2013年11月30日

くる病(Rachitis)の語源はギリシャ語のrhakhis

Image~007.jpg25cd5a28.jpg030055b.jpg
#ккк #発電所 #UHF #電磁波 #朝鮮工作員 #電気兵器 #プラズマ波兵器 #マイクロ波 #レーダービーム #RedIndian #yl. #Apache #polphotoXX #terrorismΡΧΚ


「くる病」に関連した英語例文の一覧
http://p206.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/113078p2wdl6XI00/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E3%2581%258F%25E3%2582%258B%25E7%2597%2585&_jig_keyword_=%82%AD%82%E9%95a%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E3%2581%258F%25E3%2582%258B%25E7%2597%2585%26p%3D%2582%25AD%2582%25E9%2595a%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26trans%3D0&_jig_source_=srch&guid=on



くる病 → Rickets

http://p218.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1130Q2WNJbLHaxJJ/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2581%258F%25E3%2582%258B%25E7%2597%2585&_jig_keyword_=%82%AD%82%E9%95a&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2582%25AD%2582%25E9%2595a%26fr%3D&_jig_source_=srch&guid=on



くる病 → Rickets


くる病(2歳児の脚) → Rickets(leg ofthe2 years old child)


くる病(佝僂病、瘻病)とは、乳幼児の骨格異常。 → Withtherickets(rickets,瘻病), theframe of infants is abnormal.

主な症状として脊椎や四肢骨の湾曲や変形が起こる。 → Curve andthetransformation ofthebackbone andthelimbs bone are caused asamain symptom.

くる病(Rachitis)の語源はギリシャ語の背骨を意味するrhakhisから来た。 → Theetymology of rickets (Rachitis) came from rhakhis which meantthebackbone oftheGreek.

戦前の日本では、背むしという別称もあった。 → In prewar Japan,there wastheanother name calledtheback insect,too.

原因として、ビタミンDの代謝障害により、カルシウム、リンの吸収が進まないことによる骨の石灰沈着障害が最も知られる。 → Acalcification disorder ofthebone by calcium,absorption of phosphorus not advancing byametabolism disorder of vitamin D is known asacause most.

紫外線(日光)に当たる事で体は7-デヒドロコレステロールより肝臓、腎臓での代謝を経てビタミンDを合成する。 → Thebody composes vitamin D via liver, themetabolism withthekidney than 7-dehydrocholesterol inthething equal to ultraviolet rays(sunlight).

このため、太陽に当たる量の少ない人、脂肪吸収障害、肝障害、腎障害等の基礎疾患のある人に発生しやすい。 → Therefore,it is easy to occur totheperson withtheunderlying diseases such asaperson with a little quantity equal tothesun, afat absorption disorder, aliver damage, therenal damage.

また、てんかんの患者もくる病になる事がある。 → In addition, thepatient of epilepsy may suffer from rickets,too.

これは抗てんかん薬の長期投与により肝臓でビタミンDが不活性化されるためである。 → This is because vitamin D is inactivated in liver bythelong-term dosage oftheantiepileptic drug.

カルシウムの摂取が少ない一部の発展途上国でも、くる病が発生しやすい。 → In some developing countries with a few intakes of calcium,rickets is easy to occur.

ヨーロッパ人の白い肌は欧州の少ない日照に適応した結果であり、肌の黒いインド系や黒人が日射量が少ない高緯度地域に移住した場合、乳幼児にくる病がしばしば発生する。また、遺伝性のくる病が存在する。 → Whenthewhite skin oftheEuropean istheresult that fitted little sunshine of Europe,and black India system and black oftheskin emigrate tothedistrict in a high latitude area where there is little sunlight quantity,rickets often occurs to infants,and rickets hereditary again exists.

これは腎臓の尿細管でリン酸塩の再吸収が妨げられる事により発生する。 → This occurs by reabsorption of phosphate being disturbed withtherenal tubule ofthekidney.

成人・成体の骨格に発生する、同質の疾患である骨軟化症も、くる病と同様の原因で発生するが症状は異なる。 → It isacause liketherickets,andtheosteomalacia that isadisease ofthesame quality to occur totheframe ofanadult, themature form occurs,butthesymptom is different.

これは、くる病は成長軟骨板の閉鎖以前の石灰化障害、骨軟化症は以後の障害としているからである。 → This is becausetherickets doesacalcified obstacle beforetheclosedown ofthegrowth cartilage board, theosteomalacia withanobstacle of afterward.

予防するためには、カルシウムやビタミンDを不足させない事、日光浴によるコレステロールの変質等が必要になる。 → Not letting calcium and vitamin D be short, achange in quality of cholesterol bythesunbathing are necessary to prevent it.


