2013年11月30日

5. マルス(MARS)…日本国有鉄道・JRのシステム

Image~015.jpgImage~003~001.png
#ккк #発電所 #UHF #電磁波 #朝鮮工作員 #電気兵器 #プラズマ波兵器 #マイクロ波 #レーダービーム #RedIndian #yl. #Apache #polphotoXX #terrorismΡΧΚ



類似システム[編集]

JR北海道では自社内完結の乗車券、自由席券、定期券、特別企画乗車券、イベント券などの商品を発券する際は原則「総販」というローカルシステムで管理・発券している。

東京モノレール券なども発券することができる。

MR端末を用い、MR端末のシステムの一部として組み込まれている。

このシステムで発券した切符には「総販」というマークが印字されるほか、連番などの印字方法もマルスシステムとは異なる券面での発行となる。

また、総販システムでは、発券ごとに国分寺のマルスホストと通信する必要がなく、通信費などの削減に効果をあげている。

もちろん、座席指定を伴う新幹線・在来線特急券、指定席券のほか、JR他社にまたがる乗車券については、マルス端末機能を使用した発行となる。

JRバスグループでは、列車とは異なるバス特有の事情や、マルスがコンビニエンスストアのマルチメディアステーションやインターネットなどと接続されていないなどの理由から、マルスとは別にジェイアールバス関東、ジェイアール東海バス、西日本ジェイアールバス、JRシステムによって「高速バスネット」が開発され、2006年から稼動しており、「ドリーム号」などの「高速バスネット」での予約や購入には、路線や条件によって運賃を割り引くなどの特典を実施している。

私鉄でも、有料座席指定特急を運行する事業者では、同様の座席予約システムを構築していることが多い。

一例として、近畿日本鉄道は「ASKA (All-round Services by Kintetsu and its Agency) システム」を開発・運用しており、主要旅行会社のシステムとも結合されている。

小田急電鉄では、2003年に「MFITTシステム」を導入している。

航空会社の座席予約システムは総称として、CRS(Computer reservations system) と呼ばれる。


マルス端末発行の乗車券類に記載される発行旅行会社記号[編集]

JRグループの「乗車券類委託販売基準規程」により、以下のように表記される。

大手旅行会社

交…ジェイティービー(旧・日本交通公社)・JTBトラベランド(一部の店舗)

ラ…JTBトラベランド…順次(交)に変更中

JH…JTB北海道

リ→Jト…JTB東北

ジ…JTBツアーズ

近…近畿日本ツーリスト

S…ツーリストサービス→KNTツーリスト→近畿日本ツーリスト個人旅行販売

CT…クラブツーリズム

阪…阪急交通社

日…日本旅行

サ…日旅サービス

OM…日本旅行OMCトラベル

NH…日本旅行北海道

私鉄系

ト…東武鉄道・東武トラベル

名…名古屋鉄道・名鉄観光サービス

京…京王観光

ケ…京阪交通社

西…西鉄旅行

小…小田急トラベル

武…西武鉄道・西武観光・西武トラベル

遠…遠鉄トラベル

伊…伊豆箱根鉄道・伊豆箱根トラベル

相…相鉄観光(2005年以降委託から外れている)

静…静鉄観光サービス

南…南海国際旅行

広…広電観光→ひろでん中国新聞旅行

陽…山陽観光サービス(山陽電気鉄道)

T…東急観光サービス(東京急行電鉄テコプラザ、2010年現在は取扱中止→東急トラベルサロン)

JR・第三セクター系列

JP…JR西日本Jプリント端末

KT…北近畿タンゴ鉄道

JT…ジェイアール東海ツアーズ

V…びゅうトラベルサービス

貨…日本貨物鉄道(JR貨物、エフ・ツーリスト)

HB…ジェイアールバス東北

KB…ジェイアールバス関東

TB…ジェイアール東海バス

NB…西日本ジェイアールバス

CB…中国ジェイアールバス

SB…ジェイアール四国バス

MR…松浦鉄道

高…高千穂鉄道(廃止されたため、2010年現在は委託から外されている)

土…土佐くろしお鉄道

の…のと鉄道

環…愛知環状鉄道

組合・新聞系
農…農協観光

読…読売旅行

朝…朝日旅行

大…全国大学生活協同組合連合会

毎…毎日企画サービス

鉄…日本鉄道旅行社

新…新潟日報旅行社

青…青学サービス→アイビー・シー・エス

国…中国新聞トラベルサービス→広電観光と合併により(広)ひろでん中国新聞旅行になり、使用されていない。

温…東北ツアーズ協同組合

ア…朝日旅行会(大阪)

エ…エフコープ生活協同組合

バス・陸運・航空系
山…山新観光

観…東日観光

立…共立観光

中…ニューワールドツーリスト中国観光

SD…サンデン交通

通…日本通運(日通旅行)

J…ジャパンツアーシステム→JALセールス

Jホ…JALセールス北海道

JW…JALトラベル西日本

奈…奈良交通観光社→奈良交通

ヤ…ヤマコー→山交観光

内…内外航空サービス

羽…羽後交通観光

BH…ビッグホリデー

空…日本空港ビルデング→羽田旅客サービス

HP…羽田旅客サービス

宮…宮城交通トラベル→宮交観光サービス

芙…芙蓉航空サービス

M…エムオーエアシステム→エムオーツーリスト

その他
タ…タビックスジャパン

東…東急観光→トップツアー

P…PTS

本…トラベル日本

防…防長トラベル

A…ジャパンアメニティトラベル

ツ…京阪津ツーリスト

北…北海道ツアーシステム

NK…エヌケーエフ

インハウス系
富…富士通トラベランス

Y…ヤマハトラベルサービス

FJ…フジトラベルサービス

FE…JFEライフ

G…グリーンポート・エージェンシー

芝…東芝ツーリスト

キ…中部キャラバン

H…日立トラベルビューロー

N…NECツーリスト

その他[編集]

同一の駅名がある場合は、(路線名)+駅名の順で登録されている。例:和歌山線:橋本駅(横浜線にも橋本駅が存在する)など

機能上の制約から、普通車・グリーン車しか登録が出来ないため、特別な設備がある場合は、列車名+特別な設備の名称で登録されている。【例】マリンライナーパノラマ

同様に1階席と2階席が区別されている列車では、列車名+階数で登録される。【例】Maxやまびこ××号2階

機能上、文字数の制約から列車名が長い場合は省略される。【例】エクスプローラーなど(正式名称:タンゴ・エクスプローラー)

端末機種によって機種名が分かるように発行箇所名の後ろに「#」・「@」「MV」・「US」・「MR」「ER」など記号が印刷されている。

一例:○○駅#1発行や○○駅@1発行など

脚注[編集]

[ヘルプ]
^ (日本語)交通新聞(交通新聞社). (2008年10月22日)

^ 「情報処理技術遺産および分散コンピュータ博物館認定制度を開始」情報処理学会、2009年2月23日

^ “マルスシステムの概要とその高信頼性技術について”.京都大学学術情報リポジトリ.2013年11月8日閲覧。

^ 国鉄時代は、一部の旅行会社で定期券を扱っていたが、民営化後に段階的に廃止された

^ 各社共通して臨時列車、寝台列車は一部を除き購入できない。

^ 払戻申出証明をした切符の画像

^ 模倣から創造へ:国鉄座席予約システムMARS-1における技術革新 (PDF)

^ この当時は上下列車とも1、2の順で番号が割り当てられていた。

^ 穂坂衛『コンピュータ・グラフィックス』(1974)p. 7

^ http://museum.ipsj.or.jp/computer/dawn/0065.html

^ 東京都区内発→東海道本線経由→大阪市内経由→紀伊勝浦・新宮経由→伊勢鉄道経由→東海道本線経由→東京都区内行、という片道切符を発券することが可能であった。経路中に重複区間を含む場合、本来は片道乗車券として発券しようとしたらエラー処理を行い、連続乗車券として発券しなければならないが、経路中にJR以外の路線を挟むとエラー対象外となってしまう。

^ 新型感熱磁気乗車券の開発:2色マルス券(王子製紙グループ)

参考文献[編集]

金子則彦 『旅人をつなぐ“マルスシステム”開発ストーリー』 アイテック、2005年2月。ISBN 4-87268-474-5。

杉浦一機 『みどりの窓口を支える「マルス」の謎 -世界最大の座席予約システムの誕生と進化-』 草思社、2005年10月。ISBN 4-7942-1433-2。

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、マルス (システム)に関連するカテゴリがあります。
フレンズ (FRENS)-日本貨物鉄道(JR貨物)のシステム。旅客のマルスに相当する。

外部リンク[編集]

旅客販売総合システム「MARS(マルス)」(JRシステム)

