2013年09月30日

破魔矢 - exorcising arrow(Maya)

488720014_7614b59b82.jpg3079585.jpgImage~014~001~002.jpg
#ккк
「#破魔矢」に関連した英語例文の一覧
http://p208.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0930m759toJLbcE0/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E7%25A0%25B4%25E9%25AD%2594%25E7%259F%25A2&_jig_keyword_=%94j%96%82%96%EE%20%97%E1%95%B6&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%2F%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E7%25A0%25B4%25E9%25AD%2594%25E7%259F%25A2%26p%3D%2594j%2596%2582%2596%25EE%2B%2597%25E1%2595%25B6&_jig_source_=srch&guid=on

#God(chew,#temple. #emperor), destroying a devil, #war_doll666 #Maya

破魔矢(はまや) -語源由来辞典 → Dictionary derived fromthe New Year's exorcising arrow(#Maya) -etymology

http://p212.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0930Q0XrqsWPIfPg/0?_jig_=http%3A%2F%2Fgogen-allguide.com%2Fha%2Fhamaya.html&_jig_keyword_=%94j%96%82%96%EE&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%2F%3Fp%3D%2594j%2596%2582%2596%25EE%26fr%3D&_jig_source_=srch&guid=on


破魔矢 → New Year's #exorcising #arrow

破魔矢とは、正月の縁起物。 → Witha New Year's exorcising arrow,it isthe #mascot of New Year holidays.

初詣に行った際、厄除けのお守りとして神社で売り出される。 → Went for a New Year's visit to a Shinto shrine,it is jumped into fame asalucky charm of the good luck charm inaShinto shrine.


「破魔矢の語源、由来」「破魔矢奉製所」という会社が登録商標していた名前で、更新を怠ったために一般名になったとするものもあるが、登録商標されていた一時期、NHKのニュースなどで「破魔矢」を「魔除けの矢」と呼んでいたというだけのことで、言葉自体は商標登録される以前からあり、言葉や風習の由来に関係することではない。 → By the name that a company called "etymology of the New Year's exorcising arrow,origin" "破魔矢奉製所" performedaregistered trademark of,there isthething that it was inageneric name becauseIneglected update,but there is words in itself since before it was registered a trademark,and it being said is notthething that derived is related to of words and manners and customs whenIcalled"aNew Year's exorcising arrow" with"thearrow ofthetalisman against evil" in news of NHK for period at 1:00 donearegistered trademark.


「破魔」は元仏教語で、悪魔の魔力を打ち破ることを意味し、藁縄や木を丸めて円座のような形に作ったものも「破魔」と呼んだ。 → "Thedestroying a devil" meant thatIbrokethemagical power ofthedevil by former Buddhism word and calledthething whichIroundedastraw rope andatree and made intheform such astheround mat with "destroying a devil".

円座形の「破魔」は、正月にその年を占う年占(としうら)の競技で的として用いられ、投げ上げて射落としたりしてその結果で占った。 → "The destroying a devil" oftheround mat form was used bythecompetition ofthehoroscope for the year(Ido it and sell)to telltheage for New Year holidays asamark andIthrew it and gave it and shot it down and told it fromtheresult.

この「破魔」を射るための矢が「破魔矢」、弓が「破魔弓」である。 → "A New Year's exorcising arrow", abow "are bows used in exorcisms"anarrow to shoot this "archery target used in exorcisms".

この競技が形式化されて正月の縁起物となり、男児の成長を祈願して模擬の弓矢を贈る風習が江戸時代に生まれた。 → This competition was formalized and became the mascot of New Year holidays,and manners and customs to pray for the growth of the boy,and to giveasham bow and arrow for were born in the Edo era.

弓矢を贈る風習は、のちに男子の初節句の贈り物とされ、細長い板に破魔矢と破魔弓を飾りつけ、その下に戦人形(いくさにんぎょう)などの押し絵を貼ったものが作られるようになった。 → The manners and customs to givea bow and arrow for were considered to beapresent ofthefirst Boy's Festival of the boy later and decorateda New Year's exorcising arrow and the bow used in exorcisms toaslim board,and the thing which put the raised pictures such as war dolls on below came to be made.

正月以外では、新築の家の棟上式の際、二本の破魔矢と破魔弓とをセットにして、鬼門の方角に向けて立てられる。 → Other than New Year holidays,in the case oftheframework-raising ceremony ofanew house,it is put up with two New Year's exorcising arrows and bows used in exorcisms asaset forthedirection of the unlucky direction.


「関連語」 → "Related terms"

家(いえ) → House(it be said)

戦・軍(いくさ) → War, the military(war)

鰯の頭も信心から → As forthehead ofthesardine out of faith

占い(うらない) → For tune-telling(tell)

縁起(えんぎ) → Omen(えんぎ)

男(おとこ) → Man(man)

お呪い(おまじない) → Spell(spell)

鏡開き(かがみびらき) → Thecutting of the New Year's rice cake(かがみびらき)

鏡餅(かがみもち) → Round mirror-shaped rice-cake(round mirror-shaped rice-cake)

懸けの魚(かけのうお) → 懸けの fish(かけのうお)

飾る(かざる)門松(かどまつ) → New Year's pine and bamboo decorations(Iwait foracorner)to display(Idisplay)

神(かみ)木・樹(き) → God(chew) , Tree,tree(come)

鬼門(きもん) → Unlucky direction(comeathing)

薬玉(くすだま) → Ornamental scented ball(くすだま)

げんを担ぐ(げんをかつぐ) → carry "Gen(Cord) " on my shoulder(げんをかつぐ)

寿(ことぶき) → Kotobuki(ことぶき)

御幣担ぎ(ごへいかつぎ) → Believing in omens(awall or next)

注連縄(しめなわ) → Shinto straw festoon(Shinto straw festoon)

正月(しょうがつ) → New Year holidays(New Year holidays)

松竹梅(しょうちくばい) → Pine, bamboo, and plum(しょうちくばい)

ジンクス → The jinx

節句(せっく) → Festival(せっく)

ダルマ・達磨(だるま) → Dharma doll,Dharma doll(Dharma doll)

端午の節句(たんごのせっく)年・歳(とし) → Boy's Festival(たんごのせっく)year,age(do)

縄(なわ) → Rope(rope)

人形(にんぎょう) → Doll(doll)

羽子板(はごいた) → Battledore()

初詣(はつもうで) → New Year's visit to a Shinto shrine(New Year's visit to a Shinto shrine)

棟(むね) → Ridge(chest)

めでたい矢(や) → Happy Arrow

厄(やく) → Evil(bake)

社(やしろ) → Company(margin)

弓(ゆみ) → Bow(Yumi)

藁(わら) → Straw(straw)

しめ縄 → Shinto straw festoon

しめ縄とは、神事の神聖な場所と下界を区別するために張る縄。 → Arope to put to distinguish holy place and this world oftheact of God fromtheShinto straw festoon.

