2013年09月03日

ккк огдХ омХ 処刑 中国禁_完整版

20120106_2980050~001.jpgImage~010.jpg20120501-14.jpg
#ккк #огдХ #омХ #ТРР #処刑 #朝鮮工作員 #フィリピン #XXX

【中国禁】11月23日完整版【中国禁_完整版】 - YouT
http://m.youtube.com/watch?v=PPYmS8Svwlw&fulldescription=1&gl=JP&hl=ja&guid=&client=mv-google



翻牆 自由門 無界 部落谷: http://goo.gl/IoHz0 http://goo.gl/Pv2Tb 霹乾坤 http://goo.gl/KdgXv 粉佳人 http://goo.gl/XFFx3 方羽 http://goo.gl/OnP7Z http://www.ntdtv.com/xtr/b5... ttachanel 翻牆
【中国禁_完整版_翻牆_news presents】11月23日【中国禁】完整版

【新唐人2012年11月24日】11月23日【中国禁】完整版


11月22日【中国禁】完整版

11月21日【中国禁】完整版

11月20日【中国禁】完整版

提要:
助刺激器官捐 被批:掩人耳目
感恩 中国民的感恩与不感恩
《外交学者》:做好中共台准

中国后院起火? 蒙古入欧安

中国后院起火? 蒙古入欧安

中国后院起火了?中国北方的国蒙古,11月22号正式加入"欧洲安全与合作(OSCE)"。个的成国包括欧洲国家、解体后国家,以及美国和加拿大,是一个包括所有欧洲国家和北美的安全机,使命是,成国就欧洲事、特是安全事提供磋商平台。 《美国之音》23号,有,美国主的欧安和北一,"拉蒙古,遏制中国"的意"不言而"。因蒙古位于中俄之,的略冲地位非常重要,此,美国在蒙古立了国和中心,并从2003年起同蒙古行一系列事演。指出,蒙古期在力范之内,解体后,蒙古行了多党民主制并改善和美国的系。而蒙古和中国的系近年也展很快,中国已取代俄斯,十多年成蒙古最大易伴国。不,分析人士表示,因蒙古感到在中国和俄斯之,有点力,因此需要更多的略空,而提出"第三国"概念。近年来,蒙古上将一些国和地区安全也看成是"第三国"。

申冤遭拘留 云南公安撤

今年9月8号,在中共理温家宝到云南省彝良察地震情,有20多村民跪在路上,住温家宝的喊冤,然当温家宝表示,是民的基本利,不要阻,但是事后,彝良公安局首的女梁永,以行政拘留7天。11月23号,云南昭通市公安局在网站出消息表示,当局于21号"撤梁永作出的行政拘留决定"。有媒体,梁永了1000元保金,才被提前放。不,个案子引起大网友的和,当地警方随后把保金退回了梁永。

京探望儿子被教 子微博求助

重当局放了因"微博被教"的村官任建宇,最近,又再呼吁州公安尽快放"北京理工大学"研究生郭大的母梅福。郭大母京探望儿子,被当成情人教所,再一次令中国民"教制度"的法性和随意性。《美国之音》,郭大在微博上:50多的背着家的油、核桃到北京看他,回家在北京火站候大由于衣着破旧被以不法分子,身后,由于曾情,被定再次情,被州市公安局回州,教一年并拒属探望。郭大的微博立即被中国网民数千次,同引起中国媒体的注。

/周平

助刺激器官捐 :掩人耳目

22号,中国生部副部黄夫在广州表示,中国正在建符合中国国情的器官捐献和移植体系,并脱死刑犯器官捐献的依,中国的器官捐献体系将考入一定的刺激机制,予捐者一定的。不民,中国人保持完尸及入土安的,不会有人自愿捐器官,更不会了助去捐献器官。那,中共当局个作法如何施?看本台者的分析:

据国内媒体,正在广州参加会的中国生部副部黄夫,天主刀器官移植手。黄夫表示,中国将以免住院医用及困救助、学惠、税收免等措施,来刺激中国民捐器官,建符合中国国情的器官捐献和移植体系,脱死刑犯器官捐献的依。

河北人士包先生:"平白无故我捐他干?捐他我得死,胡涛、近平,我也不捐他。"

安徽人士朱先生也表示,他不相信黄夫的,他个所的器官捐献和移植体系是在掩人耳目。

http://youtu.be/PPYmS8Svwlw



関連動画


〓 法律教育:槍決死囚現場與武警

1:30 高評価 1 人、低評価 7 人

投稿者: Haoaoq Liu

33,243 回再生



〓 【禁】十八大高得票常委未当【中国禁_十八大_汪洋】

4:10 高評価 3 人、低評価 3 人

投稿者: ttachanel

7,786 回再生



〓 【禁】汪洋李源潮何出局【中国禁_十八大_汪洋_李源潮】

4:54

投稿者: ttachanel

3,450 回再生



〓 澳媒:江民家族狂架中国【中国新_江民真相】

4:38 高評価 1 人、低評価 0 人

投稿者: ttachanel

2,178 回再生



〓 【禁】三幕僚佐新主近平如何破局【中国熱點視頻_中国禁】

4:21 高評価 1 人、低評価 1 人

投稿者: ttachanel

6,423 回再生
posted by arena8order at 17:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

voodoo voodooism ブードゥー教 呪術…工作員

Image~098.jpgImage~095.jpgImage~092.jpgImage~100.jpgImage~089.jpg
#voodooism #ブードゥー教儀式 #Voodoo ceremony #呪術 #Black_art #ブードゥー教
http://p144.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0903eWfIKmWfGsUH/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E3%2583%2596%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2589%25E3%2582%25A5%25E3%2583%25BC%25E6%2595%2599&_jig_keyword_=%83u%81%5B%83h%83D%8B%B3%20%97%E1%95%B6&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2583u%2581%255B%2583h%2583D%258B%25B3%2B%2597%25E1%2595%25B6%26b%3D3%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on #ккк #ЛХ #огд #ом #люхор #шшш #Н #H #XXX

