2013年08月28日

havingabad memory ww12XXX ккк

Image~006.jpgImage~005.jpgImage~014~001~002.jpg
havingabad memory… #ww12XXX #ккк

「鳥頭尾」に関連した英語例文の一覧 - Weblio英語例文検索
http://p121.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0828qaGE6ku63juK/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E9%25B3%25A5%25E9%25A0%25AD%25E5%25B0%25BE&_jig_keyword_=%92%B9%93%AA%20%97%E1%95%B6&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2592%25B9%2593%25AA%2B%2597%25E1%2595%25B6&_jig_source_=srch&guid=on



それは女性の頭、ライオンの胴体、鳥の翼とヘビの尾を持っていた。 → It hadthehead ofthewoman, thebody ofthelion, thewing ofthebird andthetail ofthesnake.



鳥頭 → Bird head

Take; ahead

havingabad memory


#ккк #terro #war #ww3 #ww12XXX #磁場湾人質監禁中(朝賀湾・トンキン湾) #東京湾内人工島人質監禁事件中
→ Under Gulf of ww3 #magnetic field hostage imprisonment(New Year's greetings to the Emperor gulf,Gulf of Tonkin)underanartificial island hostage imprisonment case in#Tokyo Bay


東京湾で世界中の軍から盗んだ兵器を配備した要塞内に脅迫で集めた世界中の要人や著名人に足枷を付けたまま監禁、籠城を続ける 朝鮮工作員一族のユダヤ人テロリスト一族のグウレン(嵎連)は馬鹿。
→ Guureng(嵎連)of the Jew terrorist whole families of the Korea agent whole families who imprison it with touching fetters tothevery important people and celebrities whom gathered byathreat inthefortress where deployedtheweapon which stole fromthemilitaries of the world in Tokyo Bay of the world,and continue holding out a siege isafool.

世界中の本物のギャングのボスや暴力団の組長や組員にも足枷を付けて監禁中。
→ Attach fetters to genuine gang lords of the world andagang leader andthegangster ofthegang and am imprisoning it.


ギャング団や暴力団は秘密結社だとも知らない。
→ Not know thatagang corps andagang are secret societies either.


戦後の愚連隊がヤクザ(暴力団)だとも知らない。
→ Even ifapostwar dissolute crowd isayakuza(gang), Do not know it.


全ての戦争犯罪者で発情期のある種族と知られたフィリピン人テロリスト一族は「青春の門」をAV感覚でしか観ない愚か者ばかり。
→ Only as forthefool thatafamily andtheknown Filipino terrorist clan withthemating season watch"thegate oftheyouth" only foranAV sense in all war criminals.

「鳥頭尾」に関連した英語例文の一覧 → List of English example sentences-Weblio英語例文検索
http://p145.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0828LzSFVJ008bfp/0?_jig_=http%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%25E9%25B3%25A5%25E9%25A0%25AD%25E5%25B0%25BE&_jig_keyword_=%92%B9%93%AA%20%97%E1%95%B6&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2592%25B9%2593%25AA%2B%2597%25E1%2595%25B6&_jig_source_=srch&guid=on
posted by arena8order at 07:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ккк「朝鮮キモサベ乞食族」が日本国内で人質監禁籠城事件中。

20111208_1221688.jpg250px-Chungking_bomb4.jpgImage~025.jpgImage~029.jpgImage~074.jpgImage~024.jpg
#ккк #terro #war #ww3 #ww12XXX #磁場湾人質監禁中(朝賀湾・トンキン湾) #東京湾内人工島人質監禁事件中


#人質 - Wikipedia
http://p203.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0828kREAnNyjKccj/m?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E4%25BA%25BA%25E8%25B3%25AA&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=%93%EE%8B%D6%20%8A%C4%8B%D6&_jig_xargs_=R&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2593%25EE%258B%25D6%2B%258A%25C4%258B%25D6%26b%3D3%26trans%3D1&guid=on



人質

人質(ひとじち)は、交渉を有利にするために、人の身柄を拘束すること。

また、拘束された人。

また近世以前、借金の担保として人身を質入れすること。

また、誓約の保証として妻子や親族などを相手方にとどめておくことや、その対象も人質と呼ばれた。


近世以前の外交関係における人質[編集]

ジャン=ポール・ローレンス(英語版)の『人質』(1896年)


歴史上しばしば見られる、国交上の必要に応じて要求される、高い身分を持つ人質は単純な被害者とは言い切れない。

人質に選ばれるのは王子など有力者の子弟であり、その人物は必然的に将来の指導階級となるだけに、これを厚遇して好印象を持たせることは保護国側に取っても重要な事であった。

