2014年05月27日

パイロットランプ(英:pilot lamp)

Image~008.jpg
#ккк #真空管 #兵器 #ラジオ波 #電磁波

パイロットランプ - Wikipedia
http://p202.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0527wP1IQj4E8S35/F?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2583%2591%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25AD%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2597&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=%C8%B5%DD%8A%C7&_jig_xargs_=SKeywords%3D%25c8%25b5%25dd%258a%25c7%26xargs%3D2&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2583l%2583I%2583%2593%258A%25C7&guid=on



パイロットランプ


電源スイッチと一体化されたパイロットランプ


パイロットランプ(英:pilot lamp)は、電力を消費して動作する機器が、通電状態にあることを示す電灯のこと。

広義には点灯することのみで何らかの状態を示す一種の表示装置を含む場合がある。

表示灯(ひょうじとう)とも。


概要[編集]

パイロットランプは、その機器が通電中である(故に動作中である)ことを示す表示装置のことで、電灯が発光することで通電していることを示す。

商用電源を直接入力される(いわゆるコンセントに供給される電力)機器ではネオン管が従来使われていたが、場合によっては白熱電球やこれの小型のものを、より近年の機器では発光ダイオード(LED) を使う様式が一般的である。

その多くでは、機器の電源スイッチに隣接して設置されている。

こういった様式の発達した理由は、まず通電中であるため感電の危険があることを知らせること、あるいは動作中であるため扱いに注意を要することを利用者に知らせるためである。

例えば通電中の電気アイロンはうかつに発熱部分を触れば火傷するし、また放置すれば火災の危険が伴う。

また事故は無くとも通電して電力を消費している状態のまま放置すれば、その電力のコストだけ無駄になりやすいため、節電の意味からもこの機能は重要である。


発光体の種類と用途[編集]

使用される電灯(発光体)では、それぞれに利点と欠点があるため、必要に応じて使い分けられる。

ネオン管は電圧が高くないと点灯できないが、球切れの心配がなく、また商用電源を抵抗をはさむ等簡単な回路で入力できる。

電球(白熱電球)は機器が動作する電圧にあわせて利用すれば動作電圧などの制約が無く、製造にも余り高度な技術力は必要ではないが、それ自体が電力を消費するほか、球切れの可能性があり、フィラメントが切れている場合は通電状態ではないのか球切れなのかが判りにくい。

LEDは生産に技術的ステップを超える必要があるほか電流の方向に指定があり高熱に弱く更に利用可能な電圧が低く機器によっては点灯に専用の電源回路を必要とするなど制限が多いが、部品として安価に供給されていることや消費電力が小さく長寿命なことから、様々な機器に利用されており、こと携帯機器のような乾電池やバッテリーなどを使うため電力的制約が厳しい機器でも、少ない電力で点灯させられるため利される。


類似分野[編集]

パイロットランプは、元々機器全体の通電状態を示すものであるが、広義には装置の中の所定の電気回路ないし電子回路に通電しているかどうかを示す表示灯もパイロットランプの一種としてみなされる場合がある。

例えばスイッチ機能を持つテーブルタップでは、所定の差込口に通電しているかどうかを示すネオン管が組み込まれた製品が見られるし、機器の中の所定回路に通電し、所定の機能が動作していることを示す表示灯もある。

しかしこういった機器の所定機能の動作状態を示す表示灯は「パイロットランプ」ではなく、モニターランプと呼ぶのが正しい。

または、パワーインジケーター(power indicator) と呼ぶ。


脚注[編集]


関連項目[編集]

車側表示灯(鉄道車両)


http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=パイロットランプ&oldid=51649196」から取得

カテゴリ:
機械要素
電気回路
posted by arena8order at 21:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラップ現象…空間からある種の音が発生し、鳴り響く現象

poltergeist.jpgimg_2432.jpgImage~044.jpg
#ккк #真空管 #兵器 #ラジオ波 #電磁波

#ラップ現象 - Wikipedia
http://p210.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0527Gb85p3cvWeW7/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2583%25A9%25E3%2583%2583%25E3%2583%2597%25E7%258F%25BE%25E8%25B1%25A1&_jig_keyword_=%83%89%83b%83v%8C%BB%8F%DB&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2583%2589%2583b%2583v%258C%25BB%258F%25DB&_jig_source_=srch&guid=on