ブードゥー教 → Voodoo
(Voodoo、Vaudou、Vodou)

西アフリカのベナンやカリブ海の島国ハイチやアメリカ南部のニューオーリンズなどで信仰されている民間信仰。 → Thefolk belief that is believed in in New Orleans of Benin of West Africa and Caribbean island Haiti and Southern U.S.

voodooism → voodooism

ブードゥー教儀式 → Voodoo ceremony

呪術 → Black art
posted by arena8order at 11:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴードゥー教 2

Image~096.jpgImage~003.gifImage~097.jpg
#ккк #люхор #ом #огд #XXX

西アフリカ地方では 嵐も大地も火、森 水 海など事象すべてが 神秘性を帯びその対象となった。

また神々の多くは 双子であり その神を生み出したマウ・リサも男女の統合性を持って成り立っていることから 双子に対しては 豊饒をもたらし未来を予見できるものと言う意味が与えられている。

ダホメーの神々で広く親しまれていたのは レグバと言う神でハイチでも 同じ名前で知られている。

フォン族の創世神話によると マウ・リサが生み出した神々のうち末子であるレグバにだけは 支配領域が与えられなかった その代わりに言葉を与えられたのだった。

従ってレグバは 最高神と人間の間を取り持つ仲介者 十字路や境界 家屋や神殿の入り口の守護神であった。

また人間社会から死者の国まで行き来する放浪者でもあった。ダホメーやハイチにおいて 儀礼の最初にレグバの名前が唱えられる。

また レグバは 悪戯者としての逸話が残る。

レグバの悪戯によってマウ・リサは天上に昇ることになったが レグバの行いが 権力に萎縮しない姿勢と捉えられ ハイチのアフリカ奴隷たちにとって力強い存在となっていく。

16世紀後半になると エスパニョラ島に対する意識は 醒めてゆく。

1521年 フェルナンド・コルテスによるアステカ王国征服をかわきりに 大陸部に注目が集まると 労働力も豊富な先住民のインディオ達を利用することができた。

スペイン人の関心が 他の地域に移ると フランスをはじめ イギリス オランダがこの地域を支配するようになる。

1629年カリブ海を荒らすフランス人とイギリス人からなる海賊が エスパニョラ島の北西の島に拠点を置き スペイン商船を頻繁に襲った。

スペインは、討伐を試みたが 海賊はその度に結束を固め 母国フランス、イギリスの国王から支持され勢力を強める。

1659年ごろからフランス人が エスパニョラ島西部の過疎地への侵入を始めた。

フランス王ルイ14世は、フランス西インド会社に島の統治を委任し 事実上 フランスがこの島を占有することになる。

その頃、フランスとの闘争で消耗しきっていたスペインには、奪回するほどの力は 残っていなかった。

その後 フランスから農業経営者が続々と入植し タバコ栽培に力が注がれた。

一時は衰退の途であったエスパニョラ島は フランス政府の保護の下 サトウキビから作られる砂糖産業で盛り返した。

ヴードゥー教は、カトリックの影響以外に ガリア地方に広まっていた多神教、ドルイド教の影響も受けていたとも言われている。

紀元前58年、ローマの執政官であるユリウス・カエサルは、ガリア地方の総督に任命された。

野心家のカエサルは、管轄外の中部・北部フランスへの征服戦争にも精力を注ぎこんだ。

ガリア人達は単一の宗教(ドルイド教)を信仰する民族としての連帯感を持ちながらも、政治的には統一されておらず、小国どうし 絶えず小競り合いを繰り返していた。

カエサルはそれらの個々の小国との交渉や戦いを試み ローマと自分に対して完全に忠実な属州を拡大していく計画であった。

カエサルは、その計画の一段として ガリア地方に膨大なローマ軍を送った。

しかしガリアに駐屯するローマ軍を養うのはガリアの民衆であり 彼等に重い負担がかかった。

また彼等の信仰するドルイド教を カエサルが非常に嫌ったことで彼等はローマに対し反感を抱くことになる。

紀元前54年、ガリア人の反乱の気配を感じたカエサルは、あらゆる手段で自らの計画を遂行しようと属州に平静さを保たせようと努力をしたが、ドルイド教とともにガリア地方を平定するのは困難になった。

キリスト教がガリア地方に浸透した4世紀以降もなお、ドルイド教の伝統は、根強く残っていた。

アルルの公会議(452年)から、カール大帝によってアーヘンで公布された法令(789年)に至るまで、キリスト教は繰り返し樹木、泉、巨石などを崇拝することを厳しく禁じていたが *ドルイド教の伝統は、キリスト教側にとって無視できない現実だった。

