2013年11月10日

『伝染るんです。』は、吉田戦車による4コマ漫画である。

news_large_uturu04.jpg10097.jpg

伝染るんです。
http://p201.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1110gDUHzRgK3sPB/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E4%25BC%259D%25E6%259F%2593%25E3%2582%258B%25E3%2582%2593%25E3%2581%25A7%25E3%2581%2599%25E3%2580%2582&_jig_keyword_=%93%60%90%F5%82%E9%82%F1%82%C5%82%B7&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2593%2560%2590%25F5%2582%25E9%2582%25F1%2582%25C5%2582%25B7%26fr%3D&_jig_source_=srch&guid=on



伝染るんです。


『伝染るんです。』(うつるんです)は、吉田戦車による4コマ漫画である。

句点(。)の部分も含めて正式名称である。

ゲーム・アニメ化とアニメ版・実写版の動画配信がされている。


概要[編集]

ビッグコミックスピリッツ(小学館)に1989年10号から1994年9号にかけて連載された。

それまでの常識を覆し、不条理ギャグ漫画というジャンルを確立させたパイオニア・記念碑的な作品として評価されている。連載開始後は多くの亜流を生み漫画界のみならずお笑い界や芸能界、CM業界などにおいても同様のテイストを持った表現を広めることとなった。

このことから「ギャグ」に対するパラダイムを変化させたと考えられている。

当作品は第37回文藝春秋漫画賞を受賞している。

2012年には東日本大震災復興支援企画「ヒーローズ・カムバック」の第3弾作品として、18年ぶりの新作『伝染るんです。外伝『サラマンダー』』がビッグコミックスピリッツに掲載された。

名前の由来は、富士フイルムの“写ルンです”から。竹熊健太郎と漫画の担当編集者・江上英樹の会話から生まれたネーミング。

第1巻のあとがきによると、吉田自身は「スキップ魂」というタイトルで決めていたとのこと。

1990年に東京の原宿に『伝染るんです。』のキャラクターショップ「かわうそ屋」が開店。

単行本では1990年当時の吉田の年齢は“42歳”と表記されていたが、このキャラクターショップの開店セレモニーに出席した際に吉田の当時の実年齢は“27歳”であることが判明した。

1992年3月6日にはタカラより、ファミリーコンピュータ用ゲームソフト・『伝染るんです。かわうそハワイへ行く』が発売された。また同年6月25日にオリジナルビデオソフト・『伝染るんです。ビデオ』(タカラ映像事業部)、同時期に菓子(『伝染るんです。あめ』など)も発売されている。

かわうそを始めとした本作のキャラクターが登場する別作品として、『山田シリーズ』が挙げられる。

なお、作中のギャグ「下の人などいない!」は「中の人」というインターネットスラングの元ネタ。


内容・あらすじ[編集]

話の多くはかわうそ、かっぱ、かえる、こけし、やくざ、頭に包帯を巻いた少年などの登場人物が、読者には理解しがたいヘンテコなこだわりを持って暴走し、周り(読者)を困惑、恐怖、脱力させるという展開である(それはハワイに執着するかわうそ、NHK教育テレビの番組を愛好するヤクザなどに典型的に現れている)。

またその延長線上で多くある物がありもしないヘンテコな生活習慣や舞台設定、儀式、スポーツなどが唐突に登場しそれが当たり前に受け入れられ、その中でもギャグが1つ入るという展開(それには手納豆、シークレット奥さん、「さて久しぶりに」と取り返しのつかないことをする先生、タニス道、しリーグなどの例が挙げられる)。

世界観は奇妙奇天烈で、分からない人には殺伐としたものに映ることもあるが、だいたいにおいて牧歌的で脱力的な雰囲気のものが多い。


単行本[編集]

