2013年10月24日

ずいずいずっころばし… 寄生虫、毒蛙、毒蛇、蝸牛、猩紅熱…

Image~009~001.jpgfrontal-fig4.jpgImage~009.jpg
#ккк #蝸牛 #寄生虫 #猩紅熱 #三日麻疹 #ずいずいずっころばし #ylMoskyno666XHm. #枯葉剤 #人肉カプセル #朝鮮ドラッグ #ブードゥー教 #排卵誘発剤 #経口避妊薬ピル


髄蕋、頭転ばし 胡麻味噌髄

茶壺荷追われて

土非吽瀉暈 抜けたら どんど枯蛆(古書)

瓦(河原)の鼠(寝ず見)が米食って(鼓膜伝)

中虫蟲(宙誅狆、冑蟄衷…)

おっとさん(惡祷さん)が呼んでも(読んでも)、

おっかさん(惡訛痾慘)が呼んでも(病んでも、楊でも、梁でも)、

聞きっこ(効きっ子、鬼気っ子)

無しよ(亡し世、為し仍)

井戸(胃澱、緯度)の

回り(魔窪蠡、周り)で(出)

お茶碗(悪血湾、汚血腕)

欠いたの(描いたの、掻いた)

誰(唾癘)?


ズイ、ズイ、ズッコロバシ、ゴマミソズイ

チャツボニ、オワレテ、ドッピンシャン、

ヌケタラ、ドンドコショ、

カワラノ、ネズミガ、コメクッテ、

チュウ、チュウ、チュウ、

オットサンガ、ヨンデモ、オッカサンガ、ヤンデモ、キキッコナシヨ

イドノ、マワリデ、

オチャワン、カイタノ、ダアレ…


ジュウカン、重患、縦貫…

缶ジュースは リンゴ?

餃子は耳。

たこ焼きは頬、ホッペ?

ふくらし粉は 八袋粉 ハッタイコって ベーキングパウダーの事ですか?

舌 口 ビル 蛭 午 蒜 hill

蕋髄

膸って…

アーモンドって ナンの実?
posted by arena8order at 18:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学徒出陣,XHm. 国際指名手配666XHm.Hattai.

Image~020.jpgImage~021.jpg
「#学徒」に関連した英語例文の一覧
http://p213.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1024mJ6QsfxQrWTR/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E5%25AD%25A6%25E5%25BE%2592&_jig_keyword_=%8Aw%93k%8Fo%90w%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%2F%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E5%25AD%25A6%25E5%25BE%2592%25E5%2587%25BA%25E9%2599%25A3%26p%3D%258Aw%2593k%258Fo%2590w%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio&_jig_source_=srch&guid=on

#ккк #НАΤΑΙΥΘ #ww123 #秩父潜伏ハンセン病のライタイハン #ylMoskyno #国際指名手配666XHm #XHm. #ray_TailandI_Hangly. #hungrymonkey666q

#学徒出陣,XHm.


出陣学徒壮行会(1943年(昭和18年)10月21日)

還らざる学友の碑
慶應義塾大学

学徒出陣(がくとしゅつじん)とは第二次世界大戦末期の1943年(昭和18年)に兵力不足を補うため、高等教育機関に在籍する20歳以上の文科系(および農学部農業経済学科等の一部の理系学部の)学生を在学途中で徴兵し出征させた事である。

日本国内の学生だけでなく、当時日本国籍であった台湾人や朝鮮人、満州国や日本軍占領地、日系二世の学生も対象とされた。


概要[編集]

日本は1937年(昭和12年)以来、当初は中華民国との日中戦争(支那事変)、続いて1941年(昭和16年)からはアメリカ・イギリス等連合国との太平洋戦争(大東亜戦争)を続けていた。

特にアジア・太平洋地域に及ぶ広大な戦線の維持や1942年(昭和17年)以降の戦局悪化で戦死者数が増加し、次第に兵力不足が顕著になっていった。

従来、兵役法等の規定により大学・高等学校・専門学校(いずれも旧制)等の学生は26歳迄、徴兵を猶予されていた。

しかし、兵力不足を補うべく、次第に徴兵猶予の対象は狭くされていった。

まず1941年(昭和16年)10月、大学、専門学校等の修業年限を3ヶ月短縮する事を定め同年の卒業生を対象に12月臨時徴兵検査を実施して、合格者を翌1942年(昭和17年)2月に入隊させた。

