2013年10月17日

キメラ‐×chimeric ○beast half Unix

Image~009.jpgImage~003.jpgImage~014~001~002.jpg
#ккк #шшш #pyongyang.Tg.666 #yl #oroti #xxx

「#キメラ」に関連した英語例文の一覧
http://p205.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1017k1uhkw1H5ksM/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25A9&_jig_keyword_=%83L%83%81%83%89%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2583L%2583%2581%2583%2589%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6&_jig_source_=srch&guid=on

キメラ‐×chimeric ○beast half Unix(νγδεζΥΚΞΩΧΦ)


キメラ実験- 「半獣半人」は誕生するか → Isthechimeric experiment-"half beast half quota" born?
http://p219.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1016PXDI3CHnKss8/I?_jig_=http%3A%2F%2Fx51.org%2Fx%2F05%2F02%2F0157.php&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=%93%AE%95%A8%8E%C0%8C%B1%8C%F0%94z%8E%ED&_jig_xargs_=SKeywords%3Djmobv%2520%2593%25AE%2595%25A8%258E%25C0%258C%25B1%258C%25F0%2594z%258E%25ED&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2593%25AE%2595%25A8%258E%25C0%258C%25B1%258C%25F0%2594z%258E%25ED%26b%3D3%26trans%3D1&guid=on


キメラ実験- 「半獣半人」は誕生するか【NationalGeographic】 → Thechimeric experiment-"half beast half quota" is born[NationalGeographic]or

2003年、上海第二医科大学にて人間の細胞をウサギの胚に注入する実験が行われ、人類史上初の動物と人間のキメラの胚が誕生した。 → In 2003, anexperiment to pourahuman cell intotheembryo oftherabbit inthesecond Shanghai medical college was carried out,andthefirst animal andanembryo ofthehuman chimera were born in history of human.

科学者らは許可を得て、そのまま胚が肝細胞に成長するまで実験が続けられたという。 → Scientists get permission,and it is said thatanexperiment was continued untilthesame embryo grows up to hepatocytes.

また昨年には米ミネソタにて体内に人間の血が流れる豚が誕生した。 → In addition, thepig which human blood streamed down inthebody in U.S. Minnesota was born in last year.

更に、今年末にはスタンフォード大学に於いて、人間の脳を持つネズミを誕生させる実験が行われる予定である。 → Furthermore, anexperiment to haveamouse having human brain is going to be performed at the end of this year in Stanford University.

この様に現在、世界では人間の身体と動物を組み合わせたキメラの誕生が進められているが、研究を進める科学者等に拠れば、これらの実験は動物をより人間に近い身体にする事で投薬テスト等に役立て、更には肝臓等の移植用パーツを動物の身体の上で育てる事を目的としていると言う。 → Thechimeric birth that combinedananimal withahuman body is pushed forward intheworld,but these experiments help medication tests if it depends on scientists pushing forwardastudy by makingananimalthebody thatahuman being is nearer and say that it is intended that bring up,besides,parts for transplant such as livers on one ofananimal body now in this way.

また、更に人間の細胞がいかに成長して行くかを動物の身体で実験する事で、更なる医学的発見に繋がるものであると、研究者達は期待している。 → In addition,researchers expect it when connected by what they test withthebody oftheanimal howahuman cell grows up in further medical discovery.

しかし、一部ではこうした実験に対し、強い批判の声が上がっている。 → However, avoice of strong criticism breaks out for suchanexperiment inapart.

これは紛れも無く、人間と動物の合成生物「キメラ」を生み出す事である。 → This is to producethesynthetic creature "chimera" ofahuman being andtheanimal without chance.


「キメラ」とはギリシャ神話に登場するライオンの頭にヤギの胴体、ヘビの尻尾を持つ生物である。 → "The chimera" isacreature havingthebody ofthegoat, thetail ofthesnake tothehead ofalion coming up inaGreek myth.

しかし批判者らによれば、科学者らが生み出そうとしているのは、それよりも更におぞましい人間と動物のキメラであると云うのだ。 → However,what scientists are going to bring about according tothecritics says withthehuman being who is more horrifying than it when it is animal chimera.

もし、こうした実験が進み、人類と動物の混合種が誕生した場合、大きな問題が生まれる事は自明である。 → It is self-evident thatabig problem is born when suchanexperiment advances,andthemixed kind ofthehuman andtheanimal is born.

それは、まず実験に因って誕生する類人種を、どう人間と動物の関係の中でどう位置付けるのか。 → How do you placeakind race that at first it depends onanexperiment and is born withahuman being intherelations oftheanimal how?

そして、如何なる点をして、人間と動物、そのキメラを区別をするべきか、そして彼らには如何なる権利が認められるかといった問題である。 → And or a point named the state of things and should distinguishananimal, thechimera fromahuman being andaright namedthestate of things isaproblem whether is recognized for them.

現在、米国科学会ではこうした問題について、いよいよ検討が始まり、今年3月には、ようやく初めての倫理的ガイドラインを制定される予定である。 → Examination finally begins about suchaproblem intheAmerican scientific meeting,andthefinally first ethical guidelines are going to be established now in this March.


