2014年01月04日

パグ(Pug)とは、犬の種類(犬種)の一つ。

ob3.jpg070523_2.jpgImage~032.jpg
#ккк

窃盗の常習でテロリストの603の女が平壌産まれた時、黒いパグ(Pug)みたいだったらしい。

前は背が小さかった。


#パグ - Wikipedia
http://p202.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/010495tqXZmW3MPg/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2583%2591%25E3%2582%25B0&_jig_keyword_=%83p%83O&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2583p%2583O%26fr%3D&_jig_source_=srch&guid=on



パグ


原産国
中国

主要畜犬団体による分類と標準
FCI: Group 9 Section 11 #253 標準
AKC: Toy 標準
JKC: 第9グループ 標準
KC: Toy 標準

黒パグ


パグ(Pug)とは、犬の種類(犬種)の一つ。

短鼻の小型犬。

短毛、垂れ耳。

毛色はフォーン(サンプル画像の毛色)、黒、灰、白、シルバーなど。

なお、黒以外の毛色の場合は鼻から口の周辺及び耳は黒い。

その名前の由来は、ラテン語で「握り拳」を意味する「pugnus(パグナス)」から、または、中国語で「いびきをかいて眠る王様」を意味する「覇歌(パー・クー)」から、古い英語で「優しく愛されるもの」からきているとも言われる。

紀元前400年の中国にて既に存在、16世紀オランダでは「ダッチマスティフ」・「ドワーフマスティフ」と呼ばれ、日本には第二次世界大戦後に紹介された。


特徴・性質[編集]

小型犬ながら、骨格はしっかりとしており、鳴き声も落ち着いた低い声である。

ときには、高い声も出す。

飼い主と共に過ごすことで充足するとされる。

やや気まぐれでマイペースな面もあるが、温厚。

プライドが高い。

頑固。

短毛でダブルコート。


健康上の注意点[編集]

短吻種のため、暑さに弱く、寒さにも弱い。

垂れ耳と、特徴的な顔のしわに汚れがたまりやすい。

目が大きいため、眼球表面に傷が付きやすい。目やにも出やすい。

食欲旺盛で肥満になりやすい。

睡眠時にいびきをかくことが多い。

いびきがひどい場合、鼻腔狭窄の可能性がある。

脂性なので皮膚病になりやすい。

先天性の場合と遺伝の場合が多いが、パグ脳炎という病気を発症する個体も多い(パグ脳炎の原因は不明で治療方法も未だ発見されていない)。


関連項目[編集]

ブルドッグ

フレンチブルドッグ

犬の品種一覧


外部リンク[編集]

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=パグ&oldid=46705592」から取得

カテゴリ:
犬の品種
中国
posted by arena8order at 22:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

深海掘削船「ちきゅう」

CDEX0005_low.jpg20120528063756.jpgImage~031.jpg
#ккк #人工地震説


第92回目 深海掘削船「ちきゅう」の駿河湾での人工地震活動阻止・
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/content?bid=rocket_bus_company&id=64844629



第92回目 深海掘削船「ちきゅう」の駿河湾での人工地震活動阻止・ほか世界防御オペレーション

11/6/19 19:22(2|0)


ずっと横浜港に停泊していた、あの悪名高き人工地震船=深海掘削船「ちきゅう」 が、ついに動き始めました。

試験航海とは言っていますが、だったらなぜ行き先が駿河トラフ(水深 2500m)のある「駿河湾」なのか? 

しかも6月18日から7月3日まで2週間もある。

ひと仕事出来る スケジュールですよね。

この「ちきゅう」は、3月11日の東日本大震災の直前まで、三陸沖にいたことで有名です。

プレートに多くの穴をあけて、小型核爆弾を詰め込み、連続爆破させたのではないか? 

そんな疑惑が今も渦巻いています。

その船がなぜ駿河湾に?

不審な行動は絶対に阻止するぞ!!!


2011年6月17日

独立行政法人海洋研究開発機構

地球深部探査船「ちきゅう」の補修の状況と今後の予定について

独立行政法人海洋研究開発機構(理事長 加藤康宏)の運用する地球深部探査船「ちきゅう」は、東北地方太平洋地震の影響による損傷の検査および補修を三菱重工業株式会社横浜製作所において4月20日より実施しておりましたが、補修が終了し、6月18日より試験航海を行う予定となりましたので報告致します。

なお、損傷した推進装置(「アジマススラスター」)1基については、現在、作成中であり年度内に取り付ける予定です。

今後の予定

6月18日〜7月3日:検査及び補修後の試験航海(駿河湾※)

7月3日〜7月10日:航海前準備作業(横浜港)

7月10日〜12月(予定):資源掘削(スリランカ沖)

推進装置の取付工事については、資源掘削終了後、今年度末までに行う予定です。

※海象条件等の再考の結果、海域が駿河湾に変更になりました。

http://www.jamstec.go.jp/chikyu/jp/CHIKYU/status.html


第92回目 深海掘削船「ちきゅう」の駿河湾での不穏な活動阻止・ほか世界防御オペレーション

1)日時: 6月20日(月)午前1:30

2)集合場所:駿河湾・伊勢神宮・ヨーロッパ・日本全域・ほか対象地域

3)オペレーション地域(1) 深海掘削船「ちきゅう」(駿河湾)


イメージ:「ちきゅう」による駿河湾での人工地震掘削活動を完全に阻止!!!

「ちきゅう」を黄金の球形ドームで完全に覆い人工地震計画を一切出来なくする

上空および海中からUFOによる「ちきゅう」の掘削活動完全無力化!!!

駿河トラフの海底全体を厚さ500メートルの霊的タングステン超硬合金で覆う

「ちきゅう」の掘削機械の計測器が狂い、プレートに穴をあけられない

掘削ドリルが何本も折れてしまうほど岩盤を強く固めて歯が立たないようにする

「ちきゅう」の掘削機械および推進装置そのものを再び動かなくする

「ちきゅう」に不可視の太い鎖をつけ横浜港へぐいぐい引っ張る


オペレーション地域(2)

ヨーロッパでの超低周波攻撃阻止・O104感染者全員の遠隔治療

イメージ:超低周波による気象操作と人体への攻撃をストップさせる!

すでに感染している患者さん(約2500人)全員にミニ太陽を設置

患者さんのヘソの下あたりに、直径10センチぐらいの暖かいミニ太陽を描く!

そのミニ太陽からのエネルギーがO104を殺菌しベロ毒素を100%除去している

腸管出血性大腸菌を殺菌する効果のある「ニンニク」が、キン肉マンならぬ

「ニンニクマン」になって、O104を全部やっつけている!

重症者にはミニ太陽4個と薬師如来の霊的イメージ(写真)を設置して完治させる

※自分自身が薬師如来になって患者さんたちを救いに行くイメージで!!!


オペレーション地域(3) 

アメリカ合衆国全域・日本全国

イメージ:腸管出血性大腸菌や髄膜炎菌等による日本国民へのバイオテロ完全阻止!

O104によるEU全域の国民への卑劣なバイオテロを完全終息させる

細菌やウイルスを混ぜたケムトレイルをUFOが完全に消去してくれている

細菌・ウイルスの天敵となる霊的バクテリアを創造してバイオテロ菌を完全退治

太陽のエネルギーでバイオテロウイルス・細菌がすべて死滅している

人為的な細菌撒布である場合はテロ要員を霊的に拘束し活動できなくする

病原菌やウイルス以外の致死性化学テロ薬品も無力化し消去する!

ヨーロッパの大地に生息する、天文学的な数字の土中細菌が、ひとつの軍勢に

まとまって波動を発生し、O104細菌をすべて降参させている。


オペレーション地域(4)

日本全域の公共交通機関

イメージ:列車・地下鉄・バス・船・飛行機など、すべての公共交通機関を護る!

すべての公共交通機関の移動車両・船舶・機体等を黄金のバリアで防御する

整備士などのいない間に重要部品に細工されないよう霊的センサーを設置

内部密通者によるテロ計画が事前にあぶり出されるように霊的スポットを当てる

万一爆破や火災等が起きても犠牲者は1名も出ないように乗客乗員を完全に護る!