人質とその一行は現在での大使館にも似た外交使節とも言えるかもしれない。

そして最重要国中枢の姿を間近で見て知り尽くすことが出来ることも大きな利点である。

特に古代ローマがそうであった。

人質の滞在先は慎重に吟味され元老院議員等の有力者の家でその子弟と共に学友としてローマ式の教育(リベラル・アーツ)を施され、留学生とも似た境遇となる。

こうしてローマ・シンパとして育てられた人質が帰国して指導階級となり、親ローマの立場を取ることで円満な外交関係が築かれる事は正にローマの望むところであった。

更に人質時代に築かれた人脈はその関係を潤滑にする。

それはローマ以外のどの国、時代でも似たものであったろう。

関係断絶の際にその立場は生命の危機も含む困難なものともなるが、平時にはその立場は悪くはないものであった。

古代の東アジアにおける「人質」は約束の証拠である[1]。

王権間の特別の修好結縁に際し、「盟」約にともなう国際的儀礼の一環として、王の近親の者を一時期提供する[1]。

政治的手段の性質があり戦略的色彩が濃い[1]。

人質を送ることは服属を意味するものではない[2]。

人質が「保証」の意義をもつことは一般の質の目的と共通である[2]。

日本の近世においては、大名が公儀への忠誠の証として、自らとその重臣の家族を「証人」として、大坂や江戸、京都の屋敷に住まわせる慣行があった(大名証人制度)。

寛文5年(1665年)に重臣については証人制度が廃止され、大名の妻子については幕末の文久2年(1862年)閏8月22日に廃止された。


人質として知られる歴史上の人物[編集]

始皇帝

木曽義高

徳川家康

北条氏規

大政所

黒田長政

毛利隆元

伊達秀宗

ピリッポス2世

ポリュビオス

ティグラネス2世

テオドリック

ヴラド3世


予防措置としての人質[編集]

1936年パレスチナのアラブ反乱 (1936-1939年)(英語版)の際に取られた、アラブ側の攻撃を避けるためのイギリス軍の人質戦術。

装甲列車の前車両に二人のアラブ人が乗せられている。

プレリアル30日のクーデターの後、総裁政府はいわゆる「人質法(英語版)」の制定に動いた。

これは反革命者の身内を拘禁し、官吏や軍人が処罰されるごとに人質を処罰するというものであった。

ナチス・ドイツは占領区域においてこの人質政策をとり、ユダヤ人やレジスタンスなどの人質を拘禁した。

ドイツ側の人員が殺傷された場合には、これらの人質は殺害された[3]。

ナチス・ドイツ占領下のフランスではこの措置が頻繁に行われ、マルク・ブロックやガブリエル・ペリ(英語版)など多数の人間が処刑された。

これらの行為はハーグ陸戦条約50条で禁止されている。


犯罪事件における人質[編集]

SWAT

犯罪事件において犯人が人質を確保し、要求を行うことはしばしば見られる。

日本においてこれらの行為は人質による強要行為等の処罰に関する法律によって禁止されている。

人質事件が発生した場合、当局は人質救出作戦において人質の生命を最優先に犯人側の要求を呑むか、人質に多少の犠牲が出ても犯人側を身柄拘束・殺害をするかというの選択を迫られる。

日本政府は1977年のダッカ日航機ハイジャック事件において前者の立場を取り犯人側の要求を認めて「超法規的措置」を取って収監されていたテロリストを解放した。

この措置は国際社会から強い批判を受けた。

後者の立場をとる場合にも通常の警察力だけでは対応できないことが多く、専門の訓練を受けた警察官、あるいは軍隊によって専門の特殊部隊が構成される。

一方で人質事件においては犯人に対して人質の解放や待遇改善を求める交渉も重視される。

政治的要求の場合は犯人との間の仲介者や仲介者の支援者も重視される[4]。

テロ事件の場合は要求相手と直接関係無い第三者を人質とするケースもしばしばある[5]。


人質事件の対応に当たる特殊部隊[編集]

特殊急襲部隊-日本

SAS-イギリス

アルファ部隊-ロシア

連邦捜査局・SWAT-アメリカ合衆国

GSG-9-ドイツ


近代以降における主な人質事件[編集]

1960年・1970年-日本航空ハイジャック事件

1968年-金嬉老事件

1970年-三島事件

1970年-瀬戸内シージャック事件- 犯人が射殺され、事件解決。

1972年-あさま山荘事件

1972年-ミュンヘンオリンピック事件

1976年-エンテベ空港奇襲作戦

1977年-経団連襲撃事件

1977年-長崎バスジャック事件- 犯人が射殺され、事件解決。

1977年-ダッカ日航機ハイジャック事件

1979年-三菱銀行人質事件- 日本の人質事件で始めて人質が殺害された。犯人が射殺され、事件解決。

1980年-駐英イラン大使館占拠事件

1985年-コロンビア最高裁占拠事件

1992年-町田市立てこもり事件

1995年-全日空857便ハイジャック事件

1996年-在ペルー日本大使公邸占拠事件

1999年-京葉銀行津田沼支店立て籠もり事件

1999年-全日空61便ハイジャック事件- 日本のハイジャックによる人質事件で初めて人質(乗っ取り機の機長)が死亡。

2000年-西鉄バスジャック事件

2002年-モスクワ劇場占拠事件

2003年-名古屋立てこもり放火事件

2004年-イラク日本人人質事件

2004年-ベスラン学校占拠事件

2007年-愛知長久手町立てこもり発砲事件

2007年-アフガン韓国人人質事件

2008年-エチオピア医師人質事件

2008年-アフガニスタン日本人拉致事件

2010年-米記者人質事件

2010年-イラク米軍人質事件

2010年-2010年フィリピン香港人拉致事件

2013年-アルジェリア人質拘束事件


脚注[編集]

