2014年01月01日

行政書士…官公署に提出書類等の作成、手続の代理。国家資格者。

kosumosu.jpg20090627000027.jpg_.jpg

#行政書士 - Wikipedia
http://p220.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0101PcZcBJUabz7R/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E8%25A1%258C%25E6%2594%25BF%25E6%259B%25B8%25E5%25A3%25AB&_jig_keyword_=%8Ds%90%AD%8F%91%8Em&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%258Ds%2590%25AD%258F%2591%258Em%26fr%3D&_jig_source_=srch&guid=on



行政書士

資格種類 国家資格
分野 法律
試験形式 筆記試験
認定団体 総務省
等級・称号 行政書士
根拠法令 行政書士法
公式サイト 財団法人行政書士試験研究センター


行政書士(ぎょうせいしょし)とは、行政書士法に基づき、官公署(省庁、都道府県、市町村、警察署、保健所その他の行政機関等)に提出する書類及び権利義務・事実証明に関する書類(契約書、議事録、会計帳簿、図面類等)の作成、提出手続きの代理、作成に伴う相談に応ずることなどを業とする日本国の国家資格者(隣接法律専門職)。


概要[編集]

行政書士法には、平成9年(1997年)に目的規定(1条)が追加され、行政書士制度の目的が明確化された。

行政書士法第1条「この法律は、行政書士の制度を定め、その業務の適正を図ることにより、行政に関する手続の円滑な実施に寄与し、あわせて、国民の利便に資することを目的とする。」

行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類(電磁的記録を含む)及び権利義務・事実証明に関する書類に関して、法律に基づき作成、作成・提出を代理し、加えて、当該書類作成に伴う相談に応ずることを業とする。

行政書士法に基づき、行政書士が作成することができる書類は、その名称のごとく許認可等の申請書・添付書類など行政機関に対する書類の他に、契約など私人間(民間の個人や企業・団体の間)で交わされる法律的な書類(権利義務・事実証明に関する書類)もあり、数千種類に及ぶと言われる。

ただし、他の法律で制限されているものは扱えない。


資格・登録[編集]

行政書士となる資格[編集]

行政書士試験に合格した者(行政書士法2条1号)。

弁護士、弁理士、公認会計士、税理士となる資格を有する者(行政書士法2条2〜5号)。

国又は地方公共団体の公務員として「行政事務」を担当した期間及び特定独立行政法人又は特定地方独立行政法人の役員又は職員として「行政事務」に相当する事務を担当した期間が通算して20年以上(高等学校・大学等を卒業した者は17年以上)になる者。

ここにいう「行政事務」とは、行政機関の権限に属する事務のみならず、立法ないし司法機関の権限に属する事務も含まれるが、単なる労務、純粋の技術、事務の補助等に関する事務は含まれず、文書の立案作成、審査等に関連する事務であることおよびある程度、その者の責任において事務を処理していることが必要とされる。

「行政事務」を担当する者であるかどうかについて具体的な例示として

(1)警察官・消防吏員の庁内勤務は該当する場合が多く
(2)地方公共団体の議会の議員は該当しないが書記は該当し
(3)選挙管理委員、監査委員、教育委員、農地委員等いわゆる行政委員会の委員は該当し
(4)地方公共団体の経営する病院の医師で衛生行政に関与しない者は該当せず
(5)教育公務員については一般に該当しないがいわゆる教育行政に関与する地位にある者すなわち学長、校長、教頭、部局長、教育長等は該当すると回答されている。

(旧地方自治庁行政課長通知/昭和26年9月13日)。


欠格事由[編集]

次のいずれかに該当する者は、上記にかかわらず、行政書士となる資格を有しない。

未成年者

成年被後見人または被保佐人

破産者で復権を得ない者

禁錮以上の刑に処せられた者で、その執行を終わり、または執行を受けることがなくなってから3年を経過しない者

公務員(特定独立行政法人または特定地方独立行政法人の役員または職員を含む)で懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から3年を経過しない者

6条の5第1項の規定により登録の取消しの処分を受け、当該処分の日から3年を経過しない者

14条の規定により業務の禁止の処分を受け、当該処分の日から3年を経過しない者

懲戒処分により、弁護士会から除名され、公認会計士の登録の抹消の処分を受け、弁理士、税理士、司法書士もしくは土地家屋調査士の業務を禁止され、または社会保険労務士の失格処分を受けた者で、これらの処分を受けた日から3年を経過しない者


登録[編集]

行政書士となる資格を有する者が、行政書士となるには、日本行政書士会連合会の行政書士名簿に登録を受けなければならない。

なお、登録の際には登録料や会費として30万円前後が必要となり、その後も会費として毎年6万円前後が必要である。

これらの金額は都道府県によって多少の差がある。登録を行わないと、行政書士としての業務を行ってはならないのはもちろんのこと、行政書士と名乗ることもできない。

平成25年2月時点の登録者数は43,474名、355法人である。


徽章[編集]

行政書士の徽章はコスモスの花弁の中に篆書体の「行」の字をデザインしたものである。

(素材は、純銀の台座に金メッキ貼り)。
なお、行政書士補助者は補助者登録を行うことで補助者徽章の交付を受けることができる(デザインはコスモスの花弁の中に「補」の記載。

素材は、合金製 光沢ニッケルメッキ)。


監督[編集]

行政書士に対する懲戒は、都道府県知事が行う(行政書士法14条)。

都道府県知事は、行政書士会につき、報告を求め、または勧告することが出来る(18条の6)。


非行政書士の取り締まり[編集]

他の法律に定めがある場合を除き、後述する独占業務を行政書士または行政書士法人でない者が業として報酬を得て行うと、1年以下の懲役または100万円以下の罰金の適用がある。


業務[編集]

独占業務[編集]

(行政書士法第1条の2)

官公署に提出する書類その他権利義務又は事実証明に関する書類を作成すること(第1項)


非独占業務[編集]

(行政書士法第1条の3)

官公署に提出する書類の提出手続について代理すること(第1号)

官公署に提出する書類に係る許認可等に関して行われる聴聞又は弁明の機会の付与の手続その他の意見陳述のための手続において当該官公署に対してする行為について代理すること(第1号)

契約その他に関する書類を代理人として作成すること(第2号)

行政書士が作成することができる書類の作成について相談に応ずること(第3号)


税理士との共管業務[編集]

(税理士法51条の2 行政書士等が行う税務書類の作成 )

行政書士又は行政書士法人は、それぞれ行政書士又は行政書士法人の名称を用いて、他人の求めに応じ、ゴルフ場利用税、自動車税、軽自動車税、自動車取得税、事業所税その他政令で定める租税に関し税務書類の作成を業として行うことができる。

(同施行令14条の2 行政書士が税務書類の作成を行うことができる租税)

法第五十一条の二 に規定する政令で定める租税は、石油ガス税、不動産取得税、道府県たばこ税(都たばこ税を含む。)、市町村たばこ税(特別区たばこ税を含む。)、特別土地保有税及び入湯税とする。


社会保険労務士との共管業務[編集]

(行政書士法昭和55年改正附則2項)

この法律の施行の際(昭和55年9月1日/原文に記載なし)現に行政書士会に入会している行政書士である者は、「当分の間」、この法律による改正後の行政書士法第一条第二項の規定(行政書士は、前項の書類の作成であっても、その業務を行うことが他の法律において制限されているものについては、業務を行う事ができない/原文に記載なし)にかかわらず、他人の依頼を受け報酬を得て社会保険労務士法(昭和四十三年法律第八十九号)第二条第一項第一号及び第二号に掲げる事務(労働、社会保険法令上の申請書等・帳簿書類の作成/原文に記載なし)を業とする事ができる。


出入国管理法に規定される行政書士業務(申請取次業務)[編集]

弁護士又は行政書士が外国人に代わって入国管理局の手続きをするときは、一定の手続きについて、依頼した外国人の出頭を要さない。

(出入国管理及び難民認定法施行規則 6条の2第4項、19条第3項、59条の6第2項)


業務制限[編集]

上記業務に外形上含まれる業務であっても行政書士は、他の法律により制限される業務は行えない。


記名義務[編集]

行政書士は、その作成した書面について記名しその職印を押印しなければならない(行政書士法施行規則第9条第2項)。


行政書士に関する組織[編集]

行政書士法人[編集]

行政書士法人とは、業務を組織的に行うことを目的として行政書士が共同して設立した法人をいう。

行政書士法人の社員は行政書士でなければならない(行政書士法13条の5)。

行政書士法人は、政令で定めるところにより、登記しなければならない(13条の7)。

行政書士法人は、その事務所に、当該事務所の所在地の属する都道府県の区域に設立されている行政書士会の会員である社員を常駐させなければならない(13条の14)。


行政書士会(単位会)[編集]

行政書士会は、会員の品位を保持し、その業務の改善進歩を図るため、会員の指導及び連絡に関する事務を行うことを目的とする。

会則を定め都道府県知事の認可を受けなければならない(行政書士法16条の2)。

組合等登記令により登記しなければならない(行政書士法16条の3)、登記を怠ったときは、代表者が30万円以下の過料に処せられる(行政書士法24条)。

毎年1回、会員の事務所の所在地等を都道府県知事に報告しなければならない(行政書士法17条1項)。

行政書士として登録を受けたとき、その行政書士会の会員となる(行政書士法16条の5)。

会員に対して会員証を交付しなければならない(行政書士法施行規則13条,会員証は、業務中、官庁や役所の窓口で提示する身分証明書となる)。


日本行政書士会連合会[編集]

日本行政書士会連合会は都道府県単位に設立された行政書士会の上部組織である。

詳しくは日本行政書士会連合会を参照。


行政書士試験[編集]

受験資格に制限はない。

毎年度11月第2日曜日に、全国47都道府県で行われる。

総務大臣が定めるところにより都道府県知事が行う。

都道府県知事は総務大臣の指定する指定試験機関に委任することができ、現在は財団法人行政書士試験研究センターが試験を実施している。

具体的には総務大臣が試験期日、試験科目、試験の方法、合格発表期日、合格証、試験の公示等の試験の骨子を定め、都道府県知事が合格の決定に関する事務(合格基準の設定)を行い、指定試験機関が試験問題の作成、答案の採点、試験会場の確保、試験監督などを行っている。

試験科目は、業務に関する法令として憲法、民法、行政法、商法、基礎法学があり、業務に関する一般知識として政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解がある。