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=マルス_(システム)&oldid=49672932」から取得

カテゴリ:
日本の鉄道
情報システム
コンピュータ史
JR
鉄道情報システム
鉄道とIT
隠しカテゴリ:
情報の更新が必要とされている項目/2013年
posted by arena8order at 19:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4. マルス(MARS)…日本国有鉄道・JRのシステム

Image~023.jpgImage~024.jpg
#ккк #発電所 #UHF #電磁波 #朝鮮工作員 #電気兵器 #プラズマ波兵器 #マイクロ波 #レーダービーム #RedIndian #yl. #Apache #polphotoXX #terrorismΡΧΚ



文献[編集]

情報処理学会歴史特別委員会編、オーム社発行『日本のコンピュータの歴史』(1985) pp. 155-172、第8章「MARS-1」

喜多千草「模倣から創造へ:国鉄座席予約システムMARS-1における技術革新」文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究「日本の技術革新−経験蓄積と知識基盤化−」第三回国際シンポジウム報告集、2007年12月、pp. 89-92


歴史[編集]

マルス1[編集]

マルス1は、国鉄の座席予約専用にハードウェアを設計したコンピュータを使ったシステムであった。

記憶装置としては磁気ドラムを採用し、ここに4列車、3600席、最大15日分の予約をできるようにしていた。

しかし、すべて1からの手作りであったため、予定の1959年3月には間に合わず同年8月に完成、1960年1月18日に運用を開始した。

当初は下り「第1こだま」「第2こだま」に、その後6月に下り「第1つばめ」「第2つばめ」を加えた4列車[8]の予約業務を行なった。

しかし、発券内容を切符として印刷することができず、プリンタで印刷し、それを窓口係員が書き写して切符を作成していた。

マルス1のヒューマンマシンインタフェースは、コンピュータの発達の初期にあったにもかかわらず大変工夫されたものであった。

たとえば、予約する区間をシステムに入力するには、駅名のハンコを発券用のホルダにセットすれば、自動でハンコの側面にあるミゾのパターンにより入力される、といったものである。

このような工夫は以後のマルスにも受け継がれた。

マルス1に特筆的なこととして、東京駅など中央コンピュータに近い窓口では、ブラウン管を使って、座席の予約状況を示す表示がおこなわれたことが挙げられる。

これは日本において、ブラウン管を使ったコンピュータからの情報表示が実用化された極めて初期のものであった。

以後のマルスでは遠方へのサービス等のためにランプによる表示のみとなったが、マルス105ではタイプライタによる出力がおこなわれた。

現在マルス1の本体は、埼玉県さいたま市大宮区の鉄道博物館に、電気学会から表彰された「電気の礎」プレートとともに展示されている。


マルス100・200系統[編集]

MARS-101。国立科学博物館の展示。

初期のマルス端末機で発券された指定席券

マルス101

マルス1でコンピュータによる予約システムの実証ができたため、全座席予約、全国展開、乗車券の印刷を盛り込んだマルス101が、次のマルスシステムとして開発された。

ホスト機にはHITAC3030を使用した。

HITAC 3030はマルス101用に設計されたものであるが、専用設計ではない(航空の座席予約や銀行のオンラインシステムなどにも使われた)。

通信時のデータロスト対策やデータ構造の最適化による記憶容量の削減、準備完了ランプ、データエラー発生時再考ランプなどのユーザインタフェースの改良など、大規模なシステムに対応する数々の工夫が講じられた。

1963年夏に中央装置は出荷され、1964年2月23日から稼働を開始した。本体は秋葉原駅脇のビルに設置された。

しかし、1列4席の列車にしか対応していなかったため、対象となる列車は在来線のみであり、同年10月開業の東海道新幹線の1列5席の座席の予約には対応できず、新幹線の予約の電算化は次の102からとなった。

マルス101は、国立科学博物館で展示されている。

マルス102

マルス101をベースに、1列5席対応化を行なったもの。

台帳管理による切符の販売に30分 - 1時間も時間を要して問題となっていた、新幹線の発券が可能となった。

1965年10月にみどりの窓口の運用開始と共に利用開始。

マルス103

1968年10月の白紙ダイヤ改正(ヨンサントオ)をターゲットに、マルス101・102の機能を大幅に増強し、20万座席予約、団体業務専用システム(マルス201)の連携、より高信頼性なシステムを目指し、1966年から開発が始まった。

マルス1・101・102とは異なり、HITAC-8400という汎用大型コンピュータを完全二重化構成で採用した。

また、フロントエンドにマルス101・102とのデータ振り分けを行なう装置を配置し、既存のシステムとの並行運用を可能にした。

マルス201

団体旅行専用のシステムとして、1969年12月から稼働。

マルス104

1970年1月に万博輸送に向けて稼動。

マルス103と同じ能力であり、マルス101は使命を終えた。

マルス105

N型端末機で発券された指定席券

L型端末機で発券された指定席券

山陽新幹線開業にあわせ、140万席の予約、10年稼働が可能なシステムをめざし、プロジェクトの方式から見直しを行ない、マルス102・103・104の置き換えを行なうシステムである。

ハードウェアはHITAC-8700を協調稼働し、さらにもう1台予備系を配置した。

発券機能も、2か月前からの発券、前日までの発券、割引扱いの拡充、券面への表示項目の増大など多くの改善項目が盛り込まれた。

機器は国分寺市に新たに作られたコンピュータセンターに配置された。

マルス105への移行は、1971年9月から3回にわけて、マルス103・102・104の順で行なわれ、同時にマルス201の移行も行なわれた。

これは、マルス105への移行に伴って空いたマルス103のハードウェアをマルス201に流用し、既存のハードウェアをマルス150(電話予約システム)に置き換えるものである。

マルス105より、中央装置が秋葉原から、国立コンピューターセンター(現在のJRシステム国立中央センター)に設置されることになった。

マルス105の端末として開発されたN型端末機は、それまでのシステムでは列車名や乗・降車駅の入力を券面の印字を兼ねたゴム印棒で行っていたものを、操作卓上に設置された方面別に整理されている入力器(本のページ状になっていて、それをめくる音から「パタパタ」と呼ばれた)を使用するように改良がなされ、操作性や拡張性が飛躍的に向上した。

また乗車券の部分についても、以前は係員がゴム印による押印、あるいは直接記入にて行っていたものをコンピュータから自動的に印刷できるようになり、乗車券のみを発券することも可能になった。

ただ、当時は漢字印刷ができなかったため(タイプライター端末のため)、漢字は非常に頻度の多いもののみの表記で、他はカタカナ表記であった。

また、「簡易マルス」と通称されていた鉄道電話回線を利用するK型端末機も存在した。

操作時は駅名や列車名をコード番号で入力して一回ごとにダイヤルをし、ホストコンピュータに接続して照会・予約・発券を行っていた。

K型端末は紋別駅、五稜郭駅、足利駅などの指定券発行の少ない駅や御宿駅、石打駅などの季節波動の大きい駅等で導入されたが、操作性の悪さや発券可能な券種に制限がある等の不都合が多く、後にやはり鉄道電話回線を使用するものの汎用PC(沖電気製PCを流用)を使用することで操作性を改善し、なおかつN型端末と同等の機能を持たせたL型端末機が開発されたため普及しなかった。

なお、L型端末の導入によってみどりの窓口設置駅が急増した。

マルス202

マルス201を改良したもの。

旅行会社端末との結合が行われ、団体枠のみならず旅行会社枠の個札(個人用乗車券類のこと)発券も可能となった。

1975年に稼働開始。


マルス300系統[編集]

M型端末

マルス301

マルス100系、マルス150系、マルス200系の統合システム。

1983年1月から開発が始まり、1985年3月に稼働開始。

同時に登場したM型端末は初めてモニターとキーボードが付き、駅コード(電略)の入力が可能なため国鉄全線全駅を対象とした発券が可能となった。

また周遊券などの図形を用いた券面印字や定期券にも対応した最初のシステムでもある。

乗車券原紙についても、本来は武蔵野線・片町線などで実用実験が開始された自動改札機に対応させるべく、連続用紙から裏面に磁性体を塗布したロール紙に変更されたが、定期券以外はサイバネ規格に準拠しておらず、定期券以外が実際に自動改札機での使用が可能になるのはマルス305以降となった。

1987年4月1日、国鉄分割民営化によりマルスは鉄道情報システム(JRシステム)が承継した。

マルス305

国鉄分割民営化後、初めて鉄道情報システムが稼働させたシステム。

自動改札機、偽造対策などへの対応を盛り込んだ。

1993年2月に稼働開始。

当初はM880二台で運用。

その後1997年にMP5800に移行。

1999年以降のJRの乗車券原紙の地紋は現行の水色系となっている。

片道乗車券の発券のロジックに問題があったことが知られている。


マルス501[編集]

