2013年11月24日

艦船接頭辞…ナチスのドイツ海軍と大日本帝国海軍は使わない…

Image~052~001.jpgAleut.jpg1132S.jpg
#Nakhodka #ккк #Apache #yl. #terrorism #polphoto.xxx #Kika #pyongyang #朝鮮 #Filipino #war #weapon #Mind control #マイクロ波 #Microweb #プラズマ波 #radar

「ナチス コリア ポルトガル トルコ カナダ」の検索結果
http://search.mobile.yahoo.co.jp/p/search/pcsite/list?sbox=SBT&squery=Nakphotoka&fr=&p=%83i%83%60%83X+%83R%83%8A%83A+%83%7C%83%8B%83g%83K%83%8B+%83g%83%8B%83R+%83J%83i%83_



艦船接頭辞


駆逐艦をDDで表すなどの「艦種記号」とは異なります。


艦船接頭辞(かんせんせっとうじ)は、一般船舶や軍用艦艇の国家別または種別ごとの略称を艦船名の最前部にもってきて表記する接頭辞である。

民間の船に用いられる接頭辞は、推進方式の区別に用いられる(例えば汽船は「SS」)場合と、使用目的の区別に用いられる(例えば救助船は「RV」)場合がある。

民間用の接頭辞はつねに使われるわけではなく、まったく用いないことも多い。

「M/S」のようにスラッシュで文字を区切る表記が使われることもある。

海軍艦艇での接頭辞は主に所属国軍を示す名称が充てられ、イギリス海軍の軍艦には「"His/Her Majesty's Ship"」と長い名称があり、その省略形である「HMS」が海軍接頭辞として用いられるようになる。

アメリカ合衆国海軍では初期の頃は艦種があてられ、例えばフリゲートに「"United States Frigate"」の略称となる「"U.S.F."」が与えられていた。

こんにちの国軍海軍では全艦艇に一つの接頭辞を用いるのが通例となっているが、補助艦艇や関連部門の船舶、例えば沿岸警備隊のように接頭辞の用法が一般的ではない場合もある。

必ずしも接頭辞の使用が一般的になっているとは言い難い。

特にナチス・ドイツ期のドイツ海軍(Kriegsmarine)や大日本帝国海軍では接頭辞を使用していなかった。

一部の英語圏著述者は「HMS」や「USS」との一貫性のために「DKM」(Deutsche Kriegsmarine)や「HIJMS」("His Imperial Japanese Majesty's Ship")もしくは「IJN」(Imperial Japanese Navy)や「大日本帝国海軍」の翻訳を用いており、ほかの作家は海軍の慣例に準じて接頭辞を省略している。

このように艦船接頭辞は普遍的なものではなく、国の制度や文化など固有の事情により使用されない場合もある。

各国海軍ではそれぞれのシステムがあり、アメリカ海軍では船体分類記号(en:Hull classification symbol)を、イギリス海軍とその影響下にあるイギリス連邦諸国海軍およびヨーロッパ諸国海軍ではペナント・ナンバーが使用されている。

以下の表では現用や歴史的なものも一緒にしてリスト化している。


一般的な商船接頭辞[編集]

接頭辞 艦船種の英語 艦船種の日本語 
AHT Anchor Handling Tug アンカーハンドリング引船 
AHTS Anchor Handling Tug Supply vessel アンカーハンドリング引支援船 
CRV Coastal Research Vessel 沿岸調査船 
C/F Car Ferry カーフェリー 
CS Cable Ship 海底ケーブル敷設船
DB Derrick Barge デリック艀
DLB Derrick Lay Barge デリック敷設艀 
DCV Deepwater Construction Vessel 深海建設船 
DSV Diving Support Vessel
Deep Submergence Vehicle 潜水作業支援船
深海探査艇
DV Dead vessel[1] 死船 
ERRV Emergency Response Rescue Vessel 緊急反応救助船
FPSO Floating Production, Storage and Offloading Vessel 浮体式石油生産・貯蔵・積出設備船 
FPV Free Piston Vessel フリーピストン船  
FPV Fishery Patrol Vessel 漁業取締船
FV Fishing Vessel 漁船
GTS Gas Turbine Ship ガスタービン船 
HLV Heavy lift vessel 重量物運搬船
HMS Her Majesty's Ship 陛下の船 
HMHS His/Her Majesty's Hospital Ship 陛下の病院船 
HMY His/Her Majesty's Yacht 陛下のヨット
HSC High Speed Craft 高速船
HTV Heavy Transport Vessel 重量物輸送船
LB Liftboat リフトボート 
LNG/C Liquefied natural gas carrier LNGタンカー
LPG/C Liquefied petroleum gas carrier LPG運搬船  
MF Motor Ferry 自動車フェリー
MS (M/S) Motor Ship 内燃機船
MSY Motor Sailing Yacht 機帆ヨット
MT Motor Tanker 内燃機タンカー
MV (M/V) Merchant vessel[2]
Motor Vessel
「MS」と同じ意味で使用できる[3](アジポッド船を指す場合もある) 商船
内燃機船
MY Motor Yacht モーター・ヨット
nb Narrowboat ナロウボート
NRV NATO Research Vessel NATO調査艦船
NS Nuclear Ship 原子力船
OSV Offshore Support Vessel 海洋補給船
PS Paddle Steamer 外輪船
PSV Platform Supply Vessel プラットフォーム補給船
RV Research Vessel 調査船
RMS Royal Mail Ship
Royal Mail Steamer 英国郵便船
英国郵便汽船
SB Sailing Barge 帆走艀
SS (S/S) Steamship 蒸気船
SSCV Semi-Submersible Crane Vessel 半潜水クレーン船
SSV Sailing School Vessel
Submarine and Special Warfare Support Vessel[4] 帆船学校艦船
潜水艦及び特殊作戦支援艦艇
ST Steam Tug 蒸気曳航船
STS Sail Training Ship 帆走練習船
STV Sail Training Vessel
Steam Turbine Vessel 帆走練習船
蒸気タービン船
SV Sailing Vessel 帆船
SY Sailing Yacht
Steam Yacht 帆走ヨット
気走ヨット
TEV Turbine Electric Vessel ターボ・エレクトリック推進船
TIV Turbine Installation Vessel タービン装備船
TS Training Ship 練習船
TSS Turbine Steam Ship
Twin Screw Steamer 蒸気タービン船
二軸蒸気船
TV Training vessel 練習船
国家機関もしくは軍隊での接頭辞[編集]

国家 軍隊 接頭辞 意味
アイスランド アイスランド沿岸警備隊 ICGV
VS(アイスランド語) アイスランド沿岸警備隊船艇
Icelandic Coast Guard Vessel
Vardskip
アイルランド アイルランド海軍 LE アイルランド艦艇
Long Eireannach
アメリカ合衆国 アメリカ空軍 USAF
USAFS 合衆国空軍艦船艇(現在は使用していない)
United States Air Force ship
アメリカ陸軍
USAS 合衆国陸軍艦船艇
United States Army Ship
USAV 合衆国陸軍艦船艇
United States Army Vessel
USAT 合衆国陸軍輸送船艇(現在は使用していない)
United States Army Transport
USAHS 合衆国陸軍病院船艇(現在は使用していない)
United States Army Hospital Ship
アメリカ海軍 USF 合衆国フリゲート(現在は使用していない)
United States Frigate
USFS 合衆国旗艦(現在は使用していない)
United States Flagship
USS 合衆国艦艇
United States Ship
アメリカ海軍海上輸送司令部 USNS 合衆国海軍乗組艦艇(民間人船員が乗艦する海軍艦艇)
United States Naval Ship
USNV[5] 合衆国海軍傭艦船艇(海軍により傭船され海軍将兵が乗船する外国籍船)
United States Naval Vessel
アメリカ沿岸警備隊 USCGC 合衆国沿岸警備隊船艇
United States Coast Guard Cutter
USCGD 合衆国沿岸警備隊駆逐艦(現在は使用していない)
United States Coast Guard Destroyer
アメリカ灯台局 USLHT 合衆国灯台巡視船(現在は使用していない)
United States Lighthouse Tender
アメリカ税関監視艇局 USRC 合衆国税関監視船艇(現在は使用していない)
United States Revenue Cutter
アメリカ海洋大気庁 NOAAS アメリカ海洋大気庁調査船
NOAA Research Vessel
アメリカ連合国 アメリカ連合国海軍 CSS アメリカ連合国艦艇
Confederate States Ship(現在用いられていない)
アルゼンチン アルゼンチン海軍 ARA アルゼンチン共和国海軍
Armada de la Republica Argentina
イギリス 郵便船 RMS 英国郵便汽船、英国郵船
Royal Mail Steamer/Ship
漁業保護船 FPV 漁業保護船
Fisheries Protection Vessel
イギリス空軍 HMAFV 陛下の空軍艦艇(現在は使用していない)
His/Her Majesty's Air Force Vessel
イギリス海軍補助艦隊艦艇 RFA イギリス海軍補助艦艇
Royal Fleet Auxiliary
王立海軍補助機関 RMAS 王立海軍補助機関(現在用いられていない)
Royal Maritime Auxiliary Service
セルコ・デンホルム SD セルコ・デンホルム(セルコ・デンホルムと契約し運用されるRMAS所属下の艦船艇)
Serco Denholm
イギリス海軍 HM Sloop 陛下のスループ(現在は使用していない)
His/Her Majesty's Sloop
HMS 陛下の艦艇 / 潜水艦艇
His/Her Majesty's Ship/Submarine
HMSm 陛下の潜水艦艇
His/Her Majesty's Submarine
HMT 借用軍用輸送船(現在は使用していない)
Hired Military Transport
HMAV[6] 陛下の軍用艦艇(現在は使用していない)
His/Her Majesty's Armed Vessel
HMY 陛下のヨット(現在は使用していない)
His/Her Majesty's Yacht
HMMGB 陛下の機動砲艇(現在は使用していない)
His/Her Majesty's Motor Gun Boat
HMM 陛下のモニター(現在は使用していない)
His/Her Majesty's Monitor
HMSML 陛下の小型機動艇
His/Her Majesty's Small Motor Launch
HBMS 陛下のブリタニア艦艇(古名)
His/Her Britannic Majesty's Ship
HM 王権もしくはイギリス政府(軍事利用される一般船舶を対象とする)
His/Her Majesty's
病院船 HMHS 陛下の病院船
His/Her Majesty's Hospital Ship
統合機関 HMSTC 陛下の帆走練習船
His/Her Majesty's Sail Training Craft
トリニティハウス[7] THV トリニティハウス船艇(灯台ブイ艀)
Trinity House Vessel
北方灯台協会 NLV 北方灯台巡視船
Northern Lighthouse Vessel
イギリス陸軍 HMAV 陛下の陸軍艦艇
Her Majesty's Army Vessel
RCLV 王立兵站隊(現在は使用していない)
Royal Corps of Logistics Vessel
政府調査船 RRS 王立調査船
Royal Research Ship
イギリス関税消費税庁[8] HMCC 陛下の税関船艇
His/Her Majesty's Customs Cutter
イギリス歳入税関庁 HMRC
(HMCCに替わる) 陛下の歳入税関船艇(2005年4月18日から)
His/Her Majesty's Revenue Cutter
イスラエル イスラエル海軍 INS イスラエル海軍艦艇
Israeli Naval Ship(軍内部ではヘブライ語の頭字語 (A.Ch.Y.) が用いられる。 (Oniyat Heyl HaYam - 海軍艦艇)の略。)
イタリア イタリア共和国海軍 ITS イタリア艦艇(NATO指定、イタリアでは接頭辞は用いられていない)
Italian Ship
イタリア王国 イタリア王国海軍 RN 国王の艦艇
Regia Nave
時折非公式にRegia Marinaの略「RM」が用いられる
R.Smg. 国王の潜水艦艇
Regio Sommergibile
インド インド沿岸警備隊 ICGS インド沿岸警備隊船艇
Indian Coast Guard Ship
インド海軍 INS インド海軍艦艇
Indian Naval Ship
イギリス領インド帝国 インド海軍
(共和国建国前) HMIS 陛下のインド艦艇
His/Her Majesty's Indian Ship
インドネシア インドネシア海軍 KRI インドネシア共和国艦艇
Kapal Republik Indonesia
インドネシア KL 帆船
Kapal Layar
インドネシア KM 内燃機船
Kapal Motor
ウルグアイ ウルグアイ海軍 ROU ウルグアイ東方共和国
Republica Oriental del Uruguay
エクアドル エクアドル海軍 BAE エクアドル海軍艦艇
Buque de la Armada de Ecuador
エストニア エストニア海軍 ENS
EML(エストニア語) エストニア海軍艦艇(NATO指定)
Estonian Naval Ship
エストニア沿岸警備隊 ECGS エストニア沿岸警備隊船艇(NATO指定)
Estonian Coast Guard Ship
オーストラリア オーストラリア海軍 HMAS (国王/女王)陛下のオーストラリア艦艇
His/Her Majesty's Australian Ship
オーストラリア
(ビクトリア州) イギリス海軍 HMVS 陛下のビクトリア州艦艇
His/Her Majesty's Victorian Ship(現在用いられていない)
オーストリア=ハンガリー帝国 オーストリア=ハンガリー帝国海軍 SMS 陛下の艦艇
Seiner Majestat Schiff
オマーン オマーン海軍 SNV スルタン国海軍艦艇
Sultanate Naval Vessel
オランダ オランダ海軍 Hr.Ms./Zr.Ms
HNLMS(英語) 陛下の艦艇
Harer/Zijner Majesteits
His/Her Netherlands Majesty's Ship
ガイアナ ガイアナ沿岸警備隊[9] GDFS ガイアナ国防軍艦艇
Guyanese Defence Forces Ship
韓国 大韓民国海軍 ROKS 大韓民国艦艇
Republic of Korea Ship
カナダ カナダ統合軍海洋軍 HMCS/NCSM 陛下のカナダ艦艇
His/Her Majesty's Canadian Ship(英語)
Navire Canadien de Sa Majest (仏語)
CFAV/NAFC カナダ軍補助艦艇
Canadian Forces Auxiliary Vessel
Navire auxiliaire des Forces canadiennes
カナダ沿岸警備隊 CCGS/NGCC カナダ沿岸警備隊船艇
Canadian Coast Guard Ship
Navire de la Garde coti re canadienne
CCGC/CGCC カナダ沿岸警備隊巡視船艇
Canadian Coast Guard Cutter
Cotre de la Garde coti re canadienne
カナダ水産海洋省 CGS カナダ政府船舶(現在は使用していない)
Canadian Government Ship
カナダ水産海洋省 DGS 自治領政府船舶(現在は使用していない)
Dominion Government Ship
カナダ海軍士官学校 SCTS/NECM 士官学校練習艦艇
Sea Cadet Training Ship
Navire- cole des cadets de la Marine
ギリシャ ギリシャ海軍 HS ギリシャ艦艇(NATO指定、国際的通信に用いられる。ギリシャ海軍内では接頭辞は艦種を示す方式を用いている)
Hellenic Ship
ギリシャ王国 王立ギリシャ海軍 ΒΠ (VP) 国王艦艇(英語著述者と現代外国海軍による使用)
Βασιλικ ν Πλο ον (Vassilikon Ploion)
RHS (Royal Hellenic Ship) もしくはHHMS (His Hellenic Majesty's Ship)
キリバス キリバス警察隊 RKS キリバス共和国艦艇
Republic of Kiribati Ship
クック諸島 クック諸島警察 CIPPB クック諸島警察船艇
Cook Islands Police Patrol Boat
ケニア ケニア海軍 KNS ケニア海軍艦艇
Kenyan Naval Ship
コロンビア コロンビア海軍 ARC コロンビア共和国海軍
Armada de la Republica de Colombia
サウジアラビア サウジアラビア海軍 HMS 陛下の艦艇
His Majesty's Ship
ジャマイカ ジャマイカ国防軍 HMJS 陛下のジャマイカ艦艇
His/Her Majesty's Jamaican Ship
シンガポール シンガポール海軍 RSS シンガポール共和国艦艇
Republic of Singapore Ship
スウェーデン スウェーデン海軍 HMS 陛下の艦艇
Hans/Hennes majestats skepp
スペイン スペイン海軍 SPS スペイン海軍艦艇(内部では用いられていない)
Spanish Naval Ship
スリランカ スリランカ海軍 SLNS スリランカ海軍艦艇
Sri Lanka Naval Ship
ソロモン諸島 ソロモン諸島警察 RSIPV 王立ソロモン諸島警察船艇
Royal Solomon Islands Police Vessel
タイ タイ王国海軍 HTMS タイ国王陛下の艦艇
His Thai Majesty's Ship
中華民国 中華民国海軍 ROCS
CNS(旧称) 中華民国艦艇
Republic of China Ship
Chinese Navy Ship
ツバル ツバル警察隊 HMTSS 陛下のツバル国船艇
His/Her Majesty's Tuvaluan State Ship
デンマーク デンマーク海軍 HDMS
KDM(デンマーク語) 陛下のデンマーク艦艇
Kongelige Danske Marine
His/Her Danish Majesty's Ship
ドイツ ドイツ海軍 FGS ドイツ連邦艦艇(NATO指定、ドイツ内では接頭辞は用いられていない)
Federal German Ship
西ドイツ 西ドイツ海軍 FGS ドイツ連邦艦艇(NATO指定、西ドイツ内では接頭辞は用いられていない)
Federal German Ship
ドイツ国 ドイツ国防軍海軍 無し 接頭辞はないが、一部の著述者ではDeutsche Kriegsmarineの「DKM」、Kriegsmarine Schiffeの「KMS」が使用されている。
ドイツ帝国 ドイツ帝国海軍 SM U## 皇帝陛下の潜水艦艇
Seiner Majestat Unterseeboot
SMS 皇帝陛下の艦艇
Seiner Majestat Schiff
トリニダード・トバゴ トリニダード・トバゴ国防軍 TTS トリニダード・トバゴ船艇
Trinidad and Tobago Ship
トルコ トルコ海軍 TCG トルコ共和国艦艇
Turkiye Cumhuriyeti Gemisi
トンガ トンガ国防軍 VOEA 陛下の艦艇
Vaka O Ene Afio
ナイジェリア ナイジェリア海軍 NNS ナイジェリア艦艇
Nigerian Naval Ship
日本 海上自衛隊 JDS もしくは JS 日本護衛艦
Japanese Defense Ship
日本艦艇
Japanese Ship
大日本帝国 大日本帝国海軍 無し 接頭辞は用いられていないが、著述者によってはHis Imperial Japanese Majesty's Shipの「HIJMS」やImperial Japanese Navyの「IJN」が用いられる場合もある
ニュージーランド ニュージーランド海軍 HMNZS 陛下のニュージーランド艦艇
His/Her Majesty's New Zealand Ship
ノルウェー ノルウェー海軍 KNM
HNoMS (英語) 陛下のノルウェー艦艇
Kongelige Norske Marine
His Norwegian Majesty's Ship
ノルウェー沿岸警備隊 KV
NoCGV(英語) ノルウェー沿岸警備隊船艇
Kystvakten
Norwegian Coast Guard Vessel
パキスタン パキスタン海軍 PNS パキスタン海軍艦艇
Pakistani Naval Ship
バヌアツ バヌアツ警察隊 RVS バヌアツ共和国船艇
Republic of Vanuatu Ship
バハマ バハマ国防軍 HMBS 陛下のバハマ艦艇
His/Her Majesty's Bahamian Ship
パプアニューギニア パプアニューギニア国防軍 HMPNGDFS 陛下のパプアニューギニア国防軍艦艇
His/Her Majesty's Papua New Guinea Defence Force Ship
パラオ パラオ警察 PSS パラオ国船艇
Palau State Ship
バルバドス バルバドス国防軍 HMBS 陛下のバルバドス艦艇
His/Her Majesty's Barbadian Ship
バングラデシュ バングラデシュ海軍 BNS バングラデシュ海軍艦艇
Bangladesh Naval Ship
フィジー フィジー海軍 RFNS フィジー共和国海軍艦艇
Republic of Fiji Naval Ship 
フィリピン フィリピン海軍 BRP フィリピン共和国艦艇(1980年7月1日から。フィリピン語)
Barko ng Republika ng Pilipinas
RPS フィリピン共和国艦艇(1980年7月1日まで、現在は用いられていない)
Republic of the Philippines Ship(英語)
フィンランド フィンランド海軍 FNS フィンランド海軍艦艇(フィンランド語では用いられていない)
Finnish Navy Ship
フランス フランス海軍 FS フランス艦艇(NATO指定、フランス内では接頭辞は用いられていない)
French Ship
ブルネイ ブルネイ海軍 KDB ブルネイ王の艦艇
Kapal Di-Raja Brunei
ベネズエラ ベネズエラ海軍 FNV ベネズエラ海軍(1949年から)
Fuerzas Navales de Venezuela
ARV ベネズエラ共和国海軍(1989年まで)
Armada Republica de Venezuela
ARBV ベネズエラ・ボリバリアーナ共和国海軍
Armada Republica Bolivariana de Venezuela
ペルー ペルー海軍 BAP ペルー海軍艦艇
Buque Armada Peruana
BIC 科学調査船
Buque de Investigacion Cientifica
ベルギー ベルギー海軍 BNS ベルギー海軍艦艇(NATO指定)
Belgium Naval Ship 
ポーランド ポーランド海軍 ORP ポーランド共和国艦艇
Okr t Rzeczypospolitej Polskiej
ポルトガル ポルトガル海軍 NRP ポルトガル共和国海軍艦艇
Navio da Republica Portuguesa
PNS ポルトガル海軍艦艇(NATO指定、内部では用いられていない)
Portuguese Navy Ship
UAM 海軍支援船艇(ポルトガル海軍内の非軍用船艇)
Unidade Auxiliar da Marinha
マーシャル諸島 マーシャル諸島警察 RMIS マーシャル諸島共和国艦艇
Republic of the Marshall Islands Ship
マレーシア マレーシア海軍 KD 陛下の艦艇
Kapal Di-Raja
ミクロネシア連邦 ミクロネシア連邦警察 FSS 連邦船艇
Federated States Ship
南アフリカ共和国 南アフリカ海軍 SAS 南アフリカ艦艇
South African Ship
英連邦時代には「HMSAS」His/Her Majesty's South African Shipがある
SATS 南アフリカ練習艦艇
South African Training Ship
ミャンマー ミャンマー海軍 UMS ミャンマー連邦艦艇
Myanma Sit Yay Yin
ビルマ ビルマ海軍 UBS ビルマ連邦艦艇
Bamar Sit Yay Yin
メキシコ メキシコ海軍 ARM メキシコ共和国海軍
Armada de la Republica Mexicana
ラトビア ラトビア海軍 LVNS ラトビア艦艇(NATO指定)
Latvian Naval Ship
リトアニア リトアニア海軍 LKL
LNS リトアニア軍艦
Lietuvos Karinis Laivas
リトアニア艦艇(NATO指定)
Lithuanian Ship
ルーマニア ルーマニア海軍 NMS 陛下の艦艇(1945年以前の王国海軍で使用)
Nava Majestatii Sale
SMR ルーマニア海上サービス(輸送船で使用)
Serviciul Maritim Roman
ROS ルーマニア艦艇(NATO指定、内部では用いられていない)
Romanian Ship
ロシア ロシア海軍 RFS ロシア連邦艦艇(内部では用いられていない)
Russian Federation Ship
脚注[編集]

^ Maritime Memos

^ 厳密には接頭辞ではなく船種識別に必要な場合に使用される。

^ US Army Corps of Engineers Corps Facts

^ Submarine and Special Warfare Support Vessel

^ CHAOS MANOR MAIL Friday, September 9, 2005

^ List of Acronyms Preceding the Name of a Ship

^ イギリス全国灯台局(en:General Lighthouse Authority)傘下の非省庁公共団体(en:Non-departmental public body)

^ 2005年4月に関税消費税庁は内国歳入庁と統合され歳入税関庁となる。

^ About the Coast Guard

関連項目[編集]

ペナント・ナンバー

ハル・ナンバー(艦籍番号)

外部リンク[編集]

(英語) Ship Prefixes

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=艦船接頭辞&oldid=49785394」から取得

カテゴリ:

軍艦
接辞
略語
posted by arena8order at 23:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2. マインドコントロール(Mind control)

3995210073_780228dc3a.jpgImage~023~001.jpgImage~019~001.jpg
#ккк #Apache #yl. #terrorism #Kika #pyongyang #polphoto.xxx #オウム #朝鮮 #Filipino #war #weapon #Mind control ##マインドコントロール


洗脳との相違[編集]

洗脳の場合は強制力を伴うのに対し、マインドコントロールの場合には明らかにそれと解る強制的な力を自覚する事が無く、ありふれた状況によって始まるのが普通である。

また社会心理学的テクニックの要素が強い。

習慣化・強化された偏った価値観等により、個人の考え方がカルト・セクト集団に取り込まれて大きく歪められてしまう。

時間の経過と共にカルト・セクト集団の要求がエスカレートする為に徐々に個人にとって大きな被害に発展する。

回復するためには早い段階での救出カウンセリング、自発的脱会後であれば早目の脱会カウンセリングなどが効果的である。

ヨーゼフ・ゲッベルス#宣伝手法・考えを巡る強敵との相克も参照の事。


宗教以外のカルト[編集]

なお日本では、オウム真理教の様々な事件により、宗教(特に新興宗教)とマインドコントロールが関連付けられて考えられる事が多いが、これらの破壊的なカルトの中には、宗教的な概念を含まない物も存在している。

一部ではビジネスセミナー等と称して、これらのマインドコントロール手法(エンカウンターグループ、Tグループ、自己啓発セミナー)を用いる団体の存在も指摘されている。

またカルトではないが、連鎖販売取引やマルチまがい商法の中にも、半ば公然とマインドコントロールを行う団体も存在している。

なお、オウム真理教は薬物などを用いており、マインドコントロールではなく、洗脳であり、その中には、実質的にかつての冷戦時代に旧ソ連などで行われていたと報告のあった手法を使っていたことも確認されている。


類似する現象[編集]

一般にはマインドコントロールとはみなされないものの、ドメスティックバイオレンスに絡んで、マインドコントロール的な現象も報告されている。

たとえばこれら暴力の被害者は、実質的に軟禁されてはいるものの、完全には監禁されておらず、逃げようと思えば幾らでも逃げられる状況が見られる。

しかし実際にはこれら被害者は、公的な保護の手が差し伸べられるまでは、逃げ出すことができない。

これらの被害者は、加害者より絶えず暴行と平行して、逃げ出せば殺すと脅迫されていたり、世間は絶対助けてくれないとするイメージを絶えず与えられ、この精神的な暴行により精神活動を、ひいては実質的な行動を制限されてしまっている事情が伺える。

このような虐待行為による精神支配では、その本質においてマインドコントロールに類似する事例も見られ、過去の児童虐待事件や誘拐監禁事件においても、PTSDにも関連して、「より支配されやすくなっていた」状態の見られる事例が報告されている。

以上は、いわゆる「ストックホルム症候群」とは似て非なるものである(同症候群では被害者が加害者に共感する現象が見られる)。


マインドコントロール状態からの解放に関して[編集]

マインドコントロール状態を維持するためには多くの場合、その対象となる物に疑問を持たないよう厳しく規制されている場合が多い。

カルト団体では、そのような疑問は「悪しき考え」として禁止され、そのような考えに至ったら、その過程を考察したりせず、呪文を唱えるように強要される。

無論、当初こそは暴力的な方法ではなく、友好的に語り掛け、思考停止に至るように誘導するのではあるが、それらが続くうちに、条件反射で自発的に呪文を唱えるようになってしまう。

また、教団に関する批判的な情報に関しては、「信憑性がないから」とか、「修行や心霊によくないから」などの理由で、触れないように強調される。

この段階に入ると、外部からの否定的な干渉があっても、逆にマインドコントロールを強化する結果になる事があるため、対処法は行動をコントロールする団体から引き離して、与えられた条件付け行動を規制し、日常生活を通して徐々に自分で考えさせるように仕向ける方法が有効とされている。

また、コントロールされた人間が、過剰な拒絶行動を示さないような当り障りのない話題を選んで与え、それらを基盤に信頼関係を築いて、そこから徐々に「コントロールしようとしていた団体は、実は常識的に見て、おかしかったんじゃないか?」と本人に気付かせる方法がある。

真っ向から否定するのではなく、当人に気付かせ、問題行動や自己規制を止めさせていくためにも、信頼関係の回復は重要である。

誘拐同然に強引にマインドコントロールをしていると目される団体から引き離した場合、支配を被っている側は精神的な支柱を団体側に依存しているなどの傾向があるため、強い精神的ショックを受ける。

強引に引き離す行為は、その手段にもよって心的外傷(トラウマ)を被る可能性があることがS.ハッサン『マインドコントロールの恐怖』にも示されており、こういった心理面でのケアも併せて必要だといえよう。

なおこういった離脱プロセスに対しては、コントロール側が離脱を助けようとする活動にネガティブなイメージを予め被支配側に教え込んでいる場合もあり、例えば家族がそういった離脱プロセス関連の組織・団体に依頼した場合、「家族が敵に騙されたのだ」という情報を与えているなどといった問題もみられる。

その面でも、信頼と相互関係の回復は、被支配側が「コントロールする側と、それらからの引き離しを希望する側の、どちらがより善意に基いているか」という自分自身の考えによる判断を始めるための重要な前段階だと解されている。

これらの過程では、自らの価値観を再構築する段階にもよって、無気力感や情緒不安定など、脱会してからの「後遺症」を示す。

この長さは、カルトで生活していた期間分にわたって続くことが平均的である。

過去に大きな問題となっているような団体では、各々に元信者(脱退者)等から成る脱退グループ(被害者グループとも)も存在しており、それらが救出カウンセリングを行っているケースも多く見られる。

参照:日本脱カルト協会「カルト対処法」


マインドコントロールの可能性[編集]

往々にして、人間の精神を蝕み、破壊するかのように考えられているマインドコントロールではあるが、自己暗示の一つとして能力開発への応用することや犯罪抑止やタバコやアルコール等を含む薬物依存の治療などに効果的だと考える動きもある。

しかし本来、人心を操作する手法であり、倫理面での問題があるため、慎重論が多いのもまた事実である。

性犯罪者への利用

一般的に性犯罪者の多くは、衝動的に犯行を重ねるケースが多いが、このマインドコントロール手法を使って、性的興奮を条件反射で押え付ける犯罪抑止の実験が、アメリカなどの刑務所が飽和状態にある国で研究されている。

特に児童を対象とした性犯罪者の多くは、自律的な自己抑制が効きにくい事から、当人の了解の上で刑期の短縮や再就職先の斡旋を含め、条件付けを行い、社会復帰を促す臨床実験段階にあるという。

そう遠くない未来には、それらの犯罪行為は、治療を必要とする物という認識も出てくるのかもしれない。

薬物使用者への利用

薬物依存の場合、禁断症状の苦しさもさることながら、薬物使用に対して心理的なハードルが低い代わりに、止めた際の心理的ダメージの大きさが一部から挙げられている。

たとえば薬物依存に陥っていたという負い目から、社会的に孤立しやすく再依存しやすいこれらの人々にとって、安易な薬物使用だけが唯一の心の支えになってしまっている場合である。

しかし実質的に悪循環であるため、この連鎖を断ち切る上で、マインドコントロール手法を用いられないか?というものである。

これらはまだ、理論的な検証段階にあるが、グループセラピーと併用すれば、格段に再使用防止に役立つのではないかという考えである。


マインド・コントロール理論への批判的見解[編集]

