2013年11月05日

ylnaska…ジプシーXX. ポルトガル人パキスタンナチス

Image~006.pngImage~048.jpgImage.jpg
#ккк #ylnaska「#ジプシーXX」#ポルトガルXX #パキスタンナチス #偽パキスタン人XX
http://p202.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1105Ee80mO1bJ7db/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E3%2582%25B8%25E3%2583%2597%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25BC&_jig_keyword_=%83W%83v%83V%81%5B%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2583W%2583v%2583V%2581%255B%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26b%3D3%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on


大震災主犯「朝鮮ドックの惧憂聨」と名乗る「朝鮮テロリスト」な「パキスタンナチス」と偽る一族は「ジプシーのポルトガル移民族」のナスカ「碼璃湮」と名乗るテロリストで、元々、東南アジアのイル島の民族と血液検査で判ったのは1823年10月22日。 → It is October 22, 1823 that originallythewhole families in the disguise of "Pakistani Nazi" thatagreat earthquake disaster principal offender "is Korea terrorist" named "惧憂聨-Guuren. oftheKorea dock" knew byarace andtheblood test oftheSoutheastern Asian yl island in terrorists named Nazca "碼璃湮-Mariy." of"thePortugal emigrant group oftheGypsy".

理由は放浪の旅でイタリーのメジチ家前に頭を棍棒の様な物が当たり、陥没した赤子が置き去りにされていた。 → As forthereason, thething such astheclub consultedahead beforeaperson of Mediti. of Italy onatrip oftheroam,andthebaby who sank was left.

治療の時に血液検査は薬品を使用する上で必要。 → Theblood test is necessary at the time of treatment in usingamedicine.

結果、東南アジアの寄生虫と薬草のジンバーが認められた。 → Aresult, aSoutheastern Asian parasitic worm andthegin bar ofthemedicinal herb were recognized.

更に血液検査は「Dog」。 → Furthermore, theblood test "Dog."

当時、有名な「カニバリズム」を描いたゴーギャンが飼っていた犬の血液と比べて、換わるのは血小板の移管場所のみ。 → Being replaced in comparison withtheblood ofthedog which Gauguin who drew famous "cannibalism" kept in those days only inthetransfer place oftheplatelet.

更にゴーギャンが東南アジアのセブ島でカニバリズムの絵を描いた頃に「イル島から来た。 → Furthermore,when Gauguin drewapicture ofthecannibalism in Southeastern Asian Cebu; "came from the yl island".

ユウーバ」と語っていた女性に似ていた。 → Resembled Yuurba andthewoman who talked.

治療をしたが迎えに来ないまま、3年目に日本から戻ったReonald・Da・Vinte一族が日本で出逢った「ナスカのマチク」と名乗る一族に「ユウーバに似ている。 → Intheclans named "Matik. of Nazca" where cured,but Reonald,Da, theVinte whole families who came back from Japan inthethird year without coming to pick me up met in Japan"resemble Yuurba".

黒子が一緒だから間違いない。 → Becauseamole is same as, reliable.

サーカスを追って出て行った。 → Left in pursuit ofacircus.

イタリーで靴を作って、相変わらずジプシーの身なりで道端で踊って、男探しをしている。 → Aproduct dances shoes bythe appearance of the Gypsy as ever by the roadside in Italy and does search for man.

」と言われ、戻った所、家が荒らされていた。 → was said,andaplace, the house which returned were damaged.

危険を感じ、置き手紙にバチカンの地図と子供を預かっている事を記した。 → Felt danger and wrote down that took charge ofa Vatican map and child to the note.

3日後、Reonald・Da・Vinte一族のオペラの衣装やアクセサリーを身に付け、子供を迎えに来た一族は「死ぬまで働いて全て返す。 → The clans which wore clothes and accessories oftheopera of Reonald,Da, the Vinte whole families three days later,and came to pick upachild"work until die,and return all it".

」と泣いて謝り、仕事先を紹介して欲しいと言ったが分からないと答えると「又、来る。 → When said that want that cries and to introduceanapology,work,but answer it that do not understand it; "come again".

」と詫びながら帰った。 → Returned in spite of being apology.

二ヶ月後に来た時に金を持って来た。 → When came two months later, brought money.

後日、ローマで盗まれた物と判明した。 → Became clear with a thing stolen in Rome later.

1854年ナスカに行った際に金を加工する炉が沢山あり、聞いた所「ユウーバがイタリーのメジチからの贈り物と言った。 → Theplace that there were a lot of furnaces which processed money when went to Nazca in 1854,and heard "Yuurba said withapresent from Mediti. of Italy".