この1942年(昭和17年)には、更に予科と高等学校も対象として修業年限を6ヶ月間短縮し、9月卒業、10月入隊の措置をとった。

そして、更なる戦局悪化により翌1943年(昭和18年)10月1日、当時の東條内閣は在学徴集延期臨時特例(昭和18年勅令第755号)を公布した。

これは、理工系と教員養成系を除く文科系の高等教育諸学校の在学生の徴兵延期措置を撤廃するものである。

この特例の公布・施行と同時に昭和十八年臨時徴兵検査規則(昭和18年陸軍省令第40号)が定められ、同年10月と11月に徴兵検査を実施し丙種合格者(開放性結核患者を除く)迄を12月に入隊させる事とした。

この第1回学徒兵入隊を前にした1943年(昭和18年)10月21日、東京の明治神宮外苑競技場では文部省学校報国団本部の主催による出陣学徒壮行会が開かれ、東條英機首相、岡部長景文相らの出席の元、関東地方の入隊学生を中心に7万人が集まった。

出陣学徒壮行会は、各地でも開かれた。

しかし翌年の第2回出陣以降、壮行会は行われなかった。

学徒出陣によって陸海軍に入隊する事になった多くの学生は、自身の学歴を生かし、陸軍の幹部候補生・特別操縦見習士官・特 甲種幹部候補生や、海軍の予備学生・予備生徒として、不足していた野戦指揮官クラスの下級将校や下士官の充足に当てられてられた。

1943年(昭和18年)10月には「教育に関すり戦時非常措置方策」が閣議決定され、文科系の高等教育諸学校の縮小と理科系への転換、在学入隊者の卒業資格の特例等も定められた。

更に翌1944年(昭和19年)10月には徴兵適齢が20歳から19歳に引き下げられ、学徒兵の総数は13万人に及んだと推定される。


対象[編集]

1943年(昭和18年)の徴兵対象者拡大の際、学徒出陣の対象となったのは主に帝国大学令及び大学令による大学(旧制大学)・高等学校令による高等学校(旧制高等学校)・専門学校令による専門学校(旧制専門学校)等の高等教育機関に在籍する文科系学生であった。

彼等は各学校に籍を置いたまま休学とされ、徴兵検査を受け入隊した。

これに対して理科系学生は兵器開発等、戦争継続に不可欠として徴兵猶予が継続され、陸軍・海軍の研究所などに勤労動員された。

但し、農学部の一部学科(農業経済学科など)は「文系」と見なされて徴兵対象となった。

また、教員養成系学校(師範学校)の理系学科(数学、理科)に在籍する者も猶予の制度が継続された。


出陣学徒壮行会[編集]

第1回は東京・台北同時開催。

国外、その他国内地方でも開催された。

昭和18年11月以降は開催されていない。

出陣学徒の人数は伏せられた。


「出陣学徒壮行会」 場所:東京

昭和18年10月21日
「出陣学徒壮行会」 場所:台北(台湾)

昭和18年10月21日
「出陣学徒壮行会」 場所:京城(朝鮮)

昭和18年10月30日
「満州国出陣学徒壮行式」 場所:新京、ハルビン、奉天、大連(満州国)

昭和18年11月3日
「二世出陣学徒壮行会」 場所:東京

昭和18年11月14日
「出陣学徒壮行会ならびに分列行進」 場所:大阪

昭和18年11月16日
「関東北地方学徒壮行会」 場所:仙台

昭和18年11月18日
「出陣学徒壮行会」 場所:神戸

昭和18年11月19日
「東海地区学徒聯合演習及び出陣学徒壮行式」 場所:名古屋

昭和18年11月21,22日
「出陣学徒武運長久祈願祭並びに壮行会」 場所:京都

昭和18年11月21日
「学徒出陣壮行式」 場所:上海(中国)

昭和18年11月27日
「出陣壮行式」 場所:札幌

昭和18年11月28日


学徒出陣の実施[編集]

1943年(昭和18年)10月21日、東京都四谷区の明治神宮外苑競技場で「出陣学徒壮行会」が文部省主催、陸海軍省等の後援で実施された。

壮行会の様子は社団法人日本放送協会(NHK)が2時間半にわたり実況中継(アナウンサー:志村正順)を行い、また映画「学徒出陣」が製作される等、劇場化され軍部の民衆扇動に使われた。