ある種の宗教団体が信者に対してマインドコントロールをしているといういわゆる「マインドコントロール理論」は、米国の裁判においては採用されなかった。

この理論の主唱者であった心理学者のマーガレット・シンガーは、米国心理学会内の有志によって、彼女の主張は科学的な裏付けが乏しく心理学者の間で一般に認められてはいないことを指摘する法定助言書が提出されたことにより、裁判で専門家として証言することを裁判官から許されなかった。

このように、この理論は疑似科学と見なされるべきだとする学者もいる。

シンガーを議長とした米国心理学会 (APA) の「説得と支配の欺瞞的・間接的テクニックに関する特別委員会 (DIMPAC)」報告書のマインド・コントロール理論は、1987年APAの社会的倫理的責任委員会 (BSERP) によって「科学的厳密さとAPAの承認を得るのに必要な批判的方法に欠ける」とされ却下された。

BSERPはDIMPACメンバーに対し、「BSERPはこの報告書を容認できないとした」ことを明示した上でなければ報告書を公表しないように、またDIMPACメンバー任命の事実をもって「米国心理学会が報告書の内容に支持あるいは賛意を与えた」と示唆するような主張をしないように警告した。

(より詳細な情報は、「外部リンク」にある「宗教社会学者によるマインドコントロール理論への批判」「『マインド・コントロール』論争と裁判−『強制的説得』と『不法行為責任』をめぐって」を参照のこと)


信教の自由とマインドコントロール問題[編集]

基本的人権には「信教の自由」があり、これは当人が如何なる信教を支持しようとも、それは当人の自由であるという理念が存在する。

ただ、これがマインドコントロールの問題では、当人の価値観が操作され、健全な判断能力を失っているとみなされる。

この場合において、信教の自由と当人の保護という問題の狭間で、議論も見られる。

統一教会の問題では、同団体がマインドコントロール手法を用いていることが指摘され、脱会説得をめぐり、当人の自由意志が「信用できない」という問題を含んでいるため、当人の主観(→客体)とっては「不当な拉致監禁や人権に対する侵害」となり、一方の当人がマインドコントロールされているとみなしている側にとっては「保護と説得による霊感商法からの離脱」となる。

こういった問題は、第三者が当人がマインドコントロールされているか否かという判定を下す必要があり、難しい問題を含んでいる。


マインド・コントロールをめぐる裁判[編集]
オウム真理教の裁判

死者12人を出した「地下鉄サリン事件」の実行犯、横山真人被告に対し、1999年10月1日、東京地裁は「マインドコントロール下の能力減退は認められない」として死刑判決を出した。

2000年6月6日、「地下鉄サリン事件」など10事件で起訴されたオウム真理教の井上嘉浩被告に対して、東京地裁は、検察の死刑求刑に対し無期懲役との判決を下した。

井上弘通裁判長は「死刑を選択することは当然に許されるべきで、むしろそれを選択すべきであるとすらいえる」としながらも、西田公昭の「修行を通してマインドコントロールを受け、松本被告の命令に反することができなかった」との鑑定結果を受け、「有利な情状の一つとして評価できる」として極刑選択を避けた。

但し、控訴審では死刑判決を受け、2009年12月10日に上告棄却、2010年1月12日に上告審判決に対する訂正申し立てが棄却され、死刑が確定した。

「統一教会」(統一協会)に対する青春を返せ訴訟

元「統一教会」の信者が、教団のマインドコントロールという不当な手段を用いての勧誘、教化の違法性を問う裁判。

教団側は、マインドコントロールというものの存在を否定し、入信は自由意思によるものであると主張してきた。

訴訟の当初、裁判所は「原告らの主張するいわゆるマインドコントロールは、それ自体多義的であるほか、一定の行為の積み重ねにより一定の思想を植え付けることをいうと捉えたとしても、原告らが主張するような強い効果があるとは認められない」(1998年3月26日 名古屋地裁)などとして元信者側の主張を退けて来た。

しかし、1997年4月19日の奈良地裁の「『統一教会』の献金勧誘システムは、不公正な方法を用い、教化の過程を経てその批判力を衰退させて献金させるものと言わざるを得ず、違法と評価するのが相当である」と判決。

又、2001年最高裁において「統一教会」の上告が棄却され、元信者側の勝訴として確定した広島高裁岡山支部判決では、不法行為が成立するかどうかの認定判断にマインドコントロールという概念は使えないとした。

しかし、「教義の実践の名のもとに他人の法益を侵害するものであって、違法なものというべく、故意による一体的な一連の不法行為と評価される」と述べた判決は、実質的には「マインドコントロール」を認めたのと同然と評価する向きもある。

イギリスではマインドコントロールが刑法の概念に組み込まれている。

フランスにおいては物議をかもした後、セクト(カルト)団体対策として限定的に取り入れられた。

法律は存在しないが判例のレベルで概念の蓄積が成されている場合もあるが、国によって態度に違いがある。

同じ国でも正反対の判決が出る場合もあり、未だ微妙な領域といわざるを得ない。


備考[編集]

なお統一教会の問題に関して名古屋裁判などで言及された「多義的用法」とは、原告である元信者側の主張する「違法なマインドコントロール」という表現が、誰かが他者を意のままにコントロールしようとする動機面に着目した表現で、同教団への勧誘や教義に従わせたのが「催眠術」「洗脳」「詐欺」にあたる行為なのか、悪徳商法のように意図的に錯覚させることなのか、いわゆる説得なのか、あるいは実際に何か宗教上の心霊的感化なのかは不明確であることを指している。

S.ハッサンの『マインドコントロールの恐怖』においても、特にこの「手法による定義」は明確ではなく、マインドコントロールという語に集約された「心理操作手法全般」を指している。

これらは、同教会側が「マインドコントロール」を手法としては定義できない原告側への反論として用いたが、広島高裁岡山支部判決ではマインドコントロールという行為の手法的定義は脇にのけた形で、動機面より故意に他者の利益を違法に侵害したとして原告側の請求を認めている。


関連項目[編集]

紀藤正樹

統一教会信徒の拉致監禁問題

サブリミナル効果

悪徳商法

洗脳

情報操作

個人崇拝

妄想-妄執

カルト

自己啓発セミナー

青春を返せ裁判

浅見定雄

多田文明

プロパガンダ

MKウルトラ計画

マッチポンプ

サイコトロニクス

時計じかけのオレンジ

心理操作(英)

境界性パーソナリティ障害-サイコパス


脚注[編集]

[ヘルプ]

^a b スティーヴン・ハッサン(著)浅見定雄(訳) 『マインド・コントロールの恐怖』(恒友出版1993年6月)ISBN 978-4765230711

^ 紀藤正樹(著)『21世紀の宗教法人法』(朝日新聞社 1995年11月ISBN 9784022730688)

^ 宗教社会学の会(編) 『新世紀の宗教―「聖なるもの」の現代的諸相』(創元社 2002年11月)ISBN 978-4422140223)

^ 紀藤正樹ほか(著・訳)『カルト宗教―性的虐待と児童虐待はなぜ起きるのか』(アスコム 2007年3月ISBN 978-4776203933)

^ 小林惠智『マインド・コントロールのすすめ―そのメカニズムと積極的活用法』(1995年11月)ISBN 978-4769807377

^ マデリン・ランドー トバイアス (著), ジャンジャ ラリック (著), Madeleine Landau Tobias (原著), Janja Lalich (原著), 南 暁子 (訳), 上牧 弥生 (訳) 『自由への脱出―カルトのすべてとマインドコントロールからの解放と回復』(中央アート出版社 1998年9月)ISBN 978-4886398703

^ “地下鉄サリン事件、井上被告の死刑確定へ 最高裁”.日本経済新聞. (2009年12月10日) 2009年12月10日閲覧。

^ “オウム事件、井上被告の死刑確定 9人目”.共同通信. (2010年1月13日) 2010年1月14日閲覧。


参考文献[編集]

紀藤正樹(著) 『マインド・コントロール』(アスコム2012年6月) ISBN-10 4776207311 ISBN-13 978-4776207313 − カルトやマインドコントロール問題の教科書的存在の良書

紀藤正樹外(著・訳) 『カルト宗教―性的虐待と児童虐待はなぜ起きるのか』(アスコム2007年3月)ISBN 978-4776203933 − カルト被害者の救済を多数手がける紀藤正樹弁護士が、カルトの定義、マインドコントロールの手法やその違法性を判例を踏まえて詳細に論じた部分(特に83頁まで)が、カルトやマインドコントロールの問題に悩む家族たちへの推奨図書として、幅広く読まれている。

紀藤正樹(著) 『21世紀の宗教法人法』(朝日新聞社 1995年11月)ISBN 9784022730688 − カルト被害者の救済を多数手がける紀藤正樹弁護士が、オウム真理教事件がおきた年に出版した本で、当時のオウム真理教に関する議論、カルトの定義、マインドコントロールの違法性の問題を巡る議論、宗法法人法の改正にまつわる議論が参考になる。

渡邉学著『アメリカのマインド・コントロール論争』

島田裕巳著『洗脳は可能なのか?』

トーマス・W. カイザー(著)マインド・コントロール問題研究会(訳) 『あやつられる心―破壊的カルトのマインド・コントロール戦略』福村出版(1995年9月)ISBN 4762822116

スティーヴン・ハッサン(著)浅見定雄(訳) 『マインド・コントロールの恐怖』(恒友出版 1993年6月)ISBN 978-4765230711- 一度は統一教会に入会し、考え方や感じ方までも変えられてしまった筆者が、周囲の助けを得て脱会し、その後、数多くの脱会者を助けた実例に基づいた内容で、「マインドコントロールとは何か」を知るための本として、幅広く読まれている。(絶版)

スティーヴン・ハッサン著『マインド・コントロールからの救出―愛する人を取り戻すために』(教文館 2007年11月) 中村周而・山本ゆかり(訳)  ISBN 4764266687 ISBN 978-4764266681- 前項の著者が、25年間の脱会カウンセリングの集大成として書き下ろした最新作。各国で救出にあたる家族の必読書とされている書籍Releasing the Bond: Empowering People to Think for Themselvesの日本語版。 マインドコントロールとは何か、カルトとは、救出とは、救出のためのに何ができるのか等、具体的な戦略を含めて紹介されている。

西田公昭(静岡県立大学/社会心理学)著 『マインド・コントロールとは何か』 (紀伊國屋書店1995年)ISBN 978-4314007139- 裁判の参考資料として提出されたこともある資料を含む書籍で、上記の書籍と共にこの問題について客観的(学術的にも)に知るための極めて重要な参考文献とされる。

西田公昭(著) セレクション 社会心理学 18 『「信じるこころ」の科学 ― マインド・コントロールとビリーフ・システムの社会心理学』(サイエンス社 1998年2月)ISBN 978-4781908700

安藤清志・西田公昭編現代のエスプリ369 『「マインド・コントロール」と心理学』 (至文堂1998年4月)ISBN 4-7843-5369-0

郷路征記(著) 『統一協会マインド・コントロールのすべて―人はどのようにして文鮮明の奴隷になるのか』(教育史料出版会1993年12月)ISBN 978-4876522507(統一教会の伝道の違法性などを、いわゆる「青春を返せ裁判」を訴え続けてきた弁護士による著作。元信者への聞き取りから得た、統一教会の教化の手法を詳細に説明)

R.チャルディーニ (著) 社会行動研究会 訳 『影響力の武器――なぜ,人は動かされるのか』 (誠信書房1991年9月1日)ISBN 978-4414302691

S.ミルグラム(著)岸田秀(訳) 『河出・現代の名著 服従の心理〔新装版〕』 (河出書房新社1995年10月)ISBN 978-4309706146

下條信輔『サブリミナル・マインド ― 潜在的人間観のゆくえ(中公新書1324)』 (中央公論社1996年10月)ISBN 978-4121013248

リチャード・キャメリアン(著)、兼近修身(訳) 『洗脳の科学』(第三書館1994年6月)ISBN 978-4807494224- タイトルは洗脳となっているがCIAのMKウルトラ計画を取り上げており参考になる。


外部リンク[編集]

「洗脳」「マインドコントロール」の虚構を暴く内資料

「マインド・コントロール理論」その虚構の正体

弁護士紀藤正樹のLINCへようこそ内資料

自己啓発セミナー団体であるホームオブハートの主催者らによるマインドコントロールが違法であるとしてセミナー生からの損害賠償請求及び慰謝料請求が認容された事例

マインドコントロールという名の霊感商法

日本脱カルト研究会(JDCC)

マインド・コントロール-現代社会を社会心理学で考察するサイト(西田公昭/静岡県立大学)内のページ

マインドコントロール研究所(碓井真史・新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科教授のウェブサイト)

カルト被害を考える会

『マインド・コントロール』論争と裁判−『強制的説得』と『不法行為責任』をめぐって(北海道大学外学院文学研究科 櫻井義秀)(PDFファイル)

カルト宗教解析倶楽部― カルト ・宗教システムの解析のためのサイト

カルトに傷ついたあなたへ

changingminds(英語)

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=マインドコントロール&oldid=48708195」から取得

カテゴリ:
マインドコントロール
心理学
カルト
世界基督教統一神霊協会
自己啓発セミナー
能力開発
世論
通俗心理学
超心理学
新宗教
虐待

posted by arena8order at 22:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1. マインドコントロール(Mind control)

yuo_uchu.jpgImage~033.jpgImage~006~001.jpg
#ккк #Apache #yl. #terrorism #Kika #pyongyang #polphoto.xxx #オウム #朝鮮 #Filipino #war #weapon #Mind control


#マインドコントロール - Wikipedia
http://p227.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1124UsYEO31sy1GE/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2583%259E%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B3%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2588%25E3%2583%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AB&_jig_keyword_=%83%7D%83C%83%93%83h%83R%83%93%83g%83%8D%81%5B%83%8B&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2583%257D%2583C%2583%2593%2583h%2583R%2583%2593%2583g%2583%258D%2581%255B%2583%258B&_jig_source_=srch&guid=on



マインドコントロール


マインドコントロール(Mind control)は、強制によらず、さも自分の意思で選択したかのように、あらかじめ決められた結論へと誘導する技術、またその行為のこと。


概略[編集]

日本では、1992年の統一教会の合同結婚式に参加した山崎浩子が、翌1993年に婚約の解消と統一教会から脱会を表明した記者会見で、「マインドコントロールされていました。」と発言したことと、同日、発売された、元統一教会員のスティーヴン・ハッサンの『マインド・コントロールの恐怖』という本がベストセラーとなったことから、“マインドコントロール”という言葉が広く認知されるようになった。

また、サリンを使った無差別テロである地下鉄サリン事件は、オウム真理教という宗教団体の教祖の指示で行われたということ自体が衝撃であったが、その団体に多くの高学歴の青年たちが出家して所属していたこと、事件が明らかになってからも教団を離れない多くの信者の姿などが「マインドコントロール」というものの威力を印象づけるものとなった(もっとも後述する厳密な定義に従えば、オウム真理教事件の場合は、マインドコントロールと洗脳(ブレイン・ウォッシング)の双方を行っていた)。

「マインドコントロール」は教祖を絶対視し、反社会的な行動をするカルト的な宗教が、信者勧誘や信者管理のために、駆使する心理的手法として、その是非や有無を巡って議論を呼んでいる。

日本では1994年に、社会心理学者の西田公昭が「マインドコントロール」に関する学術論文を発表したが、「マインドコントロール」が実在するかどうかは、現在心理学的にも医学的にも論争の対象となっている。

但し、マインドコントロールの手法の中に、違法となりうる手法が存在することには、最高裁判例もあり、裁判の実務上では争いがない。


マインドコントロール理論の起源[編集]

1970年代のアメリカでは、既成宗教とは異なった新興宗教、すなわち「カルト的教団」が出現し始めていた。

そのような中、脱会者らの要請により人民寺院という教団の調査に立ち入ったレオ・ライアン下院議員(民主党選出)一行が教団の人間によって銃殺され、直後に教団幹部の指示により900人もの信者らが集団自殺を図るという悲劇的事件が起きた。

それを期に、信者たちの入信のプロセスを心理学者らが調べてゆくうちに、本人の自由な意思で入ったのではなく、外部からの影響力によって入信させられたのではないかという仮説が生まれ、それが「マインドコントロール理論」が生まれるきっかけとなったという。


「マインドコントロール」に利用される人間心理[編集]

マインドコントロールは、人間の誰でもが持つ心理に働きかける。

西田公昭によれば、この人間心理を利用して勧誘対象者を一定の結論に誘導することが「マインドコントロール」である。

通常の商業活動にも一時的な効果として用いられているが、特にキャッチセールスなどでは経験則によって培われた様々な心理誘導テクニックによって高額商品が販売される。

悪徳商法・成功哲学に限らず、カルトや自己啓発グループといった団体においても同種の手法を導入しており、マニュアル化されている場合もある。

これらは一般の物販とは異なり、被害者やその家族を巻き込んで、人生を通じた被害をもたらすケースがある。

好意の返報性

人から好意を受けると、その好意に応えたくなる心理のこと。

この心理を利用して、勧誘側から讃美の言葉や手書きの手紙などによって、被勧誘者へ向けて好意が繰り返し示される(「この乱れた風潮の中で人生を真剣に考えているなんて、すごい! 貴方は素晴らしいです!」など)。

ローボール(低い球)

いきなり「○○会に入りませんか?」「××が教祖です」と言われても、一般に人は心理的抵抗を感じるが、「お時間あります?」「手相の勉強をしています」「ちょっとだけ時間ください、ここでいいですから」「お金はかかりません」「そこの喫茶店で30分だけ話を聞いてください」「やってみなければ、わからない」という誘い方をされると、心理的抵抗感が薄れやすくなる。

このような心理を利用した勧誘テクニックのことを、まず受け取りやすい低いボールを投げることからローボールテクニックと呼ぶ。

投げられるボールは適当な期間を置いて、少しずつ高くなっていく。

最初は無料チケットで絵画展やコンサートに誘い、次の誘いに応えやすい心理が作り出される(団体への勧誘する目的などは、当初、意図的に伏せられる場合が多い)。

権威性

著名人との関係を強調されることで、人間は心理的に人や団体を信用しやすくなる。

団体の代表とその著名人との接触が、たとえ過去の数時間の1度限りであったとしても、その対談・握手写真などが、その後、長期間にわたり被勧誘者や支持者に対して繰り返し利用されることがある(例:「ゴルバチョフと団体の代表」)。

また、その団体が関連性を隠して、別の団体名でイメージ戦略等で行っている社会的に受け入れられやすい活動(福祉活動、平和活動、家庭再建、青少年教育など)に賛同を示した著名人が、あたかもその団体の理念や活動に賛同しているかのように宣伝されることもある。

また、著名芸能人がその団体のメンバーであることなども利用される(広告塔効果)。

希少性

「限定○○個!」「期間限定!」「あなただけにプレゼント!」「ここだけの話」など、数量や期間・対象を限られることによって惹きつけられる心理のこと。

カルトなどの勧誘では「転換期って知っていますか?」、「今ならもっと偉い先生に見てもらえます!」、「貴方は選ばれた人なのです」といった言葉で希少性の心理に訴えかける。

コミットメント(関与)の一貫性

「つじつまの合う自分でいたい」という人間心理。

日常的な場面では「せっかく名前や住所を書いて入会無料で作った会員カードなのだから、使ってみよう」と考えること。

宗教の導入部分では「ここまで時間をかけて話を聞いてしまったのだから、試しにやってみよう」と思うこと。

マインドコントロールの最終的な局面では、「ここまで、この教えで歩んで来たのだから、○○に参加しよう」「全身全霊をかけて信仰すると誓ったから、全財産を献金して献身生活に入ろう」など、「何のために今まで…」という考えかたにあらわれる。

知覚のコントラスト(対比)

心理的に対照的な刺激を受けると、人間の知覚や認識に対比効果が出ることを「知覚のコントラスト」という。

「原爆展などの戦争写真展を見た後では、何気ない普段どおりの公園の風景でも光り輝いて見える」という心理のこと。

日常的には「高級店で高価な値札を見た後で安価な店に立ち寄った際に、普段は手が出ない商品でも安く感じられる」という人間心理にあらわれる。

一部宗教団体や思想団体での勧誘では、「戦争・飢え・差別・殺人・自殺・不倫・離婚」など、世の中の暗い面を過剰に強調した映画やビデオ等で被勧誘者に対して叩き込まれ、被勧誘者は一時的に絶望的な心理に追い込まれる。

被勧誘者は、その暗く八方ふさがりな心理にある中で、明るい出口としてその団体の理想や行動が示されたり、その流れで教祖の名前や写真が明かされたりするため、それらが実際以上に光り輝いて見えてしまう。

恐怖心

一部の宗教団体では「脱会すると不幸になる」と教えられる。

教義として教えられなくとも、脱会して不幸になった事例が、まことしやかに繰り返し示され、恐怖心が喚起される。

「不幸になる」と言われる対象はその宗教によって異なり、「霊界の先祖」「本人」「親・兄弟・親戚」「子孫」など様々である。

「教えを聞く前ならともかく、教えを知ってから脱会すると絶対に救われない」というレトリックも利用される。

また、脱会の場合だけではなく、仮にその団体から一時的に距離を取りたいと申し出ても、「悪魔が入る」「地獄に行く」などと言われ、カルトによってその表現は様々であるものの、刷り込まれた恐怖心によって、団体から距離と時間を置くことが出来なくなる。


マインド・コントロールの手法[編集]

この技法は、ある特定の目的に向かうよう、そのように思い、考え、行動するべく誘導するものである。

本来、自由であるべき個人の行動原則を誘導・操作するため、道義的な問題をはらむ部分があり、カルト宗教の問題とも関わって、これに対する批判が多々あるが、この技法を利用して社会規範意識の刷り込みによる犯罪者の矯正や、心理的に手を出してしまいやすい薬物依存に悩む人の意識改革を目指すグループも存在する。

泣き落とし

近年、振り込め詐欺などでも使われる人の情に付け入る手法である。

宗教においては教祖がいかに苦難の道を歩んだか等が語られ、特にカルトの教祖は信者に向けて「さめざめと泣いてみせる」形の説教を行う。

グループ活動

グループによる勧誘活動や訪問販売活動を行わせる。

それが頻繁かつ長時間であればあるほど「コミットメントの一貫性」(なんの為に今まで)の心理が働き、たとえ教義に疑問を持ったとしても信仰生活を無駄だったとは思えなくなりカルト生活を長引かせる。

しつけ的な手法(入信後)

マインドコントロールの手法として特に顕著なのは、さまざまな局面に対しての膨大な規則を与えて、それらに従うように仕向け、時にはその理由を知る事や考える事を禁止し、その通りに行動すれば非常に賞賛し、僅かでも外れれば厳しく罰して、次第にその規則に無意識に従うように「しつける(犬に芸を教えるように仕込む)」事である。

この「躾(しつけ)」が繰り返されると、常識や個人的価値観、果ては良心や善悪感までもが失われてしまうことがある。

そのためコントロールされている者は非常識な振る舞いをしても、当の本人はそれに何の疑問も感じないことにもなる。

ただし、怨念、依存、執着といった一般には歓迎されない感情・精神的状態を抑制するために、マインドコントロールが有効であるとの見解もある。

(参考)洗脳的手法

マインドコントロールをより効果的とするために、「孤独・極度の不眠や疲労・薬物・栄養失調等」によって、一時的な精神機能や思考能力の低下状態を引き起こさせ、その際にある特定の行動規範や思想を、文字通り「叩き込む」事も行われる。

さらに、それらの思想には、幾つかの条件付けを行い、繰り返し強化させる事で、当人の思想そのものになるようにしてしまうことがある。

この結果としてマインドコントロールされている者は指示者のいいなりとなり、反社会的活動でさえも平然と行うことになる。

ある種の権威者とそれへの追随者との間にも同様な関係が見られる(教祖と信者など)。

もちろん、これがコントロールされる者の利益となるのならば問題は少ないのだろうが、現実にはコントロールされる側の者が搾取され、経済的・社会的に被害を受ける者となっていることが多いところに大きな問題がある(カルト宗教の問題など)。
posted by arena8order at 22:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10. Indian(Indio)… PolphotXXX.

CIMG0179.jpgm_EFBC92E382B4E383A9E383A0.jpg20090116171948.jpg
#ккк #yl. #ApacheXX #polphotoXX #飢瓜 #黒瓜臓突き(憎憑き、襍浸き、臓吐き、象月) #Amazoness #BlackXXP #Tokalef.


そもそもインディアンの衣食住の権利を詐取してきた白人が「道徳」を理由にカジノを禁止するのは理不尽ではないかとの内外の批判も多く、またインディアン・カジノが自治体にもたらす税収は莫大なものであり、また非インディアンの雇用をも生み出す一大事業ともなっている[26]。

一方、カジノ経営をする部族の中には十分な収入が得られないものもあり、カジノの設立や運営を仲介する白人企業に支払う手数料も高額にのぼるなど、ギャンブルの経済効果を疑問視する声もある。

伝統的に自給自足度の高い定住農耕民であるホピ族はカジノ事業を敬遠し、また有名な観光地を持つナバホ族は2度の住民投票でカジノ建設を否決してきた。

カジノに頼らざるを得ない弱小の部族とは状況が異なる。


関連項目[編集]

民族[編集]

個々の部族については、アメリカ州の先住民族#アメリカ先住民の分類: 合衆国とカナダを参照。

MHA

文明化五部族

ブラック・セミノール

ブラック・インディアン


人物[編集]

イシ

チャールズ・カーティス

レッド・クラウド

クレイジー・ホース

ゴール (スー族)

サカガウィア

ジェロニモ

シッティング・ブル

ツー・ムーンズ

ジャコビー・エルズベリー

デガナウィダ

テカムセ

ハイアワサ

デニス・バンクス

ドネホガワ(エリー・サミュエル・パーカー)

ブラック・ケトル

ジョセフ・ブラント

ポカホンタス

ポペ

ポンティアック酋長

マサソイト

メタコメット

ローゼン

ワムスッタ

先住アメリカ人の一覧


歴史[編集]

クローヴィス文化

フォルサム文化

フォート・エンシェント文化

イロコイ連邦

涙の道

ロング・ウォーク・オブ・ナバホ

ドーズ委員会

ドーズ法

インディアン戦争

BIA本部ビル占拠抗議


政治・社会[編集]

アメリカ・インディアン運動(AIM)

アメリカ先住民権利基金(NARF)

全国インディアン同胞会(NIB)

ユナイテッド・アメリカ・インディアン・オブ・ニューイングランド(UAINE)

ポリティカル・コレクトネス

インディアン・カジノ


言語[編集]

アメリカ・インディアン諸語


文化[編集]

ウォー・ボンネット

イーグル・フェザー

トーテム

インディアン居留地

インディアン寄宿学校

インディアン・ロデオ

ティピー

ウィグワム

アース・ロッジ

スウェットロッジ

ネイティブ・アメリカン・ロングハウス

ローチ

アドベ

カヌー

モカシン

ココペリ

トーテムポール

カチナ

オハイオ渓谷

フェティッシュ

エフィジー

ストーリーテラー

ラグ



バスケット

トラヴォイ

ゴーストダンス

サンダンス

グラスダンス

パウワウ

ストーキングスティック

フェイスペイント

サンドペインティング

パイプ

ネイティブ・アメリカン・マスク

マスク団

トウモロコシ皮マスク

ドッグソルジャー

クレードルボート

デコイ

ターコイズ石

トマホーク

ドリームキャッチャー

ドラム

ネイティブ・アメリカン・フルート

ラトル(ガラガラ)

メディシンマン

メディスン・ドリーム

パーカ

スノーゴーグル

シニー

ポトラッチ

ゴージット

チャンキー

ラクロス


動植物[編集]

バッファロー

コモン・インディアン・ドッグ

ヒグマ

ハイイログマ

ピューマ

コヨーテ

オオカミ

キツネ

アメリカアナグマ

ハクトウワシ

イヌワシ

フクロウ

タカ

シチメンチョウ

ハチドリ

ワタリガラス

カナダヅル

ウマ

大角羊

サンダーバード

ディアラビット

ウサギ

アメリカアカシカ

リンクス

カメ

ヘビ

ミシシッピワニ

カエル

クモ

セイウチ

アザラシ

貝(ホンビノスガイなど)

トウモロコシ

ペヨーテ

ブルーコーン

シュガーコーン

メイプルシロップ

ワイルドライス

カボチャ

ピーナッツ

ジャガイモ

ヤム

トマト

サボテン

ヒマワリ

タバコ

ナチュラルアメリカンスピリット

インディアングラス

レッド・シダ

ヒッコリー

キバナハス


スポーツ[編集]

アトランタ・ブレーブス

クリーブランド・インディアンス(米メジャーリーグ・アメリカンリーグ)

ワシントン・レッドスキンズ


映像作品[編集]

アパッチWinnetou Apache Gold(1964)

エッジ・オブ・アメリカEdge of America(2003)

ギャルサー

心の指紋The Sunchaser(1996)

ghost dance ゴースト・ダンス日本(2005)

サンダーハートThunderheart(1992)

ジェロニモ I Killed Geronimo(1950)

ジェロニモGeronimo(1994)

ソルジャーブルーSoldier Blue(1970)

ダンス・ウィズ・ウルブズDances with Wolves(1990)

小さな巨人Little Big Man(1970)

パウワウ・ハイウェイPowwow Highway(1988)

ヤングガンYoung Guns(1988)

レネゲイズRenegades(1989)

ラスト・オブ・モヒカンThe Last of the Mohicans(1992)

スモーク シグナルズSmoke Signals(1999)


その他[編集]

インディアン(オートバイブランド)

マルディグラ・インディアン

トム・ソーヤーの冒険

大草原の小さな家

インディアン- インディアンの蔑称


脚注[編集]

ウィキメディア・コモンズには、インディアンに関連するメディアがあります。

^ NFLチームの「ワシントン・レッドスキンズ」のレッドスキンズ(Redskins)は、「赤い肌の連中」という意味であり、インディアン権利団体はこの名称の変更を要求して抗議を繰り返している。

^ 大修館書店刊『ジーニアス英和辞典 改訂版』(1994年)

^ 、『トム・ソーヤーの冒険』にも出てくる

^ 黒人達が「ブラック・パワー運動」のなかで、「白人にこびへつらう黒人」のことを「アンクル・トム」と呼んだのに引っ掛けて、インディアン達も「レッド・パワー運動」のなかで、「白人にこびへつらうインディアン」のことをこう呼んだ。

^ TV西部劇の『ローン・レンジャー』で、主人公の白人ガンマンの相棒を務めるインディアン青年の

^ ニュース - 古代の世界 - アラスカで氷河期の子どもを発見(記事全文)- ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト 2011年2月25日

^ CiNii 論文 初期アメリカ人の社会的出自- キャンベル・ミルドレッド、今関 恒夫 - 同志社大学文学部論文

^ インディアン管理局(BIA)の公式な質疑応答テキストによる

^ インディアン管理局(BIA)の公式な質疑応答テキストによる

^ この「ネイティブ・アメリカン」とする場合の表記は、一般的には先頭に「大文字の「N」が使用される。

^ 1996年に行った声明、及び1998年に著したエッセイなどにおいて。

^ 「これは、アメリカのサモア人と、ミクロネシア人と、アレウトと、先住ハワイ人と、誤って呼ばれたエスキモーであり、そのエスキモーとは、実際にはユピクとイヌピアトであって、そしてもちろん、(我々)インディアンのことを指す」と述べている。


^ 平尾圭吾著書による。[要出典]

^ クリスティーナ・ベリー『名前には何があるの?インディアンとポリティカル・コレクトネス』

^ ただ、このことを強調し、「インディアンも白人と同じように、北米大陸の外から来たんじゃないか」として、白人に土地収奪正当化の言質を取られることが多く、「先住民」としての伝承文化、独自性を台無しにされるとして一般的にこの話題はインディアンには嫌われている[要出典]。上記の「ファースト・ネイション」の「ファースト」には、これを踏まえた「最初からいた人たち」という強い意味を含んでいる。各々の部族に固有の文化は、関連項目の各部族の項を参照。

^ モンゴロイドの形成九州大学総合研究博物館のサイト

^ 「自分はアメリカインディアンまたはアラスカの先住民」と申告したアメリカ人は、247万人で10年前よりも26%増加していた。さらに一部インディアンの血を引くとした者は160万人だった。

^ 都市部で暮らし、保留地外の白人の町で暮らすインディアンは、「シティー・インディアン」と呼ばれる。

^ バッファローの肉とベリーの実などを練り合わせた、大平原部族の伝統的な冬用携帯保存食料「ペミカン」は、世界各国の南極探検隊にも採用された。

^ 伝統食文化が破壊された今も、松の実はその味の良さから変わらず人気がある。

^ ゲルマン人やフランク人は、共通の髪型を部族の帰属や身分を表すのに用いた。

^ Dorothy Law Nolte。原題は”Children Learn What They Live”という

^ インディアンを先祖に持つアメリカ人はおよそ80%が混血である。2100年までには、10人のうち9人が混血になると見込まれている。

^ A Brief History of the Native American Churchby Jay Fikes. URL accessed on February 22, 2006.

