2013年08月07日

欲…欲深い獸は人を羨み、盗み…欲の為にだけ生きる無限永久餓鬼

Image~166~001.jpg%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%88%E3%8.jpg20080529_252065.jpg
#ккк #朝鮮工作員 #ユダヤ人テロリスト #暇潰し #嫌がらせ #狂人 #悪趣味

欲深い獸は人を羨み、盗み…欲の為にだけ生きる無限永久餓鬼

#欲 http://p217.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0120EFGMlyDHbu8H/lw?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.google.com%2Furl%3Fq%3Dhttp%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%2525E6%2525AC%2525B2%26sa%3DU%26ei%3D4lgCUuKMHcyekQWCm4GwDA%26ved%3D0CBsQFjAA%26usg%3DAFQjCNFc5_chmRw5aCOq4y6pq3WipeMhTg&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=Google&_jig_xargs_=R&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3DGoogle&guid=on






欲(よく)とは、何かを欲しいと思うこと[1]や、そう感じている状態。欲望、欲求などともいう。


概説[編集]

人間(ヒト)、動物が、それを満たすために何らかの行動・手段を取りたいと思わせ、それが満たされたときには快を感じる感覚のことである。生理的(本能的)なレベルのものから、社会的・愛他的な高次なものまで含まれる。心の働きや行動を決定する際に重要な役割をもつと考えられている。 仏教などでいう「欲」は、概ね生理的(本能的)なレベルのものを指しており、精神にとって心をよくしていくもの、愛情を育てるもの、抑制するべきものとして説かれている。


仏教における説明[編集]

仏教では、欲そのものは人間に本能的に具わっているものとして、諸悪の根源とは捉えないが、無欲を善として推奨し、修行や諸活動を通じて無欲に近づくことを求めており、自制ではなく欲からの解放を求めている。原始仏教では、出家者は少欲知足(しょうよくちそく)といい、わずかな物で満足することを基本とした。南方に伝わった上座部仏教は、この少欲知足を基本とする。 仏教では、眼・耳・鼻・舌・身・意(げん・に・び・ぜつ・しん・い)の六根から欲を生ずるとする。また三界(無色界・色界・欲界)といい、このようなさまざまな欲を持っている者が住む世界として欲界(よくかい)があり、現実世界の人間や天部の一部の神々などがこの欲界に含まれる存在であるとする。 なお唯識仏教では、欲は別境(べつきょう、すべて心の状況に応じて起こすもの)で、そのはたらきに善・悪・無記(善と悪のどちらでもない)という3つの性(三性)を求めるとする。善欲は精進して仏道を求める心であり、悪欲は貪(とん、むさぼり)として根本的に具わっている煩悩の1つとする。 しかし、大乗仏教の思想が発展すると、人間我・自我という欲に対
し、如来我・仏性を得るという(つまり
成仏すること)という大欲(たいよく)を持つことが重要視されるようになり、煩悩や欲があるからこそ菩提も生まれるという、煩悩即菩提という考えが形成された。したがって大乗仏教の中には欲そのものを全否定せず、一部肯定する考えもある。


アブラハム・マズローによる説明[編集]

アブラハム・マズロー(1908-1970)は「欲求階層論」を唱えた。これは、人間は、ある欲求が満たされると、より高次の欲求を満たそうとする、とするものである。人間の欲求は、「生理的欲求」「安全への欲求」「社会的欲求」「自我欲求」「自己実現欲求」の、低次元から高次元までの、5つの階層をなしている、とし、低次元の欲求が満たされて初めて高次元の欲求へと移行する、とした。 また、生理的欲求や安全への欲求を「欠乏欲求」と呼び、自己実現を求める欲求は「成長欲求」と呼んだ。


欲求(欲)の種類[編集]

欲求を低次なものと、より高次なものに分類した。いずれにせよ、欲求が満たされると脳内で「報酬系」が活動し快の感覚を感じる。不快を感じさせないようにする。


生理的・本能的な欲求[編集]

生物が生命を維持し子孫を残すために必要な欲求である。外界からの刺激や体内の状態に直接結びついた、短期的な欲求である。


主に身体内部の情報に基づいた欲求[編集]

呼吸:呼吸中枢が血中のO2濃度低下を感知すると、呼吸回数を変えたり気道を通じさせようとしたり、別の場所に移動したりしたくなるような欲求が生じる。

食欲:視床下部の血糖値センサーが血糖値低下を感知すると、個体に「空腹感」を感じさせ、摂食行動を促す。

飲水:視床下部の浸透圧センサーが、血清の濃度上昇を感知すると、個体に「口渇感」を感じさせ、飲水行動を促す。

排便・排尿:大腸や膀胱からの情報により、排泄したいという欲求が生じる。

睡眠欲

体温調整:体温調整中枢にて設定された温度と比較して、体温が上昇/下降した場合、涼しい/暖かい場所に移動したいと感じたり、汗をかかせたり、筋の振戦を起こさせたりして体温を調整する。

性欲:性的パートナーを見つけ、性行為を行いたいと感じる性的欲求。


主に身体の外部からの情報に基づいた欲求[編集]

逃避:不安や危機を感じた場合に逃げ出したいという欲求を生じる。

闘争:逆に、戦うことで生存しようとする欲求。

困難な状況になると、宗教に関わらず祈りや念仏等を唱えてしまう行為(「あーっ、神様、仏様、ご先祖様、キリスト様…」)等、対象がはっきりしていなくても、助けを求め、すがりたくなる感情を、生存への欲(生存欲)の一部としてとらえ、その中で、最も認知されず、研究されてもいない欲として、祈り欲という単語を提唱する人もいる。


心理・社会的な欲求[編集]

ヒトは群居性の動物であり、また高度な思考力を持つために、社会的に認められたい、知識を満足させたい、他者を満足させたい、というより高次な欲求がある。また、欲求の内容は、後天的に身につくものであり、社会や文化の影響が大きいという特徴が見られる。マレー(Murray)の質問紙検査・臨床心理検査・面接調査を行った調査によれば以下のような欲求が多くの人間に認められる。[2]

