2013年11月20日

経口避妊薬 pill-oral contraceptive

PN2009113001000533--CI0003.jpgpt_07.jpgpost4.jpg
#ккк #terrorism #goorenge. #yl.xxx #Drug #Drag #guureng. #oroti.xx

「ピル」に関連した英語例文の一覧
http://p213.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/11201feo487pQzZC/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E3%2583%2594%25E3%2583%25AB&_jig_keyword_=%83s%83%8B%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E3%2583%2594%25E3%2583%25AB%2B%25E5%2589%25AF%25E4%25BD%259C%25E7%2594%25A8%26p%3D%2583s%2583%258B%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26trans%3D0&_jig_source_=srch&guid=on



産婦人科相談 → Obstetrics and gynecology department consultation

http://p213.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1120bKhvjnTmvWYG/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.ihj.jp%2Fsanka%2FD-15.html&_jig_keyword_=%83s%83%8B%20%95%9B%8D%EC%97p&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2583s%2583%258B%2B%2595%259B%258D%25EC%2597p%26b%3D13%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on


ピル(経口避妊薬)の副作用 → Side effect ofthepill(oral contraceptive)

私の所に来られる方で、「ピルを服用したいのですが、副作用が怖いのですが、それについて教えてください。 → Intheone that can come to me"want to take it,butaside effect is scary,but please tell methepill about it".

」とお聞きになる方が、かなりいらっしゃいます。 → Aperson to become considerably comes to hear.

そこで、今回は、ピル(経口避妊薬)の副作用についてお話したいと思います。 → ThereforeIwant to talk abouttheside effect ofthepill(oral contraceptive)this time.

ところで、ピルは、女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二種類のホルモンを含んでいます。 → By the way, thepill includes two kinds of hormones ofanovarian follicle hormone andthecorpus luteum hormone which are female sex hormone.

この二種類のホルモンが、頭の中にある間脳と脳下垂体に働いて、ここから分泌される所の排卵に関係するホルモンを抑えてしまう事により、排卵が起こらないと言う「カラクリ」になっていると考えられています。 → It is thought that it is in"amechanism" to say thatIdo not have ovulation by these two kinds of hormones working to a certain diencephalon and pituitary gland inahead,and controllingahormone related totheovulation ofaplace secreted from here.


ホルモン含有量による影響 → Influence bythehormone content

1960年に世界で初めてピルが発売されて、30年余が過ぎております。 → Apill is released for the first time intheworld in 1960,and more than 30 years pass.

その後避妊効果を落とす事無く、如何に副作用を軽くするかが考えられ、改良が加えられて来ました。 → Without losinganantifertility effect,it was thought how you lightenedaside effect,and improvement has been added afterwards.

開発初期のピルは、ホルモンの含有量が多く血栓症、高血圧、肝臓機能障害等の重篤な副作用が相次いだ結果、ホルモン量を少なくする事で、副作用が少なく、より安全なものになって来ています。 → There are few side effects as a result that there is much content ofthehormone,and serious side effects such as thrombosis,high blood pressure, theliver functional disorder occurred successively by reducing quantity of hormone,andthepill oftheearly period of development becomes safer.

ピルの中に含まれている卵胞ホルモンが、1錠中50μg以下のものが低用量ピルと言われています。 → Theovarian follicle hormone included inthepill,50 μg of followings in one tablet are said to bealow-hormone pill.

また、一緒に含有されている黄体ホルモンも少なくされるようになりました。 → In addition, thecorpus luteum hormone contained together came to be reduced.

しかしながら、ピルに含まれるホルモン量を少なくすると、避妊の効果が弱くなってしまったり、不正出血が起こりやすくなる事が新たな問題点となっており、服用の仕方等の改良(2相型、3相型ピル)がなされる様になりました。 → However, aneffect ofthecontraception became weak,and it becametheproblems that it was new to become easy to have unjust bleeding whenIreduced quantity of hormone included inthepill,andtheimprovement(2aspects type, 3aspects type pill)such as ways of taking came to be done.

ピルの副作用では、卵胞ホルモン作用によるものと、黄体ホルモン作用によるものと分けて、お話しする必要があります。 → Ishare it withathing bythecorpus luteum hormone action that it depends on ovarian follicle hormone action intheside effect ofthepill,and it is necessary to talk.

卵胞ホルモン作用としては、頻度の高いものでは、悪心、嘔吐、頭痛や偏頭痛、頻度の低いものでは下腹痛、下痢、肝機能異常、血栓性静脈炎や高血圧等があります。 → As ovarian follicle hormone action,there are lower abdominal pain,diarrhea,liver function abnormality,clot-related phlebitis or high blood pressure with nausea,vomiting, aheadache andamigraine headache, theinfrequent thing withthefrequent thing.

また、黄体ホルモン作用によるものでは、倦怠感、乳房痛や乳房緊満は比較的頻度が高く、倦怠感、性欲低下、抑鬱や体液貯留は多少あります。 → In addition,lassitude,breast ache and 乳房緊満 are relatively frequent,and,withthething bythecorpus luteum hormone action,there are lassitude, asexual desire drop,dejection andthebody fluid retention to some extent.

更に、黄体ホルモンの種類によっては男性ホルモンの作用を示すものがあり、にきびの発生や食欲亢進と体重増加となる場合もあります。 → Furthermore,there isathing indicatingtheaction ofthemale hormone depending onakind ofthecorpus luteum hormone,and it may become outbreak and bulimia andtheweight gain ofthepimple.

ピルの副作用として肝機能障害も勿論重要な事です。 → Of coursealiver function disorder isanimportant thing asaside effect ofthepills.

しかし、発生頻度は低いものの、一端、発生すると生命に関わる副作用としては、静脈血栓症、心筋梗塞と脳卒中があります。 → However, avital side effect includes vein thrombosis,myocardial infarction andastroke whentheoutbreak frequency produces one end although it is low.

卵胞ホルモンは、出血の時に止血させる作用があり(凝固・線溶系亢進)、静脈内に血栓が形成され、それが肺動脈に詰まると大変な事になります。 → Able to let you stop bleeding oftheovarian follicle hormone at the time of bleeding(solidification,fibrinolysis system sthenia)andaclot is formed intravenously and is to be serious when it is jam-packed to pulmonary artery.

また、黄体ホルモンは、コレステロールの代謝を異常にさせ、動脈硬化と高血圧症を起こし、その結果心筋梗塞や脳卒中が起こりやすくなります。 → In addition,abnormally point tothemetabolism of cholesterol,andthecorpus luteum hormone causes arteriosclerosis and high blood pressure and,as a result,becomes easy to have myocardial infarction andastroke.

以上のことを考え合わせて、ピルの使用上の注意事項について申し上げます。 → Iconsidertheabove-mentioned thing and express it about instructions intheuse ofthepill.

静脈血栓の既往のある方や静 脈瘤を持っている方 → Thevein clot withthepast andtheone that haveavarix

高脂血症のある方 → One with hyperlipidemia

虚血性心疾患のある方 → One withthecoronary heart disease

肝機能の悪い方 → Bad liver function

甲状腺機能亢進症や糖尿病 などの内分泌系の病気の方 → Endocrinologic hyperthyroidism or diabetes of illness

精神的に抑圧状態にある方 → Theone that is in suppression state mentally

高血圧の方 → High blood pressure

性器や乳房に悪性の病気をもっている方 → Theperson who hasamalignant disease onthesexual organs andthebreast

以上の方はピルを服用してはいけません。 → Theabove-mentioned person must not takeapill.

また、17歳以下の若年婦人は卵巣機能が、まだ不安定であり、ピルの服用は避けた方が良いと考えられています。 → In addition, theyoung woman 17 years or younger is still unstable inanovarian function,and it is thought that you should avoid taking pill.

ところで、ピルと一緒に服用するとピルの作用が弱まるような薬があります。 → By the way,there isthemedicine thattheaction ofthepill weakens whenItake it withapill.

それらは、抗生物質(アンビシリンやテトラサイクリン等)や、催眠鎮痛剤(フェノバルビタール等)が報告されています。 → Anantibiotic(Ann vicilin or tetracycline)andahypnosis pain-killer(phenobarbital)are reported to them.

しかし、常にピルの作用が弱まる訳ではありません。 → However,action ofthepills does not always weaken.

服用には内科的チェック必要それでは、ピルを服用したい方は、服用前にどの様な検査が必要なのでしょうか。 → Amedical check is necessary for remedy

まず、子宮内膜癌や乳癌は女性ホルモンに関連しているものですから、子宮頚癌の検査と一緒にして置いた方が良いです。 → At first do it withtheinspection ofthecervical cancer and should put it becauseanendometrium cancer andthebreast cancer are things in conjunction withthefemale sex hormone.

更に大事な事は、内科的なチェックも必要です。 → Amore important thing is necessary forthemedical check.

体重測定による肥満チェック、喫煙習慣の有無、血圧測定、貧血の検査、血液凝固の検査、肝機能の検査をする事です。 → It is obese check bytheweight measurement,having smoking custom or not,blood pressure measurement,inspection of anemia,coagulant inspection,to inspecttheliver function.

http://www.hori3541.or.jp/pill.h


http://p228.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1120vlnj7SEibl23/o?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.hori3541.or.jp%2Fpill.html&_jig_keyword_=%CB%DF%D9%20%95%9B%8D%EC%97p&guid=on&_jig_xargs_=R


皆さんはピル(低容量ピル)に対して、どの様なイメージをお持ちですか? → What kind of image does everybody have forapill(low-dose contraceptive pill)?

ホルモン剤は心配、太るのでは、癌になり易いから、高そうだから。 → Because becausethehormone drug worries and gains weight and is easy to suffer fromacancer,it seems to be high.

日本人のピル服用率(約1%)は他の諸国に比べて極めて低く(ヨーロッパ-30〜50%、アメリカ-15%、アジア-5%)、未だに望まれ無い妊娠が減りません。 → Thepill remedy percentage(approximately 1%)of Japanese is still expected extremely in comparison with other countries low(European-30-50%,United States -15%,Asia -5%),andthepregnancy that there is not does not decrease.

また、先進諸国の中で唯一日本だけ卵巣がんの患者数が増えている事や、国内の子宮内膜症患者数の増加は、ピルの服用率が低い事に因るとも言われています。 → In addition, theincrease ofthenumber of patients oftheovarian cancer increasing to only only Japan in developed nations andthedomestic endometriotic number of patients is said to be it even if it depends onataking pill rate being low.

ピルには避妊効果の他にも、色々な効用があり、副作用は皆さんが思っている程、多くありません。 → Apill hasthe,besides,various effects oftheantifertility effect,and there are not many side effects so that everybody thinks.

適応を守れば、とても安全で効果のある薬です。 → Very safe and am effective medicine ifIkeep adaptation.

ピルの成分は卵巣から分泌される卵胞ホルモンと黄体ホルモンです。 → Aningredient ofthepills isanovarian follicle hormone and corpus luteum hormone secreted bytheovary.

避妊の仕組みは主に、 → Thestructure ofthecontraception toamaster,

排卵を抑える → Isuppresstheovulation

子宮内膜を妊娠しにくい状態にする → Makeanendometriumthestate that is hard to become pregnant

頚管粘液を精子が子宮に入りにくい状態にする → Make cervical duct viscous liquidthestate thatasperm is hard to be intheuterus

以上の3点の作用で避妊効果を、もたらします。 → Bringanantifertility effect by three points of above-mentioned action.

正しく服用した場合ほぼ100%の効果があり他の避妊法より確実です。 → When take it definitely, have approximately 100% of effects and am more certain than other sterilizations.

最近はピルを避妊以外の目的で処方する事も多くなりました。 → Came to often prescribeapill inapurpose exceptthecontraception recently.

主な症状として、子宮内膜症、生理痛、過多月経、不規則な生理の周期、生理前の諸症状、月経前症候群(苛々、便秘、下腹痛、ニキビ等)等が挙げられます。 → Main symptoms include symptoms beforethemenstruation,premenstrual syndrome(irritation,constipation,lower abdominal pain,pimple)inanendometriosis,menstrual pain,excessive menstruation, aperiod of arrhythmic menstruation.

一番重要な副作用は血栓症(エコノミー症候群等)です。 → Themost important side effect is thrombosis(economy syndrome).

卵胞ホルモンには血液を固まらせる作用があるので血の固まりが出来易くなります。 → Because able to let blood harden toanovarian follicle hormone, alump oftheblood becomes easy to be made.

悪心、不正出血、乳房の張り等、3割の方に見られます。 → Nausea,unjust bleeding,tension ofthebreast are seen towards 30%.

しかし、その殆どは3ヶ月内服を続けると収まって来ます。 → However, satisfied whenthemost continue taking medicine for three months.

1シート(ひと月)…3,000円 → 1sheet(one month)

初回のみ、初診料と指導料。検査は超音波検査と血圧測定を行います。 → Only inthefirst time,it is fee charged for a patient's first visit and instruction charges. Theinspection performs sonography andablood pressure measurement.

同時に癌検診、感染症のチェックをお薦めします。 → Recommendacancer checkup, thecheck oftheinfectious disease at the same time.

次回からピル代金のみとなります。 → It is onlythepill price fromthenext time.

生理痛等の原因で処方する場合、診察は保険診療となります。 → When prescribe it for causes such asthemenstrual pain, themedical examination becomesthemedical service under health insurance.


ピルをのむと太るのでは? → Gain weight when it swallows upthepill?

殆ど太る心配はありません。 → We almost do not have to worry to gain weight.

以前の中容量ピルでは体重増加が見られましたが、現在の低容量ピルでは体重増加は殆どありません。 → Weight gain was seen inthecapacity pill inthepast,but there is little weight gain inthecurrent low-dose contraceptive pill.

ピルの副作用と言うより内服により食欲が増すと言う方が時々いらっしゃいます。 → Aperson saying that appetites increase by internal use than they saytheside effect ofthepill sometimes comes.


癌になり易くなるのでは? → It becomes easy to suffer fromacancer?

