2013年08月02日

隣の603に居るオカマについて

Image~027.jpg230px-Fluorescente.pngImage~034.jpg
#ккк #ШШШ #ом #Х

マンションの隣の603に居るオカマは第一次世界大戦の時に民族を裏切り、ロスチャイルドから財産とアスピリンの奪いアメリカに逃げた ユダヤ人テロリストのズッキーの息子のズイアイ(93)。

父親のズッキーは日本に来てから整形と脚の骨を切り、子供の振りで東京湾の人工島で人質に足枷を付けて監禁、籠城中。

朝方に台の上に出て来ては「殺す」と言い続ける、しつこいちっちゃいおじいちゃんが朝鮮殺人鬼團嵎連おろちのズッキー。

同じ頃に私のマンションの部屋の上をハイヒールで歩くオカマが息子のズイアイ。

Help me!
posted by arena8order at 21:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

13C通常測定(complete decoupling) 2

Image~008.gifImage~009.gifImage~010.gifImage~011.gif
#ккк #ШШШ #ww123 #terrorism #朝鮮工作員 #radioweb #ラジオ波

friendship for GC-MS & NMR analy
http://p217.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/01207V0BoA4W2y6C/vp?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.agr.hokudai.ac.jp%2Fms-nmr%2Fnmr%2F13c.htm&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=Google&_jig_xargs_=R&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3DGoogle&guid=on



13C通常測定(complete decoupling)

デカップリング
直接結合する13Cと1Hは百数十から二百Hz程度でカップリングしている。このカップリングは、1H通常測定と同じパルスシーケンスでカーボン核を測定すればスペクトル上に現われる(下図、右上段)。メチンカーボンは二分裂、メチレンカーボンは三分裂、メチルカーボンは四本に分裂し、さらに遠隔カップリングも観測される。しかし、スペクトルが複雑で感度も悪いことから、このカップリングを消して(デカップリング)観測している。(下図、右下段)。1H-NMRスペクトルから見ると、あるプロトンの99%は12Cに結合していてカップリングは存在しないので、メインのシグナル上にはH/Cカップリングは見えない。1%は13Cに結合していてそのカップリングは、メインピークの両側のサテライトピークとして観測できる(下図、左)。このように同位体構成の違う異性体をアイソトポマーと呼ぶ。以下にトリクロロエチレンの炭素に関する4種のアイソトポマーとプロトンおよびカーボンのスペクトルを示した。このスペクトルでは4のようなアイソトポマーの13C
カップリング(数十ヘルツ)は観測されなかったが、プロトンの拡大のように、メインピークの両側に観測できることもある。
測定上の着目点

積算回数
13Cは天然存在比が1%しかなく、磁気回転比がプロトンの1/4と低いので低感度となる。1H-NMRにくらべて積算回数が多く必要で、1H-NMRのように数回でやめてしまわず、数分から十数時間の積算が必要である。S/N(シグナルとノイズの比)は積算時間の平方根に比例する。1時間積算すれば、15分の時の2倍のS/Nが得られるが、それをさらに2倍にするには四時間が必要である。
パルス幅
カーボンのパルス幅が極端に合っていないと感度に影響する。プロトンのパルス幅が合っていないと、デカップリングの効きが悪くなりピークが分裂したり、感度が落ちたりする。まったくデカップリングされていなければ、1JCHどおりの分裂幅となり、遠隔カップリングによりピークが細かく割れたりブロードになったりする。中途半端にデカップリングされていれば、1JCHより小さな幅となり、メチンカーボンは二分裂(d)、メチレンカーボンは三分裂(t)、メチルカーボンは四本(q)に分裂する。昔はこれを利用したオフレゾナンスデカップリング法でカーボンの帰属を行ったため、四級炭素をs、メチンカーボンをd、メチレンカーボンはt、メチルカーボンqと示すことがある。今はこれらの区別を後述するDEPTにより行う。
繰り返し時間(図、RD)
パルスを受けた磁化が定常状態に戻るための時間(縦緩和時間)は1Hより13Cのほうが長く、また、極端に長いカーボンが存在する。このため、30度パルスをかけてデータ取り込みとRDの時間を経ても完全に緩和しきれないで次のパルスを受けることとなる。これを繰り返しているとシグナルが飽和して観測されなくなったり強度が弱くなったりする。図上段のスペクトルは通常のパラメータ(RD=2sec)で測定したニトロベンジルアルコールのスペクトルである。ニトロ基の付け根の四級カーボンは緩和が長いことが知られており、これが観測されていない。下段はRD=10secとしたスペクトルである。ここではニトロ基の付け根の四級カーボンも観測されている。RDを長くすれば緩和が長いカーボンも観測できるが、試料量があまり多くない場合にはRDを長くして積算回数が減ることは好ましくない。プロトン観測二次元でこのカーボンを間接的に検出できればよしとするか、RDを長くして測定するかはケースバイケースである。
posted by arena8order at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GC-MS & NMR analy 1 radioweb

Image~001.gifImage~002.gifImage~003.gif1hseq.gifImage~004.gift2.gifImage~005.gif1h30deg.gifImage~006.gifImage~007.gif
#ккк #ШШШ #ww123 #terrorism #朝鮮工作員 #radioweb #ラジオ波

ラジオ波分光の英語・英訳 - 英和辞典・和英辞典 Weblio辞
http://p217.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/01207V0BoA4W2y6C/pj?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.google.com%2Furl%3Fq%3Dhttp%3A%2F%2Fejje.weblio.jp%2Fcontent%2F%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252582%2525B8%2525E3%252582%2525AA%2525E6%2525B3%2525A2%2525E5%252588%252586%2525E5%252585%252589%26sa%3DU%26ei%3DZJX7UdS8OoXXkAXx7YHgAg%26ved%3D0CCEQFjAB%26usg%3DAFQjCNG_pLiHQoCPeSM6VcPcWNnV787bGw&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=Google&_jig_xargs_=SKeywords%3Djmobv%2520Google&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3DGoogle&guid=on


friendship for GC-MS & NMR analy
http://p217.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/01207V0BoA4W2y6C/ur?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.google.com%2Furl%3Fq%3Dhttp%3A%2F%2Fwww.agr.hokudai.ac.jp%2Fms-nmr%2Fnmr%2F1h.htm%26sa%3DU%26ei%3DBJb7UeEKjIySBbvkgagH%26ved%3D0CB4QFjAAOBQ%26usg%3DAFQjCNGAEr-CJfGWplUfJRbkzHQuWzWegA&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=Google&_jig_xargs_=SKeywords%3Djmobv%2520Google&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3DGoogle&guid=on



1H通常測定

NMRの基本原理
正電荷を持ち自転している原子核は核磁気モーメントをもち、一種の磁石とみなすことができる。強い静磁場中(外部磁場中、サンプルをマグネット中に入れた状態)では核は傾きかけた独楽のように歳差運動をするようになる。試料全体についてみれば歳差運動の位相はでたらめで、正味の磁化の向きは歳差運動の軸の方向となり、それ以外の方向の磁化はない。 静磁場中で磁化の向きは静磁場と同じ向きか逆向きにそろう。エネルギー的には、静磁場と同じ向きのほうが低く若干安定であり、この向きになっている核のほうが少し多い。そして静磁場と同じ向きと逆向きの間のエネルギー差(ゼーマンエネルギー)は核の置かれた状況によって異なる(ケミカルシフト)。 核は、上記エネルギー差と同じエネルギーを持つラジオ波を与えられるとそのエネルギーを吸収する。そのときのラジオ波の周波数は歳差運動の速さと等しく、これがNMRの共鳴周波数である。

CW(continuous wave)-NMR装置とFT(Fourier transformation)-NMR装置
静磁場中に置かれたサンプル中のあるひとつの核に共鳴する周波数のラジオ波を照射すると、放出されたラジオ波シグナルを観測することができる。このとき照射するラジオ波の周波数を連続的に変化させて、得られたシグナルを記録していけばNMRスペクトルが得られる。この方式の装置をCW-NMR装置と呼ぶ。これに対し、FT-NMRでは観測核の共鳴周波数範囲のあらゆる周波数成分を含んだラジオ波(パルス)を与える。放出されるのは特定の周波数を持って減衰するラジオ波の重ね合わせ(FID, free induction decay)となる。これをフーリエ変換(Fourier transformation)という数学的な処理によって横軸が周波数のスペクトルに変換する。さらにTMS=0としてこれより左を正とした周波数を観測周波数に対してppmで表したのがケミカルシフトである。
パルスシーケンス(pulse sequence)
いろいろなNMR測定法は、ひとつ以上のパルスを適当な時間をおいてかけ、FIDを取り込む。これをパルスシーケンスと呼び、下のように横軸を時間とした絵で示す。

使われる記号や図形は微妙に異なることがあるが、論文の本文や図の脚注に記されている。RDはrepetition delay、PD(pulsing delay)などとも呼ばれ、Brukerの場合D1が使われることが多い。長方形はパルスを、三角形はFIDをあらわす。これをはじめから何回か繰り返して、FIDデータを積算する。先に述べた磁化(↑)の動きを見てみる。空間的な位置を表すのに、磁化の位置に3次元の座標をおく。パルスをかけている間、磁化はx軸を中心に回転させられる。これをxパルス、または、パルスの位相がxなどと言う。yパルスなら、磁化はy軸を中心に回転させられる。z軸方向を向いていた磁化がちょうどxy平面上に乗るまでに必要なパルスの長さを90度パルスという。ここでパルスをやめると、磁化は歳差運動しながら定常状態(z軸方向を向いた状態)へ戻っていく(縦緩和)。この様子をx,y軸に投影してみると振動が減衰していくように見える。x,yの2軸は、歳差運動の回転方向(位相)を知るために必要である。FID
データの取り込みは完全に緩和するまでではなく適当に切り上げる(2秒くらい)が、次の積算のための最初のパルスの前に、RD時間置いてある程度定常状態になるのを待つ(数秒)。 xy平面上で歳差運動を見た場合も、他の分子の同じ核でわずかに歳差運動の速さが異なるために正味の磁化はぼやけ、減衰していく(横緩和)。 今後は動きの様子を見やすくするため、着目している核の歳差運動と同じ速度、同じ方向に回転する回転座標系を導入する。実験室座標系に対し、観測者が磁化の歳差運動といっしょに同じ速度、同じ方向に回転して観測する、つまり、歳差運動はなく静止しているように見える。回転座標系では、パルスをかけた後の磁化は回転することなくゆっくりとz軸方向へ戻っていくように表される。 これまでは、磁化がxy平面に達するまでパルスをかけており、これを90度パルスという。パルスの長さをパルス幅、パルス長と呼び、磁化を回転させる角度や実際の時間(μ秒)であらわす。パルスの長さを1/3にすると、磁化は30度しか倒れず、これを30度パルスとい
う。このとき観測できる磁化はxy平面に投影された磁化(赤→)のみであり、90度パルスの時の1/2となってしまう。しかし、定常状態に達するまでの時間は短縮されるので、RD(繰り返し時間)を短くして次々と積算を重ねることが可能となり、一定時間に得られるデータとしては有利になる。このため通常測定のパルス幅には30度程度を用いている。
測定上の着目点
1H-NMR通常測定で問題になる点は殆どない。納入時に用意されたパラメーターを使って測定して結果が得られないことはまれであるが、実際に問題になりそうな点をいくつか上げる。
シム(分解能)調整
言うまでもなく、すべての測定に必要な要素である。ピークの対称性、すその立ちあがりなどが良好か確認する。特に1H-NMR通常測定ではTableからカップリングを読んだりするので、シムが悪くてピークトップが割れたりしているのは論外である。
観測範囲
通常用意されたパラメーターに設定された範囲外にシグナルのある化合物もまれにはある。たとえば水素結合した水酸基が16ppm付近に出ることもある。測定範囲外にシグナルがある場合、それは折り返しシグナルとなってあらわれる。折り返し方は、測定範囲(図、黒い四角)はみ出した部分(赤い四角)がスペクトルの反対側から出てくる場合(図左と、紙を折り曲げて重ねたように出てくる場合(図右)がある(機種の観測方法に依存する)。折り返しピーク(赤)は位相が合わないのが特徴であるが、ケミカルシフトが離れていたりブロードだったりすると位相が合わないことに気づかないこともある。 下図は3-O-メチルケルセチンの重アセトン溶液の1H-NMRスペクトルである。12.8ppm付近に出るはずの水素結合した水酸基が折り返して-0.7ppm付近に出てしまっている。このような時は観測幅を広くして測定しなおす必要がある 。

パルス幅
パルス幅は通常、納入時にセットされたパラメーターに正しい値が入れてあるが、プローブごとに値が異なる。また、チューニングがずれているとパルス幅もずれる。しかし、1H-NMR通常測定では90度パルス幅を間違えて仮に2倍の値(180度パルス)を用いてしまっても、観測パルスはその1/3を使っており、60度パルスになるだけである。通常スペクトルの質には大きな影響を与えない。後述するデカップリング差スペクトルでも同様である。パルス幅が重要なのはコンポジットパルスによる溶媒消去、NOE差スペクトル、NOESYやCOSYなどの二次元などである。また、1Hパルス幅がずれていると13C通常測定のデカップリングが利きにくくなる(後述)。
posted by arena8order at 20:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蛍光灯、蛍光ランプ(fluorescent lamp)…5

Image~033.jpg
#ккк #ШШШ #Х


主な蛍光ランプのブランド[編集]

