2014年01月02日

WILL [中島美嘉] 歌詞

phprivesjpm.jpg

「I will」に関連した英語例文の一覧
http://p214.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/01026c1S2iQeWFAC/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2FI%2Bwill&_jig_keyword_=will%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fsbox%3DSBB%26squery%3Dwill%2B%25E4%25B8%25AD%25E5%25B3%25B6%25E7%25BE%258E%25E5%2598%2589%2B%25E6%25AD%258C%25E8%25A9%259E%26p%3Dwill%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26trans%3D0&_jig_source_=srch&guid=on



WILL [中島美嘉]

“あの頃”って
僕たちは
夜の空を信じていた
同じ向きの
望遠鏡で
小さな星 探した

いつもそばに
誰かいて
孤独の影 紛らせた
停電した
夏の終わりに
手さぐりして
キスをしたね

あれから 僕はいくつの
夢を見て来たのだろう
瞳を閉じて見る夢よりも
瞳を開きながら WOW WOW

あれから 僕はいくつの
自由を生きてきただろう
運命の支配じゃなくて
決めてたのは
僕の“WILL”

煌めいてる
星たちは
誰かが もう見つけてる
光のない
闇のどこかに
まだ見えない
未来がある

記憶が星座のように
輝きながら 繋がる
バラバラに見えていたけど
今ならわかるよ WOW WOW

記憶が星座のように
ひとつになって教える
偶然のしわざじゃなくて
選んだのは
僕の“WILL”

過ぎてく過去は
すべて
自分の通り道
この夜の空に
変わらない永遠が
見守ってる WOW WOW

あれから 僕はいくつの
夢を見て来たのだろう
瞳を閉じて見る夢よりも
瞳を開きながら WOW WOW

あから 僕はいくつの
自由を生きてきただろう
運命の支配じゃなくて
決めてたのは
僕の“WILL”


WILL

[Mika Nakashima]


"Thattime"
We
I believed in the night sky
Of the same direction
With a telescope
Small star
I looked for it

In always para(soon)
Be
Shadow of the loneliness
I was able to change it
I was cut off
At the end of summer
Grope around
I kissed

From that
I of several
While opening the eyes than a dream to close its eyes,and to watch that would dream
WOW WOW

From that
I of several
What I decided not rule destined to have lived in freedom
My"WILL"

It glitters
Stars
Somebody
I have already found it
Of the light there is not
Somewhere of the darkness
I do not yet see it
There is the future

Memory like a constellation
In spite of being brightness
Is connected
Though I saw it separately,I know now
WOW WOW

Memory like a constellation
What I chose not an accidental act to become one,and to teach
My"WILL"

The past that passes
All
One'sway
In this night sky
The immortality that does not change
I watch it
WOW WOW

From that
I of several
While opening the eyes than a dream to close its eyes,and to watch that would dream;from WOW WOW that
I of several
What I decided not rule destined to have lived in freedom
My"WILL"



“Ano koro”tte
Bokutachi wa
Yoru no sora wo shinjite ita
Onaji muki no
Bouenkyou de
Chiisana hoshi sagashita

Itsumo soba ni
Dareka ite
Kodoku no kage magiraseta
Teiden shita
Natsu no owari ni
Tesaguri shite
KISU wo shita ne

Are kara boku wa ikutsu no
Yume wo mite kita no darou
Me wo tojite miru yume yori mo
Me wo hirakinagara WOW WOW

Are kara boku wa ikutsu no
Jiyuu wo ikite kita darou
Unmei no shihai ja nakute
Kimeteta no wa
Boku no “WILL”

Kirameiteru
Hoshi-tachi wa
Dareka ga mou mitsuketeru
Hikari no nai
Yami no dokoka ni
Mada mie nai
Mirai ga aru

Kioku ga seiza no you ni
Kagayakinagara tsunagaru
BARABARA ni miete ita kedo
Ima nara wakaru yo WOW WOW

Kioku ga seiza no you ni
Hitotsu ni natte oshieru
Guuzen no shiwaza ja nakute
Eranda no wa
Boku no “WILL”

