2014年04月29日

2.GPS衛星(ジーピーエスえいせい)はグローバル・ポジショニング・システム (Global positioning system、GPS)

Image~021.jpg


[編集]ブロックIIRシリーズ

老朽化した初期の衛星の代替のため1989年にジェネラル・エレクトリック・アストロスペース社(後の事業売却のためロッキード・マーティン社となる)との間で契約が結ばれた。

当初は21機のIIR衛星を製作・打ち上げの予定であったが後期の8機は後継のIIRM衛星へ変更された。

衛星本体はロッキード・マーティン社のAS-4000型衛星をベースとしたもので、この衛星よりRb原子時計を3つ搭載(従来はCsとRb原子時計各2つを搭載)に変更されている。

打ち上げは1997年1月17日にIIR-1がデルタIIでロケットで打ち上げられたが、打ち上げ12秒後にロケットの爆発と共に失われた。

同年6月23日IIR-2がデルタIIで打ち上げられ、以降2004年11月6日迄に合わせて12機が打ち上げられた。

諸元

製造者:ロッキード・マーティン社

姿勢制御方式:3軸制御

太陽電池:パドル型×2枚

キックモーター:Star-37FM

設計寿命:10年

重量:2032kg

軌道:高度20200km円軌道,軌道傾斜角55度

打上げ日

(UTC)

打上げ

ロケット

ロケットの

タイプ

シリアル

ナンバー

射場 衛星名

宇宙機

ナンバー

(SVN)

疑似雑音

系列 ID

(PRN)

PLANE

結果 備考

1997-01-16 デルタII 7925 D241

CCAFS LC-17A GPS 2R-1 ナブスター42

42

失敗

1997-07-23 デルタII 7925 D245

CCAFS LC-17A GPS 2R-2 ナブスター43

43 13 F3

成功

1999-10-07 デルタII 7925 D275

CCAFS SLC-17A GPS 2R-3 ナブスター46

46 11 D2F

成功

2000-05-11 デルタII 7925 D278

CCAFS SLC-17A GPS 2R-4 ナブスター47

51 20 E1

成功

2000-07-16 デルタII 7925 D279

CCAFS SLC-17A GPS 2R-5 ナブスター48

44 28 B3

成功

2000-11-10 デルタII 7925 D281

CCAFS SLC-17A GPS 2R-6 ナブスター49

41 14 F1

成功

2001-01-30 デルタII 7925 D283

CCAFS SLC-17A GPS 2R-7 ナブスター50

54 18 E4

成功

2003-01-29 デルタII 7925 D295

CCAFS SLC-17B GPS 2R-8 ナブスター51

56 16 B1A

成功

2003-03-31 デルタII 7925 D297

CCAFS SLC-17B GPS 2R-9 ナブスター52

45 21 D3

成功

2003-12-21 デルタII 7925 D302

CCAFS SLC-17B GPS 2R-10 ナブスター53

47 22 E2

成功

2004-03-20 デルタII 7925 D303

CCAFS SLC-17B GPS 2R-11 ナブスター54

59 19 C3

成功

2004-06-23 デルタII 7925 D305

CCAFS SLC-17B GPS 2R-12 ナブスター55

60 23 F4

成功

2004-11-06 デルタII

CCAFS SLC-17B GPS 2R-13 ナブスター56

61 02 D1

成功

[編集]ブロックIIRMシリーズ

IIR衛星にL1及びL2周波数上のMコードを乗せた軍用信号とL2周波数上のL2C民用信号(L2より高強度)を発信するように改良を加えたもので2005年9月26日よりデルタIIにより合計8機打ち上げられた。Mコードは軍用で敵対的なGPS信号へのジャミング対策がされている。

諸元

製造者:ロッキード・マーティン社

姿勢制御方式:3軸制御

太陽電池:パドル型×2枚

キックモーター:Star-37FM

設計寿命:10年

重量:2032kg

軌道:高度20200km円軌道,軌道傾斜角55度

打上げ日

(UTC)

打上げ

ロケット

ロケットの

タイプ

シリアル

ナンバー

射場 衛星名

宇宙機

ナンバー

(SVN)

疑似雑音

系列 ID

(PRN)