ヒトと動物のキメラ → Chimera of Homo sapiens andtheanimal

現在では、例えば、心臓の弁膜に問題がある場合、それらの代替器官は牛や豚から移植されるが、それは事実上の半獣半人手術である。 → For example,whenavalve of the heart has a problem,those substitute organs are transplanted byacow andapig,but it isahalf beast half quota operation inthefacts now.

そうした方法は広く受け入れられている。 → Suchamethod is accepted widely.

そして、ここ数年に渡って、科学者は人間の遺伝子をバクテリアや家畜と融合させているが、これは即ち人間の肝細胞と動物の胚を組み合わせて新種を開発する事であると言える。 → And,for these past several years, thescientist letsahuman gene fuse with bacteria andadomestic animal,but it may be said that it is this namely to put human hepatocytes andtheembryo oftheanimal together,and to developanew kind.

バイオテクノロジー活動家のジェレミー・リフキン氏はこうした科学者らの実験に反対し続けている一人である。 → Mr. Jeremy Rifkin ofthebiotechnological activist is one who continues objecting toanexperiment of such scientists.

氏は全ての動物には他種と交種させられずに、独立した種として生きる権利が存在する事を主張している。 → He insists onaright to life existing asanindependent kind without being made to do other kinds andamixed breed in all animals.

そしてまた、氏はそうした手法に医学的発見の可能性が潜んでいる事は認めながらも、それでも尚、そうした実験は行うべきでは無いとして、その考えを次のように述べている。 → And still it speaksthethought as follows that possibility ofthemedical discovery hides behind in suchatechnique as for him while recognizing it saying that you should not still carry out suchanexperiment.

「この様にして奇怪な生物を作らずとも、医学や人類の健康を進歩させる方法は他に幾らでもあります。 → "Themethod to let health of medicine andthehuman progress is how much elsewhere when make a mysterious creature in this way".

例えば、こうした実験はコンピューターシュミレーションによっても可能な筈です。 → For example,suchanexperiment should be possible bythecomputer simulation.

この実験を進めているのは科学者です。 → It isascientist to push forward this experiment.

彼らは宗教的に物事を考える必要も無ければ、動物の権利など彼等にとって、全く無意味なものです。 → If it is not necessary to think about things religiously,they are totally meaningless for them includingtheright oftheanimal.

彼等は今、病理学の先端へ足を踏み入れようとしているんです。」 → They are going to set foot inthepathological tip now.


ネズミの親から生まれるヒト → TheHomo sapiens who is born fromtheparent ofthemouse

スタンフォード大学生医学倫理研究所長デヴィッド・マンガス博士はこの問題について、本当に危惧すべきは生まれて来る「キメラ」の安全性、危険性が全く未知数である点にあると指摘している。 → TheStanford university student medical ethics study director David comics doctor points out that there are safety of"thechimera" which has been laid, therisk as for what you should really feel uneasy about atapoint unknown at all about this problem.

「こうした実験が進めば、例えばまず遺伝子操作を行ったネズミの身体から人間の精子と卵子を作り、それを体外受精させて人間の子供を作ることが可能です。 → If such"anexperiment advances,at first make a human sperm and ovum fromthebody ofthemouse which performedagene manipulation and outside the body impregnates you in it and can make,for example, ahuman child".

そして、もし、それが行われれば、誕生する子供の両親はネズミと云う事になります。 → Andtheparents ofaborn child will sayamouse if it is performed.

こうした結果が、大きな問題となる事は間違いがありません。 → It does not haveamistake that sucharesult becomesthebig problem.

しかし、また、こうした問題について、私の知る限りまだ誰も真剣に考えていないというのが現状です。 → However,it isthepresent conditions that nobody has yet thought seriously as far as know suchaproblem again.

もし本当にこうした実験が行われるようになれば、キメラは実験室の中だけの問題では無く、我々にとって非常に身近なで現実的な問題となるでしょう。」 → There is notthechimera bytheproblem of only inalaboratory,andIpatthecloseness for us very,and it will be witharealistic problem if suchanexperiment comes to be really conducted.

昨年、カナダでは 「AssistedHumanReproductionAct」が制定され、人間に人間以外の体細胞核を移植する事、また、その逆を行う事を禁じている。 → "Assisted Human Reproduction Act" is established in Canada and forbids itthesomatic cell nucleus exceptthehuman being being transfused intoahuman being,to performthereverse again last year.

ジョージタウン大学倫理研究所に所属するカナダの肝細胞監視議会員キュンティア・コーヘンは、こうした法律が米国でも制定されるべきであると主張している一人である。 → It istheone who insists when Canadian member of hepatocytes monitoring assembly Cynthia Coe henはbelonging totheGeorgetown University ethic research institute,suchalaw should be established intheUnited States.

「人間と動物を組み合わせてキメラを作る事は、人間の尊厳の否定へと繋がります。 → It "leads to negation ofthehuman dignityIcombineananimal withahuman being,and to make chimera".

