2014年05月07日

ккк テクノロジー犯罪・集団ストーカー被害 XXXXXP

220px-Spectresvg.pngImage~023~001.jpgb61b31acc98757c904158fdd7588bba6.jpg
#ккк #terrorism #terrorist #microweb #XXXXX

#テクノロジー犯罪・#集団ストーカー被害
全国被害者
http://p219.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0507zHliKwDFCRoC/0?_jig_=http%3A%2F%2Ftekunoroji-hanzaihigai.jimdo.com%2F&_jig_keyword_=%83e%83%8C%83p%83V%81%5B%20%83%7D%83C%83N%83%8D%94g%20%8C%F5%90%FC&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E3%2583%2586%25E3%2583%25AC%25E3%2583%2591%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25BC%25E5%2585%2589%25E7%25B7%259A%26p%3D%2583e%2583%258C%2583p%2583V%2581%255B%2B%2583%257D%2583C%2583N%2583%258D%2594g%2B%258C%25F5%2590%25FC%26trans%3D0&_jig_source_=srch&guid=on



科学技術でテレパシーは可能です。

科学技術の進歩でテレパシー通信は可能になっています。

心で念じても想いは通じないので、通信機を使うのです。

テレパシー通信は、無線通信技術の一種です。

テレパシー通信はマイクロ波を利用しており、
マイクロ波がパルス波形のとき、音として聴こえる現象 (マイクロ波聴覚効果という)を応用しています。


そこで、まずはマイクロ波の説明から。


第1章 イントロダクション

マイクロ波については、「マイクロ波とパルス」という記事を参照ください。


第2章 無線通信

テレパシー通信は基本的には無線通信技術です。

そこで、無線通信の基本について、「ラジオ、テレビ、携帯電話」、「無線通信技術の基礎」などの記事があります。


第3章 レーダー

テレパシー通信では、通信技術がレーダー技術と融合しています。

そこで、レーダーについて。

「レーダーのしくみ part 1」がレーダーの基本について説明しています。

レーダーは「監視レーダー;追跡レーダー」に大別できます。

「壁透過レーダー」は建物のなかにいる人の移動も探知できます。

レーダーは「フェイズド・アレイ・アンテナ」、「マイクロ波レンズ」を使って、指向性マイクロ波を照射します。


第4章 マイクロ波が聴こえる(マイクロ波聴覚効果)

マイクロ波が聴こえる現象があり、マイクロ波が聴こえるしくみ(生理機構)が解明されています。

例えば、「医者の不思議」という記事に、マイクロ波が聴こえるしくみを解明した実験が紹介されています。

このブログでは、「マイクロ波の可聴」というフォルダーに、多数のマイクロ波聴覚効果の記事がアップされています。

あるいは「目次:テレパシー記事」に移動して、 「1 マイクロ波の可聴」を参照ください。


第二次世界大戦中、レーダーでマイクロ波が聴こえる現象が観察されました。

ちなみに、マイクロ波が、聴覚に限られず、視覚、嗅覚などの五感を刺激することは、「マイクロ波による感覚刺激」に記載されています。


第5章 マイクロ波に音声信号を乗せる技術

この技術については米軍が機密を解除しています。

テレパシー通信では、マイクロ波を搬送波として、音声信号でパルス変調しています。

音声信号でパルス変調する方式は複数あります。

米国カンザス大学医学部精神科ドン・ジャステセン教授は、「マイクロ波と行動」という1975年の論文で、米国陸軍ウォルター・リード研究所のジョセフ・シャープ博士が、人間の頭部にマイクロ波を照射して、音声を伝達する通信機の開発に成功したことを述べています。

Don Justesen
Microwaves and Behavior
American Psychologist,
March 1975, pp.391-401