獲得:財物を得ようとする欲求。

保存:財物を収集し、修理し、補完する欲求。

秩序:整理整頓、系統化、片付けを行う欲求。

保持:財物を持ち続ける、貯蔵する、消費を最小化する欲求。

構成:組織化し、構築する欲求。

優越:優位に立つ欲求。達成と承認の合成。

達成:困難を効果的・効率的・速やかに成し遂げる欲求。

承認:賞賛されたい、尊敬を得たい、社会的に認められたい欲求。

顕示:自己演出・扇動を行う、はらはらさせる欲求。

保身:社会的な評判・自尊心を維持する欲求。

劣等感の回避:屈辱・嘲笑・非難を回避する欲求。

防衛:非難・軽視から自己を守る、また自己正当化を行う欲求。

反発:二度目の困難に対して再び努力し、克服・報復する欲求。

支配:他人を統率する欲求。

恭順:進んで他人(優越な人間)に積極的に従う欲求。

模倣:他人の行動やあり方を真似する欲求。

自律:他人の影響・支配に抵抗し、独立する欲求。

対立:他人と異なる行動・反対の行動をとる欲求。

攻撃:他人に対して軽視・嘲笑・傷害・攻撃する欲求。

屈従:罪悪の承服・自己卑下の欲求。

非難の回避:処罰・非難を恐れて法・規範に進んで従う欲求。

親和:他人と仲良くなる欲求。

拒絶:他人を差別・無視・排斥する欲求。

養護:他人を守り、助ける欲求。

救援:他人に同情を求め、依存する欲求。

遊戯:娯楽などで楽しみ、緊張を解す欲求。

求知:好奇心を満たす欲求。

解明:事柄を解釈・説明・講釈する欲求。

知識・名誉・地位等を得ることによる満足感や他者から認知されたいといった欲求、ストレス発散行為を欲する動き、より美味しいもの・より良いものを求める動き、見栄・所有欲等がある。子供の養育は、生殖欲求の一種でもあるが、ヒトの場合は「思いやりのある子に育って欲しい」など、高次な欲求にも基づいている。ただし人間の欲求は非常に複雑な相互作用が起こるために単純に上記の欲求に行動を還元することはできない。生理的な欲求が満たされれば、高次な欲求の方が、行動や心の動きを決める上で重要となってくると考えられる。


哲学における欲望[編集]

「人間の欲望は他者の欲望である」(ジャック・ラカン、『精神分析の四基本概念』)

「他者が欲望するものを欲望する」(ルネ・ジラール、『欲望の現象学』)


欲求と欲望の違い[編集]


適応機制[編集]

発生した欲求を解消するために起こす行動は、下記のように分類することができる。
欲求と適応機制


葛藤[編集]

接近と接近 - ラーメンも食べたいけど、ハンバーグも食べたい。

回避と回避 - 塾にいくのは嫌だし、かといって家に帰っても親に叱られる。

接近と回避 - 試験に受かりたいけど、勉強はしたくない。


障壁[編集]

物理的障壁(天候・時間・距離など) 例 - 運動したいが、外が雨でできない

社会的障壁(法律・評判・習慣など) 例 - バイクに乗りたいが、まだ16歳以上でないので免許が取得できない

個人的障壁(能力・容姿・思想など) 例 - 試合に出たいが、それだけの能力がない

経済的障壁(お金・物資など)     例 - ブランド品を買いたいが、お金がない


防衛機制[編集]

詳細は「防衛機制」を参照


脳科学と欲 [編集]

科学的根拠については十分とは言えないものの、欲求を脳科学の見地から解明する研究も進められていて、低次な欲求ほど主に大脳辺縁系などの旧皮質の影響を受け、高次な欲求ほど主に前頭連合野などの新皮質の影響を受けやすいとされている。主な欲求を分類すると以下のようになる。

生理的欲求

安全安心の欲求

愛情や所属の欲求(集団欲・序列欲)

人から認められたいといった欲求

理想とする自分になりたいという自己実現の欲求

これらの多様な欲求を段階的・並行的に過不足なく(場合によっては適度な過不足状態を前提にしつつ)満たしていくことが心身の健康を維持する上では、大切である。 こういった欲求レベルには、個人差がありその基本的な欲求が強いほどそれに相応した理性的能力(大脳新皮質の前頭連合野など)も発達しやすい傾向があり、また向上心や進歩の原動力となりうるものでもある。低次の欲求をコントロールしたりする理性に関わる前頭連合野は、最初は空っぽのハードウェアのようなものであり、しつけ・社会のルール・教育などの後天的な学習作用によって脳神経細胞(ニューロン)のネットワークを形成し理性的コントロール能力をつけていく。 また、より低次元な欲求が上手く満たされずに過剰な欲求不満状態(ストレス)となった場合に、前頭連合野における理性的コントロール能力を超えてしまい、神経症や犯罪・いじめ等の問題行動を引き起こしやすい状態となることも知られている。


社会と欲[編集]

社会的には、過剰な欲は犯罪の要因となることから制度を設けて制限を加えているが、経済活動の需要を喚起する必要から適度な欲を必要としている。


脚注[編集]

^ 国語辞典一般の説明

^ 金城辰夫編 『図説 現代心理学入門』 培風館


関連項目[編集]

心理学

報酬系

いじめ … 欲求不満を放置することで、いじめを誘発することがある

禁欲

ジッドゥ・クリシュナムルティ

ジークムント・フロイト


外部リンク[編集]

「Desire」-スタンフォード哲学百科事典にある「欲求」についての項目。(英語)

(文献リスト)「Desire」- 「欲求」について論じた文献のリスト。サイトPhilPapersより。(英語)

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=欲&oldid=48515043」から取得

カテゴリ:
感情
価値観
心理学






スカトロジー → Scatology
大便喰い趣味 → Stool bite hobby
糞食趣味 → Coprophagy hobby
Fecesmadman
Feces maniac
Feces bite group
F; Feces
dung; dropping; stool; excrement; stool; coprophagy;
posted by arena8order at 23:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイバー[電脳]兵器 #cyberweapon кккШШШ

Image~047.jpgImage~042.jpgImage~044.jpgImage~022.jpgImage~002.gif
#ккк

#サイバー[電脳]兵器 #cyberweapon…兵器プログラムは今や、自走であるthe arms program is now self-propelled

http://p217.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/01207V0BoA4W2y6C/46?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.google.com%2Furl%3Fq%3Dhttp%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fsentence%2Fcontent%2F%2525E5%252585%2525B5%2525E5%252599%2525A8%26sa%3DU%26ei%3DbDACUrTpOoHTkAWmpYCYBQ%26ved%3D0CB4QFjAB%26usg%3DAFQjCNERdC14OqKNh25pfn2L31swrSJKtA&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=Google&_jig_xargs_=R&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3DGoogle&guid=on



