2014年03月07日

Fir.Neationg'Nisga'group…Niska

Image~026.jpgImage~010.jpgImage~026.jpg
#ккк #Niska #Nisga' #ww123 #xxxР

「ニスカ族」に関連した法律の英語例文の一覧
http://p213.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0307T0qWZl9ililT/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E3%2583%258B%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AB%25E6%2597%258F%3FcatId%3Dlaw&_jig_keyword_=%83j%83X%83J%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E3%2583%258B%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AB%25E6%259D%25A1%25E7%25B4%2584%2B%25E8%258B%25B1%25E8%25AA%259E%2B%25E4%25BE%258B%25E6%2596%2587%2Bweblio%26p%3D%2583j%2583X%2583J%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26trans%3D0&_jig_source_=srch&guid=on



ニスガ族 → Nisga' group

http://p215.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0307JUWUEupgufSx/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2583%258B%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AC%25E6%2597%258F&_jig_keyword_=%83j%83X%83J%8F%F0%96%F1&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2583j%2583X%2583J%258F%25F0%2596%25F1&_jig_source_=srch&guid=on


ニスガ族 → Nisga' group

ニスカ族 → Niska group

Nisga'aNation → Nisga'a Nation

国の標語-不明 → Motto-ignorance ofthecountry

国歌: → Anational anthem:

ニスカ族 → Niska group

(カナダ連邦内の先住民ネーション)の国歌公用語-不明 → National anthem official language-ignorance of(indigenous people nationality intheCanadian federation)

首都-ニューエイアンシュ → Capital-Neweigansyu

最大の都市-不明 → Thebiggest city-ignorance

政府 → Thegovernment

元首等-不明 → -ignorance such asthesovereigns

首相等-不明 → -ignorance such astheprime ministers

面積 → Area

総計-xxx,xxxkm2 → -xxx,xxxkm2 in total

水面積率-不明 → Surface of the water moment-ignorance

人口 → Population

総計-(xxxx年) → -(xxxx age)in total

6,000人 → 6,000 people

人口密度-xxx人/km2 → Person from population density -xxx /km2

GDP(自国通貨表示) → GDP(own country currency indication)

合計-(xxxx年) → Total -(xxxx age)

xxx,xxxカナダ・ドル → Thexxx,xxx Canada dollar

GDP(MER) → GDP(MER)

合計-(xxxx年) → Total -(xxxx age)

xxx,xxxドル → Thexxx,xxx dollar

GDP(PPP) → GDP(PPP)

合計-(xxxx年) → Total -(xxxx age)

xxx,xxxドル → Thexxx,xxx dollar

1人あたり-xxxドル → The-xxx dollar per one

建国-2000年5月11日 → Founding of a country-May 11, 2000

(カナダ連邦内での先住民ネーションとしての自治) → (self-government astheindigenous people nationality intheCanadian federation)

通貨-カナダ・ドル($) → Thecurrency-Canada dollar($)

時間帯-UTC不明(DST-不明) → (DST-ignorance)unclear in time in-UTC

ISO3166-1-不明 → ISO3166-1- ignorance

ccTLD-不明 → ccTLD- ignorance

国際電話番号-1 → International call number -1

(カナダ、アメリカと同じ) → (Agree with Canada, theUnited States)


Mask with open eyes, worn during winterhalaitceremonies, 18th early 19th century


ニスガ族(Nisga'a)は、カナダ太平洋岸、ブリティッシュコロンビア州北部のナス川流域に暮らす先住民。 → Theindigenous people that Nisga' group (Nisga'a) lives intheCanadian Pacific coast, theeggplant abandonment area in northern British Columbia.

民族や一族の歴史、伝説、昔話、チーフなどの人物伝を伝えるためのトーテムポールを彫るカナダ太平洋岸先住民のひとつ。 → One of Canadian Pacific coast indigenous people carvingatotem pole to conveytheperson biographies such asthehistory ofarace andthewhole families, alegend, anold tale, thechief.

言語系統上、スキーナ川流域のギックサン族と共にツィムシァン族に分類されることもある。 → Inalanguage system,it may be classified ina Tuimsyang' group witha Giksang' group ofthe Skiena' abandonment area.