この方式は、まず音声信号を15000ヘルツの音源で周波数変調して、次にパルス変調します。

詳細は、「マイクロ波の可聴性」、「米国陸軍ジョセフ・シャープ博士」に記載されています。

別個の方式は、「ブランカン米国特許」に記載されています。

米国空軍の別個の方式では、短波放送と同様なしくみで変調して、次にパルス変調しています。

詳細は、「脳に直接、音声を送信する通信装置の米国空軍特許 part 0」に記載されています。

このブログでは、「MEDUSA」というフォルダーに記事がまとめられています。

あるいは、「目次:テレパシー記事」に移動して、「3 テレパシー装置のしくみ」を参照ください。

特許文献に基づいて、音声信号をマイクロ波に乗せるしくみを解説しているので、特許文献の信憑性について、「特許と技術の完成度」という記事があります。


第6章 マイクロ波が人を狙い撃ち!レーダーによる追跡

マイクロ波を特定の個人のみに照射して、特定の個人のみに音声を送信できます。

追跡レーダー、射撃コントロール・レーダーのターゲットが人となっているのです。


「射撃コントロールレーダーの応用」、「人を追跡するレーダー」で説明されています。


「超高帯域レーダー」は壁を透過して人を追尾できます。


第7章 反射波による通信と脳波計測

1948年という遠い昔に米国空軍の研究所が、レーダー、ソナーなどの反射波を利用する通信について、 報告しており、この報告は下記サイトに記載されています。


http://blogs.yahoo.co.jp/patentcom/10505169.html


レーダーの反射波を利用する通信を更に発展させると、頭部の反射波を利用して、脳波の計測ができます。

米国特許3951134号の装置は脳波を計測するだけでなく、更に脳波を改変することができます。

東芝は米国特許3951134号を改良して、脳波を計測する装置について特許を申請しています。

「テレパシー装置の主要部分の東芝特許」などにあります。

この状況は、脳波が計測される人から見ると、下記のようになります。

「人間が電波、電気信号を飛ばせるか」


第8章 脳波の解読

ニューラル・ネットワーク・コンピュータを使って、脳波から思考を解読したり、感情を解読します。

1997年にスタンフォード大学と南カリフォルニア大学の共同研究グループが、脳波を計測することにより、耳から聞いた英単語を解読することに成功しています。

脳波から思考を解読するコンピュータについては、NTTが、特許2515875号(特開平2−232783号)を取得しています。


ブログでは、「思考解読」というフォルダーに記事があります。


最近、この技術が民生利用され、ブレイン・マシン・インターフェースとして応用されています。


第9章 テレパシー通信

マイクロ波で脳波を計測したり、脳波を解読したり、マイクロ波で音声を送信するしくみを全て組み込んだ装置については、「テレパシー通信の概要」、「テレパシー通信」、「超能力;テレパシー」という記事にあります。

米国特許3951134号が基本特許になります。


第10章 会話するコンピュータ

「人間の脳をモデルとするコンピュータ」は、人間と「対話するコンピュータ」となったり、人間の脳波から思考、感情を解読するコンピュータでもある。

「パーセプトロン」、「人間の脳と人工知能」という書籍に、人工知能のプログラミングなどが記載されている。

人工知能にはブレイン・コンピュータ・インターフェースという用途もある。

統合失調症の幻聴では人間の声が聴こえるのだが、この声の正体が人工知能である。


ニューラル・ネットワーク・コンピュータに、音声入力して、音声出力する。

エフェクターを使って、出力する声に感情を反映させられる。

「チューリング・テスト」も関連する概念である。


第11章 マインド・コントロール

脳波を改変することにより、マインド・コントロールができる。

脳波信号を乗せたマイクロ波を頭部に照射して、脳波を変えた実例は、「脳波を変えて、マインド・コントロール」であり、その原理は、「脳波改変によるマインド・コントロールの原理」である。

ニューロンがカルシウムイオンを放出して、 シナプスで神経伝達物質が放出される。


第12章 軍隊内の警察部門

戦前の憲兵は、戦後、情報本部に変わっています。

軍情報部が秘密工作に従事することは「インテリジェンス」という記事にあります。

「陸上自衛隊幕僚監部調査部調査第二課別室」が 自衛隊の通信所でシグナル・インテリジェンスを担当しているのですが、「防衛省情報本部とシグナル・インテリジェンス」、「シギント」 に詳細に記載しています。


「電磁波犯罪、テクノロジー犯罪の犯人」、
「電磁波犯罪、テクノロジー犯罪の犯人 part 2」

「ホロコースト」は国家機関がスケール大きく悪事を実行することを記載しています。

関連記事
「統合失調症のマイクロ波仮説」
『自衛隊の犯罪を斬る』より引用させていただきました。転載希望

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク 確認会員被害者

◇確認被害者居住県別集計表 1,166名 <2013年03月23日現在> (PDF版)

現在の確認被害者数はNPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク会員のみの提示です。


はじめに、テクノロジー犯罪・集団ストーカー犯罪とは 現代では考えられないテクノロジー技術で遠隔から電磁波を使い、テレパシーのように耳を塞いでも声が聞こえてくる。
頭の中で会話が出来てしまう。