新年に悪気が入らないよう家の出入り口に張ったりする。 → It forms onthedoorway ofthehouse so thataharm does not enter intheNew Year.

しめ縄の語源・由来しめ縄は、万葉集に「標縄(しめなは)」の例が見られる。 → As fortheetymology, theorigin Shinto straw festoon oftheShinto straw festoon, theexample of"thesacred rope"(しめなは)is seen in Manyoshu tanka collection.

一般の者の立ち入りを禁じ、皇室や貴人が占有した野の「標野」の「標」と同じく、標縄の「標」は「占める」の意味である。 → Forbidtheentrance ofthegeneral person,and,as well as "標 of"theprivate land" ofthefield whichtheImperial Family andanoble occupied ," "標" ofthesacred rope isのmeaning"to occupy".

漢字「注連縄」の「注連(ちゅうれん)」は、中国で死霊が入り込まないよう、水を注いで清め連ね張った縄を意味し、一定の間隔で藁を三・五・七本と垂らすため、「七五三縄」とも表記される。 → It is transcribed with"thesacred rope" thatadeparted soul does not seem to get into"therope as a boundary mark"(ちゅうれん)ofthekanji "Shinto straw festoon" in China and meanstherope whichIpour water and cleanse it and link it and formed on,and to drip straw with 3.5,seven every uniformity.

また、古代には「しめ縄」を「尻久米縄(しりくめなわ・しりくべなわ)」といった。 → In addition, "aShinto straw festoon" was called "buttocks Kume rope"(Iknow it,and cross it and putarope,buttocksarope)intheancient times.

「くめ」とは「出す」の意味で、藁の尻をくめ置いて垂らした縄なので、こう呼ばれた → Because it wastherope whichIcrossed buttocks ofthestraw inのmeaning"to give""to cross it" and put it and dripped, Iwas called it in this way.
posted by arena8order at 22:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暗殺…ккк Apache 朝鮮毒殺団「イル yl」

Image~185~001.jpg300px-Railroad_Protection_Villag.jpgdogvv53~002.jpg
「#暗殺」に関連した英語例文の一覧
http://p217.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0930RUAhe5JtgOfs/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E6%259A%2597%25E6%25AE%25BA&_jig_keyword_=%88%C3%8EE%20%97%E1%95%B6&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2588%25C3%258EE%2B%2597%25E1%2595%25B6&_jig_source_=srch&guid=on

#ккк #Apache
#朝鮮毒殺団「#イル」 → #Korea poisoning group "#yl" "#ile." "#Elue."

#フィリピン、#シンガポール、#マレーシア "#殺人鬼"一族に因る、"#天皇家"連続暗殺団 → Theimperial family continuation death squad which depends onthePhilippines,Singapore, theMalaysian murderous fiend clan


「フィリピン、アパッチ」暗殺団「蛭」「#Go_orange.」 #Philippines,A pache death squad "leech" "Go_orange."

真の暗殺者 Atrueassassi → True assassinAtrue assassi

暗殺 → Assassination

主に政治上の立場や思想の相違などから、密かに要人をねらって殺すこと。 → Killasituation inthepolitics or difference in thought first atavery important person secretly mainly.

「大統領が暗殺される」 → "The President is assassinated"

「天皇が暗殺された」 → "The Emperor was assassinated"

謀殺(ぼうさつ) → Premeditated murder

密殺(みっさつ) → Dense homicide

必殺(ひっさつ) → Bringing sure death

王と皇帝の暗殺者 assassinatorsofkingsandemperors → Assassin assassinators of kings and emperors of King andtheemperor
暗殺未遂 anattemptonone'slife → Assassination attempt an attempt on one's life

単語ごとの対訳

日本語
英語での表現

暗殺
assassination

フィリピン
Philippines; Republic of the Philippines; filipin

アパッチ
Apache

暗殺団
death squad


hirudinean, leech, bloodsucker

真の
real, veridical

暗殺者
assassinator, assassin, bravo

暗殺
assassination

主に
for the most part, largely, mostly

立場
position; standpoint; stage

思想
idea; thought

相違
difference; distinction; variation

密かに
on the qt, in secret, on the q.t., secretly

要人
leading figure

殺すこと
kill, killing, putting to death

大統領
President

暗殺
assassination

される
be done something to

天皇
emperor

暗殺
assassination

日本語
英語での表現

された
has been done

謀殺
wilful murder; murder

密殺
secret butchery

必殺
Ko-Hit


king

皇帝の
imperial

暗殺者
assassinator, assassin, bravo

暗殺未遂
attempted assassination

フィリピン
Philippines; Republic of the Philippines; filipin

シンガポール
Republic of Singapore; Singapore

マレーシア
Malaysia

殺人鬼
devilish homicide

一族
family

天皇家
the Imperial Family

連続
continuance; continuation

暗殺団
death squad

朝鮮
Korea

毒殺
poisoning; murder by poisoning


gathering, assemblage

イル
yl
posted by arena8order at 20:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ккк コカールを解説文に含む検索結果…Go orenge.

1141007F1071_000.jpg1132S.jpgImage~004.jpg
#ккк #terrorism #xxx #pyongyang. #Apache #XXXXX #暗殺 #Go_orenge. #drag #Drug #朝鮮ドラッグ #工作員 #Filipino

コカールを解説文に含む用語の検索結果
http://p219.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0930itermwrDi3Zf/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fcontent_find%2Ftext%2F0%2F%25E3%2582%25B3%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AB&_jig_keyword_=%83R%83J%81%5B%83%8B%20weblio&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E3%2582%25B3%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AB%2B%25E4%25BE%258B%25E6%2596%2587%26p%3D%2583R%2583J%2581%255B%2583%258B%2Bweblio%26trans%3D0&_jig_source_=srch&guid=on


併用禁忌00(薬の飲み合せ)
http://p200.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0930iF3SAmtNzFmP/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.okusuri110.com%2Fkinki%2Fheiyokin%2Fheiyokin_00top.html&_jig_keyword_=%83R%83J%81%5B%83%8B%20%97%E1%95%B6&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2583R%2583J%2581%255B%2583%258B%2B%2597%25E1%2595%25B6%26b%3D23%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on



アセトアミノフェン
?アセトアミノフェン
ピリナジン散、コカール錠(200r)

