2013年11月25日

朝鮮テロリストは刃付鎖付き足輪で多数の捕虜の足を切断した。

Image~018~001~001.jpgImage~031~003.jpgimgc688ead9zik3zj.jpg
#WORLD_CUP #W杯 #football #soccer #Brazil #Tokyo #Olympics #ккк #Apache #yl. #terrorism #polphoto.xxx #Kika #pyongyang #朝鮮 #Nakhodka #Filipino #war #Korea #red_Indian #PolphotXX

朝鮮人テロリスト(レッド・インディアン・イル・ポル・ポトXX)は日本国内の籠城、捕虜監禁場所で、刃付き鎖付き足輪(拘束具の足枷)で多数の捕虜の足を切断した。 → Korean terrorist(red Indian yl Pol Pot XX) cutthefoot of a lot of captives who were fetters)ofthetool for leg ring(restriction withthechain withtheblade inasiege in Japan, acaptive black hole.)

サッカーのWORLDCUP(W杯)のブラジル大会は延期となる。 → Themeeting of WORLD CUP(W cup)ofthesoccer in Brazil becomesthepostponement.

何故なら、前回のWORLDCUPのスタジアムから拉致されて来た選手や、脅迫で呼ばれたサッカー選手やスポーツ選手の足首に付けた足枷の刃が骨に達したからだ。 → This is becausetheblade ofthefetters whichItouched totheankle oftheplayer who has been abducted andafootballer andtheathlete called it by byathreat fromthestadium of last WORLD CUP reachedthebone.

引退した世界中のスポーツプレイヤーだけでは無い。 → There is not it only inthesports players who retired of the world.

死にたくないテロリストは世界中の有名人や著名人ばかりの人質全員の足に全自動の足枷製造機械で作った足を切断する足枷を何度も作っては心不全等で動きを封じ、取り付け続けた。 → WhenImadethefetters which cutthefoot whichImade with all automatic fetters production machines many times, theterrorist who did not want to die enfeoffed movement asthefoot of allthehostages only of celebrities and celebrities of the world for heart failure and continued attaching it.

人質監禁を許した日本が東京オリンピックの開催国と決まった後から電気制御の足枷は刃付きの足枷に変わった → After Japan which permitted hostage imprisonment was decided onthehost country for Tokyo Olympics, thefetters oftheelectric control turned into fetters withablade.


「切断」に関連した英語例文の一覧
http://p223.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/11257S2mIpaEhvDi/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E5%2588%2587%25E6%2596%25AD&_jig_keyword_=%90%D8%92f%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2590%25D8%2592f%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26b%3D3%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on


インダス、レッドインディアン、イル島、ナホトカ、流民、タブー、頭蓋骨、ナスカ、アンデス、ポル・ポト、オーパーツ、インカ、金、強奪、奪取、盗賊、アパッチ、アマゾンのルネッサンス、頭皮髪剥ぎ、トンガ、ヤコブ、ジプシー、パキスタン、腕-WAN、ゴッフル、在日、ドッペルゲンガー、ペルー、ペルシャ、ポルトガル、ポルカ、アボリジニ、インディヴィ、端午、ナチス、モヒカン、ジェロニモ → Indus,Red Indian,yl island,Nakhodka,wandering people,taboo,skull,Nazca,Andes,Pol_Pot,ooparts,Incaic civilization,money, aseizure,capture, athief,Apache, Renaissance oftheAmazon,tear off scalp hair;Tonga,Jacob,Gypsy,Pakistan,arm-WAN,Goofulu,staying in Japan,Doppelganger,Peru,Persia,Portugal,polka,aborigine,Invdvew,Iris Festival,Nazis,morphine perception,Geronimo


足を大切断から救う-sasajimatadahiro.com
http://p223.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1125CAUiwHYrk1U3/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.sasajimatadahiro.com%2Fcase-5%2F&_jig_keyword_=%91%AB%20%90%D8%92f&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2591%25AB%2B%2590%25D8%2592f%26b%3D3%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on


足を大切断から救う

糖尿病足、維持透析、膠原組織、バージャ−氏病などによる足壊疽で多数の患者さんが膝下、膝上、あるいは股関節で下肢を切断されています。

最近は糖尿病の世界的な増加により30秒に一本の足が切断されていると言われています。

しかし実際には、医師の知識不足、治療経験不足、不適切な治療などにより無用な切断が実施されている現状が有り、本当に切断が不可壁で必要であった患者さんはそれほど多くはありません。

膠原病は原疾患の治療が安定していれば難治性潰瘍や足部壊疽はバイパスや筋皮弁移植により救済できます。

バージャー氏病は喫煙が病状の悪化と密接に関係しますので足を切断から救うには、禁煙すると言うあなたの重大な努力も必要です。

糖尿病・維持透析患者さんの足を切断から救う-あなたが拒絶しない限り切断されます!

足の半分以上が壊疽になっていても踵がいきているならば救済することを考えます。

すなわち化膿性足関節炎(足首の関節が化膿している)、踵骨や距骨(足関節を造っている骨)、脛骨(すねの骨)などの骨髄炎(骨の感染)がなければ、膝下や膝上の切断を免れる可能性があります。

足の半分以上が壊疽になっている場合、医師は切断を奨めますので、そこであなたは拒絶する必要がある訳です。


大切断に至る過程

膝下や膝上の切断は現在世界中で行われています。

その多くは、救肢できるのに切断されていますが、事情は、日本と欧米では若干の相違があります。

日本では血管外科医の技術レベルが低いため難しいバイパス手術をする血管外科医が少ない一方、糖尿病内科医の多くはバイパス手術の有効性を理解せず、壊疽になったらいきなり整形外科を紹介します。

整形外科医は切断を仕事とする医者ですので、紹介されたらそれ以外は考えません。

患者さんが切断を拒否しない限り、同意が得られているものとして、整形外科医は、切断に向けて準備をし、切断を完了します。

患者さんは、内科医の言われるままに整形外科を受診し、あれよあれよという間に切断されてしまうわけです。

あなたが切断を拒否するのとは最も簡単ですし、あなたが拒絶しない限り切断されます。


欧米と日本の違い

医師の報酬は、日本では病院が支給し、医師の手術数や稼ぎ高とは関係がありません。

忙しく働く医師も、夜中や土日に呼ばれる医師も休める医師もすべて給料は同じです。

これが日本ですが、欧米の場合、外科医の報酬は保険から手術1例当たり15万円位支払われます。

これは切断とバイパス手術で大きな相違がないため、時間のかかるバイパス術より1時間以内に終わる切断術をたくさん行う方が医師の収入は多くなります。

そのためバイパスでも長時間手術は少なく、3時間以内の手術が多くなります。

簡単な手術を選択し、実施される傾向にあります。

日本は簡単な短時間に終わる手術でも困難な長時間手術でも外科医個人の収入は同じです。

そのため日本では長時間に及ぶ手術も積極的に実施され患者さんのためになる手術が積極的に実施されていますが、欧米では簡単な手術が好んで実施され、例えば足壊疽に対するバイパス手術では透析患者さんの手術は極端に少ない訳です。


どんな時切断が必要か

切断をせざるを得ない場合はあります。

足が壊疽になり、その範囲が足首を越えた時は、踵を救えませんので、切断となります。

壊疽が感染して、感染が足首を越えた時も、バイパスができず、感染も抑制できないことが多いので膝下切断になります。

血行障害があるとなぜ膝上か膝下で切断するのか?

壊疽や何週間もあるいは数か月も治らない潰瘍は、その部分だけ切断してしまえば足趾が多少短くなっても早くよくなるように思われがちです。

しかし血行障害のある足で、切除手術や趾の小切断などを加えた場合、その傷は治らず、1〜2週後には開いてしまい、さらに大きな傷ができます。

さらに上で切ってもまた開きます。

結局、切断のみで壊疽や潰瘍を治そうとすれば膝下か膝上で切断するしかありません。

膝下や膝上の切断を大切断といいます。

大切断は通常は整形外科に委ねられますが、整形外科ではできるだけ一回の手術で切断端を直そうとするため十分血行の良いところまで切断の位置を高位にとります。

太ももの動脈(大腿動脈)にも病変がある(閉まっている)場合は膝上切断を奨められます。

大切断でも膝下と膝上では義足歩行の可能性や日常生活上の障害の程度に雲泥の差があります。

本当に大切断がやむを得ない処置であるとすれば,何としても膝下切断になるように医師は努力すべきです。


切断術は血管移植手術より安全か?

手術時間はバイパスに比べやや短くても、この大切断も一回の手術です。

全身麻酔をかけ手術をするので、手術危険率は同じです。

飛行機と同じで、飛行距離が短いからと言っても離陸と着陸過程は一回ずつ必ずあるので、墜落の危険性は長距離飛行とあまりかわりがないのと似ています。

実際、大切断手術がもとで1か月以内に亡くなる率は20%といわれています。

切断して義足で歩けるようになるだろうか?