2002年10月から稼働を開始した現行のシステム。

2003年10月に第二フェーズが稼働し、JR各社の個別の要求に対応できるようになった。

また、システムの主要部分についてサーバー化が2004年にかけて進み、指定券自動券売機(MV端末)の機能増強も同時進行。

乗車券類の直接サーマル券化も始まった。

それに伴い、通称「パタパタ」(ページ面)を有するM型端末は2002年9月30日をもって廃止され、L型端末(初のPC型端末機)も2003年9月30日をもって廃止された。

2010年現在、稼働している端末機種で顧客操作型は(MV端末)MV10・30・35・40、係員操作型は(MR端末)MR11・12・12W・20・31・32・52、MEM端末、MEX端末であり、そのうち係員操作型MR11・31は旅行会社 (AGT) 用でプリカット紙(あらかじめ横85mm・横120mmに切断済みで、右側に紫色の連番が入っている)を使用、顧客操作型MV40はクレジットカード決済専用で定期券の発券に対応していないため5489サービス・エクスプレス予約・JR九州インターネット・電話予約受取り専用として使われる事が多い。

このため、定期券に対応する必要がある場合は現金購入機能を省いてクレジットカード専用としたMV30・35を使用する例もある。

また、MV40、MR31・32・52、MEXは従来からあったカセットリボン(熱転写)による印刷から感熱印刷方式になった。MV35はカセットリボン式と感熱印刷式の双方が存在する。

感熱印刷式の端末では、2色印字に対応した特殊な感熱紙が使用されている。

MR20型マルス端末。タッチパネル式。

MR20型端末のプリンター(発券機)。

ロール紙対応、熱転写印刷式。

MR11型マルス端末。

プリカット紙対応、熱転写印刷式。

最近はMR31型に置き換えられ、数を減らしている。

MR31型マルス端末(旅行会社向け)。

タッチパネル式で、プリカット紙対応、感熱印刷式。

MR12W型マルス端末(西日本旅客鉄道株式会社向け)。

タッチパネル式で、ロール紙対応、熱転写印刷式。

1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9

日本国有鉄道

JR

マルス1

マルス101

マルス102

マルス103

マルス104

マルス105

マルス201

マルス202

マルス301

マルス305

マルス501

= 運用終了 = 運用中
posted by arena8order at 19:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3. マルス(MARS)…日本国有鉄道・JRのシステム

Image~020.jpgImage~021.jpgImage~022.jpg
#ккк #発電所 #UHF #電磁波 #朝鮮工作員 #電気兵器 #プラズマ波兵器 #マイクロ波 #レーダービーム #RedIndian #yl. #Apache #polphotoXX #terrorismΡΧΚ



顧客操作型端末[編集]

JR発足直後にも、「TravelEDI端末」として試行されていたが、2000年代に入ってからは、利用客が自ら操作できる指定席券の発券や座席の指定機能を持った指定券自動券売機(MV端末)も、主要駅に設置されるようになった。

ただし、設置箇所や設置旅客会社の方針により、発売品目や列車は限定されている。

現金の他、クレジットカードによる決済にも対応している。

また、駅員が使用するMR型は、10時から1か月先の指定券が発売されるのに対し、MV型は10時20分からの発売となる。

旅客向けの名称はJR東日本では「指定席券売機」、東海旅客鉄道(JR東海)では「エクスプレス券売機」、JR西日本では「みどりの券売機」である。

端末の種類としてはMV型、ER型になる。

MV端末筐体のカラーは会社ごとに異なる(例、東日本:薄紫、東海:青、西日本・四国:黄緑など)。

JR西日本の一部駅にはお客様センターから対話遠隔操作タイプの「みどりの券売機プラス」のほか、5489サービス・エクスプレス予約受取専用の「みどりの受取機」などが設置されている。

また、かつてはJR東日本の一部駅にも対話型端末の「もしもし券売機Kaeruくん」(ER端末)が設置されていた。

指定席券売機(MV端末)。

MV35型(右)とMV30型(左)

JR西日本・山陽本線(JR神戸線)須磨駅に設置されたみどりの券売機プラス、オペレーターとの交信が可能


主な機能(駅員操作型端末)[編集]

マルス業務

指定券-在来線・新幹線の指定席の発売・乗車変更

自由席券-自由席特急券・急行券・普通列車グリーン券の発売・乗車変更

乗車券-普通乗車券(片道・往復・連続)・普通回数券・入場券の発売

定期券-定期券(通勤・通学)新幹線自由席定期券・在来線自由席定期券・定期入場券の発売

特企券-特別企画乗車券・周遊きっぷの発売、食堂車の予約券発売

団体・共通業務

団体-団体乗車券の発売・乗車変更

控除-乗車券類の自動控除(乗車変更で交換前の乗車券類や係員が誤って発券した乗車券類の廃札処理)

払戻-乗車券類の自動払戻(任意による払い戻しや事故等による無手数料払い戻しの廃札処理)

集計/特殊-売上集計(係員交代の引継集計)締切集計

締切月計-毎月1日に先月分の締切集計

マルス旅行業業務

旅館券-JRグループ提携の日本全国の旅館・ホテルの空室状況の照会と宿泊券の発売・変更・払戻

イベント券-東京ディズニーリゾート、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどのテーマパーク入園券、各種展覧会等の入場券の発売

レンタカー券-駅レンタカーの在庫照会・レンタカー券の発売・変更・払戻・控除

航空券-全日空(系列航空会社も含む)・日本航空(系列航空会社も含む)の航空券新規発売・払戻し・変更(払戻しについては、旅客会社発行かつ発行した旅客会社の駅に限る。)

旅館券・航空券の発売に関しては旅行業務取扱管理者資格を持った社員が在籍しないと発売できない為、JR西日本は諸事情から平成20年3月31日をもって終了している。

個別業務(旅客会社によってメニューが異なる)

ICカード-ICカード新規発売・チャージ・払戻・IC定期券の新規(継続)発売・払戻(四国旅客鉄道(JR四国)を除く旅客各社。JR西日本は諸事情によりチャージの取扱を現金・クレジットとも中止)

SMART ICOCA定期券-定期券の新規(継続)発売・払戻(JR西日本のみ。発売・払戻については定期券部分のみでSMART ICOCA本体の新規発売は駅窓口では行なわず、大阪駅のClub J-WESTサービスコーナーの窓口で一括して行う)

エクスプレス予約-東海道・山陽新幹線エクスプレス予約の発券・締切集計(JR東海・西日本のみ)

MR-POS(駅収入管理システム)(JR東海のみ)

E-POS(駅収入管理システム・九州旅客鉄道(JR九州)管内と一部他社管内の乗車券発券、JR九州のみ)

総販(JR北海道のみ)

「あさぎり」の座席照会と「指定のみ券」発券(小田急電鉄MSRシステムのホストと接続、JR東海のみ)

ワンタッチ

予め売れる乗車券類の登録で内容は駅によって異なる。

メンテナンス

前述の「ワンタッチ」の登録内容の修正・追加・削除。

終了

マルス端末の運転終了であり、これを「OFF」にしないと本体の電源は切れない。

営業訓練/営業試験

発売開始前や端末機器の電源を立ち上げた直後に印刷状態確認のテスト発券や機器操作の教育訓練で発券された営業訓練用乗車券類は、旬毎の単位で取り纏め審査担当箇所へ納品されるため、一般に入手することは不能である。(万一、一般の手に渡っても券面の左上部の箇所に枠囲みで「訓練」又は、「営試」と表示されており自動改札機は通過できないし使用すらできない)通常の乗車券原紙を使わずにJRロゴマークが印刷されていない白紙の乗車券原紙を使用する箇所もある。

操作控除

本来、端末で発券された乗車券類は、控除メニューから自動控除処理にて廃札処理を行うが、乗車券類裏面の磁気トラックが端末で読み取れなかった時など手作業入力にて控除をして廃札処理を行う。

操作払戻

本来、端末で発券された乗車券類は、払戻メニューから自動払戻処理にて廃札処理を行うが、乗車券類裏面の磁気トラックが端末で読み取れなかった時など手作業入力にて払戻をして廃札処理を行う。

また、任意による払戻の際、本来は手数料が計上される。

しかし、顧客の誤購入・事故などの場合、無手数料扱いにすることが可能な機能。

払戻申出証明・乗変申出証明機能(リザーブキャンセル)

出発間際など、払戻箇所に制限のある乗車券類等(クレジットカードで購入した乗車券類や、団体券、契約乗車票など)の場合、特急券や指定券のリザーブした座席を取消し、管理サーバーに戻す機能。原券は購入者自身が後日購入箇所に持参の上で精算を受ける。