秋の強い雨の中、観客席で見守る多くの人々(引き続き徴兵猶予された理工系学部生、中等学校(旧制)生徒、女学徒などが計96校、約5万名が学校ごとに集められた)の前で東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の各大学・専門学校からの出陣学徒(東京帝国大学以下計77校)の入場行進(行進曲:観兵式分列行進曲「扶桑歌」 奏楽:陸軍戸山学校軍楽隊)、宮城(皇居)遙拝、岡部長景文部大臣による開戦詔書の奉読、東條首相による訓辞、東京帝国大学文学部学生の江橋慎四郎による答辞、海ゆかばの斉唱、等が行われ、最後に競技場から宮城まで行進して終わったとされる。

出陣学徒は学校ごとに大隊を編成し、大隊名を記した小旗の付いた学校旗を掲げ、学生帽・学生服に巻脚絆をした姿で小銃を担い列した。

壮行会を終えた学生は徴兵検査を受け、1943年(昭和18年)12月に陸軍へ入営あるいは海軍へ入団した。

入営時に幹部候補生試験などを受け将校・下士官として出征した者が多かったが、戦況が悪化する中でしばしば、玉砕や沈没等による全滅も起こった激戦地に配属されたり、慢性化した兵站・補給不足から生まれる栄養失調や疫病などで大量の戦死者を出した。

1944年(昭和19年)末から1945年(昭和20年)8月15日の敗戦にかけて、戦局が悪化して来ると特別攻撃隊に配属され戦死する学徒兵も多数現れた。

全国で学徒兵として出征した対象者の総数は日本政府による公式の数字が発表されておらず、大学や専門学校の資料も戦災や戦後の学制改革によって失われた例があるため、未だに不明な点が多い。

出征者は約13万人という説もあるが推定の域を出ず、死者数に関してはその概数すら示す事が出来ないままである。

但し、当時の文部省の資料に拠れば、当時の高等教育機関就学率(大学・専門学校・旧制高等学校などの総計)は5%以下であり、更に理工系学生は引き続き徴兵猶予され、学徒兵の実数は決して多く無かった。

しかし、その多くが富裕層の出身であり、将来社会の支配層となる予定の男子であった大学生が「生等もとより生還を期せず」(江橋慎四郎の答辞の一節)と云う言葉と共に戦場に向かった意味は大きく、日本国民全体に総力戦への覚悟を迫る象徴的出来事となった。


戦後の困難[編集]

1945年(昭和20年)9月2日に日本が降伏文書に調印し日本軍が武装解除されると、海外・外地各地(内地である沖縄・奄美・樺太・千島を含む)からの復員が開始された。

しかし満州国駐留の関東軍や北方方面の第5方面軍などに配属されていた学徒兵は、ソビエト連邦の対日参戦によるシベリア抑留を受け、帰郷を果たせずに死亡する者も出た。

又、学徒兵は前述の様に学歴を生かし、陸軍幹部候補生や海軍予備学生等を志願し下士官以上の階級となった者が多く、日本軍が行った捕虜の虐待や処刑等の残虐行為について、現場責任者として告発される例が生じた。

BC級戦犯裁判で死刑が宣告され、帰還後に日本であるいは降伏した現地で命を落とす学徒兵もあった。


帰国後の活躍[編集]

この様な戦中・戦後の死線を潜り、日本に帰還した学徒兵は多くが元の学校に復学し卒業した後は戦後日本の復興や発展の牽引役となった者も現れた。

答辞を読んだ江橋慎四郎は出陣後、航空整備兵として内地で陸軍(大日本帝国陸軍)に所属して無事生還し、後に東京大学教育学部教授や鹿屋体育大学学長になった。

早稲田大学第一商学部から陸軍特別操縦見習士官に志願した竹下登も戦後に卒業して故郷の島根県で県議となり、後に内閣総理大臣まで務めた。

竹下の後に内閣総理大臣となった宇野宗佑は神戸商業大学在学中に学徒出陣となり、シベリア抑留を経て帰国した後も大学には戻らず滋賀県県議から政治家の道を歩んだ。

宇野内閣では内閣官房長官の塩川正十郎も慶應義塾大学経済学部の学生として明治神宮外苑の壮行会から出征した(出征中に卒業扱いとなった)。

竹下と宇野、それに明治大学専門部政治経済学科から1944年(昭和19年)に徴集され、戦後復学して卒業した村山富市の3人が、日本の内閣総理大臣になった学徒出陣経験者である。