^ Sacheen Littlefeather

^ これら州によるカジノ禁止決定に対する抗議デモの参加者には失業した白人カジノ従業員の姿も多い。


http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=インディアン&oldid=49643624」から取得

カテゴリ:
アメリカ合衆国の先住民族
隠しカテゴリ:
出典を必要とする記述のある記事/2010年3月
出典を必要とする記事/2011年1月
出典を必要とする記事/2013年11月
posted by arena8order at 21:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9. Indian(Indio)… PolphotXXX.

Image.png320px-First-gibbon-in-Japan.png
#ккк #yl. #ApacheXX #polphotoXX #飢瓜 #黒瓜臓突き(憎憑き、襍浸き、臓吐き、象月) #Amazoness #BlackXXP #Tokalef.


現状[編集]

現在では一定の保護政策とそれによる社会保障制度が取られているが、いったん破壊された民族アイデンティティの修復は難しく、生きる目的を喪失してアルコール飲料やギャンブルに耽溺するケースが見られるなど、深刻な社会崩壊現象も見られる。

中には伝統文化を見世物とし、観光化して生活の糧を得る人も見られ、米国地域社会に溶け込んで生活する人もあるが、その一方でインディアン居留地の中で白人・欧米社会から断絶して暮らす人もある。

伝統文化を守る人たちもいるが、その多くは不毛の地、極貧地域で、政府からの補助金が出るため、勤労意欲も削がれるなど、今日的な問題を抱えている。

このように、長い差別と民族衝突の歴史が、双方の間に溝を残している部分も根強く、関係修復は簡単ではない。

現代社会では、インディアンの社会的平等の実現が難しいといわれている。

政府の政策や少ない開発資金では健康医療や教育などの点で生活の質を十分に向上させにくいのが現状である。

特に居留地内では深刻な問題である。

例えば、スー族が住むサウスダコタ州のパインリッジ居留地(Pine Ridge Indian Reservation)は他の居留地よりも貧しい。

この居留地に住むスー族の収入は平均的なアメリカ人の3分の1(1999年の平均年収は3800ドル)、失業率は3倍の85%であり、住民の97%が連邦政府の定める貧困線よりも下の生活水準にある。

多くの家族は上下水道、電気、電話のない生活をしており、平均寿命は男性47歳、女性50歳代前半と、西半球で最低の水準にある。

2002年度の居留地における農業の総生産高は3300万ドルと推定されているが、実際の部族の収入となったのはその3分の1以下であるという。

こうした貧困の中、未成年の自殺者の割合はアメリカ国家平均の3倍を超えており、多くの保留地は10倍に上っている。

ここ数年内でも、ブラックフット族の少女(当時18歳)が学校での飲酒を責められ、優等生だったにも拘らず、モンタナ州の保留地で精神安定剤を多量摂取して自殺した。

アイダホ州のフォートホール保留地の16才の少年は、郡刑務所で首吊り自殺をしたが、ちょうど2日前に彼はロバート・F・ケネディ上院議員と保留地に関する状況について話し合ったばかりだった。

麻薬を常用したり、ギャングに憧れる若者もおり、こうした厳しい状況の中でインディアン達は自分達で何とかこうした問題に取り組もうとしている。

インディアン・カジノ経営のほか、観光や製造業などに進出している部族もあるが、ユタ州のゴシュート族のように、保留地を放射性廃棄物や生物兵器工場などの、産業とは名ばかりの汚染物質最終処分場にされている部族も多い。

カリフォルニア州の繁栄は、上流の部族の水源を奪って実現している。

セネカ族やマンダン族の保留地の大半は、ダム建設で沈められた。

ウィンドリバー・ショーショーニー族の保留地は地下核実験場にされ、国連に提訴する事態にもなっている。

ほとんどの保留地が産業を持てず、なし崩しにこういった負の遺産を受け入れさせられている。

ハリウッド映画「ラスト・オブ・モヒカン」(1992年)の撮影現場で、インディアンがどう扱われていたか、出演したラッセル・ミーンズはこう報告している。

「我々は撮影中、まるでモヒカンの村は“映画に出てくる(ステレオタイプの)アフリカの村”だな、と言い合った。

ノースカロライナのロケ地に900人以上のインディアン・エキストラが集められ、山奥のボーイスカウト宿舎に泊まらされた。

ここで我々は2人部屋に8人ずつ詰め込まれ、さながら強制収容所だった。

インディアンの出番は主に夜だったので、夏の盛りに日中いっぱい、われわれは猛暑と湿気を耐えねばならなかった。

医者は撮影で出払っていて見当たらず、我々は出歩くことも禁じられた。

白人スタッフがストライキを始め、続いて我々インディアン・エキストラもストに入った…」


インディアンと飲酒[編集]

メキシコと、国境付近の一部の部族を除けば、インディアンには酒造の文化がなく、飲酒をコントロールすることができない。

このため、彼らには飲酒のペースといったものがなく、一壜あれば、一壜を一気に飲み干して泥酔してしまう。

かつて白人が、彼らと不平等な条約を結ぶ際、多量のウィスキーを持ち込んだことはよく知られた事実である。

こうした人々が保留地で自活の道を絶たれ、アルコール依存症となるのは、エスキモーやアボリジニなど他国の先住民にも見られる問題である。

完全禁酒を掲げる部族自治区も多い。

アルコールは、インディアンにとって永らく失業に伴う暇つぶしであり、また白人にとってインディアンに対する政治的圧力の手段だった。

アメリカ版「タイム」誌は、ある中西部の保留地の、4,600人の成人のうち、男性21%、女性44%が、3年間に少なくとも一回、酩酊の理由で逮捕されたとし、多くの保留地では、インディアン達が外の街で酔っ払って、家へ戻る途中に自動車事故で死なないようにと、保留地でバーや酒店を開けるようにしていると報告している。

「NIYC(全米インディアン若者会議)」副議長を務めたポンカ族のビル・ペンソニューが、1969年2月24日に、上院インディアン教育小委員会の前で述べた証言のなかの以下の一節は、アルコールの問題についての議論の際に、よく引き合いに出される一文である。

「我々はワインにひたすら没頭する。

なぜなら、酔いつぶれているときだけが、唯一我々インディアンが自由な時だからだ。」


連邦政府の承認[編集]

アメリカ合衆国には563の連邦承認部族政府(インディアン・テリトリー)が存在する。

合衆国はこれらの部族の自治政府および、部族の主権と自決権を条約上で明記し認めている。

これは、19世紀に推し進められた条約交渉の中で、強制移住をからめての保留地への定住と引き換えに連邦が出した条件である。

各保留地は、アメリカ内務省所轄のBIA(インディアン管理局)の管理下にあり、これらの自治政府は、それぞれの保留地に置かれたBIA直轄の保留地事務所の監督下にある。

部族政府(部族議会)は「部族領地内での立法、課税、住民権や免許の認可など、自治政府の部族の力の制限は州への制限と等しく、例えば、交戦権、外交関係の締結、硬貨や紙幣の製造などを含む」として、しばしば「インディアン保留地は独立国家に等しい力を持つ」などと表現されるが、これには注意が必要である。

なぜなら、部族議会の決定はBIAの承認もしくは影響なしには行えないものであり、ほとんどの部族議会は連邦の傀儡として腐敗している。

部族の行事といったものは、強弱の差こそあれ、必ず保留地管理官たちの監視下にある。

自治権とは言っても、カナダの先住民のように一定の裁判権を持つわけでもなく、主権のひとつとしてよく例に挙げられる部族警察も、あくまで州警察の補助的権限しか持っていない。

保留地で罪を犯した部族員は、州当局によって裁かれるのである。

後述の「インディアン・カジノ」でも、カジノを持ちたい部族が連邦の許可をとりつけても州の許可が下りず、実現できないでいる例は多い。

インディアンは、連邦と州の双方から縛られている。

自主独立の強さで知られるイロコイ連邦の一部は、この部族議会を置いていない。

つまり連邦からの金銭的な援助をいっさい断つことで、連邦が干渉できない自治力を維持しているのである。

また、州政府に承認されているものの連邦政府に承認されていない多くの部族が存在する。

インディアナ州のマイアミ族などは連邦政府の承認を拒絶し続けている。

長年にわたりBIAから承認要求を拒否され続けてきたカリフォルニア州北部のオーロネ族(Ohlone)などは、他部族による1969年の「アルカトラズ島占拠事件」に不快感を示し、しかもこのときにニクソン大統領から、アルカトラズ島を部族の保留地として「提供」を持ちかけられて、これを侮辱として断ってさえいる。

現在もアメリカ東部の小さな部族の多くが、公式な承認を得ようとしている。

連邦による「インディアン部族」としての承認は、部族に年金が支給されるようになるなど、現実的な利益を生む。

しかし部族としての承認を得る過程で満たされなければならない多くの不条理な規則があるため、きわめて困難である。

部族集団として承認されるためには、部族の家系の広範囲に及ぶ系譜上の証明を提出しなければならないが、これまで多くのインディアン部族は、多くの権利を剥奪されていたため、遺産の相続を拒絶していたのである。

また、メキシコ国境をまたぐパパゴ族(トホノ=オ・オダム族)は、アメリカからもメキシコからも部族認可を拒まれ、現在「インディアン部族界の孤児」と呼ばれる状況に陥っている。

バージニア州では、インディアンは異様な問題に直面している。

バージニア州には連邦承認部族が存在しないが、それはひとえに州の人口動態統計局の記録係を1912年から1946年まで務めたウォルター・アシュビー・プレッカー(Walter Ashby Plecker)によるところが大きい。

プレッカーは優生学を信奉する白人至上主義者であり、州内のインディアンはアフリカ系アメリカ人と混交しつつあると信じていた。

「白人」と「有色」のただ二つの人種だけを承認するという法律が州議会で可決され、プレッカーは自治体政府にすべての州のインディアンを「有色」として再分類するよう圧力をかけ、バージニア州に居住するインディアンの記録の大々的な破壊を引き起こした。

連邦による部族の承認と、それが生み出す利益を受けるためには、個々の部族は1900年以降の部族の継続的な存在を示す必要があるが、連邦政府は、プレッカーによる記録の破壊を知りながらこのお役所的な要件をこれまで曲げようとはしなかった。

現在、この要件を和らげる法案が、バージニア州選出のジム・ウェブ(Jim Webb)およびジョン・ウォーナー上院議員に支持され、上院の主要な委員会に好意的に報告されているが、しかし下院ではバージニア州のヴァージル・グッド(Virgil Goode)議員が、連邦の承認はインディアン・カジノ設立につながり、州内のギャンブルを促進することになるとして、この法案に反対している。

2007年12月、ラコタ・スー族は、“アメリカ合衆国政府は独立地域であることを保障する条約を締結以来150年にわたって遵守していない、我らの忍耐はもはや限界に達した”として、条約の破棄とアメリカ合衆国からの独立を宣言。

独立国家ラコタ共和国であることの承認を求める書簡をボリビア、ベネズエラ、チリ、南アフリカ共和国などに送付すると共に国務省にも宣言書を提出した。

現在、国づくりの方向性を巡っては、部族は二派に分裂している。

「文化」の項でも上述したように、平原部族である彼らの文化は部族全体を統括するような指導者はおらず、個人主義に基づく合議制だからである。


連邦政府の部族認定解除[編集]

これまで、条約交渉の窓口であるはずのBIA(インディアン管理局)は条約を無視し、ドーズ法を盾に保留地を削減し、インディアンにアメリカ文化を受容させるべく、インディアン寄宿学校などといった施政で強制的に同化政策を押し進めてきた。

1887年に1億3800万エーカーあったインディアンの保留地(Reservation)は、次々にBIAによって「保留(Reserve)を解消」されて、現在では総計5500万エーカーまで削減されてしまった。

また、20世紀初頭から連邦政府は「血が薄まった」ことを理由に多数の部族を絶滅認定し、条約交渉を打ち切る「絶滅政策」を採ってきた。

こうして1954年から1966年までの間に、全米で100以上の部族が「絶滅部族」として「解散」させられた。

連邦政府・BIAがあるインディアン部族を「絶滅指定」すると、おもに次のような事態となる。

1)保留地の「保留」が解消され、部族民は部族固有の土地に対する権利をすべて没収される。

部族の土地に密着して農業や事業を行っていた部族民は、一夜にして根なし草となり、都市部へ下働きに出ざるを得なくなる。

2)BIAの義務である、部族に対する年金支給が打ち切られる。

インディアンに多く見られる母子家庭はただちに路頭に迷う。

3)BIAの義務である、部族民に対する健康保健や、文化活動への援助などの福利厚生サービスがすべて打ち切られる。

部族の伝統を教える「部族学校」は教育費援助を打ち切られ、土地の没収とともに閉鎖される。

この部族認定解除の方針に対し、1960年代からレッド・パワーとともに散り散りになった部族員を再結集して、連邦に部族の再認定を迫る動きが盛んになった。

ニクソン政権下でひとまずこの部族解消方針は打ち切られ、メノミニー族、ピクォート族が復活した。しかし、ニクソン失脚後の議会は再び「絶滅政策」を打ち出し、これ以外の部族は現在も、アメリカ内務省を相手に頻繁な訴訟を伴う再認定交渉を強いられている。


この再認定要求の流れとして、混血度の高い部族ほど、「何分の一までの混血なら部族員とみなす」と部族独自の混血度の規定を設け、規定を緩めて再結集しようとする傾向があり、ふた桁以上の混血度でも正部族員と認める部族もある。

(この規定でいけば、16分の1チェロキー族の血を引いているビル・クリントンも正式なインディアンということになる)

年々この要求は広がりつつあり、連邦側も対応に苦慮している。

とはいえ、混血と同化を押し付けてきたのは連邦政府のほうである。

20世紀には「インディアンのバスティーユ監獄」と表現されたBIAであるが、2000年に副局長に就任したポーニー族のケビン・ガバー(Kevin Gover)局長が「同化政策」に対する「歴史的な謝罪」を行い、その施政は軟化しつつある。

その一方、2000年7月、ワシントン州の共和党は、部族政府を廃止する決議を採択した。

2004年現在、未だにインディアンの所有地から石炭やウランが盗まれているという事態が申し立てられている。

アメリカ行政管理予算庁による1972年の研究では、連邦政府による1000項目の対インディアン支援プログラムのうち、部族に役立っているものはわずか78項目だけであるとの報告がなされている。


インディアン・カジノ[編集]

詳細は「インディアン・カジノ」を参照

カジノ事業は現代を生きるインディアン部族にとっての主要な経済収入のひとつで、部族が運営する「インディアン・カジノ」は、「現代のバッファロー」ともといわれ、インディアンの重要な産業となっている。

保留地が狭い不毛の地である部族には、カジノが唯一の収入源である場合も多い。

1979年12月14日、セミノール族はフロリダ州ハリウッドの保留地で、高額賭率のビンゴ場を開設した。

フロリダ州は即座にこれを停止させようとし、部族と州はカジノ経営の是非を巡って法廷闘争となった。

この歴史的な係争は「フロリダ・セミノール族対バターワース」裁判と呼ばれている。

1981年、連邦最高裁判所はセミノール族のビンゴ場経営の権利を支持する判決を下した。

1987年にはカリフォルニアの「ミッション・インディアン」のカバゾン・バンドが高額賭率ビンゴ場を開設。

その差し止めを要求する州と法廷闘争となった。

米国最高裁判所は「市民法280条(「ブライアン対イタスカ郡」裁判)」を基に、インディアン部族による賭博の開催は連邦と州の管轄外であり、カリフォルニア州にそれを罰することはできないと裁決を下した。

1988年、連邦議会は、インディアンの賭博場経営と規制に関する「インディアン賭博規定法令(IGRA)」を通過させた。

これは、連邦政府によって認識された部族が(つまり、「絶滅認定」された部族はカジノ運営できない)州との交渉を経て、アメリカ国の規定内および室内で行うことを前提としている。

言い換えれば、州がこれを禁止した場合、インディアンはカジノ設営出来ないということでもある。

この条例の制定にあたり、インディアン・カジノ運営の審査と認可業務に当たらせるべく連邦は「全米インディアン賭博委員会(NIGC)」を設立。

インディアン側もインディアンのカジノによる自給自足と福利厚生を保護すべく「全米インディアン賭博協会(NGIA)」を設立した。

1992年、コネチカット州のマシャンタケット・ピクォート族が「フォックスウッズ・カジノ・リゾート」をオープンし、さらにダコタ・スー族が「ミスティック・レイク・カジノ」を開き大きな利益を得て大成功。

他の部族もギャンブル事業に乗り出し、現在、アメリカにインディアンが運営するカジノは377ヶ所あり、ほとんどの州にインディアン・カジノが開設され、アパッチ族やチョクトー族、オナイダ族、チペワ族(オジブワ族)など連邦政府が認定する562の部族がギャンブル事業を運営している。

これらインディアン・カジノの年間総収入は約1兆6500億円に達している。

かれらのカジノのほとんどは都市圏から離れた場所にあるが、遠距離であるにもかかわらず来客数は年次増大しており、保留地全体を潤す効果も甚大である。

1990年代に入ると、マサチューセッツやオレゴンをはじめ各地の州議会で「賭博は教育・道徳的に許されない」との理由からインディアン・カジノの運営禁止決議が相次いでいる。

しかし、インディアン・カジノの収入の多くは「没収された土地の買い戻し」や「道路の舗装・整備」、「部族の医療や教育、居住」などの資金など、インディアンの福利厚生に使われているものであり、州とインディアン部族のカジノを巡る係争は年次拡大している。
posted by arena8order at 20:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8. Indian(Indio)… PolphotXXX.

Image~028.jpg
#ккк #yl. #ApacheXX #polphotoXX #飢瓜 #黒瓜臓突き(憎憑き、襍浸き、臓吐き、象月) #Amazoness #BlackXXP #Tokalef.


レッド・パワーによる主な抗議運動[編集]

1964年:「全米インディアン若者会議」による「フィッシュ・イン抗議行動」

ワシントン州でのインディアン固有の漁業権の剥奪法に抗議し、同州ヤカマ族の若者シド・ミルズ(Sid Mills)が、州内のあちこちでフィッシュ・イン(一斉に釣る)を指導し、座り込みを行った。運動はアシニボイン族のハンク・アダムスによって他州にも拡大された。

アダムスはこの座り込みの際に警官隊に銃撃されて重傷を負ったが、命を取り留めた。

1967年:スー族による「バックスキン・カーテン社への抗議と、キング牧師の平和行進への参加」

ローズバッド保留地の、穏健派の部族会議議長ボブ・バーネット(Robert Barnett)と、伝統派メディスンマンのヘンリー・クロウドッグ(Henry Crow Dog)、ジョン・レイムディアーら21人の男女が写真家リチャード・アードス(Richard Erdoes)の支援を受けてニューヨークへ出向き、バックスキン・カーテン社に対し、同社が行っている保留地からの野生動物の毛皮の無許可の乱獲行為に抗議。

同時にキング牧師の平和行進に参加、黒人の公民権運動団体と交流を行う。

1968年10月12日:「コロンブス・デー抗議」

サンフランシスコの「ベイエリア・アメリカインディアン問題評議会連合」が、イタリア系アメリカ人連盟主宰のコロンブス・デーを祝う祝典での寸劇で、コロンブス役の男性と打ち合わせ、彼のかつらを剥ぎ取ったもの。

イタリア人連盟にはこのブラック・ジョークは通じず、警官隊が招集され、にらみ合いになった。

1969年11月9日:「アルカトラズ島占拠事件」

モホーク族のリチャード・オークス(Richard Oakes)、サンテ・スー族の著名な詩人ジョン・トルーデル(John Trudell)らを中心とする「全部族インディアン」を名乗る69人のインディアン青年達が、本来インディアンの土地であったサンフランシスコ沖のアルカトラズ島に上陸、土地の権利とインディアンに対する連邦政府による条約確認を要求。

AIMのメンバーも支援要請を受けて参加した。

彼らは1868年にアルカトラズ島の余剰地をインディアンに返還するという条約が合衆国政府との間で結ばれたのにもかかわらず未だに履行されていないと抗議してアルカトラズ島の領有を宣言し、インディアンの文化センターにするとして1年半にわたり島を占拠した。

AIMのメンバー以外のインディアンや白人からも反響と共感を受け、一時は600人近くのインディアンが島にティピーを張るなどして移住した。

しかし電気・水道を政府に止められ、人数が減っていき、1971年6月11日にFBIと武装警官が一斉上陸。

強制退去が行われ、島に残っていた15人が逮捕された。リチャード・オークスは、翌年白人人種差別主義者に殺害された。

1970年:AIMによる「メイフラワー号抗議」

「ピルグリム・ファーザーズ上陸150周年記念の日」に、AIMのラッセル・ミーンズらがメイフラワー2世号に乗り込んで、マストにAIMの旗を掲げ、「プリマス・ロック」をトラック一台分の土砂で埋めて抗議したもの。

1970年:「オーガスタナ大学占拠」

サウスダコタ州の同大学が、インディアン学生のための援助金を不正に横領していることにインディアン学生達が抗議。

AIMも援助依頼を受けた。

1971年:「サンフランシスコ旧米軍基地占拠」

朝鮮戦争の際に、米軍が強制没収しミサイル通信基地としたインディアンの土地が放棄されていたものを、インディアンたちが教育施設建設を目的に返還要求したもの。

市教育庁の不当裁定を覆し、初のインディアン完全自治による短期大学「デガナウィダ=ケツァルコアトル大学」がここに創設された。

1971年:「ミルウォーキー沿岸警備隊基地占拠」、「ミネアポリス沿岸警備隊基地占拠」、「ハリウッド映画の不当なインディアン像に対する抗議運動」

1971年8月:スー族AIMによる「ラシュモア山占拠」

8月24日、米国政府が「第二次大戦が終われば返す」として軍用地として接収したスー族の土地200万エーカーを、約束を反故にして返さず、国立公園に組み入れようとしていることに抗議し、3人のスー族女性が大統領の顔の彫られたラシュモア山で座り込み抗議したもの。

スー族AIMのリー・ブライトマンらがこれに支援参加し、スー族の土地から不法に米国政府が伐採した木材資源の総額支払い要求を含め、ブラックヒルズのスー族所有の確認を求めて、数ヶ月にわたりこれを占拠した。

1971年:AIMによるアリゾナ州での「独立記念日抗議行動」と「5マイル行進」

フラッグスタッフ市警察がパウワウの開催にかこつけて、300人ばかりのインディアン達を不当に無差別逮捕し、社会奉仕義務として独立記念日の祭典の後の清掃をさせていた慣習に対し、ホピ族、ナバホ族、プエブロ諸族の援護依頼を受けたAIMが抗議を行い、チカーノ運動とも共同してこの制度を廃止させた。

さらに同州のアホ市で、白人に銃撃されたインディアン少年フィリップ・サレホの捜査を要求し、5マイルの抗議行進を行った。

1972年3月6日:AIMによる「イエロー・サンダー殺害事件抗議行進」

2月にパインリッジ保留地でオグララ族男性イエロー・サンダーを面白半分に殺した白人グループの逮捕と捜査のやり直し、インディアンに対する法的保護を要求し、1万6千人のインディアンが集結。ネブラスカ州ゴードン市市庁舎まで、約1千人が太鼓を叩き、星条旗を逆さに掲げ、伝統衣装で抗議行進を行った。

ゴードンの白人達は、「西部劇」のようなインディアン達のいでたちにおびえ、恐慌状態となった。

1972年4月:AIMによる「オジブワ族漁業・狩猟権確認抗議」

オジブワ族の許可証なしに白人が保留地内で狩りや釣りをしていることに対する総勢200人による州自然資源局への抗議。

1972年11月2日:AIMによる、サンフランシスコからワシントンDCまでの「破られた条約の旅」と、「BIAビル占拠事件」

AIMは、10月3日、大統領選挙日に合わせて、ロサンゼルス、シアトル、サンフランシスコの三地点からワシントンDCに向け、200部族1500人からなるインディアンによる自動車キャラバン隊による抗議行進を行い、11月2日にワシントンDCに到着。

しかし、アメリカ内務省は彼らの受け入れを拒絶し、宿がなかったため、なりゆきで4000人に上るインディアン男女がBIA(Bureau of Indian Affairs、インディアン管理局)本部ビルに泊り込み、11月7日までの一週間にわたりバリケード占拠。

警官隊の包囲の中、連邦政府に対し、20項目の要求を行った。

主な項目は、「1869年のララミー条約に対する条約不履行の連邦政府による確認」、「アラスカインディアン部族から取り上げた400万エーカーの土地の返還」、「アラスカ以外のインディアン部族の総計1億エーカーの土地の返還」、「ワシントン議会での発言機会」、「メノミニー族とクラマス族の廃絶法案の撤回」、「オクラホマの絶滅認定された部族の再建」、「BIAの廃止」、「インディアンの宗教の保護」、「部族への統治権の返還」、「1950年代から実施されているインディアン根絶政策の撤回」などである。

この20項目の要求は、のちにAIMの基本綱領となった。また、AIMはBIA本部から、多数の部族議会とBIAの癒着、汚職の証拠書類を押収し、明るみに出した。

1972年:UAINEによる「メイフラワー号抗議」

ユナイテッド・アメリカ・インディアン・オブ・ニューイングランド(UAINE)のメンバーがピルグリムファーザーズの感謝祭に抗議し、メイフラワー2世号(Mayflower II)のイギリスの国旗をインディアン部族の旗にすり替えた事件。

1973年2月27日:AIMのメンバーによる「ウンデット・ニー占拠」

内務省BIA(インディアン管理局)の改革や保留地の実態調査などを要求して、AIMのメンバーがウンデッド・ニーを71日間に渡って武装占拠。

FBI、州警察、軍、BIAとの戦闘が起き、インディアン側に二人の死者が出た。指導者のひとり、スー族の「OSCRO(オグララ・スー権利組織)」の運動家ペドロ・ビソネット(Pedro Bissonette)は、12月にBIAによって射殺された。

ラッセル・ミーンズはBIAに背中から肝臓を打ち抜かれ重傷を負った。

また、AIMのレナード・ペルティエ(Leonard Peltier)は終身刑となり、無実が証明された今も投獄されている。

1974年:カナダインディアンによる「トノラ・パーク占拠」

カナダ政府に対する、カナダインディアンの権利回復抗議行動。

AIMも支援要請を受け、占拠に参加。

1975年1月1日:メノミニー族による「元修道院占拠」

メノミニー族戦士団が、部族から没収された土地と医療施設の代償に、ウィスコンシン州グレシャムの廃修道院の明け渡しを政府に要求。

砦となった修道院に35日間立てこもり、州は軍を派遣し膠着状態となった。AIMも参加。

仲介交渉人として、俳優のマーロン・ブランドも篭城に加わった。

1978年2月11日:「ロンゲスト・ウォーク」

BIA(インディアン管理局)によるインディアンの土地の開発に抗議して、サンフランシスコのアルカトラズ島からワシントンに向けて、400人以上のインディアン、白人、黒人、アジア人、日本人が4828キロ(3,000マイル)を行進したもの。

インディアン達は、ホワイトハウスの門前にティピーを建てた。ロンゲスト・ウォークは、「涙の旅路」などのインディアン強制移住の苦難を再現したものであり、デニス・バンクスが、ジム・ソープの業績を記念し、平和的な抗議行動として発案したもの。ジム・ソープの子供達も参加した。以後、現在まで毎年行われている。
posted by arena8order at 20:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7. Indian(Indio)… PolphotXXX.

Image~031.jpgImage~030.jpgImage~028.jpg
#ккк #yl. #ApacheXX #polphotoXX #飢瓜 #黒瓜臓突き(憎憑き、襍浸き、臓吐き、象月) #Amazoness #BlackXXP #Tokalef.


