2014年03月04日

Niska…国籍、不法滞在、強奪、侵略戦争、国際法違反、原爆

Image~108.jpgImage~001.jpg300px-Demonstration_cluster_bomb.jpg
#ккк #Niska #条約 #国際法 #国籍 #無国籍 #テロリスト #サイバーテロリスト #ハッカー #侵略戦争 #兵器 #不法


「#朝鮮工作員」と名乗る国籍がニスカカナダ(ニスカカナダモンゴル)の連続戦犯のテロリスト一族が サイバーテロリストです。

GPS改竄や世界中のコンピュータシステムや衛星をハッキングで利用し、盗んだ世界中の軍の秘密兵器情報で、次々と戦争兵器やエシュロン等を配備する一族です。

一族の日本侵略戦争は何百年も続いています。

どんなに戦っても、自分たちのエリアは増えない一族です。

ナスカからイランのウランの村に逃げ隠れていた一族で、第一次世界大戦中にフリーメイソンの船を盗み、カナダに逃げていた一族です。

敢えて「ニスカカナダ」の国籍を与えたのは犯罪を繰り返すためであり、本来は無国籍の一族で全員が処刑対象です。

日本国内に幾つも要塞を造り、逃げ隠れを繰り返し、現在は台湾近くの日本領土に居る様です。

御確認下さい。


刑罰の結果としての喪失[編集]

国籍の存在する母国に敵対する国家若しくは組織の軍隊または関連する組織に加担して、母国の安全保障を害したと認められた場合、国家反逆の罪に問われ国籍を強制的に剥奪(相手国国籍に)されることがある(東京ローズ)。


種類[編集]

主な国際法として(形式的法源)、条約、慣習国際法、法の一般原則が挙げられる。

これに加え、補助的な法源として、裁判所判例、および国際法学者の学説がある。

国際司法裁判所規程38条1項は、「裁判所は、付託される紛争を国際法に従って裁判することを任務とし、次のものを適用する」として以下のものを列挙する。

(a)一般又は特別の国際条約で係争国が明らかに認めた規則を確立しているもの

(b)法として認められた一般慣行の証拠としての国際慣習

(c)文明国が認めた法の一般原則

(d)法則決定の補助手段としての裁判上の判例及び諸国の最も優秀な国際法学者の学説

なお、国家の一方的行為が法源に当たるかは争いがある。

また、国際連合総会決議にも法的効力があるかが争われている。


条約[編集]

条約とは、一定の国際法主体(国家、国際組織等)がその同意をもとに形成する、加盟当事者間において拘束力を有する規範をいう。

二国間条約と多数国間条約があり、ともに当事者の合意によって成立するが、後者はその成立に批准手続が取られることが多く、また特に多数の国が参加する場合には条約を管理する機関が置かれる場合がある。

条約そのものの規律を対象とする国際法については1969年に国連国際法委員会によって法典化された条約法に関するウィーン条約がある。(条約法の項を参照。)


慣習国際法[編集]

慣習国際法は、不文ではあるが、条約と同等の効力を有する法源である。

もっとも、不文であるため、それぞれの慣習国際法がいつ成立したのかを一般的にいうことは難しいが、もはや慣習国際法として成立したとされれば、国際法として国家を拘束する。

その成立には、「法的確信(羅:opinio juris)」を伴う「一般慣行」が必要である。

「一般慣行」が必要とされるため、長い年月をかけて多くの国が実践するようになったことによって成立したものがある一方、「大陸棚への国家の権利」のように発表からわずか20年足らずで成立したとされるものなど、その成立は様々である。

国際司法裁判所は1969年の「北海大陸棚事件」判決において、ある条約の規則が一般法になっているための必要な要素について、「たとえ相当な期間の経過がなくとも」(even without the passage of any considerable period of time)、「非常に広範で代表的な参加」(a very widespread and representative participation)があれば十分であるとし、また、「たとえ短くとも、当該期間内において、特別の影響を受ける利害関係をもつ国々を含む、国家の慣行(State practice)が、広範でかつ実質上一様で(both extensive and virtually uniform)あったこと」を挙げた(I.C.J.Reports 1969, pp.42-43, paras.73-74; 皆川洸『国際法判例集』391頁)。