また、日本の統治時代の台湾に生まれ、後に中華民国総統になった李登輝(日本名:岩里政男)も京都帝国大学在学中に学徒出陣している。

茶道裏千家の家元の家に生まれた千玄室は同志社大学法経学部経済学科在学中に徴兵を受け海軍で志願して特攻隊員となったが、出撃前に戦争が終結し、大学に復学し後に第15代家元を襲名した。

千の居た部隊で生き残ったのは2人だけで、もう1人が日本大学専門部芸術科から徴兵された後に俳優になる西村晃だった。

出征し戦死した学徒が生きていれば成し得ていたはずの業績がどれほど大きいものであったかは計り知れない。

特に文科系の学問は多くの有望な人材[要出典]を失い、この世代の実務家や研究者が不足する事態となりその影響は平和が定着した戦後にも及んだ。

その反面、結果的に温存した形になった理工系の学生は戦後に各企業等で活躍していった。

この学徒出陣が復員した元学徒兵の人生に与えた影響は様々で、一概に語る事は出来ない。

宇野や塩川は自分の戦争体験を(宇野はその後の抑留を含めて)著書や講演などで語ったが、江橋はほとんど触れる事は無かったとされる。

学徒出陣を実施した東條は戦後に極東国際軍事裁判(東京裁判)で死刑判決を受け1948年(昭和23年)に刑死したが、岡部は戦後にも東京国立近代美術館館長などを務めた後、1970年(昭和45年)に死去している。


わだつみのこえ[編集]

死亡した学徒兵達の意思を後世に伝えるため1947年(昭和22年)には東京大学の戦没学徒兵の手記として『はるかなる山河に』、続く1949年(昭和24年)にはBC級戦犯処刑者を含む日本全国の戦没学徒兵の遺稿集として『きけ わだつみのこえ』が出版された。

これは当時の政府により学業を中断させられて戦場に出征し軍隊の不条理や死の恐怖と直面した学徒兵の哲学思索、日本国家や民族への考察、未来の平和への願望などが綴られた文章を纏めたもので、平和を強く希求していた当時の日本人には強いメッセージとして受け入れられ、現在よりも遥かに劣悪な流通事情にも関わらず約200万部を売り上げる当時の大ベストセラーとなった。

また1950年(昭和25年)にはこの本の最初の映画化が実現し、最新では1995年(平成7年)にも再度映画となっている。

本書を切っ掛けに初映画化直後、日本戦没学生記念会が発足し現在に至るまで運動を展開している。

2006年(平成18年)12月1日には東京大学のキャンパスに近い東京都文京区本郷のマンション内に「わだつみのこえ記念館」を設立し、戦没学徒兵の遺品などを展示している。


脚注[編集]

[ヘルプ]

^ 大学学部等ノ在学年限又ハ修業年限ノ臨時短縮ニ関スル件(昭和16年勅令第924号)、大学学部等ノ在学年限又ハ修業年限ノ昭和十六年度臨時短縮ニ関スル件(昭和16年文部省令第79号)。在学徴集延期期間ノ臨時特例ニ関スル件(昭和16年陸軍省令第43号)、在学徴集延期期間ノ短縮ニ関スル件(昭和16年陸軍省、文部省令第2号)。

^ 大学学部等ノ在学年限又ハ修業年限ノ昭和十七年度臨時短縮ニ関スル件(昭和16年文部省令第81号)

^ 『御署名原本・昭和十八年・勅令第七五五号・在学徴収延期臨時特例(国立公文書館)』 アジア歴史資料センターRef.A03022864800


関連項目[編集]

徴兵制度

出陣学徒壮行早慶戦

学徒勤労動員

日本戦没学生記念会(わだつみ会)

江橋慎四郎

万葉集

万葉集の持つ古代から続く日本の「抒情世界」と「近代」の「科学技術文明」との「融合」が、「散華」していった学徒兵たちが胸に抱いていた「浪漫主義」だった。学徒出陣の世代の必読書の筆頭が「万葉集」である(「日本浪曼派」・「近代の超克」参照)。

入江泰吉

「大和路」の美を追い続けた写真家。戦没学生たちが胸に刻んで「散華」していった、祖国の「山河・まほろば」を象徴する作品をのこす。

杉本苑子

明治神宮外苑競技場での壮行式に女学生として参加し、観客席から出陣学徒を見送った。後に作家となり、この時の印象を度々語っている。


外部リンク[編集]