乳がんが増えると言われて来ましたが、最近の研究では低用量ピルの服用により、乳がんになるリスクが増える事はありません。 → It has been said that breast cancer increased,but there cannot bethething that risks to suffer from breast cancer by taking low-hormone pill increase intherecent study.

子宮体がん、卵巣がんではリスクが50%以上低下します。 → Arisk decreases for endometrial cancer, theovarian cancer more than 50%.

子宮頸がんは増える傾向にありますが、統計学的には明らかではありません。 → Theuterine cervix cancer tends to increase,but is not statistically clear.

又、女性の癌死亡率トップの大腸がんのリスクも低下します。 → In addition, therisk of colon cancer ofthecancer death rate of women top decreases,too.

又、あらゆる疾患による死亡リスクを低下させるという報告もあります。 → In addition,there isthereport to reduceadeath due to every disease risk.

http://ameblo.jp/kaz3541/


妊娠できなくなるのでは? → Cannot become pregnant?

服用前、生理が順調だった方は服用中止後5週間で生理周期が回復します。 → Amenstruation period restorestheone where menstruation was favorable after remedy cancellation before remedy in five weeks.

殆どの方は3ヶ月以内で生理周期が回復します。 → Amenstruation period restores most one within three months.


感染症が心配。 → Anxious aboutaninfectious disease.

ピルは性病の予防は出来ません。 → Thepill cannot preventthevenereal disease.

避妊と性病予防とは考え方が違います。 → Away of thinking is different from contraception andthevenereal disease prevention.

性病の感染の危険があるような場合にはコンドームを使用して下さい。 → When you are in danger oftheinfection ofthevenereal disease,please useacondom.

又、ピル服用前に一度、クラミジア等の検査をお薦めします。 → In addition, recommend inspection such asthechlamydia before pill remedy once.


ピルは高いのでは? → Thepill is high?

健康保険の適応外なので自由診療になります。 → Because it is out of adaptation ofthehealth insurance,it is given medical care freely.

そして服用中の定期検査は婦人科検診も兼ねて、年に一度の健康チェックとして活用してみてはいかがでしょう → Andtheperiodical inspection taking serves asthegynecology examination,and how about inflecting asanannual healthy check.


子宮内膜症の新治療
http://p216.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/11202N3NnqjwW9Aw/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.ne.jp%2Fasahi%2Fclinic%2Fyfc%2Flunabell.html&_jig_keyword_=%83s%83%8B%20%95%9B%8D%EC%97p&_jig_done_=http%3A%2F%2Fimgsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fimgsearch%2Fdetail%3Fp%3D%2583s%2583%258B%2B%2595%259B%258D%25EC%2597p%26ib%3D11%26ss%3Dxargs%253D3&_jig_source_=simg&guid=on
posted by arena8order at 22:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テロリスト"yl.polphotoXX"の電気攻撃は宇宙に…

m_E38199E38281E38182E38194E3828B.jpg11bf2e16682b945a95171f106fe04e5d.jpg13_08_01_6.jpg
#terrorism #Filipino #warweapon #yl. #polphotoXX #pyongyang.ping.syang. #飢瓜_Kika.#ккк #Apache #XXxxx

「更年期症状」に関連した英語例文の一覧
http://p208.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1120mXdCTjHFuXmc/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E6%259B%25B4%25E5%25B9%25B4%25E6%259C%259F%25E7%2597%2587%25E7%258A%25B6&_jig_keyword_=%8DX%94N%8A%FA%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%258DX%2594N%258A%25FA%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio&_jig_source_=srch&guid=on


#ккк#Apache #yl. #terrorist #Kika #pyongyang #polphoto.xxx


「人肉カプセル」と呼ばれる、朝鮮のドラッグに「先天性の奇形や寄生虫病の嬰児」の遺体が粉末で入っているらしい。 → Thecorpse of "congenital deformity andthebaby ofthehelminthiasis" seems to entertheKorean drug called"thehuman flesh capsule" with powder.

更に枯葉剤と同じ排卵誘発剤や水銀、多種の動物性や植物性の毒や塩化カルシウム等、添加物や排卵抑制剤のピルや覚醒剤「ヒロポン」と似た薬、アスピリン、コカール等、関東大震災前に流行ったらしい朝鮮の働く前に飲む薬「快體(エゲレツ)」の成分に、更に成分を増量、追加しているらしい。 → Furthermore,increase in quantity seems to addaningredient toaningredient of medicine "快體-Kaitai"(エゲレツ-Egeretu)to drink before working of Korea which seemed to be popular beforetheGreat Kanto Earthquake such as medicine,aspirin, thecocurl that resembled pill and stimulant "Philopon" of additives such asanovulation inducer and mercury same asadefoliant,animalism ofthehaving many kinds or vegetable poison or calcium chloride andtheovulation inhibitor more.

飲み物にも混ぜたりするらしい。 → Seem to mix it withadrink.

解毒(デトックス)は飲み薬と点滴等で洗い流すのみ。 → Thedetoxification washes it away by medicine and intravenous feeding.

コカールは肝臓病になる。 → Theco-curl suffers fromaliver disease.


治療法は短期入院の簡易手術と新しいインターフェロン投与で楽に肝硬変も治るらしい。 → Thecure seems to recover fromthecirrhosis byasimple operation ofthehospitalization andthenew interferon dosage easily for a short term.

ウィルス性の肝炎なら同じ内容プラス、薬物療法になるのかもね。 → Contents plus same as fortheviral hepatitis,medical therapy.

病院で頭(脳幹のチェックと後頭部、梵の窪の煤払い)と全身の点滴と、血液型がO型ならイソミタールとソラナックスを併用。 → If intravenous feeding andtheblood type ofahead(acheck andtheback of the head ofthebrainstem,soot payment of the Brahman)andthewhole body are O-type, use SORA Nac's together with Isomitarl atahospital.

B型ならソラナック、A型ならパキシルの短期型と中期型の併用で「更年期対策」をして下さい。 → If type B is SORA Nac,type A,please do "menopause measures" bythecombination ofashort-term model of Paxil andthemiddle model.

点滴治療は10〜15%の電解質の生理食塩水にホウ酸と猩紅熱の治療薬の点滴と猩紅熱の飲み薬は2週間分。 → Theintravenous feeding treatment tothesaline of 10-15% of electrolytesthemedicine of intravenous feeding and scarlet fever of boric acid andthetherapeutic drug of scarlet fever for two weeks.

骨伝導の補聴器を付けたら鼓膜復活とか。 → If attachahearing aid ofthebone conduction;with eardrum revival.

脳と肝臓の治療は血管と神経を避けて、色が違う所(変異した場所)を取って、抗生物質とアスピリンのゲル状の薬剤に健康な元気な脳や肝臓の細胞を混ぜ、悪い部分を取った空いた所に入れ付けて、消える絆創膏等を貼るか縫うらしい。 → Thetreatment of brain andtheliver avoids blood vessel andanerve and takestheplace(theplace that mutated)thatacolor is different in and mixesthecell ofthehealthy cheerful brain and liver withagelatinous drug ofanantibiotic andtheaspirin and entertheplace that became vacant that tookthebad part and touch it andIput disappearing adhesive plasters or seem to sew it.

膀胱や睾丸内に、小脳と同じ様な添加物等が溜まって、悪性腫瘍になっていたりするらしい。 → Inabladder andthetesticles,additives similar to cerebellum collect and seem to suffer fromamalignant tumor.

点滴や注射等、薬でしっかり、出した方が良いらしい。 → You seem to take out intravenous feeding oraninjection with medicine well.

痰やニキビや脂肪球と同じ。 → It is the same asasputum andapimple andafat ball.

体に悪いから出る「抗体反応」でしょう。 → "It will beanantibody reaction" to come out because it is bad for the health.


Area.G.Grese.M.Rossi
會璃蘓宮崇妃日實妃と言われた。 → Was said to be Area.G.Grese.M.Rossi 會璃蘓宮崇妃日實妃.

今更で腹が立つから、嫌がらせで横浜に一杯、ホームを造るつもりです。 → BecauseIam angry now,there is a lot of it in Yokohama and intends to makeahome with harassment.

関内や港付近に競馬場とかスタジアム等、色々、移設や新設します。 → Aracetrack orastadium are various near Kannai andaport;transference found it.

美大も創ります。 → Iorganize beautiful University.

格闘技のリングスも開催します。 → Iholdtherings ofthemartial art.

ロイターで新聞の発行とテレビやラジオもやります。 → Idothepublication ofthenewspaper and TV andtheradio in Reuters.


キカは飢瓜でルバング産まれ。 → Kika starves,and Rubang product is rare withagourd.

ピョンヤン(pyongyang)で平壌産まれ。 → Pyongyang product is rare in Pyongyang (pyongyang).

イル(yl)はそれ以外で産まれた動物、実験交配の種族。 → Theanimal that yl (yl) was born other than it, afamily oftheexperiment mating.

アパッチ系だったりするらしい。 → It seems to be Apache system.

「ドッピンシャン(.ping.syang.)」と呼ばれる狼煙で有名な危険な民族。 → Thedangerous race which is famous forabeacon called "Doppinsyang. (.ping.syang.)."

近親交配「マイマイ(minemine)」の種族。 → Afamily of inbreeding "snail (minemine)."

スカトロジーで自爆テロ。 → It isasuicide bombing in scatology.

カニバリズムでクールー病。 → It is kuru disease by cannibalism.

親戚が動物の遺伝子だったり、人工受精卵を山羊や羊も代理母とするのでヤコブ病とも言われている。 → Arelative isthegene oftheanimal and is said to be Jacob disease becauseagoat andthesheep assumeanartificial fertilized eggasurrogate mother.

身体中の整形手術や首、手や足、腕や脚、目や内臓を取り換えたり、付け替え(すげ替え)するのも原因で脳症が治らない。 → Exchange cosmetic surgical treatment andaneck of bodies, ahand andafoot, anarm andaleg,eyes andtheinternal organs,and it isacause that change it(Ireshuffle),and do,and brain fever is not cured.

整形や形成等に時間が掛かり、特殊な性器「大蛇(赤い舌の黒蛇)」を取ると性転換手術となる。 → Cosmetic surgery ortheformation take time and becomethetranssexual surgery when they takethespecial sexual organs "large snake"(black chaser ofared tongue).

女になる治療や更年期障害の治療として間違った治療法の排卵抑制、誘発剤のピルを服用して後遺症になっているらしい。 → Taketheovulation restraint ofthewrong cure, thepill oftheinducer as treatment and treatment of menopausal disorders to becomeawoman,and it seems to be in aftereffects.

馬の脚と交換する時点で朝鮮の法律で「破ると処刑」と決まっている事により、特定、指定の人工肛門を付ける手術になるらしい。 → Touch identification, adesignated artificial anus by being decided on "execution byaKorean law when trade withtheleg ofthehorse when burst";seem to be operated.

更年期障害の性同一性障害の高齢の男は若作りしても恐ろしいからモテない。 → Theold man of gender identity disorders of menopausal disorders young;even if make it,is not popular because is terrible.

肌も付け替えするらしい。 → Changetheskin and seem to do it.

朝鮮工作員学校に通い「朝鮮工作員」となり、世界中に派遣されたり、窃盗等の目的で密入国する「体内でウィルスを培養する」バイオテロリストである。 → Go totheKorea agent school and become "Korea agent" and am dispatched intheworld and amabioterrorist "culturingavirus inthebody" entering it illegally for the purpose of theft.

ワシントン条約で輸入禁止の動物である。 → It istheanimal oftheimport ban by Washington Convention.

トゲのある言い方になる位の被害者は世界中に何億人も居る。 → Thevictim as it becomestheway of speaking withthesplinter has hundreds of millions of people all overtheworld.

朝鮮では「生きたブードゥ人形」と呼ばれ、忌み嫌われ、毎日、出没場所等の詳しい情報が報道となっているらしい。 → Called"alifelike boo do doll" in Korea and am detested,andthedetailed information of haunting places seems to becomethenews every day.

戦争兵器の「痛い電気」は宇宙に迄、迷惑を掛けているらしい。 → "Thehurting electricity" ofthewar weapon seems to troublethespace.

レーダービームのプラズマや放射線は冥王星やブラックホール迄、届いているらしい → Plasma andtheradiation oftheradar beam seem to arrive to Pluto andablack hole.
posted by arena8order at 20:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポル・ポト 3

Image~014.jpgImage~029.jpg51leuE7IS%2BL_SL500_AA300_.jpg
#ккк #polphoto.xxx #Apache #yl. #terrorism #Kika(飢瓜) #pyongyang #馬伝染病 #baioterrorist #更年期障害

脚注[編集]

^ 1970年代に離婚。

^ Brother Number One, David Chandler, Silkworm Book, 1992 p.7

^ “Pol Pot Biography”. Notablebiographies.com.2009年2月27日閲覧。

^a b B.Kiernan, The Pol Pot Regime---Race, Power and Genocide in Cambodia under the Khmer Rouge, 1975-1979(third edition), Yale University Press, 2008,ISBN 978-0-300-14434-5, Preface to the third edition.

^a b c d e f B.Kiernan, How Pol Pot Came to Power(second edition), 2004,ISBN 0-300-10262-3, pp.25-27.

^a b c d 井川・武田編著『新版・カンボジア黙示録』田畑書店、p.33.

^ ラルース世界史人物辞典

^ B.Kiernan,The Pol Pot Regime(third edition)p.6.

^ B.Kiernan,How Pol Pot(second edition), p.25.

^ B.kerinan,How Pol Pot(second edition), p.26.

^ D.Chandler, Brother Number One;A Political Biography of Pol Pot,

^ 根拠となる資料をはっきりと明示してはいないが、1977年の公式発表による自伝が生年を1925年としていることと、1985年に表面上リタイアを声明した際に生年を1925年と認めたことによるようである。

^ B.Kiernan,How Pol Pot Came to Power(second edition), p.25.