オペレーション地域(5)

福島県全域
       
イメージ:福島県全域の放射性物質をUFOの協力を得て完全に除去する

昼間ケムトレイル処理を行っているUFOがすべて福島県に集合して除去作業

これらのUFOに搭乗して現場まで行く!(特製UFO弁当支給有り)

「ナノカエル作戦」:超ナノサイズの放射能除去ガエルを何兆匹も福島県内で

放射性物質除去作業に当たらせる。

このカエルは超高速でカメレオンのように舌を出し入れして土壌の放射性物質を次から次に食べて無害化することが出来る

ついでに土壌改良も行って、より肥沃で立派な作物の育つ土地にしてくれる


オペレーション地域(6)

福島第一原子力発電所

イメージ: UFOが「レーザー冷却」により原子炉内部の核燃料の原子が持つ

エネルギーを吸収してどんどん冷却している

福島第一原発1号機〜4号機の原子炉内部の燃料を完全に冷やす

溶岩が急速に冷えて固まってしまうイメージで!再臨界など絶対に許さない!

原子炉内の水位がどんどん上がり、容器内にたっぷり水が満たされる

現場の作業員を黄金の繭で守り、原子炉完全停止作業が滞りなく進むようにする


オペレーション地域(7)

高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)

イメージ:原子炉内に落下した構造物を引き上げる作業が明日から着手され
   
6月中旬には完了の予定。

これが首尾よく無事完了するイメージ!

もんじゅが静かに眠るように完全運転停止している

周辺住民の方々を放射能からシールドするために、もんじゅを黄金のドームで覆う


オペレーション地域(8)

東日本大震災の被災地全域

イメージ:被災者の方々への義援金の支払いが迅速に行われている

モンサント社の遺伝子組み換え食品は東北にも日本にも絶対に入れさせない!

日本全国の自治体から被災地各県の業務応援に職員がどんどん派遣されている

お金の通り道をスムーズにする(通帳や認印なしでも仮払いが行われる)

一過性の義援金だけでなく、継続的に現金でのサポートが行われる

被災地へ国内外から活発な投資が行われ地元経済のエンジンが回り始める


オペレーション地域(9)

九州の玄海原発(佐賀県)および川内原発(鹿児島県)

イメージ:浜岡原発と同じく両原発が完全に冷温停止して稼働終了している

両原発をすっぽりと黄金のベールで覆い、子守唄を歌って静かに眠らせる

佐賀県と鹿児島県の自治体が原発の継続運転を拒否する声明を発表

代替火力発電所の石油燃料がスムーズに調達される


オペレーション地域(10)

リビア・イエメン・シリア

イメージ:リビアとNATOの戦争、イエメン・シリアの内戦を即終結させる!!!

停戦交渉が実を結び、NATOはカダフィ大佐追い出しの理不尽な行動をやめる

各国の反政府勢力の裏にいる米国諜報機関の奸計を無力化する!

UFOがNATO軍や各国政府軍・反政府軍の幹部らのやる気を吸い取っている

各国の全国民が戦争ではなく平和を求めるように大きく変化する!!!

リビア・イエメン・シリアをそれぞれ黄金色の平和のドームで覆う

NATO軍の戦闘機や武装ヘリのパイロットがやる気をなくして居眠りしている

カダフィ大佐とNATO軍側の代理人との間で停戦条約が確実に締結される


4)幽体離脱要領:「幽体離脱して(目的地の)上空に行く!」と強く念じるか守護霊に依頼し、

何回か腹式呼吸でゆっくり深呼吸しながら就寝してください。

※就寝時に参加エリアの土地の意識に心を合わせるようにするとよりスムーズです。

※もちろんうまくできなくても、記憶がなくても参加できていますので大丈夫です!
 
※危険なオペレーション対象に対して、対抗するイメージだけでなく、柔らかく包みこむような、愛情あふれるイメージも大変有効です。
posted by arena8order at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人工地震説 3

20111030182819630.jpgE99C87E6BA90E59CB0E381AEE8A9B3E7.jpg201104060946135c2.jpg
#ккк #人工地震説


確かに地震が頻発する時代に入っているが、人工地震は自然地震よりも破壊力が大きい。

今後、”ちきゅう”の動きや米の軍事演習など、特に、南海トラフ付近での行動に注意していく必要がある。

(”ちきゅう”が宮城県沖に長期間滞在した記録はないが、そのかわりに、震災の4ヶ月前に大規模な日米合同演習(2010 10/27〜11/4、米第7艦隊14隻、日本艦隊30隻以上、航空機200機以上)が行なわれている。)


(5) 米国の水爆実験:

2008年11月、メタンハイドレートが多量に存在するアラスカ州の北極圏で9個の水爆を、海底、および、地下(10km)で爆発させた。

目的は、人工地震と津波のデータを収集するためであるが、”石油王”である当局が、メタンハイドレートという「石油」「天然ガス」の代替燃料となりうる資源を破壊、あるいは、放射能汚染させるためではないかと思われる。

もちろん HAARPも関わっている。

岩手県宮古沖にメタンハイドレート密集帯があることは、1992年7月の海洋研究開発機構(JAMSTEC、”ちきゅう”も動かしている)の”しんかい6500”による調査で判明していたが、今回、わざわざこの近くで水爆を爆発させたようである。

(必ずしも埋め込まなくてよい)


埋蔵量は輸出するほどあるにもかかわらず、メタンハイドレートの報道は、最近ほとんど聞かれなかったが、今年になって、愛知県渥美半島の南方沖70〜80キロ・メートルの海底で、2月中旬をメドにメタンハイドレート掘削試験に入る。

しかし、採算が合うかどうかは甚だ疑問である。(→ メタンハイドレートは資源ではない)

( (以下、報道) 液化天然ガス(LNG)は09年度の国内の発電電力量に占める割合が29・4%で、原子力(29・2%)や石炭(24・7%)、石油(7・6%)を上回っ ている。東京電力福島第一原子力発電所事故を受け、政府は原子力発電への依存度を長期的に下げる方針で、メタンハイドレートの商業化が実現すれば、我が国 の電力供給体制の安定化に大きく貢献することが予想される。)


4. 世に打ち勝つ者の信仰:

さて、この世の支配者(= にせユダヤ、ワスプが半分ユダヤ化した者)のやり方は、何ともむなしいことだろうか。

原爆使用や露骨な軍事力の行使で 世界の非難を浴びたくない。かといって、世界の政治・経済を思い通りに支配したい。

おのれを”神”とする、飽くことを知らない”支配欲”こそ、反キリストの特徴である。

(「終末の反キリスト」はまた別、ロシアから)

それで、自然現象のように上手に見せかけ、それとなく米国の脅威を見せ付けるのである。

陰謀論を語る人たちをもうまく利用している。

(リチャードコシミズ氏や 泉パウロ師がまだ生きているのが何よりの証拠。)


そして、不正な利益だけはしっかりいただく。

9.11のときも、ビルが崩壊する日の直前に多額の保険をかけた”保険金詐欺”で大もうけをした(チェイニー元副大統領が黒幕)。

ビンラディンをでっち上げ、イラク戦争を起こし、米国の軍需産業で大もうけをした。

リーマンショックの前の住宅バブルでは、破綻することが分かりきっているのに偽りの情報でレバレッジ取引を行なって大もうけする。

そして、これらの結果は 全世界の大不況である。

因みに、リーマンブラザーズは(本当の)ユダヤ系であり、米国政府はこれを見殺しにした。

今回も、東電株の空売りで、兆円単位の大もうけをした人たちがいた。

彼らが考えていることは、この世のことだけである。


地震のトリガー(引き金)となる原爆(あるいは水爆)から出る放射能をカムフラージュするために、福島原発に細工をしたまでは良かったが、爆破による地震の起こり方が”すべり”を伴わない急激なものだったため、震災のエネルギーが予想(M8.0)以上に大きく(M9.0)、放射能汚染の被害が拡大し、結果的には、全世界の原発建設が消極的になる。

