一生を水中で過ごすことが可能な本種は、特に水中生活に適応した種類で、その起源はウミヘビよりも古いらしいです。

うろこの1枚1枚が独立して重なることがなく、イボ状にとがっているため、さわった感じがヤスリのようにザラザラしています。

この特ちょうは、エサであるウナギなどの魚類に巻きついた際ににげられなくするためだと考えられています。



#ккк 2014911…黙示録666…ユダヤ、蝮、デウ(DEW-指向性エネルギー-体腔全域蓄膿破壊兵器)…UNIX…札幌脳學校「瘤's 三歳児くんクラス」の給食メニューを探せ!!!
posted by arena8order at 17:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蓄膿症(empyema)とは体腔に膿が貯留している状態。

Image~067.jpgchuusha.jpg
#ккк #兵器 #レーザー #電磁波 #DEW #条約 #ユダヤ #黙示録666 #指向性エネルギー兵器 #副鼻腔炎 #empyema #Unix


#蓄膿症 - Wikipedia
http://p228.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0830qsP65aNuxefr/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E8%2593%2584%25E8%2586%25BF%25E7%2597%2587&_jig_keyword_=%92%7E%94%5E%8F%C7&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2592%257E%2594%255E%258F%25C7%26b%3D1%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on



蓄膿症


蓄膿症

分類及び外部参照情報
MeSH D004653


蓄膿症(ちくのうしょう,英:empyema)とは既存の体腔に膿が貯留している状態。

新たに形成された空洞に膿が貯留する膿瘍とは区別しなければならない。

慢性の副鼻腔炎は俗称として蓄膿症と呼ばれることがある。


解説[編集]

フェイズ5移行の自覚症状として、下を向いて鼻をかんだ時に痛みを感じることがある。

脳に転移すると最悪の場合死に至る。

医学的には蓄膿症は下記の領域に出現する。

胸腔(膿胸)

子宮(子宮蓄膿症)

虫垂(虫垂炎)

髄膜(硬膜下膿瘍)

関節(敗血症性関節炎)

胆嚢

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=蓄膿症&oldid=52179843」から取得

カテゴリ:
症候
病理学



副鼻腔炎 - Wikipedia
http://p228.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0830qsP65aNuxefr/k?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E5%2589%25AF%25E9%25BC%25BB%25E8%2585%2594%25E7%2582%258E&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=%92%7E%94%5E%8F%C7&_jig_xargs_=R&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2592%257E%2594%255E%258F%25C7%26b%3D1%26trans%3D1&guid=on


副鼻腔炎


副鼻腔炎(ふくびくうえん)は、副鼻腔に炎症がおきる病気。慢性の副鼻腔炎の俗称は蓄膿症(ちくのうしょう)。

左側副鼻腔(上顎洞)炎のレントゲン像。

左(画像では向かって右)の透過性が低い(白く見える)ことから、液体(ここでは膿)が存在していると解釈できる。


副鼻腔炎のデータ

ICD-10
J01(急性)
J32(慢性)
統計

世界の有病者数

日本の患者数

学会

日本
日本耳鼻咽喉科学会
世界


定義(概念)[編集]

鼻腔の周囲には、副鼻腔という粘膜に覆われた空洞が存在する。

鼻腔の炎症は副鼻腔に波及することがあり、それを副鼻腔炎と呼ぶ。

近年、副鼻腔炎診療の手引き(2007)[1]、急性鼻副鼻腔炎ガイドライン(2010)が発刊され、治療の効率化、診断精度の向上がなされている。


分類[編集]

急性副鼻腔炎[編集]

急性の風邪などによる鼻炎から発症するもの。


慢性副鼻腔炎[編集]

上記、急性、アレルギー性の副鼻腔炎が長引き、膿汁の副鼻腔内の貯留、炎症性の粘膜肥厚、骨格などにより副鼻腔に膿が溜まりやすいなどが原因で慢性的に炎症がおきているもの。


好酸球性副鼻腔炎[編集]

喘息に合併する副鼻腔炎のうち、多発する鼻茸(鼻ポリープ)を特徴とする物。

難治性であり、喘息を悪化させるとも言われている。


副鼻腔真菌症[編集]

副鼻腔(主に上顎洞)に真菌塊があり、炎症を起こす。

効果的な薬物治療は確立されていない[要出典]。


原因[編集]

風邪などにより副鼻腔に炎症がおこる。

また、炎症により発生した膿が自然孔より排泄されず溜まることにより慢性化する。

さらに、溜まった膿により粘膜肥厚がおこり、膿の排泄がさらに困難となり悪循環となる。


症状[編集]

頭重感、頭痛、鼻汁、鼻づまり、副鼻腔付近の鈍痛 咳、喘息、咳喘息。


合併症[編集]

鼻茸

(鼻性)頭蓋内合併症:脳膿瘍、髄膜炎、海綿静脈洞血栓症などが副鼻腔炎の増悪により引き起こされることがある

眼合併症:眼窩内膿瘍、視神経炎などによる視力障害が副鼻腔の炎症が眼の周囲に波及することにより引き起こされる

副鼻腔気管支症候群:副鼻腔炎に様々な気管支病変が合併することがある

びまん性汎細気管支炎 : 本症がびまん性汎細気管支炎に先行することがある。

カルタゲナー症候群 : 本症がカルタゲナー症候群の部分症であることがある。


検査[編集]

ファイバースコープで鼻汁の状態や粘膜の腫れがないか鼻の中を見る。

X線検査、コンピュータ断層撮影で副鼻腔中に膿が溜まっているかを確認する。

自然孔に消息子を挿入し、膿が存在することを確認する。


診断[編集]

症状と鼻内所見より副鼻腔炎と診断され、必要とされる際には下記の画像診断を追加する。

X線検査、CT、MRI

視診又はファイバースコープで副鼻腔からの膿を確認する。


治療[編集]

保存療法[編集]

抗生物質による、細菌除去。(クラリスロマイシンの少量長期服用)

蛋白分解酵素で、膿を排泄しやすくする。

消炎鎮痛剤で、炎症、痛みを抑える。

ネブライザー治療


手術[編集]

鼻内内視鏡手術;現在では、内視鏡による手術がほとんどである。

前頭洞手術;前頭洞の病変に対しては現在でも外切開による治療が行われることがある。

上顎洞根本術;過去には行われていたが、現在は副鼻腔炎に対して行われる事はない。


東洋療法[編集]

鍼灸;顔の正面中央の髪の生え際から少し上にある上星穴(鬼堂穴、明堂穴、神堂穴)というツボは、副鼻腔炎に効くとされている[2]。また、眉と眉の間にある印堂穴というツボは頭痛、不眠、高血圧、鼻づまり、鼻水、鼻炎、めまいなどに効くとされている[3]。


診療科[編集]

耳鼻科

耳鼻咽喉科

口腔外科

呼吸器科


関連項目[編集]

鼻炎

副鼻腔

臭鼻症

鼻腔


参考文献[編集]

鼻副鼻腔炎の病態と臨床―分子医学から内視鏡・レーザー治療まで(金原出版、ISBN 4307370430)

切開しないで治す蓄膿症―慢性副鼻腔炎の内視鏡手術(春名真一著、保健同人社、ISBN 4832704168)

^ 副鼻腔炎診療の手引き, 日本鼻科学会, 金原出版, 2007/09,ISBN 978-4307370875

^ 上星穴− 部 面部穴位

^ 印堂穴−人体穴道

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=副鼻腔炎&oldid=52183883」から取得

カテゴリ:
耳鼻咽喉科学
posted by arena8order at 12:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。