被害者は365日24時間と声を無理やり聞かされ自分の考えまでもが読み取られてしまう恐怖と対面している。

この苦痛に耐えられずに過去の被害者の方々は自殺・精神病院に強制的に追い込まれている。

防御が一切できない、声の送信の本当の恐ろしさを考えて欲しい。

声により、『死ね、殺してやる、お前など生きていてもしょうがない』などの誹謗中傷、『あいつがお前の悪口を言っている』などの錯乱的作用。

同じ内容の言葉を神経が壊れるまで永遠と言い続けられる。

この恐ろしさは戦争時の精神破壊拷問でこの拷問の恐怖は尋常ではない。

テクノロジー技術を使い、遠隔から声を頭の中に直接送り続け、人間が人間を拷問している。

社会的に立場のある人間には助言をいい、その人間は苦痛でないので社会に訴えでずに暮らしている。

本当の怖さを理解できていない、その方の人生、家族すべてが脳の中を聞かれている。

恥ずかしいところを見られている。

自分は精神がおかしくならない程度の音声送信だからといい、軽く考えてしまう。

しかし、自分が亡くなったあとの悲劇を考えない。

被害者には大きな会社の社長であろうと、社会的に立場のある人間であろうと、その、ご子息は私達同様の精神破壊拷問を受けている。

声が聞こえる程度で苦痛がないからガマンしている方が多々いる。

声が聞こえるのに社会に訴えでない。

テクノロジー犯罪は私達の生活する世界に絶対、必要がない。私のHPは、たとえ、頭のおかしい人間と思われても事実を告発していく。

私の場合は、 父親も含めれば40年以上前から被害を受けている。

私は、この犯罪をリアルにドキュメンタリーで告発していく。

戦争時の精神破壊拷問をうけ人間がどの様に精神が壊れ廃人になっていくかを、理性がなくなる前に記録していきます。

耳を塞いでも、聞こえる声、テレパシー送信、テレパシーとは頭で考えていること『思考』『心』が聞き取られてしまう。

本当の恐怖だ!

私はおかしいと思われるだろう。

しかし、子供の頃、憧れたテレパシー(超能力)とはヒーロー物の漫画を見て、カッコイイと思い込んでしまっているに過ぎない。

良く考えて見れば、頭で考える事が相手に伝わるテレパシーとは、頭の中が聞こえてしまうということだ。

プライバシーなど人にはない。

※音声送信・思考盗聴が代表的な被害だ、声が聞こえるというのは統合失調症とされている。

アメリカでは精神科医、科学技術者、政治家など多くに人がこの犯罪を訴えている。

科学技術を使い遠隔から電磁波で頭の中に声を強制的に送りつけ。

被害の酷い方は四六時中その声と無理やりに話をさせられ、身体を遠隔から目に見えないレーザービームのような電磁波で痙攣・やけど・切り傷などを与えられる、科学技術があり日本国内でも数千人に及ぶ被害者が確認されている。