あるいは、廃止される方向へ行ったのである。

日本では 原発は事実上、4月末ですべて終了し、再開のメドは立っていない。

これは、ただでさえリーマンショック後の自動車、建設不況化で苦しんでいる ロックフェラー傘下の GM や ベクテル社にとってもかなり痛手でなはずである。

戦後の米国は、金融と軍事にのみ力を入れてきたので、製造業の土壌ははぐくまれていない。

いくらドル安になっても新興国に打つ勝つことはできないのである。

また、メタンハイドレートを潰しても、世界中で石油に代わるバイオ燃料の開発が進んで、石油が占めるエネルギーの比率がますます小さくなる。

”石油王”としての影響力も弱体化するだろう。

エクソンモービル(これもロックフェラー系)では先手を打って”藻油”の開発に力を入れているようであるが、うまくいくかどうか?。

(→ エネルギー戦略の考察 )


それでも、国としての日本(「ツロ」)は、最後まで(傀儡的に)米国(「エジプト」)と同盟関係を結び、ASEAN経済圏とも経済的な関係を築き続ける状態になる。

終末の反キリストによって、日本もアメリカも滅ぼされる時まで。

「エジプトのあや織りの亜麻布が、おまえの帆であり、おまえの旗じるしであった。」 (エゼキエル27:7)


2007年11月にロックフェラー本人がサイン会の名目で来日し、天皇陛下に謁見したとき、傘下のシティー銀行を助けてくれるよう懇願した。

そして今度は、(新生している)クリスチャンの勢力に対し、頭を下げるような立場になるのである。

クリスチャンの勢力といっても、”世的なクリスチャン”のことではなく、終末直前に7つに分類されているうちの一つ、フィラデルフィアの教会に対してである。


「見よ。サタンの会衆に属する者、すなわち、ユダヤ人だと自称しながら実はそうでなくて、うそを言っている者たち(= まさに にせユダヤ)に、わたしはこうする。 見よ。彼らをあなたの足もとに来てひれ伏させ、わたしがあなたを愛していることを(彼らに)知らせる。」 (黙示録3:9)

「世(= 世と この世の支配者)に打ち勝つ者とはだれでしょう。 イエスを 神の子と 信じる者ではありませんか。」 (Tヨハネ5:5)


「こういうわけで、もしあなたがたが、キリストとともによみがえらされたのなら、上にあるものを求めなさい。そこにはキリストが、神の右に座を占めておられます。 あなたがたは、地上のものを思わず、天にあるものを思いなさい。」 (コロサイ3:1、2)

http://www.k2.dion.ne.jp/~yohane/00%200%20jinnkoujisinn.htm


日本をツロに例えているが、ツロは、滅ぼされてガレキになってしまうと予言された貿易が盛んだった島で、今でもガレキだけの状態。

日本をツロに例えるのは、やめてほしいけどね〜。
posted by arena8order at 19:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人工地震説 2

Image~030.jpgImage~028.jpgImage~027.jpg
#ккк #人工地震説


3. 人工地震の実行者 と 目的:


(1) 終戦直前の米国の心理的軍事作戦:
1944年12/7 東南海地震(M7.9、震度6弱、震源 志摩半島南南東沖約20Km)、45年1/13 三河地震(M6.8、震度7、深さ11km、震源はほとんど海岸沿いの内陸直下型))が東海地方の軍需工業地帯を襲った。

(戦時中なので国内ではほとんど報告されていない。死者 それぞれ 数千名)

この地震が起こる前には、米国の地震学者たちが総動員され、”日本近海のどこの海底プレートに強力な爆弾を仕掛ければ、人工的に巨大な津波を起こせるかシミュレーションを繰り返した”と書かれている”日本本土への地震兵器による心理的軍事作戦”という機密文書が 米戦略事務局OSS(中央情報局 CIAの前身)から出されている。

当時、日本を降伏させるのに手を焼いていた米軍は、ちょうど中京の軍需工業地帯に起こったこの地震を利用して、空爆と共に、住民に降伏を促す”地震の次は何をお見舞いしましょうか”と書かれたビラを飛行機(B29)からばら撒いたのは事実である。

原爆は当時大型のものが開発されたばかりで、小型のものを作るのは難しく、まして、日本の沖合い20km程度の所にボーリングして仕掛けるということは不可能なので、この機密文書の内容は、単純に心理作戦だけを目的にした でっち上げだろうと思われる。

しかし 少なくとも、核爆弾を人工地震発生に利用できるという構想は すでに持っていたようである。


(2) 近年の人工地震と思われる地震:

近年起こった地震のうち、人工地震と特定するためには最小限の条件がある。

地震が起こるためのプレート間のひずみが充分あること、実験、および、戦略的に目的があるもの(動機)、核爆弾を仕掛けることができるという距離や深さ(=いずれも 10km以内の浅発地震)などの地理的条件、軍事演習や工事、科学調査などの カムフラージュができるイベント、掘削船の存在、などが挙げられる。


1995年1月 阪神淡路大震災 M7.3 6500人死亡: ベクテル社が 明石海峡大橋の真下(=震源地)のボーリング工事を担当した。

2連発の双子地震。

この場所で過去に大地震の発生なし。


2004年12月 スマトラ沖地震 M9.3 22万8千人死亡: 米国が突きつけた石油利権要求と 米軍のマラッカ海峡駐留に反対した報復、岩盤の破壊が3段階で進行したこと(≒3つの大地震が偶然重なったこと)、2011 7/11浜田政務官は国際政治経済学者時代の論文を国会で引用した。


(2004年10月 新潟県中越地震 M6.8: (人為的地震?) 新潟県長岡市で2003年7月から始められた”CO2地中貯留試験”。深度1100mの砂岩層へのCO2注入が地震を引き起こした疑いが強という説がある。

(長岡南ガス田は4000m)

余震の震源地の分布が、通常は直線状なのに対し 楕円形で、余震が長引き、大きい。)

2011年2月 ニュージーランド地震 M6.1 181人死亡: 偶然 米軍がクライストチャーチの近くで軍事演習中 (東日本大震災の予行演習といわれる)


2011年3月 東日本大震災 M9.0 2万人死亡: 4ヶ月前の日米合同大演習、地殻調査用の無数のボーリング跡(キャップをかぶせるだけ)、岩盤の破壊が3段階で進行したこと(≒3つの大地震が偶然重なったこと)、メタンハイドレートの存在、 空母ロナルド・レーガンを含む約20隻の艦船が3月13日には宮城県沖に到着しているのは早過ぎ。


にせユダヤの数字遊びのテロ?: 震災・テロが起こった時間: 東日本大震災 14時46分、 阪神大震災 5時46分、 911同時多発テロ 8時46分


(3) ベクテル社:

米・サンフランシスコ、最大の多国籍建設業: にせユダヤ系(ロックフェラーの兄弟会社)石油コンビナート、発電所、ダム、空港、港湾などの工事を請け負う。

国内では、明石大橋のほかに、青森県六ヶ所村の核燃料再処理工場建設(技術参加)、羽田西側旅客ターミナルビル(1989)、関西空港国際旅客ターミナルビル(1991)、東京湾横断道路川崎人工島東工事・海ほたる一帯の埋め立て工事(1991)、アジア太平洋トレードセンター(1991)、中部国際空港旅客ターミナルビル 等の建設を請け負っている。

すべての地下深くに小型の原爆が仕掛けられていると思って間違いない。

東京湾は”不発”だったが、他の場所は要注意!

イラクの復興大規模事業を受注。(湾岸戦争クウェート復興、1993年完了)

ロスアラモス国立研究所(ニューメキシコにある 米国の核兵器・原子力の中枢的研究施設、マンハッタン計画の中で原子爆弾の開発、広島・長崎の原爆もここで製造された)の運営業務が、2006年6月から 各大学機関とともにベクテルに委託されている。

同研究所では2000年の大火災、機密文書や核物質などの紛失事件が引き続いて起こり、2004年7月から業務停止。

2005年11/30には 少なくとも300kgの兵器級プルトニウム(=原爆の原料)が行方不明(核兵器50個分)となる事件が起こっている。


(4) 科学掘削船・ちきゅう:

2001年起工、日米主導の統合国際深海掘削計画(IODP、6か国から16人の科学者が参加するチーム)の名の下で働く科学掘削船、実質アメリカ専属で使用されている可能性がある。

2500mの海底下、7500mまで掘削可能。 全長121メートルの掘削塔、重量5万7500トン、開発費600億円。

南海トラフでは、マントルの調査が可能として、掘削パイプを海底下4000メートルまで下ろし、そこからさらに7000メートル下にある実際のプレートの衝突点まで掘削することが期待されている。

東日本大震災(八戸港停泊中(アリバイ工作として311の日には、子供たちを船内に招いて一般見学させていた?)、津波を避けるため一時沖合いに退避)も含め、震災前後にいつもそこにいたという隠しようのないGPS履歴による足跡がリアルタイムでネット上に残されている。

(原爆のスイッチを入れる予備軍の役割と、状況報告のためか?)

