2014年05月05日

戦争 War XXXXX…terrorismP'

Image~035.jpgImage~036.jpgImage~026~004.jpg
#ккк #XXXXX #ww123 #Nisga #terrorist #yl #ill #terrorism #国際テロ #兵器 #電波


「#百年戦争」に関連した英語例文の一覧
http://p207.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0505OgrcgE3nKyhF/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E7%2599%25BE%25E5%25B9%25B4%25E6%2588%25A6%25E4%25BA%2589&_jig_keyword_=%90%ED%91%88%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2590%25ED%2591%2588%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26b%3D1%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on

#戦争 → #War
http://p218.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0505vH3ihO6mOUQt/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E6%2588%25A6%25E4%25BA%2589&_jig_keyword_=%90%ED%91%88%20%88%D3%96%A1&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2590%25ED%2591%2588%2B%2588%25D3%2596%25A1&_jig_source_=srch&guid=on


戦争 → War

朝鮮戦争(1950年 - 1953年) → TheKorean War(from 1950 to 1953)

核兵器を使用した戦争・広島市(1945年)戦争は、おもに国家による外交問題、内政問題の武力解決であり、政治の一手段である。 → War,Hiroshima-shi(1945)war usingthenuclear weapon isthediplomatic dispute bythenation,military solution to issue of domestic administration mainly and isanexclusive step ofthepolitics.

平和とは対極的な状況を指す。 → Thepeace refers totheopposite poles-like situation.


戦争の意味-国語辞書 -goo辞書 → Meaning-Japanese dictionary-goo dictionary ofthewar
http://p217.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0505wlNplZK7jmTO/0?_jig_=http%3A%2F%2Fdictionary.goo.ne.jp%2Fleaf%2Fjn2%2F126718%2Fm0u%2F&_jig_keyword_=%90%ED%91%88%20%88%D3%96%A1&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2590%25ED%2591%2588%2B%2588%25D3%2596%25A1&_jig_source_=srch&guid=on


戦争 → War

軍隊と軍隊とが兵器を用いて争うこと。 → Thearmed forces compete againstthearmed forces usingaweapon.

特に、国家が他国に対し、自己の目的を達するために武力を行使する闘争状態。 → Particularly,struggle to use military power becauseanation achievesapurpose oftheself for other countries is inastate.

国際法上は、宣戦布告により発生し、当事国間に戦時国際法が適用される。戦。 → Theinternational law top is caused by declaration of war,and international law in time of war is applied between countries concerned. Awar.

「戦争が勃発する」「隣国と戦争する」激しい争いや競争。 → Intense fight and competition "to make war ontheneighboring country" that "war breaks out."

「受験戦争」「交通戦争」戦い、戦、合戦 → "Exam war" "traffic war" fight,war,battle

会戦、戦役、役、戦闘、戦う戦争権限法 → Fight,war,position,battle, theWar Power Act which fight

米国大統領の戦争に関する権限を制約する法律。 → Alaw to limit authority aboutthewar oftheU.S. President.

大統領は軍の総指揮官としての権限を有するが、同法は、敵対行為等に対する軍の投入に際し、大統領と連邦議会が共同で判断することを求めている。 → ThePresident hastheauthority asthetotal commander ofthemilitary,butthelaw demands that Federal Congress determines withthePresident jointly on the occasion oftheinjection ofthemilitary for hostile acts.

1973年制定。 → 1973 establishment.

補説 → Supplementary explanation

連邦議会の戦争宣言がないまま大統領が軍を投入した場合、48時間以内に議会に報告する義務があり、議会の承認が得られない場合は60日以内に軍を撤退させなければならないことなどが規定されている。 → WhenthePresident spendsthemilitary with there not being war declaration oftheFederal Congress, theassembly has a duty to report it within 48 hours,and it is prescribed that you must withdrawthemilitary for less than 60 days whentheapproval oftheassembly is not provided.

戦争犯罪 → War crimes

国際条約の定める戦闘法規に違反する行為。 → Anact in violation ofthebattle law thattheinternational treaty determines.

例えば、降伏者の殺傷、禁止兵器の使用等。 → For example, thecasualties ofthecapitulant, theuse oftheprohibition weapon.

第二次大戦後は、侵略戦争や国際法に違反する戦争の計画・開始・遂行の責任に関する罪(平和に対する罪)、一般民衆に対する大量殺人・迫害など人道に反する行為の罪(人道に対する罪)が加えられた。 → After World War II, thecrime(crime forthehumanity)oftheact to be againstacrime(crime forthepeace)abouttheresponsibility ofaplan, astart, theaccomplishment ofthewar in violation ofanaggressive war and international law,humanity includingabloodbath, thepersecution forthepublic people was added.

戦争犯罪人 → War criminal

戦争犯罪にあたる罪を犯した人。 → Theperson who committed a crime equal to war crimes.

戦犯。 → Awar crime.

戦争被害補償 → War damage compensation

戦争で被害を受けた人に対する国家補償。 → Thereparation by the state foraperson damaged in war.

日本では、遺族援護法に基づいて軍人・軍属とその遺族に対して一時金・給付金等が支給されるが、民間の戦争被害者に対しては、引揚者や原爆被爆者を除いて、戦争被害補償を行わず、社会保障によって救済している。 → In Japan, anofficer,civilian employee andthebereaved are paidalump sum, abenefit based onthebereaved protection method,but relieve it by social security without compensating it for war damage exceptarepatriate andanatom bomb A-bomb victim fortheprivate war victim.

欧米諸国では軍人・民間人及び国籍の区別なく戦争被害補償を行うのが一般的。 → It is common intheAmerican and European countries to give war damage war damage support without distinction ofanofficer, aprivate citizen andthenationality.


戦争文学 → War literature

戦争を題材とした文学。 → Literature aboutthewar.

普通は近代・現代の戦争を扱った作品をさす。 → Usually placethework which handled modern times,modern war.

レマルクの「西部戦線異状なし」、ヘミングウェイの「武器よさらば」、大岡昇平の「レイテ戦記」等 → Of Remarque "there is no Western Front disorder";"Farewell to Arms" of Hemingway,"Leyte account of war" of Shohei Ooka.
posted by arena8order at 23:14| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

情報戦 Information war XXXXXNisga

517QBZHQEGL_SL500_AA300_~001.jpgAS20140228000251_comm.jpgImage~001.jpg

「#情報戦争」に関連した英語例文の一覧
http://p219.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0505QMRNUG8XLVpM/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E6%2583%2585%25E5%25A0%25B1%25E6%2588%25A6%25E4%25BA%2589&_jig_keyword_=%8F%EE%95%F1%20%90%ED%91%88%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%258F%25EE%2595%25F1%2B%2590%25ED%2591%2588%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26b%3D1%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on


#ккк #XXXXX #ww123 #Nisga #terrorist #yl #ill #terrorism#global terrorism#weapon#electric wave


#情報戦-Wikipedia → Information war-Wikipedia
http://p203.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0505L5RK6Wu0cIPR/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E6%2583%2585%25E5%25A0%25B1%25E6%2588%25A6&_jig_keyword_=%8F%EE%95%F1%20%90%ED%91%88&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%258F%25EE%2595%25F1%2B%2590%25ED%2591%2588&_jig_source_=srch&guid=on


情報戦 → Information war

情報戦(InformationWarfare,IW)は、味方の情報及び情報システムを防護し、かつ敵のそれを攻撃・攪乱・妨害する敵味方相互の情報活動をいう。 → Saytheinformation activity of ally and enemy aspect each other who information war (Information Warfare, IW) protectstheinformation ofthefriend and information system andanattack disturbs it oftheenemy,and interferes.

ただし軍隊や研究機関によって情報戦という用語の定義には若干の差異が認められる。 → But some differences are recognized forthedefinition oftheterm information war bythearmed forces andaresearch organization.

ここでは上記の定義で用いる。 → Use it bythedefinition mentioned above here.


概要[編集] → Summary[editing]

情報戦とは平時及び戦時おいて情報優勢(InformationSuperiority)を獲得するために行われる一連の情報活動によって遂行されるものであり、米空軍の定義によれば防勢的な対情報活動は戦略的防空作戦と同様に常に実施されており、その意味で常に情報戦は遂行されている、としている。 → It is accomplished by a series of information activity that are performed to put it withtheinformation war inatime of peace andthewartime,and to acquire information superiority (Information Superiority),and,according tothedefinition oftheU.S. air force, theanti-information activity that is 防勢的 is always carried out likeastrategic air defense strategy and does it when information round is always accomplished in this sense.

その一方で攻勢的な対情報活動は電子戦、心理戦、軍事的欺瞞など様々な活動を総合したものである。 → On the other hand, theoffensive-like anti-information activity synthesized electronic warfare,psychological warfare,various activity includingthemilitary deception.

段階的に発展するものと考えられており、底度のものから順に挙げれば、まず偽情報やプロパガンダの流布、指揮統制中枢や情報発信源の物理的な破壊、コンピュータ・ウイルスの投入、ハッカーによる不法アクセス、ハッカー・コンピュータ・ウイルスによるデータに対する改竄・破壊もしくは電磁パルスによる物理的破壊、と考えられている。 → If it is thought and gives it fromthething ofthebottom degree sequentially,at first it is thought that it develops progressively withthephysical destruction ofthespread of disinformation andthepropaganda, theconduct control center andtheinformation dispatch source, theinjection ofthecomputer virus, theillegality access bythehacker,manipulation, thedestruction forthedata due tothehacker computer virus or physical destruction bytheelectromagnetic pulse.


歴史[編集] → Thehistory[editing]

湾岸戦争でCIAがイラク側に納入されるコンピュータを割り出しウィルスを仕掛けたことが情報戦争の元祖であるとされる。 → It is said that it isanancestor oftheinfowar CIA calculatesacomputer delivered totheIraqi side intheGulf War,and to have setavirus.

ただしイラク側が使い始める前に多国籍軍の砲撃でコンピュータ諸共破壊してしまっているので結局不発に終わっている。 → But misfire becauseIdestroy it together withthecomputer by bombardment ofthemultinational force beforeanIraqi side begins to use it after all.


概念[編集] → Concept[editing]

情報戦については1994年ごろから米国防総省や米軍において重要性が認識されるようになってきた。 → Importance came to be recognized abouttheinformation war intheU.S. Department of Defense andtheUnited States Armed Forces from about 1994.

その基本的な概念として、情報が必要な時に、必要な人へ、必要な内容で与えられることをめぐる戦いの一局面である。 → When information is necessary asthebasic concept,it isaone station side ofthefight overanecessary person being given it by necessary contents.

米空軍においては、敵の情報活動の効果や機能を停止・低下させ、同時に敵の同種の行動に対して味方を防護し、味方の情報活動を有利にするためのあらゆる活動と定義している。 → IntheU.S. air force, astop reducesaneffect andafunction oftheinformation activity oftheenemy and protectsafriend for similar action oftheenemy at the same time and defines it as every activity to dotheinformation activity ofthefriend profitably.

また米海軍においては、安全保障において味方の情報を敵から防護しつつ、敵の情報システムを利用し、敵の情報システムを停止させ、また敵を陽動などによって誘出することによって決定的な優勢を獲得・維持するために情報を活用する活動と定義している。 → In addition,in US Navy, Istoptheinformation system oftheenemy usingtheinformation system oftheenemy while protectingtheinformation ofthefriend fromanenemy in security and define it as activity to utilize information because acquisition maintainsthesuperiority that is decisive by elicitinganenemy by feint operations again.

一方で米陸軍は通信スペクトルを支配し、指揮官に敵行動を予測可能なものとし、味方部隊が敵の位置を速やかに把握して、戦車、火砲、航空機火力を整合的・統合的に運用する方法によって、その戦闘力を高める活動と考えている。 → On the other hand, theU.S. army influencesacommunication spectrum,andacommander shall be able to predictanenemy action,andafriend corps graspstheposition oftheenemy immediately and thinks about tank,cannon,plane heat with activity to raisethefighting power byaconformal method to apply it in a gross.

米国のランド研究所は情報戦の特徴として、コストが安価なことや、伝統的な境界線があいまいになっていること、心理戦の重要性、攻撃判定の困難性、同盟・協力関係が内在する惰弱性などを挙げた。 → American Rand Corp. raisedtheindecision characteristics that cost being cheap andatraditional boundary line becoming vague,importance ofthepsychological warfare, thedifficulty oftheattack judgment, analliance, acollaborative relationship were inherent in asacharacteristic oftheinformation war.

米国防大学においては情報戦を七形態に分類し、さらに行為を防御・操作・低下・拒絶として整理している。 → Classify information wars in seven forms in U.S. National Defense University and arrangeanact as defense,operation, adrop,refusal more.


分類[編集] → Classification[editing]

ここでは米国防大学の分類を用いる。 → Useaclassification of U.S. National Defense University here.

心理戦、指揮統制戦、電子戦は従来の戦争でも行われた形態である。 → Psychological warfare, aconduct control war, theelectronic warfare are conventional fought forms.

ただしこれらの分類は個別的なものではなく、実際にはそれぞれの要素が相互に関連しており、重複する分野も多い。 → But each element is really related to these classifications notanindividual thing mutually,and there are many repeating fields.


指揮統制戦[編集] → Conduct control war[editing]

指揮統制戦(CommandandControlWarfare)とは指揮系統を破壊・妨害・攪乱することによって戦力の統制を乱し、敵部隊を分断する戦いを指す。 → Disturbthecontrol oftheforce by destruction,interference disturbingachain of command with conduct control war (Command and Control Warfare) and point tothefight to divideanenemy corps.

組織的な活動には統一的な指揮統制が不可欠でありそのために古来から敵の指揮官や本部を狙って攻撃することは基本的な戦法であった。 → Unified conduct control was indispensable for organized activity,and therefore it wasthebasic tactics to attack atacommander andtheheadquarters oftheenemy from ancient times.

また伝令の殺傷、指揮統制システムが依存している発電所や送電施設の破壊などの手段が用いられる。 → In addition,means such asthedestruction ofapower station andthetransmission facilities wherethecasualties ofthemessage, aconduct control system depend on is used.

指揮系統の切断は敵が広範囲にわたって部隊を指揮統制する場合、指揮官・司令部の破壊・無力化と同程度の効果が得られる。 → Whenanenemy commandsamilitary unit as forthecutting ofthechain of command over a wide area and controls it, aneffect at the same level as destruction,neutralization ofacommander, theheadquarters is provided.

特に敵が各部隊の権限が極めて惰弱であり、各部隊の現場指揮官が独自行動できない軍隊組織である場合、自衛的な戦闘活動すらも封じ込めることが可能となる。 → Anenemy in particular can be full oftheauthority of each military unit and becomes able to confine eventheself-defense-like battle activity when it is effete,andthespot commander of each military unit isthearmed forces organization which cannot act originally.

指揮系統の切断には物理的に司令部を破壊するハード的手法がある。 → Thecutting ofthechain of command includes technique of hardware destroyingtheheadquarters physically.

これは司令部と部隊を結ぶ後方連絡線・通信回線・中継分配施設またはその機能を維持する施設(発電所・衛星通信所・送電線など)に対する物理的攻撃であり、これに対抗するためには通信網を冗長化する必要性がある。 → This isaphysical attack for rear connecting line, acommunication line, thebroadcast distribution facilities which linkthemilitary unit totheheadquarters or facilities(power station,satellite communications place,power transmission line)maintainingthefunction,and there istheneed to makeacommunications network redundancy to be opposed to this.

反対に指揮統制システムを混乱・停止させるソフト的手法がある。 → Conversely,there is soft technique to letaconduct control system stop confusion.

これは電子戦、ハッカー戦、諜報基盤戦、経済情報戦などと一部内容が重複する。 → As for this,electronic warfare, ahacker war, aninformation gathering base war, aneconomic information war and some contents repeat.


電子戦[編集] → Electronic warfare[editing]

詳細は「電子戦」を参照 電子戦とは情報戦においては通信・電波妨害を指す場合がほとんどである。 → As forthedetails, thecases thatthereference electronic warfare refers to communication,jamming intheinformation war by "electronic warfare" are often found.

また強力な電磁パルスを用いた破壊活動などの手段も含める。 → In addition, includethemeans such asthesubversive activity using strong electromagnetic pulse.


心理戦[編集] → Psychological warfare[editing]

詳細は「心理戦」を参照 心理戦とは特定の民族に対してある特定の行動や反応へと誘導することを目的にした情報の流布などの手段を用いる戦い。 → Afight to use means such asthespread for oftheinformation forthedetails deriving "psychological warfare" to a particular action and reaction withthereference psychological warfare foraspecific race.


ハッカー戦[編集] → Hacker war[editing]

ハッカー戦(HackerWarfare)とはハッキング、及び、クラッキングだけでなくコンピュータ・ウイルスの手段が用いられる情報および情報システムの侵入と防護をめぐる戦いをいう。 → Sayafight overaninvasion andtheprotection oftheinformation thatthemeans ofthecomputer virus is used for as well as hacking and cracking andtheinformation system with hacker war (Hacker Warfare).