民族自称は、「ニスカ」('nisqa'・Niska)ないし、人によっては「ニシュガ」('nishga')と発音される。 → Thepretense of a race is pronounced "Nisyuga'" ('nishga') depending on "Niska" ('nisqa',Niska) toaperson.


居住地[編集] → Place of residence[editing]

ニスカの村々[編集] → Villages of Niska[editing]

下記のナス川流域の4つの村に約2500人が、次の見出しの3都市圏他、カナダ国内外に約3500人が暮らす。 → Approximately 3,500 people live approximately 2,500 people outside3urban area others ofthenext entry,Canada inthevillage of four ofthefollowing eggplant abandonment area.

ギンゴーリック(キンコーラス)-Gingolx(Kincolith) → Gin go Rick(Kyn chorus)

ラーフガルザップ(グリーンヴィル)-Laxgalts'ap(Greenville) → Gingolx(Kincolith)

ギトウィンシルク(キャニオンシティ)-Gitwinksihlkw(CanyonCity) → RarfgaruzagP'(Greeneville)

ギトラックダーミックス(ニューアイアンチ)-Gitlakdamix(NewAiyansh)-自治政府所在地 → Laxgalts'ap(Greenville)

この他、ニスガ族の村では無い集落としてナス・キャンプがある。 → GitWinSilk'(canyon city)


ニスカ・アーバン・ソサエティ(都市部に住むニスガ族組織)[編集] → Gitwinksihlkw(Canyon City)

テラスen-Terrace,BritishColumbiaプリンスルパートバンクーバーニスカ文化[編集] → ギトラックダーミックス(new eye anti)


氏族(クラン)[編集] → Gitlakdamix(New Aiyansh)

ニスカ族の全ての人は、以下の4つのクランのどれかに属する。 → Thevillage where does not havetheautonomous government location besides inthevillage ofthe Nisga' group includes eggplant camping.

同じクランに属する者は祖先を同じにすると考えられ、同じクラン同士の結婚は伝統的には認められない。 → Niska Urban fashionable society(Nisga' group tissue living intheurban area) [editing]

ニスカ族は他のカナダ太平洋岸、南東アラスカの先住民と同じく母系社会なので、子供等は母親のクランを受け継ぐ。 → Terrace en-Terrace, British Columbia Prince Rupert Vancouver Niska culture[editing]

チーフの地位は、母系の甥が後を継ぐ。 → Afamily(curan) [editing]

ワタリガラス → All people oftheNiska group belong to one of four following curan.

ハクトウワシ → It is thought thattheperson belonging to same curan makesanancestor the same,andthemarriage between same curan is not accepted traditionally.

キラーウェール(シャチ) → Because it is matriarchal society,as fortheNiska group, thechildren inherit curan of mother as well as other Canadian Pacific coast,indigenous people of southeastern Alaska.

オオカミ → Intheposition ofthechief, thenephew ofthemother's side inheritstheback.


ニスカ条約[編集] → Raven

1999年、ニスカ族、ブリティッシュコロンビア州政府、カナダ連邦政府の3者の間で、ニスカの先住民土地請求問題を解決する条約が交わされた。 → Bald eagle

この条約は先住民土地問題に関する、ブリティッシュコロンビア州で初の公式な条約となった。 → Killer seam(killer whale)

この条約によってナス川流域2000平方キロの土地がニスカ族に属すると認められ、その領域内での資源開発にはニスカ自治政府が協議に加わる事等が定められた。 → Wolf


交通[編集] → Niska treaty[editing]

空路[編集] → In 1999, atreaty to solvetheissue of indigenous people land request of Niska was exchanged amongaNiska group,British Columbia state government, 3people oftheCanadian federal government.

最寄の空港は、ニューアイアンチから南へ100kmのテラス・キティマート空港。 → This treaty becamethefirst official treaty in British Columbia about indigenous people land problems.


ニスカハイウェイの開通[編集] → It was admitted that land of eggplant abandonment area 2,000 square km belonged toaNiska group,and it was established fortheexploitation of resources inthedomains by this treaty that discussion increased Niska autonomous government.