それゆえ、キリスト教徒たちが、ドルイド教の聖地を自分たちの聖地として、そこかしこに聖堂を建てるとき、民間信仰との衝突は、避けねばならなかった。

そこには原始的な、土着信仰、聖石、聖水、聖樹崇拝、また、生活の一部となった安産、病気治癒などを期待した人々の信仰を消し去ることはできなかった。

バロン・サムディ男爵やフェッテ・ゲデという行事には、ドルイド教の影響がみられ それらにアイルランドで蛇を退治した聖パトリックをはじめとする 民衆キリスト教が複合的に加わった形で ヴードゥー教は、熟成されていく。

hexdeath 毒、或いは物的動因を密かに投与された事によるもの。

被害者の肉体的要素と感情的要素との関係によるもの。

或る特定の文化における社会反応によるもの 超心理学的影響によるもの。

ヴードゥーの死(hexdeath)は、黒魔術或いは、禁忌を破ったことがもとで魔力や呪いによって死ぬことである。

呪医や祭司が自分を指か骨で指し示したり呪ったりする事で死が訪れると信じるものは 恐らく死ぬであろう。

これを西洋医学では救うことはできない。

呪われ死は主として自己充足の予言である人類学者 ジョウン・ハリファクス・グロフは、呪われ死を研究し理論づけている。

毒物的動因は、魔術的儀式などの際 犠牲者が死んでも 薬品や毒のせいであり 決してのろいの類とは言えない。

しかし二つ目の肉体的感情的要素については、恐怖のためにしに至ることを述べている。

ストレスは アドレナリンを大量に分泌する。

一般的に人間の身体は、戦うか逃げるかを決定するがどちらも できない場合 ショック状態に陥り 血圧の低下 免疫組織の損傷などダメージを受けることになる。

また激しい怒りも身体に影響を与え 自分が呪われていると信じてしまうことで 軌道修正ができないまま 無力 無能 絶望 無価値などの感情に苛まれ やがて死んでしまうのである。

これを心理学者は 諦めコンプレクスと呼ぶ。

呪われ死は、文化的名決定要素が犠牲者自身の知覚と同じくらい大きな役割となる。

一度呪いをかけられると犠牲者は 日常の社会から身を引かなくてはならない状況になり隣人達の目に触れることがなくなる。

呪いをかけられた者は 落胆し死を予期するのである。

多くの家族や友人が 助けようと努力をするにもかかわらず結局は 死に至る。

ハリファクスは、この状態を 呪術師が何らかの方法で犠牲者とテレパシーをつなぎ精神をコントロールしていると推測している。

もし心霊療法が上手くいくなら 心霊殺人も可能なのだ。

呪医のもっとも邪悪な行為に 人の影を盗む方法がある。

魂を奪い神聖なカポックの木に釘で留め打つことで 犠牲者は生きる欲求が失せてしまう。

フランスの人類学者 アルフレッド・メトロは、ハイチで「死者の遣わし」について観察した。

この現象は、墓所の神 サムディ男爵が 呪術師に憑依し その呪術師が 依頼人に真夜中の共同墓地に捧げものや 一すくいの土や石を持ってくるように命令する。

呪術師は 犠牲者の通る道や 家に土や石を投げる。

自分が呪いをかけられていると気づいた犠牲者は 間もなく痩せ細り血を吐き 死んでしまうと言われている。

これらの場合 善なる魔術で呪縛を返すことで犠牲者の多くは救われる。

信じ行動する精神的な力が 伝統的論理や 科学的合理性の立場で他のあらゆる試みに勝る。

しかし 世界中の呪術師が 犠牲者が魔力に気付くことなく呪われ死を実践し死に至らしめることを可能と強く主張している。


基本的ロア

ダンバラー・ウェド

豊饒・幸福 富 家庭の安寧、愛情を司る。

知識と創造物すべてに隠された謎を表すとされる蛇に象徴され 川 泉 滝など水を支配する。

儀礼では 主に つがいの白い鶏と多産の象徴である卵 甘い酒 牛乳が供物として捧げられる。

この神に憑かれた者は 「シュー」と言う音をたてながら 地面を這い回る。

アイダ・ウェド

虹 雨 清水を司どるダホメー起源の女神で ダンバラーの妻でもある。

大地の自ら生じる虹として表されることから 神々の世界と地上を結ぶ多色の道として働く。

主に 水辺を住処としダンバラーとアイダは 二匹の直立した蛇として表される

レグバ

十字路 街路 交通 交信  または 太陽の上る場所や方位 扉 垣根 入り口などを司る。

これら事象は 神の世界と人間社会を繋ぐもの 或いは 交わる場所として重要なものであり 神の世界と人間社会を行き来する放浪者であり通訳でもある。

ヴードゥー教のあらゆる儀礼では レグバの名が唱えられたのち 人間を神から隔てるベールを取り払う。

十字架 或いは、藁袋をもったり 水を撒く みすぼらしい老人で 太陽が 象徴である。

エルズュリ・フレイダ

愛 女性美 多産などを司る女神 ギリシアのアフロディテと同様 海の神々に属すといわれたが 次第にそこから離れ川岸に棲んでいる。

象徴は、矢で射抜かれている心臓が用いられ 美しい皿や口紅や化粧品、櫛などが供物にされる。

しばしば 聖母マリアとして描かれる。

エルズュリから憑依されたものは 絹のローブを身に纏い 香水をふりかけ男性を挑発的行為で誘惑する。

またエルズュリの祭壇を家に持たない女は 夫を手にする事は不可能だとも言われている。

メトレス・エルズュリ

愛 女性美 富を司る女神だが 同時に嫉妬 不一致 虚栄心といった悪徳も持ち合わせている。

宝石や香水を好む。

彼女は しばしば 黒い肌を持つ 美しいエチオピア人女性として 描かれるが その理由は 灼熱の太陽であるレグバとの接触で 肌がやけたためと言われている。

ザカ

農業と雷を司る。

畑に住んでいるザカは、貪欲で猜疑心が強く 都会人に敵意を持つ農民である。

農耕の道具の斧や籠が その象徴とされる。

憑依されたものは 好物の酒をのみ粗野な言葉を吐くようになる。

ロコ

植物や薬 治療などの知識を司る。

薬草医の守護神である。

医者のもとに病人がやってくると 必要な薬草や病気の原因を教えると言う。

生贄には 灰色の雄鶏を捧げる。

ソボ

雷を司り ピエール・トネールと言う霊力を表す石を操り 治癒力を持つとされ神聖視されている。

この石は ソボが稲妻を地上に走らせ 露出している岩を砕いたものだとされているが 先住民族のアラワク族の石信仰に由来するものだとも言われている。

マラッサ

双子のロアで人間の永遠性を象徴する 儀礼の際に描かれる紋章は 十字に交わる二本の線から成り 水平線は 人間を死すべきものと 不死のものとに分け 垂直線は 男と女をとに 分けている。 