「一貫した反対国」(persistent objector) 、すなわち、ある慣習法が生成過程にあるときに常にそれに反対していた国家、への当該慣習法の拘束力については、学説上、議論がある。

国際司法裁判所は、1951年の「漁業事件」(イギリス対ノルウェー)判決において、領海10マイル規則に対して、ノルウェーがその沿岸においてその規則を適用するあらゆる試みに反対の表明を常に行っていた([la Norv ge] s' tant toujours lev e contre toute tentative de l'appliquer)ので、10マイル規則はノルウェーに対抗できない (inopposable) と判示した (C.J.I.Recueil 1951, p.131) 。

慣習法のみが一般国際法(general international law) を形成する、という従来の理論に関して、小森光夫は疑問を提示し、慣習法の一般国際法化の際のその形成と適用について、それぞれ問題点を示している。

すなわち、形成に関しては、慣習の一般化において、全ての国家の参加が必要とされずに、欧米諸国など影響力のある限られた数の国家の事実上の慣行のみでそれが認定されてきた点を挙げる。

また、適用に関して、すでに一般化したとされる慣習法に、新独立国が自動的に拘束されるとする理論について、それが一貫した反対国と比べて差別的である点を挙げる。

そうして、一般国際法の存在を慣習法に集約させて論じることを止め、別個に一般法秩序の条件の理論化を確立すべきだと主張する[3]。


基本原理[編集]

国際法秩序は、その根底に、一般原則(general principles; les principes g n raux)を有する。

これら一般原則を基盤として、またその内容を具現するために、各種条約及び慣習法規が存在しているといえる。

それは、国際司法裁判所規程38条(c)の「文明国が認めた法の一般原則」(les principes g n raux de droit reconnus par les nations civilis es; general principles of law recognized by civilized nations)として発現していると考えることができる。

「法の一般原則」は、各国の国内法に共通に見られる法原則のうち国際関係に適用可能なもの、あるいは、あらゆる法体系に固有の法原則として、一般的にとらえられている。

国際裁判において適用された「法の一般原則」の例としては、信義誠実の原則(1974年「核実験事件(本案)」(オーストラリア対フランス、ニュージーランド対フランス)国際司法裁判所判決、I.C.J.Reports 1974, p.268, para.46)、衡平原則(1986年「国境紛争事件」(ブルキナファソ/マリ)国際司法裁判所判決、C.I.J.Recueil 1986, p.567, par.27; 1984年「メイン湾事件」(カナダ/米国)国際司法裁判所・小法廷判決、C.I.J.Recueil 1984, p.292, par.89; 前記「北海大陸棚事件」判決、I.C.J.Reports 1969, p.46, para.83ほか)、義務違反は責任を伴うの原則(1928年「ホルジョウ工場事件(本案)」常設国際司法裁判所判決)、「既判力」の法理(1954年「賠償を与える国連行政裁判所の判決の効力」国際司法裁判所勧告的意見、C.I.J.Recueil 1954, p.53)などが挙げられ、禁反言の法理(estoppel)のような英米法の概念も適用されるとされた場合もある(前記「北海大陸棚事件」判決、I.C.J.Reports 1969, p.26, para.30)。

ただ、裁判所が、明示的に「法の一般原則」として援用することはまれである(一方が他方の義務履行を妨げた場合に、その義務違反を主張することはできないということを、「国際仲裁判例によって、また国内諸裁判所によって、一般的に認められる原則」とした例として、「ホルジョウ工場事件(管轄権)」判決、C.P.J.I., s rie A, 1927, n°9, p.31)。