パルックシリーズ(パルック・パルックプレミア)、ツインパルック、フルホワイト(昼白色)・ハイライト(白色、昼光色、飛散防止)、パルックボールプレミア・パルックボールスパイラル(電球形蛍光灯)(Panasonic(旧National))

メロウシリーズ(メロウZ PRiDE・メロウ5・メロウホワイト(昼白色)・メロウルック・メロウライン)、ネオライン・ワットブライター(白色、昼光色)・ネオボールシリーズ(ネオボールZ・ネオボールZ ReaL・ネオボールZ ReaL PRiDE)(電球形蛍光灯)(東芝ライテック)

きらりUV、ハイルミック(明るい輪・あかりん棒)・ハイホワイト(昼白色)・サンライン(白色、昼光色)、コンパク灯・ナイスボールVきらりUVナイスボール・ルミボール(電球型蛍光灯)(日立製作所)

ルピカシリーズ、ルピカエース・ルミクリスタル(昼白色)・ネオルミスーパー(白色、昼光色)・ルピカボール(電球形蛍光灯)(オスラム・メルコ)

ライフルック・ホタルックシリーズ(ホタルック・ホタルックα)・サンホワイト5(昼白色)・ライフライン(白色、昼光色)・ライフラインII(白色、昼光色、ラピッドスタート専用)・ビタミンDay・ホタルックボール・HGボール(電球形蛍光灯)(NECライティング)

アイライン(スターター・ラピットスターター)、アイルクス(Hf)(岩崎電気)

マルトウ蛍光ランプ (東光電気)

蛍光灯の価格[編集]
器具については、磁気安定器式の製品は安く、インバータ式の製品は高い。ただし、デザインやリモコンなどの付加価値をつけた製品はさらに高価であるため、点灯方式による価格差はさほど大きくない。インバーター式でも、オーソドックスなペンダント型器具であれば環形2灯式で5,000円程度、直管1灯式のベースライトであれば3,000円程度のものもある。近年は、磁気安定器かインバーターかというよりも、環形では従来管かスリム(スリムツイン)管か、直管では従来管かHf管かという点に注目ポイントが移りつつある。 蛍光管については、近年では一般型(演色性・明るさが低い)の製品が100円ショップで売られるようになり、まれに電球型蛍光灯も100円で売られることがあるが、ある程度の品質を持った製品は数百円台である。三波長タイプの相場としては、20W直管は300円台、30W環形は500円程度、40W環形は800円程度となっている。ただし、残光型や長寿命型などはより高価である。高演色型は、SDLは三波長タイプより少し高め、EDLは三波長タイプの2倍程度の価格
である。ただし明るさが低いので、三波長形と同じ光量を得るには1.5倍程度の本数が必要である。一般型のうち昼白色のものについては、各メーカーとも独自の名称(「ホワイト」が付くことが多い)を与え、やや高価な価格設定をしていることが多い。スタータ型とラピッドスタート型の価格差はあまりない。環形の物については、1ランク下のサイズの管が管の内側に納まるサイズであることと、両方の管を使う器具が多いことから、2種類のサイズの管を同梱して売る場合も多い。
言葉[編集]
かつては反応の鈍い人のことを揶揄して「蛍光灯」と言った。これは、昔の蛍光灯はほとんど(家庭用ではほぼ全て)がグロースタート式であったため、「蛍光灯 = スイッチを入れてもすぐに点灯しない」という事に由来する。
電球形蛍光ランプ[編集]
詳細は「電球形蛍光灯」を参照 60W型相当の電球形蛍光灯(消費電力13Wで計算)は、定格寿命は約6,000 - 13,000時間。価格は300円 - 1,500円弱(一部の100円ショップでも見られるようになったが、寿命は約3,000 - 8,000時間)。白熱電球の約10倍。
関連項目[編集]

蛍光灯デスマッチ

蛍光灯デスマッチ- 使用済み蛍光灯を使用して行うプロレスの試合。プロレス団体「大日本プロレス」が名物としている。

蛍光

RoHS- 蛍光灯はRoHS指令の例外措置として用途・形式によって特定値以下の水銀の含有が許容されている (適用除外用途一覧)。

参考文献[編集]

『屋内照明のガイド』照明学会編、電気書院、1978年。

『大学課程 照明工学』照明学会編、オーム社、1997年。

『現代 照明環境システム』石川太郎ほか共編、オーム社、1981年。

『サイリスタとその応用』橋本健著、日本放送出版協会、1972年。

参考文献[編集]

^ Molecular Expressions: Pioneers in Optics, Michael W. Davidson, The Florida State University

外部リンク[編集]

一般的な蛍光灯回路の種類と蛍光ランプの黒化現象 (ECCJ) [リンク切れ]

ウィキメディア・コモンズには、蛍光灯に関連するメディアがあります。
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=蛍光灯&oldid=48467932」から取得

カテゴリ:
ランプ
光学
光学機器
ガラス
プラズマ
照明器具
水銀
隠しカテゴリ:
外部リンクがリンク切れになっている記事/2010年12月
posted by arena8order at 19:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蛍光灯、蛍光ランプ(fluorescent lamp)…4

Image~034.jpg
#ккк #ШШШ #Х

明るさ[編集]
蛍光灯は、エネルギーを光に変える効率がよい。一般的には白熱電球の5倍の発光効率があるといわれる。白色LED(発光ダイオード)も高効率化が進んでおり、ほぼ同程度の照度が出る物も発売されている。 ランプの明るさの単位は全光束・ルーメン(lm) である。これはランプから放射される、全ての方向の光の合計である。最新型の三波長のものでは、32W環形のランプは2,640ルーメンに達している。ランプに表示されている全光束の数値は、標準の試験用安定器を使用して測った場合の数値であるため、効率のよいインバータ器具で使用した場合、ランプ表示のルーメン値を大きく超えることがある(インバータの性能がよいためであり、過負荷というわけではない)。蛍光ランプ自体の発光効率は、1980年代ごろからほとんど進歩していない(新方式のランプを除く)。 蛍光灯器具のエネルギー効率は、ルーメン/ワットであらわされる。これは器具によって大きく違い、一般的な28mm管の器具でも90lm/wぐらいのものから50lm/wぐらいのものまである。インバータ式の物は高効率で、磁気安定器式の物は低
効率である。ランプが長い方が発光効率良い。スリム管・スリムツイン管の場合は従来管よりも明るい。 器具のカバーも明るさに影響を及ぼす。和室用照明などの飾りがついているものや、分厚いプラスチック製のカバーは明るさを落とす。経年変化による変色も明るさや色温度が変わる元になる。 調光機能付きの器具の場合、2灯式で片方が消灯するものや、点灯したまま明るさが変わるものがある。暗くした場合、省電力になるように設計されている製品もある。高級品には2種類の色温度のランプを併用し、シーンによって使い分けるものもある。 蛍光灯は周囲温度によって明るさが変わる。寒冷時はランプが温まるまで暗く、密閉型器具などであまりにも高温になる場合も照度低下と劣化が起きる。ホタルックなどの残光型ランプは、低温時は残光が暗くなる。
寿命[編集]
蛍光ランプの寿命は、種類により異なるが、およそ6,000 - 15,000時間である。 蛍光ランプが点灯しなくなり寿命を迎える原因は、ランプ点灯中に起こる、電極に塗布された電子放出性物質(主にタングステン酸バリウム等)の蒸発、飛散による消耗が主である。蛍光ランプは始動時にもっとも負荷がかかり、グロースタータ(点灯管方式。後述)の場合、一回の点灯で約1時間寿命が縮むため、頻繁に点滅させる用途には向かず、より長時間点灯する場所に向く。
蛍光ランプ大手のパナソニックは同社ランプ総合カタログにおいて、消灯時間おおむね数分程度を境に、連続点灯による電力消費の損失が、消灯して再始動することによるランプ寿命の損失を上回る(つまり点灯が不必要な時間が数分を超える場合は消灯・再点灯した方がランプ寿命を考えても経済的である)としている。

後述の高周波点灯方式では、電子機器で制御することによって始動時の電極予熱を最適化し、従来方式に比べ不点となる寿命の大幅向上を実現した(先に述べた「再始動することによるランプ寿命損失」が減少することを意味する)。 直管は、一般にワット数が大きいほど定格寿命が長い。よって、器具が選べる場合は20ワット管2本のタイプより40ワット管1本のタイプを選択することにより、交換の手間を減らすことができる。 蛍光灯器具によってもランプ寿命は変わり、良質な設計の器具であれば長持ちしたり、その逆のことが起こったりもする。グローとインバータによる差のほか、メーカー間の差もある。 点灯することができても輝度は次第に低下するため、JIS規格では光束が当初の70%に低下した時点も寿命としている。ただし、蛍光灯は点灯後に徐々に明るくなるため、数分待ってから計る必要がある。 輝度が低下する原因としては、水銀蒸気がガラス中のナトリウムと反応して黒色の付着物となること、ガラスが紫外線を吸収して透明でなくなること、などがある。 北欧ではガラスからナトリウムが浸出する
ことを防ぐコーティング技術と電子放射物質(タングステン酸バリウム等)のスパッタリングを防ぐ特殊な陰極とを組み合わせることによって、80,000時間を超える蛍光管が実用化されている。 グローランプの寿命は蛍光灯の点灯時間ではなく、点灯回数に比例する。グローランプは蛍光灯の交換と同時に取り替えるのが蛍光灯を長持ちさせるコツだといわれることもあるが、あまり消耗していない場合は替えなくてもよい。ただし、蛍光管の終末期に激しく点灯動作が繰り返されると、グローランプもそのたびに消耗するため、この状態で放置すると劣化が激しく進む。
外観の経時変化[編集]

アノードスポット

寿命末期に発生する。フィラメントに塗布されたバリウム酸化物などのエミッター(電子放射物質)が飛散し、電極付近のガラス管壁に付着したもの。

蛍光ランプでは電極付近が黒くなって見える(殺菌ランプではエミッターが蒸着しゲッター状になっている)。

点滅が頻繁だったり電圧や電流、安定器が不適切だとフィラメントに負担がかかり早期に出現することがある。ラピッドスタート型のランプはフィラメントの周囲に保護筒があり管壁へのエミッターの付着を防いでいる。ランプ寿命末期に点滅を繰り返したり、両端のフィラメントのみが赤く光るのは、フィラメントのエミッターが消耗してしまい安定した放電を維持できなくなるからである。

エンドバンド

点灯中のエミッターの蒸発により発生する微量のガスと水銀が化合したもの。明るさや寿命への影響はほとんどない。

内面導電性被膜(EC黒化・黄変)

ラピッドスタート型ランプの始動補助として管内に塗布された透明導電皮膜と水銀が反応することによって発生する。

電極付近の水銀付着による黒ずみ

初めてランプを点灯する際にフィラメント内部に入り込んだ水銀が、フィラメントが加熱されることにより蒸発して、管壁に付着することで発生する。しばらく点灯しておくと水銀が蒸発し消滅する。