映画『学徒出陣1』(06:22)

映画『学徒出陣2』(08:35)


太平洋戦争


開戦前

ロンドン海軍軍縮会議-オレンジ計画-排日移民法-日独防共協定-日中戦争-日独伊三国同盟-日ソ中立条約-東亜新秩序-日米交渉-仏印進駐-関東軍特種演習-ABCD包囲網-帝国国策遂行要領-タイ・仏印戦争-ハル・ノート


南方作戦

マレー作戦-真珠湾攻撃-タイ進駐-シンガポールの戦い-フィリピンの戦い-香港の戦い-グアムの戦い-ウェーク島の戦い-蘭印作戦-ビルマの戦い-セイロン沖海戦


ソロモン諸島の戦い

FS作戦-ウォッチタワー作戦-フロリダ諸島の戦い-ガダルカナル島の戦い-第一次ソロモン海戦-第二次ソロモン海戦-サボ島沖海戦-ヘンダーソン砲撃-南太平洋海戦-第三次ソロモン海戦-ルンガ沖夜戦-レンネル島沖海戦-ケ号作戦-ビスマルク海海戦-ビラ・スタンモーア夜戦-ニュージョージア島の戦い-い号作戦-クラ湾夜戦-コロンバンガラ島沖海戦-ベラ湾夜戦-第一次ベララベラ海戦-第二次ベララベラ海戦-ラバウル攻撃-ブーゲンビル島の戦い-ブーゲンビル島沖海戦-ろ号作戦-セント・ジョージ岬沖海戦


インド洋・アフリカの戦い

マダガスカルの戦い-柳船-ストーンウォール作戦-遣独潜水艦作戦-モンスーン戦隊


ニューギニアの戦い

珊瑚海海戦-ポートモレスビー作戦-ラビの戦い-ビスマルク海海戦-カートホイール作戦-ラエ・サラモアの戦い-フィンシュハーフェンの戦い-アドミラルティ諸島の戦い-ホーランジアの戦い-竹一船団-ビアク島の戦い-渾作戦-アイタペの戦い


アメリカ本土攻撃

アメリカ本土砲撃-ロサンゼルスの戦い-アメリカ本土空襲-日系人の強制収容


ミッドウェー作戦

K作戦-ドーリットル空襲-ミッドウェー海戦-アリューシャン方面の戦い-アッツ島沖海戦-アッツ島の戦い-キスカ撤退-コテージ作戦


オーストラリア攻撃

オーストラリア空襲-シドニー港攻撃


ビルマの戦い

南機関-日本軍の進攻-第一次アキャブ作戦-泰緬鉄道-チンディット-第二次アキャブ作戦-フーコンの戦い-インパール作戦-ミイトキーナの戦い-拉孟・騰越の戦い-イラワジ会戦-ペナン沖海戦-シッタン作戦


中部太平洋の戦い

マキン奇襲-マキンの戦い-タラワの戦い-ギルバート沖航空戦-マーシャル沖航空戦-クェゼリンの戦い-トラック島空襲-エニウェトクの戦い


マリアナ諸島の戦い

絶対国防圏-パラオ空襲-松輸送-サイパンの戦い-マリアナ沖海戦-グアムの戦い-テニアンの戦い-ペリリューの戦い-アンガウルの戦い


フィリピンの戦い

モロタイ島の戦い-台湾沖航空戦-レイテ島の戦い-レイテ沖海戦-多号作戦-薫空挺隊-ミンドロ島の戦い-礼号作戦-ルソン島の戦い-マニラの戦い-セブ島の戦い-ビサヤ諸島の戦い-ミンダナオ島の戦い-スールー諸島の戦い-南号作戦-北号作戦-ボルネオの戦い


沖縄戦

十・十空襲-天号作戦-九州沖航空戦-沖縄戦-菊水作戦-坊ノ岬沖海戦-嘉数の戦い-シュガーローフの戦い-義烈空挺隊-鉄血勤皇隊-集団自決


日本本土の戦い

特攻隊-学徒出陣-日本本土空襲-硫黄島の戦い-東京大空襲-飢餓作戦-日号作戦-広島原爆投下-長崎原爆投下-占守島の戦い-ダウンフォール作戦-本土決戦


ソ連対日参戦

ソ連対日宣戦布告-樺太の戦い-麻山事件-葛根廟事件-占守島の戦い-三船殉難事件-敦化事件


その他の地域

明号作戦


情報戦

日の丸アワー-東京ローズ-大本営発表-パープル暗号-海軍暗号書D


政治

大東亜共栄圏-大東亜会議-大東亜共同宣言-マンハッタン計画-カイロ宣言-ヤルタ会談


終戦工作と終戦後

近衛上奏文-ポツダム宣言-宮城事件-玉音放送-日本の降伏(終戦の日) -GHQ-連合国軍占領下の日本(極東国際軍事裁判・日本国憲法・日本の戦後改革) -通化事件-シベリア抑留-サンフランシスコ平和条約