こうした実験は禁止されるべきですが、しかし、また、それを取り締まる法は慎重に作られなければなりません。」 → Suchanexperiment should be prohibited,howeverthelaw to supervise it again must be made carefully.


ヒトの脳を持つネズミ → Mouse having brain oftheHomo sapiens

一方、スタンフォード大学癌/肝細胞学研究所のアーブ・ワイズマン博士はそうした実験の禁止に反対を表明している。 → On the other hand, theDr. Arb. Wiseman oftheStanford University cancer/hepatocytes studies research institute professes opposition totheprohibition of suchanexperiment.

「生物医学に対する独り善がりなモラルの押し付けです。 → "It istheimposition of self-satisfied morals forthebiomedicine".

もしこうした実験が禁止されれば、科学者は人間の生命を救うための実験を中止せねばなりません。」 → Thescientist must cancelanexperiment to save human life if suchanexperiment is prohibited.

ワイズマン博士はこれまで既に、ヒトの1%分の脳をもつネズミを誕生させることに成功している。 → TheDr. Wiseman succeeds in already deliveringamouse havingthebrain for 1% of Homo sapiens until now.

そして今年末には100%ヒトの脳を持つネズミの開発実験を行う予定であるという。 → And it is said thatIam going to performthedevelopment experiment ofthemouse having brain ofthe100% Homo sapiens at the end of this year.

「この実験では、まずネズミの胚に人間の脳神経を注入します。 → "At first,by this experiment, pour human cranial nerve intotheembryo ofthemouse".

そして誕生する直前に殺し、解剖して人間の脳が形成されているかを確認する予定です。 → And murder you right before born and ami going to confirm whether perform an autopsy,and human brain is formed.

もし、それが上手く行けば、それから人間の認識パターンを研究したいと思っています。 → Then want to studyahuman recognition pattern if it goes well.

しかし、私は決して動物と人間のキメラを作ろうとしているマッドサイエンティストではありません。 → However, Not at allthemad scientist who is going to makeananimal and human chimera.

こうした実験から人間の脳がいかに機能しているかを探り、アルツハイマーやパーキンソン病の治療に役立てたいと思っています。」 → Investigate how human brain functions from suchanexperiment and want to be able to help treatment of Alzheimer and Parkinson's disease.

そして現在、博士は3月のガイドライン制定を待ち、その結果に従って実験を行う予定であるという。 → And it is said thatthedoctor is going to experiment on guidelines establishment of March according to waiting, theresult now.

しかし米フロリダのメイヨークリニック神経学者にしてクリスチャン医学会員のウィリアム・チェシア氏は、こうした人間と動物の神経を結合させることに異議を立てている。 → However, make Mayo Clinic neurologist of U.S. Florida,and Mr. William Cheshire ofthemember of Christian medical society puts upanobjection in couplingananimal nerve with suchahuman being.

「これはまだ未開の領域です。 → "This is stillanuncivilized domain".

まだ、こうした実験に対するモラルの定義がなされていない現在、実験を行う事には非常に大きなリスクが伴います。 → Avery big risk is accompanied in testing it atthepresent whenthedefinition ofthemorals for suchanexperiment has not been yet made.

そうした実験が、今後我々が定めるべきモラルを遥かに逸脱した結果を生む危険性は十分に考えられます。」 → As fortherisk to producetheresult that suchanexperiment deviated far fromthemorals that we should establish in future,it is thought enough.

チェシア博士は現在、人間と動物の細胞を結合させ、細胞機能の研究を行っている。 → Associatethecell oftheanimal withahuman being,andtheCheshire doctor studiesthecell function now.

しかしチェシア氏はそうした実験を行う中では常に明確な倫理的ラインを設け、例えば人間と動物のキメラを作る事や、細胞を得るには人間の胚を壊す様な事はしない、と語っている。 → However,always establishtheclear ethical line,and seem to breakahuman embryo while Mr. Cheshire carries out suchanexperiment to getathing andthecell which,for example,makeahuman being and animal chimera;talk that do not do anything.

「人間や動物の基準を脅かす物に対し、きちんと警告を行うべきです。 → For"athing threateningthestandard ofahuman being andtheanimal,you should warn properly".

人間と動物のキメラを作る事は脆い生態系を壊し、健康を害し、種の尊厳を脅かすものです。 → It disturbs fragile ecosystem to makethechimera ofahuman being andtheanimal and injures health and threatensthedignity ofthekind.

」チェシア博士はそう語っている。 → TheCheshire doctor talks so.


【参考】 → [reference]

キメラと雑種は全く違う概念である → Chimera andthemongrel are totally different concepts

実験で耳を移植されたネズミ → Themouse thatanear was transplanted byanexperiment

半獣半人画像コンテスト → Half beast half quota image contest


【関連】 → [connection]

狼男は実在するか → Doesthewerewolf exist?

リカントロピー、人獣化現象 → Re-Kant rupee,person beast embodiment elephant
posted by arena8order at 00:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。