」と見せてくれたのは盗まれたアクセサリー類と金塊で溢れた馬小屋だった。 → Was the barn which it was stolen accessories and lump of gold to have shown,and overflowed.

その一族は、まだ、メジチ家から盗み続け「盗まれた方が悪い。 → The whole families continue still stealing it fromaperson of Mediti. and "stolen one is bad".

」と日本で世界中のメジチ家の親戚や関連組織の関係者に足枷を付け、監禁したまま籠城中である。 → Holding out a siege with a charge account imprisoning fetters tothe relative of the person of Mediti. of the world andtheperson concerned of the associated organization in Japan.

返せないと止めない理由は明らか。 → Thereason not to stop when cannot return it is clear.

相手を知っていたから盗みを止めないから返せないだけである。 → Because do not stopatheft because knew a partner, cannot only return it.

テロリストの使う端末は当時奪われた世界で一台の「カルテ」用コンピュータである → Theterminal whichtheterrorist uses is one for "medical record" computer in those days intheworld that was robbed of.
posted by arena8order at 19:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

in Nazi Germany "Aryan" ΣΨΩαΞΔ

Image~072.jpg0676a662.jpg200px-T_and_O_map_Guntherus_Zine.jpg

アーリア人 → Aryan
http://p221.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1105F6OXwz0gkG5i/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25A2%25E4%25BA%25BA&_jig_keyword_=%83A%81%5B%83%8A%83A%90l&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E3%2582%25A8%25E3%2582%25B2%25E3%2583%25AC%25E3%2583%2584%2B%25E6%2584%258F%25E5%2591%25B3%26p%3D%2583A%2581%255B%2583%258A%2583A%2590l%26trans%3D0&_jig_source_=srch&guid=on


アーリア人 → Aryan

「アーリア」はこの項目へ転送されています。 → "It is Aryan" and is transferred totheはこの item.

イタリアのコムーネについては「アーリア(イタリア)」をご覧ください。 → Look at "Aryan" (Italy)about Italian コムーネ.

アーリア人(Aryan,Arier,еёйа,ΛΧΨΩα)は、トランスオクシアナを出自としたグループ。 → Thegroup which assumed Aryan(Aryan,Arier,еёйа,ΛΧΨΩα)
ΣΩΞΛΦΧαΔ blood relationship.

狭義と広義で対象が異なる。 → Anobject is different fromanarrow sense in a broad sense.


概要[編集] → Summary[editing]

初期にはイラン集団(イラン・アーリア人)とインド集団(インド・アーリア人)に別れて拡大して行ったと言われる。 → It is toldan Iranian group(Iran Aryan)andtheIndian group(India Aryan)to part,and to have spread early.

その後はテュルク、モンゴル民族の勃興と中央アジア、北部インド、西アジア支配により、更に細かい複数の集団に別れ、各々が次第に独自の文化を形成して行った。 → By Turuq,sudden rise in Mongolia of a race and Central Asia,northern part India,west Asia rule,parting,each formed gradually original culture afterwards inthesmaller plural groups.

現存する近縁の民族としてはパシュトゥーン人、ペルシア人、タジク人、北部インドの諸民族等があり、彼等はアーリア人の末裔である。 → There areaPashtun person, aperson from Persia, aTajik,races of northern part India asanexisting closely related race,and they are Aryan progenies.

また、広義には現存の彼らを指してアーリア人と呼ぶこともある。 → In addition, Imay call itanAryan referring to living them inawide sense.

この項では基本的にはイラン・アーリア人、インド・アーリア人、またそれらの最も近縁な共通先祖を、もしくは広義においてはその現存の子孫をアーリア人と呼ぶ事とするが、アーリアン学説ではより広い意味でアーリア人という言葉を用いており、インド・ヨーロッパ語族に属する諸語を使う民族全般の祖をなすと想定された民族を指す。 → Iran Aryan,India Aryan decide to calltheliving descendant withanAryan in in those most closely related common ancestors orthewide sense again in this clause basically,butIusetheword Aryan inthemeaning that is wider bytheAryan theory and point totherace which was assumed whenIdoafather oftherace whole to usethelanguages to belong to India Europe family of languages.

アーリアン学説に於ける意味での、このアーリア人を、この項では、アーリア人と呼ぶのでは無く、アーリア人種と呼ぶ事にする。 → Icall this Aryan inthemeaning intheAryan theoryanAryan in this clause and there is not it and decides to call it withanAryan kind.