ゲデ

死とかかわりのあるすべてのもの 放蕩 好色などを 司る。 

バロン・サムディなど 死を司るロア集団の総称。

主に墓地や十字架を住処とし 黒い山高帽と黒いズボンで身を包んでいる。

葉巻をふかし 胡椒やナツメグの入った酒を好む。

ゲデに対する信仰は とくにハイチ南部や西部の貧しい地域で見られ 権力者をあからさまにあざ笑ったり 真実をあけすけに 喋り捲ったりといった性格をもつ。 

信者には みすぼらしい格好をさせたり 女性に断層をさせたりと陽気なトリックスター的存在として人気がある。

象徴物は、十字架 頭蓋骨 鶴嘴 シャベルで生贄や供物は 黒い牝山羊と牝鶏 塩漬けのタラ 憑依の形は 馬が飛び跳ねる激しい動作が繰り返される。

バロン・サムディ

死者の神で 墓地を司る。 

しばしばゲテと同一視され 祭壇には 十字架が飾られる。

マリオネット

邪術師であるボコールと結びつくロアで夜を象徴する。フクロウの姿で表され 黒い色の動物を生贄に捧げる。

アグゥエ

海を支配し 海の生き物や航海を司る。

このロアは 奴隷となったアフリカ人の祖国に対する郷愁とともに語られる。インディオたちの角笛 奴隷達に蜂起を呼びかける法螺貝が 象徴である。

ハイチでは、自分が選んだ人間をさらって 水の下の国へ連れて行くという言い伝えがある。

憑依の形は 泳いだり漕いだり 潜ったりとの仕草を行う。

ロアの多くは 自然神として存在し 水や植物と言った自然とのかかわりの中で 語られることが多い。 

ハイチでは ロアが棲む水辺は 神聖な場所でもあり 聖地とされる滝や泉や池を 巡礼の対象としている。

雨季が明けると巡礼の季節になり各聖地では ロアを祝う祭りが行われる。

ソー・ドーの滝ではダンバラーやアイダが礼拝され 滝にかかる虹は吉兆の表れだとされ 滝へと続く参道には、毎年露店が並び 蝋燭や薬草が売られている。

人々は 聖なる木とされるマポーの木に蝋燭をともし祈りを捧げ落差40メートルの滝にうたれる事が あらゆる不幸を洗い流し 子供を授かり 病気を治すと信じている。

またハイチ北部の プレジノールの池では 毎年7月にオグンの祭りが行われる。

人々は 泥水の池に身体を浸し ロアと交わる。池のほとりのマポーの木の下では、牡牛が生贄にされ オグンに捧げられる。 

太鼓が打ちならされる中 牡牛が頭部を強打され 池に倒れこむと その喉元を刺し流れでた血を 池の中の信者達に振りまく。

人々は やがて歓喜と陶酔にひたってゆくのである。

ヴードゥー教では 水は生命の源 土は 豊饒の実りを意味し その混じりあった泥から 生命力と治癒の力を得るものと信じている。


*ドルイド Druid

ガリア、ブリテン諸島の先住民族であるケルト人の宗教。

霊魂不滅・輪廻を信じたといわれるが、口伝によったため教義・儀礼の詳細は、ほぼ消滅。

フランスが キリスト教化される4世紀以前 ガリア地方と呼ばれたこの地の土着信仰は、ドルイド教一色であった。

ドルイドとは 聖なるものの存在が 樹木(樫 ブナ ヤドリギ)や泉や小川 石 巨石などの自然の中に宿り それらを神とし崇拝していた多神教であり土着の信仰であった。

ヨーロッパでオークの木を聖木として崇めた人々で様々な名称で呼ばれていた。

ギリシア神話では、「ドリュアス」は、オークのニンフで 一人一人に樹木霊を持ち 神託を告げる巫女であった。

彼女達は、自分の木の下に棲み時に蛇の姿で現れると言われた。

北欧のいたるところにあるドルイドの森において 彼らは サモトラケ島の狂宴に似た儀式を行っていたと言う。

ドリュアストドルイドの儀式は、起源の同じ宗教の二つの面を表すに過ぎず 初期の母権制社会の段階では その儀式に参加できるのは女性聖職者に限られていた。

それが後代、男性聖職者にも開放されることとなる。

オークの森で儀式を行ったガリアやグレートブリテンの聖職者達は、吟唱詩人で魔法使いでもあるという一団を形成した。

ドルイドたちが口にした古代の半ば呪文のような文句と 呪術師や産婆が後世 口にした呪文とは 相通じるものがある。

いずれもその起源は、ヴェーダーのような聖なる賛歌にある。

こうした賛歌は、学問の蔵であって ドルイドの師や占い師の口から語られドルイドの学校で口伝された。

書き残された書物や文字は 殆ど見つからず戦での勝利者の断片的な記録の僅かなものでしかない。

ドルイドは、異教であるため そして巫女を聖職者の段階に所属させるため キリスト教に攻撃される事となった。

アイルランド人は 名目上キリスト教徒となったが 何百年にも渡り ドルイド教崇拝をやめなかった。

アイルランド人が崇拝した異教の王ディアムイドは、半ばドルイド教 半ばキリスト教徒であると言われ聖パトリックの伝説を好ましいものにするため修道士たちは、聖パトリックがドルイド僧によって教育されたと主張した。