・国内でも国際的な標準用量が投不可能となった
1回300〜1,000mg、投不間隔:4〜6時間以上、1日総量として4,000mgまで

・アラキドン酸からプロスタグランジンを産生する経路の律速酵素であるCOXを阻害することにより解熱鎮痛作用を生じる(抗炎症作用はない)

・投不後、ほぼ完全に吸収され血漿濃度は30〜60分でピークに達する

・治療上有効な血中濃度:5〜20μg/ml

・過剰量となり活性代謝産物(NAPQI)の解毒にかかわるグルタチオン抱合能力が限界に達すると、NAPQIが蓄積し、肝細胞構成蛋白と共有結合して肝細胞障害が惹起される (NAPQI:N-アセチル-p-ベンゾキノンイミン)

・服用後の血中濃度4時間値:200μg/ml、12時間値:50μg/mlを越すと約60%に高度の肝障害を生じる

臨床緩和医療薬学:真興交易(株)医書出版部,106〜110,2008 一部改変.


http://www.keio-palliative-care-
http://p216.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0930Al9XztDi3Zgo/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.keio-palliative-care-team.org%2Fmedical%2Fmedical%2Fhandbook_pdf%2Fmanual02_02.pdf&_jig_keyword_=%83R%83J%81%5B%83%8B%20%97%E1%95%B6&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2583R%2583J%2581%255B%2583%258B%2B%2597%25E1%2595%25B6%26b%3D33%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on

【非オピオイド鎮痛薬】

非ステロイド性鎮痛薬(NSAIDs)
アセトアミノフェン

(細胞膜) リン脂質
アラキドン酸
プロスタグランジン(PG)G2
プロスタグランジン(PG)H2
PGE2 PGA2 PGF2α トロンボキサンA2 PGI2
ホスホリパーゼA2(PLA2)
シクロオキシゲナーゼ(COX-1,COX-2)
血管拡張
紅斑 発熱
炎症性疼痛
発赤
血小板凝集 痛覚過敏 血管拡張
腎血流維持
抗血栓作用
腎細胞保護

細川豊史:ペインクリニック, 23(12), 1619 ,2002 一部改変

非ステロイド性鎮痛薬(NSAIDs)の作用点

NSAIDsはシクロオキシゲナーゼ(アラキドン酸に作用して疼痛誘発物質のプロスタグランジンを産生させる酵素)の働きを阻害する
NSAIDs

プロスタグランジン合成

生体の恒常性維持
腎血流維持
胃粘膜保護
血管拡張
血小板凝集
抗炎症作用

プロスタグランジン合成

痛み 浮腫
発熱 発赤
抑制 抑制
消化管障害
腎機能障害
抗凝固作用

がん疼痛治療にはCOX-2を選択的に
阻害する作用の強い
NSAIDsが推奨される
COX-1、COX-2の薬理作用

細川豊史:ペインクリニック, 23(12), 1619,2002 一部改変

COX-1 (構成型酵素) COX-2 (誘導型酵素)
炎症刺激によって発現

臨床緩和医療薬学:真興交易(株)医書出版部,96,2008 一部改変.

主なNSAIDsのCOX-2選択性


COX-2選択性
セレコキシブ
エトドラク
メロキシカム
ジクロフェナクナトリウム
ロキソプロフェンナトリウム
スリンダク
イブプロフェン
ナプロキセン
インドメタシン
フルルビプロフェン
ケトプロフェン

一般名 (例)商品名 血中半減期
(時間)

用法
短時間型 ジクロフェナクナトリウム
ロキソプロフェンナトリウム
イブプロフェン
ロルノキシカム
ボルタレン?
ロキソニン?
ブルフェン?
ロルカム?
1.3
1.3
2
2.5
1日3回
1日3回
1日3回
1日3回
中間型 セレコキシブ
エトドラク
ザルトプロフェン
スリンダク
セレコックス?
ハイペン?
ソレトン?
クリノリル?
7
7
9
18
1日2回
1日2回
1日2回
1日2回
長時間型 ナブメトン
メロキシカム
レリフェン?
モービック?
21
28
1日1回
1日1回

NSAIDsの血中半減期による分類
NSAIDsの剤型と特徴

剤型 特徴 (例)商品名
経口剤

?放剤 効果持続 ボルタレンSR?カプセルなど
プロドラック 胃腸障害軽減 ロキソニン?錠
クリノリル?錠など
坐剤 即効性、胃腸障害軽減 ボルタレン?坐剤
インドメタシン?坐剤など
注射剤 病変部位での作用増強 ロピオン?注など

経皮吸収剤
軟膏剤(クリーム、ゲル剤含む)

全身性の副作用軽減
マッサージ効果
ボルタレン?ゲル
インテバン?クリームなど
貼付剤 全身性の副作用軽減
皮膚のかぶれ、光線過敏症
モーラス?テープ
アドフィード?など
外用液剤 全身性の副作用軽減 インテバン?外用液など
NSAIDs

臨床緩和医療薬学:真興交易(株)医書出版部,94-105,2008 一部改変

的場元弘:がん疼痛治療のレシピ, 2007, pp.20-31,春秋社 一部改変

? アリール酢酸系(インドール酢酸系)
? インテバンSPカプセル25mg、坐剤25、50mg(インドメタシン)
・インドメタシンは作用が強いが、COX1阻害作用が強く胃腸障害が多いといわれている

・インテバンSPは吸収の個体差が?なく、安定した薬効が期待できる

・ボルタレン坐剤に比べるとインテバン坐剤は作用時間が長い。直腸刺激作用が?なく、室温でも安定

? ポンタールカプセル250mg 、シロップ32.5mg/ml (メフェナム酸)

・比較的強い鎮痛作用を有する

・シロップ剤は適度の甘味とレモン味で飲みやすい(D-ソルビトール0.21g/ml、白糖0.1g/ml含有)

? アントラニル酢酸系
? ボルタレン錠25mg、SRカプセル37.5mg、坐剤25、50mg (ジクロフェナクナトリウム)
・他のNASAIDsと比べて強力な消炎、鎮痛、解熱作用を期待できる

・胃部?快感や消化管出血の頻度が比較的高い

? アリール酢酸系(フェニル酢酸系)
? クリノリル錠100mg(スリンダク)

・強力な消炎、鎮痛、解熱作用である

・プロドラックのため胃腸障害が?なく、重症の肝障害では効果が減弱するといわれている

・腎組織において再度非活性型に変換されるため、腎機能障害が?ないとされている

・腸肝循環を有するため、小腸潰瘍に注意が必要である
NSAIDs
? ロピオン注50mg(フルルビプロフェンアキセチル)

・プロドラックでリポ化製剤

・鎮痛効果の発現は平均20分と速やかである
? プロピオン酸系
? ソレトン錠80mg(ザルトプロフェン)