^ B.Kiernan,The Pol Pot Regime(third edition), p.9.

^ B.Kiernan,How Pol Pot(second edition), p.26-27.

^ B.Kiernan,How Pol Pot(second edition), p.27.

^a b B.Kiernan,How Pol Pot(second edition). p.29.

^a b c d B.Kiernan,How Pol Pot(second edition), p.119.

^ B.Kiernan,How Pol Pot(second edition), p.121.

^a b B.Kiernan,How Pol Pot Came to Power(second edition), p.121.

^ 井川一久編著「新版・カンボジア黙示録」田畑書店、p.201

^ B.KiernanmThe Pol Pot Regime(third edition), p.11.

^ B.Keirnan,How Pol Pot(second edition), p.120.

^ B.Kiernan,How Pol Pot(second edition), p.121.

^ B.Kiernan,How Pol Pot(second edition), p.122

^ B.Kiernan,How Pol Pot(second edition), p.176.

^ 後に重要なポジションにつくことになる左翼主義者ネイ・サラン(Ney Sarann)、ヴォン・ヴェト(Vorn Vet)、シエット・チェ(Shiet Chhe)も同じ高校で働き始めた。

^ 井川一久編著『新版・カンボジア黙示録』田畑書店、p.200.

^ B.Kiernan,How Pol Pot(second edition), p.122.

^ B.Kiernan,How Pol Pot(second edition), p.122.

^a b c B.Kiernan,How Pol Pot(second edition), p.123.

^ 『新版・カンボジア黙示録』によれば、クメール・イサラクではなくクメール人民革命党になっている。

^ B.Kiernan,How Pol Pot(second edition), p.124.

^ B.Kiernan,How Pol Pot(second edition), p.155.

^a b c B.Kiernan,How Pol Pot(second edition), p.157.

^ B>Kiernan ,"How Pol Pot(second edition)", p.157によれば、クロム・プラチェアチョンはクメール人民革命党の偽装合法政党のことである。しかし、井川一久編著「新版カンボジア黙示録」p.203によれば、クメール人民革命党の偽装合法部分は民主党であると記述されている。


^ 井川一久編著「新版カンボジア黙示録」p.200.

^ B.Kiernan,How Pol Pot(second edition), p.172.

^ B.Kiernan,How Pol Pot(second edition), p.188.

^ デービッド・P・チャンドラー著『ポル・ポト伝』めこん、p.104.

^ B.Kiernan,How Pol Pot(second edition), p.198.

^ B.Kiernan,How Pol Pot(second edition), p.193.

^ B.Kiernan,How Pol Pot(second edition), p.199.

^ B.Kiernan,How Pol Pot(second edition), p.200.

^ B.Kiernan,How Pol Pot(second edition), p.202.

^ 閣僚だったキュー・サムファンやフー・ユオンの名も載っていた。ポル・ポトとイエン・サリもリストに挙げられている。34人の名前全てについては、B.Kiernan,How Pol Pot(second edition), p.242を参照。

^ B.Kiernan,How Pol Pot(second edition), p.202.

^a b B.Kiernan,How Pol Pot(second edition), p.203.

^ B.Kiernan,How Pol Pot(secomd eidtion), p.200.

^ B.Kiernan,How Pol Pot(second edition), p.203.

^a b c B.Kiernan,The Pol Pot Regime(third edition), p.327.

^ クメール語で「組織」の意味。

^ B.Kiernan,How Pol Pot(second edition), pp.219-220.

^ B.Kiernan,The Pol Pot Regime(third edition), p.126 によれば、〓小平らよりも康生との接触が多かったようである。

^ B.Kiernan,How Pol Pot(second edition), pp.222-223.

^ B.Kiernan,How Pol Pot(secodn edition), p.224.

^ 井川一久編著「新版・カンボジア黙示録」田畑書店、p.191.

^ B.Kiernan,The Pol Pot Regime(third edition), p.127.

^ B.Kiernan,How Pol Pot(second edition), p.260.

^ 井川一久編著「新版カンボジア黙示録」田畑書店、p.266

^a b B.Kiernan,The Pol Pot Regime(third edition), p.127.

^ 井川一久編著「新版カンボジア黙示録」田畑書店、p.204.

^ B.Kiernan,How Pol Pot(second edition), p.290.

^ 清野 真巳子『禁じられた稲-カンボジア現代史紀行』連合出版、p.42

^ 『NAM』同朋舎出版、見聞社編、p.532

^ チャンドラー,『ポル・ポト伝』p.131

^ チャンドラー,『ポル・ポト伝』p.131

^ チャンドラー,『ポル・ポト伝』p.131

^ ダニエル・エルズバーグ著「ベトナム戦争報告」p174,筑摩書房

^ 「インドシナ現代史」p103,連合出版

^ 「インドシナ現代史」p104,連合出版

^ 井上恭介、藤下超 著「なぜ同胞を殺したのか」p103,日本放送出版協会

^ NHK取材班著「激動の河メコン」p32,日本放送出版協会

^ 池上彰著「そうだったのか!現代史」p150,集英社

参考文献[編集]

『ポル・ポト ある悪夢の歴史』 フィリップ・ショート山形浩生訳 白水社 2008年

『ポル・ポト「革命」史 虐殺と破壊の四年間』 山田寛講談社選書メチエ 2004年

『ポル・ポト 死の監獄S21クメール・ルージュと大量虐殺』 デーヴィッド・チャンドラー 山田寛訳 白揚社 2002年

『ポル・ポト伝』 デービッド・チャンドラー 山田寛訳 めこん 1994年

『なぜ同胞を殺したのか―ポル・ポト 堕ちたユートピアの夢』 井上恭介/藤下超日本放送出版協会2001年

『ポル・ポト派の素顔』 クリストフ・ペシュー 友田錫監訳 日本放送出版協会 1994年

『カンボジア大虐殺は裁けるか クメール・ルージュ国際法廷への道』 スティーブ・ヘダー、ブライアン・D. ティットモア 四本健二訳 現代人文社 2005年

『ブラザー・エネミー サイゴン陥落後のインドシナ』 ナヤン・チャンダ 友田錫/滝上広水訳 めこん 1999年

『カンボジア、いま クメール・ルージュと内戦の大地』高沢皓司/写真と文 新泉社 1993年

『キリング・フィールドからの生還 わがカンボジア〈殺戮の地〉』 ハイン・ニョル/ロジャー・ワーナー 吉岡晶子訳 1990年光文社

関連項目[編集]

カンボジア内戦

キリング・フィールド

S21 (トゥール・スレン)

北斗の拳

外部リンク[編集]

イェール大学・カンボジア人大量虐殺プログラム (英語)

A meeting with Pol PotElizabeth Becker ofThe New York Times (英語)

カンボジア総合情報サイト 日本語

Pol Pot's death confirmedCNN Report

Interview with P. Short,UCLAInternational Institute(英語)



先代:

ヌオン・チア


民主カンプチア首相

1976年-1979年


次代:

ソン・サン
(民主カンボジア連合政府首相)



先代:

キュー・サムファン


民主カンプチア首相

1976年


次代:

ヌオン・チア



先代:

トゥー・サムート


カンボジア共産党書記長

1963年-1985年


次代:

キュー・サムファン


http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ポル・ポト&oldid=49723630」から取得

カテゴリ:
カンボジアの政治家
クメール・ルージュの人物
1928年生
1998年没
posted by arena8order at 17:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポル・ポト 2

Image~011.jpgImage~012.jpgImage~013.jpg
#ккк #polphoto.xxx #Apache #yl. #terrorism #Kika(飢瓜) #pyongyang #馬伝染病 #baioterrorist #更年期障害

クーデターと内戦の激化[編集]

シアヌークが南ベトナム解放民族戦線を支援していると見なしていたアメリカ合衆国はロン・ノル将軍を支援、1970年3月18日にクーデターを起こし、シアヌークを追放した。

北京に亡命したシアヌークは、挽回を図りポル・ポトと接触した。元々クメール・ルージュとシアヌークは不倶戴天の敵であったが、ここに共闘関係が生まれた。

ポル・ポトは元国王の支持を取り付けることで、自らの正当性を主張できると考えた。

同年アメリカ合衆国大統領リチャード・ニクソンは、南ベトナムと隣接する解放戦線の拠点を攻撃するためにカンボジア国内への侵攻を許可した。

以後アメリカ軍とカンボジア軍はコンポンチャムなどの都市や農村部に激しい空爆を行い、農村インフラは破壊され数十万人が犠牲となり、米軍の爆撃開始からわずか一年半の間に200万人が国内難民と化した。

クメール・ルージュへの加入者は激増しその勢力は拡大した。

また、ロン・ノル政権は汚職が蔓延し都市部しかコントロールできなかった。

シアヌークの人気とアメリカ軍のカンボジア爆撃は、ポル・ポト派の勢力拡大に有利に働いた。

また、食糧生産も大打撃を受けた。

1969年には耕作面積249万ヘクタールを有し米23万トンを輸出していたカンボジアは、1974年には耕作面積5万ヘクタールとなり28万2000トンの米を輸入し、米の値段は1971年10リアルから1975年340リアルにまで急騰した。

1971年アメリカ会計監査院の視察団はカンボジアの深刻な食糧不足を報告している。

こうした状況のなか、都市部は米国からの食糧援助で食いつなぐことができたが、援助のいきわたらない農村部では大規模な飢餓の危機が進行しつつあった。

ベトナム戦争の不安定化、特に「ベトナムの聖域を浄化する」アメリカ軍のカンボジア猛爆がなければクメール・ルージュが政権を獲ることもなかったであろうという考察もある(ウィリアム・ショークロスの1979年の著書『Sideshow』がこの点に触れている)。


全権掌握[編集]

民主カンプチア[編集]

クメール・ルージュ犠牲者

Choeung Ek公共墓地

「民主カンボジア」も参照

1973年、アメリカがベトナムから撤退。それと同時に、南ベトナム解放民族戦線はカンボジアを去ったが、クメール・ルージュは戦いを続けた。

地方への支配が維持できずロン・ノル政権はすぐに崩壊し、1975年4月17日にクメール・ルージュはプノンペンを占領した。

当初、都市部の住民はクメール・ルージュを歓迎したが、数日のうちに住民らは農村部への強制移住を強いられた。

クメール・ルージュは全権掌握後、国名を「民主カンプチア」に改名。またポル・ポトもこの間に、自身の名前を「サロット・サル」から「ポル・ポト」へ改めたという。

しかし、ポル・ポトはほとんどジャングルから出ず、表向きはシアヌークやその部下を中心とした政権を前面に出し、彼らを傀儡として操ろうとしていたという。

ロン・ノルはアメリカへ亡命したが、逃げ遅れた一族のロン・ノン、ロン・ボレトら閣僚は首都陥落直後に「敵軍掃討委員会」に身柄を拘束され、全員処刑された。

他にも政治家・高官・警察官・軍人ら700人余りが殺害され遺体は共同墓地に投げ込まれた。

ポル・ポトはシアヌークと「売国奴」としてリストに名をあげた少数の人物のみを処刑すると約束していたが、約束は反故にされた。

5月12日にカンボジア領海でクメール・ルージュ軍がアメリカ商船マヤグエース号を拿捕するというマヤグエース号事件が発生した。

ノロドム・シアヌークは1975年に復権したが、すぐに自身が急進的な共産主義の同僚と同列にされていることを理解した。

彼らは君主制を回復するシアヌークの計画を無視した。

さらに1976年4月2日、クメール・ルージュはシアヌークを自邸に監禁。

既存の政府は崩壊しシアヌークは国家元首の地位を追われ、キュー・サムファンが初代大統領(正式には「国家幹部会議長」)になった。

1976年5月13日に、ポル・ポトは民主カンプチアの首相に正式に就任し、地方で大粛清を始め、徹底的な国家の改造を行った。

ポル・ポトが目指したのは中国の毛沢東主義を基盤にした「原始共産主義社会」であり、資本主義の要素を全て否定することであった。

また、カンボジア仏教からも自我の否定、戒律、転生などいくつかの観念が援用されていた。

内戦中、アメリカ軍の農村部への爆撃により農村人口は難民として都市に流入した。

1976年直前にプノンペンの人口は100万以上に増加した。農村での食糧生産はすでに大打撃を受けており、1975年4月にはUSAIDが「カンボジアの食糧危機回避には17.5万〜25万トンの米が必要である」と報告し、国務省は「共産カンボジアは今後外国からの食糧援助が得られなくなるため100万人が飢餓にさらされることになるだろう」と予測した。

こうした中でクメール・ルージュは都市居住者を農村での食糧生産に強制的に従事させるために、「米軍の空爆があるので2、3日だけ首都から退去するよう」と都市居住者を地方の集団農場へ強制移住させた。

生存者の証言によると、病人・高齢者・妊婦などの弱者に対しても全く配慮はなかったという。

ポル・ポトは自身が国家から奨学金を得て留学したにもかかわらず反体制的運動に参加した経験から、自らの政治体制の矛盾を見抜きうるインテリ階級を極度に恐れ、弾圧した。

プノンペンは飢餓と疾病、農村への強制移住によってゴーストシティとなり、医者や教師を含む知識階級は見つかれば「再教育」という名目で呼び出され殺害された。

始めは医師や教師、技術者を優遇するという触れ込みで自己申告させ、どこかへ連れ去った。

やがて連れ去られた者が全く帰ってこないことが知れるようになり教育を受けた者は事情を理解し無学文盲を装って難を逃れようとしたが、眼鏡をかけている者、文字を読もうとした者など、少しでも学識がありそうな者などは片っ端から収容所に送られ殺害された。

また、無垢で知識が浅い子供が重用され、解放直後は14歳以下が国民の85%も占めていた。

ポル・ポト政権は、「腐ったリンゴは、箱ごと捨てなくてはならない」と唱えて、政治的反対者を弾圧した。通貨は廃止され私財は没収され、教育は公立学校で終了した。

更に国民は「旧人民」と「新人民」に区分され、長期間クメール・ルージュの構成員だった「旧人民」は共同体で配給を受け自ら食料を栽培できたが、プノンペン陥落後に都市から強制移住された新参者の「新人民」はたえず反革命の嫌疑がかけられ粛清の対象とされた。