粒子ビーム兵器という指向性エネルギー兵器a beam weapon that fires particle beams

電波を利用した軍事兵器a military weapon that utilizes radio waves


サイバー[電脳]兵器cyberweapon



核兵器.nuclear weaponry - 研究社 新英和中辞典
核兵器.nuclear weapons - 研究社 新英和中辞典
兵器工an armourer - 斎藤和英大辞典
兵器部the Ordnance Department - 斎藤和英大辞典
核兵器nuclear weapons - 日本語WordNet
細菌兵器という兵器a weapon called a bacteriological weapon - EDR日英対訳辞書
理学兵器という兵器a scientific weapon - EDR日英対訳辞書
核兵器.a nuclear weapon - 研究社 新英和中辞典
通常兵器.conventional weapons - 研究社 新英和中辞典
化学兵器.chemical weapons - 研究社 新英和中辞典
攻撃用兵器.aggressive weapons - 研究社 新英和中辞典
兵器製造manufacture of arms - 斎藤和英大辞典
兵器を運ぶcarrying weapons - 日本語WordNet
兵器なしでwithout a weapon - 日本語WordNet
ハイテク兵器smart weapons - 日本語WordNet
通常兵器conventional weapons - 日本語WordNet
防御用兵器defensive weapons - 日本語WordNet
秘密兵器a concealed weapon - 日本語WordNet
戦略兵器strategic weapon - 日本語WordNet
兵器と軍馬arms and military horses - EDR日英対訳辞書
すぐれた兵器a useful weapon - EDR日英対訳辞書
バリスタ(兵器)Varistor (weapon) - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス
凶器; 死の兵器《核兵器のこと》.lethal weapons - 研究社 新英和中辞典
指向性エネルギー兵器という兵器a weapon called {directional energy weapon} - EDR日英対訳辞書
生物兵器という化学兵器a chemical weapon called a bio-Chemical weapon - EDR日英対訳辞書
バイナリー兵器という化学兵器a chemical weapon called a {binary weapon} - EDR日英対訳辞書
戦域核兵器.theater nuclear weapons - 研究社 新英和中辞典
核兵器拡散.the proliferation of nuclear weapons - 研究社 新英和中辞典
陸軍兵器部.the Army Ordnance Corps - 研究社 新英和中辞典
サイバー[電脳]兵器cyberweapon - 研究社 英和コンピューター用語辞典
発行された兵器issued military arms - 日本語WordNet
核兵器凍結a nuclear freeze - 日本語WordNet
兵器を持ち去るtake away the weapons from - 日本語WordNet
兵器を動かすkick on the arms - 日本語WordNet
重々しい兵器ponderous weapons - 日本語WordNet
強力な兵器powerful arms - 日本語WordNet
兵器級のサルサweapons-grade salsa - 日本語WordNet
兵器級炭疽菌weapons-grade anthrax - 日本語WordNet
衛星攻撃兵器antisatellite weapons - 日本語WordNet
軽砲という兵器a lightweight gun - EDR日英対訳辞書
核兵器,生物兵器,化学兵器の総称a generic term for nuclear, biological, and chemical weapons - EDR日英対訳辞書
核兵器や化学兵器以外の一般の兵器conventional weapons used in warfare other than nuclear or chemical weapons - EDR日英対訳辞書
戦略兵器か戦術兵器かあいまいな兵器a weapon that is neither a strategic arm nor a tactical weapon - EDR日英対訳辞書
原子兵器と生物兵器と化学兵器を用いる戦略a military strategy using nuclear weapons, biological weapons and chemical weapons - EDR日英対訳辞書
戦略兵器にも戦術兵器にも該当しない兵器a weapon that is not classified as either a strategic weapon or a tactical weapon - EDR日英対訳辞書
核兵器を実験する.test nuclear weapons - 研究社 新英和中辞典
戦術核兵器類.tactical nuclear weapons - 研究社 新英和中辞典
核兵器廃絶競争.the race to abolish nuclear weapons - 研究社 新英和中辞典
攻撃用の兵器[武器].offensive weapons - 研究社 新英和中辞典
大量殺人兵器.a genocidal weapon - 研究社 新英和中辞典
posted by arena8order at 20:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MASER、レーザービーム、殺人光線兵器、電子ビーム…テロ

Image~048.jpgImage~047.jpgImage~045.jpg
#ккк #ШШШ #殺人光線兵器 #レーザービーム #ユダヤ人テロリスト #朝鮮工作員 #MASER

メーザーは「Microwave Amplification by Stimulated Emission Radiation」の頭文字を取って MASER で、「誘導放出によるマイクロウェーヴの増幅」という意味です。

レーザーとビームって? - 科学 - 教えて!goo
http://p217.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/01207V0BoA4W2y6C/7p?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.google.com%2Furl%3Fq%3Dhttp%3A%2F%2Foshiete.goo.ne.jp%2Fqa%2F286317.html%26sa%3DU%26ei%3DqiICUrCrC8fkkAWc0YCgDQ%26ved%3D0CEgQFjAM%26usg%3DAFQjCNGahxrEYNNib47Pn3q0ZGj_Md__Aw&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=Google&_jig_xargs_=SKeywords%3Djmobv%2520Google&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3DGoogle&guid=on



レーザーとビームってどう違うんでしょうか?ビームレーザーとかいうのも聞くし。メーザーというのもあったような。違いを教えてください。

回答日時:2002/06/07 17:25


「レーザー LASER」というのは、「誘導放出による光の増幅(Light Amplification by Stimulated Emission Radiation)」の頭文字を取って造った言葉で、特殊な「光を発生させる原理」のことです。

「ビーム beam」というのは、普通の言葉で、語源的にはドイツ語の Baum(樹木)と同じで、木で造った建物の「梁」などのことを言いますが、「射して来る光」のことも意味し、「光線」「光束」とも言います。

太陽からの光はビームですし、月光もビームです。これは普通の言葉で、特別な技術用語とか科学用語ではありません。

レーザーは、その名前からすると、「光」のことではなく、「誘導放出放射による光の増幅」という意味で、こういう機構で造られた光のことを、更に「レーザー光」とも言います。

誘導放出というのは、参考URLに簡単な説明がありますが、分子にエネルギーを与えると、段々エネルギーが溜まって来て、ある限界を超えると、「光」としてこの溜まったエネルギーを放出することです。

たくさんの分子を一斉にこのように励起して、光を同時に放出させると、「波長や波の位相が揃った」強い光が出てきます。こういう波長や波の位相が揃った光のことを、「コーヒレントな光」と言い、こういう光は、普通の光と違い、光を構成する光子が綺麗に整った秩序を持っているので、レンズを使って、非常に細い光線・光束にすることができます。

普通の光だと、光線にしても、月まで送っていると、途中で光の束が広がって、何十キロ、何百キロという、拡散してぼけた光線になるのですが、レーザーの光線だと、太さ1cmのビーム(光線・光束)にすると、月まで届いても、広がって数cmぐらいの大きさにしかなりません。

普通の光では、光線にしても、遠くまで送ると、ぼけて拡散するので、信号が送れないのですが、レーザーの光線だと、遠いところまで、ぼけることなく、届くので信号が送れるのです。

また、普通の光は、レンズで集光しても、焦点がぴったり一点にはなりません。ぼけた範囲にしか、小さくならないのですが、レーザー光は、コーヒレントなので、もの凄く小さな一点に焦点を収束できます。