老人の膝上切断では義足をつけて歩くことは不可能です。

一方、膝下切断では歩く意欲がある患者さんでは義足による歩行訓練(リハビリテーション)を行い,歩けるようになります。

これは若い人で3〜4か月、70才以上では6か月はかかります。

それでも歩けるようになればよいのですが、予定どうりにリハビリが進まないことが起きてきます。

切断しても、もともとの閉塞性動脈硬化症という病気が治る訳では,動かないことにより全身の動脈硬化は進行します。

足では動脈硬化病変が対称性に両側にあることが多いため、6か月もしない間に反対の足にも同じような虚血性潰瘍や壊疽ができてきます。

結局は義足で歩けるようになる前に両足大切断の危機が訪れます。

両足を切断した老人(70才以上)は最早、自力で歩行することはできません。

今ひとつの問題は、切断した足の切断端には血行障害がありますので、義足による圧迫がもとで新たな潰瘍をつくってきます。

切断端に潰瘍ができますと、結局、その潰瘍が痛くて義足が使えなくなります。

数週間かって断端の潰瘍が治ったとしても義足をつけて体重が加わればまたできますので、結局、義足をつけられずに車いすか寝たきりになります。


大切断すると長生きできない

切断により足は使わなくなれば全身の血液の流れが少なくなります。

全身の活動性が低下すると、切断した足はもとより、残された足も、脳も心臓も血流が少なくなります。

こうなると動脈硬化がさらに進行し、しかも動脈硬化の血管内面は粥腫(豆腐の“おから“のような脂肪の屑)が顔を出して血の塊(血栓といいます)が沈着し易くなっており、血流の減少により、ある時突然、広い範囲に血栓をつくって広い範囲の動脈を閉まらせます。

こうなると急性血栓症といって多くは命を失うことになります。

デンマークにおける大切断を受けた2880人の調査では4年後に25%が亡くなり、40%が反対足の切断あるいは切断した側のさらに高位の再切断を受けており、一回の切断だけで4年間を過ごせた人は36%に過ぎなかったと報告されています。

別の報告では、下腿切断を受けた患者さんが2年後には、15%の人が反対の足の切断を受け、さらに15%は膝上の再切断となっていますが、問題はさらに30%の人が亡くなっているということです。

これは進行大腸癌の死亡率を上回っています。

これらのことは、「片足にできた小さな潰瘍・壊疽でも切断しないでそれをしっかり治さなければやがては両足を失い、さらには命を失う」と言うことを意味しており、「切断されたら長生きはできない」ということを肝に銘じる必要があります。

下肢大切断は血行障害のある足に対する治療ではありません。バイパス手術を受けるべきです。


バイパス手術(血管移植術)が不可能な例はありません。

バイパス手術は生きている血行障害の組織、足、趾を救済します。

広範壊疽で、足の半分以上が壊疽になっていても踵が死んでいなければそこまで救済できますので、義足なしで自力歩行が可能です。

同じ一回の手術ならば元通りに歩けるようになる治療を選択すべきです。

バイパス術は無論、既に壊疽に陥って黒くなった組織は助けられませんし、広範囲の壊疽では、壊疽を除いた部分を閉鎖する2〜3回の手術も必要です。

傷がふさがって靴が履けるようになるまでは2〜6か月を要しますが、足が治って両足で立った時、その苦労の甲斐を実感することができるでしょう。


術前準備は?

下肢に閉塞性動脈硬化症(粥状硬化症による動脈閉塞症)があると、およそ50%の患者さんで心臓の動脈(冠動脈という太さ2〜3mmの血管が心臓を栄養する)にも同様の閉塞病変が発生し、狭心症や心筋梗塞の原因となります。

また脳の動脈には25%の人で病変を発生し、脳梗塞を発生します。

これらはいずれも急死の原因となりますので、足の動脈の手術が必要となったら頭の内、外の動脈狭窄の検査、心臓の冠動脈に狭い病変が隠れていないかどうかなどを調べます。

足が腐り初めて急速に悪化している場合は、足が手遅れになるのでこれらを省く場合もあります。

当然、心臓や脳に動脈狭窄病変が隠れている可能性があり、手術の危険性は増しますが、前述のとうり足の救済が不可能になったらもっと悲惨な状況が待ち受けていることを理解する必要があります。


血行障害を改善させる治療-バイパス手術とは?

血行障害により潰瘍や壊疽がある場合は、切断を免れるためバイパス手術が必要です。

バイパス術は下肢内側の皮下を長く走っている静脈を取り出して、足関節周囲の動脈までにおよぶ長い血管移植をする必要があります。

糖尿病足壊疽に対し膝までのバイパスでは、通常効果が無く、一旦よくなっても2〜3年で再発し、バイパスは役立たなくなります。

膝から下の動脈バイパスに人工血管を用いた場合は、すぐつまって役立たなくなりますので決して使用しないのが国際的な原則です(この領域の人工血管の5年開存率は平均15%です)。

バイパス術が成功すれば壊疽足は劇的によくなります。

通常、潰瘍はバイパス術のみで自然によくなりますが、壊疽足に対しては、初回にバイパス術、二回目に壊疽部分切除術の2回の手術が必要です。

足壊疽が急速に進行して大切断になりそうな場合には、心臓と足の手術を同時におこないます。


手術の効果は?

糖尿病性閉塞性動脈硬化症250人にこのようなバイパス術を行い, 移植した血管の5年開存率は85%です。

糖尿病の無い閉塞性動脈硬化症に対するバイパスに比べて少し結果がよくありませんが、これは、糖尿病のある患者さんでは、動脈硬化が進行しやすく、それに対する追加手術が行われることによります。

血糖のコントロールが悪い人や運動療法をしない方に起こりやすいことは明らかですので、その意味でも適切なバイパス術を受けて下肢の運動機能をより早く、健康にして、快適な日常生活を取り戻すことが大切です。
posted by arena8order at 21:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

十? Self-pleasure…Red Indian,yl

Image~037.jpg0.jpgImage~038.jpg
#ккк #Apache #yl. #terrorism #polphoto.xxx #Kika #pyongyang #朝鮮 #Filipino #war

インダス、#レッドインディアン、イル島、ナホトカ、#流民、タブー、頭蓋骨、ナスカ → #Indus, #Red_Indian, #yl_island, #Nakhodka, #wandering_people, #taboo, #skull, #Nazca

アンデス、ポル・ポト、オーパーツ、インカ、金、強奪、奪取、盗賊、アパッチ、アマゾンのルネッサンス、頭皮髪剥ぎ、トンガ、ヤコブ、ジプシー、パキスタン、腕-WAN、ゴッフル、在日、ドッペルゲンガー、ペルー、ペルシャ、ポルトガル、ポルカ、アボリジニ、インディヴィ、端午、ナチス、モヒカン、ジェロニモ → Andes,Pol Pot,ooparts,Incaic civilization,money, aseizure,capture, athief,Apache, Renaissance oftheAmazon,tear off scalp hair;Tonga,Jacob,Gypsy,Pakistan,arm-WAN,Goofulu,staying in Japan,Doppelganger,Peru,Persia,Portugal,polka,aborigine,Invdvew,Iris Festival,Nazis,morphine perception,Geronimo



「オリンピック」に関連した英語例文の一覧
http://p224.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1125ahGeRsYOPRHI/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E3%2582%25AA%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2594%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF&_jig_keyword_=%83I%83%8A%83%93%83s%83b%83N%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2583I%2583%258A%2583%2593%2583s%2583b%2583N%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio&_jig_source_=srch&guid=on


人参を茹でて、マヨネーズ付けて、たっぷり食べたい。 → Iboilacarrot and attach mayonnaise and fully want to eat it.

プラズマ波、レーダー照射の電気対策案。 → Aplasma wave,electric measures plan oftheradar irradiation.

紫魔波に効くらしい。 → Iseem to work forapurple buff wave.

今、風邪薬と解熱剤を飲みました。 → Ijust took cold medicine andanantifebrile.

肺とか痰が絡んで呼吸が辛いです。 → Thelungs orasputum coil themselves,and breathing is hard.

塗る風邪薬が欲しい。 → I want cold medicine to paint with.

湿布タイプは剥がれる。 → Thecompress type comes off.

肺とか気道とかがラジオのスピーカーみたいになって、「邪魔する」とかの命令で体の中が炎症を起こして、テロリストが一緒に異常な咳をして吐血する事に何の意味がある電気か判らない。 → Therespiratory tract becomesthelungs likethespeaker oftheradio,andtheinside ofthebody wakes up inflammation by that order when "Disturb" andaterrorist istheelectricity that it has what meaningIcough,and to vomit blood abnormal together or does not know it.

オリンピックの精神みたいで嫌だ → Iam likethemind oftheOlympics,and I hate it.