被害者でない方々にこの話をすると精神異常があると思われるが、興味のある方は私達被害者の体験を最後まで見て欲しい。

また、被害にあわれていない方でも原因がわからない。

身体の痛み。

かゆみ。

虫歯がないのに歯痛。

おかしな夢を見る。

何度も同じ夢を見る。

映画の様な夢を見る。

家の中がパンパン音がなる。

金縛りにあう。

幻覚を見る。

霊的体験など身体に起きるおかしな現象、霊的現象はテクノロジー犯罪が関与されている可能性が高い。

実際に幻覚、難聴、その他、は科学技術で、できる。

テクノロジー・集団ストーカー犯罪でおこる症状を具体的に記載するので参考にして欲しい。

また、被害者の会に参加されたい方などサポートしていますのでご相談ください。

また、私達被害者とは違い、たまにしか声が聞こえてこない方もいます。

しかし、1度、声をかけられた方は四六時中電磁波にてロックオンされ生活を監視されています。

私のHPは被害のない方には理解されることはない。

しかし、声が少しでも聞こえる人にはわかるはずです。

この犯罪はテクノロジーを屈指し人間が人間を監視しているのです。

私は25年以上にも及ぶ被害経験の中から理性を失わずこの犯罪を経験、科学的根拠から推測し綴っています。

1度でもテレパシーで話をされた方、今1度、考えてください。

家に1人でも被害がいる家庭は家族全員が監視されています。

自分のかけがいもない1度きりの人生をすべて監視し権力を好きなように使い、ある人には優しく、ある人には電磁波で人間を拷問しているのです。

科学技術を使い電磁波でどのような拷問が出来るかは科学者の方ならわかるはずです。

この権力者達に洗脳されてはいけません。

自分の精神が、この犯罪を考えれば考えるほどおかしくなっていき、自分の頭の考え『思考』『心』が覗かれているのは紛れもない事実です。

この現代社会にプライバシーはありません。

この犯罪の解明には科学者及び技術者の告発が必要で、この技術の危険性を訴え法をつくっていただきたい。

また、一人でも多くの頭の中に声が聞こえる人の協力が必要となり、皆で訴えなければいけない。

頭の中に声が聞こえる方は人生すべてを監視されている。

この問題を真剣に考えなければならない。
被害内容・症状、以下の症状はすべて、科学技術で出来ます。

それも遠隔から出来る技術なのです。

一般の方のご理解は難しいと思いますがご参考ください。

実際には、被害を受けているのに気がつかない人が多いのです。

また、以下の症状は誰にでも当てはまるものもありますが、この中のいずれかの症状がおき、まるで精神に話しかけるように、継続して起こるのが被害です。


以下を、私達は【テクノロジー被害】と呼んでいます。


テクノロジー被害『電磁波』を受けると以下の症状がでる。

声が聞こえる(耳を塞いでもきこえる)
『音声送信』 『テレパシー送信』

声による誹謗・中傷
『音声送信』

考えが読まれる(心の解読)
『思考盗聴』

24時間365日、遠隔から監視されている。家の中が遠隔透視技術により見られている。
『盗聴・盗撮を遠隔技術』により行われる。
身体の痛み
『身体攻撃』

身体のかゆみ
『身体攻撃』

身体の痙攣
『身体攻撃』

内臓が押される
『身体攻撃』

内臓がきりきりする
『身体攻撃』

頭部の圧迫(頭に膜くが張る感じ)
『身体攻撃』

頭部に腫瘍があるような感じで神経を圧迫される
『身体攻撃』

まぶたの痙攣・歯の痛み・肩甲骨の奥に痛み・激痛・息が苦しくなる・鼓動が早くなる ・痰がつっかえる            『高周波を浴びすぎる』

目を閉じて瞼を押すと青い光が無数に見える『高周波を浴びすぎる』

性器の痛み・チクチク感・性的興奮
『身体攻撃』

手指の痙攣・全身の痙攣
『パルス波のピンポイント攻撃』

体が以上に重い
『電磁波を全身に浴びるため』

記憶を忘れる・忘れやすい
『電磁波にて頭部圧迫のため』

電化製品の誤作動・勝手に動き出す・壊れやすい・家電製品から異常な音がする    『電圧を上げられている』

家の天井、電化製品など色々なものがパンパンなる
『ラップ現象は嘘、電磁波』

自分の考えにあわせてパンパン音がする・金縛りにあう
『電磁波照射で動かなくされると同時に脳だけ動かされる』

冷蔵庫・クーラー室外機など自分が通るときだけ音が大きくなる・蛍光灯が光過ぎる
『電圧を上げられている』

金縛りになると必ず幻覚をみる人の影など色々
『家の中に電磁界を張られてる』

へんな夢を見る・以上に感動的な夢を見る・何度も同じ夢をみる・目を閉じると映像が見える。
『映像送信』

心霊写真が写っている。
『特にPCに保存していると心霊写真をつけられる』

意識を失わされる・過去の自分の羞恥心をあおられる。音声送信・脳の中の恥ずかしい考えを人に言うぞと脅される・強制的に射精させられる・夢精をさせられる・射精時に性器に激痛を与えられる・決まった時間に繰り返しおこされる・決まった時間に家の中の物がパンパン音がなる・血圧を上げられる・鼓動を早くされる・階段を降りるときに足の同じ場所に痛みをあたえる・体が脳がゆらされ地震と勘違いする・自分の考えに反応するように家の中がパチパチなったり身体がチクチクする・強制的に電磁波で腹痛を伴い排泄させられる・小便時に性器に激痛をあたえる


4月9日 更新 被害者追加
npo寄付金 追加 DenjihaJapan

管理人ブログ 頭の中に声を聞かせるテレパシー送信 テクノロジー犯罪被害報告

自衛隊の犯罪を斬る patentさんが記事の拡散をお願いします。 パラダイムの転換とマイクロ波聴覚効果;現...
クリックで救える命がある http://www.dff.jp/
posted by arena8order at 23:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

配線図ってどう読むの?