Sugiteku kako wa
Subete
Jibun no toorimichi
Kono yoru no sora ni
Kawaranai eien ga
Mimamotteru WOW WOW

Are kara boku wa ikutsu no
Yume wo mite kita no darou
Me wo tojite miru yume yori mo
Me wo hirakinagara WOW WOW

Are kara boku wa ikutsu no
Jiyuu wo ikite kita darou
Unmei no shihai ja nakute
Kimeteta no wa
Boku no "WILL"
Labels:Nakashima Mika
Newer Post Older Post Home
Labels


歌詞ばかり♪: WILL [中島美嘉]
http://p226.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/01020lP8KVUrhdIY/0?_jig_=http%3A%2F%2Fkashibakari.blogspot.com%2F2012%2F07%2Fwill.html&_jig_keyword_=will%20%92%86%93%87%94%FC%89%C3%20%89%CC%8E%8C&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3Dwill%2B%2592%2586%2593%2587%2594%25FC%2589%25C3%2B%2589%25CC%258E%258C%26b%3D3%26trans%3D1%26ss%3D3&_jig_source_=srch&guid=on
posted by arena8order at 05:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

兵糧攻め…攻城戦(siege)とは敵の砦等を奪取する為の戦闘

Image~002.jpgImage~004.jpgImage~014.jpg
#ккк

「#兵糧攻め」に関連した英語例文の一覧
http://p218.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0102oklvH1iWveGw/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E5%2585%25B5%25E7%25B3%25A7%25E6%2594%25BB%25E3%2582%2581&_jig_keyword_=%95%BA%97%C6%8DU%82%DF%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%2F%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E5%2585%25B5%25E7%25B3%25A7%25E6%2594%25BB%25E3%2582%2581%26p%3D%2595%25BA%2597%25C6%258DU%2582%25DF%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio&_jig_source_=srch&guid=on


#攻城戦 - Wikipedia
http://p213.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0102ewgVCNK7XlUO/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E6%2594%25BB%25E5%259F%258E%25E6%2588%25A6&_jig_keyword_=%95%BA%97%C6%8DU%82%DF&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%2F%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E5%2585%25B5%25E7%25B3%25A7%26p%3D%2595%25BA%2597%25C6%258DU%2582%25DF&_jig_source_=srch&guid=on



攻城戦


コンスタンティノープルの陥落


攻城戦(こうじょうせん、英:siege)とは敵の砦、城、城壁都市を奪取するための戦闘のことである。


概要[編集]

古代から近世初期にいたるまで、野戦と並ぶ2大戦闘形態の1つであった。

『孫子』では、防御に徹する守備側を攻略することは容易ではなく、攻城は下策で最も避けるべきと述べられている。

城塞の技術は、15-16世紀の火薬、大砲、銃の活躍によって大きく変化しており、この後の要塞を攻める行為も類似の戦闘ではあるが相違点も多い。

従って、本項ではそれ以前の攻城戦を中心に記述する。

また、兵器の攻撃力が発達した現代の戦争では「大軍をもって城に立て籠った敵を攻める」という行為が行われる可能性は低いが、装備品の有無や城の定義(城参照)によってはこの限りではない。

古典的な戦記などでは会戦が多く描かれるが、実際の戦争は「小競り合い」と「攻城戦」がほとんどを占めたといえる[要出典]。

城内の防御側勢力が長期に渡り守勢に徹して攻撃側と対峙し続けることは「篭城」と呼ばれ、城が攻撃側の侵入を阻止し切れずにその支配権を明け渡すことは「落城」、「陥落」と呼ばれる。


目的[編集]

攻城戦には通常、次のような目的がある。

軍事的観点からの要衝の確保

交通の要衝など軍事的に重要な地点を確保すれば、その後、会戦をするのも持久戦に持ち込むにも有利になる。

しかし、城壁などを修復不能なまでに完全に破壊してしまえば再利用が不可能になるため、攻め手はそれに留意する必要がある。

地域の支配

地域支配の中心である城を奪えば、その地域は自ずからそれに従うようになる。

国レベルにおいてもコンスタンティノープルのような首都を奪えば、国全体の征服も容易になる。

富や物資の略奪

主に城壁都市の場合、そこに蓄えられた財宝、食料、物資が直接的な目的となることもある。

君主の捕獲

古代、中世の戦争は君主を捕らえれば終結し、逆に捕獲できなければ抵抗がいつまでも続くことが多い。

野戦では逃げられやすいが、城に追い込めば捕獲できる確率は高くなる。


作戦[編集]