また、その乗組員が失言的に、自分たちの行なっている仕事をインタビューの中で堂々と暴露してしまった動画映像もネット上で広く公開され物議をかもしている。( ”その他、人工地震等を発生させまして、その地震波を測定するための装置です”)

これは、核爆弾ではなくても、地中の発破によって人工地震を発生させる技術を持っているということである。

その後、移動し、東京湾・海ほたるの近くで長期停泊していたのは、前述の通り。

このとき、湾に低気圧ができて、突風が吹き、粘着性の雨が降ったことが報告されている。

2005年秋から下北半島東方沖と駿河湾沖で掘削試験航海終了。

予定している公式な業務として、静岡県の清水港、紀伊半島沖の南海トラフの掘削計画(2007年9月〜・現在 事業仕分けで作業中断中)がある。
posted by arena8order at 19:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人工地震説 1

2011040609461296d.jpgE69DB1E58C97E59CB0E696B9E381AEE5.jpgImage~029.jpg
#ккк

#人工地震説
http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=nyaonnyaon&articleId=11596880088&guid=ON

人工地震説

2013/08/21 14:28


なんでもかんでも陰謀説にしてしまう人たちがいるが

疑いを持ちながらも意見は読んでおかないとね。

本当かもしれない可能性もあるから。


3.11人工地震説について

2012 2月3日

2001年の9.11事件に続いて、またか、という感じがするが、にせユダヤのもくろみは、またも裏目に出ているのである。

(参考文献) 「3・11 人工地震説の根拠 衝撃検証」 泉パウロ著、ヒカルランド ・・・ 昨年ベストセラーになった


1. 証拠:

2011年3月11日に起こった 東日本大震災の巨大地震が、人為的に起こされたものであることの証拠を挙げてみる。

(1) いくつかの科学的な方法で地殻変動などが継続的にモニターされていたにもかかわらず、前兆となる現象が観測できず、科学的な直前予測が全くできなかったこと。

これは各報道機関も共通して語っていることである。

未だ、”直前予知”の成功例は、世界的にも非常に少ないということになっている。

地殻変動の観測は継続的に行なわれてきた。過去に宮城県沖を震源地とする地震の規模は M7.3〜8.2であり、通常の地震では、地震の途中から岩盤に含まれている水が潤滑剤となって揺れを起こさない”すべり”によって地殻移動するが、今回の M9.0 の大地震では、地下の核爆発による広範囲な刺激によって、すべりを起こす間もなく一気に岩盤が跳ね上がったために揺れと津波が想定外に大きくなった(M9.0 は、想定 M8.0 の 30倍のエネルギー)と考えられる。

しかも、実は、数秒間隔を置いた同じ場所の 3連発の3つ子地震。


(2) 4回の大津波が発生した4つの地震の時間的間隔は、(マグニチュードの小さいものもあるが)きっかり20分間隔で起こっていること。

20分という時間は、海岸から震源までの150kmの距離に対し、津波の振幅が最も大きくなる周期として、人為的に設定されたことを示す。

津波の速度は 沖合いで数100km/hで、浅瀬では抵抗のため遅くなる。
(水深4000m: 700km/h、 2000m: 約500km/h、 200m: 約160km/h、 10m: 約36km/h)

(3) 地震前日に複数名の人が、”発破”のような爆発音と振動を感じていたこと。

これはインドネシアのスマトラ島沖地震でも報告されている。

”地震直前に異様な大きな爆発音を聞いた! 突き上げるような地鳴りが今までの地震とは違っていた!”等の報告。


(4) 自衛隊員で 米軍の超小型核爆弾の開発に関わったという人が 立川の教会に逃げてきて、洗いざらい告白していったこと。

他のメンバーは皆 暗殺されたという。

超小型水爆は現在開発中で、用途はすでに決まっているという。

彼がいた特殊ミサイル開発チームの日本人15人のうち ほとんどが暗殺され、残り2名は行方不明という。

本当に逃げてきたか、米国の脅威を”宣伝”するよう強制され、泉パウロ氏が本を書くことを知っている当局に遣わされたか?

元横須賀基地の隊員だったという本人は、3回の礼拝出席後はいつもすぐ帰り、その後 ロサンゼルスに帰ったそうである。


(5) HAARP(米のオーロラ調査名目の軍組織、強力な電波を発射できる)が提供する、東アジア方向に向けられた 誘導磁力計(東京大学が提供)の周波数成分グラフが、3/8 から 3/11の午前10:00まで 2.5Hz付近の超低周波を連続的に観測していたこと。

直接には発射された電磁波によって地震が誘発されたのではないが、電離層の操作(超低周波の音波が出るようにする)を行なった可能性が大きい。

このとき大地震前のいくつかの地震が起こっている。

これは、唯一の科学的な直前予知として、電離層における電子密度の変化が観測されたこと(by.北大、電通大)と 原因が共通している。

地殻の岩盤の摩擦によって発生する電磁波は強くない。(→ 2.現在の地震予知の実力)


(6) 大地震の直後に、東京湾と 富士山近くで地震が起こり、東京湾・海ほたる付近の震源地では同じ日時に 科学掘削船”ちきゅう”が停泊、また、富士山では米海軍も演習する”東富士演習場”の まさに敷地のまわりを震源地として起こっていること。

科学掘削船・ちきゅうは、専門家たちから米国の工作船と見られている。

この船が 東京大地震を人工的に起こそうとしたもくろみは、東京湾の地下が振動が伝わりにくい砂礫層であるため失敗した。

また、富士山の震源地は 静岡東部 35.3 138.7 35.3 138.8、 山梨南部 35.4 138.7 35.4 138.8 と 正方形であり、その中央にこの演習場がある。(地図と google earth でその場所が所定の経緯度であることが分かる) 北富士と東富士の演習場は、米軍の優先使用の密約がある。

ベンジャミン・フルフォード氏によれば、いまなお3/11の人工地震を起こした連中は富士山噴火をあきらめないで、富士山を人工噴火させるための新たな装置を設置工事中と、現場から逃げ出した元作業員が暴露しているそうである。


(今年2012年の1月28日からも一連の地震がすぐ近くの富士五湖で起こっている。最大震度5弱。噴火は誘発されていないもよう)


(7) 地震直後から群発地震が起きている間は、放射能の量は 原発付近よりも 海の震源地近くのほうが高かったこと。

また、カムフラージュのために 原発の放射能漏れを細工した形跡があること。

地震直前に東電株を空売りして大もうけした人たちがいること。

検出されないよう福島第一原発への放水が、実は、建屋の水素爆発に見せかけた”小型の純粋水爆”によってできたトリチウムを洗い流す作業であった かどうかは良く分からない。

しかし、この爆発で 放射性物質を広範囲に撒き散らすことになったことは確かである。

旅客機が落ちても壊れないはずの建屋の電気系統を破壊したのは、スタックスネットと名づけられたイスラエル製のコンピューターウイルスといわれる。

(原子炉製造: GM(にせユダヤ系)、安全管理システム: イスラエルの企業 Magna BSP)

これらの工作を事前に知らされた投資家たちは、兆円単位で大もうけしたそうである。


(8) 大地震発生の4ヶ月前に、宮城県沖で震度6強(M8・0)を想定した 大規模な日米共同演習・”東北方面震災対処訓練”が行なわれていたこと。

この演習のときに、海底のボーリング穴のキャップを外して原爆を仕込んだと思われる。

震災後は”トモダチ”作戦が行なわれ、普天間問題がうやむやにされている。

(ただし、米軍は放射能汚染した福島県には一切入っていない。22日までに厚木・横須賀・座間・横田の米兵の大部分が避難している。)


同じ震源地で 20分おきの地震発生、津波の人為的な増幅の証拠:(14:46の マグニチュード7.9は、後に 9.0に修正された。括弧は 陸上の最大震度。 by.yahoo 天気)


宮城県沖の海底基準点の移動 と 過去の地震の推定マグニチュード (by.海上保安庁・情報部):


3月12日から東京湾で起こった一連の地震 と 3月15日の富士山の地震:


掘削船”ちきゅう”による 南海トラフの掘削計画(中断中):


HAARPのアンテナ群 と HAARPが提供している(オーロラ観測用の)誘導磁力計のグラフ(3/11、東アジア方面)(by.中村もんど氏のブログ):


公開されている HAARPのデータ(東大が提供した誘導磁力計): http://www.haarp.alaska.edu/haarp/data.html


2. 技術的に可能か?:

海底に深い縦穴(〜10km)を掘って、そこに超小型核爆弾をセットし、その後 上空から遠隔操作で起爆することは可能だろうか?