また、平成17年度まで試験科目であった行政書士法、戸籍法、住民基本台帳法、労働法、税法等も一般知識として出題され得る、としている。

試験問題は、毎年度4月1日現在施行の法律に準拠して出題される。

出題形式は、5つの選択肢から1つを選ぶ択一式と、40字程度の記述式(法令科目のみ)の組合せである。

合格基準は、全体で60%以上の得点をしつつ、法令科目で50%、一般知識で40%の得点をしていることである。

ただし、問題の難易度により、補正的措置が採られることがある。

試験制度改革に伴い、平成18年度試験以降、年々その難易度は高まる傾向にあり、法律系の難関資格として認知されている。


行政書士試験合格率

年度 申込者(人) 受験者(人) 合格者(人) 合格率

平成元年度 − 21,167 2,672 12.62%
平成2年度 − 22,406 2,480 11.07%
平成3年度 − 26,228 3,092 11.79%
平成4年度 − 30,446 2,861 9.40%
平成5年度 − 35,581 3,434 9.65%
平成6年度 − 39,781 1,806 4.54%
平成7年度 − 39,438 3,681 9.33%
平成8年度 43,267 36,655 2,240 6.11%
平成9年度 39,746 33,957 2,902 8.55%
平成10年度 39,291 33,408 1,956 5.85%
平成11年度 40,208 34,742 1,489 4.29%
平成12年度 51,919 44,446 3,558 8.01%
平成13年度 71,366 61,065 6,691 10.96%
平成14年度 78,826 67,040 12,894 19.23%
平成15年度 96,042 81,242 2,345 2.89%
平成16年度 93,923 78,683 4,196 5.33%
平成17年度 89,276 74,762 1,961 2.62%
平成18年度 88,163 70,713 3,385 4.79%
平成19年度 81,710 65,157 5,631 8.64%
平成20年度 79,590 63,907 4,133 6.47%
平成21年度 83,819 67,348 6,095 9.05%
平成22年度 88,651 70,576 4,662 6.60%
平成23年度 83,543 66,297 5,337 8.05%
平成24年度 75,817 59,948 5,508 9.19%


関連項目[編集]

行政書士法

司法書士

カバチタレ!


外部リンク[編集]

行政書士法(法令データ提供システム)

行政書士法施行規則(法令データ提供システム)

財団法人行政書士試験研究センター

日本行政書士会連合会


総務省所管の資格・試験

自治行政局
行政書士試験


総合通信基盤局
無線従事者国家試験(総通・海通・海特・航空通・航空特・陸技・陸特・アマ) -無線局免許状-電気通信主任技術者試験-工事担任者試験


消防庁
危険物取扱者試験-消防設備士試験-消防設備点検資格者-防火管理者-防火対象物点検資格者-防災管理者-防災管理点検資格者

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=行政書士&oldid=49229139」から取得

カテゴリ:
行政書士
日本の国家資格
業務独占資格
総務省



代書 - Wikipedia
http://p221.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0101bKNkgwRzjZVT/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E4%25BB%25A3%25E6%259B%25B8&_jig_keyword_=%91%E3%8F%91%89%AE&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2591%25E3%258F%2591%2589%25AE&_jig_source_=srch&guid=on
posted by arena8order at 21:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生活保護ガイド Welfare guide

index_eyecatch.jpgTKY201301170228.jpgorg_90976_227945~001.jpg
#ккк #神奈川県 #藤沢市

#生活保護制度- #厚生労働省 → #Livelihood #protection_system- #Ministry of Health, Labour and Welfare

http://p206.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/01010qP2e5f1gbPn/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.mhlw.go.jp%2Fbunya%2Fseikatsuhogo%2Fseikatuhogo.html&_jig_keyword_=%90%B6%8A%88%95%DB%8C%EC&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2590%25B6%258A%2588%2595%25DB%258C%25EC%26fr%3D&_jig_source_=srch&guid=on



生活保護ガイド → Welfare guide

http://p215.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0101y0D3RxahI0E7/0?_jig_=http%3A%2F%2Fseikatsuhogo.jp%2F&_jig_keyword_=%90%B6%8A%88%95%DB%8C%EC&_jig_done_=http%3A%2F%2Fimgsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fimgsearch%2Fdetail%3Fp%3D%2590%25B6%258A%2588%2595%25DB%258C%25EC%26ib%3D32&_jig_source_=simg&guid=on



人生は思わぬところでさまざまな不運に見舞われることがあります。 → As forthelife, may be hit by various misfortune unexpectedly.

「家庭の事情で収入を得ることができない」「病気で働くことが難しく生活が苦しい」「母子家庭になってしまった」「もらえる年金が少なくて生活が困難」どうにもならないのがお金の問題ですよね。 → "Cannot getanincome by domestic circumstances";"it is difficult to work foradisease,and life is painful";"it has been inthefamily of mother and child";it isaproblem ofthemoney that "there are few pensions to get,and difficulty is helpless life".

このように、さまざまな事情で生活が困難な方に「最低限度の生活を保証」するのが生活保護制度です。 → In this way,it isalivelihood protection system that "guarantee minimum life" in having difficulty in life by various circumstances,and do.

つまり「生活保護費」を支給し、あなたとあなたのご家族の生活、または人生の手助けをするという制度なのです。 → In other words provide with"awelfare allowance" and amasystem to help withthelife of your and your family orthelife.

生活保護で受けられる「生活保護費」を受給することによって、困窮している生活を立て直すきっかけとなり、また、ひとつの方法であり、あなたの生活の基盤となってくれるでしょう。 → It is a chance to rebuild poor life by receiving"awelfare allowance" got for welfare,and it is one method,and it will be withabase of your life again.

お金が稼げず、そのせいで生活が苦しくて悩んでいる方々に、生活保護という制度を知ってもらい、少しでも安定した生活が送れるようになってもらえたらと願っています。 → Have life is hard,andthevarious places troubled with knowthesystem calledthewelfare bytheresult without being able to earn money and pray when little,stable life has you send it.

その思いから、生活保護に関する情報をご提供し参考にして頂ければ幸いです。 → If offer information aboutthewelfare fromthethought and can refer to it.


生活保護の概要 → Summary ofthewelfare

生活保護とは、国の厚生労働省の定めにおいて、生活保護の受給を希望する方が資産や働ける能力など全てを活用してもなお生活に困窮する場合に、生活の困窮の状態に応じて必要な生活保護を行い、あなたが健康で文化的な生活を送れるよう最低限度の保障をし、また将来的に自立を助長する制度であるとしています。 → When still poor for life even if welfare in hope of receipt utilizes all including assets andtheability to work in fate of Ministry of Health, Labour and Welfare ofthecountry withthewelfare, perform necessary welfare depending onastate ofthepoverty ofthelife and guaranteethelowest that you are healthy and can liveacultural life and do it when it isasystem to promote independence in the future again.


生活保護の目的 → Purpose ofthewelfare

生活保護を利用することによって、生活保護費を受給しなければ生活が困難な方々が救われ、必要に応じて生活保護のさまざまな扶助や補助を受け、生活の基盤を取り戻しすことが可能となり、再び自立した生活に繋がることを目的としています。 → People having difficulty in life are saved by using welfare if do not receiveawelfare allowance and receive various aid and assistance ofthewelfare as needed,andItakethebase ofthelife,and it is with return possibility and is intended thatIam connected forthelife that became independent again.

生活保護を申請すると、必要に応じて各種費用に対応した扶助が受けられます。 → Theaid corresponding to various expenses is received as needed when apply for welfare.

生活保護を受給している方が、生活を営む上で必要な時にお住まいの地域の生活保護担当の民生委員や福祉事務所に申請し、支給してもらいます。 → When one receiving welfare runs life, apply toalocal welfare officer andthewelfare office in charge ofthewelfare ofthearea to live when it is necessary and have you provide.


生活扶助とは → Withthelivelihood assistance

生活保護の中で受けられる「生活扶助」とは、生活保護を受給されている方が日常生活をしていく上で必要になる費用のことです。 → "Thelivelihood assistance" received in welfare isanexpense to be necessary whentheperson that welfare is received does everyday life.

つまり生活扶助で支給される費用があなたの「生活資金」になります。 → In other wordsanexpense to be paid by livelihood assistance is your "living wage".

生活扶助は、1種と2種に分類されて毎月金銭での支給になります。 → Thelivelihood assistance is classified in one kind and two kinds;and fortheevery month money is provided.


1種 → One kind

食費などの個人的費用で、生活保護を受給している方が生活を送る上で実際に使う費用です。 → Whenthefood expenses receiving welfare forapersonal expense livesalife,it is reallyanexpense to spend.


2種 → Two kinds

水道光熱費等で、生活保護世帯で共通して使う費用を合算して算出されます。 → Add upanexpense to be common forthewater service expenses for lighting and fuel inawelfare household,and to spend and calculated.

生活保護受給世帯の方のうち母子家庭等の特定の世帯には、加算があります。 → There istheaddition inthespecific households such as families of mother and child amongthewelfare receipt household.

母子加算等 → Themother and child addition


一時扶助 → Temporary aid

生活扶助のうち、一時扶助というものがあります。 → Among livelihood assistance,there is what's called aid at one time.

生活保護世帯の中で、入院されている方がいる場合、入院中にかかるタオルやパジャマ、病院の売店で購入したときの費用にあたります。 → When there is one admitted to inawelfare household, Ihitanexpense whenIpurchased it atatowel and pajamas, thestand ofthehospital to suffer from during hospitalization.

こうした一時的に必要になる経費を一時扶助という形態で支給してもらえます。 → Have you pay suchanexpense necessary temporarily withaform calledtheaid at one time.


住宅扶助とは → Withthehousing benefit

生活保護の住宅扶助とは、賃貸アパート等の家賃や、引越しにかかる敷金礼金、契約更新時の費用、家屋の修繕費などの費用にあたります。 → Withthehousing benefit ofthewelfare, theexpenses such astherent such as rented apartments andthedeposit recompense which begin to move into, anexpense at the time ofthecontract update, therepair costs ofthehouse.

必要な場合に、金銭支給されます。 → Paid money when needed.

火災保険や共益費、管理費等は住宅扶助には該当しません。 → Fire insurance andafee for common service, theadministrative expense do not correspond to housing benefit.

アパートの家賃を除いて、引越しや更新時など住宅扶助が必要になった場合にあなたが勝手に行ってしまうと、住宅扶助適用にならない可能性があるので、必ず事前に生活保護担当員に相談しなければならないので注意してくださいね。 → Because it may not becomethehousing benefit application when you go excepttherent oftheapartment without permission when housing benefit is necessary at the time of moving or update,please warn him because you must talk withamember of welfare charge beforehand by all means.


教育扶助とは → Withtheeducation aid

生活保護の教育扶助とは、義務教育中のお子さんを扶養している方に支給されます。 → Withtheeducation aid ofthewelfare, aperson supportingachild during compulsory education is provided.