Image~002.pngImage~003.pngImage~004.pngImage~005.pngImage~006.pngImage~007.pngImage~010.jpg
#ккк #MEDUSA

配線図ってどう読むの?
http://p200.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0507TLuuHT0k7SwW/0?_jig_=http%3A%2F%2Fdende777.fc2web.com%2Fdenko1%2Fstudy%2Fhaizenzu%2Fhaisenzu.html&_jig_keyword_=%94z%93d%90%7D%20%94z%93d%94%D4%20%94z%90%FC%90%7D&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2594z%2593d%2590%257D%2B%2594z%2593d%2594%25D4%2B%2594z%2590%25FC%2590%257D&_jig_source_=srch&guid=on


配線図ってどう読むの?

第1種電気工事士の中で配線図問題はとっつきにくく、初めて見るとあまり分かりやすいものではありません。そこで、受電設備の構成・機器の流れ・保護回路や計測回路の構成を一つ一つ簡単に説明し、最後には配線図の問題が十分解ける実力が身につけられるようにこのコンテンツを作成しています。 1度最後まで読んで、問題にトライしてみてください!

ちなみに、すべて単線結線図で作っていますが、複線結線図でも同じです。線が3本になってるだけなので、単線結線図で考え方をマスターしてしまえば複線結線図も同じです!
(近年図記号が大幅に変更(ボクが受けたH10年より)されているので、新しい図記号に直したつもりですが、間違いがあれば教えてください(〃∇〃)ゞ)


主要機器の構成を学ぼう!
一度に全部を見てしまうと少しごちゃごちゃして分かりにくいので、分けて考えてみましょう。 ここでは、保護回路・計測回路を除いた主要な機器のみの回路(主回路)のみを抜き出して学びます。

標準的な受電設備の主要機器は下図の通りで、電気工事士に出題される配線図もほとんどこの形です。したがって、主要設備の回路構成・図記号・設置目的などをここで理解してしまえば、かなり配線図が理解でき、読めるようになります。



<主要機器配置ブロック図>



どの配線図でも概ね上記のような設備配置となる。母線以下は負荷の設備状況により多少の変化はあるもののほとんどこのような構成となる。 ○避雷器
雷等の過大な異常電圧を自らの放電によって大地へ逃がし、他の機器を保護します。その能力を十分発揮させるため、接地部分の抵抗が十分低い必要があり、A種接地工事が必要。普段は大地に対し高い絶縁を保っています。

○断路器
遮断器と違い電流は切れないので、単に電路を開放するために使います。なので、断路器の開閉は、遮断器を切って電流の流れていない時しかできません。活躍の場として遮断器の点検をする時などは、断路器を切って電気の流入を防いだ上で行います。

○遮断器
電気を入切するスイッチです。受電設備を停電させる時に切る、もしくは事故(短絡や地絡)の時に停電させる時に用います。特に短絡事故の時はすさまじく大きい電流が流れるため、早急に遮断器によって遮断しないと火災や設備損壊につながります。

○PC
ヒューズ付の断路器のようなものです。先に説明した断路器の説明のように、たとえば変圧器を1台だけ停電して点検したい場合などにはPCを開放して停電できます。また、ヒューズが付いているので、例えば、変圧器1台に短絡が生じた場合などにはそのヒューズが切れる事によってその変圧器だけ電路から遮断されます。遮断器をつけないのは、遮断器が高価なため。

○直列リアクトル
電力用コンデンサと直列に接続する。これにより、コンデンサより流出する高調波の抑制・コンデンサ投入時の突入電流を抑制するといった効果がある。

○電力用コンデンサ
受電した母線へ接続する。これを接続すると、負荷の遅れ無効電力を補償し(コンデンサは進み無効電力なので)全体の力率を改善する。力率が85%以上になると電気代が安くなるみたいです。また、受電母線の電圧を高くする働きもあります。

○変圧器
受電した高電圧(6600V)を、使用する400V・200V・100V等へ降圧して負荷へ電力を供給する。


計測・保護回路の構成を学ぼう!
先に学んだ受電設備の主要機器とは別に、受電設備には、電流や電圧を測る「計測回路」、短絡・地絡の保護をする「保護回路」があります。これらは、特に初学者には理解しにくく(特に仕事に携わってないと)配線図を余計に難しくしています。
これらを単独で勉強して、主回路と合わせて考える事で、配線図の内容はほとんど理解する事ができ、受電設備の結線図のほとんどを読み解く事ができます。

計測回路について
電力量(Wh)計量回路
電力会社から買った電力量を計量し、電気代を払うためについています。電力量計はあなたの家にも付いていると思います。

高圧受電設備は、6600Vという高電圧であり大電流が流れているため、そのままの電圧・電流では電力量計へ接続ができません。そこで計器用変成器を取り付けて、そこで小さな値に変換した電圧・電流を電力量計に入力して電力量を計量します。