(1) 掘削の限界と 核爆弾の大きさ:

民間がトラックで持ち運びできる一般的な掘削では、深さ: 800m〜1000mまで。

掘削船などで行なう 超深度ボーリングでは 10kmで φ5インチ(400℃になっている)が限界とされる。

石油の”油井管”では、深さ4〜6km、φ5〜20インチのケーシング管が用いられる。(1inch = 2.54cmより、 φ20inch = φ50cm)

掘削船”ちきゅう”では、2500mの海底下、7500mまで掘削可能という。

したがって、核爆弾を 深さ 4kmよりも深い穴の底に挿入するためには、大きくても φ50cm以内に超小型化しなければならない。

しかも、岩盤の温度は、深さ 4kmで100℃以上になるので、そこで用いられる半導体などの電子装置は高温に耐えられるものでなければならない。

400℃で使える半導体は SiC しかない。

原子爆弾については、超小型化が進み、兵士が背負って持ち運びできるもの(重量68kg)が、米国ですでに1965〜89年まで配置されていた。

(核出力は10トン〜1kトン(TNT換算))

しかし、メガトン級の威力を持つ 水素爆弾は、水素化リチウムでコンパクトにしても原子爆弾を起爆剤とするのでかなり大きくなる。

現在はもう少し小型の水爆もできているかもしれない。

さらに、原爆を用いない”純粋水爆”は、重水素を核融合させるものであるが未だ成功しておらず、米国は1998年に 純粋水爆の開発を断念し、研究データを公開した、ということになっている。

純粋水爆の超小型化は非常に難しいと考えられる。

(ただし、もし、”常温核融合”が応用されていれば可能かもしれない。兵器として用いられるために、世界中で秘密裏に研究されているのかもしれない。)


(2) HAARPの役割:

HAARP(ハープ、高周波活性オーロラ調査プログラム、アラスカ州にある)は米の高層大気圏調査プロジェクトである。

しかし、オーロラの調査にしては必要以上に設備が充実し、空・海軍、国防省が所有し、非常に強力な電磁波を発射する能力がある(最高出力1億GW、一度発射すると2週間もの充電期間が必要な場合もある)ので、ロシアなどの他国からも特殊な軍事施設とみなされている。

1960年代には、アルファ波などの超低周波を変調した電波を発射して、人々の”マインドコントロール”実験が頻繁に行なわれたそうである。

また、他国の軍事衛星などの情報を 強力な電波によって撹乱させる目的があるともいわれている。

地殻の 深いボーリング穴に入れた原爆を操作するためには、電磁波や通常の音波は通らないので、地震波並の超低周波の”音波”を使う以外に方法はないと考えられる。

(岩盤の摩擦による電磁波は、低周波であってもほとんど地上には出てこないと考えられる)

オーロラは、太陽風による活動によって、40Hz以下の音波を地上まで発射することが観測されている。

電離層(プラズマ状態)で、電子のサイクロトロン共鳴が起こる周波数の電磁波は吸収され、その電子密度を変動させる。

電離層(プラズマ状態)で、電子のサイクロトロン共鳴が起こる周波数の電磁波は吸収され、その電子密度を変動させる。

東京で地磁気は B = 45μT(テスラ)程度なので、その共鳴周波数を計算すると、簡単のために 電子の有効質量 m* を m とおき、比電荷 e/m=1.76×1011(C/kg)として、

fc = e B /(2πm) = (1.76×1011×45×10-6)/2π = 1.26 MHz 程度の、中波帯の電磁波 となる。


これに 2.5Hzのパルス波を変調して搬送すれば、電離層で音波(縦波、粗密波)に変換され、海(液体)から岩盤(固体)にかけては 地震波の P波となって伝わり、穴の底にセットされた原爆まで届く、というシステムが出来上がる。

あとはその音波にさらに変調した信号を読み取るようにすればよいことになる。

東京湾や 富士山の演習場では、直接 音波によってコントロールできる。

(実際、筆者の知り合い(東京)で、地震前からひどい耳鳴りがした人がいるので、(岩盤からはあまり電波は出てこないはずなので、)この HAARPから発射され、電離層で変換された強力な 超低周波の音波によるものと思われる。

超低周波の音波はかなり広範囲まで減衰しないで伝わる。

(2.5Hzは 熟睡時のδ波に相当)

地震の一週間前に、茨城県の海岸に小型のクジラ約50頭が打ち上げられた異常現象もこれで説明が付く。

米国で 地震と耳鳴りとの相関があるという報告(→ 2.現代の地震予知の実力:(2) 参照 )には、この HAARPのような軍事施設が深く関わっていると考えられる。)

日本にも 類似の施設”MUレーダー”(京都大生存圏研究所)がある。

また、ロシア、中国でも研究されているという。
posted by arena8order at 19:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3. 『ブラック・レイン』(Black Rain)

Image~023.jpgimage~024.jpg

テレビ放送[編集]

地上波全国ネット(フジテレビ『ゴールデン洋画劇場』)で初放送された際、吹替版ではなく字幕版で放映された。

しかし同じ『ゴールデン洋画劇場』で2回目は吹替版が放送され、以降テレビ東京『木曜洋画劇場』でも吹替版で放送。

出演した日本人キャストの英語台詞部分をキャスト本人が吹き替えるのが通例だが、日本人キャストで本人が吹き替えたのは大橋役の神山繁(DVD版も担当)と佐藤の子分役のガッツ石松のみで、松本役は日本語の台詞も含め高倉健本人ではなく大塚明夫が吹き替えた(DVD版は立木文彦)。

一方で吹き替え収録時、故人となっていた若山富三郎は小林勝彦(DVD版は藤本譲)が英語台詞の入る場面(ゴルフ場、菅井の自宅、ニックに散弾銃を渡すシーン)を日本語の台詞も併せて吹替え(吹替台詞も関西弁になっている)、日本語のみの部分は原音で対応した。

松田優作は製鉄所内でニックに呼びかけるシーンで英語の台詞を言っているがその箇所だけカットして対応した。


その他[編集]

当初、監督は『ロボコップ』の監督であるポール・バーホーベンだった。

主人公がうどんを啜るシーンは、音を立てない食事を旨とする欧米人にカルチャーショックを与え、話題になった。

米国内での宣伝素材に使われたタイトルの日本語表記がことごとく「ブラック・ンイレ」になっており、物議をかもした。

文学座つながりの渡辺徹が、『太陽にほえろ』で競演中、松田優作から演技指導を受けたらしい。

それは、「相手の胸ぐらを掴みながらセリフを言う時、まず相手を睨み深呼吸をいったんしろ、そうするとより怖いセリフになるんだ」というものであった、それを松田自身が実践したのが『ブラック・レイン』で佐藤がレストランに登場するシーンである(ダウンタウンDXから)。

市川海老蔵もこのシーンからインスパイヤされたお陰で、歌舞伎が成功したこともあるらしい(情熱大陸から)。

大橋警視役の神山繁によると、「セリフが毎日変わった。

毎日新しいシナリオが渡された。」とのこと(NHK『英語でしゃべらナイト』で本人談)。

漫画『松田優作物語』では、マイケル・ダグラスが、チャーリーが佐藤に殺されるシーンの撮影で「チャーリー! 逃げろ!」と叫ぶべきところを、「アンディ! 逃げろ!」とアンディ・ガルシアの本名のほうを叫んでNGを出してしまったとある。