症状[編集] → Symptom[editing]

骨変形 → Bone transformation

頭部-頭蓋癆(頭蓋骨の軟化)、大泉門解離・閉鎖不全胸部-くる病数珠(肋骨の骨軟骨結合部の拡大)、漏斗胸、鳩胸四肢-O脚、X脚 → Head-頭蓋癆(softening oftheskull),great fontanel dissociation,dysraphism chest-rickets beads(expansion ofthecostal bone synchondrosis part),funnel chest,pigeon-breasted limbs-bowlegs,knock knee

脊柱-側彎、前彎、後彎 → Spinal column-側彎,前彎,後彎

歯-エナメル質の形成不全 → Hypoplasia ofthetooth-enamel

筋緊張低下 → Muscle tonus drop

低Ca血症 → Low Ca blood symptom

テタニー → Tetany

その他に、低成長、蛙腹、不穏等の症状を引き起こす。 → In addition, cause symptoms such as low growth, afrog stomach, theunrest.


くる病の人物が登場する作品[編集] → Work[editing]whichaperson oftherickets appears

ノートルダム・ド・パリ−ヴィクトル・ユゴーの小説。 → Anovel of Notre-Dame de Paris-Victor Hugo.

リゴレット−ジュゼッペ・ヴェルディ作曲のオペラ。 → Opera oftheRigoletto-Giuseppe Verdi composition.



代謝性骨疾患の画像診断 → Video diagnosis ofthemetabolic bone disease

http://p228.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1130l0by7Y4nEBt9/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.rada.or.jp%2Fdatabase%2Fhome4%2Fnormal%2Fht-docs%2Fmember%2Fsynopsis%2F030055.html&_jig_keyword_=%82%AD%82%E9%95a&_jig_done_=http%3A%2F%2Fimgsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fimgsearch%2Fdetail%3Fp%3D%2582%25AD%2582%25E9%2595a%26ib%3D6%26ss%3Dxargs%253D5&_jig_source_=simg&guid=on



代謝性骨疾患には、骨粗鬆症、副甲状腺機能亢進症、骨軟化症、腎性骨異栄養症等があり、X線撮影等においては病態に応じた多種多様な画像を提供する。 → Metabolic bone diseases include osteoporosis,hyperparathyroidism,osteomalacia,renal bone dystrophy and provide a great variety of images depending onthecondition of a patient intheradiography.

骨粗鬆症、骨軟化症、くる病について、病理組織像、単純X線像、場合によってはMRI像を示す。 → About osteoporosis,osteomalacia,rickets, show pathology histology,simple radiographic appearance and sometimesanMRI image.

骨粗鬆症では、骨梁の減少や皮質骨の菲薄化が進むと、やがて骨の変形や骨折をきたし、骨軟化症、くる病では、骨基質の石灰化が阻害され、類骨が過剰となる。 → When decrease in bone beam and 菲薄化 ofthecortical bone advance, theosteoporosis causes transformation andthebone fracture ofthebone before long,and,for osteomalacia, therickets,calcification ofthebone matrix is inhibited,and osteoid becomes superabundant.

正常な成人の骨量や骨構造は、骨形成と骨吸収のバランス上に保たれている。 → Thebone mass ofanormal adult andthebone structure are kept on osteoplasty and balance ofthebone resorption.

このバランスを保つ骨代謝の調節は多種のホルモン、各種成長因子が複雑に関連した機構で行われており、この調節以上が代謝性骨疾患の原因となっている。 → As fortheadjustment ofthebone metabolism to keep this balance, ahormone ofthehaving many kinds,various growth factors are performed by mechanism in conjunction withthecomplexity,and higher than this adjustment causethemetabolic bone disease.

本疾患の多くは、骨量減少を来す事から、この画像診断は骨量減少と骨折の鑑別が主となっている。 → As for most of these diseases,as for this video diagnosis,bone mass decrease andthedifferentiation ofthebone fracture become important by causing bone mass decrease.

骨診断の基本は、単純X線像であるが、最近軟部組織のコントラストの優CT,MRさらに骨シンチグラフィ等の発展により、有用な情報が多く得られる様になった。 → Thebasics ofthebone diagnosis were simple radiographic appearance,but there was much useful information and came to be provided by development such asACT ofthecontrast ofthesoft tissue, theMR bone scintigraphy recently.

代謝性骨疾患には、骨粗鬆症、副甲状腺機能亢進症、骨軟化症、腎性骨異栄養症等があり、X線撮影等においては病態に応じた多種多様な画像を提供する。 → Metabolic bone diseases include osteoporosis,hyperparathyroidism,osteomalacia,renal bone dystrophy and provide a great variety of images depending onthecondition of a patient intheradiography.

骨粗鬆症の診断 → Diagnosis oftheosteoporosis

本症は、最も頻度の高い代謝性骨疾患である。 → Thedisease isthemost frequent metabolic bone disease.

骨量が生理的範囲を越えて減少、その結果病的骨折が起こる。 → Bone masses decrease acrossaphysiological range,and,as a result, amorbid bone fracture is caused.