ニスカハイウェイはブリティッシュコロンビア州のテラスからニスカの村々を結ぶ州道113号線の別称であり、2006年に整備された。 → Traffic[editing]


外部リンク[編集] → By air[editing]

ニスカ自治政府 → Thenearest airport is terrace Kitty Mart Airport of 100km from new eye anti tothesouth.

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ニスガ族&oldid=47174005」から取得カテゴリ: → Theopening to traffic[editing]oftheNiska highway

カナダの民族 → It was another name of state way Route 113 that linked villages of Niska,andtheNiska highway was maintained in 2006 bytheterrace of British Columbia.

北アメリカの民族 → Outside link[editing]

ファースト・ネーションニスガ族 → Niska autonomous government

→ It isanacquisition category from "http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title= ニスガ group &oldid=47174005":

→ Canadian race

→ North American race

→ First Neationg' Nisga' group
posted by arena8order at 17:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

他人に脳を乗っ取られ遠隔操作される。超音波を脳に充てて…

Image~023.jpgImage~024.jpg2399_0.jpg
#ккк

http://p202.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0307T98tJ4jRKXj4/0?_jig_=http%3A%2F%2Fsankei.jp.msn.com%2Fwired%2Fnews%2F121214%2Fwir12121416010003-n1.htm&_jig_keyword_=%94%5D%20%91%80%8D%EC&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2594%255D%2B%2591%2580%258D%25EC&_jig_source_=srch&guid=on

http://p210.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0307r5eeRjVbzaOX/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwired.jp%2F2013%2F07%2F23%2Fultrasound-mood-change%2F&_jig_keyword_=%94%5D%20%91%80%8D%EC&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2594%255D%2B%2591%2580%258D%25EC&_jig_source_=srch&guid=on



他人に脳を乗っ取られ遠隔操作される… 人間の脳は「第6の戦場」

2012.12.14 16:00 [先端技術]


この新たなフィールドにおける戦いは、情報収集のために人の心に影響を及ぼすというようなことだけではない。

無意識のうちに人間の精神に浸透し、その形を歪め、支配するようなことも可能になる。

“A100319_MAMC_TBI 1” ByJoint Base Lewis McChord(CC:BY-NC-SA) 

これまで軍事関係者の間で、サイバースペースが陸・海・空・宇宙に続く「第5の戦場」として挙げられることがよくあった。

そしていま、それに続く「第6の戦場」として、人間の脳の重要性が指摘されているようになっている。

この新たなフィールドにおける戦いは、情報収集のために人の心に影響を及ぼすというようなことだけではない。

無意識のうちに人間の精神に浸透し、その形を歪め、支配するようなことも可能になる。

軍事学者のクラウゼヴィッツは、戦争によって「敵を自分の意志に強制的に服従させることができる」と考えたが、人間の脳を舞台にした戦いではこれが現実のことになり得る。

そして、この戦場におけるもっとも強力なツールが、人間の脳とデヴァイスを接続する「ブレイン・コンピューター・インターフェイス(BCI)」だ。

BCIは現在、様々な分野で応用が進められている。

たとえば「Human Conectome Project」のような研究においては、BCIが神経データの収集やインターフェイス接続に利用されている。

また、締め上げ暗号分析(暗号文書作成者、あるいは暗号文書受取人に直接接触し、暴力、買収、脅迫などの手段を通じて暗号鍵を入手する手法をとった暗号解読の方法)に対抗するための脳の強化を行う研究、脳をロボットのシステムと接続するための研究などもBCIと関係している。

これらの研究者たちは、安全保障や人道的な目的のためにBCIの研究を進めているが、実際、こういった研究や技術が悪用されれば、将来の戦争に大きな影響を与える可能性がある。

BCIによって実現されることも多い−−たとえば怪我をしたり、障害を持った兵士がその後も現役で任務に就いたり、手が麻痺した人が脳を使ってタイピングしたり、手や足の切断手術を受けた人が義肢を本物の手足のように使うことも可能になる。

