2013年10月28日

1. 関東大震災…1923年 マグニチュード7.9の地震災害

Image~013.jpgImage~014.jpgImage~015.jpgImage~016.jpg
#ккк #ylMoskyno666 #放火 #ライタイハンXhm.

関東大震災 - Wikipedia
http://p204.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1028sxYcg3uK07Mu/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E9%2596%25A2%25E6%259D%25B1%25E5%25A4%25A7%25E9%259C%2587%25E7%2581%25BD&_jig_keyword_=%93%8C%8B%9E%20%91%E5%90k%8D%D0&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E7%2599%25BA%25E7%25A0%25B2%2B%25E8%258B%25B1%25E8%25AA%259E%2B%25E4%25BE%258B%25E6%2596%2587%2Bweblio%26p%3D%2593%258C%258B%259E%2B%2591%25E5%2590k%258D%25D0%26trans%3D0&_jig_source_=srch&guid=on



関東大震災


関東大震災(かんとうだいしんさい)は、1923年(大正12年)9月1日11時58分32秒(日本時間、以下同様)、神奈川県相模湾北西沖80km(北緯35.1度、東経139.5度)を震源として発生したマグニチュード7.9の大正関東地震による地震災害である。

神奈川県・東京府を中心に千葉県・茨城県から静岡県東部までの内陸と沿岸に広い範囲に甚大な被害をもたらし、日本災害史上最大級の被害を与えた。


被害[編集]

190万人が被災、10万5千人余が死亡あるいは行方不明になったとされる(犠牲者のほとんどは東京府と神奈川県が占めている)[1]。

建物被害においては全壊が10万9千余棟、全焼が21万2000余棟である。

東京の火災被害が中心に報じられているが、被害の中心は震源断層のある神奈川県内で、振動による建物の倒壊のほか、液状化による地盤沈下、崖崩れ、沿岸部では津波による被害が発生した。

京橋の第一相互ビルヂング屋上より見た日本橋及神田方面の惨状

1923年 関東地震の被害集計 (諸井・武村(2004))より引用[2]

住宅被害棟数 死者・行方不明者数

地域 全潰 非焼失 半潰 非焼失 焼失 流失・埋没 計 住宅全潰 火災 流出埋没 工場等の被害 合計

神奈川県 63577 46621 54035 43047 35412 497 125577 5795 25201 836 1006 32838

東京府 24469 11842 29525 17231 176505 2 205580 3546 66521 6 314 70387

千葉県 13767 13444 6093 6030 431 71 19976 1255 59 0 32 1346

埼玉県 4759 4759 4086 4086 0 0 8845 315 0 0 28 343

山梨県 577 577 2225 2225 0 0 2802 20 0 0 2 22

静岡県 2383 2309 6370 6214 5 731 9259 150 0 171 123 444

茨城県 141 141 342 342 0 0 483 5 0 0 0 5

長野県 13 13 75 75 0 0 88 0 0 0 0 0

栃木県 3 3 1 1 0 0 4 0 0 0 0 0

群馬県 24 24 21 21 0 0 45 0 0 0 0 0

合計 109713 79733 102773 79272 212353 1301 372659 11086 91781 1013 1505 105385

非焼失の全潰・半潰は焼失及び流出、埋没の被害を受けていない棟数。

津波:静岡県熱海市 6m。千葉県相浜(現在の館山市) 9.3m。洲崎 8m、神奈川県三浦 6m。

鎌倉市由比ケ浜で300人余が行方不明。

この震災の記録映像として、記録映画キャメラマン白井茂による『関東大震大火実況』が残されており、東京国立近代美術館フィルムセンターが所蔵している。

その一部は同センターの展示室の常設展で見ることができる。


人的被害[編集]

震災直後、尋ね人のビラが貼られた東京駅警備巡査派出所(1968年解体、1972年博物館明治村に移築)

