2013年11月03日

戦艦 三笠…敷島型戦艦の四番艦。奈良県三笠山にちなみ、命名。

Image~048.jpgImage~052.jpgImage~056.jpg
#ккк #第二次世界大戦 #朝鮮戦争 #横浜テト攻撃

三笠 (戦艦)
http://p207.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/11030uRkjtb1hR1k/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E4%25B8%2589%25E7%25AC%25A0_%28%25E6%2588%25A6%25E8%2589%25A6%29&_jig_keyword_=%93%90%82%DC%82%EA%82%BD%20%8CR%8A%CD%20%83A%83%81%83%8A%83J&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2593%2590%2582%25DC%2582%25EA%2582%25BD%2B%258CR%258A%25CD%2B%2583A%2583%2581%2583%258A%2583J&_jig_source_=srch&guid=on



三笠 (戦艦)

三笠

日本に回航直後の戦艦三笠


三笠


艦種 戦艦

艦級 敷島型(四番艦)

艦歴


発注 1898年9月26日 ヴィッカース社(イギリス)

起工 1899年1月24日 バロー・イン・ファーネス造船所

進水 1900年11月8日

就役 1902年3月1日

主な所属 連合艦隊旗艦

最後の軍役 1921年

除籍 1923年9月20日

その後 記念艦として保存

性能諸元


排水量 15,140トン(常備)

全長 131.7m

全幅 23.2m

吃水 8.3m

機関 15,000馬力

最大速度 18ノット

航続距離 10ノットで7,000海里(約13,000km)

乗員 860名

装甲 KC(クルップ)鋼
舷側:9インチ(229mm)
甲板:3インチ(76mm)

兵装 主砲 40口径30.5センチ連装砲2基4門
副砲 40口径15.2センチ単装砲14門
対水雷艇砲 40口径7.6センチ単装砲20門
47ミリ単装砲16基
魚雷発射管45センチ発射管4門


三笠(みかさ)は、大日本帝国海軍の戦艦で、敷島型戦艦の四番艦。

奈良県にある三笠山にちなんで命名された。

船籍港は京都府舞鶴市の舞鶴港。

同型艦に敷島、初瀬、朝日。1904年(明治37年)からの日露戦争では連合艦隊旗艦を務め、連合艦隊司令長官の東郷平八郎大将らが座乗した。

現在は、神奈川県横須賀市の三笠公園に記念艦として保存されている。


歴史[編集]

建造[編集]

日清戦争後、ロシア帝国に対抗するために日本海軍は軍拡を進めた。

その中で『六六艦隊計画』(戦艦を6隻、装甲巡洋艦を6隻配備する計画)の一環、その最終艦として三笠はイギリスのヴィッカースに発注され建造された。

1899年(明治32年)1月24日バロー・イン・ファーネス造船所で起工。

1900年(明治33年)11月8日進水。

1902年(明治35年)1月15日から20日まで公試が行われ、3月1日サウサンプトンで日本海軍への引渡し式が行われた。

建造費用は船体が88万ポンド、兵器が32万ポンドであった。

3月13日、イギリス、プリマスを出港しスエズ運河経由で5月18日横須賀に到着した。

初代艦長は早崎源吾大佐。

横須賀で整備後6月23日に出港し、7月17日本籍港である舞鶴に到着した。


戦歴[編集]

1903年(明治36年)12月28日、三笠は連合艦隊旗艦となった。

1904年(明治37年)2月6日から日露戦争に加わり、2月9日からの旅順口攻撃や旅順口閉塞作戦に参加し、8月10日には黄海海戦に参加した。

12月28日、呉に入港、修理の後、1905年(明治38年)2月14日呉を出港、江田島・佐世保経由で21日朝鮮半島の鎮海湾に進出した。

以後同地を拠点に対馬海峡で訓練を行い、5月27日・28日には日本海海戦でロシア海軍バルチック艦隊と交戦した。

この海戦で三笠は113名の死傷者を出した。

日露戦争終結直後の1905年(明治38年)9月11日に、佐世保港内で後部弾薬庫の爆発事故のため沈没した。この事故では339名の死者を出した。

弾薬庫前で、当時水兵間で流行していた「信号用アルコールに火をつけた後、吹き消して臭いを飛ばして飲む」悪戯の最中に、誤って火のついた洗面器を引っくり返したのが原因とする説や下瀬火薬の変質が原因という説もある。

事故当時、東郷は上陸していて無事。

また、艦隊付属軍楽隊に着任していた瀬戸口藤吉も、これまた事故当時は上陸中で難を逃れたが、軍楽兵の多くが事故で殉職した。

なお、この爆発沈没事故は秋山真之三笠短刀
 中心 銘 三笠砲鋼秀明


その他[編集]

日本海海戦で三笠に乗り組んでいた兵士のうち、最後の生き残りだった京都市中京区に住む杉山清七が1982年(昭和57年)1月13日に98歳で死去したと、翌日の新聞にて報道された。

この記事によれば杉山は1902年(明治35年)に19歳で海軍に入隊し二等水兵となった。

その後は仁川、黄海、日本海海戦と「三笠」右舷前部の15cm砲一番砲手を務め、軍人を退役した後は警官をしていたという。

なお、日本海海戦の最後の従軍者とされる者は浅間 (装甲巡洋艦)の乗組員であり、同年5月27日に97歳で死去しているという。


略年表[編集]

1898年(明治31年) - 日本政府がイギリスのヴィッカース社に発注。

1899年(明治32年)1月24日- 起工。

1902年(明治35年)3月1日- 竣工。

1904年(明治37年)第1艦隊第1戦隊所属で日露戦争に参加

2月9日から旅順口攻撃、旅順港閉塞作戦に参加

8月10日黄海海戦に参加

1905年(明治38年)5月27日-5月28日-日本海海戦で連合艦隊旗艦を務め、連合艦隊司令長官東郷平八郎が座乗。

1905年(明治38年)9月11日- 佐世保港内での爆発事故により沈没。

1906年(明治39年) - 浮揚・修理着工。

1923年(大正12年) - ワシントン軍縮条約によって廃艦が決定。

1923年(大正12年)9月20日 - 除籍。

1925年(大正14年) - 記念艦として横須賀に保存されることに閣議決定。(財)三笠保存会設立。

1926年(大正15年)11月12日- 三笠保存記念式挙行。「記念艦三笠」と呼ばれる。

1945年(昭和20年) - 連合国軍により接収。三笠保存会解散。その後、荒廃。

1958年(昭和33年) - 三笠保存会が再建され、復元募金開始。

1959年(昭和34年)-1961年(昭和36年) - 復元整備工事。

1961年(昭和36年)5月27日- 記念艦三笠復元記念式挙行。

1992年(平成4年) - 世界船舶基金財団の海事遺産賞を受賞。

2005年(平成17年) - 日本海海戦100周年。


歴代艦長[編集]

三笠のブリッジで日本海海戦の指揮を執る東郷平八郎や艦長の伊地知彦次郎(左から4人目)

回航委員長

世良田亮 大佐

1900年5月15日 - 1900年5月21日

早崎源吾 大佐

1900年5月21日 - 1901年5月1日

艦長

早崎源吾 大佐

1901年5月1日 - 1903年1月12日

中尾雄 大佐

1903年1月12日 - 9月26日

伊地知彦次郎大佐

1903年9月26日 - 1905年9月29日

井手麟六 大佐

1906年8月30日 - 11月22日

松村直臣 大佐

1906年11月22日 - 1908年8月28日

奥宮衛 大佐

1908年8月28日 - 1909年12月1日

土山哲三 大佐

1909年12月1日 - 1911年9月21日

大沢喜七郎 大佐

1911年12月1日 - 1913年1月10日

広瀬順太郎 大佐

1913年1月10日 - 1914年5月27日

森越太郎 大佐

1914年5月27日 - 12月1日

久保来復 大佐

1914年12月1日 - 1916年12月1日

加藤雄次郎 大佐

1916年12月1日 - 1917年12月1日

大内田盛繁 大佐

1917年12月1日 - 1918年7月5日

山本英輔大佐(峙)

1901年2月15日 -

石川秀三郎 大佐

八角三郎大佐

(兼)小山武 大佐

(兼)田村丕顕大佐

田村丕顕 大佐


諸元[編集]

戦艦三笠の主砲(形状を復元したもの)

速力-18ノット(時速約33km)

装備

主砲-40口径30センチ砲4門

副砲-40口径15センチ砲14門

補助砲-40口径7.6センチ砲20門

魚雷発射管-4門(水線下に装備)

衝角

防御力

圧倒的な火力の充実を図ると共に、装甲板にクルップ鋼を使用して当時の世界最高水準の防禦力を実現していた。

通信能力

当時の最新鋭の三六式無線電信機を装備しており、その通信能力は日本海海戦時に有効であった。真珠湾攻撃時の「トラ・トラ・トラ(Toratoratora)」


登場作品[編集]

日露戦争関連映画作品などに登場している。

東宝

『日本海大海戦』(1968年)