いっぽう、こうした技術が悪用されることもあり得る。

たとえば身体の操作に使われたり、殺人に利用される可能性もある。

安全保障の専門家であるバーンナビー・ジャックは最近、ペースメーカーや埋め込み型除細動器を容易にハッキングしてみせ、生命に関わる医療技術でさえ大きな脆弱性があると指摘し、大きな波紋を呼んでいた。

そして、こういった脆弱性は迷走神経刺激療法や脳深部刺激療法などで脳に直接接続する機器においても十分に考えられる。

いっぽう、体内に直接接続するものでなくても、最近の研究には無人機や外骨格システムなどを脳によって操作しようとするものもあり、これは成果を出しつつある。

実践で利用できる脳操作の戦闘用無人機(日本語版記事)や外骨格兵器が登場するのも遠い先のことではない。

※この翻訳は抄訳です。ゴジラ世代、ガンダム世代をうならせるか アメリカ産の怪獣&ロボ映画

WIRED関連ニュース



超音波を脳にあてて気分を操作

超音波を脳の特定部位にあてることで「気分が軽く、意欲的に」なるという研究が発表された。

薬物によらない診療につながる可能性がある。

TEXT BY OLIVIA SOLON
PHOTO COURTESY STUART HAMEROFF
TRANSLATION BY RYO OGATA, HIROKO GOHARA/GALILEO

WIRED NEWS (UK)

論文主執筆者であるアリゾナ大学のスチュワート・ハメロフ名誉教授。

脳の特定の部分に超音波をあてることで、患者の気分を変えられることがわかった。

アリゾナ大学のチームが行ったこの研究は将来、薬物によらない抑うつ症などの診療の開発につながるかもしれない。

この研究では、1秒あたり約1,000万回振動する超音波によって、気分に関係する脳の部位にある微小管(細胞中に見いだされる直径約25nmの管状の構造)を、だいたい同じ周波数で共鳴させることが理論的な要になっている。

アリゾナ大学意識研究センターの研究チームは、ヴァージニア工科大学で行われた動物の脳に超音波をあてるという実験の結果に興味をもった。

スチュワート・ハメロフ博士は、慢性痛のある患者の志願者にこの方法を試すことにしたが、その前にまずは自分で試してみた。

超音波を送る装置を15秒間、自分の頭に向けたところ、最初は効果を感じなかった。

しかし「それからおよそ1分後、まるでマティーニを飲んだような気分になり始めた」とハメロフ博士は言う。

高揚した気分は1〜2時間続いたように感じられたが、ハメロフ博士はプラセボ効果の可能性があることもわかっていた。

仮説をさらに検証するため、博士は、慢性疼痛の患者を対象にした、二重盲検法による臨床研究を立ち上げた。

患者だけでなく観察者側も、超音波装置のスイッチが入っているのかがわからない実験だ。

その後、この研究は『Brain Stimulation』誌に発表された。

実験によると、頭蓋に超音波をあてられた患者は気分改善(最大40分間)を報告した。

超音波をあてられなかった患者は気分に変化はないと報告した。

ハメロフ博士らは2MHzの超音波を30秒間あてる場合が、患者の気分がプラスに変化する可能性が最も高くなると結論した。

ハメロフ博士の同僚であるジェイ・サンギネッティによると、この方法で治療を受けた患者は「軽く、幸せな気分になり、ほんの少し注意深く、ほんの少し意欲的になった」という。

サンギネッティ氏は、気分の高揚が生じるのは超音波によって「気分に関係する脳の部位で、神経細胞がほんの少し発火しやすくなる」ためだと説明している。

サンギネッティ氏らは、プラセボ効果の可能性を排除するために二重盲検法の臨床試験を進め、この試験の結果は現在分析が行われている。

なお、うつ病の実験的治療として(電磁石によって弱い電流を脳組織内に誘起させる)経頭蓋磁気刺激(TMS)がすでに使われている。

これに対してハメロフ博士らの方法では超音波を使っている。

TMSの場合は頭を通過していることを患者が感じる場合があるが、超音波の振動は体を通過する際に気付かれることはない。

超音波は、前述の微小管とニューロン(神経細胞)膜とに作用すると考えられている。

研究論文では、「微小管はシナプスの可塑性に深く関係しており、理論的には学習、記憶、および意識経験に関わる可能性がある。

頭蓋に超音波をあてることは、抑うつ症や低酸素の外傷性脳損傷、脳卒中、学習、アルツハイマー病、精神疾患、意識状態の変化といった、精神や神経のさまざまな疾患に有用な可能性がある」と結論されている。