2004年ごろまでは、死者・行方不明者は約14万人とされていた。

この数字は、震災から2年後にまとめられた「震災予防調査会報告」に基づいた数値である。

しかし、近年になり武村雅之らの調べによって、14万人の数字には重複して数えられているデータがかなり多い可能性が指摘され、その説が学界にも定着したため、理科年表では、2006年(平成18年)版から修正され、数字を丸めて「死者・行方不明 10万5千余」としている[3]。

地震の揺れによる建物倒壊などの圧死があるものの、強風を伴った火災による死傷者が多くを占めた。

津波の発生による被害は太平洋沿岸の相模湾沿岸部と房総半島沿岸部で発生し、高さ10m以上の津波が記録された。

山崩れや崖崩れ、それに伴う土石流による家屋の流失・埋没の被害は神奈川県の山間部から西部下流域にかけて発生した。

特に神奈川県根府川村(現、小田原市の一部)の根府川駅ではその時ちょうど通りかかっていた列車が駅舎・ホームもろとも土石流により海中に転落し、100人以上の死者を出し、更にその後に発生した別の土石流で村の大半が埋没、数百名の犠牲者を出した。

詳細は「根府川駅列車転落事故」を参照

根府川駅から海中に転落した列車のうち、海岸に残った客車


火災[編集]

避難民の遺体(震災直後の被服廠跡地)

地震の発生時刻が昼食の時間帯と重なったことから、136件の火災が発生した。

大学や研究所で、化学薬品棚の倒壊による発火も見られた。

しかし工藤美代子は「火元には、空き家や小学校、女学校、越中島の糧秣廠(兵員用の食料(糧)及び軍馬用のまぐさ(秣)を保管する倉庫で、火薬類は保管していない)等、発火原因が不明な所があり、2日の午後に新しい火災が発生する等不審な点も多い」と主張する[4]。

加えて能登半島付近に位置していた台風により、関東地方全域で風が吹いていたことが当時の天気図で確認できる。

火災は地震発生時の強風に煽られ、本所区本所横網町(現在の墨田区横網)の陸軍本所被服廠跡地(現在の横網町公園)で起こった火災旋風を引き起こしながら[5]広まり、鎮火したのは2日後の9月3日10時頃とされている。


建物[編集]

大破した凌雲閣

東京市内の建造物の被害としては、凌雲閣(浅草十二階)が大破、建設中だった丸の内の内外ビルディングが崩壊し作業員300余名が圧死した。

また、大蔵省、文部省、内務省、外務省、警視庁など官公庁の建物や、帝国劇場、三越日本橋本店など、文化・商業施設の多くが焼失した。

神田神保町や東京帝国大学図書館、松廼舎文庫、大倉集古館も類焼し、多くの貴重な書籍群や文化財が失われた。

震源に近かった横浜市では官公庁やグランドホテル、オリエンタルパレスホテル(現存しない)などが石造・煉瓦作りの洋館であったことから一瞬にして倒壊し、内部にいた者は逃げる間もなく圧死した。

更に火災によって外国領事館の全てが焼失、工場・会社事務所も90%近くが焼失した。

千葉県房総地域の被害も激しく、特に北条町では古川銀行・房州銀行が辛うじて残った以外は郡役所・停車場等を含む全ての建物が全壊。

測候所と旅館が亀裂の中に陥没するなど壊滅的被害を出した。

なお、地震以後も気象観測を続けた中央気象台(現在の気象庁。位置は現在とほぼ同じで若干濠寄り)では、1日21時頃から異常な高温となり、翌2日未明には最高気温46.4度を観測している[6]。

この頃、気象台には大規模な火災が次第に迫り、ついに気象台の本館にも引火して焼失していた。

気象記録としては無効とされ抹消されているものの、火災の激しさを示すエピソードである。


トンネル[編集]