(ハッキング、クラッキング、コンピュータウイルス兵器、サイバー戦争、サイバーテロ、サイバー犯罪を参照) → (Irefer to hacking,cracking, acomputer virus weapon,cyberwar,cyberterrorism,cybercrime)


諜報基盤戦[編集] → Information gathering base war[editing]

諜報基盤戦(Intelligence-basedWarfare,IBW)諜報活動の基礎となる各種センサーを用いた情報収集・偵察・監視活動と、敵のそれに対する対抗の活動をいう。 → Call activity oftheopposition for it oftheenemy intelligence,reconnaissance, themonitoring activity using various sensors becoming basic oftheinformation gathering base war (Intelligence-based Warfare, IBW) espionage.

古来より原始的なセンサーの妨害として煙幕や闇夜が用いられてきた。 → Asmoke screen andadark night have been used as interference ofthesensors which was more primitive than ancient times.

これは敵にこちらの現在位置や状態の情報を与えないという基本的な諜報基盤戦の属性を現している。 → This showstheattribute ofthebasic information gathering base war not to giveaposition andtheinformation that are inastate as of one of this toanenemy.

現代では煙幕に対抗して赤外線センサーなどが用いられており、湾岸戦争で多国籍軍の勝利に貢献し、現代の軍隊の必需品の一つと認識されている。 → Infrared sensors are used againstasmoke screen inthepresent age and contribute to victory ofthemultinational force intheGulf War and are recognized to be one ofthenecessities ofthemodern armed forces.

また電磁パルスを用いたコンピュータの破壊活動とその防護も諜報基盤戦に含まれる。 → In addition, thesubversive activity ofthecomputer usingtheelectromagnetic pulse andtheprotection are included inaninformation gathering base war,too.


経済情報戦[編集] → Economic information war[editing]

経済情報戦(EconomicInformationWarfare)金融機関・交通機関・通信機関・エネルギー供給機関などのコンピュータ・システムに対する攻撃や防御の活動をいう。 → Say activity ofanattack andthedefense forthecomputing systems such as economic information war (Economic Information Warfare) financial institution,means of transportation,communications media,energy supply organizations.

現代の経済活動はインターネット等の情報インフラに高度に依存している。 → Themodern economic activities depend ontheinformation infrastructure such astheInternet highly.

しかしインターネットはコンピュータの相互依存のネットワークに過ぎず、機密保護や防犯機能が内在されているわけではない。 → However, theInternet is onlyanetwork oftheinterdependence ofthecomputer and is not inherent security andasecurity function.

そのために利便性と同時に軍事的攻撃・犯罪行為に対する保安性が求められている。 → Therefore preservation characteristics forthemilitary attack,criminal act are demanded with convenience.

1995年に米国防大学は米国の通信・金融ネットワークが攻撃に対して惰弱であり、もし攻撃を受けた場合は経済活動が停止し、最悪の場合では国家的機能に決定的な損害を負う危険性があると述べ、米議会に調査研究の必要性を主張している。 → It is effete,and economic activities stop it foranattack whenIreceiveanattack,and,in U.S. National Defense University,American communication,finance network statesanational function that there istherisk to carrythedecisive damage on its back in 1995 when it is the worst and insists ontheneed oftheresearch intheU.S. assembly.

但し、完全に全てのシステムが停止することは考え難く、あくまで最悪の可能性に基づく必要性である。 → But it is hard to think,and it istheneed based ontheworst possibility to the last that all systems completely stop.


サイバー戦[編集] → Cyber war[editing]

サイバー戦(CyberWarfare)コンピュータ間におけるサイバー空間でのデジタル化された情報の伝達を巡る戦いをいう。 → Sayafight overthetransmission of digitized information intheCyberspace betweenthecyber war (Cyber Warfare) computer.

(サイバー戦争、サイバーテロ、サイバー犯罪も参照。) → (Refer to cyberwar,cyberterrorism, thecybercrime.)


参考文献[編集] → References[editing]

FieldManualNo.100-6(FM100-6)"INFORMATIONOPERATIONS"(DepartmentoftheArmy,27August1996) → Field Manual No 100-6(FM 100-6). 27 "INFORMATION OPERATIONS" (Department of the Army, August 1996)

江畑謙介『インフォメーション・ウォー 狙われる情報インフラ』(東洋経済新報社、1997年)→ Kensuke Ehata "information infrastructure(Toyo Keizai Shinposha,1997)-aimed ataninformation war"


関連項目[編集] → affiliated item[editing]

情報活動 → Information activity

諜報活動 → Espionage

情報機関 → Secret service

防諜 → Counterespionage

広報 → Public information

軍事における革命 → Revolution in military affairs

偵察衛星(情報収集衛星) → Reconnaissance satellite(information-gathering satellite)

偵察機 → Spy plane

情報収集艦 → Intelligence warship

ビザンチン将軍問題 → Theissue of Byzantine general

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=情報戦&oldid=47542052」から取得カテゴリ: → It isanacquisition category from "http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title= information war &oldid=47542052":
軍事学 → Military affairs studies

戦闘 → Battle

ミリタリー・インテリジェンス → Military intelligence
posted by arena8order at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4. 捕虜‐Prisoner of war, POW

220px-Square_compassessvg.pngImage~002~001~001.jpg200px-Apollo_black_bird_AM_Delph.jpg
#ккк #XXXXX #ww123 #Nisga #terrorist #yl #ill #terrorism #国際テロ #兵器 #電波


「大戦争」に関連した英語例文の一覧 - Weblio英語例文検索
http://p201.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0505Dekwso1fGfSW/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E5%25A4%25A7%25E6%2588%25A6%25E4%25BA%2589&_jig_keyword_=%91%E5%90%ED%91%88%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E6%2588%25A6%25E4%25BA%2589%2B%25E8%258B%25B1%25E8%25AA%259E%2B%25E4%25BE%258B%25E6%2596%2587%2Bweblio%26p%3D%2591%25E5%2590%25ED%2591%2588%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26trans%3D0&_jig_source_=srch&guid=on

第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。Article 9. Aspiring sincerely to an international peace based on justice and order, the Japanese people forever renounce war as a sovereign right of the nation and the threat or use of force as means of settling international disputes. - 日本法令外国語訳データベースシステム


我々は戦争に反対だ。

We are against war. - Tanaka Corpus

戦争反対の有力な論拠.

a strong argument against war - 研究社 新英和中辞典

国民は戦争に反対だった.

The country was against war. - 研究社 新英和中辞典

彼も戦争に大反対だ

He is strong against war. - 斎藤和英大辞典


平和を求めて(特に)戦争の反対運動をするa protest march against (a particular) war and in favor of peace - 日本語WordNet
彼は「戦争と平和」の原典を研究した。He studied the original text of War and Peace. - Tanaka Corpus

人々が戦争より平和を好むのは明らかだ。There is no doubt that people prefer peace to war. - Tanaka Corpus

大多数の人は戦争より平和を好む.The majority of people prefer(s) peace to war. - 研究社 新英和中辞典

日本は極東の平和の為に戦争をしたJapan has fought in the cause of the peace of the Far East. - 斎藤和英大辞典


最終戦争即ち王道・覇道の決勝戦は結局、天皇を信仰するものと然らざるものの決勝戦であり、具体的には天皇が世界の天皇とならせられるか、西洋の大統領が世界の指導者となるかを決定するところの、人類歴史の中で空前絶後の大事件である。

The final war, that is, the war between the way of rule by virtue and the way of rule by military might is ultimately a war to decide whether the believers or the non-believers in the Emperor shall prevail; more specifically, it is a war to decide whether the Emperor is to be the Emperor of the world or whether the president of the Western world is to be the leader of the world, making it an unprecedented event in the history of humankind. - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス


「"戦争が"」に関連した英語例文の一覧 - Weblio英語例文
http://p223.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0505wkcYJcZuU7vg/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%2522%25E6%2588%25A6%25E4%25BA%2589%25E3%2581%258C%2522&_jig_keyword_=%90%ED%91%88%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E6%2588%25A6%25E4%25BA%2589%26p%3D%2590%25ED%2591%2588%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26trans%3D0&_jig_source_=srch&guid=on
posted by arena8order at 21:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3. 捕虜‐Prisoner of war, POW

Image~034.jpg
#ккк #XXXXX #ww123 #Nisga #terrorist #yl #ill #terrorism #国際テロ #兵器 #電波


第二次世界大戦後[編集]

日本国憲法第9条は自衛権を放棄していないという政府見解はあったものの、人道に関する国際条約(いわゆるジュネーヴ4条約)の国内法制については、有事法制研究においても所管省庁が明確でない法令(第3分類)とされており、自衛隊法第76条の規定により防衛出動を命ぜられた自衛隊による捕虜の取扱い等を具体的に定める法制は未制定であった。

この変則的な状態を解消するため、2004年(平成16年)に行われた一連の事態対処関連法制の整備に際して、国際人道法の的確な実施のための法制として、「武力攻撃事態における捕虜等の取扱いに関する法律」(平成16年6月18日法律第117号)(以下「捕虜取扱い法」という。)が制定された。

捕虜取扱い法は、その第1条で「この法律は、武力攻撃事態における捕虜等の拘束、抑留その他の取扱いに関し必要な事項を定めることにより、武力攻撃を排除するために必要な自衛隊の行動が円滑かつ効果的に実施されるようにするとともに、武力攻撃事態において捕虜の待遇に関する千九百四十九年八月十二日のジュネーヴ条約(以下「第三条約」という。)その他の捕虜等の取扱いに係る国際人道法の的確な実施を確保することを目的とする。」と謳っている。

その主な内容は、捕虜等の人道的な待遇の確保、捕虜等の生命、身体健康及び名誉に対する侵害又は危難から常に保護すること、その他捕虜等の取扱いに係る国の責務を定めた「総則」、捕虜等の拘束、抑留資格の確認等に関する手続、権限等を規定した「拘束及び抑留資格認定の手続」、「捕虜収容所における抑留及び待遇」、捕虜等の抑留資格認定及び抑留中の懲戒処分に対する不服申立ての審理手続等を規定する「審査請求」、捕虜等の送還等について規定する「抑留の終了」、及び捕虜等の拘束及び抑留業務の目的達成に必要な範囲での自衛官による武器の使用の規定、捕虜等が逃走した場合の再拘束の権限並びにそのために必要な調査等に関する規定を設けた「補則」等からなっている。

また捕虜取扱い法の附則により自衛隊法が改正され、捕虜取扱い法の規定による捕虜等の抑留及び送還その他の事務を行う自衛隊の機関として、(武力攻撃事態に際して)臨時に捕虜収容所を設置することができるようになった(自衛隊法第24条第4項、第29条の2第1項)。

この捕虜収容所の所長は、第三条約の規定を踏まえ幹部自衛官が任じられる(第三条約第39条第1項、自衛隊法第29条の2第2項)。


捕虜に関する作品[編集]

映画[編集]

『大いなる幻影』、ジャン・ルノワール監督、フランス映画、1937年

『第十七捕虜収容所』、ビリー・ワイルダー監督、アメリカ映画、1953年、原題:Stalag 17

『戦場にかける橋』、デヴィッド・リーン監督、イギリス映画、1957年、第二次世界大戦中の日本軍の俘虜収容所が舞台

『大脱走』、ジョン・スタージェス監督、アメリカ映画、1963年、第二次世界大戦中のドイツ軍捕虜収容所が舞台で、その収容所から脱走する英国、米国士官たちが主役

『キング・ラット』、ブライアン・フォーブス監督、イギリス映画、1965年

『マッケンジー脱出作戦』、ラモント・ジョンソン監督、アメリカ映画、1970年、第二次世界大戦中のスコットランドの捕虜収容所から脱走を図る、ドイツ軍捕虜を事実に基づき描いた作品

『勝利への脱出』、ジョン・ヒューストン監督、アメリカ映画、1981年

『南十字星』、丸山誠治、ピーター・マックスウェル監督、日本・オーストラリア合作映画、1982年

『戦場のメリークリスマス』、大島渚監督、日本映画、1983年

『バルトの楽園』、日本映画、2006年、第一次世界大戦中の徳島県にあったドイツ軍捕虜の板東俘虜収容所が舞台


文学[編集]

大岡昇平『俘虜記』


脚注[編集]

注釈[編集]

^ 捕虜の定義は、1907年のハーグ陸戦条約附属規則では第1条〜第3条、1929年の俘虜の待遇に関する条約では第1条、1949年のジュネーヴ第3条約では第4条にある。

^ 例:ハーグ陸戦条約(陸戦ノ法規慣例ニ関スル条約)では、prisonniers de guerre(フランス語)の訳語に「俘虜」を用いている。

^ マーワルディーによると、多神教徒から来る財として戦利品であるファイ(fay‘)とガニーマ(ghan ma)について述べている。ファイはウマイヤ朝カリフ、ウマル2世によってムスリム全体のために保有される征服地の土地として分配不可能な不動産を指し、ガニーマは分配可能な動産を指す。マーワルディーは、うち、ガニーマの種類として、戦争捕虜、敵方の婦女子の捕虜、不動産および動産の4つを上げている。


参照[編集]

^ 1949年のジュネーヴ第3条約 第4条A(1)

^ マーワルディー『統治の諸規則』(2006)pp.312-

^ 『イスラム世界』27・28号, 社団法人日本イスラム協会, 1287.3. p.43-66.

^ マーワルディー『統治の諸規則』(2006)pp.324-325

^ ブハーリー『真正集』遠征の書、第61章2節。

^ アハメド(2000)pp.123-125

^ 『東京新聞』特報2004年11月1日付

^ 秦郁彦「南京事件」中公新書,p193


参考文献[編集]

ライラ・アハメド 『イスラームにおける女性とジェンダー―近代論争の歴史的根源』 林正雄・本合陽・森野和弥・岡真理・熊谷滋子訳、法政大学出版局〈叢書ウニベルシタス〉、2000年8月。ISBN 4588006703。

アル・マーワルディー 『統治の諸規則』 湯川武訳、慶應義塾大学出版会、2006年5月。ISBN 4766412389。


関連文献[編集]

日本人捕虜

会田雄次『アーロン収容所西欧ヒューマニズムの限界』中央公論社、1962年、ISBN 4-12-200046-7

ビルマのイギリス軍の管理する捕虜収容所における学徒兵の体験。

大岡昇平『俘虜記』新潮社、1967年、ISBN 4-10-106501-2

長谷川伸『日本捕虜志』中央公論社、1979年

1956年の第4回菊池寛賞を受賞した。

吹浦忠正 『捕虜の文明史』新潮社、1990年、ISBN 4-10-600387-2

秦郁彦『日本人捕虜』上下二巻、原書房、1998年、ISBN 4-562-03071-2

白村江の戦いからシベリア抑留まで取り扱った日本人捕虜に関するノンフィクション。

吉村昭『海軍乙事件』文藝春秋、1976年

連合艦隊参謀長福留繁中将が捕虜になった事件に関するノンフィクション 。

日本人捕虜の尋問

大庭定男『戦中ロンドン日本語学校』中央公論社、1988年、ISBN 4-12-100868-5

日本軍の暗号解読や日本人捕虜の尋問のためにイギリス軍が設けた日本語習得の学校について。

中田整一『トレイシー 日本兵捕虜秘密尋問所』講談社、2010年 のち文庫

カリフォルニア州にアメリカ軍が設けた尋問所「トレイシー」について。

山本武利『日本兵捕虜は何をしゃべったか』文藝春秋、2001年、ISBN 4-16-660214-4

米英軍の捕虜になった日本兵の尋問の記録

独ソ戦におけるソ連人の捕虜

ユルゲン・トールヴァルト『幻影ヒトラーの側で戦った赤軍兵たちの物語』松谷健二(訳)、フジ出版社、1978年

祖国をスターリンの圧制から解放しようと寝返ったソ連人捕虜の物語。

ドイツ人の捕虜

パウル・カレル他『捕虜誰も書かなかった第二次大戦ドイツ人虜囚の末路』学習研究社、フジ出版社版の復刻、2001年

ハインツ・G・コンザリク『スターリングラートの医師捕虜収容所5110-47』畔上 司(訳)、フジ出版社、1984年

ドイツ人捕虜のあいだで伝説となったドイツ軍医を描いた小説。

ジェームズ・バクー『消えた百万人ドイツ人捕虜収容所 死のキャンプへの道』申橋 昭(訳)、光人社、1993年

人道主義的な扱いを期待して西側連合国の捕虜となったドイツ人の悲惨な運命について。

棟田博『日本人とドイツ人人間マツエと板東俘虜誌』光人社、1997年、改題復刻版、ISBN 4-7698-2173-5

第一次世界大戦の青島攻略戦で捕虜となったドイツ軍人に関するノンフィクション。

日本軍の捕虜となった英連邦諸国兵士

ジェームス・クラヴェル『キング・ラットチャンギー捕虜収容所』山手書房、1985年

日本軍のシンガポール・チャンギー連合軍捕虜収容所を題材にした小説

フランク・エバンス『Roll Call at Oeyama - P.O.W. Remembers 大江山の点呼 - 捕虜は思い出す』私家本、1985年、日本語訳は未出版