主な機能(顧客操作型端末)[編集]

(設置駅によって発売内容が異なる)

指定券-在来線・新幹線の指定席の購入・乗車変更

自由席券-自由席特急券

乗車券-普通乗車券(片道・往復・連続)・入場券の購入

定期券-通勤・通学IC/磁気定期券(新規・継続、ただし年度を跨る通学定期については除く)

一部の特別企画乗車券

JR東海・西日本エクスプレス予約・JR西日本・四国5489サービス・JR東日本えきねっと予約の受取

(以下係員操作部分)

締切業務(日計/月計)

JR東海・西日本エクスプレス予約発売実績締切

釣銭補充

売上金回収(日毎/全回収)

試刷(発売開始前に印刷状態確認のテスト発券)


開発の経緯[編集]

マルスが開発される以前は、その列車の始発駅が属する指定席管理センターで、列車ごとに日別の指定席台帳を作って各列車の指定席を管理していた。

駅で切符の申込みを受けた際は、駅員が電話でセンターへ問合わせ、センターでは指定席台帳から空き座席を探し出して見つけた座席の座席番号を回答し、駅ではその座席番号を指定券に書き写して発券していた。

指定席管理センターでの予約処理はおおよそ以下のとおりであった。

予約処理を行なう職員は、方面別の指定席管理台帳が収納されている、回転テーブルの前に着席している。

駅係員などからの指定席要求に対し、かなりの速度で回転している(直径約2m、約8秒前後で1回転)テーブルから該当の台帳を取り出す。

台帳に席の割り当てを行なう。

問い合せ元への回答を行なう。

書き込んだ台帳を、回転テーブルの所定の位置が自分のほうへ来た時に正確に投げ戻す。

これらの作業にはかなりの技を駆使する必要があった。

ベテランになると、1メートルぐらい離れたところからでも所定位置に戻せるという、まさに職人技をもって対処していた。

この様子は国立科学博物館のマルス101の展示の前で流されている解説ビデオなどで見ることができる。

しかしこの方式では発券に多大な時間を要し、指定席を連結する特急・急行列車が増加するにつれて膨大な量の申込みを捌くことができなくなり、指定席を必要とする利用者がいるにも関わらず発券が間に合わず空席を残したまま列車が発車してしまう事態が発生していた。

さらに、主たる作業を人間が行うため、聞き間違いによる予約指定ミス、書き間違い、回答の言い間違い、転記ミスなど、発券ミスを引き起こす要因が数多くあった。

これを改善するため、当時の鉄道技術研究所の穂坂衛、大野豊らが、日本が最初に輸入したコンピュータであるBendix G-15のアーキテクチャや、アメリカン航空が当時研究中の座席予約システムSABREなどを参考にしつつ、世界初となる列車座席予約システムの機械化の研究を1957年に開始した。

翌1958年、日立製作所とともにマルスの開発が開始された。

また、相前後して、小田達太郎による、サイバネティックスの考え方などの導入といった改革の機運が、国鉄内にあったことも背景にあることが指摘されている。

なお、俗に言う「POS端末」と呼ばれる、マルス中央装置との通信を要しない機械設置駅の場合、指定券等の通信を要するものについてはマルスを設置している管理駅に係員が問い合わせた上で手書きによる方法で発券するため、現在でも上述のような形式を採用している駅も僅かながらに残っている。

(ただしPOS端末設置駅全てでできるわけではない。)

詳しくは駅収入管理システムの項を参照されたい。
posted by arena8order at 18:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2. マルス(MARS)…日本国有鉄道・JRのシステム

Image~016.jpgImage~017.jpgImage~018.jpgImage~019.jpg
#ккк #発電所 #UHF #電磁波 #朝鮮工作員 #電気兵器 #プラズマ波兵器 #マイクロ波 #レーダービーム #RedIndian #yl. #Apache #polphotoXX #terrorismΡΧΚ



乗車券原紙[編集]

乗車券原紙については、JR鉄道駅ではドラム型のロール紙タイプを使用しているのに対し、旅行会社向け端末はあらかじめ横85ミリと横120ミリにカットされたタイプを使用しており、盗難・紛失防止策として通し番号(右側にある紫色の連番)が印刷されている。

偽造防止の為、原紙表面へJRマークと字模様(旅客会社別にアルファベットで一文字・北海道=北/東日本=E/東海=C/西日本=W/四国=S/九州=K・JRの駅以外のマルスで発券される場合はその地域のJR会社の字模様が入ったものを使用する。)と「JRロゴ」が浮かび上がる潜像が施されており、カラーコピーをした場合において、真券と偽造券の識別が簡単に出来るように工夫されている。

残紙については係員や第三者による偽造や盗難防止の観点から表部分を油性マジックで2条末線を引き、旬計毎に審査箇所へ納付するように規定され、駅によっては残紙をシュレッダーにかけて裁断処分をする箇所もある。

また、係員による誤発行で売上取消処理された乗車券類や払戻し処理をされた使用出来無い乗車券類についても管理が厳しく、これらも係員や第三者による盗難防止の観点から旬計毎に審査箇所へ納付するように決められている。


定期券原紙(磁気/IC共通)[編集]

磁気定期券原紙については前述の様なドラム型のロール紙タイプではなく、樹脂型の横85ミリにカットされた用紙をしており、乗車券原紙以上に偽造防止策が施されている。

又、有効期限内であれば、劣化による券面の印字が不鮮明な場合などは購入駅で無償で交換して貰う事も出来る。

西日本旅客鉄道(JR西日本)では毎年1月1日をもって発行する原紙の模様を変えており、アルファベット2文字と5ケタの通し番号を振り分けている(例-AA01234等)。

ICOCA・TOICA・Suica等のIC定期券の場合は、容易に偽造が出来無い事からカード固有のID番号によって管理されている。

詳細は各ICカードの記事を参照。

旅行会社ではJR定期券の発売は無いので旅行会社向け端末では削除されている。


マルス端末[編集]

切符をマルスシステムと接続して発券するための端末として、駅員が操作するタイプ(鉄道情報システム(JRS)製品-MR型、ジェイアール東日本情報システム(JEIS)製品-ME型)と、顧客自身が操作するタイプ(MV型)の2つに分類出来る。

これらは、JR各社の様々なニーズに応じる事が出来る様に、JR東日本におけるSuica、JR西日本に於けるICOCA対応などシステムや機能が拡張されている。

また、クレジットカード会社のシステムともオンラインで接続されており、カード決済による発券の際には、与信照会などが行われる。

なお、端末は日立製作所が殆どだが、一部に日立と同じく芙蓉グループに加盟する沖電気工業製も存在する。

沖電気製はMV30端末やJR東日本のMEM端末、MEX端末で主に使用されているほか、M型端末は日立製作所とともに2社で製造していた。


駅員操作型端末[編集]

JR鉄道駅や旅行会社のみどりの窓口の端末に、駅員や旅行会社係員が端末を操作し、列車や座席、条件等を指定することにより、端末に接続されたプリンターから自動的に切符類が発券される。

端末から出力される切符は、ほとんどが磁気化券となっており、発売された切符の内容がマルス端末による自動控除(払戻処理)用と、自動改札機用の情報それぞれにエンコードされ記録されている。

発売された切符のうち、定期券サイズで切符に丸印の中に×のマークが入った切符や、自動改札機を通過できない旨明記された切符以外は、原則として、全国のJR各駅の自動改札機を通過することが可能である。

端末の種類としてはMR型、ME型になる。
posted by arena8order at 18:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1. マルス(MARS)…日本国有鉄道・JRのシステム

Image~011.jpgImage~012.jpgImage~013.jpgImage~014.jpg
#ккк #発電所 #UHF #電磁波 #朝鮮工作員 #電気兵器 #プラズマ波兵器 #マイクロ波 #レーダービーム #RedIndian #yl. #Apache #polphotoXX #terrorismΡΧΚ


マルス (システム)
http://p211.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1130Y6sfgTQJlPia/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2583%259E%25E3%2583%25AB%25E3%2582%25B9_%28%25E3%2582%25B7%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2586%25E3%2583%25A0%29&_jig_keyword_=%83%7D%83%8B%83X&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E3%2583%259E%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25BA%26p%3D%2583%257D%2583%258B%2583X%26trans%3D0&_jig_source_=srch&guid=on



マルス (システム)


MARSで発券された乗車券

MR32型マルス端末


マルス(MARS-Multi Access seat Reservation System)は、日本国有鉄道(国鉄)・JRグループの座席指定券類の予約・発券のためのコンピュータシステムである。