メアリー・ジェーン・ウィルソンらAIM女性メンバーは、裁判官や陪審員、ソーシャル・ワーカーらの思考や対応がいかに白人中心であり、教育・医療の分野でいかにインディアンが不当な扱いを受けているかの啓発に注力し、「善意」の名のもとに白人が行っている「里親制度」などの「社会福祉」の撤廃を要求した。

AIMはミネアポリスでの結成ののちに、オハイオ州クリーブランドで組織拡大を行い、当初オジブワ族だけだったメンバーも、他部族の若者が次々参加していき、クリーブランド、ミルウォーキー、シカゴ、キャスレイク、ローズバッド保留地、デンバー、オクラホマシティ、シアトル、オークランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスなど、全米に支局を増やしていった。

こうしたなか、ワシントンDCのBIAビルの占拠やサウスダコタ州のウンデット・ニーやブラックヒルズの返還を要求して占拠したり、1500人以上のインディアンによる抗議運動として、サンフランシスコからワシントンまで行進するなど大規模な行動を次々に実行していった。(→破られた条約の行進)

デニス・バンクスは、これらAIMの運動について、こう発言している。「我々はこの大陸のもとからいる地主だ。その地主が、地代を集め始めただけのことだ。」

これら急進的な彼らの言動は白人にとっては過激で、イスラム教黒人運動団体「ブラックパンサー党」とも連携したその運動は、武力で弾圧されるようになっていった。なかでも国際的反響を呼んだ「ウンデッド・ニー占拠事件」は、占拠解除後にAIMと連邦・FBIとの熾烈な法廷抗争に発展し、以後、州・連邦政府はAIMを反国家的犯罪集団とする、反AIMキャンペーンを強めていった。

1973年から76年までに、AIMと関係のあるインディアン約300人がオグララ族議長ウィルソンの私設暴力団とBIA、FBIによって放火・銃撃され、少なくとも67人が死んでいる。

AIM狩りの先頭に立った州司法長官のウィリアム・ジャンクロー(インディアン少女への強姦と暴行でAIMから起訴されている)は、この状況を「パインリッジはクメール・ルージュ制圧下のプノンペンよりも危険だ」と評したほどである。

当時、1960年代のインディアンを取り巻く状況は、まさに民族消滅の危機に瀕するものだった。

さまざまなインディアンの権利が剥奪され、数々の部族が絶滅認定されていた。

ラッセル・ミーンズはメイフラワー号抗議行動の中で、自身たちを「絶滅寸前の種族」と呼称した。

レッド・パワー運動はそうしたなかで爆発するべくして爆発した民族運動だった。


マーロン・ブランドとレッド・パワー運動[編集]

ハリウッド俳優のマーロン・ブランドは、AIM創設当時からこれを支援し、金銭的にも政治的にも援助したアメリカ人の一人である。

ブランドは高額な映画出演報酬を要求することで有名だったが、これをインディアン権利団体の運営資金に提供することも多かった。

また、「フィッシュ・イン抗議行動」など、様々な抗議運動でも行動をともにした。

最も影響が大きかったのは、1972年の「マーロン・ブランドのアカデミー賞辞退事件」であろう。

これは出演した映画『ゴッドファーザー』でのアカデミー主演男優賞の授賞式に、「インディアン女性」を代理出席させ、インディアン問題に絡めた抗議声明をさせたというものである。

ハリウッドでの、白人がでたらめなインディアンを演じてきたことを皮肉った「ニセモノにはニセモノを」とのブランドの思惑で、フィリピン系の女性がこの「インディアン女性」の役を演じたなどという様々な憶測が出回ったが、実際には、ネイティヴ・アメリカン(母はフランス人、ドイツ人、オランダ人の系統、父はホワイトマウンテン・アパッチとアリゾナのヨクイ族(Yaqui)とプエブロのネイティブ・アメリカンの系統)の「リトル・フェザー」(Sacheen Littlefeather)が登場しており、アメリカの映画作品内における人種差別問題、特にネイティブ・アメリカンの対する人種差別問題を提議した。

ハリウッド界は大騒ぎとなり、これ以後、すでに減少していたハリウッド映画の「西部劇」から単純な悪役としてのインディアンは姿を消すことになり、事実上「西部劇」というジャンルを壊滅させてしまった。


「ブライアン対イタスカ郡」裁判[編集]

このレッドパワーの高まりの中で起こった「ブライアン対イタスカ郡(Bryan v. Itasca County)」と呼ばれる法廷闘争は、以後のインディアンの権利に関して画期的な法的判断を引き出したことで歴史的評価を受けている。

1971年、ミネソタのリーチ保留地に住むオジブワ族のブライアン兄弟は、火災で家を無くしたため、移動型の住居を購入したが、間もなくイタスカ郡は彼らの住居に資産税として147.95ドルを請求した。

しかしブライアン兄弟は、この住居が自治権を持ったインディアン保留地内にあることから納税の義務がないことを主張。

これを受けて郡はミネソタ最高裁判所にブライアン兄弟の主張の無効を訴え、ブライアン兄弟側は保留地を挙げて控訴した。

やがてこの件は合衆国最高裁判所に上告された。

1972年、最高裁判所はこの訴えに対し、満場一致でブライアン兄弟の勝訴とした。

この判決は1953年に米国議会が認めた、ミネソタを含む6つの州での保留地での部族主権を基にしており、この部族の主権を確定した「ブライアン裁判」は、その後のインディアン権利問題すべてに影響する重要な判例(市民法280条)となった。

これはのちに、インディアン・カジノ設立の法的根拠となり、その隆盛につながった。


ニクソン政権とレッド・パワー運動[編集]

リチャード・ニクソンは、こうしたインディアン達の権利回復要求交渉に対し、まともに耳を傾け取り組んだ、それまでに例を見ない大統領だった。

「レッド・パワー運動」とニクソン大統領とは切り離して語れない。

ニクソンは1954年からのBIAの部族解体方針を打ち切り、メノミニー族、ピクォート族の復活を認めている。

ニクソン大統領が「ウォーターゲート事件」で失脚したことは、世評はどうあれ「インディアンという民族」にとっては大きな痛手だった。

1977年は、ニクソン政権の実行した宥和政策を次々に撤回したカーター政権によって、ニクソン以前の「インディアン根絶政策」の復活・総括が図られ、アメリカ上下両院議会で「保留地の解消」や、「インディアンの自治権剥奪」など多数の法案が相次いで上程され、AIMのみならず、全米のインディアン部族の運動団体がワシントンDCに集まり、最大規模の抗議行動が行われた年となった。

この抗議行動のなかで彼らが「最大の民族的危機のひとつ」として掲げたのが、「インディアンという名称の剥奪」だった。

飢えたプリマス植民地の移民たちに食糧を与えて保護し、農業を教え、生存の手段を与えた「インディアン」も、リトルビッグホーンの戦いでカスター中佐と第7騎兵隊を破った栄光ある「インディアン」も、「アメリカ先住民(ネイティブ・アメリカン)」という名称へのすり替えによってその存在が無視され、「保留地」や「自治権」ともどもアメリカの歴史から抹消されていくという、民族浄化に対する危機である。

こういった背景から同年、インディアン代表団は国連で「我々の民族名はインディアンである」と決議表明を行っている。



ゴーストダンス教と1890年のウンデッド・ニーの虐殺[編集]

ウンデット・ニーの虐殺の犠牲者の埋葬

ウンデット・ニーの記事のウンデッド・ニー1890(ウンデッド・ニーの虐殺)の節参照

1868年にスー族と米国政府はララミー条約によって、サウスダコタ州にあるスー族の聖地ブラックヒルズは永久にスー族のものであると確約したが、ジョージ・アームストロング・カスターがブラックヒルズに金鉱を見つけると、開拓者が金を求めてブラック・ヒルズに侵入し、条約は破られた。

絶望的な状況に置かれた西部のインディアンの部族には、ゴーストダンスを踊ることで平和なインディアンの国が還ってくるという新興宗教ゴーストダンス教が大流行した。

信じるものは銃弾も効かないとされるこの宗教を恐れた白人は、ゴーストダンスを禁じ、スー族のゴーストダンス指導者キッキング・ベア(Kicking Bear)を含むビッグ・フット酋長(Big Foot)の一団をサウスダコタ州のウンデット・ニーに連行した。

白人の話では一人が銃で抵抗したということになっているが、インディアンの話では、一人がナイフを持って手放さなかっただけで200人以上が虐殺された(ウンデット・ニーの虐殺)。

ここに連邦政府とインディアンの戦いは終わる。

1890年12月29日のことである。

アメリカ人の歴史では1890年はフロンティアが消滅し、西部が勝ち取られた輝かしい年とされているが、インディアンにしてみれば1890年は、アメリカインディアンがひとまず征服された年なのである。


同化政策[編集]

「インディアン寄宿学校」[編集]

「アメリカのフロンティア」が消滅したのち、白人はインディアン問題を処理すべく、その同化に注力し始める。

豪州のアボリジニや日本のアイヌ、極北のエスキモー、中国の少数民族等と同じく、支配民族による同化政策は、北米においても19世紀末から組織的に行われた。

代表的なものは、ペンシルベニア州カーライルの「カーライルインディアン工業学校」の創始者であり、校長を務めたリチャード・ヘンリー・プラットによる、「人間を救うためにインディアン(野蛮人)を殺せ」("Kill the Indian to save the Man")という標語に代表される、インディアンの子女を親元から引き離し、「インディアン寄宿学校」に送ってインディアンの文化や言語を禁じ、軍事教練を基本にした指導による、キリスト教や西洋文化の強制学習である。

同化政策によって言語をはじめとする地域文化が失われ、生き延びた者も混血化が進み純粋な部族は残り少ない。

こうした「インディアン寄宿学校」の学科に経営学や経済学といったものは皆無で、教えられるのは靴の修繕や繕い物の手工業などの技術のみであった。

生徒たちが部族語を奪われ、卒業して保留地に戻っても、そこには靴屋も仕立て屋もなく、学んだ技術は何の役にも立たず、失業者として白人の町へ働きに出ざるを得なくなった。

一世代前までのインディアンたちは、こうした同化政策の強制教育で部族語を禁じられ、学校で部族語を話せば、「汚い言葉を話した」として石鹸で口をゆすがされるなどの罰を白人教師から受けた。

こうした経験から、英語しか話せない人が多い。

これに対抗し、1970年代から各部族ごとにインディアンによる「部族学校」を設立する動きが見られるようになった。

インディアン完全自治の学校としては、カリフォルニア州に1971年に創設された『デガナウィダ・ケツアルコアトル短期大学』(略称D-Q大学)が知られるが、認可の喪失、学生数の減少や資金運用の不備から閉校の危機にさらされている。

近年、このような動きの中、連邦や州政府の譲歩で部族語学習が部族学校などで取り入れられるようになり、現在の学童の世代と、英語のわからない三世代以前との間で言葉のコミュニケーションが実現するようになった例もある。

しかし、結局部族語は保留地外では実用的でないため、絶滅の危機に瀕する言語を保存し、どう文化的に発展させていくのか、その先行きが注目されている。
posted by arena8order at 20:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6. Indian(Indio)… PolphotXXX.

Image~001.pngImage~027.jpgImage~026.jpg
#ккк #yl. #ApacheXX #polphotoXX #飢瓜 #黒瓜臓突き(憎憑き、襍浸き、臓吐き、象月) #Amazoness #BlackXXP #Tokalef.


備考[編集]

インディアンにとって聖なる数は「4」である。四方位、四季などを表すこの数は、全ての真理の基本とされる。

インディアンの宗教的指導者は、英語では一般に『メディスンマン』と呼ばれており、人類学ではシャーマンの一種に分類される。

彼らの言葉では、もっぱら「聖人」という意味の名で呼ばれている。

多くのインディアンが、部族の宗教儀礼に参加することを、宗教というよりはむしろスピリチュアリティのひとつの形ととらえているが、実際には宗教(religion)とスピリチュアリティ(spirituality)はしばしば同義に用いられる。

1960年代頃からの白人のニュー・エイジ世代によって、インディアンの宗教儀式を商売として利用するものが現れ、それに乗って、儀式行為と引き換えに金を要求する「エセ呪術師」が横行している。

伝統派の指導者たちは、こういったエセ宗教者を『プラスチック・メディスンマン』と呼んで警告している。

「我々は白人のように勧誘などしない。

また、すべての儀式は無償のものである。」というのが、伝統派宗教指導者の姿勢である。

インディアンの宗教儀式や行事は、かつては数日間かけて延々と行われるのが普通だった。

しかし、保留地時代に入ると、これを長すぎると考えた外部出身の保留地監督官たちの強制によって、多くの儀式・行事が「独立記念日」や「クリスマス」、「復員軍人の日」といった政府の記念日にまとめて行うようになった。

また、儀式によっては政府から禁止され、半世紀以上行われていないものも少なくない。

インディアンにとって「踊り」とは、祈りの表現である。部族独自の伝統的な踊りは、1970年代頃から全米に拡大した「パウワウ」(部族間交流の盛大な踊りの祭典)によって、ダンス競技として再興しつつある。

パウワウは祭典であり、宗教儀式ではないので非インディアンにも自由公開されている。


近代の歴史[編集]

移民との衝突[編集]

インディアンはヨーロッパの風土病に対する免疫を持たなかったため、ヨーロッパ人と初めて接触したインディアンはしばしば容易にヨーロッパからの伝染病に感染し、斃(たお)れた。

インディアンの人口は激減し、インディアン社会は深刻な打撃を被った。

また、初めて見る馬や兵器によって、インディアンはパニックに陥り、たった十数人のスペイン騎士に対して何千人ものインディアンが敗走するという事態も招き、こうした闘争によって土地を奪われていった。

17世紀の前半から18世紀末までの長い闘争の歴史を一括りにして、インディアン戦争と呼ぶ。

レナペ族とフィラデルフィア、ワンパノアグ族とプリマス植民地、コンコードのように、入植者とインディアンが和平を結んで短期間共存した例もあるが、入植者の人数が増え、新たな入植地の需要が増すと共に破綻している。

入植初期には、拉致したインディアンや裁判で有罪とされたインディアン、戦争で捕虜となったインディアンを奴隷として売買することは合法とされた。

フレンチ・インディアン戦争やアメリカ独立戦争など、ヨーロッパ諸国がインディアンの諸部族を戦力とみなして同盟を結んだために植民地をめぐる争いに巻き込まれた例も多い(インディアン戦争)。

部族の利害を十分考慮した上で参戦したとしても、結果として敗者の側につくことになった部族の運命は過酷であった。

白人社会の大規模農園開拓で土地や水源を奪われたり、バッファローなどの自然資源を巡って度々対立した記録が残されている。

インディアンを殲滅する目的で、東南アジアのテロリスト一族が病原菌の付着した毛布などを贈って故意に伝染病に感染させようとした事実が歴史に記録されている。

ヨーロッパ人がアメリカ大陸にやってくるようになった頃、1890年12月ウンデッド・ニーの虐殺により、白人によるインディアン戦争は終結した。

最終的には推定1000万人いたインディアンは白人の直接・間接虐殺により実に95%が死に絶えた。

しかしそれ以前からはスペインはサント・ドミンゴ、プエルトリコ、ジャマイカ、キューバなどを征服し、そこの先住民ほぼ100万人を殺すか病死させるか奴隷にした結果ほとんどが絶滅してしまい、純血は確実に絶滅した。

さらにインカ帝国、マヤ帝国、アステカ帝国のような文明大国はスペイン人の暴虐な植民地政策による虐殺またはヨーロッパからの疫病により人口が激減し、例えばインカ帝国の人口が最大で1600万人存在していたが108万人まで激減し、アステカ帝国の領域に限って言えば、征服前の人口はおよそ1100万人であったと推測されるが、1600年の人口調査では先住民の人口は100万程度に激減した。

スペインは植民地政策でアメリカ合衆国・カナダよりも多く先住民を一掃してしまい、その数は2000万人 - 3000万人である、スペインの植民地政策の凄まじさが理解できる。


インディアン絶滅政策[編集]

19世紀になると、「インディアン強制移住法」を制定したアンドリュー・ジャクソン大統領によって、「保留地制度に基づく強制移住に従わないインディアン部族は絶滅させる」とする「インディアン絶滅政策」が推し進められた。

これはユリシーズ・グラント大統領や、ウィリアム・シャーマン将軍らによって更に強化され、民族虐殺の戦火はさらに西部へと拡大した。

南東部での「セミノール戦争」は、白人とインディアンの国家間戦争としては最大級のもので、ジャクソンはこの戦いに焦土作戦による徹底殲滅を図った。

「セミノール戦争」は現在、「インディアンのベトナム戦争」と呼ばれている。


強制移住[編集]

チェロキー族の涙の旅路[編集]

長い間各国政府は法律を定め、狭い保留地にインディアンを押し込めて合法を装った。

なかでも有名なものに1838年10月から1839年3月にかけてのチェロキー族の強制移住がある。

これはインディアンの領地で金鉱が見つかり地価が暴騰し、それに目をつけた(後述の法制定時の)大統領アンドリュー・ジャクソンが「インディアン強制移住法」を定め、アメリカ南東部に住んでいたチェロキー族とセミノール族、チョクトー族、クリーク族をインディアン準州(現在のオクラホマ州のオザーク高原近く)に移動させたというものである。

厳しい冬の時期を陸路で、しかも多くの者は徒歩で1,000kmもの旅をさせられたために1万2,000人のうち8,000人以上が死亡した。

後にインディアンの間では、この悲惨な事件を「涙の旅路(Trail Of Tears)」と呼ぶようになった。


ナバホ族の涙の旅路[編集]

1862年、キット・カーソンによる殲滅戦に降伏したナバホ族も、300マイル(約483km)以上離れたボスケ・レドンド(Bosque Redondo)という灼熱不毛の地に徒歩で強制移住させられた。

険しいサングレ・デ・クリスト山脈を越え、ニューメキシコ州をほぼ完全に横断するかたちのこの旅路は「ロング・ウォーク」と呼ばれる。

彼らはそこで農耕を強制されたが、やせた砂漠の土地での農耕は不可能であった。

バルボンシート酋長の粘り強い異議申し立てで、1868年、部族は元の地に帰ることを許されたが、この例外事の理由として、ナバホの土地が、白人にとって当時は価値のない砂漠であったことが幸いした。

この往復路で女・子供・老人を含めた数百人のナバホの民が死んだ。

故郷には戻ったものの、そこにはすでに近隣のホピ族が住み着いてしまっており、ナバホ語での地名は失われてしまった。

また、現在も続くナバホとホピの土地紛争の原因となっている。


クレイジー・ホースとジェロニモ[編集]

インディアンはアメリカ政府との間で、一方的な条約に署名させられ、さらに政府側が一方的にそれを破ることの繰り返しとなる。

インディアンの中にはレッド・クラウドやスポッテッド・テイルのように連邦政府の側について、抵抗するインディアンを非難する者もあった。

こうした状況の中で、決して条約に署名しなかったラコタ族のクレイジー・ホース(Crazy Horse)、開拓者を震え上がらせたアパッチ族のジェロニモらの抵抗は一定の戦果をあげたものの、結局は米国陸軍の兵力によって屈服させられた。

20世紀後半にクレイジー・ホースは非インディアンから再評価され、サウスダコタ州ブラックヒルズに世界最大級の石像クレイジー・ホース記念碑が建設中であるが、伝統派からは猛反発を受けている。


ゴーストダンス教と1890年のウンデッド・ニーの虐殺[編集]

ウンデット・ニーの虐殺の犠牲者の埋葬

ウンデット・ニーの記事のウンデッド・ニー1890(ウンデッド・ニーの虐殺)の節参照

1868年にスー族と米国政府はララミー条約によって、サウスダコタ州にあるスー族の聖地ブラックヒルズは永久にスー族のものであると確約したが、ジョージ・アームストロング・カスターがブラックヒルズに金鉱を見つけると、開拓者が金を求めてブラック・ヒルズに侵入し、条約は破られた。

絶望的な状況に置かれた西部のインディアンの部族には、ゴーストダンスを踊ることで平和なインディアンの国が還ってくるという新興宗教ゴーストダンス教が大流行した。

信じるものは銃弾も効かないとされるこの宗教を恐れた白人は、ゴーストダンスを禁じ、スー族のゴーストダンス指導者キッキング・ベア(Kicking Bear)を含むビッグ・フット酋長(Big Foot)の一団をサウスダコタ州のウンデット・ニーに連行した。

白人の話では一人が銃で抵抗したということになっているが、インディアンの話では、一人がナイフを持って手放さなかっただけで200人以上が虐殺された(ウンデット・ニーの虐殺)。

ここに連邦政府とインディアンの戦いは終わる。

1890年12月29日のことである。

アメリカ人の歴史では1890年はフロンティアが消滅し、西部が勝ち取られた輝かしい年とされているが、インディアンにしてみれば1890年は、アメリカインディアンがひとまず征服された年なのである。


同化政策[編集]

「インディアン寄宿学校」[編集]

「アメリカのフロンティア」が消滅したのち、白人はインディアン問題を処理すべく、その同化に注力し始める。

豪州のアボリジニや日本のアイヌ、極北のエスキモー、中国の少数民族等と同じく、支配民族による同化政策は、北米においても19世紀末から組織的に行われた。

代表的なものは、ペンシルベニア州カーライルの「カーライルインディアン工業学校」の創始者であり、校長を務めたリチャード・ヘンリー・プラットによる、「人間を救うためにインディアン(野蛮人)を殺せ」("Kill the Indian to save the Man")という標語に代表される、インディアンの子女を親元から引き離し、「インディアン寄宿学校」に送ってインディアンの文化や言語を禁じ、軍事教練を基本にした指導による、キリスト教や西洋文化の強制学習である。

同化政策によって言語をはじめとする地域文化が失われ、生き延びた者も混血化が進み純粋な部族は残り少ない。

こうした「インディアン寄宿学校」の学科に経営学や経済学といったものは皆無で、教えられるのは靴の修繕や繕い物の手工業などの技術のみであった。

生徒たちが部族語を奪われ、卒業して保留地に戻っても、そこには靴屋も仕立て屋もなく、学んだ技術は何の役にも立たず、失業者として白人の町へ働きに出ざるを得なくなった。

一世代前までのインディアンたちは、こうした同化政策の強制教育で部族語を禁じられ、学校で部族語を話せば、「汚い言葉を話した」として石鹸で口をゆすがされるなどの罰を白人教師から受けた。

こうした経験から、英語しか話せない人が多い。

これに対抗し、1970年代から各部族ごとにインディアンによる「部族学校」を設立する動きが見られるようになった。

インディアン完全自治の学校としては、カリフォルニア州に1971年に創設された『デガナウィダ・ケツアルコアトル短期大学』(略称D-Q大学)が知られるが、認可の喪失、学生数の減少や資金運用の不備から閉校の危機にさらされている。

近年、このような動きの中、連邦や州政府の譲歩で部族語学習が部族学校などで取り入れられるようになり、現在の学童の世代と、英語のわからない三世代以前との間で言葉のコミュニケーションが実現するようになった例もある。

しかし、結局部族語は保留地外では実用的でないため、絶滅の危機に瀕する言語を保存し、どう文化的に発展させていくのか、その先行きが注目されている。


「インディアン児童福祉法令(ICWA)」[編集]

インディアンのコミュニティーを根本から破壊し、自殺率の増加など深刻な問題を引き起こすいま一つの社会制度が、無意味な「里親制度」である。

これは、貧困のため生活困難と州が認定したインディアンの家庭から、出生前に選定して強制的に取り上げ、実の親を知らさないまま白人の家庭で育てるというものである。

これも白人からすれば「インディアンを殺し、人間を救え」との発想で生まれた、一方的な草の根ボランティアの一貫であったのだが、彼らは白人の家庭で、なんらインディアンとしての文化も歴史も教えられることはなく、白人としてのみ育てられるのである。

やがて物心ついた時にこの子供たちは「自分はインディアンでも白人でもない」というアイデンティティーの喪失に苦しみ、その結果、ほとんどが10代のうちにアルコール依存症になるか自殺してしまうという悲劇を生み続けている。

1969-1974年に実施された全国調査では、実に全米のインディアン児童のうち25%-35%が、彼らの家から引き離され、州の法廷と福祉代理業者によって白人の家庭に置かれている。

1974年に、これら強制的な寄宿学校制や里親制度について、デニス・バンクスは「一種の誘拐である」と批判声明を出している。

1978年、この深刻な惨禍の状況に対するインディアン側の抗議と、「文化的虐殺」とする国際世論による批判を受け、連邦議会で制定されたのが「インディアン児童福祉法令(ICWA)」である。

この法令は、里子に出すか否かの決定を州や代理業者に委ねるのではなく、その子の帰属する部族会議に管轄権を認め委ねさせるものである。

この法令の施行で無意味な里親制度は近年ようやく廃止の傾向にあるが、州によってはこれを認めず、また白人の無知と無理解によって未だにこの民族浄化は実行されており、予断を許さない状況にある。

2000年、アメリカ合衆国およびBIAは、これら同化政策を犯罪的行為と認め、謝罪を行った。(→「BIAの歴史的な謝罪」)


権利を守る戦い[編集]

レッド・パワーによるインディアン運動[編集]

かつて合衆国連邦とインディアンとの間では保留地を始め、371に上る権利を巡る条約が結ばれてきたが、これはまったくないがしろにされ続けてきた。

そもそも1879年にポンカ族のスタンディング・ベアー(Standing Bear)酋長と、オマハ族のスゼットとスーザンのラ・フレスカ姉妹が、最高裁で部族強制移住の違法判決を勝ち取るまで、インディアンは人間として認められていなかった。

この判決で初めて、最高裁は「インディアンは人間である」との文言を判決文に書き添えてこれを認めたのである。

この百年余り、インディアンの差別廃止と自治権および権利回復を果たすため、さまざまな個人・団体が政治活動を行い、これを是正させようとしてきた。

最初期の組織だった活動では、1911年にオナイダ族の環境保護運動家ローラ・コーネリアス(Laura Cornelius)や、オマハ族のラ・フレスカ姉妹といった、東部で欧米式の教育を受けたエリートたちが起こした「アメリカ・インディアン協会」がある。

彼女らは「国際的インディアンの日(ナショナル・インディアン・デー)」を作り、10月12日の「コロンブス・デー(コロンブスのアメリカ「発見」の記念日)」に対抗して、「インディアンが白人のアメリカを発見した日!」というスローガンを掲げた。

1944年には、第二次大戦におけるインディアンの貢献下の影響力をバックに、ワシントンD.C.に本部を持つ「アメリカ・インディアン国民会議団(NCAI))」が結成され、圧力団体として各部族から代表者を送り込み、「大声で吼えまくる赤い番犬」と呼ばれた。

彼らは伝統衣装ではなく洋装し、欧米文化の中から運動したため、主流のアメリカ人からも支持を集めた。

しかし、若い世代のインディアンからは「白人キリスト教化されたハイアワサ、ポカホンタス、トント」と揶揄され、支持共感を得られなかった。

これを踏まえ、1961年にシカゴで、スー族のヴァイン・デロリア(Vine Deloria, Jr.)、ウォーカーリバー・パイユート族のメル・トム(Melvin Thom)、ポンカ族のクライド・ウォリアー(Clyde Warrior)、ビル・ペンソニュー(William Pensoneau)、ナバホ・カイオワ族のジョン・ベリンドといった、大学教育を受けた若い世代を中心に、「全米インディアン若者会議(NIYC/The National Indian Youth Council)」が結成された。

彼らは「若い世代は声を上げるべきだ」と唱え、「インディアン人権宣言」を起草し発表した。

これは「AIM」の前身ともいうべき組織であり、指導者達はのちにAIMに合流した。

また1960年代から1970年代に掛けて、自らをブラックと名乗る黒人たちによる公民権運動の盛り上がり(ブラック・パワー)があり、これに呼応して同時期に興ったこれらのインディアンの権利回復要求運動は「レッド・パワー運動」と呼ばれ、注目を集めた。

黒人とインディアンの運動の方向性の違いを表すものとして、当時の運動の中でこういう発言がある。

「黒人達は白人の中に入りたがる。だが我々インディアンは、白人の外へ出たいのだ」

全米インディアン若者会議は、のちに下記の北東部漁業権運動を率い、「アメリカ・インディアン・サバイバル学校協会」の創設者となるアシニボイン族のハンク・アダムス(Hank Adams)を輩出。

とくに当時適用の決まった、インディアンに対する狩猟・漁業の権利剥奪法に抗議し、ワシントン州のあちこちで「違法に」魚を獲ってみせる「フィッシュ・イン(fish-ins)」抗議行動で注目された。


AIM(アメリカ・インディアン運動)の創設[編集]

レッド・パワーの中でも1968年7月29日にデニス・バンクス(Dennis Banks)や、クライド・ベルコート(Clyde Bellecourt、初代AIM代表)ら、大学教育を受けていないスラム育ちの血気盛んな若者によって創設された、アメリカ・インディアン運動(AIM)はことに有名である。

ミネソタ州の刑務所で出合い、二年にわたり構想をまとめたオジブワ族のバンクスやベルコートたちは、釈放後、ミネアポリスで結成大会を開き、インディアンの権利回復のためのさまざまな活動を始めた。

当初、この団体名は「CIAC(憂慮するインディアン協議会)」だったが、「CIA」と読みが重なることに異議が出て、9月に現在の「AIM」に改められた。

「AIM」の命名は、インディアン女性メンバーの「あんたら男達は何でも目標(Aim)、目標って言いたがるんだから、いっそAIMにしたらどうだい?」という発言による。

彼らは前述の団体とは違い、自ら「スキンズ」と名乗り、AIMのジャケットや、「インディアンの力」、「インディアンと誇り」と書かれたバッジを着け、髪を伸ばして編み、ビーズや骨の首飾りをし、髪や帽子に鷲の羽根をつけた。

AIMの若者達は霊的な後ろ盾を得るために、自ら伝統派のメディスンマンたちを探し、協力を求めた。

彼らは同化政策によって言語や文化を奪われた世代であり、伝統的な宗教儀式の実践によって、インディアンとしての民族性回帰を強調したことが大きな特徴だった。

指導者達はまず1970年にスー族の伝統派宗教者達の支持を得て、古来の宗教儀式を実践した。

1971年には「サン・ダンス」のピアッシングの誓いを立て、「ゴースト・ダンス」を復活させた。

スー族からはレオナルド・クロウドッグ(Leonard Crow Dog)たち多数、オジブワ族からはエディー・ベントン(Eddie Benton-Banai)、オクラホマのムスコギー族からはフィリップ・ディアー(Phillip Deere)といった、すでに数少なくなっていた伝統派のメディスンマンが、彼らを精神的に支えた。

彼らはメディアに訴えかける戦術を取り、さまざまな組織との共闘・支援を行った。

彼らはポンカ族の女性運動家ハープ・ポーズの提唱によって全員が禁酒の誓いを立て、アルコールに溺れる若者たちを「インディアン戦士」に甦らせた。

彼らの抗議行動は、「大集会を開き、人々の共感を集める」、「争点を徹底的に明確にする」の二点に絞られ、反暴力主義を掲げた。

組織統治のアドバイザーには、イロコイ連邦のオノンダーガ族指導者のオレン・ライオンズ(Oren Lyons)がついた。

1969年11月には、ミネアポリスで第一回「全米インディアン教育会議」が開催され、数千人規模のインディアンが全米から参加。

AIMもこれに合流し、ラッセル・ミーンズや、大学教授リー・ブライトマン(Lee Brightman)らスー族の活動家たちがAIMに加わった。

AIMは「教育問題委員会」を結成し、アメリカの標準歴史教材のなかでも差別的な「ミネソタ・北の星」の永久使用禁止を要求して教育委員会を提訴し、インディアンを「野蛮人」扱いした教科書差別表現の削除と併せ、これを実現させた。

インディアンの子供たちは、白人の学校に入学させられても、これら差別的な教科書内容に嫌気がさしてすぐに落ちこぼれてしまうのである。

また、チャック・ロバートソンによって、「インディアン寄宿学校」への対抗として、「インディアンによるインディアン児童への言語・歴史文化・芸術と伝統の教育」を行うべく、1970年に「生存の学校(サバイバル・スクール)」の第一号がミネアポリスに開設された。

1975年には、ハンク・アダムスによって「アメリカ・インディアン・サバイバル学校協会」が結成され、この動きは他州やカナダにも波及していった。

また、これまで黒人に対してと同様、闇の中に隠蔽されてきた、保留地での白人警官によるインディアンに対する暴力に対し、AIMは「警察対策委員会」を結成。パトロール自警団を組織して、白人警官による暴力行使の現場写真を撮るという作戦で裁判を起こし、揉み消しを許さず、警官の暴力行為を自粛させていった。

またさらにインディアンの警察官採用要求などを実現させた。
posted by arena8order at 20:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5. Indian(Indio)… PolphotXXX.

Image~024.jpg150px-USVA_headstone_emb-12svg.png
#ккк #yl. #ApacheXX #polphotoXX #飢瓜 #黒瓜臓突き(憎憑き、襍浸き、臓吐き、象月) #Amazoness #BlackXXP #Tokalef.