ドルイドの巫女達は、時間の経過と共に キリスト教の修道女と言う名称に変わっていく。

ある高位の集団は、ブリジットの巫女同様に 聖所に住み永遠に燃え続ける火の世話をし一生を終えた。

次の階級の者たちは 結婚もし時々夫の下に戻るという形をとっていた。

三番目の階級の者達は 神殿の召使で 家族と住んでいたが キリスト教が 広まるにつれ高位の巫女は 修道女として吸収され それ以外は 魔女とされた。


参考書籍

神話・伝承事典― 失われた女神たちの復権 バーバラ ウォーカー(著),山下 主一郎(翻訳),栗山 啓一(翻訳),中名生 登美子(翻訳),青木 義孝(翻訳),塚野 千晶(翻訳)
移民の一万年史

人口移動・遙かなる民族の旅 Guy Richard(原著),藤野 邦夫(翻訳),ギ リシャール

ヴードゥー教の世界
ハイチの歴史と神々 立野 淳也(著)

魔女と魔術の事典
ローズマリ・エレン グィリー(著),Rosemary Ellen Guiley(原著),荒木 正純(翻訳)小倉 美加(翻訳),桑野 佳明(翻訳),竹中 隆一(翻訳),松田 英(翻訳),小沢 博(翻訳),田口 孝夫(翻訳),村里 好俊(翻訳)
posted by arena8order at 09:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴードゥー教 1

Image~089.jpgImage~091.jpgImage~094.jpg
#ккк #ом #люхор #XXX

#ヴードゥー教
http://p203.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0903djXR5rrmjjpM/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.d2.dion.ne.jp%2F%7Eotoyo%2Fvoodoo.htm&_jig_keyword_=%83u%81%5B%83h%83D%8B%B3%20%90%B6%82%AB%95%A8&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2583u%2581%255B%2583h%2583D%258B%25B3%2B%2590%25B6%2582%25AB%2595%25A8&_jig_source_=srch&guid=on



ヴードゥー教

ヴードゥー教の創世神話 最初は 大蛇しか居なかった。

七千巻きのとぐろを持つ蛇は、地下に横たわり 世界が底なしの海に転落するのを防いでいた。

やがて大蛇は、天にの昇り宇宙を取り巻いた。

そこで蛇は、星とあらゆる天体を解放ち また地上あっては、万物を形作り 地表に川を刻んだ。

川は、血管のように全ての生命の精が流れる通路となった。

灼けるような熱の中で 蛇は金属を鍛えた。

そして再び天に戻ると地上に稲妻を走らせ 神聖な石を誕生させた。

その後 蛇は太陽の軌道に横たわり 太陽の本性に関るものとなった。

蛇は、その幾層にもなった皮膚の下に永遠の命の泉を持っている。

蛇は、天から水を降らせ 人が子を育てる川を満たした。

水が地を打つと 虹が生じ 蛇はこの虹を妻に迎えた。

彼らの愛は絡み合い 宇宙にまたがる螺旋となった。

そして彼らは、血を活きづかせる霊を誕生させた。

女達は、その聖なる血を胸で濾して乳を作ることを学び 男達は、それを睾丸を通して精液を作った。

蛇と虹は 女達に月一度のその恵みを思いださせ 男達には 腹が膨れて新たな生命を生み出すよう その流れを堰き止めることを教えた。

そして最後に 人々が霊となって蛇の持つ知恵を 持てるよう聖体としての血に与る事を教えた。


ヴードゥー教は、ロア(Loa)と呼ばれる多数の神的存在に対する信仰と憑依を伴う儀礼を特徴とし 教祖、経典は存在しない。

『ハイチのヴードゥー教』の歴史は、植民地となった地にアフリカ人の奴隷が導入され始めた16世紀初頭に始まる。

彼らは、祖国アフリカの部族宗教と植民宗諸国フランス、スペインのカトリックの影響を受けながら独自の形を成してゆく。

その後、ニューオリンズ、北アメリカ南部にも伝播していくが、ヴードゥー教の歴史は、ハイチの人々と深く結びついている。

信奉者は、世界中で推定5000万人、神々は、日常生活のあらゆる場面に現れる。

信者は、その神々を喜ばせることで 富や健康、そして霊的な充足感を得ることができると言われている。

神々は、儀式の間 信仰者への憑依という形で介し語りかける。

アフリカ人奴隷の行う宗教的実践活動は、白人の雇い主を面白がらせたが それを不安に思った白人達は、直ぐに実践を禁止させ 少人数の集会も処罰の対象とした。

白人雇い主は、アフリカ人奴隷達が持つとされていた動物性から 救うべくカトリック教徒としての洗礼を施した。

だが処罰や刑罰を含んだカトリック教化は、アフリカ人奴隷の実践活動を単に地下に潜ませるだけで、表面的なカトリック教徒を装う彼らの活動は 深い森の奥で頻繁に執り行われていた。

密かに行われる神々への祈りは、伝統を守りつつも 新たな一ひねりを加えながら展開されていく。

こうして 伝統的なカトリックの聖人と神への崇拝、そしてアフリカの神々との混交は、ヴードゥー教を習合状態にしてゆく。

聖パトリックからとりなしを求めることができた一部のアフリカ人奴隷たちには アイルランドで蛇の追放に成功した聖人パトリックの存在で 呪物としての蛇神ダンブハーラ・ウェド崇拝の傾向は、みられない。