研究者らは現在、ハードウェア企業のNeurotrek社と協力して、脳の特定の部位を超音波で狙うことができる機器を開発している。

※スチュワート・ハメロフ博士は1947年生まれ。「脳における情報処理は細胞内の微小管と関連している」という独自の理論を唱えており、理論物理学者ロジャー・ペンローズとともに意識の研究を行ったことで有名。
posted by arena8order at 11:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝鮮人は知ったら、今のままでは居られない。主犯は…

t132671130357213221901.jpgt132671233003513221914.jpgt132671382267513222680.jpg
#ккк #Niska #朝鮮 #進駐軍 #ww2

http://m.webry.info/at/soumoukukki/201003/article_11.htm;jsessionid=2085B9CA166B1B9F733CE17BB806C86B..32790bblog



●在日朝鮮人は日本人を4000人以上虐殺し日本人から土地を略奪し日本人婦女子を強姦しまくった ! 2010/03/31


朝鮮進駐軍

概要

一般に朝鮮進駐軍と言ったときは、おおむね1945年昭和20年以後に現在特別永住権を持つ在日一世(朝鮮人・韓国人)、もしくは現在日本に帰化または半島に帰国した朝鮮民族によって作られた犯罪組織を指す。

戦後、日本がポツダム宣言を受け入れると日本各地で、婦女暴行、窃盗、暴行、殺人、略奪、警察署の襲撃、公的機関への襲撃、土地建物の不法占拠、鉄道や飲食店での不法行為等様ざまな朝鮮人による犯罪が多発した。