PLANE

結果

備考

2005-09-26 デルタII 7925 D313

CCAFS SLC-17A GPS 2R-14M ナブスター57

53 17 C4

成功

2006-09-25 デルタII 7925 D318

CCAFS SLC-17A GPS 2R-15M ナブスター58

52 31 A2

成功

2006-11-17 デルタII 7925 D321

CCAFS SLC-17A GPS 2R-16M ナブスター59

58 12 B4

成功

2007-10-17 デルタII 7925 D328

CCAFS SLC-17A GPS 2R-17M ナブスター60

55 15 F2A

成功

2007-12-20 デルタII 7925 D331

CCAFS SLC-17A GPS 2R-18M ナブスター61

57 29 C1

成功

2008-03-15 デルタII 7925 D332

CCAFS SLC-17A GPS 2R-19M ナブスター62

48 07 A4

成功

2009-03-24 デルタII 7925 D340

CCAFS SLC-17A GPS 2R-20M ナブスター63

49 01

成功 運用終了

2009-08-17 デルタII 7925 D343

CCAFS SLC-17A GPS 2R-21M ナブスター64

50 05 E3

成功
posted by arena8order at 15:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1.GPS衛星(ジーピーエスえいせい)はグローバル・ポジショニング・システム (Global positioning system、GPS)

pic010_01_460.jpgImage~016.jpg512GJG1QQRL_SL500_AA300_.jpg

GPS衛星


GPS衛星

GPS衛星(ジーピーエスえいせい)はグローバル・ポジショニング・システム (Global positioning system、GPS) で用いられる人工衛星である。

正式名称はナブスター (NAVSTAR) 衛星。

このシステムの最初の衛星ナブスター1は、1978年2月22日に打上げられた。

GPS衛星コンステレーションはアメリカ空軍第50宇宙航空団で運用されている。


[編集]概要

各衛星は、搭載したセシウムまたはルビジウムの高精度原子時計による時間情報と、約6日毎に更新される全衛星の概略精度の天体暦(軌道情報のこと)(概略暦、almanacとも言う)と、約90分毎に更新される衛星自身の天体暦を含むデータを18秒の信号に乗せて30秒周期で1.2GHz/1.5GHz帯によって送信している。

利用者はこの信号を受信することにより、複数の衛星からの情報を元に高度な演算によって、受信地点の正確な三次元位置が得られる。


[編集]衛星軌道

各衛星は高度20,200km、軌道傾斜角55度、周期12時間の準同期軌道上にあり、各衛星は昇交点経度が60度おきとなる6種類の軌道面(PLANE A-F)毎に4個が配置され合計24基で基本となる衛星コンステレーションを形成する。

2009年12月現在の運用数は31基であり、衛星が増えることで測定精度が向上する。

7基は基本となる衛星コンステレーション以外の軌道上にあり、これにより仮に複数の衛星が故障しても運用に支障がない信頼性と有用性を確保している。

これらの軌道配置によって地上のどこからでもさえぎるものがなければ同時に6以上の衛星が視界に入る。


[編集]送信信号

各衛星は荒い精度のC/Aコード (Coarse/Acquisition code) と高精度のPコード (Precise code) の少なくとも2種類の信号を、直接拡散スペクトラム・コードによって送信している。

