2014年05月09日

耐久 → Thedurability…

img_hachitai_16_l.jpgimg_hachitai_18_l.jpgs-tai.jpg

「耐久性」に関連した英語例文の一覧
http://p210.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0509ZahO8XBz6plF/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E8%2580%2590%25E4%25B9%2585%25E6%2580%25A7&_jig_keyword_=%91%CF%8Bv%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E8%2580%2590%25E4%25B9%2585%26p%3D%2591%25CF%258Bv%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26trans%3D0&_jig_source_=srch&guid=on



耐久 → Thedurability

長くもちこたえること。 → Hold for a long time.

長持ちすること。 → Last a long time.

「耐久レース」「耐久性」 → The"endurance race" "durability"



耐久レース → Endurance race

http://p219.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0509K5wtV6pYzEAR/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E8%2580%2590%25E4%25B9%2585%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B9&_jig_keyword_=%91%CF%8Bv&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2591%25CF%258Bv&_jig_source_=srch&guid=on


耐久レース → Endurance race

耐久レース(たいきゅうレース、英: → Endurance race(たいきゅう lace British:)

EnduranceRace)は、モータースポーツにおける競技形態のひとつ。 → Endurance Race)is one which is inacompetition form in motor sports.

規定距離の走破時間を競うもの規定時間内の周回数を競うものに大別され、タイトルには「○○時間」「○○km」が付加されることが多い。 → It is classified roughly byathing competing forthenumber ofthesurroundings inthething rule time to compete for run time oftherule distance,and ""○○ km is often added toatitle at "○○ time.

どちらも競技時間が長時間になるため、ドライバー交代や競技中の給油が行われるが、短時間・短距離の耐久戦ではドライバーを交替せずに走り通すものもある。 → Because competition time is long time both, adriver change and refueling playing a game are carried out,but there isthething to run without changingadriver bythedurability round oftheshort distance forashort time,and to put.


主な耐久レース[編集] → Main endurance race[editing]

ル・マン24時間レースニュルブルクリンク24時間レースニュルブルクリンク1000kmプチ・ルマン → 24, Le Mans time レースニュルブルクリンク 24 hours レースニュルブルクリンク 1,000km petit Le Mans

デイトナ24時間レース → Daytona 24 hours race

スパ24時間レース → Spa 24 hours race

スパ1000km → Spa 1,000km

モンツァ1000km → Monza 1,000km

鈴鹿1000km(ポッカ1000km)(鈴鹿サーキット)富士1000km(富士スピードウェイ)富士500マイル(富士スピードウェイ)富士24時間耐久レース(富士スピードウェイ)鈴鹿12時間耐久(鈴鹿サーキット)十勝24時間レース(十勝インターナショナルスピードウェイ)アッセン500km → It is race(Tokachi international speed way)アッセン 500km Suzuka 1,000km(Pokka 1,000km) (Suzuka Circuit)for durability(Suzuka Circuit)Tokachi 24 hours for endurance race(Fuji Speedway)Suzuka 12 hours for 500 miles(Fuji Speedway)of Fuji 1,000km(Fuji Speedway)Fuji Fuji 24 hours

アルバセテ8時間耐久 → TheAlbacete eight hours durability

ゾルダー24時間耐久 → Thesol da 24 hours durability

セブリング12時間レースバサースト1000 → Cebu ring 12 hours race Bathurst 1000

オーシャスレーベン24時間耐久レースボルドール24時間耐久レース鈴鹿8時間耐久ロードレースもて耐・DE耐(ツインリンクもてぎ)スーパー耐久 → Haveadurability road race for endurance race Suzuka eight hours for durability レースボルドール 24 hours for オーシャスレーベン 24 hours; theDE(Twin Ring Motegi)super durability-resistant-resistant

太平山耐久レース → Mt. Taihei endurance race


派生競技[編集] → Derivation competition[editing]

1998年より毎年、十勝スピードウェイを舞台にママチャリ(婦人用買物自転車)耐久12時間レースが行われている。 → Arace is carried out on the stage of Tokachi speed way every year from 1998 for granny's bike(womens shopping bicycle)durability 12 hours.

改造規格などの厳正化、深夜走行などモータースポーツをベースとした本格的競技となっている。 → Ibecometherigid impartiality such as remodeling standards and becomethemotor sports-based full-scale competition includingthelate-night run.


http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=耐久レース&oldid=47174680」から取得カテゴリ: → It isanacquisition category from "http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title= endurance race &oldid=47174680":

モータースポーツ隠しカテゴリ: → Aconcealment of motor sports category:

モータースポーツ関連のスタブ項目 → Motor sports-related stub item





羽田、川崎、アウトバーン、新月、満月… → Haneda,Kawasaki,autobahn, thenew moon,full moon…
posted by arena8order at 19:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Fw: WHO、ポリオ感染の拡大で緊急事態宣言【パンデミック・アラート No.240 2014.5.9】

Image~004.jpgImage.pngImage~003.jpg
#ккк

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
______ パンデミック・アラート _______________ No.240 2014.5.9 ____/

http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/special/pandemic/
http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/special/flu/

PR
★ 「GlobalvoiceEnglish3 Lite メディカル・パック」発売中
★ 発表原稿をネイティブライクに読上げてくれるソフトができました
★ 音声のデモは https://www.youtube.com/watch?v=oZUtX0ii2tY
★ 領収証等の発行についても対応しています
★ 詳しくは http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/store/pickup/ge3/
----------------------------------------------------------------------PR
------------------------------------------------------------------■□
<今週のトピックス>

◆ H7N9鳥インフルエンザ感染者、家禽類との接触歴「不明」が50%に
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/special/pandemic/topics/201405/536391.html

 中国を中心に確認されているH7N9型鳥インフルエンザのヒト感染例は減少傾向
にあるものの、4月に報告された症例のうち家禽類との接触歴が「不明」とされる
症例は半数に及んでいることが明らかになった。


◆ WHO、ポリオ感染の拡大で緊急事態宣言
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/special/pandemic/topics/201405/536362.html

 WHOは5月5日、世界的にポリオ(急性灰白髄炎)感染が拡大する恐れがあると
して「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」(PHEIC)を宣言した。各国に警
戒を呼びかけるとともに、予防接種などの対策を急ぐよう求めている。


◆ インフルエンザ、全国的には減少も東北地方での流行は続く
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/special/flu/topics/201405/536313.html

------------------------------------------------------------------■□

<前号のトピックスから>

◆ インフルエンザ、7週ぶりに患者数が増加
山梨県、岩手県、山形県、福島県など8県で注意報の目安を超える
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/special/flu/topics/201404/536155.html

◆ 妊娠中のラニナミビルの使用で妊娠や胎児の有害転帰のリスク上昇はない
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/special/flu/topics/201404/536154.html


■□------------------------------------------------------------------
<編集部から>
★ WHOは5月5日、世界的にポリオ(急性灰白髄炎、小児麻痺)感染が拡大する恐
れがあるとして「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」(PHEIC)を宣言しま
した。2009年の新型インフルエンザ(H1N1pdm09)発生時に次ぐ宣言となります。
各国に対して警戒を呼びかけるとともに、予防接種などの対策を急ぐよう求めてい
ます。
★ 厚生労働省検疫所はホームページ上で、「日本の定期の予防接種では、2012年8
月までは経口生ワクチンが使用されていたが、2012年9月以降は注射の不活化ポリ
オワクチンが使用されている」とし、ポリオが発生している国に渡航する人は、追
加の予防接種を検討するよう求めています。渡航の予定がある方はワクチン接種を
ご検討ください。
(三和護=日経メディカル別冊・編集委員)

◆日経メディカル Onlineではインフルエンザの情報を以下に集約しています。
こちらもご参照ください。
http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/search/j01/0002.jsp

◆パンデミック・アラートでは皆様からの投稿をいただき、情報を共有する場
としたいと考えております。イベント情報をはじめ、ご意見、ご要望などあり
ましたら、以下の画面からご連絡ください。
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_pass4/index.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

☆「パンデミックに挑む」のトップページはこちら
 → http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/special/pandemic/

★「インフルエンザ診療Next」のトップページはこちら
 → http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/special/flu/