単語ごとの対訳

日本語
英語での表現


人参
ginseng


茹で
steamed


マヨネーズ
mayonnaise


付けて
with


たっぷり
really, real, very, rattling


食べたい
want to eat


プラズマ波
plasma wave


レーダー
radar


照射
exposure; radiation; irradiation; bombardment


電気
electrical and electric equipment; electricity


対策案
control strategy



purpleness, purple



devil



wave motion; wave


効く
act, work


らしい
appear, seem



scarce, scarcely, just, barely, hardly


風邪薬
cold tablets; cold remedy; drug for common cold


解熱剤
antipyretic


飲み
drink, deglutition, swallow



lung; pulmo



phlegm; expectoration; sputum


呼吸
respiration; ventilation; breathing; pneusis; breath


辛い
pungent; hot; acrid


塗る
stucco


風邪薬
cold tablets; cold remedy; drug for common cold


欲しい
desired, sought after, coveted, in demand



日本語
英語での表現


湿布
compress


タイプ
type


剥がれる
peel off



lung; pulmo


気道
air duct


ラジオ
radio; radio set


スピーカー
loudspeaker, speaker, speaker system, speaker unit, loudspeaker system


みたいに
as


邪魔する
get in the way of


命令
statement; order; command; instruction; statutory instrument


体の
bodily



averageness, mediocrity


炎症
inflammation; inflammatio


起こし
lifting


テロリスト
terrorist


一緒に
together


異常な
unusual



cough


吐血する
vomit blood



event


何の
which; what (way)


意味がある
meaningful


電気
electrical and electric equipment; electricity


判らない
do not know


オリンピック
Olympics


精神
phren; nous; mentalis; soul; spirit; anima; mind; animus


みたい
-like; sort of; similar to; resembling


嫌だ
I hate it.
posted by arena8order at 17:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2. Self-pleasure…Red Indian,yl

g.jpgImage~003.png
#Nakhodka #ккк #Apache #yl. #terrorism #polphoto.xxx #Kika #pyongyang #朝鮮 #Filipino #war

インダス、レッドインディアン、イル島、ナホトカ、流民、タブー、頭蓋骨、ナスカ → Indus,Red Indian,yl island,Nakhodka,wandering people,taboo,skull,Nazca

アンデス、ポル・ポト、オーパーツ、インカ、金、強奪、奪取、盗賊、アパッチ、アマゾンのルネッサンス、頭皮髪剥ぎ、トンガ、ヤコブ、ジプシー、パキスタン、腕-WAN、ゴッフル、在日、ドッペルゲンガー、ペルー、ペルシャ、ポルトガル、ポルカ、アボリジニ、インディヴィ、端午、ナチス、モヒカン、ジェロニモ → Andes,Pol Pot,ooparts,Incaic civilization,money, aseizure,capture, athief,Apache, Renaissance oftheAmazon,tear off scalp hair;Tonga,Jacob,Gypsy,Pakistan,arm-WAN,Goofulu,staying in Japan,Doppelganger,Peru,Persia,Portugal,polka,aborigine,Invdvew,Iris Festival,Nazis,morphine perception,Geronimo



歴史 → Thehistory

非道徳性 → Unjust moral character

西洋ではオナニーが聖書の説く所の罪に当たるか、道徳的に許されるか等が古来より議論の的となってきた。 → Onanism wasthecrime oftheplace to preach oftheBible intheWest,or it was controversial whether it was permitted morally from ancient times.

「旧約聖書」の神は「生めよ増やせよ。地に満てよ」と人間に命じている。 → When "Do it and be filled straight increase intheground ," God of"theOld Testament" givesahuman being an order.

語源となるオナンの行為は神の意図に逆らう宗教的な反逆である。 → Anact of Onan becomingtheetymology is religious treason againstanintention of God.

ユダヤ教・キリスト教では、性交は生殖のために神から命ぜられた行為であると位置付けられているため、生殖を目的としない行為であるオナニーは売春等と同様に神の命令に背く行為とされ非道徳的であり、罪に当たるとする伝統もあった。 → Whenthesex wasanact ordered from God because of reproduction in Judaism,Christianity, theonanism that wasanact not to be aimed for reproduction was done withanact to betrayanorder of God like prostitution,and it was immoral,and there wasthetradition to hitacrime because it was placed.

オナニーの法的規制の例としては、厳格なピューリタンによって拓かれた植民地時代のアメリカ合衆国コネチカット州ニューヘイブンに於いて、1840年代の法典では「冒涜者、同性愛者、自慰者への最高刑は死刑」と規定されている。 → Asanexample ofthelegal regulation oftheonanism,"desecrater, ahomosexual, themaximum penalty toanown plaything are prescribed withthedeath penalty" inthecode inthe1840s in United States of America Connecticut New Haven forthecolony era cleared byastrict Puritan.

更に夫婦間の性交にあっても、生殖を目的とせず、快楽のために、もっぱら試される場合には宗教的罪悪感を伴うとされる。 → It is less aimed for reproduction even ifIencounterthesex between couples,and,for pleasure,it is said that it is accompanied byareligious sense of guilt when it is tried exclusively.

両宗教が支配的な文化では、涜神と性的快楽のイメージが強く結びついている事が他の文化との大きな違いのひとつとなっている。 → Bytheculture that both religion is dominant,it becomes one ofthebig differences with other culture thatanimage ofthesexual pleasure is strongly tied to profanity.

近代のプロテスタント運動が高まった時期にも、オナニーの背徳性の教えが説かれた。 → Atthetime when Protestant exercise of modern times increased,immorality-related teaching oftheonanism was preached.

但し、オナンの罪とは、正確には生殖を目的としない射精行為でも、無駄に精液を地に漏らした事でも無く、古代社会のレビレート婚の掟を破り、兄の未亡人に子供を与えねばならぬ義務を果たさなかった事であると前述した様に、時代の風潮に合わせてオナンの罪は、微妙に変化してきた。 → Butacrime of Onan wasanejaculation act not to be aimed for reproduction exactly,butthecrime of Onan delicately changed intothetrend inthetimes in total asIbroke rules ofthelevirate ofthesociety without in having expressed sperm abouttheground idly intheancient times,and having mentioned above when not to have carried outtheduty that must givethewidow oftheolder brotherachild.

西洋の反オナニー言説を「宗教の産物」と直結する事は出来無い。 → Ican be directly connected to Western anti-onanism verbal explanation with"aproduct ofthereligion",and there is not it.

モッセによると、18世紀以降の反オナニー言説はナショナリズムの産物である。 → According to Mose, theanti-onanism verbal explanation afterthe18th century isaproduct ofthenationalism.

日本でも反オナニー言説は、少なくとも江戸期からあり、明治期には広く流布している(#日本における歴史の項参照)。 → Q.v.)ofthehistory in (# Japan where there istheanti-onanism verbal explanation in Japan from at least Edo period and it is wide fortheMeiji period and spreads.


西洋における反オナニーの歴史 → Thehistory oftheanti-onanism intheWest

サミュエル・オーギュスト・ティソ → Samuel Auguste Tissot

17世紀以前にはオナニーを罪と見なす宗教者の言説はあるが、オナニーそのものへの言及は、然程、多くないともされる。 → There istheverbal explanation ofthereligion person who considers onanism to beacrime beforethe17th century,but,as forthereference to onanism itself,there is not much ;is turned on.

西洋では朝鮮人が「固まりミルク(チーズ)」と称して村の少年等が精液の「飛ばし合いっこ」をしていた。 → Theboys ofthevillage did "tobashiaikko" ofthesperm under the pretense of "lump milk"(cheese) aKorean intheWest.

16-17世紀の主流を成していたガレノス医学では、オナニーはむしろ奨励されていた、とも言う。 → Say thattheonanism was rather encouraged intheGalen medicine that madethemainstream of 16-17 centuries.

但し、宗教者の中では、例え健康のためであっても自然に反する行為であって許されないと言う意見が主流であったと言う。 → But,amongthereligion people, say thatanopinion to say that it isanact to be naturally and is not permitted even if for health was mainstream.

反オナニーが人口に膾炙する切っ掛けになったのは、1715年に出版された「オナニア」(著者匿名)であった。 → It was "Onanias" published in 1715 that anti-onanism was a chance to be known to everybody(author anonymity).

同書はオナニーの有害性を道徳面よりも医学面に於いて特に強調し、著者が独占販売権を握ると言うオナニー治療に効果的な薬の購入を呼びかけている事から、金儲けが同書刊行の目的だった。 → Theibidem emphasized hazardousness oftheonanism inanaspect medical thanamorality side in particular,and money-making wasapurpose oftheibidem publication by appealing to onanism treatment to say thatanauthor held exclusive distributorship forthepurchase of effective medicine.

1760年頃には、スイスの医師ティソがDeMorbisexManustuprationeを、1764年には「オナニスム」を出版する。 → In about 1760,Swiss doctor Tissot publishes "Onanisms" in De Morbisex Manustupratione in 1764.

これは、ヨーロッパ中に名声を博していた臨床医による、医学面からの有害性を訴えた本であり、ドイツの哲学者カントは「教育学」(1803年)に於いて、自慰の有害性を主張し、又、ルターも有害性を主張する等、ティソのオナニー有害論は広く影響を与えた。 → It wasthebook which accusedthehazardousness fromthemedical aspect bytheclinician who won fame all over Europe,and German philosopher Kant insisted on hazardousness ofthemasturbation in "pedagogy"(1803),and Luther insisted on hazardousness again,andtheonanism harm theory of Tissot was wide,and this affected it.

反オナニーは19世紀半ばに最高潮に達する。 → Theanti-onanism reaches attheclimax atthemid-19th century.

医師である彼の「学説」によって、道徳面以上に医学面での有害性が強調された。 → Thehazardousness onthemedicine side was emphasized thanamorality side by his "theory" that wasadoctor.

原因不明の多くの疾患が、オナニーにより引き起こされるとみなされた(くる病、関節リューマチ、肺炎、慢性カタル、視覚・聴覚の衰え等)。 → It was considered that unidentified many diseases were caused by onanism(rickets,joint rheumatism,pneumonia,chronic catarrh,decline of sight, thehearing).

1882年のフランスの精神病医専門誌に於ける「二人の少女の神経障害を伴ったオナニズムの症例」と言うデミトリオス・ザムバコ医師による論文に、医学アカデミー会員のゲラン医師の示唆により、女性器を焼き鏝で焼却すると脅した事や、ゲラン医師が何人もの女性に、その焼却治療を施し結果を得ていた事が記されていた。 → It was written down in"thecase oftheonanism withtheneuropathy of two girls" intheFrench psychiatrist specialized magazine of 1882 andthearticle bytheDemi trios Zambak doctor who said bythesuggestion oftheGuerlain doctor ofthemedicine academist that having threatened you whenIburnt upafemale genital tract inahot iron and Guerlain doctor putthedestruction by fire treatment for many women and gotaresult.