・消化管障害が?ないといわれている
? ロキソニン錠60mg(ロキソプロフェン)

・プロドラックのため胃腸障害が?なく、重症の肝障害では効果が減弱するといわれている

・血中濃度の立ち上がりが早いとされている
? ブルフェン錠100mg(イブプロフェン)

・スイッチOTC薬

・常用量では鎮痛作用のみで、抗炎症作用は弱い
? ハイペン錠200mg(エトドラク)

・消炎、鎮痛、解熱作用のバランスが良い

・COX2選択性が高い

・がん疼痛に十分な効果を得るために投不量の調節が必要(海外での常用量は日本の1.5〜2倍以上)

・胃腸障害や腎機能障害は一般的なNSAIDsより?ない。継続投不の場合には、定期的な注意が必要
? アリール酢酸系(ピラノ酢酸系)

臨床緩和医療薬学:真興交易(株)医書出版部,94-105,2008 一部改変

的場元弘:がん疼痛治療のレシピ, 2007, pp.20-31,春秋社 一部改変
NSAIDs
? モービック錠10mg(メロキシカム)

・消炎、鎮痛、解熱作用の強力である

・半減期が28時間と長いため、高齢者や腎・肝機能障害患者の投不には注意が必要

・胃腸障害や腎機能障害は一般的なNSAIDsより?ない。継続投不の場合には、定期的な注意が必要
? オキシカム系
? ロルカム錠4r(ロルノキシカム)

・他のオキシカム系と比べて血中濃度の速やかな立ち上がり、代謝が早いため蓄積性が?ない
(Tmax:0.5時間、 T1/2:2.5時間)
? 塩基性
? セレコックス錠100mg(セレコキシブ)

・COX2選択的阻害薬。 外国においてCOX2選択的阻害薬の投不により、心血管系血栓塞栓性事象のリスク増大させる可能性があるといわれている

・空腹時:吸収30%低下
? ソランタール錠100r(チアラミド)

・塩基性消炎鎮痛剤

・プロスタグランジン系には作用しないため、作用は弱いが副作用も?ない
? コキシブ系

臨床緩和医療薬学:真興交易(株)医書出版部,94-105,2008 一部改変

的場元弘:がん疼痛治療のレシピ, 2007, pp.20-31,春秋社 一部改変


アセトアミノフェン
?アセトアミノフェン
ピリナジン散、コカール錠(200r)

・国内でも国際的な標準用量が投不可能となった
1回300〜1,000mg、投不間隔:4〜6時間以上、1日総量として4,000mgまで

・アラキドン酸からプロスタグランジンを産生する経路の律速酵素であるCOXを阻害することにより解熱鎮痛作用を生じる(抗炎症作用はない)

・投不後、ほぼ完全に吸収され血漿濃度は30〜60分でピークに達する

・治療上有効な血中濃度:5〜20μg/ml

・過剰量となり活性代謝産物(NAPQI)の解毒にかかわるグルタチオン抱合能力が限界に達すると、NAPQIが蓄積し、肝細胞構成蛋白と共有結合して肝細胞障害が惹起される (NAPQI:N-アセチル-p-ベンゾキノンイミン)

・服用後の血中濃度4時間値:200μg/ml、12時間値:50μg/mlを越すと約60%に高度の肝障害を生じる

臨床緩和医療薬学:真興交易(株)医書出版部,106〜110,2008 一部改変.
posted by arena8order at 02:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2.副作用 → Aside effect is scary.

1141007F1071_000.jpgImage~003.pngw65127d.jpg
#ккк #暗殺? #肝硬変…
「#副作用」に関連した英語例文の一覧(2ページ目)
http://p217.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0930NhWSbdT0VBWY/w?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E8%2596%25AC%25E3%2581%25AE%25E5%2589%25AF%25E4%25BD%259C%25E7%2594%25A8%2F2&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=%95%9B%8D%EC%97p%20%97%E1%95%B6&_jig_xargs_=R&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2595%259B%258D%25EC%2597p%2B%2597%25E1%2595%25B6%26b%3D3%26trans%3D1&guid=on


使用上の注意(警告) → Attention(warning)intheuse

1. → 1.

本剤により重篤な肝障害が発現する恐れがあることに注意し、1日総量1500mgを超す高用量で長期投与する場合には、定期的に肝機能等を確認するなど慎重に投与する。 → WhenIam careful about this agent causingaserious liver damage and give it atahigh dose to exceed 1,500 mg of daily gross weight foralong term, Iconfirm liver function regularly and give it carefully.

2. → 2.

本剤とアセトアミノフェンを含む他の薬剤「一般用医薬品を含む」との併用により、アセトアミノフェンの過量投与による重篤な肝障害が発現する恐れがあることから、これらの薬剤との併用を避ける。 → Becauseaserious liver damage withtheexcessive quantity dosage of acetaminophen might develop by combination,other drugs including this agent and acetaminophen "includeanOTC drug", Iavoidthecombination with these drugs.


(禁忌) → (taboo)

1. → 1.

消化性潰瘍のある患者「症状が悪化する恐れがある」。 → "Asymptom might turn worse"thepatient with peptic ulcer.

2. → 2.

重篤な血液異常のある患者「重篤な転帰をとる恐れがある」。 → Apatient withthedangerously ill blood abnormality "might taketheserious outcome".

3. → 3.

重篤な肝障害のある患者「重篤な転帰をとる恐れがある」。 → Thepatient withaserious liver damage "might taketheserious outcome".

4. → 4.

重篤な腎障害のある患者「重篤な転帰をとる恐れがある」。 → Thepatient withaserious renal damage "might taketheserious outcome".

5. → 5.

重篤な心機能不全のある患者「循環系のバランスが損なわれ、心不全が増悪する恐れがある」。 → "Thebalance ofthecirculatory system is spoiled,and heart failure might aggravate"apatient with serious cardiac incident.

6. → 6.

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 → It isapatient with a history ofthepast of hypersensitivity fortheingredient of this agent.

7. → 7.

アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤による喘息発作の誘発)又はその既往歴のある患者「アスピリン喘息の発症にプロスタグランジン合成阻害作用が関与していると考えられる」。(慎重投与) → "It is thought that prostaglandin synthetic inhibition action participates intheonset oftheaspirin asthma" aspirin asthma(induction oftheasthmatic attack bythenonsteroidal antiphlogistic balm)orapatient with a history ofthepast.

1. → 1.

アルコール多量常飲者「肝障害が現れやすくなる」。 → "Aliver damage becomes easy to appear" alcohol 多量常飲者.

2. → 2.