C/Aコードは1023チップの擬似乱数コードを使い、毎秒102.3万チップの速度で送信しているため、1000分の1秒ごとに乱数は一順する。

それぞれの衛星はC/Aコードに固有の拡散符号を使っているので、同じ周波数で同時に送信しても受信時に分離する事が可能になっている。

Pコードは毎秒1,023万チップの擬似乱数コードを使い、毎週繰り返されている。

通常の運用状態ではPコードはYコードによって暗号化されてP(Y)コードを作り、有効な暗号解読鍵を持つ解読機だけが解読できるようになる。

C/AコードとP(Y)コードは利用者に正確な時刻を伝える。

Mコードは軍用のコードでGPS信号に対する高強度のジャミング下でも運用を可能にする。

GPSの周波数は以下の通りである。

L1 (1575.42MHz): ナビゲーション・メッセージ、C/Aコード、P(Y)コードを送信している。1つ目の民用信号。

ブロック2R-MよりMコードを乗せた軍用信号をL1周波数上で送信している。

新しいブロック3衛星からL1C(L1より高強度)民用信号を混合して送信することが計画されている。

L2 (1227.60MHz):P (Y) コードを送信している。
ブロック2R-M衛星より2つ目の民用信号L2C(L2より高強度)を混合して送信している。

L2に対してもMコードを乗せて軍用に送信している。

L3 (1381.05MHz):核爆発探知システム (Nuclear Detonation Detection System, NDS) が使用する。

L4 (1379.913MHz):電離圏層の情報を収集して研究に使用中。

L5 (1176.45MHz):2009年に打ち上げられたGPS衛星2R-20Mより試験が開始された。

本格的な運用は2010年以降のブロック2F衛星の打ち上げ以降となる。L1/L2に比べて10倍のバンド幅で3

dB(2倍)の尖頭電波強度を持ち、10倍の長さの拡散コードを使い信号体系も向上させた民用の3つ目の信号。

より高精度の位置測定が可能になる。

また人命救助等にも活用される他、航空関係者もこれによってL2よりL5で妨害や障害に対して効果的に対応できる。


[編集]打上げ済みの衛星

[編集]ブロックIシリーズ

1978年にナブスター1が打上げられてから10機のブロックIの衛星が成功裏に打上げられた。

しかし1981年12月18日に打上げられたナブスター7は失敗に終わり失われた。

ブロックI衛星はその後に打上げられたブロックII衛星と似たような軌道面をとるが

軌道傾斜角は63度である。

ブロックIはGPSの概念を検証するための衛星でありシステム開発の各段階を反映したものである。

11機の衛星の打上げから学んだ教訓は次の世代の衛星の開発に生かされた。

ブロックI衛星はロックウェル・インターナショナルが製造した。

1974年にロックウェル・インターナショナルは8機のブロックI衛星を製造する契約を与えられた。

1978年に追加で3機の衛星の製造の契約を結んだ。

衛星は3軸制御方式である。2枚の太陽電池板は設計寿命時点で400ワット以上を供給しニッケル・カドミウム蓄電池に充電される。

Sバンドは管制とテレメトリーのために使われる(衛星地上リンクシステム)。

UHFチャンネルは宇宙船と地上の間のクロスリンクに使われる。ヒドラジンスラスターは軌道修正に使われる。

リアクションホイールを用い機体低部を地球中心方向に向けさせる。

ナビゲーションに使われる信号はLバンドの1575.42MHz(L1)と1227.60 MHz(L2)の2つである。

諸元

製造者:ロックウェル・インターナショナル社

姿勢制御方式:3軸制御

太陽電池:パドル型×2枚

キックモーター:Star-27

設計寿命:5年

重量:759kg

軌道:高度20200km円軌道,軌道傾斜角63度

打上げ日

(UTC)

打上げ

ロケット

ロケットの

タイプ

シリアル

ナンバー

射場 衛星名

宇宙機

ナンバー

(SVN)

疑似雑音

系列 ID

(PRN)

結果

備考

1978-02-22 アトラスF SGS-1

VAFB SLC-3E GPS 1-1 ナブスター1

01

成功 最初のGPS衛星の打上げ

1978-05-13 アトラスF SGS-1

VAFB SLC-3E GPS 1-2 ナブスター2

02

成功

1978-10-07 アトラスF SGS-1

VAFB SLC-3E GPS 1-3 ナブスター3

03

成功

1978-12-11 アトラスF SGS-1

VAFB SLC-3E GPS 1-4 ナブスター4

04

成功

1980-02-09 アトラスF SGS-1

VAFB SLC-3E GPS 1-5 ナブスター5

05

成功

1980-04-26 アトラスF SGS-1

VAFB SLC-3E GPS 1-6 ナブスター6

06

成功

1981-12-18 アトラスF SGS-1

VAFB SLC-3E GPS 1-7 ナブスター7

07

失敗

1983-07-14 アトラスE SGS-2

VAFB SLC-3W GPS 1-8 ナブスター8

08

成功

1984-06-13 アトラスE SGS-2

VAFB SLC-3W GPS 1-9 ナブスター9

09

成功

1984-09-08 アトラスE SGS-2

VAFB SLC-3W GPS 1-10 ナブスター10

10

成功

1985-10-09 アトラスE SGS-2

VAFB SLC-3W GPS 1-11 ナブスター11

11

成功

[編集]ブロックIIシリーズ

ブロックIIシリーズの最初の衛星は1989年2月14日に打上げられた。ブロックII衛星はGPS衛星の第2世代の衛星である。最初の本格的に運用されたGPS衛星である。地上指令センターの制御信号を受けることなく2週間システムが運用できるように設計されている。ロックウェル・インターナショナル社は、ブロックI衛星を製造する契約を1981年に改定しブロックIIのSVNナンバー12の衛星を1機製造する契約をむすんだ。改めて1983年にロックウェル社はブロックII/ブロックIIA衛星両シリーズを合計29機製造する契約をした。 衛星はブロックIシリーズと同様に3軸制御方式である。

