2014年05月20日

集団思考(groupthink)…集団催眠、集団ヒステリー

Image~020.jpg
#ккк #集団催眠 #集団ヒステリー

#集団思考 - Wikipedia
http://p215.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/052094qWsytcCtUU/z?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E9%259B%2586%25E5%259B%25A3%25E6%2580%259D%25E8%2580%2583&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=%8FW%92c%8D%C3%96%B0&_jig_xargs_=R&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%258FW%2592c%258D%25C3%2596%25B0&guid=on



集団思考


集団思考(しゅうだんしこう、英:groupthink)は、集団で合議を行う場合に不合理あるいは危険な意思決定が容認されること、あるいはそれにつながる意思決定パターン。

そのまま「グループシンク」ということもある。

集団浅慮と訳されることもある。


概要[編集]

集団思考という言葉はウィリアム・ホワイト(英語版)が1952年にフォーチュン誌の中で用いたのが最初である。

しかし、集団の心理的な特徴を表す用語として政治分析に適用したのはアメリカ合衆国の心理学者のアーヴィング・ジャニスである。

ジャニスは

真珠湾攻撃(日本が真珠湾を攻撃する可能性を過小評価した、ハワイおよびワシントンD.C.の米海陸軍首脳)、

朝鮮戦争(国連軍が38度線を越えて進軍した場合に、中国が参戦する可能性を十分には検討しなかったトルーマン政権)、

ベトナム戦争(各方面からの警告を無視した、1964年から67年にかけてのジョンソン政権による戦争の拡大)、

ピッグス湾事件(CIAの立案したキューバ侵攻作戦の非現実的な前提を見逃したケネディ政権)、

ウォーターゲート事件(事件が政権存立に与える危険性への認識が欠如していたニクソン政権)

等が起きたときの記録を調査し、誤った政策決定につながる集団の心理的傾向をモデル化した。

ジャニスが用いた事例は主として、米国大統領とアドバイザーたちで構成される集団の失敗である。

集団思考は基本的に、戦時中や戦争の可能性が高まるなどの危機的状況下における政策決定に適用される。

また、諜報機関の適切な分析を妨げる現象ともされている。

例えば、米国諜報機関の多元的構造も理論上、集団思考を避ける上で有益だと言われている。

他方、米国上院の諜報委員会は、イラク戦争前の情報収集・分析活動の失敗を、集団思考によるものと結論づけた。


概念と類型[編集]

ジャニスは上述の事例に基づく検討から、次にあげる条件があるとき、集団思考の兆候が現れ、それが欠陥のある意思決定につながると結論づけた。


先行する条件

(1)団結力のある集団が、

(2)構造的な組織上の欠陥を抱え、

(3)刺激の多い状況に置かれる

と、集団思考に陥りやすい。


構造的な組織上の欠陥とは、メンバーに発言の機会を平等に与える公平なリーダーシップの欠如、整然とした手続きを求める規範の欠如、構成員の社会的背景とアイデンティティの均一性などのことである。

また、刺激の多い状況とは、リーダーの意見よりもよい解決策が望めないような、集団外部からの強い脅威などのことを指している。

集団思考の兆候

上述の先行する条件があるとき、次のような集団思考の兆候を示し始めることが多い。


第1類型:自分たちの集団に対する過大評価。

自分たちを不死身と見なす幻想や、集団固有の倫理に対する信仰のことである。

例えば、ニクソン大統領とそのアドバイザーは、不死身の幻想に陥り、ウォーターゲート事件による致命的ダメージを警告する声を無視したとされる。


第2類型:閉ざされた意識。

集団による自己弁護、集団外部に対する偏見が具体例である。

例えば、ピッグス湾事件における意思決定では、「敵は間抜けで弱体」と見なす集団外部への偏見が働いていたという。


第3類型:均一性への圧力。

自分の意見が集団内の明白な合意から外れていないかを自ら検閲する行為や、決定が多数派の見解と一致するよう留意すること全会一致の幻想、決定の倫理性、効果に対する集団の自己満足を妨げる情報が集団に伝わるのを防ぐ成員の出現を指す。


欠陥のある決定の兆候

集団思考の兆候を示す3類型のうち、いずれかまたは全てに当てはまると、集団内の合意形成の努力の結果として、欠陥のある決定を下すことが多い。

その兆候とは、

(1)代替案を充分に精査しない、

(2)目標を充分に精査しない、

(3)採用しようとしている選択肢の危険性を検討しない、

(4)いったん否定された代替案は再検討しない、

(5)情報をよく探さない、

(6)手元にある情報の取捨選択に偏向がある、

(7)非常事態に対応する計画を策定できない、

といった点である。


脚注・出典[編集]

^ Janis, Irving,Groupthink: Psychological Studies of Policy Decisions and Fiascoes, 2nd edition (Boston: Houghton Mifflin Company, 1982).