「新人民」は、「サハコー」と呼ばれる生産共同体へ送り込まれ、劣悪な環境と過酷な強制労働に駆り出された。

彼らの監視に当てられたのは「旧人民」であり、密偵と称される集団はポル・ポトから「敵を探せ」と命じられていた。

しかし、当初こそ特権的な暮らしを享受した「旧人民」も農村に人口が流入すると食糧不足により、「新人民」同様に働かされるようになったという。

こうした過酷な労働と、飢餓、マラリアの蔓延などにより多くの者が生命を落とした。

カンボジアでは伝統的に上座部仏教が信仰されてきたが、仏教もまた弾圧の対象とされ、多くの僧侶が強制的に還俗させられ、寺院が破壊された。

ポル・ポト政権下において、仏教は壊滅的な打撃を受けた。

対外的には、ソ連やベトナムと断交する一方で中華人民共和国と北朝鮮との関係を強化し、ポル・ポト自身も積極的に外訪した。

これは後述の中ソ対立の構図が大きく影響していた。

また、ポル・ポトが「完全な兵士」として賞賛した地雷は、カンボジア西部のタイ国境沿いを中心に数多く埋設された。

ポル・ポト政権下での死傷者数はさまざまに推計されている。

カンボジアでは1962年の国勢調査を最後に戦争状態に入り、以後1975年までの正確な人口動態が不明となりこうした諸推計にも大きな開きが出ている。

ベトナムが支援するヘン・サムリン政権は1975年から1979年の間の死者数を300万とした(これはのちに下方修正された)。

フランソア・ポンショー神父は230万とするが、これは内戦時代の死者を含む。

イェール大学・カンボジア人大量虐殺プロジェクトは170万、アムネスティ・インターナショナルは140万、アメリカ国務省は120万と推計するがこれらの機関は内戦時代の戦闘や米軍の空爆による死者数には全く言及していない。

フィンランド政府の調査団によれば内戦と空爆による死者が60万人・ポル・ポト政権奪取後の死者が100万人とする。

マイケル・ヴィッカリーは内戦による死者を50万、ポル・ポト時代の死者を75万人としている。

当事者による推定ではキュー・サムファンは100万人、ポル・ポトは80万人である。


没落[編集]

「カンボジア・ベトナム戦争」および「中越戦争」も参照

ニコラエ・チャウシェスクと共に(1978年)

カンボジア人の間では、隣の大国であるベトナムに対する反感が強い。

それはイデオロギーに関係なく、ロン・ノル政権とクメール・ルージュがともに国内のベトナム人を虐殺・迫害したからである。

シハヌーク時代に50万人いたベトナム人のうち、1970年まで虐殺と迫害を逃れるためにベトナムに帰還したのは20万人以上にのぼる。

ポル・ポトは反ベトナムのプロパガンタを喧伝し、クメール・ルージュのラジオ放送では「ベトナムを排除するのに洗練された武器は必要ない。

歴史ある民族の各人が、その手で一人につき10人のベトナム人を殺せば足りる」と放送した。

1978年1月、ポル・ポトはカンボジア東部からベトナム領内を越境攻撃し、現地住民を虐殺した。

さらにベトナムと国交を断交した。

5月には中央のポル・ポトへの反乱の疑いを持たれた東部軍管区(そこはベトナム系カンボジア人の住民が多く、実際にベトナム政府がクメール・ルージュへの反乱を提案したこともあった)を攻撃し、東部地区の大量のクメール・ルージュ将兵を処刑した。

このため、ベトナム領内には、軍民を問わず、10数万人にのぼる東部地区の避難民が流入した。

その中にはヘン・サムリンなどの指導者も多数含まれていた。

ベトナム政府は、ベトナム領内への侵攻と、カンボジア内のベトナム人虐殺を止めるようカンボジア政府に働きかけようとしたが、その対話は成功しなかった。

1978年4月から5月には、カンボジア軍がベトナムに侵入し、バチュク村の村民2,000名を虐殺した。

1978年6月、ベトナムも反撃を開始し、空軍が国境付近に空爆を開始した。

また、ベトナム政府はクメール・ルージュのカンボジアからの排除の意思を固めた。

ベトナムは、ソ連にカンボジア侵攻に対する援助を要請し、1978年11月3日、ソ越友好協力条約が結ばれた。

この動きに対し、カンボジアと友好関係にあった中国共産党は、ベトナムに軍事作戦を示唆する警告を発したが、ベトナムはこれを無視した。

1978年12月25日、準備が整ったと判断したベトナムは、ベトナム国内に避難していたカンボジア人の中から人員を選び、カンプチア救国民族統一戦線として親ベトナムの軍を組織させた。

カンプチア救国民族統一戦線の議長には、ヘン・サムリンが選ばれた。

そして、カンボジア国内の反ポル・ポト派とも連携し、カンボジア国内に攻め込んだ。

カンボジア・ベトナム戦争の幕開けである。

ベトナム戦争からまだ数年しか経っておらず、米国がベトナムに残した武器装備を保持し、ソ連から援助を受け戦い慣れした将兵に事欠かなかったベトナム軍、および彼らに訓練を受けたカンプチア救国民族統一戦線にとって、粛清の影響による混乱で指揮系統が崩壊していた民主カンプチア革命軍の排除は、全く手間取るような作戦ではなかった。

カンプチア革命軍は、中国の支援を受けて装備は充実していたが、正面からベトナム軍を食い止めようとしても敵わず、わずか2週間でカンプチア革命軍の兵力は文字通り半減した。

カンボジア領内に進軍して、早くも1979年1月7日、プノンペンに入りポル・ポトの軍勢を敗走させた。

そしてベトナムの影響を強く受けたヘン・サムリン政権(カンボジア人民共和国)が成立した。

クメール・ルージュ軍およびポル・ポトはタイの国境付近のジャングルへ逃れた。

タイはカンボジア領内でポト派によって採掘されるルビー売買の利権を得、さらに反ベトナムの意図から、自国領を拠点にポル・ポト派がベトナム軍およびサムリン政権軍に反攻することを容認した。

ポル・ポトは国の西部の小地域を保持し、タイ領内からの越境攻撃も行いつつ、以後も反ベトナム・反サムリン政権の武装闘争を続けた。

翌月の1979年2月には、カンボジアの事実上の同盟国だった中華人民共和国(かつてポル・ポト政権を支持)が、カンボジア侵攻に対する「懲罰行為」としてベトナムに侵攻し、中越戦争が勃発した。

しかし、ベトナムは中国人民軍を逆に返り討ちにし、中国は3月には撤収した。

この後、ベトナムはカンボジアを完全に影響下に置き、長い間、その影響力を保持することとなる。


余波[編集]

ソ連とベトナムに敵対したポル・ポトはタイとアメリカから支援された。

アメリカと中華人民共和国は、ヘン・サムリン政権をベトナムの傀儡であるとしてカンボジア代表の国連総会への出席を拒否した。

ポル・ポトが反ソビエト反ベトナムだったので、アメリカ、タイ、中国はベトナム支持のヘン・サムリンより好ましいと考えた。

1981年9月4日ポル・ポトとシアヌークおよび右派自由主義のソン・サンの3派による反ベトナム同盟を結んだ。

ポル・ポトは、この終了を求めて公式に1985年に辞職したが、同盟内の事実上のカンボジア共産党のリーダーとして支配的影響力を維持した。

1989年ベトナム軍はカンボジアから撤退した。1993年、国連監視下での自由化された総選挙により立憲君主制が採択された。

選挙結果は、全120議席のうち、フンシンペック党が58議席、カンボジア人民党が51議席、ソン・サンの仏教自由民主党が10議席、その他1議席であった。

ポル・ポト派はこの選挙に参加せず、新しい連立政権と戦い続けたが1996年ころまでには軍は堕落し規律も崩壊し、数人の重要な指導者も離脱した。


死去[編集]

アンロン・ベン県に建立されているポル・ポトの墓

1997年に、ポル・ポトは政府との和解交渉を試みた腹心のソン・センとその一族を殺害した。

しかしその後クメール・ルージュの軍司令官タ・モクによって「裏切り者」として逮捕され、終身禁固刑(自宅監禁)を宣告された。

1998年の4月にタ・モクは新政府軍の攻撃から逃れて密林地帯にポル・ポトを連れて行った。

伝えられるところによれば、1998年4月15日にポル・ポトは心臓発作で死んだ。

しかし遺体の爪が変色していたことから、毒殺もしくは服毒自殺の可能性もある。

遺体は兵士によって古タイヤと一緒に焼かれた後、埋められた。

火葬にはポル・ポトの後妻と後妻との間に生まれた1人娘が立ち会った。

埋葬直後には墓は立てられなかったが、その後墓所が建てられた。
posted by arena8order at 17:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポル・ポト 1

Image~009.jpgImage~010.jpg1188411734.jpg
#ккк #polphoto.xxx #Apache #yl. #terrorism #Kika(飢瓜) #pyongyang #馬伝染病 #baioterrorist #更年期障害

ポル・ポト
http://p202.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1120VIzrCCVxssOK/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2583%259D%25E3%2583%25AB%25E3%2583%25BB%25E3%2583%259D%25E3%2583%2588&_jig_keyword_=%83%7C%83%8B%81E%83%7C%83g&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2583%257C%2583%258B%2581E%2583%257C%2583g&_jig_source_=srch&guid=on


ポル・ポト


ポル・ポト (1978年)

生年月日 1928年5月19日

出生地 フランス領インドシナ連邦、

没年月日 1998年4月15日(満69歳没)

死没地 カンボジア、
ウドンメンチェイ州アンロンベン郡(英語版)

所属政党 クメール・ルージュ

配偶者 キュー・ポナリー

カンボジアの首相|首相

任期 1976年4月17日- 1976年9月27日

カンボジアの首相|首相

任期 1976年10月25日-1979年1月7日

クメール・ルージュ|カンボジア共産党書記長

任期 1963年 - 1985年


ポル・ポトの胸像(プノンペン・トゥール・スレン収容所)

ポル・ポト(クメール語: ,Pol Pot、本名:サロット・サル( ,Saloth Sar)、1928年5月19日[2][3]-1998年4月15日)は、カンボジアの政治家。

民主カンプチア首相、クメール・ルージュ(カンボジア共産党)書記長。

なお、ポル・ポトは自身がサロット・サルと同一人物であると公式に認めたことはない[4]。

しかし、サロット・サルの兄弟のうちポル・ポト政権下を生き延びた3人の1人ロット・スオン(Roth Suong)は[5]、ポル・ポトがサロット・サルであることを証言している[6]。

通称は「一の同志」、「コード87」、「バン・ポー(年長者)」などがある[7]。


生い立ち[編集]

サロット・サル(以下ポル・ポト)は、仏領インドシナの一部Prek Sbauv(現在のカンボジア・コンポントム州)で生まれ育った。

父の名はペン・サロット(Phen Saloth)、母はソク・ネム(Sok Nem)。ペン・サロットは12ヘクタールの土地(9ヘクタールの水田と3ヘクタールの農園)と水牛6頭を所有し、2人の息子と養子にとった甥たちなど約20人で水田を耕作していた。

使用人は雇っておらず、収穫期は村人同士で手伝って作業した。収穫量は年平均で籾6トンで、20以上の家族を養える量だった[8]。これはカンボジア全体のレベルから見ると十分富裕な自作農の規模だが、ポル・ポトの兄ロット・スオンの説明では、村には50から100ヘクタールを所有する農家もあり、 その中では中規模の自作農だったという。

ポル・ポトの生家は王宮と関係のある家系で、ペン・サロットの姉ネアク・チェン(Neak Cheng)が王宮で働き始めたことから始まるようである。

特に、チェンの娘ルク・クン・メアク(Luk Khun Meak)が王宮舞踊団の踊り手になり、その後モニボン王の側室になったことで王宮との関係は強まった。


幼少期[編集]

ポル・ポトの生年や幼少期の生い立ちの説明は資料や文献によって異なる。

生年

生年については、1928年5月19日と1925年5月19日の2つの説がある。

デイヴィッド・チャンドラーは著書の中で1928年説をとっている。

一方、B.Kiernanは自身の著書では1925年説をとっている。

ただし、同著者の別の著書では、1928年のままになっている。

兄弟の人数

文献によれば、ポル・ポトは9人兄妹の8番目として生まれたことになっている。

一方、B.Kiernanの著書内では、7人の子供のうちの末っ子として生まれたと書かれている。

幼少期の生活

幼少期に関しては、「彼は当時の慣例にしたがって幼時に6年間プノンペンの寺院で暮らし、リセから中級専門学校の電気機械科に進んだのちパリへ留学し」と文献の中で書かれている。

これは、1978年3月にユーゴスラヴィアのジャーナリストが初めて民主カンプチアに入国しポル・ポトにインタヴューした際、以下のポル・ポトの発言をそのまま書いたもののようである。

「私は、ある農民の一家の出だ。子供の時分は、両親と一緒に住んで農作業の手伝いをしていた。だがその後、伝統に従って、読み書きを習うため寺院で生活した。寺で6年間過ごし、2年間は僧侶になっていた。」

同文献は、1981年のロット・スオンとのインタヴューの内容を記したことになっているが、1980年7月9日にプノンペンで同氏にインタヴューしたB.Kiernanの記述とは異なっている。

文献によると、サロット・サルは水田で農作業をしたことはなく、6歳の時にプノンペンへ送られ、タマヨット派の寺院で1年間見習いをしたあと、8歳の時にカトリックの私立エリート校エコール・ミシェに入学し、そこで6年間過ごした。