単行本は小学館からA5判ハードカバーで全5巻(1990年 - 1994年)、文庫が小学館文庫から全5巻(1998年 - 1999年)で発売されている。

単行本の第1巻は「物凄く不器用な素人デザイナー・祖父江慎が頑張って造った」という設定のもと、意図的に誤植をして一見すると「乱丁本ではないか?」と思えるかのようなデタラメの限りをつくした装幀・製本がなされた(ほかにも、前述の吉田の年齢や帯の惹句は1990年刊行にもかかわらず「75年は吉田の時代だ!」など)。

このため書店に対する注意書きも同時に配布されたがそれでも問い合わせなどが多発したこともあり、第2巻以降はごく普通の装丁・製本に戻っている[1]。

2000年に傑作だけを集めた『伝染るんです。』が、小学館の廉価版コミックスレーベルのひとつであるBLUE COMICSとして95円(税抜き)で販売された。


登場人物・物体・語彙[編集]

かわうそ君(動物)

直立歩行し、言葉(日本語)を話すカワウソ(外見はカワウソの着ぐるみを着た太った人間にしか見えないが、製作技術の低い古いカワウソの剥製にはこのキャラクターと酷似する風貌のものもある)。

不可解な言動・行動によって、周囲を振り回すが、稀に優しい一面も見せる。

かっぱ君がハワイに旅行したことを知って以降、ハワイに異常な執着を持つようになる。

またハワイ以外にもひとつのことが頭に浮かぶと、それにひたすら執着する。

かっぱ君のお姉さんに執着していた時もあった。

老人に好かれていて、男子中学生が嫌い。

約束屋、憶測屋、かわうそ急便等、時折商売を行っている。

1967年生まれ。吉田戦車の実子が乳児期に、かわうそのぬいぐるみを見て、「わんわん」(犬)と勘違いしたことがある(『まんが親』より)。

『外伝『サラマンダー』』では、2012年に日本の環境省がニホンカワウソを絶滅種に指定したため、今更ながらにアイデンティティーの危機が訪れる。
posted by arena8order at 19:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火山(volcano,vulcano)華山の意味は華と散る…

03694x.jpg1808025226_0db1814231.jpgImage~045.jpg

火山
http://p221.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1110LjtswifD5a35/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E7%2581%25AB%25E5%25B1%25B1&_jig_keyword_=%89%CE%8ER&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2589%25CE%258ER%26fr%3D&_jig_source_=srch&guid=on



火山


火山(かざん、英:volcano)は、地殻の深部にあったマグマが地表または水中に噴出することによってできる、特徴的な地形をいう。

文字通りの山だけでなく、カルデラのような凹地形も火山と呼ぶ。


概要

火山の地下にはマグマ溜まりがあり、そこからマグマが上昇して地表に出る現象が噴火である。

噴火には、様々な様式(タイプ)があり、火山噴出物の成分や火山噴出物の量によっでもその様式は異なっている。

火山は人類の生活に密接につながり、さまざまな恩恵を与えてくれている。

火山から得た恩恵のうち重要と思われるものは、火山がもたらす地形と、その環境から得られる肥沃な大地、湧水、火と温泉、黒曜石を代表とする鉱物や美しい風景があげられる。

火山の噴火はしばしば人間社会に壊滅的な打撃を与えてきたため、記録や伝承に残されることが多い。

Volcanoは、ローマ神話で火と賃金の神ウルカヌス(ギリシア神話ではヘーパイストス)に由来し、16世紀のイタリア語でvolcanoまたはvulcanoと使われていたものが、ヨーロッパ諸国語に入った。

このウルカヌス(英語読みではヴァルカン)は、イタリアのエトナ火山の下に冶金場をもつと信じられていた。

シチリア島近くのヴルカーノ島の名も、これに由来する。日本でvolcanoの訳として「火山」の語が広く用いられるようになったのは、明治以降である。

火山の分類

地形による分類(過去)

1911年、ドイツのカール・シュナイダーは、火山地形を次のように分類した。

トロイデ(鐘状火山、しょうじょうかざん)