^ Mark M. Lowenthal,Intelligence: From Secrets to Policy, 3rd edition (Washington DC: CQ Press, 2006), p.15.

^ The US Senate Select Committee on Intelligence,Congressional Reports: Report of the Select Committee on Intelligence on the U.S. Intelligence Community's Prewar Intelligence Assessments on Iraq, July 7, 2004, p.18.[1]

^ Janis, Irving,Decision Making: Psychological Studies of Policy Decisions and Fiascoes, p.244.

^ ibid., pp.42-43.

^ ibid., pp.220-225.

^ ibid., pp.36-37.

^ ibid., p.175.

^ ibid., p.175.


関連項目[編集]

アビリーンのパラドックス

合意形成

集団心理、集団決定

同調現象、同調圧力

集団自殺、集団自決

サイバーカスケード

リスキーシフト

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=集団思考&oldid=48820038」から取得

カテゴリ:
認知バイアス
社会心理学
意思決定
政治学
posted by arena8order at 21:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランス(trance)…入神状態、脱魂状態や恍惚状態等

0dc1c6f4.jpg
#ккк

#トランス (意識) - Wikipedia
http://p224.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/05201NZs4gGn4xDY/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2583%2588%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B9_%28%25E6%2584%258F%25E8%25AD%2598%29&_jig_keyword_=%83g%83%89%83%93%83X&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2583g%2583%2589%2583%2593%2583X&_jig_source_=srch&guid=on



トランス (意識)


トランス(英:trance) あるいはトランス状態とは、通常とは異なった意識状態、つまり変性意識状態の一種であり、その代表的なものである。

その状態にもよるが、入神状態と呼ばれることも、脱魂状態や恍惚状態と呼ばれることもある。


概説[編集]

トランス状態には以下のようなものがある。

催眠によって表層的意識が消失して心の内部の自律的な思考や感情が現れるもの

ヒステリーやカタレプシーにより意識を喪失したもの

宗教的修行によって、外界との接触を絶ち、法悦状態になったもの

トランス状態の見かけの程度というのは、全身の痙攣を伴う激烈なものから、あくびを繰り返すだけの軽度のものもあり、さらには他者からの観察では通常の状態と全く変わらないものまで、さまざまなヴァリエーションがある。

このヴァリエーションというのは地域差(文化の差)に起因していることもあるし、年齢差に起因していることもある。

このようにトランス状態というのは見かけには様々なヴァリエーションがあるため、研究する場合はその見た目でわかる一部の要素にこだわってしまうと重要な要素のほうを見落としてしまうことになりかねないという。

トランス状態に入るのにはさまざまな方法がある。

それは社会ごとに定型化されていることが多い。

たとえばイタコやカミサンの場合は祭壇で呪文などを唱える。

沖縄のユタの場合はそれとは異なった手順を経る。

西アジアのシャーマンのように特殊なものを火に注いでその煙を吸う例もある。

(文化人類学などによる宗教研究ではしばしば“シャーマン”という言葉・概念によって宗教的ものごとを分類・説明しており)シャーマンのトランスには、霊魂が身体から離れて異界に移動し神や霊と接触するecstasy(エクスタシー、脱魂)型と、反対に神や霊などの超自然的存在がシャーマンを訪れるpossession(ポゼッション、憑依)型の2種類があると言われている。

羽仁礼は、トランス状態というのは、霊に憑依された時の霊媒や、心霊現象を起こしている時の霊媒などにみられることもあり、また人々が聖母マリアを目撃している最中(→聖母の出現)やイエス・キリストを目撃している最中などもこの状態になる、と説明している。

トランス状態の時には通常の感覚は失われ、例えば目の前でストロボを発光させても反応しなくなるし、からだの一部に針を刺してもそれを感じない。

トランス状態においては脳ではアルファ波が優勢になることが知られている。

トランス状態というのは何も宗教的な場面だけに見られるわけではない。

一例を挙げると、催眠療法というのは催眠を用いた心理療法であるが、一連の暗示操作によって覚醒レベルを下げて被暗示性を高めた状態(変性意識状態、トランス状態)に導き治療を行うものであり、トランス状態のもたらす緊張緩和効果を利用しつつ、リハビリテーション、教育、スポーツなどの幅広い領域へと応用されているのである。