日本軍によって香港で捕虜となったウェールズ出身のイギリス軍兵士の自伝。

日本軍の捕虜となった米軍兵士

サミュエル・B・ムーディ『Reprieve from Hell』Pageant Press、1961年、日本語訳は未出版

鳴海町(現:名古屋市)にあった鳴海捕虜収容所(日本車輌製造での勤労に従事させていた)で、懲罰として53時間「気を付け」の姿勢を取らされた体験を持つ著者による回想記。この「53時間の『気を付け』」は、「最も長い時間同じ姿勢でいた記録」として『ギネス世界記録』に掲載された。


関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、捕虜に関連するカテゴリがあります。
鹵獲

シベリア抑留

ビルマでの降伏日本軍人の抑留

カウラ事件

フェザーストン事件

戦争犯罪

国際法

脱走

戦闘員

アブグレイブ刑務所における捕虜虐待

交換船

猿の惑星

ピエール・ブール

日本国俘虜情報局(Prisoner of War Information Bureau)

直江津捕虜収容所事件

外部リンク[編集]

陸戰ノ法規慣例ニ關スル條約(ハーグ陸戦条約)

俘虜の待遇に関する千九百二十九年七月二十七日の条約- ジュネーヴ第三条約(1949年)の前身

捕虜の待遇に関する千九百四十九年八月十二日のジュネーヴ条約(第三条約)(防衛省HP)

ジュネーヴ諸条約第一追加議定書(外務省HP)

武力攻撃事態における捕虜等の取扱いに関する法律(防衛省HP) - 日本の法律

標題:二五九 俘虜情報局官制作成者:枢密院、1941年(昭和16年)作成、 アジア歴史資料センター収蔵資料

日本軍のPOWを扱った機関とその資料 内海愛子

カウラと日本の対話

俘虜取扱規則

東京裁判資料 ―俘虜情報局関係文書―編集・解説■内海愛子・永井均,ISBN978-4-906642-68-3,現代史料出版

現代史料出版

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=捕虜&oldid=51086311」から取得

カテゴリ:
捕虜
posted by arena8order at 20:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2. 捕虜‐Prisoner of war, POW

Image~030.jpgImage~031.jpgImage~032.jpgImage~033.jpg
#ккк #XXXXX #ww123 #Nisga #terrorist #yl #ill #terrorism #国際テロ #兵器 #電波


捕虜の保護[編集]

1899年のハーグ平和会議

近代国際法が確立されるにつれ、捕虜は保護されるべきものであると考えられるようになった。

そのため、1899年の陸戦ノ法規慣例ニ関スル条約(ハーグ陸戦条約)以降、各種条約によって明文を以て保護されるようになった。

それによって近代的軍隊においては、任務を果たすための努力を尽くした上で、万策尽きた際に捕虜になることは違法な行為ではないものとされる。

封建的な軍制や傭兵の時代から、近代市民兵の時代へと移行し、個人の権利保護が重要になったからである。

そして同時に、勇戦して然るべき後に降伏し捕虜になることを認めれば、戦略的価値を無くした戦線、形勢逆転の可能性の無くなった戦線をあえて見捨てるという事が可能になり、戦略上の選択肢が増え、純軍事的にもメリットが大きいのである。

捕虜になることを認めずに見捨てることは人道的非難を免れず、加えて自軍兵の戦意を削ぎ、違法を承知で捕虜となった将兵の対敵協力を誘発するおそれもあることから、純軍事的にも得策ではない。

もちろんこれらは降伏する側の事情であるが、降伏を受ける側もその事情を踏まえた上で、捕虜を保護するようになった。

自軍の損害を減らすためには、敵軍が早期に降伏したほうが都合が良いのは当然の事である。

捕虜を虐待し、その事が敵軍にも知られてしまうと、当然ながら敵軍はなかなか降伏せず、自軍の損害を無駄に増やす事になる。

また、捕虜の虐待は敵国からの報復を招き、敵軍の捕虜となった自軍の兵の虐待を誘発する危険がある。

あるいは人道上の問題となり、交戦国以外からの無用な外交的孤立や国内世論からの非難をも招く恐れがある。

もっとも、自ら進んで敵軍に向け逃げ去り捕虜になることは「奔敵」とされ厳罰を受けることが通常である。

また正当な事由でやむなく捕虜になった後も、軍機情報の供与といった積極的な対敵協力を行うことは軍法に反することが一般的である。

1949年8月12日のジュネーヴ条約4規程及び1977年の第一追加議定書によって、戦時における軍隊の傷病者、捕虜、民間人、外国人の身分、取扱いなどが定められている。

第3条約「捕虜の待遇に関する1949年8月12日のジュネーヴ条約」により、ハーグ陸戦条約の捕虜規定で保護される当事国の正規の軍隊構成員とその一部をなす民兵隊・義勇隊に加え、当該国の「その他の」民兵隊、義勇隊(組織的抵抗運動を含む)の構成員で、一定の条件(a, 指揮者の存在、b, 特殊標章の装着、c, 公然たる武器の携行、d, 戦争の法規の遵守)を満たすものにも捕虜資格を認めた。 1977年の第一追加議定書ではさらに民族解放戦争等のゲリラ戦を考慮し資格の拡大をはかった。

旧来の正規兵、不正規兵(条件付捕虜資格者)の区別を排除し、責任ある指揮者の下にある「すべての組織された軍隊、集団および団体」を一律に紛争当事国の軍隊とし、かつこの構成員として敵対行為に参加する者で、その者が敵の権力内に陥ったときは捕虜となることを新たに定めたのである。

なおテロリスト等は国際法上交戦者とはされず、捕虜にはなり得ない。

最近では軍隊とテロリスト等が交戦する非対称戦争が注目されている。

むやみに捕縛者を犯罪者扱いすれば国内外からの非難を浴びかねないこともあり人道的見地から捕虜に準じた扱いをとるケースが増えている。

交戦者資格を持たない文民は第4条約で保護されているが、戦闘行為を行い捕縛・拘束された場合は、捕虜ではなく通常の刑法犯として扱われるのが原則である。

裁判は現地部隊で行われる略式裁判(特別軍事法廷)も含まれ、しばしばその場で処刑される。

第3条約は、捕虜の抑留は原則として「捕虜収容所」(俘虜収容所)において行うことを予定している。

ジュネーヴ条約は次の4つの条約および二つの追加議定書から構成されている。

第1条約

「戦地にある軍隊の傷者及び病者の状態の改善に関する1949年8月12日のジュネーヴ条約」。

第2条約

「海上にある軍隊の傷者、病者及び難船者の状態の改善に関する1949年8月12日のジュネーヴ条約」。

第3条約

「捕虜の待遇に関する1949年8月12日のジュネーヴ条約」。

第4条約

「戦時における文民の保護に関する1949年8月12日のジュネーヴ条約」。

第1追加議定書

「1949年8月12日のジュネーヴ諸条約の国際的な武力紛争の犠牲者の保護に関する追加議定書(議定書T)」

第2追加議定書

「1949年8月12日のジュネーヴ諸条約の非国際的な武力紛争の犠牲者の保護に関する追加議定書(議定書U)」


捕虜の義務[編集]

捕虜は、尋問を受けた場合には、自らの氏名、階級、生年月日及び識別番号等を答えなければならない(第三条約第17条第1項)。

原則としてこれ以外の自軍や自己に関する情報を伝える義務は無い。

捕虜は、抑留国の軍隊に適用される法律、規則及び命令に服さなければならない。

抑留国は、その法律、規則及び命令に対する捕虜の違反行為について司法上又は懲戒上の措置を執ることができる(第三条約第82条)。

将校及びそれに相当する者の収容所又は混合収容所では、捕虜中の先任将校がその収容所の捕虜代表となる(第三条約第79条第2項)。

将校が収容されている場所を除くすべての場所においては、捕虜の互選で選ばれた者が捕虜代表者となる(同条第1項)。

捕虜代表は、捕虜の肉体的、精神的及び知的福祉のために貢献しなければならない(第三条約第80条第1項)。

将校を除く捕虜は、抑留国のすべての将校に対し、敬礼をし、及び自国の軍隊で適用する規則に定める敬意の表示をしなければならない(第三条約第39条第2項)。

捕虜たる将校は、抑留国の上級の将校に対してのみ敬礼するものとする。

ただし、収容所長に対しては、その階級のいかんを問わず、敬礼をしなければならない(同条第3項)。


捕虜の虐待[編集]

カティンの森事件の虐殺遺体

近代の国際法では、捕虜に対して危害を加えることは戦争犯罪とされるに至ったが、捕虜を虐殺する事件も決して少なくなかった。

捕虜を保護し、それを知らしめる事により早期の降伏を促す事のメリットは上記で述べた通りであるが、現実には捕虜を適正に扱うにも食糧や医薬品の提供などの負担が必要であり、補給の途絶や不足が生じた場合にはその余裕がなくなる。

よって捕虜の虐待は、そういった余裕の無い場合に頻発した。

第2次世界大戦中の枢軸国側の捕虜虐待は、戦後に連合国によって戦争犯罪として裁かれ、なかには充分な審理を受けられないまま処刑された例も少なくない。

それに対して、連合国側の行った捕虜虐待の大半は全く責任を問われないまま終わってしまった(ドイツ人への報復など)。

更には、ソ連によるポーランド軍将校の大量虐殺を枢軸国側の捕虜殺害に転嫁した例すら存在した(カティンの森事件)。

第二次世界大戦では、西部戦線におけるマルメディ虐殺事件などが知られている。

また捕虜には、ジュネーヴ諸条約の規定を越える情報を提供する義務は無いため、必要な情報を得るために拷問などの虐待が行われるケースがある。

近年ではイラク戦争において、アメリカ軍による捕虜虐待事件が起きている。


捕虜に関する法律[編集]

条約[編集]

陸戦ノ法規慣例ニ關スル条約(ハーグ陸戦条約):1899年締結、1907年改定。

日本は、1911年11月6日批准、1912年1月13日に公布。

俘虜の待遇に関する条約:1929年7月27日締結。

日本は署名のみで批准せず。

捕虜の待遇に関する1949年8月12日のジュネーヴ条約(第3条約)

ジュネーヴ諸条約第一追加議定書


国内法[編集]

武力攻撃事態における捕虜等の取扱いに関する法律- 日本


日本[編集]

敵に投降すること[編集]

例えば、日本陸軍で適用された陸軍刑法(明治41年4月10日法律第46号)では、

第40条司令官其ノ尽スヘキ所ヲ尽サスシテ敵ニ降リ又ハ要塞ヲ敵ニ委シタルトキハ死刑ニ処ス

第41条 司令官野戦ノ時ニ在リテ隊兵ヲ率イ敵ニ降リタルトキハ其ノ尽スヘキ所ヲ尽シタル場合ト雖六月以下ノ禁錮ニ処ス

第77条 敵ニ奔リタル者ハ死刑又ハ無期ノ懲役又ハ禁錮ニ処ス

と定めて、濫りに投降することを制限していた。

しかしながら同時にこれは、然るべき場合においては投降する事が認められていた事をも意味している。


日清・日露戦争[編集]

日清戦争中の捕虜処刑を描いた図

日清戦争においては、清軍兵士が捕虜である自覚が全く無く集団で反抗する事が日常茶飯事であったこと、清軍が日本の捕虜に対し残酷極まりない辱めを与えたことから、日本側でも清軍の捕虜の扱いは酷いものであった。

日露戦争、第一次世界大戦などでは、戦時国際法を遵守して捕虜を厚遇したことが知られている。

ただし前述の経緯から、非白人の捕虜に対しては、白人の捕虜ほど厚遇はされなかった。

そういう差別があったため、あくまで近代国家を目指す日本の欧米に向けたポーズでしか無かったという指摘もある。

また、日本側で捕虜となった人間の扱いも後世と異なっていた。

例えば、旅順要塞降伏後、日本人捕虜101人(陸軍80名、海軍17名、民間人4名)が解放されたが、彼らは「旅順口生還者」と呼ばれ、冷遇されることは無かった。

海軍捕虜の一人であった万田松五郎上等機関兵曹(第三次閉塞作戦で「小樽丸」に乗り込み、捕虜となる)は、解放後に上京し、連合艦隊司令長官東郷平八郎大将に面会して作戦状況の報告を行い、記念に金時計を授与されている。

また、陸軍においても開戦直後の明治37年2月19日、義州領事館に所在して情報収集活動をしていた韓国駐在陸軍武官・東郷辰二郎歩兵少佐がロシア騎兵部隊の包囲を受けて部下の憲兵5名(中山重雄憲兵軍曹、坪倉悌吉憲兵上等兵、古賀貞次郎憲兵上等兵、牛場春造憲兵上等兵、山下栄太郎憲兵上等兵)とともに降伏、捕虜になり(日露戦争における捕虜第1号)、ペテルブルクの収容所で捕虜生活を送った後、戦後の明治39年2月14日に帰国したが、任務遂行中に捕虜になった不注意で軽謹慎30日の処分を受けたのみであり、東郷少佐は後に少将まで昇進している。


第一次世界大戦[編集]

詳細は「板東俘虜収容所」を参照 (同収容所のみならず同大戦中のドイツ兵捕虜の取扱いについて詳述されている。)


シベリア出兵[編集]

この戦いは国家対国家の正式な戦争ではなかった事、日本側の軍人、民間人が虐殺行為を受ける事がしばしばあった事(尼港事件)もあいまって、捕虜の厚遇などは全く見られなくなる。

特にボリシェヴィキが組織した赤軍や労働者・農民からなる非正規軍、パルチザンの存在が兵士たちを困惑させ、時には虐殺行為すら生じた。

これが日本軍における捕虜の扱いにおいての転換点となった。


日中戦争・第二次世界大戦初期[編集]

日中戦争やノモンハン事件では、人事不省の状況などで捕虜となった日本兵が救出されて生還する例があったが、その一部は帰国後に自決を強要されたり懲罰的に戦死に追い込まれたりすることもあった。

また、帰国を拒否したり、そもそも投降より自決を選んだ兵士もあり、捕虜になるよりも死を選ぶようになる。

また、南京事件では便衣兵の殺害が問題とされた(南京大虐殺論争)。

便衣兵とは軍服を着用しない兵士のことで、捕虜とは異なる[8]。

「便衣兵」を参照


太平洋戦争[編集]

沖縄戦での日本兵捕虜

バターン死の行進で死亡したアメリカ・フィリピン兵捕虜

日本軍兵士自身の投降については戦陣訓により厳しく戒められるようになった。

その原因は敢闘精神の不足と敵への情報の漏洩を恐れた事と言われる。

捕虜となれば本人や家族が厳しく糾弾されるため兵士は戦死よりも捕虜になることを恐れ、しばしば自決や玉砕の動機となった。

日本軍は竹永事件などきわめて少数の例外のほか組織的投降を行わず、個人の投降者も稀であった。

この事は欧米と比べとても異質であるため海外から見た日本軍のイメージに大きな影響をあたえている。

一方で、捕虜となった際に敵による尋問や強要を切り抜けるための教育がなされなかった上、捕虜となったことを日本軍に通知されることを極度に恐れた日本兵捕虜は、投降前や投降直後の態度とは一転して積極的な対敵協力者になる例が多くあった。

また集団心理から恐慌状態となり、カウラ事件のように絶望的な反乱を起こした例もあった。

また、投降を認めない事により、不利になった戦線をあえて見捨てるという非情の決断が不可能になり、作戦の自由度を大きく削ぐという問題も生じている。

キスカ島撤退作戦が「奇跡の作戦」として特筆されているが、裏を返せば他の撤収作戦は失敗している事と、救出を諦め守備兵の降伏を認めるという選択肢が当時の日本軍には無かった事をも意味している。

海軍乙事件のように、遭難した高級将校がゲリラに捕縛され、後に解放され帰還した事件で、これを敵の捕虜となったと看做すかどうかという事のみが重要議題となり、機密文書を奪われたという重大事についての議論がおざなりになるという、滑稽な事態も起きている。

連合国側は、開戦直後から日本にジュネーヴ条約の相互適用を求めた。日本は陸・海軍の反対でジュネーヴ条約を批准しておらず、調印のみ済ませていた。

日本側は外務省と陸軍省などの協議の結果、ジュネーヴ条約を「準用」すると回答した。

回答を受けたアメリカ・イギリス側は批准と同等と解釈した。

そのため、捕虜とした連合国兵士の扱いについては戦時中から連合国側から不十分と非難されていた。

太平洋戦争では、特に緒戦において連合国軍軍隊の大規模な降伏が相次ぎ、日本側は相当数の捕虜を管理することとなった。

大規模な捕虜が出た戦いとしては、フィリピンの戦い、蘭印作戦、シンガポールの戦い、香港の戦いなどがある。

これら多数の捕虜の取扱いについて、必ずしも十分な保護が与えられず、バターン死の行進、サンダカン死の行進などの事件が生じた。

その原因は捕虜への考え方の違いもさることながら、日本の予想人数を大幅に超えたことや、日本軍自身の兵站が十分ではなかったことや、劣勢のため捕虜の保護が十分ではなかったことがあげられる。