骨粗鬆症の診断 → Diagnosis oftheosteoporosis

病理組織像 → Pathology histology

腰椎X線像 → Lumbar vertebrae radiographic appearance

腰椎T1強調MRI像(原論文1より引用)病理組織像において、全体に骨梁が減少し特に横方向の骨梁が殆ど消失している。 → Abone beam decreases inthewhole,and,in lumbar vertebrae T1 emphasis MRI image(Iquote it than original article1)pathology histology,most oftheparticularly lateral bone beams disappear.

また、転子間に骨折が認められる。 → In addition, abone fracture is accepted between trochanter.

骨梁の減少や皮質骨の菲薄化が進むと、やがて骨の変形や骨折を来すことになる。 → When decrease in bone beam and 菲薄化 ofthecortical bone advance,they will present with transformation andthebone fracture ofthebone before long.

腰椎の単純X線像で第1、第2腰椎椎体に扁平化がみられる例を示す。 → Showtheexample that flattening is seen inthefirst, thesecond lumbar vertebrae vertebral body with lumbar simplicity radiographic appearance.

また腰椎T1強調MRI像では、脂肪髄が保たれているが、第1腰椎椎体内には横走する骨折線が認められる。 → In addition,withthelumbar vertebrae T1 emphasis MRI image,fatty marrow is kept,butabone polygonal line doing deviating from the right path is recognized inthefirst lumbar vertebrae vertebral body.

本症では、脂肪髄がよく保たれていることから、悪性腫瘍による病的骨折で無い事が判る。 → Because fatty marrow is kept good forthedisease, understandthething that there is not bythemorbid bone fracture due tothemalignant tumor.

骨量の減少をX線像上の濃淡変化として認識するためには、腰椎の60%以上の脱灰が必要であると言われている。 → It is said thatthedecalcification of more than 60% of lumbar vertebrae is necessary to recognizethedecrease in bone mass as light and shade change ontheradiographic appearance.

ここに精度の高い骨塩定量法の有効性が認められる。 → Theeffectiveness ofabone salt assay having high precision is recognized here.

骨軟化症、くる病の診断 → Osteomalacia,diagnosis oftherickets

本症の最終的な病的形態変化は、骨基質の石灰化が阻害され、類骨が過剰となるものである。 → As forthefinal morbid form change ofthedisease,calcification ofthebone matrix is inhibited,and osteoid becomes superabundant.

骨軟化症は成人に於ける病態であり、骨リモデリングに於ける膜内骨化の石灰化生涯である。 → It isthecondition of a patient intheadult,and osteomalacia isacalcified life oftheossification inthefilm inthebone remodeling.

くる病は成長期に見られるもので、成長軟骨に於ける軟骨内骨化の生涯が主要な変化である。 → Therickets isathing seen foraperiod of growth,andalife oftheendochondral ossification inthegrowth cartilage isamain change.

骨軟化症(低リン血症性くる病)、くる病の診断画像を示す。 → Show osteomalacia(hypophosphatemia-related rickets), adiagnosis image oftherickets.

くる病の診断 → Diagnosis oftherickets

骨軟化症(低リン血症性くる病) → Osteomalacia(hypophosphatemia-related rickets)

病理組織像 → Pathology histology

膝単純X線像(原論文1より引用) → Knee simplicity radiographic appearance(Iquote it than original article1)

骨軟化症(低リン血症性くる病)の下腿X線像であり、脛骨と腓骨の遠位部が湾曲し、脛骨にはLooser'szoneが認められる。 → It is leg radiographic appearance oftheosteomalacia(hypophosphatemia-related rickets),and tibia and fibular distal part curve,and Looser's zone is accepted to tibia.

本症は、進行例で骨の強度が減衰し、長管骨の湾曲が生じたものであり不全骨折が起ったのち類骨性仮骨で満たされたため幅広い骨折線が観測されたものである。 → As forthedisease, thestrength ofthebone damped inaprogress example,andawide bone polygonal line was observed because it was met withanosteoid-related callus afterthecurve ofthelong pipe bone having occurred,and having hadanimperfection bone fracture.

くる病の病理組織像で、成長軟骨が厚く、骨端や骨幹端の新生骨梁は微弱である。 → In pathology histology oftherickets,growth cartilage is thick,andanepiphysis andthemetaphyseal new life bone beam are feeble.

これは予備石灰化層に於ける石灰化が阻害され、肥大細胞層内の軟骨組織が増加したためであると共に、石灰化軟骨基質は弱く付加された骨基質も十分な石灰化が起こらないため一次海綿骨が微弱であることによる。 → As for this,calcification inthepreliminary calcification layer is inhibited and depends on primary spongy bone being feeble because this is becausethecartilaginous tissues intheenlargement cell layer increased,andthecalcified cartilage substrate is weak and does not havethecalcification that added bone matrix is enough for.

くる病(ファンコニ症候群)の膝骨X線像である。 → It is knee bone radiographic appearance oftherickets(Fanconi's syndrome).