GHQの資料にあるだけでも最低4000人の日本人市民が朝鮮進駐軍の犠牲となり殺害されたとされている。


朝鮮進駐軍による朝鮮人犯罪及びテロ行為について

服装・武器及び組織について

戦後の混乱を利用し、日本刀等の刃物・鈍器以外に多くの銃火器を使用した。

銃は三八式歩兵銃や機関銃など盗んだ旧日本軍の武器で武装し組織化を行った。

朝鮮進駐軍では旧日本空軍のパイロットの軍服を好んで着用したが、これは日本兵に対するあてつけとも、日本人(皇民)に対するあてつけとも言わた。

組織ではいくつかの本部設けたが、実際は各地域ごとに部隊名をつけその部隊が、個別に日本人を狙った犯罪行為を繰り返しすことが多かった。

朝鮮進駐軍総本部(在日朝鮮人連盟総本部)はのちの在日本朝鮮人連盟。

更にこれが在日本大韓民国民団(略称「民団」)と在日本朝鮮人総聯合会に分かれ、これが現在の民団と朝鮮総連となる。


時代背景

当時の日本では戦場に男手が駆り出され極度の男手不足に陥っており、また都市部においても疎開や空爆による被害で人手が足りない状況が長く続いていた。

また警察組織においても、武器の使用が認められないなど戦後特有の制限があり。

戦後朝鮮人犯罪が増加の一途をとどった背景には、このような犯罪に対する抑止力の空白化が背景にあったとされている。

今までは考えられないことではあるが、当時はヤクザ(現在の指定暴力団)が朝鮮人から、日本人の生活を守る役割を一部果たしていた。

この当時は朝鮮人の殆どが実名で暮らしており、通名を使用しだすのは朝鮮の姓に対して嫌悪感や犯罪者といったイメージを日本人が抱くようになってからである。

但し、これは朝鮮人側からはもともと差別があったからとされている。


朝鮮人による犯罪

朝鮮進駐軍による犯罪は全国に及んだ。

特に川崎・大阪・神戸・都心等当時朝鮮人が比較的多かった地域で多発した。

特に東京では、原宿等を中心に三八式歩兵銃や拳銃・日本刀等で武装した朝鮮人によって占拠されており、のちに警察やGHQにより鎮圧された。

市民を狙ったものとして白昼に堂々と集団で婦女子に暴行を加えるなど、多数の犯罪行為を行った。

拳銃や刃物で武装しており一般市民は無力であり繰り返し行われることも多かったため被害が拡大した。

またGHQの調べでは少なくとも4000人の日本人市民が殺害されており、多い説では1万人以上であったとも言われている。

1945年12月翌1月におきた生田警察署襲撃事件では武装した朝鮮人50人が襲撃し警察署を占拠。

翌46年には長崎県警察本部で、在日朝鮮人連盟と名乗る総勢約200名が同署を襲撃して破壊活動を行い、10名に重軽傷を負わせうち1名は死亡にいたらしめた。

46年には国会議事堂前でも集まった2000人の朝鮮人と応援出動した武装警官358名・進駐軍憲兵20名とが銃撃戦に発展。

首謀者は軍事裁判に付され、翌年3月8日に国外追放処分になった。

1948年4月には阪神教育事件では数千人の朝鮮人によって庁舎が占拠された。

これに対して3000名の警官隊を動員して、朝鮮人を庁舎から強制排除し1800名の朝鮮人が検挙された。

戦後はこのような事件が日本各地で続発した。

第八軍司令官ロバート・アイケルバーガー中将は、正規の大部隊を治安確保のため朝鮮人に対して街中に簡易陣地を引くなどして配備した。

GHQダグラス・マッカーサー最高司令官は「朝鮮人等は戦勝国民に非ず、第三国人なり」と発表するなど朝鮮人に対する取り締まりにおわれた。

昭和26年に浅草で朝鮮進駐軍と思われる朝鮮人が起こした集団暴力事件では、米兵一名が死亡、二名が負傷した。


主な事件一覧

朝鮮進駐軍及びその後の在日本朝鮮人連盟が関わる事件の一覧である。

大阿仁村事件(1945年10月22日)

生田警察署襲撃事件(1945年12月24日、1946年1月9日)

直江津駅リンチ殺人事件(1945年12月29日)

富坂警察署襲撃事件(1946年1月3日)

長崎警察署襲撃事件(1946年5月13日)

富山駅前派出所襲撃事件(1946年8月5日)

坂町事件(1946年9月22日)

新潟日報社襲撃事件(1946年9月26日〜29日)

首相官邸デモ事件(1946年12月20日)

尾花沢派出所襲撃事件(1947年10月20日)

阪神教育事件(1948年4月23日〜25日)

評定河原事件(1948年10月11日〜12日)

宇部事件(1948年12月9日)

益田事件(1949年1月25日)

枝川事件(1949年4月6〜13日)

高田ドブロク事件(1949年4月7日〜11日)

本郷村事件(1949年6月2日〜11日)

下関事件(1949年8月20日)

台東会館事件(1950年3月20日)

連島町事件(1950年8月15日)

第二神戸事件(1950年11月20〜27日)

四日市事件(1951年1月23日)

王子事件(1951年3月7日)

神奈川事件(1951年6月13日)

下里村役場事件(1951年10月22日)

福岡事件(1951年11月21日)

東成警察署催涙ガス投擲事件(1951年12月1日)

半田一宮事件(1951年12月3日〜11日)

軍需品製造工場襲撃事件(1951年12月16日)

日野事件(1951年12月18日)

木造地区警察署襲撃事件(1952年2月21日〜23日)

姫路事件(1952年2月28日)

八坂神社事件(1952年3月1日)

宇治事件(1952年3月13日)

多奈川町事件(1952年3月26日〜30日)

田川事件(1952年4月19日)

岡山事件(1952年4月24日〜5月30日)

血のメーデー事件(1952年5月1日)

上郡事件(1952年5月8日)

大村収容所脱走企図事件(1952年5月12日〜25日、11月9日〜12日)

広島地裁事件(1952年5月13日)

高田派出所襲撃事件(1952年5月26日)

奈良警察官宅襲撃事件(1952年5月31日)

万来町事件(1952年5月31日〜6月5日)

島津三条工場事件(1952年6月10日)

醒ヶ井村事件(1952年6月13日)

葺合*長田事件(1952年6月24日)