横須賀の記念艦三笠でロケが行われた他、セットも製作された。

海戦シーンでは各種のミニチュアが製作され、東宝大プールでの特撮撮影が行われた。

東映

『日本海海戦 海ゆかば』(1983年)

『日本海大海戦』同様に記念艦三笠にてロケが行われている。

『超電磁マシーン ボルテスV』(第5話)(1977年)

NHK

『坂の上の雲』(2009年-2011年)

石川県加賀市の日本元気劇場内に原寸大のオープンセットが組まれた他、室内を再現した屋内セットも製作されて撮影が行われた。

海上や海戦シーンでは実際の護衛艦を撮影した映像をCG合成によって加工した映像が用いられている。

漫画

『蒼海の世紀』(野上武志、2005年 -)

日本海海戦の後、海援隊(本作の世界では坂本龍馬が暗殺されなかったため、準海軍組織として発展・存続している)に移籍。

主人公らの乗艦「練習実験艦みかさ」として、全編にわたり登場する。

その他

『アステロイドシップ「ヤマト」』(オフィス・アカデミー、1973年 - 1974年企画)

宇宙戦艦ヤマト企画当時の作品で、もちろん戦艦も大和ではなくこの三笠をモチーフにしたと言われている。


参考[編集]

福津市東郷神社にある三笠の主砲先端部

和文通話表で、「ミ」を送る際に「三笠のミ」という。

旧・加賀百万石時代村の経営権を取得した「大江戸温泉物語」は、同村を「日本元気劇場」として09年夏に再オープンさせ、施設内に戦艦「三笠 」の前方100メートル部分をほぼ原寸大で復元した。

三笠の主砲は、コンクリートで復元されている。

三笠の弾痕のついた甲板の一部が埼玉県飯能市の秩父御嶽神社(東郷公園)にある(バルチック艦隊の砲弾もある)。

三笠の主砲先端部が福岡県福津市の東郷神社に保存されている。

日露戦争終結後、三笠から取り外された副砲砲身を素材とした軍刀が多数作刀され、三笠刀と呼ばれるようになった。

三笠刀の著名な刀匠として堀井俊秀が知られている。

復元運動が起こった際、当時の世論は復元保存派と完全撤去派と賛否両論の真っ二つに分かれていた。

後者の場合、軍艦を重要文化財に指定した前例が過去に無かったのと、既に荒廃していた三笠を仮に復元したとしても指定が難しいという理由。

更に高度経済成長期だった為、約四千トン分の鉄屑として売り払い(当時の時価として八千万円分)、それを資金に記念館を作るべきという意見すらあった。

海上自衛隊としても維持出来る予算が取れない上に「動かない艦など引き取れぬ」というコメントを当時の海上幕僚副長が述べている(但し、この幕僚副長は旧帝国海軍の出身だった為、個人的な意見としては保存そのものには賛成だったそうである)。

三笠除籍後に、三笠の時鐘(時刻を知らせる鐘)が東京府立第六中学校(現在の東京都立新宿高等学校)に下賜され、校庭の鐘楼に掲げられ『興國の鐘』として六中の象徴となっていた。

終戦後、進駐軍による接収を逃れるために、その鐘は校内の地中に埋め隠されたといわれる。

以後、何度か発掘作業が試みられたが、発見されていない。


脚注[編集]

^ 丸 (雑誌)2011年2月号

^ この状態の三笠の写真が残っている

^ 神奈川新聞 昭和21年4月24日

^ 中山定義『一海軍士官の回想』(毎日新聞社、1981)p.98

^ [1]

^ 毎日新聞 昭和30年10月12日夕刊記事


参考文献[編集]

泉江三『軍艦メカニズム図鑑-日本の戦艦 上』グランプリ出版、2001年。ISBN 4-87687-221-X


関連項目[編集]

戦艦一覧

大日本帝国海軍艦艇一覧

三笠保存会


外部リンク[編集]

記念艦みかさ公式ホームページ(財団法人三笠保存会)(世界三大記念艦として横須賀市の三笠公園に保存)


大日本帝国海軍の戦艦・巡洋戦艦


富士型
富士|八島



敷島型
敷島|朝日|初瀬|三笠
posted by arena8order at 20:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4. プラズマ plasma、(発音: /pl zm /)

Apurazuma.jpgImage~017.jpg

「プラズマ処理」に関連した英語例文の一覧
http://p209.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1103jUw1Qhivtzgx/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E3%2583%2597%25E3%2583%25A9%25E3%2582%25BA%25E3%2583%259E%25E5%2587%25A6%25E7%2590%2586&_jig_keyword_=%83v%83%89%83Y%83%7D%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2583v%2583%2589%2583Y%2583%257D%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26b%3D3%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on



関連用語[編集] → Related term[editing]

サイクロトロン運動 → Cyclotron motion

磁場中ではプラズマを構成している荷電粒子がローレンツ力を受け、旋回運動を行う。 → Acharged particle constituting plasma inamagnetic field catchestheLorentz force and performsawheel.

この運動をサイクロトロン運動と言う。 → This exercise is called cyclotron motion.

デバイ遮蔽 → Debye cover

通常、空間中に電荷がある場合は、クーロンの法則に従い電場が出来る。 → There are usually electric fields according to Coulomb's law when there isanelectric charge all overthespace.

ところが、プラズマ中ではこの電荷の周りに逆符号の電荷を持つ荷電粒子がクーロン力を受けて集合する事に因り、実効的に電場が遮蔽される。 → However,it depends onacharged particle withtheelectric charge ofthereverse mark catchingthecoulomb force around this electric charge in plasma,and gathering,andanelectric field is covered effectively.

これをデバイ遮蔽と言う。 → Adebye cover means this.

そして、その遮蔽が有効に働く距離をデバイの長さと言い、プラズマの性質を記述する。 → Andthedistance thatthecover acts on effectively is calledthelength ofthedebye and describesaproperty oftheplasma.

もっとも重要なパラメタの一つである。 → It is one ofthemost important parameters.

ドリフト → Drift

プラズマを構成している個々の荷電粒子は磁場中でサイクロトロン運動を行う。 → Theindividual charged particles constituting plasma perform cyclotron motion inamagnetic field.

その回転中心が磁場や電場の分布によって移動する事がある。 → Thepivot point may move bythedistribution ofamagnetic field andtheelectric field.

巨視的にはプラズマが移動している事になる。 → Plasma will move macroscopically.

この事象をドリフトと言う。 → This phenomenon is called drift.

ピンチ効果 → Pinch effect

柱状になったプラズマの軸方向に大電流を流すと、作り出された磁場と電流自身の相互作用ローレンツ力により、プラズマが急速に締め付けられて、中心部に細い紐状になって集中する現象。 → Aphenomenon that plasma is tightened rapidly by created magnetic field and interaction Lorentz force of electric current oneself when it carries awayasevere electric current totheaxial direction oftheplasma which became columnar and that it is into aathin string form and concentrates onthecenter.

これによってプラズマは容器壁から離れてプラズマの閉じ込めが可能になり、同時にジュール熱の発生と圧縮による高温を生じる。 → Enclosure oftheplasma is enabled apart fromacontainer wall,andtheplasma in this way producesahigh temperature by outbreak andthecompression oftheJoule heat at the same time.

原子核融合の初期段階の研究にとって重要。 → It is important tothestudy oftheinitial stage oftheatomic nucleus fusion.

プラズマシェル → Plasma shell

ピンチ効果によって電流が流れる経路の中心部に電子が集中すると、再結合を免れたイオンが周辺部に残って、イオンの鞘に取り囲まれた様になる現象を観察して生まれた言葉。 → Thewords thatIobservedthephenomenon thattheion which avoided recombination stayed inthepenumbra,and came to be surrounded bythesheath oftheion whenanelectron was concentrated inthecenter ofthecourse thatanelectric current flowed through by pinch effect,and were born.

プラズマ波動 → Plasma wave

プラズマ中は、電磁波、音波、静電波等、様々な波が伝播する事が可能である。 → During plasma,various waves such asanelectromagnetic wave, asound wave, astatic electric wave can transmit.

これらの波の物理的性質はプラズマ中のマックスウェル方程式、流体方程式等によって記述される。 → Thephysical property of these waves is described by Maxwell equation in plasma, afluid equation.

プラズマ中の電磁波の伝播速度(位相速度)は真空中の光速度(約3×108m/s)とは大きく異なる場合もある。 → Thecommunication speed(phase velocity)ofanelectromagnetic wave of plasma may be greatly different fromthespeed of light(approximately 3*108m/s)duringavacuum.

プラズマ振動 → Plasma vibration

プラズマが電気的中性を保とうとする強い傾向を持つために生まれる特徴的な現象。 → Acharacteristic phenomenon to be born to havethestrong tendency that plasma is going to keep electroneutrality at.

プラズマの中に、何らかの理由で電荷の不均一が生じた時、均衡を取り戻す様に電子の集団の動きが加速される。 → Whentheheterogeneity oftheelectric charge occurred for some reason,in plasma, themovement oftheelectronic group is accelerated to regain balance.