入学には、ポル・ポトの従姉妹、モニボン王の側室の1人だったルク・クン・メアクの助力があった。

プノンペンでは、ロット・スオン、チア・サミー(Chea Samy、ロット・スオンの妻)、ルク・クン・メアクと一緒にトラサク・ペム通り(Trasak Paem Street)の大きな家で生活していた。

14歳の時にプノンペンの高校の入学試験に失敗したため、コンポンチャムのクメール人市場の中にあったノロドム・シアヌーク高校に入学。

以後6年そこで過ごす。

1948年始めにプノンペンへ戻り、郊外にあるルッセイ・ケオ技術学校Russey Keo Techninal Schoolで寮生活をしながら木工を学んだ。


フランス留学から帰国へ[編集]

1年後に奨学金で、パリへ留学。

cole Fran aise de radio l ctricit で2年間の技術コースを受ける。フランスには1949年9月に到着した。

留学中にポル・ポトは共産主義者になり、新生のクメール共産主義グループに参加した。

このグループは、主としてパリに留学した学生が中心となって1950年にフランス共産党内に作られた「クメール語セクション」に形成された。

メンバーは、ラット・サムオン(Rath Samuoeun)、イエン・サリ、 フー・ユオン、ポル・ポト、ケン・ヴァンサク(Keng Vannsak)、チオン・ムン(Thiounn Mumm)、トゥック・プーン(Touch Phoeun)、メイ・マン(Mey Mann)、メイ・パット(Mey Path)、チ・キム・アン(Chi Kim An)、シエン・アン(Sien An)、キュー・サムファン、キュー・ポナリー、キュー・チリト、ソン・センなどである。

リーダーは、ラット・サムオンとイエン・サリだった。

チオン・ムンらは活発に活動していたが、この当時は、フー・ユオンやポル・ポトはむしろ目立たない存在だった。

フー・ユオンは勉強に集中しており、ポル・ポトは個性をあらわしてはいなかった。

ただ、この当時から両者の主張には隔たりが大きかった。

彼らは共産主義グループではあったが、その主義・主張はかなり幅広く、全体としては、共産主義というよりもむしろ反王政派、国民主義だった。

また、母国の共産主義活動からは遊離しており、観念的であった。

このグループの中で国民主義とは一線を画していたのが、ポル・ポトとイエン・サリである。

パリ時代に、謄写版で発行されていた内部機関紙Khemera Nisitの1952年8月号でポル・ポトは「本来のクメール人」(khmaer da'em)というペンネームで、フランス、ロシアと1924年の中国革命に関する記事を書いた。

その他のメンバーが「自由クメール」「クメール人労働者」といったペンネームを使っていたことに比べて、これを以ってポル・ポトがこの当時から 人種差別的な傾向を持っていたと推測する文献もある。

またこの時期のイエン・サリは、旧ソビエト国内の少数民族政策を論じたスターリンの文章に興味を示している。

その他、書類によって共産党組織をコントロールするスターリンのテクニックに引きつけられたとも述べている。

ポル・ポトは試験に3年連続失敗し奨学金を打ち切られたため1952年12月に船でフランスを後にし、1953年1月14日にカンボジアに到着した。

ポル・ポトは、チャムロン・ヴィチェア(Chamroeun Vichea)私立高校で歴史の教師として働き始める一方、民主党で活動を行っていた。

この時期は、新たにフランスから帰国したシエン・アン、ケン・ヴァンサク、そしておそらくはユン・ソウン(Yun Soeun)、チ・キム・アン、ラット・サムオンらと共に民主党をより左傾化させようと工作していた。

1953年8月、兄のサロット・チャイ(Saloth Chhay)を介して、コンポンチャム州のヴェトナム国境周辺にあったクメール・イサラク連合(Khmer Issarak Accosiation)の本部へ行き、独立闘争に加わる。

その後約1年間生産部隊に配属され、食事の雑用や、耕作用の有機肥料の運搬などに従事していた。

しかし、パリ帰りのインテリでありながら政治教育、イデオロギー教育を受けられず、幹部やリーダーとして昇進できなかったことに深い恨みを抱いたようである。

また、この時期にヴォン・ヴェトと知り合う。

ポル・ポトは本部でフランス共産党のメンバーだと自己紹介したが、その時会見したチェア・ソット(Chea Soth)によれば、「彼は、闘争に参加し我々から学びたいと言ったが、本当は、実際にクメール人が革命を実行しているかどうかを探りにきたのだ。

彼は、すべては、自己にのみ頼り、独立と自制にもとづいてなされねばならない。

クメール人は何でも自分自身で行うべきだと言っていた。」[31]ということである。

1956年、パリで知り合った夫人キュー・ポナリーと結婚した。結婚にはフランス革命記念日が選ばれた。


カンボジア共産党[編集]

「クメール・ルージュ」も参照

当時、フランスのインドシナ支配に対して共産主義者主導の反仏活動が起こっていた。

この活動は中心であるベトナムからカンボジアとラオスに波及した。

1954年にはフランスが仏領インドシナを去り、ベトミンはジュネーヴ協定に従ってカンボジア国内から撤退し、北緯17度線以北の北ベトナムへ集結した。

このため、カンボジア国内のベトナム人左翼活動家の引き上げが始まった。

カンボジア人左翼活動家の中で、フランスで教育を受けた者の一部はヴェトナムの撤退に合わせてハノイへ逃れたが、ポル・ポトは身分を偽って密かにプノンペンへ戻ったらしい。

戻った理由は、ベトナムへ戻るクメール人民革命党の幹部と交代するためであったようである。

こうして、この頃からポル・ポトとそのグループは、クメール人民革命党のプノンペン支部と関係を深めるようになった。

革命運動の実績がないことを考えると与えられたポル・ポトの地位は高かったが、これは状況が激変して党幹部が手探り状態であったからのようである。

当時のポル・ポトの仕事は1955年に予定された独立後初の選挙対策で、クロム・プラチェアチョン(Krom Pracheachon、クメール語で「市民グループ」の意)と民主党との調整役であった。

また、プラチェアチョラーナ(Pracheachollana、クーメル語で「人民運動」の意。

右派のソン・ゴク・タンのグループのこと)の影響を小さくするために、プノンペン市内の活動グループを人民党に集め、また、人民党内部からソン・ゴク・タンのシンパを排除していった。

プノンペン支部党委員会の学生運動担当委員になったと書く文献もある。

ポル・ポトはこの時期に、共産党員の獲得も行っていた。

1954年12月に、ポル・ポトはピン・トゥオク(Ping Thuok、後にソク・トゥオクSok Thuokまたはヴォン・ヴェトVorn Vetとして知られるようになる)を党プノンペン委員会に紹介している。

1955年3月3日、シハヌーク(シアヌーク)は国王を退位し、後に政党(サンクム、人民社会主義共同体)を組織する。

彼はその威光で共産主義反対勢力を一掃し、1955年9月11日の翼賛選挙で議席をすべて獲得した。

しかし政界では左右両派の対立が続き、シハヌークは必要に応じて左派への歩み寄りと弾圧を繰り返した。

1973年にカンボジア共産党が配布した党の歴史に関する文書では、1959年終わり頃から政府は農村部での革命運動に弾圧を加え始めたとしている。

1962年、シハヌークはプラチアチョンのスポークスマンをはじめ15人の活動家を罪名無く逮捕・拘留する。

プラチアチョンの機関紙編集長も逮捕され、これらの活動家達16人は死刑を宣告される。

のちに彼らへの死刑は長期刑に減刑されるが機関紙は廃刊となり、表立って活動していたプラチアチョングループは消滅する。

これ以後、都市部の急進的左翼は地下に潜行して秘密活動に傾斜していくようになる。

しかし1966年頃までは、後に重要な役割を示す左翼運動家の多くは教師として左傾化した学生を生み出したり、またそれが急進的なものでないかぎりは比較的自由に政治活動をおこなっていた。

1960年代半ばに入ると、ベトナム戦争へのアメリカの関与が本格化したことで右派の影響力が強まり、シハヌークの使える政治的裁量の範囲は次第に狭まっていった。

ポル・ポトは、1960年カンボジア共産党中央常任委員に就任した。ただし、ポル・ポト自身は、1961年にヌオン・チアに代わり副書記長に選出されたと主張している。

1963年2月、シハヌーク外遊中にシエムリアップ市で暴動が発生した。

警官により学生が1人殺害されたことから学生の抗議デモが始まり、地方政府が警官をかばうと、最終的に地方警察本部に対する大規模な暴動へと発展した。

シハヌークはこの暴動を左翼による扇動と考え、帰国後ケン・ヴァンサクとソン・センを非難、さらに3月8日には、主要な破壊活動家左翼として34人の名前を公表する。

このリストには、都市部の左派知識人のほとんど全てが載っていた。

キュー・サムファンらは国民議会の非難を受け、ロン・ノルは左派の一掃をシハヌークに求め、1955年以来最大の政治危機となり、左翼にとっては最大の弾圧の危機に見舞われた。

しかし、シハヌークはロン・ノルの提案を拒否し、キュー・サムファンらの辞任も撤回され、リストに挙げられた34人もシエン・アンを除いて特に処罰されることなく終わり、結局は、都市部左翼の状況に関しては元の状態に戻っていった。

この暴動事件の真っ最中の2月20日、21日にプノンペンの秘密の場所で第3回党大会を開き、ポル・ポトが書記長に就任した。

一方、農村部では弾圧が強化され、左翼活動家の殺害や投獄が行われた。

こうした状況のなか1963年5月ポル・ポトとイエン・サリはプノンペンから消え、コンポンチャム州の国境周辺へ移動した。

ジャングルでの地下活動に入ってからサロット・サルは「ポル」というコードネームを用いるようになったらしい。

(「ポル・ポト」という名が使われるようになったのは、1976年4月14日に民主カンプチアの新首相として公式に発表されて以降のことである。 それ以前は「ポル」、「同志書記長」、「オンカー」として知られていた。)

ポル・ポトは以後12年を地下活動で費やした。

1964年遅くにポル・ポトは、ケオ・メアに伴われてラオス国境を越えホーチミンルートでハノイに入り、そこで数ヶ月滞在した後、更に北京、ピョンヤンを訪れた。

ちょうどシハヌークが北京に滞在しているのと同じ時期、ポル・ポトも北京に4ヶ月以上滞在し、〓小平や劉少奇らと仕事をしたらしいが詳しいことはわかっていない。

その後ピョンヤンへ行ったあと再び北京に戻り、1966年始めにカンボジアへ帰った。

ヴォン・ヴェトによれば、ポル・ポトが中国から帰国してからの1966年初め、「党は、都市部の勢力に対する闘争と農村部で武装闘争の準備の方針を打ち出した。」文献によれば、1965年からクメール・ルージュは中国共産党の影響下に入り、1966年からは文革派の影響下に入った。

ただし、ポル・ポトが帰国した時期は中国で文化大革命が本格化する直前のことである。

大躍進時代の毛沢東思想は別として、ポル・ポトが文化大革命から思想的な影響を受けたのかどうかははっきりとしない。

ポル・ポト、イエン・サリ、ソン・セン、キュー・サムファン、その他のカンボジア共産党幹部が文化大革命に対する共感を示す発言をしたことはない。

また、ジャングル入りした学生の証言によれば、文化大革命前の毛沢東主義のスローガンは好まれていたが、文化大革命は事実上無視されていた。

「ジャングルの中では、北京放送を聞いて流れてくるスローガン(「張子の虎」、「農村から都市を包囲する」、「小から大へ」など)を取り上げてはいたが、文化大革命に関する会話も教育も、毛沢東思想に関する勉強も行われていなかった。

党の方針は、困難で長引くが最終的には確実に勝利するはずだという闘争のことばかりだった。

都市部には毛沢東の翻訳本はあふれていたが、農村部にはなかった。」

文献では、ポル・ポトやイエン・サリは、オポチュニストとして、文化大革命の思想とは関係なくむしろ利用されつつ中国を利用したという見方が示されている。

この見方は、他の文献にも見られる。

1967年、ポル・ポトはカンボジア東北地方のジャングル内にカンボジア共産党の訓練学校を作り9日間の政治レクチャーを行ったが、その間中国についてほとんど言及せず、文化大革命についてはまったく述べなかったという。

この時期、クメール・ルージュの都市部の拠点は壊滅しており、辺境部のジャングルに点々と小さな左翼集団があるだけで、 左翼集団間の連絡も容易ではなかった。

ポル・ポトの1977年の発言によれば「連絡のためには徒歩で行ったり、象の背中に乗って行かねばならず、また、連絡用ルートを遮断した敵を 避け続けねばならなかったので、1ヶ月が必要だった。」

1967年4月、バタンバン州のサムロートで、政府による強制的な余剰米の安値買い付けに反対する農民と地元政府の間で衝突が起こる。

1965年頃からカンボジアの余剰米の少なくとも4分の1あまりが北ベトナムとベトコンに買い上げられており、シハヌークの外遊中、ロン・ノルによりベトコンへの米の供給を止めるために、強制的に余剰米を買い上げする方針が打ち出された。

しかし、政府の買い付け値はベトナム人による買い付け値よりも低く、地元の共産主義勢力は反米反政府のビラを巻き暴動を煽動した。

サムロート周辺の暴動鎮圧作戦は数ヶ月間続き、この後、シハヌークはプノンペンの共産主義者達への弾圧をいっそう強化する。

同じく頃より、ポル・ポトは中華人民共和国に支援されて政府に対する武装蜂起を始めた。

カンボジア共産党は後にクメール・ルージュとして知られ、同党の武装組織はポル・ポト派と呼ばれた。

ポル・ポトはその思想に毛沢東思想の変形を採用した。

クメール・ルージュは完全な平等主義の土地均分論を考え社会主義の中間段階を省略し、原始共産主義の達成を目指した。
posted by arena8order at 17:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

馬伝染病 2

312.jpg311.jpgImage~029.jpg
#ккк #Apache #yl. #terrorist #Kika #pyongyang #polphoto.xxx #馬伝染病 #baioterrorist #更年期障害