アジア各地(含外地)

朝鮮-台湾-インドネシア-ベトナム


日中戦争-第二次世界大戦-西部戦線-独ソ戦-大西洋の戦い-枢軸国

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=学徒出陣&oldid=49236219」から取得

カテゴリ:
太平洋戦争
日本の高等教育の歴史
posted by arena8order at 14:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカ国防総省の総称「ペンタゴン-Pentagon」…

Image~019.jpg
#ペンタゴン("#国防総省"庁舎) → #Pentagon(Department of Defense Government building)

「"#アメリカ(#米国)国防総省"」に関連した英語例文の一覧
http://p209.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1024nC7V1LYAQ4jy/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%2522%25E7%25B1%25B3%25E5%259B%25BD%25E5%259B%25BD%25E9%2598%25B2%25E7%25B7%258F%25E7%259C%2581%2522&_jig_keyword_=%83y%83%93%83%5E%83S%83%93%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2583y%2583%2593%2583%255E%2583S%2583%2593%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26b%3D3%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on



アメリカ国防総省 -Wikipedia → American Department of Defense-Wikipedia

http://p225.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1024uf9ouLE0U2mr/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AB%25E5%259B%25BD%25E9%2598%25B2%25E7%25B7%258F%25E7%259C%2581&_jig_keyword_=%83y%83%93%83%5E%83S%83%93%20%83A%83%81%83%8A%83J&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%2F%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E5%25AE%2587%25E5%25AE%2599%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2586%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A7%25E3%2583%25B3%26p%3D%2583y%2583%2593%2583%255E%2583S%2583%2593%2B%2583A%2583%2581%2583%258A%2583J&_jig_source_=srch&guid=on



アメリカ国防総省 → TheAmerican Department of Defense


アメリカ合衆国の行政官庁 → Administrative office oftheUnited States of America

アメリカ合衆国国防総省 → TheUnited States of America Department of Defense

UnitedStatesDepartmentofDefense → United States Department of Defense

ペンタゴン(国防総省庁舎) → Pentagon(Department of Defense Government building)

役職 → Post

長官 チャック・ヘーゲル → Director General zipper Hegel

副長官 アシュトン・B・カーター概要 → Deputy Secretary AshtonBCarter summary

所在地 アメリカ合衆国 → Thelocation United States of America

バージニア州アーリントン郡ペンタゴン北緯38度52分15.56秒 西経77度3分21.46秒/北緯38.8709889度 西経77.0559611度座標: → Virginia Arlington county pentagon 38°52'N 15.56 seconds 77°3'W 21.46 seconds/38.8709889 degrees N 77.0559611 degrees W coordinate:

北緯38度52分15.56秒 西経77度3分21.46秒/北緯38.8709889度 西経77.0559611度定員 軍人144万人 → 1,440,000 38°52'N 15.56 seconds 77°3'W 21.46 seconds/38.8709889 degrees N 77.0559611 degrees W capacity officers

文官66万人 → 660,000 civil officers

年間予算 4,993億米ドル → Annual budget 499,300 million US dollars

政府支出の18.8% → 18.8% of government expenditure

GDPの3.8% → 3.8% of GDP

2007年度推計値 → 2007 estimation level

5,488億米ドル → 548,800 million US dollars

政府支出の19.7% → 19.7% of government expenditure

GDPの4.0%(2006年度) → 4.0% of GDP(2006)

設置 1947年7月26日 → Setting July 26, 1947

業務開始: → Duties start:

1947年9月18日 → September 18, 1947

改称 1949年8月10日 → Changing of a name August 10, 1949


ウェブサイト → Website

http://www.defense.gov/http://www.defense.gov/


アメリカ合衆国国防総省(アメリカがっしゅうこくこくぼうそうしょう、英語: → TheUnited States of America Department of Defense(American がっしゅうこくこくぼうそうしょう,English:)
UnitedStatesDepartmentofDefense,"DoD")
は、アメリカ合衆国の国防・軍事を統合する官庁である。 → United States Department of Defense, "DoD")isagovernment office unifying national defense,military affairs oftheUnited States of America.