アーリアン学説によるアーリア人、即ちアーリア人種は多くの民族を子孫とするとして想定された。 → TheAryan bytheAryan theory namelytheAryan kind was assumed saying thatIassumed many racesadescendant.

このアーリア人種は元々インドに住んでいたが、中央アジアやイランへ広がり、更にロシアや東欧まで拡散したと言う。 → Originally this Aryan class lived in India,but it spreads through Central Asia and Iran and says thatIspread more to Russia and Eastern Europe.

これによると、アーリア人には以下の狭義と広義が存在する事になる。 → According to this,there will bethefollowing narrow senses and wide senses toanAryan.

狭義のアーリア人(諸民族に分裂する以前)イラン(エルサレム)に移り住んだアーリア人インドに移り住んだアーリア人上記の二民族が分裂する以前の最も新しい共通祖民族。 → Racialthenewest common father before two Aryan races which moved to Aryan India which moved to Aryan(before splitting intotheraces)Iran(Jerusalem)ofthenarrow sense mentioned above are divided.

広義のアーリア人(現存の末裔民族も含む概念)。 → TheAryan(concept includingtheliving progeny race)ofthewide sense.

狭義のアーリア人 → Aryan ofthenarrow sense

ペルシア人 → Person from Persia

パシュトゥーン人 → Pashtun person

タジク人 → Tajik

北インド諸民族 → North India races

最広義のアーリア人(アーリアン学説におけるアーリア人種)インド・ヨーロッパ祖語を話していた民族と、その子孫広義のアーリア人の内、北インド諸民族の殆どがインドに移り住んだアーリア人を祖先に持つ者であり、それ以外の上述されている民族はイラン(エルサレム)に移り住んだアーリア人を祖先に持つ。 → It isaperson havingtheAryan thatthemost of north India races moved to India atanancestor,and,amongtherace which talked abouttheAryan(Aryan kind intheAryan theory)India Europe parent language ofthemost wide sense andtheAryans ofthedescendant wide sense, therace stated above except it hastheAryan who moved to Iran(Jerusalem)atanancestor.

但し、北インドのアーリア系民族の中にもパールシー等の様に、イラン(エルサレム)に移り住んだアーリア人を祖先とする民族もある。 → ButIdo it,and there istherace doingtheAryan who moved to Iran(Jerusalem)withanancestor likethepearl sea intheAryan system race of north India.

ΣΨ,ΨΩαΥΔΞ → ΣΨ,ΨΩαΥΔΞ
パールシーはサーサーン朝のペルシア帝国滅亡後にインドに移って来たゾロアスター教を信奉する古代ペルシア人の子孫である。 → Pearl she isadescendant oftheancient Persia person believing intheZoroastrianism that moved to India after Persia extinction ofthe ΣΛΑΔΖΠ morning.

現在狭義におけるアーリア人は消滅したと考えられているが、「イラン」という国名自体ペルシア語で「アーリア人の国」を意味し、イラン最後の皇帝であるモハンマド・レザー・パフラヴィー(1979年にイラン革命による失脚で廃位)は自らの称号を「アーリア人の栄光」を意味する「アーリヤー・メヘル」に定める等、現在もペルシア人は自らをアーリア人であると自認する者が多い。 → It is thought thattheAryan inthenarrow sense became extinct,but mean"anAryan country" by name of a country in itself Persian "Iran",and Mohammad leather ΡΑΥΤΘ(thedownfall bytheIranian Revolution in 1979 deposal)which istheemperor intheIran last establishes own title in "aliya ΧΜΚ" meaning "Aryan glory",and,as forthePersia person,there are many people who admit oneself when Aryan now now.

尚、最広義のアーリア人(またはアーリア人種)と言う概念や呼び方は歴史的にも血統的にもアーリア人の成り立ちから考えて妥当では無く、現在は殆ど否定されている。 → In addition, think,and it is proper,and there is not it,andaconcept andthename to be calledtheAryan(or Aryan kind)ofthemost wide sense are almost denied forthelineage now historically by Aryan constitution.

詳細はアーリアン学説の項を参照の事。 → Thedetails are reference intheclause oftheAryan theory.

本項では基本的には狭義のアーリア人を取り扱い、関連として広義のアーリア人も一部記述しているが、詳細はそれぞれの民族の項を参照されたい。 → ItreattheAryan ofthenarrow sense in this clause basically,andtheAryan ofthewide sense describes it as connection partly,too,but,as forthedetails,see each racial clause.

本項で取り扱う狭義のアーリア人は司祭が社会的に重要な地位であった。 → TheAryan ofthenarrow sense to deal with in this clause wastheposition whereaCatholic priest was socially important.