コニーデ(成層火山、せいそうかざん)

アスピーテ(楯状火山、たてじょうかざん)

ホマーテ(臼状火山、きゅうじょうかざん)

ベロニーテ(火山岩尖、かざんがんせん)

マール

カルデラ

ペジオニーテ(溶岩台地、ようがんだいち)

ラピリ台地(火砕岩台地、かさいがんだいち)

この分類は、日本では、特に地理分野で広く使われたが、海外では、過去においてもほとんど使われていない。

この分類は、成因をまったく考慮せずに、現在の地形だけで定義したものであった。

火山の研究が進むにつれて、形成過程がまったく違うのに、侵食などによって同じような地形になってしまう例(たとえば、成層火山であるのに侵食で平坦になった偽アスピーテ)が次々発見され、シュナイダーの分類では不都合であることが明らかとなった。

このことは、1950年代にはすでに認識され、マールを除き、日本の火山学、地質学においては、1970年ごろからほとんど使用されないようになった。

ただし、地理の分野では、現在でも使用例があり、観光地の看板などにこれらの名称が残っている場合があるので、完全には死語となっていない。

多くの火山研究者はシュナイダーの分類用語を使わないことを推奨している。

地形による分類(現在)

火山地形は、形成過程や内部構造も考慮して分類されている。

複成火山

ほぼ同一箇所で、繰り返し噴火が起こって形成されたもの。

成層火山

主に、同一箇所の火口から噴火を繰り返して、その周囲に溶岩と火山砕屑岩が積み重なった、円錐形に近い形の火山体。

日本の火山のほとんどは成層火山である。

例 -富士山、岩手山、開聞岳、伊豆大島、羊蹄山

楯状火山

流動性の高い玄武岩質の溶岩が積み重なった、傾斜のゆるい火山体。

そのため、通常は面積が広い。

日本でこれまで「アスピーテ」とされてきた火山は、成層火山が侵食によって平坦になったり、もともと平坦であった場所に小規模な溶岩流が重なったりしたものであり、楯状火山ではない。

また、伊豆大島や三宅島は、玄武岩を主に噴出する火山だが、火砕物の量が多く、楯状火山ではなく成層火山である。

例 -マウナ・ロア山、キラウエア火山、スキャルドブレイダー山(アイスランド)

溶岩台地

大規模な溶岩流が多数積み重なって、広大な台地となっているもの。通常は、玄武岩質の溶岩からなる。

例 -デカン高原、コロンビア台地

火砕流台地

大規模な火砕流によって運ばれた、大量の火山灰・軽石・礫などが厚く堆積して、上面が平坦な台地となったもの。

例 -シラス台地

カルデラ

火山活動によって形成された大規模な凹地。通常、直径が1.6kmから2km以上のものを指す。

例 -阿蘇山、十和田湖、屈斜路湖、摩周湖、洞爺湖

単成火山

火山砕屑丘の阿蘇山#米塚(阿蘇山)

妙高山中央火口丘溶岩ドーム

1回だけの噴火で形成されたもの。

複成火山の一部である場合も多い。

また、単成火山が多数集まっていて、全体が一連のマグマ活動と考えられる場合、単成火山群として複成火山扱いとすることがある(伊豆東部火山群、阿武火山群など)。

爆裂火口

爆発的な噴火によって火口(穴)だけができ、噴出物はほとんど積もっていないもの。

マール

水が大量にある場所でマグマ水蒸気爆発が起こり、円形の火口となったもので、水が溜まっていることが多い。

噴出物は、火口の周囲にわずかに積もっている程度で、主にベースサージ堆積物である。

例 -目潟、波浮港、米丸

火山砕屑丘(火砕丘)