(反オナニーを含む)セクシュアリティ統制にはナショナリズムの台頭が影響している。 → Rise ofthenationalism influences sexual impulse control(includingtheanti-onanism).

18世紀以降の西ヨーロッパ諸国(独、英、仏、伊)では、下層階級からも貴族階級からも自らを差別化しようとする、中産階級の価値観、リスペクタビリティ(市民的価値観)が生まれる。 → IntheWest Europe countries afterthe18th century(Germany,British Buddha,Italy),sense of values ofthemiddle class who is going to discriminate oneself from boththelower class andthenobility,リスペクタビリティ(sense of values ofthecitizen)are born.

18世紀以降のナショナリズムは、この中産階級の作法や道徳を吸収し、全階級に広めた。 → It absorbed manners andthemorality of this middle class and spreadthenationalism afterthe18th century in all rank.

その鍵になるのはセクシュアリティの統制であり、「男らしさの理想」である。 → It is control ofthesexual impulse to becomethekey and"isanideal ofthemanliness".

ここに於いて、マスターベーションに耽るオナニストは顔面蒼白、目が落ち窪み、心身虚弱な人間と表象され、男らしい闘争や社会的達成と言う国民的ステレオタイプとは相容れないとされた。 → Amasturbator absorbed in masturbation was pale,and,in here,eyes sank and were ideated withthehuman being that mind and body were weak,and it was said that it was incompatible with manly struggle andthesocial achievement andthenational stereotype to say.

又、デュシェは、オナニーと言う私的な空間で行われる行為の禁止を通じて、私的な空間そのものを監視しようと言う社会の欲望を指摘している。 → In addition,Duseh points out social greed to say to watch personal space itself throughtheprohibition ofanact performed in personal space called onanism.

1939年にはカルノー医師により性教育面での言及が行われ、1968年を境に、セクシュアリティについての社会的見解に変化が起こったといわれる。 → Thereference onthesex education side is carried out byacarneau doctor in 1939 and,after 1968,is said to be it whenIhadachange inthesocial opinion aboutthesexual impulse.


日本における歴史 → Thehistory in Japan

13世紀の「宇治拾遺物語」には、源大納言雅俊が法会を催すに際して僧を集め、一生不犯である旨の起請(女性との性行為をした事が無く、今後もしないと言う誓い)を立てさせた所、1人の僧が「かはつるみ(瓜爬晦流民)は、如何が候べき」(オナニーの民はどうなのでしょう?)と青い顔をして尋ねたので、一同が大爆笑した、という記述がある → When source chief councillor of state Masatoshi holdsaBuddhist ceremony in "Uji lord in waiting story" ofthethirteenth century, gather Buddhist priests,and "how about Karuhatumi(瓜爬晦流民),buttheplace that let you put uptheexchange of pledges(oath not to have donethesexual intercourse withthewoman,and to say thatIwill not do it in future either)of being abstention from sexual intercourse throughout the life, analone Buddhist priest should have the honor of being me"(how will about people oftheonanism?) BecauseIhave look that is blue and asked it,there isthedescription that all members burst out laughing very much.


「自慰」に関連した英語例文の一覧
http://p204.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1125PKa5pmm2e1yp/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E8%2587%25AA%25E6%2585%25B0&_jig_keyword_=%8E%A9%88%D4%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%258E%25A9%2588%25D4%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio&_jig_source_=srch&guid=on
posted by arena8order at 16:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1. Self-pleasure…Red Indian,yl

Image.jpgCIMG0179.jpg
#Nakhodka #ккк #Apache #yl. #terrorism #polphoto.xxx #Kika #pyongyang #朝鮮 #Filipino #war

インダス、レッドインディアン、イル島、ナホトカ、流民、タブー、頭蓋骨、ナスカ → Indus,Red Indian,yl island,Nakhodka,wandering people,taboo,skull,Nazca

アンデス、ポル・ポト、オーパーツ、インカ、金、強奪、奪取、盗賊、アパッチ、アマゾンのルネッサンス、頭皮髪剥ぎ、トンガ、ヤコブ、ジプシー、パキスタン、腕-WAN、ゴッフル、在日、ドッペルゲンガー、ペルー、ペルシャ、ポルトガル、ポルカ、アボリジニ、インディヴィ、端午、ナチス、モヒカン、ジェロニモ → Andes,Pol Pot,ooparts,Incaic civilization,money, aseizure,capture, athief,Apache, Renaissance oftheAmazon,tear off scalp hair;Tonga,Jacob,Gypsy,Pakistan,arm-WAN,Goofulu,staying in Japan,Doppelganger,Peru,Persia,Portugal,polka,aborigine,Invdvew,Iris Festival,Nazis,morphine perception,Geronimo



「自慰行為」に関連した英語例文の一覧
http://p216.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/11257pQsJLnXVImW/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E8%2587%25AA%25E6%2585%25B0%25E8%25A1%258C%25E7%2582%25BA&_jig_keyword_=%8E%A9%88%D4%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%258E%25A9%2588%25D4%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio&_jig_source_=srch&guid=on

オナニー → Onanism
http://p215.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/11252Ezx5bVSjXVq/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2582%25AA%25E3%2583%258A%25E3%2583%258B%25E3%2583%25BC&_jig_keyword_=%83%7D%83X%83%5E%81%5B%83x%81%5B%83V%83%87%83%93&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2583%257D%2583X%2583%255E%2581%255B%2583x%2581%255B%2583V%2583%2587%2583%2593%26fr%3D&_jig_source_=srch&guid=on


オナニー → Onanism

この項目では、自慰について記述しています。 → In this item, Idescribe masturbation.

イタリアのコムーネについては「オナニ」をご覧ください。 → Look at "onanism" about Italian Cormnea.

「マスターベーション」はこの項目へ転送されています。 → "Themasturbation" is transferred to this item.

日本のロックバンドについては「MASTURBATION」をご覧ください。 → Look at "MASTURBATION" abouttheJapanese rock band.

この項目には性的な表現や記述が含まれます。 → Sexual expression and description are included in this item.

免責事項もお読みください。 → Please readthedisclaimers.

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。 → References andthesource whichIcan inspect are not shown at all,or this article is insufficient.

出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。 → Addthesource,and,please cooperate withthereliability improvement ofthearticle.

(2008年3月) → (March, 2008)



オナニー(おなにー、ドイツ語-Onanie、英称-マスターベーション(Masturbation))とは、性交では無く、自分の手や器具などを用いて自らの性器を刺激し、性的快感を得る行為。 → Onanism(what German -Onanie,British designation-masturbation (Masturbation)) Anact that there is not it by とは, thesex and stimulates own sexual organs using one's hand or appliance,and to getasexual pleasant feeling.

自慰ともいう。 → Saythemasturbation.


呼称 → Name

日本の中世では「摂理(せつり)」と言ったが、また「宇治拾遺物語」に「瓜爬晦流民(かはつるみ)」とあり、この「かはつるみ」は「皮と蔓む(接交する)」の謂とされる。 → Said "providence"(Seturi)intheMiddle Ages in Japan,but there is it in "Uji lord in waiting story" again with "Kahaturuming."(together),and this "Kahaturumi" is done withareason of "skin of and vine "(do sex).

更に平安時代初めの編纂と見られる「神楽歌」には「肱挙(かひなげ)」と言う語彙もある。 → Furthermore,there isthevocabulary to be called "Stornehand"(Kahinage)in"ahymn song in kagura" to be thought to be editing ofthebeginning intheHeian era.

近世以来男性のオナニーを「千摺り(せんずり)」とも「辺摺り(へんずり)」と言い、江戸時代の川柳に「千摺りは隅田の川の渡し銛、竿を握いて川を婀豸狐魑(アチコチ)」とある。 → Theonanism oftheman is called "side woodcut print"(strange goaf)with"themasturbation"(goaf not to hold)sincetheearly modern times,and "I hand it,and握is forthemasturbation withaharpoon, apole oftheriver of Sumida,and there is it in senryu oftheEdo era with Atikoti(here and there)inariver".

また、「千摺りは日本一の富士の山、書いて見るより刷るが一番(甲斐で見るより駿河一番)」の句もある。日本では男女のオナニーは「自涜」、「手淫」とも言い、どちらも明治初期に考案された呼称である。 → In addition,"print it than writethemasturbation the climax of best Fuji in Japan and watch it,but there isthephrase ofthefirst"(than look with worththeSuruga first),andtheonanism oftheman and woman says with "Selfdie", "themasturbation" in Japan and isaname devised early in Meiji both.

「自涜」は、自らを穢すという意であり、「手淫」にもオナニーを忌むべきものとする考えが背景にある。 → "Selfdie" isthewill that impurity performs of oneself,and there isthethought that it is said that you should avoid onanism for "masturbation" in the background.

この時代には、オナニーは悪であると言うのが一般通念であり、この2つの呼称の悪いイメージを払拭するために小倉清三郎が1922年に考案した呼称が、自らを慰めると言う意の「自慰」である。 → It is conventional wisdom to say thattheonanism is evil in this time and"is masturbation" ofthewill to say thatthename that Seizaburo Ogura devised in 1922 to wipe outthebad image of these two names cheers up oneself.

尚、「手淫」と言う言葉には、広義に手を使って性的刺激を与える行為全般を指し、相手の性器を手で刺激する事や相互自慰も含んでいる。 → In addition, point totheact whole to giveawide sense sexual stimulation withahand and includeathing andthemutual masturbation to stimulatethesexual organs ofthepartner by hand intheword to be called "masturbation".