大腿骨、脛骨、腓骨の成長軟骨が厚く、予備石灰化層が不鮮明となっている。 → Thighbone,tibia,fibular growth cartilage are thick,andthepreliminary calcification layer becomes indistinct.

これは骨端中央部が盃状に陥没し、骨幹端辺縁部では、成長軟骨を包むように膜性骨が形成される事による。 → Epiphysis central part sinks into aacup form,and this depends onamembranaceous bone being formed to wrap growth cartilage inthemetaphysis marginal region.

この様に代謝性骨疾患の単純X線像は、病理組織の形態変化を良く反映し、特徴をも良く示している。 → Thesimple radiographic appearance ofthemetabolic bone disease reflects histologic form changes well in this way and shows characteristics well.

しかし、これらの変化をX線像で認められるのは病変の後期であることから、重症度の評価や、他の全身性骨疾患との鑑別に役立っている。 → However, helpanevaluation ofthedisease severity andthedifferentiation with other systemic bone diseases because it isthelatter period ofthelesion that these changes are accepted with radiographic appearance.

コメント-X線像は、代謝性骨疾患の診断にも有用である。 → Thecomment-radiographic appearance is useful forthediagnosis ofthemetabolic bone disease.

ここでは、骨シンチグラフィについては、言及しなかったがシンチグラフィは、骨転移の検出等、局所病変の評価に最適である。 → Here, did not mentionthebone scintigraphy,butthescintigraphy is most suitable fortheevaluations ofthelocal lesion such asthedetection ofthebone metastasis.

しかし、骨代謝の亢進にともなって全身の骨へRIの集積が起こることからその集積パターンが疾患特有の像を示すことから代謝性骨疾患の場合にも用いられる。 → However,in the case ofthemetabolic bone disease,it is used becausetheaccumulation pattern showsanimage peculiar toadisease because accumulation oftheRI happens tothebone ofthewhole body with sthenia ofthebone metabolism.

骨密度測定も骨量減少の診断と治療後の効果判定に欠く事の出来無い手段である。 → Adiagnosis ofthebone mass decrease and effect measurement afterthetreatment can lack inthebone density measurement,too and are few means.

代謝性骨疾患のマクロ病理像とX線像の成り立ち → Constitution ofthemacropathology image and radiographic appearance ofthemetabolic bone disease

キーワード-代謝性骨疾患、metabolicbonedisease、単純X線像、plainrentogenogram、病理組織像、pathologicaltissue、磁気共鳴断層像、magneticresonanceimaging、骨粗鬆症、osteoporosis、骨軟化症、osteomalacia、くる病、rickets → Keyword-metabolism-related bone disease,metabolic bone disease,simple radiographic appearance,plain rentogenogram,pathology histology,pathological tissue,magnetic resonance dislocation image,magnetic resonance imaging,osteoporosis,osteoporosis,osteomalacia,osteomalacia,rickets,rickets
posted by arena8order at 15:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

オイルショック(oilshock)…1973年以降の原油混乱

Image.png230px-The_Basic_Discount_Rate_an.pngImage~001.png
#ккк #発電所 #UHF #電磁波 #朝鮮工作員 #電気兵器 #プラズマ波兵器 #マイクロ波 #レーダービーム #RedIndian #yl. #Apache #polphotoXX #terrorismΡΧΚ


#オイルショック
http://p226.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/11297r5jtYh8rwKz/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2582%25AA%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25AB%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A7%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF&_jig_keyword_=%83I%83C%83%8B%83V%83%87%83b%83N&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2583I%2583C%2583%258B%2583V%2583%2587%2583b%2583N&_jig_source_=srch&guid=on


オイルショック


オイルショック、オイル・ショック(和製英語-#oilshock)は、1973年と1979年に始まった(ピークは1980年)、原油の供給逼迫及び価格高騰と、それによる世界の経済混乱である。

石油危機(せきゆきき、英語-oilcrisis)又は石油ショックとも称される。

世界同時不況(せかいどうじふきょう)とも呼ばれた。

1861年〜2007年の原油価格。

100年近く続いた安値が1970年代に破られた事が判る。


0 実質(物価変動補正)

0 名目(当時の金額)


第1次石油危機[編集]

発生にいたる情勢[編集]

1973年10月6日に第四次中東戦争(6日〜26日)が勃発。

これを受け10月16日に、石油輸出国機構(OPEC)加盟産油国の内、ペルシア湾岸の6ヶ国が、原油公示価格を1バレル3.01ドルから5.12ドルへ70%引き上げることを発表した。

翌日10月17日には、アラブ石油輸出国機構(OAPEC)が、原油生産の段階的削減を決定した。

又、アラブ石油輸出国機構(OAPEC)諸国は10月20日以降、イスラエルが占領地から撤退する迄、イスラエル支持国(アメリカ合衆国やオランダ等)への経済制裁(石油禁輸)を相次いで決定した。

更に12月23日には、石油輸出国機構(OPEC)に加盟のペルシア湾岸の産油6ヶ国が、1974年1月より原油価格を5.12ドルから11.65ドルへ引き上げる、と決定した。