自然現象を神々として崇拝する宗教を持っていた。 → Ihad religion to admireanatural phenomenon as gods.


語源と名称の変化[編集] → Change[editing]oftheetymology andthename

アーリアの語源は、サンスクリット語の「アリア (aria,arya, 阿 耶)」、及び、それがペルシャ語に取り入れられた「アリイア (ariia)」とされる。 → TheAryan etymology is considered to be "aria (aria, arya, 阿耶 )" and "ΛΦΣΔ (ariia)" where it was adopted for Persian of Sanskrit.

いずれも「高貴な」と言う意味で、他民族より「高貴な」民族と考えたアーリア人が自称した。 → "Noble" wasameaning to say,andtherace which "was nobler" than other races andtheAryan who thought called all itself it.

古代ギリシア人がイラン高原をアリアナ地方 (Aryana)、当地の住民をアーリア人と記録しており、その頃には地中海東部地域でも既知の民族名だったと言える。 → Irecord Ariana district (Aryana),inhabitants of here withanAryan,andanancient Greek can say Iranian Plateau that it wasaknown race name intheMediterranean Sea eastern part at that time.


宗教[編集] → Religion[editing]

イスラム教以前のイランの宗教はマズダー教(及びその内の多数派であるゾロアスター教)である。 → TheIranian religion beforetheIslam isa ΣΩΨΔ religion(theZoroastrianism that and isthemajority of those).

マズダー教の特徴として世界を善悪の二つの神のグループの戦いとして例えらえる。 → Example and others obtaintheworld asafight ofthegroups of two God oftheright and wrong asacharacteristic ofthe ΣΩΨΔ religion.

インドの宗教はバラモン教であり、バラモン教の特徴として世界を善悪の二つの神のグループの戦いとして描写する局面を含有しつつも、リグ・ヴェーダ以来インドで一般に神を意味する単語はデーヴァであり、悪神はアスラと呼ばれる。 → In contrast, theword generally to mean God sincearig Veda in India is Deever whiletheIndian religion being Brahmanism,and containing situation to describetheworld asafight ofthegroups of two God oftheright and wrong asacharacteristic oftheBrahmanism,andtheevil god is called ΥΚΙΘ.


バラモン教[編集] → Brahmanism[editing]
バラモン教は、インドに移り住んだアーリア人が創り出した宗教である。 → TheBrahmanism isthereligion thattheAryan who moved to India created.


バラモン教が影響を与えた他の宗教[編集] → Other religion[editing]that Brahmanism affected

仏教は、バラモン教の風土を土台に釈迦(ゴータマ・シッダッタ)が修行の後に悟った真理で、釈迦の死後にバラモン教の一部を取り込んでいる。 → TheBuddhism takes inapart oftheBrahmanism after death of Buddha inthetruth that Buddha(Gautama, ΣΘ)realized climate oftheBrahmanism after ascetic practices inabase.

ヒンドゥー教は、バラモン教を土台に、その他の宗教を取り込んで再構成されたものである。 → TheHinduism was based on Brahmanism,andIwas busy,and other religion was reconstituted.

ジャイナ教は、仏教と同時期にヴァルダマーナによって提唱された教えで、より徹底した不殺生を説く。 → Jainism is religious teachings proposed for Buddhism andthesame period by ΗΘΙ and preaches thorough non-killing.

尚、仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の三者は成立以降、互いに影響し合って発展して来た経緯がある。 → In addition,there istheprocess that Buddhism,Hinduism, thethree persons oftheJainism influence it after establishment each other,and developed.

シク教は、ヒンドゥー教とイスラム教の宥和を目指して構築されたもので、両者の教義を取り入れている。 → TheSikhism takes inthedoctrine of both withathing built for Hinduism and appeasement oftheIslam.


脚注[編集] → Footnote[editing]

^青木健「アーリア人」216ページ → 216 pages of^Takeshi Aoki "Aryans"

^Y-Chromosome distribution within the geo-linguistic landscape of northwestern Russia

^辻直四郎(1967)『インド文明の曙ヴェーダとウパニシャッド』38頁。 → ^Naoshiro Tsuji (1967) "beginning Veda and Upanishad 38 pages oftheIndian civilization."

要するとデーヴァ(ダエーワ)とアスラ(アフラ)はインドとイランで正反対の好対照をなしている。 → アスラ(アフラ)makesthebeautiful contrast that is completely opposite to India in Iran with diva(ダエーワ)whenIneed it.