ところが、電子が勢い余って行き過ぎ、また引き戻されて、また行き過ぎる様な往復運動が起こる。 → However, anelectron remains naturally too much and is pulled back again and hasthecoming and going exercise that seems to go too far again.

これを、プラズマ振動という。 → Plasma vibration means this.

シース → Sheath


参考文献[編集] → References[editing]

FrancisF.Chen著 、内田 岱二郎訳、『プラズマ物理入門』、丸善、1977年東辻浩夫『プラズマ物理学』朝倉書店、2010年関連項目[編集] → Item[editing]-affiliated for Francis F.Chen work,Taijiro Uchida reason,"introduction to plasma physics",Maruzen,1,977 years for Hiroo Totsuji "plasma physics" Asakura Bookstore,2,010 years

プラズマ物理 → Plasma physics

プラズマ宇宙論 → Plasma cosmology

プラズモン → Plasmon

ダストプラズマ → Dust plasma

荷電粒子 → Charged particle

構造相転移 → Structure phase transition

大気圧プラズマ → Atmospheric pressure plasma

物質の状態 → State ofthematerial

固体、液体、気体と蒸気、プラズマ。 → Asolid, aliquid,gas and steam,plasma.

低温 → Low temperature

ボース=アインシュタイン凝縮、フェルミ凝縮、量子ホール、リュードベリー状態、ストレンジ物質、超流動、超固体 → TheBose=Einstein condensation, thefermi condensation,quantum hall,Rydberg state,strike range material,superfluidity,super solid

高エネルギー → High energy

フェルミ縮退、クォーク物質、クォークグルーオンプラズマ、超臨界流体 → Fermi degeneration,quark material,quark gluon plasma,supercritical fluids

その他 → Others

コロイド、結晶、液晶、アモルファス(ガラス ゴム状態)、準結晶、柔粘性結晶、磁気秩序、(反強磁性、フェリ磁性、強磁性)、String-net、liquid、超ガラス → Colloid,crystal,liquid crystal,amorphous(glass rubber state)quasicrystal,soft viscosity crystal,magnetic order, (antiferromagnetism,ferrimagnetism,ferromagnetic),String-net,liquid,super glass

転移 → Metastasis

沸点、臨界線、臨界点、凝結、蒸発、フラッシュ蒸発、ラムダ点、融点、復氷、飽和流体、昇華、三重点量 → Theboiling point,critical level,peril point,condensation,evaporation,flash vaporization,lambda point,melting point,regelation,saturated fluid,sublimation,triple point

融解熱、昇華熱、蒸発熱、潜熱、潜在内部エネルギー、トルートン定数、トルートン比、揮発性 → Quantity, Heat of fusion,heat of sublimation, theheat of evaporation,latent heat,potentiality internal energy, thetrue ton fixed number, thetrue ton ratio,volatility

概念 → Concept

バイノーダル、圧縮流体、冷却曲線、状態方程式、ライデンフロスト効果、ムペンバ効果、長距離秩序、スピノーダル、超電導、過冷却、過熱蒸気、過熱、熱誘電体効果「http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=プラズマ&oldid=49423715」から取得カテゴリ: → It isanacquisition category from by no Dal,compression fluid,cooling curve,equation of state,Leiden Frost effect,ムペンバ effect,long-distance order,スピノーダル,superconduction,supercooling,overheat steam,overheat,heat dielectric effect "http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title= plasma &oldid=49423715": Physics


物理学 → Optics

光学光 → Light

物質 → Material

物質の相 → Aspect ofthematerial
posted by arena8order at 18:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3. プラズマ plasma、(発音: /pl zm /)

interview_00300_img_9.jpgyuo_uchu.jpg

「プラズマ発生器」に関連した英語例文の一覧
http://p225.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1103RVv8hK3oP1QT/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E3%2583%2597%25E3%2583%25A9%25E3%2582%25BA%25E3%2583%259E%25E7%2599%25BA%25E7%2594%259F%25E5%2599%25A8&_jig_keyword_=%83v%83%89%83Y%83%7D%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2583v%2583%2589%2583Y%2583%257D%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26b%3D3%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on



自己組織化によって生成される構造[編集] → Structure[editing]that is generated by self-organization

ダストプラズマが自己組織化する事に因って、クーロン結晶等が生成される事が1994年に複数の研究チームで確認されている。 → It depends on dust plasma becoming self-organizing,and it is confirmed in plural study teams in 1994 that coulomb crystallization is generated.

プラズマ構造を積極的に制御する事に拠り、微粒子の糸状結晶等も容易に得る事が出来る。 → It depends on controlling plasma structure positively and can getthethreadlike crystallization of fine particles easily.

プラズマは何らかのエネルギーが外部から供給されて揺らぎが生じると、不安定な様相を見せる。 → When some kind of energy is supplied totheplasma fromtheoutside,andafluctuation occurs, showanunstable aspect.

プラズマが揺らいで発生するフィラメント状の構造の代表的な例は、オーロラとして観察出来る。 → Can observetherepresentative example ofthefilament-formed structure that plasma shakes and occurs as aurora.

パルス発信機を用いてX線放射の実験を行う事で確認出来るが、フィラメントや渦と言った構造は、条件が整うとお互いが生み出した磁場に因って、同じ方向に動いている他の渦を引き寄せて、自己組織化しながら成長して行く。 → Can confirm it by experimenting onthex-radiation usingapulse transmitter,but,thus, Idraw moving other whirlpools tothesame direction,andafilament andawhirlpool andthestructure thatIsaid grow up inthemagnetic field that each other brought about whenacondition is set while making it self-organizing.

プラズマは螺旋状の渦を作ったり、一定条件下では渦糸が結晶構造を作る事もある。 → Theplasma formsaspiral whirlpool,andawhirlpool thread may create crystal structure undertheconstant condition.

渦の成長は、やがて止まって何らかの理由で自然消滅した後に、再び新たなフィラメントを生成て行く事もある。 → Thegrowth ofthewhirlpool stops before long,and generationてmay gothenew filament again after having become extinct naturally for some reason.

この様な生成と消滅を伴うエネルギーのサイクルは、グレートウォールとポイドにより構成された、銀河の集団が作る気泡状の宇宙構造が生成されて行くメカニズムの中にも認められる。 → For suchageneration andthecycle oftheenergy withtheextinction,it is admitted inthemechanism thattheair bubbles-formed space structure thataconstructed galactic group makes is generated by great wall and poid.

レーザープラズマ加速では、数十フェムト秒程のパルス長の高強度レーザーをヘリウム等どのガスジェットのプラズマに集光させて、振幅の大きなプラズマ波、即ち、ウェーク場を励起する。 → Bythelaser plasma acceleration,helium condensesahigh-strength laser ofthepulse head of dozens of femto- s''' totheplasma of which gas jet and activates big plasma wave oftheamplitude namely wake ground.

このプラズマウェークは、数十ミクロンの球状の泡構造をしている事が判っている。 → This plasma wake understands that do spherical bubble structure of dozens of microns.

レーザーパルスがプラズマ電子を排除する事により、電子の真空状態が作られて、後に残されたイオンチャネルが周りからプラズマ電子を引き戻して収束しようとする事で発生する。 → Anelectronic vacuum state is made byalaser pulse removingaplasma electron and occurs byaleft ion channel pulling backaplasma electron fromthecircumference,and being going to converge.

この時、「1TeV/m」と言った強い電場が局所的に形成される。 → Astrong electric field called "1TeV/m" then is formed locally.

プラズマの泡が高エネルギーの電子を自ら入射する事に因る、一種の自己組織化現象を伴うのが特徴である。 → The feature is that it is accompanied by a kind of self-organization phenomenon to depend onabubble oftheplasma being incident byanelectron ofthehigh energy by oneself.

発生するプラズマウェークは超伝導加速空洞そのものと言える。 → It may be said that occurring plasma wake is superconduction acceleration cavity itself.

レーザーパルスと共に光速で運動するミクロンサイズの自己組織化型の加速器がプラズマのガスジェット中に瞬時に生成されては消えている事になる。 → Whentheaccelerator oftheself-organization type ofthemicron size to exercise at velocity of light withalaser pulse is produced duringagas jet oftheplasma instantly, will disappear.

レーザープラズマ加速器の加速距離を得る工夫が進められた結果、キャピラリー放電型プラズマチャンネルで「109eV」のビーム加速に成功している。 → Succeed in beam acceleration of "109eV" withacapillary electric discharge type plasma channel as a result thatadevice withtheacceleration distance ofthelaser plasma accelerator was pushed forward.

現在「3×1015W」のレーザーを用いて「1010eV」級の加速に挑戦する計画が進められている。 → Aplan to challenge acceleration of "1010eV"級usingalaser of "3*1,015W" is pushed forward now.

地球の電離層を巨大なプラズマ実験室として活用する試みでは、電離層プラズマに対して、「100MW級3-10MHz」の強力な電波を照射して、反射層付近で生じる様々なプラズマ非線形現象が調査されている。 → Inthetrial to utilizetheionosphere oftheearth asahuge plasma laboratory, irradiateapowerful electric wave of "100MW grade 3-10MHz" for ionosphere plasma,and various plasma nonlinearity phenomena to produce nearthereflection layer are investigated.