ガラス管中央付近の水銀付着による黒化現象

冷房の吹き出しなどで管が低温になる部位で発生する。寿命・特性への影響はほとんどない。

器具の寿命[編集]
蛍光灯照明器具の寿命については消費者にはあまり認知されていないが、安定器がおよそ8年 - 10年、それ以外の部分についてはおよそ15年が目安とされている。器具の寿命は周囲温度、点灯時間などによって変化する。一般に点灯時間が長く周囲温度が高いほど短くなる。これは熱による安定器の絶縁体の劣化が進みやすくなるからである。 一般家庭向けの製品では安定器のみを交換することは想定されていないため、器具全体の買い替えとなるケースがほとんどである。オフィス向けのものでは安定器のみを交換できる場合が多いが、一般家庭向け、オフィス向けともに設計寿命を超えて使用されることが多く、20年を超えて使用されることも珍しくない。 古くなった安定器は、「ジー」という騒音を発することがある。最近の安定器は安全装置が内蔵され、寿命が来るとコイルやヒューズが切れて電源を遮断するため、発煙・発火の恐れはほとんどない。しかし、安全装置のない古いタイプの安定器をいつまでも使い続けるとレアショートして過熱し、最悪の場合発煙・発火すると共に漏電事故を起こす可能性がある。電子式安定器ではコンデンサの容
量抜けなどによりヒューズが飛んだり、コンデンサが破裂・焼損することがある。 1957年(昭和32年)1月から1972年(昭和47年)8月までに製造された業務用・施設用の蛍光灯器具や水銀灯器具、低圧ナトリウム灯器具の安定器内部に組み込まれている力率改善用コンデンサの絶縁体にはPCBが使われており、近年、学校に設置された蛍光灯器具内の安定器が破裂して漏れ出したPCBが児童に降りかかる事故が発生している。これらPCB使用照明器具の安定器は設置から40年以上が経ち既に寿命を迎えている。危険なので早急な交換が必要である。PCB含有安定器は排出者が厳重に安全に保管しなければならない。[1] シーリングライトなどの蛍光ランプが直接見えない構造の器具の場合は、光を透過するプラスチックが蛍光ランプから出る紫外線によって劣化し、黄色く変色することがある。こうなると照度は低下し、効率が悪くなる。現在は変色しにくく透過率が高いカバーが、メーカーによってクリーンアクリルなどと名づけられて採用されることが多い。 器具本体とは別の寿命だが、袋打ちコードと呼ばれるこ
たつコードにも似た発熱に耐えられるコードのみで吊り上げている蛍光灯器具の場合、コードが陳腐化し、器具の重さによって床に落下するケースもある。心配ならば、鎖で吊り上げるとよい。ほとんどの蛍光灯器具には鎖をかけられる孔が開いている。これは天井側が普通のコンセントかあるいは電球ソケットにセパラボディという組み合わせに考慮したものである。蛍光灯器具によっては引掛シーリングをコンセント用に変換出来るプラグを購入しなくても上部のフタを取り外すとコンセントに差し込めるプラグが包まれている場合もある。
廃棄[編集]
蛍光灯には水銀を含むガスが封入されているため、割って埋め立て処分するなどの方法では、割った際にガスが環境中に放出されたり、最終処分場が水銀で汚染されてしまうなどの問題がある。そのため適切に回収され再資源化することが望ましい。 米国では廃蛍光ランプは専門業者が回収を行い、この際割らずに回収させなくてはならず、割れた場合には高額な回収費用が請求される。回収された廃蛍光ランプは専門の設備により口金金属部、管状部に丁寧に分割され、中の水銀は銅キャニスターに回収される。残りの部材はアルミ、電極、ガラス、蛍光体へと分別され、完全リサイクルされる体制が確立されている。北欧では、廃棄蛍光灯の総量を減らすため、蛍光灯の長寿命化への取り組みが盛んである。 一方、日本では、回収して水銀をリサイクルできる専用の施設(例:イトムカ鉱山を参照)に処理を委託する方法がとられつつあり、環境マネジメントシステムISO 14000の認証を取得している企業などではこちらの方法が一般的である。一般家庭から廃棄される蛍光灯は、一部の自治体が回収を行っているものの、現在でも多くの地方自治体が燃えないごみに出
すように定めており、環境意識の高まりとともに改善を求める声があがっている。自治体が回収を行っていない地域であっても、一部の家電量販店や電器店・ホームセンターなどが「蛍光管回収協力店」として店頭で無料で回収している場合、または蛍光灯購入を条件に回収している場合、などがある。
直管蛍光灯の太さ[編集]
直管蛍光灯は実用化当初は現在に比べ太かった。 太さは38mmで、型番のワット数を表す数字の後にSが付かないか、またはSが1つのみだった。細い直管蛍光灯が一般的になった当時は、新しい直管蛍光灯に換えたときに、古い直管蛍光灯が太いため新しい直管蛍光灯の箱に入らないという問題も起こった。 通常の器具の場合、太さの異なる直管蛍光灯に交換しても問題ないが、一部の密閉器具(防水型など)の場合、例えばFL20を使用する器具で太さの異なるFL20SS / 18を使用した場合、発熱量が増え危険であるため、この器具では必ずFL20を使用しなければならない。また、口金部に防水パッキンがついている場合も、太さが同じものを使用する必要がある。但し、旧型の直管蛍光灯の専用器具は現在はあまり見かけないが、個人で営んでいる電器屋では、売れ残りで旧型の太い直管蛍光灯が残っている場合がわずかながらある(だいたい処分してしまう店が多いので、希少である)。メーカーによってはSのないタイプをまだ製造している場合がある。 2010年現在世に出回っている直管蛍光管の直径は普通のタイプが32.5m
m、省エネタイプは28mm、Hfタイプが25.5mm、T5管が15.5mmである。省電力設計のランプは、頻繁な点滅や温度変化に弱いといわれる。
posted by arena8order at 19:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蛍光灯、蛍光ランプ(fluorescent lamp)…3

200px-Fluorescent_Lamp_Inverter.png
#ккк #ШШШ #Х

周波数による制限[編集]
事故を防ぐため、設置地域の商用周波数に合った蛍光灯器具・安定器を使用する。 蛍光灯は点灯に際し安定器が必要であるが、適合周波数で使用しないとさまざまな問題が生じる。施設照明器具のシェアの大半を占めるパナソニック電工(旧: 松下電工)と東芝ライテックでは、周波数区分が容易に判るように器具型番のシールと電線色を分けている。
50Hz用 - シールのメーカーマーク色・型番印刷が緑で、電線色が黒 - 白

60Hz用 - マーク色が赤で、電線色が茶 - 白

兼用器具 - マークが青または黒で、電線色が黒 - 白

建築基準法による非常灯は、周波数区分にかかわらず赤である。
50Hz用の安定器を60Hzで使用

チョーク形・漏れ変圧器形低力率の場合

ランプの明るさは暗くなり。また点灯しづらくなる。

フリッカレス形進相回路・2灯直列進相形高力率の場合

大きなランプ電流が流れ安定器が過熱する。最悪の場合、焼損・発火する危険性がある。ラピッドスタート形の場合波形のバランスが崩れ点灯しにくくなる場合がある。

60Hz用の安定器を50Hzで使用

チョーク形・漏れ変圧器形低力率の場合

安定器のリアクタンスが減少するため、ランプ電流が増加しランプは明るくなる。ただし安定器内部のコイルを流れる電流も増加し、安定器自体が過熱する。そのまま使用を続けると最悪の場合、焼損・発火する危険性がある。

フリッカレス形進相回路・2灯直列進相形高力率の場合

ランプの明るさは暗くなる。また点灯しづらくなる。ちらつきを生じる場合もある。

これは、安定器内部のコイルは周波数の高い交流ほど流しにくくなり、逆にコンデンサは周波数が高いほど交流を流しやすくなるためである。このため、一般の安定器を使用する器具を周波数の違う地域で使用する場合、安定器を交換しなければならない。ただしインバータ式安定器は日本国内であればどこでも使用できる。 子供用学習机に付帯される蛍光灯照明は「チラツキが少なく目に優しい」としてインバータ式の普及が急速に進んだため、現在では見かけることはまずないが、スタータ式の照明の時代には周波数切り替えスイッチが取り付けられているものが多く、これを切り替えることにより周波数の異なる地域でもそのまま使用できた。
飛散防止膜付き蛍光管[編集]
ガラス管の外面全体にポリエステルフィルムなどの合成樹脂で被膜を施した蛍光管。万一の破損に対し、樹脂フィルムで落下や飛散を防ぐ。防飛型とも呼ばれる。薄いガラス素材である蛍光管は、破損の際に非常に細かい破片が飛散し、人や動物の目や口腔をはじめ、気管にも到達する危険がある。 公共施設や鉄道・バスを始めとする輸送機械、食品工場、サーバ・コンピュータルーム、国際宇宙ステーションなど異物の混入が事故となる現場や、破片の除去・清掃が困難な製品や機器を扱う環境で利用されている。高価なため、一般家庭には普及していない。 フィルムにUVカット性能を持たせ、防虫(避虫)効果を兼ね備えた製品もある。
特殊な種類[編集]

高周波点灯専用型蛍光灯(Hf蛍光灯) - FHF・FHP・FHT

冷陰極型蛍光灯(冷陰極管) - CCFL

外部電極蛍光灯- EEFL

長時間残光型蛍光灯

光触媒膜付蛍光灯

合成樹脂皮膜付蛍光灯(飛散防止型など)

無電極蛍光灯

補虫器用蛍光灯(ケミカルランプ)

避虫用黄色蛍光灯(イエローランプ)

紫外線カット蛍光灯(UVカット、フォトレジスト印刷などの現場用)

低温用蛍光灯(アルゴンガスの量を増やし、低温時の始動性を向上)

殺菌灯(蛍光体がなく、かつガラスが紫外線を通す石英ガラスになっている。蛍光体がないため、厳密には"蛍光"灯ではない)

ブラックライト

希ガス蛍光ランプ - 水銀を使わない蛍光灯

光源色の種類[編集]

蛍光灯の発光スペクトル光の三原色に相当する波長に均等なピークを持つため、白色光に見える

色温度の種類[編集]
蛍光灯の色が、暖色系(低色温度)か寒色系(高色温度)かの数値であり、以下の5種類のいずれかに分類されることが多い(以下の温度は色温度)。
昼光色 D

JISでは5,700 - 7,100K、通常は6,500K

晴天の正午の日光の色

昼白色 N

JISでは4,600 - 5,400K、通常は5,000K

晴天の正午をはさんだ時間帯の日光の色

白色 W

JISでは3,900 - 4,500K、通常は4,200K

日の出2時間後の日光の色

温白色 WW

JISでは3,200 - 3,700K、通常は3,500K

夕方の日光の色

電球色 L

JISでは2,600 - 3,150K、通常は2,800K・3,000K

白熱電球の色である。とはいえ白熱灯にも色温度の幅があり、ワット数が低いものほど赤く(色温度が低く)、高い物ほど白い光(色温度が高い)を放つ。同じ白熱電球でも調光すると、明るい時ほど色温度が高い。これはフィラメントの温度により色温度が決まるためである。

これらの呼び名はあくまで基本的なものであり、各メーカーが独自に名前をつける場合もある。2,500K・5,700K・8,000Kなど、上記5色の通常値以外の色温度の製品が増加しつつあり、それらは「ウォーム色」「クール色」「フレッシュ色」など、基本色とは異なる名称をつけて販売されているため、消費者は色温度を確認してから買うことが求められる。白色の近辺にはあまり製品のバリエーションが存在しない。色温度は低い領域ほど少ない温度差で色味の変化が激しく、電球色と温白色の差 (500 - 700K) は単独の光源を別な機会に目視しても判別がつくが、昼光色・昼白色の差 (1,500K) はそれほどではない。 上記は一般照明用のものであるが、これ以外にも栽培などの特殊用途向けの「海の色 (17,000K)」という物も存在する。カメラの設定などで「冷白色蛍光灯 (4,150K)」というものがあるが、この名称を関した製品はまず見かけない。おそらく海外のcool - whiteを直訳したものと思われるが、これは日本で言う白色 (3,900 - 4,500K) のことである。 太陽光については、太陽そのものの発する光線のみな
らず、青空などの太陽以外の部分からの放射も地表に到達するため、青白い光であっても不思議ではない(もちろん、宇宙空間から見た太陽光線の色は一定である)。
演色性の種類[編集]

三波長発光形蛍光灯 - EX

全光束(明るさ)が高く、演色性もRa80 - 90とある程度よいため、一般家庭を中心にオフィスなどでも普及している。東芝のメロウ5は5色発光だが、三波長に分類される。食品展示用に四波長としたものもある。

高演色形蛍光灯

AAとAAAがある。全光束は三波長形の6割程度と低いが、演色性がRa90 - 99と高いため、美術的にシビアな色彩処理が要求される場所で使用される。ほとんどが直管の製品(スタンド用コンパクト型もある)。太陽光を再現するために意図的に紫外線も放射する物(蛍光色の物の見え方が違う)や、逆に美術品保護のために紫外線吸収膜をつけたものがある。電球色から昼光色までその色温度ごとに高演色形があるが、白色で演色AAAのものはまれ。

一般型(普及型)蛍光灯

演色性がRa60 - 75と低く、全光束も三波長形の7.5割 - 8割程度とあまり高くないが、安価である。「一波長形」と呼ばれることもあるが、単色光源ではない。顔色や木質製品の色が悪く見えるため、三波長形が出回る前は蛍光灯を嫌う人も多かった。名称に反して、一般家庭ではあまり使われておらず、スーパーなどでもあまり販売例を見かけないが、100円ショップでは取り扱いが多い。事務所や倉庫など、色の見え方があまり気にならない場所や、学校のように利用時間帯および太陽光の採光条件がよい環境での補助照明として用いるのに適している。

その他

カラー蛍光灯など。近年、心理学的に街灯を青くすると犯罪発生が減るという説があり、ブルー蛍光灯を使う例が増えている。(青色防犯灯も参照のこと)ただし日本の取り組みに使われているカラー蛍光灯は青すぎて暗いという説もあり、青白色の照度と色彩が両立できる物を使うのが望ましい。半導体工場には、黄色の蛍光灯が使われる。アクアリウム用には、さまざまな色温度の蛍光管が売られている。それらのほとんどは直管の製品である。

色彩に関する事業所や病院、美術・博物館向けに、各光源色に演色性を重視した設計の高演色形「SDL」や色評価用「EDL」がある(この場合の演色性とは「特殊演色評価数」、つまり原色を基準色とした見え方の忠実度を指す。これは通常用いられる、中間色を基準色とした「平均演色評価数」よりも達成が難しい)。まれにRaが90を超えていてRaでは演色AAの製品に匹敵する三波長形の製品があるが、この点で演色AAの製品とは異なる。