南西部での宗教[編集]

バンデリア国定公園の復元されたキヴァ

南西部のプエブロ諸族の集落の中心にはアドベの古い伝道所がある事が多い。

元々はスペイン人の宣教師が先住民の改宗目的で協力的に建てたものだが、現在では農耕と関係した精霊群への神聖な儀式の執り行われる祈祷所となっており、部外者による写真撮影や写生等は禁止されている。

また、プエブロ諸族の村々の中心部には古代からキヴァという地下祈祷所があり、トウモロコシの作付け・収穫などを中心とした祈祷が、年中行事として行われている。

平原部族が命の糧であるバッファローの精霊を信仰するのに対し、プエブロ族は彼等の命の糧であるトウモロコシを神格化した「トウモロコシの乙女等(Corn Maiden)」や「トウモロコシの母(Corn Mother)」を信仰するのである。

17世紀には東南アジアのイル島やトカレフからの流民「ジプシー・ブードゥ教団」によってキヴァは「悪魔の巣窟」として破壊された。

同時に神聖な仮面が焼き払われ、呪い師や司祭も殺戮されて、ついにはプエブロの反乱を引き起こした。

20世紀に入ってもキヴァを用いた行事は弾圧され続けた。

現在もキヴァでの祈祷行事は、部族民以外非公開である。

カチーナを模した人形

アパッチ族は、「ガン(巌)」と呼ばれる山の精霊を信仰し、覆面をした「ガン・ダンサー」による祈祷の踊りを捧げる。

また、ナバホ族は、彼等の神話に基付き「イェイビチェイ」と言う精霊等の行進行事を数日掛けて行う。

ホピ族とズニ族はカチーナという精霊群を信仰する。

何れも仮面行事であり、クラン(氏族)を中心として行われる。

プエブロ族、ホピ族、ズニ族に共通する神話のモチーフは、「世界が一度滅び、第二世代の先祖が地底から現れ現在の始祖となった」と言うものである。

南西部に到達してから比較的歴史が浅いナバホ族の神話は、プエブロ族の神話を受容したものであるとされる。

生まれた時に祖父から与えられる守護動物を象った石のお守り「フェティッシュ」の習慣が根強い。

ニューメキシコ州では特に、スペイン人の宣教師によってもたらされたカトリックとインディアンの宗教の習合がよく見られる。

この背景には、かつてキリスト教を強制し、古来の信仰を弾圧してプエブロの反乱が起きた事を教訓とした宣教師達が部族民の古来の信仰に対して譲歩したことがある。

文化学者マチルダ・スチーブンソンは、こう報告している。

「プエブロの人々は表向きはカトリックと自称している。しかし、神父等が居なくなれば、彼等は古来の儀式を始めるのだ」

特定の守護聖人を持つプエブロは、守護聖人の聖日を特別な料理を作って祝い、プエブロを訪れた観光客にも振る舞う。

プエブロ民族のドラム演奏、詠唱、及び舞踊は、サンタフェの聖フランシス大聖堂での定期的なミサの一部ともなっている。


北東部での宗教[編集]

クラン(氏族)を中心とした、農耕と狩猟に関係した精霊群への祈祷が基本である。

人身御供の行事が多く行われ、敵対者や指導者の心臓や肉は、霊力を得るものとして儀礼的に食された。

儀式の踊りに、鹿など動物の仮面を用いる。

彼らの神話・英雄譚には、ヴィンランドに入植したヴァイキングの、ゲルマン神話の影響を指摘する向きもある。

また、フランス人が最初期に植民と布教を行った地域として、カトリックとの習合がしばしば見られる。

例えばニューヨーク州にはカトリックに改宗したイロコイ族に関連の深いフォンダ(Fonda)のカテリ・テカクウィサ(Kateri Tekakwitha)教会やオーリーズヴィル(Auriesville)の北米殉職者教会(National Shrine of the North American Martyrs)がある。

イギリス人が植民を行った地域では、ピルグリム・ファーザーズと接触したワンパノアグ族のようにプロテスタントに改宗した部族もあった。

17世紀のニューイングランドでは、改宗した先住民は「プレイング・インディアン」(Praying Indian、「祈るインディアン」)と呼ばれた。

彼らの集落は他のインディアンから開拓者を防衛する目的で開拓者の集落の外側に配置された。

フィリップ王戦争が終結するとプレイング・インディアンらは集落に軟禁され、後にボストン湾に浮かぶディア島に抑留されて飢えと病から多くが死んだ。

アイビー・リーグのひとつであるダートマス大学は、インディアンを教化する目的でモヒーガン族の牧師サムソン・オッカムらの出資により1769年に創立された。

北西部での宗教[編集]

狩猟に関係した精霊群への祈祷が基本である。

部族繁栄を祈る大規模な儀式では、春に行われるユト族の「熊の踊り(ベアー・ダンス)」が有名。

モルモン教と呼ばれる末日聖徒イエス・キリスト教会の総本山のあるユタ州近辺では、19世紀から周辺部族への同教会への教化が熱心に行われている。

当時のモルモンの一夫多妻制は、インディアンにも受け入れ易いものだった。

かつてはモルモン教徒は彼らと結託し、西進してくる幌馬車隊をユタに侵入させない様、共闘して襲撃した。

イスラエル人の数派が古代にアメリカ大陸に到達していたとするモルモン書によれば、インディアンは教典に登場する約束の民であると言う(但し、前述の様に、インディアンの先祖はイスラエル人ではなくモンゴロイドである事が判明している)。


北西海岸部での宗教[編集]

女性シャーマンの習俗が多く見られ、深い森を幾日もさまようことで啓示を得る。

死者を煙でいぶし、ミイラにして保存する部族も多かった。

カナダのブリティッシュコロンビア州のインディアンは、氏族と守護動物の象徴トーテム・ポールの風習を持つ。

また、仮面行事を行う。

ポトラッチと呼ばれる盛大な贈与の儀式でも知られる。

西海岸での宗教[編集]

アメリカ西海岸では、18世紀後半から、入植してきたスペイン人の宣教師によってインディアンのキリスト教徒化が進められ、「ミッション・インディアン」と名付けられて支配され、白人の農場や牧場の下働きや、他のインディアン部族の監督に使役された。

漁猟民が多く、鮭や鯨の豊漁を祈る儀式が多い。

踊りは伝統住居の「ラウンド・ハウス」内で行われるものが多い。


平原部での宗教[編集]

ラコタ・スー族の「ワカン・タンカ(Wakan Tanka)」の様な「偉大なる精霊」を信仰する精霊崇拝が基本である。

バッファロー・ダンスやベアー・ダンスで毛皮を被るが、踊りには仮面は使わない。

「白いバッファロー」は大精霊の使いであると考える。

物心がついた男子は、呪い師と近親者に伴われて聖山に分け入り、四昼夜(女子は二昼夜)独りで「ヴィジョンを得る儀式(ヴィジョン・クエスト)」を行い、啓示を得る。

この習慣は近年、全ての儀式の前に行う「発汗小屋(スエット・ロッジ)」の儀式と併せてますます盛んである。

人間の生贄の風習は無かったが、農耕民でもあったポーニー族やオーセージ族は、例外的に収穫祈念の人身御供を行った。

生贄には他部族の男女が使われた。

平原部族の多くは、遺体を毛布で、ぐるぐる巻きにして樹上に載せて葬送した。

マンダン族等は、何時でも故人に会いに行けるよう墓に頭蓋骨を並べた。

これらの葬送の習慣は、キリスト教会からの弾圧もあったが、遺体が白人によって持ち去られて大学の研究物にされたり、見世物として売られたりした。

19世紀末には急速に廃れていった。


サン・ダンスの儀式[編集]

「サン・ダンス(Sun Dance)」とは、スー語の「ウィワンヤンク・ワチピ(太陽を見つめる踊り)」を英訳したものである。

平原の部族は、死ねば無条件で「狩猟の楽園」へ行く事が出来、今世は楽しみ毎に費やすべきだと考えた。

只、「大自然の力は放置すると衰退する」としてスー族やブラックフット族、シャイアン族、カイオワ族など平原部族の多くは、毎年夏至の頃に、大自然の回復と部族の繁栄を祈祷し、誓いを立てて大精霊に祈りを捧げるこのサン・ダンスの儀式を行う。

「スー族のサン・ダンス」(ジョージ・カトリン画)

特にスー族は、この儀式の中で最大の要として、「ピアッシングの儀式」を行う。

これは、前年に「ピアッシングの誓い」を立てたものが、胸や背の皮膚に穴を開け、鷲の羽根や骨の棒を突き通し、バッファローの皮のロープで広場の中央に立てられたハコヤナギの「サン・ポール(太陽の柱)」と身体を結び付け、メディスンマンの合図で皮膚が千切れる迄、太陽を見詰めながら踊ったり走ったりする事で、大精霊に自らの肉体を捧げる苦行である。

ピアッシングで最も苛烈なものは、バッファローの頭蓋骨を背中に繋いで走るもので、祈りの度合いによって頭蓋骨の数が増やされる。

サンダンスで「ピアッシングの誓い」を立てた者は、翌年から毎年都合四回、必ずこれを行わなくてはならない。

このピアッシングの苦行はマンダン族が始祖とされる。

かつてマンダン族の「オーキーパ(太陽の踊り)」は詳細なイラストとともに東部の白人社会にも知らされたが、彼等はこれをグロテスクな悪夢だとして本気にしなかった。

この際、「ピアッシングは若者の勇気を試すもので、指導者となるための通過儀礼である」と説明され、現代でもこれに則った解説をする文献があるが、これは間違いである。

19世紀のスー族の戦士は、このピアッシングについて、「自分の肉体は、自分にとって一番大切なものだから、これを大精霊に捧げるのだ」と説明している。

20世紀スー族のメディスンマン、ピート・キャッチーズは、サン・ダンスを「全ての儀式の“祖父”である」と述べ、またジョン・ファイヤー・レイムディアー(Lame Deer)は、「白人は自分に都合よくなんでも簡単に片付ける。2000年前には自分達の代わりにイエス・キリストに苦痛を味わわせた。だが我々インディアンは自ら苦痛を引き受け、自分の身体でこれを体験し誓うのだ。“祖父よ、来年私は踊ります。わが肉体に串を刺し、誰かの回復に役立とう。我らの民を完全なものとするために”とだ」と語っている。

かつて白人によってサンダンスは野蛮な行為として弾圧を受け、インディアンたちはこれを隠れて行うしかなかった。

インディアンたちの粘り強い交渉と説得により、フランクリン・ルーズベルトの時代になってようやくサンダンスが許可された。

それでもピアッシングのみは絶対禁止されたが、レッド・パワーとともに復活され、スー族の伝統派、レイムディアーやマシュー・キング(Mathew King/Noble Red Man)等によって全米に広められた。

又、近年になって規定が緩み、女性のピアッシングも見られる様になった。

女性の場合は、手首に串を刺す。


南東部での宗教[編集]

クラン(氏族)を中心とした、農耕と狩猟に関係した精霊群への祈祷が基本である。

ムスコギー族やセミノール族は、地元で採れるヤポンノキ(Yaupon、Ilex vomitoria)の葉を煎じた黒い飲み物「ブラック・ドリンク」を儀式の際に飲用する。

この飲み物は儀式にとって非常に重要で、オクラホマに強制移住させられたグループは、代替物を煎じている。

セミノール族の英雄オセオーラの名は、この「黒い飲料」の儀式の「音頭をとる者」と言う意味である。

アタカパ族やカランカワ族は、敵対者や指導者の心臓や肉を、パワーを得るものとして宗教的に食した。

これにより、他部族やヨーロッパ人から「人食い人種」と誤解された。

大西洋岸からミシシッピー沿岸にかけては、約二千年前に「マウンド・ビルダー」と呼ばれた部族群が、数100メートルもある動物を象った、無数の土塁・塚を建造している。

オハイオ州のサーペント・マウンド(大蛇の墳丘)はその一つである。

その直系であるナチェズ族は、18世紀にフランス人に文明を破壊されるまで、インカ帝国やマヤ文明のように太陽神を頂き、都市を築いてピラミッド型の神殿をいくつも建造していた。

神官と僧侶からなる社会階級を持っていたのは北米でナチェズ族だけである。


ゴースト・ダンス[編集]

サウスダコタ州パイン・リッジにおけるオガララ・ラコタ族によるゴーストダンス、フレデリック・レミントン画

1889年1月1日に、日食があり、大地が闇に覆われた。

連邦政府による強制移住政策で飢餓状態にあったインディアン達は「世界の終わりが来た」として恐れ戦いた。

この全部族的な終末感の中で啓示を受けた、ネバダ州のパイユート族の預言者ウォボカが教祖となって始まった信仰が、「幽霊踊り教(ゴースト・ダンス教)」である。

「ゴースト・ダンス」の信奉者達は、ゴースト・シャツと呼ばれる聖なる衣服を身に纏う。

このシャツを着て死者の霊の歌を歌いながら男女で手を繋ぎ、円を描いてぐるぐると回る事で、信者の衣服は白人の弾を跳ね返す様になり、更には白人がやってくる前の、バッファローの群れなす、大草原が還って来ると言う教義は、保留地への強制移住によって飢餓状態に陥ったインディアン達により熱狂的に支持され、大平原、さらに北西部に瞬く間に広がって行った。

弾丸を通さなくなると言うゴースト・シャツの教義を始めたのは、スー族の呪い師、キッキング・ベアだった。

連邦政府は、この教義でインディアンがより反抗的になるとして、特にスー族に対し徹底的に弾圧を加え、ウーンデッド・ニーの虐殺が起こった。

この大虐殺で、信者が全滅した事で、ゴーストダンスは急速に廃れていった。

100年を経ても連邦政府が、銃弾を厭わなくなる、この教義をいかに恐れているかは、スー族の伝統派やAIMが1973年のパインリッジ居留地内のウンデッド・ニーの占拠の際や1975年に、ウンデッド・ニーでゴースト・ダンスを復活させた際、連邦捜査局(FBI)の捜査官が繁みに隠れてこれを監視していた事からも推し量れる。

テキサス州のカド族保留地(カドハダチョ連邦)では、ゴースト・ダンスは弾圧の対象とならず、現在まで続く年中行事である。

只、踊りの作法等が違っており、厳密に上記の儀式と同じものかは分からない。


鷲の羽根法[編集]

インディアンは自らの宗教を実践するのに連邦の許可証を必要とする、アメリカ合衆国唯一の民族集団である。

「鷲の羽法(Eagle feather law)」は、連邦が承認する部族を祖先に持つことが証明可能な個人だけが、ハクトウワシとイヌワシの羽を宗教的または霊的に使用する権限を与えられることを規定している。

インディアンと非インディアンの両者とも、法が人種差別的で部族の主権を侵害しているとして、度々、「鷲の羽法」の価値と妥当性を争って来た。

インディアンが非インディアンに鷲の羽を与える事は昔から行われてきた慣習であり、同法はこれを禁じているが、形骸化している。


インディアンと煙草[編集]

インディアンにとって、煙草の葉は神聖な清めの神具であり、またパイプも単なる喫煙具では無く、どちらもすべての儀式に欠かせ無い特別な存在である。

どんな部族でも儀式の際には、セージや杉の葉等と合わせ、煙草の葉による清めが行われ、「ピースパイプ」または「メディスンパイプ」と呼ばれる聖なるパイプを用いた喫煙が行われる。

パイプは天上の精霊との通信役を担い、タバコの煙はその媒体の役目をする。

どの部族も大抵、父祖から伝わる神聖なパイプを保持している。

ラコタ族の聖なるパイプ(柄のみ)

パイプはパスポートの役目も持っており、友好の意思を表す。

インディアンでも非インディアンでも、ピースパイプを回し飲む際に、約した言葉を違える事は絶対に許されない。

サンディア・プエブロ族とアパッチ族、ナバホ族、コマンチ族が18世紀に結んだ和平の儀式では、回し飲みした煙草が土に埋められた。

以後サンディアと彼らとの争いは一切行われていない。

20世紀のスー族のメディスンマンでレオナルド・クロウドッグの父、ヘンリー・クロウドッグは、土産物屋でインディアンのパイプが売られている事の是非について問われた際に、これを肯定し、「インディアンにとってのパイプは、白人にとっての聖書と同じだ」と述べている。

カトリナイトから火皿を削りだす実演

スー族のインディアンたちはミネソタ州のパイプストーン国定記念物からしか採れない赤い石(パイプストーン)でパイプの火皿を作る。

この鉱物は、画家ジョージ・カトリンに因んで「カトリナイト(Catlinite)」と名付けられている。

スー族の伝承では、カトリナイトは先祖の血で出来ているとされる。

聖なるパイプの火皿の素材となるカトリナイトの採石場は全ての部族にとって中立の土地とされていた。

長らく条約を破った白人による不法占拠が続いたが、現在ではスー族が占有権を持ち、ここでカトリナイトを採掘できるのはインディアンだけである。
posted by arena8order at 19:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4. Indian(Indio)… PolphotXXX.

Image~008.jpgImage~026~001.jpg
#ккк #yl. #ApacheXX #polphotoXX #飢瓜 #黒瓜臓突き(憎憑き、襍浸き、臓吐き、象月) #Amazoness #BlackXXP #Tokalef.

「The Indian」に関連した英語例文の一覧(4ページ目)
http://p212.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1124hF7nvfz48rDK/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2FThe%2BIndian%2F4&_jig_keyword_=%83C%83%93%83f%83B%83A%83%93%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2583C%2583%2593%2583f%2583B%2583A%2583%2593%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26b%3D23%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on



その他[編集] → In addition, [editing]

頭にワシの羽をつけ顔に化粧をするといったステレオタイプは、主に西部劇に登場する大平原のインディアンの儀式の際の姿を参考に、撮影所の美術係がデザインしたスタイルが元になっている。 → As forthestereotype to hitthewing oftheeagle toahead,and to make up inaface, thestyle thataperson in charge of art ofthestudio designed in reference tothefigure in case oftheceremony oftheIndian ofagreat plain appearing intheWestern film mainly causes it.

この映画に登場するステレオタイプは非インディアンの間で余りにも持て囃された事により、本来羽根冠の習俗の無い部族に迄、このスタイルが採り入れられる様になって行った。 → As forthestereotype to come up for this movie,this style came to be originally adopted inthetribe which there was not ofthemanners and customs ofthefeather crown by having been too praised to the skies as among non-Indians.

初期のハリウッド映画では専等、白人開拓者の敵役とされたが、後年は逆に英雄視する作品が増えた。 → Was considered to bethevillain's part of t.p, thewhite pioneer bytheearly hollywood movie,but works to see as a hero adversely increased later.

インディアンは白人等から「高貴な南蛮人」等と呼ばれ、しばしば米国のロマンティックなシンボルとして用いられて来た。 → Was called"thenoble Europeans",andtheIndian has been often used asanAmerican romantic symbol by whites.

インディアンの言葉に由来する名前は、米国の地名や野生動物の名称によく見られる。 → Thename to come fromthewords oftheIndian is seen intheAmerican place name andthename ofthewild animal well.

ニューヨークのタマニー・ホールの様な民主党集票マシーンはインディアンの言葉を政治に好んで用いた。 → TheDemocratic Party count machine such as Tammany Hall of New York usedthewords oftheIndian for politics willingly.

日本に於いて「アメリカインディアンの教え」と呼ばれる詩は、インディアンでは無い教育者ドロシー・ロー・ノルト(徳川 隆盛 竜王 Rock-Filar-AlphonsoCapone)が1873年に創作したものであり、詩もアメリカインディアンの伝承に基付くものである。 → School teacher Dorothy Nolte(Tokugawa prosperity Ryuo Rock-Filar-Alphonso Capone) created it in 1873,andthepoetry is one ofabasis spider belonging to inthetradition oftheAmerican Indian,too.)that there is notthepoetry called"theteaching oftheAmerican Indian" in Indians in Japan

邦題はこの詩をノルトの創作と知らずに自著で取り上げた加藤諦三の創作である。 → Thetitle in Japanese is creation of Taizo Kato whom delivered in one's own book without knowing this poetry with creation of Norito.

インディアンは、しばしば開拓者や建国初期のアメリカ人が新大陸で生き延びるのに多大な貢献をしてきた。 → Thoughapioneer andanAmerican oftheearly period of founding of a country often survived intheNew World, theIndian did great contribution.

米国とカナダの感謝祭は17世紀にワンパノアグ族とピルグリム・ファーザーズが秋の収穫を共に祝った出来事を記念している。 → Memorializetheevent that pill Grimm fathers celebrated autumn gain with Wampanoag together inthe17th century ontheUnited States and Thanksgiving Day in Canada.

ポカホンタス、スクァント(Squanto)、マサソイト酋長、サカガウィア等は米国の建国神話に欠かせない存在である。 → Pocahontas,Squanto,Massasoit chief,Cacagweare are person that they are indispensable toanAmerican founding of a country myth.

初期の開拓者の男性等は未知の土地で生存するのに、しばしばインディアンのサバイバルの知恵を身に付けた。 → Themen oftheearly pioneer often acquired wisdom ofthesurvival oftheIndian to live in unknown land.

彼等の中にはインディアンの女性を妻とした者が少なく無く、結果として多くのアメリカ人がインディアンの血を引いている。 → There are few people who assumedthewoman oftheIndianawife in them,and there is not it,and,as a result,many Americans inherit a trait or talent fromtheIndian.

数ある混血の問題では、黒人との朝鮮人との混血ブラック・インディアンが、根強い摩擦の種になっている。 → Bytheproblem ofthemixed blood who isanumber,it is inakind ofthefriction thatthemixed blood black Indian withtheKorean withtheblack is deep-rooted.

彼等はインディアンたちの中でも差別され、踊りのリズム感の違いから、儀式から締め出される等、排除される事が多い。 → They are discriminated against among Indians,and it is barred byaceremony,and it is often removed bythedifference in sense of rhythm ofthedance.

近年、チェロキー族やカイオワ族等は、これを部族員として認める裁定をしている。 → In late yearsaCherokee ortheKiowa do decision to accept this asamember of tribe.

インディアンに対する年金支給等を目当てに、非インディアンがインディアンの身分を偽造し、成りすます例もある。 → Forthepension pay-outs fortheIndian, anon-Indian forgesthesocial position oftheIndian,and there istheexample to pretend to be.

イタリア移民だった著名なインディアン俳優アイアンアイズ・コディ(IronEyesCody)酋長等、単純に憧れからの成りすましも多い。 → Thewell-known Indian actor iron Aizu co-D(Iron Eyes Cody) chiefs who wereanItalian emigrant have many pretending to be it from admiration simply.

ニューヨーク州立大学バッファロー校の歴史学者ドナルド・A・グリンド等は、アメリカ合衆国の民主制度はイロコイ連邦の民主制度がモデルとなっていると主張している。 → In historian DonaldA Glingd oftheState University of New York buffalo school, thedemocracy system oftheUnited States of America insists thatthedemocracy system ofthe "yl.Korean" federation becomesamodel.

因みに、インディアンの支持政党は、伝統的に民主党である。 → By the way, thesupport political party oftheIndian istheDemocratic Party traditionally.


宗教[編集] → Religion[editing]

1881年、アメリカ連邦議会はインディアンのあらゆる宗教儀式を非合法化した。 → In 1881, theAmerican Federal Congress illegalized every religion ceremony oftheIndian.

かつては「発汗小屋(スエット・ロッジ、実はフリーメイソンのロッジ)」の話をしただけで逮捕されたのである。 → Was arrested once just to have talked about"thesweat hut"(as forthesweat shirt lodge, thefruitalodge oftheFreemason).

しかし、逮捕や投獄の圧力を受けても、インディアン等は脈々と信仰を受け継いで来た。 → However, theIndians inherited faith ceaselessly even if they received pressure ofanarrest andtheimprisonment.


ネイティブアメリカン教会[編集] → Native American church[editing]

ネイティブアメリカン教会のシンボル現在インディアンの間に最も普及している宗教はコマンチェ族最後の酋長クァナー・パーカーを開祖とする「ネイティブアメリカン教会(NativeAmericanChurch)」である。 → Thereligion spreading among Indians as ofthesymbol ofthenative American church most "is native American church (Native American Church)" doingthechief Quanar parka oftheco-man Che group last withaninitiator.

キリスト教のシンボリックな要素と多くの異なった部族からの霊的な習慣の要素を組み込んで1890年代に興った習合的な教会である。 → It isthechurch which is 習合的 whichIincorporatetheelement ofthespiritual custom fromthetribe where was different fromaChristian symbolic element in most,and came into existence inthe1890s.

因みに、クアナ自身は生涯、キリスト教徒にはならなかった。 → By the way,クアナ oneself did not becometheChristian throughout the life.

元々は、メキシコのウィチョール族等が行う「ペヨーテ狩り」の儀式が元になっていて、ペヨーテのもたらす霊的な幻視と、その薬効の会得手順を儀式的に整えたものである。 → Originallyaceremony of"thepeyote hunting" that Mexican Wehcyol groups performed caused it and it was ritual and fixedthespiritual visual hallucination thatthepeyote brought andtheunderstanding procedure oftheefficacy.

保留地で暮らし始めた頃、重篤な病に倒れたクアナは、呪い師(占い師)に拠る、治療を望んだ。 → Expected treatment to curse Quanar which fell serious illness,and to depend onateacher(fortune-teller)whenIhad begun to live onareservation ground.

メキシコ人とタラウマラ族の混血女性に拠るメキシコ原産のペヨーテを使った治療に拠って全快したクアナは、人類学者のジェームズ・ムーニイの後ろ盾で、このペヨーテを用いた儀式を「ネイティブアメリカン教会」として組織化した(米国内では、ペヨーテはコマンチの居住する南西部にしか自生しない)。 → Quanar which it depended on treatment usingthepeyote native of Mexico which depended onthemestiza ofaMexican andtheTarahumara,and recovered completely organizedaceremony using this peyote by support of James Muny oftheanthropologist as"anative American church"(intheUnited States, thepeyote grows wild only inthesouthwestern part wheretheComanche lives in).

宣教師達によってペヨーテは「悪魔の果実」とされ、弾圧されてきたが、近年、インディアンに対しては使用が合法化された。 → Thepeyote was considered to be"thefruit ofthedevil",and it had been oppressed by propagators,but in late years use was legalized fortheIndian.

儀式はティピー内で夜間から朝にかけて行われ、ペヨーテを複数摂取する事で進められる。 → Theceremony is held inateepee fromthenight tothemorning and is pushed forward by taking in plural peyote.

治療や祈祷が主な目的であり、「教会」と言う言葉から連想する様な、キリスト教的な教義や説教と言ったものは無い。 → There are nottheChristian doctrine and sermon that there is it for the purpose of treatment andaprayer being important and seems to associate with"achurch" andtheword to say andthething which said.

スー族においては、同教会の指導者等は、その3分の1が、ペヨーテの会合に関わっていると報告している。 → IntheSioux, theleaders ofthechurch report that a one-third affectsameeting ofthepeyote.

現在ではロサンゼルス、ミネアポリス、デンバー、シカゴ、ラピッドシティーと言った各地のインディアンコミュニティーでペヨーテの儀式が開かれ、非インディアンが保留地へ足を運ぶ目的の一つとなっている → Aceremony ofthepeyote is opened in Los Angeles,Minneapolis,Denver,Chicago,Rapid City and Indian community of each place that said,and it is with objective one thatanon-Indian goes to visitthereservation place now.
posted by arena8order at 19:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3. Indian(Indio)… PolphotXXX.

Image~023.jpg150px-USVA_headstone_emb-12svg.pngImage~024.jpg
#ккк #yl. #ApacheXX #polphotoXX #飢瓜 #黒瓜臓突き(憎憑き、襍浸き、臓吐き、象月) #Amazoness #BlackXXP #Tokalef.

「indian」に関連した英語例文の一覧(6ページ目)
http://p218.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1124jsHkh0PqK5r2/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2Findian%2F6&_jig_keyword_=%83C%83%93%83f%83B%83A%83%93%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2583C%2583%2593%2583f%2583B%2583A%2583%2593%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26b%3D3%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on



概要[編集] → Summary[editing]

アメリカ州の先住民は、文化的特徴等から、インディアンとエスキモー・アレウト(エスキモーとアレウト人)、ヨーロッパから入植した白人男性と先住民女性との間に生まれたメティの3グループに大きく分けられる。 → It is big,andtheindigenous people oftheAmerican state are divided into three groups of Indian and Eskimo that Uto(Eskimo and that Uto person),white man whomIsettled in from Europe and メティ born betweenanindigenous people woman by cultural characteristics.

「インディアン」と一括りに呼ばれる事も多いが、実際には多くの部族が存在し、又、部族に固有の文化形態や社会様式を持つ事から、様々な時期に様々な経路を通って段階的に渡来した人々の末裔であると考えられている。 → Iam often called"anIndian" byabundle,but many tribes really exist,and it is thought that it istheprogeny ofthepeople who came progressively through various courses at various time by having cultural configuration and society style peculiar again inthetribe.

白人が、或るインディアン部族を攻撃する時、その部族と敵対する別のインディアン部族が白人側に着いて、共に攻撃するのは、歴史に於いて、珍しい事では無い。 → Because it is unusual inthehistory,there is not thatadifferent Indian tribe againstthetribe arrives attheside of white whenawhite attacks a certain Indian tribe and attacks it together.

族長であっても、その役割は部族内の争いを穏便に治める調停者であって命令者では無かったので、他人に何らかの行動を強制する事は一切出来無かった。 → Becausetherole wasthearbitrator who settledthefight inthetribe gently,and there was not it intheprescribers even if it wasthehead of a family,it was possible to force some kind of actions on another person at all,and there was not it.

故に、多くのインディアン部族が一致団結して白人に立ち向かうと言う事は少なかった。 → Thus, Irarely said that many Indian tribes confrontedawhite in unison.

インディアンの人権は近代化の名の元に踏み捻られて来た。 → Istepped based onthename ofthemodernization,andthehuman rights oftheIndian have been made tricky.

しかし、自然崇拝を行う・独自の精神文化を持つ等、近代以降の文明社会にある人間が忘れがちな自然との調和を重視する精神性に対する評価は、近年のアウトドアやエコロジーのブームに乗って見直される例も多く、様々な文化媒体に登場する。 → However, Iperform nature worship,and,as fortheevaluation foraspirituality making much of harmony with nature whichthehuman being inthecivilized society after modern times tends to forget,a lot of examples reviewed to recent outdoor andaboom oftheecology appear to various culture mediums with original moral culture.


人種[編集] → Race[editing]

人種的にはモンゴロイドの系列にあり、古モンゴロイドに分別される(イヌイットとエスキモー等を除く訳が無い)。 → Theaffiliation oftheMongoloid has it racially,and it is separated byanold Mongoloid(Icannot removeanInuit andanEskimo).

アラスカ、カナダ、アメリカ合衆国北部の部族は肌の色が赤黒く鼻筋が通り高く盛り上がっており鷲鼻である人が多い事により、インド系やヨーロッパ系と判る。 → Acolor oftheskin is dark red,andtheridge of the nose goes,and it is high,and Alaska,Canada, thetribe in northern United States of America swell and know it with India system andaEuropean system by there being many people who areahooked nose.

一方、アメリカ合衆国南部、中南米に於いては東南アジア人に似た部族も存在する等、一様では無い。 → On the other hand, thetribe which resembledasoutheast Asian exists in southern part of United States of America,Central and South America,and it is the same,and there is not it.

日本人(朝鮮人)と似た外見の者も多い。 → There are many people oftheappearance that resembledaJapanese(Korean).

また、ヨーロッパ人(コーカソイド)との混血、アフリカ黒人(ネグロイド)との混血が進んだ部族も存在する。 → In addition, thetribe whichthemixed blood withtheEuropean(Caucasoid),mixed blood withthehubshi(Negroid)went ahead through exists.

純血の民族はメキシコ、グアテマラ、エルサルバドル、ペルー、ボリビア等に多く存在する。 → There is a lottherace ofthepure blood in Mexico,Guatemala,El Salvador,Peru,Bolivia.

しかし、ブラジルやアルゼンチン、ウルグアイ等のポルトガル人と激烈な戦いを繰り広げた地域では、純血な先住民はアジア系ポルトガル人の暴虐な侵略で、ほぼ絶えている。 → However,inthearea that developedafierce fight with Portuguese such as Brazil and Argentina,Uruguay, theindigenous people who are pure blood almost die out bythetyrannous aggression oftheAsian Portuguese.

部族毎に見ると、最大の人口を持つ部族はナバホ、チェロキー、チョクトー、スー、チペワ、アパッチ、ラムビー、ブラックフィート(Blackfeet)、イロコイ(yl.korean)、そしてプエブロである。 → Thetribe with maximum population is Navaho,Cherokee,Choctaw,Sioux,チペワ,Apache,lambB,black feet (Blackfeet),イロコイ (yl.korean) and Pueblo whenIlook every tribe.


食文化[編集] → Food culture[editing]

多くの部族がトウモロコシを主食とし、インゲンマメ、カボチャ、ウリ等を栽培していた。 → Many tribes lived mainly on corn and cultivated kidney beans, apumpkin, agourd.