絶食・低栄養状態・摂食障害等によるグルタチオン欠乏、脱水症状のある患者「肝障害が現れやすくなる」。 → "Aliver damage becomes easy to appear"theglutathione lack due to fast, thehypoalimentation state,eating disorder, apatient withthedehydration.

3. → 3.

肝障害又はその既往歴のある患者「肝機能が悪化する恐れがある」。 → "Liver function might turn worse"aliver damage orapatient with a history ofthepast.

4. → 4.

消化性潰瘍の既往歴のある患者「消化性潰瘍の再発を促す恐れがある」。 → Apatient with a history ofthepast of peptic ulcer "might promotetherecurrence of peptic ulcer".

5. → 5.

血液異常又はその既往歴のある患者「血液障害を起こす恐れがある」。 → Blood abnormality orapatient with a history ofthepast "might haveablood disorder".

6. → 6.

出血傾向のある患者「血小板機能異常が起こることがある」。 → "Platelet function abnormality may be caused"apatient withthebleeding tendency.

7. → 7.

腎障害又はその既往歴のある患者「腎機能が悪化する恐れがある」。 → "Renal function might turn worse"arenal damage orapatient with a history ofthepast.

8. → 8.

心機能異常のある患者「症状が悪化する恐れがある」。 → "Asymptom might turn worse"apatient withthecardiac function abnormality.

9. → 9.

過敏症の既往歴のある患者。 → Apatient with a history ofthepast of hypersensitivity.

10. → 10.

気管支喘息のある患者「症状が悪化する恐れがある」。 → "Asymptom might turn worse"apatient withthebronchial asthma.

11. → 11.

高齢者。 → Anelderly person.

12. → 12.

小児等。 → Infants.


(重要な基本的注意) → (important basic attention)

1. → 1.

解熱鎮痛剤による治療は原因療法ではなく対症療法であることに留意する。 → Thetreatment with alleviation of fever pain-killer notes that it isasymptomatic treatment not causal treatment.

2. → 2.

急性疾患に対し本剤を用いる場合には、次の事項を考慮する。 → WhenIuse this agent for acute disease, Iconsiderthenext matter.

急性疾患に対し本剤を用いる場合には、発熱、疼痛の程度を考慮し投与する。 → WhenIuse this agent for acute disease, Igive it in consideration of fever,degree ofthesharp pain.

急性疾患に対し本剤を用いる場合には、原則として同一の薬剤の長期投与を避ける。 → WhenIuse this agent for acute disease, Iavoidthelong-term dosage ofthesame drug as a general rule.

急性疾患に対し本剤を用いる場合には、原因療法があればこれを行う。 → WhenIuse this agent for acute disease, Iperform this if there is causal treatment.

3. → 3.

過度の体温下降、虚脱、四肢冷却等が現れることがあるので、特に高熱を伴う高齢者及び高熱を伴う小児等又は消耗性疾患の患者においては、投与後の患者の状態に十分注意する。 → Becauseanexcessive temperature drop,collapse,limbs cooling may appear,inanelderly person withthehigh heat in particular andaninfant withthehigh heat orthepatient ofthephthisis, Iwarnthestate ofthepatient afterthedosage enough.

4. → 4.

高齢者及び小児等には副作用の発現に特に注意し、必要最小限の使用にとどめるなど慎重に投与する。 → Iam careful abouttheonset of side effect toanelderly person andaninfant in particular andIleave it fortheminimum use and give it carefully.

5. → 5.

感染症を不顕性化する恐れがあるので、感染症を合併している患者に対して用いる場合には適切な抗菌剤を併用し、観察を十分行い慎重に投与する。 → BecauseImight non-unmaskaninfectious disease, Iuse appropriate antibiotics together whenIuse it forapatient complicated withaninfectious disease andIperform observation enough and give it carefully.

6. → 6.

他の消炎鎮痛剤との併用は避けることが望ましい。 → It is desirable to avoidthecombination with other antiphlogistic balms.

7. → 7.

アセトアミノフェンの高用量投与により副作用として腹痛・下痢がみられることがあり、本剤においても同様の副作用が現れる恐れがあり、上気道炎等に伴う消化器症状と区別できない恐れがあるので、観察を十分行い慎重に投与する。 → Because abdominal pain,diarrhea may be seen asaside effect bythehigh-dose dosage of acetaminophen,andasimilar side effect might appear in this agent and may not distinguish it fromadigestive organ symptom withtheupper respiratory tract inflammation, Iperform observation enough and give it carefully.

8. → 8.

重篤な肝障害が発現する恐れがあるので注意し、1日総量1500mgを超す高用量で長期投与する場合には定期的に肝機能検査を行い、患者の状態を十分に観察し、高用量でなくとも長期投与する場合にあっては定期的に肝機能検査を行うことが望ましい(また、高用量で投与する場合などは特に患者の状態を十分に観察するとともに、異常が認められた場合には、減量、休薬等の適切な措置を講ずる)。 → Becauseaserious liver damage might develop, Iam careful and performaliver function test regularly when it gives it atahigh dose to exceed 1,500 mg of daily gross weight foralong term and observethestate ofthepatient enough,and it is desirable to performaliver function test regularly when there is it whenIgive it notahigh dose foralong term(whenthecases to give atahigh dose again observethestate ofthepatient in particular enough,and abnormality is recognized, Itake appropriate measures such as weight loss, thediscontinuation).

9. → 9.

慢性疾患(変形性関節症等)に対し本剤を用いる場合には、薬物療法以外の療法も考慮する。 → WhenIuse this agent forachronic disease(degenerative arthritis), Iconsiderthetherapy exceptthemedical therapy.


(相互作用) → (interaction)

併用注意 → Combination attention

1. → 1.

リチウム製剤(炭酸リチウム)「リチウムとの併用によりインドメタシン、イブプロフェン等の他の非ステロイド性消炎鎮痛剤でリチウムの血中濃度が上昇しリチウム中毒を呈したとの報告がある(非ステロイド性消炎鎮痛剤は腎のプロスタグランジン合成を抑制することにより、炭酸リチウムの排泄が減少し、血中濃度が上昇すると考えられている)」。 → Lithium preparation(lithium carbonate) "(excretion ofthelithium carbonate decreasesthenonsteroidal antiphlogistic balm by controllingtheprostaglandin composition ofthekidney,and it is thought that blood concentration rises)withthereport that blood concentration of lithium rose in other nonsteroidal antiphlogistic balms such as indometacin,ibuprofen by combination with lithium and presented lithium poisoning."

2. → 2.