学校給食費や、修学旅行の費用、学用品費などが当てはまります。 → School meal costs andtheexpense oftheschool excursion,school things costs come under it.

学校給食費は毎月金銭で支給されますが、修学旅行費や教材費は必要になった場合に支給を求める形になっています。 → Theschool meal costs are paid for money every month,but school excursion costs andtheteaching materials costs becometheform forthesupply when they are necessary.


医療扶助とは → Withthemedical aid

生活保護の医療扶助とは、生活保護世帯の方が医療機関にかかる場合にお住まいの地域の福祉事務所に相談をし、金銭ではなく「医療券」を発行してもらい、その「医療券」で受診できるというものです。 → Talk withthelocal welfare office to live whenawelfare household hangs tothemedical institution withthemedical aid ofthewelfare and have you publish"amedical care ticket" not money and can have a medical examination withthe"medical care ticket".

病院は国(市町村)で指定されている病院になりますので生活保護担当の職員に確認すると良いでしょう。 → Because it becomesthehospital appointed inacountry(cities, towns and villages),you should confirmthehospital tothestaff in charge ofthewelfare.

医療扶助支給の対象となるのは、病院での診察と治療にかかる費用、病院に通う交通費、治療に要する材料(眼鏡やコルセット等)の費用です。 → It isanexpense of materials(glasses or corset)to need for transportation expenses,treatment to go toanexpense, thehospital suffering fromamedical examination andthetreatment atthehospital that become a target ofthemedical aid supply.

医療扶助で眼鏡を作る方法について詳しく見る。 → Look aboutamethod to make glasses with medical aid in detail.

生活保護受給者の方の申請以外で、医師による「医療券」の申請がある場合がありますが、福祉事務所に医師が病名や治療にかかる期間などの報告をし、申請が受理されると治療に要する期間の「医療券」を発行してもらえます。 → Other than application ofthewelfare recipient,there may betheapplication of"themedical ticket" bythedoctor,but report duringtheperiods whenadoctor suffers fromthename of disease and treatment tothewelfare office and have treatment publish"themedical care ticket" duringtheperiod to need it when application is accepted.


介護扶助とは → Withthecare aid

生活保護の介護扶助とは、生活保護を受給している方で「要介護」「要支援」の基準を満たしている方が適用となります。 → Care aid ofthewelfare is one receiving welfare,and "need of nursing care" "support meetingastandard required" becomestheapplication.

医療扶助と同様、金銭での支給ではありません。 → Like medical aid,it is not supply forthemoney.

介護扶助をうける場合は、「要介護認定」が必要となるので、「要介護認定申請書」と「介護保険証」を介護保険課に提出し申請手続きをします。 → Because "certification for long-term care" is necessary whenIreceive care aid, submit"acertification for long-term care application" and"acare health insurance card" tothenursing care insurance section and apply and file.

その後、家庭訪問、主治医の診断の基、介護認定審査会で「要介護度」が認定されます。 → "Aneed of nursing care degree" is authorized afterwards inahome visit, thebasis ofthediagnosis ofthechief physician, acare authorization examination committee.

申請日から1ヶ月程度で認定通知が郵送されます。 → Anauthorized notice is mailed in around one month fromanapplication day.

「要介護」が認定され、指定の居宅介護支援業者とケアプランを作成し、要介護認定通知書と共に生活保護の担当員に提出すると様々な介護制度が受けれるようになります。 → "Need of nursing care" is authorized and makes designated home care support manufacturer and care plan,and various care systems become able to catch it when they submit it toamember of charge ofthewelfare withacertification for long-term care letter of advice.


出産扶助とは → Withthedelivery aid

生活保護の出産扶助とは、生活保護を受けている方が出産時にかかる費用で、定めらた範囲で金銭での支給となります。 → Withthedelivery aid ofthewelfare, theperson who is on welfare istheexpense that it costs at birth,and it is with supply forthemoney in range.

入院助産制度という児童福祉法の制度もあり、それを活用している方も多いようです。 → There isthesystem oftheChild Welfare Law calledthehospitalization obstetrical system,and there seem to be many people utilizing it.

また母子家庭の方が出産される場合には、母子家庭専用の出産に関わる手当などの制度もあるので、福祉事務所の生活保護担当員に相談してみましょう。 → In addition, Iwill talk withamember of welfare charge ofthewelfare office because there arethesystems such as medical treatments about delivery for exclusive use ofthefamily of mother and child whenafamily of mother and child is delivered.


生業扶助とは → Withtheoccupation aid

生活保護の生業扶助とは、就労に必要となる技能や資格などを修得する場合にかかる費用を金銭で支給されるものです。 → Paidtheexpense that it costs when acquireaskill oraqualification to be necessary for working withtheoccupation aid ofthewelfare for money.

義務教育を修了し、高等学校や専門学校に進学されるお子さんにかかる費用は、教育扶助ではなく「生業扶助」から支給されます。 → Complete compulsory education and am provided withtheexpense that it costs forachild enteredahigh school andatechnical school from "occupation aid" not education aid.


葬祭扶助とは → Withthefunerals and festivals aid

生活保護の葬祭扶助とは、生活保護を受けている世帯の中で亡くなった方が出た場合に適用され、定められた範囲で金銭での支給となります。 → Whenalate person appears withthefunerals and festivals aid ofthewelfare inthehousehold which is on welfare,it is applied,and it is with supply forthemoney as far as it was established.

死亡確認の費用、ご遺体の運搬、火葬費用、納骨費用などが当てはまります → Anexpense ofthedeath confirmation, thetransportation ofthecorpse, acremation expense, acinerarium expense come under it.



「生活保護」に関連した英語例文の一覧
http://p212.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0101JlthwlwqMXnt/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E7%2594%259F%25E6%25B4%25BB%25E4%25BF%259D%25E8%25AD%25B7&_jig_keyword_=%90%B6%8A%88%95%DB%8C%EC%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E7%2594%259F%25E6%25B4%25BB%25E4%25BF%259D%25E8%25AD%25B7%26p%3D%2590%25B6%258A%2588%2595%25DB%258C%25EC%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26trans%3D0&_jig_source_=srch&guid=on
posted by arena8order at 19:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6. 鉄(鐵、iron、ferrum)は原子番号26の元素。

org_90976_227945~001.jpg
#ккк #鉄 #iron


鉄分の推奨量[編集]

鉄分の摂取についての必要量、推奨量は、以下の式で表される。

推定平均必要量=基本的鉄損失 ÷ 吸収率(0.15)

推定平均推奨量=推定平均必要量 × 1.2

20歳前後の男性の鉄分損失量は0.9 mg/日であるので、必要量は6.0 mg/日、推奨量は7.2 mg/日、となる。


月経のある女性の鉄分の必要量は、以下の式で表される。

推定平均必要量=(基本的鉄損失+月経血による鉄損失(0.55 mg/日)) ÷ 吸収率(0.15)

20歳前後の女性の鉄分損失量は0.76 mg/日であるので、必要量は8.7 mg/日、推奨量は10.5 mg/日、となる。

鉄分の耐用上限量は、0.8 mg/kg体重/日とされる。70kgの成人で56 mg/日が上限となる。


その他[編集]

鉄の同位体の一種である59Fe は、鉄動態検査に用いられる。


その他[編集]

日本では第二次世界大戦中に「夢の製鉄法」と呼ぶ騒動があった。

ある発明家が畑に砂鉄を盛り、さらにアルミニウムの粉末を加え燃焼させて純鉄を作った。

この手法により高価な溶鉱炉を要する事なく、ふんだんにある砂鉄から武器の元となる鉄を精製できると大日本帝国陸軍は色めき立った。

その実態は以前から知られたテルミット法であり、中谷宇吉郎は「1台の戦車を作るのに100台の飛行機を潰すような話」と評した。


脚注・出典[編集]

^ Demazeau, G.; Buffat, B.; Pouchard, M.; Hagenmuller, P. (1982). “Recent developments in the field of high oxidation states of transition elements in oxides stabilization of Six-coordinated Iron(V)”.Zeitschrift f r anorganische und allgemeine Chemie 491: 60.doi:10.1002/zaac.19824910109.

^ R. S. Ram and P. F. Bernath (2003).Journal of Molecular Spectroscopy 221: 261.http://bernath.uwaterloo.ca/media/266.pdf.

^ 超高純度鉄

^ 金属の超高純度化を基に高温金属材料開発、東北大学金属材料研究所ナノ金属高温材料学寄附研究部門

^ 安彦兼次、「究極の超高純度金属」、日経サイエンス2000年10月号

^ 「東北大の純鉄が標準物質に 日独で登録」、2011年1月16日、日本経済新聞

^ Audi, Bersillon, Blachot, Wapstra.The Nubase2003 evaluation of nuclear and decay properties, Nuc. Phys. A 729, pp. 3-128 (2003).

^ M. P., Fewell (7 1995).“The atomic nuclide with the highest mean binding energy”.American Journal of Physics 63(7): 653-658.doi:10.1119/1.17828 2008年2月17日閲覧。.

^ R. Nave, Carl (2005年). “The Most Tightly Bound Nuclei” (English).Hyperphysics. ジョージア州立大学(Georgia State University).2008年2月17日閲覧。

^ A 'metallic' smell is just body odourNature News

^ 鉄のにおいの正体

^ 萩原芳彦 監修 『ハンディブック 機械 改訂2版』 オーム社 2007年3月20日 p.93

^ 鄭州古栄鎮遺跡出土鋳造所

^ 翻道安『西域記』

^ ロジャー・ブリッジマン『1000の発明・発見図鑑』丸善株式会社 平成15年11月1日 p.89

^ 狩野久「吉備の国づくり」 藤井学・狩野久・竹林栄一・倉地克直・前田昌義『岡山県の歴史』山川出版社 2000年 23-24ページ

^ 司馬遼太郎「この国のかたち」文春文庫 p.113-120

^ 太田弘毅「倭寇が運んだ輸入鉄―「鉄鍋」から日本刀製作へ―」(所収:明代史研究会明代史論叢編集委員会 編『山根幸夫教授退休記念明代史論叢』上巻(汲古書院、1990年) P521-538)

^ 佐々木稔/編『火縄銃の伝来と技術』(吉川弘文館、2003年ISBN 978-4-642-03383-1)P84-87・191-201ほか。

^ 鉄と生活研究会編 『鉄の本』 2008年2月25日初版1刷発行ISBN 978-4-526-06012-0

^ 『日本の鉄鋼業』(日本鉄鋼連盟、2013年)