短期戦と長期戦に分けられ、これは準備や装備が異なるため区別される。

短期戦

圧倒的な大軍を動員した上で、城兵の生命や安全な退去を保証したり、場合によっては、臣従を誓わせ人質を取るだけで、そのまま城を保有させるなどの寛大な条件を示し「開城交渉」を行う。

移動型、略奪型の行軍の中で、城兵が少なかったり、防備に欠陥が有るような城や城壁都市を攻撃する。

短期間で落城しなければそのまま移動を続けるもので、中国の流民軍や中世欧州地域で行なわれた。

大規模な会戦の前に戦略的優位を占めるために、要衝の城を戦力の損耗を覚悟の上で「強攻」する。

敵が警戒していない時に「奇襲」をかけて城の内部に侵入し、城による守勢側の優位性を奪う。

長期戦

まず、補給路などを確保し防御設備を築いた上で、交通路を押さえて、城を包囲する。

攻城兵器、火矢を使って城を破壊したり、印地あるいは鉄砲などの飛び道具で城兵の損傷を図る。

開城交渉や調略を行いながら、心理的な圧力をかける。

城設備の破壊度、相手の兵糧・物資の窮乏度、士気の低下度を確認するため時々、攻撃をかけてみる。

十分、弱まったと判断したら総攻撃である「強攻」をかける。

あるいは敵が食糧不足などで降伏するまで、さらに滞陣する。


攻城戦の手法[編集]

包囲[編集]

相手の数倍の戦力をもって、城を包囲し外界との接触を遮断する。

これにより水や食料、その他の備蓄軍需物資の枯渇を図ると共に、情報を遮断することにより正確な状況判断を困難にさせ、絶望感を与え士気の低下を期待する。

攻撃側の損耗は最小で済むが長期戦になり、篭城側と同様に攻城側も食料補給が求められ、兵士の士気の維持や伝染病の発生にも留意する必要がある。

攻撃側は城内からの奇襲という戦闘前面への備えだけでなく、敵軍に援軍があれば襲撃や逆に包囲されることもあるので、周囲警戒など背後への備えも求められる。

日本では「兵糧攻め」と呼ぶことが多い。

河川を堰き止めることで篭城側陣営を水浸しにして快適な生活圏を狭める「水攻め」も兵糧攻めである。

一般に、飲料水の確保や食料などの備蓄量によって守備側の篭城可能な期間が決まる。

守備側に豊富な食糧が蓄えられていると落城は容易ではないので、事前に商人を城周辺に遣わして米穀類を買い占めさせたり、付近の農民等に乱暴狼藉等を行い城内に追い込む事も行なわれた。

篭城戦では戦闘による死傷者や破壊は避けられるが、守備側では、通常の戦闘では死ぬ事の無い子供や老人など多数の餓死者を出し、死人の肉を喰らうなど悲惨な状況が生じることがあり、その面では人道的な戦法ではない。

兵糧攻めという攻城戦の戦法はガリア戦争におけるアレシアの戦い、1885年のスーダンのハルトゥーム包囲戦が代表的である。

日本では豊臣秀吉が得意とし、三木城、鳥取城、高松城で用い、小田原城攻略では対抗して石垣山城を築いて包囲戦を続けるなど、大軍をもって被害を出さずに勝つ方法として有名。

近代以降では、軍用機やミサイルの発達により、包囲で籠城側の逃げ道を断った上で、空襲などにより逃げ場のない籠城側に一方的に損害を与えることもある。

最近の例としては市街地を土堤で封鎖した上で空爆を加えたファルージャの戦闘などがある。


開城交渉[編集]

適当な条件を示したり、脅したりしながら、開城の条件を交渉する。

互いの状況は正確には判らないために駆け引きがあり、守備側にとっては早く開城すれば寛大な措置を受け、最後まで抵抗すれば略奪や虐殺されるという囚人のジレンマを感じることになる。日本では「調略」とも言う。