ヴードゥー教の儀式は ロアを具現化した形で行われるが、それぞれ集合体で異なった儀式と式典を取っている。

〇ラダの儀式 比較的アフリカの伝統に従った穏やかで積極的なロアの属性を強調している。

信者は式典に全身白の衣装で参加し 犠牲に供される動物は、ヒナ鳥 山羊 雄牛が選ばれ これらの血を分け飲む。

牛革をはった三つの太鼓を用い 詠唱にリズムが加わる。

三つの太鼓は、太陽もしくは三つの大気を表し 一番大きなものは マンマンと呼ばれ彩層と関係している。

次に大きなものはセコンと呼ばれ光球とかかわりがある。

更に小さなものは ブ・ラと呼ばれこれは 太陽の核である。

三台の太鼓はバチで叩かれ 繰り返されるリズムは どの儀礼であっても 一番鳴り響く組み合わせの音楽的リズムである。


〇ペトロの儀式 起源は 奴隷時代にハイチで起こった。

ペトロという名は、ドン・ファン・フェリペ・ペドロから来ていると言われている。

この人物は スペイン人のヴードゥー教司祭で やや激しい踊りの様式を式典にもたらした。

ペトロの実践活動は、激しい崇拝式と礼服と顔に赤色を使用することが 含まれている。

これは サン・ドミニクに当時住んでいたアラワク族 カリブ族インディオに由来している。

ペトロは その他のロアより威嚇的で破壊的であり短気な傾向を持つ。

ペトロには、豚が犠牲に供される。

ペトロの信者は、二つの太鼓しか用いず はられた山羊の革を手だけで叩く。

太鼓は 食人習慣や悪霊的であると考えられていて そこから繰り出すリズムは 魔術操作において 非常に調節が難しく危険なものだとされている。

第一の太鼓は 雷鳴を伴う稲妻とその守護神と同一視され 第二の太鼓は落雷を受ける世界の極と同一視されている。

神殿の形態は どのようなものでも良く 正式な建物でも 家の裏 深い森の奥など指定された場所で執り行われる。

神殿内部には、祭壇と入会者が独りで行う、瞑想様の場所が設けられ 祭壇の石は 『ぺ』と呼ばれ蝋燭と先祖霊を入れる小さな壷で覆われている。

祭壇は、多くの食べ物 飲み物 コインなどが優雅に供えられる。

壁と床には 入念に色彩が施されたヴェヴェと呼ばれる絵模様が描かれている。

ヴェヴェは、大変美しく 崇拝しているロアの象徴とオカルト的印を織り込んでいる。

ロア「レグバ」」をあらわすヴェヴェには、十字架がみられ ロア「エズュルリ」は心臓、ダンバラーは 蛇、サムディ男爵には 棺が描かれた。

儀式用の旗は、天上からぶら下がっている場合と壁にかかっている場合とがあり、またカトリックの聖人の絵とも並んでいるが ヴードゥーの教の位の低い神々の化身と同列に飾られてる。