真鶴駅−根府川駅間の寒ノ目山トンネルで埋没した上り第116列車の牽引機関車

震央から約120kmの範囲内にあった国有鉄道の149トンネル(建設中を含む)のうち、93トンネルで補修が必要となった。

激しい被害を受けたのは、熱海線(現在の東海道線)小田原−真鶴間で、11トンネルのうち7トンネルが大破するなどの被害を生じた。

地滑りや斜面崩落により坑口付近の崩落や埋没を生じたが、坑口から離れた場所でも亀裂や横断面の変形を生じている。

深刻な被害を生じたのは、根ノ上山トンネル(熱海線:早川−根府川間)、与瀬トンネル(中央線:相模湖−藤野間)、南無谷トンネル(現在の内房線:岩井−富浦間)[7]。


報道機関の麻痺[編集]

当時電話は一般家庭に普及しておらず、ラジオ放送の実用化はこの直後、大正末期のことであり[8]、通信、報道手段としては電報と新聞が主なものであった。

しかし、東京にあった新聞社は地震発生により活字ケースが倒れて活字が散乱したことで印刷機能を失ない、更に大火によって東京日日新聞・報知新聞、都新聞を除く13社は焼失し、最も早く復旧した東京日日新聞が9月5日付夕刊を発行するまで報道機能は麻痺した。

通信・交通手段の途絶も加わって関東以外の地域では伝聞情報や新聞記者・ジャーナリストの現地取材による情報収集に頼らざるを得なくなり新聞紙上では「東京(関東)全域が壊滅・水没」、「津波、赤城山麓にまで達する」、「政府首脳の全滅」、「伊豆諸島の大噴火による消滅」、「三浦半島の陥没」などといった噂やデマとされる情報が取り上げられた[9]。


政府の対応[編集]

加藤友三郎内閣総理大臣が8月24日(震災発生8日前)に急逝していたため、9月1日の地震発生時及びその後は内田康哉が内閣総理大臣臨時代理として職務を代行した。


震災に関連し施行された法令[編集]

戒厳令のほか、経済的には、非常徴発令、暴利取締法、臨時物資供給令、およびモラトリアムが施行された。[10]


地震の混乱で発生した事件[編集]

政府による記事差止めが解除されたことを受けて事件の正体を報じる10月22日付東京時事新報[11]

9月2日午後11時、下江戸川橋を破壊中の朝鮮人を警備中の騎兵が射殺[12]。

9月2日午後11時、南葛飾郡でこん棒などで武装した30人の朝鮮人が砲兵第七連隊第一中隊長代理砲兵中尉高橋克己のオートバイを包囲したが中尉は脱出に成功した[12]。

陸軍の中には、震災後の混乱に乗じて社会主義や自由主義の指導者を殺害しようとする動きがあり、大杉栄・伊藤野枝・大杉の6歳の甥橘宗一らが殺された事件(甘粕事件(大杉事件))、労働運動の指導者であった平澤計七など13人が亀戸警察署で軍に銃殺され、平澤は首を切り落とされる事件(亀戸事件)が起きた。

東京地方裁判所管

亀戸事件

千葉地方裁判所管

福田村事件

佐原事件

浦和地方裁判所管

本庄事件
posted by arena8order at 11:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松果体(pineal body)は、脳にある小さな内分泌器。

Image~001.pngImage~010.jpg

「小脳の」に関連した英語例文の一覧
http://p211.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1028LVKTzTn6hLXR/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E5%25B0%258F%25E8%2584%25B3%25E3%2581%25AE&_jig_keyword_=%8F%AC%94%5D%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E6%259D%25BE%25E6%259E%259C%25E4%25BD%2593%2B%25E8%258B%25B1%25E8%25AA%259E%2B%25E4%25BE%258B%25E6%2596%2587%2Bweblio%26p%3D%258F%25AC%2594%255D%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio%26trans%3D0&_jig_source_=srch&guid=on


松果体 - Wikipedia
http://p208.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/10282yLQ1PXNRIHi/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E6%259D%25BE%25E6%259E%259C%25E4%25BD%2593&_jig_keyword_=%94%5D%20%8F%BC&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2594%255D%2B%258F%25BC&_jig_source_=srch&guid=on