☆このメールマガジンの送信先変更・配信停止はお手数ですが、
 日経BPパスポートのメール案内ページから操作をお願いします。
 配信停止までに、数日かかることがございます。
http://passport.nikkeibp.co.jp/bizmail/ful/index.html

☆登録情報やメール配信先アドレスの変更、配信希望メールの追加/中止/再開
につきましては、登録時にご指定いただいたE-mailアドレス、ユーザーID、パ
スワードが必要です。ユーザーIDとパスワードが分からない場合は、
https://passport.nikkeibp.co.jp/bizpwd/search_pass/index.html
 から確認できます。

☆内容・記事に対するお問い合わせ、新製品ニュースリリースなどの情報のご
提供、協賛または広告掲載をご希望の方は、下記まで送信をお願いいたします。
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_pass4/index.html

☆このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
 このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Copyright(C)、日経BP社、2014 掲載記事の無断転載を禁じます。
〒108-8646 東京都港区白金1-17-3
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Copyright(C)2014 Nikkei Business Publications,Inc.All Rights Reserved
posted by arena8order at 17:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ккк 発展途上人 → Developing person

Image~016~001.jpg51F60MQ6ZEL_SL500_AA300_~001.jpg300px-Mt_Kurahashi_Kudan.jpg
#ккк

「発展途上国」に関連した英語例文の一覧 -
http://p216.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/05099IjrA8wzBkZF/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E7%2599%25BA%25E5%25B1%2595%25E9%2580%2594%25E4%25B8%258A%25E5%259B%25BD&_jig_keyword_=%94%AD%93W%93r%8F%E3%8D%91%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E7%2599%25BA%25E5%25B1%2595%25E9%2580%2594%25E4%25B8%258A%25E5%259B%25BD%26p%3D%2594%25AD%2593W%2593r%258F%25E3%258D%2591%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26trans%3D0&_jig_source_=srch&guid=on


発展途上人の同義語-類語辞典(シソーラス)http://p224.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0509Y1zekPWVISQE/0?_jig_=http%3A%2F%2Fthesaurus.weblio.jp%2Fcontent%2F%25E7%2599%25BA%25E5%25B1%2595%25E9%2580%2594%25E4%25B8%258A%25E4%25BA%25BA&_jig_keyword_=%94%AD%93W%93r%8F%E3%90l&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2594%25AD%2593W%2593r%258F%25E3%2590l&_jig_source_=srch&guid=on → Synonym-synonym dictionary(thesaurus) ofthedeveloping person


「発展途上人」の同義語の関連用語 → Related term ofthesynonym of"thedeveloping person"

発展途上人のお隣キーワード → Next to developing person keyword

発展途上 → It is developing

発展途上な時期 → Developing time

発展途上にある → It is developing

発展途上の → It is developing

発展途上のメーカー → Developing maker

発展途上の国々 → Developing countries

発展途上人 → Developing person

発展途上各国 → It is each country inadevelopment road

発展途上国 → Developing countries

発展途上帝国MORO → Developing empire MORO

発展途上諸国 → Thedeveloping countries

発市 → 発市

発布 → Thepromulgation

発展途上国【はってんとじょうこく】経済的発展が相対的に遅れている南の諸国の総称。 → Thegeneric name ofthesouth countries which are relatively behind with developing countries[はってんとじょうこく]economical development.

世界銀行の分類によると、世界209カ国(人口3万人以上)のうち、149カ国の低・中所得国(1人当たり国民総所得〈GNI〉が2007年7月末現在で1万1115ドル以下)がこれに当てはまる。 → According totheclassification oftheWorld Bank, thelow low-income economies(with less than 11,115 dollars of nation gross income〈GNI〉as oftheend of July, 2007)of(more than a population of 30,000 people)149 countries of the world in 209 countries fulfill this.

かつてJ.S.ミルは、『経済学原理』の中で「世界経済の進歩の中で遅れている国々」のことを後進国(backwardcountries)と呼んだが、南北問題が注目され始めた1960年代に、発展途上国という呼称が国連(UN)用語として定着した。 → John Stuart Mill called "countries delayed in progress oftheworld economy" underdeveloped country (backward countries) in"aneconomics principle",butthename developing countries settled as United Nations(UN)term once inthe1960s whentheNorth-South problem had begun to attract attention.

70年代に入ると、欧米などの自由主義国を第一世界、ソ連・東欧などの社会主義国を第二世界、それ以外の諸国を第三世界(TheThirdWorld)と呼ぶことが普及した。 → Whenthe70s began,it spread to call Second World, thecountries except it with Third World (The Third World) in socialism countries of First World,Soviet Union,Eastern Europe in free countries such as Europe and America.

その名付け親は、旧仏領マルチニク島出身の黒人精神科医、F.ファノンである。 → Thegodparent is black psychiatrist from former French territory multi-meat island,F.Fnon.

この用語は、フランス革命時に、僧侶、貴族に次ぐ「第三身分」としての平民が来たるべき新たな時代を担ったことに由来している。 → This term comes from thatapriest, acommoner as"thedaisanmibun" next tothenoble carriedthecoming new times at the time oftheFrench Revolution.

(室井義雄 専修大学教授) → (professor at Yoshio Muroi Senshu University)

発展途上国 developingcountries → Developing countries developing countries

発展途上国という言葉が生まれたのは1960年代に入ってのことである。 → It is thatthe1960s begins thattheword developing countries was born.

それ以前は,〈後進国backwardcountries〉〈低開発国under‐developedcountries,less‐developedcountries〉という言葉がおもに〈先進国developedcountries,advancedcountries〉では通常用いられていた。 → Theword ,〈 underdeveloped country backward countries 〉〈 developing country under-developed countries,less-developed countries〉was usually used before it mainly in〈developed country developed countries,advanced countries〉.

しかし,旧植民地・保護領の独立増大とともに,これら新興国は後進国,低開発国など価値判断を内包した言葉をきらい,1962年,非同盟諸国の首唱の下に〈発展途上国の経済開発会議〉をカイロで開き,それ以降,発展途上国もしくは開発途上国の呼名が定着することになった。 → However,these rising nations dislikethewords that containedanunderdeveloped country, thevalue judgment includingthedeveloping country withtheindependent increase oftheprotectorateaformer colony,and,in 1962, Iopen economic development meeting〉of〈developing countries totheproponent of nonaligned nations in Cairo,andthegiven name of developing countries orthedeveloping country will settle after it.

発展途上国【はってんとじょうこく】 → Developing countries[はってんとじょうこく]

先進国に相対するものとして1960年代に入って用いられてきた言葉。 → Thewords thatthe1960s began asthething which stood opposite tothedeveloped country,and have been used.

それ以前は後進国,低開発国などといわれたが,旧植民地・保護領の独立増大とともに,それらの新興国は1962年,非同盟諸国の首唱のもとに〈発展途上国の経済開発会議〉をカイロで開き,それ以降,発展途上国もしくは開発途上国の呼名が定着した。 → Iwas said to beanunderdeveloped country, adeveloping country before it,but those rising nations opened economic development meeting〉of〈developing countries totheproponent of nonaligned nations withtheindependent increase oftheprotectorate in Cairoaformer colony in 1962,andthegiven name of developing countries orthedeveloping country settled after it.

※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。 → Thetext placesapart oftheglossary oftheorigin of source.

はってんとじょうこく【発展途上国】 → はってんとじょうこく[developing countries]

経済的先進国に対して,国民一人当たりの実質所得が低く,産業構造が一次産品に依存し,経済的発展の途上にある国々。 → Thecountries whichthereal income per nation is low,and industrial structure depends ontheprimary products foraneconomical developed country,and are on the way totheeconomical development.

開発途上国。 → Adeveloping country.

低開発国。 → Adeveloping country.

LDC。 → LDC.

はってんとじょう‐こく〔ハツテントジヤウ‐〕 【発展途上国】《 developingcountry 》⇒開発途上国世界大百科事典内の発展途上国の言及【開発輸入】より → Fromthereference[importation encouraging development]ofthedeveloping countries intheはってんとじょう-body[ハツテントジヤウ- ]【 developing countries 】《 developing country 》⇒ developing country world large encyclopedia

先進国が,発展途上国に資本・技術等を供与して鉱産物や農林水産物の探査や開発を行い,その生産物を輸入することをいう。 → Adeveloped country gives capital, atechnique tothedeveloping countries and performs exploration andthedevelopment ofamineral product and agriculture and forestry marine products and says thatIimporttheproducts.