石油危機前の状況と日本における対策[編集]

日本の公定歩合の推移。

インフレ抑制のため1974年(昭和49年)頃と1980年代初頭は高い金利になっている。

石油価格の上昇は、エネルギー源を中東の石油に依存してきた先進工業国の経済を脅かした。

1960年代以降にエネルギー革命を迎えエネルギー源を石油に置き換えていた日本は、ニクソン・ショック(ドル・ショック)から立ち直り掛けていた景気を直撃。

前年からの列島改造ブームによる地価急騰で急速なインフレーションが発生していたが、石油危機により相次いだ便乗値上げなどにより、さらにインフレーションが加速される事となった。

当時の日本は中東の政治に深く関わってはおらず、イスラエルを直接支援した事も無く、中立の立場であった。

しかし、最大のイスラエル支援国家であるアメリカ合衆国と強固な同盟を結んでいたため、イスラエル支援国家とみなされる可能性が高く、急遽三木武夫副総理を中東諸国に派遣して日本の立場を説明して支援国家リストから外すように交渉する一方で、国民生活安定緊急措置法・石油需給適正化法を制定して事態の深刻化に対応した。


日本への影響[編集]

1973年(昭和48年)11月16日、石油緊急対策要綱を閣議決定、「総需要抑制策」が採られる。

結果、日本の消費は低迷し、大型公共事業が凍結・縮小された。

日本の消費者物価指数で1974年(昭和49年)は23%上昇し、「狂乱物価」と言う造語迄、生まれた。

インフレーション抑制のために、公定歩合の引き上げが行われ、企業の設備投資等を抑制する政策が取られた。

結果、1974年(昭和49年)は-1.2%という戦後初めてのマイナス成長を経験し、高度経済成長がここに終焉を迎えた。

「狂乱物価」について経済学者の小宮隆太郎は日本銀行のオイルショック前の行き過ぎた金融緩和政策とその後の引き締めの遅れが企業や労働組合等に製品価格上昇や賃上げを走らせたとしている。


公共事業[編集]

整備新幹線の建設が大幅に延期され、完成時には交通事情が大きく変化していた。

本州四国連絡橋3ルートの着工延期の指示が下った。

起工式5日前のことであった。

その後計画された3ルートのうち、1ルート(瀬戸大橋)のみ、着工が1975年(昭和50年)に決定した。


生産部門[編集]

トイレットペーパーや洗剤等、原油価格と直接関係のない物資の買占め騒動(トイレットペーパー騒動・洗剤パニック)

紙資源の不足から、週刊誌や漫画雑誌の頁数が軒並み削減され、小冊子程度の枚数となる。

書籍では文字を小さくかつ頁内に多く収めるために、行数が増やされる等が行われたため、21世紀の書籍状況から考えると扱いにくい書籍が発刊された。


燃料浪費の忌避[編集]

燃料の高騰と騒音問題により、超音速旅客機に対しての需要が激減し、コンコルドに対しての発注キャンセルが相次ぐ。

燃料の高騰により、燃費のよくなかったロータリーエンジンの採用を多くの自動車メーカーが断念。

燃料の高騰と騒音問題により、燃費の良くなかった鉄道用ガスタービン動車が試作されたが実用化を断念(詳細は国鉄キハ391系気動車を参照)。


省エネルギーへの取り組み[編集]

デパートのエスカレーターの運転中止。

ネオンサインの早期消灯。

ガソリンスタンドの日曜休業。

鉄道事業者における最終列車の繰り上げ等の処置

日本プロ野球に於いても、照明の消費電力をセーブするために平日のナイターを19時前後開始から18時前後(遅くとも18時30分迄に)開始に繰り上げてみたり、又、週末・祝日は極力薄暮を含めたデーゲーム(夏季除く)で開催する様にしていた。

テレビの深夜放送の休止。

特にNHKは教育、総合両方共に23時以降の放送を休止と日中(総合ではUHFテレビ試験放送を含め月〜金曜日の15時〜16時台前半。尚、、国会中継や高校野球中継が行われた場合は休止時間帯でも放送されていた。教育では14時30分〜17時30分の内1〜3時間)の放送休止(その当時のNHKにおける休止アナウンスの録音)。

尚、民放5社が深夜放送の自粛を決定したのは、1973年(昭和48年)12月14日。

また、岐阜放送テレビ等、独立UHF放送局の一部では、放送開始時刻の大幅な繰り下げ措置や日中の放送休止時間(千葉テレビ放送、奈良テレビ放送等)が取られた。


産業全体[編集]

競争力を失った「構造不況業種」を縮小させ、成長分野に資源を振り向ける「積極的調整政策」。

素材産業の不振、加工組立産業の成長。

雇用調整(新規採用の停止、残業時間の短縮等)

優良企業の銀行離れが進む。

間接金融から直接金融(株式発行等)、内部資金依存へ。


その他[編集]