松果体によって分泌されるホルモン

hormone secreted by the pineal gland - 日本語WordNet

脳、血小板、消化管、松果体などに存在するホルモン。

a hormone found in the brain, platelets, digestive tract, and pineal gland. - PDQ がん用語辞書 英語版

松果体(脳の中心付近にある小さい器官)で作られるホルモン。

a hormone made by the pineal gland (tiny organ near the center of the brain). - PDQ がん用語辞書 英語版

松果体ホルモン

pineal hormone - 日本語WordNet

タンパク質間の新規な相互作用を利用する脳下垂体又は/及び松果体から分泌されるホルモンの分泌異常関連疾病に係わる方法

METHOD RELATED TO SECRETION ABNORMALITY-RELATED DISEASE OF HORMONE SECRETED FROM PITUITARY BODY OR/AND PINEAL BODY USING NEW INTERACTION BETWEEN PROTEINS - 特許庁


松果体


脳内での松果体の位置。赤で示したところが松果体。

左は側面から見た図。松果体は視床の陰に隠れる。右は背面から見た図。

脳の正中矢状断面。図中央右にある小さな黄色い丸が松果体


ラテン語
glandula pinealis

略号
Pi

関連情報

Brede Database
階層関係、座標情報

NeuroNames
関連情報一覧

MeSH
Pineal+gland

グレイの解剖学
書籍中の説明(英語)



松果体(しょうかたい、英語:pineal body)は、脳にある小さな内分泌器。

松果腺 (pineal gland) 、上生体 (epiphysis) とも呼ばれる。

脳内の中央、2つの大脳半球の間に位置し、2つの視床体が結合する溝にはさみ込まれている。

概日リズムを調節するホルモン、メラトニンを分泌することで知られる。


位置[編集]

松果体は、赤灰色でグリーンピース(ヒトで8mm)ほどの大きさである。上丘の上、視床髄条の下に位置し、左右の視床に挟まれている。

松果体は視床後部の一部を構成する。

松果体は脳の中央線上にあり、頭蓋骨をX線で撮影すると石灰化したものが写ることがある。


構成[編集]

人間の松果体は松果体細胞からなる分葉状の柔組織である。表面は軟膜に覆われている。

おもに松果体細胞で構成されるが、その他に4種類の細胞がある。

松果体細胞

4から6の突起がある細胞体からなる。

メラトニンの生産と分泌を行う。

特殊な鍍銀法で染色できる。

間質細胞

松果体細胞の間に位置する。

血管周囲性の食細胞

松果体には多くの毛細血管があり、血管周囲性の食細胞はそうした血管の周りにある。

食細胞は抗原を提供する。

松果体ニューロン

高度な脊椎動物には松果体にニューロンが存在するが、齧歯類にはない。

ペプチド含有ニューロン状細胞

いくつかの種には、ニューロン状のペプチド含有細胞が存在する。

パラ分泌を調節する機能があると考えられる。

松果体は上頚神経節から交感神経支配を受ける。

蝶口蓋動脈と耳神経節からの副交感神経支配もある。

さらに、いくつかの神経線維が松果体の軸を貫いている(中央の神経支配)。

神経ペプチドPACAPを含む神経線維によって、三叉神経節のニューロンによる支配も受ける。

ヒトの松果体の胞には、脳砂と呼ばれる砂のような物質が含まれる。

化学的には、リン酸カルシウム、炭酸カルシウム、リン酸アンモニウムからなる。

最近では、方解石の沈殿物も報告されている。


動物の進化における松果体[編集]