火口の周囲に火山砕屑物が積もって、円錐形に近い形の小さい山(丘)になったもの。主な構成物質によってさらに細分し、火山灰丘・軽石丘・スコリア丘という。

例 -大室山、米塚、ダイヤモンドヘッド

溶岩ドーム(溶岩円頂丘)

マグマの粘性が高く(流動性が小さく)、かつガスが少ないために、爆発的な噴火を起こさず、火口から塊となって押し出されたもの。形は多様であるが、高さには限界があり、噴出量が多い時は平坦になる傾向がある。

溶岩ドームをさらに細分して、上面が平坦になったものを溶岩平頂丘、火道内で固化したまま押し出されてきたものを火山岩尖、また、地表を隆起させたが溶岩自体は噴出しないで終わった(溶岩ドームになりそこなった)ものを潜在ドーム(潜在円頂丘)という。

例 -昭和新山、アトサヌプリ、茶臼岳、妙高山、平成新山

活動度による分類

詳細は「活火山#定義の変遷」を参照

かつては活火山、休火山、死火山に分類されてきたが、実状に合わないとして段階的に見直しがされ、現在では「活火山」と「それ以外の火山」に分けられている。

火山のできる場所

火山は地球上のどこにでもできるわけではない。

火山ができる場所は大きく分けて3種類ある。

プレート発散型境界(リフトバレー、海嶺)

プレートテクトニクスによれば、地球上で最も火山活動が活発なのは、熱いマントルが上昇してきて、地殻が新たに生成される場所、すなわち発散型境界である。

発散型境界はふつう、長く続く谷地形となっているので、リフトバレーとも呼ぶ。

リフトバレーの多くは海底にあり、海嶺とよばれる。

海嶺では、地下から新しい玄武岩質マグマが次々に供給されて、海底で固まり、海洋地殻となって海嶺の両側に移動していく。

世界で唯一、アイスランドが海嶺を地上で観察できる場所で、アイスランド島は中央部の地溝から東西に拡大しつつある。

また、陸上のリフトバレーの代表的なものがグレート・リフト・バレー(東アフリカ大地溝帯)で、同様に活発な火山活動を伴って東西に拡大しつつある。

プレート収束型境界(海溝)

プレートテクトニクスによれば、発散型境界で生成したプレートは、収束型境界で他のプレートとぶつかり、マントルまで沈み込んで消滅したり、プレート同士が重なり合ったりする。

火山が発生するのは主に前者で、海洋プレートが他のプレートの下に沈み込む海溝に沿って分布する。

海溝で沈み込んでいる海洋プレート表面の岩石には、多量の水が含まれている。

水分を含んだ岩石は、融解温度が低下するので、沈み込みにより地下深部に達すると、通常よりも低い温度で融けはじめ、マグマが発生すると考えられている。

マグマの発生条件は、水分のほか主に温度と圧力に依存し、温度と圧力はほぼ深さによって決まる。

従って、マグマが発生するのは、海溝から沈み込んだプレートがある一定の深さに到達した場所であり、それより海溝に近い(沈み込んだプレートが浅い)場所ではマグマは発生しない。

マグマは発生した場所から浮力によってほぼ真上に上昇し火山を形成するので、必然的に、火山は海溝から一定の距離だけ離れた位置に、海溝に平行に分布することになる。

この火山列を、これより前(海溝側)には火山がないという意味で火山フロント又は火山前線という。

また、これよりも海溝から離れた位置にも火山が点在することが多いが、このような場所では、沈み込んだプレートがさらに深い場所に達し、別の成分が融解するなどして、散発的にマグマが発生すると考えられている。

沈み込み帯では、沈み込んだプレートが融解する時に、すでに海底堆積物が混入していたり、マグマが上昇する途中で地殻の岩石が混入したりするため、火山から噴出するのは、安山岩質から流紋岩質のマグマであることが多い。