リアクションホイールを用い機体低部を地球中心方向に向けさせる。

太陽電池板も同様に2枚のパドル式であり、供給電力は設計寿命時点で710ワット以上に拡大されている。

Sバンドは管制とテレメトリーのために使われる(衛星地上リンクシステム)。UHFチャンネルは他の宇宙船と地上の間のクロスリンクに使われる。

ヒドラジンスラスターは軌道修正に使われる。ナビゲーションに使われる信号は

Lバンドの1575.42MHz(L1)と1227.60 MHz(L2)の2つである。衛星には、ルビジウム及びセシウム原子時計がそれぞれ2基ずつ搭載されている。

諸元

製造者:ロックウェル・インターナショナル社

姿勢制御方式:3軸制御

太陽電池:パドル型×2枚

キックモーター:Star-37XFP

設計寿命:7.5年

重量:1660kg

軌道:高度20200km円軌道,軌道傾斜角55度

打上げ日

(UTC)

打上げ

ロケット

ロケットの

タイプ

シリアル

ナンバー

射場 衛星名

宇宙機

ナンバー

(SVN)

疑似雑音

系列 ID

(PRN)

結果 備考

ナブスターII 12

打上げず

1989-02-14 デルタII 6925 184

CCAFS LC-17A

[1]

GPS 2-1 ナブスターII-1

14 14 成功

最初のデルタIIの打上げ

1989-06-10 デルタII 6925 185

CCAFS LC-17A GPS 2-2 ナブスターII-2

13 02 成功

1989-08-18 デルタII 6925 186

CCAFS LC-17A GPS 2-3 ナブスターII-3

16 16 成功

1989-10-21 デルタII 6925 188

CCAFS LC-17A GPS 2-4 ナブスターII-4

19 19 成功

1989-12-11 デルタII 6925 190

CCAFS LC-17B GPS 2-5 ナブスターII-5

17 17 成功

1990-01-24 デルタII 6925 191

CCAFS LC-17A GPS 2-6 ナブスターII-6

18 18 成功

1990-03-26 デルタII 6925 193

CCAFS LC-17A GPS 2-7 ナブスターII-7

20 20 成功

1990-08-02 デルタII 6925 197

CCAFS LC-17A GPS 2-8 ナブスターII-8

21 21 成功

1990-10-01 デルタII 6925 199

CCAFS LC-17A GPS 2-9 ナブスターII-9

15 15 成功

既に全機運用を終了し、新衛星へと置き換えられた。

[編集]ブロックIIAシリーズ

ブロックIIを基本とし180日間コントロールセグメントと連絡せず運用が可能(ブロックIIは14日間)となっている。1990年11月26日より1997年11月6日までに19機が打ち上げられた。1996年にロックウェル・インターナショナル社の宇宙・防衛部門はボーイング社に売却された。

諸元

製造者:ロックウェル・インターナショナル社→ボーイング社

姿勢制御方式:3軸制御

太陽電池:パドル型×2枚

キックモーター:Star-37XFP

設計寿命:7.5年

重量:1816kg

軌道:高度20200km円軌道,軌道傾斜角55度

打上げ日

(UTC)

打上げ

ロケット

ロケットの

タイプ

シリアル

ナンバー

射場 衛星名

宇宙機

ナンバー

(SVN)

疑似雑音

系列 ID

(PRN)