光色の使い分け[編集]
普通、蛍光ランプの光色としては価格的に安い一般型白色[W]・昼光色[D]のものが事務所などでは広く使われていたが、最近は住宅や店舗などを主体に三波長域発光型(電球色[EX-L]、昼白色[EX-N]、昼光色[EX-D]など)も普及している。事務所などでは一般型の白色や昼光色に替わって昼白色[N]が主流になりつつある。住宅用照明器具では、住宅設備照明のカタログに掲載される型番の器具(主にハウスメーカーや電気工事会社向けとされる)では昼白色と電球色のラインナップとする一方、小売店向け型番の器具では昼白色の代わりに昼光色をラインナップに入れているメーカーが多い。 なかでも店舗照明においては色温度や演色性を含めた照明設計が購買意欲に大きく影響することが認識され、それを実現するためのさまざまな光色、配光性のランプ商品が用いられている。ただし、商品を実物よりもよく見せるには、完璧すぎてもいけないため、特定の波長を強くしたりといった工夫がある(食肉展示用蛍光ランプなど)。演色性は色温度ごとに決まっているため、演色性が最高でも色温度によって青く見えたり赤く見えたりする。
ランプの明るさ(効率)についても、その光色によって差異がある。最も明るいのは3波長発光型の昼白色・電球色であるが、3波長型でない一般型では白色[W]が最も明るい。昼光色系の場合、見た目には明るく(青白く)感じるが、実際には白色系に比べると10%前後暗くなるものの、実用上はあまり変わらない。自然光への忠実度(特殊演色評価数)を重視したタイプでは、一般照明用と比べて30 - 40%も暗い場合もある。 演色性を示す数値は同じでも、メーカーによって個性があり、色の見え方は少し異なる。例えばパルックはやや緑色が過剰であると写真家などから指摘されている。
分光分布[編集]
蛍光管のカタログには、分光分布が載っていることが多い。これはどの色の波長が多いかを示したもので、単に色温度を見るよりも視覚的に分かりやすい。 ただし、分光分布の斜線がなだらかであるほど優れているわけではなく、一般形と高演色形はともに分布図がよく似ており、なだらかな山型のラインにところどころ飛び出ている部分があるが、三波長形は全体的にギザギザである。しかし実際には三波長形は演色性の面では一般形と高演色形の中間である。つまり分布図が不規則であっても、それが色の見え方が悪いということではない。
posted by arena8order at 19:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蛍光灯、蛍光ランプ(fluorescent lamp)…2

200px-Fluorescent_Lamp_Inverter.png
#ккк #ШШШ #Х


高周波点灯専用安定器(Hfランプ専用もしくはランプフリー)[編集]

高周波点灯方式の回路図

右の回路図の電子式安定器は、セミ共振形と類似した方法で点灯する。回路はハーフブリッジ式が多い。先の一灯用のほか、従来の直列逐次始動形に類似した方法で始動する2灯用の安定器もある。単にインバーター式という場合、この形式を指すことが多い。
コンデンサの充電電流が流れる時、ランプ両端の電極が予熱される。充電後に電流が流れなくなると、LC直列共振現象で高電圧を生じ主放電へ至る。

点灯管は無い。交流の商用電源を整流回路で直流化した後、インバータ装置でより高周波の交流電力に変換し、点灯する。

即時に点灯でき、高周波点灯により発光効率も上がり、ちらつきも少なく、また始動時に適切な時間・電圧で予熱するため蛍光灯の寿命も大幅に伸びる。

他の安定器に比べ、非常に高力率である。

安定器(回路)構成部品が小型のため、器具の小型化も可能。

器具からの騒音が小さい。一般に人間の可聴周波数帯以上の20 - 50kHzの周波数が使用される。

点灯管方式と比べると明るいが、蛍光管の値段はそれと比べて高い。

最近はFL・FLR・FHFのランプを共通で使用できるものや、100 - 242Vの範囲内の電圧で使用できるランプフリー・ボルトフリータイプの安定器も出回っている。この安定器は周波数に関係なく使用可能である。安全のため、多くの安定器にはランプ寿命時に発振を停止する回路が組み込まれている。ランプフリーのものは、通常従来管40WとHf管32Wの長さが同じ事を利用しているため、長さが異なるランプは不可能である。

初期照度補正機能により、新品のランプと交換直前のランプの明るさの差をなくし、また初期は明るさを抑えることで省電力にするという器具もある。

蛍光ランプと蛍光灯器具の規格[編集]

型番表記例

FHF32EX-N-H

これは一般的なHf蛍光灯昼白色32ワット形直管の型番である。FHFはHf式の直管を、32は32ワット形であることを、EXは三波長を、Nは昼白色(ナチュラル)を示している。FL式においてはSSは直径28mmであることを、18は実際の定格消費電力を現している(ただし器具によってはこれより高低がある場合もあり、特にインバーター器具では消費電力もそれぞれである)。
蛍光管の種類[編集]

直管形蛍光管[編集]
棒状の蛍光管。
スタータ型 - FL(管径16mm (4-8))口金はG5

4、6、8
(4、6、8Wは主に非常灯(誘導灯)や懐中電灯)

スタータ型 - 25mmまたは28mm(10・15および省電力形20SS18・40SS37・65SS58)、32.5mm (20S-52S)、38mm (20-65) 口金はG13

10、15、18、20、25、30、32、35、40、52、65

10、15Wは鏡台や門灯など。20、40Wは一般の事務所、家庭用で使われている。30、32、65、52Wはショーケースや自販機・看板などにも使われるほか、事務所などでも使われているが、家庭用では学習机など一部を除き全く使われていない。

ラピッドスタート型 - FLR (管径38mm (20-110H)、32.5mm (20S、40S、40S36)。会社、店舗、学校などで多く使用されている。Hは高出力型、EHは超高出力型を指す。口金はG13 (20-65)、R17d (60H-220EH))
20、32、40、65、(60H)、(80H)、110H、(110EH)、(220EH)

高周波点灯専用型 - FHF (管径25mm。会社、学校、商業施設などで多く使用されている、Hf専用器具で使用する。定格点灯のほか安定器によって高出力点灯も可能。近年では道路トンネルの照明にも用いられる。口金はG13、Rx17d(86Wのみ))

16 (23)、32 (45)、50 (65)、86

() は高出力点灯時のW数

スリムFHF - FHF(管径16mm、デスクスタンドなど。口金G5)

24S、54S

スリム型 - FHL

6、10、(18)、(27)、(36)

ES型 - FL

13、23、27、32

スリムライン - FSL・FSR・FLR(陳列棚の照明用)

環形蛍光管[編集]
丸形、円形ともいう。ドーナツ状の蛍光管。(環形蛍光灯を総称して「サークライン」と呼ぶことがあるが、東芝ライテックの登録商標<日本第468682号>である。)
一般型 - FCL(現在の家庭用では多く使用されている。口金はG10)

9、15、20、30、32、40

ラピッドスタート型 - FCR(現在はほとんど使われていない)

20、30、40

スリムタイプ - FHC(主に家庭用、高周波点灯専用。口金はGZ10)

13、20、27、34、41

ツインタイプ - FHD(主に家庭用、高周波点灯専用)

40、70、85、100

スクエアタイプ - FHG 、FHW(主に家庭用、高周波点灯専用)

30、40、50、60、70、73、103

スパイラルタイプ - FHSC(主に家庭用、高周波点灯専用)

15、20、30、63、75、93

コンパクト形蛍光管[編集]

発光管を折り曲げるまたはブリッジで組み合わせることにより小型化した蛍光管。
FUL - 文字通りガラス管をU字形にした蛍光ランプ

4、6、9、13、14、18、36

FPL・FPR(一般用) - 2本のガラス管をブリッジで結合しているタイプ

4、6、9、13、18、27、28、30、36、55、96

太字のランプはラピッド式器具もしくは一部のHf器具でも使用できる。
FHP(Hf専用) - 2本のガラス管をブリッジで結合しているタイプ

32、45、105

ランプはHf器具専用。

FDL(一般用)‐4本のガラス管を束にブリッジ結合しているタイプ

4、6、9、13、18、27、36

FHT(Hf専用)‐6本のガラス管を束にブリッジ結合しているタイプ

16、24、32、42

()はHf器具専用(ソケット形状が違うのでFDLと互換性なし)

FML、FMR、FWL‐4本のガラス管を平行にブリッジ結合しているタイプ

FPLと同様のWサイズがある。

FGL - 発光管をグローブで覆ったタイプ

電球口金付蛍光灯・電球形蛍光灯[編集]
ねじ式口金部分に点灯回路を内蔵し、電球とそのまま差し替えられる蛍光ランプ。
一般電球形 - EFA

筒形 - EFT

発光管形 - EFD

ボール形 - EFG、BFG

環形 - CFL

初期のころの発光管は環形・U形・ダブルU形が多かった。点灯回路もチョークコイル・点灯管・トランジスタインバーターを使用していたため、電球に比べて大きく重かった。現在はブリッジ形(東芝など)、スパイラル形(パナソニック(旧松下電器)など)の発光管が多くなり、小形・軽量化・高効率化が進んでいる。点灯回路も小形・軽量化され、点灯回路を口金内に収め、寸法的に一般電球と遜色ないものも現れた。従来は一体式であった発光管を交換できるタイプもある。 従来品は調光器具では使用できなかったが、現在は調光器具対応のランプも市販されている。口金はE26、E17タイプのものが市販されている。
ネジレ形蛍光灯 - トルーライトなどの名前で販売されている。自然昼光に近い演色性を持つ。

蛍光管の点灯方式や省エネタイプ管の互換性[編集]
事故を防ぐため、照明器具の始動方式に合った蛍光管を使用する必要がある。 特に、複数方式に対応するランプフリーの安定器を搭載しているなど方式そのものは問題がない場合であっても、器具全体としては管の支持方法やカバーの取り付け、放熱設計など種々の制約により適合ランプを限定している場合があるので、たとえ下記記述で互換性があるとされる場合であっても、取扱説明書や器具本体の表示等を必ず確認すること。
ラピッドスタート管

基本的にすべての器具で物理的に取り付けられれば使用可能である。例外として省エネ管 (36W) をグロー式器具に使うのは好ましくない。なぜならば、ラピッドスタートタイプの省エネ管は低電圧大電流で省エネにしているためである(ランプ電流: FLR40: 0.435A、FLR40S: 0.42A、FLR40S36: 0.44A)。

ラピッドスタート式の省エネ管をグロー式器具に取り付けると、安定器に過電流が流れ、最悪の場合安定器が焼損する。

取り付け可能であれば以下のHfインバータ専用管の代替として使用可能である。

グロースタート管

グロースタート式器具専用である。ラピッドスタート式器具に装着した場合、通常のFLランプは始動性がやや悪いがは点灯することがある(2灯式直列及びリードピーク形ラピッドスタート安定器では点灯しやすい)が、一部のランプは放電開始しないものもある。省エネタイプの40形以上のランプFL40SS37等は装着しても放電開始しないことが多い。(安定器の種類、周囲温度、近接導体の有無等より極まれに点灯することがある)、また非常に寿命が短くなる。

取り付け可能であれば以下のHfインバータ専用管の代替として使用可能である。(但し点滅の多い場所にはあまり適さない。)グロースタートタイプの省エネ管は中電圧小電流の設計であるため(ランプ電流: FL40: 0.435A、FL40S: 0.42A、FL40SS37: 0.41-0.415A)、低温での使用には不向きである(使用推奨温度: FL40SS37 - 10-40℃)。

高周波点灯専用管(Hf管)

このランプは特に注意が必要である。銅鉄安定器式ラピッド器具に装着した場合始動が悪いことがある。電子式ラピッドスタート安定器器具に装着した場合ランプ電圧の上昇により、電子回路が過熱の危険がある(最悪、安全機能が働き器具が使用不可となる)。

グロースタート器具に装着した場合、温度や電圧変動により再始動を繰り返すことがあるので適さない。逆にHf器具はランプフリー化が進みランプ指定がなくなりつつあるが、Hf管のみ指定の器具もあるので注意が必要である。(本来の明るさにならない、エンドバンドが出やすい等)
posted by arena8order at 18:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蛍光灯、蛍光ランプ(fluorescent lamp)…1

Image~032.jpg230px-Fluorescente.png
#ккк #ШШШ #Х

#蛍光灯 - Wikipedia
http://p217.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/01207V0BoA4W2y6C/dy?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E8%259B%258D%25E5%2585%2589%25E7%2581%25AF&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=Google&_jig_xargs_=SKeywords%3Djmobv%2520Google&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3DGoogle&guid=on



蛍光灯


蛍光灯(けいこうとう)または蛍光ランプ(fluorescent lamp)、蛍光管(けいこうかん)は、放電で発生する紫外線を蛍光体に当てて可視光線に変換する光源である。

「蛍光灯」と呼ぶ場合は蛍光管を用いた光源や照明器具を指すことが多い。

最も広く使われているのは、電極をガラス管内に置き(内部電極型)、低圧水銀蒸気中のアーク放電による253.7nm線を使うものであるが、水銀自体は環境負荷物質としてEU域内ではRoHS指令による規制の対象であり、蛍光灯への使用は蛍光灯を代替できる他の技術が確立されていないことを理由として許容されている。

2013年現在では、水銀の使用と輸出入を2020年以降規制する水俣条約が批准に向けた動きをみせており、蛍光灯を代替する技術としてLED照明も実用化されていることから、日本国内においては新築のオフィスビルなどでは全館LED照明を採用する事例も増えている。

ただしLED照明はまだ高価であり、今後も技術開発による効率の向上が見込めることから、既存建築物の省エネルギー化工事などではLED照明と同等以上の発光効率をもつHf蛍光灯にひとまず置換し、規制されるまでの数年間に電気料金の低減によって投資費用を回収するという「つなぎ役」としても使われている。


用途[編集]

全般照明

シーリングやペンダントなどのタイプがある。家庭用72W以上の商品はほとんどがインバーター式である。施設用・業務用は以前、磁気安定器式が多かったが、インバーター式の高周波点灯タイプが現在は広く使用されている。

局部照明(電気スタンドなど)

磁気安定器式からインバーター式に代わっている。

懐中電灯
乾電池の直流を電子回路で交流にして昇圧し点灯する。携帯できる。

液晶パネルのバックライト
非常に細い冷陰極管(CCFL) が使われている。

歴史[編集]