^a b c 山尾(2003)

^a b 堀(1998)

^ 渡辺和行 1994, pp. 190-191.

^ 富田与 2005, pp. 149.

^ 富田与 2005, pp. 151-152.


参考文献[編集]

山尾幸久『古代王権の原像』学生社、2003

堀敏一『東アジアのなかの古代日本』研文出版、1998年

渡辺和行『ナチ占領下のフランス沈黙・抵抗・協力』講談社、1994年。ISBN 4-06-258034-9。

富田与「テロリズムに関する「人質モデル」について」、『四日市大学論集』第18巻第1号、四日市大学、2005年、 147-175頁、NAID 110004622688。


関連項目[編集]

CQB

テロリスト

ハイジャック

バスジャック

監禁

誘拐

立てこもり事件

人質救出作戦

身代金

ストックホルム症候群

心的外傷後ストレス障害

この「人質」は、犯罪・事件(犯罪者・犯罪組織などを含む)に関連した書きかけ項目です。この項目を加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
この項目は、歴史に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:歴史/P:歴史学/PJ歴史)。
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=人質&oldid=48646528」から取得

カテゴリ:
犯罪
テロリズム
ハイジャック
隠しカテゴリ:
犯罪・事件に関するスタブ
歴史関連のスタブ項目




監禁

監禁(かんきん)とは、本人の意思を無視し、一定期間、特定の場所に閉じ込めること。

日本国の刑法では不法に人を監禁した場合には監禁罪となる。

また、監禁の程度の低いものを一般に軟禁(なんきん)と呼ぶが、これは法律用語ではなく、法律上はすべて監禁となる。


概要[編集]

日本では物理的に自由を奪う場合のみならず、脅迫を以って脱出を断念させることも監禁罪となる。

継続的に被監禁者を取り囲む、扉の前に立つ等の行為も監禁の手段となる。

車のボンネットに人が乗っている状態で車を走らせる行為が監禁罪となったケース[1]もある。

現行犯逮捕した犯人を事務所内に捕り置き、すみやかに警察機関に通報せず監禁を継続する行為も監禁罪に当る。

また、監禁罪には至らなくとも、他人の行動の自由を妨げる行為は軽犯罪法による処罰の対象となり、また迷惑防止条例等の法令に抵触する可能性が大きい。

ただしこれらの法令は正当な現行犯逮捕を妨げるものではない。

日本以外では長期にわたる監禁行為を通常の監禁罪と異なる重罪として取り扱う国がある。

日本でも新潟少女監禁事件を契機に長期監禁罪設定に関する議論が生じた。


日本で発生した主な監禁事件[編集]

以下、逮捕・監禁罪で起訴された事件を記載する。

尚、人質(交渉を有利にするために、特定の人の身柄を拘束すること)事件については人質を参照。

ここでは、人質事件以外の監禁事件を列挙する。

公証人役場事務長逮捕監禁致死事件

女子高生コンクリート詰め殺人事件

新潟少女監禁事件

北九州監禁殺人事件

北海道・東京連続少女監禁事件

統一教会信徒の拉致監禁問題

戸塚ヨットスクール事件


出典[編集]

^ 2007年4月18日のFNNに記載


関連項目[編集]

緊縛

拉致

脱獄

人質

座敷牢- 私設の監禁施設

相馬事件- 明治年間に起こった騒動

主君押込- 日本に存在した強制的に監禁する行為

拘禁反応

トラウマ

急性ストレス障害

PTSD

メンタルケア

戸塚ヨットスクール

翼トレーニングスクール

この「監禁」は、法分野に属する書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています(P:法学/PJ法学)。
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=監禁&oldid=48897855」から取得

カテゴリ:
抑留・拘禁
隠しカテゴリ:
法関連のスタブ項目



監禁 - Wikipedia
http://p203.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0828kREAnNyjKccj/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E7%259B%25A3%25E7%25A6%2581&_jig_keyword_=%93%EE%8B%D6%20%8A%C4%8B%D6&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2593%25EE%258B%25D6%2B%258A%25C4%258B%25D6%26b%3D3%26trans%3D1&_jig_source_=srch&guid=on
posted by arena8order at 06:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。