日本やカムチャツカ半島をはじめとする太平洋周辺や、地中海の火山はこのタイプである。

ホットスポット

地表の特定箇所に、継続的に大量のマグマが供給される場所があり、これをホットスポットという。

ホットスポットの位置は、プレートの動きとは無関係に一定しており、プレートよりも下のマントルに発生源があると考えられている。

ハワイ火山列島がこのタイプで、固定したホットスポットで噴火が起こり火山島ができる一方で、太平洋プレートが北西に動くため、古い火山島が北西にずれていくとともに、南東側に新しい火山島ができ、結果として北西ほど古く南東ほど新しい火山列島となっている。

他に、イエローストーン、ガラパゴス諸島がホットスポットとして知られており、また、アイスランドは大西洋中央海嶺とホットスポットが重なっているため、火山活動が特に活発であると考えられている。

これら3種類以外に、過去にスーパープルームと呼ばれる、核付近からの大規模なマントル上昇による大噴火もあったと考えられている。

また、21世紀初頭には、プチスポットと呼ばれる、上記3タイプに該当しない新たな海底火山が発見され、注目を集めている。

地球外の火山

オリンポス山

火山の噴火が確認されている天体は、地球、木星の衛星イオ、土星の衛星エンケラドゥス、海王星の衛星トリトンである。

金星、火星、タイタンにも、噴火は確認されていないが、火山が存在する。

火星の最も新しい噴火としては、240万年前にオリンポス山が噴火した痕跡が発見されている。

地球の基準に照らせば死火山となるが、火星の火山は長い休止時期を挟んで間歇的に活動するとの説もあり、実際のところ死火山か活火山かは不明である。

なお、オリンポス山は太陽系最高峰でもある。

金星の火山の活動状況は不明な点が多いが、5億年前に大規模な地質活動は終わったと見られている。

月には、海と呼ばれる広大な玄武岩平原が存在し、地質時代(最も新しいモスクワの海東領域で25億年前)には、活発な火山活動が見られた。

ただし、火山と言えるような地形はない。

岩石天体の火山噴出物は、地球と同様のケイ酸塩化合物だが、氷天体の火山噴出物はまったく異なる。

タイタンやエンケラドゥスの火山は水、トリトンの火山は窒素を主に噴出する。

それぞれの天体の常温では固体であり、地殻の構成物質である。

そのような氷天体に見られる火山は、氷のマグマのようなものを噴出していることから氷の火山と呼ばれる。

火山に関連する作品

ノンフィクション

『クラカトアの大噴火』(サイモン・ウィンチェスター)早川書房 - クラカタウ

『火山に魅せられた男たち』(ディック・トンプソン)地人書館- セント・ヘレンズ、ネバド・デル・ルイス、ピナトゥボ

小説

『21の気球』(ウィリアム・ペン・デュボア)講談社少年少女世界文学全集 - クラカタウ

『ポンペイの四日間』(ロバート・ハリス)2003年-79年のヴェスヴィオ火山噴火によるポンペイ滅亡

『死都日本』(石黒耀。漫画版『カグツチ』) - 九州の加久藤(かくとう)火山

『複合大噴火 1783年夏』(上前淳一郎)文藝春秋、1989年 - ラキ、浅間

『富士山大噴火』(鯨統一郎)講談社、2004年 - 富士山

『昼は雲の柱』(石黒耀)講談社、2004年 - 富士山

『日本沈没』(小松左京)光文社、1973年 - 日本各地の火山

『グスコーブドリの伝記』(宮沢賢治『童話集 風の又三郎」)岩波文庫、岩波書店 - カルボナード火山(架空)

映画

『ポンペイ最後の日』

『日本沈没』

『ボルケーノ』

『ダンテズ・ピーク』

『2012』

脚注

[ヘルプ]