PLANE

結果

備考

1990-11-26 デルタII 7925 D201

CCAFS LC-17A GPS 2-10 ナブスターIIA-1

23 23->32 E5

成功

1991-07-04 デルタII 7925 D206

CCAFS LC-17A GPS 2-11 ナブスターIIA-2

24 24 D2A

成功

1992-02-23 デルタII 7925 D207

CCAFS LC-17B GPS 2-12 ナブスターIIA-3

25 25

成功 運用終了

1992-04-10 デルタII 7925 D208

CCAFS LC-17B GPS 2-13 ナブスターIIA-4

28 28

成功 運用終了

1992-07-07 デルタII 7925 D211

CCAFS LC-17B GPS 2-14 ナブスターIIA-5

26 26 F2F

成功

1992-09-09 デルタII 7925 D214

CCAFS LC-17A GPS 2-15 ナブスターIIA-6

27 27 A6

成功

1992-11-22 デルタII 7925 D216

CCAFS LC-17A GPS 2-16 ナブスターIIA-7

32 01

成功 運用終了

1992-12-18 デルタII 7925 D217

CCAFS LC-17B GPS 2-17 ナブスターIIA-8

29 29

成功 運用終了

1993-02-03 デルタII 7925 D218

CCAFS LC-17A GPS 2-18 ナブスターIIA-9

22 22

成功 運用終了

1993-03-30 デルタII 7925 D219

CCAFS LC-17A GPS 2-19 ナブスターIIA-10

31 31

成功 運用終了

1993-05-13 デルタII 7925 D220

CCAFS LC-17A GPS 2-20 ナブスターIIA-11

37 07

成功 運用終了

1993-06-26 デルタII 7925 D221

CCAFS LC-17A GPS 2-21 ナブスターIIA-12

39 09 A1

成功

1993-08-30 デルタII 7925 D222

CCAFS LC-17B GPS 2-22 ナブスターIIA-13

35 05

成功 運用終了

1993-10-26 デルタII 7925 D223

CCAFS LC-17B GPS 2-23 ナブスターIIA-14

34 04 D4

成功

1994-03-10 デルタII 7925 D226

CCAFS LC-17A GPS 2-24 ナブスターIIA-15

36 06 C5

成功

1996-03-27 デルタII 7925 D234

CCAFS LC-17B GPS 2-25 ナブスターIIA-16

33 03 C2

成功

1996-07-16 デルタII 7925 D237

CCAFS LC-17A GPS 2-26 ナブスターIIA-17

40 10 E6

成功

1996-09-12 デルタII 7925 D238

CCAFS LC-17A GPS 2-27 ナブスターIIA-18

30 30

成功 運用終了

1997-11-06 デルタII 7925 D249

CCAFS LC-17A GPS 2-28 ナブスターIIA-19

38 08 A3

成功

SVN23の衛星にだけラザロというニックネームが付いている。これは2007年4月に命名されたもので初期から付いていたわけではない。ニックネームの由来は一度は機能停止していたのが復活したことから死後四日目に生き返ったキリスト教の聖人

ラザロにちなんで命名されている。
posted by arena8order at 15:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バッグス・バニー(Bugs Bunny)

Image~007.jpgmlt-02a.jpgt02200149_0800054012565468358.jpg

バックス・バニー - Wikipedia
http://p226.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0429FSaZkgTMJOP6/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2583%2590%25E3%2583%2583%25E3%2582%25B0%25E3%2582%25B9%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2590%25E3%2583%258B%25E3%2583%25BC&_jig_keyword_=%83o%83b%83N%83X%20%83o%83j%81%5B&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2583o%2583b%2583N%2583X%2B%2583o%2583j%2581%255B&_jig_source_=srch&guid=on


バッグス・バニー


バッグス・バニー(Bugs Bunny)は、ワーナー・ブラザーズのアニメーション作品、ルーニー・テューンズに登場する架空のウサギで、ワーナー・ブラザーズにおけるマスコットキャラクターでもある。

カートゥーンネットワーク(日本)にて放送中。

バッグス・バニーの他にもバックス・バニーと誤記される事がある。

1940年、テックス・アヴェリーの『A Wild Hare』でデビュー。


経歴[編集]

彼の経歴は、1950年6月17日公開の『どったのセンセー?(What's Up Doc?)』で詳しく語られている。

ウサギなのに人間社会で生まれ、両親の教育でショービズの道を志す。

だが、デビューした頃の仕事はショーの案内役ばかりだった。

病気で倒れた主役の代理を務めるも不評に終わり、コーラスに降格されたことに嫌気がさして活動を休止。

その後業界は不況を迎える。

しかし、大スターのエルマー・ファッドのスカウトを受けて、彼の引き立て役として各地のショーを巡回。

またも待遇に嫌気がさし、公演中にアドリブでエルマーを打ち負かしてしまう。

その直後エルマーに銃で脅され、苦し紛れに発した「どったのセンセー?」が観客に大受けし、一躍人気者になる。

その後エルマーと共にワーナ・ブラザースにスカウトされ、現在に至る。

誕生日は7月27日。


性格・言動[編集]