すると、焦点のところで、もの凄いエネルギーになり高熱になるので、これを使って、高熱焦点でものを切ったり、手術用のメスに使えます。レーザー・メスという風に呼びます。

レーザーというのは、こういう風に、波長や位相の整ったコーヒレントな光を大量に放出し作り出す原理のことで、それによって造られた光が「レーザー光」で、これを何かの実用目的で使うため、細い光線・光束(ビーム)にしたものが、レーザー・ビームです。

高いエネルギーを持つ粒子などは、ビーム(束)にすると、大きなエネルギーになるので、電子ビームとか、陽子ビームなどもあります。ビームという言葉には、元々、光線とか、家を造る天井の「梁」などの意味しかないのですが、こういう風に、レーザー・ビーム、電子ビームなどと呼ぶと、特別な意味になって来ます。

「メーザー」は、レーザーとよく似た原理で、マイクロウェーヴを発生させる原理です。

マイクロウェーヴも光も同じ電磁波で、波長が違っているだけです。

メーザーは「Microwave Amplification by Stimulated Emission Radiation」の頭文字を取って MASER で、「誘導放出によるマイクロウェーヴの増幅」という意味です。

>レーザー原理・歴史ページ
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/2574/lase

>レーザー原理・歴史ページpage3
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/2574/lase
参考URL:http://www.geocities.co.jp/Technopolis/2574/laserhistory.html





http://www.m3-cra
http://p217.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/01207V0BoA4W2y6C/m1?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.google.com%2Fimgres%3Fimgurl%3Dhttp%3A%2F%2Fwww.m3-craft.com%2Flcraft%2Fsel%2Fjpg%2Frgb300e%2Frgb300e3.jpg%26imgrefurl%3Dhttp%3A%2F%2Fwww.m3-craft.com%2Flcraft%2Fsel%2Frgb300e.html%26usg%3D__-WtYq2u4RrsrnG5W5vilZk8kx7w%253D%26h%3D297%26w%3D396%26sz%3D134%26hl%3Dja%26start%3D20%26zoom%3D1%26tbnid%3DE8AFo9V34k4gWM%3A%26tbnh%3D93%26tbnw%3D124%26ei%3DYiMCUr7HNYWNkwWxlIGgAw%26prev%3D%2Fsearch%253Fq%253D%2525E3%252583%2525AC%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252582%2525B6%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%252593%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525A0%2526sa%253DX%2526gbv%253D1%2526hl%253Dja%2526tbm%253Disch%2526prmd%253Divns%26itbs%3D1%26sa%3DX%26ved%3D0CFIQrQMwEw%26gbv%3D1%26sei%3DGCYCUqnYK4TTkQXUnYCwCQ&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=Google&_jig_xargs_=SKeywords%3Djmobv%2520Google&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3DGoogle&guid=on
posted by arena8order at 19:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エンドルフィン(endorphin) …脳内モルヒネの1つ

Image~067.jpgImage~069.jpg
#ккк #ШШШ #ом #опржзсржзийкфуйаЯХЛθ #モルヒネ

#エンドルフィン - Wikipedia
http://p217.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0120EFGMlyDHbu8H/5J?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.google.com%2Furl%3Fq%3Dhttp%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%2525E3%252582%2525A8%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252583%252589%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%252595%2525E3%252582%2525A3%2525E3%252583%2525B3%26sa%3DU%26ei%3DUJoBUo-MK8qxkgXqzYGQDQ%26ved%3D0CB8QFjAB%26usg%3DAFQjCNF7LWrwh6IKvurUVzc2hnND5ifeJg&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=Google&_jig_xargs_=R&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3DGoogle&guid=on



エンドルフィン


エンドルフィン(endorphin) は脳内で機能する神経伝達物質のひとつである。

内在性オピオイドであり、モルヒネ同様の作用を示す。特に、脳内の報酬系に多く分布する。内在性鎮痛系にかかわり、また多幸感をもたらすと考えられている。そのため脳内麻薬と呼ばれることもある。

マラソンなどで長時間走り続けると気分が高揚してくる作用「ランナーズハイ」は、エンドルフィンの分泌によるものとの説がある。二人以上で走ると効果が高い。また、性行為をすると、β-エンドルフィンが分泌される。β-エンドルフィンには鎮痛作用がある。


歴史[編集]

この脳内伝達物質は1975年に、異なる2つのグループによってそれぞれ発見された。

1つめのグループは、スコットランドのJohn HughesとHans Kosterlitzで、彼らは豚の脳からこれを発見した。彼らは、この物質を「エンケファリン」(ギリシア語で「脳」を意味する)と名づけた。

ちょうど同じ頃、アメリカ合衆国のRabi SimantovとSolomon H. Snyderは、仔牛の脳から同様の物質を発見し、彼らはこれを後に「エンドルフィン」と名づけた。Roger Guilleninらも豚の視床下部、脳下垂体などからモルヒネ様物質を抽出して、エンドルフィンと名づけた。この語は「脳内モルヒネ」を略したものであり、「体内で分泌されるモルヒネ」の意味である(モルヒネはペプチドではなく、動物内では分泌されず、いくつかの植物によってのみ生産される物質である)。

作用[編集]

βエンドルフィンは、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)などと同一の前駆体であるプロオピオメラノコルチン(POMC)に由来する。PAGに投射する視床下部弓状核のニューロンがエンドルフィンを分泌する。ストレス時に視床下部からCRFが分泌されると、下垂体前葉からPOMCから切り出されてACTHとβエンドルフィンが1:1の割合で放出される。

β-エンドルフィンは、μ受容体に作用し、モルヒネ様作用を発揮する。ストレスなどの侵害刺激により産生されて鎮痛、鎮静に働く。鎮痛作用はモルヒネの6.5倍の効果。 βエンドルフィンが中脳腹側被蓋野のμ受容体に作動し、GABAニューロンを抑制することにより、中脳腹側被蓋野から出ているA10神経のドーパミン遊離を促進させ、多幸感をもたらす。

βエンドルフィンはかゆみを増強させる。ストレス時に放出されるCRFが下垂体のACTH産生細胞らに働きかけることで活性化されるエンドプロテアーゼが、POMCを分解することにより産生され、かゆみを増強させる。

エンドルフィンは社会的安心感に関与することをJaak Pankseppによって発見された。

幼弱イヌとモルモットにモルヒネを与えると、母親から隔離された時に泣くことが少なくなる傾向が見られた。別離の苦痛の症状が緩和される。ナロキソンを投与すると、泣く頻度が増加した。

ヒヨコでも同様で、モルヒネを与えると泣く頻度が減少した。また、お椀を形作った人の手の中に包まれたときのヒヨコは、30〜40秒以内に目を閉じ、あたかも「模擬的な巣」の中にいるかのようになるが、モルヒネを注射すると反応が早まり(約9〜12秒)、ナロキソンでは延長した(約76〜124秒)。