アメリカ軍の七武官組織の内、沿岸警備隊・アメリカ公衆衛生局士官部隊・合衆国海洋大気局士官部隊を除く陸軍・海軍・空軍・海兵隊の四軍を傘下に収める。 → Among seven military officers tissues of U.S. forces, putthefour forces ofthearmy, thenavy, anair force, theMarine Corps excepttheCoast Guard,American Public Health Bureau officer corps,United States National Oceanic and Atmospheric Administration officer corps intheaffiliation.

陸海空軍の各省の統括組織である。 → It istheumbrella organization of each ministry ofthearmed forces.

日本では「国防“総省”」と訳される事が多いが、単に「国防省」とされる事もある。 → In Japan "is often translated asthenational defense "total ministry",but may be merely considered to be""theDepartment of Defense".

現在、同国の官庁の中で最大の規模を誇っている。 → Proud ofthebiggest scale now inagovernment office ofthecountry.

本庁舎は、五角形の形をしている事からペンタゴンと呼ばれている。 → This Government building is calledapentagon by havingafive-cornered shape.

アメリカ合衆国大統領の官邸組織がホワイトハウスと呼ばれる様に、ペンタゴンという名称自体が国防総省を指す呼称となっている。 → It becomesthename that name in itself pentagon points totheDepartment of Defense so thattheofficial residence organization ofthePresident of United States of America is calledtheWhite House.
posted by arena8order at 10:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The March,2011 missionΤΑΙΥΘ…Χ

Image~017.jpgImage~018.jpgImage~003.jpg
お盆には毎年の様に余市に行っていました。 "崙" 亂盂洒靈
「#宇宙ステーション」に関連した英語例文の一覧
http://p228.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1024jdw8zi3fGuw5/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E5%25AE%2587%25E5%25AE%2599%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2586%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A7%25E3%2583%25B3&_jig_keyword_=%89F%92%88%83X%83e%81%5B%83V%83%87%83%93%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E3%2583%259A%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25BF%25E3%2582%25B4%25E3%2583%25B3%2B%25E8%258B%25B1%25E8%25AA%259E%2B%25E4%25BE%258B%25E6%2596%2587%2Bweblio%26p%3D%2589F%2592%2588%2583X%2583e%2581%255B%2583V%2583%2587%2583%2593%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26trans%3D0&_jig_source_=srch&guid=on


#НАТАУТОХФХХХ

"#NASA" #contents

STS-133ミッション後のISS(2011年3月/出典: → ISS(theMarch, 2011/source:)aftertheSTS-133 #missionΤΑΙΥΘ #JAXA/NASA)

#国際宇宙ステーション(#ISS)は、地上から約400km上空に建設された巨大な有人実験施設です。 → TheInternational Space Station(#ISS)is huge manned experiment facilities built intheapproximately 400km sky fromtheground.

1周約90分というスピードで地球の周りを回りながら、実験・研究、地球や天体の観測などを行っています。 → Iperformtheobservation ofanexperiment, astudy, theearth andtheheavenly bodies while going aroundtheearth atthespeed called one lap of approximately 90 minutes.

日本が開発した「きぼう」日本実験棟新着情報 → "Hope" Japan experiment ridge What's New that Japan developed

若田宇宙飛行士、GCTCで記者会見と伝統的なセレモニーに参加(10月23日) → Iparticipate inapress conference and traditional ceremony in Astronaut Wakata,GCTC(October 23)

国際宇宙ステーション(ISS)第38次/第39次長期滞在クルーの若田、ミハイル・チューリン、リチャード・マストラキオ宇宙飛行士は、ロシアのガガーリン宇宙飛行士訓練センター(GagarinCosmonautTrainingCenter: → Wakata ofthe38th International Space Station(ISS) /39th long-term stay crew,Mikhail Turin,Richard マストラキオ astronaut Astronaut Russian Gagarin training center(Gagarin Cosmonaut Training Center:)

GCTC)で、現地時間の10月22日、バックアップクルーとともに記者会見と打上げ前の伝統的なセレモニーに参加しました。 → In GCTC), Iparticipated in traditional ceremony beforeapress conference andthelaunching with backup crew on October 22 ofthelocal time.