「anemia」に関連した英語例文の一覧
http://p205.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1120QJD0nojIG3ib/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2Fanemia&_jig_keyword_=%94n%20%93%60%90%F5%95a%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2594n%2B%2593%2560%2590%25F5%2595a%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26b%3D13%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on


馬の伝染病


馬インフルエンザ(Equine influenza)

家畜伝染病予防法で届出伝染病(末尾に注あり)に指定されている。

発熱を伴う急性呼吸器感染症で、伝播速度が著しく速く集団感染する。

原因は馬インフルエンザウイルスで、ウマ1型H7N7)とウマ2型(H3N8)の亜型ウイルスがある。

わが国では1971年に初めて流行し、競馬開催が一時中止されたが、その後、発生はみられない。

最近、ウマ1型ウイルスによる流行は確認されていないが、ウマ2型ウイルスによる流行がアメリカ、ヨーロッパを中心に世界各地で発生している。

ウマ2型ウイルスの流行株を用いた遺伝子解析により、ヨーロッパ大陸とアメリカ大陸で独自に進化が進んでいるという報告がある。

ワクチンによる予防効果が認められ、国際間を移動する馬ではワクチン接種が励行されており、わが国の軽種馬ではほとんどが市販のワクチン接種を受けている。


馬鼻肺炎(Equine rhinopneumonitis)

家畜伝染病予防法で届出伝染病に指定されている。

妊娠馬が感染すると流産を起こすので、わが国を含め世界各地で多くの被害が報告されている。

その他の馬には熱性の呼吸器疾患を起こし、競走馬では調教スケジュールの変更や競馬出走への影響が問題となる。

原因はウマヘルペスウイルス1(EHV-1)とウマヘルペスウイルス4(EHV-4)で、EHV-1は主として生産地の妊娠馬に流産、そしてトレセンや競馬場の競走馬に発熱を伴う呼吸器疾患を起こす。

EHV-1は競走馬の後駆麻痺による起立不能、尿失禁、顔面神経麻痺などの神経症状の原因となり、海外では流産後の繁殖牝馬に神経麻痺を起こすと報告されている。

EHV-4は主として生産牧場や育成牧場の若齢馬の呼吸器疾患の原因となる。

市販ワクチンが妊娠馬の流産予防に、また競走馬の呼吸器疾患を予防する目的で使用されている。


馬伝染性貧血(Equine infectious anemia)

家畜伝染病予防法で家畜伝染病(末尾に注あり)に指定されている。

世界中に広く分布し、わが国では古くから「伝貧」という名で知られた馬特有の慢性ウイルス性伝染病である。

感染馬は一生回復することはなく、一旦回復しても貧血と発熱の再発を繰り返し、最後はへい死する。

臨床的に病馬を摘発することは困難なため、免疫学的診断法である寒天ゲル内沈降反応が開発された。

それ以来、わが国では感染馬の摘発頭数が減少し、最近では1993年に岩手県で2頭の陽性馬が摘発されてから、その後全く摘発されていない。

アブやサシバエの吸血によって血液中のウイルスが媒介される。ワクチンはない。


日本脳炎(Japanese encephalitis)

家畜伝染病予防法で家畜伝染病に指定されている。

日本脳炎ウイルスによって起こる伝染病であるが、他の家畜に比べ馬は比較的感受性の高い動物で、人にも感染する人畜共通感染症である。

発熱、興奮、麻痺などの症状を呈し、起立不能となってへい死するが、回復する例もある。

馬の日本脳炎は、1948年の大流行のときに開発されたワクチンの出現により、その後の発生は激減した。

最近では1985年に栃木県で2頭、宮城県で1頭、計3頭の発生が確認されたのを最後に、それ以降発生はない。

自然界ではコガタアカイエカが主要な媒介昆虫で、豚がウイルスの増幅動物となるので、蚊の発生に都合の良い水田地帯に養豚場などがある環境が整えば、良好なウイルスの感染サイクルが形成される。

わが国ではゲタウイルスと日本脳炎ウイルスの混合ワクチンが市販されており、蚊の発生前に混合ワクチンを接種して効果をあげている。


ゲタウイルス感染症

マレーシア語でゴムを意味する「ゲタ」に由来するゲタウイルスは1955年にマレーシアのゴム農園で捕獲された蚊から初めて分離され、その後、日本でも同様に蚊や健康な豚から分離されたが、動物に対する病原性は不明であった。

1978年に群馬県と茨城県にあるトレーニングセンター在厩の競走馬に原因不明の発熱、浮腫、発疹を主徴とする伝染性疾患が流行し、病馬の血液からウイルスが分離されて初めてその病原性が明らかにされた。

夏から晩秋にかけて蚊の媒介で流行し、症状は軽度で不顕性に感染するものが多い。

わが国で唯一の市販ワクチンがあり、ワクチン接種馬群では発生していない。

最近は日本脳炎ウイルスとの混合ワクチンも市販されている。


馬ロタウイルス感染症(Equine rotavirus infection)

生後1〜3カ月の子馬に多発する急性ウイルス性下痢症で、わが国では生産地の子馬に毎年3〜8月にかけて発生する集団下痢症の約1/3を占めると推定されている。

糞便中に大量のウイルスが排出されるので、汚染された飼料や水によって経口的に感染する。

牧場間の感染は、種馬場などに出入りする繁殖雌馬に随伴する子馬どうしの直接あるいは間接的な接触で成立する。

予防法として妊娠中の雌馬にワクチン接種し、免疫された母馬から生まれた子馬が初乳を飲むことによって母子免疫を成立させるための市販ワクチンがある。


腺疫(Strangles)

腺疫菌(Streptococcus equisubsp.equi)によって起こる馬特有の伝染病で、世界的に発生が認められる。

わが国では、古くから「ナイラ」と呼ばれ良く知られていたが、近年は一時期発生がみられなかった。

1992年に北海道で集団発生があってからは、再び発生している。

症状は発熱、膿性鼻汁、リンパ節の化膿性腫張で、リンパ節の腫脹は主に頭部で起こり、最後は自潰して膿汁を排出する。

膿汁中には多数の菌が含まれており、感染源となる。

診断は、鼻汁や膿汁から菌分離によって行い、治療にはペニシリンやST合剤が主に用いられる。

蔓延防止のために感染馬あるいは保菌馬の隔離が重要である。


馬パラチフス(Equine paratyphoid)

家畜伝染病予防法で届出伝染病に指定されている。

原因菌であるSalmonella Abortusequiは汚染された飼料、水などを介して経口的に感染することが多いが、生殖器感染や母子感染もみられる。

流産胎児や胎盤に含まれる菌が野生鳥獣によって拡散されることもある。

わが国では、北海道の一部地域で主に重種に発生がみられる。妊娠馬の流産、子馬の臍帯炎、関節炎、慢性化膿巣などの被害が報告されている。

血清学的診断のために馬パラチフス診断用菌液が市販されており、凝集反応によって抗体価が測定できるが、特異性に問題を残している。

有効なワクチンはない。


馬伝染性子宮炎(Contagious equine metritis)

家畜伝染病予防法で届出伝染病に指定されている。

Taylorella equigenitalisによる生殖器感染症で、繁殖雌馬が感染すると子宮内膜炎を起こして治癒するまでは不妊症となる。

種雄馬は臨床症状を呈さず保菌馬となる。

本症は1977年にイギリスとアイルランドで初めて確認された比較的新しい伝染病で、その後、またたくまに世界各国に広がった。

わが国では、1980年に北海道日高地方のサラブレッド繁殖馬に感染がみられた。

血清診断である程度の診断が可能であるが、確定診断は菌分離やPCR法で行われる。

有効なワクチンはない。現在わが国では、本症の清浄化に向けた取り組みが行われている。


破傷風(Tetanus)

家畜伝染病予防法で届出伝染病に指定されている。

馬に多発するが、人やその他の家畜にも感染する人畜共通感染症である。

Clostridium tetaniが創傷部位から感染し、局所で増殖した菌の産生する毒素で中枢神経系が侵され、筋肉の強直、痙攣がみられる。

世界的に広く分布するこの菌は土壌中に常在し、芽胞を形成して長期間生存する。

診断は菌を分離培養するが、分離できないときは特徴的な臨床症状から判別できる。

予防はトキソイドワクチンが市販されており、効果をあげている。


馬ウイルス性動脈炎(Equine viral arteritis)

家畜伝染病予防法で届出伝染病に指定されている。

わが国では発生したことはないが、世界的に分布している。

発熱、鼻汁漏出、眼結膜の充血、下顎リンパ節の腫大、四肢下脚部の浮腫、発疹、種牡馬睾丸の腫大、妊娠馬の流産、幼駒のへい死など多様な臨床症状を呈するが、不顕性感染も多い。

呼吸器または生殖器を介して直接あるいは間接的に感染するウイルス性の伝染病で、精液中にウイルスを排出するキャリアー種牡馬が新たな流行の発生源になる。

生ワクチンと不活化ワクチンがあり、前者は主にアメリカで、後者はヨーロッパで使用されている。

わが国では不測の発生に備えて、不活化ワクチンが備蓄されている。


アフリカ馬疫(African horse sickness)

家畜伝染病予防法で家畜伝染病に指定されている。

わが国では発生したことはないが、南アフリカや中央アフリカの風土病として毎年発生している。

過去には北アフリカ、中近東からインドまで流行したことがある。

最近は、スペインで1987〜1990年にかけて毎年発生がみられた。

高熱と呼吸困難を伴った甚急性例では95%以上がへい死する。

ヌカカなどの吸血昆虫が媒介するウイルスによって流行するので、流行はこれらの活動が活発な季節に一致する。

ウイルスには9タイプの血清型が存在し、常在地では単価ならびに多価の生ワクチンが使用されているが、最近は不活化ワクチンも使用されている。


水胞性口炎(Vesicular stomatitis )

家畜伝染病予防法で家畜伝染病に指定されている。

わが国では発生したことはないが、メキシコ、中央アメリカを中心とした南北アメリカ大陸でほぼ毎年発生している。

症状は発熱、流涎、口腔粘膜および舌に水胞、び爛形成。

蹄冠部に炎症を起こして跛行を示すことがある。

原因はウイルスで接触感染以外に吸血昆虫の媒介がある。

馬以外に偶蹄類や人にも感染するが、馬の感受性は牛や人より10倍高いといわれている。


馬ピロプラズマ病(Equine piroplasmosis)

家畜伝染病予防法で家畜伝染病に指定されている。

わが国では発生したことはないが、ロシア、南ヨーロッパ、中近東、アジア、アフリカおよび中南米に分布している。原因はバベシア・カバリとバベシア・エクイという2種類の原虫で、吸血昆虫のダニが媒介して固有宿主である馬、ロバ、ラバまたはシマウマなどの馬族に感染する。

これらの原虫は赤血球に寄生し、貧血、発熱、黄疸、血色素尿、疝痛、後躯麻痺などの臨床症状を呈した馬の約10%が死亡するが、ほとんどの例では回復して慢性に移行する。

バベシア・カバリはバベシア・エクイより病原性が弱い。特効薬は開発されておらず、また有効なワクチンもない。


馬トリパノゾーマ病 (Trypanosomiasis)

家畜伝染病予防法で届出伝染病に指定されており、主として人と馬に対して重要な伝染病である。

馬トリパノゾーマ病としては馬媾疫、ナガナ、ズルラがあり、それぞれトリパノゾーマ・エクイペルダム、トリパノゾーマ・ブルセイ、トリパノゾーマ・エヴァンシーという原虫の感染によって病名が異なる。

ナガナやズルラはツエツエバエ、サシバエ、アブなどの吸血昆虫の媒介で感染するが、馬媾疫は種付けなどの交尾感染である。

わが国では発生したことはないが、ナガナはアフリカに、ズルラはアフリカ、中近東、東南アジア、中・南アメリカに、そして馬媾疫はアフリカ、アジア、東・南ヨーロッパ、南アメリカに分布している。

貧血、黄疸、浮腫、眼症状、麻痺などの症状を呈し、ほとんどが衰弱して死亡する。

有効なワクチンはない。


ポトマック馬熱(Potomac horse fever)

Ehrlichia risticiiというリッケッチャの感染によって起こる馬特有の感染症で、1979年にアメリカ東部のポトマック川流域で初めて発見された病気である。

本病は北アメリカ各地に分布しており、流行が春から秋にかけて暖かい季節に起こることからダニなどの節足動物の介在が疑われていたが、河川に沿って発生することから最近は水生動物の介在が疑われている。

臨床症状は発熱、食欲廃絶、沈うつ、疝痛、下痢、脱水、蹄葉炎などで、適切な処置を施さないと予後不良となり死亡率は殺処分を含めて10〜30%といわれている。

治療はテトラサイクリン系の抗生物質が有効で、対象療法として補液と消炎剤が用いられる。


皮膚糸状菌症(Dermatophytosis)

皮膚糸状菌と呼ばれる一群の真菌が被毛や皮膚表面に感染する疾患で、馬における主な原因菌はTrichophyton equinumとMicrosporum equinumである。

本症は世界中で発生しており、わが国でも生産地や競走馬で散発的な発生が認められる。

感染は接触性に起こるが、馬具などを介した間接伝播も多い。

主な臨床症状は若干の掻痒感と病変部の脱毛で、感染は全身どこにでも起こりうるが、特に頚部から背部にかけての発症例が多い。

診断は、病変部被毛の直接顕微鏡検査や培養検査によって行なわれる。

治療には抗真菌薬、殺菌消毒薬、酸性水などが用いられるが、人獣共通感染症で伝染力も強いため、隔離や馬具の消毒など、防疫対応が必要である。


喉嚢真菌症(Guttural pouch mycosis)