ラップ現象


ラップ現象(ラップげんしょう)とは、誰も関与しないまま、「誰もいない部屋や、何も存在しない(ように見える)空間からある種の音が発生し、鳴り響く」とされる現象で、超常現象、心霊現象といわれるものの一つである。

本来の超常現象的あるいは心霊現象的なラップ音以外にも、原因不明の音声が鳴る現象を、広義でこう呼ぶ場合もある。


概説[編集]

音自体は、指を鳴らすような音、関節を鳴らす音、棒切れを折るような音、ドアをノックする音、足音、木造家屋がきしむ音など、人によって表現も異なるが、各ケースによっても異なる。

主に「死者の霊魂によって引き起こされるもの」であると、心霊現象研究家や、霊能者などの大部分は解釈している。

音が発生すると同時に、ある種の振動などが伴う事もあることなどから、ポルターガイスト現象の一つとして扱う研究者もいる。

だが、ラップ現象とポルターガイスト現象は別個の心霊現象として扱う研究者もいる。

また、音だけの現象のため、常に偽装説が唱えられる。

(親や親類の霊などが)「お別れを言う場合にも、ラップ現象が起きることもあるんですよ」と説明されることもある[1]。


記録・確認・同定[編集]

この現象に含まれる音も様々で、反響する性格がある反面、瞬時に消えて残存しないために、科学的見地からの、客観的・合理的検証が、されづらい種類の現象でもある。

この現象を認知するには、その音を録音するのと同時に、現在では映像も同時に残す方法がある。

しかしながら、撮影後の音声のミックス(オーバーダビング)などの作為もありうることから、併せて、第三者複数による現場での客観的確認も必要である。

例えば、「ある一枚のドア自体を構成する、中に空間のない均一の材質からの音の発生」や、逆に「何も存在しない空間から音が聞こえる」といった場合であっても、錯覚の結果である可能性は、常に考えられる。

また、ポルターガイスト現象同様、近年では、近くの工場などからの、肉体では感知不可能な低周波による振動や共鳴の結果であるケースもある。


新築住宅におけるラップ音[編集]

木造住宅において起こることが多いとされる一例をここでは取り上げる。

住宅を建てる際、骨格となる柱に使う材木は普通ある程度乾かしたものが用いられる。

しかし、中には乾燥が十分ではなかったため、年を経過させるにつれ徐々に乾きが進行し、木材が乾燥する時の割れにより「ミシッ」とか「パーン」といった音が室内に響くことがある。


歴史[編集]

この現象が、近代において広く知れ渡ったのは、1848年にアメリカで起こった、フォックス姉妹にまつわるもので、これはハイズビル事件とも研究者に呼ばれている出来事である。

その後、フォックス姉妹はインチキであると自白して決着したと、と学会の暴露本などでは説明付けられている。

なお、フォックス姉妹は、暴露を撤回している。


関連書籍[編集]

佐藤愛子『私の遺言』新潮文庫、2005


脚注[編集]

^ 『オーラの泉』2006年8月小池栄子出演回。江原啓之による説明


関連項目[編集]

家鳴

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ラップ現象&oldid=50025442」から取得

カテゴリ:
超常現象
心霊主義
posted by arena8order at 20:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真空管…発振、変調、増幅等の電気、電子回路の能動素子 3

Image~046.jpgImage~047.jpgImage~048.jpgImage~049.jpg
#ккк #真空管


オーディオ・楽器用アンプ[編集]

SOUND WARRIOR SW-10 真空管アンプ

MT管使用のパワーアンプの一例、イーケイジャパン社製TU-870

オーディオマニアの機器や、歪みも音作りの一部として取り入れる楽器用アンプでは、今日でも比較的多く真空管が使用される。

オーディオ用真空管は、電蓄(電気式蓄音機)の需要により、1927年に開発された出力管 UX-250(´50)に端を発する(ギター・アンプ用真空管も参照)。

真空管を用いたアンプの音を「よい」と感じる原因には諸説ある。

その中でかつて最も有力だった説は、真空管が倍音(高調波歪み)の奇数倍の周波数である「奇数次高調波歪み」を低減するという主張である。

その主張によると、奇数次高調波歪みが減った結果、相対的に偶数倍の周波数の「偶数次高調波歪み」が増える。

偶数次高調波歪みは楽器や自然界の音に多く含まれる周波数で、その偶数次高調波歪みが多いと、音は人の耳には自然に、あるいは生々しく聞こえる。

一方、奇数次高調波歪みは人の耳には不快または金属的に聞こえる周波数で、トランジスタアンプの音にはその奇数倍周波数が真空管アンプの音よりも多く含まれている。

そのため「真空管アンプはよい音を出す」、というのが愛好家の弁である。

ただし、現在のトランジスタアンプやデジタルアンプは歪率の絶対値自体が真空管アンプよりも遥かに小さく、また真空管アンプでもプッシュプル回路とすれば奇数次歪みの方が優勢となるため「真空管式プッシュプルアンプはよい音を出す」ことの説明にはなり得ない。