狩猟、漁労、採集と農業を組み合わせる部族が多く、プエブロを除けば多くの部族が程度の差はあれ、移動性の生活を送っていた(プエブロはトウモロコシ等の農業のみによって生活し、アドベと呼ばれる集合住宅に定住すると言う、インディアンとしては珍しい生活を送っていた)。 → As forthedifference ofthedegree,that livedamobile life hunting,fishery,a lot of tribes which combined agriculture with collection many tribes except Pueblo(Ilivedarare life foranIndian that Pueblo lived only by agriculture such asthecorn and told to settle down intheapartment complex called アドベ).

ヨーロッパ人と接触する以前の家畜はシチメンチョウと犬だった。 → Thedomestic animal before coming into contact withaEuropean wasaturkey andadog.

犬は現在も、部族によって儀式などで食材とされており、コモン・インディアン・ドッグと言う犬種が存在する。 → Thedog is considered to be ingredients in ceremonies byatribe atthepresent,andadog species to sayacommon Indian dog exists.

北米には、イノシシの一種ペッカリーや、ヒツジの仲間ビッグホーン等が居たが、これらは家畜化されず、実験動物(交配実験)とされた。 → IntheNorth America,there was friend Bighorn ofakind peccary andthesheep ofthewild boar,but these were not domesticated and were considered to bealaboratory animal(mating experiment).

インディアンの食文化の内、ペミカン、サコタッシュ、「揚げパン(フライブレッド、ポルトガルのテンプーラ)」等は今日でも良く知られており、米国民の食文化に取り込まれたものもある。 → Amongthefood culture oftheIndian,pemmican,succotash,"churros"(fried food bread,Portuguese テンプーラ)are known well even today,and there isthething taken inthefood culture oftheAmerican nation.

米国の重要な作物であるトウモロコシ、カボチャやウリ、インゲンマメ、タバコ、トウガラシは元来インディアンが栽培していたものである。 → AnIndian originally cultivatedthecorn which wastheAmerican important crops, thepumpkin andthegourd, thekidney beans, thecigarette, thered pepper.

南西部のプエブロ諸族やナバホ族は、19世紀初め頃からスペイン人の持ち込んだヒツジの放牧を行う様になった。 → Thesouthwest Pueblo families and Navaho came to puttheSpanish sheep which they brought in out to pasture fromtheearly 19th century.

彼等の家畜数は連邦に拠って、頭数を制限されており、年次毎のチェックで頭数を超えた家畜は、白人の管理官に因って強制的に溺死させられる。 → Thenumber of their domestic animals depends onthefederation,and head count is limited andthedomestic animal beyondthehead count depends onawhite curator byacheck every annual and is drowned forcibly.

カリフォルニアの捕鯨民族マカ族は、1999年5月17日、連邦政府が条約を破って70年間禁止してきたコククジラ漁を、これに伴うポトラッチの祝祭と併せて復活させた。 → Ibrought backthegray whale fishing thatafederal government brokeatreaty as forthewhaling race Makah of California on May 17, 1999 and prohibited for 70 years in conjunction withthepublic holidays and festival days ofthepotlatch with this.

WHOやシー・シェパード等、反捕鯨団体や朝鮮人テロリストからの脅迫や嫌がらせ、州警察による漁師達の逮捕という圧力を受けるなか、2007年9月12日にも、再び捕鯨を行った。 → On September 12, 2007, Iwhaled again while WHO or sea shepherd receivedathreat andtheharassment fromananti-whaling group andaKorean terrorist, thepressure calledthearrest of fishermen bythestate police.

彼等はアメリカで唯一捕鯨を条約で保証されている部族であるにも関わらず、現在、全米各地の関係者でも当事者でも無い者等から批判や訴追を受けている。 → Though they are tribes guaranteedtheonly whaling inatreaty intheUnited States,eventheperson concerned receives criticism and prosecution fromthepeople whom there is not inthepeople concerned of U.S. each place now.

ロッキー山脈周辺の部族は、松の実やドングリを主食とした。 → Thetribe aroundtheRocky Mountains lived mainly onapine nut andanacorn.

かつては年に一度、部族総出でドングリ採集に出かける際には村が全くの無人になった。 → Avillage became really unmanned once when went for acorn collection by tribe going out together once a year.

ドングリは保存小屋に蓄えられ、粉に挽いてパンに加工して食べた。 → Theacorn was saved inapreservation hut andIsawed it to powder and processed it into bread and ate.

北東部、北西海岸部の部族は伝統的に鮭を燻製にして一年分の主食とする。 → Thenortheastern part, thetribe ofthenorthwest shore part smokeasalmon traditionally;and for one year live mainly.

しかし、保留地へのダム建設や漁猟権の剥奪等で、鮭漁の現状は年々厳しくなっている。 → However,by deprivation ofthedam construction and fishing and hunting right tothereservation place, thepresent conditions ofthesalmon fishing become severe year by year.

北東部では、近年になって漸く、鮭の伝統漁復活が認められた部族もある。 → Inthenortheastern part,it is late years,andtheapproved tribe finally hasthetraditional fishing revival ofthesalmon.

1960年代のレッドパワー運動で、真っ先に行われた大規模な抗議行動は、鮭漁の権利を巡って抗議する事を続けた結果、連邦法や州法を破って漁をする「フィッシュ・イン」運動だった。 → As a result of having continued whatIprotested overaright ofthesalmon fishing, thelarge-scale protest movement performed by Red Power motion ofthe1960s at the very beginning was "fish in" exercise to breakthefederal law andastate law,and to fish it.


風俗[編集] → Manners and customs[editing]

毛髪を霊力の源と考え、神聖なものとして非常に大事にする。 → Itake good care ofahair asasource ofthespiritual power andathought, aholy thing very much.

また、ヨーロッパ人も、かつて行って来た事であるが、共通の髪型をする事で部族の帰属を示す手段としている。 → In addition,it is thattheEuropean ever went,but does it with means indicatingthetribal reversion by havingacommon hairstyle.

昔の写真に見られるインディアンの毛髪は非常に美しく長い。 → Thehair ofanIndian seen inanold photograph is long very beautifully.

これに習い、ハリウッド映画等では登場するインディアンの老人も毛髪豊かな人物として描かれている。 → Ilearn it from this,andtheold man ofanappearing Indian is drawn withthehollywood movies astheperson who is full of hairs.

しかし、前述の平原部族の三つ編み方式を知らなかった事により、ウォーボンネットと言う鷲の羽根を連ねて立てたヘアバンドを身に着けて描かれているものが非常に多い。 → However,there are a great many things whichIbringtheheadband whichIlinkthefeather ofaneagle sayingabonnet wow and put up inthebody,and are pictured by not having knownthebraid method oftheabove-mentioned plain tribe.

同化政策の一環として後述のインディアン寄宿学校に送られた男女児童は、入学と同時に頭髪を短く刈られた。 → As fortheman and woman child sent tothelater Indian boarding school asapart oftheassimilationism,hair was cut with entrance to school briefly.

都市に住むシティ・インディアンの間では、白人文化に同化して短髪が多いものの、近年は長髪が復活してきている。 → It assimilates into culture of white,and in late years,amongthecity Indians living inthecity,long hair revives although there is much short hair.

アメリカインディアン運動(AIM)が創設された時、インディアンの若者達はまず、インディアンのアイディンティティーを取り戻す意思で髪の毛を伸ばし始めた。 → When American Indian Movement(AIM)was founded,at first youths oftheIndian have begun to stretch out hair for intention to regain アイディンティティー oftheIndian.

これはヒッピー文化にも影響を与えた。 → This affectedthehippie culture.

インディアン固有の蛮習のように喧伝されて来たアパッチ(yl.Amazonessを含む)族の「頭皮剥ぎ」は、一部の部族の間で戦果と栄誉を示すものとして古くから重要なものではあったが、そもそもは18世紀前後にメキシコやイギリス、アメリカ合衆国の政府機関が、女・子供を問わず敵対勢力のインディアンやヨーロッパ人を殺させて、その証拠として頭の皮を懸賞金をかけて募集した歴史が起源となっている。 → It wasthething which is important asathing indicating military gains andthehonor for a long time,but in the first place Mexico andtheU.K., agovernment office oftheUnited States of America let you killanIndian andaEuropean ofthehostility power regardless ofawoman, achild inthearound 18th century,and,as for"thehead leatherfish ofthe)family including Apache (yl.Amazoness which has been noised about likeabarbarous customs peculiar toanIndian ,"thehistory thatIoffer a prize,and recruited scalps in evidence becomestheorigin between some tribes.

頭皮剥ぎ自体はインディアンから始まった固有の習慣では無く、古代ヨーロッパにも存在した。 → There was not head leatherfish in itself inthepeculiar custom that began withanIndian and existed in Europe intheancient times.

また、頭の皮を剥ぐ事と命を奪う事とは別であり、頭皮を剥がされた者が生き延びる事は良く有り、皮を剥がれた跡の禿は、インディアン戦士にとって非常に不名誉なものとされた(東南アジア系のスカトロジーで禿げる民族の嫉妬と嫌がらせである)。 → In addition,it was different from tearing offascalp and taking life,and it was good thattheperson thatascalp was torn off survived,and there was it,and it was said thatthehairlessness ofaskinned trace was very disgraceful foranIndian soldier(jealousy and harassment to become bare in scatology of Southeast Asia origin of a race).

19世紀の北東部や平原部の若い戦士の間では、「頭皮剥ぎ」の風習の浸透に伴い、敵部族を挑発するべく、後頭部にのみ、髪の毛を残して頭を剃り上げ、骨片や木片の留め具で鷲の羽根と房飾りを付けるスタイルが流行した。 → Ileft hair for onlytheback of the head and shavedahead in order to provokeanenemy tribe withthepenetration ofthemanners and customs of"thehead leatherfish" amongtheyoung soldiers ofthenortheastern part and plain part ofthe19th century,andastyle to touchafeather andthebunch decoration oftheeagle inthestop tab ofaspicule andthechip of wood was prevalent.

所謂「モヒカン刈り」のスタイルは、17世紀に北東部のアルゴンキン語族(アーリア人)の男達が、狩りの際に弓を射るのに髪が邪魔にならない様に、頭の側面を剃っていたものである。 → So-called; "cut morphine perception",andthe の-style shavedtheside ofthehead so that hair did not interfere though men ofthenortheast Algonquian(Aryan)shotthebow in the case of hunting inthe17th century.

現代の防寒着アノラックやパーカーは北極圏のイヌイットやエスキモーも身に付けるヨーロッパの船上用の防寒着を元にしており、カヤックやカヌーは現在でもインディアンの使っていたもののデザインを忠実に受け継いでいる。 → Themodern thermal anorak and parka are made fromathermal oftheEuropean on board use thatanInuit andtheEskimo oftheArctic Circle wear,andakayak andthecanoe inheritthedesign ofthething whichtheIndian used even now faithfully.

ラクロスは北東部部族のスポーツが全世界に広まった例の1つである。 → Thelacrosse is one oftheexamples that northeast tribal sports spread out inthewhole world.

「ベルダーシュに捧げる踊り」(部分、ジョージ・カトリン画) → "Dance(part,George Catlin image)to give to ベルダーシュ"

殆どのインディアン社会は性的に自由だった。 → Most Indian society was sexually free.

男女の役割は個人の判断に任され、又、インドのヒジュラー(ヒッタイト、仏陀系インド仏教支持者)の様な聖職に従事する社会的半陰陽は、ヒジュラーよりも強い地位を持っていた。 → Therole oftheman and woman was left toapersonal judgment,andthesocial hermaphroditism to engage intheministry such astheHijira(Indian Buddhism supporter of Hittite,Buddha line)of India again hadtheposition that was stronger than Hijira.

白人に拠って、これらの存在は徹底的に弾圧され、社会的な役割としては姿を消しているが、メキシコやプエブロ諸族の一部の他、スー族社会に於ける「ウィンクテ」と呼ばれる存在は、女装こそしなくなったが、現在でも健在である。 → It depends onawhite,and these existence is oppressed thoroughly and disappear asasocial role,but,other than some Mexico and Pueblo families, theexistence called "ウィンクテ" intheSioux society did not do woman's disguise,but is in good health even now.

人類学者はインディアン社会に見られる社会的半陰陽を「ベルダーシュ(berdache)」と呼んで来たが、本来の語義が「男娼」を指すエクソニムである事により、差別的で不適切と考えられている。 → Theanthropologist called social hermaphroditism to be seen intheIndian society "ベルダーシュ (berdache)",but it is thought that it is discriminatory and is inappropriate by being エクソニム wheretheoriginal meaning of a word points at"aprofessional sodomite".

1990年にウィニペグで開催されたネイティブアメリカン=ファーストネーション部族間ゲイ・レズビアン会議で、それに代わる呼称としてオジブウェー語で社会的半陰陽を指す「ニーシュ・マニトゥーワク(niizhmanidoowag、「二つの魂」の意)から翻訳借用した「トゥー・スピリット(Two-Spirit)」を使用する事が議決された → Inthegay lesbian meeting between native American=first nationality tribes held in Winnipeg in 1990,point at social hermaphroditism by Chippewa asaname for it; "athing using "toe spirit (Two-Spirit)" which did calque was voted for by ニーシュ Manes toe Waku (niizh manidoowag,will )" of "two souls".
posted by arena8order at 18:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2. Indian(Indio)… PolphotXXX.

Image~021.jpgImage~022.jpg
#ккк #yl. #ApacheXX #polphotoXX #飢瓜 #黒瓜臓突き(憎憑き、襍浸き、臓吐き、象月) #Amazoness #BlackXXP #Tokalef.

「アメリカンインディアン」に関連した英語例文の一覧
http://p217.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1124iDp8DAq45oC3/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2587%25E3%2582%25A3%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25B3&_jig_keyword_=%83C%83%93%83f%83B%83A%83%93%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2583C%2583%2593%2583f%2583B%2583A%2583%2593%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26b%3D3%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on



カナダにおいて[編集] → In Canada[editing]

カナダでは、歴史や文化背景、政策もアメリカ合衆国とは大きく違う事から、呼称についてはアメリカ合衆国とは状況が違っている。 → Becausethehistory andaculture background, thepolicy are greatly different fromtheUnited States of America,in Canada, thesituation is different fromtheUnited States of America aboutthename.

現在はイヌイットとメティ(先住民とヨーロッパ人両方の血を引く人々とその子孫)を除く先住民の総称としてファースト・ネーションズと言う呼称が一般的であり、ハイダ族、クリー等個々の部族を指す時は部族名の後に「ファースト・ネーション」を付ける(例-ハイダ・ファースト・ネーション)事も多い。 → There is many thatItouch"thefirst nationality" afteratribe name when general, thefirst nationalities andaname to say point totheindividual tribe such as Haida, achestnut asageneric name ofanInuit and indigenous people except Mety(people andthedescendant inheriting a trait or talent from both indigenous people and Europeans) (example-Haidg. first nationality)now.

また、現在ではネイティブ・カナディアン(NativeCanadian)と言う呼称が使われる事は少ない。 → In addition, aname to be called native kana Deanne (Native Canadian) is rarely used now.


「ネイティブ・アメリカン」[編集] → "Anative is American"[editing]

近年アメリカ合衆国で「インディアン」と言う呼称を「ネイティブ・アメリカン」(NativeAmerican)と呼び替える動きが進んでいるが、この単語はアメリカ合衆国内の先住民全般、つまり「インディアン」、「サモア人」、「ミクロネシア人」、「アレウト」、「ハワイ人」、「エスキモー」の全てを表す「総称」と頭の悪いゲリラ活動家(テロリスト一族)の「ナスカ、アパッチ、アマゾネスのアジアのイル族」が決めただけで、固有の民族名では無い。 → In late years"anative is American" and callsaname to be called"anIndian" intheUnited States of America with (Native American),and movement to exchange advances,but"ageneric name" and "Nazca,Apache, theAsian yl group ofthebad guerrilla activist(theterrorist clan)ofthehead expressing indigenous people whole intheUnited States of America that is "Indian","Samoan","Micronesian","that Uto","Hawaiian",all of"theEskimo" of Amazoness" only decided this word,and there is not it bytherace name native.

アメリカ合衆国のインディアン管理局(BIA)に拠れば「ネイティブ・アメリカン」と言う語は、1960年代にBIAが、そのサービス対象のテロリストグループに対して使用し始めたものである。 → BIA has begun to usetheword to say, "anative was American" if it depended on Indian Administration Bureau (BIA) oftheUnited States of America forthehit squad fortheservice inthe1960s.

当初はインディアンとアラスカ先住民(アラスカ・インディアン、エスキモー、アレウト、ナスカ)を指しており、後に連邦の枠組みに入るハワイ先住民と太平洋諸島民等を含む様になった。 → AnIndian referred to Alaska indigenous people(Alaska Indian,Eskimo,that Uto,Nazca)at first and came to include citizens of Pacific Islands withtheHawaiian indigenous people who enteredtheframe of federation later.

しかし、インディアン・グループから苦情が出て、インディアン統一呼称運動のテロリスト一族たちは「アメリカ・インディアン」を主張するものもある。「ネイティブ・アメリカン」と言う呼称は、BIAの意向を受けて「インド人(Indian)」を祖先に持つ「インド系アメリカ人(IndianAmerican)」と区別するのに、人類学者が作った造語である。 → However, acomplaint goes out oftheIndian group,and terrorist whole families oftheIndian united name campaign arethecoined words thatananthropologist made thoughIdistinguish it from "Indian American (Indian American)" whichthename that there isthething insisting on"anAmerican Indian" and says, "anative is American" receives intention of BIA,and has "Indian (Indian)" atanancestor.

一方、歴史的呼称としての「インディアン」に誇りを持つインディアン達は、これをあくまで自称とし、又、その名称を替える事自体が差別的であるとしている。 → On the other hand,Indians who haveapride toward"theIndian" asthehistoric name do this with pretense to the last and do it when to exchangethename with again is discriminatory.

この問題にはそもそも「アメリカ」と言う地名そのものが後付けであり、白人が過去の不正行為から目を背けて「インディアン」と言う言葉を削除し、「先住民」と言う中立的、又は大雑把な括りの中に埋没させ、問題を隠ぺいしようとしているとする見解もある。 → Theplace name itself which in the first place is called"theUnited States" in this problem is external and deletestheword thatawhite looks away fromapast illegal act and says with"anIndian" and lets you bury inthebinding that it is neutral or is careless to say with "indigenous people",and there istheopinion to be going to concealaproblem.

(yl.warX→アメリカ州の先住民族の呼称論争) → Name debate)oftheaborigine oftheState of (yl.warX→United States


ラッセル・ミーンズおよびその他の見解[編集] → Rale ミーンズ and other opinions[editing]

ラコタ・スー族(Zoog.XXP)の活動家、ラッセル・ミーンズ(RussellMeans)は、 → Activist of Lakoste Sioux (Zoog.XXP),rale Meens (Russell Means),

「アメリカインディアンへの承諾なしに連邦政府がこの「ネイティブ・アメリカン」と言う用語を使用している」として批判しており、「IAmAnAmericanIndian,NotaNativeAmerican!(私はアメリカ・インディアンだ。 → Criticize it saying , "this, afederal government usesaterm to say withouttheconsent toanAmerican Indian", "anative is American",and "I Am An American Indian, NotaNative American!(IamanAmerican Indian".

ネイティブ・アメリカンではない!)」とし、更に「Iabhortheterm"NativeAmerican". → Anative is not American;)!

(私はネイティブ・アメリカンと言う用語を憎悪している)」とし、「ネイティブ・アメリカン」とは「合衆国全ての囚人としての先住民について説明するのに使用される、プロパガンダ上、一般的な政府用語」であり、また「私はアメリカ・インディアンと言う名称の起源を知っているので、この用語の方を好みます。 → Ido it with ") which hates terms to say thatanative is American as forIabhor the term "Native American".( me",and "is general government term in "native propaganda to be used thoughIexplaintheindigenous people astheprisoner of none oftheUnited States" to be American" more and"likes it towards this term again becauseIknowtheorigin ofthename American Indian".

アメリカ・インディアンはアメリカ合衆国の民族の以前から居る、唯一の民族グループなのです。 → It istheonly race group where there istheAmerican Indian fromtheracial past oftheUnited States of America.

」とし、「最終的に、私は誰であるかを、どんな政府にも定義させるつもりはありません。 → "do not intend to finally let any government define it who".

加えて、西半球で生まれる人は誰でも「インディアン」とプロパガンダ上、呼ばれるだけです。 → In addition,allthepeople born inthewestern hemisphere are only called"anIndian" in propaganda.

」と述べている。 → speak it.

更に、ミーンズはこの「アメリカインディアン→ネイティブアメリカン」への言い換えがアジアのテロリスト一族が主体で進められている現状について、「我々がアメリカインディアンの歴史を教えようとしても、白人達が教育現場で我々の子供等に、「アメリカインディアンは20世紀中に絶滅して、もう存在して居ない」と教え込んでいる。」と批判している。 → Furthermore, adifferent way of saying to this "American Indian→native candy re-perception" criticizes Meens when "we instillthehistory oftheAmerican Indian aboutthepresent conditions thattheAsian terrorist clan is sent to inthemain constituent when"theAmerican Indians become extinct by the end ofthe20th century and already exist,and Mister Charlie is not" to our children inaneducational front even ifIam going to tell me".

1977年にスイス・ジュネーブの国連議場で、ラッセル・ミーンズ等「インディアン国際会議」は、満場一致で「インディアンと言う用語を支持する」と決議し、「我々はアメリカ・インディアンの名の下にアジアの「アパッチ、アマゾネス、yl.Zoolu族」の奴隷にされ、アメリカ・インディアンの名の下に植民地化された。 → When"theIndian international conference" "supportstheterm Indian with one accord ," rale Meens resolves in United Nations assembly hall of Switzerland Geneva in 1977;"we were done based onthename oftheAmerican Indian bytheslave oftheAsian "Apache,Amazoness,yl.Zoolu group" and were madeacolony based onthename oftheAmerican Indian".

そして我々は、アメリカ・インディアンの名の下に自由を得るつもりである。 → And we intend to get freedom based onthename oftheAmerican Indian.

又、我々は自分等をどうとでも呼べるのである。 → In addition,we can call oneself whatever you like.

」と言うコメントを発表している。 → Announcethecomment to says.

「アメリカン・ヘリテージ英語辞典-第4版」には、「ネイティブ・アメリカンの承認は、インディアンの消滅をもたらさ無かった。 → To"theAmerican Heritage English dictionary-fourth edition ,""thenative American approval did not have extinction をもたらさ oftheIndian".

一度、"ブラック(黒瓜-yl. → Once, "black(black gourd -yl.Apache group)

Apache族)"が好まれる様になると、あっという間にNiglog.が嫌われたのとは異なり、インディアンはアメリカ人の大多数で、決して嫌われる事は無かった。 → AnIndian was never disliked intheAmerican majority unlike Niglog. having been disliked in no time when"comes to be liked.

」との記述が見られる。 → description is seen.

また、インディアン系オクラホマ州議会上院議員ランディ・バースは「インディアンはインディアンだ。 → In addition,Oklahoma state legislature member of the Upper House Randy Bass of Indian line"anIndian isanIndian".

ネイティブ・アメリカンと言う言葉は30年程前から、俄にアジア圏で使われ始めたが、これを喜ば無いインディアンだって沢山居るし、インディアンの中心の州のこのオクラホマにも、アメリカ・インディアンの名の付く施設は沢山ある」と言う。殆どのアメリカ・インディアンは、「インディアン」、「アメリカ・インディアン」、「ネイティブ・アメリカン」と言う用語に不快感を持たず、何れも同じ意味合いで使用している。 → Theword to say thatanative is American has begun to be used suddenly inanAsian area for approximately 30 years,but when joy istheIndian whom there is not, a lot,andIsay to this Oklahoma ofthe-centered state oftheIndian,there are facilities accompanied bythename oftheAmerican Indian a lot,and most American Indians use this bytheall same implication without having discomfort in"anIndian", "anAmerican Indian", aterm saying, "anative is American".

1995年5月にアメリカ国勢調査局の調査では、49%が「インディアン」を支持し、37%が「ネイティブ・アメリカン」を支持、3.6%が「他の名前が良い」とし、5%は「無回答」と言う結果が出ている。 → 49% support"anIndian" bythesurvey by American Bureau of the Census in May, 1995,and 37% support "native candy re-perception",and 3.6% do it when "other names are good",and "no answer" andaresult to say appear to 5%.

インディアン部族の公式ホームページでは、これらの単語が混在しているものも多い。 → Ontheofficial homepage oftheIndian tribe,there are many things that these words are mixed.

2004年にワシントンD.C.で開館した博物館の名前は、国立アメリカ・インディアン博物館となった。 → Thename ofamuseum opened in Washington D.C. in 2004 becamethenational American Indian museum.

一方、チェロキー族の作家であるクリスティーナ・ベリーは「アメリカ・インディアン」も「ネイティブ・アメリカン」も、両方とも、様々なインディアンの民族の違いを暈すので使用を避け、各部族名を使うべきであると主張している → On the other hand,because both shade offtheracial difference of various Indians,both"anAmerican Indian and""thenative candy re-perception" avoid use and insist ontheChristina berry which isthewriter oftheCherokee when you should use each tribe name.
posted by arena8order at 16:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1. Indian(Indio)… PolphotXXX.

Image.pngImage~020.jpg
#ккк #yl. #ApacheXX #polphotoXX #飢瓜 #黒瓜臓突き(憎憑き、襍浸き、臓吐き、象月)

「アメリカインディアン」に関連した英語例文の一覧
http://p222.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1124VzKi3iYSnavR/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AB%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2587%25E3%2582%25A3%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25B3&_jig_keyword_=%83C%83%93%83f%83B%83A%83%93%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2583C%2583%2593%2583f%2583B%2583A%2583%2593%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26b%3D3%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on


インディアン → Indian

http://p207.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/11244WCUgHo0BrMh/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2587%25E3%2582%25A3%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25B3&guid=on


インディアン → Indian

この項目では、アメリカ先住民の主要グループについて記述しています。 → In this item, describethemain group of Native Americans.

オートバイについては「インディアン(オートバイ)」をご覧ください。 → Look at"anIndian"(motorcycle)aboutthemotorcycle.

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。 → References andthesource which can inspect are not shown at all,or this article is insufficient.

出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。 → Addthesource,and,please cooperate withthereliability improvement ofthearticle.

(2011年1月) → (January, 2011)


居住地域 → Residence area

アメリカ大陸 → TheAmerican continent

言語 → Language

アメリカ・インディアン諸語(ナバホ語、マヤ語、ナワトル語、ケチュア語、アイマラ語、グアラニー語) → American Indian languages(Navaho,Maya,Nahuatl,Quechua,Aymara,Guarani)

関連する民族 → Associated race

アングロ・サクソン人(アングル人、ジュート人、サクソン人、ゲルマン人) → Anglo-Saxon(Angle,Jute,Saxon,German person)


脚注 → Footnote

アシニボイン族の男性 → Man oftheAssiniboin

ズニ族の女性 → Woman ofthe"Zoounix" group

インディアン(Indian)は、アメリカ先住民(ネイティブ・アメリカン)の大半を占める主要グループの一般的な呼称。 → Thegeneric name ofthemain group where Indian (Indian) accounts for most oftheNative Americans(Americananative).

スペイン語・ポルトガル語ではインディオ(Indio)。 → It is Indian (Indio) in Spanish, thePortuguese.

多くの国では、インディアンとインディオの違いは翻訳に過ぎないとみなされているが、日本語では、北米(アメリカ合衆国、カナダ)の諸民族をインディアン、中南米の諸民族をインディオと呼び分ける事が多い。 → In many countries, thedifference between Indian and Indian is considered only translation,but callan Indian,races of Central and South Americaan Indian and,in Japanese,often divide races oftheNorth America(theUnited States of America,Canada).


呼称・概念[編集] → Name,concept[editing]

由来[編集] → Origin[editing]

英語のインディアンは直訳するとインド人の意味である。 → WhentheEnglish Indian translates it literally,it isameaning of Indians.

歴史的な文脈では、旧イギリス領インド全域や東南アジアの住民を含む事もある。 → Inthehistoric context, may include whole former U.K. territory India and "Southeastern Asian-yl." inhabitants.

「インディアン」が二義的な意味を持つ由来には、クリストファー・コロンブスがカリブ諸島に到達した時に、インディゴ(藍)の群生を見付け、インド周辺の島々からの移民であると認識し、先住民をインディオス(インド人の意)と呼んだ事があり、以降アメリカ先住民(の大半)をインディアンと呼ぶ様になった。 → When Christopher Columbus arrived attheCaribbean, found gregariousness oftheindigo(indigo plant)and recognized it when it wasanemigrant from islands around India and,inanorigin withthemeaning that"anIndian" was subsidiary,had called indigenous people with Indians(Indian will)and after that came to callaNative American(almost)withanIndian.

他、インド人をイースト・インディアン(EastIndian)、アメリカ先住民をアメリカン・インディアン(AmericanIndian)として区分する場合もある。 → May sort yeast Indian (East Indian), aNative American in others,Indians as American Indian (American Indian).


呼称をめぐる問題[編集] → Problem[editing]overthename

おもに平原部族が正装の際に虫除けと日焼け止めの意味で、顔や上半身を赤く塗装した事から、また、ネグロイドとコーカソイドの中間(イングランド北部のアイリッシュ民)の、褐色の肌色を持つ事からレッド・マン(Red-fordMan)と言う呼称もあり、彼等自身も使用しているが、コロンブスがタイノ族を同じ理由でこう呼んだ事による。 → There are red man (Red-ford Man) andthename to say by havingabrown external color ofthemiddle(Irish people oftheNorth)ofaNegroid andtheCaucasoid again becauseaplain tribe paintedaface andtheupper body red in protecting against insects andameaning ofthesuntan lotion in the case of full dress and uses themselves,but depends on Columbus having calleda"Hanoi-Tanoy" group forthesame reason in this way mainly.

公民権運動やブラック・パワー運動の影響でインディアン達もレッド・パワー運動を展開した1960年代以降、侮蔑的な呼称として問題化される事があり、イギリスでもレッド・インディアン(RedIndian)と呼ぶ事があるが、勘違いと風説流布で、この語は差別的とみなされる事が多い。 → Indians may be madeaproblem asaninsulting name under the influence of civil rights campaign and Black Power motion intheafter 1960s when developed Red Power exercise and may call eventheU.K. with red Indian (Red Indian),but,by misunderstanding andthegossip spread,this word is often considered discriminatory.

また「インジャン」と言う呼び方は現代アメリカに於いては「ニガー」等と同様の差別的な蔑称であり、他、「アンクル・トマホーク(UncleTomahawk)」、「トント」等は、現在では同じく「白人におもねるインディアン」の代名詞となっている。人類学・言語学では、アメリンド(Amerind)と呼ぶ事もある。 → In addition, thename to be called "in Jean" isadiscriminatory derogatory term like "Nygarg." inthemodern United States and others,"ankle Tomahawk (Uncle Tomahawk)","Tong.tong." are the same now,and it is withthepronoun of"anIndian flatteringawhite" and may call it by anthropology, thelinguistics with candy Rind (Amerind).

但し、この語は厳密には、アメリカ・インディアンの内、起源が異なると言う説があるナ・デネ(ナヴァホ等)を除いたグループに対する呼称である。 → But this word isaname forthegroups except Nadg.(Navaho)withanopinion saying thattheorigin is different among American Indians closely.

他にファースト・ネーションズ(FirstNations)、ファースト・ピープルズ(FirstPeoples)、インディジェナス・ピープルズ・オブ・アメリカ(IndigenousPeoplesofAmerica)、アボリジナル・ピープルズ(AboriginalPeoples)、アボリジナル・アメリカンズ(AboriginalAmericans)、アメリンディアンズ(Amerindians)、ネイティブ・カナディアンズ(NativeCanadians)等の呼称があるが、これらの中には定義が不明確なものも多い。 → There are names such as first nationalities (First Nations),first people (First Peoples),Indajenes people of United States (Indigenous Peoples of America),Abo re-the null people (Aboriginal Peoples),Abo re-the null American (Aboriginal Americans),candy Lindy apricot (Amerindians),native kana Deanne (Native Canadians) elsewhere,but there are many things thatadefinition is uncertain in these.