当時放送されていた「ウルトラマンレオ」も、石油危機に因る、物価高騰等が制作体制を直撃し、番組は制作費の緊縮を余儀無くされてしまう。

ギャラの節約を狙ったレギュラーキャストの削減や、毎回の怪獣着ぐるみの製造費・防衛チーム基地のセット維持費等のカットが断行され、番組は大幅な路線変更を強いられる事になった。

石油危機期間中は、イスラエル支持国に対する経済制裁の影響も見られた。

例として選抜高等学校野球大会では、表彰式の演奏曲「見よ、勇者は帰る」(ヘンデル作曲)の使用を止め、(全国高等学校野球選手権大会では引き続き使用)、大会オリジナルの「栄光」(永野慶作作曲)が採用された。

「見よ、勇者は帰る」はアラブと敵対するユダヤ戦士を称える曲であったため、経済制裁を受ける恐れから、第46回選抜高等学校野球大会より採用された。

石油危機鎮静化後は元に戻す予定だったものの、急ごしらえながら高い評価を得たため、それ以降も継続して使用されている。

日本の国産旅客機YS-11の生産中止は石油危機の影響だと一部で語られる事がある。

確かにYS-11の生産中止の時期は第1次石油危機と重なるが、3年前の1970年(昭和45年)末にあった政府決定による既定事項なので誤り(正確には約20機分の追加生産用の資材調達が中止になった)。


第2次石油危機[編集]

1979年のイラン革命により、イランでの石油生産が中断したため、イランから大量の原油を購入していた日本は需給が逼迫した。

また、1978年末にOPECが「翌1979年より原油価格を4段階に分けて計14.5%値上げする」事を決定し、原油価格が上昇(余談だが、4段階目の値上げについては総会で合意が形成出来無かった)。

第1次石油危機並に原油価格が高騰した。

しかし、第1次での学習効果、省エネルギー政策の浸透(深夜のテレビ番組放送の自粛や、第1次同様のガソリンスタンドの日曜祝日休業等が行われた)、企業の合理化効果等により、日本経済に対する影響は第1次石油危機程、酷いものにはならなかった。

又、第1次の頃程、値上げは長引かず、イランも石油販売を再開し、数年後には価格下落に転じて危機を免れた。

一方でこれとは別の要因として米国のインフレの亢進と長期金利の高騰にともなう金融市場の混乱が深刻さを増しており、石油危機を端緒とした不況は米国経済の復調をまつ1983年頃迄長引いた。

小宮隆太郎は第二次石油ショックの影響が軽微だったのは、日銀が過去を反省して、いち早く強い金融引き締めスタンスを採用した事にあり、それに応じて労働組合や企業も賃上げ等のコストプッシュの要因を抑えるべく、労使協調路線を採用した事で事態を乗り切ったためとしている。


石油危機の与えた影響[編集]

先進国の経済が中東の石油に極端に依存している事が明白となった。

中東以外での新しい油田開発、調査が積極的に行われる様になった。

原子力や風力、太陽光等、非石油エネルギーの活用の模索、また省エネルギー技術の研究開発への促進の契機ともなった。

石油の備蓄体制を強化する事も行われた。

また、モータリゼーションの進展により自動車の燃料消費が石油消費に高比率を占めていた事から、鉄道を始めとする公共交通機関を再評価する動き(モーダルシフト)が出た。

フランスのジスカール・デスタン大統領の発案により、1975年に第1次石油危機以降の経済の回復を主たる議題とした第1回先進6ヶ国首脳会議(サミット)がフランスのランブイエ城で開催された。

インフレーション傾向を強めていた先進国経済は、石油危機によりスタグフレーションに突入。

1971年のニクソン・ショックと合わさり、戦後世界経済の成長体制は破壊された。

工業化による投資で対外債務を膨張させていた南米やアフリカなどの開発途上国は石油輸入コストの急上昇で債務返済を遅延する事なり、国際金融問題となった。

石油輸出国は、経済制裁及び輸出価格の急騰により政治・経済両面でのパワーを持つ事なった。

輸出対価として得たドル(オイルダラー)は世界金融市場の中で存在感を強めた。

湾岸諸国は莫大な歳出が可能となり、福祉の充実を達成した。


第3次石油危機[編集]

「第3次石油危機」前後(1987年5月〜2011年11月)の原油価格の推移

0 実質(物価変動補正)

0 名目(当時の金額)