また、「セルフ・プレジャー」は猥褻で無い、保健用語として使用が進められるが普及は進んでいない。 → In addition, "theself-pleasure" is obscene,and use is pushed forward asafew health term,butthespread does not advance.

中学生から20歳代頃までの若年男子を中心にスラングとして「オナる(女とする)」「マスを掻く(枡を書く、マスターベーションをする)」「抜く」「シコる(四股を踏む)」「独りエッチ」等と表現する場合もある。 →

語源 → Imay express it with "honor る"(Iassume itawoman) "(Ido masturbation to writeameasure)scratchingthetrout" "stamp る"(stamp on the ring)"to pull" "single life H" as slang led by young boys fromajunior high student tothetime in twenties.
オナニー(Onanie)の語源は、「旧約聖書」「創世記」中の記述に由来する。 → Theetymology
「創世記」38章にオナンという名の男が登場する。 → Theetymology of onanism (Onanie) comes fromadescription ofthe"Old Testament" "Genesis" inside.
彼は兄エルが早死にした事に拠り、その代わりに子孫を残すべく、兄嫁タマルと結婚させられた(逆縁結婚)。 → Aman named Onan appears in "Genesis" Chapter 38.
しかし、オナンは兄のために子を残す事を嫌い、性交時は精液を膣の中に放出せず、寸前で陰茎を抜き精液を地に漏らして避妊をしようとした。 → He depended on older brotherLhaving died young and was married off to sister-in-law Tamar in order,on the other hand,to leaveadescendant(reverse fate marriage).
しかし、この行為は主の意志に反するものとされ、オナンは主によって命を絶たれた。 → However,Onan did not release sperm in vagina at the time ofthesex in disfavor with leavingachild foranolder brother and it was just before it and outranapenis and expressed sperm abouttheground and was going to prevent conception.
オナンが行ったのは膣外射精であるが、語義が転じて生殖を目的としない射精行為としてオナニーと言う言葉が使われる様になった。 → However, Iwas considered that this act was againstthewill ofthemaster,and,as for Onan,it was killed his/her life byamaster.
これは自慰それ自体が罪だとされたのでは無いと言う見方もある。 → It was ejaculation out ofthevagina that Onan went,but onanism andtheword to say came to be used asanejaculation act thatthemeaning of a word turned and was not aimed for reproduction.
オナンが兄のために子を残すことを拒否したのは、兄嫁に子が出来てしまうと、父の遺産がその子のものになってしまうためであった。 → It was said that masturbation itself isacrime,and this hastheviewpoint to tell that there is not it.
兄嫁に子が出来無ければ、遺産は次男であるオナンのものとなる筈だった。 → Whenasister-in-law hadachild,the reason why Onan refused to leaveachild foranolder brother was thataninheritance of father becamethething ofthechild.
一般には「血統維持」を強調した物語と理解されている → Achild was born toasister-in-law,andtheinheritance should have becomethething of Onan who wasthesecond son if there was not it.
→ In general, Iam understood to bethestory that emphasized "lineage maintenance".
posted by arena8order at 16:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

煩悩…wander people,taboo,Nazca…

Image.jpg13_08_01_6.jpgImage~032.jpg
#Nakhodka #ккк #Apache #yl. #terrorism #polphoto.xxx #Kika #pyongyang #朝鮮 #Filipino #war

「煩悩」に関連した英語例文の一覧
http://p217.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1125tNnvrY8R05HP/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E7%2585%25A9%25E6%2582%25A9&_jig_keyword_=%94%CF%94Y%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2594%25CF%2594Y%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio&_jig_source_=srch&guid=on

インダス、レッドインディアン、イル島、ナホトカ、流民、タブー、頭蓋骨、ナスカ → Indus,Red Indian,yl island,Nakhodka,wandering people,taboo,skull,Nazca

アンデス、ポル・ポト、オーパーツ、インカ、金、強奪、奪取、盗賊、アパッチ、アマゾンのルネッサンス、頭皮髪剥ぎ、トンガ、ヤコブ、ジプシー、パキスタン、腕-WAN、ゴッフル、在日、ドッペルゲンガー、ペルー、ペルシャ、ポルトガル、ポルカ、アボリジニ、インディヴィ、端午、ナチス、モヒカン、ジェロニモ → Andes,Pol Pot,ooparts,Incaic civilization,money, aseizure,capture, athief,Apache, Renaissance oftheAmazon,tear off scalp hair;Tonga,Jacob,Gypsy,Pakistan,arm-WAN,Goofulu,staying in Japan,Doppelganger,Peru,Persia,Portugal,polka,aborigine,Invdvew,Iris Festival,Nazis,morphine perception,Geronimo



煩悩 → Worldly desires
http://p227.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1125ukxrSWeAdmln/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E7%2585%25A9%25E6%2582%25A9&_jig_keyword_=%94%CF%94Y&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2594%25CF%2594Y&_jig_source_=srch&guid=on


人間の身心の苦しみを生みだす精神の働き。 → Afunction of mind to produce human body pangs.

肉体や心の欲望、他者への怒り、仮の実在への執着など。 → Thegreed ofthebody andtheheart, theanger to others,deep attachment tothetemporary existence.

「三毒」「九十八随眠」「百八煩悩」「八万四千煩悩」等と分類され、これらを仏道の修行によって消滅させる事によって悟りを開く。 → It is classified as "three poison" "98sreape'" "one hundred and eight passions a man is subject to" "84,000 worldly desires" and attains realization by abolishing these by ascetic practices oftheBuddhist doctrine.

染(ぜん)。漏。結。 → Zen. Rhea. Is constipated.

暴流(ぼる)。使。 → Aviolence style(overcharge).

塵労。 → Earthly desires.

随眠。垢。 → sreape', Dirt.

煩悩あれば菩提(ぼだい)あり煩悩と菩提とは表裏一体で別々に離れたものではないということ。 → Being one and indivisible,and worldly desires andthegoing to paradise that there are worldly desires in going to paradise(going to paradise)if there is it not being away things separately.

煩悩則菩提。 → Bone, Now, Sok, Bodie.

煩悩の犬は追えども去らず煩悩が人に付き纏って離れないのを、犬がまといつくのに例えた言葉。 → Thewords that compared thatIchased it,butthedog of worldly desires did not pass,andaperson was haunted by worldly desires and did not leave it to thoughadog clung.


煩悩(ぼんのう、梵-,klea, クレーシャ、巴-kilesa, キレサ)とは、仏教の教義の一つで、身心を乱し悩ませ智慧を妨げる心の働き(汚れ)を言う。 → Theworldly desires(ぼんのう,Brahman-,kle a, Kuresya,Tomoe -kilesa, Kiresag.)are one ofthedoctrines oftheBuddhism and say work(dirt)oftheheart to disturb mind and body,and to trouble it,and to disturb wisdom.

英語では、Kleshasと表記する。 → Itranscribe it in English with Kleshas.

同義語として、「漏」(ろ、阿修羅、梵-arava, アーシュラヴァ、巴-asava, アーサヴァ)が用いられたりもする(例-漏尽通)。 → Asasynonym,"rhea"(Row,Asura,Brahman -a rava, Asyulover,Tomoe -asava, Arsaver)is used(example-Rozing.Tou).


原始仏教では、人の苦の原因を自身等の煩悩と捉え、その縁起を把握・克服する解脱・涅槃への道が求められた。 → Intheprimitive Buddhism, Iregardedacause ofthepain oftheperson as own worldly desires,andaway to deliverance, thedeath of Buddha to grasptheomen,and to overcome was demanded.

部派仏教の時代になると、煩悩の深い分析が行われた。 → When it wasthetimes ofthesectional Buddhism, thedeep analysis of worldly desires was carried out.

大乗仏教の時代でもこの分析は続けられ、特に唯識が示した心と煩悩の精緻な探求は仏教が到達した一つの究極点と言えよう。 → Can continue this analysis inthetimes oftheMahayanist Buddhism,and it may be said thataheart andtheminute search of worldly desires that a kind of idealism in particular showed are one ultimate point where Buddhism arrived at.

又、この時代には、煩悩を否定しないと言う、それまでの仏教には無かった発想も生じてきた(如来蔵)。 → In addition, theidea that there was not occurred intheprevious Buddhism to tell not to deny worldly desires in this time(Buddha storehouse).

この両者の思想はその後の大乗仏教に深く影響を与えた。 → Thethought of both affectedthelater Mahayanist Buddhism deeply.

このように煩悩の観念は時代を経るに従い、様々な意味を付加して深化していると言えよう。 → As fortheidea of worldly desires,it may be said thatIadd various meanings and deepen it in this way as pass throughthetimes.


煩悩の数について[編集] → Aboutthenumber of worldly desires[editing]

俗に煩悩は108あり、除夜の鐘を108回衝くのは108の煩悩を滅するためと言われるが、実際には時代・部派・教派・宗派により数は区々である。 → There is 108 intheworldly desires and is said that it extinguishes 108 worldly desires to attack 108 times of ringing bells on New Year's Eve,butthenumber is really various commonly byapart group, areligious sect, adenomination inthetimes.

小は3にはじまり、通俗的には108、大は(約)64,000といわれる。 → Thesmall begins in3and it is popular and is said 64,000 108 very much(about).

煩悩の根本に三毒があり、それを細かく分析すれば無限にあると考えられる。 → There is three poison attheroot of worldly desires,and it is thought that it is infinite ifIanalyze it finely.