また、捕虜の扱いを軽視していたため、俘虜管理部の軍での地位は低く、ジュネーヴ条約の内容について、管理者に指導することもなかった。

戦後にポツダム宣言により、捕虜を不当に取り扱ったとされた軍人等が連合国による東京裁判、軍事法廷で裁かれ、処刑される者が多かった。

代表的な人物として、比島俘虜収容所長(1944年3月-)となった洪思翊中将などがいる。

その他、憲兵にも戦犯とされた者が多かった。

東京裁判は判決で、日本の捕虜になったアメリカ・イギリス連邦の兵士132,134人のうち35,756人(約27%)が死亡したと指摘している。

捕虜となった連合国将官としては、米国軍では、ジョナサン・ウェインライト中将(フィリピンの戦い)、エドワード・P・キング少将(フィリピンの戦い)、ウィリアム・シャープ少将(フィリピンの戦い)などがいる。

英国軍では、アーサー・パーシバル中将(シンガポールの戦い)、クリストファー・マルトビイ少将(香港の戦い)などがいる。

蘭国軍では、ハイン・テル・ポールテン中将(蘭印作戦)、ペスマン少将(蘭印作戦)などがいる。

1945年(昭和20年)9月2日に調印された降伏文書では「下名ハ茲ニ日本帝国政府及日本帝国大本営ニ対シ現ニ日本国ノ支配下ニ在ル一切ノ連合国俘虜及被抑留者ヲ直ニ解放スルコト並ニ其ノ保護、手当、給養及指示セラレタル場所ヘノ即時輸送ノ為ノ措置ヲ執ルコトヲ命ズ」とあり、俘虜の取扱いは日本と連合国との間で重要な事項とされた。

そのため、1945年(昭和20年)12月1日に発足した第一復員省にも大臣官房俘虜調査部(初代部長は坪島文雄中将)が置かれた。

第二次世界大戦主要国別捕虜数

ドイツ 9,451,000人
フランス 5,893,000人
イタリア 4,906,000人
イギリス 1,811,000人
ポーランド 780,000人
ユーゴスラビア 682,000人
ベルギー 590,000人
フランス植民地 525,000人
オーストラリア 480,000人
アメリカ合衆国 477,000人
オランダ 289,000人
ソビエト連邦 215,000人
日本 208,000人
posted by arena8order at 20:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1. 捕虜‐Prisoner of war, POW

Image~026.jpgImage~027.jpgImage~028.jpgImage~029.jpg
#ккк #XXXXX #ww123 #Nisga #terrorist #yl #ill #terrorism #国際テロ #兵器 #電波


捕虜 - Wikipedia
http://p218.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0505rYPm757JFyHZ/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E6%258D%2595%25E8%2599%259C&_jig_keyword_=%95%DF%97%B8&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E6%258D%2595%25E8%2599%259C%2B%25E8%258B%25B1%25E8%25AA%259E%2B%25E4%25BE%258B%25E6%2596%2587%2Bweblio%26p%3D%2595%25DF%2597%25B8%26trans%3D0&_jig_source_=srch&guid=on

捕虜

第一次世界大戦で捕虜となったオーストリア=ハンガリー兵(1915年)

バルジの戦いで捕虜となったアメリカ兵(1944年12月)

捕虜(ほりょ, Prisoner of war, POW)とは、武力紛争(戦争、内戦等)において敵の権力内に陥った者をさす。

近代以前では、民間人を捕らえた場合でも捕虜と呼んだが、現在では捕虜待遇を与えられるための資格要件は戦時国際法により「紛争当事国の軍隊の構成員及びその軍隊の一部をなす民兵隊又は義勇隊の構成員」等定められている[注釈 1]。

第二次世界大戦以前では、公式には俘虜(ふりょ)と呼ばれた[注釈 2]。

なお、古代中国においては、中国に攻め込んできた野蛮人(虜)を捕らえる事を捕虜と称した(例:「捕虜将軍」)。


近代国際法確立前[編集]

古代エジプトの捕虜を描いた壁画(紀元前13世紀)

捕虜を連れたモンゴル騎兵(14世紀)

近代国際法が確立する前まで、かつては捕虜は捕らえた国が自由に処分しうるものであった。

捕虜は、それを勢力下に入れた勢力によって随意に扱いを受け、奴隷にされたり殺されたりした。

一方、能力を認められた者は厚遇して迎え入れられることもあった。

中世ヨーロッパでは相手国や領主に対し捕虜と引き換えに身代金を要求する事がよく行われた。

ただし李陵(前漢の将軍)など敵方から名誉ある扱いを受ける例もあった。

これは奴隷でも学のある者が重用されることがあったのと同様の現象と言える。

加えて、捕虜に対して安易に虐待や殺害を行うことは、敵兵に投降の選択を失わせ戦意を向上させてしまう恐れもあることから、その意味でも捕虜に対して相応の扱いをする例はあった。

日本の鎌倉時代末期において、前述の事情から助命されるだろうと期待して、赤坂城の反幕府の兵士が幕府に降伏した所、予想に反して全員が殺害されてしまい、それがために同じく反幕府の千早城の兵が激怒し、かえって戦意が高まったという逸話がある。

また、乱戦の中や負傷時に意に反して敵方に捕縛されるケースなどはともかく、自らの意志により投降することは、すなわち敵方に仕えようとする意志表示とみなされた。

そのため多くの社会において投降は利敵行為同様の犯罪とされた。


イスラーム[編集]

11世紀に活躍したシャーフィイー学派の法学者で、古典イスラーム国法学の祖とされるマーワルディーは、著書『統治の諸規則』(al-A k m al-Sul niyya wa-l-Wil y t al-D niyya)の「第12章 ファイとガニーマの分配について」においてムスリム軍によって捕虜となった異教徒の兵士の処遇について、法学者の意見が分かれていることを予め説明しており、主要法学派の名祖3人の見解を述べている[注釈 3]。


『統治の諸規則』にみられる各法学派の見解[編集]

シャーフィイー学派の名祖シャーフィイーの説では、イマームまたはその代理としてジハードの指揮を任された人物は、異教徒の捕虜の処遇として、1)殺害、2)奴隷化、3)身代金の支払いもしくはムスリムの捕虜との交換による釈放、4)身代金なしで釈放の恩恵を与えるか、4つの選択肢を任意で行える、としている。

もしこの時イスラームに改宗した場合、死罪は課せられず、他の3つの選択肢から選ばれる。

マーリク学派の名祖マーリク・イブン・アナスの説では、同じく捕虜の処遇として、1)殺害、2)奴隷化、3)身代金では無くムスリムの捕虜との交換、の3つの内から選ばねばならず、恩赦は認められない、としている。

ハナフィー学派の名祖アブー・ハニーファの説では、殺害するか奴隷にするか2つに1つのみである、といい恩赦も身代金との交換も認められない、としている。

シャーフィイー学派の法学者のマーワルディーは「しかしながら」として、恩赦と身代金に関する『クルアーン』の「それから後は、情けをかけて釈放してやるなり、身代金を取るなりして、戦いがその荷物をしっかり下ろしてしまうまで待つが良い」(第47章 5 [4]節)という文言を引用し、ムハンマドのハディース(言行録)をいくつか引用してマーリクとアブー・ハニーファの論を否定している。


マーワルディーが述べる戦争捕虜に対する4種類の扱い[編集]

マーワルディーが述べる戦争捕虜の処遇としては、預言者ムハンマドが624年のバドルの戦いで身代金を受け取り、ついで味方の捕虜ひとりに対して敵の捕虜ふたりと交換した例を引く。

また、改宗を拒んでいる捕虜については、イマームはシャーフィイーのあげた4つの選択肢のうちひとつを選んでも彼らの処遇について丁寧に調べて決定を再度熟慮することを促している。

捕虜のなかで「力があって害をなすことが甚だしいと分かった者、イスラームへの改宗の見込みが全くない者、その人物を殺害することが敵の人民を弱体化させることが分かった者」は、殺害すべきだが、それ以上の見せしめの罰を科すべきではない、とする。

「捕虜のなかで丈夫そうな者、働く能力のある者、裏切りや悪行などの点で安心できる者」はムスリムの助けとするため、奴隷とすべきであるという。

「イスラームに改宗の見込みがある者、自分の部族の人々によく慕われていて恩赦を与えれば本人がイスラームに改宗するか部族の人々をイスラームへの改宗に導けそうな人物」などは、恩赦を与えて釈放すべきであるとする。

財産を所有し、ムスリムにとって必要な物品を保有する捕虜の場合、身代金を徴収して釈放すべきであるという。

このような裕福な捕虜が属す部族に、ムスリムの捕虜が捕らえられている場合、男女に拘わらず、身代金は受け取らずにその捕虜と引換えにムスリムの捕虜を取り戻すべきであるという。

イマームは最大限に慎重さをもって以上の4つの選択肢を選ぶべきである、とマーワルディーは述べる。

しかし、「多神教徒の捕虜のなかでも、害をなすことが大きく、悪意が強い故に殺すことが認められた者でも、イマームは恩赦を与えて釈放することができる」と述べている。


婦女子の捕虜に対する取扱い[編集]

女性や子供の捕虜の場合、ムハンマドの慣行に従い死刑は免除される。

また奴隷にされたときも母子が離されることはない。

ただし、これはハナフィー学派の場合であり、シャーフィイー学派によれば、「啓典の民」以外の異教徒なら女子供であろうと殺してよいとしている。

また、女性の捕虜が兵士たちの「戦利品」として分配され、分配を受けた兵士はその女性を強姦して自分のものとする権利が与えられることもあった。

これについてはスンナ派のハディース集『「真正集』(ブハーリー著)に記述があり、そこでは預言者ムハンマド在世中のイエメンへの遠征の際アリーが他の兵士の取り分であった女性を横取りして強姦したため、自分の権利を侵害された兵士がムハンマドに直訴し、逆に諭されている。

また戦争捕虜となった女性のなかには奴隷化される人も少なくなかったが、その場合、男性の性的欲求を処理する「道具」(性的奴隷)となることもあり、イスラーム世界の上流階級のハレムの人員の供給源となった。


成人男性の民間人捕虜への取り扱い[編集]

現代の戦時国際法は、「実際に戦闘に従事した捕虜であっても、正当な理由があり、裁判などの正当な手続きを踏まなければ死刑に処してはならない」と定めている。

しかし、イスラーム戦争法では、「戦闘にまったく従事していない民間人の捕虜であっても、健康な成人男性である場合は戦闘員の捕虜と同様に扱われ、裁判なしでも司令官の一存で死刑に処することが認められる」とされている。

なお、司令官の側に処刑が義務付けられているわけではない。

2004年のイラク日本人青年人質殺害事件で、人質を殺害したイスラーム武装組織の行動もこの論理を踏まえたものとされ、イスラーム専門家である中田考は「イスラーム法上、殺害は合法である」と述べた。


南北戦争[編集]

南北戦争の初期においては相互の捕虜交換が完了するまで武器をとらぬ旨の宣誓を行えば捕虜は仮釈放され、書類上の捕虜交換後に再び軍務に復帰できた。

しかし後に南軍における北軍側の黒人兵の惨殺事件の後、北軍は黒人捕虜の扱いを白人のそれと同等とするよう要求し、南軍と政府がそれを拒否したため捕虜交換制度は終焉を迎え、双方で捕虜収容所の建設が始まった。

posted by arena8order at 19:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脳内音声兵器 Sound weapon "MEDUSA"

chuusha.jpgImage~026~004.jpg03301714_4d92e6582df51.jpg

「#テレパシー」に関連した英語例文の一覧 http://p207.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0505RbZWgzlOrTYm/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E3%2583%2586%25E3%2583%25AC%25E3%2583%2591%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25BC&_jig_keyword_=%83e%83%8C%83p%83V%81%5B%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2583e%2583%258C%2583p%2583V%2581%255B%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio&_jig_source_=srch&guid=on

#ккк #XXXXX #ww123 #Nisga #terrorist #yl #ill #terrorism#global terrorism


脳内音声兵器 → Sound weapon inthebrain
http://p207.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0505XVZbtlWOnMeb/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E8%2584%25B3%25E5%2586%2585%25E9%259F%25B3%25E5%25A3%25B0%25E5%2585%25B5%25E5%2599%25A8&_jig_keyword_=%89%B9%20%95%BA%8A%ED&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2589%25B9%2B%2595%25BA%258A%25ED&_jig_source_=srch&guid=on


脳内音声兵器 → Sound weapon inthebrain
脳内音声兵器 又は、脳活動通信装置は、脳波、脳活動解読装置、脳内音声装置、精神工学兵器、ともいい、次の様な非殺傷兵器としてアメリカ陸軍に定義されており、実用化されている。 → Say brain waves, abrain activity decryption apparatus, thesound device inthebrain, thepsychotechnology weapon,andthesound weapon inthebrain orthebrain activity communications equipment is defined asthefollowing nonlethal weapon bytheU.S. Army and is in use.

略称はV2K。 → Theabbreviated designation is V2K.

パルス波形のマイクロ波照射によって、人間や動物の頭蓋内に音をマイクロ波送信する電磁波神経刺激装置、人間や動物の頭蓋内に音を送信できるサイレント・サウンド(不可聴音)装置。 → Thesilent sound(theimpossible power of hearing)device which can transmitasound intheskull ofanelectromagnetic wave nerve stimulator, ahuman being andtheanimal whichamicrowave transmitsasound to intracranially ofahuman being andtheanimal bythemicrowave irradiation ofthepulse wave pattern.

脳内音声装置による送信音は、マイクロ波を照射された対象にのみ聞こえる音声となり、潜在意識に作用する音声メッセージになりうると言う。 → Thetransmission sound withthesound device inthebrain becomesthesound to be audible only inanobject irradiated withamicrowave and says toavoice message to act in subconsciousness that it can be.

この兵器は、物理学的に立証されているマイクロ波聴覚効果(フレイ効果)を適用したものである。 → This weapon appliedamicrowave hearing effect(Frey effect)proved physically.


参考文献[編集] → References[editing]

アメリカ陸軍1次ソース(削除済み) → Thefirst U.S. Army source(it has been deleted)

voicetoskulldevices → voice to skull devices

同ページの米国科学者連盟(英語版)によるバックアップ・コピー。 → Thebackup copy bytheAmerican scientist league(English version)ofthepage.


関連項目[編集] → Item[editing]concerned

タビストック人間関係研究所外部リンク[編集] → タビストック human relations research institute outside link[editing]
米陸軍「脳内で音声を発生させる技術」ウェブページの謎 → Mystery oftheU.S. army "technique web page to produceasound in brain"
WIRED.jp、2008年5月13日。 → WIRED.jp,May 13, 2008.

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=脳内音声兵器&oldid=48966177」から取得カテゴリ: → It isanacquisition category from "sound weapon &oldid=48966177 inthehttp://ja.wikipedia.org/w/index.php?title= brain":

非致死性兵器 → Nonfatal weapon

音響機器 → Acoustic equipment



マイクロ波で脳内に音を発生させる兵器「MEDUSA」 → Weapon "MEDUSA" which producesasound in brain byamicrowave
http://p221.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0505KXJIUUnjrtY6/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwired.jp%2F2008%2F07%2F08%2F%25E3%2583%259E%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25AD%25E6%25B3%25A2%25E3%2581%25A7%25E8%2584%25B3%25E5%2586%2585%25E3%2581%25AB%25E9%259F%25B3%25E3%2582%2592%25E7%2599%25BA%25E7%2594%259F%25E3%2581%2595%25E3%2581%259B%25E3%2582%258B%25E5%2585%25B5%25E5%2599%25A8%25E3%2580%258Emedusa%25E3%2580%258F%25EF%25BC%259A%2F&_jig_keyword_=%89%B9%20%95%BA%8A%ED&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2589%25B9%2B%2595%25BA%258A%25ED&_jig_source_=srch&guid=on


NEWS → NEWS

2008.7.8TUE → 2008.7.8 TUE

マイクロ波で脳内に音を発生させる兵器「MEDUSA」サブリミナルメッセージも。 → As fortheweapon "MEDUSA" subliminal message producingasound in brain byamicrowave.

マイクロ波聴覚効果(フレイ効果)を使って、脳内に音を発生させる非殺傷型兵器「MEDUSA」。 → Non-casualties type weapon "MEDUSA" to produceasound in brain usingamicrowave hearing effect(Frey effect).

1年以内にデモ版が完成予定で、暴徒を抑止するといった軍事目的以外にも、人の潜在意識に働きかけるサブリミナル・メッセージなどへの利用が考えられるという。 → Demo version is going to be completed within one year,and,as well as military purposes to restrainamob,it is said that it is thoughttheuse to subliminal messages working onthesubconsciousness oftheperson.

DavidHambling 米軍が初期開発に資金を拠出していた、マイクロ波を使って脳内に音を作り出す非殺傷型兵器。 → Anon-casualties type weapon to create sounds in brain usingthemicrowave thattheDavid Hambling United States Armed Forces contributedafund to initial development.