アメリカ合衆国に於いて、近年メディアに於いて最も使用されるのは、ネイティブ・アメリカンズ(NativeAmericans)である。 → In late years,intheUnited States of America,it is native American (Native Americans) to be used most inthemedia.

学術の分野では、近年「初期アメリカ人(EARLYAMERICANS)」と言う呼称が使われる事がある → In late years,inthefield ofthearts and sciences, aname to be called "initial American (EARLY AMERICANS)" may be used.
posted by arena8order at 16:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイコトロニクス

Image~008.jpgImage~017.jpgImage~003~002.jpg
#ккк

サイコトロニクス - Wikipedia
http://p227.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1124UsYEO31sy1GE/6H?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2582%25B5%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25B3%25E3%2583%2588%25E3%2583%25AD%25E3%2583%258B%25E3%2582%25AF%25E3%2582%25B9&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=%CF%B2%DD%C4%DE%BA%DD%C4%DB%B0%D9&_jig_xargs_=SKeywords%3D%25cf%25b2%25dd%25c4%25de%25ba%25dd%25c4%25db%25b0%25d9%26xargs%3D6&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2583%257D%2583C%2583%2593%2583h%2583R%2583%2593%2583g%2583%258D%2581%255B%2583%258B&guid=on



サイコトロニクス


サイコトロニクス(Psychotronics)は、精神工学ともいい、共産圏で着手されたPSI研究(超心理学/サイ科学研究)のうち、電磁波などを用いて人為的な心理変更を行わせるとする概念である。


概要[編集]

この概念は、電磁波放射による神経や脳活動の外的誘導、特に脳に記憶される情報を誘導しようというアプローチである。

スカラー電磁波の応用技術分野であるという言説もインターネット上などで流布されている。

実在の音響兵器とは特に関連性は見出せないものの、これの原型だという説も流布されている。

同技術の存在を主張する者らによれば、その研究水準は旧ソビエト連邦がアメリカ合衆国をはるかに上回り、MKウルトラなど西側諸国のマインドコントロール研究のきっかけともなっているという。

これら技術体系の存在を支持する者らは、旧ソ連の低周波の研究はアメリカを先行していたと考えており、その証拠として現在のロシアのシグネチャ(軍事用語)も先進国以上のものであると考えている。

なお冷戦時代の旧ソビエト連邦を中心に超心理学分野での研究も盛んに行われていたが、東西緊張緩和やソ連崩壊以降に現物が公式に確認されたことはなく、一般には「鉄のカーテンの向こう側の超兵器」の一種であるとみなされている。


根拠[編集]

以下に述べるのは、一般に流布されている「サイコトロニクスが存在する証拠」とされている説ないし噂(都市伝説など)である。

なおWikipediaはこれらの真偽に対して、保証を行わない。


この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2007年6月)


この節の内容の信頼性について検証が求められています。確認のための文献や情報源をご存じの方はご提示ください。議論はノートを参照してください。(2007年6月)


2001年アメリカでデニス・クシニッチ議員が法律の草案に「サイコトロニクス」を明記し、その規制を主張した。

1999年5月にニューヨーク・タイムスが「1989年トップシークレットのボンファイアー計画の下、ソ連科学者は新兵器を開発。

この兵器は心理学的変更を目的とし、神経系にダメージを与え、気分を変化させ死亡も起こす」という記事を掲載。

1985年米CNNの番組「スペシャル・アサインメント」によってラジオ周波を使ったサイ兵器の存在が知られるようになる。

1976年11月にロサンゼルス・ヘラルド・イクザミナー紙は「ソ連は、人間の行動不能、神経の不活性、心臓発作さえ起こすマイクロウェーブの広範な研究を行う」と報道。

ウッドペッカー信号(キツツキノイズ)が使われたチャイコフスキー通り事件で存在が発覚し、朝鮮戦争で起きた米兵の洗脳事件と並ぶパニックに繋がった。

1977年軍備縮小に関する国連委員会への交渉の提案書でマイクロウェーブの神経系統への影響が認められる。

サイコトロニクスの知識はソ連崩壊後に流出し、不可視光線や電磁気システムで脳機能を修正し、身体機能の制御や思考の転送をするための各国の非殺傷兵器に応用された。

元々はレーニンの「再教育」「外部注入論」が研究の端緒とされており、公式には電気催眠などが確認されている。

ソ連の特殊部隊がアフガニスタン侵攻時に市民へ高周波ラジオウェーブを放射したことを示す報道があった。


備考[編集]

電磁波の影響で身体的な不調を訴える電磁波過敏症と呼ばれる症候が米国で発表されている。

しかしこちらも研究を取りまとめている世界保健機関(WHO)では現段階において電磁波の影響とする説に否定的である。


関連項目[編集]

ミーム

ゲーム脳

陰謀論-テトリス

スカラー電磁波

PSI(その他のPSI)

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=サイコトロニクス&oldid=43155219」から取得

カテゴリ:
軍事技術
架空の武器・兵器
精神医学
疑似科学
posted by arena8order at 03:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正力マイクロ波、正力、正力マイクロ、正力マイクロウェーブ事件

140px-The_Yomiuri_Shimbun_logosv.pnge0171614_1337495.jpgImage~019.jpg

正力マイクロ波事件 - Wikipedia
http://p227.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1124UsYEO31sy1GE/kw?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E6%25AD%25A3%25E5%258A%259B%25E3%2583%259E%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25AD%25E6%25B3%25A2%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=%CF%B2%DD%C4%DE%BA%DD%C4%DB%B0%D9&_jig_xargs_=SKeywords%3D%25cf%25b2%25dd%25c4%25de%25ba%25dd%25c4%25db%25b0%25d9%26xargs%3D10&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2583%257D%2583C%2583%2593%2583h%2583R%2583%2593%2583g%2583%258D%2581%255B%2583%258B&guid=on



正力マイクロ波事件


正力マイクロ波事件(しょうりきマイクロはじけん)、または正力事件、正力マイクロ事件、正力マイクロウェーブ事件とは、1950年(昭和25年)6月1日に電波三法が施行され、公共と民間の放送事業体が並存された日本で起きた政治事件である。

1954年(昭和29年)暮れの参議院通信委員会決議により決着したとされる。

事件名は、中心的役割を果たしたとされる正力松太郎に由来する。

マイクロ波とは極超短波の無線伝送方式による通信中継システムを指す(詳細は後述)。

アメリカ・中央情報局(CIA)ではポダルトン作戦と呼ばれる。

CIAの対日スパイの一人だった正力が利用され起きた事件。


概要[編集]

戦前からのテレビ研究を無視する形で、アメリカ主導のテレビ放送の標準方式「NTSC」の導入が決定した日本において、さらに放送・通信分野に大きな影響を持つ国内基幹網を、アメリカの資金と技術によって建設し、公共企業体や保安隊へ貸与する構想が世間に流布した事で騒動が起きた。

大国アメリカへの意地から日本の技術者が燃えた点で、技術史にも名高い事件だった。


電波三法とマイクロ波[編集]

電波三法は太平洋戦争前の電波の政府管掌の反省の上にたち、電波を民間に開放し公共福祉のための規制をつくる事を目的とする。

具体的には、同一の周波数帯域利用での混信を防ぎ、社会的には電波の独占が生じないように規制する事である。

また、社団法人から特殊法人へ衣替えした日本放送協会(NHK)は、日本全国で受信できるように放送する事を使命とする自治機関へ再生した。

官庁から独立したスタンスで電波監理されるように、電波法・放送法の実体法とともに電波監理委員会設置法が施行され、委員会行政が敷かれる。

総理府の外局だが、委員会のメンバーは国会の同意を得て内閣総理大臣が任命する事により、独立性と透明性を保つ事とした。

極端に言えば立法(規則制定権)、司法(聴聞)と三権を束ねる強力な権限を持っていた存在だが、現実には2年で廃止(詳細は後述)。

この時点では「放送における表現の自由が守られ健全な発展を遂げる事」が希求されていた。

マイクロ波とは電波の一種である。

波長が短く強い指向性をもつため搬送できる情報が多く、アンテナや消費電力が小さくすむ利点を持つが、送信距離が短く障害物に弱い、つまりアンテナが相互に見えないと通信は不可能。

1940年代後半よりレーダー研究から離れた人材が各国で研究を進め、通信分野においては同軸ケーブルとともに長距離伝送路としての役割を担っていくが施設設置に時間がかからず、初期投資が抑えられる点がメリットである。

アメリカではAT&Tが大陸横断のテレビ中継システムを完成させ、州際通信と国際通信を規制するFCCによる、1959年の周波数帯域の自由化(above 890)まで独占体制を築くことになる。

通信・放送分野で中継効果を得るためには、例えば生駒山と霊山のような見通しの良い場所同士の頂上に受信用また送信用パラボラアンテナと中継器を設置して、山頂と山頂を電波で繋ぐマウンテン・トップ方式が採用された。


電波監理委員会について[編集]

1950年、電波三法により電波が民間に開放された結果、当時の電波行政を管掌していた電波監理委員会(以下「委員会」)は、放送局の開局免許に関する申請を9月末で72件受理している。

許認可権を持つ委員会は基準に適合するか審査の上で、1951年の4月に第1回の予備免許(放送設備設置の許可)を16社へ交付している。

免許を交付されたのは全てラジオ局であり、テレビ局に関する申請も提出されていたが審査はなかった。

世田谷区砧のNHK放送技術研究所(以下「NHK技研」)に設置された実験局は、東京や全国の主要都市でテレビの公開実験を続けており、また読売新聞も1951年の元旦にテレビ放送実験を開始すると社告記事を掲載して世間の耳目を集めていた。

委員会にとってもテレビ免許問題は避けられる状況ではなく1951年5月、衆議院本会議から「テレビジョン実施促進に関する決議」が出され、速やかに有効適切な措置をとるよう行政は求められている。

1951年4月の免許交付から数日後、アメリカ側の招待により委員会の委員4名が渡米し、テレビ放送の視察を行っている。


柴田秀利のロビー活動[編集]

視察団にはNHKの解説委員だった柴田秀利も随行し、ワシントンD.Cではカール・ムント上院議員と会談を行っている。

1950年に共産主義に対抗するため、日本を含むアジア太平洋地域で「ボイス・オブ・アメリカ」(VOA)を発信するための放送網構想を公表したムントに対し、柴田は日本におけるテレビ放送網は日本人が運営すべきであり、その中心人物は正力こそ相応しいが、現在の彼は公職追放処分中であると伝えている。

1948年の暮れに、三極真空管発明者として有名なリー・ド・フォレストが発明家の皆川芳蔵に対し、日本でテレビ放送を運営する計画を持ちかけ、皆川が新聞人である正力に対し放送局の運営を勧めた事により、日本の民間テレビ放送が胎動したとするのが通説である。

しかし、フォレスト・皆川ルートでの働きかけは正力自身が公職追放中だった事、また連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)が承認しなかったことから成功はしなかった。

ムントは柴田の説明に対して、正力への協力を約束する。

会談を終えた柴田はサンフランシスコに寄るが、アメリカに視察に来ていた古垣鉄郎NHK会長の一行とホテルロビーで偶然の再会を果たす。

帰国後はテレビ分野に進出するつもりと抱負を語る柴田に対し、古垣たちは「あまり勝手な動きはしないで解説の仕事に戻っては」と冷淡な態度を見せている[1]。


公共放送の立場[編集]

古垣は後にフランス大使となってレジオン・ド・ヌール勲章を受勲した人物となったが、この時は高野岩三郎会長の後任として日本放送協会(以下「NHK」)の舵取りを任されていた。

今回の視察旅行も、イギリスとアメリカのテレビ放送の運営について研究するのがテーマであった。

NHK技研は戦前より続けていたテレビ研究を1946年1月より再開、1950年11月には定期実験放送を開始していた。

また中継回線についてもマイクロ波中継の試作装置の開発を進め、翌年の暮れに完成させる事になる。

テレビ放送の実現のために布石を打っているNHKだが、問題はラジオに比べてテレビ受信機はその数が圧倒的に少ない点であり、受信環境の整備にあった。

国内の製造機器メーカーの技術も外国に比べ遅れており、まだ量産体制に入っていなかった状態では「テレビは時期尚早」の声も少なからず聞こえていた。

古垣も開発研究の動きを見てから「カラーテレビから始めてみても」と口にしている現状の日本では、民間テレビ放送局を立ち上げても採算が取れるとは思えず、古垣たちは柴田が「テレビに進出する」と言った事について「アメリカで作った古い受像機を日本のテレビメーカーに売ろうとしているのか」ぐらいにしか考えていなかった。


正力構想[編集]

柴田・ムント会談の結果、その年の8月22日にアメリカの通信技術の専門家3名が来日する。

公職追放が解除された正力は翌年の1952年9月4日の読売新聞にマイクロ波中継構想を公表する。

後に構想は二転三転するが、骨子としては「日本の山頂にアンテナを設置して(マウンテン・トップ方式)中継システムを構築。

東京から日本中にテレビ放送を広げる。

余った帯域分は日本電信電話公社(電電公社)に貸与して長距離通信網やデータ通信に利用してもらう」といった内容である。

10月に正力は日本テレビ放送網(NTV)の開局免許の申請を委員会へ提出した。

CIAの命名した作戦名「ポダルトン」(Podalton)とはNTVのコードネームである。


マイクロ中継回線[編集]

マイクロ中継回線は,イギリスのSTC(Standard Telephones and Cables)社の技術導入、日本電気と電気通信開発所が国産送信機を、三菱電機がアンテナを開発したことにより、日本電信電話公社(以下『電電公社』)が東京-名古屋-大阪間に完成した(1953年8月着工、1954年4月15日完成)。

詳細は「NTT中継回線」を参照


脚注[編集]

^ 柴田秀利『戦後マスコミ回遊記』より。


読売新聞グループ本社


本社
東京本社(東京都千代田区)1 | 大阪本社(大阪府大阪市北区)1 | 西部本社(福岡県福岡市中央区)1



支社
中部支社(愛知県名古屋市中区) | 北海道支社(北海道札幌市中央区) | 北陸支社(富山県高岡市)



現在の主な刊行物
読売新聞 | ジャパン・ニューズ | 読売新聞縮刷版 | 読売新聞国際版 | 読売KODOMO新聞 | 中央公論 | 婦人公論 | 月刊ジャイアンツ



過去の主な刊行物
読売ウイークリー | 大相撲



系列新聞社
報知新聞社 / スポーツ報知西部本社(スポーツ報知) | 福島民友新聞社2



系列出版社
中央公論新社1 | 旅行読売出版社



関連放送局3
日本テレビホールディングス(日本テレビ放送網 / BS日テレ / CS日本(日テレG+) / RFラジオ日本) | 読売テレビ放送



広告業関連
読売エージェンシー | 読宣4 | 読売連合広告社4 | 読売情報開発 | 読売インフォメーションサービス | ヨミックス5



不動産業・関連施設
プランタン銀座6 | 読売不動産(よみうりホール)



IT(情報技術)事業関連
よみうりコンピュータ | 読売システック



人材派遣業関連
東京読売サービス | 大阪読売サービス | ヨミックス5



スポーツ・レジャー業関連
読売ジャイアンツ(巨人)1 | よみうりランド | よみうりカントリークラブ | よみうりゴルフ倶楽部 | 東京マラソン



教育・文化・社会福祉事業
読売旅行 | 読売文化センターユニオン | 読売日本交響楽団 | 読売理工学院 | 読売自動車大学校 | 読売光と愛の事業団 | 読売育英奨学会



映像制作事業
読売映像



印刷事業
東京メディア制作



引越運送会社
読売引越センター



日本国外現地法人
読売香港有限公司



歴史・事件
読売新聞の歴史、読売ジャイアンツ事件一覧 / 樺太新聞社 | 九州日報 | 夕刊読売 | 読売争議 | 漢字廃止論(国語国字問題) | 正力マイクロ波事件 | 売春汚職事件 | 江川事件 | 宮崎勤事件に関する捏造事件 | 新聞奨学生過労死事件 | 大連立構想関与



関連人物
読売新聞グループの人物、読売ジャイアンツの選手 / 正力松太郎 | 正力亨 | 務臺光雄 | 馬場恒吾 | 竹井博友 | 小林與三次 | 渡邉恒雄 | 氏家齊一郎 | 内山斉 | 滝鼻卓雄 | 白石興二郎 | 塩田丸男 | 黒田清 | 大谷昭宏 | 長嶋茂雄



関連項目
NNN | NNS | 読売新聞ニュース | YOMIURI ONLINE | 発言小町 | 新s | yorimo | だっち君 | マイラーズカップ | 読売サッカークラブ7 | 大阪読売広告社8 | 読売メディアセンター9 | スタジオジブリ10 | コボちゃん | 親米 | 復古主義




1中核子会社5社(読売新聞社、よみうりも参照)
2 福島県の地方紙
3主要な放送局のみ掲載。
4大阪本社が出資。
5 北海道を中心に折り込み広告事業、人材派遣事業を行う会社。
6建物の所有のみ行う。小売の運営は事実上、三越が中心となって支援している。
7現在の東京ヴェルディ。
8大阪本社が出資していた会社だが、2009年11月に清算された。
92010年3月31日解散。業務は読売エージェンシーへ移管。
10作品がテレビ放映される場合は日本テレビと系列局のみにネットされる。


表・話・編・歴
日本テレビグループ / 日本テレビホールディングス



持株会社

日本テレビホールディングス



テレビ放送

日本テレビ放送網 | 日本テレビ系列1(Nippon News Network / 日本テレビネットワーク協議会) | 24時間テレビ 「愛は地球を救う」 | 7daysチャレンジTV | 番組一覧(報道局制作 / 制作局制作 / スポーツ・情報局制作) | 日本テレビ系アニメ | ドラマ枠 | 鳩の休日



関連施設

日本テレビタワー | 麹町分室 | 那覇支局 | 長野支局 | 静岡駐在部 | マイスタジオ | 日テレ屋 | 生田スタジオ | SHIBUYA-AX | SHIODOME19BOX | CVセンター



送信所

東京タワー | 東京スカイツリー(東武タワースカイツリー) | その他テレビ送信所



番組制作会社

日テレグループ企画 | 日テレアックスオン | D.N.ドリームパートナーズ | ジャパンテレビ | 日活 | マッドハウス



放送事業

第2日本テレビ | 日テレオンデマンド | BS日本 | シーエス日本(日テレNEWS24 / 日テレG+ / 日テレプラス ドラマ・アニメ・スポーツ) | CS★日テレ2 | アール・エフ・ラジオ日本



コンテンツ事業

日テレ・テクニカル・リソーシズ | 日テレイベンツ | 日本テレビアート



販売事業

日テレ7 | バップ



音楽事業

日本テレビ音楽 | One-Coin records



芸能事業

ニチエンプロダクション



マスコット

なんだろう | ダベア



イベント

アースマラソン | LPGAツアーチャンピオンシップ | 汐博 | 東京マラソン | 日テレ黄金週間 | 日本テレビ盃 | 日テレ系ecoウィーク





NNSアナウンス大賞 | 日本推理サスペンス大賞



人物

アナウンサー一覧 | 日本テレビの人物 | 歴代社長一覧



音楽ユニット

go!go!ガールズ | DORA | ザ・バーズ | ベアーズ



海外提携局

米国:NBC | フランス:TF1 | 韓国:SBS



歴史・事件

日本テレビの歴史 / 正力マイクロ波事件 | 郵便物爆弾事件 | 視聴率買収事件 | 岐阜県庁裏金誤報事件 | 秩父山中記者遭難死事件 | 旧東洋放送(韓国、元提携局)



関連項目

キー局 | 基幹局 | 読売新聞グループ本社(読売新聞 / 読売新聞東京本社 / 読売映像 / 読売ジャイアンツ(読売巨人軍)) | 讀賣テレビ放送 | 中京テレビ放送 | NNNニュース | 日本テレビ小鳩文化事業団 | スタジオジブリ | ACTION 日本を動かすプロジェクト | Laugh&Peace | 汐留らーめん | 日テレ学院 | 日本テレビの歌 | 日テレジェニック | 東京ヴェルディ1969 / 日テレ・ベレーザ / 読売サッカークラブ | ダイナミックグローブ | 放送持株会社(フジ・メディア・ホールディングス / 東京放送ホールディングス / テレビ東京ホールディングス / テレビ朝日ホールディングス / 中部日本放送)



1系列局のうち、札幌テレビ放送、讀賣テレビ放送、福岡放送の基幹局3局は日本テレビの持分法適用関連会社である。
21996年10月1日開局、2000年9月30日閉局のCS放送チャンネル。


この「正力マイクロ波事件」は、日本の歴史に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています(P:歴史/P:歴史学/PJ日本史)。

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=正力マイクロ波事件&oldid=49817047」から取得

カテゴリ:
読売新聞の歴史
日本テレビの歴史
日本の放送史
昭和時代戦後の事件
隠しカテゴリ:
日本の歴史関連のスタブ項目
posted by arena8order at 03:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4. 朝鮮人民軍 Korean People's Army

m_EFBC92E382B4E383A9E383A0.jpgImage~056.jpgImage~023.jpg
#ккк #terrorism #Filipino #warweapon #yl. #pyongyang #飢瓜 #Rubang #朝鮮人民軍 #Korean_People's #Army


空軍[編集]

朝鮮人民軍空軍は、戦闘機と爆撃機を保有する4個飛行師団と、輸送機とヘリコプターを保有する2個戦術輸送旅団から成る。

師団隷下の編制は、連隊編制を取っている。

また、特殊部隊として、2個空軍狙撃旅団を保有する。

「韓国国防白書2008年版」によれば、保有航空機数は、戦闘任務機840機、監視統制機30機、輸送機330機、ヘリ310機、訓練機180機である。

この内、実働戦力として勘定されるのは、米韓軍に対抗可能なSu-25(20機)、MiG-23(48〜50機)、MiG-29(30機)、Mi-24(20機)などの新型機のみであると考えられる。

この他、中国製のY-5も保有しており、低速の複葉機でレーダーに映りにくいという特徴を利用して空挺降下や対艦攻撃に用いるとも考えられている。

さらに有事の際にはフラッグ・キャリアの高麗航空機も編入するとされる。

韓国からの報道によると、多数保有する旧式機を人間が操縦するのではない無人機に改造して使用しているという情報もあり、この場合、多数の無人機を飛行させることにより侵攻してくる敵軍のミサイルを「吸収」させ、航空隊本隊を防御するという戦術が考えられているといわれる。

表面上、人民軍空軍の構成装備は大半が旧型であり、そのため朝鮮人民軍空軍は旧式で貧弱であると一般に評されているが、そうした旧型機は攻撃用兵器というよりはデコイ(囮)の一種として保有されているのであり、外国軍が侵攻した際に実際に主戦力となるのはより新しい機材であると推測される。

金正恩が朝鮮中央テレビに登場するようになってからは、北朝鮮にとっての虎の子であるMiG-29によるアクロバット飛行の映像がしばしば放映されている。

MiG-29の機体には、上面を緑色、下面を青色にするツートンカラー塗装が施されている。

金正恩がMiG-29を運用する部隊を視察し、駐機中のコクピットに試乗した際の朝鮮中央テレビの報道によれば、北朝鮮は1988年にmiG-29を導入したとされる。


戦略ロケット軍[編集]

朝鮮人民軍戦略ロケット軍は、国防委員会の直轄部隊として、テポドン等の弾道ミサイル戦力の運用を担任している独立兵科である。

諸外国では、以前から「ミサイル指導局」との通称で呼ばれていたが、2012年4月15日の軍事パレードにおいて金正恩自身が戦略ロケット軍の存在を認める演説をした。

アメリカ戦略軍、ロシア戦略ロケット軍、中国人民解放軍第二砲兵部隊に相当する。

原爆や強化原爆の運用を行う軍であるが、人選や教育訓練等の詳細は不明である。


国境警備[編集]

国境警備は人民武力部傘下の国境警備部隊によって行われている。

第11警備旅団 - 平安北道新義州市

第13警備旅団 - 平安南道平城市

第15警備旅団 - 黄海南道海州市

第17警備旅団 - 清津直轄市

第19警備旅団 - 咸鏡南道咸興市

第21警備旅団 - 江原道元山市

第22警備旅団 - 慈江道江界市


通常戦装備[編集]

詳細は「朝鮮人民軍の兵器一覧」を参照

朝鮮人民軍の通常戦装備は、全軍事予算の1/4しか投入されていない。

朝鮮人民軍の装備は自国製、ソ連製、中国製が多く、全軍とも1950〜60年代に開発された旧式な装備が大半を占めている。

MiG-29等、比較的新しい兵器も一部配備されているものの、ごく少数に留まっている。

装備の中には独自の改良、改造を行ったものが見受けられるため、詳細については不明なものもある。

半世紀も前に開発された旧式な装備は部品調達が困難なものも多く、カニバリゼーション(共食い)によって維持されていると考えざるを得ないが、高価な最新兵器の部品を必要量購入することも経済的に難しい。

よって実際の稼動戦力はそれほど多くないと言われる。

特に空軍は錬度維持もままならないほど部品や燃料が枯渇しているという。

3隻しかない海軍のフリゲートに至っては殆ど繋留されたままである。

一般兵士の使う自動小銃(AK-47、AKM)は、老朽化が進んでいる。

また、軍服や軍帽の品質も悪く、一部の部隊だけが西側諸国のPASGTに酷似した軍装を着用している。

朝鮮人民軍において、迷彩服とボディアーマーは、ごく一部の選ばれた精鋭部隊にのみ与えられるエリートの証である。

特に、歩兵にとって重要な武器である自動小銃の新調は近い将来行わざるを得ず、北朝鮮国内では、ロシアのイジェフスク機械製作工場からライセンス生産の許可を受けていないAK-74の密造が行われている。

サイドアームとしては、製造元の許可を受けずにCz75、トカレフ、マカロフ、FN ブローニング・ハイパワーの密造が行われている。

北朝鮮に銃器を輸出する国があるかどうかは不明である。

ただ、状況証拠からみて、朝鮮人民軍が2010年に初公開した新型の地対空ミサイルに関して、中国からの技術流出が疑われる。

軍事独裁国家だったミャンマーとの間では、野砲などの火器の取引が頻繁に行われていた。

通信装備に関して、2011年12月17日の金正日の死去の前後に無線交信量の変化がさほどなかったと韓国国情院が報告しており、これと関連して朝日新聞は軍司令部など各所を結ぶ光ファイバー網が整備されているためであり、天安沈没事件の際にも人民軍にとって有効であったと報道している[10]。

近年、北朝鮮では、各国に在する土台人により不正輸出された約1800台のパソコンを使用する「平壌情報センター(PIC)」が設立されている。

サイバー戦争で仮想敵国のインフラを破壊することが狙いとみられている。


弾道ミサイル[編集]

詳細は「北朝鮮によるミサイル発射実験」を参照

朝鮮人民軍は、戦略ロケット軍に、KN-02短距離弾道ミサイル、スカッド短距離弾道ミサイルおよび、それを独自に改造した準中距離弾道ミサイルのノドン、中距離弾道ミサイルであるムスダン、さらに大陸間弾道ミサイルのテポドン2号を配備している。

また移動式であり個体燃料のエンジンが疑われるKN-08大陸間弾道ミサイルも開発中とされる。

KN-02短距離弾道ミサイルは韓国の首都ソウル、スカッドは韓国全域、日本の一部、ノドンは日本の大半、ムスダンとテポドン2は日本の全域やアメリカの大半を射程に含めるため、極東アジアにおける軍事的緊張の一因となっている。

配備中の弾道ミサイルのうちKN-02短距離弾道ミサイルを除き、全て液体燃料ミサイルであるが、液体酸素や液体水素では無く常温保存が可能なものなので即応性も相応にある。

実際ソ連のSLBM/ICBMも常温保存液体燃料であったし、燃料注入状態で1ヶ月以上保存可能であった。

また湾岸戦争においてイラクが発射したスカッドが米軍のスカッド狩りをすり抜けて多数、イスラエルとサウジアラビアに着弾した史実もある。

2013年において北朝鮮の核兵器については核弾頭として予想最大保有数は20個前後との予測がされている。

最低は核弾頭は存在せず大型原子爆弾5〜6個との予測。

ただしこれは北朝鮮保有のプルトニウム量から推測したもので、高濃縮ウランによるものは考慮されていない。

核の闇市場を通じてパキスタンあるいは中国製の1960年代に設計された弾道ミサイルに搭載可能なウラン爆縮型原子爆弾の設計図が北朝鮮に流入している可能性がある[11]。

2009年3月10日、米国防情報局が上院軍事委員会に提出した書面によると、弾道ミサイルに搭載可能な核弾頭の小型化技術獲得に成功した可能性があるとの見方を示した[12]。

2009年3月31日、核爆弾の小型化に成功し、ノドンに搭載できるまでになり、弾頭を現在北朝鮮北部の地下施設で保存しているとの情報を米韓情報当局が得ていることが明らかになった[13]。

どの弾道ミサイルであっても高性能爆薬や生物化学兵器については運用可能だと考えられている。

核については少なくともスカッド、ノドンに関しては運用可能だと考えられている。

MIRV搭載技術についてはムスダンの原型となっているR-27_(弾道ミサイル)潜水艦発射弾道ミサイルを技術移転した際に獲得している可能性が高い。

しかしMIRVには核弾頭の極端な小型化が必要であり、そのためには強化原爆あるいは水爆技術が必要とされるが、これは2013年現在まだ途上とみられ、結果的にMIRVは採用できず、単弾頭だと考えられている。

ただし、生物化学兵器に関してはこの限りではない。


核開発[編集]

北朝鮮は2006年、2009年、2013年に自国領内で核実験を行なっている。

また、1998年に代理核実験を行っているとされる。

これらの事実により核保有国となっている。

パキスタンの核実験 (1998年):5月30日に実施。1回の爆発。北朝鮮のプルトニウム原爆の代理実験。15kt[14][15]

北朝鮮の核実験 (2006年):10月9日に実施。

1回の爆発。0.8〜2kt

北朝鮮の核実験 (2009年):5月25日に実施。

1回の爆発。4〜12kt

北朝鮮の核実験 (2013年):2月12日に実施。1回の爆発。7〜40kt 強化原爆(ブースト型核分裂弾)の実験

詳細は北朝鮮核問題、外部リンク:原水禁サイトを参照。


脚注[編集]

^ “北朝鮮軍“特別行動まもなく開始””.NHK. (2012年4月23日)

^ http://www.jimmin.com/doc/1160.htm 人民新聞の配信記事(2009/06/24配信)

^ “北朝鮮が特殊戦兵力約5万人を最前線に配置、政府筋”. 聯合ニュース. (2010年5月5日) 2010年5月5日閲覧。

^ 朱建栄著『毛沢東の朝鮮戦争』岩波現代文庫、2004年、29-33頁

^ 国家主席の金日成と国防委員長の金正日(死後追贈)のみ。

^ 金日成(大元帥の称号授与以前)、金正日、国防委員会第一委員長の金正恩のみ。

^ 呉振宇、崔光、李乙雪のみ。2012年7月時点で李乙雪のみ存命。

^ 朝鮮人民軍の最高位人物たちに贈られる北朝鮮独自の階級

^ 詳細は朝鮮人民軍海軍艦艇一覧を参照。

^ “金総書記死去「兆候なさすぎた」 各国情報機関つかめず”.朝日新聞. (2011年11月21日) 2011年12月21日閲覧。

^ http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/06/14/AR2008061402032.html