キャビトン乱流が発生しては消えて行く、生成と消滅の時間的サイクルを伴った構造等も、その一つである。 → Generation andthestructure withthetime cycle oftheextinction that disappear when cabiton turbulence occurs are one.

将来は電離層プラズマ内により高度な構造を形成して行き、電離層プラズマから直接発電で電力を得ようとする構想も描かれている。 → Will form higher structure in ionosphere plasma in the future,andthedesign that is going to get electricity is described in direct generation by ionosphere plasma.

電離層プラズマを構造化し、そこを流れる電流を用いて演算処理するシステムを作る構想も登場している。 → Istructure ionosphere plasma and appear inthedesign to makeasystem working to operate it usinganelectric current flowing through there.


語源[編集] → Theetymology[editing]

英語のplasmaは母体、基盤、そして鋳型 (mold)と言った意味のギリシア語を元にしている。 → English plasma is based ontheGreek ofameaning called mother's body,base and mold (mold).

放電現象が放電管の中で隅々まで広がる様子を見てラングミュアが命名したといわれている。 → Langmuir is said to have named it it to seethestate thatanelectric discharge phenomenon spreads through inadischarge tube totheevery corner.

元のギリシア語は宗教用語としても使われ、神に創造されたものと言った意味で使われていた事から、神秘的なもの、霊的なものとも結び付けられ、エクトプラズム (ectplasm)と言った用語もある。 → Theoriginal Greek is spoken asareligion term,and it is tiedamysterious thing by what was used inthemeaning that said that it was created by God that spiritual,and there are ectoplasm (ect plasm) andtheterm which said.


オカルトとの関連性[編集] → Association[editing]withtheoccult

オカルトへの解釈として、高温プラズマが目撃されると火の玉と見られる事や、プラズマから発せられる高磁場が脳波へ影響を及ぼす事により幻覚症状が引き起こされる事がローレンシアン大学脳神経学部マイケル・パーシンガー博士に拠る、経頭蓋磁気刺激法実験で実証されている事から、UFOや霊、ミステリーサークル等、あらゆる超常現象の真相であるとする説が、早稲田大学の大槻義彦教授を始めとする著名人により唱えられている → From what is demonstrated bythetranscranial magnetism stimulation method experiment that it depends on Dr. Lauren cyan University cranial nerve department Michael par singer that hallucinosis is caused, anopinion thataUFO andthesoul, amystery circle arethetruth of every supernatural phenomenon is advocated byacelebrity including Professor Yoshihiko Otsuki of Waseda University by being thought to beafireball when high temperature plasma is witnessed as interpretation totheoccult andanupfield emitted from plasma havinganinfluence to brain waves.
posted by arena8order at 18:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2. プラズマ plasma、(発音: /pl zm /)

Image~046.jpgSBCA0261.jpg

「大気圧プラズマ」に関連した英語例文の一覧
http://p219.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/110381zQlG5QdW0K/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E5%25A4%25A7%25E6%25B0%2597%25E5%259C%25A7%25E3%2583%2597%25E3%2583%25A9%25E3%2582%25BA%25E3%2583%259E&_jig_keyword_=%83v%83%89%83Y%83%7D%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2583v%2583%2589%2583Y%2583%257D%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26b%3D3%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on



プラズマの種類と産業への応用[編集] → Application[editing]toakind and industry oftheplasma

レインボー プラズマ ボール 実験装置。 → Arainbow plasma ball experimental device.

電子温度のみが高いプラズマを低温プラズマと言い、金属の内部や蛍光灯の内部は低温プラズマと見なされる。 → Theplasma which is high in only electron temperature is called low temperature plasma,andthemetal inside andtheinside ofthefluorescent lamp are considered to be low temperature plasma.

また、プラズマを構成する粒子すべての温度が高い状態を高温プラズマ(熱プラズマ)と言う。 → In addition, thestate thatthetemperature of alltheparticles constituting plasma is high in is called high temperature plasma(heat plasma).

高温な熱プラズマは数万ケルビンにも及び、地球上のあらゆる物質を溶かしてしまうので、高融点の材料の開発が求められている。 → Becausetheheat plasma which isahigh temperature amounts to tens of thousands of kelvins and dissolves every material ontheearth, thedevelopment ofthematerials ofthehigh melting point is demanded.

種々な特性のプラズマは、原子核融合、プラズマディスプレイ、溶接、イオンエンジン、カーボンナノチューブを始めとする立体構造を持つ様々な機能・特性を備えたハイテク新素材の生成技術に応用される。 → Thecharacteristic plasma is applied toageneration technology ofthehi-tech new material with various functions,characteristics having atom nuclear fusion,plasma display,welding, anion engine, atertiary structure includingthecarbon nanotube in various ways.

プラズマは原子レベルで制御が出来る。 → Can controltheplasma atanatom level.

故に、人間の目では見えない非常に細かい穴を掘る(エッチング)作業を行う事が出来る。 → Thus, can perform work to digtheinvisible very small hole(etching)withthehuman eyes.

レーザーアブレーションは、固体材料に強力なレーザーを照射する事で、固体材料を気化し高密度プラズマを得る技術である。 → It isatechnique thatthelaser ablation vaporizes solid materials by irradiatingapowerful laser to solid materials and gets high-density plasma.

薄膜作成、クラスター生成、材料加工、医療、エネルギーなどの広範な分野で応用されている、最も発展的な分野の1つである。 → It is one ofthemost progressive fields applied in a wide range of fields such as film making,cluster generation,materials processing,medical care, theenergy.

シリコンなどの半導体にイオンを注入する手法は以前からあったが、近年制御性に優れたプラズマイオンを照射する技術が確立された事に拠り、様々な原子や分子を直接ターゲットに注入し、アルカリ金属内包ナノチューブを始めとする新機能超分子構造物質の創製が可能になった。 → There was alwaysthetechnique to pouranion into semiconductors such asthesilicon,but in late yearsatechnique to irradiateasuperior plasma ion in control characteristics depended on what was established and injected various atoms and molecules inadirect target,andaproduct made in wound ofthenew feature supermolecule structure material includingthealkali metals connotation nanotube was enabled.

磁化プラズマを用いる分野では、スパッタリングに拠って、様々な機能性薄膜の形成が試みられている。 → Inthefield with magnetization plasma,it depends on sputtering,and various functional filmy formation is tried.

高精度でプラズマを生成して制御する技術が確立した結果、従来よりも遥かに高品質のダイヤモンドを生成する事にも成功している。 → Succeed in producing farthediamond ofthehigh quality conventionally as a result thatatechnique to be highly precise,and to produce plasma,and to control was established.

液中プラズマは、液体中でプラズマを発生させる技術である。 → Theplasma out oftheliquid isatechnique to produce plasma in liquids.

液体に超音波で気泡を発生させて、その気泡に電磁波を照射する事でプラズマを発生させる。 → Produce air bubbles byasupersonic wave toaliquid and produce plasma by irradiatinganelectromagnetic wave totheair bubbles.

周りが液体であるが故に、非常に沢山の原料を溶液から供給する事が出来、更に材料が高温に晒されて燃える事が無い等の利点を持つ。 → It can supply a great many raw materials from solution becausearotation isaliquid and is advantageous in that materials are exposed to high temperatures more and do not burn.

それ故に、プラスチックや紙等の母材にも、様々な物質を鍍金する事が可能になる。 → That is why,to matrices such as plastic orthepaper, can plate various materials.

レーザープラズマ加速器は非常にコンパクトで高出力が得られる特徴を持つ。 → Thelaser plasma accelerator is very compact and hasthecharacteristic thatthehigh output is provided.

キャピラリー放電型プラズマチャンネルによって109eVのビーム加速に成功している。 → Isucceed in beam acceleration of 109eV byacapillary electric discharge type plasma channel.

核融合のプラズマから電力を得るには、猛烈な勢いを持つ荷電粒子を減速させるが故に、逆電界を印加するだけで良い。 → Have only to applyareverse electric field because letacharged particle with intense force slow to get electricity from plasma ofthenuclear fusion.

粒子の運動エネルギーを直接、電気エネルギーに変える事が出来るので、80%を超える極めて高い変換効率が実現可能である。 → Because direct can changethekinetic energy oftheparticle into electric energy, theextremely high conversion efficiency more than 80% is feasible.

従来の原子力のタービンを用いた熱-電気変換効率が30%程度である事を考えると、プラズマの直接発電は画期的と言える。 → It may be said thatthedirect generation oftheplasma is epoch-making whenIthink thattheheat-electricity conversion efficiency usingtheconventional atomic turbine is around 30%.

プラズマボールが放電に因って、電界と磁界を生み出す性質や、発生している電磁波を視覚的に捉え易い事等もあって、次世代型の健康的な電化生活環境を構築する所以の基礎研究用の実験装置として用いられている例もある。 → Aplasma ball depends onanelectric discharge,and it can be easy to catchaproperty to bring aboutanelectric field andamagnetic field andanoccurring electromagnetic wave visually,and there istheexample used asanexperimental device forthefundamental researches ofthereason to build next-generation healthy electrification living environment.