中世から近世の欧州では、武装解除なしで退去・明け渡しの慣習があり、将の名誉とされた。

これはキリスト教の下に「誓い」が重視された文化で発生し得た合意である。

予め一定期間内に援軍が来ない場合、開城して良いと領主から指示があることも多かった。


強攻[編集]

城壁をよじ登る、梯子、雲梯をかける、攻城塔で接近するなどして城内に入りこみ、守備塔を占拠したり城門を開くことを試みる。

攻城側の兵士が城内に侵入できても、守備兵の錬度や士気が高い場合や、城内部にさらに守備の工夫(通路の複雑化など)が施されている場合、攻城側の損害は大きくなる。

コンスタンティノポリス攻略、山中城攻城など。


城の破壊[編集]

南フランス・プロバンス地方、レ・ボー城塞のトレビュシェット

城は城壁や堀を備え、城への侵入を困難にしている。

そのため、攻撃側は強攻に先立だって、敵城の堀を埋め、城壁や城門に突破口を作り、主軍の進入路の確保する必要がある。

破城槌や投石機で城門や塔、城壁などを破壊する。

移動小舎を接近させて堀を埋めたり攻撃のための足場を築き、あるいは城壁直下に穴やトンネルを掘って壁の自重による崩壊を誘う。

火矢などで火をつける。


城兵の損傷[編集]

防備の人員を殺傷して減らすことで城の防御力の低下を図る。

弓兵や投石兵、バリスタで、城壁上や城内の敵兵を攻撃し城兵の損傷を増やす。

汚物や腐乱した死体を投げ込んで、伝染病を流行らす。

挑発するなどして敵軍を城外に誘き寄せる。


内応[編集]

利で誘ったり、内部の対立を利用して敵兵に内応させる。


奇襲[編集]

城が防御準備をしていない段階で素早く攻撃し城内に入り込む。

特に中世欧州の城や城壁都市は平時に多くの人の出入りがあるため奇襲は有効だった。


奇策、撹乱[編集]

抜け道や何らかの方法を使って少数の兵が城内に入り、撹乱したり城門を開く。


防城側(防城戦)の手法[編集]

攻城兵の損傷[編集]

攻城側と同じく長弓やバリスタによる城壁上からの射撃、投石(印地・投石器)や落石(石弓)、丸太を投下するなどにより攻城兵に損傷を与える。

糞尿・腐った卵・病死した動物の屍骸を城壁上から投げつけ、戦意喪失させる心理戦と伝染病の蔓延を兼ねる。

捕虜に獲った敵の首や胴体を城壁上から投げ落とし、損傷と心理的挑発・ダメージを与える。

煮え湯・煮え油・煮え粥(麦粥や糊化した澱粉)を浴びせる、あるいはサリヤの火(シリアの火、あるいはギリシアの火)と呼ばれる噴霧式火炎放射器で火炎放射を城壁より射掛け、城壁に貼り付く攻城兵に火傷と転落を負わせる。


挑発・戦意高揚・攻城側への戦意喪失[編集]

シュプレヒコールや演説による防城側の正当性の主張や威嚇。

流言飛語などの誤情報で情報操作。

食料を沢山食べさせた家畜を城壁から落として破裂させ、糧秣に余裕があることを見せ付け諦めさせる。

膠着状態や一時停戦申し込み後に宴会や舞踏会あるいは茶会などを開催し、時には敵の代表を招いてまだ防城に余裕があるところを見せ付ける。

攻城側の兵糧を奇襲や封鎖など輜重面で絶つまたは商業的または権威的に絶った上で兵糧攻めにし、こちらから食料を差し出して余裕を見せ付けるとともに屈辱を与えるもしくは温情を呼び起こさせる(敵に塩を送る)。

あるいは隣国と密通して挟撃や増援を見せつけ停戦や和平を申し込む。


奇襲・奇策・撹乱[編集]