松田優作のあまりの気迫に「アンディ・ガルシアが本当に殺される」と錯覚したということだが、実際はカットを割って撮影されているため、このようなことは考えにくい。


関連項目[編集]

「クラブみやこ」の外観に使用されたKPOキリンプラザ大阪(写真は閉館間際の2007年7月に撮影)


ロケ地[編集]

大阪市[編集]

中央区
大阪府庁舎

心斎橋- 先述のジョイスが心斎橋(当時あった橋の名前)の上でホームレスの男性に「これでパンでも買って」と言うシーンが撮られた場所。

(橋の歩道部分の両端に蛍光灯を長くならべ、スモークをたいて撮影した)背後には今はなきソニータワーが写っている。

キリンプラザ大阪-道頓堀- 菅井が経営する「クラブみやこ」とされる外観を撮影。

内部はアメリカで撮影。

2007年10月末をもって閉館され、解体。

跡地は商業ビルLuz Shinsaibashi(ラズ心斎橋)を新たに建設、核テナントとしてスウェーデンのアパレル会社H&Mが入居している。

北区

阪急梅田駅ターミナルビル一階コンコース - チャーリーがパスポートが入ったコートをバイクの男(佐藤の仲間)に奪われ追いかけるシーンで登場。

現在は再開発のため取り壊されている。

淀川区

十三- サカエマチ商店街という、十三ファンダンゴやがんこ寿司の発祥の地が使われた。

ニックとチャーリーが暴走族に絡まれるシーンが撮られた場所。

ネオンサインが光っているのに二人以外歩いている人間は居なかった。

福島区

大阪市中央卸売市場- ニックと松本が佐藤の愛人を尾行・張り込みを行ったシーンで登場。

城東区

京橋- 佐藤らが居た事務所(パチンコ店の上階)を強制捜索するシーン。

画面奥に大阪環状線が走っている。

パチンコ店(京一会館)に警官隊が踏み込むところまでが実際にロケが行なわれた京橋での撮影。

尚、京一会館はこの日の撮影の為、臨時休業した。事務所に突入、そして家宅捜索中のシーンはアメリカで撮影。

阿倍野区

阿倍野警察署(建て替え前の旧庁舎) - 高倉健演じる松本刑事が所属する大阪府警刑事部内や刑事部長室でのシーンが撮影された。

あべの筋- 警察車両が赤色灯を点けて走行しているシーンや歩道のおでん屋台でのニックとチャーリーの会話シーン。

道路に阪堺電車の軌道がある。

西成区・大正区・住之江区

千本松大橋、中山製鋼所付近の木津川上空


堺市[編集]

堺区

新日本製鐵堺製鐵所- 佐藤の子分が乗ったタクシーを追うシーンと、中の事務所で佐藤と菅井らの密談シーンや銃撃シーンで撮影。


神戸市[編集]

中央区

元町- 先述の尾行シーンが撮られた場所。


脚注[編集]

^ “Black Rain”.Box Office Mojo.Amazon.com.2012年4月16日閲覧。

^ 諸外国におけるロケーション・ハンティング戦略実態調査報告-日本貿易振興機構 (PDF)6ページ参照

^ 放送日は不明だが、2004年12月に発売された番組本に掲載されている。

^ その際の誤表記に基づくPOP広告の写真が、宝島社の『VOW3』(1991年、ISBN 4-7966-0138-4)のp.11に収録されている。


文献[編集]

アメリカ映画Black Rainと日本映画『黒い雨』 との比較研究論文として、Yoko Ima-Izumi(今泉容子)著 "Nuclear Bomb Films in Japan and America: TwoBlack RainFilms" 『英米文学・英米文化試論:太平洋横断アメリカン・スタディーズの視座から』 成田興史編、晃学出版、2007年、ISBN 9784903742021がある。


外部リンク[編集]

ブラック・レイン-allcinema

ブラック・レイン-KINENOTE

Black Rain-AllMovie(英語)

Black Rain-インターネット・ムービー・データベース(英語)



リドリー・スコット監督作品

1970年代

デュエリスト/決闘者(1977年)

エイリアン(1979年)


1980年代

ブレードランナー(1982年)

レジェンド/光と闇の伝説(1985年)

誰かに見られてる(1987年)

ブラック・レイン(1989年)


1990年代

テルマ&ルイーズ(1991年)

1492 コロンブス(1992年)

白い嵐(1996年)

G.I.ジェーン(1997年)


2000年代

グラディエーター(2000年)

ハンニバル(2001年)

ブラックホーク・ダウン(2001年)

マッチスティック・メン(2003年)

キングダム・オブ・ヘブン(2005年)

プロヴァンスの贈りもの(2006年)

アメリカン・ギャングスター(2007年)

ワールド・オブ・ライズ(2008年)


2010年代

ロビン・フッド(2010年)

プロメテウス(2012年)

悪の法則(2013年)


http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ブラック・レイン&oldid=49989835」から取得

カテゴリ:
1989年の映画
アメリカ合衆国の刑事映画
ヤクザ映画
アメリカ合衆国のアクション映画
大阪府を舞台とした映画作品
大阪市を舞台とした映画作品
ニューヨーク市を舞台とした映画作品
リドリー・スコットの監督映画
パラマウント映画の作品
posted by arena8order at 01:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2. 『ブラック・レイン』(Black Rain)

Image~027.jpgImage~030.jpgImage~025.jpg

概要・撮影背景[編集]

概要[編集]

映画『ブレードランナー』で日本の映画ファンに広く知られるようになったリドリー・スコット監督の作品であり、日本側のキャスティング担当者とロケーションアレンジャーの恩恵で外国映画の中でよく見受けられる「おかしな日本像」はそれほど無く、比較的まともな描写がなされている。

松田優作は、この映画の撮影の時点ですでに癌に侵されていたが、病をおして撮影に臨んだ(癌の事実を知っていたのは安岡力也のみだった)。

しかし、映画公開直後に急死してしまい、この映画がもとで親交を深めたチャーリー役のアンディ・ガルシアは彼の死を悼んだ。

この作品制作中の評判で松田優作の次回作はロバート・デ・ニーロ出演、ショーン・コネリー監督作品のオファーが来ていた。

なお、題名の『ブラック・レイン(Black Rain)』とは、原爆投下や空襲によって起こる煤混じりの雨を指している(作中、菅井が大阪空襲後の黒い雨に纏わる因縁をニックに語る)。

菅井はアメリカが戦後日本人にもたらした個人主義が、義理人情の価値観を喪失した佐藤のようなアウトローを産んだと暗にアメリカ人を批判し、「黒い雨」という言葉を象徴的に用いる。

同年公開の邦画『黒い雨』の様に戦争をストーリーの中心に据えた映画ではない。


撮影の背景[編集]

ストーリー中盤の製鉄所のシーンで、早朝に製鉄所の制服に身を包んだ作業員達が、大挙して自転車で作業場へと向かう風景が描かれている。

中国と混同しているのではないかと言われるこの場面に関してリドリー・スコットは、バイクを追跡するも道を阻まれ苛立つシーケンスを演出するために意図的に設定した場面であり、決して中国と混同したものではないと語っている(「キネマ旬報」インタビューより)。

製鉄所などの広大な敷地をもつ作業所内では自転車の利用は珍しくないが、現実には連絡バスや自動車の利用も多く、出退勤時に自転車であふれかえるような光景は見られない。

リドリー・スコットは『ブレードランナー』で描かれていたような雑多で猥雑なイメージを日本に求めていたが、実際の日本はかなり清潔な街並みであったために驚いたという。

そのためにロケーションはそれらを満たすであろう新宿歌舞伎町を当初予定地に挙げていた。

撮影にあたっては、日本側の警察による交通規制の協力がほとんど得られない事情からロケ地調整に苦労した。

当初の監督の希望ロケーションは東京新宿歌舞伎町であったが、警察との折衝の結果不可能となり、比較的警察協力の融通が利く大阪、関西方面に変更された。

10週間の撮影を計画したものの、各所で期待した協力が得られなかったために5週間で切り上げて帰国した。撮影できなかった部分は後述のとおり米国で行った。

ラストシーンのニックと佐藤の一戦の舞台であるブドウ畑農場は、日本国内という設定ではあったが日本の農地の風景ではない。

アメリカの裕福な日本文化マニアの外国人の私有地(サンフランシスコ郊外ということが『SmaSTATION6』の松田優作特集で公表された)を借りて撮影された。山林の中に立っている標識の漢字は外国人が適当に書いたもので場所が国外ということを分からせてくれる。