^ 久野久『火山及び火山岩』岩波書店〈岩波全書〉、1954年。全国書誌番号:54007630。OCLC 33740555。

^ 平野直人 (2006年8月17日). “新種の火山を発見〜プチスポット火山〜”.火山学最前線レポート. 日本火山の会.2012年4月13日閲覧。

関連項目

火山学

火山の一覧、火山の一覧 (日本)、火山帯

海底火山、火山島

噴火、マグマ、マグマ溜まり

気象庁が命名した自然現象の一覧#火山噴火

火成岩、火山岩

火山砕屑物、火山砕屑岩

火口(噴火口)

火山爆発指数

火砕流

山体崩壊

ラハール(火山活動によって発生する泥流・土石流)

地熱、温泉

プレートテクトニクス、プルームテクトニクス

外部リンク

火山- 気象庁

日本の第四紀火山- 産業技術総合研究所 地質調査総合センター

火山噴火予知研究センター- 東京大学地震研究所

フィールド火山学- 群馬大学教育学部 早川由紀夫研究室

日本火山学会
火山データベース


地球上の地形


山岳・平原地形

山 - 山地/山脈 - 台地 - 高原 - 丘/丘陵 - 山麓緩斜面(英語版) - 尾根 - 谷 - 峠 - メサ - 残丘/ビュート - ホッグバック - カルスト地形 - 石灰岩舗石(英語版) - 鍾乳洞 - リル - ガリ - 土柱 - 天然橋 - 平野(沖積平野 - 洪積台地 - 海岸平野(英語版) - ケスタ - 構造平野 - 準平原) - ツンドラ - 氷床


河川・河成地形

川 - 泉/湧水 - 急流 - 滝 - 洞窟 - 河岸段丘 - 崖 - 渓谷 - 峡谷 - 扇状地 - 蛇行 - 三日月湖 - 中州 - 網状流路 - 氾濫原 - 川原 - 河畔砂丘 - 自然堤防 - 後背湿地 - 天井川 - 湖 - 池 - 沼地 - 湿地 - オアシス - 三角洲 - 三角江 - 甌穴 - 水無川/ワジ


氷河・雪氷地形

氷床/氷帽 - 氷原 - 棚氷 - 氷舌 - 氷山 - 圏谷 - U字谷 - トンネル谷(英語版) - 氷食尖峰 - トリムライン(英語版) - アレート - 羊背岩 - フィヨルド - モレーン - 氷堆丘 - エスカー - ケイム段丘(英語版) - ザンドル/サンドゥル(英語版) - 釜状陥没地(英語版) - ダートコーン(英語版) - 周氷河地形 - 氷丘 - 氷丘脈 - 氷河湖 - 氷河洞窟(英語版) - 氷河盆地


海底・海岸地形

海 - 灘 - 湾 - 入り江 - 海峡/瀬戸/水道 - 地峡 - 大陸 - 島 - 半島 - 岬 - 海岸 - 砂浜(砂浜海岸) - 干潟 - 岩礁(岩石海岸) - 潮だまり - 浅瀬 - 珊瑚礁 - 環礁 - 礁湖 - 砂嘴 - 砂州 - 潟湖 - 陸繋島 - バリアー島 - 浜堤 - ビーチカスプ(英語版) - 塩沼 - 塩湖 - 海岸段丘 - 海食崖 - 海食柱 - 海食洞 - 海食棚 - リアス式海岸 - ダルマチア式海岸 - 多島海 - 大陸棚 - 海嶺 - 海膨 - 海溝 - 舟状海盆 - 海山 - 海台 - 堆 - 海底谷 - 海底扇状地 - 大陸斜面 - 深海平原 - 海盆


火山地形

火山 - 火口(爆裂火口 - マール - タフリング - 火砕丘 - 溶岩ドーム) - カルデラ(カルデラ湖) - 溶岩平原 - 火砕流台地 - 溶岩台地 - 成層火山 - 楯状火山 - 岩頸 - 壁岩(英語版) - 海底火山(ギヨー) - 間欠泉 - 温泉 - 熱水噴出孔 - 溶岩洞