そもそも音の好みは十人十色であり、それは真空管アンプの音に関しても例外ではなく、トランジスタアンプやデジタルアンプの愛好家からは逆に悪い音との評価を受けることも珍しくない。

一般的なアンプの特性評価項目である、矩形波応答特性や歪率、周波数応答特性などで、明らかにトランジスタアンプやデジタルアンプのほうが優れている場合でも、聴き比べると「よい」と感じる愛好家も多い。

このようにヒトの持つ聴覚特性と個人の嗜好に拠るところの大きいオーディオ・アンプは、21世紀においてもオーディオ用真空管を用いるほうがトランジスタを用いるよりも簡単な構造で「好みの音」を得られる場合があり、自作オーディオマニアが真空管アンプを自作する例もよく見られる。

これらのオーディオ用真空管は、中国や東欧諸国などで2013年現在も製造が続けられているほか、2010年に日本の高槻電器工業が35年ぶりにTA-300B、TA-274Bとして生産が行われている。

アメリカRCA製808電力増幅3極管。

送信用の球だが、21世紀になってオーディオアンプへ流用例が「MJ無線と実験」誌等に掲載されている

数段の比較的簡単な構成の増幅回路でも、オーディオ用真空管を用いると、特に直線増幅範囲を超える入力(過大入力)に対し、個性的な歪出力を得られることから、特にギターアンプでは、セミプロ〜プロ用の多くの機種が今[いつ?]でも真空管方式を採用している。

このため21世紀でも量産を続けているロシア(リフレクターJSC[24]やスベトラーナJSC[25])、スロヴァキア(JJ-エレクトロニック社[26])、中国(曙光電子社[27])などの生産数は増加傾向にある。

これらのオーディオ用真空管の一部には、その型番は同じでもオリジナルのものよりも最大定格(特にプレート損失、プレート電圧等)が改良された製品が供給されている。

しかし、例えば長期信頼性や残留ノイズ等の面ではほとんど改善されておらず、むしろオリジナルのものより劣っているものも散見される。

オーディオ用真空管は、その全盛期には家庭用オーディオセットから、通信・放送機器用をはじめ軍事・医療用といった高い信頼性を求められる分野まで汎用されていたのであるが、21世紀においては趣味、嗜好品としての用途が大半であること、「総合特性」の改善には新たに多大な研究開発費が必要となることなどから、21世紀の需要に応じた細かな改良、すなわち大半の需要家が必要としない特性やあまりアピールできない特性部分について犠牲にされるのはやむを得ないことであるとも言えよう。

真空管は同じ型番であっても特性のばらつきがあるが、半導体ほどに大きな特性差は生じないため、トランジスタのように増幅特性によって区分けするようなランク付けはなされない。

したがって使用機器側、すなわち機器設計の段階において、そのばらつきを考慮して回路に余裕を持たせ、必要な調整箇所を設けるのが普通である。

全盛時代には、信頼性(寿命・耐震性等)や残留ノイズ・ヒータの立ち上がり時間の規定等によって、同じ型番の真空管でも枝番を付けたり用途記載して販売が行われていた(例えば「通信用」はロット管理やライン管理で信頼性を向上させたもの、「Hi-Fi(ハイファイ)」は主にローノイズ管であった)。

また真空管は使用に伴って、ヒーターは白熱電球と同じく消耗、カソードのエミッション(電子放出量)特性は徐々に減少、管内の真空度は低下、電極封止部の絶縁は低下するというように特性が変化(劣化)するため、多くの真空管が実用に供されていた頃、業務用途ではチューブ・テスター(チューブ・チェッカー、真空管試験機)と呼ばれる専用の測定器を備え付けて、定期的にその特性(消耗度)を確認しながら用いていた。

2013年現在でも同じ型番の真空管で、製造社の違いなどによってその良し悪しを言われることがあるが、これは製造社や供給社の選別基準(個体差をどこまで許すか)の他、もともとの真空管の使用材料等に起因する特性変化の程度や寿命の長短を指しての評価も含まれている。