抜け道を通り城外へと少数精鋭で出兵し、攻城側の背後や側面を衝く、あるいは逃亡して城から遠くへと引き付けて撹乱するなど陽動し、城内本隊と呼応して攻城側の退路を絶ち挟撃する。


中世欧州における攻城戦[編集]

城は城壁や堀を備え、城への侵入を困難にしている。そのため、攻撃側は強襲に先立だって、敵城の堀を埋め、城壁や城門に突破口を作り、また防備の人員を殺傷して減らすことで城の防御力の低下と主軍の進入路の確保を目的とするのである。

挑発するなどして守備兵を城外に誘い出す。

火矢などで火をつける。

破城槌や投石機で城門や塔、城壁などを破壊する。

移動小舎を接近させて堀を埋めたり攻撃のための足場を築き、あるいは城壁直下にトンネルを掘って壁の自重による崩壊を誘う。

城壁に雲梯を立てて兵士を突入させ、内部から城門を開くなどして進入路を確保し、自軍を招き入れる。

上記のような攻撃の際に、弓兵や投石兵、バリスタで城壁上や城内の敵兵を攻撃して作業中の味方を援護する。

中世末期には城壁基部の地盤に穴を掘り、火薬や燃焼した空気圧で城壁の崩壊を行なうこともあった。

中世欧州では、大規模な軍隊の移動時に兵站の確保が充分に行なわれることは少なかったので、攻城側は城の周囲に留まって作戦を行なえる期間が短かった。


中世欧州の攻城兵器[編集]

雲梯-攻城塔:はしごだけでは城壁の上から弓兵に射抜かれるので、覆いを備えた攻城塔となった

破城槌:矢からの防御に覆いとなる屋根(とおそらくは壁も)が備わるが、城壁上から降り注がれた熱湯、煮え油、溶解金属などからの防護能力には限界があった

投石機(カタパルトやオナガー、トレビュシェット):石だけでなく火を放つ可燃物や動物の死体、守備側兵士の死体、他の不衛生な物なども投げ入れた

バリスタ

テストゥド(Testudo):頑丈な屋根と片側の壁面、車輪を備えた長屋状の移動式小屋である。これらを多数作り城壁近くへ移動させて廊下、ギャラリー(Gallery)を形成する。

兵士を城壁から放たれる矢や落下物から保護しながら城壁直下まで接近させ、地盤を掘るなどの破壊作業のための安全な環境を作る。

堀を埋める材料を運んだりする事にも使われる


近代戦[編集]

攻城戦や狭義の「兵糧攻め」ではないが、近代戦においては、第二次世界大戦中の拉孟・騰越包囲戦、バルジの戦いでのバストーニュ包囲戦、インパール作戦でのコヒマ包囲戦がそれに近い。

例に挙げた内、攻囲側が勝利したのはハルトゥーム包囲戦と拉孟・騰越包囲戦である。

コヒマ包囲戦の日本陸軍はイギリス軍の空輸作戦の前に屈し、やがてインパール作戦の破滅的な瓦解へと繋がった。


包囲戦一覧[編集]

外国の主な攻城戦[編集]

ロードス包囲戦

アレシアの戦い

バグダードの戦い

コンスタンティノープル包囲戦

第一次ウィーン包囲

襄陽・樊城の戦い

第二次ウィーン包囲

旅順攻囲戦

南京攻略戦


日本の主な攻城戦[編集]

後三年の役

千早城の戦い

小田原征伐

大坂の陣

石山合戦(石山本願寺包囲戦、石山戦争とも)

三木城の干し殺し(三木合戦)

鳥取城の飢え殺し

有岡城の戦い

長谷堂城の戦い


日本三大水攻め[編集]

備中高松城の水攻め(備中高松城の戦い)

紀伊太田城の水攻め

武蔵忍城の水攻め


注記[編集]

^ 百年戦争時のイングランド軍が取った戦法が例である。

^ 17世紀のオスマン帝国によるウィーン包囲では、都市生活者の排便による悪臭が酷かったという。また、楠木正成は城から糞尿をかけて攻撃したことで有名である。

^ テストゥド、Testudoはラテン語で「亀」を意味し、移動式の小屋である。ローマ軍の歩兵の防御隊形の名前でもある。


出典[編集]

^ マーチン・ファン・クレフェルト著 佐藤佐三郎訳 『補給戦』 中公文庫 2006年5月25日初版発行 ISBN 4122046904


関連項目[編集]

要塞

陣地防御

戦術

ヴォーバン、星形要塞


参考文献[編集]

Bell, J. B. 1966. Besieged: Seven cities under siege. Philadelphia: Chilton Books.