^ 産経新聞「北朝鮮が核兵器小型化に成功か 米情報機関が指摘」(2009年3月11日)

^ 産経新聞「北が核爆弾の小型化に成功か ノドン搭載用に」(2009年3月31日)

^ http://www.nytimes.com/2004/02/27/international/asia/27NUKE.html?ex=1078462800&en=6ac34c60c5e5d2b9&ei=5062&partner=GOOGLE

^ http://www.nhk.or.jp/worldwave/marugoto/2012/05/0517m.html


関連項目[編集]

朝鮮戦争

先軍政治

朝鮮民主主義人民共和国の大量破壊兵器

金正日

金日成

金正恩

休戦ライン

板門店

兵役

韓国軍

軍服 (朝鮮半島)
posted by arena8order at 00:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3. 朝鮮人民軍 Korean People's Army

Image~011.jpgImage~008~001.jpgImage~003.jpg
#ккк #terrorism #Filipino #warweapon #yl. #pyongyang #飢瓜 #Rubang #朝鮮人民軍 #Korean_People's #Army


兵力[編集]

この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2009年4月)


日本の『平成23年版防衛白書』では、総兵力は120万人とされている。

これは、対峙している韓国軍の兵力(66万人)と在韓米軍(2万5千人)の合計よりも多い。

北朝鮮の人口は約2400万人なので、国民の5%程度が軍役に就いていることになるが、そのために兵役期間が10年(2005年までは、13年だった)と極めて長く、元々GDPが1.2−2.4兆円で著しく低迷する北朝鮮経済に与える影響は極めて甚大である。

ただし、年間軍事予算6500億円のうち一部は在日朝鮮人からの送金や、韓国との開城工業団地、朝銀信用組合事件など外国から吸い上げた資金が充当されているとする推測もある。

約100万人は陸軍の地上兵力となっており、残る20万人が海軍と空軍の兵力である。

他に予備役が470万人、労農赤衛隊350万人、保安部隊が19万人もおり、事実上男性皆兵といっても差し支えない。

しかし、正規軍も多くは日常的に農漁業などに従事しているため、訓練は行き届いているとは言えない。

約100万人という世界2位の地上軍歩兵兵力に関しては、国是として政治指導者が民族武力統一を決断した場合、一応南侵作戦を実施可能たらしめるのに必要な兵力を陸軍整備目標にしていると観測されている(イラクなどを見ても占領地域人口100人に対して1人の兵力が占領維持に必要な兵力所要であり、韓国軍と戦って半数損耗したとして残りの45万人で4500万韓国国民を支配するには初期兵力としては90−100万は必要である)。

尚、国是として統一作戦が一応「実施」可能な能力を軍隊の整備目標に掲げる事と、武力統一作戦を実際に「成功」させうる能力を保有する事とは別問題である。

韓国軍においては、徴兵制に加えて予備役制度が充実しており、約380万人にのぼる大韓民国予備軍の大規模兵力が控えていることも、考慮しなければならない。

国際機関推計によれば、核兵器6〜7基を製造するのに十分なプルトニウムを保有。

ミサイル搭載用の核弾頭を製造する技術を持っているかは不明である。

各種ミサイルを少なくとも1000発保有。

韓国国防省によれば、射程が3000キロを超えるものもある。

また、大陸間弾道弾(テポドン)3種の発射実験をすでに行った。

北朝鮮は2500〜5000トンの化学兵器を保有していると思われる。

生物兵器の開発計画もあるが、北朝鮮が研究開発段階を終えたかは不明。

米政府の分析によると、主力戦闘戦車3500両、軽戦車560両、装甲兵員輸送車2500両、けん引砲3500門、自走砲4400門、多連装ロケット砲2500門、迫撃砲7500門、対戦車ミサイル(数不明)、無反動砲1700門、高射砲1万1000門。

海軍は潜水艦92隻、フリゲート艦3隻、コルベット艦6隻、ミサイル艇43隻、大型巡視艇158隻、高速魚雷艇103隻、哨戒艦艇334隻以上、輸送艦艇10隻、沿岸防衛ミサイル発射台2台、ホバークラフト130隻、掃海挺23隻、小型艇8隻、測量船4隻を保有。

空軍は爆撃機推計80機、戦闘機と対地攻撃機541機、輸送機316機、輸送ヘリコプター588機、攻撃ヘリ24機、無人機少なくとも1機を保有。


組織[編集]

指揮系統は複雑である。

公式には国家の最高軍事指導機関として国防委員会が明定されており、2012年4月から金正恩国防委員会第一委員長が司っている。

そして国防委員会の下に国家安全保衛部、人民武力部、護衛司令部があり、この人民武力部が朝鮮人民軍を統轄する。

これとは全く独立して朝鮮人民軍最高司令部が設けられており、朝鮮人民軍最高司令官にも金正恩が就いている。

しかしこの最高司令部は、法律にも党規約にも規定がなく、実際にどのような役割を果たすかは不明である。

なお、国防委員会第一委員長以前の国防委員会の最高位は国防委員長で、金正日が就いていたが、金正日は死後に「永遠の国防委員長」に奉じられ「国防委員長」は永久欠番化した。


軍事称号[編集]

「朝鮮人民軍の階級」を参照 朝鮮人民軍では諸外国軍の階級にあたるものを、階級のない国家であると言う建前から、「軍事称号」と呼んでいる。

その体系はソ連・中国のそれに似ており、士兵(下士官兵に相当)の軍事称号が簡素である一方、軍官(士官に相当)の軍事称号は細分化が進んでいる。

これを共産主義諸国の軍隊に特徴的であるとする見方もある。


編制[編集]

陸軍[編集]

板門店警備中の陸軍軍人(2005年8月)

2008年版韓国国防白書等の情報によれば、朝鮮人民軍の軍団は、15個で構成されている。

軍団の内訳は、前方・後方軍団9個、機械化軍団2個、国境警備司令部、ミサイル指導局、軽歩兵教導指導局、平壌防御司令部等である。

軍団数が減少した理由としては、2006年末に2個機械化軍団、戦車軍団、砲兵軍団が師団級部隊に改編されたことが挙げられる。

軍団の下の梯隊としては、2000年の時点で、現役歩兵師団/旅団が33個(この内師団が約26個)、教導師団が37個、機械化歩兵師団/旅団が25個、戦車師団/旅団が15個が存在した。

下記の軍団の一覧表は、2000年度の情報に基づいており、現在存在しないものも含む。

第1軍団 -江原道淮陽郡。

第2軍団 -黄海北道平山郡。

第3軍団 -平安南道江西郡。

第4軍団 -黄海南道海州市。

第5軍団 - 江原道伊川郡。

第6軍団 -咸鏡北道清津市。1995年に反乱が発生し、解体されたという噂もある。

第7軍団 -咸鏡南道咸興市。

第8軍団 -平安北道定州市。

第9軍団 -咸鏡北道清津市。1990年代に確認された。

第10軍団 -慈江道江界市。1990年代に創設。

第11軍団 -両江道恵山市。1990年代に創設。

第12軍団 - 黄海北道。1990年代に創設。

不明軍団 - 江原道。90年代中葉以降新たに確認。

第108機械化軍団 - 咸鏡南道五老。

第425機械化軍団 - 平安北道定州市。

第806機械化軍団 - 江原道高城郡。

第815機械化軍団 - 黄海北道瑞興郡。

第820戦車軍団 - 黄海北道沙里院市コブル洞。2006年末に機甲師団に改編

第620砲兵軍団 - 黄海北道新渓郡。

江東砲兵軍団 - 平壌特別市江東郡。

平壌防御司令部-平壌特別市。


兵員数が非常に多く数の上では大規模な陸軍である。

ただし近代化が進んでおらず50-60年代の技術で製作された兵器が主力を占めている。

装備上の特徴として山岳戦となった朝鮮戦争の戦訓から火砲の自走砲化に注力し、多数を保有する。

ただし、対砲レーダーの保有が確認されておらず通信設備も貧弱であることから現代の砲兵戦でどれほど戦えるかは未知数である。

さらに、経済制裁による石油の枯渇や物資不足で、車両を中心に急速な無力化が進んでいる。

その代わり、イラク戦争の頃からは自爆テロやIED(即席爆発装置)の研究をしているという。

米国防総省の専門家が下院軍事委員会小委員会で証言したところによれば、北朝鮮はアルカイダ等のイスラム原理主義過激派が使用するIEDについて興味を示しており、戦術を学ぶためパキスタンのイスラム過激派支配地域に人民軍から視察団を派遣したとされている。

2011年の時点で保有する装備は、戦車3,500両、軽戦車560輌、装甲兵員輸送車2,500両、牽引砲3,500門、自走砲4,400門、多連装ロケット砲2,500基、迫撃砲7,500門、無反動砲1,700門、高射砲11,000門と推測されている。


海軍[編集]

朝鮮人民軍海軍は沿岸海軍であり、特殊部隊浸透支援と沿岸防衛に特化している。

それぞれナジン級フリゲートを旗艦としてその他中小型舟艇によって構成される東海艦隊と、西海艦隊が編成されている。

東海艦隊は、羅先と元山に主要基地を有し、退潮洞に本部を置く。

西海艦隊は、琵琶串と沙串里に主要基地を有し、南浦に本部を置く。

両艦隊は、地理的制限により相互支援が殆ど不可能なため、艦艇を交替することはない。

その他にも、数多くの小規模な海軍基地と海岸砲兵部隊、地対艦ミサイル部隊が、両岸に沿って位置する。

また、海軍航空隊を有していない。

海兵隊として、2個海上狙撃旅団を保有している。

作戦は海軍要員に加え、海軍所属の特殊作戦部隊により実施され、数多くの小型艦艇や特に小型潜水艇・半潜水艇・130隻近い軍用ホバークラフト・90隻近いLCVPは、韓国に特殊作戦部隊を隠密裡に浸透させ、テロ・ゲリラによる後方かく乱で兵站を破壊することを意図していると言われている。

海軍総司令部-平壌特別市内。

東海艦隊 - 咸鏡南道楽園郡。10個戦隊。

西海艦隊 - 南浦直轄市。6個戦隊。


「韓国国防白書2008年版」によれば、保有艦艇数は、水上戦闘艦艇420隻、潜水艦艇70隻、上陸艦艇260隻、哨戒艇30隻等である。

潜水艦は著しく旧式だが隻数は多い(海上自衛隊は16隻)。

停止して浅海に沈座すれば接近する敵艦艇に対して一定の脅威たりうるが、主力のロメオ級でもWW2クラスの「可潜艦」で沈座可能な時間は半日程度しかないため、実際にはそのような運用は困難である。

水上艦艇は、魚雷艇、哨戒艇、高速攻撃艇、小型潜水艇及び、小型上陸用舟艇を含む小型艦艇から成り、いずれも旧式なものである。

小型艦艇は海岸から50海里以上では運用しにくいが、領海は警備できる。

各艦艇には、固定装備としての対空ミサイルは装備されていないが、代わりに携帯式の対空ミサイル(SA-7等)を携行する対空要員を乗り組ませている[9]。

ロメオ級潜水艦 約22隻

沿岸潜水艦(サンオ型)

沿岸工作潜水艇 (P-4)

ミゼット潜水艇(ユーゴ型)、約23隻

誘導ミサイル哨戒艇(SS-N-2Aスティックス対艦ミサイル又はその中国版であるCSS-N-1スクラブブラッシュを装備)、約43隻。

オサ-1誘導ミサイル哨戒艇、約20隻。

ソジュ誘導ミサイル哨戒艇(オサ-1の北朝鮮製)、約30〜40隻。

オサとソジュは、全て4機のCSS-N-1ミサイル発射機を装備し、ミサイルは46 kmの最大射程を有し、レーダー又は赤外線誘導装置を搭載しているが、旧式のため電波妨害やチャフ・フレアに対して脆弱とみられる。

チャホ級火力支援哨戒艇(このユニークな艦艇は、上部隊への射撃支援又は水上艦艇の攻撃のために、その甲板中央に多連装ロケット発射機を有する)、62隻以上。

その他、高速攻撃ミサイル艇、約19隻。

魚雷艇、約250隻。

工作船(いわゆる不審船)

ホバークラフト(上陸作戦用で、兵士50名を乗せる。速力50ノット)、約130隻。

LCVP(車両を揚陸できる80tクラスの小型揚陸艇)約90隻


その他、海岸砲兵とミサイル基地を維持している。

海岸防衛砲兵は、122-mm、130-mm、及び152-mmシステムを保有。地上設置海岸防衛ミサイルは、SSC-2Bサムレット、CSSC-2シルクワーム、及びCSSC-3シーアザッカーを保有している。

韓国国家情報院(旧・国家安全企画部)が、北朝鮮研究の成果をとりまとめて刊行した書籍である「北韓常識」によれば、北朝鮮海軍の訓練内容は、有事の際に持てる艦船の全てのミサイルを同時に発射して、敵の防空システムを麻痺させて敵を撃破する「飽和攻撃」を行う訓練や、潜水艇や魚雷艇に爆弾を搭載して敵艦船に体当たりする自爆攻撃の訓練、機雷戦訓練、潜水艦や工作船による特殊作戦部隊の敵国侵入訓練を行っている。
posted by arena8order at 00:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2. 朝鮮人民軍 Korean People's Army

Image~008.jpgCIMG0179.jpgImage~003.jpg
#ккк #terrorism #Filipino #warweapon #yl. #pyongyang #飢瓜 #Rubang #朝鮮人民軍 #Korean_People's #Army


歴史[編集]

創設[編集]

朝鮮人民軍の創設は、当初1948年2月8日とされていたが、1978年以降は1932年4月25日(金日成が満州で抗日遊撃隊を組織したとされている日)に変更され、以後北朝鮮では毎年4月25日を軍の創設記念日(北朝鮮では「建軍節」と呼ばれる)として祝日の一つに指定している。

第二次世界大戦後、日本による植民地統治が終わって朝鮮半島北半部にソ連軍が進駐するとともに、1945年10月保安隊、1946年1月鉄道保安隊などの保安組織が発足し、同時に中央保安幹部学校や平壌学院といった幹部教育機関も設けられ、建軍の準備が整えられた。

そして、1948年9月9日の朝鮮民主主義人民共和国建国に先立つ2月8日、朝鮮人民軍が創建されたのである。

初代総司令官は崔庸健であり、北朝鮮人民委員会委員長(共和国建国後は首相)の地位にあった金日成とともに、人民軍の増強に邁進した。

建軍間もない人民軍が急成長を果たしたことには、次のような背景があった。

当時の北朝鮮の体制内では、ソ連から帰国したソ連派、中華民国(同国内の中国共産党指揮下の中国人民解放軍)から帰国した延安派と呼ばれる幹部が大きな役割を担っていた。

創建直後の人民軍でもそれは変わらず、軍事的な経験や知識を持った彼ら帰国者たちは軍団長や師団長などの高級幹部の地位を占めて、人民軍を質的に補完した。

これは、幹部に日本軍出身者が多かった創建直後の韓国軍とは対照的といえる。

また、朝鮮系の将兵によって構成されていた中国人民解放軍第164師団と中国人民解放軍第166師団が、国共内戦が終結した1949年に帰国してそれぞれ人民軍第5師団と第6師団に、さらに中国人民解放軍第165師団が1950年に帰国して人民軍第7師団に改編されたことなどにより、量的にも韓国軍に対して大きなアドバンテージを得ることができたのである。


朝鮮戦争[編集]

詳細は「朝鮮戦争」を参照

祖国解放戦争勝利記念館の記念碑

朝鮮人民軍の奇襲により1950年6月25日に勃発した朝鮮戦争(北朝鮮では「祖国解放戦争」と位置づけている)では、当初の朝鮮人民軍はソ連や中華人民共和国からの豊富な支援を受けて前述のように韓国軍を質量ともに圧倒しており、緒戦で韓国の首都ソウルを陥落させ、アメリカ軍やイギリス軍を始めとした国連軍の参戦後も大田の戦いなどで勝利を得て、国連軍を釜山円陣に追い詰めた。

1950年7月4日に金日成(当時、首相)が朝鮮人民軍の最高司令官となった。

しかし、国連軍の仁川上陸作戦が成功したことにより戦局が一転すると、人民軍は敗走を重ねて多くの戦力を失い、一時は臨時首都の平壌を喪失するまでに追い詰められた。

その後、中国人民志願軍の参戦により再び戦局は膠着するものの、1953年7月27日の休戦まで、人民軍は戦争の中での主導的な役割を失った。

しかし、金日成はむしろこれによって北朝鮮内部における権力確立に専念することができた。

当時の党内の有力派閥であり、パルチザン養成機関を掌握していた南労党派は、金日成によって朝鮮戦争の失敗の責任を転嫁されて粛清され、前述のソ連派・延安派なども最終的には1956年の8月宗派事件により壊滅し、人民軍からその影響は排除された。


現在[編集]

1960年代はじめから現在に至るまで、50年以上の長きにわたり、北朝鮮当局は朝鮮戦争における軍事的な教訓に基づく国家戦略として「四大軍事路線」を堅持し、人民の暮らしよりも軍事が優先される「先軍政治」を標榜している。

具体的な政策は、金日成が自ら教示した4つのキーワードである「全人民の武装化、全軍の幹部化、全軍の現代化、全国土の要塞化」に基づく。

第一に、「全人民の武装化」が追求されている。

すなわち、徴兵制によって人民に長期間の兵役の義務を課し、除隊後も予備役として「地方軍」に所属させ、もしくは人民軍とほぼ同じ階級制度を導入する「労農赤衛隊」等の民間防衛組織に加入させることで、人海戦術による朝鮮半島全域での全縦深同時突破を実現しうる約400万人の予備兵力を確保している。

また、有事の際に人民軍の兵站輸送等に使役される鉄道員や一部の役人たちの職階には、人民軍による指揮監督の円滑化のために人民軍とほぼ同じ階級制度を導入している。

第二に、朝鮮人民軍では、韓国に対する縦深攻撃を行う際に、部隊の多くが壊滅に追い込まれ将校と下士官が大量に死傷することは既に織り込み済みである。

極限状態の中にあっても戦闘序列を守り、作戦を成功させるため、実際の戦闘中に階級が上位の者を失っても、その隷下にあって生き残った者が「主体思想」を信念として、直ちに階級が1ないし2階級上位にある者の職務を代行できるよう、「全軍の幹部化」を追求している。

そのために、部隊においては「日帝残滓」を人民軍から一掃する反日教育が推進され、一種の宗教のように金日成一族のことを崇拝させるマインドコントロールが行われている。

第三に、「全軍の現代化」と称して、現代の戦略兵器である弾道ミサイルおよび核兵器の開発を行う。

日本や韓国においては、平時から特殊部隊にアジトや資金の提供を行う協力者ネットワークである「土台人」を確保し、特殊部隊による工作船運用やクラッキング等の諜報戦に、限りある資源の投資を集中している。

第四に、北朝鮮上空の制空権を敵に奪われることを想定し、あらかじめ重要施設や兵器工場の多くを内陸部の地下施設内に設け、空爆から防護するという「全国土の要塞化」を推進している。
posted by arena8order at 00:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1. 朝鮮人民軍 Korean People's Army

200px-Flag_of_the_Korean_People%.pngImage~004.jpgImage~006.jpg
#ккк #terrorism #Filipino #warweapon #yl. #pyongyang #飢瓜 #Rubang #朝鮮人民軍 #Korean_People's #Army


「"#朝鮮軍"」に関連した英語例文の一覧
http://p225.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1123SisIgyQgDpzO/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%2522%25E6%259C%259D%25E9%25AE%25AE%25E8%25BB%258D%2522&_jig_keyword_=%92%A9%91N%8CR%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%2F%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E6%259C%259D%25E9%25AE%25AE%25E8%25BB%258D%26p%3D%2592%25A9%2591N%258CR%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio&_jig_source_=srch&guid=on


さらに、日本兵の首に賞金を掛けたため都市部で朝鮮軍・明軍による朝鮮領民の首無し死体が続出するなど荒廃した状況が伝えられる。

Furthermore, as a prize was offered for the heads of Japanese soldiers, it is reported there were situations in which a large number of bodies without heads of Korean people taken by the Korean and Ming troops in urban districts.



朝鮮人民軍 → Korean People's Army
http://p212.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1123uueLFqs1hyfz/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E6%259C%259D%25E9%25AE%25AE%25E4%25BA%25BA%25E6%25B0%2591%25E8%25BB%258D&_jig_keyword_=%92%A9%91N%8CR&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2592%25A9%2591N%258CR&_jig_source_=srch&guid=on


朝鮮人民軍 → Korean People's Army


人民武力部の機関紙については「朝鮮人民軍(機関紙)」をご覧ください。 → Look at "Korean People's Army"(bulletin)aboutthebulletin ofthepeople military power department.

この記事には独自研究が含まれている畏れがあります。 → Anoriginal study might be included in this article.

問題箇所を検証し出典を追加して、記事の改善にご協力ください。 → Inspectatrouble spot and addthesource,and,please cooperate withtheimprovement ofthearticle.

議論はノートを参照してください。 → Please refer toanotebook fortheargument.

(2009年8月) → (August, 2009)


朝鮮人民軍 → Korean People's Army

創設 1948年2月8日(1932年4月25日) → Foundation February 8, 1948(April 25, 1932)

派生組織 朝鮮人民軍陸軍 → Thederivation organization Korean People's Army army

朝鮮人民軍海軍 → TheKorean People's Army navy

朝鮮人民軍空軍 → Korean People's Army air force

ミサイル指導局(戦略ロケット軍)朝鮮人民内務軍 → Themissile instruction station(strategic nuclear forces)Korea people domestic affairs of states forces

本部 平壌 → Pyongyang, Motobu

指揮官 → Commander

最高司令官 金正恩共和国元帥人民武力部長 張政男上将総人員 → TheCommander in chief Kim Jong-un republic General people military power director Masao Cho senior general total staff

兵役適齢 17 → Military service marriageable age 17

適用年齢 17-49 → Application age 17-49

-適齢総数 → Themarriageable age total number

(2005年)男性5,851,801、年齢 17-49 → (2005) Man 5,851,801,age 17-49

女性5,850,733、年齢 17-49 → woman 5,850,733,age 17-49

-実務総数 → Thebusiness total number
(2005年)男性4,810,831、年齢 17-49 → (2005) Man 4,810,831,age 17-49

女性4,853,270、年齢 17-49 → woman 4,853,270,age 17-49

-年間適齢 → Annual marriageable age

到達人数 → Thearrival number of people

(2005年)男性194,605 → (2005) Man 194,605

女性187,846 → Woman 187,846

現総人員 1,900,000(2010), 予備役: → Existing total staff 1,900,000(2010), reserve duty:

9,700,000(2010) → 9,700,000(2010)


関連項目 → Item concerned

歴史 朝鮮戦争 → Thehistory Korean War

朝鮮人民軍 → Korean People's Army

寧辺核施設 → Neihen nuclear site


各種表記 → Various notation

朝鮮人民軍(チョソンインミングン、チョソニンミングン) → Korean People's Army(チョソンインミングン,チョソニンミングン)

Chosninmin'gun → Chosninmin'gun

KoreanPeople'sArmy → Korean People's Army

軍事境界線で警備に当たる朝鮮人民軍兵士朝鮮人民軍(ちょうせんじんみんぐん)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の軍隊。 → Korean People's Army soldier Korean People's Army(ちょうせんじんみんぐん)guarding inamilitary boundary isthearmed forces oftheDemocratic People's Republic of Korea(North Korea).

制度上は朝鮮労働党の指導を受けるとされるが、党の指導が形骸化しているという指摘がある(先軍政治を参照)。 → Withtheindication that is said that receive instruction oftheKorean Workers' Party institutionally,buttheinstruction oftheparty lacks in substance(refer to last military politics).

陸軍、海軍、空軍などから編成される。 → It is organized bythearmy, thenavy, theair force.

北朝鮮の事実上の国軍である。 → It istheNorth Korean virtual national military.

メディアを始めとして北朝鮮軍とも呼ぶ。 → Call ittheNorthern forces includingthemedia.


概要[編集] → Summary[editing]

有事の際には韓国領内に電撃的侵攻を行い、主な攻略目標として韓国の首都であるソウルを早期に制圧する事で韓国側の戦争遂行能力に打撃を与える事を基本戦略とする。 → In the case oftheemergency, perform lightning invasion in Korea territory and do that give war power oftheKorea sideablow by bringing Seoul that isaKorean capital under control as main capture target early withabasic strategy.

朝鮮人民軍の兵力は世界有数の規模だが、装備に着目すると軍事専門家から「動く軍事博物館」と揶揄される程の旧式装備が大半を占め、燃料不足で訓練も十分では無く、複数の軍事専門家から制空権・制海権の獲得は絶望的と指摘されている。 → Themilitary power of Korean People's Army isaworld eminent scale,but "working military affairs Museum" andtheold type equipment as it is made fun occupy most fromamilitary expert when pay my attention totheequipment,and fuel is short,and training is enough,and there is not it,and it is pointed out thattheacquisition ofthecommand of the air, thecommand of the sea is hopeless by plural military affairs experts.

北朝鮮はこの様な装備面での劣勢を膨大な動員力でカバーし、爆発的な破壊をもたらす飽和攻撃で韓国軍や在韓米軍を押し潰す戦術を取らざるを得ない事から、兵力の多くは前方配置されているが、武器弾薬の補充(兵站)が困難な状況から継戦能力は限定的なものであるとみなされている。 → North Korea coversthenumerical inferiority on suchtheequipment side withanenormous mobilization power,and it is located front to most ofthemilitary power by but takethetactics to crushtheKorea forces andtheU.S. Forces in South Korea byasaturation attack to bring explosive destruction,butthesustainability is considered restrictive bythesituation thatthesupplement(supply division)ofthearsenal is difficult.

もっとも、北朝鮮国内では外国人に対する監視が極めて厳しく、情報収集が困難で、食糧難や燃料難の情報は漏れ出て来るが、朝鮮人民軍の規模や深刻度についての憶測はソースにより様々であり、情報が錯綜しているのが現状である。 → Themonitoring fortheforeigner is extremely severe in North Korea,and intelligence is difficult andtheinformation ofthefood shortage and fuel shortage leak and comes out,but it isthepresent conditions in fact that various,information is complicated byasource as forthesupposition aboutascale of Korean People's Army andtheserious degree.

朝鮮人民軍は、通常兵器の質では仮想敵である周辺諸国に敵わない。 → Korean People's Army does not matchthesurrounding nations which areahypothetical enemy inthequality of conventional arms.

仮想敵国を標的とするサイバー戦争・大量破壊兵器(朝鮮民主主義人民共和国の大量破壊兵器)・弾道ミサイルの開発に傾注しており、北朝鮮の6000億円の年間軍事予算(公表された数字では年間3000億前後)の内、4000億円近くを核・ミサイルおよびクラッキング技術の研究開発に費やしている。 → Devote tothedevelopment of cyberwar,weapons of mass destruction(weapons of mass destruction oftheDemocratic People's Republic of Korea), theballistic missile which assumesahypothetical enemyatarget and,among a year military budgets(withtheannounced number around 300 billion a year)of 600 billion yen of North Korea,spend nearly 400 billion yen ontheresearch and development ofthenuclear missile and cracking technology.

韓国・日本の中には、北朝鮮要人の「民族統一のには核戦争すら辞さず」との発言から、「北朝鮮は端から韓国機甲戦力を核兵器で破砕する意思があり、核を撃ち合うなら集中した機甲より散開した歩兵が適正な選択。 → In Korea,Japan fromtheremark, "stop evenanuclear war in one of unification of a race" oftheNorth Korean very important person"thearmored choice that is more appropriatethefoot soldier who deployed that concentrated on if there was intention to crushaKorean armored force withanuclear weapon fromtheedge,and North Korea exchanged fire withanucleus."

韓国の第三世代戦車も核で溶けない訳では無い」「北朝鮮の核実験により、半島の軍事バランスは一気に北に傾いた」という見解もある。 → There istheopinion "thatthemilitary balance ofthepeninsula inclined tothenorth byanuclear test of North Korea at a stretch" thattheKorean third generation tank dissolves in withanucleus.

現段階では弾道ミサイルへの核弾頭搭載については見解が分かれているが、これは北朝鮮自身の核実験の実績から推測しているものに過ぎ無い。 → Anopinion is divided aboutthenuclear warhead deployment toaballistic missile at this stage,but this is over toathing supposing fromtheresults ofthenuclear test of oneself North Korean,and there is not it.

実際、パキスタンのアブドゥル・カディール・カーンも関与していた核の闇市場を通じてパキスタンあるいは中国製の1960年代に設計された弾道ミサイルに搭載可能なウラン爆縮型原子爆弾の設計図が北朝鮮に流入している事は考慮されておらず、正確性を欠く恐れがある。 → Actually,it might lack in accuracy thataplan of uranium 爆縮型原子爆弾 which Pakistani Abdul カディール Khan can be equipped with toaballistic missile designed throughthenuclear black market that participated inthe1960s Pakistani or made in China flows into North Korea without being considered.

なお、核実験だけの実績から考えると、最大評価は米シンクタンク、科学国際安全保障研究所(ISIS)の研究者らによって、ノドンに於ける核弾頭化は可能と言うもので、最小評価は「ファットマン規模の大きさの10キロトン程度の原子爆弾を保有」との評価である。 → In addition,as forthebiggest evaluation,as for making it it, thesmallest evaluation isanevaluation with"thepossession inanA-bomb of around 10 kilotons ofthesize oftheFat Man scale" with possibility andasaying thinganuclear warhead intheNodong byaU.S. think tank,researcher and others of scientific international security research institute (ISIS) whenIthink fromtheresults only for nuclear tests.

また、朝鮮人民軍が大量破壊兵器と弾道ミサイルの他に傾注しているのが特殊部隊及び、土台人の育成であり、陸海空軍及び朝鮮労働党が有する特殊部隊員の兵力は世界最大規模である。 → In addition,it is upbringing of Special Forces andthebase person that Korean People's Army devotes to other than weapons of mass destruction andaballistic missile,andthemilitary power ofthemember of Special Forces whichthearmed forces and Korean Workers' Party have isaworld's largest scale.

2010年5月5日、5万人余りの朝鮮人民軍の特殊部隊が、38度線の休戦ライン近くの最前線に配置されたという報道が出た。 → On May 5, 2010, thenews that Special Forces of Korean People's Army of more than 50,000 people were placed inthebattle front close tothecease-fire line ofthe38th parallel was given.

韓国政府筋は、北朝鮮が有事の際に土台人の手引きの元、韓国に潜入、特殊部隊を活用した奇襲作戦を敢行し、韓国軍を霍乱させる狙いがあるとしている。 → North Korea carries outthesurprise attack strategy that utilized infiltration,Special Forces in the case ofanemergency in cause oftheguide ofthebase person,Korea,andtheKorean government sources dotheKorea forces when there isanaim to let you do 霍乱.

右下の写真は板門店の軍事境界線を警備する朝鮮人民軍兵士であり、北朝鮮側から撮影されたものである。 → It wastheKorean People's Army soldier which guardedamilitary boundary of Panmunjeom,andthephotograph ofthelower right was photographed bytheNorth Korean side.

奥の二人の兵士の足元にあるコンクリートの帯が軍事境界線を表している。 → Anobi oftheconcrete inthestep of two back soldiers expressesamilitary boundary.

「二人の兵士はお互いが、手前の兵士は北朝鮮国民が、それぞれ境界線を越えて脱走しないように監視している」と言うのが韓国・米連合軍の解釈である → It is interpretation of Korea, theU.S. Allied Forces to say,"each other watchesthesoldier of this side as for two soldiers so thattheNorth Korean nation does not escape each acrossaboundary line".
posted by arena8order at 00:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。