分子生物学[編集]

モルヒネ様ペプチドには、少なくとも3系列が存在する。エンドルフィン分子は、大型ペプチド前駆物質を分泌する、プロ-オピオメラノコルチン(POMC)と呼ばれる遺伝子によって符号化されている。このPOMCは、視床下部の弓状核と下垂体において発現されるようである。最も良く知られたエンドルフィン分子は、アルファ、ベータ及びガンマの各エンドルフィンである。その中でも、ベータ・エンドルフィンは苦痛除去の時に最も現れるとされる。

β-エンドルフィンのアミノ酸配列構造(一次構造)は次のシーケンスである。

Tyr-Gly-Gly-Phe-Met-Thr-Ser-Glu-Lys-Ser-Gln-Thr-Pro-Leu-Val-Thr-Leu-Phe-Lys-Asn-Ala-Ile-Ile-Lys-Asn-Ala-Tyr-Lys-Lys-Gly-GluOH (Fries, 2002)

その他の、モルヒネ様ペプチドには、上記の歴史の項でも触れたエンケファリンとダイノファリンがある。

外部リンク[編集]

痛みと鎮痛の基礎知識-Pain Relief-



表・話・編・歴
内分泌器:ホルモン(ペプチドホルモン、ステロイドホルモン)


視床下部-脳下垂体

視床下部

GnRH-TRH-ドーパミン-CRH-GHRH-ソマトスタチン-ORX-MCH-MRH-MIH




脳下垂体後葉

バソプレッシン-OXT




脳下垂体中葉

インテルメジン




脳下垂体前葉

αサブユニット糖タンパク質ホルモン(FSH-LH-TSH) -GH-PRL-POMC(ACTH-MSH-エンドルフィン-リポトロピン)



副腎

副腎髄質

副腎髄質ホルモン(アドレナリン-ノルアドレナリン-ドーパミン)




副腎皮質

副腎皮質ホルモン(アルドステロン-コルチゾール-DHEA)



甲状腺

甲状腺

甲状腺ホルモン(T3-T4-カルシトニン)




副甲状腺

PTH



生殖腺

精巣

テストステロン-AMH-インヒビン




卵巣

エストラジオール-プロゲステロン-インヒビン/アクチビン-リラキシン(妊娠時)



その他の内分泌器

膵臓

グルカゴン-インスリン-ソマトスタチン




松果体

メラトニン



内分泌器でない器官
胎盤:hCG-HPL-エストロゲン-プロゲステロン-腎臓:レニン-EPO-カルシトリオール-プロスタグランジン-心臓:ANP-BNP-ET-胃:ガストリン-グレリン-十二指腸:CCK-GIP-セクレチン-モチリン-VIP-回腸:エンテログルカゴン-脂肪組織:レプチン-アディポネクチン-レジスチン-胸腺:サイモシン-サイモポイエチン-サイムリン-STF-THF-肝臓:IGFs(IGF-1-IGF-2) -耳下腺:バロチン-末梢神経系:CGRP-P物質



誘導タンパク質
NGF-BDNF-NT-3


この項目は、医学に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:医学/Portal:医学と医療)。

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=エンドルフィン&oldid=47020629」から取得

カテゴリ:

神経伝達物質
ペプチド
隠しカテゴリ:
医学関連のスタブ項目
posted by arena8order at 10:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

THEL:TacticalHigh-Energy Laser

Image~042.jpgImage~033.jpgImage~041.jpg
#ккк #ШШШ #ом #朝鮮工作員 #波動砲 #殺人光線兵器

#戦術高エネルギーレーザー(#THEL:Tactical High-Energy Laser) #対空レーザー兵器

移動可能 #MTHEL(Mobile Tactical High-Energy Laser)

ロケット弾などへの攻撃・迎撃にも使用可能であり、2016年に実戦配備される見通し。

http://p217.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/01207V0BoA4W2y6C/1f?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.google.com%2Furl%3Fq%3Dhttp%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%2525E6%252588%2525A6%2525E8%2525A1%252593%2525E9%2525AB%252598%2525E3%252582%2525A8%2525E3%252583%25258D%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252582%2525AE%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525AC%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252582%2525B6%2525E3%252583%2525BC%26sa%3DU%26ei%3DNWcBUpXNHcLTkwXH8IHoDA%26ved%3D0CB8QFjAB%26usg%3DAFQjCNH8A_YZpctv66BF2ESME7rU4RhL9A&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=Google&_jig_xargs_=R&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3DGoogle&guid=on



戦術高エネルギーレーザー


THEL実証機(THEL/ACTD)

戦術高エネルギーレーザー(THEL:Tactical High-Energy Laser) は、アメリカとイスラエルが共同開発している、対空レーザー兵器。移動可能なバージョンはMTHEL(Mobile Tactical High-Energy Laser) と呼ばれる。


概要[編集]

THELの本格的な開発は、1996年7月18日のアメリカとイスラエルの協定により開始された。THELは高エネルギーレーザーを利用した兵器システムで、レーザー生成技術の証明、レーザー制御技術の証明と、現存のセンサーや通信技術から新しい対空防衛能力を持たせようとしていた。THELの目標は、短距離から中距離にかけての接近戦での問題に、他のシステムや技術とは異なる解決法を提供し、それにより戦闘部隊の能力を高めることである。また、THELは1迎撃辺りのコストが低く(約3000$)、低コストの空からの脅威に対して、費用対効果で優れた防御策となるかもしれない。60回の射撃で再装填し、5kmの範囲では100%に近い迎撃率となることを目標としている。

THELは1998年に発射試験を行い、初期作戦能力(IOC) の獲得は1999年と計画されていた。しかし、移動型のMTHELのため再設計を行い、かなりの遅れが発生した。最初の固定式のデザインにはかなりの重量、サイズ、電力の制限があり、現代の流動的な戦闘には適していなかった。MTHELの目標は大きなセミトレーラー3台分のサイズで移動できることである。最近になり、イスラエル政府が予算を減少させたため、IOCは少なくとも2010年まで延期されている。

ノースロップ・グラマンが主契約社として開発している。使用されるレーザーはフッ化重水素レーザーによる波長3.8μmの中赤外線域化学レーザーであるため大気圏内での減衰が少ない。

2000年から2001年にかけて、THELは28発のカチューシャのロケット弾と、5発の砲弾を撃墜している。また、MTHELもテストを成功裏に完了した[1]。2004年8月24日に行われたテストでは複数の迫撃砲弾の撃墜にも成功している。このテストでは実際の迫撃砲による攻撃を想定し、単体の迫撃砲による射撃と、一斉射撃の両方が試験された。目標はTHELの実験機により迎撃、破壊された。