概要[編集]

JRの指定席券を主として、乗車券類・イベント券などの座席管理・発行処理および発行管理(精算業務)を行う巨大なオンラインシステムであり、ホストシステム、端末ともに「マルス(端末)」と呼ばれる事が多い。

名称について、元々は"Magnetic electronicAutomatic seatReservationSystem"(磁気的電気的自動座席予約装置)の略とされていたが、現在では"MultiAccess seatReservationSystem"(旅客販売総合システム)の略となっている。

ローマ神話の軍神マルスにかけたネーミングでもある。

アルファベットでは"MARS"と書くが、一般にはカタカナで「マルス」と表記される。

2008年には、マルス1が電子計算機技術のオンラインリアルタイムシステムへの応用の可能性を示したこと、現代でも実際に使われているシステムへの発展の基礎となった事を評価され、電気学会の電気技術顕彰制度「第1回電気の礎」に選定された。

また、2009年には情報処理学会により「情報処理技術遺産」として認定された。


マルスシステム[編集]

中央装置(ホストコンピュータ)は東京都国分寺市にあり、国鉄分割民営化以後は鉄道情報システム株式会社(JRシステム)が保有・運営している。

中央装置で一括管理する集中型をとっており、中央装置は、歴代日立製作所の大型コンピュータ・超大型コンピュータが採用されている。

2010年現在使用しているマルスは「マルス501」である。

元々は鉄道切符(乗車券類)の発売のために開発されたシステムだが、現在では乗車券類だけで無く、航空券(現在は取り止め)、宿泊券、遊園地や展覧会などイベントの入場券等の販売も行える様になっている。

JRの鉄道駅や旅行代理店に設置される端末(MR端末、東日本旅客鉄道「JR東日本」ではMEM端末、MEX端末=JR東日本の子会社であるジェイアール東日本情報システムが、JR東日本向けに開発した端末が主流)とは、鉄道情報システムが管理するJRネット等を経由しホストと接続されている。

また、JTB系や近畿日本ツーリスト系等、大手旅行会社の旅行業システムともオンラインで接続されており、接続されている旅行会社に設置されている旅行業端末においても、JRの指定券などを発売することが可能である。

端末で管理されている座席は、JRの新幹線や特急列車や、急行・快速・普通列車の「座席指定席」を中心に、「ドリーム号」等、JRバス各社及び、これらと共同運行する高速バスの座席指定席等である。

バスの座席については、JRシステム等で新たに開発された座席予約管理システムである「高速バスネット」に移行する方策が採られている、詳細は後述。

マルスの稼働時間は4時00分から翌日2時00分までである。
posted by arena8order at 18:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MARS,Mars,Mars,Maas,Mars…

Image~008.jpgImage~009.jpgImage~010.jpg
#ккк #発電所 #UHF #電磁波 #朝鮮工作員 #電気兵器 #プラズマ波兵器 #マイクロ波 #レーダービーム #RedIndian #yl. #Apache #polphotoXX #terrorismΡΧΚ


「テラフォーマーズ」に関連した英語例文の一覧
http://p207.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1130lQbTLPebaAVB/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E3%2583%2586%25E3%2583%25A9%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A9%25E3%2583%25BC%25E3%2583%259E%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25BA&_jig_keyword_=%83%7D%81%5B%83Y%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2583%257D%2581%255B%2583Y%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26b%3D3%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on



マーズ → Mars

マーズ、マース、マルス(MARS,Mars) → Mars,Maas,Mars (MARS,Mars)

マールス、ローマ神話に登場する神の英語名。 → AnEnglish name of God appearing in Mars, theRoman mythology.

ギリシア神話におけるアレースと同一視される。 → It is identified with Ares intheGreek myth.

曖昧さ回避に関してはアレス(曖昧さ回避)も参照。 → Ares(vagueness evasion)refers aboutthevagueness evasion,too.

火星の英語名。 → AMartian English name.

ヨーロッパ諸言語での3月の呼び名の一つ人名[編集] → One ofthenames person's name[editing]of March by European languages

ベルギーの作曲家、ジェフ・マース。 → Belgian composer,Jeff Maas.

アメリカ合衆国のプロ野球選手、ケビン・マース。 → Professional baseball player oftheUnited States of America,Kevin Maas.

香港の俳優、マース。 → Actor of Hong Kong,Maas.


情報処理[編集] → Information processing[editing]

旧国鉄・JRグループの座席指定券類の予約・発券のためのコンピュータシステム、マルス(システム)。 → Computing system for reservation,発券 ofthereserved-seat tickets of Japan National Railways, theJR group,Mars(system).

MARS-IBMが開発したブロック暗号アルゴリズム。 → Theblock code algorithm that MARS-IBM developed.


医療[編集] → Medical care[editing]

診療報酬請求債権(MedicalAccountReceivables) → Medical treatment reward request credit (MedicalAccountReceivables)


音楽[編集] → Music[editing]

B'zが1991年にリリースしたミニアルバム『MARS(B'zのアルバム)』。 → Themini album which B'z released in 1991 of "MARS (B'z album)."

Gacktが2000年にリリースしたフルアルバム『MARS(GACKTのアルバム)』。 → Thefull album which Gackt released in 2000 of "MARS (GACKT album)."

マーズ(バンド)-アメリカのバンド。 → Mars(band) AnAmerican band.

1987年イギリスで結成されたハウス・ユニット、M/A/R/R/S。 → House unit,M/A/R/R/S which were formed intheU.K. in 1987.


社名・商標・ブランド名[編集] → Company name,trademark,brand name[editing]

『MARSSIXTEEN』(MARS16)。 → "MARS SIXTEEN"(MARS16).

1999年結成のTシャツブランド。 → AT-shirt brand ofthe1999 organization.

ゲームデザイナー桝田省治率いる有限会社マーズ。 → Mars who leads game designer Shoji Masuda Ltd.

主に家庭用ゲームを企画・開発する。 → Planahome game and develop it mainly.

マース(企業)-アメリカの食品会社および販売しているキャンディーバー(チョコバー)の商標名=Mars。 → Maas(company) Brand name=Mars ofanAmerican food company andacandy bar(chocolate bar)selling.


軍事[編集] → Militarily[editing]

イギリス海軍[編集] → TheBritish navy[editing]

マーズ(戦列艦・初代) → Mars(ship of the line, thefirst generation)

1665年にオランダから捕獲した50門艦マーズ(戦列艦・2代) → 50 gate warship Mars(ship of the line .2 generations)whomIcaptured fromtheNetherlands in 1665

1746年にフランスから捕獲した64門艦マーズ(戦列艦・3代) → 64 gate warship Mars(ship of the line .3 generations)whom captured from France in 1746

ダブリン級戦列艦マーズ(フリゲート) → Dublin grade ship of the line Mars(frigate)

1794年にオランダから捕獲した32門艦マーズ(戦列艦・4代) → 32 gate warship Mars(ship of the line .4 generations)whomIcaptured fromtheNetherlands in 1794

マーズ級戦列艦 → Mars grade ship of the line

マーズ(戦列艦・5代) → Mars(ship of the line .5 generations)

ヴァンガード級戦列艦マーズ(戦艦) → Station wagon guard grade ship of the line Mars(battleship)

マジェスティック級戦艦マーズ(巡洋艦) → Magestic grade battleship Mars(cruiser)

1946年にキャンセルマーズ(空母) → In 1946 cancellation Mars(carrier)

コロッサス級航空母艦。 → Aコロッサス grade carrier.

進水前にパイオニアに改名。 → It is changed his/her name beforethelaunching byapioneer.


アメリカ海軍[編集] → U.S. Navy[editing]

マーズ(ガレー) → Mars(ガレー)

マーズ(給炭艦) → Mars(給炭艦)

マーズ(工作艦) → Mars(work warship)

マーズ(補給艦)-マーズ級戦闘給糧艦のネームシップ。 → Mars(replenishment vessel) Aname ship of Mars 級戦闘給糧艦.


フィクション・ゲーム[編集] → Fiction game[editing]

横山光輝著の漫画作品「マーズ(漫画)」。 → Comics work "Mars"(comics)of written by Mitsuteru Yokoyama.

同作品を原作としてテレビアニメ「六神合体ゴッドマーズ」、OVA「マーズ」、テレビアニメ「神世紀伝マーズ」の3作品が製作された。 → TV animated cartoon "six God union god Mars",OVA "Mars", 3works of TV animated cartoon "God century biography Mars" were produced astheoriginal withawork by the same author product.

惣領冬実著の漫画作品「MARS(漫画)」。本島幸久著の漫画作品「蒼き神話マルス」に登場する主人公の競走馬マルス。 → Race horse Mars ofthechief character that comics work of written by Yukihisa Motojima appears to "blue myth Mars" comics work "MARS"(comics)of written by Fuyumi Soryou.