^a b c 八木康一編著 『ライフサイエンス系の無機化学』 三共出版、 p.155-159、1997年、ISBN 4-7827-0362-7

^a b c d Geoff Rayner-Canham, Tina Overton『レイナーキャナム 無機化学(原著第4版)』西原寛・高木繁・森山広思訳、p.355-356、2009年、東京化学同人、ISBN 978-4-8079-0684-0

^ 八木康一編著 『ライフサイエンス系の無機化学』 三共出版、 p.95、1997年、ISBN 4-7827-0362-7

^a b 八木康一編著 『ライフサイエンス系の無機化学』 三共出版、 p.163、1997年、ISBN 4-7827-0362-7

^ 「健康食品」の安全性・有効性情報「鉄解説」

^ 専門領域の最新情報 最新栄養学 第8版:建帛社

^a b 輸血後鉄過剰症の診療ガイド

^ 肝臓病食における鉄制限 (群馬県肝臓病食懇話会記録 (PDF)

^ 日本人の食事摂取基準(2010年)6.2.微量ミネラル 6.2.1.鉄(Fe)

^ 読売新聞「編集手帳」2009年5月21日13S版1面から要約


参考文献[編集]

『メイド・イン・ジャパン-日本製造業変革への指針-』(ダイヤモンド社、1994年)

『産業技術短期大学大学案内2011』(産業技術短期大学、2010年)

『産業技術短期大学五十年のあゆみ』(学校法人鉄鋼学園 産業技術短期大学、2012.4.25)

『日本の鉄鋼業』(日本鉄鋼連盟、2013年)
ほか


関連項目[編集]

隕鉄



たたら吹き

たたら研究会

産業革命

溶接

鉄バクテリア

マルテンサイト

人造黒鉛電極

KEY to METALS- データベース

製鉄所

鉄鋼業

日本鉄鋼連盟

産業技術短期大学−日本の鉄鋼業界(日本鉄鋼連盟)が設立した大学。


外部リンク[編集]

たたら- 日本の製鉄技術の歴史と解説

超高純度ベースメタルの科学(ナノメタラジー)

国立健康・栄養研究所
鉄解説 -「健康食品」の安全性・有効性情報

鉄 -「健康食品」の安全性・有効性情報


http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=鉄&oldid=50048989」から取得

カテゴリ:
posted by arena8order at 16:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5. 鉄(鐵、iron、ferrum)は原子番号26の元素。

130523powerarmor.jpg
#ккк #鉄 #iron


世界の鉄鋼生産[編集]

世界全体では、15.5億トンの粗鋼が生産されている(2012年)。


国別粗鋼生産量ベスト10(2012年)

1位中国7.17億トン
2位日本1.07億トン
3位アメリカ0.89億トン
4位インド0.77億トン
5位ロシア0.71億トン
6位韓国0.69億トン
7位ドイツ0.43億トン
8位トルコ0.36億トン
9位ブラジル0.35億トン
10位ウクライナ0.33億トン


世界の企業別粗鋼生産量ベスト10(2012年)

1位アルセロールミッタル(ルクセンブルク)8,800万トン
2位河北鋼鉄集団(中国)6,900万トン
3位新日鉄住金(日本)4,600万トン
4位鞍鋼集団(中国)4,500万トン
5位宝鋼集団(中国)4,300万トン
6位ポスコ(韓国)3,800万トン
7位武漢鋼鉄(中国)3,600万トン
8位江蘇沙鋼集団(中国)3,200万トン
9位首鋼集団(中国)3,100万トン
10位JFEスチール(日本)3,000万トン


イメージ[編集]

西洋占星術や錬金術などの神秘主義哲学では、軍神マルスと関連づけられ、その星である火星を象徴する。

これは、古くから鉄が武器の材料として利用された事や、鉄錆がくすんだ血のような色である事に由来すると思われる。

また、妖精は冷たい鉄を嫌うという伝説があり、ファンタジー小説において魔法的なものとの相性が悪いとされる。

また上記のような理由から「鉄」は「強固なもの」の代名詞となり「鉄の○○」などといえば「強固で倒しがたいもの」という比喩となる(例:鉄のカーテン、鉄の女、鉄十字、鉄人)。

一方の日本では、鉄は邪悪なものを取り除く力を持つと考えられていた時代もあった。

たとえば『遠野物語』では、怪力の河童を鉄の針で退治したり、山中で身の危険を感じた猟師が魔除け用に持っていた鉄の弾を撃つというエピソードがある[要出典]。

「鉄」の旧字体(繁体字)である「鐵」は「金・王・哉」に分解できることから、本多光太郎は「鐵は金の王なる哉」と評した。

なお、「鉄」は「鐵」の略字という説が有力であるが、使用頻度が高いために失われやすい点から、「鐵」の誤字「鉄」が略字になったという説がある。

又、「鉄」以外にも「wikt:銕」という略字もある。

しかし、「鉄」の表記は「金を失う」となるため、製鉄業者・鉄道事業者などでは忌み嫌う傾向も見られ、あえて繁字体の「鐵」を使用する会社(新日本製鐵、大井川鐵道、和歌山電鐵など)や、「金が矢のように入る」とするため本来は鏃の意味を持つ「wikt: 」の字を「鉄」の代替としてロゴで使用する会社(四国旅客鉄道を除くJR各社)も存在する。

鉄はその用途から、機械や人工物を象徴する元素として用いられることも多い。

対する人間・生物の象徴としては、有機化合物の主要元素である炭素(元素記号C)が用いられる。


生体内での利用[編集]

鉄分の役割[編集]

鉄の生物学的役割は非常に重要である。

赤血球の中に含まれるヘモグロビンは、鉄のイオンを利用して酸素を運搬している。

ヘモグロビン1分子には4つの鉄(U)イオンが存在し、それぞれがポルフィリンという有機化合物と錯体を形成した状態で存在する。

この錯体はヘムと呼ばれ、ミオグロビン、カタラーゼ、シトクロムなどのタンパク質にも含まれる。

ヘモグロビンと酸素分子の結合は弱く、筋肉のような酸素を利用する組織に到着すると容易に酸素を放出することができる。

フェリチンは鉄を貯蔵する機能を持つタンパク質ファミリーである。

その核は鉄(V)イオン、酸化物イオン、水酸化物イオン、リン酸イオンからなる巨大なクラスター(オキソヒドロキソリン酸鉄)で、分子あたり4500個もの鉄イオンを含む。

おもな鉄含有タンパク質

タンパク質名

1分子中の鉄原子数

機能

ヘモグロビン 4 血液中のO2輸送

ミオグロビン 1 骨格筋細胞中のO2貯蔵

トランスフェリン 2 血液中のFe3+輸送

フェリチン 4500以下 肝臓、脾臓、骨髄などの細胞中でのFe3+貯蔵

ヘモシデリン 103〜104 Feの貯蔵

カタラーゼ 4 H2O2の分解

シトクロムc 1 電子移動

鉄-硫黄タンパク質 2〜8 電子移動


鉄分の吸収[編集]

肉や魚のミオグロビンやヘモグロビンに由来するポルフィリンと結合した鉄はヘム鉄と呼ばれ、非ヘム鉄と比較して2-3倍体内への吸収率が高い。

非ヘム鉄は、ビタミンCと一緒に摂取すると、水溶性の高いFe2+に還元されて体内への吸収が促進されるが、玄米などの全粒穀物に含まれるフィチン酸、お茶や野菜類に含まれるポリフェノールなどは非ヘム鉄の吸収を阻害する。


鉄分の不足[編集]

体内の鉄分が不足すると、酸素の運搬量が十分でなくなり鉄欠乏性貧血を起こすことがあるため、鉄分を十分に補充する必要がある。

鉄分は、レバーやホウレンソウなどの食品に多く含まれ、その他に鉄分を多く含む食品は、ひじき、海苔、ゴマ、パセリ、アサリ、シジミなどである。

これらを摂取することで鉄分の不足が改善される。

また鉄の溶解度が小さい土壌で育てられる植物などでは、鉄吸収が不足することで植物の成長が止まり黄化することがある。

この症状は、土壌に水溶性型の鉄肥料を与えるなどすると一時的に改善されるが、植物中に含まれる鉄量が増えるわけではなく、ビタミンAの含有量が増えることがわかっている。

したがって、鉄肥料を与えることは植物中の鉄分ではなくビタミンAを増やすことに役立つ。

植物の鉄欠乏を長期的に改善するには、土壌に大量の硫黄を投入するなどして、土壌質を変える必要がある。

なお陸上植物に限らず、藻類も微量の鉄を必要とする。


鉄分の過剰[編集]

一方で、過剰な鉄の摂取は生体にとって有害である。

自由な鉄原子は過酸化物と反応しフリーラジカルを生成し、これがDNAやタンパク質、および脂質を破壊するためである。

細胞中で鉄を束縛するトランスフェリンの量を超えて鉄を摂取すると、これによって自由な鉄原子が生じ、鉄中毒となる。

余剰の鉄はフェリチンやヘモジデリンにも貯蔵隔離される。

過剰の鉄はこれらのタンパク質に結合していない自由鉄を生じる。

自由鉄がフェントン反応を介してヒドロキシラジカル(OH )等の活性酸素を発生させる。

発生した活性酸素は細胞のタンパク質やDNAを損傷させる。

活性酸素が各臓器を攻撃し、肝臓には肝炎、肝硬変、肝臓がんを、膵臓には糖尿病、膵臓癌を、心臓には心不全を引き起こす。

ヒトの体には鉄を排出する効率的なメカニズムがなく、粘膜や粘液に含まれる1-2mg/日程度の少量の鉄が排出されるだけであるため、ヒトが吸収できる鉄の量は1-2mg/日程度と非常に少ない。

しかし血中の鉄分が一定限度を超えると、鉄の吸収をコントロールしている消化器官の細胞が破壊される。

この為、高濃度の鉄が蓄積すると、ヒトの心臓や肝臓に恒久的な損傷が及ぶ事があり、最悪の場合は死に至ることもある。

鉄中毒の治療には、デフェロキサミンが投与される。


鉄分の許容量[編集]

米国科学アカデミーが公表している DRI 指数によれば、ヒトが1日のうちに許容できる鉄分は、大人で45 mg、14歳以下の子供は40 mgまでである。

摂取量が体重1 kgあたり20 mgを超えると鉄中毒の症状を呈する。

鉄の致死量は体重1 kgあたり60 mgである。

6歳以下の子供が鉄中毒で死亡する主な原因として、硫酸鉄を含んだ大人向けの錠剤を飲み過ぎるケースがあげられる。

なお、遺伝的な要因により、鉄の吸収ができない人々もいる。

第六染色体のHLA-H遺伝子に缺陥を持つ人は、過剰に鉄を摂取するとヘモクロマトーシスなどの鉄分過剰症になり、肝臓あるいは心臓に異変を来す事がある。

ヘモクロマトーシスを患う人は、白人では全体の0.3 - 0.8 %と推定されているが、多くの人は自分が鉄過剰症であることに気づいていないため、一般に鉄分補給のための錠剤を摂取する場合は、特に鉄欠乏症でない限り、医師に相談することが望ましい。
posted by arena8order at 16:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4. 鉄(鐵、iron、ferrum)は原子番号26の元素。