風成地形

砂漠 - 砂丘 - 砂山 (Sandhill) - 乾燥湖 - 風食凹地(英語版) - 砂漠舗石(英語版) - 砂砂漠 - 砂漠ワニス(英語版) - 稜石(英語版) - ヤルダン


植生地形

森林 - 草原/草地 - 耕地 - 藻場


人工地形

建築物 - 橋 - ダム - 堤防 - ため池 - 干拓 - 人工島 - 人工魚礁 - トンネル - 採石場 - 水路(運河 - 溝渠) - 道路 - 埋立地 - 築山


地理的特徴(英語版)

単位 :地殻>基盤岩 - 岩石>砕屑物>礫(石) - 砂 - 泥(粘土・シルト)


プレートテクトニクス


理論

大陸移動説-アイソスタシー-マントル対流説-海洋底拡大説-プルームテクトニクス


地球の内部構造

地殻-マントル(上部マントル・下部マントル) -コア(外核・内核) //リソスフェア(プレート) -アセノスフェア-メソスフェア


プレート境界

発散型 :海嶺//収束型 :沈み込み帯(海溝-トラフ) // トランスフォーム型 :トランスフォーム断層


地殻変動

地震-すべり-褶曲-断層-地溝-地塁-断裂帯-構造線-付加体-造山運動-マグマ-火山-噴火-ホットスポット


プレート


ユーラシア

アムール-揚子江-沖縄-スンダ-ビルマ-モルッカ海-バンダ海-ティモール-アナトリア-エーゲ海


フィリピン海

マリアナ


太平洋

カロライナ-北ビスマルク-南ビスマルク-マヌス-フツナ-バルモーラル暗礁-コンウェイ暗礁-ニューヘブリデス-関東フラグメント


北アメリカ

オホーツク-ベーリング


カリブ

パナマ


ココス

ファンデフカ-リベラ


南アメリカ

スコシア-サンドウィッチ-シェトランド-アルティプラーノ-北アンデス


ナスカ

ガラパゴス-イースター-ファン・フェルナンデス


南極

-

アフリカ

ソマリア


アラビア

-

インド・オーストラリア

インド-オーストラリア-ケルマデック-トンガ-ニウアフォ-バーズヘッド-モルッカ海-ウッドラーク-ソロモン海


トピックス


超大陸

ヌーナ-ローレンシア-コロンビア-パノティア-ロディニア-パンゲア-ゴンドワナ-ローラシア-ユーラメリカ-アフロ・ユーラシア-アメリカ-アメイジア-パンゲア・ウルティマ


古海洋

パンサラッサ-テチス海-イアペトゥス海


古期地殻変動

カレドニア造山帯-ヘルシニア造山帯-ウラル造山帯-中央アジア造山帯-タスマン造山帯-アパラチア造山帯-インド大陸-洪水玄武岩


主要なプレート境界

発散型 :大西洋中央海嶺-南東インド洋海嶺-インド洋中央海嶺-南西インド洋海嶺-太平洋南極海嶺-東太平洋海嶺-大地溝帯…その他// 収束型 :ペルー・チリ海溝-中央アメリカ海溝-カスケード沈み込み帯-アリューシャン海溝-千島・カムチャッカ海溝-日本海溝-伊豆・小笠原海溝-マリアナ海溝-相模トラフ-南海トラフ-琉球海溝-フィリピン海溝-トンガ海溝-ケルマデック海溝-ジャワ海溝-プエルトリコ海溝-サウスサンドウィッチ海溝…その他//環太平洋造山帯-アルプス・ヒマラヤ造山帯