参考文献[編集]

秋山さと子 「トランス(心理学)」『世界大百科事典』第20巻、平凡社、1988年。

網野善彦、高取正男ほか編集 『神と仏: 民俗宗教の諸相』 小学館、1983年、pp.66〜74。ISBN 4093731047。

羽仁礼 『超常現象大事典』 成甲書房、2001年、p.71。


関連文献[編集]

Inglis, Brian (1990).Trance: A Natural History Of Altered States Of Mind. London, Paladin.ISBN 0-586-08933-0

Wier, Dennis R.(1995)Trance: from magic to technology,ISBN 1-888428-38-4

Warren, Jeff (2007)."The Trance". The Head Trip: Adventures on the Wheel of Consciousness., Random House Canada.ISBN 978-0679314080.

Taves, Ann (1999).Fits, Trances, & Visions: Experiencing Religion and Explaining Experience from Wesley to James., Princeton University Press.


出典・脚注[編集]

^a b c d e f 秋山さと子 「トランス(心理学)」『世界大百科事典』第20巻、平凡社、1988年。

^a b c d e f g 羽仁礼 『超常現象大事典』 成甲書房、2001年、p.71。

^a b c d e f g h 網野善彦、高取正男ほか編集 『神と仏: 民俗宗教の諸相』 小学館、1983年、pp.66〜74。ISBN 4093731047。

^ 谷田貝公昭『保育ミニ辞典』p.65。


関連項目[編集]

変性意識状態

霊媒

シャーマン

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=トランス_(意識)&oldid=49211885」から取得

カテゴリ:

意識研究
心理学
超心理学
文化人類学
民俗学
心霊現象
posted by arena8order at 20:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

集団ヒステリー 2

Image~019.jpgImage~020.jpgImage~018.jpg

世界で起こった奇妙な「#集団ヒステリー」トップ10
http://p220.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0520oixC4TiZCP9F/0?_jig_=http%3A%2F%2Fjapan.digitaldj-network.com%2Farchives%2F51932322.html&_jig_keyword_=%8FW%92c%83q%83X%83e%83%8A%81%5B&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%258FW%2592c%2583q%2583X%2583e%2583%258A%2581%255B&_jig_source_=srch&guid=on


バッファローの一団が大移動中に突然崖から飛び降りる等、人間だけで無く、一定の「群れ」が不安や脳の処理能力を超える状況に陥ると強いストレスによって発生する集団ヒステリー (mass hysteria)。

日本でも1970年代に社会現象になった「オイルショック」を始め、都市伝説「フロッピーディスクの発明者はドクター中松」「口裂け女」等、大小見受けられてきた事例の数々。

そしてこのあと紹介する10の興味深い事件を見ていると、震災以降の僕達の行動にも当てはまることが出てきてドキッとします。

危機が架空のものであろうと現実に身に迫るものだろうと、当事者たちに与えられた原因と心的状態は一緒。

今後「崖から飛び降りない」ために集団を構成する一員として

人類の歴史を振り返るという意味でも、人間の奇妙な本能に興味津々な好奇心としても必見です。


10. ムンバイの「あまい水」

ムンバイの住民が2006年、インドで最も汚染された川の一つ「マヒム・クリーク(Mahim Creek)」が突然 “甘くなった” 騒ぎ出した事件。

最初の発生から数時間も経たないうちに人々の間に一気に広まり、グジャラート州の住民も同様に「ティタール・ビーチ (Teethal beach)」で海水が同様に甘くなっていたと主張した。

胃腸炎など、水を媒介とする疾病の重篤な流行の可能性を恐れマハラシュトラ州公害対策委員会は飲まないよう警告したが、それにもかかわらず人々は多量のゴミが浮遊するこの「あまい水」をボトルに集めていたという。