資源の長期・安定確保と同時に発展途上国の経済発展に寄与しようというものである。 → Isay to contribute totheeconomic development of developing countries with stable securitythelong term of resources.

【国旗差別】より → From[national flag discrimination]

現代の世界海運で国旗差別措置を採っている国は,〈自国船優先積取規定〉をもつアメリカぐらいのものであった。 → Thecountry which adopted national flag discrimination measures by modern world marine transportation wasathing oftheUnited States which had ,〈 自国船優先積取規定〉.

ところが第2次大戦後政治的独立をかちとった多くの発展途上国が,1950年代の後半から60年代にかけて経済的自立意識を高め,経済開発と国際収支の改善を図る有力な手段として,自国海運業の育成発展をめざした。 → However,many developing countries which gained political independence after World War II raised economical independence consciousness fromthelatter half ofthe1950s tothe60s and aimed attheupbringing development oftheown country shipping trade as influential means to plan improvement oftheeconomic development and international trade balance.

これら途上国は,海運業を興すために必要な設備資金も,海運経営知識も,船舶運航技術も,国際市場での営業基盤やのれんも,もちあわせていなかった。 → In these developing countries,neitherthefunds for equipment necessary to launchtheshipping trade northemarine transportation management knowledge northeship operating technique let you haveabusiness base andthenoren intheinternational market.

【新植民地主義】より → From[new colonialism]

1950年代末以降,アメリカ,ヨーロッパ,日本など先進国が,形式的にはいわゆる〈発展途上国developingcountries〉の主権を尊重しながらも,実質的にはこれらの途上国を〈半植民地〉的状況におき,途上国(つまり〈新植民地neo‐colony〉)に対する政治的支配と経済的搾取を維持・強化するために再編した植民地支配の新しい体系。 → Anew system ofthecolonial rule thatIreorganized becauseIput these developing countries inthesituation of〈semicolony〉substantially whiletheUnited States,Europe, adeveloped country including Japan respected sovereignty of so-called〈developing countries developing countries〉formally aftertheend of 1950s,and maintenance strengthenedthepolitical rule forthedeveloping country(in other words〈new colony neo-colony〉)and economical exploitation.

19世紀,欧米や日本の帝国主義列強はアフリカ,アジア,ラテン・アメリカ地域を植民地,半植民地,従属国として従属下においた。 → Inthe19th century,Europe and America andtheJapanese imperialism Great Powers placed Africa,Asia,Latin United States area under subordination asacolony, asemicolony, adependency.

※「発展途上国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。 → Iplaceapart oftheglossary mentioning "developing countries".

発展途上国に近い言葉→後発発展途上国| → Words→least developed country which is near tothedeveloping countries

発展途上社会研究センター| → Developing society research center

後発開発途上国(LDC)| → Late departure developing country (LDC)

政府の途上国援助(ODA)| → Developing country help (ODA) ofthegovernment

先進国と途上国| → Developed country and developing country

途上国| → Developing country

後発開発途上国| → Late departure developing country

対中ODA(政府の途上国援助)| → ODA(developing country help ofthegovernment)to China

小島嶼開発途上国| → Small islands developing country

開発途上国発展途上国の関連情報 → Related information of developing country developing countries

発展途上国とは -コトバンク → It is-Koto bank with developing countries

http://p221.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0509uh6NE7TfSJTJ/0?_jig_=http%3A%2F%2Fkotobank.jp%2Fword%2F%25E7%2599%25BA%25E5%25B1%2595%25E9%2580%2594%25E4%25B8%258A%25E5%259B%25BD&_jig_keyword_=%94%AD%93W%93r%8F%E3%8D%91&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E7%2599%25BA%25E5%25B1%2595%25E9%2580%2594%25E4%25B8%258A%25E4%25BA%25BA%26p%3D%2594%25AD%2593W%2593r%258F%25E3%258D%2591%26trans%3D0&_jig_source_=srch&guid=on
posted by arena8order at 17:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

急性灰白髄炎-poliomyelitis ポリオ-Polio

Image.pngImage~003.jpgImage~001.png
#ккк #terrorism #terrorist #microweb #XXXXX

急性灰白髄炎 - Wikipedia
http://p220.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0509YD4Lt7ixt5fI/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E6%2580%25A5%25E6%2580%25A7%25E7%2581%25B0%25E7%2599%25BD%25E9%25AB%2584%25E7%2582%258E&_jig_keyword_=%83%7C%83%8A%83I&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2583%257C%2583%258A%2583I&_jig_source_=srch&guid=on



急性灰白髄炎


分類及び外部参照情報

ポリオによって右足が萎縮している男性

ICD-10 A80.,B91.
ICD-9 045,138
DiseasesDB 10209
MedlinePlus 001402
eMedicine ped/1843 pmr/6
MeSH C02.182.600.700


ポリオウイルス


急性灰白髄炎(きゅうせいかいはくずいえん、poliomyelitis)は、ポリオ(Polio) とも呼ばれ、ピコルナウイルス科、エンテロウイルス属のポリオウイルスによって発症するウイルス感染症のこと。

ポリオは、Poliomyelitis(ポリオマイアライティス)の省略形。ポリオウイルスが原因で、脊髄の灰白質が炎症をおこす。

はじめの数日間は胃腸炎のような症状があらわれるが、その後1パーセント以下の確率で、ウイルスに関連した左右非対称性の弛緩性麻痺(下肢に多い)を呈する病気である。


疫学[編集]

一般には脊髄性小児麻痺(略して小児麻痺)と呼ばれることが多いが、これは5歳以下の小児の罹患率が高い(90%以上)ことからで、成人も感染しうる。

季節的には夏から秋にかけて多く発生する。

1961年から予防接種が実施されている。

日本では、1980年に野生株によるポリオ感染が根絶され、その後は定期接種で行われる経口生ポリオワクチンからしか発症していないが、海外では流行している地域がある。

世界保健機関(WHO) は根絶を目指している。


感染経路[編集]

病原ウイルスは、感染者の咽頭に存在し、主な伝染源になるのが感染者の便から排出されたウイルスで、さまざまな経路で経口感染する。

感染者の一部で、消化管から神経組織へとウイルスが侵入する。


症状[編集]

潜伏期間は1 - 2週間。

発病初期の症状は、発熱、頭痛、倦怠感、嘔吐、下痢など、感冒・急性胃腸炎に似たものである。

このような症状が1 - 4日続き、熱が下がるころ足や腕に弛緩性の麻痺が起こる。

ときに横隔膜神経・延髄麻痺を生じて呼吸不全を起こし、死亡する危険が生じてくる。

5 - 10人に一人の確率で終生麻痺が残る。


治療法[編集]

特異的な治療法は無い。

急性症状に対する対症療法を行う。

残った麻痺には、マッサージや電気療法、運動療法などのリハビリテーションを行う。


予防[編集]

経口生ポリオワクチンを投与される子供

経口生ポリオワクチン(3価又は1価)又は不活化ポリオワクチン(3価)の接種がいずれも有効である。

野生株流行時はワクチンが絶大な予防効果を発揮する。

生ワクチンでは弱毒化した生きたポリオウイルスそのものを接種し感染させるため、ワクチンウイルス感染による麻痺性ポリオ発症が一定の確率で生じる。

ポリオはウイルスの中枢神経への感染により引き起こされるので、ホルマリン処理されウィルスが生きていない不活化ワクチンを接種してもポリオは発症しない。

野生株によるポリオ感染が無くなった地域・国では、麻痺を起こさない、より安全な不活化ワクチンへ移行しつつある、 3価の経口生ポリオワクチンの場合、1回目の接種では最も強い2型が主に腸管内で増殖する。