真空管の製造工場では、全数特性検査を行い合格品のみを出荷している。

しかし21世紀突入後のオーディオ用真空管は高級志向となり、その合格品を更にセットメーカーや商社が特性検査で選別したものを販売している場合も少なくない(特にギターアンプ用真空管で顕著)。

これらの供給社はアメリカを中心に多数存在しており、代表的なのはグルーブ・チューブズ[28]社やルビー[29]社などである。

これらの供給社独自の規格に基づき再検査(選別)がなされ、合格品はその供給社のブランドで主に楽器店で販売されている(インターネット等での通信販売も行われている)。

一般に供給社の規格は非常に厳しく設定されており、選別漏れした製品についても十分実用となるため(もともと製造工場での合格品であるから当然である)、秋葉原の他の店などで販売されていることがある。

しかし選別漏れしたオーディオ用真空管と合格品と比べると、微妙な音質の違いが聴感上でも感じられることもある。

プッシュプル増幅回路では、特性が概ね揃っているものを2個用いるのが望ましく、製造工場・商社・販売店のいずれかで特性が近いものを選別して2個1セットとして販売されている。

これをペア・チューブ(ペア・トロン)などと呼ぶ。

真空管は強い振動、衝撃により、内部電極の位置が変わり、特性が変わってしまうことがある。

特に旧型の真空管や精密な内部構造を持つものなどの場合、内部で電極やヒーターがタッチして使えなくなることもあるので、注意が必要である。

例えば大型の送信管、光電子増倍管などはその輸送時の梱包は特に厳重にされる。

輸送中のみでなく、一般的にその通電使用中はさらに振動・衝撃に弱い。

また、一般的に小型のガラス製オーディオ用真空管は電球と同じく、鉛ガラスまたは石灰ガラスによって作られているものが多いことから、その放熱に注意する必要がある。

加えて、概ね1950年代を境にしてガラス管のつくり(特にガラスの厚さ)の管理と検査が徹底されるようになったことから、今日[いつ?]のオーディオ用真空管ではまず心配はないが、これ以前に製造された古い真空管を使用する場合、ガラスの厚みにばらつきのあるものがあり、素手でガラス面を触るなどして油脂汚れを付着させた状態で使用すると、割れることがあるので注意が必要である(参考文献:日本放送協会編 ラジオ技術教科書(1946〜1947年)、電気学会編 電気材料(1960年))。

真空管の特性が安定するまでには、ある程度の使用が必要であるので、直流増幅器等の精密な調整の必要な回路に新品の真空管を使用する場合などでは、しばらく使用して特性が安定した後、使用者側で回路の再調整を行う必要がある。

真空管の特性を安定させるために真空管を一定の条件で使用状態にすることを「エージング」という。

ほぼ全ての真空管はその工場出荷時に規定のエージングを完了させ、すぐにその性能がほぼ発揮できるようにしてあるが、精密、繊細な性能を要求するものについては、加えて使用者の機器に実装して短時間のエージングを行い、特性が安定した後、回路の微調整を行う。

但し通常の真空管アンプにおいてこれを要求するものは少ない。

真空管が身近になくなってしまった21世紀現在、基本的な知識を持たない使用者も増え、所望の特性や音色が得られないからという理由で、秋葉原などで必要な本数の何倍もの数を購入している姿を見かけることもある。

その事を悪用し、一部のインターネットショップでは、プレミアムマッチドや特別選別品扱いをして、多額のマッチング代金を請求するケースがある。

また、エージングに関しても、時間によりグレード分別をし、長時間エージング品をあたかも高級品と位置づけ、購入を勧める業者が存在する。

実際に、高額な代金を支払ったものの、真空管測定器にかけると、通常品と変わらなかったという意見も多く出ているので、十分に注意が必要である。


高信頼管[編集]