しかしその完成品は、筆者が「NewScientist」誌で報じたとおり、戦場での活躍が想定される一方で、ショッピングモールで利用される可能性も秘めている。 → However, Ihidethefinished product inthepossibility used inashopping mall whiletheactivity inthebattlefield is assumed asthewriter reported it in "New Scientist"誌.

このプロジェクトは、「耳に聞こえない音を使った暴徒の抑止」(MobExcessDeterrentUsingSilentAudio)の頭文字を取って『MEDUSA』と呼ばれる。 → Takeaninitial of "restraint (Mob Excess Deterrent Using Silent Audio) ofthemob usingthesound not to be audible inanear",and this project is called "MEDUSA".

少々取って付けたような名前のMEDUSAは、長距離音響装置(LRAD、日本語版記事)やその類似装置など、単に音を投射するだけのものとは異なる「LRADは、約270メートルの効果範囲にある対象に向けて大音量・高周波数の音声ビームを発射し、攻撃の意欲を無くさせる事が出来る」と言う。 → MEDUSA oftheslightly put-on name is different fromthething which only projects merely sound including long-distance sound device (LRAD,Japanese edition article)andthesimilar device on;"LRAD firesasound beam ofthenumber ofthemegavolume, thehigh frequencies fortheobject in approximately 270 meters of effect ranges,and say,can let losethewill oftheattack".

MEDUSAは、いわゆる「マイクロ波聴覚効果」(フレイ効果)マイクロ波をパルス波形にして人に]照射すると、頭部との相互作用で[頭の中から発せられた様な音が聞こえる現象を利用したものだ。 → When MEDUSA performs so-called "microwave hearing effect" ofamicrowave toapulse wave pattern(Frey effect),and irradiate]toaperson,is interaction withthehead; [usedaphenomenon to hearthesound that seemed to be emitted fromahead.]

この音は、マイクロ波の照射範囲にいない人には聞こえない。 → Theperson who is not intheirradiation range ofthemicrowave does not hear this sound.

この効果は長らく純粋な研究対象の域を出ず、実用化されることはなかったが、軍は何年も前から興味を持っていた。 → This effect was not overthelevel forapure study for a long time,and it was not in use,butthemilitary was interested for some time for years.

1998年の米陸軍の報告書がこのアイディア(「テレパシー光線銃」と呼ばれている)に言及していたことが、情報自由法に基づく最近の文書公開で明らかになっている。 → It becomes clear byarecent document exhibition based onthelaw free to do information thatareport oftheU.S. army of 1998 mentioned this idea(called"atelepathy ray gun").

それから5年後には、米海軍がこのプロジェクトに研究開発費を出すことを決定した。 → Five years after it,US Navy decided to take out research and development expenses for this project.

NewScientist誌のサイトでも書いたが、「現在装置の開発に当たっている」米SierraNevada社のLevSadovnik博士が、この件について更なる詳細を提供してくれた。 → Iwrote it inthesite oftheNew Scientist,but Dr. Lev Sadovnik of U.S. Sierra Nevada Corporation which "wasthedevelopment ofthedevice now" providedthefurther details about this matter.

健康上のリスクがある、とSadovnik博士は指摘する。 → TheSadovnik doctor points out that at health risk.

このマイクロ波兵器では、マイクロ波パルスが生み出す高強度の衝撃波によって、脳が損傷を受ける危険があるのだ。 → In danger of brain being injured bythehigh-strength shock wave thatamicrowave pulse produces with this microwave weapon.

Sadovnik博士が提案しているような出力レベルでのこのような効果については、明らかにもっと詳しい研究が必要だ。 → About suchaneffect attheoutput level that Sadovnik doctor suggests, aclearly more detailed study is necessary.

しかし、例え研究で危険性が証明されても、マイクロ波を用いた兵器の研究が断念される訳では無い。 → However, thestudy oftheweapon usingthemicrowave is not given up even iftherisk is proved inastudy.

標的の頭蓋内に殺傷能力のある衝撃波を送り込める装置ということになれば、効果的な殺人光線としての利用が考えられる。 → If it isthedevice to be able to sendashock wave withtheability for casualties into intracranially ofthetarget, theuse asaneffective death ray is thought about.

Sadovnik博士はそのほか、次のような興味深い提案もしている。 → As for Sadovnik doctor,followingtheothers;is interesting;suggest it.

高出力で耐えがたいほどのノイズを作り出すのではなく、低出力で意識的に知覚できないほど小さなささやき声を送り込めば、潜在意識のレベルで標的に影響を与えるのに利用できるかもしれない、というのだ。 → If do not create noises as it is unbearable bythehigh output and sendasmall whisper so as not to be able to perceive it withalow power consciously,it is one to have possibilities to be available though affectthetarget atasubconscious level.

指向性のあるビームを、店内プロモーションのようなターゲットを絞ったメッセージに利用するわけだ。 → Useabeam withthedirectivity inthemessage which narrowed downatarget such asthepromotion intheshop to.

さらにSadovnik博士は、意識的には聞こえない情報を照射するサブリミナル広告の可能性も示唆している(米陸軍の「Voice-to-Skull」(脳内音声)技術に関するウェブページ(日本語版記事)でも見受けられた概念だ)。 → Furthermore, theSadovnik doctor suggeststhepossibility of subliminal perception advertising irradiating information not to hear consciously(theconcept that it was supposed in web page(Japanese edition article)aboutthesound)technique inthe"Voice-to-Skull"(brain oftheU.S. army).

潜在意識に働きかけることの効果は疑わしいとしても、そのような機能が一部の組織の興味を引くであろうことは理解できる。 → Even iftheeffect of working on subconsciousness is suspicious, can understand that suchafunction will pulltheinterest of some organizations.

それに、期待した効果が得られない場合は、この装置を鳥に向ければいい。 → In addition,you should point this device tothebird whentheeffect thatIexpected is not provided.

鳥はマイクロ波の音に非常に敏感と考えられるため、鳥の群れを風力発電基地から追い払う――あるいはハトを街路から追い払う――目的に利用できるかもしれない。 → Because it is thought thatthebird is very sensitive tothesound ofthemicrowave,it may be available for- -sending awayacrowd fromthewind-generated electricity base ofthebird ora - -purpose to send awayadove fromthestreet.

[NewScientist誌の記事によると、SierraNevada社では装置のデモ版を1年以内に、持ち運び可能なバージョンを1年半以内に完成させる予定で、現在米国防総省に資金提供を求めているという。 → Going to completeaportable version inthedemo version ofthedevice in Sierra Nevada company for less than one and a half years within one year,and,according tothearticle ofthe[New Scientist,it is said thatIdemand funding fromtheU.S. Department of Defense now;].
] [日本語版: → [aJapanese edition:]
ガリレオ-緒方 亮/高橋朋子]WIREDNEWS 原文(English) → Galileo-Ryo Ogata/Tomoko Takahashi]WIRED NEWS original (English)
posted by arena8order at 16:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通信妨害-Communications jamming

03301714_4d92e6582df51.jpgjamming.jpg31Y%2Bu-qBSjL_SL500_AA300_.jpg
#ккк #XXXXX #ww123 #Nisga #terrorist #yl #ill #terrorism #国際テロ #兵器 #電波


通信妨害 - Wikipedia
http://p202.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0505AjOUxHVaCJUI/e?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E9%2580%259A%25E4%25BF%25A1%25E5%25A6%25A8%25E5%25AE%25B3&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=%96W%8AQ%93d%94g&_jig_xargs_=SKeywords%3D%2596W%258aQ%2593d%2594g%26xargs%3D2&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%2F%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E5%25A6%25A8%25E5%25AE%25B3%26p%3D%2596W%258AQ%2593d%2594g&guid=on


通信妨害

電子戦 >電子攻撃 >通信妨害

この項目では、通信信号に対するジャミングについて説明しています。

レーダーに対するジャミングについては「ジャミング」をご覧ください。

他のジャミングについては「ジャム (曖昧さ回避)」をご覧ください。


通信妨害(英語:Communications jamming,COMJAM)とは、無線通信信号に対する妨害(ECM)のこと。

正規の電波通信と同一の周波数または周波数帯の電波を送出し、混信もしくは電波障害を引き起こすことで、正規の通信を妨碍する、もしくは自国民に視聴させたくない放送(主に国際放送)に妨碍をかけることを指す。

レーダーに対する妨碍同様、ジャミングと呼ばれる。

軍事的・政治的に用いられることの多い技術であるが、この項では、公共の場の風紀を守ったり、犯罪を防いだりするための通信機能の抑止装置(携帯電話に対する規制など。ただし、こうした用法は電波法上、厳しく制限されている)についても挙げる。


放送におけるジャミング[編集]

主に政治的理由による。

地下放送(ゲリラ放送)に対する権力側からの妨碍、逆に国営放送に対する反政府勢力からの電波ジャックが行われる。

ラジオ放送が中心だが、テレビジョン放送でもあり得る。


過去[編集]

第二次世界大戦(大東亜戦争)中、アメリカが大日本帝国(日本)向けアメリカの声放送(Voice of America、VOA)をアメリカ本土からの短波放送を実施していた。

これに対して大本営当局はジャミングをかけた。

短波9690kHzには、日本向けRAE(アルゼンチン国営放送)が発信されていたが、台湾(中華民国)が同一周波数で大陸(中華人民共和国)向け中央広播電台を出し、大陸側がこれにジャミングをかけていたため、RAEの受信は非常に困難であった。

韓国のKBS第1ラジオソウル局(中波711kHzと短波3930kHz)には北朝鮮がジャミングをかけていた(短波3930kHzは2007年1月に廃止)。

NHKの国際放送であるNHKワールド・ラジオ日本の朝鮮語放送にも、北朝鮮がジャミングをかけることがあった。

1982年10月から1984年3月まで、ラジオたんぱ(現・ラジオNIKKEI)で放送されていたセクシー・オールナイトには、その内容の強烈さが問題とされたか、海外の一部でジャミングがかけられていた。

この当時、中波の夜間の番組でも、性的にきわどい内容に話が及ぶと、突如どこからかジャミングがかかり、その話が終わるとジャミングが止まることが頻繁にあった。


現在[編集]

中国政府が、BBC、VOA、RFA、RTI等の中国語放送に、中央人民広播電台が京劇音楽などを使ってジャミングを行っている。

にぎやかなこの音楽は、遠距離受信の愛好家の間では火龍(Firedrake)と呼ばれている。

北朝鮮は、韓国向け朝鮮中央テレビ(朝鮮教育文化テレビ)を韓国の第8チャンネルで実施しているが、韓国はこれにジャミングをかけている。

2006年5月5日から民間運営である北朝鮮拉致被害者向けの短波放送「しおかぜ」(5890kHz)に北朝鮮がジャミングを行い始めた。

その後この周波数は廃止され周波数を変更しながら(2011年4月9日現在は、日本国内から第一放送5955kHz 5965kHz 6045kHzのいずれか、第二放送5985kHz 6020kHz 6135kHzのいずれか)送信しているが、いずれもジャミングされている。

また、主に政府認定の拉致被害者向けを目的として「しおかぜ」に遅れて開局された日本政府による短波放送「ふるさとの風」(同朝鮮語放送「イルボネパラム」)各周波についても2012年9月30日現在、ジャミングされ続けている。


民間への技術転用[編集]

「通信機能抑止装置」も参照

コンサートホールや図書館・医療施設などにおいて、騒音等の防止などを目的として「携帯電話に対するジャミング」を行うケースがある。

こうした行為は無線局の設置とみなされるため総合通信局の許可・陸上特殊無線技士の配置が必要であり、無許可での実行は未遂を含め電波法違反となり処罰の対象となる。

総務省の方針として許可はコンサートホールやそれに順ずる施設に限ることとなっており、特に移動局の許可はほぼ取得できないとしている。

2008年12月、関東総合通信局はATM(現金自動預け払い機)において携帯電話の通話を抑制する無線局を免許した。

これは千葉銀行が振り込め詐欺対策のため試験的に導入した装置に対するものである。

バチカン市国では、2005年以降のコンクラーヴェにおいて、社会のIT化や携帯電話の小型軽量化・Twitter・盗聴技術の発達などの理由から、聖マルタの家とシスティーナ礼拝堂において、コンクラーベ史上初めて強力なジャミングによる情報統制が行われた。

これ以降、2013年のコンクラーヴェでも強力なジャミングが実施されており、そのジャミングの強さは携帯電話のみならず、放送電波まで切断する程の影響を与える強さである。

中華人民共和国の全国普通高等学校招生入学考試(いわゆる大学入試試験)では、無線通信装置を使ったカンニング防止のために「試験会場全体に対するジャミング」を実施している。


脚注[編集]

^ デビッド・アダミー 『電子戦の技術 基礎編』 東京電機大学出版局、2013年。ISBN 978-4501329402。

^ “携帯電話抑止装置 テレ・ポーズSP”. マクロスジャパン.2011年7月18日閲覧。

^ 携帯電話の通話を抑止する実験試験局を免許(総務省関東総合通信局)

^ “情報時代の法王庁:ジャミングと絵文字ツイート”.Wired.jp. (2013年3月14日) 2013年3月14日閲覧。


外部リンク[編集]

一般財団法人VCCI協会(旧・情報処理装置等電波障害自主規制協議会)

携帯電話抑止装置 テレ・ポーズSP


関連項目[編集]

地下放送

海賊放送

国際放送

対日有害活動

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=通信妨害&oldid=50195421」から取得

カテゴリ:
放送
無線
電磁波
戦術
犯罪
posted by arena8order at 15:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音響兵器は、音波を投射することにより対象物を破壊等…兵器

636722f9.jpg20100119105854-2.jpgImage~021.jpg
#ккк #XXXXX #ww123 #Nisga #terrorist #yl #ill #terrorism #国際テロ #兵器 #電波


#音響兵器 - Wikipedia
http://p212.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0505UJ6clBTK2UHu/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E9%259F%25B3%25E9%259F%25BF%25E5%2585%25B5%25E5%2599%25A8&_jig_keyword_=%89%B9%20%95%BA%8A%ED&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2589%25B9%2B%2595%25BA%258A%25ED&_jig_source_=srch&guid=on


音響兵器

音響兵器(おんきょうへいき)は、音波を投射することにより対象物を破壊、あるいは対人において戦闘能力を奪うことを目的とする兵器である。

ただ、非破壊・非殺傷性のものでは出力を調整する事で、音響装置(スピーカー)としても兵器としても利用可能な物もあり、その解釈が若干曖昧である。


概要[編集]

これに類する装置のアイデアは古く、音響装置を用いて破壊力や殺傷力・もしくは心理的ダメージを目的とした兵器などは、1960~1970年代に旧ソビエト連邦が低周波を利用した物を実用化したとする説も見られる。

しかしこの旧ソ連の低周波兵器は、存在はおろかその情報自体が不明確であるため本記事では割愛する。

ただ、騒音を何らかの軍事的活動に利用した例はあり、ナチス・ドイツのユンカースJu 87が固定脚の構造から図らずしもサイレンに似た音を発し、急降下爆撃時に爆撃目標周辺に恐怖心を引き起こしたのは有名で、後に威圧効果が認められて、空力式のサイレンが取り付けられたものもある。

このほかV1飛行爆弾はジェットエンジンの構造から独特の飛行音を発生させたが、これが攻撃の標的とされたロンドン市民にストレスを与えている。

音波は通常、発生源から放射状に広がる波の性質を持つが、音響兵器となる物では兵器後方の味方にまで被害を出すわけにも行かないため、指向性を持たせるのが一般的で、これにより対象に何等かの影響を与え得る物とされる。

こと後述するような対人用で非殺傷性(生命に危険を及ぼさない)のものでは、転倒や打撲の危険がつきまとう高圧放水などよりも安全に暴徒を鎮圧することが期待されているが、大音圧に曝された場合(特に130dB SPL以上では瞬間的であっても)、2008年時点の医学では治療困難な音響性外傷や感音性難聴などの障害が残る可能性がある。


使用事例[編集]

LRAD[編集]

ニューヨーク市警の車両に配備されたLRAD

現用のものでは、LRAD Corporation製の長距離音響装置LRAD(Long Range Acoustic Device)と呼ばれるものがイラク駐留米軍に配備されるとの報道が2004年にあり、メーカー発表によると300台以上配備されている。

米軍が大量に配備している他、世界各国の軍隊・警察・消防機関に導入されている。

この装置はモデルによるが、直径80cm程度の椀型か四角形をしており、重量は30kg前後で、有効範囲にある対象に向け作動させる事で、攻撃の意欲を無くさせる効果もある。

これは暴動などの際に催涙ガス(催涙弾など)を使用すると呼吸器疾患のある者が重体となったり死亡する危険性があるため、これに代わるものとしての利用が期待されている。

ただしその一方で、断続的に強力な音波を照射された場合、聴覚障害の危険性があることも示唆されている。

このため運用面では、制圧目的の場合には一度に数秒程度とし、連続照射を前提としていないことがメーカー側から示されている。

この装置は、指向性を持っているため距離の離れた限られた範囲内に音声メッセージを明確に伝えることにも利用でき、例えば災害発生時に相手側に無線受信機がなくても被災者に適切な指示を伝えたり、群衆の中の特定集団にのみ指示を出す(周囲の人間の妨げに成らない)事も可能である。