Image~012.jpg
#ккк #鉄 #iron


鉄利用の歴史[編集]

古代[編集]

今のところ製鉄技術が普及し始めたのは紀元前25世紀頃のアナトリアと考えられているが、鉄の利用自体はそれよりも古い。

メソポタミアでは紀元前3300年から紀元前3000年頃のウルク遺跡から鉄片が見つかっている。

また、エジプトのゲルゼーからも、ほぼ同時期の装飾品が見つかっている。

これらの鉄器はニッケルの含有量から隕鉄製と考えられている。

鉄利用の開始は更に有史以前に遡ると思われるが、詳細はわかっていない。

カマン・カレホユック遺跡やアラジャホユック遺跡、紀元前20 - 18世紀頃のアッシリア人の遺跡からも当時の鍛鉄が見つかっている。


古代・中世前期日本[編集]

鉄器は紀元前3世紀頃青銅とほぼ同時期に日本へ伝来した。

当初は製鉄技術はなく輸入されていた。

青銅は紀元前1世紀頃から日本で作られるようになり、製鉄は弥生時代後期後半(1 - 3世紀)頃から北部九州のカラカミ遺跡(壱岐市)や備後の小丸遺跡(三原市)で開始され、それから時代が下り出雲地方や吉備でも製鉄が行われるようになった。

総社市の千引かなくろ谷遺跡は6世紀後半の製鉄炉跡4基、製鉄窯跡3基が見つかっている。

鞴(ふいご)を使い、原料は鉄鉱石である。

製鉄炉の作り方は、これまで朝鮮半島からの導入と推定されていたが、近年の研究により、中国北東部から伝わったとされている。

また日本人支配地域であった任那においても日本に遅れて製鉄が開始され、鉄製品の生産拠点となった。

日本の製鉄法はある時期以降は「たたら」と呼ばれる一種の鋼塊炉 (bloomery) を用いた、砂鉄を原料とする直接製鉄法である。

直接製鉄法とは、砂鉄または鉄鉱石を低温で還元し、炭素の含有量が極めて低い錬鉄を生成するもので、近代の製鉄法が確立する前は(漢代以降の中国などの例外を除いて)広く世界的に見られた方法である。

日本の製鉄法の特色は、鉄の含有量が高い砂鉄を原料に用いていることであろう。

古代、中世においては露天式の野だたら法が頻繁に行われていたが、16世紀中葉から全天候型で送風量を増加した永代たらら法に発展した。

この古代以来の日本独自のたたら製鉄法では、玉鋼や包丁鉄といった複数の鉄が同時に得られるために、それが後の日本刀を生み出す礎となった。

以後、出雲は一貫として日本全国に鉄を供給し、現在でも出雲地方にその文化の名残が認められ、日立金属などの高級特殊鋼メーカーへと変貌を遂げている。

農器具が鉄器で作られるようになると、農地の開拓が進んだ。

中世日本では鉄は非常に貴重であり、鉄製の農機具は政府の持ちもので、朝借りて来て夕方には洗って返すことになっていた。

私有地の耕作には鉄の農機具を使う事が出来なかったため、良い農地は政府の所有であった。

すなわち、中世の日本の貴族は鉄の所有権を通して遠隔地にある荘園を管理した。

11世紀頃から鉄の生産量が増えると、鉄が安価に供給されるようになった。

個人が鉄の農機具を持つ事が出来るようになると、新しい農地が開墾されるようになった。


中世後期・近世日本[編集]

暦応5年(1342年)鋳物師の認可状 巻末

官営八幡製鉄所

戦国時代にあった日本では、1550年代頃に銃器の生産が普及した。

鉄の技術者は鍛冶師、鋳物師と呼ばれた。

また、永代たたらの普及により生産量が爆発的に増加したため、生産性の観点から歩止まりの良い砂鉄が採れる中国地方や九州地方への産地の集中が進むこととなった。

当時、鉄の精錬には木炭が使われた(ただし、宋代以降の中国においては石炭の利用が始まる)。

日本の森林は再生能力に優れ、幸いにも森林資源に枯渇することが無かった。

豊富な砂鉄にも恵まれており、鉄の生産量と加工技術では世界で抜きん出た存在になった。

中世後期から江戸時代にかけて、刀剣は輸出商品として長崎から輸出された。

輸出先は中国やヨーロッパである。

今日でもヨーロッパ各地の博物館で当時の貴族たちが収集した日本刀を見ることができる。

明は一貫して日本との交易を禁じる政策を取ってきたが、鄭若曽の『籌海図編』には倭寇が好んだもの(倭好)として「鉄鍋」が挙げられ、謝杰の『虔台倭纂』には「鉄鍋重大物一鍋価至一両銭、重古者千文価至四両、小鍋曁開元永楽銭二銭、及新銭不尚也」(上巻「倭利」)として記し、日本人が小鍋でも永楽銭2銭を出して手に入れようとした事が記されている。

これについて、太田弘毅は16世紀に西日本、特に倭寇とのつながりが強い瀬戸内海沿岸や九州に新興の日本刀産地が発生している事を指摘し、戦国時代に増大する日本刀需要(軍事的、あるいは密輸出用として)を賄うために中国から鉄鍋などの中古の鉄を獲得したと論じる。

また、16世紀の明の人で倭寇事情を調べるために日本を訪れて帰国後に『日本一鑑』を著した鄭舜功によれば、「其鉄既脆不可作、多市暹羅鉄作也、而福建鉄向私市彼、以作此」(巻二「器用」)と述べて日本の鉄砲に使われていた鉄がシャムや福建からの密輸品(収奪を含む)であったことを指摘している。

更に近年において佐々木稔らによって行われた日本産の鉄砲などに用いられた鉄の化学分析によれば、日本の砂鉄には含まれていない銅やニッケル、コバルトなどの磁鉄鉱由来成分の含有が確認されており、佐々木は近世以前の日本国内において磁鉄鉱の鉱床開発が確認できない以上、国外から輸入された銑鉄などが流通していたと考えざるを得ないと指摘する。

壊れた鉄製品を修復する需要があり、鉄の加工技術は日本各地で一般化していった。

鍛接・鋳掛けの他にも、金属の接合にはろう付け・リベットが使われた。

鋳物業の盛んな富山県高岡市にも鋳物師の伝統である高岡銅器があり、この地域には古い技術がよく伝承されている。

現在でもYKK、新日軽といった金属加工関係の大企業の工場が富山県に多くあるのはこの伝統と無縁ではない。

江戸幕末には、艦砲を備えた艦隊の武力を背景に開国を迫る西洋に対抗するために、大砲鋳造用の反射炉が各地に建造された。

これらは明治時代になるとより効率の良い高炉にとって代わられた。


近世ヨーロッパ[編集]

鉄を生産している所では森林破壊が深刻で、16世紀に鉄の生産が増加したイギリスでは、17世紀には鉄生産のための森林破壊が深刻となって木炭が枯渇し始め、製鉄の中心地だったウィールドでは17世紀末になると生産量が盛時だった17世紀前半の半分以下まで落ち込み、18世紀中葉には1/10まで減少した。

18世紀後半にはダービーでコークスを使った精錬が始まる。

コークスは石炭を蒸し焼きにしたもので、不純物が少なく鉄の精錬に使うことができ、火力も強かった。

コークスの発明により木材資源の心配が無くなり、鉄の生産量も増加した。


主な化合物[編集]

塩化鉄(II)(FeCl2)

塩化鉄(III)(FeCl3)

酸化鉄(II)(FeO)

四酸化三鉄(Fe3O4)

硫化鉄(II)(FeS)

硫酸鉄(II)(FeSO4)

硫酸鉄(III)(Fe2(SO4)3)

ヘキサシアノ鉄(II)酸カリウム(K4[Fe(CN)6])

ヘキサシアノ鉄(III)酸カリウム(K3[Fe(CN)6])

その他についてはCategory:鉄の化合物を参照。
posted by arena8order at 16:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3. 鉄(鐵、iron、ferrum)は原子番号26の元素。

Image~013.jpg
#ккк #鉄 #iron


最近提案/実用化されている製鉄法[編集]

溶融還元製鉄法

溶融還元炉では粉状の一般炭を酸素吹きで燃焼させ高温の一酸化炭素ガスを発生させ、予備還元した粉鉄鉱石を一気に還元し溶かして溶けた銑鉄を造る。

溶融還元炉を出た一酸化炭素ガスは流動床/回転炉/シャフト炉で鉄鉱石を予備還元する。

予備還元炉を出た一酸化炭素ガスは石炭乾燥空気の加熱などを経て、発電やスラブの再加熱、化学原料などに使用される。

利点

コークス炉、焼結炉が不要で、反応速度が速く比較的小さな溶融還元炉で大きな生産能力を持つために製鉄所新設の設備投資が高炉法より安くつく。

一般炭100 %使用可能なため、資源メジャーの原料炭値上げで大きな損害を出さなくて済む。

製鉄だけを目的とするなら半無煙炭などの炭素含有量の高い石炭を使えば、投入原単位を節約できるが、副生ガスを化学工業原料として販売できる立地なら、より安価な高揮発分石炭でガス産出を増やす事もできる。

予備還元炉の一部に流動床か回転炉を使えば、安価な粉鉱石も使える。

酸素製鉄の場合、発生する還元ガスである一酸化炭素に窒素が混入しないため、燃料としてもカロリーが高いばかりでなく、C1化学の出発原料である合成ガスとして活用できる。

日本の製鉄石炭消費は年間1億tに及び、その排ガスを活用してフィッシャー・トロプシュ法で軽油を生産したり、メタノールを生産した場合数千万tの自動車燃料を自給できる可能性があると言われている。

鉄ガス併産・化学とのコプロダクション(資源エネルギー庁省エネルギー技術戦略 9P参照)

課題

日米欧とも蒸留設備は過剰気味である。

日米欧とも鉄鋼需要は大きな成長はない。

需要の増大している中国インドでは国産鉄鋼の価格が安く冷延鋼板より上流の製品では日米欧製品は価格が高すぎて売れないので、日本鉄鋼メーカーの設備投資は亜鉛/錫メッキ鋼板設備など下流高級用途に集中している。