この際、生ワクチン株の各型のウイルス同士が干渉するために、1型と3型のウイルスは充分に増殖せず抗体も産生されにくい。

2回目の接種では2型の局所免疫ができているので2型は増殖せず、代わりに1型が主に増殖する。

このように接種回数を重ねるとともに2型、1型、3型の順番に抗体がつくため、WHOでは3回以上の接種が推奨されている。

2回のみ接種の日本人は前2者に対する抗体が主に産生される。

旧型の不活化ワクチンでは充分なポリオ免疫がつかない事例があったが、1980年代に改良された強化型不活化ポリオワクチンeIPVでは、2回接種で95%、3回接種で99 - 100%の接種者が免疫抗体を獲得し、免疫は一生涯続くと考えられている。

ポリオは1988年のWHOの総会において2000年までの根絶が決議されたが、2010年現在で1型/3型ポリオは根絶されていない状況である(2型ポリオの野生株は1999年以降、世界中で検出されておらず、正式な発表こそないが根絶されたと考えられる)。

根絶計画により流行地域は非常に狭まっており、2012年現在で常在国はナイジェリア、パキスタン、アフガニスタンとなっている。

しかし、渡航者などによる飛び火で、周辺国でも報告例が相次いでいるので、感染症情報には常に注意を要する。

厚生労働省検疫所では南アジア、中近東、アフリカへの長期渡航でリスクのある場合の追加接種を推奨している。

ただし、国際的視点からだと、この追加接種は、幼児期の接種、すなわち、経口生ポリオワクチン3回以上、または、不活化ポリオワクチン(注射)3回以上、または生と不活化のいかなる組み合わせで3回以上、が完了していることが、大前提である。

幼児期接種回数満了後、成人期追加接種1回と考えるのがグローバルな視点である。


常在国の状況[編集]

ポリオの発生状況(2010年)WHO

ポリオは1988年には世界125カ国において年間35万症例が発生していたが、日本を含む国際社会の真摯な取り組みにより、2009年には約1600症例にまで減少した。

その後の推移は2010年1349例、2011年650例、2012年は5/8時点で53例となっている。

現在、ポリオの常在国はパキスタン、アフガニスタン、ナイジェリアの3カ国のみとなり、根絶へ向けた最終段階に入っている。

しかし、これらの国々は何れも政治・社会的な理由から子どもたちへの予防接種が困難であったり、資金量の低下によってポリオ根絶に向けた足踏み状態が続いている。

しかし、ここでポリオ根絶に向けた取組みを加速化させなければ、ポリオ発症例数が増加に転じ、さらに周辺国への感染被害を引き起こし、これまでの根絶への努力が無駄になってしまう恐れがある。実際に、2011年現在、常在国4カ国の周辺17カ国においてもポリオ症例が報告されており、子どもたちの健康を脅かしている。

2012年2月、12ヶ月間新たなポリオの発生がなかったインドは正式に常在国から削除された。大きな前進である。

インド

2010年には42症例の報告があったが、2011年は1症例が報告されたのみであった。

ウッタル・プラデーシュ州とビハール州が流行の中心であるが、mOPV1(1型単価ポリオ生ワクチン)の集中使用により2008年は3型ポリオが主に流行している。

そのため、mOPV1に加えてmOPV3(3型単価ポリオ生ワクチン)を使用し流行の阻止を図っている。

2010年からは、1型、3型の2価ポリオワクチンbOPVが用いられている。

2012年2月、1年間新たな患者の発生が無いことが確認されたことから、WHOは、インドを常在国リストから外した。

ナイジェリア

2010年には21症例、2011年は62症例が報告された。

カノ州が流行の中心で、1型ポリオが主に流行している。

ナイジェリア国内の一部にはワクチンへの不信感が見られるためか、ワクチン接種率向上が課題である。

パキスタン

2010年には144症例、2011年は198症例が報告された。

カラチ、バローチスターン州、連邦直轄部族地域(パキスタン国内北西部のアフガニスタン国境地帯)が流行の中心。

4カ国の常在国のうち、最も症例数が増加している。

また、アフガニスタンとの国境地帯における大規模な人の移動による、度重なる再感染が課題である。

アフガニスタン

2010年には25症例、2011年は80症例が報告された。

紛争のため子どもたちへのアクセスが困難なヘルマンド州、カンダハール州とウルーズガーン州における13の地域が流行の中心。


日本でのポリオ根絶の歩み[編集]

日本では1960年に不活化ワクチン (IPV) の本格製造が開始され、1961年から不活化ワクチンの定期接種が開始された。

しかしながらライセンス生産を開始した千葉血清、阪大微研が製造した日本製不活化ワクチンは充分なポリオ免疫がつかず検定に合格できなかった。

1961年に使用できたのは当初の計画(6ヶ月 - 18ヶ月の約60%が3回接種すると想定)で国産ワクチンの不足を補う予定であった全体の40%相当の輸入不活化ワクチンのみしか使えなくなった為、不活化ワクチンの在庫が払底し接種が不可能になった。

その為、当時大流行していた九州において、未承認・未検定の経口生ポリオワクチンの総計35万人に及ぶ臨床試験(事実上の緊急接種といって支障ないと思われる)が行われ、更に1300万分の経口生ポリオワクチンの超法規的措置により旧ソ連及びカナダから緊急輸入が行われ、世界で最初の徹底したNIDが実施された(当時の用語はブランケットオペレーション、後にWHOによりポリオ根絶の世界戦略として採用された)。

これにより患者数が激減(患者数 1960年:6500人→1963年:100人以下)し、1981年以後ポリオの発生が見られず2000年にWHOに対しポリオの根絶を報告した。

日本では、野生株による麻痺性ポリオ患者の発生は1980年を最後にみられないが、経口生ポリオワクチンを接種することで稀に麻痺性ポリオを発症することがある。

2008年3月までに予防接種健康被害認定審査会において生ポリオワクチン接種後に麻痺を発症したと認定された事例は、1989年度以降80件である。

また、同審査会においてワクチンを接種された者からの二次感染と認定された事例は、2004年度以降5件である。

この、経口生ポリオワクチンによるポリオ発症が近年問題とされており、不活化ワクチンの再導入を求める民間の声が上がった。

その後、日本国内での国産不活化ワクチンの再導入は2012年度末の見込みとなったが、このことがかえって接種控えを生み出す結果となってしまった。

こうした事態を受け、2011年4月に神奈川県知事に当選した黒岩祐治が未承認の不活化ワクチンを希望する者に提供する方針を決定。

厚生労働省はこうした動きには批判的であったが、やがて不活化ワクチンの承認前倒しに傾いた。

2012年4月19日に厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会が開催され、承認申請が行われている不活化ワクチンのうち1種について製造販売を行なっても問題ないとの結論に達し、2012年9月1日よりポリオの定期接種は生ワクチンから不活化ワクチンに切り替えられた。

輸入不活化ワクチンは1964年まで使用されていたが、国民のニーズがOPVにうつり需要が見込めなくなった為に承認をとりさげ、以後、再度の承認申請は行われていない。

OPVはごくまれ(100万人に2 - 4人)に手足の麻痺が生じる。

このため、近年ではIPVを輸入する医師が急増しているが、不活化ワクチンによる健康被害の補償が十分されるかの保証が明らかでない。

なお、IPVは海外100ヶ国以上で使用されている。


日本のポリオ根絶への貢献[編集]

日本は、1997年に日本を含むWHO西太平洋地域において達成したポリオ根絶の経験を生かし、世界におけるポリオ根絶イニシアティブにおいても先駆者として貢献してきたが2011年8月、日本政府はゲイツ財団との官民パートナーシップのもと、革新的な手法を用いて約50億円のポリオ根絶支援を実施することを発表した。

これは、パキスタン政府によってポリオ根絶事業が一定の成果を出すことができれば、ゲイツ財団がパキスタン政府に代わって日本政府に債務を返済するという「ローン・コンバージョン」と呼ばれる手法で、これによってパキスタン政府のポリオ根絶に向けたより一層の努力を引き出しつつ、最終的にパキスタン政府に債務負担を課すことなく、ポリオ根絶対策を支援することが可能となる。

このように、ポリオ根絶を含むグローバルヘルスの課題に対応していくためには、官民の連携と協力を一層促進して、利用可能な全ての資源を動員していくことが重要である。

また、ローン・コンバージョンのような革新的な資金調達の方法を見出して、民間の知見を活用していくことにより、持続可能な開発を可能にすることができる。

このように官民連携を軸とした市民社会・企業を巻き込んだポリオ根絶に係る取組を推進している組織の一つに日本グローバルヘルス協会があり、地球上から3年でポリオを根絶することを目指して様々な活動を実施している。


脚注[編集]

^ 谷田憲俊 (2009).感染症学(改訂4 ed.). 診断と治療社.ISBN 9784787817440.