基本[編集] → Basics[editing]

三毒[編集] → Three poison[editing]

詳細は「三毒」を参照 → Thedetails refer to "three poison"

煩悩の根源(人間の諸悪の根源)は、貪欲(とんよく、どんよく) → Intheroot(theroot of human various crimes)of worldly desires,greedy(とんよく,greed)

瞋恚(しんに・しんい) → Indignation(truly しんい)

愚痴(ぐち) → Complaint(complaint)

以上の3つとされ、これをあわせて「三毒(さんどく)」と呼ぶ。 → Considered to be above-mentioned three andIput these together and call it "three poison"(さんどく).

三毒の中でも特に愚痴、即ち物事の正しい道理を知らないこと、十二因縁の無明が、最も根本的なものである。 → Not knowingtheright reason ofacomplaint in particular namely things in three poison,spiritual darkness of 12 fate are the basic.

煩悩は、我執(自己中心の考え、それに基づく事物への執着)から生ずる。 → Self-indulgence(thought oftheegocentrism,deep attachment tothethings based on it)causestheworldly desires.

この意味で、十二因縁中の「愛」は、時に煩悩の内でも根本的なものとされる(日常語の愛と意味が異なる事を注意)。 → In this sense, "thelove" in 12 fate is sometimes considered that it is basic amongtheworldly desires(Iwarn thatameaning is different from love ofthevernacular speech).


五蓋[編集] → Five lid[editing]

また、 → In addition,

貪欲 → Greed

瞋恚 → Indignation

昏眠(こんみん) → 昏眠(Do not comeIdo not look)

掉挙(じょうこ)疑(ぎ) → 掉挙(じょうこ) Doubt(ぎ)

以上の5つを、「五蓋(ごがい)」と呼ぶ。 → Call above-mentioned five"afive lid"(ごがい).

「蓋」とは文字通り、「心を覆うもの」の意味であり、煩悩の異称。 → "Thecover" isthemeaning of"athing covering upaheart" literally; theanother name of worldly desires.

これらは比丘の瞑想修行の妨げになるものとして、取り除くことが求められる。 → It is demanded thatIremove these asathing disturbingthemeditation ascetic practices oftheBuddhist priest.


諸説[編集] → Various opinions[editing]

説一切有部[編集] → Opinion all existence department[editing]

説一切有部では、煩悩を分析し、知的な迷い(見惑)と情意的な迷い(思惑または修惑)とに分け、また貪・瞋・癡・慢・疑・悪見の6種を根本煩悩とした。 → Intheopinion all existence department, Ianalyzed worldly desires and divided it into intellectual hesitation(見惑)and emotion and will-like hesitation(expectations or 修惑)andIwatched貪, 瞋, 癡, 慢,doubt,evil again and didのsix kinds with basic worldly desires.

更に、付随する煩悩(随煩悩)を19種数える。 → Furthermore, count worldly desires(随煩悩)to accompany it 19 kinds.


唯識[編集] → A kind of idealism[editing]

大乗仏教の瑜伽行派(ゆがぎょうは)では、上記の根本煩悩から派生するものとして、20種の随煩悩を立てた。 → Intheyoga line group oftheMahayanist Buddhism(ゆがぎょうは), Iput up 20 kinds of 随煩悩 asathing derived fromthebasic worldly desires mentioned above.


如来蔵[編集] → Buddha storehouse[editing]

如来蔵思想では、煩悩とは本来清浄な人間の心に偶発的に付着したものであると説く「客塵煩悩(きゃくじんぼんのう)」。 → "Visitor dust worldly desires"(きゃくじんぼんのう)to preach whenIoriginally attached toaclean human heart withtheworldly desires intheBuddha storehouse thought accidentally.

この煩悩を智慧によって断滅し、衆生が本来持っている仏性を明らかにする事、即ち煩悩の束縛を脱して智慧を得る事が、大乗仏教の求める悟りに他ならない。 → 断滅 does these worldly desires by wisdom,and it is nothing buttherealization thattheMahayanist Buddhism demands to clarifytheBuddha-nature that all creatures originally have namelyIescape fromtherestraint of worldly desires,and to get wisdom.

菩薩の四弘誓願(しぐぜいがん)に「煩悩無量誓願断」が立てられているのは、煩悩を断ずる事が大乗仏教の基本思想である事を示す。 → It shows that it is basic thought oftheMahayanist Buddhism to conclude for worldly desires that "煩悩無量誓願断" is appointed as request for four Buddha's oaths oftheBodhisattva(しぐぜいがん).

人間は所詮、煩悩から逃れられぬと言う所に観念し、煩悩をあるがままの姿として捉え、そこに悟りを見出だそうとする煩悩即菩提の考えが、次第に大乗仏教の中で大きな思想的位置を占める様になった。 → Iresigned myself to not being escaped from worldly desires intheplace that said and arrested worldly desires asafigure ofthestraight fact,and,as forthehuman being, athought ofthegoing to paradise came to gradually occupythebig position on thought in Mahayanist Buddhismtheworldly desires that were going to find realization there immediately after all.


脚注[編集] → Footnote[editing]

^一般の読みと異なる。 → It is different fromareading ofthe ^public.


関連項目[編集] → Item[editing]concerned

五位 → Thefifth place

煩悩 → Worldly desires

仏教 → Buddhism

基本教義 → Basic doctrine

縁起 四諦 八正道 → Omen four truths enlightened by Buddha eight kinds of Buddhist practical virtues

三法印四法印 → Three four title given to a great physician, painter or poet title given to a great physician, painter or poet

諸行無常 諸法無我 → Impermanence of all things all things no

涅槃寂静 一切皆苦 → All death of Buddha Nirvana all are pain

中道 波羅蜜等正覚 → Buddhi such as moderation jackfruits

人物 → Person

釈迦十大弟子龍樹 → Buddha ten size pupil dragon tree

信仰対象 → It is targeted for faith


仏の一覧 → Inspection of Buddha

分類 → Classification

原始仏教 部派仏教 → Primitive Buddhism sectional Buddhism

大乗仏教 密教 → Mahayanist Buddhism esoteric Buddhism

神仏習合 修験道 → Mixture of Buddhism and Shintoism mountaineering asceticism

宗派 → Denomination

仏教の宗派 → Denomination oftheBuddhism

地域別仏教 → Buddhism according tothearea

インド スリランカ → Indian Sri Lanka

中国 台湾 チベット → Tibet of China of Taiwan

日本 朝鮮 → Japanese Korea

東南アジア タイ → Southeastern Asian Thailand

聖典 → Sacred book

経蔵 律蔵 論蔵 → Storehouse for keeping the Buddhist scripture vinaya-pitaka one of the three divisions of the Buddhist canon, which consists of systematic treatises on Buddhist philosophy

聖地 → Sacred place

八大聖地 → Eight biggest sacred place

歴史 → Thehistory

原始 部派 → Original beginning part group

上座部 大乗 → Theravada Onori

心所(法相宗の心所区分) → Heart place(heart place division oftheMinister of Justice sect)

遍行 → 遍行

作意- 触 - 受 - 想 - 思別境 → Artificiality-most moving passage-tray- 想 - 思

欲 -勝解- 念 - 定 - 慧善 → Theother boundary Desire-勝解-sense- 定 - 慧

信 -精進- 慚 - 愧 -無貪-無瞋-無癡- 軽安 - 不放逸-行捨- 不害 → Good Sincerity-diligence- 慚 - 愧 -無貪-無瞋-無癡-light;cheap-non-dissoluteness-行捨-non-harm

煩悩貪 - 瞋 - 癡 - 慢 - 疑 - 悪見 → Worldly desiresWatch貪 - 瞋 - 癡 - 慢 -doubt-evil

随煩悩 → 随煩悩

小随煩悩忿 - 恨 - 覆 - 悩 - 嫉 - 慳 - 誑 - 諂 - 害 - 驕 → 小随煩悩 忿 -grudge-cover- 悩 - 嫉 - 慳 - 誑 - 諂 -harm- 驕

中随煩悩 → 中随煩悩

無慚-無愧 → Horrible-無愧

大随煩悩 → 大随煩悩

掉挙-昏沈-不信-懈怠-放逸-失念-散乱-不正知 → 掉挙-昏沈-distrust-default-dissoluteness-lapse of memory-dispersion-injustice intellect


不定 → Theuncertainty

悔 -睡眠- 尋 - 伺 → Condolences-sleep-fathom-inquiry

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=煩悩&oldid=48946029」から取得カテゴリ: → It isanacquisition category from "http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title= worldly desires &oldid=48946029":

煩悩 → Worldly desires

posted by arena8order at 15:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インダス文明

Image~032.jpgImage~002.pngImage~033.jpgImage~034.jpg
#Nakhodka #ккк #Apache #yl. #terrorism #polphoto.xxx #Kika #pyongyang #朝鮮 #Filipino #war


インダス文明
http://p217.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1125R5WeU2Dfa3C3/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2580%25E3%2582%25B9%25E6%2596%2587%25E6%2598%258E&_jig_keyword_=%83C%83%93%83_%83X%95%B6%96%BE&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2583C%2583%2593%2583_%2583X%2595%25B6%2596%25BE&_jig_source_=srch&guid=on



インダス文明


インダス文明(インダスぶんめい、Indus Valley civilization)は、パキスタン・インド・アフガニスタンのインダス川及び並行して流れていたとされるガッガル・ハークラー川周辺に栄えた文明である。

崩壊の原因となったという説のあった川の名前に因んでインダス文明、最初に発見された遺跡に因んでハラッパー文明と呼ばれる。

考古学上は、ハラッパー文化と呼ばれ、パキスタン、パンジャブ州のハラッパーを標式遺跡とする。


歴史[編集]