マルス(Marth)-ゲーム「ファイアーエムブレム」シリーズ(「暗黒竜と光の剣」、「紋章の謎」他リメイク作品)の主人公。 → Mars (Marth) Achief character ofthegame "ファイアーエムブレム" series("sword ofthedark dragon and light","mystery other remakes work ofthecrest").

漫画・アニメ美少女戦士セーラームーンシリーズの登場人物。 → Acharacter of comics, theanimated cartoon beautiful girl soldier Sailor Moon series.

火野レイ#セーラーマーズを参照。 → Refer to Hino lei#sailor Mars.

「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」の登場人物。 → Thecharacter oftheblanket monster diamond pearl.

ポケットモンスター ダイヤモンド・パールの登場人物#ギンガ団を参照。 →

アメリカのTVドラマ「ヴェロニカ・マーズ」。1966年放送の特撮テレビ番組「ウルトラマン」に登場する小型強力光線銃「マルス133」。1977年放送のテレビアニメ「ジェッターマルス」。メガドライブの周辺機器「スーパー32X」の開発時のコードネーム。 →

プレイステーション2用ゲームソフト「電脳戦機バーチャロン マーズ」の通称並びに主人公が属する組織の名前。 →

表記はMARZ。 →

テレビアニメ「プリティーリズム・オーロラドリーム」の主人公3人が劇中で結成するユニットの名称。 →

表記はMARs。 → Irefer toacharacter#ギンガ group ofthePocket Monster diamond pearl.

配役の声優3人が「MARs」名義で行っている歌手活動についてはLISP(声優ユニット)も参照。 → American TV drama "Veronica Mars"Iappear tothespecial effects TV program "ultra man" ofthebroadcast in 1966;small;strongly ray gun "Mars 133" it isacode name at the time ofthedevelopment of peripheral device "supermarket 32X" ofthemega drive TV animated cartoon "ジェッターマルス" ofthebroadcast in 1977.

その他[編集] → Thename oftheorganization whereapopular name of game software "Cyber Troopers Virtualon Mars" for PlayStation2 andachief character belong to.

近代建築研究者集団 → Thenotation is MARZ.

近代建築国際会議CIAMのイギリス支部。 → Thename oftheunit which three chief characters oftheTV animated cartoon "pre-tea rhythm aurora dream" form ofadrama.

株式会社トリニティが主催する総合格闘技の興行、「MARS(格闘技イベント)」。マルス計画-ソビエト連邦による火星無人探査計画。 → Thenotation is MARs.

21世紀最初の火星探査機「2001マーズ・オデッセイ」は、火星にかつて水があったかどうかを探るための探査機です。 → Irefer to LISP( voice actor unit)forthesinger activity that three voice actors ofthecast go for with "MARs" name.

また、他の火星ローバや着陸機の通信を中継する任務も果たしています。 → In addition, [editing]

2001年10月に火星に到着し、2013年8月現在でも順調に探査を続けています。 → Modern architecture researcher group

マーズ・リコネイサンス・オービターとは -宇宙百科事典 Web → ABritish branch office of modern architecture international conference CIAM.

http://p221.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1130Nn2tjIOHfT3i/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.weblio.jp%2Fcontent%2F%25E3%2583%259E%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25BA%25E3%2583%25BB%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25B3%25E3%2583%258D%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25B5%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B9%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2593%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25BC&_jig_keyword_=%83%7D%81%5B%83Y%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fimgsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fimgsearch%2Fdetail%3Fp%3D%2583%257D%2581%255B%2583Y%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26ib%3D2&_jig_source_=simg&guid=on → It is Mars nothing person exploration plan bytheMars plan-Soviet Uniontheperformance ofthemixed martial arts thatatrinity Co., Ltd. sponsors,"MARS"(martial art event).

マーズ・リコネイサンス・オービター分類-月・惑星探査 → It isaspace probe to investigate whether there was ever water in Mars as for first Mars space probe "2001 Mars Odyssey" inthe21st century.

NASA提供 → In addition, Iachievetheduty to relaythecommunication of other Mars Rover and landers.

名称-火星探査機マーズ・リコネイサンス・オービター(MarsReconnaisanceOrbiter) → Iarrive at Mars in October, 2001 and continue exploring it smoothly now in August, 2013.

小分類-火星観測開発機関-アメリカ航空宇宙局(NASA) → It is-space encyclopedia Web withtheMars Rico Nathan orbiter

打ち上げ国名・機関-アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA) → http://p221.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1130Nn2tjIOHfT3i/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.weblio.jp%2Fcontent%2F%25E3%2583%259E%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25BA%25E3%2583%25BB%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25B3%25E3%2583%258D%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25B5%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B9%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2593%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25BC&_jig_keyword_=%83%7D%81%5B%83Y%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fimgsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fimgsearch%2Fdetail%3Fp%3D%2583%257D%2581%255B%2583Y%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26ib%3D2&_jig_source_=simg&guid=on

打ち上げ年月日-2006年3月12日(日本時間) → Mars Rico Nathan orbiter classification-month,planetary probe

打ち上げ国名-アメリカ合衆国打ち上げロケット-アトラスV打ち上げ場所-ケープカナベラル空軍基地 → NASA offer

マーズ・リコネイサンス・オービターは、2005年8月12日に打ち上げられた火星周回衛星で火星表面を隈無く偵察する事を目的としています。 → Name-Mars space probe Mars Rico Nathan orbiter (Mars Reconnaisance Orbiter)

(Reconnaissanceとは「偵察」と言う意味)。 → Small classification-Mars observation development engine-National Aeronautics and Space Administration(NASA)

2006年3月11日(日本時間)に火星に到着し、2006年11月から約4年間に渡り、火星を最大解像度1mという細かさで観測することが計画されています。 → Launching name of a country,engine-United States/National Aeronautics and Space Administration(NASA)

マーズ・リコネイサンス・オービターは3つのカメラを含む6つの観測機器を搭載しています。 → Launching date-March 12, 2006(Japan time)

その一つが高解像度撮像装置(HiRISE-HighResolutionImagingScienceExperiment)で火星の表面を帯状に撮影します。 → Launching name of a country-United States of America launcher-atlasVlaunching place-Cape Canaveral Air Force Base

カメラは可視光線領域及び近赤外線領域をカバーし、解像度は1mに達します。 → TheMars Rico Nathan orbiter is intended to spy upon Mars appearance without dark circles in Mars surroundings satellite launched on August 12, 2005.

これまでよりも火星の地形を更に詳しく知る事が出来るのです。 → Meaning)to be called "reconnaissance" with (Reconnaissance.

マーズ・リコネイサンス・オービターの目的は、火星の気象を探ること、火星の地表を詳細に調べて水に関係した地形を調べる事、将来の火星探査に備えて、サンプルリターン探査や着陸に適した場所を見つける事等です。 → Iarrive at Mars in(Japan time)on March 11, 2006,and it is planned to observe Mars in with detail of max resolution 1m for approximately four years from November, 2006.

2006年11月に観測を開始後、1976年に着陸したバイキング着陸機や、現在火星を探査中の「マーズ・エクスプロレーション・ローバー」火星ローバーの「スピリット」の姿を撮影しています。 → TheMars Rico Nathan orbiter is equipped with six observation equipment including three cameras.

2007年2月には、早速、火星に水が流れていた証拠となる地形を発見しました。 → One is high-resolution imaging device (HiRISE-High Resolution Imaging Science Experiment) and photographstheMartian surface in a belt.

火星探査機マーズ・リコネイサンス・オービターが観測した画像。 → Thecamera coversavisible ray domain andanear-infrared light domain,andtheresolution reaches 1m.

地形の特徴から地下水が流れていた証拠と考えられる。 → Ican knowthetopography Martian than to this in detail.

NASA提供 → It is to findaplace suitable for sample return exploration andalanding forthepurpose oftheMars Rico Nathan orbiter investigatingtheMartian weather,checkingthetopography whichIcheckthemartian surface in detail,and was related to water,future Mars exploration.

→ Iphotographthefigure of"thespirit" of buffet lander which landed afterastart by observation in 1976 in November, 2006 and "Mars essence professional military ration Rover" Mars Rover exploring Mars now.

→ In February, 2007, Idiscoveredthetopography which becametheevidence that water flowed through to Mars at once.

→ Theimage whichaMars space probe Mars Rico Nathan orbiter observed.

→ It is thought withtheevidence that groundwater flowed through fromacharacteristic ofthetopography.