Duffy, C. 1975. Fire and stone: The science of fortress warfare, 1660-1860. Newton Abbot, England: Dvid and Charles.

Duffy, C. 1979. Siege warfare. 2 vols London: Routledge and Kegan Paul.

Fall, B. B. 1966. Hell in a very small place: The siege of Dien Bien Phu. Philadelphia: Lippincott.

Pepper, S. 1986. Firearms and fortifications: Military architecture and siege warfare in sixteenth century Siena. Chicago: Univ. of Chicago Press.


http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=攻城戦&oldid=49539276」から取得

カテゴリ:
戦闘
戦術
包囲戦
軍事史

要塞
posted by arena8order at 03:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

狂犬病ウイルス(Rabies virus)

Image~002.jpg
#ккк #OIE #WorldOrganisation

#狂犬病ウイルス - Wikipedia
http://p219.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0102TVAhYWMqcywd/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E7%258B%2582%25E7%258A%25AC%25E7%2597%2585%25E3%2582%25A6%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25AB%25E3%2582%25B9&_jig_keyword_=%8B%B6%8C%A2%95a%20%83E%83B%83%8B%83X&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%258B%25B6%258C%25A2%2595a%2B%2583E%2583B%2583%258B%2583X&_jig_source_=srch&guid=on



狂犬病ウイルス


狂犬病ウイルスの電子顕微鏡写真(灰色の円形から棒状の粒子)。

分類(ウイルス)


群 : 第5群(1本鎖RNA -鎖)
目 : モノネガウイルス目 Mononegavirales
科 : ラブドウイルス科 Rhabdoviridae
属 : リッサウイルス属 Lyssavirus
種 : 狂犬病ウイルス Rabies virus
学名

Rabies virus
Jones, 1931


狂犬病ウイルス(Rabies virus) とは、ラブドウイルス科リッサウイルス属に属するウイルスの1種。

狂犬病の病原体である。


概要[編集]

狂犬病ウイルスはマイナス1本鎖RNAウイルスで、ビリオンは弾丸のような形をした円筒形である。

ヒトに感染するウイルスは多くは正多面体のビリオンを持つため、これは珍しい形である。

実際、狂犬病ウイルスはヒトやイヌだけでなく、全ての哺乳類に感染し、また昆虫によって媒介される。

円筒の長さは180nm、直径は75nmある。

先端の一方は丸みを帯びた円錐形であり、もう一方は平坦か凹んでいる。

リポタンパク質のエンペローブは平坦な部分以外を覆っている。

内部には螺旋状のリポ核タンパク質とRNAがある。

RNAはラブドウイルス科に多く見られる L (Large protein) 、G (Glycoprotein) 、N (Nucleoprotein) 、P (Phosphoprotein) 、M (Matrix protein) の5つの遺伝子が見られる。

ゲノム全体の長さは1万1615から1万1966塩基対である。

増殖は感染した細胞の細胞質で行われる。

狂犬病ウイルスの遺伝子は約1500年間という短い期間で進化したと考えられている。


感染[編集]

「狂犬病」も参照 狂犬病ウイルスは主に感染した生物の唾液を経由し、傷口などから侵入して感染する。

それ以外の感染経路は、稀なケースとして狂犬病の患者の臓器を移植した事による感染の報告はあるが、輸血による感染は報告されていない。

狂犬病ウイルスが体内に入ると、エンドソームを経由して神経細胞の細胞質に入り込みその中で増殖する。

これは、エンドソーム内が低いpHに保たれているため、ウイルスのゲノムが生き残るためである。

この時細胞質にはネグリ小体と呼ばれる特有の封入体が形成される。

末梢神経を介して脳神経に達し、そこで初めて狂犬病を発症する。

したがって脳神経から離れた部位から感染するほど、潜伏期間は長くなる。

一般に潜伏期間は1ヶ月から3ヶ月であるが、長い場合には1年から2年に達する。

発症した場合、実験段階であるミルウォーキー・プロトコル以外の有効な治療法はなく、ほぼ100%死亡する非常に致死性の高いウイルスである。

発症前の場合狂犬病ワクチンの複数回の接種が行われる。


分布[編集]