発生過程を見れば、松果体は頭頂眼と源を一にする器官である。

まず頭頂眼について説明する。

脊椎動物の祖先は水中を生息圏として中枢神経系を源とする視覚を得る感覚器に外側眼と頭頂眼を備えていた。

外側眼は頭部左右の2つであり現在の通常の脊椎動物の両眼にあたる。

頭頂眼は頭部の上部に位置していた。

初期の脊椎動物の祖先は頭部の中枢神経系で、つまり今では脳に相当する部分に隣接して存在したこれら左右と頂部の視覚器官を用いて皮膚などを透かして外界を感知していたが、皮膚の透明度が失われたり強固な頭骨が発達するのに応じて外側眼は体表面側へと移動した。

また、外側眼が明暗を感知するだけの原始的なものから鮮明な像を感知出来るまで次第に高度化したのに対して、頭頂眼は殆ど大きな変化を起こさず、明暗を感知する程度の能力に留まり、位置も大脳に付随したままでいた。

やがて原因は不明ながら三畳紀を境にこの頭頂眼は退化してほとんどの種では消失してしまった。

現在の脊椎動物ではヤツメウナギ類やカナヘビといったトカゲ類の一部でのみこの頭頂眼の存在が見出せる。

「有鱗目 (爬虫類)#感覚器官」も参照

受精後に胚から成長する過程である動物の発生過程では、動物共通の形態の変化が見られるが、この過程で頭頂眼となる眼の元は間脳胞から上方へと伸び上がる。

この「眼の元」は元々は左右2つが並んで存在するが、狭い間脳胞に生じたこれらはやがて前後に並んで成長する。

2つあるうちの片方が松果体となり、残る片方はある種の爬虫類では頭頂眼となるかまたはほとんどの種では消失してしまう。


脊椎動物における松果体[編集]

脊椎動物の中には、松果体細胞が目の光受容器細胞に似ている動物がある。

松果体細胞は進化において網膜の細胞と起源を同じくすると考える進化生物学者もいる。

脊椎動物には、光にさらされると松果体で酵素、ホルモン、ニューロン受容体に連鎖反応が起きるものがあり、この反応が概日リズムの規則化を起こしていると考えられる。

ヒトなどの哺乳類では、概日リズムの機能は網膜視床下部によって行われ、視床下部視交叉上核の中にリズムが伝えられる。

人工的な光にさらされると、視交叉上核の時計に影響が起こる。

哺乳類の皮膚で合成されるオプシン関連の受光機能については、現在論争中である。

松果体が磁力感知の機能を持っている動物がいるとする研究もある。

鳥類の1種ニワトリの松果体には、ヒトの網膜などで見られる光の感知に関与するロドプシンに似た、ピノプシンと言うオプシンの1種が見つかっている。

また、スズメの頭骨は薄いため、スズメの松果体には太陽光が直接届いており、スズメの概日リズムに関与していることが知られている。

この他、現在のヤツメウナギやムカシトカゲなどに見られるように、脊椎動物(または脊索動物)には松果体の近くに頭孔を持つものがいる。


機能[編集]

松果体は虫垂のように、大きな器官の痕跡器官と考えられていた。

松果体にメラトニンの生成機能があり、概日リズムを制御していることを科学者が発見したのは1960年代である。

メラトニンはアミノ酸の一種トリプトファンから合成されるもので、中枢神経系では概日リズム以外の機能もある。

メラトニンの生産は、光の暗さによって刺激され、明るさによって抑制される。

網膜は光を検出し、視交叉上核(SCN)に直接信号を伝える。神経線維はSCNから室傍核(PVN)に信号を伝え、室傍核は周期的な信号を脊髄に伝え、交感システムを経由して上頚神経節(SCG)に伝える。