兵器の戦場での運用や成果は一般に報道されにくいものだが、2005年11月5日、エジプトからケニアへの航海途上にあった米国の民間・商用豪華客船がソマリア沖で武装海賊の襲撃を受けた際、LRADで海賊を撃退したことが報じられた また、2009年2月7日に報じられたところでは、調査捕鯨船に過激な妨害活動を行っているシー・シェパードに対し、日本の調査捕鯨船団が2009年2月からLRADを用いて、同団体の接近を阻止することに成功している。

水産庁側は、事前に警察庁などと協議して国内、国際法のいずれにも抵触しないことを確認し、違法性は無いとしている。

抗議船の船長は「この装置により妨害活動に集中することが困難になったことを認めざるを得ない」とコメントしているため、期待された効果を発揮しているようである。

前述のように、スペースに余裕のある民間の大型船が、テロリストなどの接近を妨害するため搭載している例がある。

今後は非殺傷性を生かし、武装が難しい民間向けの自衛装置[3]として利用が拡大する可能性がある。


スクリーム[編集]

なおイスラエルでは同国の陸軍が「スクリーム(叫び)」と呼ぶ、車載型の音響機器を使用して人に不快感や平衡感覚喪失を一時的に発生させる装備を採用、2005年にヨルダン川西岸のデモ隊追放に使用した。

この装備は10秒間隔で断続的に不快音を発生させる物で、人の平衡感覚を司る内耳に作用する周波数だという。

ただこれも長時間照射では健康被害を与える危険性も指摘されている。


水中音響装置[編集]

構想中のものでは、水中で音波を発信、複数のスピーカーから出力された音波をアクティブフェイズドアレイの原理により衝撃波として、艦船に向かってくる魚雷の信管を誤作動させ、これを破壊しようと言う計画もある。


フィクション[編集]

コブラ (漫画)- 「地獄の十字軍」編で巨大なスピーカーの振動を兵器的に使用。

ガリレオ (テレビドラマ)- 第2シーズン第九章で殺人に使用された。


脚注[編集]

^ 米軍がイラクに投入する新たな非殺傷兵器は「音」 WIRED.jp2004年3月8日

^ シー・シェパードに「音のビーム」 捕鯨船が海賊対策の装置を初使用 MSN産経ニュース2009年2月7日

^ LRAD Corporationでも、軍用と民間セキュリティ用を別に販売している

^ 被災地や戦場で利用、遠くまで明瞭な音を伝える音響装置2005年9月5日WIRED VISION(日本語)

^ Sonic Torpedo Defense SlashdotMon Oct 10, 2005(英語)


参考文献[編集]

装置使用の米客船ソマリア沖で成果 海賊撃退に大音量作戦 東京新聞2008年4月23日


関連項目[編集]

非殺傷兵器

スタンガン

パラメトリック・スピーカー

音波砲


リンク[編集]

LRAD Corporation

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=音響兵器&oldid=49677057」から取得

カテゴリ:
非致死性兵器
音響機器
音具

隠しカテゴリ:
武器・兵器関連のスタブ



音波砲 - Wikipedia
http://p212.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0505UJ6clBTK2UHu/1i?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E9%259F%25B3%25E6%25B3%25A2%25E7%25A0%25B2&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=%89%B9%20%95%BA%8A%ED&_jig_xargs_=SKeywords%3Djmobv%2520%2589%25B9%2520%2595%25BA%258A%25ED&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2589%25B9%2B%2595%25BA%258A%25ED&guid=on


音波砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動:案内、検索
音波砲は、第二次世界大戦中にドイツ軍が試作した対空兵器。メタンと酸素を混合した気体を燃焼室で連続的に爆発させ、生じた音波を共鳴により増幅して発射することで、目標航空機の搭乗員に打撃を与えようという計画だった[1]。 動物実験などが行われたが実戦に使用されることは無かった。
脚注[編集]

^ 歴史群像編集部 「EXTRA NOTE 2:ドイツのトンデモ対空兵器」『歴史群像アーカイブ』VOL.1、学習研究社、2008年、27頁。

関連項目[編集]

音響兵器

計画のみに終わった兵器

en:Wunderwaffe- ナチスドイツの超兵器に関する英語版項目。

この項目は、軍事に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:軍事、プロジェクト:軍事史/Portal:軍事)。
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=音波砲&oldid=48050315」から取得

カテゴリ:
ドイツ第三帝国の兵器
対空兵器
音具
posted by arena8order at 13:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「脳内音声兵器」「脳活動通信装置」…略称はV2K。

Image~016.jpgtop-hot-bionic-ear-spy-bird-watc.jpgImage~063.jpg
#ккк #XXXXX #ww123 #Nisga #terrorist #yl #ill #terrorism #国際テロ


#脳内音声兵器 - Wikipedia
http://p207.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0505XVZbtlWOnMeb/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E8%2584%25B3%25E5%2586%2585%25E9%259F%25B3%25E5%25A3%25B0%25E5%2585%25B5%25E5%2599%25A8&_jig_keyword_=%89%B9%20%95%BA%8A%ED&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2589%25B9%2B%2595%25BA%258A%25ED&_jig_source_=srch&guid=on


脳内音声兵器

脳内音声兵器 又は、脳活動通信装置(のうないおんせいへいき、又は、のうかつどうつうしんそうち英名:)は、脳波、脳活動解読装置、脳内音声装置、精神工学兵器、ともいい、次のような非殺傷兵器としてアメリカ陸軍に定義されており、実用化されている。

略称はV2K。

パルス波形のマイクロ波照射によって、人間や動物の頭蓋内に音をマイクロ波送信する電磁波神経刺激装置、人間や動物の頭蓋内に音を送信できるサイレント・サウンド(不可聴音)装置

脳内音声装置による送信音は、マイクロ波を照射された対象にのみ聞こえる音声となり、潜在意識に作用する音声メッセージになりうる、と言う。

この兵器は、物理学的に立証されているマイクロ波聴覚効果(フレイ効果)を適用したものである。


参考文献[編集]

アメリカ陸軍1次ソース(削除済み)

voice to skull devices- 同ページの米国科学者連盟(英語版)によるバックアップ・コピー。


関連項目[編集]

タビストック人間関係研究所


外部リンク[編集]

米陸軍「脳内で音声を発生させる技術」ウェブページの謎 - WIRED.jp、2008年5月13日。

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=脳内音声兵器&oldid=48966177」から取得

カテゴリ:
非致死性兵器
音響機器


マイクロ波で脳内に音を発生させる兵器『MEDUSA』:
http://p221.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0505KXJIUUnjrtY6/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwired.jp%2F2008%2F07%2F08%2F%25E3%2583%259E%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25AD%25E6%25B3%25A2%25E3%2581%25A7%25E8%2584%25B3%25E5%2586%2585%25E3%2581%25AB%25E9%259F%25B3%25E3%2582%2592%25E7%2599%25BA%25E7%2594%259F%25E3%2581%2595%25E3%2581%259B%25E3%2582%258B%25E5%2585%25B5%25E5%2599%25A8%25E3%2580%258Emedusa%25E3%2580%258F%25EF%25BC%259A%2F&_jig_keyword_=%89%B9%20%95%BA%8A%ED&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2589%25B9%2B%2595%25BA%258A%25ED&_jig_source_=srch&guid=on


NEWS

2008.7.8 TUE
マイクロ波で脳内に音を発生させる兵器『MEDUSA』:「サブリミナルメッセージも」

マイクロ波聴覚効果(フレイ効果)を使って、脳内に音を発生させる非殺傷型兵器『MEDUSA』。

1年以内にデモ版が完成予定で、暴徒を抑止するといった軍事目的以外にも、人の潜在意識に働きかけるサブリミナル・メッセージなどへの利用が考えられるという。

David Hambling 米軍が初期開発に資金を拠出していた、マイクロ波を使って脳内に音を作り出す非殺傷型兵器。

しかしその完成品は、筆者が『New Scientist』誌で報じたとおり、戦場での活躍が想定される一方で、ショッピングモールで利用される可能性も秘めている。

このプロジェクトは、「耳に聞こえない音を使った暴徒の抑止」(Mob Excess Deterrent Using Silent Audio)の頭文字を取って『MEDUSA』と呼ばれる。

少々取って付けたような名前のMEDUSAは、長距離音響装置(LRAD、日本語版記事)やその類似装置など、単に音を投射するだけのものとは異なる[LRADは、約270メートルの効果範囲にある対象に向けて大音量・高周波数の音声ビームを発射し、攻撃の意欲を無くさせることができるという]。

MEDUSAは、いわゆる「マイクロ波聴覚効果」(フレイ効果)――マイクロ波を[パルス波形にして人に]照射すると、頭部との相互作用で[頭の中から発せられたような]音が聞こえる現象――を利用したものだ。

この音は、マイクロ波の照射範囲にいない人には聞こえない。

この効果は長らく純粋な研究対象の域を出ず、実用化されることはなかったが、軍は何年も前から興味を持っていた。

1998年の米陸軍の報告書がこのアイディア(「テレパシー光線銃」と呼ばれている)に言及していたことが、情報自由法に基づく最近の文書公開で明らかになっている。

それから5年後には、米海軍がこのプロジェクトに研究開発費を出すことを決定した。

New Scientist誌のサイトでも書いたが、[現在装置の開発に当たっている]米Sierra Nevada社のLev Sadovnik博士が、この件について更なる詳細を提供してくれた。

健康上のリスクがある、とSadovnik博士は指摘する。

このマイクロ波兵器では、マイクロ波パルスが生み出す高強度の衝撃波によって、脳が損傷を受ける危険があるのだ。

Sadovnik博士が提案しているような出力レベルでのこのような効果については、明らかにもっと詳しい研究が必要だ。

しかし、たとえ研究で危険性が証明されても、マイクロ波を用いた兵器の研究が断念されるわけではない。

標的の頭蓋内に殺傷能力のある衝撃波を送り込める装置ということになれば、効果的な殺人光線としての利用が考えられる。

Sadovnik博士はそのほか、次のような興味深い提案もしている。

高出力で耐えがたいほどのノイズを作り出すのではなく、低出力で意識的に知覚できないほど小さなささやき声を送り込めば、潜在意識のレベルで標的に影響を与えるのに利用できるかもしれない、というのだ。

指向性のあるビームを、店内プロモーションのようなターゲットを絞ったメッセージに利用するわけだ。

さらにSadovnik博士は、意識的には聞こえない情報を照射するサブリミナル広告の可能性も示唆している(米陸軍の「Voice-to-Skull」(脳内音声)技術に関するウェブページ(日本語版記事)でも見受けられた概念だ)。

潜在意識に働きかけることの効果は疑わしいとしても、そのような機能が一部の組織の興味を引くであろうことは理解できる。

それに、期待した効果が得られない場合は、この装置を鳥に向ければいい。

鳥はマイクロ波の音に非常に敏感と考えられるため、鳥の群れを風力発電基地から追い払う――あるいはハトを街路から追い払う――目的に利用できるかもしれない。

[New Scientist誌の記事によると、Sierra Nevada社では装置のデモ版を1年以内に、持ち運び可能なバージョンを1年半以内に完成させる予定で、現在米国防総省に資金提供を求めているという。] [日本語版:ガリレオ-緒方 亮/高橋朋子] WIRED NEWS 原文(English)
posted by arena8order at 13:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

War-Terrorist…周波、音波、超音波…XXXXX

20090127231457.jpgzz_a09.jpg4trsuper2_high_wave.jpg
#ккк #XXXXX #ww123 #Nisga #terrorist #yl #ill #terrorism #国際テロ


超音波 - Wikipedia
http://p214.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/05055Jb50Y9wCrv6/2c?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E8%25B6%2585%25E9%259F%25B3%25E6%25B3%25A2&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=%8E%FC%94g&_jig_xargs_=SKeywords%3Djmobv%2520%258E%25FC%2594g&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%258E%25FC%2594g&guid=on


超音波

超音波(ちょうおんぱ、英語:ultrasoundまたはultrasonic)とは人間の耳には聞こえない高い振動数をもつ弾性振動波(音波)である。

物理的な利用が可能で、人が聞くことができない音である。

広義の意味では、人が聞くこと以外の目的で利用する音を意味し、人間に聞こえるかどうかは問わない。


周波数範囲[編集]

超音波の周波数の下限に関する定義はいくつかあるが、1つは20kHz以上の音波とするものであり、例えば広辞苑では『超音波は振動数が毎秒2万ヘルツ以上で定常音として耳に感じない音』と定義されている。

また別の定義では例えばJISでは『正常な聴力を持つ人に聴感覚を生じないほど周波数(振動数)が高い音波(弾性波)』とされていて、多くの人が16kHzから18kHz程度が可聴域の上限であり、非常に「周波数特性の良い人」が20kHzまで聞き取れたり、子供では30kHzでも聞き分けられる場合があるため、幾分、周波数の下限の定義はあいまいであるが、あまり特殊なケースを除外すれば16kHzから20kHz程度が超音波の下限といえる。

なお、「人間が聞き取れない」周波数ではあるが、発声に関しては20kHzを超える音成分を発することができる人もいる。

一方、超音波の周波数の上限は特に規定されていないが、2007年現在の科学技術では数GHzまでの超音波が発生できるため、このあたりが実質的な上限といえるかもしれない。


用途[編集]

超音波は指向性が高くうまく使えば高解像度な探知に使えるため、産業用各種センサー類・医療用検査・治療用・産業用非破壊検査・漁業用魚群探知・環境測定の水深測定などに使用されており、音圧を比較的容易に上げられるため静かなドリル・金属やプラスチックの溶接・研磨・殺菌・洗浄・特殊なスピーカーや加湿器・小さなモーター・リモコンなどの通信・骨伝導スピーカー・建築物の破壊音探知といったさまざまな用途に利用されている。幾種かの動物(コウモリ、イルカなど)も生活に超音波を利用している。

近年では有機合成などの化学反応を促進させる効果があることが注目されている。

公正取引委員会は、超音波による「ダニ撃退」および「蚊よけ」をうたう商品について、効果が認められないとして排除命令を出した事がある。


出典[編集]

^a b 「超音波の本」谷腰欣司、ISBN 4526053554

^ “公正競争規約の制度”.平成6年度 公正取引委員会年次報告.公正取引委員会(2010年3月31日).2011年10月17日閲覧。

^ “株式会社オーム電機に対する排除命令について”.公正取引委員会(2007年11月20日).2011年10月17日閲覧。


http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=超音波&oldid=51491925」から取得

カテゴリ:
超音波

音波 - Wikipedia
http://p214.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/05055Jb50Y9wCrv6/d?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E9%259F%25B3%25E6%25B3%25A2&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=%8E%FC%94g&_jig_xargs_=R&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%258E%25FC%2594g&guid=on


音波

音波(おんぱ)とは、狭義には人間や動物の可聴周波数である空中を伝播する弾性波をさす。

広義では、気体、液体、固体を問わず、弾性体を伝播するあらゆる弾性波の総称を指す。

狭義の音波をヒトなどの生物が聴覚器官によって捉えると音として認識する。

人間の可聴周波数より高い周波数の弾性波を超音波、低い周波数の弾性波を超低周波音と呼ぶ。

本項では主に物理学的な側面を説明する。


概念・用語[編集]

縦波と横波

気体・液体中での音波は、媒質にずれ弾性が存在しないため疎密波として伝播する縦波である。

固体中では疎密波のほかに横波であるせん断波(ねじれ波)も生じる。

音速

音波の速度は音速である。

音速は媒質の密度と圧力によって変化するため、空中での音速であるマッハ速度も、主に高度の違いや温度、湿度などの気象条件によって大きく変化する。

音場

音波が伝播している場を音場という。

音場の記述には通常、音圧と粒子速度(媒質粒子が振動する速度)が選択される。

波動方程式

音波の挙動は波動方程式で表される。

この支配方程式は通常、音圧pを変数として表される。

ここでcは音速である。


音波の利用例[編集]

医療分野では、産科や内科での胎児診断や内臓検査に医療用超音波センサーを使うことで、患者の体内を簡易に画像化出来る。

また結石などを開腹手術をせずに音波による衝撃波で破砕することで体外への排出を容易にできる。

軍事用途や漁業においては、ソナーと呼ばれる水中音波を使って水中の敵潜水艦や魚群を探知している。

超音波センサーはあらゆる物流関連の現場で物体の有無を容易に捕らえることが出来るために利用されている。

製造業や保守関連の産業では超音波を使った探傷検査が行なわれている。

またSAWフィルタ(表面弾性波フィルタ)と呼ばれる電子部品もある。

イルカを含む鯨類の一部は、メロン器官やメロン体と呼ばれる頭部の組織を音波レンズとして利用することで、指向性を持った水中超音波の送受信に利用している。

このように音波を使って周囲を知る方法は反響定位やエコーロケーション(Echolocation)と呼ばれている。

一方、マッコウクジラなどは超低周波水中音波を遠く離れた仲間との会話や歌に使用している。

コウモリは、自ら超音波を放ちながら反射音によって周囲の状況を捉えることで、暗闇でも飛行することが出来る。

噴霧された溶融粒子に粒径に応じた固有振動数の周波数の音波を当てる事で粒径一定に揃える事が出来る。

音波浮遊炉では浮遊状態での材料の保持に使用される。

電磁浮遊炉では浮遊できない酸化物等の非導電性材料の浮遊が可能となる。


参考文献[編集]