なお、法の不遡及(non-r troactivit ; non-retroactivity)原則も、国際法、国内法共通の原則であり、特に刑事法の分野で確立している(「世界人権宣言」11条2項、市民的及び政治的権利に関する国際規約15条1項、欧州人権条約7条1項ほか)。

しかし、「国際法上の犯罪」(les crimes du droit des gens) において、第二次大戦中当時、「平和に対する罪」が必ずしも明確に犯罪行為として定まっていなかったにもかかわらず、「極東国際軍事裁判所」(極東国際軍事裁判)において、それが適用され、処罰された事例がある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5
http://p203.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0304D0PHvb1k5OeO/dO?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E5%259B%25BD%25E9%259A%259B%25E6%25B3%2595&_jig_keyword_=%8D%91%90%D0&guid=on&_jig_xargs_=R
posted by arena8order at 19:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

強奪… Seizure, Crime, Violence

t132671130357213221901.jpgt132671233003513221914.jpga5a2bd12929bf9f3800fc3a0071eb1e4.jpg
#ккк

「強奪者」に関連した英語例文の一覧
http://p219.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0304zmyqDrHLrF5c/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E5%25BC%25B7%25E5%25A5%25AA%25E8%2580%2585&_jig_keyword_=%8B%AD%92D%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%258B%25AD%2592D%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26b%3D3%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on


強奪 → Seizure
http://p227.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0304yY07mskpIC6N/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E5%25BC%25B7%25E5%25A5%25AA&_jig_keyword_=%8B%AD%92D&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%258B%25AD%2592D&_jig_source_=srch&guid=on


強奪 → Seizure

強奪(ごうだつ、きょうだつ。 → Seizure(king-post,きょうだつ.)

劫奪、暴奪とも)とは、暴力行為等に拠って、他人の所有物を奪い取る行為の事である。 → )istheact thatasupport snatchesapossession of another person for violence with 劫奪,暴奪.

殆どの国家に於いて、刑事罰の対象とされる行為である。 → In most nations,it isanact to be targeted inthecriminal charge.

日本の刑法では窃取(窃盗)、喝取(恐喝)、強取(強盗)とされている。 → Considered to be 窃取(theft),喝取(blackmail),強取(robbery)intheJapanese criminal law.


概要[編集] → Summary[editing]

強奪は、威力等によって、他人が所有権を主張する、若しくは所有しているものを奪い取る行為の事である。 → Aseizure isanact to snatchthething which another person insists on proprietary rights by power or owns.

略奪(掠奪、奪略とも)と、ほぼ意味が同じであるが、強奪は一人〜少人数での行為を指す事が多く、略奪は大人数の場合を指す事が多い。 → Ameaning is the approximately same as plunder(with plunder, thedeprivation),buttheseizure often points atanact withaone small number of people,andtheplunder often points atthecase of a great number of people.

戦争に於いて(取分け、兵站についての考えが未発達な時代において)食料を含む物資の調達、兵士に対する報酬(略奪品がそのまま報酬になったり、将軍が集めた略奪品を換金して兵士への給料とする場合がある)、敵に対する挑発、見せしめ、抵抗した町への報復、敵に対して経済的打撃を与える等、様々な理由で無辜の人々に対する略奪は頻繁に、場合によっては味方の国の兵士に因ってさえ起こった。 → Gavetheprocurement of supplies includingthefood, thereward(swag just becomesthereward andIrealizetheswag whichageneral collected and may do it withthesalary toasoldier)forthesoldier, theprovocation fortheenemy, alesson, theretaliation for town whereIresisted, anenemyaneconomical blow in war(inthetimes whenIserve it,andthethought aboutthesupply division is undeveloped)andtheplunder for people oftheinnocence depended onthesoldier ofthecountry ofthefriend for various reasons in some cases frequently and had it.