2010年7月19日、イギリスで開催されたファンボロー国際航空ショーでは、軍艦に設置された米レイセオン社レーザー兵器が、レーダーシステムによる誘導の下、約3.2キロ先を時速480キロで飛行する無人飛行機4機を32キロワットという高エネルギーレーザー兵器により破壊するというデモンストレーションを行った。無人飛行機は数秒で焼き払われたという。レイセオン社のレーザー兵器はレーザー設備6基を使用、軍艦に設置し、強力な高エネルギーレーザービームを合成させる事で威力を高めているという。米軍艦の「ファランクス」艦艇用近接防御火器システムと連携し、そのレーダーシステムを使い照準を定める。

無人飛行機以外に、小型艦船・迫撃砲弾・ロケット弾などへの攻撃・迎撃にも使用可能であり、2016年に実戦配備される見通しである。[2]


脚注[編集]

^ 「<世界の新兵器> 戦術高エネルギー・レーザー兵器(米・イスラエル) レーザーで目標を破壊」、朝雲新聞、2004年7月22日。

^ 米軍がレーザー兵器で航空機撃墜、「スターウォーズ」が現実に人民網日本語版 2010年7月22日

関連項目[編集]

レーザー

地対空ミサイル

ミサイル防衛
パトリオット PAC−3

AL-1

外部リンク[編集]

Israeli-Weapons THEL(英語)

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=戦術高エネルギーレーザー&oldid=47030476」から取得

カテゴリ:
軍用レーザー
posted by arena8order at 07:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤外線…周波数が低い、電波より波長の短い電磁波の事。IR

Image~006.gifImage~044.jpgImage~043.jpg
#ккк #ШШШ #ом #war123 #ww123 #terrorism #朝鮮工作員

#赤外線 - Wikipedia
http://p217.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/01207V0BoA4W2y6C/7s?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E8%25B5%25A4%25E5%25A4%2596%25E7%25B7%259A&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=Google&_jig_xargs_=SKeywords%3Djmobv%2520Google&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3DGoogle&guid=on



赤外線

赤外線(せきがいせん)は、可視光線の赤色より波長が長く(周波数が低い)、電波より波長の短い電磁波のことである。ヒトの目では見ることができない光である。分光学などの分野でIR(infrared) と略称される。


赤外線の種類[編集]

赤外線は赤色光よりも波長が長く、ミリ波長の電波よりも波長の短い電磁波全般を指し、波長ではおよそ 0.7μm- 1mm(=1000 μm) に分布する。

さらに、波長によって、近赤外線、中赤外線、遠赤外線に分けられる。それぞれの波長区分は学会によって若干異なり、下記の区分はその一例である(例えば天文学では10 μmくらいまでが中赤外線として扱われることが多い)。

一般的分類[編集]

近赤外線[編集]

近赤外線は波長がおよそ0.7 - 2.5 μmの電磁波で、赤色の可視光線に近い波長を持つ。性質も可視光線に近い特性を持つため「見えない光」として、赤外線カメラや赤外線通信、家電用のリモコンなどに応用されている。

中赤外線[編集]

中赤外線は、波長がおよそ2.5 - 4 μmの電磁波で、近赤外線の一部として分類されることもある。赤外分光の分野では、単に赤外と言うとこの領域を指すことが多い。波数が1300 - 650 cm−1の領域は指紋領域と呼ばれ、物質固有の吸収スペクトルが現れるため、化学物質の同定に用いられる。

遠赤外線[編集]

遠赤外線は、波長がおよそ4 - 1000 μmの電磁波で、電波に近い性質も持つ。赤外線は物体からは必ず放射されていて、この現象を黒体放射と呼ぶ。高い温度の物体ほど赤外線を強く放射し、放射のピークの波長は温度に反比例する。室温20 ℃の物体が放射する赤外線のピーク波長は10 μm程度である。熱線とも呼ばれる。

なお、科学用語としての遠赤外線とは全く関係のない商品等で「遠赤外線の効能」を謳うものが多数存在するが、それらは科学的な根拠のない疑似科学的なものであり、注意が必要である。

その他の分類[編集]

帯域名 波長 光エネルギー

近赤外線(Near-infrared,NIR) 0.75-1.4 m 0.9-1.7 eV

短波長赤外線(Short-wavelength infrared,SWIR) 1.4-3 m 0.4-0.9 eV

中波長赤外線(Mid-wavelength infrared,MWIR) 3-8 m 150-400 meV

長波長赤外線(Long-wavelength infrared,LWIR)
熱赤外線(Thermal infrared,TIR) 8 15 m 80-150 meV

遠赤外線(Far infrared,FIR) 15-1,000 m 1.2-80 meV

特性[編集]

赤外線は大気に吸収され、その一部が地上に届く。

地球放射の一部と太陽放射(0.8 μm 以下。幅が狭いため正確に表現できていない)のスペクトル。青い部分の上下幅が広いところが大気の窓。横軸(Wavelength)が波長、縦軸(Transmittance)が放射の透過率を表す。

水は遠赤外線よりも近赤外線を強く吸収するが、いずれの波長も数mm以上は透過しない[1]。「遠赤外線は体の内部まで浸透し内側から温める」と言われることがあるが、間違いである[2]。

水に対する吸光度は中赤外線および遠赤外線において高く、したがって生体組織(特に、水分を多く含んだ組織)に対しては浅い部分でその多くが吸収される[3]。このような波長のレーザである炭酸ガスレーザ(λ=10.6 μm)やEr:YAGレーザ(λ=2.94 μm)は生体組織の切開や蒸散(いずれも凝固に比べ高いエネルギー密度や位置選択性が要求される)に利用されている。

発見[編集]

1800年、イギリスのウィリアム・ハーシェルにより赤外線放射が発見された。彼は太陽光をプリズムに透過させ、可視光のスペクトルの赤色光を越えた位置に温度計を置く実験を行った。この実験で温度計の温度は上昇し、このことから彼は、赤色光の先にも目に見えない光が存在すると結論づけた。この発見に刺激され、翌1801年にはドイツのヨハン・ヴィルヘルム・リッターにより紫外線も発見されている。

1850年にはイタリアのマセドニオ・メローニが、赤外線には反射、屈折、偏光、干渉、回折がみられ、その性質は可視光と同じであることを実験によって示した。

用途[編集]

熱源として[編集]

カーボンヒーター。ピーク波長は遠赤外線領域で、輻射の大部分が赤外線である。

遠赤外線(熱線)の放射は対象物に熱を与える効果があり、暖房や調理器具などとして利用されている。多くの暖房器具は輻射を利用しているが、暖房効果における輻射の比率には大小がある。主に輻射による暖房器具として、こたつ、電気ストーブなどがある。燃焼を使う器具は温度が高いため可視光の比率が多いが、温度の低い触媒燃焼を利用する器具もある。輻射を利用した調理器具としては電気オーブンやオーブントースターが挙げられる。また塗装の行程で塗装面に熱を与えて硬化させる場合には輻射を利用した専用のヒーターが用いられる。