2004年頃から2008年秋頃にかけて(ピークは2008年)、目立った供給減少を伴わない原油価格の高騰が続いた。

これを第3次石油危機と呼ぶ者もいる。

2008年2月にはニューヨークの商業取引所の原油先物市場で100米ドル/バレルを突破した。

ピーク時の価格は、第1次・第2次石油危機のピークに比して、名目で3倍を超え、実質でも上回っていた。

但し、第1次・第2次に比べ、価格の上昇速度は緩やかだった。

高騰の原因は 中国やインドなどBRICsと呼ばれる新興国の経済発展による原油需要の増加

地政学的リスクを背景にした原油先物市場における思惑買い

産油国の生産能力の停滞

投機的資金の流入

が挙げられるが、その中で最も大きな理由と指摘されているのは、余剰マネーとしての投機的資金が原油の「現物」や「先物」を買い占めている事である。

世界の金融市場から見ると原油の市場規模は相対的に小さいものだが、そこに住宅サブプライムローン問題に端を発した米国不景気から投機的資金が原油市場に流れ込めば、「先物」としての原油価格が急騰するのも当然の事である。

事実、原油先物相場が史上最高値を更新し続けている等、原油価格高騰を受けて、石油が関係している製品の値上げも相次ぎ、昨今のサブプライムローン問題等により、更なる原油価格高騰及び値上げ幅の上昇を招いていた。

その後、サブプライム問題が世界的な景気の後退を引き起こし、余剰マネー自体が乏しくなるに至り、2008年9月下旬頃よりわずか2ヶ月で原油価格は半分程度にまで大きく落ち込んだ。

しかし、その後暫くすると原油価格は再び緩やかに回復し、2008年のピークには及ば無いものの高値が続いている。


第1次石油危機・第2次石油危機(不況名の通称用語)[編集]

日本では、1973年(昭和48年)12月から1975年(昭和50年)3月迄の景気後退期を、第1次石油危機(第1次石油危機不況、第1次オイルショック、第1次石油ショック、昭和49年不況等とも呼ばれる)と呼ばれる事があり、1980年(昭和55年)3月から1983年(昭和58年)2月迄の景気後退期を、第2次石油危機(第2次石油危機不況、第2次オイルショック、第2次石油ショック、世界同時不況などとも呼ばれる)と呼ばれる事がある。


出典[編集]

^a b 田中秀臣『経済政策に歴史を学ぶ』 ソフトバンク クリエイティブ〈ソフトバンク新書〉、2006年、190頁。

^ 最終クールの「円盤生物シリーズ」は、円盤生物の奇襲による防衛チームの全滅の他、怪獣との対戦を可能な限り、プロップの操演で表現しようという苦肉の策でもあった。着ぐるみが存在する円盤生物でも、ノーバやブニョなどは簡素な造形で、演出でインパクトを出そうという苦心が見受けられる。

^ NHK クローズアップ現代 2008年6月25日


関連項目[編集]

原油価格

スタグフレーション

中東戦争

タンカー戦争

経済制裁

省エネルギー

エネルギー安全保障

石油備蓄

可採埋蔵量

油断!

不況名


http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=オイルショック&oldid=49670232」から取得

カテゴリ:
1973年
1979年
石油
エネルギー政策
エネルギー危機
20世紀の経済史
20世紀以降のイスラム世界史
交易の歴史
金本位制
イスラエル・アラブ戦争
インフレーション
和製英語

隠しカテゴリ:
国際化が求められている項目 (領域無指定)
国際化が求められている項目/2008年



「"石油危機"」に関連した英語例文の一覧
http://p207.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1129EETBMgLseIdf/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%2522%25E7%259F%25B3%25E6%25B2%25B9%25E5%258D%25B1%25E6%25A9%259F%2522&_jig_keyword_=%83I%83C%83%8B%83V%83%87%83b%83N%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%2F%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E3%2582%25AA%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25AB%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A7%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF%26p%3D%2583I%2583C%2583%258B%2583V%2583%2587%2583b%2583N%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio&_jig_source_=srch&guid=on
posted by arena8order at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2. 電解水 Electrolysis water

electro1.jpgfuelcell.jpg
#ккк #電磁波 #内膜症 #皮下痛 #朝鮮工作員 #電気兵器 #プラズマ波兵器 #マイクロ波 #レーダービーム #神経成長電気 #Bioterrorist #RedIndian #yl. #Apache #polphotoXX



「電解水」に関連した英語例文の一覧
http://p227.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/11292qP1RkzhUfpU/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E9%259B%25BB%25E8%25A7%25A3%25E6%25B0%25B4&_jig_keyword_=%93d%8BC%95%AA%89%F0%20%90%85%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E9%259B%25BB%25E6%25B0%2597%25E5%2588%2586%25E8%25A7%25A3%2B%25E6%25B0%25B4%26p%3D%2593d%258BC%2595%25AA%2589%25F0%2B%2590%2585%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26trans%3D0&_jig_source_=srch&guid=on



生成装置の種類[編集] → Kind[editing]ofthegeneration device

電解水は電解水生成装置から生成され、浄水器に電解機能のついた製品も存在する。 → Theelectrolysis water is produced byanelectrolysis water generation device,and there istheproduct withtheelectrolysis function toawater purifier,too.

電解水の生成機には連続式とバッチ型がある。 → Ageneration machine oftheelectrolysis water has consecutive expressions and batch types.