計器用変成器は、中に計器用変圧器と変流器が内蔵されています。(図記号からもその事がわかりますよね(o^∇^o)ノ)
電圧・電流計測回路
<電圧計測回路>
電圧計を主回路に直接接続できないため、計器用変圧器で降圧して電圧計で電圧を測定します。
<電流計測回路>
電流計を主回路に直接接続できないため、変流器で電流を小さくして電流計で電流を測定します。
保護回路について
短絡保護回路
短絡事故時の保護回路です。短絡事故時は大電流が流れるため、これを過電流継電器にて検出し、遮断器に遮断指令を出して遮断器が自動的に切れます。(詳しくは→変流器)
過電流継電器は電流のみで動作するため、入力は電流だけです。従って、普通の変流器とのみ接続されています。
過電流継電器の特性は、「ある一定以上の電流が流れた事によって動作する」というものなので、短絡時に流れる電流を計算しておいて、短絡事故による電流が流れた時に確実に動作するように設定(整定といいます)しておきます。
地絡保護回路
地絡事故時の保護回路です。始めに零相変流器の特性を知らないといけませんが、詳しくは(→零相変流器)を参照してください。つまり、普段は零相変流器(ZCT)の2次側には電流が流れていません。
地絡事故発生時には主回路に地絡電流が流れますが、それによって零相変流器の2次側には零相電流が流れます。
地絡継電器はこの零相電流と電圧によって動作します。
従って地絡継電器には、電圧と零相電流の入力が必要となるため、零相変流器・計器用変圧器と接続されます。

どうだったでしょうか(o^∇^o)ノ?けっこう配線図(単線結線図)の意味がわかったと思います。主回路と保護回路・計測回路に分けて考えてみれば簡単ですし、それらが最終的に合わさってこの図面ができあがっています。上記の事を踏まえた上で配線図問題にチャレンジしていけばどんどん理解できるでしょう☆

下へは、上記2つを合体させたもっともスタンダードな単線結線図を示しておきます。ここまで学習のすすんだあなたならば簡単に読めると思います“O( ^ - ^〃 )O”


全体図を把握しよう!
@ケーブルヘッド
ケーブルの立ち上げ部。電線をキュービクルへ引き込んだ所の立ち上げ部分の処理をした部分。

A計器用変成器
電力量計のための変成器。MOFともいう。これは変流器と変圧器(詳しくは後で説明)を組み合わせ、電流と電圧を適当な大きさに変換して主回路から取り出す。

B電力量計
電力会社から受電した電力量を計量する装置。みなさんの家庭にもついていますよね!

C断路器
スイッチのイメージなのですが、電流を切れないスイッチです。単に回路を切り離すためにあります。なので断路器の開閉は、遮断器を切って電流の流れていない時しかできません。用途は、例えば遮断器の点検をする時などに開路するというような使い方があります。

D遮断器
電気の入切をするスイッチです。事故電流(短絡・地絡電流)や負荷電流(普段使っている電気)を切る事ができます。

E避雷器
電線に雷が落ちる等して受電設備に異常な高電圧が入ってきた時に、自ら放電して異常な高電圧を大地へ逃がす。もし避雷器がついていないと、異常電圧侵入時に変圧器などの機器が高電圧による破壊につながります。従って、変圧器等の機器よりも電源側へ設置します。

F零相変流器
電線3本を一括で取り込んで地絡電流を検出する。なので、地絡継電器・地絡方向継電器につながる。 くわしくは→零相変流器

G変流器
電路に流れる大きな電流を小さな値に変換して取り出す。大きな電流をそのままでは取り扱えないので小さくする。これは、過電流継電器へつながる。 くわしくは→変流器

H計器用変圧器
変流器と同様に、電路の大きな電圧を取り出すために用います。6000V等の大きな電圧をそのまま電圧計で測るのは困難なので、小さな値に変換して取り出します。また、不足電圧継電器や地絡継電器など電圧入力の必要な継電器に用います。

I地絡継電器
回路へ地絡(地面に電流が流れる)が生じた時に、それを検出して遮断器に遮断指令を出して遮断→停電させて事故を除去します。

J過電流継電器
回路で短絡が生じた時に、それを検出して遮断器に遮断指令を出して遮断→停電させて事故を除去します。短絡の場合はたくさん電流が流れるので、過電流継電器で保護します。過電流継電器は一定以上電流が流れた時に動作する継電器です。


その他の保護継電器回路について
←左
<地絡方向継電器>
地絡継電器に方向性を持たせた継電器。零相電圧と零相電流の方向を比較して、事故(地絡)点の方向を判別して、内部事故(受電設備の中の事故)のみ動作する。配電線での事故では動作しない。
これは零相電圧が必要となるため、ZPDから零相電圧をとりだして、継電器に入力している。なので、試験の時にZPDが回路にあれば地絡方向継電器だと判断してください!