浄水器や燃費改善剤など、遠赤外線の効果を謳う商品の中には、科学的に実証されていない疑似科学にすぎない商品もある。


センサとして[編集]

詳細は「赤外線センサ」を参照

近赤外線と遠赤外線は、センサ目的に各分野で広く用いられている。

赤外線は可視光に比べて波長が長いため、散乱しにくい性質を利用して、煙や薄い布などを透過して向こう側の物体を撮影するために用いることができる。また目に見えないという特性もあるため、夜間に被写体を近赤外線光源で照らしても被写体に気付かれることなく撮影することができることから、警備・防衛用途や、野生動物の観察・研究用途にも広く用いられている。これらの用途には、主として近赤外線が用いられる。

一方、あらゆる物体はそれ自身の温度によった遠赤外線を出している(黒体放射)ため、遠赤外線センサは、光源が無い場所でも目標を視認することが可能となる。また黒体放射においては、温度に応じて異なる周波数の赤外線が放射されることから、対象物の温度を検知できる。これを利用した技術がサーモグラフィーである。

リモートセンシング衛星[編集]

詳細は「リモートセンシング衛星」を参照

地表や海面の温度を調べるのはもちろんのこと、植生の状況をモニタリングするために近赤外域や中間赤外域(短波長赤外域)が使用される。植生は太陽光の可視域の反射が低く,近赤外域の反射が非常に強いという分光反射特性をもつ。可視赤色域と近赤外域を用いた植生指数が多数提唱されている。

赤外線天文学[編集]

詳細は「赤外線天文学」を参照

赤外線で星や銀河等を観測することにより、他の波長の電磁波ではわからない現象を調べることができる。例えば我々の銀河系中心方向には視線方向に、可視光を吸収してしまう星間物質があるため可視光線では観測できないが赤外線を検出することにより、銀河中心付近の星の分布などを調べることができる。

通信手段として[編集]

赤外線通信 (D901iS)

「IrDA」も参照

近距離赤外線通信規格IrDAの携帯電話への普及により、赤外線通信が一般に認知され、使用されるようになった。電波で通信する方式に比べて、信号が空間的に広がりにくく(回折を起こさず)、障害物があると通信できない欠点はあるものの、それは第三者に傍受されにくいというセキュリティ上の大きな長所でもある。

ザウルスなどの以前の機種では、ASK方式が用いられていた。

また、屋外で使う自動車用ドアロック・ワイヤレスリモコンは周囲の明るい光が妨害源となり赤外線通信には不向きであるので電波を利用するものが多いが、強烈な光に晒されることのない屋内で使われる家電製品のワイヤレスリモコンは電磁ノイズの影響を受けない赤外線を利用しているものがほとんどである。

音の伝送[編集]

音のワイヤレス伝送を行う場合に、電波を使わずパルス変調した赤外線を光源から発信し、受光器で受信して復調する機器がいくつか存在する。家庭用ではヘッドフォンで使用され、業務用ではカラオケのマイクロフォンや同時通訳を聞く際のレシーバに使用されている。

電波と異なり壁を透過しないので外部との混信や盗聴の心配が少なく、マルチチャンネル化も容易で利便性が高いが、一方で送受信器の間に大きな物体があるなど赤外線が届かない条件もしばしば起きるため、使用場所の形状によっては送受信器のうち固定器側について数を増やしたり、人や物に遮られない高所に設置するなどの検討が必要になる。また移動器側も衣服のポケットに入れたり、手で握るなど赤外線を遮らないよう注意する必要がある。受信機に太陽光などの強力な熱線が当たると受信センサーの赤外線が飽和して伝送が不調になる場合もある。

静脈認証[編集]

生体認証の一方式として使用される。皮膚への浸透深度は近赤外線域では数mm(最大6 mm)である。短波長側(0.7 - 0.8 μm)の近赤外光は静脈認証[4]や医療用の一部の検査装置[5]などに利用される。静脈認証は静脈血内のヘモグロビンが近赤外光を強く吸収する性質を利用している[6]。

赤外分光法[編集]

詳細は「赤外分光法」を参照

全ての分子にはある決まった周波数の電磁波を吸収する性質がある。これを赤外線の領域で調べる手法が赤外分光法(IR法) であり、分子内部における原子の振動状態を通じて物質の構造に関する知見を得ることができる。赤外領域の基準振動がスペクトル分析の基本であるが、吸収が大きすぎるため、近赤外領域にある、吸収の少ない倍音、三倍音を観測することもある。近赤外の分光法は赤外に比べ感度が極めて低く、そのため利用が遅れていたが、分析手法の発達により、非破壊検査・測定に利用されるようになった。

熱紋[編集]

詳細は「:en:Infrared signature」を参照

熱紋とは熱源から放射される赤外線の固有の波長分布や形状を指し、熱紋をデータベースと照合することにより熱源を同定することができる。

出典[編集]

[ヘルプ]

^ 赤外線の話- 図5 膜厚が異なる水膜の赤外吸収スペクトル

^ 社団法人遠赤外線協会「遠赤外線とは?・遠赤外線技術」

^ 日本生体医工学会監修「MEの基礎知識と安全管理 改訂第5版」p51

^ マイクロソフト Enterprise Web「IT先進企業 日立製作所」

^ 近赤外線トポグラフィによる脳機能計測 (PDF)(一例)

^ 実用化が進む生体認証技術 (PDF)- 静脈認証技術とその適用事例(沖電気)

関連項目[編集]

近赤外線分光法

赤外線天文学

放射計

赤外線センサ

赤外線計測

赤外線写真

黒体

プランクの法則

ヴィーンの変位則

シュテファン=ボルツマンの法則

レイリー・ジーンズの法則

キルヒホッフの法則

佐久間=服部方程式(en)

量子力学

グローブ温度

色温度

カーボンナノチューブ黒体

非電離放射線



表・話・編・歴
電磁波


← 長波長 短波長 →
電波-マイクロ波-赤外線-可視光線-紫外線-X線-ガンマ線-電磁放射線


紫外線

近紫外線(UV-A - UV-B - UV-C) - 遠紫外線(UVU) - 極端紫外線



可視光線

赤-橙-黄-緑-青-藍-紫



マイクロ波

Lバンド - Cバンド - Sバンド - Xバンド - Kuバンド - Kバンド - Kaバンド - Qバンド - Vバンド - Wバンド



電波

テラヘルツ波 - ミリ波(EHF) - センチメートル波(SHF) - 極超短波(UHF) - 超短波(VHF) - 短波(HF) - 中波(MF) - 長波(LF) - 超長波(VLF) - 極超長波(ULF) - 極極超長波(SLF) - 極極極超長波(ELF)