性格はクールで冷静だが大胆不敵、猟師エルマー・ファッドや荒くれ者ヨセミテ・サムを前にニンジンをかじりながらからかう。

そういった時の口癖は「What's Up Doc?」(高橋和枝版では「どったの?」、富山敬版では「どうしたもんだろ」、山口勝平版では「どったの、センセー?」)で、しばしば視聴者に向かって投げかけられる。

また、自分を追いやった相手に復讐(もとい宣戦布告)する際に言う「Of course you know,this means war.」(「当然の話、これは戦争だ。」)も口癖。

頭脳明晰でほとんどのことはこなす。

相手を誤魔化すために女装して登場することもある。

大抵の場合は正体を見破ることはないが、たまに見破られることもあるがすぐにピンチを切り抜ける。

ロジャーラビットでは設定が異なっており、吹替版の一人称は「俺」で初対面の対しての呼び方も「センセー」ではなく「大将」に変わっている。

話し方もぶっきらぼうになっているが、字幕版での呼び方は「大将」に変わっておらず、話し方もぶっちぎらぼうになっていない。

ただし、字幕版での一人称は吹替版と同じである。

その行動と知能、運の良さで、前述のエルマーとサム以外にも様々な敵を圧倒している。バッグスが相手を一方的に粛清するパターンが多く、そのためマイナスに終わる話は実に3作品ほどしかない。

また、アニメのキャラクターでありながら、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム上でスターの一人として彼の名が刻んである。


キャスト[編集]

1940年から1989年までは、メル・ブランクが演じた。

ブランクの死後はジェフ・バーグマン、ビリー・ウェスト、グレッグ・バーソンが担当。

1990年代後半からはジョー・アラスキーが演じることが多い。

『ベビー・ルーニー・テューンズ』ではサムエル・ビンセントが演じた。

日本語版吹き替えの声優は初代(『マンガ大作戦』)が高橋和枝、二代目(『バッグス・バニーのぶっちぎりステージ』、『スピルバーグのアニメ タイニー・トゥーン』)が富山敬、三代目の現在は山口勝平となっている。

『ロジャー・ラビット』では鈴木勝美。ただし富山敬版も存在する。


ルーニー・テューンズ/メリー・メロディーズ

キャラクター

バッグス・バニー-ダフィー・ダック-トゥイーティー-シルベスター・キャット-マービン・ザ・マーシャン-スピーディー・ゴンザレス

短編作品

ルーニー・テューンズ


Tokio Jokio-ホップ・ステップ・ザップン!-どったのセンセー?-これも人生?-3匹の子ブタロック-歌う剣を取り戻せ-珍案! 迷案!-キャロットブランカ


メリー・メロディーズ


フォクシーの怪電車-ウハギのイタズア-猫は負け犬-標的は誰だ-恐怖の父の日-子ネコに首ったけ-ちゃっかりウサギ狩り-赤ちゃん騒動-ダフィー・ウォーズ-ジャイアント・ベビー-チーズはいただき-鳥中毒撲滅協会-ダフィーはロビンフッド


派生作品

テレビアニメ

タイニー・トゥーンズ-ベビー・ルーニー・テューンズ-ダック・ドジャース-ルーニー・テューンズ・ショー


長編映画

スペース・ジャム-バック・イン・アクション


関連項目

作品

ロジャー・ラビット-アニマニアックス-グレムリン2 新・種・誕・生-シリー・シンフォニー

人物

ルドルフ・アイジング-ヒュー・ハーマン-テックス・アヴェリー-チャック・ジョーンズ-カール・スターリング-メル・ブランク

その他

ワーナー・ブラザーズ-ワーナー・ホーム・ビデオ-アカデミー短編アニメ賞-カートゥーン ネットワーク-テレビ朝日-テレビ東京-ワーナー・マイカル・シネマズ-スラップスティック-アメリカン・アニメーションの黄金時代-カテゴリ


http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=バッグス・バニー&oldid=50862289」から取得

カテゴリ:
架空のウサギ
ルーニー・テューンズのキャラクター
ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム
posted by arena8order at 15:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。