ヴードゥー教神殿には、中心の象徴である中央の柱が見られる。

これは、天空から地獄へと連なる中心でありヴードゥー教魔術の宇宙軸である。

これを ポト・ミタンと呼び 公正の木、善なるものの木と訳される。

通例は、木製で ソクルと言われる環状の石積みできた柱礎に埋め込んである。

この柱は 色とりどりの装飾と 蛇のダンバラーと彼の妻 アイダ・ウェドを表す意匠をつけている。

幾何学的には、中央の柱と屋根とで 正方形 円 十字 三角形を成し 魔力的な力を加えている。

またヴードゥー教信者たちにとっての樹木は、神が外に現れた姿であり それ自身が神として敬われ 樹木の根元にも 食べ物 飲み物 コインの供物を捧げる。

ヴードゥー教の魔術は 善悪問わず両方の目的で使用される。

これは、ユダヤ哲学の二元論とは異なり ヴードゥー教の悪は 単に善の鏡像に過ぎない。

霊を使う魔術は、もしそれが邪悪な目的であっても それを禁止することはない。

奴隷時代を超え アフリカの部族王国にまで遡ると実際のヴードゥー教の力は 秘密結社にあると言う。

誓いは、血を持って行われ 実践者は完全に秘密を厳守することを強いられる。

違反者は 秘儀のどれを漏らしたとしても死を覚悟した。

一番恐れられている秘密結社は、逃亡奴隷の集団から起こった「マルーン」一団である。

山中に隠れ 夜どうし秘密裏に集会を持つと噂された。

構成員を入念な儀式と合言葉で確認し それが終わると墓場のロア、「サムディ男爵」にささげる熱狂的踊りを催した。

一方合言葉を言えない旅行者などは、人身御供(角のない山羊)或いは ゾンビ化の候補となった。

ヴードゥー教のロア「レグバ」は、しばしばイエスと同一され 食用の人身御供として勤めを果たすため十字架にかけられ死んだと信じられている。

「我が肉体・我が血。我を追懐し とりて食せよ。」 ハイチを舞台にした グレアム・グリーンの短編『喜劇役者』が、1967年映画化された。

このときの俳優は、リチャード・バートン エリザベス・テーラー アレック・ギネスであった。

しかしこの映画が気に食わぬと 俳優達の人形をつくり針でさして呪ったある者がいた。

彼の名は、フランソワ・ドヴァリエ、内科医で1957年から死ぬ日まで ハイチの大統領を務めた。

彼が 権力基盤を確保するため行ったことは、赤と青の国旗をビザンゴの象徴である色 赤と黒に変え その他ヴードゥー教の装具などを 常に用いた。

服装は 黒の細身のネクタイと黒のスーツ これはサムディ男爵の伝統的服装であり 彼を皆 パパ・ドクと呼んだ。

或る話によると パパ・ドクは、密偵を送り ひとつまみの土 枯れた花 ガラス瓶一杯の空気を アリートン国立墓地のジョン・F・ケネディの墓から集めさせる。

これは、故大統領の魂をとえら 合衆国の外交政策を左右できるようにとの事だった。

パパ・ドクが1971年に死ぬと 息子のベイビー・ドクが後を継いだ。

ドヴァリエ親子は ブードゥー教秘密結社と 深く結びついていたが 多くのハイチ国民は、ドヴァリエ一族及びベイビー・ドクの行き過ぎた行為に対し抗議した。

その後 新しい指導者集団が現れ 最初に作った法律によって 国旗は もとの赤と青に戻されたという。

ヴードゥー教で幸運を求めたり邪悪を追い払うためのまじない、或いは、護符(タリズマン)をグリグリ(GrisGuris)と呼ぶ。

元々は、人形や偶像(神の像)であったが小さな袋を用い 特定のロア(神)の指示によってこの中身は、集められる。

グリグリの中には、香草や油 石 小骨 切った髪や爪 歯 汗やその人特有の汚れのついた布片などを詰め込んだ。

伝統的ヴードゥ教でのグリグリの存在は 極めて日常的で普通のものだった。

例えば お金や愛情を引き寄せたい場合や 守りたい家庭のためであったり 家族や自分の健康維持 他にも 人からの中傷をやめさせたい役割に使用された。

しかし中には 邪悪な使用方法もあった。

ニューオリンズのヴードゥー教女王 マリー・ラヴォーは、グリグリには、何片かの骨 色のついた石 墓地の土 塩 赤唐辛子などが入っていたと言われている。

人を不幸にするグリグリは、赤唐辛子と火薬を詰め その者の歩く通り道や戸口の上り段に放り投げておくと 投げ込まれた当人は 喧嘩を引き起こす。

またマリー・ラヴォーが使う最も恐ろしい不運のまじないは、九日前に死んだ者の死体が着ている服の切れ端を用い袋を縫い 干からびた片目のヒキガエル、自殺者の小指 干からびたトカゲ こうもりの羽 ふくろうの肝 雄鶏の心臓を入れ 狙った人の枕にそっと忍ばせるなどの方法を用いた。

このグリグリで呪われた者は、間違いなく死んでしまったと言われている。

ニューオリンズの白人雇い主は しばしばバックの奥底や枕の下に このような小袋を見つけるのだった。

妖術や魔術の実践活動は、植民地政庁によって またその独立後は、政府によって禁止されてきた。

その中には 魔女(ウィッチ)を突き止めるため 毒を用いる方法なども 含まれていたが 死を覚悟した上で実践する これら呪術、部族から伝わる古来の伝統は、それでも 消えることはなかった。

アフリカの諸部族の宗教研究から ヴードゥー、サンテリア カンドンブレといった 現代のカルトがアフリカ起源であることが解っているといわれている。

一般的には、光(輝き)が最高神であり 時にそれは 雪を頂く山であったり 聖なる木々の木漏れ日であったりもする。

神は、人々に強烈な畏怖の念を抱かせ 自らの象徴 例えば雷や稲妻を恐れ避けさせる。

双子の誕生も神からのしるしであり 双子の神聖が敬われ共同体とは分離して置かれる。

また先祖を喜ばせるために 生きている縁者は 食物や飲み物動物の犠牲を供えつづけ 一家の中で争いごとを起こすときも納めるときも 必ず先祖への供え物をしてから行われた。

ハイチ ヴードゥー教の成り立ち 15世紀末、カリブ海域には、中央アメリカ先住民のインディオ(アラワク族、カリブ族)が居住していた。

当時のタイノ・アラワク族は スペイン語の「カニバル」(cannibal,人食い)の由来となったカリブ族と比較し温和な部族だった。

カリブ族からの襲撃を防ぐため内陸部の集落に定住し 落花生 トウモロコシ 豆 ジャガイモを栽培し 儀礼目的にタバコなども作っていた。

彼らの信仰体系は 自然霊と祖先霊に基づいたもので 木・骨・石などから作られ象徴化された像は、村の外に配置された洞窟や神殿、または 自分達の住居などに設置された。

それぞれの像は、天候、農作物、狩猟、出産などを司る役割を持ち シャーマンもこれらに依存していた。

アラワク族との接触があったカリブ族もまた祖先霊、自然霊 マブヤ(悪霊)に対する信仰体系をとっていた。

彼らは 魚中心の狩猟採集民族で赤い果実の染料を身体に塗る習慣があり好戦的であった。

もともとカリブ海域は、紀元前から シボニー族が住んでおり 彼らが滅びた後、一世紀頃には、南米に起源をもつ アラワク族 そして13世紀ごろには、同起源のカリブ族が移り住むようになった。

1492年夏 スペインを出発したクリストファー・コロンブスは、その年の12月、インディオの住むハイチに到着した。

彼は、丘の多い美しいこの島を「小スペイン」の意「エスパニョラ島」と命名する。

こうして カリブ海域のインディオの文化は、15世紀のスペイン人の進出により 劇的に変化した。

コロンブスが持ち込んだサトウキビの栽培をはじめ その後入植したスペイン人達によって、インディオを労働者として採用し 砂金採掘 木材の輸出 家畜の飼育などの産業が活発になる。

町の様子もサントドミンゴを中心に スペインさながらの都市に様変わりしていく。

ところが低賃金で過酷な労働を強いられたインディオは、反乱や逃亡を企てるようになった。

統治者や入植者は、実質上の奴隷 インディオに残忍な火刑などの刑罰で対抗し 主人と奴隷という形を徹底するようになって行く。

これをエンコミエンダ制となずけ1503年、スペインのイザベル女王によって認可されることとなる。

エンコミエンダ制は、スペイン王室が 入植者にインディオを委託し労働 貢物を強要することができる代わりに 彼らインディオの保護とキリスト教化を義務つけるという制度だった。