表・話・編・歴
放射線(物理学と健康)


主要記事

非電離放射線

音響放射力(英語版)-赤外線-光-マイクロ波-電波-紫外線-電磁波-熱放射




電離放射線

自然放射線-環境放射線



単位

吸収線量

グレイ-シーベルト-ラド-レム-レントゲン-カーマ-シーマ-積算線量-等価線量-実効線量




放射能

ベクレル-キュリー-ラザフォード-壊変毎分-比放射能-マッヘ




関連項目

SI接頭辞-物理量



測定

測定器

線量計-電離箱-霧箱-泡箱-原子核乾板-比例計数管-ガラス線量計-フィルムバッジ-固体飛跡検出器-熱ルミネッセンス線量計-サーベイメーター-ガイガー=ミュラー計数管-シンチレーション検出器(シンチレータ-光電子増倍管-硫化亜鉛)-半導体検出器(シリコンドリフト検出器-マルチチャンネルアナライザ)-ホールボディカウンター




確率・統計

ポアソン分布-コーシー分布-ガウス分布-推計統計学-ポアソン過程-指数分布



放射線物理学

原子と原子核

原子と原子核(元素-原子-電子-原子核-素粒子-長さの比較)-原子模型(トムソンの原子模型-ラザフォードの原子模型-ボーアの原子模型)-核子(陽子-中性子)-核種(質量数-同位体-同余体-同重体-同中性子体-中性子過剰核-核図表-天然存在比)-質量とエネルギー(原子量-アボガドロ定数-質量数-原子質量単位-比重-比放射能-質量欠損-特殊相対性理論-結合エネルギー-強い相互作用-弱い相互作用)- 原子・原子核の状態(エネルギー準位-基底状態-励起状態-核異性体-魔法数)




電離放射線の種類

電磁放射線(X線-ガンマ線)-粒子放射線(アルファ線-ベータ線-中性子線(高速中性子)-陽子線-重陽子線-重粒子線-核分裂生成物)




放射性崩壊


放射性崩壊の種類

崩壊モード-アルファ崩壊(ガイガー・ヌッタルの法則-トンネル効果)-ベータ崩壊(電子捕獲-ベータプラス崩壊-二重ベータ崩壊-二重電子捕獲)-ガンマ崩壊-自発核分裂-核異性体転移




放射性崩壊の速度

半減期-崩壊定数-平均寿命-指数関数的減衰




原子核崩壊の図式化

壊変図式-原子核崩壊図




崩壊系列

放射平衡-トリウム系列-ウラン系列-アクチニウム系列-ネプツニウム系列




核反応

原子核反応-反応断面積-核分裂反応(核分裂連鎖反応-臨界量-毒物質)-核融合反応-核破砕反応-中性子捕獲-放射化-放射化分析-誘導放射能




放射線と物質との相互作用

放射線分解-ラジカル-ホットアトム-放射線遮蔽学-光子との反応(光電効果-コンプトン効果-対生成-対消滅-光核反応)-荷電粒子との反応(制動放射-チェレンコフ放射-シンクロトロン放射)-中性子線との反応(弾性散乱-非弾性散乱-中性子捕獲-核分裂反応)




放射性物質

核種-放射性同位体-人工放射性元素-自然放射能-超ウラン元素-アクチノイド-核分裂性物質-崩壊生成物-放射性廃棄物-放射性降下物-身元不明線源-元素合成-同位体効果




データベース

主要な核種の物理的・生物学的半減期の一覧-放射能の比較-半減期の比較-比放射能一覧-核種の一覧



放射線と健康

基本概念

放射線生物学-放射線医学-放射線被曝-保健物理学-レーザーの安全性(英語版)




放射線の利用

放射線源(密封線源-非密封線源)-放射線療法(レントゲン(X線撮影)-ポジトロン断層法 (PET)-コンピュータ断層撮影(CTスキャン))-後方散乱X線検査装置-食品照射-原子力電池




法律・資格

放射線管理区域-放射線管理手帳-放射線取扱主任者-技術士原子力・放射線部門-原子炉主任技術者-核燃料取扱主任者-エックス線作業主任者-ガンマ線透過写真撮影作業主任者-電離放射線障害防止規則-放射線同位元素等による放射線障害の防止に関する法律-核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律




放射線と健康影響

放射線障害-急性放射線症候群-低線量被曝問題-ホットパーティクル-バイスタンダー効果-ペトカウ効果-ベルゴニー・トリボンドーの法則-ホルミシス効果-原爆ぶらぶら病-原爆症-チェルノブイリ・エイズ




関連人物

ユーリ・バンダジェフスキー-ワシリー・ネステレンコ-クリストファー・バズビー-アーネスト・スターングラス-レオ・キンレン-トーマス・トゥーイ-高木仁三郎-小出裕章-中川恵一-山下俊一




放射能汚染

放射性降下物-核の冬-原子力事故-風下住民-集団積算線量-汚い爆弾-放射能兵器-原発震災-臨界事故-環境半減期-除染-放射能汚染対策-CBRNE




放射能被害など

被爆者-マンハッタン計画-ハンフォード・サイト-核実験の一覧-アトミック・ソルジャー-シースケール-RDS-1-プラムボブ作戦-ウィンズケール原子炉火災事故-ウラル核惨事-セミパラチンスク核実験場-中国の核実験-日本への原子爆弾投下-第五福竜丸-東海村JCO臨界事故-フクシマ50-リクビダートル-原子力事故の一覧-スリーマイル島原子力発電所事故-チェルノブイリ原子力発電所事故-福島第一原子力発電所事故




関連団体


国内

原子力安全委員会-原子力規制委員会-原子力安全・保安院-日本原子力研究開発機構-原子力安全研究協会-日本原子力産業協会-原子力安全基盤機構-放射線影響研究所(放影研、RERF)-放射線医学総合研究所(放医研、NIRS)-文部科学省-経済産業省-資源エネルギー庁-原子力資料情報室-原爆傷害調査委員会 (ABCC)




海外

世界保健機関 (WHO)-国際放射線防護委員会 (IAEA)-原子放射線の影響に関する国連科学委員会 (UNSCEAR)-欧州放射線リスク委員会 (ECRR)-ドイツ放射線防護協会-アメリカ原子力委員会 (AEC)-アメリカ合衆国原子力規制委員会 (NRC)-COMARE-核戦争防止国際医師会議 (IPPNW)



関連記事
原子物理学-原子核物理学-素粒子物理学-量子力学-前期量子論-放射化学-原子力-原子炉-核兵器-加速器-原子力発電-巨大科学-要素還元主義




Category:放射線


http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=赤外線&oldid=46553376」から取得

カテゴリ:
赤外線
光学
posted by arena8order at 07:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。