産業分野で用いられている、半導体の様な固体や、イオン化された液体等も、電荷の状態に拠っては一般的な従来からのプラズマの範疇に含まれる事がある。 → Whenthesolid such asasemiconductor used inthefield of industry ortheionized liquid depend onthestate oftheelectric charge,it may be included inacategory oftheplasma from general before.

半導体内での電子と正孔や、金属内の電子の振る舞いはプラズマと酷似しているので、固体プラズマと呼ばれる。 → Because closely resemble it with plasma, theelectronic behavior intheelectron inthesemiconductor andapositive hole andthemetal is called solid plasma.


実験装置で作り出される特殊なプラズマ[編集] → Special plasma[editing]which is created withanexperimental device

一般には電気的中性を保つとされるプラズマだが、超伝導状態のソレノイドで作り出した磁場内に、リング状の電極を配置したトラップ装置を使えば、磁界と電界の力を重ね合わせて、非中性状態のプラズマを何もない空中で捕獲する事が出来る。 → In general,it is plasma told to keep electroneutrality,but putthepower ofamagnetic field andtheelectric field on top of one another ifIusethetrap device which locatedaring-formed electrode inthemagnetic field thatIcreated withthesolenoid ofthesuperconduction state and can capturetheplasma ofthenon-neutrality state intheair having no it.

この様なトラップ内に電子ビームを照射すると、電子のみで構成された電子プラズマを一定空間内に閉じ込めて高密度に蓄積する事も可能になる。 → Shut in electronic plasma comprised of onlyanelectron in constant space and can accumulate densely whenIirradiate electron beam in suchatrap.

この様にして集めた電子プラズマを減速材として用いて、陽電子を捕獲して蓄積する事で、反物質プラズマを大量に生成して実験に用いる道が開けてくる。 → Usetheelectronic plasma whichIcollected in this way asamoderator,andaway to generate antimatter plasma in large quantities by capturingapositron,and accumulating,and to use foranexperiment opens it.

プラズマがもつ熱エネルギーに比べて、粒子間のクーロン力が強い場合、プラズマは自由に動く事が出来無い特殊な状態になり、強結合プラズマと呼ばれる。 → Whenthecoulomb force betweentheparticle is stronger thanthethermal energy that plasma has, theplasma can move freely,and there is not it;is inaspecial condition,and is called strong combination plasma.

木星や白色矮星の内部、中性子星の外郭等では、プラズマ密度が固体密度を大きく越えるので、プラズマはその複雑なクーロン多体相互作用で、液体や固体の様な物性を持つと予想されている。 → Because plasma density greatly exceeds solid density attheinside of Jupiter andthewhite dwarf, theouter fence oftheneutron star, theplasma is expected when havetheproperties of matter such asaliquid andthesolid bythecomplicated coulomb many bodies interaction.

実験室内で、液状や固体(クーロン結晶を含む) の振る舞いをする電荷を持つ粒子群が、比較的簡単な方法で作り出されて研究されている。 → Particle group withtheelectric charge to behave inaway ofaliquid state andthesolid(includingthecoulomb crystal)is created byarelatively simple method and,inalaboratory,is studied.

産業分野への応用も進められている事に拠り、電離した気体=プラズマという、20世紀半ばにプラズマ物理が誕生する過程で生まれた古い概念は、次第に通用しなくなって来つつあるのが現状である → Theapplication tothefield of industry depends on what is pushed forward,and it isthepresent conditions thattheold concept born intheprocess when plasma physics is born atthemid-20th century calledthegas=plasma which ionized is not gradually used.
posted by arena8order at 18:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1. プラズマ plasma、(発音: /pl zm /)

Image~047.jpgplasmatte.jpg

「プラズマ」に関連した英語例文の一覧
http://p200.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1103cLRcLUEfJWjl/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E3%2583%2597%25E3%2583%25A9%25E3%2582%25BA%25E3%2583%259E&_jig_keyword_=%83v%83%89%83Y%83%7D%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2583v%2583%2589%2583Y%2583%257D%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26b%3D3%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on



プラズマ → Plasma

http://p213.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1103pz05xtCyuSjX/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2583%2597%25E3%2583%25A9%25E3%2582%25BA%25E3%2583%259E&_jig_keyword_=%83v%83%89%83Y%83%7D&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2583v%2583%2589%2583Y%2583%257D&_jig_source_=srch&guid=on


プラズマ → Plasma

この項目では、理工学分野で電離気体を意味する用語について説明しています。 → In this item, explainaterm meaning plasma in law of nature engineering field.

医学・生理学における血漿 (bloodplasma) については「血漿」をご覧ください。 → Look at "plasma" about plasma (blood plasma) in medicine, thephysiology.

生物学における原形質 (protoplasma) については「原形質」をご覧ください。 → Look at "protoplasm" about protoplasm (protoplasma) inthebiology.

プラズマボール。 → Aplasma ball.

繊維状の構造はプラズマの複雑性を表している。 → Thefibrillary structure expresses complexity oftheplasma.

電子が励起状態から低いエネルギー準位に緩和する時、エネルギーの差に対応した光が放出される。 → When it is relieved, thelight corresponding tothedifference oftheenergy is released byanenergy level having low electron from excited state.



プラズマ plasma、(英語発音: /pl zm /)は固体・液体・気体に続く、物質の第四の状態の名称であって、通常は「電離した気体」をイメージに持つ。 → Plasma(English:) plasma,English pronunciation: /plzm/) isaname ofthefourth state ofthematerials followingasolid, aliquid,gas and usually has"thegas which ionized" inanimage.

ここではまず、プラズマの一般的解説を与え、次いでそれを巡るいろいろな話題について記す。 → At first giveageneral commentary oftheplasma and subsequently write it down aboutthevarious topics over it here.

プラズマの正確な定義と物性については別項目「プラズマ物理」を参照のこと。 → Refer to other item "plasma physics" fortheexact definition and properties of matter oftheplasma.


総説[編集] → General remarks[editing]

プラズマは、気体を構成する分子が部分的に、または完全に電離し、陽イオンと電子に別れて自由に運動している状態である。 → Molecules constituting gas are partial ortheplasma completely ionizes and is in condition to part fromapositive ion toanelectron,and to exercise freely.

プラズマ中の電荷は、異符号の電荷を引き付ける事に拠り、全体として電気的に中性な状態に保たれる。 → It depends on attractinganelectric charge of 異符号,andtheelectric charge in plasma is kept in total electrically bytheneutral state.

また、構成粒子が電荷を持つので、粒子は電磁場を通して遠隔的な相互作用をする事が出来、離れた領域にある粒子の運動に依存した振舞いをする。 → In addition,becauseaconstitution particle hadanelectric charge, theparticle could do remote interaction throughanelectromagnetic field,and depended ontheexercise of particle intheaway domain;behave inaway.

この様に、分子からなる気体とは大きく異なった性質を持つ。 → In this way, greatly have different properties withthegas consisting of molecules.

故に、プラズマは物質の三態、すなわち固体、液体、気体とは異なった、物質の第四態と言われる。 → Thus, theplasma is said to be three states ofthematerial namely fourth state ofthematerial different fromasolid, aliquid, thegas.

物質の四態は、古代ギリシアで考えられていた、世界を形成する4つの根源であり、「地」は固体、「水」は液体、「空気」は気体、「火」はプラズマ(炎はプラズマの一種) に対応するとして、ウィリアム・クルックスが、放電現象に対して「第4の物質の状態」と言う言葉を最初に用いた。 → Four states ofthematerial were four roots that formedtheworld thought about in ancient Greece,and,in"theground ," as forthesolid, "thewater ," as fortheliquid, "theair ," William Crookes used"thestate ofthefourth material" andtheword to say forthegas, "thefire" foranelectric discharge phenomenon first saying thatIcoped with plasma(as fortheflameakind oftheplasma).

プラズマは身近にも存在し、実験室内で古くから真空放電の研究に伴って観察されていた。 → Theplasma existed close and was observed withastudy ofthevacuum discharge for a long time inalaboratory.

電離した気体を対象とした研究は、1920年代のアーヴィング・ラングミュアに始まり、そこでデバイ遮蔽やプラズマ振動の存在等、プラズマの基本的性質が次々と明らかにされた。 → Thestudy forthegas which ionized began to rving Langmuir ofthe1920s,and basic properties oftheplasma such as existence ofadebye cover andtheplasma vibration were clarified in sequence there.

そしてラングミュアは、1928年に、この物質状態に「プラズマ」という名前を与えた。 → And Langmuir gavethename called"theplasma" in this material state in 1928.

さらに1950年代以降、エネルギー源としての原子核融合や、宇宙物理学、様々な工学的応用等、その研究が進展した。 → Furthermore,afterthe1950s,as fortheatomic nucleus fusion andtheastrophysics astheenergy source, theapplication of various engineering, thestudy progressed.