中国では熱効率が悪く二酸化炭素排出が多い中小高炉が乱立する様相を示しており、地球環境の視点からは、製鉄企業の適正な合併指導と新製鉄法の技術供与が望まれるが、それは中国インド産鋼鉄の価格競争力を高め、日本産鉄鋼の価格競争力が地盤沈下するブーメラン効果の原因ともなりうる(中国鉄鋼生産の現状と神戸製鋼の対中技術供与)。

鉄鋼会社が溶融還元法に転換すると、現在コークスを鉄鋼企業に納品している企業はコークス炉の経営が立ち行かなくなる。

そのため、現在稼動中のコークス炉が40年の寿命を迎える2015年まで溶融還元製鉄の導入は困難と見られていたが、昨今の原料炭価格の急激な上昇、韓国浦項総合製鉄の溶融還元製鉄炉操業開始など、切替え前倒しが必要になるかもしれない事象が起きている。

技術的には酸化鉄による炉壁の溶損の解決が課題の一つのようである。

酸素製鉄法は膨大な酸素を消費する。

東京湾・伊勢湾・大阪湾のような液化天然ガスの大消費地であれば液化天然ガスの冷熱利用で低コストに酸素を量産できる可能性があるが、そうでない場合、空気の分留によって酸素を製造するのに多大な電力を消費する。

炭材内装塊の高速自己還元技術

粉炭と粉鉱石を加熱成型した塊を高炉に装填した場合、コークスと塊鉱石を交互装填した場合の5倍の速さで還元反応が進む。

また同様の混合ペレットを溶融還元炉に使用した場合、炉壁溶損原因となる FeO の溶出が3 %で済むという。

回転炉によるITmk3法も後述のフロートスメルター法も同技術を使用しているとのこと。

フロートスメルター法

粉炭に窪みを作り、粉炭と粉鉱石と石灰を混合したものを窪みに充填し周囲の石炭を燃焼して加熱する。

特徴

50万トン/年規模の小型プラントに適する。
炭素の酸化発熱は炭素>一酸化炭素より一酸化炭素>二酸化炭素の発熱量が大であり、石炭を CO2まで酸化することで石炭の使用原単位が減り、CO2の半減効果が得られる。

ただし、発生するガスは二酸化炭素なので化学合成には使えない。
posted by arena8order at 16:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2. 鉄(鐵、iron、ferrum)は原子番号26の元素。

Image~011.jpgImage~015.jpg
#ккк #鉄 #iron


用途[編集]

産業[編集]

安価で比較的加工しやすく、入手しやすい金属であるため、人類にとって最も利用価値のある金属元素である。

特に産業革命以後は産業の中核をなす材料であり、「産業の米」などとも呼ばれ、「鉄は国家なり」と呼ばれる程、鉄鋼の生産量は国力の指標ともなった。

この為、鉄鋼産業には政府の桿入れも大きく、第二次世界大戦後の世界的な経済発展にも大きく影響している。

現在においても工業生産されている金属の大半は鉄鋼であり、鉄を含まない金属は非鉄金属と呼ばれる。

鉄は、炭素をはじめとする合金元素を添加することで鋼となり、炭素量や焼入れなどを行うことなどで硬度を調節できる極めて使い勝手の良い素材となる。

鋼は古くから刃物の素材として使われ、ほとんどの機械は鉄鋼を主な素材とする。

さらに鉄鋼は、鉄道レールの素材となるほか、鉄筋や鉄骨、鋼矢板などとして建築物や土木構築物の構造用部材に使われ大量に消費されている。

鉄に炭素とさまざまな微量金属を加えることで、多様な優れた特性を持つ合金鋼が生み出される。

鉄とクロム・ニッケルの合金であるステンレス鋼は腐食しにくく強度が高く、なおかつ見た目に美しく比較的安価な合金として知られる。

このため、ステンレス鋼に加工された鉄は、液体や気体を通すパイプ、液体や粉体を貯蔵するタンクや缶、流し台、建築資材などにも用いられるほか、鍋や包丁などの生活用具、家電製品、鉄道車両、自動車部品、産業ロボットなど、あらゆる分野に利用されている。

また、工具鋼は固体材料の中で最も強度増幅能力が高く超硬材料と比べても高い曲げ強度を有するため、不変形特性が重要でかつ加工形状の自由度が要求される金型に多用される。

金属材料で最も熱膨張係数が低いインバー合金、最強の保磁力を持つ磁性材料(ネオジム磁石)も鉄を含む。

他にも、鉄化合物はインクや絵具などの顔料として、赤色顔料のベンガラや青色顔料のプルシアンブルーなどとして使われる。

鉄は強い磁性を持つため、不燃物からの回収が容易であり、再利用率も高い。屑鉄として回収された鉄は、電気炉で再び鉄として再生される。


製法[編集]

産出[編集]

詳細は「鉄鉱石」を参照 大規模な鉄鉱床は、光合成により酸素単体が大量に発生したことにより、海水中に溶存しイオン化していた鉄が、酸化鉄として沈殿したことにより産み出されたと言われている。


選鉱[編集]


セヴァーン川にかかるコールブルックデール橋。世界初の鉄橋とされる。

詳細は「選鉱」を参照


製錬[編集]

宋応星が著した「天工開物」の1頁。

攪拌精錬法による製鉄方法を解説している。

鉄の製錬はしばしば製鉄と呼ばれる。

簡単にいえば、鉄鉱石に含まれる様々な酸化鉄から酸素を除去して鉄を残す、一種の還元反応である。

アルミニウムやチタンと比べて、化学的に比較的小さなエネルギー量でこの反応が進むことが、現在までの鉄の普及において決定的な役割を果たしている。

この工程には比較的高い温度(千数百度)の状態を長時間保持することが必要なため、古代文化における製鉄技術の有無は、その文化の技術水準の指標の1つとすることができる。

製鉄は2つ、もしくは加工まで加えた3つの工程からなる。

鉄鉱石とコークスから炭素分の多い銑鉄を得る製銑、銑鉄などから炭素を取り除き炭素分の少ない鋼を作る製鋼、さらに圧延である。

製銑には古くは木炭が使われていたが、中国では、前漢時代に燃料として石炭の利用が進み、更に石炭を焼いて硫黄などの不純物を取り除いたコークスを発明、コークスを使った製鉄が始められた。

文献記録としては4世紀の北魏でコークスを使った製鉄の記録が最も早い。

以来、華北では時代と共にコークス炉が広まり北宋初期には大半がコークス炉となった。

その1000年以上の後、森林が減ったことから1620年頃にイギリスのダッド・ダドリー(英語版)(Dud Dudley) も当時安価に手に入った石炭を使うことを考えて研究を進めた。

石炭には硫黄分が多く、そのままでは鉄に硫黄が混ざり使い物にならなかったので、ダッドは石炭を焼いて硫黄などの不純物を取り除いたコークスを発明し、1621年にコークスを使った製鉄方法の特許を取った。

しかし1709年からエイブラハム・ダービー(英語版)が大々的にコークスで製鉄することを始めるまでは、コークスを使った製鉄の使用は少数にとどまっていた。

日本では古来からたたら吹き(鑪吹き、踏鞴吹き、鈩吹き)と呼ばれる製鉄技法が伝えられている。

現在では島根県安来市の山中奥出雲町等の限られた場所で日本刀の素材製造を目的として半ば観光資源として存続しているが、それと並存し和鋼の進化の延長上にもある先端的特殊鋼に特化した日立金属安来工場がある。

鉄鉱石を原料とする日本の近代製鉄は1858年1月15日(旧暦1857年(安政4年)12月1日)に始まったと言われ、幕末以降欧米から多数の製鉄技術者が招かれ日本の近代製鉄は急速に発展した。

現在の日本では、鉄鉱石から鉄を取り出す高炉法とスクラップから鉄を再生する電炉法で大半の鉄鋼製品が製造されている。

高炉から転炉や連続鋳造工程を経て最終製品まで、一連の製鉄設備が揃った工場群のことを銑鋼一貫製鉄所(もしくは単に製鉄所)と呼び、臨海部に大規模な製鉄所が多数立地していることが、日本の鉄鋼業の特色となっている。

日本では電炉法による製造比率が粗鋼換算で30 %強を占める。

鉄が社会を循環する体制が整備されており、鉄のリサイクル性の高さと日本における鉄蓄積量の大きさを示している。

鉄スクラップは天然資源に乏しい日本にとって貴重な資源であり、これをどう利用するかが、注目されるべき課題とされている。


新製鉄法[編集]

イギリスのコークス炉を用いた製鉄工場の絵。フィリップ・ジェイムズ・ド・ラウザーバーグ画(1801年)

製鉄百年記念切手 (日本)


従来の高炉法の場合、下記の欠点があった。

銑鉄を製造するだけでも高炉のほかにコークス炉(石炭を乾留)・焼結炉が必要であり、また反応速度も8時間かかり、巨大設備投資が必要な割りに生産量が少ない。

コークスを製造できる石炭は石炭の中の極一部である粘結炭(原料炭)だけであり、もともと価格が高かった。

近年資源メジャーによる原料炭鉱山の買占めのため、単年度で原料炭価格が2倍に上昇するなど大きなコスト上昇要因となっている。

高炉法に羽口からの非粘結炭(一般炭)吹き込みを併用しても、価格の安い一般炭の使用比率は全石炭使用量の25 - 30 %程度が限界である。

鉄鉱石価格は塊鉱石が高価で粉鉱石が安価であるが、高炉で粉鉱石を使う場合焼結炉で塊に焼き固めなければならない。

その結果、焼結炉が必要で焼結工程で燃料を消費してコストが掛かるのみならず二酸化炭素を発生させてしまう。

酸素濃度を多少増やす工夫もされているが基本は空気を吹き込む製鉄法である。

反応速度が遅いほか、C1化学の立場からは製鉄排ガスに窒素が混入する事が、製鉄排ガスの化学工業的・商業的価値を落とし、製鉄排ガス(合成ガス)を原料とした大規模な自動車燃料合成、燃料自給率向上を妨げているとの批判もある。
posted by arena8order at 16:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1. 鉄(鐵、iron、ferrum)は原子番号26の元素。

Image~014.jpg
#ккк

#鉄- #iron

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9
http://p209.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0101foBZbYhlOru7/gu?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E9%2589%2584&_jig_keyword_=%B1%B2%B1%DD&guid=on&_jig_xargs_=SKeywords%3D%25b1%25b2%25b1%25dd%26xargs%3D5






鉄(てつ、旧字体/繁体字表記-鐵、英-iron、羅-ferrum)は原子番号26の元素。

元素記号はFe。

金属元素の一つで、遷移元素である。

太陽や他の天体にも豊富に存在し、地球の地殻の約5%を占め、大部分は地核にある。

古代には地表に落下してきた隕鉄が使われた。


概要[編集]