シグナス補給船実証機(Orb-D1)ミッション(10月22日) → Cigna supply ship proof machine(Orb-D1)mission(October 22)

シグナス補給船(Orb-D1)は、10月22日午後8時31分(日本時間)に国際宇宙ステーションから離脱しました。 → TheCigna supply ship(Orb-D1)lefttheInternational Space Station in(Japan time)at 8:31 ontheafternoon of October 22.

若田宇宙飛行士等、第38次/第39次長期滞在クルーがGCTCでの最終試験を終了(10月18日) → As fortheAstronaut Wakata, the38th/39th long-term stay crew finishesafinal in GCTC(October 18)

若田宇宙飛行士ら国際宇宙ステーション(ISS) → TheAstronaut Wakata International Space Station(ISS)

第38次/第39次長期滞在クルーは、ロシアのガガーリン宇宙飛行士訓練センター → The38th/39th long-term stay crew isanAstronaut Russian Gagarin training center fielder

(GagarinCosmonautTrainingCenter: → (Gagarin Cosmonaut Training Center:)

GCTC)での最終試験を無事に終了しました。 → Ifinishedafinal in GCTC)safely.

コンテンツ紹介 → Contents introduction

新着情報 → What's New

宇宙飛行士の軌道上での活動など、ISSに関する最新情報。 → Thelatest information abouttheISS includingtheactivity ontheorbit oftheastronaut.

ISSとは → WiththeISS

国際宇宙ステーション(ISS)の概要や構成、組立、運用などについて。 → Aboutasummary and constitution oftheInternational Space Station(ISS),assembling,use.

ISS関連フライト → ISS-related flight

ISSへ宇宙飛行士が向かうための有人宇宙機や、物資を輸送する打上げ機について。 → Aboutadisplay machine to transport manned space machine and supplies foranastronaut to go totheISS.

ISS関連の船外活動ISSの組立や、維持のため実施した船外活動の一覧を掲載。 → placethelist of activities outboard thatIcarried out for assembling and maintenance oftheISS-related activities outboard ISS.

ISS長期滞在クルーISSに長期滞在するクルーの一覧。 → Alist of crew staying inthestay crew ISS foralong term for ISS long term.

ISSを見よう → Let's look attheISS

ISSを見るために役立つ情報や位置情報、ISSの写真撮影について。 → About information and positional information,photography oftheISS to be helpful to look attheISS.

国際宇宙ステーション(ISS)宇宙ステーション・きぼう広報 → International Space Station(ISS)space station,hope public information

http://p205.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1024XxiMqVT7Wyox/0?_jig_=http%3A%2F%2Fiss.jaxa.jp%2Fiss%2F&_jig_keyword_=%89F%92%88%83X%83e%81%5B%83V%83%87%83%93&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2589F%2592%2588%2583X%2583e%2581%255B%2583V%2583%2587%2583%2593&_jig_source_=srch&guid=onhttp://p205.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1024XxiMqVT7Wyox/0?_jig_=http%3A%2F%2Fiss.jaxa.jp%2Fiss%2F&_jig_keyword_=%89F%92%88%83X%83e%81%5B%83V%83%87%83%93&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2589F%2592%2588%2583X%2583e%2581%255B%2583V%2583%2587%2583%2593&_jig_source_=srch&guid=on

宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター-宇宙航空研究開発 → Space station,hope public information,clearing house-space Airlines research and development

http://p227.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/10243EMCSBcyruOy/0?_jig_=http%3A%2F%2Fiss.jaxa.jp%2F&_jig_keyword_=%89F%92%88%83X%83e%81%5B%83V%83%87%83%93&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2589F%2592%2588%2583X%2583e%2581%255B%2583V%2583%2587%2583%2593&_jig_source_=srch&guid=onhttp://p227.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/10243EMCSBcyruOy/0?_jig_=http%3A%2F%2Fiss.jaxa.jp%2F&_jig_keyword_=%89F%92%88%83X%83e%81%5B%83V%83%87%83%93&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2589F%2592%2588%2583X%2583e%2581%255B%2583V%2583%2587%2583%2593&_jig_source_=srch&guid=on

#国際宇宙ステーション #ISS#JAXAΧ #NASA → International Space Station #ISS #JAXAΧ#NASA
posted by arena8order at 10:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。