右→
<不足電圧継電器>
名前からも判断できますが、ある一定の値よりも電圧が低下した場合に動作して、遮断器に遮断指令を出す継電器です。
短絡や地絡の時に、何かを保護するという目的ではありません。主に試験で出題される不足電圧継電器の役割としては、電動機の保護です。一定以上に電動機に供給される電圧が低下すると、電動機としては回転しても電動機の出力低下であるとか、いろいろな不具合が発生するため電圧低下時には電動機への電気の供給をストップさせる役割があります。
posted by arena8order at 16:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アングロ・サクソン人(Anglo-Saxons)

Image~001.png
#ккк

「#アングロサクソン人」に関連した英語例文の一覧
http://p205.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0507Xew7OAx3fHgN/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B0%25E3%2583%25AD%25E3%2582%25B5%25E3%2582%25AF%25E3%2582%25BD%25E3%2583%25B3%25E4%25BA%25BA&_jig_keyword_=%83A%83%93%83O%83%8D%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2583A%2583%2593%2583O%2583%258D%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26b%3D1%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on


アングロ・サクソン人 - Wikipedia
http://p214.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0507wGbQfzDRNbMT/F?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B0%25E3%2583%25AD%25E3%2582%25B5%25E3%2582%25AF%25E3%2582%25BD%25E3%2583%25B3&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=%8C%CB%90%D0&_jig_xargs_=R&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%258C%25CB%2590%25D0&guid=on


アングロ・サクソン人


(アングロサクソンから転送)

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。

出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2010年10月)


アングロ・サクソン人(Anglo-Saxons)は、5世紀頃、現在のドイツ北岸、南部よりグレートブリテン島に侵入してきたアングル人、ジュート人、サクソン人のゲルマン系の3つの部族の総称である。

この中でアングル人が、イングランド人としてイングランドの基礎を築いた。


歴史[編集]

409年にローマ帝国がブリタンニアを放棄した後、現在のデンマーク、北部ドイツ周辺にいたゲルマン人が、グレートブリテン島に渡って来た。

彼等は先住のケルト系ブリトン人を支配し、ケルト文化を駆逐した。

これが英国における最初のアングロ・サクソン人である。

彼等の言葉が英語の基礎となった。

彼等はイングランドの各地に小王国を築いていった。

7世紀頃には、イングランドは7つの王国(七王国)に纏まっていったが、9世紀初めには、ウェセックス王エグバートの元で、サクソン人のウェセックス王国が強大となって、イングランド全域を支配した。

それ以降、一時期はデーン人に支配され、デンマーク王の下にあった。

アングロ・サクソン人はその後また、イングランドを支配した。

これは1066年、ギヨーム2世(ウィリアム1世)に因るノルマン・コンクエストまで続いた。


名前の由来[編集]

アングロ・サクソンとは、「アングリアのサクソン人」という意味である[要出典]。

アングリア(イングランド)は、元々は「アングル人の土地」という意味であったが、カトリック教会がこの地域を表す言葉として使用したため、後にサクソン人もこれを自称するようになり、地域名として定着した。


アングロ・サクソン諸国[編集]

英語を国語・公用語とする白人主流派の先進国であるイギリス、アメリカ合衆国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド(稀にアイルランドと南アフリカ共和国を含む)をアングロ・サクソン諸国と呼ぶ。

しかし、言語がアングロ・サクソン人に由来しているだけで、歴史的なアングロ・サクソン人と現代のアングロ・サクソン諸国には血統的な関係が薄い(フランク人とフランス人の違いと同じ)。

アングロ・サクソン人の故地と見なされるイングランドでさえ、デーン人やノルマン人、原住のブリトン人(ケルト人)などの多様な民族が入り混じって形成された国家である。

当のアングロサクソン諸国では一般にあまり用いられておらず、自分たちがアングロサクソン人であるという意識も乏しい。


用法[編集]

主に大陸ヨーロッパや日本で用いられる事が多い。

アングロ・サクソン諸国は独特の経済や社会を形成しており、古くから研究の対象となって来た(プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神等)。