詳細は「インダス文明の時代区分(英語版)」を参照

「ジャンムー・カシミール州」、「ギルギット・バルティスタン州」、「パンジャーブ」、「パンジャーブ州(パキスタン)」、「パンジャーブ州(インド)」、「ラージャスターン州」、「シンド州」、及び「グジャラート州」も参照

インダス文明が栄えたのは紀元前2600年から紀元前1800年の間である。


初期食料生産期[編集]

詳細は「メヘルガル」を参照

メヘルガルI期(紀元前7000年-紀元前5500年)は、土器を伴わない新石器時代である。

領域形成期(紀元前5500年-紀元前2600年)[編集]

詳細は「メヘルガル」を参照

メヘルガルII期(紀元前5500年-紀元前4800年)は、土器を伴う新石器時代である。

メヘルガルIII期(紀元前4800年-紀元前3500年)は、銅器時代後期である。

メヘルガルW期(紀元前3500年-紀元前2600年)で集落が放棄された。

詳細は「カーリバンガン」、「ハラッパー」、及び「コト・ディジ」を参照

ハラッパーI期(紀元前3300年-紀元前2800年、ラーヴィー期とも)には、パンジャーブ地方のラーヴィー川(英語版)

河岸でハラッパー文化が、ラージャスターン地方のガッガル・ハークラー川河岸でカーリバンガン文化が、それぞれ始まった。

それに続くハラッパーII期(紀元前2800年-紀元前2600年)はシンド地方でコト・ディジ文化が始まった。


統合期(紀元前2600年-紀元前1900年)[編集]

詳細は「ハラッパー」、「モヘンジョダロ」、「ロータル」、及び「ドーラビーラ」を参照

狭義のインダス文明はこの統合期を指し、ハラッパーIIIA期(紀元前2600年-紀元前2450年)、ハラッパーIIIB期(紀元前2450年-紀元前2200年)、ハラッパーIIIC期(紀元前2200年-紀元前1900年)の三期に区分される。


滅亡[編集]

「インダス川#歴史」も参照

滅亡については諸説あり、現在では、地殻変動によってインダス川河口付近の土地が隆起している事により、洪水が頻発して耕地に塩害をもたらし、更にインダス川の河道が移動した事に拠って、水上交通を前提とした貿易に拠って機能していた都市の機能を麻痺させたという説と、後述するように砂漠化に伴って都市が放棄され住民が移住したという説がある。

インダス文明が存在した地域は現在砂漠となっている。

インダス文明が消えたのは、この砂漠化によるのでは無いかと言われている。

砂漠化の原因としては、紀元前2000年前後に起こった気候変動が挙げられている。

大西洋に広がる低気圧帯は、一時北アフリカと同じ緯度まで南下し、更にアラビア・ペルシア・インドにまで及んで、雨をもたらし、緑豊かな土地になっていた。

しかし、やがてこの低気圧帯は北上し、インドに雨をもたらしていた南西の季節風も東へ移動して、インダス文明の栄えていた土地を現在のような乾燥地帯にしてしまった、というのである。

衰退後の植物相や動物相には大きな変化が見受けられない事から気候の変動を重視する説は見直されている。

また、インダス文明が森林を乱伐したために砂漠化が進行した、という説もある。

しかし、乾燥化説については、ラクダの骨や乾地性のカタツムリが出土している事、綿の生産が行われていた事等は、川さえあれば気温の高い乾燥ないし、半乾燥地帯で文明が興りえた事を示し、「排水溝」も25ミリの雨が降っただけでも持たない構造であり、煉瓦を焼くにも現在遺跡の周辺で茂っている成長の早いタマリスクなどの潅木でも充分間に合ったのではないかと反論する研究者もいて決定的なものとなってはいない。

最近では紀元前2000年頃に地殻変動が起こって、インダス川の流路が移動したために河川交通に決定的なダメージを与えたのではないかという説が有力になっている。

実際のところインダス遺跡はインダス川旧河道のガッカル=ハークラー涸河床沿いに分布している。


滅亡後の地方化期(紀元前1900年-紀元前1300年)[編集]

詳細は「ヴェーダ期(英語版)」を参照

ヴェーダ期(紀元前1700年-紀元前1100年)になると、以前はハラッパー文化だった都市がH墓地文化(英語版)となった事を示す墓地が発見されている。

この墓地からは火葬の跡が発見されており、この文化からヴェーダの宗教(紀元前1000年-紀元前500年)が形成されたと考えられている。

ヴェーダの宗教は、後のバラモン教やヒンドゥー教(en-Shaivism)の原型である。

この文化と同時期に栄えた赭色土器文化(英語版)は、ラージャスターンからヒンドスタン平野へ進出している。


発見の経緯[編集]

文明の存在が認識される様になったのは比較的遅く、イギリス支配下の19世紀になってからの事である。

1826年に探検家のチャールズ・マッソン(英語版)がハラッパーにある周囲約5kmに及ぶ巨大な廃墟について報告し、「紀元前326年にアレクサンドロス3世(大王)を撃退したポルス王の都シャンガラの跡ではないか」と推測している。

1831年にもアレクサンダー・バーンズが調査中同地を訪れ地元の人から廃墟にまつわる「神の怒りによって滅んだ」との伝承を紹介し、本国イギリスで考古学的好奇心を大いに刺激する様になる。

イギリスは既に18世紀に「アジア協会」を設立しており、任地インドに赴いていた元軍属のアレクサンダー・カニンガムが同協会の元でインド(及びパキスタン)考古学の基礎を築く事になる。

カニンガムは1853年・1856年に最初のインダス遺跡発掘となるハラッパー遺跡の発掘を行い、未知の文字が書かれた印章・土器などが出土した。

カニンガムは1862年、インド考古局の発足に尽力し初代局長となるがこの頃から鉄道敷設のため、遺跡の建材を崩されてしまう課題に取り組まねばならなくなっていた。

その後も第3局長ジョン・マーシャルらによってインダス文明の研究は発展して行く事となる。


技術[編集]

鉄は知られず、青銅器を使った。

都市計画で知られるように建築技術に優れており、建築物には「縦:横:厚みの比4:2:1」で統一された焼成レンガが広く使われている。

服は染色された綿で作られていたようで、染色工房と推定される場所が見つかっている。

高い加工技術を要する極小のマイクロビーズや紅玉髄の装飾品も作られていた。


都市[編集]

インダス文明諸都市の分布

大小の都市が建設された。

都市の規模は、メソポタミアのものよりも小さく、モヘンジョ=ダロとハラッパーがメソポタミアの小都市にようやく匹敵する規模であった。

主な都市遺跡を下記に掲げる。(このほかに小規模の遺跡が多数知られる)

ハラッパー(ラーヴィー川流域、分離型、76ヘクタール-周囲を含む全体推定値150ヘクタール)

カーリバンガン(パンジャブ地方、ガッガル・パークラー川流域、ラーキーガリー105ヘクタール-分離型、バナーワリー16ヘクタール-一体型、カーリバンガン12.1ヘクタール:分離型)

モヘンジョダロ(パキスタン南部、シンド地方、インダス川下流域、分離型、83ヘクタール-周囲を含む全体推定値125〜200ヘクタール)

マクラーン地方(ソトカー・コー1.5ヘクタール-分離型、ソトカーゲン・ドール1.95ヘクタール-分離型)

グジャラート地方(北西インド、どの都市も一体型、ロータル7ヘクタール-穀物倉、沐浴室の列、基壇、ドーラビーラ52ヘクタール-居住地域部分のみ19ヘクタール、スールコータダー0.72ヘクタール、クンターシー1.56ヘクタール-穀物貯蔵室、土器・銅の工房、バーバルコート2.7ヘクタール、ロジュディ7ヘクタール-大型方形建物)

うち、モヘンジョ=ダロ、ハラッパーは、1km 四方を超える規模をもつ。

都市には2種類あって、「城塞」と「市街地」が一体のタイプ(ロータル、ドーラビーラ)と、「城塞」と「市街地」を分けているタイプ(モヘンジョ=ダロ、ハラッパー、カーリバンガン)とがある。

城塞とは周塞に囲まれている集落で、大沐浴場や火の祭壇、さらに「穀物倉」「列柱の間」「学問所」等、大型で特殊な構造の建物が一般家屋とは別に建ち並んでいる。

インダス文明では、他の文明のように王宮や神殿のような建物は存在しない。

周塞の目的としては、何らかの防衛や洪水対策の他に、壁と門を設けて人・物資の出入りを管理する事も考えられる。

モヘンジョ=ダロでは市街地の周塞が発見されていない。


行政[編集]

インダス文明には、支配者・管理者・運営者の内のどれかが居たのではなかろうかと思われる節がある。

それは、城塞をもつ都市が、インダス川流域の広大な地域のあちこちに置かれているということ。

それはある考えの基に置かれたのではないだろうか。

そのことは、城塞や市街都市内部の東西南北に真っ直ぐ延びる大通りにみられる計画性、文字や印章の使用、印章に記された動物等の図柄、煉瓦の寸法や分銅にみられる度量衡の統一や土器の形や文様などのも現れている。

さらに、宗教では、印章などに表現される「角神」と呼ばれる水牛の角を付けた神、又は神官の像や菩提樹の葉のデザインにも現れている。

都市とは、信仰・宗教世界の運営・統括する人たちの宗教的・政治的中枢ではなかったのではないかと考えられる。

排水溝設備の整った碁盤目状に街路が走る計画都市であって、ダストシュートや一種の水洗トイレなどが設けられた清潔な都市だったのではないかと推定されている。

土器やビーズなどの主だった出土品に見られる均質性の一方で、信仰や儀礼のあり方が地方によって異なる面がある。

これを次に説明する。

モヘンジョダロ、ドーラビーラやロータルの「城塞」には、しばしば、「大浴場」と呼ばれるプール状施設、水にかかわる施設があり、豊饒と再生を祈念する儀礼が行われた沐浴場と考えられている。