^a b “Poliomyelitis”. WHO.2012年6月6日閲覧。

^ 世界ポリオ根絶に向けて

^ 清水博之「不活化ポリオワクチン(特集 ワクチン--最新動向と展望)--(新規ワクチン開発の最新動向と展望)」、『日本臨床』第69巻第9号、日本臨床社、2011年9月、 1604-1608頁、NAID 40018954120。

^ ロハス・メディカル 誌面アーカイブ ポリオ特集

^ ワクチン最前線III高橋・神谷p.52

^ 米国小児科学会発行 RED BOOK 2009

^ WHO ポジションペーパー2010wer8523

^ Global Polio Eradication Initiative > Infected countries

^ “India no longer polio endemic says WHO”. BBC (2012年2月27日).2012年6月6日閲覧。

^ Callaway, Ewen (2011). “Public health: Polio clings on in Pakistan”.Nature 473(7348): 427-428.doi:10.1038/473427a.ISSN 0028-0836.

^ Global Polio Eradication Initiative > Infected countries > Pakistan

^ Global Polio Eradication Initiative > Infected countries > Afghanistan

^ 参議院第169回国会 「ポリオの予防接種に関する質問主意書」答弁書

^ ポリオの会

^ “厚労省 不活化ポリオワクチンの開発を国内4社に要請”.薬時日報. (2010年4月9日)

^ “「ポリオ生ワクチンでも接種を」厚労省が呼びかけ 不活化導入は来年度末”.産経新聞. (2011年10月4日) 2012年4月19日閲覧。

^ “不活化ポリオワクチン早期導入を 神奈川知事、国に要望”.産経新聞. (2011年11月2日) 2012年4月19日閲覧。

^ “小宮山厚労相「望ましくない」と批判 ポリオ未承認ワクチン提供の神奈川県方針に”.産経新聞. (2011年10月18日) 2012年4月19日閲覧。

^ “ポリオ不活化ワクチン「来秋の接種に間に合うよう」 小宮山厚労相が前倒しへ意欲”.産経新聞. (2011年12月16日) 2012年4月19日閲覧。

^ “ポリオ:定期接種が不活化ワクチンに 4回の接種が必要”.毎日新聞. (2012年8月31日) 2012年9月1日閲覧。

^a b c 2011年2月9日の朝日新聞朝刊31面

^ WHO Western Pacific Region-Poliomyelitis

^ “JICAとゲイツ財団が戦略的パートナーシップを発表”(プレスリリース), JICA, (2011年8月18日)

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、急性灰白髄炎に関連するカテゴリがあります。
感染症

小児科学

ポリオ後症候群

ジョン・フランクリン・エンダース、トーマス・ハックル・ウェーラー、フレデリック・チャップマン・ロビンス- ポリオウイルスの生育に関してノーベル賞受賞。後のワクチン開発に貢献。

ジョナス・ソーク- 不活性ポリオワクチンの開発者。

HeLa細胞- ジョナス・ソークがポリオワクチン開発のために利用した細胞株

ヘンリエッタ・ラックス- HeLa細胞のドナー

アルバート・サビン- 経口生ポリオワクチンの開発者。

古井喜実- 超法規的措置により、ソ連より生ワクチンの輸入を決断した当時の厚生大臣。

上田哲- ポリオの根絶に尽力した元NHK記者。

鉄の肺

外部リンク[編集]

「Polio」-Medpediaにある「急性灰白髄炎」についての項目。(英語)

WHO Western Pacific Region-Poliomyelitis

JIGH (Japan Institute for Global Health) 一般社団法人日本グローバルヘルス協会
posted by arena8order at 13:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住宅用火災警報器、煙や熱等で火災を感知して警報する警報器

Image.jpgImage~001.jpgImage~002.jpg
#ккк #terrorism #terrorist #microweb #XXXXX

#住宅用 #火災警報器 - Wikipedia
http://p202.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0509Uv6mqmtyaRKZ/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E4%25BD%258F%25E5%25AE%2585%25E7%2594%25A8%25E7%2581%25AB%25E7%2581%25BD%25E8%25AD%25A6%25E5%25A0%25B1%25E5%2599%25A8&_jig_keyword_=%8Cx%95%F1%8A%ED&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%258Cx%2595%25F1%258A%25ED&_jig_source_=srch&guid=on


住宅用火災警報器


欧米にて一般的な住宅用火災警報器


住宅用火災警報器(じゅうたくようかさいけいほうき)は、火災報知機の一種で、主に一般住宅に設置され、火災の際煙や熱を感知して音声やブザー音で警報する警報器である。
住警器(じゅうけいき)とも略される。

基本的な動作原理はビル等に設置する自動火災報知設備と同じであるが、自動火災報知設備が感知器、受信機、ベルなどの構成機器を配線して動作させるシステムであるのに対し、住宅用火災警報器は感知器そのものが音声やブザー音を発し、単体で動作するものである。

なお、連動型の機種も存在する。


住宅用火災警報器の設置義務化[編集]

2006年6月1日に改正消防法が施行され、新築住宅の居室や階段上などに住宅用火災警報器の設置が義務付けられた。

既存住宅についても、戸建住宅や、自動火災報知設備が付いていない共同住宅は、最短で2008年5月中まで、遅くとも2011年5月中までに設置することが義務付けられている。

既存住宅の設置期限は市町村条例で制定され、地域により異なるため、各地の自治体や消防署で確認が必要である。

設置義務化に伴い、東京都西多摩郡檜原村では2008年10月15日に、全国に先駆けて世帯全戸に設置を完了した。

設置場所は就寝に使う寝室や階段、廊下が指定されている(間取りにもよるので、具体的には自治体や消防署に確認されたい)。

自治体によっては台所への設置も義務付けているところもあり、義務ではなくても台所への設置を推奨する自治体が多い。


住宅用火災警報器の種類[編集]

形状[編集]

丸型と角型の2種類があり、丸形は主に天井面に取り付けるタイプ、角型は主に壁面に取り付けるタイプに用いられている。


設置方式[編集]

露出型

主に古くからある住宅などにあとから取り付けるタイプのもので、電源不要の電池式が主流であるが、単体AC100V式もある。

埋込型と違い、室内の配置などに合わせて自分で取り付け場所を選定できる(取り付け場所を変えられる)メリットがある。

天井直付型

居室の天井面に直接取り付けるタイプ。

ねじで台座を天井面に固定し、本体をはめ込むのが主である。

壁掛型、壁取付型

天井近くの壁面に取り付けるタイプ。

額を飾るように壁面にピン・釘等を打って本体を掛けるタイプと、直接ネジ等で本体を壁に取り付けるタイプがある。

埋込型

住宅新築時に建築業者によって施工されるタイプで、露出型と違い宅内配線から電源を引くため電池交換が不要で半永久的に仕えるメリットがあるが、反面、停電時には全く機能しなくなるというデメリットも合わせもつ。

露出型に比べて電源ユニットが不要なため薄いという特徴もある。

設置場所を変えられないため、家具の配置やエアコン、天井照明等の設置に注意が必要である。

天井埋込型

住宅新築時に天井面に施工されるタイプ。

壁埋込型

住宅新築時に天井に近い壁面に施工されるタイプ。

設置場所は、天井の場合、壁や梁から60cm以上(熱感知式は40cm以上)離れた天井中央付近に取り付ける。エアコン吹出口や換気口からは、1.5m以上離し、照明器具も発する熱で感知障害となるためできる限り離して取り付ける。

壁の場合、天井から15cmから50cm以内に住警器の中心が来るよう取り付ける。

いずれもタンスの上などほこりの多い場所や湿気・水気の多い場所、ストーブやエアコン・扇風機の近くなど熱や水蒸気、風などが当る場所は誤作動や誤検知、機器の故障の原因となるため取り付けてはならない。


電源方式[編集]