^ 吉川茂; 藤田肇 『基礎音響学』 講談社サイエンティフィク、2002年、81頁。ISBN 4-06-153972-8。

^ 吉川茂; 藤田肇 『基礎音響学』 講談社サイエンティフィク、2002年、152頁。ISBN 4-06-153972-8。

^ 大野進一; 山崎徹 『機械音響工学』 森北出版、2010年、6頁。ISBN 978-4-627-66751-8。


関連項目[編集]



音高

周波数



超音波

音響兵器

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=音波&oldid=49993924」から取得

カテゴリ:

音響工学
振動と波動


低周波音 - Wikipedia
http://p222.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0505pxA8WsTzJChQ/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E4%25BD%258E%25E5%2591%25A8%25E6%25B3%25A2%25E9%259F%25B3&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%258E%25FC%2594g&_jig_source_=srch&guid=on


低周波音

低周波音(ていしゅうはおん)とは、一般に周波数100Hz以下の音を指す。

したがって、ヒトの聴覚では感知できないような低い周波数の音も含まれるが、そのような音でも振動などとして感知できる場合がある。

多くの楽器において基音が含まれる周波数帯域であり、音楽において重要な音域である。

電気的な音楽再生においては、この帯域をより正確に容易に再生するべくサブウーファーなどの導入が試みられる場合がある。


公害問題[編集]

公害問題としての人間生活に係わる騒音および騒音影響の分野で使用される場合は、低周波騒音と称される。

また、以前は低周波空気振動と呼ばれていたこともある。 低周波音の影響は、住宅などの建物や建具のがたつきとして現れたり、また、人体への種々の影響という観点で扱われる。

ヒトが知覚可能な強さの音(音として聞こえる場合、または、音としては聞こえないが振動として感じる場合)では、わずらわしさが一番の問題となる。

また、ヒトの聴覚では基本的に20Hz以下の音を感知することはできないとされるわけだが、その20 Hz以下の音は超低周波音と呼ばれる。

この帯域では、相当に強い音圧でなければ、通常ヒトには知覚できないが、窓等がガタガタと鳴るなどの共鳴が起きる原因となる。

また、不定愁訴の原因の1つとして、健康に悪影響があるとも言われ研究されている。

低周波音は、

高速道路などの高架橋のジョイント部

新幹線等の鉄道トンネルの出口

冷凍機

ボイラー

ダム放水時の空気の渦

風力発電施設

下水管の共鳴

などから発生する(新幹線のトンネル出口から発生する「ドーン音」については、微気圧波と呼ばれることもある)。


脚注[編集]

^ この定義は、1980年にデンマークで行われた国際会議に基づく。


関連項目[編集]

低周波

空振

超音波

サブウーファー

音響兵器


http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=低周波音&oldid=49993927」から取得

カテゴリ:

音響工学
環境問題
健康問題
posted by arena8order at 13:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際テロ組織…国際犯罪…テロリズム 4

Image~024.jpgarena8order-2014-01-28T010834-1.jpgImage~018.jpg

W 国際法におけるテロリズムの定義

1 国連によるテロリズムの定義

1960年代から始まった大量輸送手段である民間航空の発展によって、 政治的目的を追求する多くの暴力的組織は、 航空機をハイジャックし、および破壊を行い、 また、 乗客、 乗務員を人質に取るような行動をとるようになる。

航空機は、その特徴として、 地球レベルで人や財物を運搬することが可能であり、 また、 国際法上は、 船舶と同様に、 その航空機が所属する国に主権がある。

しかし、 航空機は、 攻撃に比較的もろいことから、 ハイジャッカーたちは、 航空機等を奪取し、 主権国に影響を与えようとしてきた。

初期のテロ対策関連条約は、 このような航空機の奪取を防止すること、 外交官を人質に取ること等を目的とするような、 特に危険で卑劣な性格を持つ特定の暴力行為に対して国際的な協力を推進することを目的として開始された。

例として、 以下の条約が挙げられる(37)。

@ 「航空機内で行われた犯罪その他ある種の行為に関する条約」 (1963年9月14日署名、1969年12月4日発効)

A 「航空機の不法な奪取の防止に関する条約」(1970年12月16日署名、 1971年10月14日発効)

B 「民間航空の安全に対する不法な行為の防止に関する条約」 (1971年9月23日署名、 1973年1月26日発効)

C 「人質をとる行為に関する国際条約」 (1979年12月17日署名、 1983年6月3日発効)

D 「国際民間航空に使用される空港における不法な暴力行為の防止に関する議定書」 (1988年2月24日署名、 1989年8月6日発効。

この議定書は、 「民間航空の安全に対する不法な行為の防止に関する条約」 を補足するもの)ハイジャック以外の暴力についても、 次のようなさまざまな文書が採択された。

E 「国際的に保護される者に対する犯罪の防止及び処罰に関する条約」 (1973年12月14日採択、 1977年2月20日発効)

F 「核物質の保護に関する条約」 (1980年3月3日署名、 1987年2月8日発効)

G 「海上航行の安全に対する不法な行為の防止に関する条約」 (1988年3月10日署名、 1992年3月1日発効)

H 「大陸棚に所在する固定プラットフォームの安全に対する不法な行為の防止に関する条約」 (1988年3月10日署名、 1992年3月1日発効)

I 「可塑性爆薬の探知のための識別措置に関する条約」 (1991年3月1日署名、 1998年6月11日発効)

J 「国際連合要員及び関連要員の安全に関する条約」 (1994年12月9日採択、 1999年1月15日発効)

これら列挙した条約等は、 主に処罰に値する具体的な行為の定義が行われているだけで、「テロリズム」 という用語の定義が行われているわけではない。

「テロリズム」 という言葉が、 国際法に正式に登場したのは次の二つの文書からである。

K 「テロリストによる爆弾使用の防止に関すレファレンス 2005.1050 同上, p.127. 条約の名称については、 ジョン・ブラウン、 廣瀬純訳 「テロリズムの定義」 『現代思想』 31, 2003.3, pp.58-66.の名称に拠った。る国際条約」 (1997年12月15日採択、 2001年5月23日発効)

L 「テロリズムに対する資金供与の防止に関する国際条約」 (1999年12月9日採択、 2002年4月10日発効)

上記二つの条約のタイトルには 「テロリスト」「テロリズム」 という文言が見られるが、 Kの「テロリストによる爆弾使用の防止に関する国際条約」 では、 厳密な意味での定義づけが行われているわけではない。

この条約第11条が 「第2条に定める犯罪は、 犯罪人引渡し又は法律上の相互援助に関しては、 政治犯罪、 政治犯罪に関連する犯罪又は政治的な動機による犯罪とみなしてはならない」 と定め、 爆弾使用の非政治的側面を強調しているせいかもしれない。

もう一方の、 Lの 「テロリズムに対する資金供与の防止に関する国際条約」 第2条第1項bでは、 次のように規定している。

「あらゆる文民に対して、 あるいは武力紛争状態において戦闘行為に直接参加していないあらゆる人に対して、 死又は重大な身体的損傷を引き起こすことを目的とした (中略) いかなる行為も、 その行為が、 その性質又は状況に照らして、 住民を威嚇し、 又は政府若しくは国際機関に行為若しくは不作為を強制することを目的とする場合」 には、 犯罪を構成する。

これをテロリズムの定義と捉えることは可能だろう。

これは、 二つの要素から構成されている。

一つは、 文民たる住民が被害を受けることであり、 もう一つは、 政治的秩序の破壊である。

以上のほか、 いくつかの条約は、 「処罰に値する具体的な行為」 について、 政治的な性格を認めずに、 刑法等の一般法に組み入れることを規定している。

例えば、 Kの 「テロリズムに対する資金供与の防止に関する国際条約」 第6条は、 次のように規定している。

「それぞれの当事国は、 本条約の範疇に入る諸犯罪行為が、 いかなる状況においても、 その政治的・哲学的・思想的・人種的・民族的・宗教的性質、 又は他の同類の動機に起因する性質を考慮することによって正当化されることのないよう、 場合によっては国内立法も含め、 必要とされ得るすべての措置を採らなければならない」

さらに、 犯罪行為の非政治的側面を強調する条文は、 K以外にも、 @の 「テロリストによる爆弾使用の防止に関する国際条約」 や 「テロ行為の防止に関するヨーロッパ条約」 (1977年1月27日署名、 1978年8月4日発効) にも存在する。

諸国のテロリズムに対する考え方の相違から、国際法レベルにおけるテロリズムの定義付けができないのである。

テロリズムの国際法レベルにおける定義付けを行おうとすると、 なぜ、 このように意見が分裂してしまうのだろうか、加藤朗 『テロ−現代暴力論』 によれば、 テロリズムの定義付けが困難な理由として、 次の三つを挙げることができるという(38)。

第一は、 どのような目的で定義を行うかによってテロリズムの範囲が異なってくるからである。

例えば、 いかにテロリズムを防ぐかという目的で定義する場合は、 取締りが容易になるように、テロの範囲を広くしがちである。

逆に、 外交上の目的で定義する場合には、 自国の暴力行使をテロリズムの定義から外すために定義が狭くなりがちとなる。

第二に、 テロリズムとされる行為の政治的な目的性をどのように評価するかによって、 その行為をテロに含めるか否かが変わってくる。

ある行為をテロリズムと定義する際、 その行為の目的が政治的であることを前提にしていると考えられる。

それゆえ、 定義する者の政治的立場によって評価が異なり、 その行為をテロリズムに含めるかどうかが違ってくる(39)。レファレンス 2005.10

テロリズムの定義51

加藤朗 『テロ−現代暴力論』 中央公論新社, 2002, p.24.

「『ある国ではテロリストと呼ばれる者が、 別の国では、 自由の戦士と呼ばれる』 という言葉に端的に示されている。」 (拙稿 「テロリズムと法」 『レファレンス』 434号, 1987.3, p.41.)

第三に、 上記第二の理由と関連するが、 テロリズムは、 政治的目的性を達成するためにきわめて有効な手段であるがゆえに、 自らに有利になるように定義しようとするからである。

このような困難が存在しているが、 以下に述べるように、 それでも国際法レベルにおけるテロリズムの定義付けが必要なことは確かであろうと思われる。

2 国際法レベルでテロリズムの定義が必要な理由

国際法レベルでテロリズムの定義が必要な理由を説明する前に、 まず、 国際法レベルの定義は、 有害であるという考え方から紹介する。

ほとんどのいわゆる反テロリズム条約には、国家は、 犯人を訴追する義務又は引き渡す義務があることが定められている。

ある行為をテロリストの行為として分類することは、 その行為を行った者を、 引き渡しを要求する国に引き渡すことになる。

つまり、 国際的なレベルにおけるテロリズムの定義は、 反対する陣営から見れば、 極度に危険となる。

このような考え方は、国際連盟の時代からまったく変わっていない。

多くの国家は、 自分たち独自の価値概念や人権基準を侵害するような犯人の身柄の引渡しの危険を自国民に与えたくないと思うに違いない。

ここにもテロの定義がなかなかできない一つの原因があると考えられている。

次に、 国際法レベルでのテロの定義は必要ないのではないかという意見を紹介する。

例えば、 ゲオフェリー・レヴィットは、 条約によってハイジャック等を違法とし、 演繹的にテロリズムの内容を固めていく方式を批判して次のように言う。

「(テロリズムに関する) 演繹的な法的定義は必ずしも必要ではない。 実際のところ、 そのような定義が有益であるかどうかも明らかではない。現在の国際状況では、 この問題については、 国家間に手に負えないような概念の違い、 政治上の相違があるので、 国連においてさらなる論争が行われ、 お互いが非難しあうことになることが予想されるような現状を、 水で薄め、 準備を整え、 例外をがんじがらめにしておくのが最善の方法である(40)。」

さらに、 国家は、 テロリズムが発生したときでも、 国としてできることを継続して行うことで、 用語の定義なしでもテロリズムと戦うことができる。

その理由は、 国としてできることを国家が継続することで、 テロリズムが法的に特殊なものとならず、 国内法で対応が可能であるからだという(41)。

以上、 国際法レベルにおけるテロリズムの定義付けが有害、 あるいは不必要である理由を挙げたが、 以下では、 定義付けが必要とする理由挙げる。

加藤朗が述べているように、 国際法レベルのテロリズムの定義付けには、 さまざまな問題が指摘されている。

しかし、 これらが解決困難な問題だからといって放置しておくわけにもいかない。

何らかの手順を考えて定義付けが出来る方向に持っていく必要があろう。

その一つの方法として、 テロリズムを国際犯罪化する方法をレファレンス 2005.1052 Geoffrey Levitt, "Is terrorism worth defining?" Ohio Northern University Law Review, vol.13, 1986,note13, p115. quoted in:Frank Schorkof, "Behavioural and Social Science Perspectives on Political Violence," Christian Walter. et al., Terrorism as a Challenge for National and International Law :Security versus Liberty, New York : Springer, 1994, p.33. Levitt, op.cit., pp.97-116.及び RichardR. Baxter, "A Special Look at the Terrorism," Arkon Law Review, vol.7, 1973-74. quoted in:Anna Goppel, Defining Terrorism in the Context of International Law, Center for Applied Philosophy and Public Ethics Working Paper 2005/1, pp.2-3. quoted in; Walteret al., Terrorism as a Challenge for National and International Law Security versus Liberty, NewYork : Springer, 1994, p.33.
あげることができる。

諸国家は、 過去において、 共通の訴追システムを創設することにより、 ある共通の価値に対する攻撃を防御することを考えた。

その結果、一定の価値を守るための国際協定ができた。

例として、 「国連によるテロリズムの定義」 で列挙した一連の条約を挙げることができる。

仮に、 テロリズムが、 国際的に共通な価値を危うくするものであることが認められるならば、これに対して、 国際的に共同で対処することに意義があるということになる。

共同対処の方法としては、 テロリズムを国際犯罪化して国際的な規制を行うことが有効と考えられる。

国際法では、 広く多数の諸国または人類が共通の利害関係を有する特定の法益を害する行為であって、国際法で犯罪とすべきものを 「諸国の共通利益を害する犯罪」 として国際犯罪の中に含めている。

テロリズム関連の犯罪は、 この 「諸国の共通利益を害する犯罪」 の中に含まれている(42)。

テロリズムを国際法上の犯罪として条約化した場合、 これを実施するため、 各国では、 それぞれの国の刑法等により詳細を定める必要がある。

しかし、 テロリズムを国際犯罪化するためには、罪刑法定主義の観点から犯罪、 すなわちテロリズムとは何かについて、 あらかじめ定義付けをしておく必要があると考えられる(43)。

それでは、 テロリズムが危うくする国際的に共通の利害関係がある価値とはどのようなものを指すのだろうか。

現在、 一般に、 テロリズムは、 国際的に共通な以下の三つの価値を弱体化する働きがあるといわれている(44)。

1 個人の人権
2 民主的な統治
3 国際の平和と安全保障

重大な人権侵害としてのテロリズム国際刑事法(45) は、 人権に関する法律によって保護されている価値を侵害する行為を禁止している(46)。

1970年以降の国連総会、 1990年代の国連人権委員会は、 人権に関する非常に多くの決議を採択している。

これらの決議は、 「テロリズムは、 基本的人権や自由を威嚇し、 破壊する」 と主張している。

このように、 テロリズムが人権を侵害しているという考え方は、 EUにおいても、 また、 その他の国家においても共通する考えである。

2002年に発表されたEUの「テロ対策のための2002年6月13日の枠組み決定」 では、 テロリストの犯罪を類型化し、 テロリズムは、 人権に対する最も重大な脅威としても提示している(47)。

国連の包括的テロリズム対策会議もまた、 テロリズムは人権を危うくすレファレンス 2005.10

テロリズムの定義53

国際法学会 前掲書, pp.254-255.

また、 国際犯罪化すべきもう一つの理由として、 テロリズムが、 その他の不法な行為と区別して取り扱うことが、 テロリズムに対し、 通常の刑法犯の性格を超えて、 特に過酷な犯罪であることを道徳的に非難するための国際社会の希望を表明することになるからであるという意見もある。 (Ben Saul, Three Reasons for Defining and Criminalizing Terorrism, p.1.

Ibid., p.1.

国際法に基づいて、 個人の犯した特定の行為を犯罪 (国際犯罪) として定義し、 裁判権の設定、 訴追、 犯人の引渡し等について規定する国際法規をいう。 (筒井若水 『国際法辞典』 有斐閣, 1998, pp.99-100.)