チアジド系利尿剤(ヒドロクロロチアジド等)「インドメタシン等の他の非ステロイド性消炎鎮痛剤でチアジド系利尿剤の作用を減弱することが報告されている(非ステロイド性消炎鎮痛剤は腎のプロスタグランジン合成を抑制して水、塩類貯留が生じ、チアジド系利尿剤の排泄作用に拮抗すると考えられている)」。 → Thiazide-based diuretic(hydrochlorothiazide) "(thenonsteroidal antiphlogistic balm controlstheprostaglandin composition ofthekidney,and water,salts retention occur,and it is thought thatIcompete intheexcretion ofthethiazide-based diuretic)which it is reported to thatIattenuatetheaction ofthethiazide-based diuretic in other nonsteroidal antiphlogistic balms such as indometacin."

3. → 3.

アルコール(飲酒)「アルコール多量常飲者がアセトアミノフェンを服用したところ肝不全を起こしたとの報告がある(アルコール常飲によるCYP2E1の誘導により、アセトアミノフェンから肝毒性を持つN−アセチル−p−ベンゾキノンイミンへの代謝が促進される)」。 → Alcohol(drinking) "(byaninstruction of CYP2E1 by drinking that alcohol is the way it goes,metabolism to N-acetyl-p-benzoquinoneimine having hepatotoxicity is promoted by acetaminophen)withthereport that liver failure was caused when alcohol 多量常飲者 took acetaminophen."

4. → 4.

クマリン系抗凝血剤(ワルファリンカリウム)「クマリン系抗凝血剤の作用を増強することがあるので、減量するなど慎重に投与する(本剤が血漿蛋白結合部位において競合することで、抗凝血剤を遊離させ、その抗凝血作用を増強させる)」。 → Coumalin-based anticoagulant(warfarin potassium) "(Ilet anticoagulant isolate because this agent conflicts inaplasma protein binding site and lettheanticoagulant action increase)to lose weight becauseImay reinforce action,and to give carefully ofthecoumalin-based anticoagulant."

5. → 5.

カルバマゼピン、フェノバルビタール、フェニトイン、プリミドン、リファンピシン、イソニアジド「これらの薬剤の長期連用者は、肝薬物代謝酵素が誘導され、肝障害を生じやすくなるとの報告がある(これらの薬剤の代謝酵素誘導作用により、アセトアミノフェンから肝毒性を持つN−アセチル−p−ベンゾキノンイミンへの代謝が促進される)」。 → Carbamazepine,phenobarbital,phenytoin,primidone,rifampicin,isoniazid"(bythemetabolism enzyme conduction of these drugs,metabolism to N-acetyl-p-benzoquinoneimine having hepatotoxicity is promoted by acetaminophen)withthereport that liver drug metabolizing enzyme is derived,andtheperson of long-term continuous use of these drugs becomes easy to producealiver damage."

6. → 6.

抗生物質、抗菌剤「過度の体温下降を起こす頻度が高くなることから、併用する場合には観察を十分に行い、慎重に投与する(機序不明)」。 → Antibiotic,antibiotics"(mechanism ignorance)to perform observation enough because it becomes frequent whenIuse it together,and to give carefully to causeanexcessive temperature drop."


(高齢者への投与) → (thedosage toanelderly person)

高齢者では、副作用が現れやすいので、少量から投与を開始するなど患者の状態を観察しながら慎重に投与する。 → Becauseaside effect is easy to appear intheelderly people, Igive it carefully while startingthedosage atasmall quantity,and observingthestate ofthepatient.


(妊婦・産婦・授乳婦等への投与) → (thedosage to pregnant woman,woman in childbed,nursing girls)

1. → 1.

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する「妊娠中の投与に関する安全性は確立していない」。 → Toapregnant woman orthewoman who may be pregnant,"I do not establishthesafety aboutthepregnant dosage" to give only when it is judged that remedial benefit exceedstherisk.

2. → 2.

妊娠後期の婦人への投与により胎児動脈管収縮を起こすことがある。 → Imay causethefetus arterial duct shrinkage bythedosage toawoman inthelate pregnancy.

3. → 3.

妊娠後期のラットに投与した実験で、弱い胎仔動脈管収縮が報告されている。 → Bytheexperiment thatIgave toarat inthelate pregnancy, theweak embryo arterial duct shrinkage is reported.


(小児等への投与) → (thedosage to infants)

低出生体重児、新生児及び3カ月未満の乳児に対する使用経験が少なく、安全性は確立していない。 → There is little use experience foralow birth weight child, anewborn baby andthebaby within three months,andthesafety is not established.


(過量投与) → (theexcessive quantity dosage)

1. → 1.

過量投与により肝臓壊死・腎臓壊死・心筋壊死が起こったとの報告がある。 → There isareport that hepatic necrosis,kidney necrosis,myocardium necrosis was caused bytheexcessive quantity dosage.

2. → 2.

総合感冒剤や解熱鎮痛剤等の配合剤には、アセトアミノフェンを含むものがあり、本剤とこれら配合剤との偶発的な併用により、アセトアミノフェンの過量投与による重篤な肝障害が発現する恐れがある。 → There isathing including acetaminophen tothecombination agent such asthegeneral common cold agent or alleviation of fever pain-killer,and,bytheaccidental combination with this agent and these combination agent, aserious liver damage withtheexcessive quantity dosage of acetaminophen might develop.

3. → 3.

アセトアミノフェン過量投与時の解毒(肝障害の軽減等)には、アセチルシステインの投与を考慮する。 → For detoxification(reduction oftheliver damage)intheacetaminophen excessive quantity dosage, Iconsiderthedosage of acetylcysteine.


(適用上の注意) → (attention intheapplication)

薬剤交付時: → Adrug grant:

PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 → Iinstruct you to takethedrug ofthepress through pack out ofaPTP sheet,and to take it(Imakeasplinter case,and it is reported toanesophagus mucous membraneahard acute angle part bythedrinking by mistake ofthePTP sheet that,besides, Iwake up perforation and develop serious complications such asthemediastinum sinus flame).


(その他の注意) → (other attention)

1. → 1.

類似化合物(フェナセチン)の長期投与により、血色素異常を起こすことがある。 → Bythelong-term dosage ofthesimilar compound(phenacetin),Hb abnormality may be caused.

2. → 2.

腎盂腫瘍及び膀胱腫瘍の患者を調査した所、類似化合物(フェナセチン)製剤を長期・大量に使用(例: → Iusetheplace that investigatedthepatient ofarenal pelvis tumor and bladder tumor,similar compound(phenacetin)preparation in large quantitiesalong term(e.g.:)

総服用量1.5〜27kg、服用期間4〜30年)していた人が多いとの報告がある。 → There isareport that there are many people who did)for 4-30 years during 1.5-27 kg of total doses,remedy period.