そこから松果体に信号が伝わる。

松果体は子供では大きく、思春期になると縮小する。

性機能の発展、冬眠、新陳代謝、季節による繁殖に大きな役割を果たしているようである。

子供の豊富なメラトニンの量は性機能の発展を抑制していると考えられ、松果体腫瘍は早熟をもたらす。

思春期になると、メラトニンの生産は減少する。松果体の石灰化は大人によく見られる。

松果体の細胞構造は、脊索動物の網膜の細胞と進化的な類似があるように見える。

現在の鳥類や爬虫類では、松果体で光シグナルを伝達する色素メラノプシンの発現が見られる。

鳥類の松果体は哺乳類の視交叉上核の役割を果たしていると考えられる。

齧歯類の研究によれば、松果体においてコカインなどの薬物乱用や、フルオキセチン(プロザック)の様な抗うつ薬による行動に影響を与え、 ニューロンの感受性の規則化に貢献しているようである。


哲学との関連[編集]

松果体が内分泌器であることが分かったのは、比較的最近である。

脳内の奥深くにあることから、哲学者は松果体には重要な機能があると考えていた。

松果体の存在は神秘なものとされ、迷信や形而上的な理論がまといついた。

デカルトはこの世界には物質と精神という根本的に異なる二つの実体があるとし(現代の哲学者たちの間ではこうした考え方は実体二元論と呼ばれている)、その両者が松果体を通じて相互作用するとした。

デカルトは松果体の研究に時間を費やし、そこを「魂のありか」と呼んだ。

松果体が人間の脳の中で左右に分かれていない唯一の器官であると信じていたためである。

この観察は正確ではない。

顕微鏡下では、松果体が2つの大脳半球に分かれているのが観察できる。

松果体に関するほかの理論としては、流体を放出するバルブとして働いているというものがあった。

手を頭に当てて思索を行うと、そのバルブを開くことができると考えられていた。

松果体は、ヨーガにおける6番目のチャクラ(アージュニャーまたは第3の目)、または7番目のチャクラ(サハスラーラ)と結び付けられる事もある。

松果体は眠っている器官であり、目覚めるとテレパシーが使えるようになると信じる人もいる。

ディスコーディアニズム(en:Discordianism)と松果体の関係は(よく分からないが)重要である。

ディスコーディアニズムは、カリフォルニアのサイケデリック文化を基とするパロディ宗教で、教義はパラドックスに満ちている。

ニューエイジ運動の初期の指導者であるアリス・ベイリー(en:Alice Bailey)のような作家は、精神的な世界観において「松果体の目」を重要な要素としている(アリス・ベイリーの『ホワイトマジック』を参照)。

「松果体の目」という観念は、フランスの作家ジョルジュ・バタイユの哲学でも重要なものである。

批評家ドゥニ・オリエはla Prise de la Concordeの中で、バタイユは「松果体の目」の概念を西洋の合理性における盲点への参照として使っていると論じている。


註[編集]

^ Bocchi G, Valdre G (1993). “Physical, chemical, and mineralogical characterization of carbonate-hydroxyapatite concretions of the human pineal gland.”.J Inorg Biochem 49(3): 209-20.PMID 8381851.

^ Baconnier S, Lang S, Polomska M, Hilczer B, Berkovic G, Meshulam G (2002). “Calcite microcrystals in the pineal gland of the human brain: first physical and chemical studies.”.Bioelectromagnetics 23(7): 488-95.PMID 12224052.

^ 脊椎動物の頭頂眼は、無脊椎動物が持つ原始的な水晶体眼に近い眼である。

^ 岩堀修明著、『感覚器の進化』、講談社、2011年1月20日第1刷発行、ISBN 9784062577

^ Klein D (2004). “The 2004 Aschoff/Pittendrigh lecture: Theory of the origin of the pineal gland--a tale of conflict and resolution.”.J Biol Rhythms 19(4): 264-79.PMID 15245646.

^ Moore RY, Heller A, Wurtman RJ, Axelrod J. Visual pathway mediating pineal response to environmental light.Science1967;155(759):220 3.PMID 6015532

^ (Deutschlander et al.,1999)

^ 研究論文

^ 松岡 達臣、松島 治 編著 『生物学 - 分子が語る生命のからくり』 p.139 朝倉書店 1998年10月10日発行ISBN 4-254-17103-X

^ Axelrod J (1970). “The pineal gland.”.Endeavour 29(108): 144-8.PMID 4195878.