しかし、 「諸国の共通利益を害する犯罪」 については、 該当する行為の定義、 処罰の義務、 外国人の国外犯に対する裁判管轄の設定などの実質的な要件・枠組が国際法に準拠して決定され、 その範囲内で刑事責任の具体的な追及は各国の内国刑法と国内裁判所を介して行われる。 (国際法学会 前掲書, pp.254-255.)

Antonio Cassese, International Criminal Law. Oxford: OUP, 2003, p.23.

European Commission, Proposal for a Council Framework Decision on Combating Terrorism, Brussel,19.9.2001, COM(2001)521Final, 2001/0217(CNS), Explanatory Memorandum, pp.2-7.

ることを示唆している(48)。

人権侵害は、 これを国際犯罪化するための一つの理由となることは疑いない( 49 )。

すでに「拷問からの自由」 は、 国際犯罪化された数少ない人権のうちの一つである(50)。

その他の諸権利の侵害についてもこれを犯罪化する価値のあることは確かである。

民主的な統治および平和的な政策への脅威としてのテロリズム

1990年代において、 国連の総会及び人権委員会は、 テロリズムは 「民主主義の破壊」、 「合法的な国家の不安定化」 および 「多元的な市民社会の否定」 を目的としていると述べている(51)。

また、 国連のある決議は、 テロリズムは、 民主主義、 市民社会及び法の支配に対し、 厳しい挑戦をしている(52) と述べている。

テロリズムを国際犯罪とする考えの基本には、テロリズムは、 民主主義の制度や価値、 特に人民の政治への参画、 投票、 言論の自由、 表現の自由、 結社の自由のような民主主義の基礎としての人権を弱める働きをするという考えがある(53)。

一方、 テロリズムの目的は、 民主主義の破壊にあるという考え方には、 重大な疑問が寄せられている。

その内容は以下のとおりである。

第一に、 国際法においては、 民主主義による統治は、 全世界的に確固としたものになっていない。

国際法においては、 民主主義による統治を行う権利は、 まだ定められているとはいえない(54)。

問題は、 国際法上認められている自決権の存在である。

自決権は、 人々に自分自身の好む政体を選択することを許している。

ただ、政府が民主主義のシステムを採用し、 そして人々は自由であるべきだという考えは、 あまねく受け入れられつつあることは確かである。

しかし、現在の国際法では、 自決権の存在を無視するわけにはいかない。

このように、 国際法上、 民主主義は、 すべての国が受け入れられなければならないというわけではないので、 テロリズムを民主主義に対する国際犯罪として受け入れることは困難である。

第二に、 仮に、 テロリズムを民主主義に対する犯罪として性格付けるとすると、 これまでのテロ行為は、 非民主主義体制を転覆させることや人権を踏みにじっている人々に対し向けられたのかどうかというやっかいな問題が発生する(55)。

この結果、 テロリズムは民主主義に対する犯罪とするべきだとする議論を行うことはもちろん、 逆に、 独裁国家に対する犯罪とすることさえ議論することが困難となっている。

結局、 テロリズムは、 民主主義に対する犯罪という性格を無視して、 政治や国家に対し向けられた暴力行為という範囲内で、 現状では、 国際社会における最小限の分担をすることになった(56)。

国際社会の平和と安全保障に対する脅威としてのテロリズム

レファレンス 2005.1054

UNGA, Report of the AD Hoc Committee established by UNGA res 51/210, 17Dec.1996.および6th Session(2002), UN Doc Supp 37(A/57/37), annex T:Bureau Discussion Paper.

A.Ashworth, Principles of Criminal Law, 3rd ed. Oxford: OUP, 1999, p41.

1966 ICCPR, Art7; 1984 torture Convention, arts4-5.

UNGA, resols 2002/24, premble.および UNGA, resols 2003/37.など多数。

Preamble to UNComHR resols, 2003/37など多数。

UDHR, art 29

; ICESCR, arts 4, 8

; ICCPR, arts 14

, 21, 22.

S. Chesterman, "Just War or Just Peace?" Humanitarian Intervention and International Law, Oxford:
OUP, 2002, p.89.

Ben Saul, op.cit., pp.9-10.

Ben Saul, op.cit., p.10.

テロリズムは、 国際社会の平和と安全保障に対する脅威であるということが、 テロリズムを国際犯罪化する理由として挙げられている。

1970年代からの国連総会決議(57)、 1990年代からの国連人権委員会における決議(58) は、 国際テロリズムが、 国際社会の平和と安全保障、 国家間の友好関係、 国際的な協力関係、 国家の安全保障、 または国連の原則及び目的を脅かすと述べている。

この問題について、 最も明快な決議は、 国連安全保障理事会におけるもので、 同委員会は1990年代から、 国際テロリズムの活動は、 国際社会の平和と安全保障に対する脅威であり、 将来的にも脅威を引き起こす可能性がある(59) という認識を持っていた。

2001年9月11日の同時多発テロ事件以降、 安全保障理事会は、 国際テロリズムのあらゆる行為を、 内容の厳密性や国際社会に与える影響を無視して、 平和と安全保障に対する脅威として受け止めるようになった(60)。

さらに、 安全保障理事会は、 スペインのマドリードで発生した列車爆破事件やチェチェンにおけるテロリズムのような国内テロリズムについても、 これを平和と安全保障に対する脅威として捉えるようになった(61)。


おわりに

現在でも、 国家レベルにおいては、 いくつかの国において、 テロリズムの定義を定めている。

しかし、 それぞれの国によるテロリズムの定義は、 テロ対策において効力を発揮するであろうが、 一つの国家の中だけのことに過ぎない。

国際テロが隆盛を極める現在、 テロ対策を有効に行うためには、 どうしても国際的な協調が必要となる。

1930年代に、 国際連盟がテロリズムの定義付けに失敗して以降、 国際協力が進められてきたが、 国際的なテロリズムの国際法上の定義付けができるまでに至っていない。

9.11同時多発テロリズム以後においても、 この状況は変わっていない。

国際社会が、 これに対処するためには、テロリズムを国際犯罪化して、 対策にあたることが必要であろう。

そのためには、 国際法上のテロリズムの定義付けが必要となる。

2001年10月、 英国のブレア首相が、 テロリズムに対する国際連携をシリアのアサド大統領に申し入れたとき、 アサド大統領は次のように答えた。

「われわれは、 抵抗とテロリズムとを分けている。 抵抗は、 社会的、 宗教的、 法的権利であり、 国連決議に守られている。 誰もドゴールをテロリストだと非難できないだろう」 と述べ、さらに、 対テロ戦争という考えに対しても 「テロリズムはネットワークとして機能している。それは、 人物あるいは組織という点で特定のヘッド (頭) はない」 と警告した(62)。

このような発言をみると、 国際法上、 テロリズムを定義付けすることは、 ほとんど不可能に思われるが、 前進と考えられる要素がないわけではない。

それは、 地域によっては、 例えば、先にも述べた欧州理事会の 「テロ対策のための2002年6月13日の枠組み決定」 のような、 テロリズムの枠組みができてきたことである。

この中でテロリズムの定義付けは実現している。

しかし、 国連で、 テロリズムの定義付けを実現させるためにはなお時間がかかりそうである。

(しみず たかお 行政法務調査室)
レファレンス 2005.10
テロリズムの定義
55

UNGA, resol 54/164(2000)など多数。

UNComHR, resol 1997/39など多数。

Preambles to UNSC resol 1535(2004)など多数。

UNSC resol 1368(2001)

UNSC resol 1530(2004)

タウンゼント 前掲書, p.164.
posted by arena8order at 00:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際テロ組織…国際犯罪…テロリズム 3

Image~026~004.jpgImage~021.jpg

V テロリズムの定義をめぐる問題

一般に、 法律理論上の主要な問題点として以下が指摘されている。

1 テロリズムと刑法犯との区別

テロリズムの手段は、 刑法犯と重なっていると考えられる。 それにもかかわらず、 テロリズムの手段としての行為が、 殺人や暴行や放火のような通常の国内の犯罪としてではなく、 なぜテロ行為として取り扱われ、 分類される必要があるのか。

また、 刑法犯等とテロ行為とには、共通部分があるにもかかわらず、 例えば、 一連のハイジャック関連の条約のように、 テロリストが実施する暴力については、 特別な条約がある。

テロリズムは、 なぜ、 現在の刑法犯罪とは別に取り扱われるべきなのかについて説明が必要であろう。

先に述べたように、 テロリストが行うような行為は、 殺人や暴行などを規制する各国の刑法やその他の特別法等の国内法により処罰することが可能である。

刑法等の殺人は、 殺人を行ったことそれ自体が重視されるが、 テロリズムにあっては、 行為の目的、 動機が客観的な法益侵害以上に重視され、 目的に政治性等があれば、テロリズムとされる。

例えば、 9.11同時多発テロリズム事件における、 ニューヨークの世界貿易センタービルに対する攻撃は、 施設の破壊およびそれに伴う殺人である。

もし、 ハイジャック犯の一人でも生存していたならば、 殺人犯として訴追することが可能だろう。

しかし、 動機として政治的な目的があったとすれば、 それはテロリズムとなるのである。

しかし、 これまで、 いかなる集団、 人間も、自らをテロリストと名乗るようなことはほとんどなかった。

レファレンス 2005.10

テロリズムの定義47

タウンゼント 前掲書, pp.10-11.

松葉 前掲論文, pp.70-71.

テロリストという名称は、 他の人たちからの命名である。

特に国家が、 暴力的な敵対者にこの 「テロリスト」 のレッテルを貼ることが多いという(28)。

国家は、 特定の組織にテロリストのレッテルを貼り、 その構成員を違法な状態にし、 爆弾の所持や人質をとる行為などテロ行為の一覧表を作成した。

しかし、 そうした一覧表に列挙された行為の多くは、 刑法上すでに犯罪行為とされている。

このように考えると、 テロリズムは、 ある特定の行為を指すと考えるよりも、 むしろそれに対応する外部の人たちの心理状態をさしているといえるだろう(29)。

さらに、 国家は、 特に犯罪者の知られざる私的な動機を理由とする通常の犯罪よりも、 テロを厳しく罰したいと願っているのではないかと考える人もいる(30)。

以上のような理由から、 刑法犯罪とテロリズムを明確に分離し、 厳密な定義をつくるということは、 雲を掴むような作業となるが、 そのような困難な作業の代わりに、 一般的に 「テロリズム的」 とみなされるような行為を類型化する方に意味があると主張する者もいる。

だが、 行為を類型化し、 そのリストを作ろうとしてもすぐに行き詰まる。

つまり、 あまりにも多くの行為が、 テロリズムに特有でなく、 軍事的行為や犯罪行為と重複するのである。

結局のところ、テロリズムの要諦は、 その現象面に現れる特徴的行為よりも、 テロリストが、 心の中で意図した政治的な動機にあるといえるだろう(31)。


2 テロリズムと戦争法規

「はじめに」 で述べたように、 戦争とテロリズムとは、 類似した点がある。

しかし、 テロリズムに戦争法規の適用があるかどうかについては議論がある。

以下では、 テロリズムと戦争の類似点、 相違点を見た上で、 戦争法規の適用の可否に関する議論を紹介する。


標 的

戦争は、 テロリズムと同様に、 非戦闘員に対しても大きな恐怖を引き起こす。

時には、 国家の戦闘員によって非戦闘員に対して、 テロリズムのような暴力が行われることもある。

第二次世界大戦中のドレスデンやハンブルグに対する空襲などがこれにあたる。

軍隊は、 戦争を行っているときに、 しばしば戦争法規を無視し、 市民に対し暴力を行使することもあるが、 このような行為にテロリズムというレッテルが貼られることはほとんどない。

軍隊の暴力とテロリズムの間の、 一般に共通する区別は、 現在のテロリズムの標的が、 首尾一貫して非戦闘員であるということである。

軍隊は、 主として敵の軍隊と戦うが、 例外的に非戦闘員も標的になってしまうことがある(32)。

ゲリラとの違い

戦争とテロリズムとの相違は、 戦争は国家が行うもので、 テロリズムは、 正面から国家に抵抗できない弱者の抵抗手段であるという意見もレファレンス 2005.1048

「テロという概念そのものに強い否定的含意があることはあきらかである。 近代テロリズムの出発点であるフランス革命時のジャコバン等による恐怖政治には、 否定的意味はなかった。 (中略)しかし、 ロベスピエールらが打倒され、 エドモンド・パークらによって恐怖政治に否定的な評価が与えられてから後、 テロには否定的な意味が与えられるようになった。」 (松葉 前掲論文, p.69.)

タウンゼント 前掲書, pp.3-4.

Christian Tomuschat, "Comments on the Presentation by Christian Walter," Christian Walter.et al.,Terrorism as a Challenge for National and International Law:Security versus Liberty, New York:Springer, 2003, p.45.

Ibid., pp.6-7.

タウンゼント 前掲書, pp.9-10.

ある。

しかし、 弱者の抵抗手段には、 テロリズム以外にもゲリラという方法もある。

ゲリラとは、 小さな勢力が、 大きな目標を達成するため、より大きな勢力に対し組織的な暴力行為を行うことをいうので、 しばしばテロリズムと混同される。

しかし、 テロリズムと対照的に、 ゲリラは軍隊を標的にしており、 一般の支持を増大させるため、 市民を標的にすることはほとんどない。

確かに、 ゲリラ戦は軍事法規上認められている戦闘方法ではない。

また、 ゲリラは、 国家の軍隊と戦うが、 非戦闘員を攻撃するということはほとんどない。
どちらかといえば、 地域の住民、 非戦闘員と結びついており、 それらの支援を受けている。

ところが、 テロリズムは、 ゲリラのように軍隊との戦闘を伴わない。

テロリストは、 標的にした対象が自己を防衛することが不可能になるような方法で攻撃する。

このような理由から、 ゲリラは、 テロリズムというよりも軍事戦略の一つとして考えられている。

一般の人たちは、 テロリストが選択的でなく無差別的に攻撃するその姿勢に印象づけられ、 その結果、 恐怖を抱くのである(33)。

また、 テロリスト集団は暗殺や誘拐、 ハイジャックなどを行うが、 これらは通常の軍事紛争ではめったに使われないことから、 テロ行為の類型化には確かに一定の意味があるかもしれない。

テロリストも、 それら類型化された特定の暴力をテロリズムの証しにしているようである。


テロリストへの戦争法規の適用

テロリストに対して、 戦争法規を適用できるかどうかについては意見が分かれている。

例えば、 次のような意見がある。

「国際人道法」 が定める交戦法規上の、 戦争犠牲者保護に関する諸条約上の原則が、 国際紛争に至らない武力紛争 (=非国際的紛争) の参加者にも適用され得る点を見れば、 大きな武力紛争にも小規模の武力衝突にも、 戦争法規が適用され得ると考えることができる。

仮に、 これに戦争法規が適用されないとすれば、 小規模の武力紛争は、 一層残酷になってもやむを得ないことになる。

したがって、 ある行為が戦争法規の適用可能なレベルに達すれば、 これらのものにも戦争法規を適用することが可能である。

これらの者がテロリストと呼ばれるかどうか、 戦争法規違反行為に従事していた軍人であるかどうかに関係ない。

これらの者が戦争法規違反行為を犯せば、 その理由による責任を問われ、 これらの者が逮捕された場合は捕虜の待遇を与えられることになる(34)。

このような見解に対しては次のような反対意見がある。

武力紛争に関する法が、 テロリストおよびその行動に適用されるかどうかについては、 何ら実定法上の規定はない。

内戦の場合に、 刑法規定ではなくて捕虜の取扱いに関する原則や対立勢力による地域支配に関する原則が適用されるかどうか、 明確な規定が欠けている。

国際人道法の適用拡大を民族解放戦争まで認めたということはできるが、 テロリズムのような、 武力紛争に至らざる暴力状況への国際人道法適用の拡大については証拠がない。

テロリズムについて、 一般的に是認された定義がないことが、 テロリズムに対する戦争法規適用についての問題を特に困難にしているが、テロリスト組織が戦争法規の適用を受けてこれを遵守するというのであれば、 この組織は、 法的な意味ではテロリスト組織といえないことになると思われる(35)。

また、 テロリストに戦争法規は適用されないが、 次のような問題が残るという意見がある。

レファレンス 2005.10

テロリズムの定義49

同上, pp.8-9.

本間浩 「戦争法規はテロリストに適用されるべきか」 『レファレンス』 439号, 1987.8, pp.125-126.

同上, p.126.
一つは民族解放闘争、 民族自決権との関係、
もう一つは、 政治犯罪人引渡原則、 または庇護原則との関係である。

テロリズムが民族解放闘争または民族自決権の行使の一環として行われたとの理由で、 テロリストの名のもとに刑罰の待っている国へ引き渡すべきでないというようなイデオロギー的見解が世界の一部で聞かれる限り、 テロリズムの制圧は困難であり、 テロリストに対する戦争法規適用は意味がない(36)。
posted by arena8order at 00:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。