1856年:ドイツのガラス工(後に物理学者)ハインリッヒ・ガイスラーによって作られたガイスラー管が、蛍光灯の起源と考えられている。低圧の気体を封入したガラス管の中に2個の電極を置き、電極間に誘導コイルによって高電圧を加えると、放電による気体の発光が観測される。

1859年:フランスの物理学者アレクサンドル・エドモン・ベクレルは、蛍光・燐光・放射能の研究の際、蛍光性ガスを管に封入することを考案した[1]。

1893年:シカゴ万国博覧会ではアメリカ・イリノイ州のパビリオンが、ニコラ・テスラによる蛍光灯を紹介した。

1894年: アメリカの発明家ダニエル・マクファーレン・ムーアは、ムーアランプを発明した。このランプは市販用であり、彼の上司だったトーマス・エジソンが発明した白熱電球と販売を競う目的でつくられた。使われたガスは特別な不活性ガスではなく窒素・二酸化炭素であり、それぞれピンク色・白色の光を放ち、商業的にそこそこ成功した。

1901年: アメリカの電気技術者ピーター・クーパー・ヒューイットは、青緑色に光る水銀灯のデモンストレーションを行った。照明としての実用性は低かったが、現代の蛍光灯に非常に近かった。白熱電球よりも光の波長は短かったが、効率は高かったため、写真撮影など特別な用途に使われた。

1926年: ドイツの発明家エトムント・ゲルマーのグループは、管内の圧力を上げ、蛍光粉末で覆うことで、放たれた紫外線を均一な白い光に変換することを提案した。この発見によってゲルマーは一般に蛍光灯の発明者と認められた。

1934年: アメリカの電機メーカー、ゼネラル・エレクトリックは、ゲルマーの特許を購入し、ジョージ・インマンの指導のもと、蛍光灯を実用化した。

1937年:ゼネラル・エレクトリックが蛍光灯を発売開始した。

1939年: 東京芝浦電気(現・東芝/東芝ライテック。以下「東芝」と記す)がGE社インマン博士から直接技術指導を受け、日本で初めて蛍光ランプの試作に成功した。翌年紀元2600年記念事業の法隆寺金堂壁画模写事業で試作品が採用され、日本で初めて蛍光ランプが実用に使われた。

1941年: 東芝が“マツダ蛍光ランプ”として、昼光色15Wと20Wを正式に発売した。

1953年: 東芝が日本で初めて環形蛍光ランプを製作した。ワット数は32Wで、米国ではすでに生産されていた。1955年には、日本の配電電圧である100Vで、変圧器を用いずに簡易なチョークコイル形安定器で直接点灯できる30W型を開発した。15型は1968年、9型は1982年に発売した。

1973年: 日本で初めて電球色の蛍光ランプ(直管、Ra70)を日本電気シルバニアが製作した。同年には日立製作所(以下「日立」と記す)が環形の色温度3,900Kの「電球色」蛍光ランプを製作している。

1978年:電球形蛍光灯を日立が製作した。

1979年: 日本で初めて片側に反射用蛍光膜を塗った環形蛍光ランプ「リングパワー」を日立が製作した。現在も東芝が同種の製品を出している。

1989年: 日本で初めて紫外線褪色シールによるランプ交換時期通知機能付き蛍光ランプ「ひかりの見張番」を日立が製作した。4,000時間ほどで黄色のシールが透明になる。

1995年: 世界で初めて残光形蛍光ランプ「ホタルック」を日本電気ホームエレクトロニクスが製作した。

1999年: 二重環形蛍光ランプ「ツインパルック」を松下電気産業(現・パナソニック)が製作した(1997年に発売開始との説明もある)。

構造[編集]
蛍光灯は、蛍光物質が管内に塗布されたガラス管(白く見えるのは蛍光物質のせい)と、両端に取り付けられた電極とで構成されている。電極はコイル状のフィラメントにエミッター(電子放射性物質)を塗装したもので、これが両端に2本ずつ出ている4本の端子に繋がっている。ガラス管内には、放電しやすくするために2 - 4hPa(1気圧は約1,013hPa)の封入ガス(アルゴンあるいは混合希ガス)と少量の水銀の気体が封じ込まれている。発光時の内部温度は1万度に達するが、気圧が非常に低い為にガラス管が溶けるような事はない。
点灯の仕組み[編集]
電極(陰極)に電流を流すと加熱され、高温になったエミッターから大量の電子が放出される。放出された電子はもう片方の電極(陽極)に移動し、放電が始まる(通常は交流を流すため、陰極・陽極は同じ形状である)。放電により流れる電子は、ガラス管の中に封入されている水銀原子と衝突する。すると水銀原子が電子のエネルギーを受け、紫外線を発生させる。発生した紫外線はガラス管内に塗布されている蛍光物質に照射され、可視光線が発生する。 白熱灯と比べると、同じ明るさでも消費電力を低く抑えられる。消費したエネルギーの変換比率は、可視放射25%、赤外放射30%、紫外放射0.5%で、残りは熱損失となる。 白熱灯と違い、点灯には安定器(インバータ含む)が必要なため、直接電圧を掛けただけでは使用できない。ただし電球形蛍光灯では安定器を内蔵しているため、直接ソケットに差すだけでよい。 蛍光灯の点灯開始に当たってはフィラメントの予熱が必要なため、始動専用回路が必要である。
始動方式[編集]

スタータ式[編集]
以下の3種類がある。この器具に使えるランプは FL・FCL・FPLである。
グロースタート式(点灯管式)[編集]

点灯管方式の回路図

点灯管を用いて電源を入れると自動的に点灯する。蛍光管・安定器・点灯管(グロースタータ)で構成される。かつて一般家庭用として最も普及した。 「言葉」も参照。
始動時の動作

スイッチを入れると点灯管の内部で放電が起こり、その放電熱によって点灯管内のバイメタルが作動し、閉回路を構成する(点灯管は最初の放電時に光るがその後暗くなる)

点灯管を経由して流れる電流が、蛍光ランプ両端のフィラメントを予熱する(蛍光ランプの両端がオレンジに光る)

点灯管内の放電はすでに止まっているので、バイメタルは冷え、元の位置に復帰し、点灯管を経由する閉回路が開放される

すると安定器のコイルがもつ自己誘導作用(電流が変化すると起電力を生じる性質)により、高電圧(キック電圧という)が発生する

キック電圧をきっかけにして、温められていたフィラメントから電子が放出され、蛍光ランプが始動する

蛍光ランプが点灯している間は、点灯管にかかる電圧が点灯管の放電開始電圧以下に下がるので点灯管が動作することはない(蛍光ランプの点灯前と点灯後ではインピーダンスが異なることによる)

始動にかかる時間は、従来型の点灯管を使用した場合は3秒程度と、蛍光灯の中では遅い。点灯する際に点灯管から「ピンッ」もしくは「コン、コン」など、若干の音が出る(バイメタルの復帰のため)。電子点灯管に交換すると、約0.6 - 1.2秒と通常よりも早く点灯する。 2008年現在使用されている点灯管は
E形 - E17口金タイプ

FG-7E - 4-10W

FG-1E - 10-30W

P形 - P21口金タイプ、雑音防止コンデンサ内蔵

FG-7P - 4-10W

FG-1P - 10-30W

FG-5P - 32W

FG-4P - 40-65W

FG-52P - 52W

である。動作回数は6,000回程度(長寿命形は約18,000回)である。4 - 32Wのランプでも200V用の安定器を使用している場合はFG-4Pが使用できる。 100V30W以下および200V40-65Wはチョークコイル形安定器を用いる。100V32-65Wと100V/200V52Wは放電を維持する電圧まで昇圧する必要があるので、小形で安価になる単巻磁気漏れ変圧器形安定器を用いる。一般にこれら安定器は低力率のため、必要に応じて電源側に適当な値のコンデンサを並列接続し高力率にする。この器具は省エネ形のランプを除き(省電力形のFLR40M/36は安定器に過電流が流れ、過熱・焼損の恐れがあるので不可)ラピッドスタート式のランプを取り付けても使用できる(ただし即時点灯はしない)。
手動スタート式(マニュアルスタート式)[編集]
グロースタータの代わりに始動用のスイッチを接続する。始動スイッチを押して(プルスイッチを引いて)フィラメントを予熱し、ボタンを放す(プルスイッチを放す)際に安定器にキック電圧が発生して放電が開始される。旧式のデスクスタンドや初期の蛍光灯器具に見受けられる。
電子スタート式[編集]
グロースタータの代わりに電子点灯管もしくは電子点灯回路を利用したもの。ほぼ瞬時に点灯する(約0.6 - 1秒)。照明器具内蔵の場合と、別売り品をグローソケットに差し込む場合とがある。始動時の点滅がないので電極に与える負荷が少ない。ランプ寿命時には点滅を繰り返さずに消灯する。無接点なので一般の点灯管にくらべ長寿命である(動作回数は10万 - 20万回)。大型の円形蛍光灯に多い。 2009年現在市販されている電子点灯管は
FE7E - 4-15W

FE1E - 10-30W

FE5P - 32W

FE4P - 40W

FE52P - 52W

がある。
直列2灯スターター式

日本では見かけないが海外200 - 250V圏では直列2灯スターター式も使用されている。4-20W (30W) のランプに使用される。グロースタート式、手動スタート式、電子スタート式がある。

ラピッドスタート式[編集]
ラピッド (rapid) で「速い」の意。 この器具に使えるランプは FLR である。 点灯管を使用せず始動補助導体を持ったラピッドスタート形ランプと、予熱巻線付きの磁気漏れ変圧器形安定器の組み合わせで始動する。点灯はほぼ即時(1 - 2秒)。ビル・百貨店・駅・学校・会社・コンビニエンスストアなどの公共施設の多くはこの方式の蛍光灯を用いているが、後述のHf式への移行が進んでいる。 安定器は大きい。ビルなどではビルメンテナンス要員が交換することが多いが、重量が重いため交換には手間がかかる。特に直管110H形になると安定器だけで3kg近い重さ(リードピーク形安定器の場合)になり、2人以上の交換要員が必要になることも多い。 施設照明用電子式安定器(FLR指定)はこの方式の発展で、予熱用電源部・放電用電源部で構成されている。
始動時の動作

1灯用

ランプ両端のフィラメントが、安定器の予熱巻線から供給される電流で加熱される。

同時に、始動に必要な電圧がランプ両端にかかる。このとき始動補助導体とフィラメントとの間に微弱な放電が発生し、すぐに主放電に発展する。

直列2灯用

フィラメントの予熱と同時に、始動用コンデンサを経てランプ1に電圧が加わり、微放電を開始する

続いてランプ2も微放電を開始し、その時の電流と始動用コンデンサの積の電圧で始動する

ランプ2本を直列接続し、片方のランプのみコンデンサを並列に接続する。通常40Wランプが放電開始するには200V前後の電圧が、直列にすると300V前後必要となり110Wランプが放電開始するには300V前後の電圧が、直列にすると450V前後必要となる。しかし電気設備技術基準で300Vを超える安定器類は規制が厳しくなる(ランプを外すと電源が遮断されるインターロック回路の装着など)ため、この方法が取られる。

始動補助方式

外面シリコン式 A

ランプ外面に撥水性の被膜を塗布し、始動補助導体(器具反射板で代用)を使用する。一般用・高出力用。

外面導電ストライプ式(外面導電テープ式) M(東芝ライテックは M‐A 環形 J、三菱オスラムはM‐D)

パナソニックはランプ外面に導電ストライプを塗布し、一方の電極に高抵抗を介して接続すると共に、ランプの表面に撥水処理する。(但しストライプ・口金が反射板や近接導体などに接触する器具には使用できない。)調光器具用・一般用。

東芝・三菱はランプ外面に導電ストライプを塗布し、ランプの表面に撥水処理する。専用器具を使用し導電ストライプを接地させる。調光器具用

ランプ背面に茶色の帯が焼き付けられているのと、口金がギザギザの物で端子部の絶縁体が大きいのが特徴。
内面導電皮膜式 M(パナソニックは M-X)

ランプ内面に透明導電性皮膜を塗布する。一般用。

内面導電ストライプ式 M-N

ランプ内面に導電ストライプを塗布(現在は余り使われていない)

インバーター式[編集]
インバーター回路により始動する。高周波点灯により毎秒の発光回数が増えるため、ワット数あたりの明るさは向上するが、使用不可の蛍光灯が多い。 機種によって FL・FCL・FLR・FPL・FPR・FHP・FHC・FHD・FHG・FDL・FHT・FML・FWL・FHF ランプのいずれかが使える。ランプフリータイプもある。
瞬時起動式[編集]
1ピンタイプのスリムライン蛍光灯に使用される。余熱無しで高電圧で瞬時に始動する。 FSLから始まるもの。2ピンのスリムラインFSR・FSLはラピッドスタート式。
安定器の種類[編集]

磁気回路式安定器[編集]
電磁安定器、または主材料から銅鉄形安定器とも言う。通常、安定器といえばこちらを指す。磁気回路によって電流を制御する。銅・鉄が材料なので、寸法・重量ともに電子式に比較して大きい。大きなインダクタンス分なので、電源電圧に対して電流の位相に遅れが生じ低力率である。したがって必要に応じて適当な値のコンデンサを電源側もしくは二次回路側に接続して進相電流を流し、高力率にしている。回路形式によってグロー式安定器・ラピッド式安定器の2種類がある。
グロー式安定器[編集]