一方で、北方のパンジャブ州に近いカーリバンガンやバナーワリーのように、「城塞」の南区や「市街地」の東側の遺丘の上で、独特な「火の祭祀」を行っていたと思われる遺跡もあり、シンド州の遺跡やモヘンジョダロで見られるような再生増殖の儀礼と関係すると考えられるテラコッタ女性像やリンガ石(シヴァ・リンガム(英語版))と呼ばれる石製品が出土しない。

また、南方のロータルを含むグジャラートでは、「火の祭祀」とテラコッタ女性像に象徴される再生増殖儀礼の両方の要素が見られるなどの違いが見られるため、インダス文明の構造や性格を解明する上で大きな課題となっている。


文化[編集]

様々なインダス式印章

踊り子(モヘンジョダロ遺跡)

都市遺跡からは、多くの「インダス式印章」が出土する。

凍石製で、印面は、3〜4cmの方形で、インダス文字と共に動物などが刻まれている。

動物は、サイ、象、虎などの動物のほかに後のインドの文化にとって重要な動物である牛が刻まれているのが目立つ。

一方で、一角獣など架空の動物が刻まれたり、「シヴァ神」の祖形と思われる神などが刻まれていることもある。

商取引に使用されたと考えられ、メソポタミアの遺跡からもこのような印章の出土例がある。

インダス文字は現在でも未解読である。

統計的分析などができる長文や、ロゼッタ・ストーンのように多言語併記の物が出土しないことが研究の大きな障壁になっている。


農業[編集]

インダス川の氾濫による肥沃な土壌を利用した氾濫農耕を行った。

河川から離れた地域では、地形を利用した一種の「せき」を築き、そこへ雨期の増水を流し込み、沈澱させた土壌を用いて農耕をしていたと推察される。


商業[編集]

装身具、主として紅玉髄製ビーズの製造。

腐食ビーズと呼ばれる「紅玉髄製ビーズ」に白色の文様を入れる技術を持っていた。

支配者層の装身具だけでなく、主要な輸出品でもあった。

インダス川を物資利用のハイウェイとして広く利用し、インダスで作られた装飾品などが遥かメソポタミアまで輸出されていた。

盛んな商業活動。

石製、銅製の各種の分銅や秤がある。

メソポタミアとの盛んな交易が知られ、主として紅玉髄製ビーズの輸出を行った。

「メルッハ(国)」と呼ばれていたと推定されている。


宗教[編集]

詳細は「:en:Proto-Indo-Iranian religion」を参照


埋葬[編集]

埋葬は、地面に穴を掘って遺体を埋葬する土坑墓を用いた。

長方形の土坑が多かったが、楕円形のものも造られた。

遺体は、頭を北にして仰向けに身体を伸ばした、いわゆる仰臥伸展葬が主体であった。

足を曲げた形で遺体が葬られているものもあるが、その場合も頭は北に置かれた。

ひとつの土坑に一人が葬られるのが普通であるが、例外も見られる。

副葬品は土器が一般的で、頭の上、すなわち墓坑の北側部分に10数個を集中して置くが、まれに足元、つまり南側に副葬した例がある。

腕輪、足輪、首飾りなどの装身具をつけたまま埋葬された例もあり、その場合、銅製の柄鏡も出土している。

重要なことは、被葬者間に際立った社会的格差が見られないという特徴があり、インダス文明の性格を示していると思われる。

他の古代文明とは異なり、戦の痕跡や王のような強い権力者のいた痕跡が見つかっていない。


アーリア人侵略説[編集]

アーリアン学説[編集]

「アーリア人」及び「アーリアン学説」も参照

日本においても戦前にアーリアン学説を補強する学説が発表された。

南インドを中心に暮らしているドラヴィダ人の祖先によりつくられたと推定されている。

また、ドラヴィダ人は、紀元前13世紀に起きたアーリア人の侵入によって、被支配民族となり一部が南インドや西および中央の山岳地帯に移住した。


ウィーラー学説[編集]

インダス文明滅亡の原因は、古くから論争があり、代表的なものとして、第二次大戦後にM.ウィーラー(英語版)による「アーリア人侵略説」をはじめとする外部からの侵略説がまず滅亡の原因として唱えられた。

発掘調査によって埋葬もされないで折り重なるおびただしい人骨が確認されたために外部からの侵入による虐殺説が唱えられた。

また、ヴェーダなどの戦争記事がその根拠のひとつとされた。

しかし、当時の発掘調査は、層位関係を考えないで地表からの深さのみを記録して行われた調査であったために同時期の人骨ではないということで否定された。


Indo-Aryan migration theories[編集]

詳細は「:en:Indo-Aryan migration theories」を参照


ドラヴィダ運動[編集]

Iravatham Mahadevanは、インダス文字の分析からハラッパー語(英語版)がドラヴィダ語に由来するとする、ドラヴィダ語仮説(Dravidian hypothesis, 南インドのドラヴィダ系の言語)を提唱しているが、Shikaripura Ranganatha Raoはドラヴィダ語仮説に反対している。

この対立の背景にはドラヴィダ運動(英語版)の政治的な側面からの影響もあった。


脚注[編集]

^ ロベール 1978, pp. 122-123

^ ラーヴィー期の名称はラーヴィー川(英語版)に由来する。

^ 近藤英夫編著『NHKスペシャル四大文明・インダス』150〜151項

^ 近藤英夫編著『NHKスペシャル四大文明・インダス』152〜153項

^ 小磯学「インダス文明の誕生」 内藤雅雄・中村平治編『南アジアの歴史 −複合的社会の歴史と文化−』有斐閣 2006年 15-17頁

^ 小磯学「インダス文明の誕生」 内藤雅雄・中村平治編『南アジアの歴史 −複合的社会の歴史と文化−』有斐閣 2006年 21頁

^ 佐原 1943, pp. 432-433

^ 三省堂編修所 1995, p. 40

^ 神谷, 信明 (2003),“On verna system in India”(PDF),岐阜市立女子短期大学研究紀要(岐阜市立女子短期大学)53: 65-72,NAID 110004470877,NCID AN10208264, "先住民族(ドラヴィダ族)を滅ぼして、verna(ヴァルナ)という身分制度を作り上げた。"

^ 佐原 1943, pp. 441-442

^ ドラヴィダ族でも原始〜、前〜に区分でき、現在まで残っているのは前ドラヴィダ族ではないか、としている。佐原 1943, pp. 437-447


参考文献[編集]

佐原六郎「印度の原住民」(PDF)、『史学』 (慶應義塾大学) 第21巻421-449頁、1943年。
人種の分類については当時であっても「今日ではリスリーの分類と所論とをそのまま採用することは出来なくなつたが」ともしている。

三省堂編修所 『詳解世界史用語事典』 三省堂、1995年。ISBN 9784385260327。

ロベールダブルー 「インダスに消えた帝国」、『世界最後の謎-失われた文明を求めて』 (日本リーダーズ・ダイジェスト)120-129頁、1978年。


関連項目[編集]

世界四大文明

エジプト文明

メソポタミア文明

黄河文明

メヘルガル


外部リンク[編集]

ニュデリー国立博物館


世界の文明

日本文明-西洋文明-東方正教会文明-エーゲ文明(キクラデス文明-ミノア文明-ミケーネ文明)-エジプト文明-メソポタミア文明-イスラーム文明-インダス文明-ヒンドゥー文明-中国文明(黄河文明-長江文明-遼河文明)-メソアメリカ文明(オルメカ文明-テオティワカン文明-マヤ文明-トルテカ文明-サポテカ文明-アステカ文明)-アンデス文明-インカ文明-スワヒリ文明

(注)何を「文明」と呼ぶかについては議論があり、論者によって異なる場合もある

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=インダス文明&oldid=49413668」から取得

カテゴリ:
インダス文明
考古学
隠しカテゴリ:
出典を必要とする記述のある記事/2013年3月
posted by arena8order at 12:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「神の力で」に関連した英語例文の一覧

200px-Deborah.jpg
#祟り神 #畏怖 #天皇 #天頭 #十] #日實妃 #卑弥呼 #邪馬台国 #日の本 #日の元 #temple #Area. #Freemason #eve. #Miller #Maria

「神の力で」に関連した英語例文の一覧
http://p224.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1125CEpcYoluHID6/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E7%25A5%259E%25E3%2581%25AE%25E5%258A%259B%25E3%2581%25A7&_jig_keyword_=%E2M%82%E8%90_%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E8%2588%2581%25E9%25AD%2594%2B%25E8%258B%25B1%25E8%25AA%259E%2B%25E4%25BE%258B%25E6%2596%2587%2Bweblio%26p%3D%25E2M%2582%25E8%2590_%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26trans%3D0&_jig_source_=srch&guid=on

#妖魔 #欲魔 #舁魔 #波魔 #嫉妬 #怨霊 #源氏物語 #狒狒 #禿鷹 #烏 #狗狼 #河童 #悪魔 #悪霊 #尼憎涅蒭 #堊爬蜘 #痍婁 #南洲瓜 #那葡蠧蚊 #蝸牛 #蛭 #毒蛙 #毒 #毒蟲
posted by arena8order at 00:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。