しかし インディオたちはキリスト教徒になるどころか過酷な労働と刑罰、その上 スペイン人が持ち込んだ伝染病などにより死に絶え急激にその数を減らす。

急速に発展する産業、経済は、インディオたちに変わる労働力を必要とした。

1517年、スペインの王位に就いたカルロス一世は、翌年アフリカ人の奴隷の受け入れを認める。

1518年から1640年までに輸入されたアフリカ人奴隷の人数は七万五千人、カリブ海全体で奴隷制度が廃止される19世紀までに、四百二十万人にも達した。

植民地に連行されたアフリカ人は、すぐさま競売にかけられ その肌に焼印を押された。

彼らは、数年間、白人や先輩奴隷の下で言葉や信仰生活習慣を覚えさせられた。

また住居は、農園の傍らに設けられた家畜小屋程度の質素なもので 彼らは、壁に小さな凹みをつくり それに板を固定し藁を敷きベッド代わりに、薪割台を枕にして寝ていた。

日々の食料は僅かばかりで 休息時間や休みの日には、自給用の食物を栽培しては補っていた。

奴隷達が、過酷な労働と共に恐れていたのは 刑罰だった。

些細な過ちでも容赦なく罰を与え 出血する傷口に塩や胡椒 燃え殻などを 摺りこまれたり 四肢や、耳    時には 性器切断なども 頻繁に行われていた。

奴隷化に伴う全ての苦悩は、慰めを見出す手立てがなければ 耐え難いものだった。

また何もかもを失った彼らにとって 伝統の再構築は、少しでも長く生きるために必要不可欠なことであり白人雇い主への抵抗のひとつでもあった。

それらは、先に書いた逃亡奴隷の共同体マルーン(秘密結社)でも同様であった。

その土台となる、アフリカ人として誇りは、「ギネー」として概念化され日々の過酷な労働や刑罰によって失われることなく 寧ろ改めて自覚させるものだった。

アフリカ人は 目に見える世界の彼岸には もうひとつの世界があると信じていた。

ギネーは、つまりギニアであり祖国で 一生を終えたものが戻るべき世界と考えられていた。

ギニアの道は、遠く  されど 死は そなたを そこへ運ぶ  ギニアの道は遠い。

だが伝統の保持と革新の両極面を持たざるを得ない奴隷達のアフリカ再現は、決して簡単なものとは言えなかった。

何故ならば 多くのアフリカ人奴隷たちは、様々な異なる部族から構成されており 言葉や文化 アフリカでの職業や習慣などの相違があり 唯一彼等が共有できたものは 植民者の言語だけであったからだ。

こうしてアフリカ的実践は、様々な部族や置かれた環境により 混質され複合的に取り込まれることとなる。

例えば 多数派を占める部族出身や同じ文化の共有者の基本的な部分を基礎にし 特定の指導者によるイニシアチブなどにも影響を受けながら 取り込み融合が繰り返される。

中には、原型をとどめないほど変容したものも見受けられた。

結果、ヴードゥー教形成に大きく影響したのは、当時奴隷として多数派を占めていた西アフリカ諸部族のフォン族 ヨルバ族などの持つ宗教体系で それらに従い神々、神話 儀礼は、整備されていく。

元々、アフリカ大陸は、一万年以上も前から 小規模な内部移動が見られた。

その原因については 気候条件と移動性を持つ生活形態だったためと言われている。

加えてアフリカ人達は、早くから交易性も持ち大陸内や部族間、アジア諸国とも 貿易を行っていた。

15世紀に奴隷貿易が行われる以前の7世紀 北アフリカを中心にイスラムの侵入が始まっていたが 西アフリカは、ヨーロッパの影響を受けていた北部とは サハラ砂漠をを隔て隔離された地域にあり よって純粋なアフリカ文化を形成していた。

この中央に居住するフォン族の国王、ダホメーは、ギニア湾に程近いアラダ王国の王子であった。

15世紀 ヨーロッパ人による奴隷貿易が始まる。

彼らは 首長から 銃、酒 ガラス玉などの引き換えにアフリカ人を奴隷として買い上げた。

この地方の生業は、農業中心でダホメー王国は、農耕社会の上に成り立っていた。

農業を営む国民は、父系氏族に属しており広大な家族の血縁集団を その一単位としていた。

一夫多妻の習慣も見られ 各妻は、敷地内で専用の家屋を持っていた。

ダホメーの宗教の考察では、記録される文字自体なく 文字群、テクストがないため 信仰の規範理論はなく人々の信仰をを管理する厳密な司祭は 存在しなかった。

所属する共同体内の社会的な関係よって規定され儀礼によって基礎付けられていた。

たとえばダホメーの宗教において パンテオン最上階に位置する両性具有の神 マウ・リサは、最高神でありながらも それ自身もまた 何者かにより創造されたといわれている。

この神は 太陽と月を表し 昼と夜を支配した。

ある神話によると マウ・リサは 虹の蛇の背中に乗り各地を移動しながら土を集め人間世界を作ったとされている。

その後蛇は、不安定な世界を支えるため 自分のとぐろを巻きつけ マウ・リサはそれを冷やすため 世界を海で満たした。蛇はまた天を支えるため東西南北に四本の柱を立てたと言われている。

世界を形成し終えたマウ・リサは、双子である ダ・ゾジとニオウェ・アナウをはじめ 14人の子供(多くは双子)を生み それぞれ天や地、雨などの領域を分け与えた。
posted by arena8order at 08:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。