チョークコイル形

最も安価で単純である。100V30W以下、200V65W以下のランプに使用される。低力率・高力率がある。

磁気漏れ変圧器形

単巻漏れ変圧器を使用している。100V32W以上、200V52Wのランプに使用される。低力率・高力率がある。

フリッカレス形

進相回路・遅相回路の組み合わせによってちらつきを抑えた回路。高力率。

ラピッド式安定器[編集]

磁気漏れ変圧器形

フィラメント予熱巻線を持つ単巻漏れ変圧器形の安定器。低力率・高力率がある。

リードピーク形(ピーク進相形)

二次回路にコンデンサを直列に挿入すると共に、安定器の鉄芯にスリットと呼ばれる隙間を設け、鉄芯を部分的に磁気飽和させることによりピークを持った二次電圧を得て、比較的低い実効電圧で始動できるようにした安定器。高力率。

2灯直列逐次始動形

リードピーク形の回路で、2灯のランプを直列に点灯するタイプ。直列点灯なので一灯あたりに必要な電圧が低くなり、小形になるので、現在のラピッド式安定器では多く使われている。高力率。

フリッカレス形

進相回路・遅相回路の組み合わせによってちらつきを抑えた回路。高力率。

ハイブリッド形

電子点灯回路を内蔵し、従来の安定器に比べ小形・軽量化を図った安定器。高力率。

セミ共振形

コイル・コンデンサを組み合わせ、始動時にコンデンサへの充電電流で電極を予熱するとともに、LC共振より生じた高電圧を印加し点灯する。高力率。

電子式安定器[編集]
インバータ式と呼ばれることが多い。以下の種類の器具がある。
従来のスタータ管・ラピッドスタート管が使用できる

Hf方式の管が使用できる

FL・FLR・FHF の3種類の管が使える

回路形式により次のものがある。
電子式蛍光灯安定器(スタータ式、ラピッド式ランプ専用)[編集]
従来のスタータ式・ラピッドスタート式ランプ専用の電子式安定器。高周波点灯のためちらつきが少なく、銅鉄形安定器に比較して小型・軽量である。Hfランプは使用できない。
自励式

回路はブロッキング形・LC形がある。電源電圧は回路によりDC3 - 100Vとなっている。回路構成が簡単なため、懐中電灯・非常灯・バス車内灯などに使用されている。

定電流プッシュプル式

発振回路に定電流プッシュプル回路を用いたもの。用途は同上。

ハーフブリッジ式
posted by arena8order at 18:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

放電…絶縁破壊が生じ電子が放出され、電流が流れる現象である。

Image~001~001.jpg2399_0.jpg220px-GPS_Satellite_NASA_art-iif.jpg
#マイクロ波 #ラジオ波 #グロー #ккк #ШШШ #コロナ #アーク

#放電 - Wikipedia
http://p217.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/01207V0BoA4W2y6C/bT?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.google.com%2Furl%3Fq%3Dhttp%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%2525E6%252594%2525BE%2525E9%25259B%2525BB%26sa%3DU%26ei%3DmHr7Uf7nJo7ikgWL-4GoAg%26ved%3D0CBsQFjAA%26usg%3DAFQjCNHwA1PfZvrr8cWlQCOCHI7KZv-rzw&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=Google&_jig_xargs_=SKeywords%3Djmobv%2520Google&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3DGoogle&guid=on



放電


放電(ほうでん)は電極間にかかる電位差によって、間に存在する気体に絶縁破壊が生じ電子が放出され、電流が流れる現象である。

形態により、雷のような火花放電、コロナ放電、グロー放電、アーク放電に分類される。

(電極を使用しない放電についてはその他の放電を参照) もしくは、コンデンサや電池において、蓄積された電荷を失う現象である。

この現象の対義語は充電。

典型的な放電は電極間の気体で発生するもので、低圧の気体中ではより低い電位差で発生する。

電流を伝えるものは、電極から供給される電子、宇宙線などにより電離された空気中のイオン、電界中で加速された電子が気体分子に衝突して新たに電離されてできた気体イオンである。


非自続放電[編集]

暗流(暗電流)[編集]

大気中で対向する電極に電圧を印加すると、電極間に形成される電界による、電極からの電子放出やイオン生成が行われない状態であっても、宇宙線や自然放射能由来の放射線などによる気体分子の電離によるきわめて微弱な電流が流れる。これを暗流と呼ぶ。なお、大気中において通常自然に発生する荷電粒子の数は10-20個/cm3・s程度で、通常大気中ではこの電離により1000-2000対/cm3程度の正負イオン対が存在する。電極に印加する電圧を上昇させるとともに順次これらの荷電粒子が電極に捕捉されるようになる。一定の電圧をこえると電極間に発生する全ての荷電粒子が電極に捕えられ、電極に印加する電圧に関わらず一定の電流が流れるようになる。この時の電流の値は、10-17A/cm2程度である。
自続放電[編集]

火花放電[編集]
火花放電(フラッシオーバ、絶縁破壊あるいは全路破壊)は、電圧がある限界をこえると、電極間に火花が観察される現象で、不連続な過渡的現象の場合を指す。 電極間に印加する電圧を上げると、電極間に存在する気体分子が高電圧によって加速された電子と衝突して電離し(α作用と呼ぶ)、また、電離によって生成された正イオンが負極に衝突する際に起こる二次電子放出により負極より電子が電極間の空間に供給される(γ作用と呼ぶ)ようになる。これらの二つの作用により生成される荷電粒子の量が、両電極あるいは周囲の空間へと失われる量よりも多いと、電極間に流れる荷電粒子の量はなだれ的に増加し、電極間には大電流が流れるようになることで起こる。 火花放電が継続的に流れるとグロー放電あるいはアーク放電となる。放電路の発光は放電ギャップ全長で認められる。雷は帯電した積乱雲内あるいは大地間に発生する大規模な火花放電である。通常、気体あるいは沿面放電の場合をフラッシオーバ、液体、固体、真空の場合を絶縁破壊の語を用いる。


コロナ放電(局部破壊放電)[編集]

コロナ放電(英語:Corona discharge)は尖った電極(針電極)の周りに不均一な電界が生じることにより起こる持続的な放電の総称。この際、針電極周辺に認められる発光部をコロナと呼ぶ。名称は放電で生じる発光が太陽のコロナと似ていることによる。コロナ放電によって流れる電流は小さく、数μA程度である。気体中にイオンを増加させることができるので集塵機などに応用されている。放電路の発光は電界の集中する針電極周囲に限定して認められる。火花放電においても、主放電路形成に先だって認められる。また、送電線においても雨天時などにしばしば発生する。 コロナの状態は針電極の極性と電極間にかける電位差により状態が変化する。特に正極側の針電極に発生するものを正針コロナ(正極性コロナあるいは正性コロナ)、負極の物を負針コロナ(負極性コロナあるいは負性コロナ)と呼ぶ。 針対平板ギャップにおけるコロナ放電の状態は次の通り。 正針コロナ(針電極を陽極とした場合のコロナ)は電極間に架かる電圧の上昇とともに電極端部に密着したグローコロナ(膜状コロナとも)から音(コロナ音)を伴うブラシ状を経て払子状と
なり、全路破壊に至る。グローコロナが間欠的なものから持続的なものに変化する過程で短い(1mm程度)ストリーマ状(繊維状)の放電を伴う。払子コロナ(ストリーマコロナ)はストリーマが多数集まって成長したものである。払子コロナが対向平板電極に達すると全路破壊となり火花放電を生じる。ブラシコロナはギャップ長が短い(15cm以下)場合形成されず払子コロナに移行する。 負針コロナは正針コロナに比べ低い電圧で形成される。ストリーマを伴うグローコロナが形成されるが、正針コロナと異なり大きく成長する事はなく、グローコロナのまま全路破壊に至る。全路破壊に至る電圧は、ギャップ長が長い(3cm以上)場合正針コロナの場合よりも高くなる。 針対針ギャップの場合、払子コロナの形成は認められず、グローコロナとブラシコロナが認められる。大気中でギャップ長が10cm以下の場合、ブラシコロナの形成も無く全路破壊に至る。 高周波(10MHz以上)による放電の場合、電極間容量の充放電のため、全路破壊に至ること無く電極間に大きな電流(直流のコロナ放電の場合の100〜1,000倍程度)が流れる
。このため、コロナ部分の電子・イオン密度が非常に高く、温度も数千℃に達し、コロナの形状も大きく火炎状になる。これを火炎コロナと呼ぶ。

コロナ放電の利用

コロナ放電は現在、様々な分野に用いられている。原始的な利用法としては、発光そのものを利用したネオン管が挙げられる。これは、気圧を低くしたガラス管内でコロナ放電を起こすと、気体の種類によって異なる色の光が発生することを利用したものである。また、発光そのものではなくむしろ放電を利用したものとして、スパークプラグがある。これは一時的な放電を着火に利用してるものである。モールス信号にも、コロナ放電が利用されている。金属線のループの中にコロナ放電を起こすのであるが、放電時間を変えることで、受信側のループの放電時間も変えることができ、通信となるのである。


グロー放電[編集]

グロー放電(英語:Electric glow discharge)は低圧の気体中の持続的な放電現象である。電極間空間への荷電粒子供給が、正イオンの負極への衝突の際に起こる二次電子放出(γ作用)と負極・正極間を移動する電子による気体分子の電離(α作用)によるものである。電流が増加するとアーク放電に遷移する。放電管に封入されたガスの種類によって、いろいろな色に発光する。 放電の構造は気体の種類、圧力、放電管の形状などにより変化する。陰極側から並べて、陰極降下部(アストン暗部、陰極グロー(陰極層)、クルックス暗部(陰極暗部)からなる。陰極グローが複数層認められる場合もある)、負グロー、ファラデー暗部、陽光柱、陽極グロー、陽極暗部などの構造が認められる。


アーク放電[編集]

詳細は「電弧」を参照 アーク放電は電極からの電子の放出が前述のγ作用以外のものが主となる放電の形態で、放電の最終形態となっている。 照明ランプや、アーク溶接に利用され、たとえば、蛍光灯においては、低気圧水銀蒸気中における熱陰極アークが利用されている。 アーク放電は負極からの電子放出の形態により、負極の加熱により起こる熱電子放出による熱陰極アークと、負極表面に存在する非常に強い電界により直接電子が放出され(電界放出あるいは冷電子放出と呼ぶ)る冷陰極アーク(電界アークとも呼ばれる)に分れ、負極が炭素・タングステンなどの高沸点材の場合は熱陰極アーク、鉄・銅・水銀などの低沸点材の場合は冷陰極アークになるとされるが、不明な点も多い。 また、放電路における気体分子の電離も電極間の気体圧力により異なり、低圧の場合はグロー放電同様α作用によるが、標準気圧〜高圧では熱電離が主となる。 標準気圧の空気中ならば電極間に熱電離したイオンの量が十分に存在する為、イオンが電路の役割を果たし、非常に低電圧大電流で放電を保つことが可能になる。このときの温度は10000Kを超える。


その他の放電[編集]

上記までの絶縁破壊による放電現象は全て直流で起こる放電であり、対となる電極(正極と陰極)を必要とする放電であった。 しかし、放電には「プラズマを発生させること」の意味合いもあり、こちらの定義に沿えば電極を必要とせずとも放電が可能な方法がある。 また、交流による放電には、交流の周波数によって上記に属さない放電が起こる。
誘電体バリア放電

別名、無声放電。電極の一方か両方を絶縁体で覆い、電極間で直接放電させないようにし、そこへ交流高電圧を印加することで放電を起こす。

RF(Radio Frequency)放電

高周波放電の一つであり、容量結合プラズマや誘導結合プラズマがある。誘導結合プラズマは電子の捕捉現象により、電極間またはコイル内に存在する気体分子がα作用だけで放電が維持される。

マイクロ波放電

300 MHz以上のマイクロ波を利用し、空洞共振器を用いてマイクロ波の定在波領域にプラズマを生成することによる放電。


沿面放電[編集]

気体、あるいは液体中の放電ギャップの間に絶縁体(誘電体)が存在する場合、コロナ放電あるいは火花放電では絶縁物の表面に沿って樹枝状の放電路が形成される。この様な放電を沿面放電と呼ぶ。沿面放電による火花放電の場合、絶縁体表面の変質を伴わないものをフラッシオーバ、伴うものをトラッキングと呼び区別している。 絶縁体表面に樹脂・鉛丹粉末を附着させコロナ放電を起こさせると放電路の形状を記録することが出来る。これを粉末図形と呼ぶ。また、絶縁体表面に感光乳剤あるいは写真乾板を載せることでも記録できる。この場合の記録図形をリヒテンベルグ像と呼ぶ。リヒテンベルグ像のうちコロナ放電によるものをクリドノグラフと言い、記録図形は電極に印加された電圧にのみ依存するため、雷等予測不可能な異常電圧を簡易に記録する方法として利用されている。

電子放出[編集]

放電を持続的に継続させるためには、電子が電極から連続的に放出されねばならない。電子を放出するのに必要なエネルギーは仕事関数と呼ばれ、電子が放出されるには、それを超える必要がある。電子を放出するためのエネルギーは以下のようなものがある。
熱電子放出:電極が加熱されることによって熱エネルギーによって電子を放出するものである。