アーリア人と関連した出来事[編集] → Event[editing]in conjunction withtheAryan
インド → India

紀元前90世紀頃、北西インド、パンジャーブでの牧畜が確認される。 → Northwest India,live stock farming in Punjab are confirmed intheabout 90th century B.C.

インドに移り住んだアーリア人となる。 → Moved to India;become Aryan.

中央アジア → Central Asia

イラン(ベトレヘム)に移り住んだアーリア人となる。 → Moved to Iran(ΛΦΧΨ);become Aryan.

一部が古代アフガニスタンのアーリヤーナ(Aryana、アーリア人の土地の意味)に興る。 → Apart comes into existence in ancient Afghanistani ΛΣΞΔ(Aryana,meaning of Aryan land).

中央アジアにはその後もアーリア人種が残り、後にスキタイ人が黒海からアゼルバイジャンまでの範囲に栄える。 → AnAryan seed is left intheCentral Asia afterwards,andaScythian prospers later intheranges fromtheBlack Sea to Azerbaidjan.

紀元前2500年頃には、アーリア人種のものと思われるアンドロノヴォ文化や類似する様式がアラル海やキプチャク草原、南西のトルキスタンで見られる。 → In about B.C. 2500, the Andrownovo. culture thought to bethething oftheAryan class andasimilar style are seen in Aral Sea and Kippchapg. grassy plain,southwestern Turkestan.

東トルキスタンでは紀元前4000年頃より遊牧が始められていた。 → Nomadism was begun in about B.C. 4000 in Eastern Turkestan.

紀元前10世紀頃より、インド北西部から東のガンジス川に向かって移動するにつれ、宗教的な融合も始まる。 → Thereligious fusion begins asImove towardstheeast Ganges fromthenorthwestern part of India fromtheabout tenth century B.C.

後にアーリア人は、言語と宗教により認識される様になる。 → TheAryan comes to be recognized later byalanguage and religion.

紀元前5世紀頃になり、ヴェーダが完成し、バラモン教の宗教的な形式が整えられる。 → It istheabout fifth century B.C.,andaVeda is completed,andareligious form oftheBrahmanism is fixed.

紀元前5世紀に成立した仏教がブラフミンの特殊性を否定し、ブラフミンの支配を良く思わ無かった王族クシャトリヤ階級に支持され、ブラフミンの地位は落ちて行く。 → Buddhism concluded inthefifth century B.C. denies specialty of ΣΦΥΜΔ,and rule of ΣΦΥΜΔ is supported intheimperial family Kshatriya rank that there was not well ,andtheposition of ΣΦΥΜΔ falls.

4世紀、新しい王の支持を受け、バラモン教を発展・継承するヒンドゥー教が作られる。 → Inthefourth century, Ireceive support of new King,and development,Hinduism to succeed to is prepared intotheBrahmanism.

出典は「世界地名の語源」(牧英雄 編著 自由国民社、1980年)「世界地名語源辞典」(蟻川明男 編著 古今書院)がある青木健「アーリア人」(講談社選書メチエ 2009年) → As forthesource,Takeshi Aoki with "world place name etymology dictionary"(Akio Arikawa compilation ancient and modern times study)"is Aryan""theetymology oftheworld place name"(牧英雄編著自由国民社,1980); (Kodansha selected books metier 2009)


関連項目 → Item concerned

インド・アーリア人 → India Aryan

ペルシア人 → Person from Persia

パールシー → Thepearl sea

パシュトゥーン人 → Pashtun person

タジク人 → Tajik

アーリアン学説 → Aryan theory

ゾロアスター教 → Zoroastrianism

バラモン教 → Brahmanism

名誉人種-名誉アーリア人 → Honorary race-honor Aryan


「Ar・y・an/()rin,r‐/」.

(ナチスドイツで)アーリア人(種)の,非ユダヤ系白人の. → Of(in Nazi Germany)Aryan(kind)non-Jewish white.

現在ではIndo‐European(‐Germanic)(インドヨーロッパ「ゲルマン語」)という → Indo-European(-Germanic)(Indian European "Germanic")now.



「アーリア」に関連した英語例文の一覧
http://p202.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/11052q1yGGFFVUEv/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25A2&_jig_keyword_=%83A%81%5B%83%8A%83A%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25A2%25E4%25BA%25BA%2B%25E8%258B%25B1%25E8%25AA%259E%2B%25E4%25BE%258B%25E6%2596%2587%2Bweblio%26p%3D%2583A%2581%255B%2583%258A%2583A%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26trans%3D0&_jig_source_=srch&guid=on
posted by arena8order at 05:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。