また、このシーンで登場する佐藤が乗ったメルセデス・ベンツSクラス(ケーニッヒによる派手なカスタマイズである)は、ダミーの「大阪」ナンバーをつけたアメリカ仕様車である。

他にも強制送還されるニックが飛行機から抜け出す空港のシーン、チャーリーが佐藤一味に殺される地下駐車場のシーン、クラブ・ミヤコのシーン、佐藤のアジトシーンもアメリカや香港で撮影されている(後者2つについては主要キャスト以外の日本人が英語訛りの日本語を話しているためそれがわかる)。

ケイト・キャプショーの登場場面のほとんどは米国で、カメラの切り替えでいかにも大阪でロケを行っているように見せている。

唯一日本で撮影したシーンが使われているのは、今はなき心斎橋(地名ではなく橋の名前)の上でホームレスの男性に「これでパンでも買って」というシーンである。

加えて菅井宅は『ブレードランナー』のデッカード宅と同じロサンゼルスのエニス・ブラウン邸である(特徴的なフランク・ロイド・ライト作のブロック壁で判別可能)。

佐藤の愛人をニックと松本が尾行するシーンは神戸で撮影されている。

神戸ナンバーの車だらけの中、佐藤の部下、梨田が乗ったタクシーだけは「なにわ」ナンバーだった。

銀行の支店や駅に「元町」と表示されている(撮影に使われた銀行の出入り口は旧協和銀行元町支店で、統廃合され現存しない)。

明らかに神戸市バスとわかるバスが映っている。

意味不明な街頭演説の音声(「社会党の今村マサコでございます…」と聞き取れる)が流れているが、なぜか英語訛りがある。

ラストシーンでニックが佐藤の生死を決定しようとするシーンがあるが、これは当初、死闘の末に逮捕される脚本であったが、途中から追加されたチャーリー弄り殺しシーンなどから次第に悪者感が増し、脚本を変更して最後に殺される筋書きに変更された。

変更された脚本では尖った杭に倒され串刺しになりながらも不敵に笑いを浮かべて死んで行くと言うものであった。

しかし続編を制作する企画が持ち上がり、殺されずに逮捕されるパターンへエンディングを変更することになった。

なお、串刺しにされるシーンはクランクアップ後一年経過してから追加撮影の依頼があり、半ば呆れながら松田は『もう気持ちはあの時から切れているので』と断ったそうだ(いずれも「プレイボーイ」誌、松田優作インタビューより)。

以上の経緯からニックが佐藤を殺す構想上のパターン(シナリオでは「バイクの後輪に頭を押し込んで殺す」)と、最終的に採用された殺さずに警察に連行されるパターンがある。

警察に連行されるシーンは上映版では杭をカメラフレームに収めたカットから警察署内の扉を開ける場面に切り替わるが、第一試写版では警察署内の廊下を通過して階段を上がり扉を開ける流れが撮影され、終始ふてぶてしい笑顔を浮かべる佐藤が収録されており、一般公開前のプレス用資料には、これらの場面スチルが配布されていた。

米国のスタッフを驚かせた逸話として、佐藤がバイクに乗るシーンは全てスタント無しで松田優作本人が演じたことが挙げられる。

しかし松田は一連の「遊戯シリーズ」にてスタントを全て本人がこなしており、松田はこれを当然と考えており、自分のやり方が正しかったと後に述懐している(「プレイボーイ」誌、松田優作インタビューより)。

佐藤がバイクに乗るシーンで着用しているゴーグル風のサングラスは日本側で調達された1987年のジャン=ポール・ゴルチエ製コレクションである。

市販モデルは平面レンズタイプであったが、レンズに映り込む光を複雑にしたいと監督から要請があり、球面レンズに交換された。

大阪府警の機動隊員はジュラルミンの楯ではなく、狙撃用のライフルを持っていた。

ラストの空港のシーンで、松本がニックに「お子さんに」と渡す箱の包装は、当時関西圏で中堅の玩具チェーン店「いせや」の物であるので、中身は玩具と想像できる。

公開当時、いせや常連客の間で話題になり、問い合わせがよくあったという。

ちなみに逆にニックが松本に渡した箱の包装は阪急百貨店の物である(Hankyuの英字ロゴが確認できる)。


キャスティングについて[編集]

ホテル内でスコット監督と行われた佐藤役のオーディションには、決定した松田優作の他に、萩原健一、根津甚八、遠藤憲一、小林薫、田代まさし、世良公則などが参加していた(「プレイボーイ」誌インタビューより)。

このオーディションで松田優作は、自分で締めていたネクタイを外し、それを手錠に見立て手首に結び本番さながらの迫真の演技を披露し佐藤役を獲得した。

松田は当初、一次審査(書類選考)の時点で落とされていたが日本側のスタッフが、松田がそのようなレベルの役者ではないとアメリカ側のスタッフを説得し実現したものだった。

萩原流行もオーディションを受けたが意中の役は射止められなかった。

その際、松本刑事の部下役で打診されたが丁重に断った。

しかし、松本役が高倉健だと後で知って後悔したと日本テレビ『カミングダウト』で語っている。

元々は『海と毒薬』をベルリン映画祭で見たプロデューサーが主演の奥田瑛二に佐藤役を打診したが、本作と同時期に公開された『千利休 本覺坊遺文』との撮影スケジュールが合わず、断ったため、オーディションが行われた(山口猛著『松田優作 炎静かに』より)。

木村祐一もオーディションを受けたがすぐに終わり、落選した。

木村によると島木譲二はパチパチパンチをやって合格したらしい(『ダウンタウンDX』2007年12月13日放送分より)。

先述の木村同様、今田耕司もオーディションに参加しており、当時会社命令で他の吉本芸人ともどもオーディションを受けるも本人は乗り気でなく、オーディション中も自身の質問に対し、コメディアンである事を伝えると外国人スタッフから「コメディアンなら何か面白い事をやってみろ」と要求されるも外国人に自分のギャグを披露しても伝わるわけがないと思った今田が「いや、ボクは別にいいです」と答えたところ、質問したスタッフが不思議そうな表情を浮かべながら「お前はチャンスがいらないのか?」と云われた。

クランクイン前に、マイケル・ダグラスと親交を結んだ坂本龍一に、高倉健演じる松本正博役をやらないかというオファーがあった。

坂本は、「脚本を読んだら、自分ではなくて、勝新太郎のような渋い俳優がやるべきだと思った」とのことである。

坂本の曲はニックと菅井が「クラブみやこ」で目を合わせるシーンに使用され、サントラにも収録されている。

なお、マイケル・ダグラスは日本人の殺人鬼を演じないかとジャッキー・チェンに言ってきたが、この映画はアジア人を悪く見せたし、ファンが悪者を演じる僕を見たがるとも思わなかった。(自伝“IAM JACKIE CHAN”より)と出演を断ったようである。

この作品のロケを見学していた浪花会とロンサムロードのメンバーが、監督から映画出演を依頼された。


使用車両について[編集]

尾行などで乗ったタクシーはすべて「日本タクシー」である。

スタッフが移動に使った車はほとんどが「さくらタクシー」である。

アメリカ映画ユニオンの規定により俳優1人につきキャンピングカー1台を用意する必要があったため、日本中のレンタルキャンピングカーが集められ、ロケ現場には全国のナンバーが付いたキャンピングカーが集結した。

アメリカ映画ユニオンの規定によりあたたかい物が食べられるケータリング車が必要であったが、当時の日本にはあまりそういったものがなかったため、縁日などにある「屋台」がロケ現場に用意され、スタッフは撮影時間中いつでも、うどん、やきそば、たこ焼き、飲み物などが用意され、外国人スタッフにはサンドイッチなどが用意された。
posted by arena8order at 01:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1. 『ブラック・レイン』(Black Rain)