AC100V式

電池交換が不要であるため、新築住宅に適している。

電池式

電気配線工事が不要であるため、既存住宅に適している。

リチウム電池で5年や10年間動作するものが主流となっており、電池寿命を音声やブザー音で知らせるものもある。

電池交換が可能なタイプと、不可能なタイプがあり、電池交換不可能なタイプは機器寿命と共に警報器自体を取り替える必要がある。


感知方式[編集]

煙式警報機

熱式警報機

煙検知式

火災をより早期に発見するために有効であり、寝室、階段、廊下に設置される。

光電式

光の乱反射を利用して煙を感知する方式。

日本では煙感知器の主流となっている。

イオン化式

放射性物質アメリシウム241を用い、放射線の電離作用を利用して煙による電離電流の変化を感知する方式である。

他の方式よりも高感度である為、費用対効果に優れている面などから諸外国では主流であるが、日本では放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律の改正で放射性同位元素装備機器に該当するために寝室には設置できず、また、不要になった場合の廃棄に際して注意が必要なことから、住宅用にはほとんど製造されていない。

日本火災報知機工業会では製造メーカーまたは日本アイソトープ協会(製造メーカが現存しない場合)に廃棄を依頼するよう呼びかけている。

熱検知式

調理などで煙や水蒸気が発生する台所で、非火災報を懸念する場合に適している。

一方、熱式は火(熱源)がある程度の大きさになり、感知器の周囲温度が上がらないと反応しないため、煙式と比較すると火災の発見が遅くなるという点では諸刃の剣である。

紫外線検知式

炎から放射される炎特有の短波長の紫外線を検出する事により火災を検知する。

即応性に優れるが家具の影などで炎が感知エリア外の場合は検出できない。

消費電流が他の方式よりも多く、電池での長期間の駆動は困難。

一酸化炭素検知式

燃焼に伴って発生する一酸化炭素をセンサーで検出する。

他の方式と比較して換気不足による不完全燃焼等も検知できる。

赤外線検知式

燃焼に伴い放射される特定の波長域の赤外線を検出する事により火災を検知する。

それぞれの方式に一長一短があるため、複数の方式を組み合わせた複合型が開発されている。


警報方式[編集]

音声警報タイプ

「火事です」などと音声で知らせるタイプ。

ブザー音も併用されるものが多い。

他の家電機器のブザー音にまぎれることなく、火災であることを知らせるため、子供や高齢者にとってより安全であり、普及が進んでいる。(特に、高齢者と若年者では耳に良く感知する音の周波数帯域が異なるため、低音から高音をスイープさせた音や、交互に男女の声で警報するなど、各製品に工夫がなされている。)

ブザー音タイプ

「ピー」音などの電子ブザー音のみで知らせるタイプ。

電池切れの場合、一定間隔で「ピッ」音が鳴り続けるものもある。

発光タイプ

警報音に連動して高輝度の点滅光を発生させるタイプ。

警報音を聞き取りづらい高齢者が居住する一般家庭向けのほか、聴覚障害者の居住する(消防法で自動火災報知設備が義務設置対象とならない)小規模多機能型居宅介護施設向けなどに設計されている。

日本国内ではパナソニック電工や日本フェンオールが一体型の物を製造・販売しているほか、株式会社東京信友も連動型の発光器を製造・販売している。

発臭タイプ

警報音に連動して特徴的な強い臭気を発生させるタイプ。

主に聴覚障害者向けのほか視覚障害者向けにも設計されている。

現在のところ、日本で株式会社シームスが製造・販売しイグノーベル賞を受賞したワサビの刺激臭成分「アリルイソチオシアネート」を発生させる物が唯一である。


動作方式[編集]

単独型

1台の警報器が単独で警報するタイプ。

連動型

複数の警報器を相互に配線して、いずれかの警報器が感知したときに、全ての警報器が鳴動するタイプ。

警報器間の配線が必要になるが、警報器が設置された各部屋に一斉に知らせるため、離れた部屋の火災がより早期に発見できるメリットがある。

主に新築住宅で、設計段階から配線を考慮した上で採用される。

ワイヤレス(無線)連動型

電波などのワイヤレス信号で相互連動を行い、電源を電池式にすることにより、配線不要で連動型の機能を実現したもの。

電池交換が必要である、機器の登録作業が必要であるなど、有線式の連動型に対して劣る点はあるものの、先行配線のない既存住宅でも連動型が採用できるメリットは大きい。

価格は単独タイプより割高になる。


その他の方式[編集]

熱に感じ易い火薬を用い、爆発音にて知らせるもの、ゼンマイと形状記憶合金を用いベルを鳴らす物がある。

何れも熱式の亜系である。


NSマークについて[編集]

総務省消防庁が省令で定める技術上の基準に適合している事を確認するため、第三者機関である日本消防検定協会が構造、材質、性能等についての試験を行い、適合した製品に表示が認められるマークである。

取得は義務ではないが、購入の目安として、NSマークがついた製品を推奨する自治体が多い。

他の認定機関として東京消防庁やULマークを取得した製品もあり、自治体によってはこれも含めているところもある。


住宅用火災警報器の購入方法[編集]

新築住宅の場合[編集]

配線器具や照明器具などと同様の電気設備であるため、住宅の一部としてハウスメーカー、不動産会社・デベロッパー、工務店などから購入することになる。


既存住宅の場合[編集]

電器店、家電量販店、ホームセンター、ガス販売店、警備業者、通信販売業者などから購入できる。

価格は1台あたり2,000円前後 - 16,000円前後[2]と幅広い。自治会(町内会)などで地域の電器店や設備業者などから共同購入できる場合もあるが共同購入の価格が高い場合があり注意が必要である。

基本的には説明書に従って、購入者自身で取り付けるが、電気工事業者、消防設備業者などに取付け工事を含めて依頼できる場合もあり、個人での取り付に不安がある場合は便利である。

電池式のものは配線がないため個人で取り付けやすい。

自治体によっては、一定の条件を満たす高齢所帯や障害者の所帯に助成しているところがある。

賃貸住宅の場合、公営住宅では管理する自治体(貸主)が設置するケースが多い一例。

民間の賃貸住宅の場合も貸主側が設置する場合が多いが、個々の内容については貸主あるいは管理会社に確認する必要がある。

消火器同様、消防署員や市役所といった自治体関係を装って高額で販売するかたり商法や悪徳訪問販売が出現しているため注意が必要である。

消防署や自治体では販売は行わない(住民からの問い合わせがあった場合に販売業者の紹介は行っている)。

消防署や自治体では、訪問販売が来た場合、消防署や自治体へ確認する、はっきり「要りません」と断るといった対応を呼びかけている。

商品についてその場でインターネットで検索して機能や価格等を調べることも不当に高い商品を買わないためには有効である。


その他[編集]

複合型警報器

都市ガスやLPガスのガス漏れ警報器と火災警報器が一体化となったもので、基本的に一酸化炭素の検知(不完全燃焼)にも対応している。

新築・既存の住宅問わず、ガス契約時などに一緒に購入できるガス販売業者もある。

都市ガスは空気より軽いという煙や熱と似た性状を持つため、都市ガス対応タイプは新コスモス電機や矢崎総業、ホーチキなど各社から天井取付型と壁取付型の両タイプが出されており、さらにそれぞれ熱感知式と煙感知式のタイプがある。

LPガスは空気より重いという煙や熱とは性状が異なるため、LPガス対応タイプは現在のところ新コスモス電機製の熱感知式のみであり、天井付近の壁に取り付けた本体から有線で伸びているガス漏れ検知部を床面近くの壁に別途取り付けなければならない。

なお、複合型警報器で床面または床面近くの壁に取り付けるタイプの物は煙や熱の性質上作られていない。


主な製造メーカー[編集]

Category:日本の消防機械器具・防災機器メーカー

沖電気防災

三洋電機

シームス

新コスモス電機

センチュリー

東京信友

東芝ライテック

ニッタン

日本フェンオール

パナソニック

能美防災

ホーチキ

矢崎総業

ヤマトプロテック


Category:日本の警備業者

セコム

ALSOK


注釈[編集]

^ 夜光時計、蛍光灯点灯管、煙感知器など日用品への放射性同位元素の利用 (08-04-02-07)原子力百科事典ATOMICA

^ http://kakaku.com/kaden/fire-alarm/


外部リンク[編集]