Hi-Fi真空管の一例、東芝製12AU7A

高信頼管は上記の合格品からさらに特性別で選別したものや、ラインやロットの管理、精度の高い部品使用を行っている。

官公庁や研究所の機器、無線機器、軍事、医療向けの真空管となっている。

軍用の高信頼管は一般に数字表記となっている(例 6BA6は5749、6AQ5は6005)。

これらの真空管は一般では高価かつ入手が難しいものだったが、1990年代以降は軍の放出や倉庫在庫の流通によって比較的安価である。

また高信頼管に似たものに堅牢管が存在する。

振動や衝撃に耐えれるように設計、製造された真空管で、真空管名の末尾にWがつく(例 6BA6W)。

尚、高信頼と堅牢の双方を備えた真空管も存在する(例 5749W)。

こちらは軍用である場合が多い。

軍用の高信頼管は一般的に無地の箱に真空管名、メーカー名、製造国、梱包日、オーダー元が明記してあり、それらとともに乱数状の数字コードが書かれている。

米軍向け真空管はJAN規格に基づくためJAN 5749Wのように表示される。

英国軍用は同様にCV規格が存在する。

またCVという表示はオーダー元表示に米軍でも用いることがある。

オーダー元は基地や部隊コードの他、空軍ではP-51等使用する機体名と機体番号が書かれる。

梱包日はOCT1951や89/02などと表示される。

軍用管は多数の真空管メーカーの入札制によって発注するため、箱の中の真空管メーカーが一致しないことがある。

ごく稀にNOS品として白丸に航空検や桜のマークに航空検と印字された真空管が流通しているが、前者は航空機向けに航空会社や旧運輸省が試験した真空管、後者は航空自衛隊が選別したことを示すものでメーカーが選別した真空管(高信頼管)をさらに選別し、特性を規定値以上に揃えたものである。

同様に日本放送協会を示すNHKと印字した真空管が存在しているが、こちらも放送機材向けに選別した真空管である。

NOS品や中古球として流通しているが価格は捨て値同然のものからオーディオ用ペア管に相当する高額なものまで存在している。

一般向けの高信頼管はアマチュア無線用に通信用、測定機向けに測定用、双方に利用できる通測用、オーディオ向けのHi-Fi(ハイファイ)、Hi-Sが存在する他、ただ単に高信頼と書かれる場合もある。

東芝、松下、TEN等各社から販売され価格は一般用と大差はなかった。

2013年現在の販売価格もオーディオ向けを除き汎用(通常の真空管)と大差ない。

真空管名末尾の記号表示には堅牢管のWの他、傍熱管でヒーターが13秒で完全点灯することを示したAが存在する。

こちらは21世紀現在、オーディオ向け真空管によく見られる(例 12AU7A) 以上の真空管はそれぞれの用途向けに製造、選別した真空管ではあるが、他の用途にも使用しても全く問題ない。


脚注[編集]

^ 英:vacuum tube

^ 英:electron tube

^ 英:thermionic valve

^ 後述する「球」の由来とも考えられる。

^ 英:diode

^ 英:triode

^ 英:tetroiode

^ 英:pontoode

^ 英:rectifier

^ Bijl著「The Thermionic Vacuum Tubes and It's Applications」、1920年

^ どちらも直熱型三極管

^ タイン著「Saga of Vacuum Tube」、1977年

^ 後のUZ-2A5。

^ 浅野勇著「魅惑の真空管アンプ 上巻」

^ 核爆発に伴って発生する強い電磁波。

^ 『週刊ワールドエアクラフト』2001/6/12号、P11

^ 複数の部品取り用の機器から1台を整備。

^ 英:Nuvistor

^ 英:strangle

^ 英:taper

^ GTは「glass tube」の略とされる。

^ 英:Radio News

^ 英:Clyde Fitch

^ 露:Reflector-JSC(ロシア語ラテン翻字)

^ 露:Svetlana-JSC(ロシア語ラテン翻字)

^ 英:JJ-Electronic

^ 中:Shuguang(ラテン翻字)

^ 英:Groove Tubes

^ 英:Ruby

関連項目[編集]

電子工学

ブラウン管

陰極線

マジックアイ

光電子増倍管

光電管

ニキシー管

クルックス管

撮像管

サイラトロン

MiG-25 (航空機)

ラックスマン

真空管式コンピュータ一覧

オール アメリカン ファイブ

ガス封入管

アーヴィング・ラングミュア

気送管

ミュラード-フィリップス 真空管 規格

水銀整流器

スタックトロン- 1960年代に東芝が開発した真空管。真空管でありながら、当時のトランジスタの性能を凌駕したとされている。

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、真空管に関連するカテゴリがあります。
曙光とpsvane真空管

真空管ラジオのページ

東芝電子管デバイス

真空管データシートデータベース

The Groove Tubes Company

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=真空管&oldid=51303130」から取得

カテゴリ:
真空管
原子物理学
電子部品
技術史

録音
音声処理
音響機器
スタジオ関連機材
真空
posted by arena8order at 16:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。