喉嚢(耳管憩室)の粘膜下に走行する動脈壁に真菌が感染し、動脈が破綻する疾病。

大量の出血を伴うため、馬は失血死することもある。原因となる主な真菌は普段は土壌中に生息するEmericella nidulansである。

この真菌が、馬の乾草や敷料に使う植物に付着して保管中に増殖、飛散した胞子を呼吸時に吸い込み、喉嚢に感染すると考えられている。

馬房内で飼育されている馬に発生し易く、伝染性はない。

臨床症状は鼻孔からの出血であり、確定診断には内視鏡検査による動脈破綻の確認と真菌の同定を行う。

治療は止血と局所の化学療法を中心に行なうが、外科手術による破綻動脈の閉塞が必要な場合が多い。


ネズミチフス菌感染症(Salmonella Typhimurium infection)

サルモネラの一種で人獣共通の病原菌であるネズミチフス菌(SalmonellaTyphimurium)の感染によって起る伝染病。

世界中で発生が認められるが、わが国では馬での発生は比較的少ない。

ネズミチフス菌は本来はネズミ等のげっ歯類の腸管内に生息していると考えられるが、家畜を含めた様々な動物の腸管内にも存在する。

感染源はそういった動物の排泄物であり、経口感染する。

主な臨床症状は発熱を伴う下痢や腸炎であるが、関節炎や敗血症を起すこともある。

若齢馬ほど感染しやすく致死率も高い。

欧米では動物病院での院内感染が問題となっている。

また本菌は薬剤耐性化しやすいので、治療に際しては菌を分離してその薬剤感受性を調べることが必要である。


ロドコッカス・エクイ感染症(Rhodococcus equi infection)

3か月齢以下の子馬にだけ認められる、特徴的な感染症である。

臨床症状は発熱と元気消失が主体で特徴に乏しい。

肺に膿瘍が形成される化膿性肺炎が主な病態であるが、腸炎や関節炎を起すこともある。

このような感染馬の糞便中には原因菌であるRhodococcus equiが大量に含まれており、糞便で汚染された土壌中に本菌は定着し、増殖する。

子馬への感染源はこの汚染した土壌と考えられており、同じ牧場で毎年繰り返し発生する傾向が認められる。

ワクチンがなく、サラブレッドの生産者にとっては最も恐い病気のひとつであるが、最近になって血清診断法や気管支洗浄による病原学的診断法が普及して早期治療が可能になったため、本症による死亡率は低下傾向にある。


(注)

家畜伝染病とは、家畜伝染病予防法で定められている病気で、馬では8種類の病気がこれにあたる。

家畜伝染病に該当する病気と診断された場合、関係者は法律に定める手順で処置をする義務がある。

家畜伝染病は、かつては法定伝染病と呼ばれていた。

また家畜伝染病予防法には他に届出伝染病の定めがあり、馬では13種類の病気がこれにあたる。

届出伝染病に該当する病気と診断された場合は、都道府県知事に届出をしなくてはならない。

家畜伝染病と届出伝染病をあわせて監視伝染病と呼ぶ。
posted by arena8order at 12:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

馬伝染病 1

Image~008.jpg151.jpg48.jpg
#ккк #Apache #yl. #terrorist #Kika #pyongyang #polphoto.xxx #馬伝染病 #baioterrorist #更年期障害

「サルモネラ感染症」に関連した英語例文の一覧
http://p223.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1120FHJF7v0NZ0Pz/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E3%2582%25B5%25E3%2583%25AB%25E3%2583%25A2%25E3%2583%258D%25E3%2583%25A9%25E6%2584%259F%25E6%259F%2593%25E7%2597%2587&_jig_keyword_=%94n%20%93%60%90%F5%95a%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%2F%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E9%25A6%25AC%2B%25E4%25BC%259D%25E6%259F%2593%25E7%2597%2585%26p%3D%2594n%2B%2593%2560%2590%25F5%2595a%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio&_jig_source_=srch&guid=on


日本農業新聞 e農ネット - 馬パラチフス 隔離し汚染場所消毒
http://p209.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1120B3rdsdM90hVJ/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.agrinews.co.jp%2Fmodules%2Fpico%2Findex.php%3Fcontent_id%3D23549&_jig_keyword_=%94n%20%93%60%90%F5%95a&_jig_done_=http%3A%2F%2Fimgsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fimgsearch%2Fdetail%3Fp%3D%2594n%2B%2593%2560%2590%25F5%2595a%26ib%3D6%26ss%3Dxargs%253D2&_jig_source_=simg&guid=on



 馬パラチフスは、ウマ科の動物に特異的に感染する特徴を持ったサルモネラの一種である馬パラチフス菌によって起こる馬の届出伝染病。妊娠馬が感染すると胎子の敗血症死の結果として流産を起こす。

 流産は同一地区や同一厩舎(きゅうしゃ)で連続的に発生する傾向があり、伝染性流産として観察される。妊娠のどの時期にも流産を起こすが、特に妊娠後期に多発する。流産に先立って39〜40度の一過性の発熱、外陰部および乳房の腫脹(しゅちょう)、乳汁の漏出などの症状が多い。

当歳馬では感染後数日から2週間の潜伏期を経て発熱が1週間から1カ月ほど続き、多くは敗血症で死亡するが耐過することもある。

 成馬では種牡馬の精巣炎の他に関節炎、キ甲瘻(きこうろう)などの全身各所の化膿巣や敗血症など、個体によってさまざまな症状が認められる。

 感染馬や保菌馬から排出された菌は、飼料や水などを介して経口感染する。

また、感染牝馬との交配によって牡馬が感染することもある。

日本では過去に馬産地を中心に流行したが、現在は散発的に発生するのみで清浄化達成が可能な段階にある。


対 策

 発生時には、感染馬を隔離し、流産胎子や胎盤など流産馬の排出物を適切に処理するなど他の馬への伝播(でんぱ)を防止する。

汚染された厩舎、通路、水飲み場、パドック、堆肥場などの消毒を徹底することが重要だ。

 (農研機構・動物衛生研究所細菌・寄生虫研究領域主任研究員・楠本正博)

・写真説明=馬パラチフス発症馬のキ甲瘻(JRA競走馬総合研究所栃木支所提供)

注 意

・筆者の役職は当時の役職です。

→一覧ページへ

【家畜疾病図鑑】大脳皮質壊死症 チアミン製剤を投与

【家畜疾病図鑑】豚コレラ 管理徹底し侵入防止

【家畜疾病図鑑】萎縮性鼻炎 清浄な豚導入し予防
posted by arena8order at 12:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男性の更年期障害の方が 症状が思い。治療は鬱対策か?

Image~034.jpgImage.jpgm_E38199E38281E38182E38194E3828B.jpg
#ккк #Apache #yl. #terrorist #Kika #pyongyang #polphoto.xxx

#更年期障害 - Wikipedia
http://p216.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1120zAMzeJ77EUkg/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E6%259B%25B4%25E5%25B9%25B4%25E6%259C%259F%25E9%259A%259C%25E5%25AE%25B3&_jig_keyword_=%8DX%94N%8A%FA%8F%E1%8AQ&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E7%2594%25B7%2B%25E6%259B%25B4%25E5%25B9%25B4%25E6%259C%259F%25E9%259A%259C%25E5%25AE%25B3%26p%3D%258DX%2594N%258A%25FA%258F%25E1%258AQ%26trans%3D0&_jig_source_=srch&guid=on



更年期障害


分類及び外部参照情報
ICD-10 N95.0
ICD-9 627.2
DiseasesDB 8034
MedlinePlus 000894
eMedicine article/264088


更年期障害(こうねんきしょうがい、英:menopause, postmenopausal syndrome, PMS)とは、卵巣機能の低下によるエストロゲン欠乏、特にエストラジオールの欠乏に基づくホルモンバランスの崩れにより起こる症候群で、その症状がひどく、仕事や家事など日常生活ができないほどの状態をいう。


概要[編集]

現在日本では、約2,000万人の更年期の世代(閉経(50歳前後)をはさんだ約10年間)の女性の多くが、エストロゲン欠乏による心身の様々な不調(ほてり・のぼせなどの血管運動神経症状)を有していると言われている。

医師により「更年期障害」と診断される人は、更年期女性の2−3割とされている。

「特定非営利活動法人 女性の健康とメノポーズを考える会」が2002年に行った更年期世代の勤労女性を対象に行った調査では、8割の女性が何らかの症状を有しており、そのうち4割が更年期の症状のために仕事に不都合があったことが判明している。

40代以降の男性にも起こることがあり、特に男性に起こる更年期障害のことを男性更年期障害と呼ぶこともある。


症状[編集]

自律神経失調症様の症状、脈が速くなる(頻脈)、動悸がする、血圧が激しく上下する、腹痛、微熱、そのほか女性の場合はホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)、多汗、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、不眠、疲労感、口の渇き、のどのつかえ、息切れ、下痢、便秘、腰痛、しびれ、知覚過敏、関節痛、筋肉痛、性交痛、生理不順等。

男性の場合は勃起不全(ED)といった生殖器症状が出現する。


精神症状

情緒不安定、不安感やイライラ、抑うつ気分など精神的な症状が現れることも多い。

いずれも心身症の様相を呈することが多く、症状の強弱には精神的要素が大きくかかわってくる。


原因[編集]

女性の場合、閉経期前後になると卵巣機能が低下し、卵巣から分泌される女性ホルモンの一つである卵胞ホルモン(エストロゲン)の量が減少することにより起こる。

男性の場合、30歳前後より睾丸の精巣から分泌される男性ホルモンであるテストステロンの量が減少し、その結果40代後半になってくると更年期障害の症状が起こることがある。

男性更年期障害が、女性の更年期障害よりも比較的問題となりにくいのは、テストステロンの分泌量の低下がエストロゲンのそれよりも緩やかであるため、その症状が表に出にくく、「年のせい」で片付けてしまうことが多くあるせいである。ただし、あくまで女性の場合と比較してということであって、男性の場合も、個人差により強い負担や自覚症状を伴う場合がある。


治療[編集]

ホルモン療法[編集]

女性に対しても男性に対しても、ホルモン療法が有効とされるが乳がんの恐れがある。

その他、漢方薬やプラセンタ療法を使って治療することもある。

女性に対しては、閉経前後に体内で不足してきた女性ホルモン(エストロゲン)を、飲み薬(経口剤)や貼り薬(貼付剤)として補充する「HRT(ホルモン補充療法)」が行われる。

欧米ではすでに30年以上の実績があり、日本でも十数年来行われてきた療法で、更年期障害を改善しQOL(生活の質)を高め日常生活を快適に過ごすために有効かつ適切な療法として評価・活用されている。

HRTを継続して受けている間に、運動・食事・検診などにも注意するようになるという副次効果も推察されている。

月経の有無や症状の種類に応じ、エストロゲン単剤あるいはエストロゲン・黄体ホルモン配合剤などが使用される。

エストロゲンの補充によるさまざまな効果が女性の健康とメノポーズを考える会から紹介されている。

しかし、その利用方法や症状改善の効果については、まだ一般女性には的確な情報が充分に届いていない。

女性の健康とメノポーズを考える会からは「婦人科・更年期に詳しい医療機関」が紹介されている。

また同会では、7年間にわたる1万件を超える電話相談で得られた女性たちのさまざまな生の声(誰にもわかってもらえない更年期の悩みの数々)から更年期の症状を徹底紹介し、第一線の更年期専門医・各界一流の講師陣がバックアップ執筆した内容を一冊の本にまとめ頒布している。

日本ではこれまで経口剤、貼付剤が使用されてきたが、2007年に国内初の「肌にぬるプッシュ式ボトルのジェル剤型」エストラジオール外用剤「ル・エストロジェル」が新たに承認、発売された。

塗布跡が残らず皮膚刺激も少なく毎日の使用が簡便で一定量が取り出せるのが特徴である。

男性に対しては、ほかにクエン酸シルデナフィルのようなED治療薬を使用することもあるほか、生活習慣を改めることにより症状が軽くなることもある。


プラセンタ療法[編集]

更年期障害の注射薬として、メルスモン製薬が作っているメルスモン注射薬がある。

1956年に厚生省より承認された注射薬であり、副作用がほとんどなく効果的な薬剤である。


漢方薬[編集]

漢方では加味逍遥散・桂枝茯苓丸・柴胡加竜骨牡蛎湯・女神散などが用いられる。


今後の課題[編集]

1996年の発会以来、女性の健康とメノポーズを考える会は、更年期世代の女性たちが、充実した更年期医療が受け入られるために、「充分にコミュニケーションのとれた医療」、医療従事者全体が更年期医療に関心と理解を持つことが、更年期医療に関連するさまざまな問題点の改善に繋がることの重要性を提言している。

更年期女性の生涯にわたるQOL向上を目指し、健康作りのための啓発とサポート活動を続けている。

現在、更年期世代の人口に比し更年期医療機関がとても少ないため、女性たちは更年期医療機関を探し出すのが容易ではなく、同会の電話相談にも問い合わせが相次いでいる。

同会は、「現在、更年期世代の女性たちは、より良い更年期医療を求めている。

より多くの女性が各地域で充実した更年期医療を等しく受けることができ、QOLの高い前向きな生涯を歩んでいけるよう、後から続く世代の女性たちのためにも、今、確かな礎を築いて行かなければならないのではないだろうか」と警鐘を鳴らしている。


備考(諸外国との比較)[編集]

各国での更年期医療事情調査結果:日本でのHRT普及率は、他先進諸国と比べると極めて低く、アジアの中でも低い。

日本:1.5%

アメリカ:40%

オーストラリア:66%

カナダ:45%

イギリス:37%

アイスランド:47%

フランス:41%

ベルギー:39%

フィンランド:35%

台湾:17.4%

韓国:8.8%


学会[編集]

日本更年期医学会(現、日本女性医学学会)は、1986年に産婦人科更年期研究会として発足したが、その後1992年に日本更年期医学会となり、現在では1,600人以上の会員からなる学術団体である。

平成23年4月1日より学会名称を「日本女性医学学会(英文名:The Japan Society for Menopause and Women's Health)」に改めた。 事務局を東京都千代田区麹町5-1弘済会館ビルに置いている。 現理事長は、水沼英樹弘前大学教授。