また、類似化合物(フェナセチン)を長期・大量投与した動物実験で、腫瘍発生が認められたとの報告がある。 → In addition,there isareport that tumor outbreak was accepted bytheanimal experiment that performedalong term, amegadose ofasimilar compound(phenacetin).

3. → 3.

非ステロイド性消炎鎮痛剤を長期間投与されている女性において、一時的不妊が認められたとの報告がある。 → Inawoman givenanonsteroidal antiphlogistic balm for a long term,there isareport that temporary sterility was recognized.


(取扱い上の注意) → (attention inthehandling)

安定性試験 → Stability examination

最終包装製品を用いた長期保存試験(室温、3年間)の結果、外観及び含量等は規格の範囲内であり、コカール錠200mgは通常の市場流通下において3年間安定である事が確認された → Thelast includedtheappearance andthecontent withinthestandard as a result of long-term preservation test(room temperature,three years)usingthepacking product,and,as for 200 mg of co-curl locks, astable thing was confirmed underthenormal market circulation for three years.
posted by arena8order at 01:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1.副作用 → Aside effect is scary.

1141007F1071_000.jpgImage~002.png64f744c0.jpg
#ккк #暗殺? #肝硬変…「薬の"#副作用"」に関連した英語例文の一覧
http://p217.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0930NhWSbdT0VBWY/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E8%2596%25AC%25E3%2581%25AE%25E5%2589%25AF%25E4%25BD%259C%25E7%2594%25A8&_jig_keyword_=%95%9B%8D%EC%97p%20%97%E1%95%B6&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2595%259B%258D%25EC%2597p%2B%2597%25E1%2595%25B6%26b%3D3%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on


商品名 → Brand name

コカール錠200mg → 200 mg of co-curl locks

薬品情報、添付文書情報、成分一致薬品 → Medicine information,attached document information,ingredient agreement medicine


先日、神奈川県藤沢市の隣の大和市の病院で「喘息、気管支炎等の咳の発作が辛い」為に診察の際に処方して貰った薬では改善されない。 → It is not improved withthemedicine which had為which"theattack of coughs such as asthma, thebronchitis is severe" in prescribe it in the case ofamedical examination inahospital in Yamato-shi next to Fujisawa-shi, Kanagawa the other day.

毎日、熱が上がる。 → Heat goes up every day.

辛い咳の発作が治まらない。 → Theattack ofahard cough is not relieved.

家事や入浴等の簡単な動作時の呼吸困難がある。 → There is dyspnea at the time of simple movement such as housework orthebathing.

」等で、5日後の再診の際に処方して貰った薬。 → Themedicine which had you prescribe it in the case of equalで, there-examination five days later.

前回の血液検査時、白血球が17700。 → At the time ofthelast blood test, awhite blood cell is 17700.

夜中に熱と関節痛と涙と吐き気を誘う程の咳の発作で目が覚めた事を伝えたと思う → Ithink thatIconveyed thatIwoke up bytheattack ofthecough asIprovoke heat and arthralgia and tears and nausea at midnight.

父が肝硬変になった薬ではないだろうか。 → Father may bethemedicine which suffered from cirrhosis.

副作用が怖い。 → Aside effect is scary.



コカール200mg → 200 mg of co-curls

メプチン・エアー10цg(吸入100回) → 100 times of メプチン air 10цg( inhalation)