電界電子放出:金属の表面に強い電界を作用させて電子を放出させる。

2次電子放出:電極に荷電子が衝突するエネルギーで放出される電子。

たとえば蛍光灯のなかでは放電が行われているが、電極をフィラメントにして加熱し、電極表面を構成する物質として電子放出性物質(アルカリ土類金属(バリウム、ストロンチウム、カルシウムなど)や希土類(イットリウム)の酸化物)を選択することで、電子が放出されやすい状態を作っている。


気体の電離とエネルギーの授受[編集]

多くの放電現象は電子が電界によって加速され、正の電極に到達するという単純なものでなく、低圧の気体原子と衝突を繰り返し気体を電離したり、電離したイオンと電子が再結合したりしている現象である。エネルギーのやりとりのために放電管の中の気体に特徴的な発光現象が現れる。 広告用のネオンサインは自由な形状に成形しても全体を光らせることが可能である。


参考文献[編集]

「コロナ現象」室岡義廣著、コロナ社、1989年


関連項目[編集]



セントエルモの火

陰極線

蛍光灯

パッシェンの法則

無声放電

放電を起すことが目的の機器類

放電索

避雷針

点火プラグ

スタンガン

テスラコイル

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=放電&oldid=48363510」から取得

カテゴリ:
放電
電気
電気安全
静電気

物理化学の現象
posted by arena8order at 18:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

加賀雷撃隊 未帰還15名 #天山 #紫電 #ШШШ #ккк

Image~006.pngImage.jpgImage~006.jpg
#ккк #ШШШ #雷撃隊 #ナチス #ユダヤ #天山 #紫電 #朝鮮おろち

加賀雷撃隊 未帰還15名
http://p217.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/01207V0BoA4W2y6C/3a?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.google.com%2Furl%3Fq%3Dhttp%3A%2F%2Fwww.b-b.ne.jp%2Fyokaren%2Fkaga15.htm%26sa%3DU%26ei%3DmWv7UYaBB8fikgXbwYDACg%26ved%3D0CC4QFjAFOAo%26usg%3DAFQjCNEODAn_tJ3grnXviZC6qQlaWFhhVg&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=Google&_jig_xargs_=R&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3DGoogle&guid=on



  布哇作戦において、機動部隊全体で、29機の未帰還機を出し、54名が「行方不明」とされ、戦死した。
 航空母艦加賀は被害をもっとも多く出し、艦上戦闘機隊4機4名、艦上爆撃機隊6機12名、艦上攻撃機隊5機15名が還らざる者たちとなった。
 このうち、牧野三郎大尉(第二次攻撃隊急降下爆撃隊加賀爆撃隊指揮官、操縦員。海兵60期)と、鈴木三守大尉(第一次攻撃隊雷撃隊加賀雷撃隊第二中隊長、操縦員。海兵64期)は、蒼龍の飯田房太大尉(第二次攻撃隊蒼龍制空隊、海兵62期)とともに「真珠湾偉勲の三勇士」などとして称えられた。
 54名の戦死者全体が、全国に名をとどろかせたのは、布哇作戦から半年以上が経過した昭和17年7月8日の大詔奉戴日のことである。7月8日から9日にかけ、全国の新聞に戦死者54名の名が掲載され、それぞれの地方でその地方出身者が「郷土の誉れ」「殊勲の若鷲」などと紹介され、遺族や恩師などの談話が紙面を飾った。
 その少し前に戦死を知らされていた遺族たちは、遺骨はもちろん満足な遺品も還ってこない我が子や我が兄弟の死に嘆き悲しんでいたが、家族以外の前では決して涙を見せることは許されなかった。新聞記者の談話を求められた遺族は「(二階級特進や叙勲について)かうした恩典に浴したことは誠にありがたいと申す外はありません」「永久に家の誉れとします」といった表向きの言葉しか言えなかった。家の中で母親が泣き崩れていようと父親は家の外で「今度の恩典を拝し、只有難いといふより言葉がありません」と話したのだ。
 加賀雷撃隊では、加賀艦上攻撃機隊分隊長(加賀雷撃隊指揮官、第一次攻撃隊雷撃隊大隊長)であった北島一良大尉(海兵61期)が、戦死時の状況を遺族に知らせている(おそらく手紙によるものであろうが、小職は未発見。ただし、戦死時の状況はかなり脚色されて伝わっている。第45小隊第3番機は、海没しているが、公式記録にあるように「敵地に突っ込み」「自爆」したことになって遺族に伝えられている。   第42小隊第3番機
操縦員 北 原 収 三 海軍一等飛行兵  第53期操縦練習生出身 海軍二等飛行兵曹
偵察員 清 水 吉 雄 海軍一等飛行兵  第46期偵察練習生出身 海軍二等飛行兵曹
電信員 大 西 俊 夫 海軍二等飛行兵曹 第4期甲種豫科出身    海軍飛行兵曹長    第44小隊第1番機
操縦員 鈴 木 三 守 海軍大尉       海軍兵学校第64期出身 海軍中佐
偵察員 森 田 常 記 海軍飛行兵曹長   第4期乙種豫科練出身  海軍飛行特務中尉
電信員 町 元 善 春 海軍二等飛行兵曹 第8期乙種豫科練出身  海軍飛行兵曹長   第44小隊第3番機
操縦員 熊 本 研 一 海軍二等飛行兵曹 第4期甲種豫科練出身  海軍飛行兵曹長
偵察員 松 田  勇   海軍二等飛行兵曹 第3期甲種豫科練出身  海軍飛行兵曹長
電信員 梅 津 宣 夫 海軍二等飛行兵曹 第4期甲種豫科練出身  海軍飛行兵曹長   第45小隊第2番機
操縦員 大 橋 成 克 海軍一等飛行兵   第53期操縦練習生出身 海軍二等飛行兵曹
偵察員 増 田 吉 蔵 海軍二等飛行兵曹 第53期偵察練習生出身 海軍飛行兵曹長
電信員 武 田 英 美 海軍二等飛行兵曹 第4期甲種豫科練出身  海軍飛行兵曹長   第45小隊第3番機
操縦員 長 井   泉   海軍二等飛行兵曹 第4期甲種豫科練出身  海軍飛行兵曹長
偵察員 植 田 米太郎 海軍一等飛行兵曹 第6期乙種豫科練出身  海軍飛行特務少尉
電信員 武 田 友 治 海軍一等飛行兵   第53期偵察練習生出身 海軍二等飛行兵曹  その後、遺族たちは鎮守府主催の合同慰霊祭に出席するなどしたが、同時に遺族同士で手紙のやりとりをしたり、お互いに遺児の写真を送りあったりした。あるいは遺族が佐世保や鹿児島などの下宿に置かれたままになっていた遺品を貰い受けに赴いたりしていた。
 遺族同士、特にペアの遺族同士の交流は戦後も長く続き、親の世代が亡くなっていくまで続いていた。今や遺族にあっても、生前の彼らを知るものは少なくなっている。
 いわゆる「英霊」ではない、「我が子」「我が兄」「我が弟」といった「にんげん」としての彼らの姿は遠く遠く消え去ろうとしている。
posted by arena8order at 17:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『#おろち』は、楳図かずおの恐怖漫画作品。 #ккк

Image~028.jpgImage~030.jpgImage~031.jpg
#ккк #ШШШ #Х #朝鮮殺人鬼おろち團 #ドラッグ嵎連

#おろち (漫画) - Wikipedia
http://p217.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/01207V0BoA4W2y6C/1d?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.google.com%2Furl%3Fq%3Dhttp%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%2525E3%252581%25258A%2525E3%252582%25258D%2525E3%252581%2525A1_%28%2525E6%2525BC%2525AB%2525E7%252594%2525BB%29%26sa%3DU%26ei%3DDUj7UZWLHIeYkgXztYHYAw%26ved%3D0CBsQFjAA%26usg%3DAFQjCNFwpWv3hARGu-bcYTQWloo3NSmryg&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=Google&_jig_xargs_=R&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3DGoogle&guid=on



おろち (漫画)


『おろち』は、楳図かずおの恐怖漫画作品。またはそれを原作とした実写映画。「週刊少年サンデー」1969年25号〜1970年35号に連載された。。


概要[編集]

不思議な能力を持ち、歳をとることのない謎の美少女「おろち」が、悲壮な運命に翻弄される人々の人生を見つめていくオムニバス形式の作品である。9つのストーリーから成り立っている。

おろちは作品を通しての狂言回し的存在ではあるが、ある人の人生をほとんどただ見つめるだけのこともあれば、みずからその不思議な能力を使ってストーリーに積極的に介入していく場合もある。最終話では自ら当事者と一体化することを強いられ、凄絶な虐待や暴行にさらされることになる。

楳図作品の中では、怪談的な恐怖よりも、人間誰もが心に持つ恐ろしい部分を描き出した心理的ホラーに近い作品である。ラストでのどんでん返しも多く、工夫されたストーリーが多くのファンに支持されている。


あらすじ[編集]

姉妹

「18歳の誕生日を迎えると醜くなっていく」という血筋の家に生まれた美人姉妹による、女心の恐ろしさと執念を描く。

ステージ

幼くして交通事故で父をなくした少年が、暗い影を持ちながらも歌手として華やかなステージを目指すのだが…。

カギ

嘘つき癖のあるオオカミ少年のような男の子が殺人事件の現場を目撃するのだが、大人は誰も信じようとしない。やがて男の子は命を狙われる。

ふるさと

田舎の村を出てヤクザの道を進んでしまった青年が脳に重傷を負った時、ふるさとへの思いが恐ろしい奇跡を起こす。最もスプラッター的要素が強い作品。



若くして夫を亡くした女を不憫に思ったおろちが、夫に似せた人形を作って命を与えようとするが、失敗。物語は恐ろしい方向へ向かう。

秀才

1歳の誕生日に強盗に首を切りつけられた少年が、ある秘密を知ってから勉強に没頭する。その目的とは? ストーリー的には「ステージ」と類似点が多いと言える。



盲目の少女が命を狙われた時想像を超えた力を発揮する。

戦闘

父が持つ恐ろしい戦争体験を知る中で、苦しみながら人間の醜さや生きることの意味を理解していく少年の姿を描く。ストーリーの面白さを追求した「おろち」シリーズの中では異色と言える、哲学的要素の強い作品。



名家に生まれ、優秀な姉と比較され続け惨めな人生を送る妹を中心に、悲壮な人間模様を描く。おろちの重要な秘密も明らかにされる、シリーズのクライマックスに当たる大作。

おろちの性格[編集]

冷静沈着でクール。だがそうあるべきと心掛けているふしがある。おろちには長い年月を生きていくうえで、目的や目標がない。そのため他人の人生を観察することに多くの時間を費やすが、あくまで傍観者でいなければならないと考えている。だが、実際には同情心から「力」を使って相手の人生に介入してしまうこともあり、元来は好奇心旺盛で心やさしい性格と思われる。また想定外の事態には、意外と驚いたりあわてたりする人間くさいところもある。

おろちの能力[編集]

不老不死

おろちの肉体は生理的に老化しない。十代半ばから後半と思われる外見のまま、長い年月を生き続けている。実際の年齢は不明。ただし100年に一度、通常の睡眠とは違う「ねむり」に陥ってしまう。本人が「死体として処理されてしまう」と危惧していることから、ほぼ仮死状態になると思われる。10年単位で続く「ねむり」は不老不死に深い関わりがあり、これが無いとおろちの肉体も通常の人間と同じく老化してしまう。もっとも「ねむり」を拒絶することは不可能で、周期がきてしまうとおろちは強制的に「ねむり」の状態に入ってしまう。おろちは怪我の回復も早く、痛みの感覚も鈍い。また少なくとも作中では、病気になる描写もないが、あまりに酷いダメージを受けると「ねむり」につく時間が早く来てしまうようだ。現に夫と離婚してヤケになり飲酒運転をしていた理沙をかばってかなり酷い怪我をした時もおろちはひたすら襲ってくる眠気と戦いながら走りに走り、洞窟の中へと落ちてしまった(血を参照)

念動力

いわゆるサイコキネシス。超絶的な馬力は無いが、それでもチンピラのもっている角材を真っ二つにへし折ったり、複数の相手を念動力で倒したりしている(ふるさと参照)。対象を人差し指で差すことが多く、徹夜の勉強をしていたせいで踏切の警告音がまったく聞こえず、本来なら電車に轢き殺されているはずの少年の身代わりになったりと多種多様の効果を出せる(秀才を参照)。この力の応用で一草の放った矢の刺さった恋人の青年の急所をそらすように彼の背後から指差している(姉妹を参照)。鍵のかかった扉を開けることができ(姉妹と秀才を参照)自分の血を写真に写っている人物の上に垂らすことで、虫の知らせと同じ現象を引き起こすことができる(姉妹を参照)また夢の中とはいえ、超能力と不気味な人格を与える隕石を至近距離まで近づかなくてはいけなかったとはいえ、指差すだけで粉砕していた(ふるさとを参照)

また映画版では錯乱した一草のもっているクロスボウを指差すだけで破壊している。この場合はクロスボウのみ破壊しており、一草はまったく傷つけていない。よほどの技術レベルが高くないと普通は武器の所持者まで傷つけてしまうので、大岩や倒壊寸前の巨大ビルを支えるほどの念動力は使えなくても、おろちの特殊能力の技術は相当高い。最終話ではこれらの能力が完全に封じられ、一般人としてなすがままの凄絶な暴行を受け続けることになる。