出典・引用[編集]

[ヘルプ]
^a b c d e NPO法人 女性の健康とメノポーズを考える会

^ NPO法人メノポーズを考える会:「東京都生活文化局助成アンケート」2002年

^a b c d e 三羽良枝ほか:『HRT(ホルモン補充療法)使用状況に関する医師・医療機関並びに患者へのアンケート調査報告』. 日本更年期医学会雑誌12:282(2004)

^ ホルモン補充療法に使う薬剤のいろいろ(2009年1月現在)NPO法人 女性の健康とメノポーズを考える会

^ HRT(ホルモン補充療法)とはNPO法人 女性の健康とメノポーズを考える会

^ 気になったら早めに受診。HRT(ホルモン補充療法)処方でよく改善します 更年期・老年期の腟炎(萎縮性腟炎)NPO法人 女性の健康とメノポーズを考える会

^ 全国 婦人科・更年期外来NPO法人 女性の健康とメノポーズを考える会

^ メノポーズを考える会:『更年期一人で悩まないで! - 40代からのヘルスデザイン』古川書房 2003年7月 ISBN:9784892363016(第1章 電話相談にみる更年期世代のさまざまな症状、第2章 知っておきたい更年期の医療、第3章HRT(ホルモン補充療法)、第4章 ヘルスケア <巻末>更年期医療を行っている医療機関一覧〔日本更年期医学会データより〕)

^ “ル・エストロジェル0.06% 患者向医薬品ガイド (PDF)”. 医薬品医療機器総合機構 (2007年7月).2010年1月27日閲覧。

^ 肌にぬるジェル状のHRT(エストロゲン製剤)が発売になりましたNPO法人 女性の健康とメノポーズを考える会

^ “バイアグラ錠25mg/錠50mg 患者向医薬品ガイド (PDF)”. 医薬品医療機器総合機構 (2008年1月).2010年1月27日閲覧。

^ 日本医師会『漢方治療のABC (日本医師会生涯教育シリーズ)』 日本医師会、1992年。ISBN 978-4260175074。

^ 医療専門職が充分時間をかけて受診者の話を聞き一緒に考える。情報と意思の交流が充分され、治療法についても受診者の意思が尊重された受診者に納得のいく医療とする。いわゆるカウンセリングは、一定の制限のもとに、精神科のみ保険適用されているのが現状である。

^ 三羽良枝ほか:更年期医療における、一般女性からみた健康保険の問題点-充分にコミュニケーションの取れる医療、並びに予防医療への健康保険不適応の問題について. 日本更年期医学会雑誌9:104(2001)

^ 海外の更年期医療状況調査 2008年4月 報告(1)NPO法人 女性の健康とメノポーズを考える会

^ 有馬牧子:日本女性のHT普及率の社会的現状について〜勤労女性の更年期状況とQOLから見た諸外国のHT普及率との比較〜. 更年期と加齢のヘルスケア8:60(2009)

^ 日本女性医学学会

参考文献[編集]


出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明示してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2011年9月)
メノポーズを考える会:『更年期一人で悩まないで! - 40代からのヘルスデザイン』古川書房 2003年7月 ISBN:9784892363016

三羽良枝論文(国立情報学研究所収録) 国立情報学研究所.2010-05-25閲覧。

小山嵩夫論文(国立情報学研究所収録) 国立情報学研究所.2010-05-25閲覧。

三羽良枝:電話相談から見た更年期女性の実情と問題 (特集 現代の更年期) -- (更年期障害とその特徴). 公衆衛生 74(2):109(2010)

有馬牧子:日本女性のHT普及率の社会的現状について〜勤労女性の更年期状況とQOLから見た諸外国のHT普及率との比較〜. 更年期と加齢のヘルスケア8:60(2009)

三羽良枝:私はこうしている 更年期相談 (特集 中高年女性のヘルスケア--最近の話題). 産婦人科治療 98(6):1003(2009)

小山嵩夫:HRTと副作用 (特集 知っておきたい今日のホルモン療法) -- (更年期). 産婦人科治療 98(-) (増刊):724(2009)

三羽良枝:「新健康フロンティア戦略--健康国家への挑戦」の推進に向けて 更年期世代の女性が受けている医療の現状と提案--女性の視点から. 厚生労働 63(1):28(2008)

小山嵩夫:ホルモン補充療法の問題点と将来 (特集 更年期・閉経後の健康管理).産婦人科治療 96(6):1001(2008)

小山嵩夫:ホルモン補充の今日的意味 更年期とホルモン補充療法 (特集 スローエイジングとアンチエイジング) -- (スローエイジングとアンチエイジングの基礎知識). 臨床看護 33(10):1447(2007)

小山嵩夫ほか:わが国の更年期のヘルスケアと医療の現状. 更年期と加齢のヘルスケア6:282(2007)

小山嵩夫ほか:中高年女性のヘルスケアに関する医療政策提言の必要性について. 更年期と加齢のヘルスケア6:298(2007)

小山嵩夫:不妊・生殖・内分泌 57歳まで10年以上HRTを続けている. こんな時どうする? (特集 診療上のcontroversy--こんな時どうする) 産婦人科の世界. 58(11):1049(2006)

小山嵩夫:女性の更年期障害の症状と治療を理解する (特集1 いつから始める?どう取り組む?更年期障害対策). 食生活 100(10):16(2006)

小山嵩夫:Nursing Lecture(23)ホルモン補充療法(HRT)の現在とこれから月刊ナーシング. 25(14):96(2005)

小山嵩夫:SPECIAL REPORT 今、期待されている更年期医療とヘルスケア. 性差と医療 2(7):763(2005)

小山嵩夫:これからのホルモン補充療法 (特集 今,改めてホルモン補充療法を考える). 産婦人科治療 90(5):836(2005)

小山嵩夫:WHI後のホルモン補充療法の現況 (特集 ホルモン補充療法の新たなストラテジー). 骨粗鬆症治療 4(1):31(2005)

三羽良枝:更年期を迎えるということ--メノポーズを考える会の活動から (特集 更年期へのストラテジー--更年期を人生の素敵な季節にするために). 保健師ジャーナル 60(6): 518(2004)

三羽良枝:更年期医療の現状−より良い医療を受けるには−. 更年期と加齢のヘルスケア3:144(2004)

三羽良枝ほか:『HRT(ホルモン補充療法)使用状況に関する医師・医療機関並びに患者へのアンケート調査』報告. 日本更年期医学会雑誌12:282(2004)

矢野哲:HRTの臨床-更年期障害. Pharma Medica 22(4):33(2004)

陳瑞東:更年期障害. 薬局:55(5):32(2004)

三羽良枝ほか:電話相談からみた更年期外来の現状-更年期外来の実情と受診者はどのように考え、何を求めているか. 日本更年期医学会雑誌11:78(2003)

小山嵩夫:不定愁訴と更年期指数. 産婦人科治療 87(3):266(2003)

小山嵩夫:更年期障害の漢方薬の選び方. 薬局 54(7):81(2003)

矢野哲ほか:HRTの更年期障害に対する効果. 治療学 37(10):26(2003)

水沼英樹:更年期障害とHRT. 日医雑誌 130 :746(2003)

大蔵健義:HRTに対する実施法と注意点. 治療学 37(10):21(2003)

野崎雅裕:選択的エストロゲン受容体調整剤とその位置づけ. 治療学 37(10):90(2003)

三羽良枝:ボランティアで見つけた新たな生きがい (特集 女が社会に戻るとき--夢も仕事もあきらめない). 婦人公論 87(8):48(2002)

井上聡:女性ホルモンの作用と作用機序. 日医雑誌.128:1199(2002)

篠崎百合子:更年期に関すること. 薬局 53(3):65(2002)

NPO法人メノポーズを考える会:『東京都生活文化局助成アンケート』(2002)

三羽良枝ほか:更年期医療における、一般女性からみた健康保険の問題点-充分にコミュニケーションの取れる医療、並びに予防医療への健康保険不適応の問題について. 日本更年期医学会雑誌9:104(2001)

小山嵩夫:更年期の精神症状はどのように治療されているか:医療の現場から. 日本更年期医学会雑誌 9(1):53(2001)

太田・牧田:閉経期への対応とHRT. medicina 38:2061(2001)

小山嵩夫:医学からみた更年期女性. 日本更年期医学会雑誌 8(1):52(2000)

三羽良枝ほか:更年期医療へ望む事. 日本更年期医学会雑誌7:46(1999)

小山嵩夫:更年期クリニックの Know-How. 日本更年期医学会雑誌 7(1):184(1999)

小山嵩夫:更年期から快適に (特集 新しい健康観). 教育と医学 47(2):1440(1999)

小山嵩夫:更年期障害の診断 (特別企画 更年期). からだの科学 (204):52(1999)

小山嵩夫:簡略更年期指数の背景とその解釈. 日本更年期医学会雑誌 6(1):93(1998)

小山嵩夫:閉経外来の実際. 母性衛生 38(3):114(1997)

小山嵩夫:更年期に差がつく35歳からのヘルシ-・ボディ (特集 年を味方にするからだの装い). 婦人公論 82(5):90(1997)

小山嵩夫:更年期・老年期におけるホルモン補充療法. 日本更年期医学会雑誌 4(1):145(1996)

小山嵩夫:40代女性よ、ダイエットなんかやめなさい. 婦人公論 81(11):188(1996)

小山嵩夫:更年期外来アンケートの集計結果について. 日本更年期医学会雑誌 4(2):297(1996)

小山嵩夫:更年期障害. medicina 32:622(1995)

熊坂・大谷:更年期障害ホルモン補充療法. 産婦人科治療 70:792(1995)

金子均:更年期障害と漢方療法. 産婦人科治療 70:798(1995)

大川玲子:更年期障害. medicina 32:1113(1995)

小山嵩夫:更年期障害. 産科と婦人科 61 Suppl. 220-221(1994)

本庄滋一郎:更年期障害になる素因. 薬局 44(8):5(1993)

木村好秀:更年期障害と自律神経調整剤・向精神剤の用い方. 治療 74(6):92(1992)

関連項目[編集]

女性の健康とメノポーズを考える会

日本更年期医学会

日本骨粗鬆症学会

更年期と加齢のヘルスケア

日本骨代謝学会

日本女性心身医学会

血の道症

日本ウーマンズヘルス学会

外部リンク[編集]

更年期障害を漢方のポータルサイト 漢方ビューが解説

メルクマニュアル第17版日本語版

日本更年期医学会

NPO法人 女性の健康とメノポーズを考える会

NPO法人 更年期と加齢のヘルスケア

更年期度チェック- NPO法人 女性の健康とメノポーズを考える会(2010.04.07閲覧)

骨の健康と女性ホルモン(元気な屋台骨を一生守るために)- NPO法人 女性の健康とメノポーズを考える会(2010.04.09閲覧)

この項目は、医学に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:医学/Portal:医学と医療)。
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=更年期障害&oldid=49224054」から取得

カテゴリ:
病気
代謝内分泌疾患
女性の性機能
男性の性機能




男性の更年期障害・原因と治療
http://p207.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1120lEvLuYSwEg8z/0?_jig_=http%3A%2F%2Fkounenki.tn-73.com%2F&_jig_keyword_=%92j%20%8DX%94N%8A%FA%8F%E1%8AQ&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2592j%2B%258DX%2594N%258A%25FA%258F%25E1%258AQ&_jig_source_=srch&guid=on

「男性の更年期障害」は製薬会社によって・作られた病気・だった!?

2013年10月23日(水) クーリエ

女性のみならず男性にも更年期障害がある

そんな話は、古代ローマの時代からあった。

しかし、「男性の更年期」に関する説がしきりに持ち出されるようになったのは、ここ数年のことである。加齢によって男性ホルモンの分泌が減り、肥満やほてり、イライラに悩まされるというのだが、そもそもそんな・病気・は本当に存在するのか?

実は男性の更年期障害が取りざたされるようになった背景には、「ある新薬」の開発があった。

男性ホルモンであるテストステロンを、塗るだけで補充できるジェル薬だ。注射やパッチがなくとも簡単に使える新製品だったが、その薬を使用して治療するための・病気・が見つからなかった。

そこで、潜在的な市場を開拓するために製薬会社が、「男性の更年期障害」に関するキャンペーンを打ち始めたのだ。

シュピーゲル(ドイツ)より

たとえば、ドイツの製薬会社イエナファームは、40歳以上の男性なら無料でテストステロン値を計測できるようにした。

その結果、同国では2003年から11年のあいだにジェルの使用量は3倍に伸びた。

また現在、米国では40歳以上の男性の3%がジェルを処方されている。

しかし、科学的に見て、テストステロンの補充が必要な男性はほとんどいないという。

むしろ薬の使用で前立腺がんや脳梗塞のリスクを高める可能性があるため、医療関係者のなかにもジェルの多用を憂慮する声がある。


http://gendai.ismedia.jp/article
http://p210.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1120kjF8oyPiHwhD/3r?_jig_=http%3A%2F%2Fgendai.ismedia.jp%2Farticles%2F-%2F37321&_jig_keyword_=%92j%20%8DX%94N%8A%FA%8F%E1%8AQ&guid=on&_jig_xargs_=SKeywords%3D%2592j%2520%258dX%2594N%258a%25fa%258f%25e1%258aQ%26xargs%3D2

更年期障害 - Wikipedia
http://p216.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1120zAMzeJ77EUkg/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E6%259B%25B4%25E5%25B9%25B4%25E6%259C%259F%25E9%259A%259C%25E5%25AE%25B3&_jig_keyword_=%8DX%94N%8A%FA%8F%E1%8AQ&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E7%2594%25B7%2B%25E6%259B%25B4%25E5%25B9%25B4%25E6%259C%259F%25E9%259A%259C%25E5%25AE%25B3%26p%3D%258DX%2594N%258A%25FA%258F%25E1%258AQ%26trans%3D0&_jig_source_=srch&guid=on
posted by arena8order at 01:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。