→ NASA offer
posted by arena8order at 17:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くる病(Rachitis)の語源はギリシャ語のrhakhis

Image~007.jpg25cd5a28.jpg030055b.jpg
#ккк #発電所 #UHF #電磁波 #朝鮮工作員 #電気兵器 #プラズマ波兵器 #マイクロ波 #レーダービーム #RedIndian #yl. #Apache #polphotoXX #terrorismΡΧΚ


「くる病」に関連した英語例文の一覧
http://p206.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/113078p2wdl6XI00/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E3%2581%258F%25E3%2582%258B%25E7%2597%2585&_jig_keyword_=%82%AD%82%E9%95a%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E3%2581%258F%25E3%2582%258B%25E7%2597%2585%26p%3D%2582%25AD%2582%25E9%2595a%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26trans%3D0&_jig_source_=srch&guid=on



くる病 → Rickets

http://p218.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1130Q2WNJbLHaxJJ/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2581%258F%25E3%2582%258B%25E7%2597%2585&_jig_keyword_=%82%AD%82%E9%95a&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2582%25AD%2582%25E9%2595a%26fr%3D&_jig_source_=srch&guid=on



くる病 → Rickets


くる病(2歳児の脚) → Rickets(leg ofthe2 years old child)


くる病(佝僂病、瘻病)とは、乳幼児の骨格異常。 → Withtherickets(rickets,瘻病), theframe of infants is abnormal.

主な症状として脊椎や四肢骨の湾曲や変形が起こる。 → Curve andthetransformation ofthebackbone andthelimbs bone are caused asamain symptom.

くる病(Rachitis)の語源はギリシャ語の背骨を意味するrhakhisから来た。 → Theetymology of rickets (Rachitis) came from rhakhis which meantthebackbone oftheGreek.

戦前の日本では、背むしという別称もあった。 → In prewar Japan,there wastheanother name calledtheback insect,too.

原因として、ビタミンDの代謝障害により、カルシウム、リンの吸収が進まないことによる骨の石灰沈着障害が最も知られる。 → Acalcification disorder ofthebone by calcium,absorption of phosphorus not advancing byametabolism disorder of vitamin D is known asacause most.

紫外線(日光)に当たる事で体は7-デヒドロコレステロールより肝臓、腎臓での代謝を経てビタミンDを合成する。 → Thebody composes vitamin D via liver, themetabolism withthekidney than 7-dehydrocholesterol inthething equal to ultraviolet rays(sunlight).

このため、太陽に当たる量の少ない人、脂肪吸収障害、肝障害、腎障害等の基礎疾患のある人に発生しやすい。 → Therefore,it is easy to occur totheperson withtheunderlying diseases such asaperson with a little quantity equal tothesun, afat absorption disorder, aliver damage, therenal damage.

また、てんかんの患者もくる病になる事がある。 → In addition, thepatient of epilepsy may suffer from rickets,too.

これは抗てんかん薬の長期投与により肝臓でビタミンDが不活性化されるためである。 → This is because vitamin D is inactivated in liver bythelong-term dosage oftheantiepileptic drug.

カルシウムの摂取が少ない一部の発展途上国でも、くる病が発生しやすい。 → In some developing countries with a few intakes of calcium,rickets is easy to occur.

ヨーロッパ人の白い肌は欧州の少ない日照に適応した結果であり、肌の黒いインド系や黒人が日射量が少ない高緯度地域に移住した場合、乳幼児にくる病がしばしば発生する。また、遺伝性のくる病が存在する。 → Whenthewhite skin oftheEuropean istheresult that fitted little sunshine of Europe,and black India system and black oftheskin emigrate tothedistrict in a high latitude area where there is little sunlight quantity,rickets often occurs to infants,and rickets hereditary again exists.

これは腎臓の尿細管でリン酸塩の再吸収が妨げられる事により発生する。 → This occurs by reabsorption of phosphate being disturbed withtherenal tubule ofthekidney.

成人・成体の骨格に発生する、同質の疾患である骨軟化症も、くる病と同様の原因で発生するが症状は異なる。 → It isacause liketherickets,andtheosteomalacia that isadisease ofthesame quality to occur totheframe ofanadult, themature form occurs,butthesymptom is different.

これは、くる病は成長軟骨板の閉鎖以前の石灰化障害、骨軟化症は以後の障害としているからである。 → This is becausetherickets doesacalcified obstacle beforetheclosedown ofthegrowth cartilage board, theosteomalacia withanobstacle of afterward.

予防するためには、カルシウムやビタミンDを不足させない事、日光浴によるコレステロールの変質等が必要になる。 → Not letting calcium and vitamin D be short, achange in quality of cholesterol bythesunbathing are necessary to prevent it.


症状[編集] → Symptom[editing]

骨変形 → Bone transformation

頭部-頭蓋癆(頭蓋骨の軟化)、大泉門解離・閉鎖不全胸部-くる病数珠(肋骨の骨軟骨結合部の拡大)、漏斗胸、鳩胸四肢-O脚、X脚 → Head-頭蓋癆(softening oftheskull),great fontanel dissociation,dysraphism chest-rickets beads(expansion ofthecostal bone synchondrosis part),funnel chest,pigeon-breasted limbs-bowlegs,knock knee

脊柱-側彎、前彎、後彎 → Spinal column-側彎,前彎,後彎

歯-エナメル質の形成不全 → Hypoplasia ofthetooth-enamel

筋緊張低下 → Muscle tonus drop

低Ca血症 → Low Ca blood symptom

テタニー → Tetany

その他に、低成長、蛙腹、不穏等の症状を引き起こす。 → In addition, cause symptoms such as low growth, afrog stomach, theunrest.


くる病の人物が登場する作品[編集] → Work[editing]whichaperson oftherickets appears

ノートルダム・ド・パリ−ヴィクトル・ユゴーの小説。 → Anovel of Notre-Dame de Paris-Victor Hugo.

リゴレット−ジュゼッペ・ヴェルディ作曲のオペラ。 → Opera oftheRigoletto-Giuseppe Verdi composition.



代謝性骨疾患の画像診断 → Video diagnosis ofthemetabolic bone disease

http://p228.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1130l0by7Y4nEBt9/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.rada.or.jp%2Fdatabase%2Fhome4%2Fnormal%2Fht-docs%2Fmember%2Fsynopsis%2F030055.html&_jig_keyword_=%82%AD%82%E9%95a&_jig_done_=http%3A%2F%2Fimgsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fimgsearch%2Fdetail%3Fp%3D%2582%25AD%2582%25E9%2595a%26ib%3D6%26ss%3Dxargs%253D5&_jig_source_=simg&guid=on



代謝性骨疾患には、骨粗鬆症、副甲状腺機能亢進症、骨軟化症、腎性骨異栄養症等があり、X線撮影等においては病態に応じた多種多様な画像を提供する。 → Metabolic bone diseases include osteoporosis,hyperparathyroidism,osteomalacia,renal bone dystrophy and provide a great variety of images depending onthecondition of a patient intheradiography.

骨粗鬆症、骨軟化症、くる病について、病理組織像、単純X線像、場合によってはMRI像を示す。 → About osteoporosis,osteomalacia,rickets, show pathology histology,simple radiographic appearance and sometimesanMRI image.

骨粗鬆症では、骨梁の減少や皮質骨の菲薄化が進むと、やがて骨の変形や骨折をきたし、骨軟化症、くる病では、骨基質の石灰化が阻害され、類骨が過剰となる。 → When decrease in bone beam and 菲薄化 ofthecortical bone advance, theosteoporosis causes transformation andthebone fracture ofthebone before long,and,for osteomalacia, therickets,calcification ofthebone matrix is inhibited,and osteoid becomes superabundant.

正常な成人の骨量や骨構造は、骨形成と骨吸収のバランス上に保たれている。 → Thebone mass ofanormal adult andthebone structure are kept on osteoplasty and balance ofthebone resorption.

このバランスを保つ骨代謝の調節は多種のホルモン、各種成長因子が複雑に関連した機構で行われており、この調節以上が代謝性骨疾患の原因となっている。 → As fortheadjustment ofthebone metabolism to keep this balance, ahormone ofthehaving many kinds,various growth factors are performed by mechanism in conjunction withthecomplexity,and higher than this adjustment causethemetabolic bone disease.

本疾患の多くは、骨量減少を来す事から、この画像診断は骨量減少と骨折の鑑別が主となっている。 → As for most of these diseases,as for this video diagnosis,bone mass decrease andthedifferentiation ofthebone fracture become important by causing bone mass decrease.

骨診断の基本は、単純X線像であるが、最近軟部組織のコントラストの優CT,MRさらに骨シンチグラフィ等の発展により、有用な情報が多く得られる様になった。 → Thebasics ofthebone diagnosis were simple radiographic appearance,but there was much useful information and came to be provided by development such asACT ofthecontrast ofthesoft tissue, theMR bone scintigraphy recently.