総務省消防庁

日本消防検定協会

日本火災報知機工業会

日本消防設備安全センター


http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=住宅用火災警報器&oldid=48696349」から取得

カテゴリ:
画像提供依頼
消防設備
住宅
電気機器
posted by arena8order at 12:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

壊疽-gangrene 腐敗に特徴づけられる壊死の合併症

Image~016.jpgImage~009.pngd0151584_2363639.jpg
#ккк #terrorism #terrorist #xxxxxP #鼻疽 #Zombies and p-Zombies #グール #ヴードゥ


#壊疽 - Wikipedia
http://p212.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0509OpeMFSdnWrr4/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E5%25A3%258A%25E7%2596%25BD&_jig_keyword_=%89%F3%E1s&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%2F%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E9%25A4%258C%25E7%2596%25BD%26p%3D%2589%25F3%25E1s&_jig_source_=srch&guid=on


壊疽

Gangrene

分類及び外部参照情報
ICD-10 R02.,I70.2,E10.2,I73.9
ICD-9 040.0,785.4
DiseasesDB 19273
MeSH D005734


壊疽(えそ)(英:gangrene)とは体組織の腐敗に特徴づけられる壊死の合併症であり、黒色ないし緑色、悪臭を示す。

壊疽は感染症あるいは血栓症などによる虚血を原因とする。

血栓症は一般に決定的な血液供給の不足(末梢循環障害(en:Peripheral vascular disease)など)の結果として出現し、糖尿病や長期間の喫煙に関連する。

壊疽のほとんどは下肢に出現する。

壊疽の最も有効な治療法は原因器官の血行再建術(en:Revascularization)であり、回復を示すことがある。

他の治療法はデブリードマンや外科的切断(en:Amputation)である。治療法は壊疽の位置、組織障害の範囲によって決定される。

壊疽は纏足で認められることがある。


関連項目[編集]

壊死

クロストリジウム性筋肉壊死

非クロストリジウム性ガス壊疽

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=壊疽&oldid=51091082」から取得

カテゴリ:
病理学


ゾンビ - Wikipedia
http://p218.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0509iHnRkgGFR0uP/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2582%25BE%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2593&_jig_keyword_=%83%5D%83%93%83r&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2583%255D%2583%2593%2583r%26fr%3D&_jig_source_=srch&guid=on


ゾンビ

ゾンビ(Zombie、ゾンビー)とは、何らかの力で死体のまま蘇った人間の総称である。ホラーやファンタジー作品などに登場し、「腐った死体が歩き回る」という描写が多くなされる。


現実におけるゾンビ[編集]

起源[編集]

ゾンビは「生ける死体」として知られており、ヴードゥー教のルーツであるヴォドゥンを信仰するアフリカ人は霊魂の存在を信じている。

こちらについては「目に見えないもの」として捉えている。 「ゾンビ」は、元はコンゴで信仰されている神「ンザンビ(Nzambi)」に由来する。

「不思議な力を持つもの」はンザンビと呼ばれており、その対象は人や動物、物などにも及ぶ。

これがコンゴ出身の奴隷達によって中米・西インド諸島に伝わる過程で「ゾンビ」へ変わっていった。


伝統的な施術[編集]

この術はヴードゥーの司祭の一つであるボコにより行われる。ボコの生業は依頼を受けて人を貶める事である。

ボコは死体が腐り始める前に墓から掘り出し、幾度も死体の名前を呼び続ける。

やがて死体が墓から起き上がったところを、両手を縛り、使用人として農園に売り出す。

死体の魂は壷の中に封じ込まれ、以後ゾンビは永劫に奴隷として働き続ける。

死人の家族は死人をゾンビにさせまいと、埋葬後36時間見張る、死体に毒薬を施す、死体を切り裂くなどの方策を採る。

死体に刃物を握らせ、死体が起き出したらボコを一刺しできるようにする場合もあるという。

しかし、名前を呼ばれた程度で死体が蘇るはずもなく、農民達による言い伝えに過ぎない。現在でも、ヴードゥーを信仰しているハイチなどでは、未だに「マーケットでゾンビを見た」などの話が多い。

また、知的・精神的障害者の様子がたまたま死者に似ていたケースを取り上げ、「死亡した人がゾンビ化される事例がある」などとされることもある。


ゾンビ・パウダー[編集]

実際にゾンビを作るにあたってゾンビ・パウダーというものが使用される。

ゾンビ・パウダーの起源はナイジェリアの少数民族であるエフェク人やカラバル人にあるとされる。

西アフリカ社会では伝統的な刑法としてこの毒が用いられており、これが奴隷達により西インド諸島に持ち込まれた。

一般に、「ゾンビ・パウダーにはテトロドトキシンが含まれている」と言われている。

この毒素を対象者の傷口から浸透させる事により仮死状態を作り出し、パウダー全量に対する毒素の濃度が丁度よければ薬と施術により蘇生し、濃度が高ければ死に至り、仮死状態にある脳(前頭葉)は酸欠によりダメージを負うため、自発的意思のない人間=ゾンビを作り出すことが出来る。

ゾンビと化した人間は、言い成りに動く奴隷として農園などで使役され続けた。

これらは民族植物学者、ウェイド・デイヴィスが自著で提唱した仮説であり、実際は事実に反する事項や創作が多く、例えばゾンビ・パウダーに使われているのはフグの仲間であるハリセンボンと言われるが、ハリセンボンはテトロドトキシンを持っていない。

また、テトロドトキシンの傷口からの浸透によって仮死状態にするという仮説には無理があるとの指摘もある。


実情[編集]

「ゾンビ化」とは、嫌われ者や結社内の掟を破った者に対し、社会的制裁を加えるための行為であり、この場合の「死者」とは生物的なものではなく、共同体の保護と権利を奪われる、つまり“社会的な死者として扱われる”ことであると、ゾラ・ニール・ハーストン(w:Zora Neale Hurston)やアルフレッド・メトロー(w:Alfred M traux)等の人類学者は、ゾンビに関する研究の早い時期から論じていた。

イギリス人の人類学者、ローランド・リトルウッド(Roland Littlewood)はハイチに渡って詳細なるデータを取り、ゾンビの存在を全否定している。

「マーケットに死んだはずの息子がゾンビとなって歩いていた」と言って、ふらふら歩いている人物を自宅に連れ帰った父親の報告があり、その息子とされた人物を医学的に検査したところ、死んだ形跡が全くなかった。

また、その人物には知的障害があり、DNA検査によって父親と親子関係のない他人の空似だったことが判明した。

その他にも同様に、他人の空似のケースばかりであったことが報告されている。(1997年)


架空世界におけるゾンビ[編集]

ゾンビのメイク

疫病や生物兵器などによる終末ものフィクションの中には、ゾンビもしばしば登場する

映画史における最初のゾンビ登場は1932年の『恐怖城』(ビデオ化名「ホワイトゾンビ」)と古く、早くから恐怖映画のジャンルでは活用されていたが、これは邪悪な魔道士が利用する一種のゴーレムであった。

ゴーレムといっても石や木ではなく死体を使ったゴーレムという考え方、すなわちブードゥーのゾンビであり、能動的な活動は出来ず、劇中においても恐怖を盛り上げる脇役的存在となっている。

1960年代中盤までゾンビの登場する映画は多数作られたが、主たる悪役はあくまでも邪悪な魔道士であり、ゾンビ自体は脇役である。

そのため、吸血鬼や狼男、ミイラといった恐怖映画の主役と比べ、マイナーな存在であった。

しかし、近年においてゾンビは人気モンスターとなっている。

それは「疲れ知らずの労働力」としての姿ではなく、「人間に敵対する圧倒的な数のモンスター」と位置付けられた、新しいゾンビの姿が描かれるようになってからである。

その多くは明確な意思を持たず、他者の操作や生前の生物的な本能などに従って行動するが、肉体的には朽ちつつも自我を持ち自由に活動する例もある。

このゾンビ像を決定づけたのは、1968年のジョージ・A・ロメロのアメリカ映画『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』である。