連続式 → Consecutive expressions

蛇口を捻り、水が出るのと同時に電解水が生成される。 → Turnafaucet,and electrolysis water is produced with water flowing.

バッチ型 → Batch type

一定量の水をタンク槽に溜め、電極によって電気分解してから利用する方式。 → Amethod to use after collectingthewater ofthefixed quantity inthetank tank,and electrolyzing it byanelectrode.

陰極と陽極が仕切られたものが二室型である。 → Two things thatacathode andananode were partitioned off are models.

この仕切りを隔膜と呼ぶ。 → Call this partitionadiaphragm.


電解水の種類と詳細[編集] → Akind andthedetails[editing]oftheelectrolysis water

電解水のいろいろ → Oftheelectrolysis water is various

電解水-電解槽/生成極-被電解液-pH-有効塩素-認可状況 → Theelectrolysis water-electrolyzer/generation pole-cover electrolyte-pH-available chlorine-authorization situation

強酸性電解水、二室型/陽極、食塩水(0.2%)、2.2〜2.7、20〜60 ppm、殺菌料(手洗・内視鏡消毒、食品添加物) → Strong acid-related electrolysis water,two type/anode,salt solution(0.2%),2.2-2.7,20-60ppm,sterilization charges(hand-washing,endoscope sterilization,food additives)

弱アルカリ性電解水、二室型/陽極、食塩水(0.2%)11〜11.5-弱酸性電解水、二室型、食塩水(0.1%)、2.7〜5、10〜60 ppm、殺菌料(食品添加物-審議通過) → Alkalescent electrolysis water,two type/anode,salt solution(0.2%)11-11.5-subacidity electrolysis water,two type,salt solution(0.1%),2.7-5,10-60ppm,sterilization charges(thefood additives-deliberation passage)

微酸性電解水、一室型、希塩酸(2〜6%)、5〜6.5、10〜30 ppm、殺菌料(食品添加物) → Slightly acid electrolysis water,one type,dilute hydrochloric acid(2-6%),5-6.5,10-30ppm,sterilization charges(food additives)

微酸性電解水、塩酸/食塩水、希塩酸(2〜6%)、50〜80 ppm、殺菌料(食品添加物-審議通過) → Slightly acid electrolysis water,hydrochloric acid/salt solution,dilute hydrochloric acid(2-6%),50-80ppm,sterilization charges(thefood additives-deliberation passage)

電解次亜水、一室型、食塩水(0.1%)、>7.5、50〜200 ppm、殺菌料(食品添加物) → Electrolysis next sub-water,one type,salt solution(0.1%),>7.5,50-200ppm,sterilization charges(food additives)

アルカリイオン水、二室型/陰極、水道水、8〜10、- 、家庭用医療用飲用水(胃腸症状改善) → Water to drink(gastrointestinal symptom improvement)for alkali ionized water,two type/cathode,tap water,8-10, -,home medical care

厚生労働省が定める酸性度による分類強酸性-pH3以下 → Classification strong acid-related-pH 3 or less bytheacidity that Ministry of Health, Labour and Welfare establishes

弱酸性-pH3〜5 → Acidulous-pH 3-5

微酸性-pH5〜6.5 → Slightly acid-pH 5-6.5


強酸性電解水[編集] → Strong acid-related electrolysis water[editing]

強酸性電解水は略されて強酸水や強酸化水とも呼ばれる。 → Thestrong acid-related electrolysis water is abbreviated and is called strong acid water andthestrong oxidation water.

1987年に強酸化水オキシライザーが誕生し、開発された水である。 → Astrong oxidation water oxyriser is born in 1987 and is developed water.

強い殺菌力を持つことが特徴である。 → The feature is that have strong sterilizing property.

強酸性電解水は厚生労働省によって、生成装置とのセットで1996年に洗浄消毒、1997年に内視鏡洗浄消毒、2002年に次亜塩素酸水として食品添加物に認可された。 → Washed it withtheset withthegeneration device in 1996 and sterilized it,andthestrong acid-related electrolysis water was authorized to food additives as hypochlorous acid water in endoscope washing sterilization,2002 in 1997 by Ministry of Health, Labour and Welfare.

日本で食品に使用する場合は、最終食品の完成前に除去する事と厚生省告示により定められている。 → When use it for food in Japan,it is fixed for being eliminated before completion ofthelast food by Ministry of Health and Welfare notification.

詳細は「強酸性水」を参照 → Thedetails refer to "strong acid-related water"


概要[編集] → Summary[editing]

強酸性電解水の抗微生物効果 → Antimicrobe effect ofthestrong acid-related electrolysis water

(殺菌またはは失活するまでの時間) → (sterilization or time before deactivating it)

微生物、強酸性電解水、0.1%、NaCIO → Microbe,strong acid-related electrolysis water,0.1%,NaCIO

Staphylococcusaureus(黄色ブドウ球菌) → Staphylococcus aureus( staphylococcus aureus)

<5秒<5秒S. →
posted by arena8order at 14:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。