サワシリン・カプセル250 → Sawacillin capsule 250

フスコデ配合・シロップ16ml → フスコデ combination,16 ml of syrup

セネガ・シロップ10ml → 10 ml of Polygala senega syrup

キョウニン水「ケンエー」3ml → Apricot kernel water "ケンエー" 3 ml


http://www.e-pharma.jp/allHtml/1http://www.e-pharma.jp/allHtml/1
http://p223.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0929gYfOrfgXrokU/A?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.e-pharma.jp%2FallHtml%2F1141%2F1141007F1071.htm&_jig_keyword_=%BA%B6%B0%D9%20200&guid=on&_jig_xargs_=Rhttp://p223.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0929gYfOrfgXrokU/A?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.e-pharma.jp%2FallHtml%2F1141%2F1141007F1071.htm&_jig_keyword_=%BA%B6%B0%D9%20200&guid=on&_jig_xargs_=R
一般名 → Generic name
アセトアミノフェン錠 → Acetaminophen lock
規格 → Standard
200mg → 200 mg
1錠 → One tablet
薬効 1141 → Efficacy 1141
神経系及び感覚器官用医薬品 → Nervous system and sense organs government business pharmaceutical products
中枢神経系用薬 → Medicine for central nervous system
解熱鎮痛消炎剤 → Alleviation of fever painkilling antiphlogistic
アニリン系製剤 薬価 7.00 → Aniline system preparation medicine charge 7.00
区分 → Division
製造メーカー → Manufacturer
三和化学研究所 → Sanwa Kagaku Kenkyusho
販売メーカー → Sale maker
三和化学研究所 → Sanwa Kagaku Kenkyusho
用法、用量 → Use,dose
頭痛、耳痛、症候性神経痛、腰痛症、筋肉痛、打撲痛、捻挫痛、月経痛、分娩後痛、がんによる疼痛、歯痛、歯科治療後の疼痛、変形性関節症の鎮痛の場合 → In the case ofaheadache, anearache,symptomatic neuralgia, alumbago, amuscular pain, ablow ache, asprain ache,menstrual colic,分娩後痛, thesharp pain due to cancer, atoothache,sharp pain afterthedental treatment,painkilling ofthedegenerative arthritis
アセトアミノフェンとして、1回300〜1000mgを経口投与し、投与間隔は4〜6時間以上とする。 → As acetaminophen, Igive 300-1000 mg of once orally and do it more than 4-6 hours fortheinterdose interval.
なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日総量として4000mgを限度とする。 → In addition, Iincrease and decrease by age, asymptom appropriately,but assume 4,000 mgalimit forthedaily gross weight.
また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。 → In addition,it is desirable to let you avoidthedosage at the time ofthehunger.
急性上気道炎の解熱・鎮痛の場合 → In the case of alleviation of fever,painkilling of acute upper respiratory infection
セトアミノフェンとして、1回300〜500mgを頓用する。 → As Seto amino fen,頓用 does 300-500 mg of once.
なお、年齢、症状により適宜増減する。 → In addition, Iincrease and decrease by age, asymptom appropriately.
但し、原則として1日2回までとし、1日最大1500mgを限度とする。 → ButIdo it to twice a day as a general rule and assume up to 1,500 mg a dayalimit.
また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。 → In addition,it is desirable to let you avoidthedosage at the time ofthehunger.
小児科領域における解熱・鎮痛の場合 → In the case of alleviation of fever, thepainkilling inthepediatrics domain
幼児及び小児にはアセトアミノフェンとして、体重1kgあたり1回10〜15mgを経口投与し、投与間隔は4〜6時間以上とする。 → Aninfant andaninfant are given 10-15 mg of once per 1 kg in weight orally as acetaminophen and do it more than 4-6 hours fortheinterdose interval.
なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日総量として60mg/kgを限度とする。 → In addition, Iincrease and decrease by age, asymptom appropriately,but assume 60 mg/kgalimit forthedaily gross weight.
但し、成人の用量を超えない。 → ButIdo not exceedthedose oftheadult.
また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。 → In addition,it is desirable to let you avoidthedosage at the time ofthehunger.
用法・用量に関連する使用上の注意 → Attention intheuse in conjunction withause, thedose
幼児及び小児の1回投与量の目安は次記のとおり。 → Theaim oftheonce dose ofaninfant andtheinfant according tothenext note.
1. → 1.
体重10kgの場合はアセトアミノフェンとして100−150mg、0.5錠。 → In the case of 10 kg in weight as acetaminophen 100-150 mg,0.5 tablets.
2. → 2.
体重20kgの場合はアセトアミノフェンとして200−300mg、1−1.5錠。 → In the case of 20 kg in weight as acetaminophen 200-300 mg,1-1.5 tablets.
3. → 3.
体重30kgの場合はアセトアミノフェンとして300−450mg、1.5−2錠。 → In the case of 30 kg in weight as acetaminophen 300-450 mg,1.5-2 tablets.
「小児科領域における解熱・鎮痛」の効能・効果に対する1回あたりの最大用量はアセトアミノフェンとして500mg、1日あたりの最大用量はアセトアミノフェンとして1500mgである。 → As forthemost large dose per once foraneffect, theeffect of "alleviation of fever, thepainkilling inthepediatrics domain",500 mg, themost large dose per day are 1,500 mg as acetaminophen as acetaminophen.
効能、効果 → Effect,effect
1. → 1.
次記の疾患並びに症状の鎮痛 → Painkilling ofthedisease ofthenext note andthesymptom
頭痛、耳痛、症候性神経痛、腰痛症、筋肉痛、打撲痛、捻挫痛、月経痛、分娩後痛、がんによる疼痛の鎮痛、歯痛、歯科治療後の疼痛、変形性関節症の鎮痛。 → Aheadache, anearache,symptomatic neuralgia, alumbago, amuscular pain, ablow ache, asprain ache,menstrual colic,分娩後痛,painkilling ofthesharp pain due to cancer, atoothache,sharp pain afterthedental treatment,painkilling ofthedegenerative arthritis.
2. → 2.
次記疾患の解熱・鎮痛 → Alleviation of fever,painkilling ofthenext note disease
急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)。 → Acute upper respiratory infection(including acute upper respiratory infection withtheacute bronchitis).
3. → 3.
小児科領域における解熱・鎮痛。 → Alleviation of fever, thepainkilling inthepediatrics domain.
副作用 → Side effect
重大な副作用 → Serious side effect
1. → 1.
ショック、アナフィラキシー様症状 → Shock,anaphylactoid symptom
ショック、アナフィラキシー様症状(呼吸困難、全身潮紅、血管浮腫、蕁麻疹等)が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 → Becauseashock, ananaphylactoid symptom(dyspnea,whole body tide rouge,angioedema,hives)may appear, Iperform observation enough and cancelthedosage when abnormality is recognized and perform appropriate measures.
2. → 2.
中毒性表皮壊死融解症(ToxicEpidermalNecrolysis: → Toxic epidermis necrosis myelinolysis(Toxic Epidermal Necrolysis:)
TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens−Johnson症候群)、急性汎発性発疹性膿疱症: → TEN),oculomucocutaneous syndrome(Stevens-Johnson syndrome),acute generalized exanthematous pustulosis:
中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、急性汎発性発疹性膿疱症が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 → Because toxic epidermis necrosis myelinolysis,oculomucocutaneous syndrome,acute generalized exanthematous pustulosis may appear, Iperform observation enough and cancelthedosage when abnormality is recognized and perform appropriate measures.
3. → 3.
喘息発作の誘発 → Induction oftheasthmatic attack
喘息発作を誘発する事がある。 → Imay causeanasthmatic attack.
4. → 4.
劇症肝炎、肝機能障害、黄疸 → Fulminant hepatitis,liver function disorder,jaundice
劇症肝炎、AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、γ−GTP上昇等を伴う肝機能障害、黄疸が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 → Becausealiver function disorder,jaundice to be accompanied byafulminant hepatitis, anascent of AST(ascent of GOT), anascent of ALT(ascent of GPT), anascent of γ-GTP may appear, Iperform enough observation,and abnormality cancelsthedosage when it is admitted and performs appropriate measures.
5. → 5.
顆粒球減少症 → Granulocytopenia
顆粒球減少症が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 → Because granulocytopenia may appear, Iperform observation enough and cancelthedosage when abnormality is recognized and perform appropriate measures.
6. → 6.
間質性肺炎 → Stroma-related pneumonia
間質性肺炎が現れることがあるので、観察を十分に行い、咳嗽、呼吸困難、発熱、肺音異常等が認められた場合には、速やかに胸部X線、速やかに胸部CT、速やかに血清マーカー等の検査を実施し、異常が認められた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行う。 → WhenIperform observation enough because stroma-related pneumonia may appear,and coughing,dyspnea,fever,pulmonary sound abnormality are recognized,chest CT carries outtheinspection such as serologic markers immediately immediately,and abnormality cancelsthedosage when it is admitted,andachest radiograph performs appropriate measures such asthedosage oftheadrenal cortex hormone drug immediately.
7. → 7.
間質性腎炎、急性腎不全 → Stroma-related nephritis,acute renal failure
間質性腎炎、急性腎不全が現れる事があるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 → Because stroma-related nephritis,acute renal failure may appear, Iperform observation enough and cancelthedosage when abnormality is recognized and perform appropriate measures.
その他の副作用(頻度不明) → Other side effects(frequency ignorance)
1. → 1.
血液 → Blood
血小板減少、血小板機能低下(出血時間延長)[このような症状(異常)が現れた場合には、投与を中止する]、チアノーゼ等。 → Thrombopenia,platelet function drop(bleeding time extension) [when such symptom(abnormality)appears, Icancelthedosage],cyanosis.
2. → 2.
消化器 → Digestive organ
悪心・嘔吐、食欲不振等。 → Nausea,vomiting,inappetence.
3. → 3.
その他 → Others
過敏症[このような症状(異常)が現れた場合には、投与を中止する] → Hypersensitivity[when such symptom(abnormality)appears, Icancelthedosage].
posted by arena8order at 01:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。