この作品でロメロはブードゥー教のゾンビに吸血鬼の特徴を混ぜ込み、新たな恐怖の対象である「生ける死体」を作りあげた。

後発のゾンビはほとんどがこの「ロメロゾンビ」の影響下にある。

ロメロ自身の手になる続編『ゾンビ』は各国で公開され、これによって世間に「ゾンビ」という言葉が普及した。

上述のようにゾンビに吸血鬼の要素が付加され「ゾンビに殺された人間もゾンビ化する」という設定が追加されたため、「人類よりも増える一方のゾンビの方が多いという終末的な状況下で、なんとか生き延びようともがく人々の姿」を描く作品となる事が多い。

このスタイルの原点は、リチャード・マシスンによる終末SF『地球最後の男』である。

同作は「吸血鬼による人類の滅亡と主役の交代」というプロットだが、『ゾンビ』においては「やがて全生物が死滅し、最終的に地球は死の星となる」とされている。

なお、ジョージ・A・ロメロ自身は「1968年の映画を撮影していた段階ではゾンビではなくグールと呼んでいた」と語っている。

SF作品において“化学薬品等の影響によるゾンビ化”という設定は以前より存在したが、近年では呪術や魔法的な手法ではなく、科学実験や特殊なウィルス感染、或いは寄生虫によりゾンビ化するという設定が主流になりつつある(疑似科学を取り入れる事により、恐怖の源をより身近に、ある程度のリアリティーを持って表現できるためと考えられる)。

これらの作品には、パンデミックという形で被害が拡大するパニック物の様相を呈するものも多い。

一部ではこれらのゾンビをブードゥーのゾンビと区別するために、ロメロの映画に倣ってLiving Dead(リビングデッド)と分類・呼称している。

このタイプには人間以外のゾンビも存在し、「腐りかけた肉体を持つ動物が人間を襲う」等の描写も登場する。

作品によって細部は異なるものの、全般的なゾンビの特徴として、「あまり複雑な動きはできず、動作は緩慢」「頭部や背骨を破壊されたり、燃やされると活動を停止する」「ゾンビに外傷を負わされることにより、負傷者がゾンビ化する」などが挙げられる。

過去、長編や長尺の和製ホラーにはあまり登場しなかったゾンビだが、近年では『SIREN』や『屍鬼』など、日本の文化・社会に持ち込んだ作品も生まれている(ただし『屍鬼』の場合、純粋にゾンビのみの設定ではない)。

マイケル・ジャクソンの有名なPV『スリラー』では、マイケル率いるゾンビに扮したダンスチームがダンスをしている。


別の意味でのゾンビ[編集]

ゾンビは日本で「活動死体」等とも形容されるが、その一方で様々な意味が追加される形で、別の物の形容詞的に用いられる場合がある。これらではゾンビ的性質を挙げて、そのように呼称している。

無気力な人

オランダ語での俗語。

サバイバルゲームにおけるゾンビ

サバイバルゲームゲームルール上で「デッド(戦死した事になっている)」したプレーヤーがルールを無視してゲームを続行し、他プレーヤーを攻撃した場合、またはデッドしていないのにデッドしたように装い不意に攻撃する場合などに「ゾンビ」と呼ばれる。

ルールおよびマナー違反となるので他のプレーヤーの気分を害しやすい。

特殊ルールとして、一度「死んだ」プレーヤーの収容される“捕虜収容所”を襲撃し救出する事で、救出されたプレーヤーをゾンビと呼びゲームへの参加続行を認めるものや、敵に撃たれたプレーヤーが、映画のゾンビのようにその敵チームに加わって元の自陣に攻め込まねばならないルールもある。

サバイバルゲームで一般的にゾンビというと前述の違反のことをさすことが多いことから、混乱を防ぐためにこれらのゾンビをリビングデッド(生ける死者)と呼び区別することもある。

ゾンビルール

自転車のロードレースで複数日にわたってレースを行う「ステージレース」では、タイムオーバー等の理由により棄権扱いとなった選手が主催者による救済措置として次のステージで「復活」する場合がある。

これを俗に「ゾンビルール」と呼ぶことがあり、「復活」した選手は「ゾンビ」と呼ばれる。

救済措置はルールで定められた制限時間内にフィニッシュできない選手が多数見込まれる場合などに取られることが多く、出来るだけ多くの選手を次のステージに出走させたいという主催者の意向によるものが大きい。

哲学的ゾンビ

哲学、主に心の哲学で使われる言葉。

ゾンビ議員

重複立候補制度が導入された1996年以降の衆議院議員選挙では、小選挙区で落選し重複している比例で復活当選をした議員を揶揄の意味合いを込めてゾンビ議員と俗称する。

ゾンビプロセス

UNIXやWindowsのプロセス終了状態で、子プロセスが終了しても、親プロセスがwait()関数などでプロセスの終了値を受け取るまで、プロセステーブルには子プロセスの情報が残される。

これをゾンビプロセスと呼ぶ。

プロセステーブルは有限な資源なのでゾンビプロセスが大量に発生するとシステムは機能しなくなる。

これを悪用した攻撃がDoS攻撃である。

ゾンビウィンドウ

ブラウザクラッシャー(ブラクラ)の一種で、ウィンドウを閉じてもゾンビのごとく何度も立ち上がることから、この名前が付いた。

ゾンビコンピュータ

近年のコンピュータウイルスはパソコンに感染後、ネットワークに接続された他のコンピュータに攻撃(クラック)を自動的に仕掛け、他のパソコンを汚染する。

特に悪質なウイルスのケースでは、感染パソコンに外部から命令が送られると、これら感染パソコンが一斉に迷惑メール送信を始めたり、または所定サイトにDoS攻撃を行う等の、何等かの力で操られたゾンビ軍団のような働きをする場合もある。

このゾンビPCによるネットワーク化も発生しており、ボットネットがセキュリティ上の一つの脅威にもなっている。

ゾンビ企業

「債務超過で回復の見込みがないのにもかかわらず、追い貸しや金利減免などの銀行の支援によって生きながらえている、非生産的な企業」。

本来なら市場競争力を失って淘汰されているはずなのに、過剰な保護政策や融資によって生き延びている企業のこと。

平成不況(「失われた10年」)の時期から使われるようになり、主に規制緩和推進や新自由主義の観点から経済学者により用いられる。

ただしこの仮定に基づくと、バブル崩壊後大量に不良債権を抱えた日本の金融機関、保険会社、債務超過だが銀行の追い貸しで延命されていた企業、それら大多数の日本企業もこれに該当する[要出典]。


脚注[編集]

^ ウェイド・デイヴィス(Wade Davis)「蛇と虹 (The Serpent and the Rainbow)」(1985年)

^ 今福龍太「国家システムによる死者の管理は、かならずやゾンビに報復される」『死体の本』宝島社、1995年。

^ Ricardo J. Caballero; Takeo Hoshi; Anil K. Kashyap (2008).“Zombie Lending and Depressed Restructuring in Japan”.American Economic Review, American Economic Association 98(5): 1943-77.

^ 中村純一、福田慎一「いわゆる「ゾンビ企業」はいかにして健全化したのか」、『経済経営研究』第28巻第1号、日本政策投資銀行設備投資研究所、2008年3月、 1-36頁、NAID 40016026053。


関連書籍・参考文献[編集]

『新・トンデモ超常現象60の真相』皆神龍太郎 志水一夫 加門正一 楽工社ISBN 4903063070

『蛇と虹―ゾンビの謎に挑む』ウェイド・デイヴィス草思社 ISBN 4794203136

『ゾンビ伝説―ハイチのゾンビの謎に挑む』ウェイド・デイヴィス第三書館 ISBN 4807498169

檀原照和 『ヴードゥー大全』夏目出版2006年


関連項目[編集]

カテゴリ:ゾンビを題材としたフィクション作品/ゾンビ映画の一覧

キョンシー/ミイラ

死人憑

ゾンビによる世界の終末

亡者 (ハリー・ポッターシリーズ)

帝国アハト刑


外部リンク[編集]


「Zombies and p-Zombies」-Skeptic's Dictionaryにある「ゾンビと哲学的ゾンビ」についての項目。(英語)

ゾンビの正体を暴け!(特命リサーチ200XII File No.0725)

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ゾンビ&oldid=50741834」から取得

カテゴリ:
ゾンビ
ブードゥー教
マインドコントロール
アメリカ州の伝説の生物
posted by arena8order at 09:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。