また、グローバル資本主義の進展とその反発により、アングロ・サクソン諸国を「特殊」な国々と規定するために、様々な比較考証が行われて来た。

以下はその代表的なものである。

法体系におけるコモン・ロー

政党制における二大政党制

アーレンド・レイプハルトの研究による多数決型民主主義

レギュラシオン学派における市場ベース型資本主義

福祉レジーム論における自由主義型福祉国家論


関連項目[編集]

イングランドの歴史

スクラマサクス

アングル人

サクソン人

ジュート人

比較政治学

比較経済学

比較社会学

WASP

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アングロ・サクソン人&oldid=49839380」から取得

カテゴリ:
ゲルマン
七王国時代


「アングロサクソン人」の部分一致の例文検索結果
該当件数 : 16件


アングロサクソン系の人−ユダヤ紙Anglo-Jewish papers - 日本語WordNet

アングロサクソンの詩人(9世紀頃の)Anglo-Saxon poet (circa 9th century) - 日本語WordNet

スコットランドのアングロサクソンの人口The Anglo-Saxon population of Scotland - 日本語WordNet

アングロサクソン人によって礼拝される神a deity worshipped by the Anglo-Saxons - 日本語WordNet

プロテスタントの宗派に属すアングロサクソンの祖先の白人の人a white person of Anglo-Saxon ancestry who belongs to a Protestant denomination - 日本語WordNet

アングロサクソン人の侵略以前にブリテン島南部に住んでいた人an inhabitant of southern Britain prior to the Anglo-Saxon invasions - 日本語WordNet

バイキングが英国でアングロサクソン人を襲撃し始めた9世紀めにin the ninth century the Vikings began raiding the Anglo-Saxons in Britain - 日本語WordNet

彼の先祖は単に英国人というだけでなく、アングロサクソンだったhis ancestors were not just British, they were Anglo-Saxons - 日本語WordNet

(特に、英国の)アングロサクソン家系の人で、母国語が英語で、アングロサクソン系白人新教徒『ワスプ』のように英国文化に強く影響を受けているa person of Anglo-Saxon (especially British) descent whose native tongue is English and whose culture is strongly influenced by English culture as in WASP for `White Anglo-Saxon Protestant' - 日本語WordNet

イングランドを征服し、サクソン人とジュート人に同化してアングロサクソン人となったゲルマン民族a member of a Germanic people who conquered England and merged with the Saxons and Jutes to become Anglo-Saxons - 日本語WordNet

英国を征服し、アングロサクソン人になるようにアングル族とジュート人と融合させたドイツ人のメンバーa member of a Germanic people who conquered England and merged with the Angles and Jutes to become Anglo-Saxons - 日本語WordNet

ゲルマン民族の一員で、英国を征服し、アングル人とサクソン人を併合してアングロサクソン人になったa member of a Germanic people who conquered England and merged with the Angles and Saxons to become Anglo-Saxons - 日本語WordNet

アングロサクソン時代のイングランドで通常の自由民の上、貴族の下の階級の人(特に土地の所有と引き替えに軍役につく)a man ranking above an ordinary freeman and below a noble in Anglo-Saxon England (especially one who gave military service in exchange for land) - 日本語WordNet

初期のサクソン人またはアングロサクソン人と彼らの子孫(特に英国人または低地スコットランド人)と彼らの言語の、それらに関する、あるいはそれらの特徴を持つさまof or relating to or characteristic of the early Saxons or Anglo-Saxons and their descendents (especially the English or Lowland Scots) and their language - 日本語WordNet

あたりにはだれ一人見あたらず、最初に思ったのは、ライオンや一角獣(ユニコーン)やあのへんてこなアングロサクソン伝令たちのことは、ただの夢だったんじゃないか、ということでした。There was no one to be seen, and her first thought was that she must have been dreaming about the Lion and the Unicorn - LEWIS CARROLL『鏡の国のアリス』

4 月以降は、アングロサクソン諸国と我が国が金融緩和を継続する一方で、中国人民銀行や欧州中央銀行が利上げしており、米国の先行き好調予想もあり、新興国のみならず欧州にも波及しているインフレを鎮静させる方向にかじをきっていたと言えよう。After April, while Anglo-Saxon nations and Japan continued the monetary easing policy, People' Bank of China and European Central Bank increased their interest rates. With the expectation of strong US economy in future, the course seemed to be corrected in the direction to overcome the inflation spreading not only in the emerging economies but also in Europe. - 経済産業省
posted by arena8order at 00:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。