プラズマは、中に多数の自由電子に拠り、電流が極めて流れやすいという特徴を持つ。 → Theplasma depends onalarge number of free electrons inside and hasthecharacteristic thatanelectric current is easy to extremely spread in.

電流が流れれば、その近辺に電磁場を生じ、それがプラズマ自身の運動に大きく影響する。 → Ifanelectric current flows, produceanelectromagnetic field intheneighborhood,and it greatly influences motion of plasma oneself.

故に、プラズマ中では粒子は集団行動を取り易く、外部から電磁場を掛ければ、それに強く反応し、全体として有機的な(有機化学的と言う意味では無く、有機体の様に多くの部分が緊密に関連しながら全体が機能している様の事)挙動が観測される。 → Thus, theparticle is easy to takethegroup behavior in plasma,and it is strong and reacts to it if takeanelectromagnetic field,and,as a whole,organic(there is not it inthemeaning to tell to be like organic chemistry and isthestate thatthewhole functions while many parts are related likeanorganism closely)behavior is observed bytheoutside.

有機的挙動の1つの現れとして、プラズマ中には通常の気体中には存在しない、電場を復元力とする縦波であるプラズマ振動が存在する。 → Theplasma vibration that istheprimary wave which assumestheelectric field that does not exist in normal gas in plasma as one outcome oftheorganic behavior power of restitution exists.

プラズマの厳密な定義や、プラズマ中の物理現象はプラズマ物理を参照の事。 → Thephysical phenomenon in close definition and plasma oftheplasma is reference in plasma physics.


身近なプラズマ[編集] → Imminent plasma[editing]

一般に気体中で放電する事に因って生成される。 → Generally,it depends on discharging electricity in gas and is formed.

例えば、点灯している蛍光灯の内部は水銀ガスがプラズマになっている。 → For example,intheinside ofafluorescent lamp turning on,mercurial gas becomestheplasma.

これはグロー放電を起こし、クルックス管である蛍光灯内のアルゴンやキセノン等に経路状に電流が流れ発光するからである。 → This causes glow discharge,and this is becauseanelectric current is called off to argon or xenon inthefluorescent lamp which isaCrookes tube into aacourse form,and it emits light.

なお、グロー放電は放電プラズマの一種である。 → In addition, theglow discharge isakind oftheelectric discharge plasma.

我々の生活に必要不可欠な炎もプラズマの一種である。 → Theflame which is essential to our life isakind oftheplasma.

他に強力な磁界をもつ高圧鉄塔の電線の周りには同心円状にプラズマが発生する。 → Besides,plasma occurs concentrically inthecircumference oftheelectric wire ofthehigh pressure steel tower to haveamagnetic field strong toward.

地下水脈で水が勢いよく岩盤に当たる事で、その空洞内に発生すると言われている。 → It is said that water occurs inathing equal tothebedrock like a brick inthecavity atawater vein under the ground.

2006年9月に打ち上げられた太陽観測衛星「ひので」に因って、恒星を取り巻くプラズマ化した大気の中で起こっている活発な現象を、より詳細に観測・研究出来る様になった。 → It depended on orbiting solar observatory "Hinode" launched in September, 2006,and observation came to be able to studytheactive phenomenon thatIhad intheatmosphere which becametheplasma which surroundedafixed star in greater detail.

プラズマの例 → Example oftheplasma

人工的なプラズマ、地球上のプラズマ、宇宙のプラズマ。 → Man-made plasma,plasma ontheearth,plasma ofthespace.

プラズマディスプレイ。 → Plasma display.

蛍光灯、ネオンサイン。 → Afluorescent lamp, aneon sign.

ロケットの排気、イオンエンジン。 → Theexhaust oftherocket, anion engine.

宇宙船が大気圏に再突入するとき。 → Whenaspaceship breaks intotheatmosphere again.

コロナ放電によるオゾン生成。 → Ozone generation bythecorona discharge.

熱核融合研究。 → Athermonuclear fusion study.

アーク灯、アーク溶接、プラズマ切断。 → Anarc lamp,arc welding,plasma cutting.

プラズマボール。 → Aplasma ball.

テスラコイル。 → Tesla coil.

スパッタリング、反応性イオンエッチング、プラズマCVD。 → Sputtering, areactive ion etching,plasma CVD.

高エネルギーレーザー。 → Ahigh energy laser.

誘導結合プラズマ。雷。 → Inductive coupling plasma. Thunder.

球電。 → Ball lightning.

セントエルモの火。 → St.Elmo's fire.

中間圏発光現象。 → Amantle emission of light phenomenon.

電離層。 → Theionosphere.

オーロラ。炎。 → Aurora. Flame.

ヴァン・アレン帯。 → AVan Allen zone.

磁気圏。 → Themagnetosphere.

太陽、恒星。 → Thesun, afixed star.

太陽風。 → Solar wind.

星間物質。 → Interstellar matter.

降着円盤。 → Anaccretion disk.

星雲 → Anebula.
posted by arena8order at 17:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脂質二重層 → Lipid double layer кXP

Image~002.pngImage~003.pngImage~004.pngImage~005.png
#ккк「#恐竜」に関連した英語例文の一覧
http://p219.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1103gZgZCkzRJNaU/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E6%2581%2590%25E7%25AB%259C&_jig_keyword_=%8B%B0%97%B3%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%258B%25B0%2597%25B3%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio&_jig_source_=srch&guid=on



脂質二重層 → Lipid double layer

http://p219.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1103BmbukKL2W1tS/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E8%2584%2582%25E8%25B3%25AA%25E4%25BA%258C%25E9%2587%258D%25E5%25B1%25A4&_jig_keyword_=%82%E8%82%F1%20%8D%D7%96E&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2582%25E8%2582%25F1%2B%258D%25D7%2596E&_jig_source_=srch&guid=on


脂質二重層 → Lipid double layer

脂質二重層は細胞膜の大部分を占めるリン脂質に因る膜で、これに各種のタンパクや糖脂質等が絡んで細胞膜が形成される。 → Thelipid double layer isafilm depending on phosphatide occupying most ofthecell membranes,and various protein or glucide and lipid coil themselves round this,andacell membrane is formed.

脂質二重層の大部分をしめるリン脂質分子の代表的な構造 → Representative structure of phosphatide molecules occupying most ofthelipid double layers

リン脂質の内、細胞膜で多数を占めるグリセロリン脂質の基本構造。 → Afabric of glycerophospholipid occupyingthemajority inacell membrane among phosphatide.

(R)の部分は分子によって違い(R)の部分にコリンが付くとホスファチジルコリンになる。 → Whenapart of difference (R) has Colin by molecules, the のpart becomesthephosphatidylcholine.

スフィンゴミエリン リン脂質分子のうちグリセロリン脂質に次いで、多いリン脂質で、スフィンゴ脂質に分類されるリン脂質分子である。 → It is phosphatide molecules classified in sphingolipid in much phosphatide next to glycerophospholipid among sphingomyelin phosphatide molecules.

細胞ではリン脂質分子は自発的に集合し二重層を作る。 → Thephosphatide molecules gather voluntarily and makeadouble layer withthecell.

色は実際の色ではない。 → Acolor is notareal color.

一般的な細胞膜の構造。 → Thestructure ofthegeneral cell membrane.

細胞膜はリン脂質(赤い丸に黄色い2本足)が無数に並んで形成されるリン脂質二重層に各種タンパクなどが絡んで形成される。 → Various protein coils themselves roundthephospholipid bilayer which phosphatide(two feet which are yellow inared circle)forms a line innumerably,and is formed,andthecell membrane is formed.

(図の着色は実際の色とは無関係である) → (thecoloration ofthefigure is unrelated tothereal color)


細胞膜[編集] → Cell membrane[editing]

細胞膜は、主にリン脂質が隙間無く並んだ層が二重の層を形成している膜脂質二重層と、線状のたんぱく質が細胞膜を裏打ちして支持している膜骨格、脂質二重層と膜骨格の連結し保持する膜縦貫タンパク質やアンカータンパク、細胞膜を貫通し物質の細胞内外の交換の役割を果たすポンプ・キャリア・チャネルと呼ばれる膜縦貫たんぱく質や情報のやり取りの為のレセプター、表面を産毛のように覆い細胞間の情報伝達や、他の細胞との接着・分離にも関係する糖鎖等からなっている。 → It is fromthecarbohydrate chains whichthefilm lipid double layer thatthelayer where phosphatide formed a line withoutagap formsadouble layer and linear protein cover film traversing protein and anchor protein, thereceptor fortheexchanges of film traversing protein andtheinformation calledthepump carrier channel whichIpenetrateacell membrane,and plays a role astheexchange inside and outsidethecell ofthematerial, thesurface whichIconnect it,and maintain it ofthefilm frame whichIline it,and supportsacell membrane, alipid double layer andthe
membrane bone likeadowny hair as forthecell membrane mainly,and are related tothecommunication betweenthecell andtheadhesion, theseparation with other cells.


膜脂質二重層[編集] → Film lipid double layer[editing]

親水性のリン酸部分の頭部に疎水性である脂肪酸が2本の尾部が付いたのがリン脂質分子である。 → It is phosphatide molecules thatahydrophobic fatty acid gained two tailpieces onthehead ofahydrophilic phosphate part.