Image~026.jpgImage~028.jpgImage~029.jpg

Black Rain (1989) - Trailers, Re
http://p207.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0104EoD4LiHLFSSU/37?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.allmovie.com%2Fmovie%2Fv133366&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=%CC%DE%D7%AF%B8%DA%B2%DD&_jig_xargs_=SKeywords%3D%25cc%25de%25d7%25af%25b8%25da%25b2%25dd%26xargs%3D4&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2583u%2583%2589%2583b%2583N%2583%258C%2583C%2583%2593%26fr%3D&guid=on

ブラック・レイン - Wikipedia
http://p207.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0104EoD4LiHLFSSU/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2583%2596%25E3%2583%25A9%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25BB%25E3%2583%25AC%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3&_jig_keyword_=%83u%83%89%83b%83N%83%8C%83C%83%93&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2583u%2583%2589%2583b%2583N%2583%258C%2583C%2583%2593%26fr%3D&_jig_source_=srch&guid=on



ブラック・レイン


ブラック・レイン
Black Rain

監督 リドリー・スコット
脚本 クレイグ・ボロティン
ウォーレン・ルイス
製作 スタンリー・R・ジャッフェ
シェリー・ランシング
製作総指揮 クレイグ・ボロティン
ジュリー・カーカム
出演者 マイケル・ダグラス
高倉健
松田優作
アンディ・ガルシア
音楽 ハンス・ジマー
主題歌 グレッグ・オールマン
「I'll be Holding On」
撮影 ヤン・デ・ボン
編集 トム・ロルフ
配給 パラマウント映画
UIP
公開 1989年9月22日
1989年10月7日
上映時間 125分
製作国 アメリカ合衆国
言語 英語
日本語
製作費 $30,000,000(概算)
興行収入 $134,212,055


『ブラック・レイン』(Black Rain)は、1989年公開のアメリカ合衆国の映画である。

豪華な日本人キャストと、大阪の街を『ブレードランナー』ばりのサイバーパンク風に仕立て上げた強烈な演出によって人気を博した。

劇場映画作品としては松田優作の遺作となった。


ストーリー[編集]

ニューヨーク市警殺人課の刑事ニック・コンクリン(ダグラス)は妻と離婚し、その子供の養育費を稼ぐのに日々苦労していた。

そして、彼はある事件の麻薬密売品の押収品(金)を横領した嫌疑をかけられ、内務捜査官たちから査問を受けていた。そんなある昼下がり、ニックと、同僚のチャーリー・ビンセント(ガルシア)は、レストランに居た日本のヤクザの幹部と子分を、もう一人のヤクザが刺殺する現場に出くわす。

追跡の末に男を逮捕するものの、日本国内での犯罪で指名手配されていたため、その男-佐藤(松田)を日本に護送することになった。

佐藤を護送する任に就き、日本まで向かう二人だったが、到着した先の空港(伊丹空港と思われる)で警察官のふりをした佐藤の手下たちに佐藤を引き渡してしまう。

権限が無いにも関らず、強引に大阪府警の捜査に加わろうとするニックとチャーリーだが、刑事部長の大橋警視(神山)はそれを許さず、二人の銃を押収した上で松本正博警部補(高倉)を二人の監視役につけた。

捜査の方法、日本の風習に戸惑うニックは監視役の松本へ八つ当たりをする。

しっくりこないニックと松本の関係を修復しようとチャーリーがクラブで仲を取り持とうとするが、ニックは佐藤への執着から一人席を外し、クラブ・ミヤコの外人ホステス(キャプショー)へ情報収集のため近付く。

クラブ・ミヤコの帰り道、ふとしたことからニックはチャーリーとはぐれてしまう。

チャーリーは自分のパスポートをコートごと暴走族に奪われたことで、佐藤の罠にはまる。

そして佐藤は自分を逮捕したことへの復讐として、ニックの目の前で相棒のチャーリーをなぶり殺しにする。

ニックは佐藤への復讐を誓い本格的に佐藤を追うことになる。

事あるごとに反発し合うニックと松本だが、やがて彼らの間には、信頼関係が生まれていく。

捜査を進める内に偽札製造を巡る抗争が背景の事件であり、それが親分である菅井(若山)と、元子分で新興勢力の佐藤との抗争でもあることが判明していく。

そしてニックは佐藤が隠れ潜む場所を突き止め捜索をすると、クラブ・ミヤコのホステスの影が見えるようになり彼女を尾行。

銀行の貸金庫から"ある物"を取り出し、尾行をまく工作をするもののニックにあっさりと見破られ空港でのニセ警官の一人を見かけその男を尾行することに。

佐藤を後一歩まで追い詰めたものの、大阪府警に邪魔された上、取り逃がしてしまう。

その上ニック自身勝手な行動をしたということでアメリカへ強制帰還させられることに。

松本自身も監督不行き届きで謹慎処分を受ける。

それでも佐藤への復讐を諦めきれないニックは、出発直前の飛行機から脱出し、松本のいる家へ向かい再び捜査をしようと持ちかけるが、断られてしまう。

そこでニックは、クラブ・ミヤコの外人ホステス(キャプショー)から菅井(若山)に接触するための情報を得た後、佐藤(松田)逮捕のための協力を、菅井(若山)に申し出る。


スタッフ[編集]

監督:リドリー・スコット

撮影監督:ヤン・デ・ボン

音楽:ハンス・ジマー


キャスト[編集]

ニック・コンクリン(N.Y市警の刑事):マイケル・ダグラス

松本正博警部補(大阪府警刑事部捜査共助課の刑事):高倉健

佐藤浩史(菅井の子分):松田優作

チャーリー・ビンセント(N.Y市警の刑事):アンディ・ガルシア

片山(佐藤の子分):ガッツ石松

梨田(佐藤の子分):内田裕也

菅井の用心棒:安岡力也

大橋警視(松本刑事の上司・大阪府警刑事部長):神山繁

吉本(佐藤の子分):國村隼

菅井の子分:島木譲二

佐藤の情婦(クラブ・ミヤコのホステス):小野みゆき

松本の息子:ケン・ケンセイ

Mediator : OBATA~TOSHIRO小幡利城

ジョイス(クラブ・ミヤコのホステス):ケイト・キャプショー

オリヴァー(ニックの上司):ジョン・スペンサー

フランキー:ルイス・ガスマン

菅井国雄:若山富三郎


日本語吹き替え[編集]

役名 日本語吹き替え
フジテレビ版 DVD版

ニック・コンクリン 小川真司 内田直哉
松本正博警部補 大塚明夫 立木文彦
佐藤浩史 原語流用 高階俊嗣
チャーリー・ビンセント 江原正士 森川智之
ジョイス 一城みゆ希 深見梨加
大橋警視 神山繁
佐藤の子分 ガッツ石松 後藤哲夫
菅井国雄 小林勝彦 藤本譲
オリヴァー

フジテレビ版 - 初回放送:1996年3月9日『ゴールデン洋画劇場』

その他の声の出演:上田敏也、小島敏彦、亀井三郎、緒方賢一、筈見純、立木文彦、後藤敦、神谷和夫、松本大、茶風林、大川透

演出:伊達康将、翻訳:宇津木道子、調整:荒井孝、効果:サウンドボックス、制作:東北新社

DVD版

演出:久保宗一郎、翻訳:宇津木道子(追加翻訳:杉田朋子)
posted by arena8order at 01:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

mixi(ミクシィ)とアメブロ my blog

250px-Square_compassessvg~001.jpgmi5logo.gif
#mixi(ミクシィ)モバイル「龍崑崙嶐亂崘嶺藺誣の日記」
http://m.mixi.jp/recent_update.pl?&id=50142968:1919199541&type=diary&time=1388757210&sort=stock_contents&mhome=1
arena8order 靉黯-Aian.アメブロ
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=arena8order
#ккк @arena8order @THEEeve_eleana @Eve_Toyama_ele @wwwfootballwww #朝鮮 #terrorism #pyongyang. #yl.
posted by arena8order at 00:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。