吹田*枚方事件(1952年6月24日〜25日)

新宿駅事件(1952年6月25日)

大須事件(1952年7月7日)

舞鶴事件(1952年7月8日)

五所川原税務署襲撃事件(1952年11月19日〜26日)


参考文献

法務研修所編『大須騒擾事件について』1954年

横幕胤行、富久公、船越信勝『吹田・枚方事件について』1954年

篠崎平治『在日朝鮮人運動』1955年

大阪市行政局編『大阪市警察誌』1956年

新潟県警察史編さん委員会編『新潟県警察史』1959年

名古屋市総務局調査課編『名古屋市警察史』1960年

瓜生俊教編『富山県警察史 下巻』1960年

山形県警察史編さん委員会編『山形県警察史 下巻』1971年

宮城県警察史編さん委員会編『宮城県警察史 第2巻』1972年

大阪府警察史編集委員会編『大阪府警察史 第3巻』1973年

警視庁富坂警察署編『富坂警察署100年史―新庁舎落成記念―』1975年

兵庫県警察史編さん委員会編『兵庫県警察史 昭和編』1975年

愛知県警察史編集委員会編『愛知県警察史 第3巻』1975年

青森県警察史編纂委員会編『青森県警察史 下巻』1977年

坪井豊吉『在日同胞の動き』1977年

警視庁史編さん委員会編『警視庁史〔第4〕』1978年

思想の科学研究会編『共同研究 日本占領研究事典』1978年

仙台市警察史編纂委員会編『仙台市警察史―仙台市における自治体警察の記録―』1978年

長崎県警察史編集委員会編『長崎県警察史 下巻』1979年

李瑜煥『日本の中の三十八度線―民団・朝総連の歴史と現実―』1980年

福岡県警察史編さん委員会編『福岡県警察史 昭和前編』1980年

山口県警察史編さん委員会編『山口県警察史 下巻』1980年

警察文化協会編『戦後事件史』1982年

日本国有鉄道公安本部編『鉄道公安の軌跡』1987年

講談社編『昭和・二万日の全記録 第9巻』1989年

朴慶植『解放後 在日朝鮮人運動史』1989年

百瀬孝『事典・昭和戦前期の日本 制度と実態』1990年

金慶海、堀内稔編『在日朝鮮人・生活擁護の闘い』1991年

荒敬『日本占領研究序説』1994年

百瀬孝『事典・昭和戦後期の日本 占領と改革』1995年

竹前栄治、中村隆英監修『GHQ日本占領史 第16巻 外国人の取り扱い』1996年

『秋田魁新報』1945年

『神奈川新聞』1951年

『西日本新聞』1951年

『中部日本新聞』1951年、1952年

『大阪新聞』1952年

『京都新聞』1952年

『神戸新聞』1952年

『山陽新聞』1952年

『中国新聞』1952年

(ここまで、http://anond.hatelabo.jp/20100131154721より抜粋転載。)



「田岡一雄自伝・電撃編」 1982年 徳間文庫 (「韓国のイメージ」鄭大均 より) 
彼らは闇市を掌握して巨大な利益をあげ、徒党を組んでは瓦礫と焦土の神戸の街を闊歩していた。

通りすがりの通行人の目つきが気に入らぬといっては難くせをつけ、無銭飲食をし、白昼の路上で婦女子にいたずらをする。

善良な市民は恐怖のドン底に叩き込まれた。

こうした不良分子は旧日本軍の陸海軍の飛行服を好んで身につけていた。

袖に腕章をつけ、半長靴をはき、純白の絹のマフラーを首にまきつけ、肩で風を切って街をのし歩いた。

腰には拳銃をさげ、白い包帯を巻きつけた鉄パイプの凶器をひっさげた彼らの略奪、暴行には目にあまるものがあった。

警官が駆けつけても手も足もでない。

「おれたちは戦勝国民だ。敗戦国の日本人がなにをいうか」。

警官は小突きまわされ、サーベルはへシ曲げられ、街は暴漢の跳梁に無警察状態だ。

(ここまでhttp://blog.livedoor.jp/lancer1/archives/14099974.htmlより抜粋転載。)
posted by arena8order at 11:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。