細胞の内外は主に水で満たされているのでリン脂質分子は頭部を外側に、水に反発する尾部を内側に厚さが3.5-5.6ナノメートル程度の厚さの2重層を作って並ぶ(右の各図で丸い頭に2本足で描かれているのがリン脂質分子で、それが無数に並んでいるのが2重層である)。 → Becausetheinside and outside ofthecell are satisfied mainly on Wednesday,thickness makes2multilayer of around 3.5-5.6 nanometers of thickness withatailpiece resisting water atthehead outward inward,andthephosphatide molecules line up(it is phosphatide molecules that is pictured inaround head with two feet in each right figure,and it is2multilayer that they line up innumerably).

2重層の両外側は親水性なので膜全体は細胞内外の環境に馴染み、内側には疎水性の脂肪酸が充満しているので細胞の内外をしっかり遮断する事が出来る。 → Because it is hydrophilic, thewhole film adjusts totheenvironment inside and outsidethecell,and both outside of2multilayer can cut offtheinside and outside ofthecell well becauseIam full ofahydrophobic fatty acid inward.

この脂質2重層は電気的に中性で極めて小さな分子、例えば酸素分子や二酸化炭素分子は通すが、極性を持つ水分子は通りにくく、大きな分子やイオンは通る事が出来無い。 → These2lipid multilayer puts extremely small molecules, e.g., oxygen molecules andthecarbon dioxide molecules withtheneutrality electrically,butthewater molecule having polarity is hard to go,andthebig molecules and ion can go,and there is not it.

リン脂質分子同士の結合は緩いので、各リン脂質分子は脂質2重層の中を横方向に自由に移動する事が出来、更に血漿中のリン脂質分子が脂質2重層に入り込んだり、逆に血漿中に抜け出る事も可能である。 → Because it is loose, thecombination between phosphatide molecules can move to each phosphatide molecule in2lipid multilayer freely laterally,and more plasma phosphatide molecules get into2lipid multilayer and can get away in plasma adversely.

また脂質2重層を貫通している膜縦貫タンパクやレセプターなども膜脂質2重層上を移動する事が出来る(膜骨格にアンカーされているものは膜骨格の自由度の範囲内で動ける)、実際、マウスとヒトの細胞を融合させる実験では細胞膜上の分子は移動しマウス由来の分子とヒト由来の分子が混ざり合う事が確認されている。 → In addition,it is confirmed thatthemolecules onthecell membrane move bytheexperiment to letafact, amouse andacell oftheHomo sapiens which can move to film traversing protein orthereceptor over2film lipid multilayer(thething performedananchor of by membrane bone case can move withintheflexibility ofthemembrane bone case)penetrating2lipid multilayer fuse,and molecules derived fromamouse and molecules derived from Homo sapiens mix.

このリン脂質分子はリン酸の先に付いた分子によりホスファチジルコリン(PC)、スフィンゴミエリン(SM)、ホスファチジルエタノールアミン(PE)、ホスファチジルセリン(PS)等があり、それぞれの割合は細胞に因って大きく異なるが、一例として最も解析が進んでいるヒトの赤血球の膜脂質2重層ではPCが21%、PSとPEが合わせて29%、SMが21%、コレステロールが26%、他が数%で構成される。 → This phosphatide molecules have phosphatidylcholine(PC),sphingomyelin(SM),phosphatidyl ethanolamine(PE),phosphatidylserine(PS)bythemolecules which there was earlier of phosphoric acid,and,thus,it is big and is different,but PC 21%,PS and PE put it together by2film lipid multilayer ofthered blood cell oftheHomo sapiens whom analysis advances to asanexample most,and,as for each ratio,29%,SM 21%,cholesterol 26%,others are comprised of several percent toacell.

並んだリン脂質分子の間にコレステロールが入り込むと分子が動ける自由度は低下し、膜は硬くなり柔軟性が弱くなる。 → Theflexibility that molecules can move when cholesterol gets betweenthephosphatide molecules which formed a line decreases,andthefilm is tense,and flexibility becomes weak.

膜脂質2重層の多くの部分ではコレステロールは多くは無いのでリン脂質分子は比較的自由に動けるが、次に解説する膜脂質ラフト部分ではリン脂質の間に入り込んだコレステロールが非常に多くなる。 → A lot of cholesterol istheone which there is not,andthephosphatide molecules can move in many parts of2film lipid multilayer relatively freely,but there becomes a great deal of cholesterol whichIgot into between phosphatide inthefilm lipid Raft part to explain next.

これらのPCやPS、PE、SMなどのリン脂質分子は2重層の外側(血漿側)と内側(細胞質側)で分布にムラがあり、例えば赤血球では外側にはPC、SMと糖脂質が多く、内側にはPE、PSが多く非対称分布を成している。 → Thephosphatide molecules such as these PCs and PS,PE,SM perform unevenly on distribution intheoutside(theplasma side)andtheinside(thecytoplasm side)of2multilayer,and,for example,there are manyaPC,SM and glucide and lipid withthered blood cell outward,and PE,a lot of PS form asymmetry distribution inward.

リン脂質分子の膜の表裏間の移動は3種類の酵素が関わっており、flippaseはPE、PSを膜の外側(血漿側)から内側(細胞質側)に移動させ、floppaseはすべての脂質分子を内側から外側に移動させ、scramblaseは全ての分子を両方向に混同する。 → Three kinds of enzymes affectthemovement betweenthefront and back ofthefilm of phosphatide molecules,and flippase moves PE,PS totheinside(thecytoplasm side)fromtheoutside(theplasma side)ofthefilm,and floppase moves all lipid molecules outward fromtheinside,and scramblase confuses all molecules in both directions.

これらの酵素の働きに因って膜内外のリン脂質の非対称分布がなされていると考えられている。 → It is thought that it depends onthefunction of these enzymes,and asymmetry distribution ofthephosphatide inside and outsidethefilm is accomplished.

非対称分布の一つの理由として、主なリン脂質の中でPSは陰性荷電を持ち、細胞質内のたんぱく質が持つ陽性荷電と相互作用し易い事が細胞膜の機能に好都合であるからだと考えられている。 → As one reason oftheasymmetry distribution, thePS has negative electric charge in main phosphatide,and it is thought that this is because it is convenient forthefunction ofthecell membrane to be easy to interact withthepositive electric charge that protein inthecytoplasm has.


膜脂質ラフト(LipidRaft)[編集] → Film lipid Raft (Lipid Raft)[ editing]

脂質ラフト、画の下側が細胞外、上側が細胞質側になる。 → Lipid Raft, thebottom oftheimage are out ofacell,andtheupper part becomesthecytoplasm side.

1. は通常の脂質二重層、2.脂質ラフト、3.4.膜縦貫タンパク、5.糖鎖、6.膜外タンパク、7.コレステロール、8.糖脂質リン脂質2重層膜上には他の部分より少し厚さが厚く少し硬い脂質2重層上を移動する事が出来る領域があり、海に浮かぶ筏に例えられ脂質ラフト(LipidRaft)と呼ばれている。 → There isthedomain whereはnormal lipid double layer, 2can move to over2lipid multilayer that thickness some than other parts is thick on2glucide and lipid phosphatide multilayer films,and are firm a little cholesterol, 8film outside protein, 7carbohydrate chain, 6film traversing protein, 5lipid Raft,3.4 and it is compared toaraft floating inthesea and is called lipid Raft (Lipid Raft).

ラフト部分ではリン脂質は主にスフィンゴミエリン(SM)で構成され、SM分子の間にコレステロール分子が非常に多く入り込んで分子間の結合を強化している。 → Thephosphatide is comprised of sphingomyelin(SM)intheRaft part mainly and there are a great many cholesterol molecules and gets between SM molecules and strengthensthecombination between molecules.

スフィンゴミエリンの脂肪酸部分はPCやPS、PEより長いのでラフトは若干厚さを増し、コレステロールが分子間結合を強化するので硬くなる。 → Because it is longer thanaPC and PS,PE,some Raft adds to thickness,andthefatty acid moiety ofthesphingomyelin is tense because cholesterol strengthensthecombination between molecules.

ラフトではSMとコレステロールの他に、膜縦貫タンパクやレセプター、糖脂質なども多く存在している。 → Film traversing protein andareceptor, theglucide and lipid exist a lot other than SM and cholesterol in Raft,too.

多くの積荷を積んだ筏の様なイメージでラフトと通称されているが、通常の脂質2重層もラフトも、どちらもリン脂質を主要構成分子にしている点は海上に浮かぶ筏とは違う。 → It istheimage such asaraft loaded with many loads,andIam considered to be it under an alias,but both2normal lipid multilayer and Raft are different from Raft inthepoint doing phosphatide inamain element both withtheraft floating on the sea.