翌午後2時になって水は再び塩味にとな・・・う〜ん。

健康系で日本でもよく聞きますね・・・


09. タンザニアで「笑い」の大感染

1962年アフリカ南東部タンザニアの街・タンガニーカで「笑い」の集団ヒステリーが勃発。

ビクトリア湖の西岸に位置するカシャーシャ村の全寮制の学校で数人の生徒がひとつのジョークをきっかけに笑い出し、その笑いは周囲の子供や両親たちに伝播。

他の学校から村全体、そして他の村まで一気に広がり、痛み・失神・呼吸器障害・発疹など数千人が影響を受けた。

6〜8ヶ月後にようやく収束したという。

最初のジョークがどんなものだったのか非常に気になる。


08. ヒンドゥー教・ミルクの奇跡

「ヒンドゥー教・ミルクの奇跡」は1995年9月21日ヒンズー教徒たちのあいだで発生した。

夜明け前、南ニューデリーの寺院でヒンドゥー教の礼拝者がガネーシャ像に牛乳を捧げたところ、スプーンを満たしていたミルクが神像の胴体に取り込まれていった。

この現象が同じ日の午前中には北インドにある全ての寺院の神像で起こり、さらに数日間に渡ってインド以外の寺院でも報告されるようになったが、同年10月初旬には収束。

懐疑論者はこの事件を集団ヒステリーの症例と断定した。

その後事件は2001年に「猿男事件」(後述)が始まるまで多くの新聞の話題を独占することとなる。


07. 6月の「虫」現象

1962年に謎の病気が米国の繊維工場の縫製部門で勃発。

「虫に刺された」とされる、しびれ・吐き気・めまい・嘔吐などの症状が瞬く間に工場の被害者たちに広まった。

まもなくこの不思議な症状を訴える従業員は62人に達し、そのうち数人が入院したと当時のニュースは伝えている。

工場の専属産業医とPublic Health Service Communicable Disease Center が行ったその後の調査で上記症状を引き起こすインフルエンザのようなものは考えにくく、全ての従業員に虫に刺された痕跡が発見されなかったことから、集団ヒステリーの症状の一つだと結論づけられた。

研究者が「労働者の一部が虫に刺された」と判断している間に、人々の不安がこのような症状を引き起こしたと考えられる。


06. 昼メロ・ヒステリー

昼ドラ「Morangos com Acucar」は 典型的な若者の生活を描くことでポルトガル語圏の子供と青少年の間で超人気の番組。

2006年5月「Morangos com Acucar ウイルス」なるものがポルトガルの学校で報告され、14校・300人以上の生徒の間でドラマの登場人物が罹患したものと似た発疹・呼吸困難・めまいが急速に広まり学級閉鎖となった。

ポルトガルのNational Institute for Medical Emergency は集団ヒステリーと断定。

このドラマシリーズが与える大きな影響を親たちが懸念することとなり、新聞や雑誌で大きな話題となった。


05. 毒女事件

カリフォルニアのリバーサイドに住むグロリア・ラミレズ(Gloria Ramirez) は、彼女に近づいたり血液に触れたりした数人の病院スタッフにある病状を起こしたことで「毒女」とメディアに名付けられた。

1994年、彼女は子宮頸がんの症状を訴え病院に運ばれたが、その時対応した医療スタッフすべてが不調を訴えたのちに気を失った。

グロリアの体はニンニクとフルーティーな匂いを発し、血液には奇妙な紙片のような物質が含まれていたという。

だが奇妙なことに彼女の体を運んだり処置した人々の血液を検査したところ、誰からも異常は見つからなかったという。

保健所は調査後に声明を発表、この症状は集団ヒステリーとされた。


04. ラジオドラマ「宇宙戦争」事件s

1938年10月30日、米・CBS「マーキュリー劇場」内のラジオドラマ「宇宙戦争」で “宇宙人が地球(アメリカ) に攻めてきた” というストーリーを放送したところ、たまたま番組のその部分だけを聴いたリスナーたちがパニックに陥った。

そこから噂が拡大。

舞台となった地域からは住人たち逃げ出し一時ゴーストタウンとなり、「毒ガスの匂いを嗅いだ」「遠くのほうで空が光るのを見た」とパニックに陥った群衆は次々に増加。

収束を図るために断続的に警官隊が投入され続け、ドラマで語られたような「人々の混乱と警察の鎮圧用フラッシュライトの光」というシーンが夜に到るまで現実に続いた。

オーソンウェルズ監督によるシナリオとナレーションがあまりにリアルだったことや、第二次世界大戦へとつながる緊張と不安という社会情勢が当時国民を覆っていたということも付加要因だったと言われている。