狂犬病ウイルスはほぼ全世界に分布しており、ウイルスを保持している動物の種類もイヌ、コウモリ、キツネ、マングースなど様々である。

日本は1950年に定められた狂犬病予防法に基づき狂犬病ウイルスの撲滅を行い、約7年で撲滅に成功した。

日本においては他国を旅行中にイヌに噛まれて感染し、帰国後発症し死亡したケースを除いては、1956年のヒトと、1957年のネコの発生を最後に確認されていない。

1年間に約5万5000人が死亡しているが、そのうちの3万人以上はアジアである。

他に感染が報告されていない国は、日本の厚生労働大臣が指定するものはオーストラリア、ニュージーランド、フィジー共和国、アイスランド、アイルランド、ノルウェー、スウェーデンと、アメリカ合衆国のグアムおよびハワイ、イギリスのグレート・ブリテン島および北アイルランドである。

それ以外の国や地域は1人以上の感染が報告されているか、もしくは報告がない。

アメリカ疾病予防管理センターが土着の報告がないとする地域はもう少し広い地域が指定されている。


扱い[編集]

日本においては感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律に基づき4類感染症に指定されている。

またこれとは別にイヌには狂犬病予防法、ウシやウマなどには家畜伝染病予防法が適用されている。

咬傷事故を起こした動物は捕獲後2週間の観察が義務付けられている。

これは、2週間以内に狂犬病を発症しない動物は咬傷時点での感染が否定されるからであるのと、感染の疑いがあるヒトを検査しても感染の有無を把握できないためである。


その他[編集]

狂犬病ワクチンは1885年にルイ・パスツールとエミール・ルーによって開発・使用された。

世界初のワクチンはエドワード・ジェンナーが1796年に開発した天然痘ワクチンであるが、天然痘ワクチンは天然痘ウイルスではなく、ウイルスの種類が似ている牛痘ウイルスを用いたもので、ウイルスを弱毒化して使用する不活化ワクチンを世界で初めて開発し、それに理論的裏付けを加えたのはパスツールとルーの成果である。

ただしウイルス以外を含めた病原体全般では、真正細菌の炭疽菌のワクチンが1881年に世界で初めて開発された不活化ワクチンである。


出典[編集]

^ 狂犬病厚生労働省

^ Replication strategies of rabies virus.National Center for Biotechnology Information

^ Rabies complete genomeNational Center for Biotechnology Information

^ Molecular phylogenetics of the lyssaviruses--insights from a coalescent approach.National Center for Biotechnology Information

^ 臓器移植による狂犬病感染の調査、2004年−米国感染症疫学センター

^a b c d e 狂犬病に関するQ&Aについて厚生労働省

^ A Cure for Rabies?Scientific American

^ RabiesCenters for Disease Control and Prevention

^ Louis PasteurElectroOptics & Nanotechnology

^ Pasteur's work on rabies: Reexamining the ethical issues diagnosis for developing countriesHastings Center Report

^ An Inquiry into the Causes and Effects of the Variolae Vaccinae by Edward JennerOnline Reader


関連項目[編集]

ネグリ小体

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=狂犬病ウイルス&oldid=48729780」から取得

カテゴリ:
ウイルス
ウイルス学



Home: #OIE - World Organisation
http://p219.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0102TVAhYWMqcywd/ci?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.oie.int%2F&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=%8B%B6%8C%A2%95a%20%B3%A8%D9%BD&_jig_xargs_=SKeywords%3D%258b%25b6%258c%25a2%2595a%2520%25b3%25a8%25d9%25bd%26xargs%3D7&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%258B%25B6%258C%25A2%2595a%2B%2583E%2583B%2583%258B%2583X&guid=on
posted by arena8order at 02:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。