ラフトの直径は数十ナノメートル程度で赤血球膜状には多数あり、タンパクや糖鎖など多種の分子を多く載せているラフトは細胞の機能に大きく関わっている部分だと考えられている。 → Ared blood cell is filmy,and there isthediameter of Raft at around dozens of nanometers a lot,and there are many molecules ofthehaving many kinds including protein andthecarbohydrate chain,and it is big,and,as for Raft picking up,it is thought that it isapart concerned with forthefunction ofthecell.


脚注[編集] → Footnote[editing]

註釈[編集] → Supplementary explanation[editing]

^リン脂質二重層の厚さに関しては文献によって異なり、『三輪血液病学』p129では7.5ナノメートル、H. → It is 7.5 nanometers,H. by documents aboutthethickness ofthe ^phospholipid bilayer in unlike,"three-wheeled blood disease studies" p129

Lodish,他 著『分子細胞生物学』p381では3.5-5.6ナノメートル、日本検査血液学会編『スタンダード検査血液学』では8ナノメートル、『図解分子細胞生物学』では3-5ナノメートルなど様々である。 → 3-5 nanometers vary in 8 nanometers, "theillustration molecules cell biology" in 3.5-5.6 nanometers, theJapan Inspection blood society "standard inspection hematology" in written by Lodish, et al. "molecules cell biology" p381.

これは膜に存在するタンパクの厚さも影響していると思われる。 → It is thought that this influencesthethickness oftheprotein which there is onafilm.

タンパクを考慮しない脂質二重層のみの厚さは3-6ナノメートルの範囲と思われる。 → Thethickness only forthelipid double layer which does not consider protein seems to bearange of 3-6 nanometers.

ここでは『分子細胞生物学』の数字をあげた。 → Iraisedanumber of"themolecular cell biology" here.


出典[編集] → Thesource[editing]

^三輪『赤血球』p81-98 → ^Miwa "red blood cell" p81-98

^ 『分子細胞生物学』p381 → ^"molecules cell biology" p381

^ 『赤血球膜研究史』p260 → ^"history of red blood cell film study" p260

^ab 『クーパー細胞生物学』p49-51 → ^ab"Cooper cell biology" p49-51

^ab 『図解分子細胞生物学』p7-8 → ^ab"illustration molecules cell biology" p7-8

^ 『分子細胞生物学』p380 → ^"molecules cell biology" p380

^ 『図解分子細胞生物学』p9 → ^"illustration molecules cell biology" p9

^ 『細胞膜のしくみ』p44-47 → ^"structure p44-47 ofthecell membrane"

^ 『細胞膜のしくみ』p36-39 → ^"structure p36-39 ofthecell membrane"

^ 『赤血球膜研究史』p258 → ^"history of red blood cell film study" p258

^ 『図解分子細胞生物学』p9-10 → ^"illustration molecules cell biology" p9-10

^ 『細胞膜のしくみ』p48-50 → ^"structure p48-50 ofthecell membrane"


参考文献[編集] → References[editing]

書籍 → Book

三輪史朗 監修『赤血球』医学書院、1998年、ISBN4-260-10946-4RobertK.Murray,DarylK.Granner,VictorW.Rodwell著『ハーパー・生化学』上代淑人監訳、丸善、2007年、ISBN978-4-621-07801-3八幡 義人著『赤血球膜研究史』医薬ジャーナル社、2007年、ISBN978-4-7532-2238-4八幡 義人著『細胞膜のしくみ』裳華房、2008年、ISBN978-4-7853-8784-6GeoffreyM.Cooper,RobertE.Hausman著『クーパー細胞生物学』須藤和夫,他,訳、東京化学同人、2008年、ISBN978-4-8079-0686-4浅島 誠、駒崎 伸二 共著『図解分子細胞生物学』裳華房、2010年、ISBN978-4-7853-5841-9H. → For Shiro Miwa supervision "red blood cell" medicine study,1,998 years,it is ISBN 978-4-7853-5841-9 in ISBN 978-4-8079-0686-4 Makoto Asashima,Shinji Komazaki joint work "illustration molecules cell biology" 裳華房,2010 in written by ISBN 978-4-7853-8784-6 Geoffrey M.Cooper,Robert E.Hausman "Cooper cell biology" Kazuo Sudo,others,reason,Tokyo ch
emistry coterie,2008 in written by ISBN 978-4-7532-2238-4 Yoshihito Yawata "structure 裳華房 ofthecell membrane",2008 in written by ISBN 978-4-621-07801-3 Yoshito Yahata "history of red blood cell film study" medicine journal Corporation,2007 in ISBN 4-260-10946-4 Robert K.Murray,Daryl K.Granner,Victor W.Rodwell work "Harper,biochemistry" Yoshito Kajiro supervising a translation,Maruzen,2007

Lodish,他 著『分子細胞生物学』石浦章一他 訳、東京化学同人、2010年、ISBN978-4-8079-0732-8 → In written by Lodish, et al. "molecules cell biology" Shoichi Ishiura other reason,Tokyo chemistry coterie,2010 ISBN 978-4-8079-0732-8


関連項目[編集] → connection item[editing]

脂質 → Lipid

脂肪酸 → Fatty acid

生体膜 → Biomembrane

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=脂質二重層&oldid=46615071」から取得カテゴリ: → It isanacquisition category from "http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title= lipid double layer &oldid=46615071":

分子生物学 → Molecular biology

脂質 → Lipid

恐竜細胞、あばずれ、ピョンヤン、唾液、体内、リンと結合、脂肪球、癌細胞、レーザー治療 → Adinosaur cell, ahussy,Pyongyang,saliva, thebody,phosphorus and combination,fat ball,cancer cell,laser treatment
posted by arena8order at 15:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TV Bros.|Web Store|東京ニュース通信社

Image~045.jpg

TV Bros.|Web Store|東京ニュース通信社[ TO
http://p219.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1103pEOfzS1e48Jt/0?_jig_=http%3A%2F%2Ftnsws.jp%2Fcontents%2Fmagazine%2Ftvbros.html&_jig_keyword_=%83e%83%8C%83r%83u%83%8D%83X&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%2F%3Fsbox%3DSBT%26squery%3D%25E3%2583%2586%25E3%2583%25AC%25E3%2583%2593%2B%25E9%259B%2591%25E8%25AA%258C%26p%3D%2583e%2583%258C%2583r%2583u%2583%258D%2583X&_jig_source_=srch&guid=on



WebStoreトップ

TV Bros.

TV Bros.

表紙:前田敦子
編集部からこんにちは
今年の秋もライブに映画にテレビに本に、見なきゃいかんものに溢れているわけですが、皆様いかがお過ごしでしょうか? こんにちはブロス編集部です。
今号は<ブロス映画まつり>と称しまして、まずは映画をまるっと1冊特集いたしております。表紙は『もらとりあむタマ子』主演の前田敦子さん。いやーこの焼きイモになりたいですよねー。
さらーに、中面ではシングル「ビバナミダ」をリリースしたばかりの岡村靖幸さんと(10月16、17、20日のライブ『アイボリー』も最高でしたYO!)、会田誠さんとの対談記事も掲載!!!通勤・通学途中に、昼休みに、はたまたトイレにお風呂に寝る前に、今号もご一緒できましたら嬉しいです? 宜しく〜。
最新号

TV Bros. 2013年10月26日号
番組表:2013年10月26日〜2013年11月8日
価格:特別定価250円
発売日:2013年10月23日
表紙:前田敦子
ブロス映画まつり

『もらとりあむタマ子』公開記念、山下敦弘(監督)×前田敦子(主演)対談ほか、『自分の事ばかりで情けなくなるよ』『ジ、エクストリーム、スキヤキ』『ばしゃ馬さんとビッグマウス』『キューティー&ボクサー』など注目作のご紹介。ブロス連載陣に聞く「この秋○○と観たい○○映画3本」、今年いっぱい使えるぴったりの映画を探すチャートなどなど。映画まつりだワッショイてな具合でがっつり特集してます。

シングル「ビバナミダ」発売記念 岡村靖幸×会田誠

待望のニューシングル「ビバナミダ」をリリースされたばかりの岡村さんと、シングルのジャケット絵を描き下ろしてくださった会田さんとの夢の対談(しかもお二人とも同い年)が実現!

★こちらもオススメ★
TV Bros. ムック最新刊 当サイト限定特典クリアファイル付きで好評発売中!
松尾スズキ×河井克夫の人気連載単行本第3弾 「ニッポンで笑う」 詳細はコチラ
「ポップの現場から 川勝正幸 in TV Bros. 1987-2012」詳細はコチラ
次号予告

TV Bros. 2013年11月9日号
番組表:2013年11月9日〜2013年11月22日
価格:予価250円
発売日:2013年11月6日
次号概要:『ブロスコミックアワード2013』、掟ポルシェ×カーカス特集ほか
読書の秋。今面白い漫画を一挙紹介&表彰してしまおうという『ブロスコミックアワード』今年もやっちゃいます。
大賞のほか、今回はアニメと関連した新賞も登場!お楽しみに。
また、ラウドパーク13に出演したバンド「カーカス」を掟ポルシェ氏がインタビュー。
漫画ありメタルありの次号ブロスもどうぞ宜しくお願いいたします。
posted by arena8order at 14:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。