^ Klein D (2004). “The 2004 Aschoff/Pittendrigh lecture: Theory of the origin of the pineal gland--a tale of conflict and resolution.”.J Biol Rhythms 19(4): 264-79.PMID 15245646.

^ Natesan A, Geetha L, Zatz M (2002). “Rhythm and soul in the avian pineal.”.Cell Tissue Res 309(1): 35-45.PMID 12111535.

^ Uz T, Akhisaroglu M, Ahmed R, Manev H (2003). “The pineal gland is critical for circadian Period1 expression in the striatum and for circadian cocaine sensitization in mice.”.Neuropsychopharmacology 28(12): 2117-23.PMID 12865893.

^ Uz T, Dimitrijevic N, Akhisaroglu M, Imbesi M, Kurtuncu M, Manev H (2004). “The pineal gland and anxiogenic-like action of fluoxetine in mice.”.Neuroreport 15(4): 691-4.PMID 15094477.

^ Moore RY, Heller A, Wurtman RJ, Axelrod J. Visual pathway mediating pineal response to environmental light.Science1967;155(759):220 3.PMID 6015532

^ (Deutschlander et al.,1999)

^ 研究論文

^ 松岡 達臣、松島 治 編著 『生物学 - 分子が語る生命のからくり』 p.139 朝倉書店 1998年10月10日発行ISBN 4-254-17103-X

^ Axelrod J (1970). “The pineal gland.”.Endeavour 29(108): 144-8.PMID 4195878.

^ Klein D (2004). “The 2004 Aschoff/Pittendrigh lecture: Theory of the origin of the pineal gland--a tale of conflict and resolution.”.J Biol Rhythms 19(4): 264-79.PMID 15245646.

^ Natesan A, Geetha L, Zatz M (2002). “Rhythm and soul in the avian pineal.”.Cell Tissue Res 309(1): 35-45.PMID 12111535.

^ Uz T, Akhisaroglu M, Ahmed R, Manev H (2003). “The pineal gland is critical for circadian Period1 expression in the striatum and for circadian cocaine sensitization in mice.”.Neuropsychopharmacology 28(12): 2117-23.PMID 12865893.

^ Uz T, Dimitrijevic N, Akhisaroglu M, Imbesi M, Kurtuncu M, Manev H (2004). “The pineal gland and anxiogenic-like action of fluoxetine in mice.”.Neuroreport 15(4): 691-4.PMID 15094477.

^ Manev H, Uz T, Kharlamov A, Joo J (1996). “Increased brain damage after stroke or excitotoxic seizures in melatonin-deficient rats.”.FASEB J 10(13): 1546-51.PMID 8940301.

^ Descartes and the Pineal Gland(スタンフォード哲学百科事典)

^ Descartes R.Treatise of Man. New York: Prometheus Books; 2003.ISBN 1-59102-090-5


関連項目[編集]

概日リズム

内分泌器:ホルモン(ペプチドホルモン、ステロイドホルモン)

視床下部-脳下垂体

視床下部

GnRH-TRH-ドーパミン-CRH-GHRH-ソマトスタチン-ORX-MCH-MRH-MIH

脳下垂体後葉

バソプレッシン-OXT

脳下垂体中葉

インテルメジン

脳下垂体前葉

αサブユニット糖タンパク質ホルモン(FSH-LH-TSH) -GH-PRL-POMC(ACTH-MSH-エンドルフィン-リポトロピン)

副腎

副腎髄質

副腎髄質ホルモン(アドレナリン-ノルアドレナリン-ドーパミン)

副腎皮質

副腎皮質ホルモン(アルドステロン-コルチゾール-DHEA)

甲状腺

甲状腺

甲状腺ホルモン(T3-T4-カルシトニン)

副甲状腺

PTH

生殖腺

精巣

テストステロン-AMH-インヒビン

卵巣

エストラジオール-プロゲステロン-インヒビン/アクチビン-リラキシン(妊娠時)