元素記号の Fe は、ラテン語での名称「ferrum」に由来する。

日本語では、鈍い黒さから「くろがね(黒鉄、黒い金属)」と呼ばれていた。

道具の材料として、人類にとって最も身近な金属元素の1つで、様々な器具・工具や構造物に使われる。

鉄を最初に使い始めたのはヒッタイトである。

ヒッタイト以前の紀元前18世紀ごろ、すでに製鉄技術があったことが発掘された鉄によって明らかになっている。

鉄器時代以降、鉄は最も重要な金属の1つであり、産業革命以降、益々その重要性は増した。

鉄は、炭素などの合金元素の存在により、より硬い鋼となり構造物を構成する構造用鋼などや、工具鋼などの優れたトライボロジー材料にもなる。


性質[編集]

純粋な鉄は白い金属光沢を放つが、イオン化傾向が高いため、湿った空気中では容易に錆を生じ、見かけ上黒ずんだり褐色になったりする。

一方、極めて純度の高い (99.9999 %) 鉄は、比較的高いイオン化傾向を有するにも拘らず、塩酸や王水などの酸に侵されにくくなるうえ、液体ヘリウム温度(-268.95℃)でも失われないほどの高い可塑性を有するようになる。

この超高純度鉄は東北大学金属材料研究所の安彦兼次客員教授により、電解鉄を超高真空中で溶解し、電子銃を用いた浮遊帯溶融精製で処理することにより1999年に製造に成功し[4][5]、2011年に日本とドイツの標準物質データベースに登録された。

固体の純鉄は、フェライト相(BCC構造)、オーステナイト相(FCC構造)、デルタフェライト相(BCC構造)の3つの相がある。

911°C以下ではフェライト、911 - 1392°Cはオーステナイト、1392 - 1536°Cはデルタフェライト、1536°C以上は液体の純鉄となる。

常温常圧ではフェライトが安定である。

強磁性体であるフェライトがキュリー点を超えたところからオーステナイト領域までの770 - 911°Cの純鉄の相は、以前はβ鉄と呼ばれていた。

栄養学的には、鉄は人(生体)にとって必須の元素である。

鉄分を欠くと、血液中の赤血球数やヘモグロビン量が低下し、貧血などを引き起こす。

腸で吸収される鉄は二価のイオンのみであり、3価の鉄イオンは2価に還元されてから吸収される。

鉄分を多く含む食品はホウレンソウやレバーなどである。

動物性の食物起源の鉄の方が吸収効率が高い。

ただし、過剰に摂取すると鉄過剰症になることもある。


同位体[編集]

詳細は「鉄の同位体」を参照 自然の鉄の同位体比率は、5.845 %の安定な54Fe、91.754 %の安定な56Fe、2.119 %の安定な57Fe、0.282 %の安定な58Fe からなる。

60Fe は不安定で比較的短寿命(半減期150万年)なため、自然の鉄中には存在しない。

理論的に予測される54Fe の二重β崩壊の検出は未確定である。

58Fe と56Fe の原子核は非常に安定(核子1つあたりの質量欠損が大きい)であり、全ての原子核の中でそれぞれ2番目と3番目に安定である(最も安定な核種は62Ni)。

しばしば全ての原子核の中で56Fe が最も安定とされることがあるが、これは誤りである。

このような誤解が広まった理由として、56Fe の天然存在比が62Ni や58Fe よりもはるかに高いことに加え、核子1つあたりの質量を比較した場合には56Fe が全原子核中で最小となることが挙げられる。

中性子の方が陽子よりもわずかに重いため、核子1つあたりの質量が最小となる核種と質量欠損が最大になる核種は一致しない。

また、下記のように恒星の核融合の最終生成物が56Fe であることを「鉄が最も安定であるため」と便宜的に説明されることがあることも誤解を招いていると考えられる。

58Fe よりも不安定な56Fe のほうが存在比が高い理由は、星の元素合成の過程で質量数が4の倍数の核種が主に作られるためである。

炭素より重い元素は4He の融合(アルファ反応)によって作られるために生成する核種の質量数は4の倍数に偏る。

太陽質量の4 - 8倍の質量を持った恒星ではアルファ反応は56Ni まで進行するが、次の60Zn の原子核は56Ni よりも不安定なため、これ以上は反応が進行しない。

56Ni は2度のβ崩壊を経て56Fe を生成するため、恒星の核融合の最終生成物は56Fe になる(詳しくはIa型超新星参照のこと)。

鉄より重い核種も超新星爆発等であわせて生成するが、その生成プロセスは明確になっていない。


鉄の「臭い」[編集]

鉄棒などの鉄製品を手に持つと、手に特有の臭いが付く。これは俗に「金属臭」、「鉄の臭い」と呼ばれるが、原因は鉄そのものではない(鉄は常温では揮発しない)。

研究により、人体の汗に含まれる皮脂分解物と鉄イオンが反応して生じる炭素数7-10の直鎖アルデヒド類や1-オクテン-3-オンなどの有機化合物、そしてメチルホスフィン・ジメチルホスフィンなどのホスフィン類がこの臭いの原因であることが確認されている。
posted by arena8order at 16:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変異狂犬病ウイルス及びワクチン

Image~007.jpgImage~006.jpgImage~008.jpg
#ккк #狂犬病 #クエン酸

特許 WO2013011942A1 - 変異狂犬病ウイルス及びワクチン
http://p218.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0101WuDQUeAJvsee/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.google.com%2Fpatents%2FWO2013011942A1%3Fcl%3Dja&_jig_keyword_=%83A%83%89%83C%83O%83%7D%20%8B%B6%8C%A2%95a%20%83N%83G%83%93%8E_&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2583A%2583%2589%2583C%2583O%2583%257D%2B%258B%25B6%258C%25A2%2595a%2B%2583N%2583G%2583%2593%258E_&_jig_source_=srch&guid=on



変異狂犬病ウイルス及びワクチン
WO 2013011942 A1
要約書

 【課題】安全性が高く、効果的かつ安価な狂犬病ワクチンの提供。 【解決手段】狂犬病ウイルスの構造タンパク質中、少なくとも、Nタンパク質の273位がフェニルアラニン以外のアミノ酸、Nタンパク質の394位がチロシン以外のアミノ酸、Gタンパク質の333位がアルギニン又はリジン以外のアミノ酸である変異狂犬病ウイルス(例えば、図2中、ERA-N273/394-G333株)、これらの変異狂犬病ウイルスを含有する狂犬病ワクチン製剤などを提供する。Gタンパク質333位のアミノ酸の変異導入による狂犬病ウイルスの弱毒化に加え、Nタンパク質の273位及び394位のアミノ酸に変異導入することにより免疫原性及び安全性を向上できる。加えて、Nタンパク質の273位及び394位のアミノ酸に変異導入することにより、Gタンパク質の194位がリジンに変異した場合にも強毒化を防止できるため、突然変異による病原性復帰が起こる可能性を低減でき、安全性をより高めることができる。

画像(4)

特許請求の範囲(8)

 狂犬病ウイルスの構造タンパク質中、少なくとも、Nタンパク質の273位がフェニルアラニン以外のアミノ酸、Nタンパク質の394位がチロシン以外のアミノ酸、Gタンパク質の333位がアルギニン又はリジン以外のアミノ酸である変異狂犬病ウイルス。

 培養細胞を用いて人工合成された請求項1記載の変異狂犬病ウイルス。

 前記Nタンパク質の273位がロイシン、前記Nタンパク質の394位がヒスチジン、前記Gタンパク質の333位がグルタミン酸である請求項1記載の変異狂犬病ウイルス。

 配列番号1記載のアミノ酸配列を有するNタンパク質、及び、配列番号2記載のアミノ酸配列を有するGタンパク質を構造タンパク質として含有する請求項1記載の変異狂犬病ウイルス。

 請求項1記載の変異狂犬病ウイルスを含有する狂犬病ワクチン製剤。

 請求項5記載のワクチン製剤を投与する、狂犬病予防・治療方法。

 培養細胞を用いて、少なくとも、Nタンパク質の273位がフェニルアラニン以外のアミノ酸、Nタンパク質の394位がチロシン以外のアミノ酸、Gタンパク質の333位がアルギニン又はリジン以外のアミノ酸である変異狂犬病ウイルスを人工合成する工程を含む、狂犬病ワクチン製剤製造方法。

 少なくとも、Nタンパク質の273位がフェニルアラニン以外のアミノ酸、Nタンパク質の394位がチロシン以外のアミノ酸、Gタンパク質の333位がアルギニン又はリジン以外のアミノ酸である変異狂犬病ウイルスの、狂犬病ワクチン製剤製造のための使用。

明細書
変異狂犬病ウイルス及びワクチン
 本発明は、狂犬病ウイルスの構造タンパク質中、少なくとも、Nタンパク質の273位がフェニルアラニン以外のアミノ酸、Nタンパク質の394位がチロシン以外のアミノ酸、Gタンパク質の333位がアルギニン又はリジン以外のアミノ酸である変異狂犬病ウイルス、このウイルスを含有する狂犬病ワクチン製剤、狂犬病予防・治療方法、狂犬病ワクチン製造方法、狂犬病ワクチン製剤製造のための使用などに関連する。

 狂犬病は、狂犬病ウイルスの咬傷などからの感染によって起こる人獣共通感染症である。治療法は未だに確立されておらず、発症した場合、重篤な神経症状を伴って、ほぼ100%死亡する。

 狂犬病ウイルスは非常に広い宿主域を有し、ヒトを含む全ての哺乳類に感染するとされている。発展途上国などでは犬が、先進国などではキツネ、アライグマ、スカンク、コウモリなどの野生動物が主な感染源となっており、現在でも、毎年50,000人以上が狂犬病で死亡していると推定されている。

 狂犬病は、ワクチン接種により予防できるとされ、現在、不活化狂犬病ワクチンが広く用いられている。しかし、不活化ワクチンの場合、充分な効果を得るためには多量の抗原が必要であり、ワクチンがコスト高になる。一方、弱毒生ワクチンは、不活化ワクチンよりも安価に製造できるが、安全性の懸念がある。そのため、特に発展途上国などで、ワクチンが充分に普及していない。

 狂犬病ウイルスはラブドウイルス科リッサウイルス属に分類される。ウイルス粒子は幅60〜110nm、長さ130〜250nmの弾丸状の形態を有し、Gタンパク質、Mタンパク質、Nタンパク質、Pタンパク質、Lタンパク質の5つの構造タンパク質を含む。ウイルスゲノムは、全長約12,000塩基、マイナス鎖一本鎖のRNAで、上流(3’末端側)より、N、P、M、G、Lの順で、5つの構造タンパク質をコードする遺伝子を含む。