Category:プレートテクトニクス/プロジェクト:地球科学/Portal:地球科学


http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=火山&oldid=49256404」から取得

カテゴリ:
火山
火山学
posted by arena8order at 17:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ポルトガルイルXX」とも呼ばれるテロ団の「鼻毛般若団」…

dino3-225x300.jpgImage~008.pngplasmatte.jpg

「般若の面」に関連した英語例文の一覧
http://p208.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1110kgdas9NdY5BH/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E8%2588%25AC%25E8%258B%25A5%25E3%2581%25AE%25E9%259D%25A2&_jig_keyword_=%94%CA%8E%E1%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2594%25CA%258E%25E1%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26b%3D13%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on



「ポルトガルのイルXX」と呼ばれるテロリスト団の「鼻毛般若団」が執拗に嫌がらせを繰り返し、止めない。 → "ポ" "Thenose hairs demoness corps" oftheterrorist corps called yl XX of Poltgale. does not stop harassment repeatedly obstinately.

「勉強嫌いで仕事もしたくない」と強奪しかしたくないので戦争を繰り返す。 → Because onlyaseizure wants to assume,"Dislike study and do not want to work", Repeat war.

自分等を「無色同盟」と名乗るが「無職同盟」である。 → Give oneself with"acolorlessness alliance",but"amanalliance without an occupation".

働かないで済むからと朝鮮半島の収容所で 何不自由無く、外出も許可され、「内科の病院に長期入院」感覚で過ごしていた。 → Going out was admitted without any inconvenience atthecamp oftheKorean Peninsula whenIfinished it without working and spent it fora"hospitalization sense long-term inahospital oftheinternal medicine".

暇だからと脅迫を繰り返し、日韓ワールドカップを思い付き、企画。 → Repeatathreat when free and hit on Japan-Korea World Cup and plan it.

韓国での試合を多数、観戦していた。 → Watched a game of a lot of games in Korea.

その後も全て、そのメンバーの企画と脅迫で東南アジア(マレーシア等)での試合を南アフリカ等と偽り中継をしていた。 → Relayed allthegame in Southeast Asia(Malaysia)byaplan andthethreat ofthemember afterwards in the disguise of South Africa.

日韓ワールドカップは韓国のみならず、朝鮮全域に建てられたスタジアムで開催されていた。 → TheJapan-Korea World Cup was held atastadium built throughout Korea as well as Korea.

ジョホールバル等、日本で有名なサッカー場は何処にあるのか。 → Where isthefamous soccer ground in Japan of Johore Baharu?

更に F1の本当の開催地は何処なのか。 → Furthermore,where isthetrue site of F1?

改竄してでも、世界を騙し続けて平気で徳をすると考える民族はブードゥー教以外の全ての宗教を敵に回した。 → It ampered,andtherace to think to continue coaxingtheworld,and to do virtue unconcernedly antagonized all religion exceptthevoodoo.

今のままでは、死んでも生まれ変わっても幸せは無い。 → Even if being dead is rebeared,as now,there is notthehappiness.

未来永劫、己の欲と「虎の革を借る狐」「乞食根性」のまま、輪廻を繰り返すだろう。 → As eternity,one's desire and "fox "beggar nature to ask fortheleather ofthetiger" for ,"will repeat samsara.

生まれ変わる事を許されない民とは性格と考え方を変えられず、生き方を変えられたい者の事。 → Character andaway of thinking are not changed,andthepeople who are not allowed to be rebeared arethepeople who want to be changed way of life into.

生まれ変わっても 世界中に嫌われ、邪魔者扱いされる民となる。 → It is avoided all overtheworld even if rebeared and becomes people treated likeanuisance.

その民族が隕石を沈めたバミューダ諸島の深海に地獄の蓋が開いた。 → There wasacover ofthehell inthedeep sea ofthe Bermuda Islands wheretherace sankameteorite.

仲間の実験交配種の多足動物が人間の姿に化けて、イタリーの有名なホテルの魔方陣を抉じ開けたからと判明した → Themultipede oftheexperiment cross ofthefriend changed itself intoahuman figure and was proved to have broken openthemagic square ofafamous hotel of Italy.
posted by arena8order at 11:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。