現在でこそ野蛮な所業として非難される事があるが、交通網が未発達で物流が円滑でなかった中世、近世迄は、略奪も富を稼ぐ一つの経済行為として合法的に認められていたと意見する民族が主犯としか考えられない。 → May be criticized as barbarian behavior inthepresent,but,intheMiddle Ages whenatransportation network is undeveloped,and distribution was not smooth, therace wheretheplunder gives advice to when admitted as one economical action to earn wealth legally is thought about only withaprincipal offender untiltheearly modern times.


暴動との関連[編集] → Connection[editing]withtheriot

強奪(略奪)は、暴動との関連が非常に強い(以下強奪として記述)。 → Theseizure(plunder)is very strong intheconnection withtheriot(Idescribe it asaseizure as follows).

それは暴動は暴徒化した集団が暴力行為や破壊活動を行うものであり、それに伴い商店も破壊され物が奪い易くなるためである。 → As fortheriot, arabble group performs violence and subversive activity,and it is thatthestore is destroyed with it and becomes easy to takeathing away.

この時に強奪行為を一部が行うものが居れば、連鎖により次々と強奪が行われる。 → At this time, aseizure is carried out byachain in sequence if there isthething thatapart performsaseizure act.

特に、先進国等では暴動の際に強奪行為が見られる事は少ないが、発展途上にある国等では暴動に便乗して生活物資、貴金属等を奪う等の行為が、ほぼ必然的に発生する。 → Particularly,in the case ofariot, aseizure act is rarely seen inthedeveloped countries,butanact such as taking advantage ofariot inthedeveloping countries,and taking daily commodities, anoble metal away occurs approximately necessarily.

理由として、建前は先進国であるが貧富の差が激しい国であったり、スラム街での暴動であったり、貧民層などによる暴動であったり、災害等の社会情勢不安であったり原因は様々である。 → Asareason, theprinciple isadeveloped country,butadifference ofthepoverty and wealth isanintense country and isariot intheslums and isariot bytheclass of poors,and it isthesocial conditions uneasiness such as disasters,andthecause varies.

しかし、上で述べたように暴動と関連性が強い。 → However, ariot and association are strong as spoke atthetop.

又、強奪行為は暴力行為に等しい事から、怪我人が必ずと言って良い程出ると言って良い。 → In addition,it may be said thattheseizure act leaves by being equal to violence so thataninjured person can say by all means.

また、暴動から強奪行為ではなく、強奪行為から暴動へ発展するケースもある。 → In addition,there isthecase which develops fromaseizure act intoariot notaseizure act fromariot.

持ち主や運ぶ者や届ける先に対する思いやりの欠片も無い、愚かで血も涙も無い、スラム等の一部の民族の「愚行」「学校制度の遅れた発展途上国の犯罪」と言える。 → It may be said,"criminal oftheracial "folly" late developing countries oftheschool system" of oftheslums that it is stupid,and there is as for neithertheblood northetears that there is not as forthefragment ofanowner andaperson andtheconsideration forthepoint to send it to to progress either.


脚注[編集] → Footnote[editing]

^鈴木直志「ヨーロッパの傭兵」(山川出版社世界史リブレット)48-50ページ → It is 48-50 pages^Naoshi Suzuki "employing mercenaries of Europe"(Yamakawa publishing company world history libretto)


関連項目[編集] → Item[editing]concerned

強盗 → Robbery

雑損控除-確定申告で使われる項目。 → Theitem which is used inadeduction from petty losses-final income tax return.

窃盗 → Theft

治安 → Thepeace and order

暴動 → Riot

暴力 → Violence

乱妨取り → 乱妨取り

この「強奪」は、犯罪・事件(犯罪者・犯罪組織などを含む)に関連した書きかけ項目です。 → This "seizure" isanunfinished item in conjunction withacrime, thecase(includingacriminal, thecrime syndicate).

この項目を加筆、訂正して下さる協力者を求めています。 → Idemand correction, acooperator correcting in this item.

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=強奪&oldid=48788538」から取得カテゴリ: → It isanacquisition category from "http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title= seizure &oldid=48788538":

犯罪 → Crime

暴力 → Violence
posted by arena8order at 14:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。