代謝性骨疾患には、骨粗鬆症、副甲状腺機能亢進症、骨軟化症、腎性骨異栄養症等があり、X線撮影等においては病態に応じた多種多様な画像を提供する。 → Metabolic bone diseases include osteoporosis,hyperparathyroidism,osteomalacia,renal bone dystrophy and provide a great variety of images depending onthecondition of a patient intheradiography.

骨粗鬆症の診断 → Diagnosis oftheosteoporosis

本症は、最も頻度の高い代謝性骨疾患である。 → Thedisease isthemost frequent metabolic bone disease.

骨量が生理的範囲を越えて減少、その結果病的骨折が起こる。 → Bone masses decrease acrossaphysiological range,and,as a result, amorbid bone fracture is caused.

骨粗鬆症の診断 → Diagnosis oftheosteoporosis

病理組織像 → Pathology histology

腰椎X線像 → Lumbar vertebrae radiographic appearance

腰椎T1強調MRI像(原論文1より引用)病理組織像において、全体に骨梁が減少し特に横方向の骨梁が殆ど消失している。 → Abone beam decreases inthewhole,and,in lumbar vertebrae T1 emphasis MRI image(Iquote it than original article1)pathology histology,most oftheparticularly lateral bone beams disappear.

また、転子間に骨折が認められる。 → In addition, abone fracture is accepted between trochanter.

骨梁の減少や皮質骨の菲薄化が進むと、やがて骨の変形や骨折を来すことになる。 → When decrease in bone beam and 菲薄化 ofthecortical bone advance,they will present with transformation andthebone fracture ofthebone before long.

腰椎の単純X線像で第1、第2腰椎椎体に扁平化がみられる例を示す。 → Showtheexample that flattening is seen inthefirst, thesecond lumbar vertebrae vertebral body with lumbar simplicity radiographic appearance.

また腰椎T1強調MRI像では、脂肪髄が保たれているが、第1腰椎椎体内には横走する骨折線が認められる。 → In addition,withthelumbar vertebrae T1 emphasis MRI image,fatty marrow is kept,butabone polygonal line doing deviating from the right path is recognized inthefirst lumbar vertebrae vertebral body.

本症では、脂肪髄がよく保たれていることから、悪性腫瘍による病的骨折で無い事が判る。 → Because fatty marrow is kept good forthedisease, understandthething that there is not bythemorbid bone fracture due tothemalignant tumor.

骨量の減少をX線像上の濃淡変化として認識するためには、腰椎の60%以上の脱灰が必要であると言われている。 → It is said thatthedecalcification of more than 60% of lumbar vertebrae is necessary to recognizethedecrease in bone mass as light and shade change ontheradiographic appearance.

ここに精度の高い骨塩定量法の有効性が認められる。 → Theeffectiveness ofabone salt assay having high precision is recognized here.

骨軟化症、くる病の診断 → Osteomalacia,diagnosis oftherickets

本症の最終的な病的形態変化は、骨基質の石灰化が阻害され、類骨が過剰となるものである。 → As forthefinal morbid form change ofthedisease,calcification ofthebone matrix is inhibited,and osteoid becomes superabundant.

骨軟化症は成人に於ける病態であり、骨リモデリングに於ける膜内骨化の石灰化生涯である。 → It isthecondition of a patient intheadult,and osteomalacia isacalcified life oftheossification inthefilm inthebone remodeling.

くる病は成長期に見られるもので、成長軟骨に於ける軟骨内骨化の生涯が主要な変化である。 → Therickets isathing seen foraperiod of growth,andalife oftheendochondral ossification inthegrowth cartilage isamain change.

骨軟化症(低リン血症性くる病)、くる病の診断画像を示す。 → Show osteomalacia(hypophosphatemia-related rickets), adiagnosis image oftherickets.

くる病の診断 → Diagnosis oftherickets

骨軟化症(低リン血症性くる病) → Osteomalacia(hypophosphatemia-related rickets)

病理組織像 → Pathology histology

膝単純X線像(原論文1より引用) → Knee simplicity radiographic appearance(Iquote it than original article1)

骨軟化症(低リン血症性くる病)の下腿X線像であり、脛骨と腓骨の遠位部が湾曲し、脛骨にはLooser'szoneが認められる。 → It is leg radiographic appearance oftheosteomalacia(hypophosphatemia-related rickets),and tibia and fibular distal part curve,and Looser's zone is accepted to tibia.

本症は、進行例で骨の強度が減衰し、長管骨の湾曲が生じたものであり不全骨折が起ったのち類骨性仮骨で満たされたため幅広い骨折線が観測されたものである。 → As forthedisease, thestrength ofthebone damped inaprogress example,andawide bone polygonal line was observed because it was met withanosteoid-related callus afterthecurve ofthelong pipe bone having occurred,and having hadanimperfection bone fracture.

くる病の病理組織像で、成長軟骨が厚く、骨端や骨幹端の新生骨梁は微弱である。 → In pathology histology oftherickets,growth cartilage is thick,andanepiphysis andthemetaphyseal new life bone beam are feeble.

これは予備石灰化層に於ける石灰化が阻害され、肥大細胞層内の軟骨組織が増加したためであると共に、石灰化軟骨基質は弱く付加された骨基質も十分な石灰化が起こらないため一次海綿骨が微弱であることによる。 → As for this,calcification inthepreliminary calcification layer is inhibited and depends on primary spongy bone being feeble because this is becausethecartilaginous tissues intheenlargement cell layer increased,andthecalcified cartilage substrate is weak and does not havethecalcification that added bone matrix is enough for.

くる病(ファンコニ症候群)の膝骨X線像である。 → It is knee bone radiographic appearance oftherickets(Fanconi's syndrome).

大腿骨、脛骨、腓骨の成長軟骨が厚く、予備石灰化層が不鮮明となっている。 → Thighbone,tibia,fibular growth cartilage are thick,andthepreliminary calcification layer becomes indistinct.

これは骨端中央部が盃状に陥没し、骨幹端辺縁部では、成長軟骨を包むように膜性骨が形成される事による。 → Epiphysis central part sinks into aacup form,and this depends onamembranaceous bone being formed to wrap growth cartilage inthemetaphysis marginal region.

この様に代謝性骨疾患の単純X線像は、病理組織の形態変化を良く反映し、特徴をも良く示している。 → Thesimple radiographic appearance ofthemetabolic bone disease reflects histologic form changes well in this way and shows characteristics well.

しかし、これらの変化をX線像で認められるのは病変の後期であることから、重症度の評価や、他の全身性骨疾患との鑑別に役立っている。 → However, helpanevaluation ofthedisease severity andthedifferentiation with other systemic bone diseases because it isthelatter period ofthelesion that these changes are accepted with radiographic appearance.

コメント-X線像は、代謝性骨疾患の診断にも有用である。 → Thecomment-radiographic appearance is useful forthediagnosis ofthemetabolic bone disease.

ここでは、骨シンチグラフィについては、言及しなかったがシンチグラフィは、骨転移の検出等、局所病変の評価に最適である。 → Here, did not mentionthebone scintigraphy,butthescintigraphy is most suitable fortheevaluations ofthelocal lesion such asthedetection ofthebone metastasis.

しかし、骨代謝の亢進にともなって全身の骨へRIの集積が起こることからその集積パターンが疾患特有の像を示すことから代謝性骨疾患の場合にも用いられる。 → However,in the case ofthemetabolic bone disease,it is used becausetheaccumulation pattern showsanimage peculiar toadisease because accumulation oftheRI happens tothebone ofthewhole body with sthenia ofthebone metabolism.

骨密度測定も骨量減少の診断と治療後の効果判定に欠く事の出来無い手段である。 → Adiagnosis ofthebone mass decrease and effect measurement afterthetreatment can lack inthebone density measurement,too and are few means.

代謝性骨疾患のマクロ病理像とX線像の成り立ち → Constitution ofthemacropathology image and radiographic appearance ofthemetabolic bone disease

キーワード-代謝性骨疾患、metabolicbonedisease、単純X線像、plainrentogenogram、病理組織像、pathologicaltissue、磁気共鳴断層像、magneticresonanceimaging、骨粗鬆症、osteoporosis、骨軟化症、osteomalacia、くる病、rickets → Keyword-metabolism-related bone disease,metabolic bone disease,simple radiographic appearance,plain rentogenogram,pathology histology,pathological tissue,magnetic resonance dislocation image,magnetic resonance imaging,osteoporosis,osteoporosis,osteomalacia,osteomalacia,rickets,rickets
posted by arena8order at 15:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。