精神感応

おろちが最も多用する力。他者の精神に介入し暗示を植えつけたり、記憶を読んだりする。暗示はほぼ完璧に作用するが、積極的に使うのは自分の存在を相手に受け入れさせたり、逆に自分に関する記憶を消したりする場合であり、相手を洗脳して行動や思考を操ったりはしない(行為自体は容易にできると思われる)。記憶を読む場合、相手の精神が他者を頑なに拒絶していると、抽象的なイメージしか伝わってこない。どちらも対象の人間に直接触る必要がある。暗示は相手の頭部に触れると効果が高いようだ。

呪術

おろちは簡単に言えば魔法のような力を使用することがある。「絵を通して遠く離れた場所を観察する」「人形に生命を吹き込む」「包帯(右手首に巻いている)を使って他者の傷を癒す」など。元々備わっている力を、長い年月の間に発展させたものと思われるが、あまりに高度な呪術は失敗してしまうこともある。

映画[編集]

おろち

監督 鶴田法男

脚本 高橋洋

原作 楳図かずお

出演者 木村佳乃
中越典子
谷村美月

音楽 川井憲次

主題歌 柴田淳『愛をする人』

撮影 柴主高秀

編集 須永弘志

製作会社 「おろち」製作委員会

配給 東映

公開 2008年9月20日

上映時間 107分

製作国 日本

言語 日本語

テンプレートを表示

「姉妹」と「血」の2編を基にしたストーリーとなる。2007年11月22日から東京都などで2ヶ月間撮影が行われた。

楳図はキネマ旬報2008年10月下旬号にて「自身の作品の初映像化」と高評価しており、鶴田監督との対談の際、鶴田は「そんなに楳図さんとシンクロしているとは思わなかった」という旨の発言をしている。

本篇のDVDは特別編ともに2009年3月21日発売。

スタッフ[編集]

製作:石井徹、石川博、横溝重雄、亀井修、古玉國彦、松田英史、斎藤裕、喜多埜裕明

企画:黒澤満、遠藤茂行

プロデューサー:佐藤現、近藤正岳、服部紹男、山本勉

監督:鶴田法男

脚本:高橋洋

音楽:川井憲次

撮影:柴主高秀(J.S.C)

美術:山崎秀満

録音:山田耕治

照明:蒔苗友一郎

編集:須永弘志

VFXプロデューサー:大屋哲男

整音:室薗剛

スクリプター:岩倉みほ子

技斗:瀬木一将

助監督:高橋正弥

製作担当:岩下真司

製作プロダクション:セントラル・アーツ

製作委員会:東映ビデオ、テレビ東京、東映、小学館、東映チャンネル、東映エージエンシー、小学館集英社プロダクション、Yahoo! JAPAN

キャスト[編集]

門前一草・門前葵:木村佳乃

門前理沙:中越典子

おろち(佳子):谷村美月

大西弘:山本太郎

執事・西条:嶋田久作

昌江(佳子の母):大島蓉子

パパ(佳子の父):エド山口

音楽教師・片岡:久世星佳

少女時代の一草:佐藤初

少女時代の理沙:山田夏海

外部リンク[編集]

映画公式サイト- 閉鎖。(2010年3月27日時点のアーカイブ)

鶴田法男監督『おろち』特設サイト

おろち-allcinema

おろち-KINENOTE

Orochi-インターネット・ムービー・データベース(英語)

この項目は、漫画に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:漫画/PJ漫画/PJ漫画雑誌)。
項目が漫画家・漫画原作者の場合には{{Manga-artist-stub}}を貼り付けてください。

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=おろち_(漫画)&oldid=48584144」から取得

カテゴリ:
楳図かずお
漫画作品 お
ホラー漫画
週刊少年サンデーの漫画作品
2008年の映画
テレビ東京製作の映画
楳図かずおの実写作品
鶴田法男の監督映画
日本のホラー映画
漫画を原作とする映画作品
東映製作の映画作品
隠しカテゴリ:
漫画関連のスタブ項目



Google 画像検索結果: http://www.kanaza
http://p217.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/01207V0BoA4W2y6C/3S?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.google.com%2Fimgres%3Fimgurl%3Dhttp%3A%2F%2Fwww.kanazawa-bidai.ac.jp%2F%7Ehangyo%2Fumezu%2Fimg%2Fo6930.gif%26imgrefurl%3Dhttp%3A%2F%2Fwww.kanazawa-bidai.ac.jp%2F%7Ehangyo%2Fumezu%2Forochi%2Foro_sun.htm%26usg%3D__cNkw3Z1wCl5nZQ5U0pgmlMwu5Dc%253D%26h%3D284%26w%3D370%26sz%3D49%26hl%3Dja%26start%3D6%26zoom%3D1%26tbnid%3DPUVe3YYpwAcktM%3A%26tbnh%3D94%26tbnw%3D122%26ei%3DG0j7UZjrN4ickQXpp4H4Aw%26prev%3D%2Fsearch%253Fq%253D%2525E3%252581%25258A%2525E3%252582%25258D%2525E3%252581%2525A1%2526sa%253DX%2526gbv%253D1%2526hl%253Dja%2526tbm%253Disch%2526prmd%253Divns%26itbs%3D1%26sa%3DX%26ved%3D0CDYQrQMwBQ%26gbv%3D1%26sei%3DOkj7UarMGYvzlAWmuoHoDQ&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=Google&_jig_xargs_=R&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3DGoogle&guid=on
posted by arena8order at 14:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

#ккк 電波の周波数による分類…周波数帯毎に名称や用途等。

Image~024.jpgImage~020.jpg20120106_2980050~001~001.jpg
#ккк #ШШШ #Х #ラジオ波 #兵器 #電波

電波の周波数による分類。周波数帯ごとに慣用の名称や用途などを記している。

電波の周波数による分類
http://p217.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/01207V0BoA4W2y6C/5y?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.google.com%2Furl%3Fq%3Dhttp%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%2525E9%25259B%2525BB%2525E6%2525B3%2525A2%2525E3%252581%2525AE%2525E5%252591%2525A8%2525E6%2525B3%2525A2%2525E6%252595%2525B0%2525E3%252581%2525AB%2525E3%252582%252588%2525E3%252582%25258B%2525E5%252588%252586%2525E9%2525A1%25259E%26sa%3DU%26ei%3Dbiv7UYLiCs2SkgX_-oGoDA%26ved%3D0CBsQFjAA%26usg%3DAFQjCNFhPK2CekmpC4Ak7nNYj8BJbaxHsA&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=Google&_jig_xargs_=R&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3DGoogle&guid=on



電波の周波数による分類


電波の周波数による分類(でんぱのしゅうはすうによるぶんるい)では周波数帯ごとに慣用の名称や用途などを記している。


周波数
範囲 波長 電波法に
よる記号 メートル表示による区分 慣用の名称 特徴 主な用途(日本国内)
記号 日本語 英語 日本語
3 - 30Hz 10Mm- 0.1Gm ELF
(extremely low frequency) 極超長波 分野によっては、0.1Gm - 0.1Mkm (3Hz - 3kHz)[要出典]
30 - 300Hz 1 - 10Mm SLF
(super low frequency)
300Hz - 3kHz 0.1 - 1Mm ULF
(ultra low frequency) 分野によっては0.1Gm - 0.1Tm (3Hz - 3MHz)、もしくは0.1Gm - 0.3Tm (3Hz - 1MHz)[要出典]
3 - 30kHz 10km- 0.1Mm VLF B.Mam ミリアメートル波 VLF
(very low frequency) 超長波 水中へも到達する。 オメガ(電波航法)・標準電波・対潜水艦通信
30 - 300kHz 1 - 10km LF B.km キロメートル波 LF
(low frequency) 長波 地表波による安定した通信が可能。大電力の送信機の製作が容易。 LORAN-C・標準電波(電波時計)・船舶無線電信・RFID・長波ラジオ放送・航空無線標識局・海上無線標識局・ILS・コンパスロケータ・鉄道誘導無線・アマチュア無線(135kHz帯。2009年3月30日に割り当てられた)
300kHz - 3MHz 0.1 - 1km MF B.hm ヘクトメートル波 MF
(medium frequency) 中波 昼間は地表波による安定した通信、夜間は電離層による反射で遠距離通信が可能。 中波ラジオ放送・船舶気象通報・無線航法 (NDB/ADF) ・アマチュア無線(トップバンド)・航空無線標識局・海上無線標識局・ILS・コンパスロケータ
3 - 30MHz 10m- 0.1km HF B.dam デカメートル波 HF
(high frequency) 短波 電離層による反射で遠距離通信が可能。季節や時間帯による伝送特性の変化が大きい。 非常通信連絡設定 (4630kHz) ・船舶無線・(洋上)航空無線・短波ラジオ放送・RFID・アマチュア無線・OTHレーダー・市民ラジオ・ISMバンド(トランシーバー玩具・ラジコン)
30MHz - 0.3GHz 1 - 10m VHF B.m メートル波 VHF
(very high frequency) 超短波 空間波による見通し範囲の通信が可能。スポラディックE層やラジオダクトによる異常伝搬で遠くの送信局の妨害を受けることもある。 ISMバンド(ワイヤレスマイク・ラジコン)・産業用ラジコン・MRI・業務用移動通信・無線航法 (MKR/LOC/VOR) ・民間航空無線・ELT・EPIRB・国際VHF船舶無線・同報無線・FMラジオ放送・地上アナログテレビ放送 (1 - 12ch) ・アマチュア無線・無線呼び出し・アナログコードレス電話子機・防災無線
0.3 - 3GHz 0.1 - 1m UHF B.dm デシメートル波 UHF
(ultra high frequency) マイクロ波 極超短波 アンテナが小さくなるため移動体通信に適する。マイクロ波工学。マイクロ波加熱。 列車無線・アナログコードレス電話親機・特定小電力無線・空港無線電話・UHFテレビ放送 (13 - 62ch) ・地上デジタルテレビ放送・RFID・パーソナル無線・800MHz帯・第三者無線・携帯電話・PHS・業務用移動通信・GPS・無線航法 (GS/DME/TACAN/ATC/TCAS) ・ELT・EPIRB・軍用航空無線・アマチュア無線・ISMバンド(電子レンジ・無線LAN・デジタルコードレス電話・VICSなど)
3 - 30GHz 10mm- 0.1m SHF B.cm センチメートル波 SHF
(super high frequency) センチメートル波 高速データ通信用として技術開発が行われている。 衛星通信・衛星 (BS・CS) テレビ放送・放送用中継回線(STL・固定通信・非常用・FPU)・無線アクセス・無線LAN・ISMバンド(ETC) ・電波高度計・ESR・アマチュア無線
30GHz - 0.3THz 1 - 10mm EHF B.mm ミリメートル波 EHF
(extremely high frequency) ミリ波 直進性が非常に強い。 レーダー・衛星通信・50GHz帯簡易無線・プラズマ診断・アマチュア無線・ESR
0.3 - 3THz 0.1 - 1mm デシミリメートル波 テラヘルツ波
(サブミリ波) 光と電波の中間領域。日本の電波法での電波の定義は3THz以下の電磁波とされる。 電波天文(宇宙電波の受信)・非破壊検査
マイクロ波の周波数帯[編集]
マイクロ波は各種解釈がある。以下に欧米で一般的に用いられる分類を示す。
IEEEのマイクロ波の周波数による分類
名称 帯域
(GHz) 用途
Iバンド - 0.2
Gバンド 0.2 - 0.25 軍用航空無線
Pバンド 0.25 - 0.5 移動体通信・アナログコードレス電話・特定小電力無線・アマチュア無線(430MHz帯)
Lバンド 0.5 - 1.5 テレビ放送・携帯電話・インマルサット衛星電話・800MHz帯・アマチュア無線(1.2GHz帯)
Sバンド 2 - 4 固定無線・移動体向けデジタル衛星放送・ISMバンド(電子レンジ・無線LAN・アマチュア無線など)・ワイドスター(衛星電話)
Cバンド 4 - 8 通信衛星・固定無線・無線アクセス
Xバンド 8 - 12 軍事通信・気象衛星・地球観測衛星
Kuバンド 12 - 18 衛星テレビ放送・通信衛星
Kバンド 18 - 26 通信衛星
Kaバンド 26 - 40 通信衛星
Vバンド 40 - 75 レーダー・通信衛星
Wバンド 75 - 111 電波天文学
EU・NATOのマイクロ波の周波数による分類
名称 帯域
(GHz) 用途
Aバンド - 0.25
Bバンド 0.25 - 0.5
Cバンド 0.5 - 1.0 800MHz帯
Dバンド 1 - 2
Eバンド 2 - 3
Fバンド 3 - 4
Gバンド 4 - 6
Hバンド 6 - 8
Iバンド 8 - 10
Jバンド 10 - 20
Kバンド 20 - 40
Lバンド 40 - 60
Mバンド 60 - 100
関連項目[編集]

アマチュア無線の周波数帯

チャンネル (テレビ放送)
テレビ周波数チャンネル

周波数の比較(より短波長の電磁波を含む)

外部リンク[編集]

総務省 電波利用ホームページ

我が国の電波の使用状況 (PDF)-総務省

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=電波の周波数による分類&oldid=46567383」から取得

カテゴリ:
周波数帯
隠しカテゴリ:
出典を必要とする記述のある記事/2007年9月-10月
posted by arena8order at 12:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。