放送後、オーソン・ウェルズを含む製作者に対して新聞社を黒幕とした非常に多くの訴訟が行われたが、番組中に「これはドラマである」旨の放送をしていたため、すべて棄却または無罪となった。

1949年、エクアドルにおいて同様のドラマが放送されたが、この時は放送後に暴徒化した民衆によって出演者6名を含む21名が殺害され、プロデューサーは投獄されている。


03. インド「ニューデリー」のモンキーマン (猿男)

2001年の4月から5月にかけて出没したと言われる体長1.5m~1.8mほどの「猿のように上半身は毛深く、鋭い爪を持つ怪物 “バンダル・マーナブ”」。

夜間街に現れ家屋の屋根伝いに自在に跳梁し移動。

外で寝ている人などに襲い掛かり、怪我をさせたという。

当時は2000年代最大のUMA騒動として大きな話題となり、モンキーマン(猿男) の情報にパニックとなった人々が慌てて屋根から落ちたり、逃げる際の転倒が原因などで3人の死者が出ている(猿男の攻撃によって死亡した例は確認されていない)。

多くのニュース番組で特集が組まれ、新聞でも紙面の4分の1という大きな扱いで紹介され、事件の解決には警察までもが動員。

さらに懸賞金もかけられた。


02.ペニス・パニック

「ペニス・パニック」は男性が突如として自分の性器が小さくなる、もしくは完全に消えてしまうと妄想する集団ヒステリー。

このような事件はアフリカやアジアを中心に世界各地で発生している。

1967年、シンガポールで数千人を襲った「ペニス・パニック」の際には報道管制が敷かれ、政府と医療関係者によって「解剖学的にありえない」との大キャンペーンが敷かれた。


01. 踊りのペスト

多くの人々が数日にわたって休みなくダンスしてしまう「踊りのペスト」は1581年、旧・神聖ローマ帝国領、フランスのストラスブールで発生。

事の発端は1518年7月にFrau Troffea という女性が路上で突然猛烈に踊りだしたことに始まり、その後4〜6日間続いた。

はじめの1週間に34人が加わり、1ヶ月後にはおよそ400人に発症。

これらの人々の殆どが最終的に心臓発作、脳卒中、または極度の疲労が原因で死亡したことも非常に衝撃だ。

医師のメモ、大聖堂の説教、地元の年代記、当時の市議会による発表からもこのような現象が起きたことが分かっているが、人々がなぜ踊ったのか、この踊りは自発的なものだったのか、はいまだ明らかにされていない。


グループ・ダイナミックス --集団と群集の心理学
posted by arena8order at 19:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

集団ヒステリー 1

Image~014.jpg

#集団ヒステリー - Wikipedia
http://p221.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0520qeHyoFjC1bX5/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E9%259B%2586%25E5%259B%25A3%25E3%2583%2592%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2586%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25BC&_jig_keyword_=%8FW%92c%83q%83X%83e%83%8A%81%5B&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%258FW%2592c%2583q%2583X%2583e%2583%258A%2581%255B&_jig_source_=srch&guid=on



集団ヒステリー


集団ヒステリー(しゅうだんヒステリー)とは人間集団において見られている現象。

集団内に存在する一部の構成員がヒステリーの症状を起こす事により、その集団の他の構成員にもそのヒステリーの状態が伝播していき、やがてはその集団の全体がヒステリーの状態となってしまう様な現象の事を言う。

これは学校や寮や集落や宗教等と言った団体に於いて見られている。

これは構成員同士が親密であるからこそ、発端者から、他の構成員へと伝播していると見られている。

また構成員の域を超えて外部にまでヒステリーが伝播していると言う例も見られる。

世界各国で多くの人間を巻き込んだ起きた事件は、それは集団ヒステリーだったと報道されている事がある。

たとえば2013年6月にバングラデシュの衣料品工場で約800人の従業員が体調不良を訴え、60人が病院に搬送されると言う事件が起きたが、これは少数は体調不良であったが、大多数は精神的な事柄が原因であったという、所謂、集団ヒステリーであったとされている。


脚注[編集]

^ 集団ヒステリー とは - コトバンク

^ バングラデシュで800人が集団ヒステリー!! 世界、そして日本でも集団ヒステリーが多発の危険か? - Ameba News [アメーバニュース]


関連項目[編集]

集団パニック

モラル・パニック

群集事故

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=集団ヒステリー&oldid=49784361」から取得

カテゴリ:
社会
群集心理学
posted by arena8order at 19:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。