 近年、狂犬病ウイルスの病原性決定因子の研究などの進展に伴い、Gタンパク質の333位のアミノ酸をアルギニン又はリジン以外のアミノ酸に置換することにより、ウイルスを弱毒化できることが明らかにされた(非特許文献1など参照)。また、Gタンパク質の333位のアミノ酸を弱毒型に置換したウイルスが、ヨーロッパなどにおいて、野生動物の経口免疫用の弱毒生ワクチンとして実際に用いられている(特許文献1など参照)。

 この弱毒変異型ウイルスについては、Gタンパク質の333位が弱毒型に変異していても、突然変異でGタンパク質の194位がリジンに変異することにより強毒化することが報告されている(非特許文献2参照)。このため、Gタンパク質の194位の突然変異による病原性復帰が懸念されており、Gタンパク質の333位のみの弱毒変異型ウイルスは安全性が必ずしも充分ではない。

 本発明者らは、狂犬病弱毒株のNi-CE株において、狂犬病のNタンパク質の273位と394位のアミノ酸が、RIG-I(Retinoic acid-inducible gene I)を介した抗ウイルス応答及び病原性に重要であることを報告している(非特許文献3参照)。

 その他、非特許文献4及び非特許文献5は、後述するリバース・ジェネティクス法による狂犬病ウイルス変異株の人工合成に関する文献である。
US2011/0064764 A1 Dietzschold B et al, "Characterization of an antigenic determinant of the glycoprotein that correlates with pathogenicity of rabies virus." Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 80:70-74, 1983 Milosz Faber et al, "A single amino acid change in rabies virus glycoprotein increases virus spread and enhances virus pathogenicity." Journal of Virology, vol.79,No.22 p14141-14148.2005 Tatsunori Masatani et al, "Amino acids at position 273 and 394 in rabies virus nucleoprotein are important for both evasion
 of host RIG-I-mediated antiviral response and pathogenicity." Virus Research 155(2011)168-174. Naoto Ito et al, "Rescue of rabies virus from cloned cDNA and identification of the pathogenicity-related gene: Glycoprotein gene is associated with virulence for adult mice." Journal of Virology Vol.75,No.19 p9121-9128 2001. Naoto Ito et al, "Improved recovery of rabies virus from cloned cDNA using a vaccinia virus-free reverse genetics system." Microbiol Immunol. 2003;47(8):613-7.

 上述の通り、狂犬病の弱毒生ワクチンは、不活化ワクチンよりも安価に製造できるが、病原性復帰などの安全性の懸念がある。そこで、本発明では、安全性が高く、有効かつ安価な狂犬病ワクチンを提供することなどを目的とする。

 本発明者らは、狂犬病ウイルスの構造タンパク質中、Gタンパク質の333位のアミノ酸が置換された弱毒化狂犬病ウイルスについて、Gタンパク質の333位に加えて、Nタンパク質の273位及び394位のアミノ酸を変異導入することにより、免疫原性及び安全性を向上でき、かつGタンパク質の194位がリジンに変異した場合にも強毒化しないことを新規に見出した。

 そこで、本発明では、狂犬病ウイルスの構造タンパク質中、少なくとも、Nタンパク質の273位がフェニルアラニン以外のアミノ酸、Nタンパク質の394位がチロシン以外のアミノ酸、Gタンパク質の333位がアルギニン又はリジン以外のアミノ酸である変異狂犬病ウイルス、これらの変異狂犬病ウイルスを含有する狂犬病ワクチン製剤などを提供する。

 Gタンパク質の333位のアミノ酸に変異導入することにより狂犬病ウイルスを弱毒化するとともに、Nタンパク質の273位及び394位のアミノ酸に変異導入することにより免疫原性を向上できる。また、Gタンパク質の333位に加えて、Nタンパク質の273位及び394位のアミノ酸を変異導入することにより、Gタンパク質の333位にのみ変異を加えた場合と比較して、少ない接種量で充分な免疫効果を奏するため、接種量を少なくでき、より安全性を高めることができる。

 加えて、Nタンパク質の273位及び394位のアミノ酸に変異導入することにより、Gタンパク質の194位がリジンに変異した場合にも強毒化を防止できるため、突然変異による病原性復帰が起こる可能性を低減でき、安全性をより高めることができる。

 従って、本発明は、変異狂犬病ウイルスを含有する狂犬病ワクチン製剤として有用であり、このワクチン製剤を投与することにより、狂犬病を有効に予防・治療できる。

 その他、この組換えウイルスは、培養細胞を用いて人工合成することもできるため、例えば、弱毒生ワクチンとして用いる場合には、比較的安価に狂犬病ワクチン製剤を製造できるという有利性がある。

 本発明により、免疫原性を高めることができる。また、突然変異による病原性復帰などの安全性への懸念が少なく、効果的かつ安価な狂犬病ワクチンを提供できる。

 <本発明に係る変異狂犬病ウイルスについて>
 本発明は、狂犬病ウイルスの構造タンパク質中、少なくとも、Nタンパク質の273位がフェニルアラニン以外のアミノ酸、Nタンパク質の394位がチロシン以外のアミノ酸、Gタンパク質の333位がアルギニン又はリジン以外のアミノ酸である変異狂犬病ウイルスをすべて包含する。即ち、本発明は、ウイルスの作出手段などによって狭く限定されず、例えば、鶏胚及び/又は培養細胞などで継代して得られた変異ウイルス、クローンcDNAなどを用いて人工合成された変異ウイルスなども広く包含する。

 狂犬病ウイルスの構造タンパク質中、少なくとも、Nタンパク質の273位のフェニルアラニンをそれ以外のアミノ酸に、Nタンパク質の394位のチロシンをそれ以外のアミノ酸に、Gタンパク質の333位のアルギニン又はリジンをそれ以外のアミノ酸にそれぞれ置換することにより、狂犬病ウイルスを弱毒化でき、免疫原性及び安全性を向上でき、かつ突然変異による病原性復帰などの危険性を低く抑えることができる。

 Nタンパク質の273位、Nタンパク質の394位、Gタンパク質の333位以外の部分のアミノ酸配列は、公知の狂犬病ウイルス株における配列と実質的に同一であればよく、特に限定されない。アミノ酸配列が公知の狂犬病ウイルス株として、例えば、CVS株、ERA株、西ヶ原株、HEP-Flury株、LEP-Flury株、SAD Bern株、SAD B19株などが挙げられる。なお、「実質的に同一」とは、該当領域のアミノ酸配列が、80〜100%、さらに好適には90〜100%の同一性を有するものをいう。

 Nタンパク質の273位のアミノ酸は、フェニルアラニン以外のアミノ酸であればよく、特に限定されない。例えば、グリシン、アラニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、セリン、スレオニン、システイン、メチオニン、アスパラギン、グルタミン、プロリン、チロシン、トリプトファン、アスパラギンサン、グルタミン酸、アルギニン、リジン、ヒスチジンのいずれかが好適であり、バリン、ロイシン、イソロイシンのいずれかがより好適であり、ロイシンが最も好適である。

 Nタンパク質の394位のアミノ酸は、チロシン以外のアミノ酸であればよく、特に限定されない。例えば、グリシン、アラニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、セリン、スレオニン、システイン、メチオニン、アスパラギン、グルタミン、プロリン、フェニルアラニン、トリプトファン、アスパラギンサン、グルタミン酸、アルギニン、リジン、ヒスチジンのいずれかが好適であり、アルギニン、リジン、ヒスチジンのいずれかがより好適であり、ヒスチジンが最も好適である。

 Gタンパク質の333位のアミノ酸は、アルギニン又はリジン以外のアミノ酸であればよく、特に限定されない。例えば、グリシン、アラニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、セリン、スレオニン、システイン、メチオニン、アスパラギン、グルタミン、プロリン、フェニルアラニン、チロシン、トリプトファン、アスパラギンサン、グルタミン酸、ヒスチジンのいずれかが好適であり、グリシン、ロイシン、イソロイシン、セリン、メチオニン、グルタミン酸のいずれかがより好適であり、グルタミン酸が最も好適である。

 Nタンパク質の273位がロイシン、Nタンパク質の394位がヒスチジン、Gタンパク質の333位がグルタミン酸である変異狂犬病ウイルスとして、例えば、配列番号1記載のアミノ酸配列を有するNタンパク質、及び、配列番号2記載のアミノ酸配列を有するGタンパク質を構造タンパク質として含有する変異狂犬病ウイルスが挙げられる。

 <本発明に係る狂犬病ワクチン製剤について>
 本発明は、上述の変異狂犬病ウイルスを少なくとも含有する狂犬病ワクチン製剤を全て包含する。

 本発明に係る変異狂犬病ウイルスは、弱毒生ワクチンと不活化ワクチンのいずれにも適用できるが、上述の通り、比較的安価に狂犬病ワクチン製剤を製造でき、かつワクチンとしての効果も高いという点から、弱毒生ワクチンとして用いる方がより好適である。

 ワクチンには、目的・用途などに応じて、緩衝剤、等張化剤、無痛化剤、防腐剤、抗酸化剤などを適宜添加してもよい。

 緩衝剤の好適な例として、例えば、リン酸塩、酢酸塩、炭酸塩、クエン酸塩等の緩衝液などを用いることができる。

 等張化剤の好適な例として、例えば、塩化ナトリウム、グリセリン、D-マンニトールなどを用いることができる。

 無痛化剤の好適な例として、例えば、ベンジルアルコールなどを用いることができる。

 防腐を目的とした薬剤の好適な例として、例えば、チメロサール、パラオキシ安息香酸エステル類、フェノキシエタノール、クロロブタノール、ベンジルアルコール、フェネチルアルコール、デヒドロ酢酸、ソルビン酸、その他、各種防腐剤、抗生物質、合成抗菌剤などを用いることができる。

 抗酸化剤の好適な例として、例えば、亜硫酸塩、アスコルビン酸などを用いることができる。

 その他、この薬剤には、補助成分、例えば、保存・効能の助剤となる光吸収色素(リボフラビン、アデニン、アデノシンなど)、安定化のためのキレート剤・還元剤(ビタミンC、クエン酸など)、炭水化物(ソルビトール、ラクトース、マンニトール、デンプン、シュークロース、グルコース、デキストランなど)、カゼイン消化物、各種ビタミンなどを含有させてもよい。

 ワクチン製剤の剤型などについては、公知のものを採用でき、特に限定されない。例えば、液体製剤として用いてもよいし、経口投与用に、凍結乾燥などの処置の後、餌などに混入させてもよい。
posted by arena8order at 02:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。