その他の内分泌器

膵臓

グルカゴン-インスリン-ソマトスタチン

松果体

メラトニン

内分泌器でない器官

胎盤:hCG-HPL-エストロゲン-プロゲステロン-腎臓:レニン-EPO-カルシトリオール-プロスタグランジン-心臓:ANP-BNP-ET-胃:ガストリン-グレリン-十二指腸:CCK-GIP-セクレチン-モチリン-VIP-回腸:エンテログルカゴン-脂肪組織:レプチン-アディポネクチン-レジスチン-胸腺:サイモシン-サイモポイエチン-サイムリン-STF-THF-肝臓:IGFs(IGF-1-IGF-2) -耳下腺:バロチン-末梢神経系:CGRP-P物質

誘導タンパク質
NGF-BDNF-NT-3


http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=松果体&oldid=48811788」から取得

カテゴリ:

内分泌器
概日リズム
posted by arena8order at 09:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

suicide bombing terrorism…自爆テロ

Image~092.jpgImage~020~001.jpg124403972654416213153.jpg
#ккк「#自爆テロ」に関連した英語例文の一覧
http://p228.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1028iU457fPV5hwm/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E8%2587%25AA%25E7%2588%2586%25E3%2583%2586%25E3%2583%25AD&_jig_keyword_=%8E%A9%94%9A%83e%83%8D%20%89p%8C%EA%20%97%E1%95%B6%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%258E%25A9%2594%259A%2583e%2583%258D%2B%2589p%258C%25EA%2B%2597%25E1%2595%25B6%2Bweblio&_jig_source_=srch&guid=on


自爆テロ → Suicide attack

「自爆テロ(じばくテロ)とは、犯人自身も死亡する事を前提とした殺人・破壊活動等のテロ犯罪である。」と言われていた。 → It was said, "asuicide bombing was terrorism crimes such as murder, thesubversive activity assuming criminal oneself dying".

しかし、実際は「カニバリズム(共食い)」をする、一部のアジア民族の風習で「スカトロジー」と呼ばれる行為の代償と判明した。 → However,actually, became clear withthecompensation oftheact called"thescatology" inthemanners and customs of some Asian races which did "cannibalism"(prey on one another).

風習やドラッグも含む、民族の風土病の寄生虫が体内で内臓を食べながら身体中、脊髄や脳も移動する。 → Whileaparasitic worm ofthelocal disease including manners and customs andthedrug of a race eatstheinternal organs inthebody,among bodies,spinal cord andthebrain move.

その際に「膵臓の膵液」の混ざった糞をする。 → Mixed feces of"thepancreatic juice ofthepancreas" on this occasion.

それが火薬である。 → It is gunpowder.

「スカトロジー(糞を食べる行為)」を繰り返す事で身体の隅々迄に溜まった火薬に引火し、粉々に飛び散る。 → Thegunpowder which collected by physical every corner by repeating "scatology"(act to eat feces)catches fire and is scattered into pieces.

骨まで広がる火薬は寄生虫の体内にも。 → In the body parasitic as forthegunpowder opening toabone.

故に、目撃者が居ない限り、何が爆破したか判らない。 → Thus, do not know what blew it up unless there isaneyewitness.

煙と煤だけが残る。 → Only smoke and soot are left.

アパッチ等の有名な狼煙は火葬と考えられる。 → Thefamous beacons such as Apache are regarded as cremation.

煙を隠す、散らす行為が「毛布」等の布で煙を何度も切る(抑える)動作と思われる。 → Anact to scatter to cover smoke seems with movement to cut smoke withthecloth such as "blankets" many times(control).

推測(憶測)はスカトロジー(糞を食べる行為)の起源はアパッチの先祖と考える → Regardtheguess(supposition)as ancestors of Apache intheorigin ofthescatology(act to eat feces).
posted by arena8order at 07:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。